「ハーレム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハーレムとは

2017-03-26

まとめブログかいtwitter以下の存在が実は有用だった件について

まとめブログは2chに書き込まれ情報コピペ転載しているだけのサイトなのだが近年その実態は変化してきている(もう大分からだが)

一昔前まではまとめブログといえばこれといった代表的まとめサイトが2chからコピペ転載禁止されたからだ

そこで困り果てたブログ管理人たちは頼る相手を2chからtwitterに変えた

twitterを利用する人たちをアホッターだのバカッターだの馬鹿にしてた奴らが今度はその情報を用いて収益を得るようになったのだ 滑稽でしかない

しかtwitter馬鹿にしてる現状は今も変わらない だれかのtwitter書き込み炎上すればそれを美味しいネタだと許可なく勝手転載する

タイトルには必ずバカッター、アホッター コメント欄も同じような言葉で溢れている

人間のありとあらゆる負の感情を凝縮したようなまとめブログ

だがそんなまとめブログ最近になって使い方によっては有用であることに気づいた

それはどうでもいいこと、中身のないエッセイ的な日常漫画という媒体にしてネットに上げれば勝手拡散してくれるのだ

まとめブログを見てる奴らの習性というのは面白いもの漫画にするだけでそれが全体の総意と勘違いし書いた奴が思ってもないことまで勝手想像して場外乱闘を始めてくれるのだ

自分絵心なんてまるでなかったが実際に試してみようと思い自分日常や不満に思っていることを漫画にしてtwitterブログにあげてみたりした

すると一週間も経たない内に様々なまとめブログに取り上げられtwitterフォロワー数やブログカウント数は桁違いに伸びた

それだけでなくweb漫画運営しているサイトから自分日常を題材にした漫画を連載してみないかと声をかけられた(まだ返答はしていないが)

これを読んでいて絵を描くのが好きな方、売れなくて困っている漫画家の方がいればぜひ試してほしい

まとめブログ管理人、それを利用している人々はそこら辺のハーレムアニメヒロインとは比べ物にならないくらいちょろい存在であることに気がつくはずだ

 

俺TUEEEEEE系のアニメとか何もしてないのにハーレムなっちゃった系のアニメ気持ち悪い。

何もしてないのになぜか周りの評価が上がっていくとかなぜかモテるとか。

実は元から秘めた才能があった設定とか見ててうざいだけ。

SA〇とかなんでこんな人気があるかわからん

2017-03-21

http://anond.hatelabo.jp/20170321140138

日陰者のカウンターカルチャーからこそ

ロリコンハーレム国粋主義だののPC逃れが許容されてた訳で

それを公にする勘違いメガネ不細工が増えて結構扱いに困りつつある

韓国料理屋で慰安婦在日どうこう言い始めた時はマジで肝冷やしたしたわ

2017-03-20

高杉良とか読んでみなよ

金融腐敗列島とか有名だけど、あれはおっさん向けのラノベだよ

会話多いし、ご都合主義ストーリーだし、すぐ不倫するし(ハーレムもの)

まあ俺はラノベ好きだから高杉良はけっこう読んだよ

http://anond.hatelabo.jp/20170320113307

手持ちだけでも、恋人風俗コスプレ近親相姦ハーレムメイドJK素人、S女、ギャル、学園・・・。

結構あるもんだな。

2017-03-19

ひるね姫観た?

昨今の劇場アニメブームも落ち着いたかと思ったところに、先月公開した『劇場版SAO オーディナルスケール』がこれまた日本らしいエンタメ快作だった。伊藤智彦監督は、スポーツ紙にどうでも良いゴシップ解説してるだけの人じゃなかったんだと安心した。アインクラッド編以降のハーレムっぽい展開が好きになれなくて、監督代表作は『世紀末オカルト学院』(水瀬いのり新人)のデビュー作)と所在なげに言わなくて済むようになった。

それに引き換え神山健治の新作は、予告編をみてると、ヒロインの魅力が伝わってこないし、何より癪に障るのが主題歌の「デイドリームビリーバー」。

タイマーズやザ・モンキーズ神聖視するわけじゃないが、自分にとっては3度のCMソングは呆れるほどの商業主義権化みたいな存在劇場セブンイレブンCMで清志朗の歌声聴くたびに、おにぎりが上手いとか、鮮度管理がどうとか真面目にナレーション付けてる時点で、音楽に対してまともに向き合っているとは思えない。正気の沙汰じゃない。死者に鞭打っていると思わないのだろうか。期待値は下がる一方だった。


本当は『モアナと伝説の海』の字幕版を観たかったけれど、時間が合わなくて、何故か『結城友奈は勇者である。-鷲尾須美の章』と『ひるね姫 ワタシが知らない物語』を連続でみた。

偶然だったけれど、どちらも瀬戸内アニメだった。尾道舞台アニメはあるし、『この世界の片隅に』『うどんの国の金色毛鞠英語タイトル Poco's Udon World)』とか流行ってんのか?


鷲尾須美は、相変わらず結界封絶+エヴァ戦闘作画は良いけど、20年経っても日常パート戦闘パート整合性を考えることを放棄したセカイでおめでたいなという感じです、はい終了。

唯一良かったのは花守ゆみり演じる三ノ輪銀が予想を裏切ってきた。以下は声オタの戯れ事なので飛ばして良い。

(昨日もテレ東10時の『リルリルフェアリル妖精のドア~』第1期最終話直前の第58話「アンチューサの花言葉」で1年演じてきたりっぷ(花咲ゆみり)の集大成の泣きの演技がやばかった。三ノ輪銀は、デレマス佐藤心(しゅがーはぁと)や他の深夜アニメとは違って、完全にボーイッシュというかマニッシュな声だった。最近ポニキャン以外の作品が増えて推すのやめたのかと思ったけど、声オタなら劇場版はチェックしておくべき。)


それで本編のひるね姫。これは完全に申し訳ありませんでした。


予告編ミスリードだった。アレは一般向けにメカを見せずに毒を抜いてたと確信した。

途中3D映像が粗いところはあったけれど、現代日本2020年)をテーマにして、現実世界物語世界リンクさせる点、日本の各地を進むロードムービーな点、神山作品の特徴でもあるメカを動かして活躍させた点、そして何より自動運転というテーマですよ。


現代日本IT総崩れの中、日本が誇る最後希望である自動車メーカー(あと投資会社ソフトバンクくらい)の致命的な弱点である、オートパイロット表現することによって、嫌というくらい課題を突きつけてくる。あくまストーリー世代間や親子での話を軸に、オーソドックスにちゃんと動かしながら、ここまでロジカルストーリー映像表現できたのは神山監督ならでは。

個人的に『君の名は。』『この世界の片隅に』のあの暴力的な(ブルートフォース動画枚数によって、ロジカルよりも情動を刺激する感覚は確かに、日本的アニメ真骨頂ではあるけれど、そんなセンスオブワンダーにあまり頼ってほしくない。

そして主題歌デイドリームビリーバー」がちゃんと原曲と同じ意味作品に使われていて泣いた。

ヒロインの飾らない性格も本編見ると見方が変わる。


本当誰だよ。『ポッピンQ』並みだとか言ったやつ。

あれは最初予告編の想定から何一つ突き破らなかったよ。

(追記)

原画磯光雄かいたけど、確かに作画リソース勝負している感じじゃなかった。

あくま神山監督の画づくりというか、過去作品との演出比較で見る方が楽しい

2017-03-17

どうしてSAOを引き合いに出したんだろう?

SAOWeb小説出身の俺Tueeチートハーレム深夜アニメ劇場版意識低い系の代表食べ物に例えるならラーメン二郎

モアナと伝説の海はディズニー意識高い系ファミリーアニメ食べ物に例えるならオーガニックレストラン

どちらもアニメ映画というくらいしか共通点がない。

まだひるね姫みたいな一般向けぽいところもある作品や「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」みたいなファミリー向けを引き合いに出すならわかるのだが。

http://anond.hatelabo.jp/20170317001852

2017-03-05

ハーレムを作りたいとかよっぽどのリビドーを抱えてるんでもなきゃ

モテても面倒くさいだけなのに

なぜかモテないというのが煽りになってる風潮がずっと謎

常にセックス三昧ではない男は不幸であるという貧しい価値観を全ての男が持っているという決めつけによる

男性差別ではないのか

2017-03-04

http://anond.hatelabo.jp/20170304071207

ラブライブ本来なら男が担うロール(主役、参謀恋愛要素の無いキャラ等々)を

全員女にする力業で担わせた、というだけの話で

根本的なアイドルカワイイというイメージからは脱却できてない

もしあの世界にアイマスみたいに男一人入ったら、

すぐにハーレム状態になるようなもろい世界だと思うよ?

スポ魂漫画的なサクセスストーリーなら、それこそAKBみたいなゴリゴリの古くさアイドルグループだって

やってることだしね

2017-02-27

青春群像劇みたいなマンガを読むのがキツくなってきた

少年向けでも青年向けでも。

理由を考えてみると、おそらくだが、二次元女性が可愛すぎるのが原因だと思う。

見ててかなり嫉妬という身もだえしてしまい、「こんなかわいい存在が身近にいてなんて恵まれてるんだこいつら…」と思ってしまう。

だいたいヒロインモブにいたるまで、二次元描写されている女性がかわいすぎるのがいけない。我慢ならなくなってきた。青春群像劇ものはたいてい周りの女性といい感じになったり好かれたり良好な関係を築いたりするので、そこがいけないところだ。

現実はいいんだよ。新垣結衣が誰と付き合ってようがミラジョボビッチが誰と付き合ってようが、俺の身近にいる美人可愛い子が誰とつきあってようが俺の身近にいるいい感じの女性が誰と付き合ってようが非常にどうでもいい。これは昔からそうだ。別に面食いというわけでもなく、例えが下品申し訳ないが、俺はAVなどでもかなり雑な素人ものが好みである。、

しかし、かわいい女性を見たくないわけではない。むしろ積極的に見たい。しかし、俺はそこにいないというジレンマを年々感じるようになってきた。

二次元サイコーwww三次とかプギャーwww」みたいなギャグなのか本気なのかわからない気取った人間ネット可視化されているが、俺はそいつらとは違い、別に二次元こそ至高!」などと考えたことは一度もない。ただただ昔から二次元描写されている女性かわいいと思っているだけである

そんな魅力的な二次元女性だが、ハーレムものはまだ大丈夫な方であり、素人ものが好きということもあって私は比較シチュエーションを重視しているため、青春群像劇シチュエーションの生っぽさにかなり没入してしまう。そしてその生っぽい世界には、かわいい二次元女性存在していて、生々しい関係を築いている。二次元女性を生々しく感じられ、その一方でその生っぽい存在がこの世界はいないという葛藤がそこで生じてしまう。つまり、キツくなるのだ。

断っておきたいが、私は青春群像劇みたいなマンガストーリーは好きだ。ただただそこに存在する生っぽい二次元女性の魅力とその存在を立体的な感覚で知覚できないというのがキツいのである

2017-02-23

声優大久保瑠美さんが「氏ね」と言っていた

ラジオで「ハーレムに憧れる」といった趣旨メールに対して

パーソナリティ大久保さんが「氏ね!」「本気でしんでほしい!!」と激怒していた。

どんなに好きなアイドルでも言葉遣いが悪いと萎える。

アニメで「夢を見るのはお客さん。私たち・・・夢を見せる、それが声優!」という台詞があった。

客に媚びろなんていわないけど、イメージ大事商売なんだから

気にくわないメール採用しないようにしたり、暴言の部分はカットするなどしてイメージを壊さな努力はするべきだと思う。

2017-02-17

[]鳴見なる渡くんの××が崩壊寸前

シスコンの兄(+ブラコンの妹)、昔ケンカ別れした兄のおさななじみ、今の兄の想い人がおりなす、奇妙な三角(四角?)関係



タイトルだけ見て、ああありがちな萌えハーレムマンガね、とあなどるといい意味裏切られる

キャラがみんな裏表激しくて一癖もフタクセもある

そんなキャラたちが絡む話がありがちな萌えハーレムになるわけもない

シリアスとほのぼの、危ういエロスなどの波が激しくてジェットコースターみたいだ

その不安定さがクセになる

ラーメン大好き小泉さんの作者だってことは知ってたけど、あっちはすぐ読むのやめた

でもこっちは面白い

2017-02-15

この時間の駅の立ち食いそば

私以外男しかいない!

 

ハーレムや! こんなところにハーレムがあったんや!

2017-02-03

結婚=ゴールの漫画

別に漫画でなくとも創作ならなんでも良いんだけれど、多い。漫画特に多い気がする。

結婚」を物語アイテムとする場合ハーレムストーリーなら『結婚最終回』は良いのだ。

なぜなら『あっちもこっちもとつまみ食いをして幸せだったけど、一人の相手と添い遂げる覚悟をした』ということで結末を迎えるのだから

でもそれ以外の系統作品結婚ゴールをされるとポカーンとしてしまう。

これは少女漫画に多い話、というわけではない。少女漫画1話結婚してる場合もあるし有名どころで言えば『いたずらなkiss』なんかは物語中盤で結婚し、そのまま続いていく。



「むかしむかしあるところに可愛らしい子が居ました。やがて成長し、立派になって結婚しました」

っていう終わり方をする話は、ある種の古典と言えるかもしれない。ディズニープリンセスなんかもそうだ。(最近は違ったりする)

から結婚」は物語終焉を指す、という方式自然と浮かぶのかもしれない。

にしても、WHO国際基準では高齢者とは65歳以上だ。この高齢者基準も相当古いと思われ、戦後日本寿命くらいなのでそのうちもっと引き上げられる。

とりあえず平和なとこに暮らしそこそこ健康な人が80歳まで生きるとしよう。

漫画などの結婚年齢が20~30の間だとする(感覚的にはそれが多い。そしてそれもまた最近感覚だと若い)。

50年以上、その人は生きるのだ。

結婚してゴールしてしまえば物語は終了するのか。いやもっと長く先に物語は伸びているはずだ。



勿論描き方にもよる。身寄りのなく寂しい人が人間的に苦悩し成長し見つけた運命相手との結婚終焉。「家族になった」オチ人間ドラマがあれば良いと思う。

でもバトル漫画終焉結婚子供エンドとか、それがまた少年誌だったりしたら、本当にそこが人生墓場みたいに子供に思わせては居ないだろうか。

あげく後継者エンドは現実を考えてしまい胸が痛い。

多くの週刊漫画家結婚して頑張って連載続けてるっぽいので、むしろ結婚してからスタートだ!みたいな人生を過ごしていると思うのだが…そのオチを描いてて違和感はないのだろうか。

少女漫画にもこれは言える。結婚がゴールのような漫画も多くある。でもその主人公が望んでいるのは結婚した未来のはずであり、絶対ゴールでは無いと思うのだ。



この違和感理解してもらえるだろうか。

いやでも結婚したら描くことないじゃん?って思う人も居るかもしれない。

でも一度この違和感について考えてしまうと夜も眠れなくなり朝に増田更新する始末だ。リアル人生なんてこんなもんである

結婚=ゴールというのは古典と言えば聞こえはいいが、安直であり幼稚だと感じて仕方がないのであった。

2017-01-31

侍女物語』でシコった

フェミニストのみんな、すまん。

この本は完全にポルノだわ。男性チンコをおっ勃たせるために書かれているという点でな。

実際驚いたんだが、本編で描かれてるハーレムセックス描写マジでシコれる。というかね、俺のオナニー妄想レパートリーにあるやつだよこれ。

嫁が見てる前で若い愛人に突っ込むってさ、もう全男の夢っすわ。エロ同人かよ。

しかも! セックスした後に嫁が愛人いじめてるとくれば、もうビンビンですよビンビン。キャットファイト最高!

まーあれだ、今度ドラマ来るらしいけどさ、ビジュアルかめっさエロい感じだったよね。

女が社会批判のために作った作品が、結果的に男のオナニー奉仕するっていう構造ウケるよね。

俺はリベラルフェミニズム理解してる男性だけど、これはさすがに皮肉すぎて笑っちゃうよ。

2017-01-25

[]漫画:鈴華 原作香月美夜 「本好きの下剋上

現実世界で本好きが高じて図書館就職きまったのに、文字通り本に埋もれて死んでしまった女性が、

中世ヨーロッパ風異世界に一兵士の娘として転生して、

本を求めてがんばる話



面白い

タイトルの「下克上」ってのは正直言葉のチョイスミスだと思う(本をこれほどまでに詳しく書いた作者がなぜこのタイトルにしたかわからん

インパクトある単語から

成り上がり、とかの方がまだ実態に即してる気がする

本が読みたい

でも本がないから本つくる

本つくる紙がない

紙をつくる道具がない

紙をつくる材料がない

・・・

みたいな感じで、その世界こっち側知識を駆使してなんとか好きな本を読みたいって情熱でひたすらがんばる

本と結婚するレベル女の子なんて、内気でほんのない世界にとばされたら茫然自失で奴隷におちて終わり、となってもおかしくないのに、

いくら本への愛があるからといって、あまりにもアクティブ物事がんばりすぎって感じはするけど

この主人公麻薬中毒と同レベルで本好きだからまあ理解できなくもない、っていう理由けがされてるからOK

野菜にた汁捨てるとか、トイレは窓から捨てるとか、ほぼ中世ヨーロッパ

世界要素は見知らぬ文字と知らない野菜とか木とかが出てくるくらい?

あと少し魔術要素がでてきたか

でも基本コツコツとごまかしのないリアルっぽさを積み上げていくから、読んでて違和感覚えるところがあんまりない

読むのがすきなだけでそこまで本の内容覚えてるもんか?っていう疑問もなくはないけど

世界ものテンプレの俺TUEEEで飛び級みたいな物語の展開もないから、じっくり読める

原作も気になってきたな

とにかく異世界転生ものハーレム・俺TUEEに飽きたら手にとってみる価値はある

漫画3巻まで読んだ時点は思った

アニメ化・・・するには地味すぎ+背景設定・考証の手間がかかりすぎ+売れなさそうでNGかな

2017-01-24

脇カプに優しいラノベ

って最近作品だとどんなのあるんだろうとふと思ったり。

別に誰も彼も恋愛脳になってくれ、登場人物総カプ化しろという訳ではないです。

主人公ヒロインがメインでラブコメしたりシリアスやってる横で、脇のイカした男キャラ(あるいは女キャラ)の想いが何となく報われる感じの。

ハーレムもの逆ハーレムものが主流なのは十分分かっているんだけど、流石にそればかりではないと思うし…。

2017-01-22

よく考えたらラノベ原作ハーレムラブコメアニメって

ヒットしたのはがないだけじゃね?

2017-01-15

たいして取り柄のない主人公がとくに理由もなく美少女モテまくるラノベが好きだ

もっと正確に言うと、そういう男に都合のいいハーレムラノベに出てくるような都合のいい女の子が大好きだ

しかしそのようなラノベには構造的な欠陥がある

それは男の一人称を経由してでないと女の子を消費することがだきないということだ

俺は俺にとって都合のいい女の子を消費したいだけなのに、男視点ハーレムラノベでは男の一人称かいう糞キモ文章を読まされることになるのだ

それはとても不快

では百合がよいのかというとそれも違う

あれはハーレムラノベに出てくる奇形のような女の子とはまた別の文脈に依っている女の子なんであって俺が消費したい女の子とはまた種類が異なる

女の子なら何でもいいというわけではないのだ

では男向けハーレムラノベヒロイン視点で書いたものがいいのかというとそれも違う

なぜならそれを書いたのはそのようなハーレムラノベを書くような気持ち悪い人間であり、その一人称視点文章からハーレムラノベを書くような気持ち悪い人間精神腐臭が漂ってくるように感じられる

俺は俺にとって都合のいい女の子を消費したいんであって非モテキモオタネカマ日記を読みたいわけではないんである

じゃあお前が書けというとそれも前述の理由により却下となる

俺のような、男に都合のいい女の子ばかりが出てくるハーレムラノベを好むようなキモオタの書いた女の子一人称かいグロテスク小説モドキなど読みたくないわ

ここまで整理すると俺を満足させるラノベとは、男向けハーレムラノベに出てくるような都合のいい女の子が書いた女の子視点の男向けラノベということになるわけだが、そんな都合のいいもの存在するわけがないので、俺の都合のいい欲望が満たされることは永久にない

俺が満足するためには、男の一人称に慣れるとか、また別種の女の子欲望するように自分を改変するとか、あるいは俺自身が男向けハーレムラノベに出てくる都合のいい女の子になって女の子視点ラノベを書くなどするしかないのである

2017-01-11

源氏物語イケメンとブス

美の化身光源氏長身でほっそりしたイケメン、他のイケメンも皆長身なのでチビは美しくなかったのだろう、イケメン中年になると軒並み太っているのでおっさんデブが良かったようだ

絵巻で見ると引目鉤鼻、天皇皇太子のような顔が二次元に限りなく近い美形だったと思われる、皇室平安時代に多くの美形と子作りしているのでかなり濃い平安美形遺伝子を持っているはず

次にブスだが、まずは源氏物語随一の奇形ブス

末摘花

座高が高く背中が長い

鼻が異様に高く長く先が垂れて赤い

肌は雪よりも青白い

おでこが長く顔全体も長い

リガリに痩せている

毛皮を羽織るなどセンスが最悪

髪だけは見事に美しい

書き出してみると白人っぽい特徴が多く現代では美人ワンチャンあるかもしれない

次は末摘花と並べて語られる事も多かったモテるブス

空蝉

頭は細く小さい

やせ細っている

目は腫れぼったい

鼻はくっきりした所が無い

老けて肌に艶が無い

髪が薄い

性格理性的

センスが良くたしなみが美しい

現代でも不細工に分類されるだろうがセンスで乗り切れそう

次は源氏の女の中で一番幸せになったブス

花散里

小柄で痩せすぎで髪が薄いブス

性格は穏やかで聡明で包容力のある癒し系

ブスと言われるだけであまり描写が無いが痩せすぎはブスの条件だったようだ

源氏勘違いで一回寝ただけの末摘花も、一回強姦成功しただけで後は逃げられた空蝉も、女としての幸せを早々に捨てて癒やし要員になった花散里も、ブスは全員源氏ハーレム不自由のない生活をさせてもらっている源氏物語はブスには手厚い

典侍はかつては美人だったし琴も歌もうまいセンスもいいしバリバリ仕事もできるけど、老人になっても孫世代に色目を使うくらい男好きで厚化粧で若づくりゆえに異彩を放っているのでブスとは違うなと除外っす

2017-01-08

[]

覇剣の皇姫アルティーナの四巻から十巻を読んだ。巻が進むに連れてしり上がりに面白くなってくれた印象。だけど、典型的ラノベっぽい作風もったいないなって思った。

なんていうか、全編通してやりたいことは分かるし、物語プロットとしては面白いと感じられるんだけど、肉厚がないというか悪い意味ラノベっぽいのが残念だった。

文章にしても台詞にしても、もっと重厚に切実に書ける力量はあるはずなのに、あえてそれを隠している。わざとラノベらしく軽くしているのが感じられて物足りなさを覚えた。

典型的ハーレム要素も、提示される問題をいとも簡単に解いてちやほやされる主人公にも正直辟易してしまう。

敵方が強くなり、主人公チートっぷりにそれなりの説得感が出てきてくれたように感じられた六巻くらいからは、随分と読みやすくなったけれど。

ファミ通文庫の特色なのかしらんと思ってしまう。やっぱりもうちょっと重厚物語がいいよ。

その他雑感としてハイブリタニア女王が小物に過ぎなかったのは拍子抜けだった。でもまあこれはこれでいいのかもしれない。

他にもたくさん捕虜にした連中がいるけれど、これから彼らに活躍の場は訪れるのかなあ。

2017-01-05

http://anond.hatelabo.jp/20170104233652

どっちも読んでる身としては「ラブひないちごスクランハヤテ」と「一夫多妻ラッキースケベシマシのリアリティ完全排除ハーレムラノベ」の違いがさっぱり分からんのだが。

ジャンプのお色気枠だとゆらぎ荘はダメなの?

あるいはマガジン系の風夏やドメカノ山田くん星野は違う?

サンデー天野めぐみ古見さんや初恋ゾンビは?

実は私はアニメ化されたよね?

他にも「ちょっと変わったヒロイン主人公ラブコメ」みたいなの最近めっちゃ多くない?

富士山さんは思春期とかからかい上手の高木さんみたいなやつ。

かぐや様は告らせたい、みたいなのは変化球すぎてラブコメと見なせない?

ラノベならエロマンガ先生とかゲーマーズとか今度アニメ化されるけど、漫画ラブコメと何が違うの?

君の中ではラブコメじゃないの?

2017-01-04

王道ラブコメ時代は終わったのか

ある日ふと思ったのね。

王道ラブコメはもう流行らないのだろうか?高校生ドタバタ恋愛物語みたいなやつ。


ラブひないちごスクランハヤテ王道ラブコメは一通り読んできたし、どれも大好きだ。(あれは後半グダって終わっただろ!とか作品評価をし始めると話が逸れるのでここでは割愛する)


それらの作品が連載されてた数年前と比べると今はラブコメも少なくなってなんか寂しくなっちゃったなあと個人的には思った。


ラブコメ単独勝負ってのは漫画界的にはもうオワコンで、バトル漫画オカズとして恋愛要素をちょっとつけたしたり、あるいは一夫多妻ラッキースケベシマシのリアリティ完全排除ハーレムラノベみたいなのしかウケないのかな?

私も有名どころはおさえてるとはい他人に自慢できるほどの漫画オタクではないのでそこらへんは想像しかない。



今や悪名高きニセコイも各ヒロインキャラ像(オタク好みの容姿とか性格とか)がしっかりしていて、その上で読者の期待値の高さみたいなものがあったからこそあれだけ叩かれたんじゃないのかなあと。

ラブコメ時代遅れだったから失敗したわけじゃないと思うんだよね、たぶん。ああいう感じのラブコメまだまだいけると思うよ私は。


SNSとかネット口コミ効果意識してるのか何なのか知らんが、最近漫画って斬新な設定でまず最初に読者に注目してもらえることに力を注ぎすぎてるように思う。

けれども、あえてこの2017年王道ラブコメ勝負してくる漫画を私は読みたいなあ、なんて愚痴ってみたり。












(追記 17/01/06 0:22)

すげえ長文でいろいろ思ったこと書きます。暇な方は読んでください。


酒飲みながらチラ裏感覚適当に書いたのですが思いの外コメント多くて驚いてます

コメントざっと読みましたが「お前の言う王道定義ってなんだよw」「お前の好きな漫画センスねえなwww」みたいな感じですかね。



その「王道ラブコメ」の定義なんですけど、書いておきながらこんなこと言うのもなんですが自分でも言葉にするのは難しいです。フィーリング適当にこれとかこれが王道だってずっと思ってたので。笑

上でも何作品ラブコメの具体名挙げましたけどそれだって自分がぱっと思いつくもの挙げただけで満場一致の傑作ラブコメはこれだ!とは一言も言ってませんしね。人それぞれ好きな漫画が違うように王道定義もやっぱり人によって違ってくるのではないでしょうか。

(話それますけど、こういう場合満場一致の傑作ラブコメっていうとめぞん一刻とか挙げておけば異論出ないんですかね?残念ながら私はその世代ではないので読んだことありませんが)





で、1日じっくり考えてみたんですけれども、私の考える王道ってのは、簡単に言っちゃうといろんな層に人気で売れてる漫画です。たぶん。


売れてる漫画なんて今でもいっぱいあるだろ!と思うかもしれませんが「いろんな層に」という条件について考えるためここで3つの例を挙げてみます




少女漫画・・・特徴としては心理描写の多さ。失恋の痛みだとか三角関係の苦しさとかなんとかかんとか。リアリティある作品が多いですし実写化されてもそこまで違和感なかったり登場人物共感できたりという作品が多いように思います。具体例はいいのが思いつかん

私がネックだと考えているのは、ずばり恋愛経験乏しいモテない男オタクが読むとキツイ作品が多いこと。

ラブコメからは逸れるけどハチクロなんかは男が読んでも面白い少女漫画ってよく言われますけど(実際私も好きです)、非リア充にはなかなかエグい内容ですよねあれ。




ラノベギャルゲ・・・「冴えカノ」アニメ1期だけ見たんですがあれが分かりやすい例ですかね。序盤から好感度ゲージ高めの美少女ヒロイン複数人に囲まれゲーム作りって、モテない童貞オタク視聴者自分主人公見立て欲求を満たすには最適の世界ですけど現実にはあんなのあり得ないですよね。

片や理想恋愛(orスケベ)、片やギャグ漫画の側面を持つラブコメリアリティを求めるのはナンセンスにも思えますがあまりにも現実離れしたのは登場人物感情移入できないし逆に萎えしまうというのが私個人の感想。あとこの手の作品って童貞オタク美女からモテモテになりたいっていう願望ありきで作ってるので女性目線心理が欠落している一方通行な印象も。そういう意味では少女漫画系と対極にあると思ってます




サブカル系・・・文字通りで、私が最近辟易している、サブカルオタしか寄り付かねーだろって世界観のものですね。世界観とか設定とかクセが強い。




「いろんな層に」ウケるなら上記3つのような極端なカラー作品はあまり好ましくないし、少女漫画ラノベギャルゲ中間あたりが大正義ラブコメなのかなと思いました。まる。

好感度ゲージは最初からマックスじゃなくて、徐々に上げていく過程が欲しい。かといって心理描写増えすぎてもドロドロして楽しめない(これ、最近アニメオタクが毛嫌いする「誰得シリアス展開」ですね)

心のすれ違いとかも見どころではあるけれどやっぱりラブコメの基本線は明るいトーンのストーリー進行であってほしいというのはある。


ラブコメのラブの方ばっか書きましたがもちろんギャグセンスも問われます恋愛モノ書くの下手でも一話完結のギャグ漫画センスあれば売れることもあるでしょう。

ギャグパートゲラゲラ笑い、そして「俺も○○(登場人物)のような恋がしたかったな、こういう青春送りたかったな」と読者に思わせることができれば文句なしでしょう。


ここまでいろいろ書いたんですけれども、これを満たす王道ラブコメってどれって聞かれるとなかなか具体名は思いつかないですねw



まあ何度も言ってる通り私は漫画通でもなんでもないのでもしラブコメに自信ニキがいて私の記事異論とか文句があれば自分理想漫画論について自分でいろいろ書いてみてください。こんなこというとほならね理論みたいですけど。笑





(あとかぐや様完全に忘れてた。あれは最近のだとかなりいいよね。)

2017-01-02

http://anond.hatelabo.jp/20170102205131

腐向けでも豚向けでもなさそう。ギャグでもない。

バトル物でもハーレム物でもない。

たまにそんな雰囲気アニメがあるんだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん