「経営」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 経営とは

2017-01-18

この世界の片隅に」がいつも行く大手のとこでやってなくて、零細個人経営のとこに初めていったんだけど、音響はしょぼいし、隣の音が漏れてくるしで家で見たほうがマシだった。

一方で経営側が実家の人もいるんだよな。別世界だな

2017-01-16

都会にしかない専門店を知りたい

人が多い都会でしか経営できそうにない専門店に行ってみたい

レタスの種専門店とかディル専門店とか

知っているところがあったら教えてほしい

お役所仕事現場にて

自分は今、行政管理下企業支援をする仕事をしている。

具体的には、企業向けのセミナーとか、イベントとか、交流会とかを企画するような仕事

働き出してもうすぐ1年になる。

仕事自体は穏やかに進むし、自分が興味あることを上手に結びつけてやっていければかなりホワイト職場

ただやはり、所謂お役所仕事」的な雰囲気があってつらい。



例えば若手が、参加者セミナーの中で書きあげた企画書に対して、他の参加者講師がそれぞれコメントを書ける用紙を配ろうという提案をした時。

上司は、それに対して余計な仕事を増やさなくていいと言って、しばらく揉めた。


結局、そういう風に残る形にしてしまうと、後からまとめないといけないのは自分上司)だから、と。

結局参加者もその場限りで企画書を書くだけがゴールなのだ、みたいなことを言われた。フィードバック必要ないと。

自分たちはとりあえず「やった」ことさえ報告書にすればいいんだから。という感じ。

しばらく若手二人で、参加者に配るのもフィードバック回覧するのも自分たちがやると説得したが、

最終的にセミナー講師が「別にいらない」と答えたため、コメントシートは無くなった。


しばしば新しい提案をする際、上司との内部調整が辛くて途中で諦めることがかなり多い。

よくある話だけど、上の人たちはみんなリスクを避ける方向にばっかり進んで、その割に目的意味のないことを繰り返しているような気がする。

経営といっても、特に自分たち組織場合収益目的としていないんだから参加者のためになることなら何でもやってみればいいのに。

はっきり、「やってさえいればいい」みたいなことを言われたことにもショックだし、

全体的にその場限りの企画が多くてとてももったいない。(この事業継続しないとはっきり言われた)

あとその講師も、そこの部署がいつも依頼してる人だけど、それでいいのかよと思う。


から補助金をとってれば事業をしてれば偉いんですかね。

企業の人たちは別に暇だからセミナーイベントに参加しているんじゃないと思うんだけど。

もしかして企業の人たちも「やった感」さえあればいいってこと?そんなまさか



そんなんだから税金無駄遣いって言われるんだ。

言わないと自分も死んでしまいそうなので、一応口には出しているけど虚しい。

2017-01-15

エンジニア嫌い、デザイナーも嫌い

うるせーんだよ

わがまますぎんだよ

やることやってからぎゃーぎゃーいえよ

おまえのいうことがどれほど金に結びつくんだよ

PMもしごとしろ

そんなだからおまえらいつまでも薄給なんだよ

お前がやってんのはしごとなのか趣味なのかどっちだよ

何ともならないことを何とかしていいものつくって金を生む側にさっさとこいよ

 

頑張ってるディレクターと頑張ってる経営陣だけが味方だよ

彼らがいろんなこと回してるってことに皆気づいてなさ過ぎだよ

 

まあ無能場合殺意おぼえるけど

 

 

※ちなみに私はエンジニアです

複数社、複数チーム経験しての発言です どこいってもおなじやね

2017-01-14

初めてゲイマッサージに行った話

当方20代のほぼノンケ。時にオナネタホモビを観ることはあるけど、ガッツリやってる系は好まない。男が気持ちよさそうなのが好きなんだよな。男性経験はなし。しばらく彼女はおらず。

風俗とかも行ったことはなかった。職場の先輩に冷やかし半分で誘われたことはあったが拒否した。恐らく女性コミュニケーションするのが面倒だと思っているんだと思う。反面、男相手なら気兼ねは少なくて済むように思う。

恥ずかしいんだけど、誰かに抜いて欲しいなと思った。ただ、たとえプロであっても女性は苦手だなと思った。無防備に誰かに自分を委ねたかったんだと思う。なのでゲイマッサージへ行ったんだ。

店は、個人ブログランキングなどを参照した。金曜の夜はあいにくどこも予約が取れず。翌日の予約を何箇所に送ったら、一箇所いけるとのことだった。連絡はメールのみでできた。個人経営であるが、レスポンスは早い。普通に事務的であった。サイトにはゲイのみ対象とあったので、それは否定しないながらも、初めてである旨は伝えた。16時半に予約した。

一つ前の用を済ませ、近くの銭湯に行った。何となく、綺麗にしといたほうがいいかなと思って。散髪に行く前も髪を洗うタイプです。店に近づくにつれて本当に緊張して、何度も引き返そうかと思った。でも、何とか店に入った。

実は、選んだ店が普段普通整体として営業していたので、店構えは普通のやや怪しい整体屋さんだったので、それほど抵抗はなかった。

ドアはあらかじめロックされていて、開けようとしていたところに店主が奥から出てきた。ガチムチボウズ。話ぶりは柔らかくて、体育会な感じはなし。対応あくま事務的にしてくださって、奥の整体ルームへ通される。じゃ、服脱いでくださいねと言われ、店主も奥で脱いでいる。内心はうろたえているが、半分以上エロ目的に来ているんだからと思って全裸待機した。台にうつ伏せに寝かされ施術開始した。

まずは背中や足を普通に整体していく。全裸なので、肛門は丸見えだし玉はみえていたと思う。とりあえずうつ伏せなので許容。時々肛門や玉裏などをさわさわしてくるのが気持ちいい。整体普通に良かった。痛くなかったし。

相手は褌というかエロ下着みたいな感じ。ときどき、自分の股間を手に乗っけてくるのでこちらも何となくタッチ

しばらくして仰向けに。後は野となれといった感じです。普段銭湯でも完全に前を隠すけど、ここは躊躇ってはいけない、さらけ出そうと決めて来たんだと思って仰向けになる。相手はここで全裸になっている。足や腹のマッサージをしつつ、どんどん触れてくる。というか、仰向けになった時から明らかに我慢汁だらだらでビショビショになってた。エロ/マッサージ比率がどんどん上昇してさわさわ、シコシコを織り交ぜてくる。気持ちよかった。しばらくして不意に咥えられ、刺激される。ときどき顔色を伺いに顔を覗き込まれるが、目が合うなんて恥ずかしいし気持ちよくて目は閉じてた。フェラと手コキでフィニッシュ最後はさすがに声が出た。いくときは、相手もああ、すごいね、すごいよ、みたいなことを囁いてくる。体はティッシュおしぼりで丁寧に拭いてくれた。

最後に座って肩を揉んでもらって、お水を一杯もらって終了。雑談みたいなのは全てが終わってから5分くらいで、あまり個人的なことを語りたくなかったこともあり、適度でよかった。整体も明らかに効いた感じで足の痛みも引いた感じがした。

この体験を振り返って思うのが、やはり気兼ねのなさというのは大きな満足が得られるものだなと思った。人によっては異性でもそう振る舞えるのだろうけど、自分は今はそうではないと思う。女性にはどうしても気を使ってしまうと思うんだ。

やたらと会話しなくていいのはよかった。言葉攻めとかあるかなと思ったけど、そういうのもなかった。名前を調べれば居住地職業フェイスブックなどが出てくる世の中で、あんまり世間話もしたくないなとは思う。距離感が保てたことはありがたかった。

相手の股間に触れて、どうというわけではなかったけど、何となくニギニギしたりしてた。向こうはプロだしちょっとのことでは勃起しないんだろうな。あと、かなりでかくで少しコンプレックスを刺激された。

70分 7000 円でした。相場からいえばやすそうだし、実際満足度も高かった。

ご興味があれば店名も書いてもいいかな。

タダでプログラミングを教えるメリット

俺がパソコン屋ならswift教えるからといって、macの購入を勧める。

最初は一番スペックの低いものをすすめる。

もちろん俺が経営するショップからなら割引とサポートつけますとかなんとか言うし、

オプションもたくさんつけて

「本気でプログラミングするならwindows pcは当然必要だし、macだってもっとハイスペックなやつ必要。あとデュアルディスプレイとか常識だよね」みたいな話を随所に盛り込む。

もちろん俺が経営するショップからなら割引とサポートつけますとかなんとか言う。



でもめんどくせーな

同人ゲーム映像勝手広告に利用するスマホゲームと某上場企業

こんなことが許されるのだろうか。

スマホYouTubeを見ていたらCMがはじまったので見ていると、どこかで見たことあるPCゲームプレイ画面がはじまった。

それは、「Cossacks3」というPC向け戦略ゲームで、海外の小規模なゲームデベロッパが開発しているSteamしか購入できないニッチゲームだ。彼らにPRする予算なんてないはずなのに、ついに広告まで打てるようになったのか!!と嬉しい気持ちになってみていたら、動画広告内で何のゲームなのか紹介することなく5秒でCMは終了。

おいおい、広告として中途半端だな、しっかりしろよ。と、そのときは思っただけだったのだが、また同じ広告をみかけたので「広告主のサイトアクセス」してみた。

すると、広告に使われていた画面のゲームとは全く無関係な「キング・オブ・アバロン」という別ゲームアプリダウンロード画面へと飛ばされた。

ゲーム宣伝をするのに、まったく違うゲームの画面を使うなんてことが許されるのだろうか?

ひょっとして、同じ会社制作しているゲームなのか?とも思ったが、売り切り型を前提として制作している同会社リリースできるゲームではないし、そもそも彼らに複数ゲームを同時にリリースする体力などあるはずがない。

ここからは推測となるが、「戦略ゲーム」に関心があるユーザーを手っ取り早く釣るために、同ジャンルの他のゲームの画面をキャプチャし、(コピーライト表記などもないことを考えると)許諾を取らずに広告勝手に使っていると思われる。

そう考えれば、CMなかに宣伝したいゲーム名前が表示されなかったのも頷ける。名前を出さなければ、(勝手に使われている)ゲームを知っているひとにバレる確率が少なくなるという算段なのだろう。

Google Playレビューを読んでみると、以下のようなレビューを見つけた。

アプリサービスを終了するべき Banishedというゲーム映像勝手使用しているという指摘を前バージョンから受けているにも関わらず訂正していない。他のユーザーの言う通り個人作成ゲームからと足元を見ているようですがあなた達の方が無能なのでは?この様な評価を受けても表だけの対応(笑)しかせずに他のゲームの力でダウンロード数を稼ぐくらいしか脳のない運営なら早く撤退することをオススメします。 漢字(かんじ)が読(よ)めなければ他(ほか)のゲーム制作者(せいさくしゃ)又(また)は会社(かいしゃ)に聞(き)いてください。長文失礼しました。

引用元https://play.google.com/store/apps/details?id=com.funplus.kingofavalon&reviewId=Z3A6QU9xcFRPRTJuUEF4UDBtS2I3TnJPRThKU0gydnpKVjhFazNtcDh1clRHUTgyOXhSY2RUeXhGWU4tOEF1MnJCRldRUnRIWmtzRnU0Q3g3YVdvTm1L&hl=ja

違う なんか、広告で見たのと全然違っておかしい。やる気失せた。

引用元: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.funplus.kingofavalon&reviewId=Z3A6QU9xcFRPSFhyUEcwMjNzSzhPeG0xOGdwUVpBbGNfUlNZWjU2a0ltb0plNUpGWjItWUJ5c1FEWnNpZGFQRkdLdXA1aDFrQlIybzB4S1JMQ3dLU2ZL&hl=ja

と、前科がある模様。それぞれのコメントに対して、運営から謝罪と連絡先のコメント11月下旬ごろに返信されているが、結局映像を利用するゲームを変更しただけで同様の手法が今でも続いている状態と言っていい。

※ここに名前の挙がっている「Banished」というゲームは、兄弟2人だけで開発されたインディーズゲームにもかかわらず完成度が高いと有名な、トロピコ的村落経営ゲームのはず。

こんなセコイ広告戦略を考えるのは、倫理へったくれもない弱小開発会社なのかな、だったら仕方ねぇなと思ったので「キング・オブ・アバロン」の開発元を調べてみると開発元は、中国企業

Funplusという中国企業で、同社サイトを見たところ、400名以上の従業員がいるとのこと。こんなこと、大企業がやっていい手法ではないだろう。。

Google App Store登録元の、diandianinteractiveという会社は、Funplusの実質的海外拠点の模様。http://diandianinteractive.com/about で使われているオフィス写真が、 https://www.biv.com/article/2014/8/vancouver-lures-asian-tech-companies-looking-for-c/ 内で使われている写真と一致

今回の広告に関与しているか不明だが、このアプリ日本展開の広告マーケティングを手伝っているのは、上場を果たしたベンチャー企業であるメタップス」と思われる。

ゲーム情報サイトである4gamer掲載された同ゲームに関するリリースを見ると、ゲームの公開や更新に関するプレスリリースを「メタップス」名義で配信しているため、同社が国内展開に対してある程度深くかかわっていることは間違いないと思われる。

4gamerリリース記事

http://www.4gamer.net/games/347/G034791/20160627042/

http://www.4gamer.net/games/347/G034791/20160909033/


「Cossacks3」も「Banished」も、どちらの開発元も小さく(「Banished」のほうはもはや同人ゲームと言っていいレベル)、かつ日本国外だ。大手の有名なゲームでなければ、ばれないし訴訟もされないと思って、こんなことをやっているのだとしか思えない。この件について、某キュレーションサイトのように謝罪や削除だけして金も払われずにうやむやにされるのではなく、願わくばゲーム画面を勝手に利用された開発会社が「著作権使用料」を適切に受け取る形で決着されないものだろうか。


一応、証拠写真も撮ったのでアップしておく

http://or2.mobi/index.php?mode=image&file=142843.jpg

2017-01-13

リクルート楽天病院経営すると・・・

どうなるんだろうなと思った。

2017-01-11

個人経営のぷらもやに昔のがんぷらがたくさんあるの見ると心躍る

値段は個人経営から定価なんだよな

いまでもあるのかなあ

子供の頃いったぷらもやがいまおもうと夢のようだった

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170110130147

しかし何をどう確認すべきなのかよくわからない。欄はずっと前からあって、定期で受けてる作業普通に既に何件かある。今更上(自分はヒラ、先輩はヒラの一個上だが、先輩が確認しろ指定した「上」はいきなり役員とか経営メンバーになる)に確認する意味わからん

上下関係あるんなら「先輩の判断役員に決裁いただくことになった」でいいじゃん。

2017-01-08

無能が何吠えてんだ

http://anond.hatelabo.jp/20170108142337

まず手取り金額というのは、扶養家族が何人いるかとかの条件によって変わってくるものなんで、面接の段階では明確には出せないことが多い。なのでこの質問自体がめんどくさい。

そしてその人の給与から税金社会保険料いくら差し引かれるかというのは個人と国の関係の中での話であって、会社は国に代わってその金額を"徴収してあげてる"だけなので、まだ採用されるかどうかも分からない段階でその計算を(その時点では)大した関係もない組織に求めるというのは無礼というか、控え目に言ってもちょっと変わってるわけ。

手取りで言ってる奴は単によくわかってないだけだろ。

額面と手取りと税と社会保険なんかわかってないサラリーマンはざらに居る。

厳密な金額を言ってるんじゃなくて概算だろうし。




で、俺が言いたいのはこいつの方な。

計算が大変?明確に出せない?

御社経理は大変無能っすねえ!wwww

その程度の話は俺ならその場でポンだぜ。

「はあ、手取りいくら欲しい?家族は何人?子供は何歳?」

はい額面で○○○万えーん」




別に特別ソフトなんか要らん。

エクセルで十分。




経営層にしろ人事にしろ経理しろ

そのぐらいの能力もないなら面接でカネの話なんかすんなw

お前等は例え額面で言われても会社負担がどれぐらいかぱっとわからないんだろどーせ。

こんな無能がよく人の能力どうこう言えるもんだ。

俺1人居たら御社無能の愚図を3人は首切れるな。控えめに見積もって。




んで、繰り返しになるけど。

給料手取りで言う奴は単によくわかってないだけ。

明確な計算をその場で求めてるわけじゃないだろ。

求められて計算出来ないのもプロとして論外なんだが

そもそも求められていないことを勝手に勘繰ってプリプリ怒ってるてめーは

発達障害とかそういうの入ってるんじゃねーか?

それこそ事務やらせるのがぎりぎり、

外に出すなんて怖くて任せられないタイプだろw




まあ事務でもアスペは困るんだけどなほんとは。

アスペなうえに税や保険計算ノウハウもない。

お前みたいなのが給料もらって一人前の顔でメシ食えてるのは

周囲の皆様の温情もしくはぬるさだ。

人にギャーギャー言う前に感謝気持ちを噛みしめとけ。

近所の中華屋へいったきた

中国人夫妻が経営していると思われる中華屋

定食類が豊富で客の出入りも多い店

そこそこ繁盛している

前はよくいっていたんだがあることに気付いて足が遠のいていた

たまたまお昼に店の前を通りかかったの入って定食を頼んでみた

前と同じだった

何が同じって味が同じなのだ

何を頼んでもいつも同じ味付けなのだとにかく醤油ベースの味付けなのだ

本当に何を頼んでもみんな同じ味

また当分いくことはないだろう

2017-01-07

社長が年々ボケてきてる

入った時からどうしようもないウヨジジイだったが最近スピリチュアルが混ざってきた

もはや会社経営するどころじゃない

そしてそんな社長に何も言えない幹部たち

カネと権限握ってる連中がこんな状態ではもうどうにもならん

労組を極度に恐れ警戒する経営

そんなに何かやましいことでもやってるんだろうか…。

2017-01-05

商品が売れないのはたまたまその日なんかあって店の前の客どおりが悪かったとか、商品が悪い以外の理由ゴマとあるのに

お前の店の売れ行きが悪いのは商品想像を絶するほど悪いからだとか短絡的に考えて経営者にうるさく文句つけるやつは何なのか。



だいたい、売れてないように見えても経営が成立して潰れてない時点でその店は「それぐらいの売れ行きで十分」なのであり、第三者文句をつけられるいわれはないぐらいわからないのだろうか。逆に毎日全部売り切れないと潰れるような経営をしてる方がよほど問題ではないか

2017-01-02

http://anond.hatelabo.jp/20170102111018

分かってないなぁ。

潰れて困るのは、経営陣だけじゃない。

転職先を探すのに苦労する無能上司もだよ。

会社が潰れてもいいの?って圧力かけてくる上司がいるけど

潰れたら転職するだけ。

潰れて困るのは経営陣だけ。

会社とは会社のために存在するわけではないのです。

幸せ人生を送るために会社があるのです。

会社が中心となってはいけないのです。

大切なのは人です。

現場も知らずに空虚理屈だけで偉そうなこと言うクソ経営者

正社員派遣パートアルバイト現場のことも知らずに偉そうに給与以上の仕事をしていない、経営のことを何も分かっていないと偉そうなクンロクを垂れるゴミ経営者ども



。。。。おおっとちょっと待てよ、これって、現場を知らずに偉そうなこと垂れ流すってところだけ抜き取ると、

まんま、

はてブゴミどもと完全にかぶっていか



現場のことも知らずに偉そうにあーだこーだとクンロク垂れる

うおっ!

これってはてなーまんまのことじゃん!



そーかそーか、はてなーって意識高いだけの現場を知らないクソ経営者のあつまりだったのか!

道理で、一見ためになりそうなこと言ってるように思わせて、

聞いた後で体中からごっそりと魂が抜けてしまう症状に苛まれしまうのも納得の理由だった!

http://anond.hatelabo.jp/20170101235144

今の日本ならサービス業こそ元旦やめちまったほうが経営合理性は高いと思うよ

ちげーよ。

店の運営には必ず固定費がかかるんだから、24時間365日営業のほうが儲けは上なの。

2017-01-01

http://anond.hatelabo.jp/20170101233931

せーの、で休ませないと大事ときに休めなくなる民族性なんだよ

どうしても働かせたいなら「元旦特別ではない」という意識をみんなが持たないといけない

休日からと手当を出すのも変

ま、年明けは世界的なイベントから、「休むのがおかしい」なんて意見自体世界的にはプークスクスなんだけどね

俺はサービス業だけど元旦からって手当出る会社じゃないから(サービス業は365日休まず働いて当たり前という企業から

今日も働いてたけどね

ただね

元旦って客の入りスゲー悪いし、最近福袋ゴミ処分セールもできないから店としては大して旨味ないし、

今の日本ならサービス業こそ元旦やめちまったほうが経営合理性は高いと思うよ

どーせ三が日休みとなれば大晦日需要高まるぐらいのもんだし

いくら技術力があろうが買い手がいなけりゃ儲からないし、

指示出す奴が金にならない的外れな指示しかさないこともよくある。

技術者技術者を引っ張って経営なり営業なりしないと何も変わらない気がする。

2016-12-31

みんな忘れてるけど山本一郎10年前の方が勢いあったのよ

山本一郎風向きが変わったのを見ていて、今から10年ほど前のことを思い出していた。

当時はツイッターはまだなく、ブログブームは落ち着いて、もちろんヤフー個人なんてのもなかった。

そして、その中で山本一郎新時代書き手として、何やらすごい人というブランディング確立していた。

多額の借金DELL株で返済した天才投資家。一生分の資産投資で築いたから、会社経営ブログは遊びでやっている。

今みたいに炎上ネタを暴くみたいなスタンスではなかったが(そもそも炎上するようなネタが当時はネットに転がっていなかった)、あたか政財界を暗躍しているかのような書きぶりと、ネット民丸出しの面白全部な振る舞いがウケていた(後発の匿名掲示板を煽ったり)。

何が本業なのかは今と同じように明かしていなかったけど、「大っぴらに書けないようなすごいことなんだろう」と思っていた。

ホリエモンフジテレビ仲介しただの、月9ゴーストライターをやってるだの、別名でライトノベルを書いてるだの、明言せずにいろいろほのめかしてさ。

当時を知らない人は今が全盛期だと思っているだろうが、実は今よりも10年前の方が勢いがあったのよ。

雑誌の連載を5、6本持っていて、本もコンスタントに出して、深夜テレビレギュラーをやってたり。山形浩生宮台真司が彼と対談して持ち上げていた。今よりもマスメディア山本一郎の「設定」に乗っかっていたよ。

それがマンションを丸ごと買ったという発言が吹かしだったことがバレて、ほかの経歴にもメスが入り大炎上ネット民の支持を失った。

当時はブログコメント欄が開放されていたのだけど、記事更新するたびに大荒れ。雑誌も連載もどんどん打ち切られていって、一本もなくなってしまった。当時あった公式サイトに連載の一覧が載っていたのだけど、それが減っていくのを微妙気持ちで見ていた。

ネット評価は「裏で暗躍するすごい人」から中小企業経営している売れないライター」に変わった。

そこから数年、山本は明らかに低調だった。記事を書いてもはてブには上がってこないし、雑誌テレビにも出てこない。ネットでの存在感は皆無で、はっきり言って「終わった人」扱いされていた。

風向きが変わったのは2009年ごろ。山本ツイッターを本格的にやり始めたころだ。当初は「懐かしい人が出てきたな」という扱いだったけど、そこで頭角を現し始めた。

それに合わせて、ブログはてブを集めるようになり、かつての調子を取り戻し始めた。

だが、明らかに変わったポイントがいくつかある。大きいのは自分の暗躍をほのめかさなくなったことと、資産について何も言わなくなったことだ。

自分が突っつかれないように注意しているようだ。ちなみにかつて挙がった経歴詐称などの疑惑には何も反論していないし、認めてもいない。

こうして炎上ネタリークを交えつつ面白おかしく書き立てるという芸風で再び地位確立した。ツイッター時代マッチしたのだと思う。

しかし、再び風向きが変わってきた。このまま行くと、かつてのように存在感をなくすだろう。あるいはきっこ上杉隆のように信者に囲まれカルト化するのだろう。

今回の復調は、しかしかつてのように雑誌の連載を持ったり本を出したりには至っていない。おそらく、前回「騙された」と思った人たちは彼を避けているだろう。

2ちゃんねる管理人ひろゆきが特徴的だ。かつては相棒のように目されていたが、いつの間にか仲違い。ひろゆきはたびたび、山本を「嘘つき」だと明言している。最近出たテレビでも「嘘つきが儲かる世の中ってどうなんすかね?」と暗に山本を受け入れるネット社会批判している。

今後の山本がどうなるかはわからない。しかし、素性は怪しいけれど、第三者立場から切込む人、という立ち位置自由さで信頼を得ていた人が、その立ち位置を疑われてしまったら、なかなか信頼を回復できないだろう。

三たび山本が復活するには、今まで頑なに公開していなかった本業を明らかにするしかないだろう。どこと取り引きをしてどんなことをしているのか。それは等身大山本をぜんぶ出すことだ。これは山本の今までのネット活動のツケだ。それを払いきれるのか、あるいは消えるか。山本明日はどっちだ。

2016-12-28

ジョイフル社長絶賛への違和感とか

ジョイフル社長自民党議員さんで、長時間労働規制に取り組んでいるという話。

ホッテントリしていて、自分説得力のあるいい話だと思ったのだけれど、心のどこかで、今の世の中、きれいな話にはウラがあるぞセンサーが働いてしまって、ほんのちょっとだけ引っかかった。

そしたら、少しずつ疑義を呈するエントリもあがってきたみたいではある。

増田にも、こんなのがあった。

ファミレス経営国会議員のところでバイトしてたけど http://anond.hatelabo.jp/20161228001948



自分が引っかかってしまった理由は、おおよそ2つ。

1つ目は、「あれ? この議員、どこか別件で聞いたような?」と思ったからだ。

調べたら案の定、「幸福の科学」との関連がちらほら出てくる。

いや、信仰自由だけれど、よりによって幸福の科学って。。。

あのどうみても支離滅裂教義(って、外部からわかる一般的なことをしらんけど)やら、教祖のうさんくささとか、次々出てくる霊言シリーズとか、真っ当で合理的思考の持ち主がもつ信仰とは考えにくい。

一方で、カルト(いや、幸福の科学カルトかどうかは知りません! あくま一般論)の信者って、本心かくして外部には共感を呼ぶ正しいことをとく場合があるからなあ、とか。

外には民衆のための民主社会の実現をとく組織の中身が、めちゃめちゃ独裁的だったりするのも似てるかもしれない。





引っかかった理由のその2は、なんっていうか、この社長さん、長時間労働という「ルール破り」とか「マネジメントの欠如」のせいで、自分会社改革が進まないし、同じ土俵で戦えないといいたいみたいだけど、それって、本当にそうなのかな?ということだ。

富士そばとか、サイゼリヤみたいに、外食産業でも、そんなにブラックって叩かれなくて、成功している会社あるよね?

サイゼリヤなんかは、本部に頭いい人たちが寄ってたかって、業務効率化に知恵を絞っていると聞く。

店舗掃除はどういう風にやったら効率的か?みたいなことも、必死オペレーション考えているらしい。


もし、「うちの会社が儲からんのは、他社が長時間労働させてるからだ! よし! 政権党に入ってライバル企業規制を加えてしまえ!」という人がいたら、あんまり優秀な経営者とは思えん。

先にあげた増田によれば、社員自分選挙に駆り出しているみたいだけど。



いや、ここまで書いたことは疑り深い男の勝手妄想なので、外れることを願ってますけどね。

労働時間規制のものに、反対する理由はなんもないし。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん