「経営」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 経営とは

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627174750

料金体系が不明瞭なエステは別として、医療ステマが割に合うほど儲かる業界じゃないと思う。

なんたって人件費がかかりすぎる。課金ゲームとかITプラットフォーム系と比べて経営うまみ全然無いと思うよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160627133432

移民奴隷化は何も解決になってないしむしろ国内富裕層日本の残された数少ないコンテンツである治安」が汚染されるから全く持って嬉しくないんだが

結果にならないのは目に見えて分かる

つーか失敗してる国大量にあるだろ

今の名前だけ企業経営陣が馬鹿で能無しでカスから国力衰退してるんだよ

その経団連とべったりの政治日本を終わらせたから結果出せないんであってメスを入れるならそこからだろ

労働力確保したって利益率低い仕事しかこの国になければ貧乏なままだから

あと今の日本人に守る価値いからそれは気にしなくていい

2016-06-26

http://anond.hatelabo.jp/20160626012705

同じポジションだと給料だけで言ったらベンチャーのが高めじゃないか

まぁ福利厚生とかまで含めて考えると大手にはだいぶ劣るけど。



てか、「経営に口を出さずに働く社畜」を求めているのは大手でも一緒でしょう。

http://anond.hatelabo.jp/20160625200546

横だけど、小さいとこが募集してるのは、薄給経営に口を出さずに働く社畜だけだよ。

2016-06-25

スタートアップに失敗すると起きること

数年スタートアップを共同経営し、今年に入って潰した。

スタートアップに失敗すると以下のようなことが起こる。

彼女にフラれる

元彼のところへ行ってしまわれました。

最近結婚したらしいですね。


給与所得が途絶える

ハローワークに行くとわりかしすぐ雇用保険がもらえる。

会社都合退職なので。


転職エージェント経由で面接を受けることになる

無限にやってくる転職エージェントからまともそうなのを選んで希望を伝え、数社紹介してもらう。

「本当にサラリーマンやりたいですか?」みたいな質問適当に答える。

転職エージェント経由の会社は全部落ちた。


フリーランスでしばらく行くかという気になる

適当ミートアップで知り合った人間から引き合いがあり、

要件を聞いて値段の交渉をしようとすると、金は払いたくないとのこと。

また別の人間案件を紹介するからプロフィールポートフォリオをよこせというので送ると、

彼らのコーポレートサイトに当社従業員、当社開発実績として勝手に載せられるなどする。

クレームをつけ、取り下げさせた)

フリーランスの人はどうやって仕事見つけてるんだ。。


大手企業リクルーターから声をかけられる

都合7回、3ヶ月かけてインタビューを受ける。

最終で落ちた。


死にはしないので、まぁ、やっていきましょう。

2016-06-24

悔しい

自分とある開発業務従事している。末端のコーダーとして参画している。

PJが全体のシステム構成で、そのシステムを動かすための部品を作っているのだが、その全体PJリーダーとこちらのリーダーの仲が悪い。

分かりづらいのでシステムリーダー部品リーダーとしておこうか。

まぁ社内のそんな遠くない関係で上記のような訳だから、お互いが居ない時にはお互いがお互いの事をdisることを聞かされるわけだ。

が、自分としては正直なところ面倒だし、どうでもよくて、客が喜ぶ良いものを作りたいだけなのだ技術者として知的好奇心を満たし、経営としてコストメリットがあり、客として困ってる事が解決できて、担当者として楽ができる物ができればそれで良いのだ。良いと思っていた。

社内のイザコザで情報共有もろくに出来ないので、嫌な顔はされるけどシステム部品双方のPJに顔を出してはあれこれディスカッションしていた。

だが、今日システムリーダーからこちらの部品はいらないのじゃないかと言われた。

まぁお互いのリーダーが嫌いあってるからそういう気持ちになるのはわかる。わかるが、それを越えて担当者同士で情報共有し、自分PJだけ上手くいけば良いという誘惑を払い、邁進してきたつもりだった自分は何なのか。

何か裏にある真意があるのではと本人に聞こえるくらいの声で周りに助言を求めた。真意は何だったのかと。

求めたというより頭が真っ白になってしまい、泣かないように何か話そうとして結果としてそうなった。今考えれば話を振られた方も困ったと思う。申し訳ない事をした。

今も動悸が激しく中々考えが纏まらないこともあるが、何にしても、悔しい。ただただ悔しい。

結局のところ、ここで頑張る意味とは何なのだろうか。今はわからなくなってしまった。

2016-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20160622140946

「パパ活」のサイト見た?

こんな表示をして訴訟罰金リスクの高い会社にこの年俸仕事したいかってこと。

責任会社だけど経営悪化はそれぞれ個人に返ってくるからねー

2016-06-19

民進党共産党やsealsの経済政策について思うこと。

タイトルはこれだけど自民党も入るかも。




1,分配や生み出す政策について

共産党街宣車

大企業大金持ちからお金をとって庶民に配ります

的なことを言って道路を走ってるんだけど、

『回収』もしくは収奪する事しか考えてないようで、どうなのかなって思う。

お金を生み出すことの政策についてはどう考えているんだろうか?

庶民は『大企業被害者です』的なことも言っていたけど

国民の4割が確か大企業従業員だし、大企業がつくる製品のお世話にもなっているわけだ。

それを一方的被害者加害者国民を分断させるようなことを言うのはいかがなのだろうか。

実際、格差存在するので、分断は起こっているといえるかも知れないが、

高所得者大金持ちという言葉自分は使わない)は

企業経営という形で日本に対して大きな社会貢献をしているのも事実だと思う。

一方で、内部留保が多いのは確かなので、

民進党の言うように税金とって多少の分配(高所得者にとっては回収)はあっても良いと思うが、

この景気後退局面リーマンになりそうなんですか?)でするのは間違いではないだろうか?

自分が一番言いたかったことを繰り返すと、

分配(回収)もいいけど、生み出すことについてはどう考え散るのだろうか?

ということ。

自分消費税の減税してほしい。

庶民に対する分配政策でもあるし、企業も多分消費が増えていい景気刺激策になると思う。

(ちなみに、自民党の分配政策である地方創生についても自分懐疑的で、配るのもいいけど、経済の土台を何とかするほうがいいのではないかと思う。自発的な成長を促せるという点で)




2,非正規社員正社員化だけでなく、無職の人➝働く(社員化)や働く➝無職について

非正規社員正社員化はもちろんだけど、無職の人の社員化についてはどう思っているのか知りたい。

私としては、今は景気がいい局面から

非正規正社員と叫べるし、それを進めることにそこまで異論はないのだが(企業自由)、

果たして数年後、不景気の波が来た時に(景気には波があるって高校で習ったよね)、

この好景気時に正社員になった人が、どれだけ無職になり、非正規社員に落ち込むか、

ということを考えることはないのだろうか?(これは自民党も)

非正規雇用無職でも生きていける、

子育てできるセーフティネットづくり(歳入庁設置及び負の所得税など)のデザイン

した方が、来たるべき不景気の時の雇いどめやレイオフに強いのではないか

すぐに(自動的に)対応できるのではないかと思う。

備えることの重要性を今この時だから考えてみたい。




以上。お金がほしい、いち市民でした。

今の経済状況じゃ配られても限界はやってくる(予算的な意味で)と思っている。

http://anond.hatelabo.jp/20160619122904

そりゃ経営云々より自分生活が第一だと思いますよ。

からこそ、昇給率やら賞与実績も公開してますし、未上場だけど業績もあえて公開してるんですけどね・・・

http://anond.hatelabo.jp/20160618190018

学生が気にしてるのは経営じゃなくて自分生活だよ馬鹿

独りよがり健全経営なんてどうでもいいわけ

ふざけてんの?

2016-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20160618182039

建材ですねー。


なんていうかその、デメリットやら問題ネガティブに捉えられすぎることが腹立たしいんですよね。

それがどれだけ経営に悪影響なわけ?って、いつも思うんですよ。


それと、都心の糞みたいなベンチャーやら公務員が人気なのを見ると、ふざけるなって言いたくなるんですよね。

負け惜しみなのかもしれないですけどね。。

ひょっとしたら自分たちは騙されているのだろうか?

資本政策とか疎いので詳しい人いたら教えてください。

いま勤めてる会社サービスを1つ作ってそれ持って独立するすることになった。

代表自分で、残り2名が取締役。3人で10%の株を分けてねと言われている。

その持ち株比率からてっきり会社お金を出してくれるのかと思っていたら、どうやらそうではなく、

まずは10万くらいの少額で会社設立して、当座の運転資金を貸し付けるとのこと。

そこからVCをまわって投資を募るというはらづもりらしい。

だけどなにかおかしいと思って、

自分でもいくつかのVCをまわってみたら「その資本構成ではお金は出せない」と言われた。

いつ経営者が辞めるかもわからないし、創業者経営権がないからだと。

週あけに会社設立手続きを行うことになっているが、自分たちは騙されているのだろうか?

社長ラスボス

経営が苦しいので…って社員全員の給料が減額されたのが昨年末



田舎同族企業で、身内の横領は「配慮されて」自宅勤務へ。

赤の他人社員は何やってるのかわからいから、PCに動作ログはもちろんメールの内容も全部社長に行くようになっていて

自分理解できないような作業をしていると「給料泥棒」的に文句言われるようなそんな会社



ネット部門()があって、そこにコンサルがついた。

月額40万だって

成功報酬とやらで売上の数%とかもいるようになるらしい。

んで、話を聞くのはネット部門担当している社員じゃなくて、社長を始め「ネットに疎い人のみ」って指定



なんだそれ、洗脳か!



もともと、ネットの業績は上がってきていた。

年末から任されて、地道なSEO頑張ってきていたし、前任者(配慮された人)がやってなかったこともいろいろ頑張った。



もともと兼任者だらけで、やること、やらないといけないこと、たくさんあるから人が足りない、一人でいいから人を増やしてほしい。

そうお願いしていたけど、お金がないって断られていた。

でも、コンサルには支払えるんだと。

今のところ、コンサルが言ってくることは、うちの業務形態では無理な改善案ばかりなんだけど。



社員全員反対しても押し切って売れない商品仕入れたり、

バックリンク大量に増やすタイプ業者にひっかかって一時期Googleペナルティくらったり、

メールアドレス大量に買ってメール送りつけろとか言ってきたり、

こっちがどれだけ、会社の信用無くすまいと頑張ってると思っているんだ。



社員正論いっても「所詮素人」と、プロ()の言うこと聞いて金をドブに捨ててきて、

業績不振なのは社員営業努力が足りないせい。とかもう…



社長辞めろよ。

足引っ張ってんのオメーだよ。



ああでも、次期社長社長の子供だわ。

でも、まだマシかもしれない。

マシだと思いたい。



頑張っても頑張っても、認められず、「役立たず」と言われ、

プロ()の言うことだけは信じて。



どうやってモチベーション保てるというのか。



本当に辞めたい。

でも、田舎仕事ないわ…。

2016-06-17

舛添

「 総菜店経営男性(58)は「辞めるのは仕方ないが(50億円とされる)都知事選費用もったいない」とぼやき「次はお金きれいな人がいい」。退職金については「これだけ世間を騒がせたのだから、半分くらい置いていってほしい」と訴えた。寝具店従業員男性(59)は「都知事は2代続いてお金に絡んだ問題で辞めている。次は政治家という仕事奉仕感覚のある人がいい」と望んだ。」

いやお前らがたかだか数百万の着服を咎めたか都知事選費用時間血税から支払われるんだろ。

馬鹿なんじゃないの。

損したいから損したのにもったいないとはこれいかに。

http://anond.hatelabo.jp/20160121210521

元増田です。

皆さん、多々ご意見・ご助言をくださり、ありがとうございました。

「続報希望」みたいなコメントを頂いていたので、簡単に続報を記載します。

前提として親会社は無く、非上場独立系同族企業です。

 

 

皆さんのご意見専門家相談した結果、

銀行告発しても、自分たちのザルな融資を認めることに繋がりもみ消されると判断し、

銀行関係のある●●●●●●にだけ、退職直前に内部告発いたしました(すみません、ここは伏せさせて下さい)。

 

無視して退職しても良かったのですが、

経営陣の姿勢言動をかえりみて葛藤した結果、

事実事実として伝え、それで潰れるなら潰れた方が良いと判断し、告発に踏み切りました。

 

 

その結果、

・2か月の給与遅配が発生(6月時点で4月分の給与しか支払われていない)

・夏の賞与見送り

残業の上限を大幅に制限サービス残業の増加)

・大規模な退職は発生していないが、裏では皆転職を考えている

になったと、先日会った元同僚に聞きました。

 

2か月分の給与賞与は約2億円であり、私の告発の影響かどうかは不明ですが、

3月末で折り返す予定の融資の一本が断られたものと推測できます

 

ちなみに、この状況においても、

毎年1億弱の役員報酬を得ていた社長会社に貸し付けていないという点で、

経営陣の姿勢がお分かりいただけるかと思います

貸し付けを行い給与遅配を防ぎ、社員の離職を防止するのが本来の姿だと思うのですが、

これぐらいじゃ社員は辞めないと思っているのか、本当に個人資産が無いのか…非常に不可解です。

 

 

以上、簡単ですが続報まで。

 

■追伸

https://www.bengo4.com/houmu/n_4279/ とかに取り上げられたのは驚きました。

2016-06-16

イケダハヤトゴミクズ記事ではなく孫泰蔵さんの話読もう

あえてブクマしにくいようにゴミクズタイトルつけてやる。

オープンネットイケハヤのような、SEOが小器用なだけの頭の薄っぺら人間たちがうっほうっほやってる世界になりつつあるよな。



https://www.facebook.com/taizoson/posts/10153788960804492?pnref=story

僕には経営者としてかねてからの疑問がある。ほんとは違うと思いたいので、誰か下記の僕の意見反論してくれませんか。

 

かつて世界を席巻した日本の電機メーカー、先日取締役会で揉めたコンビニの最大手、安くて高品質市場を席巻したカジュアル衣料メーカーテレビショッピングいちばん有名な会社プロ経営者を雇ったがクビにした教育産業の最大手、そして通信などで成長した日本で最も有名なIT起業家会社など、最近後継者についての話題がすごく多い。

事業を大きくした創業者は、会社の成長もさることながら後継問題いちばんむずかしい、とよくおっしゃる。「企業は存続してこそ社会に貢献できるのだから、100年続く会社になるように企業文化を創っていきたい」と皆さん口をそろえる。中には徳川幕府だって300年続いたのだから、うちも300年だと言う方もおられる。誰とは言わないが(笑)

 

 

なんで?

なぜ存続してこそ社会に貢献できる(=存続しないと社会に大きく長く貢献できたと言えない)、と言えるのだろうか。

存続はしていてもたいして貢献してないことだってある。「売上は社会に貢献して顧客からもらえた対価なのだから、売上が伸びてるあいだは立派に貢献してる証拠じゃないか」「雇用を生み出し続けてるのだからそれだけでも貢献しているじゃないか」などの声を聞くのだが、それはその会社がなくなって別の新しい会社がそれを担ってもいいわけで、「存続してこそ社会に貢献できる」というテーゼを論証したことにはならないと思う。

まり、存続することと、社会に貢献することとは関係があまりないと僕は思うのだ。それどころか、長く続いている大企業は、分業と縦割りとルールの細分化が進んで制度疲労を起こし、「自己疎外(=働けば働くほど、自分でやっていることが自分のものと感じられなくなっていくこと)」を生み出しているようにしか僕には見えない。

スタートアップ原理主義者の僕には(笑)必要以上に大きくなりすぎた企業は「自己疎外製造装置」にしか見えないのだ。だからといって共産主義に近い社会主義を礼賛しているわけではもちろんない。ほんとはいろいろ考えているのだが、この文脈においては、単に「アンチ大企業主義」と分類されても僕は全然差し支えはない。

昔であれば、大資本・大組織でないとできない大きな仕事存在しただろう。しかしこれから時代には大企業アドバンテージというのは実はあまり個人的には「ほとんど」)ないと言っても過言ではないと思っている。

そしてそれは、人工知能ロボットの発達によって、愕然たる事実として現在よりもさらに鮮明にあぶり出されるはずだ。

僕はそのように思っているのだが、僕が違う(それとこれとは関係ない)と思っている、

 

企業は成長し続けて大企業となり、そして長期間存続し続けることこそが社会に大きく貢献することなのだ」

 

ということを誰か力強く理論づけてもらえませんか。




http://www.tez.com/blog/archives/post5052.html

スタートアップがより大きな力を得てより急速に成長するためにも、より大きく、より長い繁栄をして、企業価値を大きくすることを目指すことが必要だと考えられますし、その場合繁栄の鍵は、いかに「情報処理ハブ」の地位を確保し続けるか、ということに集約されると思います

から企業がより大きく、より長い繁栄を目指すことは、否定されるべきではないと思います。もちろん単なるステークホルダー思考停止ではなく、他の(「信用」を担保する)理由があるからこそ、大企業として長期間存続し続けるわけですし、社会に大きな影響を与える企業として長期間存続し続けようという意志のないところに大きな企業価値が生まれることは無いはずです。






孫 泰蔵 「信用資本論」とでもいうべきとても示唆に富む論説ですね。

まず、信用という機能本質が「思考停止」だからこそ信用は一定の「慣性」を持つ、というのにハッとさせられました。経営者もそこに働く従業員も、会社を長期的に存続させるのが是、というところで思考停止してるなといつも思ってたのですが、それは外部からの信用という思考停止ともリンクしているのだということに気づきました。

また、長期的に存続しうる形態としては「メタ」な存在しかないだろうと私も考えていました。しかし、その際に長期的に「メタ」として存在しうる価値アイデンティティーってなんなんだろうなあと思うのです。資金であればVCなどでも十分提供できるわけで、スタートアップが嗜好する資金以上のなにかを持ってないといけないわけですが、それはなんなのだろうとずっと考えています。そこも「信用」なのかなあ。

そして、「大企業が自らの存続をあきらめることではなく、既存の『信用』に新たな『信用』がぶつかって倒そうとすること」が「古い組織の制度疲労を打ち壊し社会全体を活性化させるのだ」というのはまったく同意です。

しかし、現在日本では挑戦者がまだまだ全然少ない状況です。この状況を打破したいのですが、能力的に優秀な人が、挑戦者になって打倒するのではなく、むしろ後継者になりたがろうとする人が多いこの状況(例えば、兄がやってる「アカデミア」という後継者育成機関にすごい優秀な人がいっぱい来てるんです!あんたたちは孫正義後継者なんかじゃなくて起業家を目指さんかい!と心のなかでいつも苦々しく思ってるんですよね(笑))をどうやったら打破できるのかなあと思案しています

既存の信用にぶつかって倒した新たな信用の成功事例をつくるしかないですよね・・・そっか、俺が頑張ればいいのか。頑張ります





孫 泰蔵 ありがとうございます

そして「そこも信用」なんだと思います

話がややこしくなるので本文には入れなかったのですが、日本では米国VCは全部が全部イケてると思われがちですが、実は逆にファンドのうち上場株式indexをアウトパフォームするものわずかで、9割前後indexを下回っています。つまり米国はいえ、ほとんどのVCファンドは「上場index投信を買った方がマシだった」ということになってますしか米国の上位5%のファンドは常に高いパフォーマンスを上げています

リスクの高いベンチャー投資でなぜ長期にコンスタントに高い成果が上げられるのかという理由は、まさにVCが行うべきことの本質が「信用の供与」だからじゃないでしょうか。例えば「セコイア投資したベンチャー」は(もちろん背後に技術トレンド調査やきちっとしたDDがあることに加えて)「セコイア投資してるんだからイケてるんだろう」という期待が働くからこそ、いい経営陣やいい従業員が集まり、いい投資家が付き、いい取引先やいい顧客が付くので、結果として本当にいい会社になってしまうという「予言自己成就」が発生しているのではないかと思います

ポートフォリオで多数のベンチャー分散投資すると、仮に失敗したベンチャー成功したベンチャーをならしてポートフォリオ全体として利益が出たとしても、必ずしも「あのVC投資したベンチャーイケてる」という期待は働きません。「投資したベンチャーを全社必ず成功させるぞ」という長年の努力をすると、そうしたミダスタッチ(「魔法」)が使えるようになるんじゃないかなと思います

ベンチャー先進であるがゆえに、単独でポツンと存在しても、それがいいものか悪いものか、一般の人にはわかりません。「世の中で最も大きな情報の非対称性が発生するもの」だと言えます。だからこそ、そういう「信用」を供与する投資家が増えることこそが、現状を打破する大きな力になると思います







亀山 敬司 俺も「会社を続けるために稼ごうぜ!」と言ってるけど、社会貢献とは関係ない。会社が続いて大きくなると俺が楽しいからやってる。だから「辞めたあとは俺のこと忘れていいか勝手に楽しめよ」と社員には言ってる。会社なんてただの人の集まりだし、くっ付こうが分裂しようが、べつにDMM名前が残らなくてもいっこうに構わない。

300年続けたいとか言ってるやつは、何を続けたいと言ってるのかわかんないけど、ピラミッドでも残したいんじゃない?亡霊の自己満足だね。

昔は「社員未来雇用をどうやって守る」とか思い悩んでいたが、「過保護で要らぬお世話だな、いい歳の大人自分で考えな」になってきた。とりあえず後継者は立てるだろうが、そこからは別の会社から残りたいか自分で決めなって感じ。

大企業が長く続くのは、良し悪しで言えばちょっと悪し。ゆとりが有り過ぎると頭が悪くなるし、いい気になっちゃうし、内戦に明け暮れる。良い点は、まずしいスタートアップが時々見上げながら「俺もいつかあの大きなビルに入って、きれいなおねえちゃんを秘書にするんだ」と俗っぽい夢を見させてくれる。

悪い部分が大きくなれば勝手に自滅するので、自然に任せといても大丈夫

そもそも社会貢献も基本はやっぱり自己満足だね。経済成長や新しいテクノロジー社会幸せにするとも限らないんだし、自分たち活動が徳か悪徳かもよくわからん。でも、こんなふうにいろいろ考えるのは、自分だけのことを考えた自己満より、マシな自己満だよね〜!

2016-06-15

オーガニックおばさん

避暑地に住んでいて、周りはペンション経営者などが多い。

こういうエリアにはどういう訳か、ペンション経営者OR夫婦経営などで、一定割合オーガニックおばさんが出現する。

説明しよう。

オーガニックおばさんの特徴

・亭主はペンション経営者おじさん、もしくは陶芸家崩れおじさん。

・髪の毛は染めない事が自然に逆らわない事でいいことだと思っている。

・化粧はしない、もしくはかなりの薄化粧。薄化粧といっても、都会のそれではなく、オーガニック化粧とでも呼びたい独特の自然の風合いを活かした化粧である

自然食を好むのは当然として、しまいには買ったほうが明らかに品質が良く安いものまで、自家製に凝りだす。

子供達も自然派というと聞こえはい自由奔放な教育宗教にある程度の嵌まる人と対して変わりのないレベルに育つが、子供は意外と冷静でおとなになると自然と痛い両親から離れていく

・金がないからそうしているのではなく、「選択で」それをしている事が大事価値観である

事実に基づいた経営

嘘つきばかりが入社して媚び売りばかりが出世する日本企業には到底無理な話だな

http://anond.hatelabo.jp/20160615185057

責任が違うから当たり前だろ

っつーか正社員にするのはそれだけの能力があると判断した結果だからするしないは経営側の自由意志

なにそこに疑問感じてんだ、雑巾はどのポジション人間なの?

どっちにしろ腐ってるけど

 

え?まさか雑巾なんちゃって取締役勘違い上司

課長部長(バイトリーダーかな?)のレベル会社リクルートに口出せると蛆沸いてる意識高い無能

経営の何が大事なのかも忘れてリヤカーこいで乞食社長か、

どっちにしろ腐ってるけど

 

あと根本的に5万円の仕事を1円でやらせて来るやつは

次の仕事も5万円じゃなくて1円でやらせようとするから

当然だろ安くするために最初に1円でやってくれたんだから次は5万円で!なんて向こうが言ってくるはずがない

よしんば2回目を5万円でできたとしても最初に5万円分の仕事をタダ同然でしたから2万5千円分の仕事を2回しただけだろ

社員に5万円分の仕事2回させたのに10万じゃなくて5万しか稼げない、

なのに給料はその仕事分だけ払わなければいけない

そりゃ給料泥棒ってことになるわ

前頭悪いだろ

言いたいことを言いたいために事実を都合よく使う

例1

詳しいことは知らないんだけど、プロゲーマーみたいな人がいるらしい

日々ゲームの腕を磨き大会に出て賞金で生活するような人たち

日本のそういう人たちは家賃生活費を援助してもらっているけど、海外には完全にその収入だけで生活している人もいるという話をニュースでやっていた

その日本人が言っていたのが、

「今メジャースポーツなども最初の頃は少ない人たちが細々とやっていた

それが今ではたくさんの収入を得ることができる

からプロゲーマー絶対将来は人気が出て収入を得ることができる」



例2

アメリカ歌手ファン銃殺された

それを受け銃規制の声が上がる

しか日本アイドルファンにメッタ刺しにされた事件を引き合いに出し

「銃を規制しても今回の事件は止められなかった

そこではなく、ファン芸能人などとの距離が近すぎるのが問題だ」



これって、どっちも間違ったことを言っていないようで、結局自分の言いたいことを言うために

事実を都合よく使っているだけだ

自分が今やっているプロゲーマーを将来性があるように言いたいから、成功したプロスポーツを例に出す

しかしその裏には人気が出なかったり経営がうまくいかなかったものが山のようにあるはずだ

規制をさせたくないために、銃以外のもので起きた事件を取り上げる

しかしその裏には、銃を使っていなかったら犠牲者が減った事件も、銃を使っていたら被害者が増えた事件も、いくらでもある

実際日本事件では一命はとりとめている



例に挙げる話が明らかに間違っている場合受け手鵜呑みにせず疑ったりすることは簡単にできると思う

しかし例自体事実である場合一見話に筋が通っているように見えてしま

ただ相手の話を鵜呑みにするのではなく、一度自分の中でかみ砕くことが大切だと思う

2016-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20160613231457

職業寄りのフェイスブックみたいなもんだよ。

経営層やフリーランスらならいいんだろうけど、一般社員はどうなんだろうな。

転職活動してると変な誤解与えないだろうか。

健康志向が進むと私鉄路線廃止に追い込まれ

とある地方に住んでいるけど、ここ10余年で2本の路線廃止に追い込まれた。

私が直接乗っていた路線じゃないけど、通勤に使っていた人達代替手段としてバスに切り替えざるを得なかったようだ。


周りを見渡せば、健康志向なのか節約なのか知らんけど、チャリ通や徒歩通勤が増えて、10年前よりチャリンコ道が混んでる気がする。

だがちょっと待って欲しい。これで良いのだろうか?

私達一人一人が健康経済性を考えて、電車に乗らず自転車や徒歩で通勤する事は、ミクロで見ると確かに正しい。

でもそうした一人一人の”正しい”行動が、全体としても正しいか?と思いを巡らすと、必ずしもそうではない。

私達一人一人の”正しい行動”は、私鉄経営に確実にダメージを与えている。


まだ自らの足で移動したりマイカー運転の出来る若い世代は何ら困らない。廃線が進んで一番困るのはお年寄りだ。廃線は彼らから足を奪う。

私達の”健康”は、そんなお年寄り達の屍の上に築かれている事をもっと知ってほしい。