「上司」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上司とは

2016-12-10

意識の高い仕事、低い仕事

意識の高い仕事や低い仕事があって、

ここの場合意識っていうのは、「高尚な〜」的なこと。

意識高い()でもない。



最近仕事を始めたり、辞めたりという人を見るのだけど、

加えて、自分会社でも辞めた人、辞めようとした人を見ていろいろ考えた。



それで思ったのが、「意識の高い低い」について。

意識の高さはモチベーションに繋がるから、いいことだとは思う。

それはどんな仕事であれ、前向きにこなせるだろう。


しかし、その意識の高さに対して、仕事の内容が意識を下げる仕事だったら、

そのギャップに辛さを覚える気がする。



意識の下がる仕事は本人にもよるので、内容の問題ではないし、特定することもできないだろう。

ただ、イメージが近いのは上司の長い説教



やたらと、しかも長々とご高説を垂れる上司がいるが、

部下からしたら、そんな長々とした話より仕事をさせろと思う。

仕事がしたくても、できないような状況で不満が溜まっていく。



会社全体で意識を高く持てと言い続けるわりに、

その意識を高く持ち続けるための仕事はない。

なければ作ればいいという人もいるだろうが、この場合、そういった行動論の話ではなく、

社員を育てる風土の話だから、今は言わない。

また、意識の低いというのは本人によるので具体的なものはないが、

本人の性格はあまり考慮していない。



意識を高く持たせるのは社員を定着させるためにいい手段だと思う。

しかし、それは言葉ではなく、仕事で行わせないといけないんだなと思った。

またはお金を本人の期待値以上にして、期待を持っていると示してあげる。


そして、それができないのなら、意識を高く持たせてはいけない。

なぜなら、ギャップ退職者は増えていくだけで、おそらく会社には後々還元されることはないだろう。


それでもきっとこの会社退職した人がまとなことになっていたら、

退職した人を育てた優越感に浸り、自分を省みたりはしないんだろうと思う。



意識を高く持たせて仕事をしてもらいたいなら、言葉ではなく、

仕事で持たせるべきだ。それでいて、言葉を使う。



意識を高く持たせて、意識が低くなる仕事をさせる。

ブラック企業形態の一つでもあるが、ブラックでない企業でもこの現象は起きている。

そうした会社に長くい続けた若者はどうなっていくんだろうか。

篠田あゆみ主演の女上司が部下にレイプされる動画が好きなんだけど、あれに出てる部下役の男優だれ?言葉責めが最高。

どうでもいい日々に着るコート

このコート安物なんだけどね、暖かいし軽いしで、どうでもいい日はずっとこれ着てるんだわーーそんなことを言っていた上司だけど、今年の冬はそのコートを着ている姿を見ていない。

音楽ゲームを作った話

この記事は「#音ゲーマー達の発信所 (1枚目) Advent Calendar 2016」の参加記事です。

http://www.adventar.org/calendars/1448



当時の会社を辞めてから随分経ったが、最後仕事作詞した曲が収録されたと聞き、久々にゲームセンターを訪れ、数年振りにアーケード音楽ゲームプレイした。ユーザーカードログインに間誤付く、オプションの付け方もわからない。弱いユーザーになったものだ。幸いにも(現在立場上この表現が許されている)待っている客は少なく、ギャラリーは居なかったので、タイミングの勘が全く戻らないGOOD連発プレイでも心苦しくなる事はなかった。

初めて遊んだから10年以上も経ったが、あの頃と何ら変わらず、リズムに合わせてボタン押すだけで楽しかった。



ゲームセンターと、音楽ゲームと、その周辺の人達による、空気感が好きだった。駅前の古いゲーセンは薄暗く、筐体に付属するハロゲンランプの光が眩しく瞬いている。客はいつも変わらない面子だし、動画サイトは当時無いから、曲を聞き入るには筐体前に居るしかないし、上手い奴は偉い(偉い以外に表現が難しい)ノートにはメッセージが、コルクボードにはイラストが、気怠げな店長、客上がりでボタンメンテに熱心な店員、そんな歳とは思いたくないけど、スマホも無い頃にぼんやりと順番待ちをしていたあの頃も、良かったと思っている。



そのまま好きが高じて、音楽ゲーム制作に携わる事になった。心持ちとしてはミーハーさが大部分ではあったけど、残った誠実や矜持言葉で表すとするならば、自分が作るゲームによって、人と人とが繋がって欲しいと思っていた。自分が感じたあの空気感もっと多くの人に伝えたい。オンラインゲームが台頭し、mixi/TwitterといったSNSサービスによって人の繋がりは変わっていくけれど、同じゲームで遊ぶ時間と、ゲームセンターというリアル空間によって人が繋がる事で、かけがえのない感動を与えられるのではないか、と。



入社3年目くらいだっただろうか。新規ゲーム制作プロジェクトに参加する事になった。音楽ゲームというのは1度作ると、その後はガワを変え、曲を入れ替え、時々新機能追加を何年も続けるという事が多く、完全に新規タイトルを作る事は中々出来ない事だった。USTREAMDJが曲を回し、ニコニコ初音ミクアイドルとなり、コミケ東方アレンジ同人音楽を席巻していた時期でもあった為、CGMキーワードユーザー参加型のコンテンツを、というコンセプトのゲーム制作が始まった。その辺りにドップリ浸かっていた当時の自分は、きっと『俺達の考える最強の音楽ゲーム』になるぞこれは、という期待が高まっていた。



が、0から1を生み出す苦労をまだ、この時の自分は知らなかった。



仕事量は現在に至るまでで一番厳しかった。震災があってナーバスにもなったし、人とブツかるし、思い通りにならない事が多くて、このゲームソフトアップ後の年明け早々に、自分は泣きながら上司会社を辞めたいと話をした。色々理由自分の中ではあったけど、振り返ってみると出来上がったものに満足出来なかったのだと思う。やりたい事が全部出来なかった。力量不足の塊が形として残ってしまうのは本当に辛く、情けなくなった。見るのも嫌になって、ゲーセンに足を運ぶ事は無くなった。

この心境には確信があって、更に数年後に大体同じ理由で本当に会社を辞めてしまうからなんだけど、この時は上司に引き留められた事で退職未遂に終わった。



引き留められたからといって、心境が大きく変化した訳ではなかったけど、リリース後の当面はバグフィックス機能追加を淡々と行うだけだったから余裕が出来て、辞めてからどうするか、が考えを上回った事で前向きにはなった。特別ユーザーアイコンを与えるカードデータを仕込んだり、大会最中遠隔操作新曲を開く仕組みを作ったり、収益を考えずに人が目の前で驚いてもらえる施策を入れられたのは、自分個人には良いカンフル剤になった。公式Twitter更新は変な頭捻るから辛かったけど……



また、夏を越えた頃にはユーザーの声も良く聞く様になり、上々な反応も返る様になった。緩い通信対戦のお陰でプレイヤー同士がお互いの認識を強くした。盛り上がった事で、同人オンリーイベントが開かれたり、ユーザー参加型を謳った事で、ユーザー同士がオリジナル音楽CDイラスト集を作ったり、ゲームとは関係なしに普通に遊びに行ったりする様が、ネットでも、ゲーセン以外でも見れる様になった。



もう一度言うけど、自分自分が作るゲームによって、人と人とが繋がって欲しいと思っていた。同じゲームで遊ぶ仲間を作って、いつかゲームは遊ばなくなってしまうだろうけど、繋がりだけが残ってくれれば、それでいいと思っていた。



今では、作って良かったと、心からそう思っている。

2016-12-09

冷血すぎる上司とお局

職種業種未経験で、中途入社して約二週間が過ぎた。




上司とお局社員冷血すぎてつらい。



入社一週間で現場(施工管理)の仕事に1人放り出される。

何をしたらいいのかわからず、職人さんに助けてもらう。



からいから教えて欲しいと言っても、

あなたが何言ってるかわからないと言われる。

そんな難しいことは聞いていないはず。

結局他社の営業さんに教えてもらう。



他の社員からは頑張っていると

評価されているが、直属の上司

お局社員冷血過ぎて

精神的に苦しいし、

毎日吐きそう。




上司が忙し過ぎて、

昼間仕事を丸投げしてくる。

何も教えてもらってないから、

手探りで進める(社内の人に聞いても

からないと言われる)も

間違っていると夜になって上司から指摘される。

残業終電



つらい。

車に轢かれて入院したい。


この一年で3人辞めている仕事

お客様からも人が続かないと太鼓判を押されるポジション


社長

あなた会社

仕事的には大丈夫ですが、

上司と一緒に仕事がしたくありません。

クラウドソーシング業界で働くあなたへ

クラウドソーシング業界で働くあなたへ

まず最初に問いたい。

あなた幸せですか?

あなたの周囲の人を笑顔にしていますか?

あなたの大切な人に自分仕事を誇れますか?

あなたの端末の向こうにいる人を幸せにしていますか?

あなたの生きる社会に貢献していますか?

新しい働き方・働き方革命、などと謳い、欧米で芽生えたクラウドソーシング日本に持ち込んだ業界の方々へ。

あなたたちがその仕事を始めた時に誰を幸せにしたいと思いましたか?見知らぬ誰かのためにできることを何を夢見ましたか

しかしながら、今、この日本ではクラウドソーシングを通して不幸な人間が産み落とされました。

キュレーション問題にまつわる一連の出来事記憶に鮮明で、なおもマスメディアでは報道が行われています

この騒動の発端はとあるIT企業ではあり、たしかに彼らの責任というものはそう小さくはなかったでしょう。

しかし、その遠因は本当に彼らだけにあるのでしょうか?謝罪会見を開き首を垂れた小さな為政者たちにだけに?

いくつかの報道ですでに実態は明らかになっていますが、クラウドソーシング業界が一連の騒動に大きく関わっていたのではないでしょうか?

拡大するキュレーションメディア、その影にマッチポンプとなるあなたたちがいたのではありませんか?

キュレーションメディアを作れば簡単に売上が上がる。証明さえしてみせればあとはそのフレームワークに乗せるだけ。

売上を欲する企業報酬を欲するユーザの間で立ち振る舞い、自社の利益だけを追い求めた記憶は、その助力となった覚えはありませんか?

ガイドライン改訂評価制度の新設。まるで自分たちが襟を正せば問題ないだろうと居直った様に見えるのは私だけでしょうか?

クラウドソーシング大手自体が活発に営業活動を行った。その事実はありませんでしたか

聞く必要もありません。それは上場企業であるクラウドワークスの次の四半期報で明らかになることでしょう。

同様の売上減が発生するのは火を見るよりも明らかなのですから

ガイドライン改訂評価制度の新設、まるで自分たちには非がなかったかの様な素振りを続けるクラウドソーシング業界

あなたたちは悪びれもせず、自分たちに非はないと言っている様に見えます。いえ、実際にそうなのでしょう。

謝罪もせず、正常化を謳いまた同じ過ちを繰り返す。そう、まるで壊れた蛇口が水を流し続ける様に。

グレーゾーンで得た収入で一部の才能ある人間がさも全ての様に立ち居振る舞い、また、勘違いした不幸な人間を生み出す。

それはあなたがなしたかったことですか?生き馬の目を抜くのでなく、駄馬の肉を内臓を売り捌く行為あなた本質はありますか?

その仕事を始めた時にあなたたちがしたかったことを胸に手を置いて考えてみてください。

まず、成し遂げたい何かはあなたの中にありますか?その成し遂げたいものは見えていますか?

その成し遂げたいものを阻害するものがあるのであれば、それは社会ですか?時間ですか?それとも上司ですか?

上司だと思ったのであれば、あなたが今のクラウドソーシング業界に対して見切りをつけ退職し、その業を断ずるべきです。

あなたが頑張れば頑張るほど、その業は深くなるのですから

あなた仕事を頑張った理由虚業を広めることでしたか

仕事とは求められた結果に対して、満足できる対価を支払うことです。

その対価を支払うこともできない人間報酬を餌に無理矢理労働させる様な事実はありませんでしたか

おそらく、あなたの同僚や上司はこういうでしょう。社会のために、ユーザのためにと。

ですが、その上司が見ているものはなんですか?売り上げやKPIだけではないですか?

自己ブランディング会社の拡大、キャリアアップ、そういったことしか考えられない人間あなたの隣に上司にいませんか?

出世、売上、転職の道具として会社活用し、まるでゲームのように、もしくは狩りのように数字一喜一憂する人間あなたの隣に上司にいませんか?

ゲーム感覚で売上や成果だけを誇り、些細な世界幸せにすることすら忘れてしま世界あなたは生きていませんか?

結果だけが優先され、プロセス無視され、間違ったことをしてでも数字を示すことが重視されていませんか?

あなたが小銭を稼がせて満足させた人間はこの先も満足できますか?満足させるサービス提供するための覚悟はありますか?

最後にもう一度問いたい。

あなた幸せですか?

あなたの周囲の人を笑顔にしていますか?

あなたの大切な人に自分仕事を誇れますか?

あなたの端末の向こうにいる人を幸せにしていますか?

あなたの生きる社会に貢献していますか?

クラウドソーシング業界に生きる方へ、あなた自分仕事に誇りを持っていますか?

あなたが働く理由は様々あれど、あなたの周囲の人間、余裕があれば社会還元する。

その多少の善意が広がることで今が成り立っています。そのことを忘れないでください。

あなたの大切なほんの一人でもいい。その誰かを幸せにできる人間であってください。

から気になってたんだけど。。。

Linux/Unixの開発してるんだけど

GPLソース改変しなくても、ライブラリを静的リンクして配付したら、GPL適用しないといか

という説あるけどホントかな?

そういう説があるんで、上司にいま開発してるやつ、ソースオープンにしなきゃいかんのじゃないですか?

って聞いたら、

ソース改変してなきゃ、GPL適用しなくて大丈夫っていわれた。

GPLってそんなライセンスじゃないよね。


Linux/Unixのの標準ライブラリはかなりGPLが多い。

何も考えずに開発していたら、標準ライブラリ使っちゃうし、

開発している製品GPL適用しなくちゃいか自体って

知らずにいろんなところで発生してそう(特に中小)。

大手はそれなりにチェックしてるだろうけど、

あれだけ膨大にあるライブラリ

全部GPLライセンスかチェックして、

静的リンクしないでorソースオープンにしてるんだろうか?

ちゃんと調査すると、

大手GPL違反はかなり多いんじゃないかなぁ

責任をトル

いまのプロジェクトで失敗したら、私は左遷されるだろう。

昇進したと浮かれていたが、裏返せば責任を負ったポジションになったという事に他ならない。

人事発令で優秀な人間がある日突然、北海道九州に異動になる闇を、私は知っている。

そして今、私は闇を覗いた者として、闇からも覗かれる立場にある。

単身赴任リスク、恐怖、そして底知れぬプレッシャー

ただただ、恐ろしい。

責任をトル、そして上司から詰められる。

トルツメとは良く言ったものだ。

無感動に生きる

勤務医を辞めて数年。

やめた理由上司の大量の医療ミスをとがめたら、圧力で辞めさせられた。

それはまあ、とんでもないミスだったから、言ったことに後悔ないけど。

  

その後は親の病院仕事したり、バイト医者がいないような地域に行ったり。

生きてる意味はあるよねって思うけど。

  

しかし、感動ゼロなんだよな。機械だわ機械

俺はエリート街道を行くこともできたんだよなあ。

あんなくだらない奴がいなきゃなあと。

  

無感動無気力。週一の風俗が生きがいっちゃー生きがい。

人類の発展にコミットしてない人生ってのは、結構つらいね

はぁーあ。

子供のころの俺が今の俺を見たら、「死んでるのと変わらないじゃん」って思うけど。

俺が助けた命が次の社会を作っていくのかねえ。

でも日本未来は暗いみたいだな。

  

はぁーあ。この社会が変わってほしい。

もっと他人と関わらないで自分の好きなことやってりゃいい世界になってほしいわ。

あと、不細工遺伝子が淘汰されて、見た目差別が無い世界が来てほしいわ。

2016-12-08

ソフトウェアエンジニアは結局地頭なんだなあと痛感している

言語ライブラリフレームワーク担当製品システム仕様会社やチームの原則ルール制度プロセスなど、覚えることが腐るほどある。しか趣味プログラミング受験勉強とは違い、締切がきつい。

あえてたとえるなら「今から一年以内に東大合格してな」レベルの無茶ぶり。物理的に、というか根本的に地頭が足りなくてどう考えても無理ゲー

これをみんな平然とこなしてるのが凄い。ちょっと要領悪い人は残業が多めだけど、残業して何とかなるってのもすごいよね。俺は無理だもん。頭が疲れてくると、それ以上はまともに働かなく(新聞読んでも頭に入ってこないレベル)なる。そんな状態いくら時間かけても先なんて進めない。頭の体力が無いとでも言えばいいか会社の同僚先輩上司はピンと来なかったようだが)。



これでも中学時代からプログラミングで遊んできてて、雑誌載るとか紹介記事書かれるとか収録される程度の結果は出てたし、新人研修とかでも頭2つくらい飛び抜けてたし、今も GitHub で数十 Star くらいなら稼げる、んだけどなあ、今の仕事全然通じない。「Rubyってなんですか?宝石?」とかほざいてた数年前の新人より使えない判定される始末。

結局、地頭なんだよ。俺は地頭が悪かった。みんなは悪くなかった。

ホント、こうもスペックが違うと、色々とバカバカしくなってくるし、特に皆が自分達のハイスペック(というか俺が低いだけだろうが)が当たり前だという前提で進めてくるから腹立つ。上記の新人に「IT会社に入ったのにこんなこともわからないの?」と言ってるレベル。そんなの言ったら問題になるだろ。でも俺の言い分(地頭にも高低があるよ)は通じない。



あー、地頭ほしー。

昨日の夜、風呂につかってアイフォンいじってたら眠くなってきた

時間23時半くらい

風呂から上がったらもう寝た方がいいかなとふと思ったら、そこから一気に考えが発展して、

「え、今日帰ってからメシと風呂しかしてない、なんも遊んでないプライベート時間なんもないのにもう寝るしかないの俺!? そんで起きたらまた仕事だろ? それ生きてる意味あんの?? そんなの嫌だよ俺!!!

ってとこまでいったと思ったら不意に目に涙が盛り上がってきた

嗚咽まではいかんかったけどいこうと思えばいけるくらい

漫画アニメじゃなく現状の自分リアルに泣きたくなったのは初めてかもしんない

上司とかにムカついて泣きたくなることはあったけど、怒りじゃなくて悲しさで泣きたくなった自分に、一番自分が驚いた

ちょっと我慢したらすぐ涙は引っ込んだけど

わかってんだよなー

今の仕事自分に向いてないって

あああああ死ね殺したい

2016-12-07

2016年9月30日前略プロフィールが死んだ。

訃報はいつも突然だ。人間世界においては。

けれど今回、前略プロフィールは、死去の2ヶ月前に「9月30日をもってサービスを終了します」と、言うなれば「死亡予告」とでも呼ぶべき知らせをくれた。

心の準備をする時間をくれた前略プロフィールには、感謝すべきなのだろう。

 

前略プロフィールは……いや、こんな形式ばった呼び方はよそう。私や周りのみんなはいつも君を「前略」と呼んでいた。私たち平成1ケタ台生まれは、「前略」と聞けば「草々」ではなく「プロフ」を思った。ちなみに「道の上より」を思うのはオッサンかオバサンだ。

 

前略、君は単なるプロフィールサイトではなかった。現在ではツイッターが「バカ発見器」の名を欲しいままにしているけれども、元祖バカ発見器とまではいかなくとも、バカ判別機の役割を担っていたのは君だった。

私たちは【性別】の欄に「パコられる方??ワラ」、【嗜好品】の欄に「↑何て読むか分からン??」と書いてあるのを見て、関わってはいけないレベルバカ判別していた。

兎に角主張したいこと】の欄に「ゲスブ荒らすな〓怒」と書いてあるのを見て、「ゲストブックを荒らしているのは明らかに機械的存在なのに(当時botなどという言葉は知らなかった)、荒らすなと書いたくらいで収まるわけがないだろう」と呆れていた。

 

【住んでいるところ】の欄に

「一商/二工/三高/右商/左工/中高/東商/西工/南高/北高……」

なんてずらりと近隣の学校名を記し、少しでも多くプロフ検索に引っかかろうという意思(当時SEOなどという言葉は知らなかった)を見せていた出会い厨も、

ここだけの話】の欄に「ぅちが悪いんですヵ??笑」と書き、「恋愛面で何かしらのトラブルがあり、納得できずやや立腹している」ことを遠回しに伝えていたギャルも、みんな君の死を悲しんでいるに違いない。

みんなお菓子の「カラムーチョ」を食べる度に、【絡むーちょ】という微妙にスベっていた項目名を思い出して切なくなるはず。

 

君の仲間たちも駆けつけてくれたよ。@peps!、モバスペ、decooリアルCROOZブログデコログ……。みんな、突然の報せに驚き悲しんでいる。

フォレストページさん、mixiさん、GREEさん、モバゲーさんからは弔電が送られてきたよ。

ちなみにモバゲーさんの会社上司は今とても多忙で来られないと言われていますが、落ち着いたら出どころ不明な長い文章を書いて寄こしてくれるそうです。いかがでしたか

それからTwitterfacebookも弔文を送りたかったみたいだけど、断っておいたから。だって前略がこうなってしまったのは、あいつらの責任でも……、やめよう、こんな話。ごめん……。

 

前略が遠くへ行ってしまったことは、2ヶ月経った今もまだ受け入れられない。でも、しょうがないんだよね。永遠なんてないと分かっているはずなのに、インターネット上のコンテンツにはつい永遠を求めてしまう。

君のことは一生忘れない。「前略」と言えば「プロフ」を思い出す世代がオッサンやオバサンと呼ばれるようになっても。老人になって、カラムーチョが食べられなくなっても。

息を引き取るその瞬間は、「人生の中で、“兎に角主張したいこと”って何だったかなあ……」と考えながら君の待つあの世へ向かおう。

 

前略で始まる文章は世の中にたくさんたくさんあるけれど、前略で終わるのは君に宛てた文章だけだね。

さようなら、前略。

<終>

http://anond.hatelabo.jp/20161207193318

友人としての関係を続けたいなら転職したほうが良いと思う

友達仕事を一緒にする人間・部下上司は別物

一緒に仕事をするとなると、厳しい事も言わざるをえない

その結果、良好だったはずの友人関係もうまくいかなくなったりする

友人が上司である

今年から友人が上司になった。

私が仕事を探していたときに友人が仕事を紹介してくれたのだ。

仕事事務に少し接客がひっついたような内容で、

部屋にいるのは、友人と自分、2人だけである

話は変わるが、私は仕事で時々凡ミスをしてしまう。

気をつけてはいるがどうしてもミスをしてしまときがある。

すると、上司に注意される。

注意されるのは仕方ないことだとわかってはいるが、なんとなく、ムッ、としてしまう。

今まで対等な関係だったものが急に上下関係になってしまったことに加え、正論容赦なく責めるような友人のものの言い方に、いちいちいだっている自分に気が付いてしまったのだ。

友人の時から言い方に容赦がないなと思うところがあったが

まさか、こんなに追い詰められるとは。

元は自分ミスなだけに、

この複雑な気持ちにどう決着をつけていいのか分からない。

自分いちばん悪いと分かってはいるが、

このままだと好きだった友人が苦手になりそうだ。

どうしたらいいんだろう。

ハグの日

きゅんきゅんドラマで「毎週火曜はハグの日!」の取り決めがあるが、ハグの持つパワーはほんと絶大だなーと。

うちは週末しか会えない。

土曜の夜のためにあのくそ職場に耐えてるようなものです。

ぎゅーっとすれば、ぎゅーっが返ってくる。

くそ上司暴言も、くそ同僚のいびりも、くそお局の揚げ足取りも、その瞬間だけはどうでも良くなる。

あぁ、わたし毎日ハグしたい。

2016-12-06

道理に従え

部下は上司に逆らえない

上司さらなる上司に逆らえない

では最も立場が上の権力者は何に従うのか

それは道理である

世界を動かす法則である

権力者道理に従っているうちは天下はよく治まり民は安んじられる

当然である

世界を動かす法則の力が権力体系に沿って滞りなく隅々まで行きわたっているのだから

では権力者道理に従わなかったら?

あばばばばー

e-sports未来

10年代以降盛り上がった、e-sportsプロリーグ設立の動きは、その後驚くほどあっさり廃れた。

運営が怪しかったとか、プレイヤーの扱いが悲惨だったとか、いろいろな問題があったが、

何より致命的だったのは、結局ゲームだけできても、その世界以外では全くクールではなかったことだ。



代わって始まったのが、企業対抗形式アマチュア戦だった。

名のある企業社員が夜毎集まり、己のプライド会社名前を背負って戦う。

企業の側も、こうした動きを止めることはせず、むしろ歓迎した。

もちろん、会社宣伝になるというのもあるが、それ以上の意味があったからだ。

景気が上向かず、給料も上がらない中、学生企業に期待するのは、もはや余暇の多さのみ。

普通社員バカバカしいことをやり、活躍する余裕があることこそ、紛れもなくホワイト企業の証であり、

e-sportsはそれをアピールする絶好の場とされたのである



物語は、主人公がある業界中堅企業入社するところから始まる。

彼もまた学生時代ゲームに打ち込み、仕事はそこそこに、余暇の充実を求めて入社した一人である

ところが、配属された部署にあったのはゲーミングPCで、一日中ゲームばかりやらされ、なかなか帰れない。

うろたえる主人公に向かって上司がささやく。今はこうでもしないと勝てない時代なんだ、と。

http://anond.hatelabo.jp/20161205232428

上司に面と向かって「クサい」と言えるほど風通しの良い会社じゃないんでねぇ

俺「これはどうでしょうか?」

上司「うん、いいねいいよ最高だよ、その調子で進めてくれたまえ」

俺「あのここはこうするといいのでは?」

上司「おう、そこに気付くとはいいね、やっぱり君はこの仕事に向いてるよ」

俺「出来ればここはこのようにしてあれをこうしてこうして一回転させたいのですが」

上司「なんだかわからないけどいいね、いいよ、もう最高!僕の代わりにこのポジションやりなよ」

俺「…話聞いてねえだろ」

大人になれ自分

上司ダメです

俺:それならこうこうこういうことになるという理解でよろしいでしょうか??

上司:Aだからダメだといっています

俺:(Aとか最初言ってね~だろ(#^ω^))

言うべきじゃないとわかっていながらも「お言葉を返すようで申し訳ありませんが、最初のメールではそのようには言われておりませんでした」って返しちゃったよ

まあお客さんに対してとかじゃなくて上司に対してだからまだマシ・・・なのか?

でもこのままだったらお客さんに対してもやらかさな保証いか自重しないと・・・

大人になれ俺!!!!!あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああクソ殺したい

どうしてダメなのか、どこがダメなのかをまず聞けばよかったんだな

変に先走りすぎた

会釈について

自分の以前働いていた会社は(今は病気で辞めた)

従業員が6人ぐらいの事業所で、年齢バラバラ、みんなの距離が近かった。

役職があってもわりと最上級上司以外とは対等に話す。上司も優しいよ。

私は丁寧語だったけど。先輩方はわりとタメ語

で、会社の中ですれ違う時には、先輩相手でも上司でも、

お疲れ様でーす」

って自然に声がけする。感じ。

外部の方が来た時も、基本は声がけの挨拶




黙って会釈って中学部活の先輩相手と中高の教師相手にしたことない。

高校の先輩とは挨拶だったし。先輩に気づいて挨拶したらヤッホーみたいな返し。

中学常識で、最初会社で黙って会釈してたら、変な目で見られた。



余談だけど、

日本挨拶って英語のhi!と違って、わりとするだけで、

揺るがない固定された上下関係を発生・維持させる類のものもあると思うし、

それが窮屈というかストレス感じることもある。

特に役職とか正当な理由がないなと主観で感じる時)




というわけで、

自分中学時代の習慣がイレギュラーもので、

他の所属の時の習慣をレギュラーだと思ってるんだけど、

自分職場環境が変わってたこともあり、どっちがレギュラーなのかわからない。



世間一般ではどっちが普通なの?

役職上位ではない先輩とすれ違った時に会釈する?声がけ挨拶する?

女子校育ちのお嬢様の私がブラック企業入社した話

小さい時から勉強が出来て、運動もまずまず、それなりに容姿も良かった

私は自分には出来ないことはない、そう思っていた。

大学受験第一志望の有名大学に合格

「自慢のお嬢さんですね」

「優秀ですね」

そんな言葉を親戚からかけられる両親はすごく嬉しそうだ。

有名な国立大学に入って、大企業まったり働く、

なんなら一般職まったり働いて早く結婚してほしい。

誰もがそう思っただろう。

そんな私の運命が狂い始めたのは、就活の時だった。

正直語学も何もせず、飲んでばかりで大学生活はちゃらんぽらんだった。

結果、第一志望の某コンサル会社には落ち、残ったのはとある企業だった。

名の知れた企業だけど、ここっていわゆるブラック

8割がそう思う会社だった。

やけになった私は、とりあえず勢いで入社を決めた。

入社してからさらに大変だった。

メンタルが強いからかなぜか一番辛い部署に配属された。

ゴリゴリ新規開拓営業だった。

1日100件電話かけないと営業とは呼べない」

「飛び込みは週に100件」

なぜか22時からはじまる会議

ひたすら数字どうやって作るんだと詰められる日々。

とにかく毎朝会社に行くのがだるい

営業成績も伸びない。

まらない

はじめての挫折だった。

メンタルの強かった(はずの)私だが、1年目は泣きまくった。

たぶん1年で5回は泣いたな。

頭のおかしい客に電話で怒鳴られることもほぼ毎日

同期はメンタルやられてうつになってやめていった。

なんとか営業成績もあがってきて2年目になった。

やっぱり仕事つまんないな。そう思うことがさらに多くなった。

ついに辞めることを決意。

退職交渉に2ヶ月かかった。ブラックしかない…

上司に言われた衝撃の言葉

「辞めさせてあげるから有給14日間、捨てなさい」

だった。

労働基準法違反やろw

と思ったが辞めたかったので承諾した。


やっと辞められた。


それから転職し、今は楽しい毎日を過ごしている。

正直ブラック企業はつらいことばかりだったが、今思えば人間的に成長できた

気もする。

生モノメンタルの強さを手に入れた(どこで使うんだ)し、

何よりも人を見下さなくなった。

学歴だけで判断していたが、人に対して向き合えるようになった。

自分なんてまだまだだ。

自覚することができた。

ブラック企業経験することで、そのあとの苦行も余裕で

こなせるようになった。

(てかブラック企業の時以上につらいことは世の中にほぼないらしい)

今ではブラック企業感謝している。

私をまともに育ててくれてありがとう

ADD傾向のある社会人2年目

やっぱりできない。

なんでこんなことができないんだ。

分かってみればとても簡単ことなんだ。自分でもわかってる。


「何度言ったら分かるんだ」  「分かってる。でもその時には抜けてるんだ」

「何度言わせるんだ」     「一回だけにしてほしい。自分だってそう思ってる」

「いいかげんにしろよ」    「いいかげんにしたいよ」


上司罵倒は、既に何十回も自分自分に向けて送った罵倒であり、「もう分かってるよ!どうすればいいんだよ!」と頭の中が熱くなるだけだ。

自分はここにいる人達とは違う。

お互い面倒になるだけだろう。

こんだけ足掻いてもダメなんだ。やっぱり“解決”は足掻く先にはないんだろう。

それとも、この地獄のような中をくぐり抜けたら待つ明るい未来があるとでもいうのか

地獄もなにも、こんな生ぬるいのじゃ足りないってわけか

俺にはむりなのか

それともあるのか きぼう

    

2016-12-05

他人に興味無さすぎてやばい

クールな私かっこいい……って思ってる訳じゃない

マジ興味ない

職場毎日先輩や上司と話すけど雑談できない

なに話されても「はぁ」「はい」「へえ」って返事しかできないから。興味無いから。喋るときは喋るけども。

そもそも上司と先輩の名前覚えてない

さすがに関わりが多くある人は覚えてるけど二人だけ。他覚えてない。というか覚えてるつもりでも合ってない。

田沼」だと思ってた人が違う名前だったり、「山田」が「田中」になってたり。

昨日「田沼」さんに「君は今まで両親に頼ってきたんだろうけど、これまではそうはいかないからね。おじさん(田沼?さん)は話しやすいだろうから練習しなよ」(意訳)とありがたいこと言われたけど、多分忘れる。

親に頼ったこともあんまし無い。少なくとも精神的な意味では。子供に興味無かったみたいだしね。

姉とは仲良いと思ってるけど、あっちは私の好み把握してるっぽいのに私はあんまり知らない

自分しか興味無いのかってわけでもない。わりと興味無い。

私どんな死に方して周りになんて思われるんだろう。まあ今はどうでもいいか

女だけどセクハラが難しい

酔っ払いの多少の下ネタを笑って流せる程度の、ある意味でおおらかな、ある意味で毒された感覚は持っている。

くじらを立てるほどでもないから、不愉快不愉快だけれど笑って流せる。

酔っ払った上司が言う「ディープキスする?」という類の冗談は、正直どこの職場でもあり得そうな気がしているし、そんなの親戚のおじさんにだって言われてきた。

接待帰りの帰り道、「寒いから手を繋ぎたくなってきちゃったな」と言って、上司が私の手を掴む。

私はその手を払いのけて「あ、それは別料金なんで!」と冗談にしてしまう。

いつもそうやって誤魔化している。不愉快だけど、相手も酔っ払っているし、本気なわけはないんだし、強く言うと面倒臭そうだし……。

そうしてへらへらかわし続けている。

一瞬のことだ。その瞬間、とてつもなく不愉快なだけで、仕事をしているだけなら普通にいい人たちだ。

騒ぎ立てるほどのことでもない。

そう思いながら、今までやってきていた。

1週間前、新入社員女の子と、セクハラおじさんたちと一緒に飲む機会があった。

セクハラおじさんたちは例の如く、お酒冗談を巧みに持ち込んで、セクハラじみた言動を重ねる。

私の正面に座っていた新入社員女の子は、私と同じように笑いながら、ときに諌めながら、セクハラおじさんたちをかわし続けていた。

いつも自分がやっていることを、はじめて客観的に見た。

彼女は嫌そうな素振りも見せず上手く笑いに変えていて、なんだか場が盛り上がっているようにすら見えた。

彼女不愉快じゃないのだろうか?

みんなこれくらいのことは当たり前にかわせるのだろうか?

それとも私みたいに不愉快さを抱えながらも、かわしているのだろうか?

元気に笑う新入社員を見ながら、申し訳ない気持ちになった。

もし彼女不愉快さを抱えながらも、貼り付けた笑顔でこの場をしのいでいるのだとしたら。

もしそうなのだとしたら、その責任は私にもある気がした。

へらへら笑いながらかわし続けていたせいで、「ここまでは大丈夫」というラインを作ってしまったんじゃないか唐突に怖くなった。

いちいち騒ぐのは面倒くさいし、かわせるならかわし続けて適当にしておきたい。

でも面倒くさがってへらへら笑っていたせいで、私のサボりのせいで、誰かを困らせる日もそう遠くないように思われる。

騒ぎ立てるほどのことでもないけれど、うまくやりすぎても駄目な気がする。

仕事に影響が出るのは嫌だけれど、これが当たり前の対応と思ってもらっちゃ困る。

加減が分からない。

本当にセクハラが難しい。