「リアリティ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リアリティとは

2017-03-26

弁当おっさんが恋をした

弁当作ってるおっさんが恋に落ちたどうでも良い話を書く。

大して要約もせずに、つらつらと書く。オチも無い。

多分、悲恋に終わるだろうと思っているのだが、

大学時代のように惚れた腫れたの話を聞いてくれる友人もいないので、

増田に書きたくなった。



当方、35歳のさえない課長職。中肉中背で独身

3年前に結婚直前の彼女と別れてから、独り身。

酒と料理趣味で夜にビールつまみを作っては

それを翌日の弁当転用することにハマっている。



そんな俺が惚れたのが、隣の課の25歳の女性

最初は、弁当を食べる時に一緒になるので、挨拶をする程度だった。

リスのようなクリクリした目と小さい身長

人懐っこい笑顔が可愛らしい女性という印象だった。



うちの会社は昼食時間が完全に自由なため、

12時ぴったりに食べるのは俺と彼女くらいというのもあってか、

毎日のように会議室で顔を合わせるようになった。



ある日、彼女から

増田さん!お弁当ローストビーフ入れてるんですか?」

と言われ、毎晩のつまみの残りを詰めてるんだと話をすると、

「すごい!すごい!1枚食べてみたい!」となり、

それからなんとなく弁当のおかずを交換するのが始まった。



彼女料理が好きで、今は事務職をやっているが

将来はフードコーディネーターになりたいそうだ。

仕事が終わった後学校に通っているらしい。



俺は俺で、食べてくれる人ができると張り切ってしまい、

タコトマト煮込みだ、セロリピクルスだと凝り始めてしまった。

彼女は、おっさんの作った気持ち悪いと思われてもしょうがない手料理を、

毎回おいしいおいしいと食べてくれた。



そのうち、仕事の話や趣味の話、昔の恋の話なんかもした。

俺は彼女に会えることが楽しみでしかたがなくなった。



先週、部署移動が発表になった。

彼女は俺と同じ7Fから、3Fの部署に移ることが決まった。

フロア食事のとれる会議室があるので、

おそらくもう一緒に昼食をとることは無いだろう。



(もしかしたら、7Fに来てもらえるかもと一瞬思ったが、

彼氏でも無いのにそんなことすれば、変な噂も立つだろう)



来週、最後の週なので送別ランチウィークにしようと提案したら、

お互いで相手弁当を作りあうことになった。

昨日は朝からジュンク堂料理本を6冊も買ってしまった。

手が混みすぎてても気持ち悪いだろうが、

「おいしい」という彼女の最高の笑顔がみたい。



そんなことばかり考えていたからなのか、

昨日の夜は彼女とうちの実家で一緒に料理する夢を見た。

俺は、パスタソースの味見をお願いされたりしてた。

ものすごいリアリティで朝起きた時に一瞬、

現実なのじゃ無いか錯覚して悲しくなったほどだ。




ああ。あと数時間最後の週が始まってしまう。

異動祝いとでも称して金曜の夜にメシでも誘ってみようか。

どうしようか。

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325042054

ほんまにお前はガイジやなw

俺が言ってるのは「問題文と明らかに噛み合わない反論をする奴はガイジ」だ

なんでそれに対する反論がなんで

それじゃ、お前の誤読()のない、的確な読解力で、さいこーのヒューマニズムを持った絶妙アイドルアニメ像を語ってみろよww

現実程ドロドロしない、つまり自分が引くようなリアリティはいらない、でも今のアニメのように、純真無垢聖人も嘘っぽく思うって奴によ

になるんだよ

おれは元増田の主張には賛成も反対もないし当然元増田でもないし

元増田の言ってることが正しいか正しく無いかなんかここでは関係ないし興味もねーよ

更に言ってやればおれはアイドルアニメなんか見ねえ

論点の整理も付かない低学歴ガイジが

お前より中国人留学生の方が達者な日本語読み書きをするだろうよ

爆サイそのものを知ってるかどうかってより、爆サイ的文化圏もしくは爆サイ層とでも言うべきクラスタについて完全に無知なまま、格差やら貧困やらについて熱く語ってたならそりゃあ滑稽だよ。

その類いのブコメ群に表れた断絶も、正当性原則論に基づいたものではなく、リアリティのあるなしという下らない原因だったなら馬鹿みたいだよね本当に。

http://anond.hatelabo.jp/20170324220325

それじゃ、お前の誤読()のない、的確な読解力で、さいこーのヒューマニズムを持った絶妙アイドルアニメ像を語ってみろよww

現実程ドロドロしない、つまり自分が引くようなリアリティはいらない、でも今のアニメのように、純真無垢聖人も嘘っぽく思うって奴によ

嘘っぽく見えない程度に、かつ自分美人だと理解して偶像を売ろうと思うような売女の部分を演出して、アニメのようにきれいにまとめろって?

バカジャネーノ

2017-03-23

[]

今回はとなりのヤングジャンプで読めるシンマンGP2017エントリー作品No.5とNo.6


FLYend! (シンマンGP2017 エントリーNo.5)

なんだか連載用に書いていたネームをそのまま出してきたような印象。

シンマン優勝者が連載権を得られるわけだから、そういう意味ではそれを見越した漫画を出してくるのは一つの判断だとは思う。

ただ導入部あたりまでは魅かれたんだけれども、後半からラストにかけての盛り上がりがイマイチかなあ。

やたらと細かい「ヴァリエ」についての設定のいくつかが、ストーリー上ほぼ機能しておらず不自然で、ただ坦々と読者に説明しているためだけになってしまっている。

現代よりも文明が進んだ設定もほとんど活かされていないし、特にテーマについてのメッセージほとんどセリフで喋らせてるのも、いきなりあの場面で過去の話をしだした唐突さとかも不自然で、構成が上手いとは言いにくい。



ブルーフォビア (シンマンGP2017 エントリーNo.6

こういったリアリティ寄りの舞台下地に、非現実的な要素を加えた世界観というアイデア自体読み切りでよく見る手法ではある。

本作はそれがあくまエッセンスに留めて、テーマを活かすためのアイテムにしているパターンだね。

本作のテーマ象徴キャラクター少年であることは明らかなんだけれども、語り手は別の人物というのは英断だと思う。

少年自身にはあくまで表層的にしか語らせないことで、テーマに対する象徴としてより映える。

勿体ないと思うのは、壁を殴ることがテーマ象徴となる部分なのだから、多少大げさでもいいかもっと絵とか構図に工夫があったほうがよかったかなあ。

2017-03-22

向井秀徳当事者性による二重性批判


「俺がそこにいた!」

初期ナンバガ歌詞を振り返るとこういう文体が多い
omoide in my head』の「17歳の俺がいた」もそうだ

これは一人称の文に見えるが、実は三人称
俺“は”ではなく俺“が”と書くためには
「俺」という登場人物第三者視点から見る必要がある
まり三人称視点登場人物としての「俺」を描写していることになる

だが、この三人称の語り手は客観的ではない
いた、ではなくいた“!”と主観をむき出しにする
語り手もまた“俺”であることを忘れてはいない
まとめると語り手「俺」が登場人物「俺」を主観的記述した三人称、となる

自分自身物語内の登場人物として捉え直すのは、メタ的だ
向井映画監督を目指していたそうだが、
カメラファインダーという隔たり越しに登場人物描写する手法もうなづける

だが、メタ視点から正確に写そうとすればするほど、対象からは離れてしま
その対象が持っていた熱や存在感当事者性はどんどん薄まるだろう
そのメタ的な隔たりによる当事者性の薄まり向井は冷たいと感じた
そういった客観性集合体こそが「冷凍都市」であり
それを攻撃するための当事者性の象徴こそが「性的衝動」となる

語り手の俺が登場人物としての俺や少女描写する、という二重性
正確に描写しようとカメラの精度を上げるほど当事者性が薄れるジレンマ
こうした二重性を自覚した上で破る矛として性的衝動を用いたのが
初期ナンバーガールの詩の原理なのではないか

ではザゼンだとどうなのか
カメラ技術進化すれば、もはや人の目で見ているのと変わらなくなる
そうした現在において「メタフィクション批判」はもう古い、リアリティもない
向井秀徳カメラ技術もこなれてしまった
だが、世間当事者性は弱まるばかり、性的衝動を用いて復権させなければいけない
(よみがえる性的衝動
性的衝動は二重性を攻撃することでこそ、その強さを示せるのだ
から語り手/登場人物という入れ子構造を使わずに二重性を作らなければいけない

そこで向井リフレインに注目する
同じ場所言葉を何度もダブらせることで、反復が差異を生む
フィルムの一コマコマを切り分けるのと同じだ
(繰り返される諸行無常
こうして場所を移すことなく二重性を生み出すことに成功した
ナンバガ時代の二重性が
登場人物としての俺を乖離させることで生み出す客観的二重性だとすれば、
ザゼン以降の二重性は、単独で生み出せる主観的二重性といえるだろう
向井カメラシャッターを切らず、
ただ自分の目のまばたきでフィルムを切り分ける方法を見つけたのだ

はいえこ主観的二重性は『omoide in my head』の時点で芽生えている
思うに、福岡時代当事者性=性的衝動の強さを無根拠に信じていられたのではないか
カメラを手にしたばかりの少年にとってはどんな景色自分のものに思えるように
だが東京に来て、描写対象性という問題に直面して当事者性を鍛え直す必要が生じる
そうして鍛え上げた結果、福岡時代のような信頼を取り戻しつつあるのが
現在ザゼンボーイズでの素朴な描写に至るのではないか


ブログツイッターもやってなくて書く場所も聞いてくれる相手もいないのでここに
誰かツッコミ入れてくれ

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170318230110

求めてるものがちがうんだよ

娯楽なんだからリアリティもいらないし、ご都合主義でいいんだよ

ラノベさいこー!

ラノベには読むに足るものなどない

年間200冊ほど小説を読むが過去二、三冊だけ読んだラノベには本当に辟易した。

セリフばかりで全く深みがないし、そのセリフリアリティがなく、話はご都合主義的で

読者の密やかな承認欲求を満たそうとしているようなものばかりだ。

そのような例に収まら作品などあるだろうか?ありはしない。

全くラノベには読むにたるものなどない。

ララランドに私が楽しめなかった理由(ネタバレあり)

ララランド、華やかそうなミュージカル面白そうに思ったんだけど、

まり楽しめなかった。



理由を考えたら以下のようなことに思い至った。



ミアはいくつもオーディションに受けるが失敗。

自分脚本を書き、自主公演することで監督(プロデューサーだっけ?)に発見され、

俳優の道を登っていく。



セブは自分の店を持つために、

仕方なくやりたい方向性ではない音楽グループに参加し、

お金を稼ぐ。

そして最終的に人気ジャズ店を所有・運営する。



見終わった後で、恋愛映画というよりは成長・成功物語かなと思ったんだけど、

ミアもセブも"演技"とか"演奏"とかの技術的な成長はほぼ描かれていなかった。



成功には"いい監督に見つけられるか"とか"一時期は我慢してやりたくないこともやる"のが大事みたいな感じがして、

なんていうか実力の向上について少しも描かれなくて、薄く見えちゃったんだよねー。

セブは仲間から"前のやつよりセンスある"とか言われているから上手いんだろうけど。

努力は2人ともしているけど、それって技術の向上的な方向ではなかった。



そのあたりが、楽しめなかった理由っぽい。

自分が"技術主義"的な信念(価値観)を持っているのに後で気付いて、

その点に関しては、見てよかったと思いました。



リアリティがあっていいのかもしれないけど、

華やかな感じで見た後に爽快感とか、

すごいなーとか、

私がミュージカルで欲しいのはそういう御伽噺的な

感じみたい。



ミュージカルもいろいろ好みが分かれると思う。

みんなの好きなのミュージカルを教えてください。

2017-03-15

だんだん増田ブクマされる記事がわかってきた

リアリティのある話

→ウケない

リアリティのない話

→ウケない

リアリティのなさそうである

→ややウケ

リアリティのありそうでない話

バカウケ

 

結局ドラマ好きってこったね、増田さんも。

現実になってるすっぱい葡萄よりも

架空の絶品甘~い葡萄の話のほうが聞きたいんだね。

現実惨めでかわいそう。

電車男とか、だいすきだったんだね?

2017-03-11

増田民おすすめしたい小説

スティーブン・キング11/22/63という小説がある。

1957年に戻り、ケネディ暗殺を阻止しに行く物語だ。

主人公ケネディ暗殺の前にある殺人事件を阻止しようとするが、時間遡行モノのお約束偶発的な出来事に阻まれて上手くいかない。

シュタインズ・ゲートで言えば、「何をやってもまゆりが死んでしまう」状態である

主人公は「過去に押し戻される」と表現しているが、この小説では幼女地下鉄の駅に突き落としたり、急に心臓麻痺になることはない。

敵は腹痛である

主人公犯行が起こるその日、前代未聞の腹痛に襲われる。

しかし、主人公は「ケツから灰色の水を垂れ流していても」、犯行現場にいって犯行を止めなければならない。

主人公ドラッグストアに駆け込み、買ったのはカオペクテイト(止瀉薬)と、尿もれパンツ

嫌味なドラッグストアの店主に便所を貸してもらえなかった主人公が、向かい居酒屋に駆け込む場面など涙なしに読むことはできない。

腹痛の描写たるや、キングお腹痛い勢に違いないと確信するほどのリアリティで、思わず肛門がキュっとする。

これからは、腹痛のことを「過去に押し戻される」と表現しようと思う。


主人公が間に合ったのか、間に合わなかったのかはキミ自身の目で確かめてほしい。


それにしても今日だけで4回腹痛に見舞われているのだが、過去に押し戻されているのだろうか?

2017-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20170310092400

つーか

http://anond.hatelabo.jp/20170310090125

こういう会話とか、人間同士の会話としてまるでリアリティがない

女と、というより人間と会話した事があるのか疑問なレベル



或いは、女は人間ではなく普通人間の会話とはまるで違う会話をしている生き物のはずだ、と思っているのか

2017-03-09

バブル冷戦、そしてネコ

バブル芸人

 バブル芸人とやらが人気である。80年生まれの私は、当時のことを懐かしむ思いを感じつつも、微妙な気分で眺めている。何故?バブル経済は悪だったかである。続く「失われた20年」生み出した元凶。(ちなみに「失われた20年」は英語で”lost two decade”であり、「負けた」という意味もある。)彼女なんかはあの時代を茶化してやってるんだろうからいい。でも、ここのところ、なんか素晴らしい時代だったかのような受け取られ方をされてる雰囲気を感じてしまって、イヤなのだ

 そんな雰囲気を感じてるんだろう、金融関連ではバブル史本の出版ラッシュである。どうせ当時の銀行員か何かが自己正当化文言を並べてて、こんなことが今後あってはならない、みたいなまとめられ方をしてるんだろう。読んでないから分からないけど。

 バブル経済後遺症が長引いた原因は、バブル崩壊当時、窮地に立たされた銀行を国が救ってしまったことにある。バブル期に後先考えず融資した金が焦げ付き、国全体の金の流れを止めた。いわゆる不良債権問題である。あの時、銀行をじゃんじゃん潰してしまって、焼け野原からスタートした方が良かった。20年を失ってしまったあとでは、そう思える。ちなみに私が大学卒業したのが2003年就職率がワーストを記録した年であるバブル崩壊から10年以上過ぎた当時ですら、不良債権問題はくすぶっていた。

冷戦キッズ

 今となってはバブル期という一面的な捉え方しかされないが、私が幼少の頃を過ごした80年代は、冷戦時代でもあった。幼心に最初に覚えている政治家は、中曽根レーガン、そしてゴルバチョフだ。まだ、ロシアソ連と呼ばれていた時代スポーツ国際大会なんかでは「西ドイツ代表が良く出てたのを思い出す。なんてったって核兵器の量がハンパじゃない。その当時は40何億人くらいだったと思うけど、全人類を殺しても余るくらいの核兵器があった。いわゆるオーバーキルというやつ。

 その頃、こういった状況を反映して、人類滅亡後の世界を描くようなマンガ映画が作られていた。私がいちばん思い出すのは、「北斗の拳」と「ターミネーター」だ。「ターミネーター」の方は、スカイネットというコンピューター暴走して世界を壊滅させてしまうって設定だったと思うが、今、キューバ危機なんかのことも合わせて考えてると、もの凄くリアルだ。ちょっとしたボタンの掛け違いで、全面核戦争突入してしま危険性があったのだ。

 「北斗の拳」の方は表面的には、格闘技マンガで、私もそのように楽しんでいた部分もある。しかし設定が怖かった。なんといっても「199X年」である現実に起こりうる未来世界が滅亡してしまうかもしれない未来。今となっては笑いものではあるが、こんな設定が、時代の中でリアリティーを持ったのである。そして幼い私は、そんな小さな恐怖を受け取ってしまったのである

90年代に起こったこと

 80年代から90年代にかけて、バブル経済崩壊、またソ連崩壊して冷戦終結した。この2つの重大な出来事が同時期に起きてしまったことが、日本人にとっては不幸なことだったと思う。冷戦が終わり全面核戦争危機は去ったにも関わらず、経済的な壊滅状態がやってきてしまい、安心を感じれなかった。「世界は滅亡しない」という安心を。

 そんな不安感の中、オウム真理教が登場し、信者を集め、凶行に走った。彼らが持ってた終末思想は麻原個人によるものも大きいが、多くの日本人が心のどこかで持っていた疑念共振していた。世界は何か別の形で滅亡してしまうんじゃないだろうか?と。阪神大震災ダメ押しになったのも無理はない。95年だ。

 ちょっと違うかもしれないけど、90年代末に登場したエヴァンゲリオンにも触れておきたい。エヴァンゲリオンのメインのテーマは親子関係であるとか、成長であるとか、そういったことになるのかも知れない。しかし、設定として「サードインパクト」なる壊滅的な何かが起こった後の世界舞台となっている。ここでも世界が滅ばない訳では無いのである。いずれにせよ、私達に「世界は滅ばない」と安心させてくれるものではなかった。

新たな終わりの予感、そして福音

 そして、21世紀現在、新たな「終わり」を予感させる出来事が次々と起こっている。それはやはり、2016年イギリスEU離脱、そしてトランプ大統領誕生である世界が大きく動いている。何かこれまでとは違ったことが、起きているし、これからも起きるだろう。もしかしてこれは、「終わりの始まり」なのか・・・書店に行った。「たとえ世界が終わっても」という新書が並んでいた。

 そんな中、話題の「けものフレンズ」を見た。なんでも、「疲れたオッサンを癒やしてくれる」らしい。私も36のいいオッサンで、程よく疲れている。癒やされるか。そして見てみたところ、なかなか楽しくはあるが、いまいちピンと来ない。「すごーい」や「たのしーい」で微笑ませてくれるんじゃないのか。それとも自分には合わないだけなのか。

 でも、ふとした時に気がついた。あの世界、「ジャパリパーク」は冷戦終結と、バブルの崩壊の2つを同時に表現していると。バブル期日本では、アミューズメントパークが雨後の筍の如く建設され、そしてバブル崩壊と同時に多くが破綻し、そして廃墟化していった。「ジャパリパーク」はそんな廃墟化したアミューズメントパークそのものだ。人間が出てこないし、話題になっているように人類滅亡後の世界に思えなくもないが、アミューズメントパークが倒産しただけだ。冷戦は終わった。世界は終わらない。そう思うと涙が出てきた。

 確かにオッサンを癒やす作品だ。でも、私の場合はそのほのぼのとした雰囲気にそのまま癒やされるのでは無かった。自分が幼い頃から育んできてしまった小さな恐怖、心に刺さってしまっていた小さなトゲを、取り去ってくれるという形で、癒やされた。すごーい!

http://anond.hatelabo.jp/20170308112915

落語心中あいかわらず面白い

鬼平は中盤からコミカルな話が増えてかなり良くなってきた

ACCAは8話だけが高潔でとても良い 他は可もなく不可もなく

このすばは安定

アイドル事変は今消化中だが前半は凄まじくつまらない

ブコメでは盛り返すらしいのでもう少し我慢する

スクストは面白くは無いけどキャラデがいいので見れる

エルドライブは適度なエロさで良い

メイドラゴンご都合主義全開のくせに深刻に悩んでるフリしたりしてリアリティレベルぐちゃぐちゃな糞

いじめアニメガヴリールは論外

https://news.yahoo.co.jp/byline/kojimakeiko/20170308-00068469/

女性は、男性経済的にも社会的にも強者なのだから年収600万未満の男はお断り」とか「おやじハゲ臭い邪魔」とか「もっと稼げ」とか「定年後は粗大ゴミ」とか言っても構わないと考えてこなかったでしょうか。

考えた事もないし、実際にそんな事を言っている人を見た事もないし、女性向けのメディアで見た事もないけど。

男性向けメディアに出て来るステレオタイプ悪役女性」だよね、それ。現実にはまず存在しない。

マック女子高生食パン咥えて走る女子高生と同レベルリアリティのなさ。

職場で散々な目にあって疲れ切って帰宅したら「小ジワだらけでみっともねえ」と笑われ、「ママ、くさいしうざい」と言われ、「なんでもっと稼げないの?」「仕事やめたら単なる生ゴミからね」とか言われたら、私は間違いなく壊れるでしょう。

その上「女なんだから耐えろよ」とまで言われたら、ふざけんな!と暴れるかもしれません。

勿論こんな事を言われている男性も見た事もない。

何なんだこの安っぽい悪役台詞は。今時ドラマだっていないだろ。

まとめサイト創作実話でも創作臭いとかこんな女いるのかとかお前ここまで言われるってなにやったんだよとか言われるレベル



非実在クソ女を作り出して「女はクソで男はその犠牲になっている!」って、男がやりたがる女叩きの構図そのまんま。

それを間に受けて「(私は実際はそんな女は見た事も聞いた事もないけど)ネットで言われてるから実際は世の中には多いのに違いない」と思い込んでるのか、

非実在だと分かっていてその手の女叩き男に媚びたいのか、どっちなんでしょうかねこの人。

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308212837

いやそれは新しいのでは、というか初めて聞いた例えだ



女だと割と「キモい男とヤるくらいなら美女とヤる方が抵抗感がない」って人が多そうだし

それに石油女王(そんな言葉はない)というスペックもついて来るのならとほいほい乗っかる人が

(少なくとも金の為にキモ男と結婚しても良いという人よりは)多そうだけど

男はどうなんだろう



まああまりリアリティがなさ過ぎるので、本気で考えられない人が大多数だろうけど

BLにはあるのかなあ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」を絶賛するユーザーに「他のオープンワールドやって事ないだろ」批判

するブコメを多數見たので、他のオープンワールドをやっている自分が感じた違いをザックリと。

ちなみに「オブリビオンスカイリム」「フォールアウト」「アサシンクリード」「ファークライ3~4」「GTA3~5」あたりはプレイしてます

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

オブリビオンスカイリム

オブリビオン」が絶賛されていたので、噂を聞いて購入。2時間程度で挫折スカイリムで再挑戦しメインストリークリア

戦闘がまったく面白くない

→ただただ力技で対抗する単純なゲーム性ゼルダは敵の攻撃が多彩で特に今回は攻撃方法も幾つもあり飽きない。

・画面やNPCPCゲームっぽいビジュアルに拒絶感

日本人には受け入れがたいと思う、今回のゼルダキャラクタービジュアルUIはシリー次の中でも洗練されている

ストーリーがわかりづらい

個人的ゲームストーリ性を求めない悪者倒すで充分

・移動がめんどい

スカイリム景色キレイ散歩気分を味わえた、ゼルダは馬やパラセールでの快適ない移動や道中の仕掛けが多彩で飽きさせない。

アイテムの配合が分かり難い

→どれがいいのか分からゴミばかり生み出してた、ゼルダは素材に説明があり自分で良い組み合わせが想定でき、実際想像に近いもの

生成されるので納得感がある

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

フォールアウト

これは2時間でやめたので語る資格なし。ほぼ前述の「オブリビオンスカイリム」と同様の理由でやめました。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アサシンクリード

戦闘や移動などのアクション面白く好きな作品。ただ先日PS4で100円セールやっていたので、

アサシンクリード4」を買ったのですが、以下の理由萎えました。

・敵がバカ過ぎる

→序盤に6人ぐらいの敵を暗殺するミッションがあるのですが、1人1人倒して最後の1人だけになっても

敵が無反応。いやいや自分1人だけになったら普通人間は流石におかしいと気付くでしょ。

正直ゼルダボコブリン最後の1人になっても無反応だけど、どちらかと言うと知性がない存在として

描かれているので「バカだな~」と許せてしまう。


ネコが逃げない

→街につくとネコがいて、当然追いかけたら逃げると期待していたんだけど逃げない。

脚にスリスリもしてこない。ただただ無反応。

ゼルダはすべての生き物に近寄れば反応するし、犬を矢で打てば吠えてくる。

ネコが登場しないのは表現が難しかたからかな?


ビジュアル面ばかり強化されて、その他のリアリティがかけてると思う。


  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ファークライ

これも戦闘や移動も面白く3は一通りコンプリートするまでやった。

けど4は5時間ほどで一時中断。

動物狩りがめんどくさい&グロイ!

動物を狩ったあと近くによって肉をはがなきゃいけないんだけど、

「狩る」→「近寄る」→「下向く」→「狩りボタン長押し」の1連の作業がめんどくさい。

その際に血まみれの肉塊が画面に映るんだけどそれがグロい!3の時もグロかったけど、

4になって余計生生しくなった。そんなの求めてないから!

ゼルダは狩った瞬間、マンガ肉になるのでストレスフリー

PS4になって汚さが目立つようなビジュアルになったように感じる。

あと3とやってたことがほぼ変わらないので飽きる。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

GTAグランセフトオート)

これも好きな部類。5はビジュアル世界観アクション面も強化されて素晴らしかった。


・やはり過度な暴力的表現・・・

→このゲームが受けている最大の理由でもあるんだろうけど、やっぱ一般市民丸焼きにするのは

どこか心に引っかかりはあるよね。自分の子供にはやらせたくないし親御さんも心配だろうし。

この辺りは青沼さんもインタビュー言及してました。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

どちらが上か下かというのは個人主観しかないけれど、

万人に分かりやすゲームデザインで、過度な暴力がなく、写実的ではないビジュアルで、

なにより明るい世界観を構築している今回のゼルダは唯一無二の存在にはなっていると思う!

2017-03-03

芸人で笑ったためしがない

ハイコンテクストリアリティ水準が高いんだよな

よくキャリアウーマンだののマウティング合戦ネタにしてるけどさ

あんなのホワイトカラーの女うちでしか通じないし

年齢も30、40台とか限定してるケース多いかニッチも甚だしい

女同士の見栄の張り合いなんて、こっちからしたら

フィンランド人の見たサムライ、ショーグンの主従関係ハラキリ文化みたいなもんで

エスニック香りがあっても笑いには繋がらない

リアリティだってサンシャイン池崎みたいに極度に戯画的に作って

もはやネタ元分かりませんみたいなものを見たことが無い

ヌーブラヤッホーくらいだろ、女芸人支離滅裂抽象的なネタって

まり、明言してないだけで実は「あるあるネタ」やってんだわアイツら

エンタの神様の70点ライン乱造ネタが垂れ流されてるだけなんだわ

2017-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20170228153238

やるにしてももっと前から伏線貼るとかやりようがあっただろ

次の話進めるために思い付きで出したくらいの唐突さでまるでリアリティがない

一気にあのあたりでガンダムではなく「オルフェンズというお話し」感が強まった

腐女子人気のためのイオクプッシュも始まったしあれが駄作への第一歩だったと思う

正直アクエリオンEVOLより酷い

2017-02-27

この世界の片隅に (ネタバレなし)

観てきました。

君の名はの次は、この世界の片隅にがキテる」という噂を聞いてから、はや数ヶ月。

まだやっててよかったユーロスペース



結構重い話だということは聞いていたのですが、広島舞台戦時モノだとはつい知らず…

だんだん展開の悪い方向が見えてきてヒヤヒヤして観てました。



この映画の素敵なところは、

戦争ってこんなに悲惨なんだよ。そんな"犠牲"の上に成り立ってる現代を大切にしようよ!!』

という押しつけがましさが全くないところ。



悲惨な部分は一部分で、大部分は主人公すずの日常を幼少期から丁寧に描いてある。

からこそ積み上がっていたものが崩れる悲惨さがあるし、日常感情移入している分、こちらまで痛々しく感じる。

かといって絶望して終わりでもなく、楽しいことも温かみもある日々が続いていく。

そしてボクらの現代は、そんな"日常"の先にあるのだと、決して"犠牲"一色の上にあるわけではないのだと気付かせてくれる。

ここら辺のアンバイがゼツミョウというか、

登場人物たちに体温を感じるし、同じ人間として共感出来るから戦争の記録映像の何倍もリアリティのある恐怖を、アニメーションの爆撃の中に感じました。



戦争で帰ってこなくて悲しむ対象の人もいれば、喜ぶ対象の人もいた。

終戦宣言の時にキョトンとする人もいれば、怒る人もいた。

アメリカ人残飯の美味しさに感動し、

自宅の白米の無味に落胆することもあった。



きっと本当にそうだったはずだ。

少なくとも、僕があの時代を生きていたらそうだったはずなのだ



戦争が本当はどんなものだったのか。人間はその時どう生きていたのか。

その一端を見れた気がしました。

今の日常一生懸命生きたいと思います






nekoich

2017-02-26

http://anond.hatelabo.jp/20170226200400

漫画っていうのは、絵を用いることで圧倒的な分かりやすさ、情報伝達の素早さを特徴とした表現手段だと思うんですね。

小説で、風景描写リアリティを持たせようとしたら、相当の文字数を読ませないと伝わらないけど、

漫画なら1枚の絵によってほぼ瞬時に伝えられるみたいな感じ。



しかし、説明的な漫画は読ませる文字数が多すぎるせいで、漫画長所を殺してしまっている気がします。

2017-02-24

生理って汚いものなの?

http://www.huffingtonpost.jp/ryan-takeshita/confused_feelings_b_14892368.html

http://www.huffingtonpost.jp/arisa-ido/talking_to_my_boss_about_my_period_pain__b_14892362.html

このあたりの記事を読んで、生理話題拒否感を抱く男性が多いのはなぜか?って話を妻としてたのだが、私と妻で見方がまったく違ってた。



私は、生理は性の話題から、公の場でエッチな話をするものではない、という規範意識がはたらくものだと思っていた。

一方、妻は、生理は不浄なものから、うんちやおしっこ話題と同じように不潔なものとされるのではないか、という意見だった。



考えてみると、多くの女性にとって、生理は、排泄物が出てくるのと同じような部位から月一で血がでてくる生理現象なわけで、それを処理するのも自分だし、思春期以降ずっと相手にしているし、「汚いもの」という意識がまず最初に来てもおかしくはないのかなと思った。

一方、男性としては、どうしても生理というものにそこまでのリアリティを感じることができなくて、せいぜいが「できない日」とか「女の子の日」といった、生殖と結びついたヌメヌメした印象を抱くに留まってるんじゃないかなと。



※もちろん民俗学におけるケガレ概念も知ってるけど、都合のいい理由付けをして女性排除したり保護したりする意味合いのほうが強くて、実際うんちやおしっこと同じレベルで経血を「汚い」と思っている男性ってそんなにいないんじゃないかな、と私は思ってる。



このあたりの感覚、私と妻が個人的にそう感じてるだけなのか、ジェンダーによってわりと一般的な傾向があるのか、どうなんだろう?

2017-02-21

陰謀論の作り方

火災発生から5日以上燃え続けている倉庫火災ですが、埼玉県入間郡三芳町倉庫と報じられています位置関係を把握するために三芳町地図確認すると、所沢市川越市志木市新座市富士見市ふじみ野市と隣接していることが解ります(一見狭山市とも隣接してそうに見えますが、微妙に間に所沢が入っており接してはいないようです)。
ところで、周辺には以下のような自衛隊施設存在します。
 

- 航空自衛隊入間基地
入間と言えば航空自衛隊入間基地連想されますが、入間基地入間市狭山市に跨る基地なので入間郡ではありません。地図で見ると、件の倉庫からだいぶ西方位置します。

- 陸上自衛隊朝霞駐屯地
件の倉庫から東方向には陸上自衛隊朝霞駐屯地もあります朝霞駐屯地朝霞市新座市和光市東京都練馬区に跨る駐屯地なのでやはり入間郡ではありません。

- 自衛隊大井通信所
件の倉庫から北の方には自衛隊大井通信所がありますふじみ野市に該当するためこちらも入間郡ではありません。
 

さて、この三か所の自衛隊施設を直線で結んだ三角形プロットしてみると、中心付近に件の倉庫位置することが判ります。
これは単なる偶然でしょうか。

 

客観的事実リアリティを持たせつつ、最後一言適当に思わせぶりなことを言ってるだけです(もちろん、こんなの偶然でしょう)。

後は読み手独自に都合のいいように、或いは面白いように解釈した想像します。

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217152604

まぁADHDになったつもりでわかった気になって書いてる釣りバカクンやろうな。薬で即座に改善するとかい妄想垂れ流しでリアリティなさすぎ。

そんでADHDでも性格悪いやつがいると表現することで健常者の自分が生きやすいように持っていこうとする性格クズなのがにじみ出てる文章だわ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん