「生産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生産とは

2016-06-26

自分たちが使ってやってるんだというおごりしか感じねえ。

空虚数字操作しかできない無生産階級のくせにだ。

2016-06-23

ねころがれ日本」わりと本気でいける論

http://anond.hatelabo.jp/20160622220312



双葉杏っぽい人しかまらなかった?おかしいな。

その政党はぜったい、大きな可能性を秘めてるよ。

ベースとなる思想もっと崇高で深淵もの、って匂いがする。

から、少しまじめにやればいい感じの人あつまるよ。



例えば、頭良さそうなホワイト企業がぬるっと賛同してくれそう。

昼寝制度やってみたら生産性あがったっていうイマドキの企業とかね。

彼らは、健全生産的な組織をつくるためのマネジメントを知ってる。

から、公官庁民間企業の腐敗や不毛仕事連鎖を断ち切ってくれそう。



ハッカーエンジニアみたいな人ともくっつきそう。

彼らは、怠惰への欲求こそが、既存煩雑な枠組み・手続き解体し、

洗練されたショートカットを生み出すことを知っているのだー。

んだから社会システム効率化・最適化もうまくやれるでしょ多分。



それ以外でも、「ゆるさ」の大切さを理解してる人は応援してくれそう。

「ゆるさ」って、ものごとを柔軟に考えられる想像力と寛容性がないと受け入れられない。

おぞましいインターネットや息苦しい世間を見てるうちにさ、そこから逆に学んで、

「ゆるさ」は大切だなって悟る人けっこういると思うんだよね。



そんな感じで順調に賛同者ふえたら、きっと最終的には、

みんなが食って遊んで寝て、やりたい時だけ仕事、って生活ができるようになるよ。



そのへんの具体的な未来像は、

SFとか経済とか好きな人の方がうまく描けると思うけど例えば、

「衣食住」のデフォ装備を支える産業研究世界規模でリソースを集中させて、

ベーシックインカムならぬベーシック生活キットを配布してさ。

エネルギーや食料もそれで自給できて。

ああ、そしたら「ねころがれ世界」の方がいいのかな。

国政政党としても機能するグローバル結社。あたらしい。あたらしい?

2016-06-22

しろ(都会で生産された)都会くさい食物ってなんだ

2016-06-21

保育士資格は2週間くらいの講習でとれるようにすべき

そしたらパート主婦を雇える。



ヤフーニュース

保育士は質を本人が上げて行けば自然給料も上がります

保育士やりがいです

と書いてあったが、逆だろ。

もっと質を下げても良いから大量に保育士生産すべき。

貧乏相手商売で質を上げた所で給料なんて上がるわけが無い。



昨日の増田に有った扶養内勤務のパートを増やせば良い。

子供の面倒なんぞまともな女なら誰でもできるわけで、保育士資格の拡大が必要だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160620233336

それって本当に「創作してる人」だろうか。

ぜんぜん違う界隈の話だったら申し訳ないけど、アニメ系の二次創作絵師場合

自分が描いた絵をダシにしてコンテンツを消費する輪に加わろうとせずに居られない人」

ほとんどに思える。つまり生産風の消費志向

もちろんその中にも、二次作品なりに創作と言えるレベル世界観を構築して、

人を感動させられるような人もいる。

けれど大半の人は、キャラをいじって遊ぶ人形遊びの域に収まっているのでは。

それを批判するわけでは全然ないけど、

でもそう考えたら、だいぶハードルが下がったように感じるし、

創作しない楽しみ方でもそんなに引け目を感じないと思う。

しろ他人作品ネガティブに捉えない品性をそなえていて、

物事を論じるのが得意であれば、人からすると目から鱗の考察ブログなんかが書けるのでは。

創作とは少し違うけどアウトプットではあるから

要は何らかのかたちで、楽しさの共有ができればいいわけで。

つきつめるとその最小形態は、ファン同士の語らいだと思うのね。

あなたの楽しそうなつぶやきだって、同じファンにとっては、

大袈裟にいえばあなたが生み出した一つのコンテンツ

そんな感じで。

2016-06-20

http://anond.hatelabo.jp/20160620143417

色んな意味自覚がないんだと思うよ

幻想を抱かれてる自覚、モノを生産してモノ自体ファンがついてる自覚作家作品作家人格は別である自覚

まあ、作品が好きなら無条件で作家人格なんて好かれると思っているか、そんなもん嫌なら嫌いになるなり好きにしろと思っているか作品作家への好悪は別だとわかってないかかもしれないね

二人目の妊娠を喜べなかった

二人目は計画するでもなく、自然に任せていた。

1日、1日と生理が来ない日を重ねて気分は重くなっていった。

観念してついに検査薬で陽性が出た時、やっぱり喜べない自分に泣きたくなった。



自分には母性なんて備わっていなかった。

子どもが一歳を過ぎた今でも備わっているか疑問に思う。

契約社員ながらも色んな人と関わりあって、大した仕事ではないけれど頼りにしてもらって、

カツカツだけど自活して自由に過ごしていた独身時代のことがどうしても懐かしい。

それでも、母親業も馴染んできた。

三ヶ月頃までは愛猫の方が可愛いと思っていたけれど、今では我が子は愛らしいと思う。

子どもを持つ喜びも実感するようになった。

夫婦仲も良く、夫は育児に協力的で、理解もある。

良いお父さんをしてくれていると思う。

なのに、妊娠を、子どもを、どうしても枷と感じてしまう。

一歳を過ぎてやっと少し自由が得られるようになったのに。

また悪阻の辛い日々が来る。

悪阻を過ぎても、身体が重くなるにつれ、地味なしんどさが増していく。

出産の大変さは言うまでもなく。

睡眠不足の日々がやって来て、きっと産まれたばかりの赤ちゃんに、私は愛情を持てない。

新生児に外の刺激を与えたくないとの夫の希望で、外に出ることを許されず家の中だけで過ごす数ヶ月。

何もない。何も生産しない。何者とも関わらない。何もない。同じ毎日。同じことの繰り返し。



受け入れるしかないのに、自由にならない不満ばかりを思う自分が嫌。

2016-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20160616205451

自動運転車メジャーになれば、自分で車買う意味がなくなるから

スマホで呼び出せば、センターコントロールの無人者がスーとやってきて目的地まで運ぶ。

自分で車買う人は、車が趣味な人だけになる。

手動運転メインの車は小ロット生産になるし、人のほうが圧倒的に事故を起こすから保険料バカ高になる。

よほどの大金持ちじゃないとマイカーなんか買えない。

http://anond.hatelabo.jp/20160616152051

まあ、それは書き手スタンス的な問題からなあ。

先生カズキヨネ先生も、そのツール使ってる影響かどうか知らんが「判子絵」といえるレベルで安定したクオリティ作品生産し続けてるわけだろ。

勿論、頼らずともある程度は出来るのかもしれないけど、ツールに頼ることによって安定と生産力を確保しているわけだ。

ツールに頼ってるなら、自分で考えたり工夫したり記憶したりしていなきゃ行けない部分を最低限にできるからな。

それはつまり、他の人にも同じクオリティ作業をさせられるということでもある。

プロの使いこなし方は素人増田のそれとは全然レベルが違うだろうから比較にはならんだろうけど、依存する価値もまたあるはずだよ。

ちなみにDazは基本無料やで。(ステマ

大学に対する恨み言

長めの愚痴

私は日本でも10本の指に入る大学に通っている人間ですが、その大学があまりにもクソだったという話。

あれは自発的勉強したいと思っている人間から勉強を奪い、そうでない人間には勉強押し付けるという最高に非効率なことをしている。あんなんじゃ一生グーグル検索結果からグラドルが消えなかろう。

あのクソは俺からすべてを奪い、再起不能にした。その罪は許されることではない。いつか必ず復讐する。

甘えって思う人も多いかもしれない。それをこなしつつ、自分目標に向かってこそ成功者なのではないかと。だがよく考えてみてほしい。世の中そんなことできる奴が何人いる? もしかしたら俺にもできたかもしれないし、できると信じた時期もあったが、その頃には消耗しきっていた。俺だって頑張ってきた。大学に入りさえすれば夢をかなえるためにするべきことへ邁進できると、教えられ、信じてきたからこそこれまで頑張ってくることができた。その結果がこの仕打ちだ。もはや俺は消しゴムの残りカスみたいな存在に成り下がってしまった。あの時は夢に向かって進むことのできるだけの能力と、時間と、体力を持ち合わせていたのにも関わらずだ。憎んでも憎みきれるということはない。騙した奴らの歯を全部抜いてから、口を縫い合わせてやりたい。いや、それだけでは足りない。

入ってからも、間違いに気付かされてからも状況を改善しようと可能な限りの努力はした。一向に改善しなかった。むしろじわじわ悪化しているように感じられた。そしてギリギリの均衡を保っていた状態は、突然崩壊した。長く苦しい鬱症状。多くの薬に頼らざるを得ない状況に追い込まれた。何もできず引きこもった日も多くあった。若く健康な体はあっという間に持病持ちの老人の躯に成り果てた。この責任はどこにある? 間違いない。大学だ。

大学のすべてが悪い。教師は才能の目をつぶすメクラの集まり、生徒は生徒でほとんどそこらへんに散らばってるゴミ程度の存在しかない。日々を惰性のまま無駄に生きる人間価値もクソもあったものか。まあこれは他の大学にもある程度共通する部分だろうから十把一絡げにくくるのは早計だが、それでも腐っても天下の旧帝の人間が(失礼ながら)MARCHレベルゴミ同然のメンタリティ向上心しか持ってないのはどうなのよ? 与えられたもんだけやっときゃいいって、子供か。生徒がそんなんならまだしも、教師までもどう考えてもそういう心持ちであろうとしか思えない体たらく課題を出してくるから困り者だ。そして育つのは当然ながら従順奴隷である大学奴隷生産工場か何かですか?

うそう、課題で言うと癌なのはレポートあんな書かせるだけのもの教育上何の意味がある? あらゆる物書きというのはフィードバックが全てだ。フィードバックのない文章なんてオナニーと何も変わらない。生産性がない。そこから何も生み出されないし、したがって成長もない。ところが、大学のクソどもはそのフィードバックほとんどしない(してくれる教師まれにいることは彼らの名誉のために併記しておく)。レポート課題を出してやらせた気になっているだけだ。レポートを書くのもオナニーだが、レポート課題も出す側も公衆面前で野外オナニーしてるだけだった。それでいてアカデミックライティング技術が身につく~とか文章力が~とかドヤ顔でのたまいやがる。笑わせてくれる。

ここで書くことではないが、文章なんて簡潔なものが一番なんだよ。短い言葉で要点だけ捉えてスパーンと射抜くのが最も良い文章だ。長々と書かせることだけにご執心なレポートとは対極の存在だ。

俺もそれなりにレポートを書いてきたが、どうだこの論理構成力のかけらもない駄文は? レポート文章力育成に毛ほどの役に立たないということを、この文書証明している。

そもそも教育価値なんてのは成績で決まるものじゃねーから学校教育で得たものを、いか日常生活に生かしていくか。それこそが教育が真に測られるべき価値から。まずそこで勘違いしてる時点でお察しである。例えばウチの大学ではよりにもよって理系が、水素水に騙されてやがる。トンデモ健康商品だろうがSEALDSみたいな現実ガン無視思想もどきだろうがきちんと教育してやりゃ自然消滅するの。だってあの辺り中学レベルの知識で見抜ける奴ばっかりだし。教育と成績を混同している輩が牛耳っているうちは日本未来は暗い。某誌で日本6番目とも目される大学でこれなんだから、他も推して知るべし

だいたい教育のあり方、就職時の評価基準、それらがすべて絡みあった複合的な問題なんです。とりあえず大学に行っとけば就職に有利になるという風潮をまずやめろ。それがあるせいで理系だか文系だか分からんゾンビがそこら中徘徊してるんだよ。あれ本気で邪魔だと思ってるからとっとと土に沈め。二度と地上に生えてくるな。大学というのは意欲のあるか、能力が高い選ばれし者だけが行く研究機関にしてしまえばだいたい解決するんだよ(方法の如何はともかく)。ゾンビ大学行かせたところで、ゾンビゾンビ。何も変わらん。あん粗大ゴミ引き取る企業がかわいそうになってくる。そりゃあブラック場所に入れて薄給で使い潰したくもなるわ。代わりなんていくらでもいるし。そんな奴ら高卒で引き取ってもやること変わらんだろ。むしろ多少若い分役に立つ可能性すらある。

それでいて大して努力していないくせに奨学金が返せないとか泣き言抜かしやがる。半分はお前らの責任だろ。奨学金ってのは大雑把に言えば投資奨学金の額に見合うだけのリターンが得られるような付加価値をつける努力を怠ったお前らの自己責任だよ。勝手自己破産しとけ。残り半分は就職時の悪しき風習とクソ大学のせいだよーと、一応フォローはしておく。

結論:O大学はクソ。受験生浪人生絶対に行くな。俺みたいな犠牲者をこれ以上増やしたくない。行くならK大学とかにしておきなさい。そのために浪人するぐらいの価値はある。

2016-06-15

もっとたくさん作れ

作っても売らなかったら意味ねえだろアホか

だいたい受注生産から作る数は決まってるんじゃねえのかよ

http://anond.hatelabo.jp/20160615110347

その土地から逃げられない産業はその時々で生産量を増やせないからこそ地場産業なのであって、特需の後に固定費けが掛かるようになって破綻とか目も当てられないんだよ。そもそも「ほうっておいても客が来る」からこそ特産品なのであって、それをわざわざ追加の販売チャネルを用意する必要は無い。

追加の販売チャネルを用意しても大丈夫で、特需の後は別の産業なりにシフトできる組織にこそこういう仕事が最適なんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160615104657

地域振興って観点から見ても、その土地生産されている一番高額な商品が売れることの方が結果地元に金が行くから振興にはなるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160615103957

生産数がある程度一定なはずの地元特産品ふるさと納税なんつー特例的施策市場維持されちまうこと自体おかしいので、安定して生産を増やしたり減らしたりできる工業分野の製品を返礼品として機能させるのは経済的には至極真っ当だろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160615102547

馬鹿か?

ふるさと納税での返礼品は税収の欠損ではなく生産消費の増大だ。

税収という「売り上げ」がまず地方に入り、さらにその返礼品を生産する為に企業発注が行くのでそこでも地方に「売り上げ」が発生する。

地方自治体地元企業税金から商品発注して、企業はその売り上げから税金を払うわけだから経済的には一応の循環が保たれている。

企業発注する値段と企業から受け取る税金の収支が噛み合うかどうかは地方自治体個別制御すれば良いだけ。

ふるさと納税では地方それ以外での納税者から納税されるので、地方地元以外の需要が発生することになるわけで、言うなればインバウンドって奴だ。

どちらかというと問題とされているのは、プレミアム商品券なんかと同じで「金のある奴だけが恩恵にあずかれる施策」ってところで、ピケッちがいうところの「逆進性のある税制じゃねーか」っつーところやで。

税収の問題は全く問題ないで。

2016-06-14

思えば今の不安定生活の根源は、高校に入った時点まで遡ることができそうだ。

自分中学3年まで軟式野球をやってきていた。高校入試のために野球から離れてひたすら受験勉強に打ち込む時間ができた。まあそこまで勉強したわけでもなく、ときには友達ゲームをしたりしていたんだけれども。

いろいろやって、その地区で一番偏差値の高い公立高校入学することができた。このあたりの時期は、もう野球はやらなくていいかなというふうに考えていた。

ここですね。親には高校でも野球をやりなさいと言われたので、しぶしぶ野球部に入部したけど、2日で行かなくなってしまった。

別に野球部の人たちを馬鹿にするわけでもないが、スポ根的なものとか、毎日身体を疲れさせなければならないということの方に嫌気がさしてきたのである

部活に行かなくなったことは、すぐには親には伝えなかった。それまでの経験から、これはとてつもなく怒られることになるだろうということが分かっていた。すでに高校用の野球道具も買っていたので、なおさらだ

それからとにかく生産的でない生活をしていた。放課後部活に行っていることになっているので、授業が終わってから帰宅することはできず、地元本屋に入り浸ったり、親に見つからない場所レンタル漫画を読んだりしていた。

そろそろ帰ってもいい時間かなと思ったら、小学校グラウンドに行って、練習着を汚して、今日はどういうことがあったなどの嘘の報告を考えていた。

我が家では、帰宅したらだいたい親に何か出来事があったら報告するようになっていた。部活に関することはもちろんである

そういう生活を一ヶ月ほど続けていて、そろそろ隠しきれなくなってきたので、こっそりと伝えたら、当然ながらひどく怒られた。何度も殴られたし突き飛ばされた。

このあたりで、自分自由時間が欲しかったんだなあということに気がついてきたが、そんなことを言ったら勘当されかねないと思っていたので、ずっと言わずにいる。

まあなんやかんやあって部活を辞めることに成功した。もうだいぶ親との関係の雲行きが怪しくなってきていて、帰宅してからずっとビクビクするようになった。

友達はいない訳ではないけど少なかったし、特に場所があるわけでもなかったので、図書館に行ったり学校中をぶらついたりしていた。

二人組を作ると余るような人間だったので、気配りのできるような人にすがっていくばかりだった。

それでも、ちょっと勉強ができる方だったことと、高校雰囲気として質がそこそこ高かったこととで、いじめられたりすることは最後までなかったし、これに関してはいろいろな方面感謝するしかない。

体育祭の時期になったら、体格が悪いわけではないという理由ピラミッドの下段ばかりやる感じで、3年間ずっと係の仕事をさぼっていて、特に目立つことはなかった。

いやあったわ一度だけ。3年の文化祭ときだ。このときだけ、誰が教えたのやら、先生に知られ、クラス作品担当をすることになった。

そのとき担当の人はもう3人いたんだけど、2人は部活があってあまり作業できなくて、もう1人の人と作業をしていることが多かった。

作業をしながら、愚痴のようなものとか、家庭に対する吐露とか、そういう話ばかりしていて、実はそのときが一番生き生きしていたのではとさえ思ってしまう。その友達とは、高校卒業した今でもときどき連絡を取り合っている。

高校基本的に悪くなかったはずで、じゃあ何があったかって、やはり家族関係のことを考えると頭痛がするということだった。

もうちょっと高校時間有意義に使うべきだったなあというのはずっと思っていて、具体的には人間関係を広めるべきだったということで、気を配ってくれるような人とはけっこう仲良くなっていたけど、普通の人とはそこまで交流がなかった。もったいないことをしたなあ。

まあそんな感じで高校もやっていて、無事に大学に現役合格して、これでめでたしという感じでいくつもりだった。念願の一人暮らしで最高。最高だったらよかった。

本格的におかしくなったのは、大学1年の秋になってからだったと思う。

寝坊するということがあった。まあ寝坊ぐらいは以前からも少しはしていて、ぼくはそんなに異常を来していたとかそういうつもりはないんだけど、親のほうが敏感になっていて、何度も電話をかけてきた。

挙句の果てには、毎朝電話をかけてやるということを言うようになった。おいおいマジかというふうに思ったが本当にかかってきていて、すくなくとも大学のある日とか、食堂が開いている日はずっと朝電話がかかってきている。

それで起きる日も、その前に目が覚める日もあるんだけど、そこから生活おかしくなって、常に監視されているという気分が止まなくなった。というか実際に監視されている。

大学生協で買ったものも、食堂で食べたものも見られてるし、いろいろなことを聞き出してきて、辻褄が合わなくなったら責めてくる。

せっかくの一人暮らしなのにまったく一人暮らしらしさが消えている。本末転倒だ。

家のお金があまりないのは分かっていることなんだけど、段々と大学かいろいろなことに対するモチベーションが低下してきていて、留年を見据えてしまうようになった。もちろんそんなことは親には言ってない。

いろいろなことが強制されるようになっていて自立とはという状態になっている。

親に関して、どうやら自分の子が見えないところで何をしているのかがほんとうに気になるという性分なんだろうなあ、というふうことが最近わかってきていて、ため息をつくしかなくなっている。

電話に出て、適当に返事して、何か問い詰められたらつらい気持ちになって、講義に出たり出なかったりしている。

親へ、これを見てるんだったら今すぐ毎朝電話するのをやめてください。もう何回か伝えたと思うけど。せめて月に数回とかにしてください。ぼくはそんなに電話がうまくないし、朝からつらい話でモチベーションを下げられることほどつらいことはありません。

さすがに大学に行かせてもらっている身分だしやるべきことはやろうと思いますので、毎朝を進捗報告と詰問の時間にするのをやめてください。

もう最悪な文章しか書けないので、気分を紛らしに散歩にでも行こうと思います

2016-06-13

世代交代の話

個々の生産能力思想世代交代を起きることで大体いい感じになると(当たり前の話として)思うんだけど、今の日本少子高齢化のことを考えると日本世代交代全然進んでいなく、またこれからも全く世代交代されないように思える。

若者の私としては、今の50,40,30代の倫理観価値観が今後2,30年近くメインストリームに居座られるのは非常に迷惑で悲観せざるおえない。

旧来のテレビ新聞といったメディアがここ数十年全く進歩せず同じようなコンテンツばっか作っているのを見ると、先進国っていうのは先進している途中に育ったやつが一番楽しく人生が送れるようにできてんだなということがわかる。

最近とても気になっていることにテレビに出ている芸人40代以上ばかりだという現象がある。正しい新陳代謝が起きていない腐った芸能界のせいもあるだろうが、そもそもの視聴者がここ数十年同じ相手にし続けているというのが一番の理由だろう。

若者からしたらつまらない話だ。とてもつまらない。

2016-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20160608132838

肉食と草食は繊維質の消化能力の差で、炭水化物摂取能力の違いだけど、あいつらパイとかドーナツとか食ってたよね。

一日に体重の数割の天然の牧草を食ってたら都市を維持できないだろうしね。

でもそういう炭水化物に偏った食生活してると草食動物でもタンパク質が足りなくなると思う。

ということは草食動物タンパク質摂取する特別栄養源を持ってるんだよ。

人工的な空調技術住み分けを実現してそうなくらい科学技術は高度だから生産加工技術も高いんだと思うよ。

現代でもキャットフード原材料穀物タンパク質割合も高いよ(安物に多いけど)。

成長戦略とか言うけど

もし本当に上手く行って3%成長が10年続いたりしたら大変なことになると思う。

1.03^10は約1.34、 単純に全ての生産・消費が1.34倍になったら色んな物が足りなくなる。

まず電力、原発の再稼働をすべきか否かなんていう話でなく、いくつか新設しないと追いつかないだろう。

仮に原発やめて火力でやるとしたら必要量の石油天然ガス調達は厳しそう。

道路も、オフィススペースも足りなくなるだろう。一方で出生率は急に伸びないか少子高齢化はどんどん進み介護施設病院も足りなくなる。

経済成長さえすれば全て解決する、って言うのも幻想みたいに思える。

2016-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20160607160308

OS間の移植ではないけど、例えば言語ローカライズとかはそのへんの生産力のあるオタクに近いんじゃないかと思う。

言語対応してて翻訳だけで簡単にできるものもあれば、クラックまがいのことしないとできないものもある。

中にはバイナリエディタプログラムデータをいじって、隠されてる日本語データを引っ張りだすなんてのもある。

そんなのどうやって調べるんだよ、と思うけど、やっちゃう人もいる。

2016-06-05

電車に飛び込んで自殺した奴に苛烈な辱めを与えてほしい

今週は毎朝のように大幅遅延して酷かった

警戒して20分以上早く家を出てもまるごと呑まれ遅刻になった

この苦しみは首都圏通勤してる人間しかからない

毎朝毎朝どこかの線1本にクズが飛び込むと首都圏全線が繋がって遅延してしま

何十万人何百万人の朝の5分を奪うクズはその生涯で生産した価値なんかよりずっと上回る損害を残して死んでいく

30分ともなれば更に負債は計り知れない

自殺者への酌量や同情なんか相殺して余りある悪事

中華文化圏のように死後に晒し者にして徹底的に辱める以外に手はない

飛び込み自殺者の顔と名前出身地と経歴を駅に張り出しネット永遠に残すことから始めよう

もしも死にきれずに生き延びていたら治療して回復させた1週間かけた凌遅刑にしよう

2016-06-04

よく自己責任教人間日本を滅ぼすって言うけど

人のせい、世の中のせいにし続けて自分は何一つ生産的なことをせずに社会保障しまくる人間が増えればやっぱ日本滅びるんじゃね?

自己責任教がはびこった挙句にそういう人間が増えるんだ、という反論があるかもしれんが、

まあそれはいわゆるにわとり・たまご論争だろうが、

それって論争になるくらいどちらにも支持があるっていう意味では、

社会寄生する何もできないマンが増えるのも日本滅亡の大きな理由に数え上げられるという主張を崩すには至らないよね



国や権力者監視し、暴走を食い止めるという主張はそれはそれでとても重要ものだとは思うが

どうもはてなーの主張ばかりが受け入れられると、

英会話もできない、決算書も読めない、ブラック企業与党政権文句ばかり垂れて、

ホームドアがなければ歩きスマホ電車に轢かれ、

嘘に嘘を重ねて大勢人間迷惑をかけるネグレクト気味の親ばかりが増え、

ベーシックインカムでもらうことばかり考え、

自分たちへの増税絶対ダメ

金持ちから税金を取れといい、

そのくせ金持ちには不平不満と攻撃ばかり向け、

自分一人では何一つできない永遠厨二病マンだらけの世の中になると思うのだがそれってやっぱはてなー的にヒャッハー桃源郷なんだろうか

2016-06-03

水素水を叩くのって秋まで待った方がいいんじゃない

私の見立てでは水素水のおかげで適切に水分を取るようになり、この夏は熱射病で倒れる人間が減る

カシヲミニを賭けてもいい



petalgeuse 水素水を薬っぽいと勘違いして摂取控える人とかいそうな

水素水を控えたところで何の問題あんねん・・・



nezime その頃にはカツオを叩いてるからなあ

お、うまい

俺の代わりに誰かスターやっといて

id:sny22015

わりぃね



sny22015 秋になる頃にはみんな忘れてそうだが

ブーム自然死するならはてなーもっと生産的なことをした方がいい



uokada おい、お前漆原だろ!

やあやあ我こそは



ulsta この仮説が検証された暁には、来年から毎年「ナントカ水」を考えよう。ナントカ還元水ダメだけどね

ありがとう水~~~~」



feita その頃には叩くのあきてそう

EM菌も死んでないしね



solidstatesociety 酵素水が控えてますから

5年くらい前にプチブームになってかったっけ?まあ来年はそれで

酸素水に見えた。酵素はいかんわ



death6coin 結果がよければ認めるというものではない

叩くのを秋まで待てばと言っている。それ以外のことは言ってないか勝手にすればいい



QJV97FCr 仮に熱中症が減ったとしてもそれを水素水のおかげと考えるのは水素水をありがたがるのと同じメンタリティではないか

それは嘘の上の幸福より真実の上の不幸が良いっていう左翼メンタリティではないか

仏様を有り難がってるばーさんを虐待してないか心配



natu3kan 炭酸水が薬だと思われてた時代みたいなもん。カツオ食べた方が健康になりそう

DHAブームは25年くらい前だったかな?



ublftbo 熱中症にならない程度の「適切」な水分を賄うには水素水は高すぎるんでは。/ 後まあ、水素水批判されるのは、未検証効果を謳うかどうかという所だから、「水と同じ効果」が確認されても変わらない、てことで。

しかも「高い方が効く」みたいに思ってるところがあるよな

麦茶を一緒に飲むとより効果があるってデマも広めよう



t-tanaka 毒をもって毒を制したからといって,毒を野放図に放置していいわけではない。

科学で人を救いきれないからこの世に宗教がある

自らの至らなさを自覚することが重要



keshitai 夏の水分補給は冷たく冷やしたポカリスエットイオンウォーターに限る

やす分子振動が小さくなって水素が抜けにくいらしいぞ(適当



ys0000 なるほどね。俺もミネラル麦茶が身体にいい詐欺を普及させるぜ!(詐欺ではありません)

健康食品て遍くそういうもんだよね



usausamode 冷え性なんで白湯です。

低体温症にも気を付けないとね



boruemon 言われなくても水業者は秋になったら露出を控えて、春になったらまた動き出すだけでしょ

俺が言っているのはお前らにであって水業者にではない

水素水を叩く前に国語勉強をしては?



chirasinouramemo 次は「二酸化炭素水」で

来年酸素水だから来年



You-me (増田カシオミニかけてもいいの元ネタちゃんと知ってるのかな)

漆原教授しか知らねえけどさら元ネタあるの?

(お、知ってた)

上で「やあやあ我こそは」っつってるだろ・・・飛び降りシーンのパロだよ

分かってないのは自分の方じゃねーーーーーか

このはてなーもの自分の方がバカなのに「対するもの知的自分より下のはず」って態度思い込みはなんなんだろうね

やれやれ

ああ、「本当は『やあやあ遠からん者は音にも聞け近くばよって目にも見よわれこそは』だよ」なんてクソみたいなツッコミは要らんぞ

マジでお前らバカ他人はお前らが思っているより物を知ってるし、自分は物を知らないからな

謙虚になった方がいい



sds-page たまに現れる全レスしてくれる増田は嫌いじゃない

好きって言いなよ

まあ今から出かけるからこれで終わり(帰ってきてチェックしてバカブコメがあったらつっこんじゃうけど)

忘れられない残業の思い出

専制君主は臆病な人間だ。臆病で怖いか専制君主になる。

怖がれ怖がれ。もっと怖がれ。

 

才能があったり、優秀な人であったりする人に対し、条件反射的に

暴言を吐いたり、意地悪をしたり、攻撃する人がいる。

平気で人に暴言はいて、意地悪できる人が、今、周囲に4人いるんだよね…はあ~

http://anond.hatelabo.jp/20160603002230

では溜息を吐いてる君のために

オレの思い出を話すことにしよう。

 

 

「俺がすべて決める。おまえらは俺の命令に従うことだけ考えろ」

 

毎日そう言い続け、怒鳴り続けていたのが会社常務で、妻が専務

社長常務の妻の母という典型的同族会社でオレはバイトをしていた。

職場常務の前では戦々恐々としていたが

常務に信頼されていた年長従業員職場にいたおかげで

なんとか職場は持ちこたえていた。

 

ある日、専制君主だった常務が突然体調を崩し入院した

そしてそのまま休職し、二度と会社には戻らなかった。

常務病院スパゲティみたいにチューブだらけの体になり

8か月苦しみ抜いて死んだ。死因は胃癌だった。

死んだあと葬式があったが

出席した従業員は一人もいなかった。

  

葬式の日、従業員は口裏を合わせ

会社で一番優秀な従業員職場派の年長従業員

ふたりそろってわざと大きなミスをした。

そして葬式出席命令を出した専務社長にこう言った。

 

今日はめずらしく○○さんと私の大きなミス

みんなで残業しなければならなくなりました。すみません

 

そうやって職場従業員全員で葬式ボイコットしたのだ。

その日ほど明るく、楽しく、笑い声の多かった残業は無かった。

これが最後残業になる

最後残業にしなければならない

同僚はみんな口には出さずとも

心の中でそう思っていたのだ。

  

そして最後残業のあと

従業員一同は葬式には行かず

酒場宴会を開きみんなで祝杯をあげた。

それは人生で一番うまい酒だった。

  

常務! どこにいるんです? 飲んでますか?」

常務! 飲んでください!」

「遠慮しないで飲んでください常務

わたし常務におごります!」

「どうしたんですか常務!? 元気ないですよ」

常務は酒の飲みすぎで死んだよ」

「えっそうなの?」

効果の無い抗がん剤たっぷり使ったせいで、ムダに苦痛が長引いたそうだよ」

「その病院医者はえらい!」

「やったな!」「乾杯!」「カンパーイ!」

  

こんな感じで宴会はもりあがり

同僚みんなで大爆笑した思い出は

オレの人生の最高の思い出となった。

 

その日の「抵抗残業」がきっかけになり

もう誰も会社残業命令に従わなくなった

半年後、同僚全員が次の職場内定を決め

一斉に退職願会社に出した。

 

あれから21年が経つ。

風の噂では社長は死に、専務も死に

従業員技術生産力に依存していた会社

労働力を確保できず自滅して解散したらしい。

だが会社があった場所には

常務が生きていた頃の会社看板

かつての従業員の恨みがまだ残っている。

いまはもう、常務がなんという名前か思い出せない。

思い出すのはあの葬式の日の残業

宴会で見た同僚の笑顔だけだ。

 

   

2016-06-02

欧米で使われるブルーカラーという言葉日本で使う人

要求スキルホワイトカラーっぽくて就社が全ての日本ブルーカラーかどうかって意味あるの?

東京在住エリートクラブはてなー見てると生産工程産業革命時代とかで止まってる感じすらするんだけど。