「教養」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教養とは

2016-05-24

よくタバコを吸わないで生きてこれたよな

ネット嫌煙コメントなんか読んでるとそんな教養のない言葉を使うほどに低いクラスタで生きてきてよくタバコを吸わないで生きてこれたよなと感心する時がある。

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

良い文章!これこそが、教養を受ける意味じゃないのか。一市民多様性があるって素晴らしいことじゃない。

エリート意識に凝り固まった人だけでは、息苦しい世の中になるよ。

京大行ったら、卒倒するんじゃね?

こういう増田には、教養は身につかないと思う。

必死なのは分かるけど。

京大キャンパス行ってサークル勧誘パネル絵や折田先生像とか、見たら卒倒するんじゃねーの?

  

http://anond.hatelabo.jp/20160524045830

教養」に遣うカネがあるなら「実学」に遣え

国費で音楽学専攻の学生を育てるくらいなら、その分医者看護師を増やした方が余程国の役に立つだろう。

それでも「教養」のために国費を遣う意味って何なんだろうか。

バブルの頃に企業が「メセナ事業」とかいって美術館を作りまくっていたことがあったが、それと同じようなものか。

http://anond.hatelabo.jp/20160524045830


1)教育投資じゃない、権利だ。憲法を読むように。

  だいたい、投資だというなら個々の学生にかかっている税金京大だろうが地方大学だろうが大して変わらん。

  東大京大だけ過剰な期待をされるのは変だろ。

2)それによって獲得した知識や教養をどう使うかというのは100パーセント個々人の自由で、個々人が自分能力自由に使うことで総合的にはその国の文化は向上する、というのが大学制度の前提。

  専業主婦だってやれることはいくらでもある。

  獲得した知識の使い方の評価制度を導入するのは全体主義国家

3)だいたい、音楽勉強してまともに稼げるはずはないでしょ。

  学部で得た知識をきちんと還元しようと思ったら、博士まで行かなきゃならないし、博士まで行ったら絶対食えないから(音楽学の需要なんてそんなにないから)ドイツ語非常勤講師バイト掛け持ちで年収100万円ぐらいの生活を送って、婚期を逃して…、ってことになって、そうなったらどうせ結局同じこと(「京大まで行ったのに」)って言うでしょ、君たち(自分が、音楽学ではないが、そういう状況にあって、そういうこと言われるから言うわけだが…)。

  

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

結局経済界のための人材スクリーニングの場と教養を学ぶ場が同居してるのが良くないんだろうなと思う。

勉強をするために大学に行く、というのは大学本来の姿であって結構なことだと思うんだけど、その資格を持つことが高収入へのパスポートともなってしまう故に、税金が勿体ないだの自慢だの言われてしまうのは至極残念な話だと思う。

民衆の色々な層の中に高度な教養を持つ人が居る、というのは民主主義社会において大変健康的だと思うのだが。

2016-05-23

はてなアノニマスダイアリーは4つに分かれます

人数が増えてきたため衝突が多くなりました。

対応策として、サーバーを4つに分割します。



1 北欧サーバー(高知識層)

高学歴、高IQ、高教養、高見識を持つものが参加出来ます



2 米国サーバー(高所得者層)

資産が1億を超えているものは参加できます



3 日本サーバー(高労働時間層)

労働時間1月あたり200時間を超えているものは参加できます



4 隔離サーバー(それ以外)

それ以外の方はここに書き込んでください。

ここというのは、ここのことです。



対象の方はすでに画面が切り替わっております

複数該当される方は、初期画面が日本サーバーになっております

それでは快適なはてなライフをお楽しみください。



::::::::::::::::::::::::::::::

質問等は、北欧サーバー米国サーバーからのみ受け付けております

あらかじめご了承ください。

今盛り上がっているアイドル文化叩きを見てると

オタク叩きが無くならない理由がよくわかるよね。

事情を全く知らない奴の偏見に満ちた嫌悪感を発露しても誰もとがめるものはいないし、またそれが賞賛されたり支持を集める。

オタク叩きがなくなるってことは、今アイドル文化をよく知らないまま適当に叩いてるような奴らがいなくなるってことだ。

インターネットにはその分野ごとのオタク大勢いてそれぞれ小さな集団を作ってるけど、特にアニオタが最大派閥から、よくアニオタに対する雑な言及は咎められるけど、他の分野に対してはネットマジョリティは冷淡もいいところだ。

しろありえないほど雑に言及して、マジョリティ内での支持を集めて、マイノリティを叩き潰している。

全員がかなり高いリテラシー言論に対する謙虚さを持てば、こういう雑な叩きは無くなるけどさ。

それに言及出来るだけの知識と教養がまず前提にあって、同時にそのもの自体をよく理解してはじめて一定の水準を満たした言及ができるんだけど、

誰でも自由に思いついたことを無責任に書き込める今のネットでは不可能だし。

ブコメなんてスター偏見が増幅されるシステムだしなおさら酷い。

もしくは全員が口をつぐむか。でもそんなの無理だよね。




今回のようにある一件がきっかけで、アイドル文化に対してネットマジョリティ内でなんとなく感覚的で雑な偏見に満ちたヘイトが溜まってる様子が見られたけど、それはマジョリティに対してもそうだからな。

マイノリティ側はマジョリティに叩かれたことを忘れない。それが感覚的なヘイトへとつながっていく。ありがちな憎しみを連鎖だがそれが本質だ。

2016-05-22

社会学者古市さんが叩かれる理由がまったく分からない

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23488282




社会学者古市さんが叩かれる理由がまったく分からない。

彼は社会学者としての立場から法律改憲論者と論壇で登って答弁しているわけだが、オレには佐藤氏と古市さんとの間で話がまったくかみ合っていないように思える。


正直、この佐藤という人を含め、古市さんを叩いてる人にはマーケット感覚がないんじゃないか?と思うんだが、具体的にどうやってそれを示したらいいのか見えてこない。

山本みずき氏との論壇でも同様だと思う。山本みずき氏にはマーケット感覚がない。一方で古市氏にはマーケット感覚がある。

議論レベルがかみ合ってない。山本氏佐藤氏も、社会の泥臭い面や言葉通りにいかない部分が見えてない。古市氏の方が社会を間接的に知る手段豊富で信頼できると思うんだが

同じように思ってる人はいないのかな。。。

一応個人的に考えてみた内容をまとめてみたので、知見のある方々の指摘や修正がほしい。

是非論駁してみてくれ。





両者の経歴から考察

個人的思考なんだが、『佐藤氏』と『古市氏』のバックヤードに目を向けてみた。

ソースwikipediaくらいしか簡単に示せるものはなく、佐藤氏のことはオレはほとんど知らないので、あまり知ったようなことは言えないんだが・・・

佐藤氏』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5%E5%BF%97#.E7.B5.8C.E6.AD.B4.E3.83.BB.E4.BA.BA.E7.89.A9

古市氏』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%B8%82%E6%86%B2%E5%AF%BF





古市氏の背景は〝環境情報科学〟。人脈のほとんどは起業家、および新時代財界人






佐藤氏の両親は政治学者弁護士。つまり歴史と法に重きを置く典型的法学部タイプ日本法治国家資本主義として成功した社会主義タイプなので、佐藤氏は典型的右派保守的タイプ

一方で古市氏は環境情報から社会学へと転向した。つまりバックヤードとなる知識や感性科学者タイプ

ゆえに、古市氏の論じる分野には必ず〝マーケット〟がある。お金と結びついて物事を考える発言がきちんと身についている。またそこに時価がある。

ここで勘違いしてはいけないのは〝経済〟や〝金融〟ではない、ということだ。要するに〝政治色〟が薄い。よく言えば庶民的。別の言い方をすると〝資本主義的〟。

また彼は友人に起業家を持っており、堀江貴文を含め、財界との繫がりも多い。ほりえもんちゃんねるなどにもよく登場する。

これを〝強い者に擦り寄る〟と表現するものもいるが、そのあたりの〝評価〟は置いておいて、マーケット感覚を得られる環境にいることは間違いない。

http://blogos.com/article/154867/

例えばここで古市氏は『すき家企業社会にもたらした社会福祉ひとつ』と述べたことで叩かれているが、なにが間違っているのだろう?と思う。

マイクロソフトをはじめとする新時代新興企業の多くは、既存制度を上手に利用して新しい形の報酬従業員に還付している。

(※その代わり徹底的に税金を逃れている! ←善し悪しは置いておいて、事実そうである

どの国に所属しているかよりも、どの会社所属してその会社が与える福利厚生を受けられるか

ストックオプション行使できるか、金融資産を持てるかどうかが豊かさへと直結する時代になったのに、いったい何故古市氏の述べていることが的外れなのだろうか?

シリコンバレーでは福利厚生提供するサービスを行っている会社がYコンビネータ出身者によって起業されている。

ケータリングサービスタクシーチケット、社宅システムなど、上げればきりがないと思うのだが・・・



http://asread.info/archives/722

日本自衛権があることを古市氏は知らなかったと述べているが、これもある意味で間違っていないと思う。

実際のところ、実質的自衛権行使できなかったことには違いない。

 ・ミサイルを発射されながらもそれを撃墜できるのは日本駐在している二機の米軍潜水艦のみであること。

 ・敵国が領空侵犯をしても命令がなければ撃墜できない。引いては物理的に〝敵飛行機を押す〟という意味不明対処しかできない

これらの現行法脆弱さをどれだけ学者やSEALsは理解してるのだろうか?


http://trafficnews.jp/post/46566/3/



自衛権は認められているが、〝実質的に言って認められていない〟ことと一緒。

であるにも関わらず、古市氏が『日本自衛権って認められてるんだ…』という発言を〝知識がない〟〝教養が無い〟と評価する論調はいかがなものか。





佐藤氏の背景は〝法学政治






一方で佐藤氏にはマーケット感覚が無いといえる理由はここにある。つまり法律政治に関する学問を背景にしているところに問題がある。

この手の人間がやっかいなのは、やたらと知識や雑学は多く言葉言葉を返すのは上手いのだが、思考回路に多くの前提条件や知識条件が抜け落ちていることが多い。

言ってしまえばマリー・アントワネットタイプだ。






法学政治に強い人は〝市場の時価〟という観点が抜け落ちていることが問題






古市氏の発言法学政治に強い識者から叩かれやすいのは何故だろうか。

それは叩く者たちが〝歴史の変遷〟が、実は〝市場の変遷〟であること、をよく分かっていないからだ。

市場経済はより自然科学的だ。お金政治法律によって生まれたわけではない。自然に発生して、それが整備されて整えられた。実は人類進化の果てに手に入れた概念だ。

軍事力経済力のふたつは大国の力を現す両輪と考えられるが、実は歴史を手繰ると三番目の車輪があったことが分かる。その名も〝宗教〟。

そして現在過去も、急速に力を落としている車輪でもある。






歴史軍事力 ⇒ 経済力へと力が変遷している






鎌倉幕府の台頭に現れているように、歴史的に見ると既にこの頃から宗教の力は徐々に衰えを見せており、政治軍事力の二つが世界を動かしていたと言える。

表の世界での政治ほとんどが宗教と密接に関わっており、もっぱらここが市民政治の大きな接点であったと言える。

一方で軍事力実質的世界の掌握と統治を行う役割を担っていた。

少なくとも、日本においては明治維新サムライ不要となるまではそうだったのだ。

しか第一次世界大戦第二次世界大戦代表されるように、軍事政権は失敗を迎えた。

正しい仕方で行使されなかった軍事政権は、共産主義社会主義を生み出したからだ。

一方で米国のような市場経済を中心として発展した国は一定成功を収めた。士・農・工・商のうち、最後に勝ったのは商人というわけだ。





市場の時価〟と経済ルールを決める時代が到来しつつある。







マーケットは〝国の力が弱まりつつある〟ことを明らかにしつつある。既に鎌倉幕府時代から政府が持つ立法の力は軍事力経済力のどちらかを担保にしており、宗教アイドルでありスケープゴートであったに過ぎない。

そして過去〝政(まつりごと)=宗教〟が中心だった国家は、現在政治の中心を〝経済〟へと移している。

軍事政権実質的な掌握を行っていた政治は、現在では財界実質的な掌握を行う社会へと変化した。そしてそれは加速していく。

実際、国が提供する福祉よりも企業従業員提供する福祉の方が優れている場合が多い。しかマーケットに従った結果なので、相応の人材を兼ね備えており、無駄が無い。

パナマ文書にも代表されるように、国家の枠組みを超えた企業にとっては国境など存在しないも同然。

スターウォーズ通商連合のように、もはや国とは独立した別の政治形態と言って差し支えない。

戦後70年の間で形成されてきた常識などいくらでも覆る。今後の歴史は大転換を迎えると考えてまず間違いない。

その意味では、いまだに全時代的な歴史踏襲と繰り返し論議を重ねる、マーケット論の無き法学者政治学者が出る幕は実質的に言って存在しない。

宗教がその存在を弱めたように、政治もまた本質思想であり宗教であるから、その実質である軍事力経済力のいずれかに依存せざるを得ず、結果として時代に取り残される。

軍事力の台頭は世論が許さないだろうし、世界もそれを望んでいない。よって、これから重要になるのは、〝個人がどの市場経済所属しているかである




法学者政治学者歴史学者〟ではなく、必要なのは科学者〟と〝金融専門家〟であり、追うべきなのは経済史〟





世界を牽引してきたのは技術革新と金融だ。宗教を背景にした政治ストーリーを創り出す力があったが、現代ではその力は失われている。

闇雲に政治を追いかけても歴史を追いかけても真実は見えてこない。

必要なのは産業界歴史を追いかけること。経済史の発展と衰退の繰り返しの中に答えがある。

古市氏がどういう器なのかは知らないが、少なくとも歴史と現状を比較して将来を占う上で非常に恵まれ立場にいることは間違いない。

彼は川上の最新情報アクセスできることが可能で、新時代リテラシーも十分持っている。

法学者歴史学者も、企業の間接部門しかない。プロフィット部門ではない存在の者たちがとやかく言う論壇や議論意味はない。

その点は古市氏も同様だが、彼は自分立場弱者であることを自覚している分、市場に対する的確な論壇を展開できる下地がある。

叩かれるのがその証拠だ。叩いてる奴らのほとんどはマリアントワネットばかりなのだから、叩かれている姿を見てむしろ安心すべきだ。

2016-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20160515145437

よくある話です。身分違いの結婚

冷静になって、彼とお話しましょう。私の家はこういう家庭で、今自分父親はこういう考え方をしていると。

どう思う?と。

そこからの展開は彼の考え方にもよりけりですが、親父対策を二人で考えたところで非常に困難が予想されますね。

彼の収入が急にあがるわけでもなく、教養がすぐさまUPするわけでもなく、はたまた彼が急に一芸に秀でていて有名時になるとかでもないし。

結局、お父さんを説得するというスタンスでは相手も力がはいるだけですし、そういう態度で立ち向かうとお父さんとの関係悪化するのは避けられない事でしょう。

であるならば、最初から白旗をあげてお父さんと机をあわすのはどうでしょう?いきなり白旗をあげてこられては、相手もつっこみどころはありません。

なので、~~~~こういう彼でお父さんの~~~条件などにはあてはまりませんが、私も成人した女子です、父親に認めてもらえないのであれば、自分責任結婚させていただきます

とはっきり言うしかないと思います

一番良くないのは彼が若さ全開で「お嬢さんは私が守りますお嬢さんをください!」と言うことでしょう。そういうの一番いやがりますから

難しいとは思いますが、彼がとる戦略では、冷静に話してさりげなくお嬢さんのこういうところが好きになってしまったポイントを言いつつも、こいつは話せるやつだなと思わせる柔和な態度をとり続けることだと思います

記憶力が悪すぎて生きるのがつらい

当方、低偏差値高卒

中学入ってすぐに勉強で躓き、中一レベル教養すら無い。

テレビ映画を見てもセリフや人物名をほとんど覚えられない。

ゲームをしていて「○○の

ところに行けば△△を手に入れられるぞ」みたいな展開になっても○○が誰なのか思い出せなくて詰む。

今、迷家というアニメがやっているけど、5話まで見ても光宗、こはるんバルカナ、ダーハラナンコ、よっつん、ラブポン、ニャンタ、まさき、まいまい氷結ジャックぐらいしか顔と名前を覚えられていない。

どうすれば覚えられるようになるんだろうか。

2016-05-11

もいちど君と出会いたい(出会いたくない)

本を読むと他の人の感想が知りたくなってamazonカスタマーレビューを片っ端から読む癖がある

で、さっきもある作品を読み終えてレビューを見てたら、なんかすっげぇ嫌なレビューがあった

星一なのは人それぞれの感じ方だから別にいい、そうじゃなくてそのレビューの書き振りがカチンとくる

「色々盛り込んでみました〜って感じだけど全部浅いよね、ま、作者の教養の程度が知れるよね、やっちゃったね」的な

正当な評価かもしれんがオメーは何者だよ!!と思って、そのレビュアーの他のレビューも読んでみた

いくつか見覚えのあるレビューがあった

以前に別の作品で同じようにレビュー巡りをしていた時に、やはりカチンとき文章だった

同一人物かよ、なんだよそんなこと知りたくなかったよ

読む本けっこう被ってるじゃねぇかよ

読後感が二重に台無しだよ

なんかまたあいつのレビュー見たら嫌だからこの癖はしばらく封印する

2016-05-10

安倍晋三ってよくわからん

まあ支持、不支持いろいろ意見はあるだろうが、

集団的自衛権の容認をはじめ、なんだかんだ安倍晋三ってそれなりに政策の実現を図ってきて、

それなりの支持率をもってそれなりに成果を上げてきているんだろうと思うんだよね。

多分、それなりの成果を上げた総理大臣として歴史に残るんだろう。

それが良いのか悪いのかはとりあえず置いといて。



その一方で、安倍晋三って人には、あんまり教養は感じられないし、

文化人のお友達は、百田尚樹とか、そういうレベルしかいなそうだし

保守派ったって、もう少しまともな奴いるだろう)

野次り方は下品だし、

ちょっと自分に都合の悪いこと言われると、興奮して元々の早口さら早口になって、

何言ってんだか良くわからなくなるし、

あれで、たとえばプーチンとかと差しで対談して、あおられたらボロとかださないのかなあ?

とか心配になるんだけど、

なんというか、器が小さくって見ていられない時があるんだよね。



あれだけエリート一家に生まれてんだから

小学校幼稚園から慶応学習院に入れちゃえば、大学まで保障されるだろうに

成蹊に通わせたのは、たぶん、親は東大に入れようと思ってたからなんだろうけれど、

東大はおろか早慶に進むこともなく、そのまま大学まで成蹊に通っちゃったのは、まあ、その程度の成績だったんだろうし、

いわゆる受験勉強ができるってことと、本質的な頭の良さは別なんだろうけれど

でも、「学校勉強とは別の地頭の良さ」みたいなのも、

テレビ報道で知る限りは、あまり感じられない。

直接会ってみるとまた違うのかな?


野田佳彦とか、演説とか討論とかみると、それなりに上手だなあと思うし、

小泉は、やはり演説とか世論を味方につける手法とか見事だなあと思ったし

ちと古いところだと、橋本龍太郎あたりは、

なんか女性を引き付けるルックスの良さとかもあったし、喋るとそれなりの重みがあったし、

アメリカ通商代表に「タフネゴシエーター」と呼ばれたこともあるらしいし、

なんか、そういう「安倍の強み」ってよくわからん

思いつくのは「岸信介の孫」ってことだけで、話の内容以前に、滑舌なんとかならんのか?とか

そんなことばかり気になる人だ。



なんだろう。

鳩山由紀夫菅直人よりまし」でここまでやってきたのかな?

結局「神輿は軽いほうがいい」ってことで、なんだかんだ官僚がやりたいようにやれて、

それを阻止するほどの頭も力もないから、それなりにうまく回っているのかな?

その辺の説得力のある分析って、あったら読みたい。

2016-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20160509105534

アニメ監督なんて両方の指でなんとか数えられる程度(10ビット以内)しかいねーんだから、その悪いとされる監督なんて代名詞ではなくて実名挙げられるレベルだろ。

で、実際はアニメ監督アニメパクリみたいなのしか出来ないのはごく一部で、知識や教養として映画をちゃんと見てる人間殆どやと思うで。

でもな、結局現場で手を動かす人間にそこら辺を上手く伝えられるかというところが重要で、アニメであれば絵コンテを書く人間教養が無くて、監督ディレクションできなければ結果として「劣化コピー」のそれが出来ることになる。

成果物がそれならディレクション能力責任が負われるものだとされるけど、深刻なのは現場ポテンシャルのほうよ。

貧して鈍してるアニメーターの人々にストレートに教えることが出来る能力は、監督ではなく宣教師のそれや。

アニメ監督にそれを求めるのはどうよ? いや、監督マターである部分もあるんだけれども。

2016-05-05

なぜ「一般」という表現ネガティブに受け取られるのか?

相武紗季結婚した化粧品会社社長でさえ「一般男性」なら底辺の俺はゴミムシか、というようなネタを見かけたんだが、

つのまに「一般」という言葉がこんなにもネガティブ意味になってしまったんだろうか。

そう言えば五輪エンブレム騒動ときにも、「一般国民」という表現に反発があって、「上級国民」という言葉が生まれたりしていた。

当たり前だが、「上級」の対義語は「下級」であり、「一般」ではない。

一般教養」は「程度の低い教養」のことではないし、

一般論」は「幼稚な議論」ではないし、

一般相対性理論」は「特殊相対性理論」よりも難しい。

ごくフラット表現として「一般」という語を使ったつもりでも、

「俺たちを馬鹿にしている」と受け取られて大炎上するのだから

これはあまりにも恐ろしい「日本語の変化」だと思うのだが、

そのあたりのことを研究している国語学者はいないのだろうか。

2016-05-03

anond:20160503214553

後藤さんはおそらく、池上さんの取材のコーディネーターやってた。

大手メディア所属していないが現地に圧倒的な強さを持つジャーナリストが、

取材網の貧弱な民放テレビ局ルートのない有名なキャスターとかの取材サポートしてお金をもらうのはよくある話。

NHK時代海外とは縁なさそうな経歴だしね。

それこそ、まさに池上さん自身独自ルートを持ってない証左だろうと思うよ。

それでも、現地にいくだけ、

よくわからん民放キャスターもどきよりずっとましではあるが。


池上彰宗教だの歴史だのの本に見られるレベルは、

大学受験か、せいぜい大学一般教養範囲をでるものではない

まあ、大多数の凡人は、学校で習ったことな右から左に忘れちゃうんだから

それを常に維持してブラッシュアップしているのは凄いと思うけどね。

でも本当の「底知れぬ教養」というのは、あのレベルではない。

2016-05-02

池上彰レベルになる方法

多分、その気になれば、そこまで難しいことではないと思う。

以下、列挙していく。



高校までの社会科(地歴・公民科)の教科書をもう一度読み直す

社会日本史世界史」とか思っていては論外。

案外、政治・経済倫理教科書は、基礎的な教養の宝庫。




全国紙産経を除く)を毎日よむ習慣をつける

電子版は構わないが、ネットニュースは不可。

ネットリアルタイムトップに来る項目が変わるため、「その瞬間」のニュースに惑わされる。

それより、「昨日一日何が起こったのか」をまとめられたものを読んだほうが良い。

リアルタイム性にこだわるより、きちっと、毎日何が起こったのかを、把握するほうが良いし、

そこまで「瞬時にニュースを知らなければならない必要は、あんまりない。株取引とかやってなければ。

あと、何をトップに持ってきて、見出しをどの大きさにするのかは、新聞社ニュース価値判断を示しているので、

蔑ろにすべきではない。

産経は、思想や主義主張以前のレベルで、誤報事実誤認が多いので(他紙に全くないわけではないが、産経よりまし)

まりお勧めしない。

読売朝日」、「日経毎日」とか、傾向の違う新聞を併読すると尚可。

とくにビジネス方面に強くなりたければ、当然、日経がメインになる。




3 より詳しく知りたいことは、書籍でチェック

とりあえず、岩波とか中公、講談社現代新書レベルで十分。

それぞれのジャンル入門書や、最近話題トピックについての概説書が毎月出ているわけだから

うまく活用すべし。

池上氏が選挙特番でお得意とする「創価学会ネタ」なんかも、十分新書レベルで手に入る。

で、ちゃんとした著書のちゃんとした書籍ならば、参考/引用図書とかでてるからさらに深堀りしたければ、

そこから入るのが近道。




4 大きな事件が起こった後の「Nスぺ」はチェックする

とりあえず、自然災害からテロ科学上の大発見まで、大きなトピックはたいていNHKスペシャルで「最新報告」をしてくれる。

受信料に対する怒りが軽減される。



5 ネットあくまで参考程度およびソースにあたるためのツールとして使う。

ネット情報玉石混交なのは今更いうまでもないが、けっこう使えるのは、「議事録」とか「発表資料」とか

記者会見映像」とか、その他、いろいろな「原典」に直接当たれるのが、最大の強み。




多分、これくらいのことを継続していけば、

あなたの周りの直径100メートルくらいの範囲で、

「あの人、いろんなこと知ってるねえ、池上さんみたいだねえ」と尊敬される程度の知識は身につくと思う。

ただし、これはあくまインプット方法なので、アウトプットの仕方を間違えると

ただのウザい人になりかねないが。




池上彰という人は、抜きんでた専門分野もないし、

ジャーナリストとしても、ものすごいスクープをとったことがあるとか、そういう実力はないと思うけれど、

情報を取捨選択してわかりやすく伝える能力と、選挙特番に見られるような、瞬時に判断して的確に質問する力がハンパないと思う。


残念ながら、こういうアウトプット能力の磨き方は、うまくまとめられないので、

どこかの増田さん、まとめてくれないだろうか?

腰巻きビル橋下徹なことに気付かないはてな左翼たち

教養ある先人らが遺した粋な建築物価値が分からない新人類以降の無教養大卒らが、

物理的に建物が残っていればいいだろうという短絡思考のもと、あちこちで重要建築物破壊している。

腰巻きビルに美しさを見出ししまセンスは、浮気相手客室乗務員コスプレをさせる橋下徹と同質のものだ。

 

腰巻きビル支持者は橋下徹も支持しろ。俺らに近寄るな。文化に命を張れるのが左翼の条件だ。

2016-05-01

池上彰上から目線で見てる人って何者なの?

煽りとかじゃなくてどんな人か興味あるんだけど

学者とかなのかな

池上彰より教養あるって日本トップレベルだと思うんだけど

ぜひその人に教養を語ってほしい

マルクスキリスト一国二制度パレスチナリフレ55年体制一人っ子政策立憲主義報道の自由

なんでもいいから語ってほしい

できれば池上彰並みに端的に

2016-04-23

教養を身につけるための読書オススメ


という話をネットで先ほどみた。大学生向けの話でネタかどうかはちょっとアレだったが、出てくるトピックなどは初学者向けのそれだなというのはよく分かった。

が、こんな事を偉そうに書いているが、自分教養という意味での読書は随分とご無沙汰してしまっている。

最大の理由読書自分にとって学習という問題解決の手段になったからで、相当気合を入れて原著を読むので疲れるのと、読書をしつつ議論レポートを出せるような先生と今は理由があって離れてしまったことが大きい。

この疲れるのも、その後に先生議論や話し合いが出来る事が楽しみで、プロ研究者から見て本から読み取ること、学習に何を望まれいるかを知ることが一番楽しかったのだ。


この学びの再体験が、様々な人生事由によって今は出来ないのが口惜しいが、いつかはまたこの喜びに返れればと努力している。

http://anond.hatelabo.jp/20160423184004

趣味読書、良い気がするけど、面接官に教養が無ければ理解できないんだから意味がない。

そもそも、履歴書趣味欄なんて必要ない気がする。

プライベート仕事に何の関係があるんだって話。

DV受けている人間が身近に居るがもう狂ってる

利害が一致したか結婚したと言われる→嫁の方が夫を好きで結婚したので黙ってる

1回も性行為してない→体外受精妊娠出産

つかれて帰って来てお前の顔を見たく無いと言われる→出迎えもお帰りも言わなくなった

お前との子供なんて欲しく無かったと言われる→子供の気配を感じさせないように生活

夫の誕生日→2万振り込む、友人達誕生会を頼み金だけ出すが自分は参加しない

ころしたいと言われる→世間体が悪く子供迷惑になるので山でこして埋めて欲しいと言う

殴られる、蹴られる→柔道していたせいか怪我はしないが無抵抗

食事→夫が帰って来る前に子供に食べさせ夫の食事は毎食冷蔵庫に入れている

子供が巣立ってから→出来るだけ顔を合わせて不快感を与えないように、夫が仕事に行ってから帰宅家事をして帰って来た頃個人の家に帰る

子供誕生日→夫は知らない、覚えて無い

嫁の誕生日→夫と3日違いなので知ってはいるらしいが何も起きない

子供の態度→子供が家自体では無く自分達の部屋をお家だと思っている、父親に運悪く捕まったらお家に帰るから許してと謝る

夫が病気になって入院自分に会うのは嫌だろうと散歩時間荷物を交換して顔を合わせずに帰る気遣い

子供への父親の態度→暴力暴言は無いが大体は居ないものとして扱われる。母親のみが親。



うちの両親の事なんだよな。

ちなみに長男が15歳の時、両親が45歳の時に自分も含めて兄妹全員親戚の養子に行った。

母親とはたまに会うが父親とは会わない。

まれから父親と3回くらいしか会話してないしな。



母親の親関係仕事契約結婚し、浮気離婚は出来ない契約らしくてそれが母親に満足感を与えているようだ。

多分父親死ぬ時も母親善意絶対に会いに行かないんだろう。

監視カメラが家についていてそこから母親父親を見ている異常な家だった、というか善意で会わない。



父親は一人寂しく余生を過ごして欠片でも後悔して不幸だと思って欲しい。

後悔して欠片でも悲しく寂しいと思ってくれたら嬉しい。




綺麗で性格も良い、家柄も良くて教養も有る母親だが、相手に期待しない性格が極まっていたのが不幸の原因だと思うんだ。

恋愛は惚れた方が負けってのを見せつけられ過ぎて自分は一生結婚しないと思う。

2016-04-21

ネットモラル低下はやっぱり低年齢化が問題だった

googleマップとある地点のレビューに、☆1という最低評価が付いている。

私も伺ったことがあるが、注意点はあるものの概ね良い評価を述べることができる場所だ。

現に不自然な☆1評価以外を見ると、しっかりとしたコメントとともにまあまあ平均以上の評価が付けられている。

その☆1評価には、短くコメントが付けられていた。

「まだ行ったことがないから

評価をつけるに値しない人間評価をしているという事がここでわかった。この人間は、訪れたことがないのに評価をつけているのだ。

そして、自分体験にない=評価なし=☆1だと判断しているのだった。

さて、このレビュアーだが、少ないながらも他に評価を残している。

先に断っておくが、こういったレビューレーティングは、一般的に誰でも利用できる施設商店に対して評価をするもので、公に開かれていない場所に対して評価をすることは事実上意味が無い。

企業クローズド社員食堂評価など需要が無い上に個人情報漏洩に繋がるのだ。

話は戻り、この不自然な低評価をつけたレビュアーの他の投稿を見ると、小学校評価をつけていた。☆5の最高評価と共に、ご丁寧に「楽しいよ♪」というコメント付きだった。

前述の(言っては角が立つが)無教養な振る舞いとこの小学校への評価コメント鑑みるに、無自覚小学生レーティング荒らしているのだ。

ネットの低年齢化は盛んに取り沙汰されてきたが、コミュニティを越えて開かれた場所に現れたのを見て恐ろしくなった。子供には社会常識モラルも通用しない。

パブリックサービス年齢制限必要になる時代がやって来たのだと実感した。

2016-04-14

オピニオンブロガー全体を批判すべきなのでは

http://anond.hatelabo.jp/20160414171615

 

http://www.yutorism.jp/entry/2015/10/18/114012

面白くないブログが駄目だと言うなら、それは互助会に限らず、

上のランキングに乗っているようなブログもほぼ全て駄目なのではないか。

人気サードブロガー互助会ブロガー記事に質の違いがあるのだろうか。

俺にはどれも同じにしか見えないのだが。

 

互助会ブロガーサードブロガーは共に、専門分野を持たず、価値観しか売りがない

オピニオンブロガーという点で共通している。

ホットエントリへの言及アクセスを稼いでいる禿鷹ブロガーらがこぞって

互助会を叩いているのがいい例だが、意識高い系互助会を叩く人々は、

それらと同類のオピニオンブロガーである場合が非常に多い。

一方で、創作者や専門家互助会問題に口を出しているのを俺はほとんど見たことが無い。

 

俺にとってはてな周辺で面白い記事を書く人と言えば、sukebeningenやuk_dataなど、

極一部の教養人だ。その他にも専門分野系のブロガーをけっこう見ているが、

彼らの多くは読者数が30未満で、基本的ホットエントリとは縁が無い。

読者数ブクマ数は大衆性の目安であり、それらが多いほど大衆的でつまらないと思う。

人気ブロガーはつまらないのだ。

サードブロガーらが記事の質を根拠互助会ブロガーを叩いている状況はとても滑稽に映る。

ここまで自分が見えないものなのか、と。

 

 

余談だが、先日あるオピニオンブロガーの「おすすめSF小説25作を紹介」という記事

ホットエントリになっていた。俺はそのブロガーのことをずっとつまらないと思っていたが、

正直かなり見直した。それで期待しながら記事を開いたところ、小説というのは俺の空目で、

正しいタイトルは「おすすめSF映画25作を紹介」だった。

まあおすすめSF小説25選なんて記事をオピニオンブロガーが書けるはずないよな。

自民党赤枝氏「キャバクラへ」発言←誰か翻訳して

問題発言はさておき、赤枝氏が話していることがよく分からない。誰か翻訳して。

ということ?


 

 

 

 

  • ですから中学までの義務教育をしっかりとですね、命がけで我々国がですね、やって、進級させない、落第もあり、卒業試験やるという風にきちんとやればですね、社会で通用するんですよ。
  • そこまで国は責任を持ってやって、後はもう本人が社会ですから。もう。高校行く、それはもう立派に働く人、色んな人いるわけで社会ですから、そこになったらもう後は自立する支援だけですよ。必要なのは
  • 本当にそういうところはですね、義務教育をとにかく、これからもう本当に厳しくですね、