「人材」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人材とは

2016-05-25

はてな2ちゃんねるの違い

2ch……感覚的に話して空気が先導できでばいい。整合性は重視されず空気だけでやり取りさせる。煽りは不鮮明でどうとでも取れる形式が多く、どう答えても不利になるものが多い。こうして詐欺師タイプ跋扈する。かつては光る人材もいたが基本的馬鹿の集まり



はてな……真っ向からソース整合性を求めてバトルする。いささか偏狭で主義が傾くことも多く、一度傾くとそれはそれで空気形成され論理が介入できなくなる。介入してもメジャー定説により潰される。感覚的なことも論理的に解しようとするためポップカルチャー芸術分野にも口幅ったく鬱陶しい。突き抜けた人がいない。



http://anond.hatelabo.jp/20160525202123

増田を読んで「そうか勉強すればいいんだ!」なんて思ったようなやつが

世界トップレベル人材になるって?

まじで大丈夫か?

http://anond.hatelabo.jp/20160525155442

逆だ逆。「半端に修学しただけの人材」はコモディティ化の世の中において熾烈な価格競争の波に晒されるんだよ。

何かに特化してたりしない無印人材なら、それこそ「中国人雇ったほうがいい」ってバランス国内ですら傾きつつあるんだ。

日本中国人就労ビザをなかなか出さない方だけど、中国人自体就労ビザを取得できるくらいに日本語も専門技術学力も身につけつつあるんだ。

ここ数年、中国経済的に発展してきたからね。

から日本人日本での立ち回りで「ちょっと勉強する」だけだとそりゃマクドナルドが如き社会歯車しかなれなくて、それって「勉強しないよりお得だったか?」って状態に陥ることは目に見えてるんだよ。

勉強自体否定しない。だが、今は漠然勉強っていうんじゃなくてジャンルを絞っていわないと自分にも相手にも不幸にしかならん。

日本で「プログラミング子供に覚えさせればなんやかんや」っていうのにもダメ未来しか見えないだろ? つまりそういうこっちゃ。

http://anond.hatelabo.jp/20160525154332

中国人日本で頭のよいとされる人物、それと同じくらい頭のいい人間がウチには10倍いますちょっと勉強したくらいでウチの人材に追いつけると思いますか?」

昔と比べると

昔のネットと今のネットを比べたら、昔の知らん一般人喧嘩や慣れ合いから今は学者政治家ネットバトルしてくれる時代になったし良い時代だなぁ。

母数が増えたか玉石混交だけど、玉も十分増えたし。

面白い人材も良質な情報も増えまくってる。

一般人からも次々と考えの及ばないようなキチガイが輩出されて面白い揉め事を起こしてる。

良い時代だよなぁ、昔と比べると。

2016-05-24

昔のことであるが、学生時代就職活動をしていて、A社から内定をもらった。

自分としてはA社に就職することにして、就職活動も止めた。

A社にはその旨告げたが、A社は「学校から推薦状を貰って来てください」と言ってきた。

推薦状と言うのは本来会社に対して「御社が第一志望です」という意志を表すことで、会社としても「そういうことなら」と好意的面接するものである

そこで会社から内定を出せば、学生としても内定辞退しづらい(というか第一志望なんだから辞退するわけない)ものである

ところがA社は内定後に推薦状提出を申し出た。

意図はもちろん「内定辞退しません」の保証である

もしそこで推薦状を出さなければ「それって、ウチ以外に行きたい会社があるってこと?」というツッコミは免れない。

理不尽要求と思いつつも、その会社に決めたわけだし、提出した。

ただし、学校からすれば「その推薦状の使い方は不適切である

そして、会社からすれば「そういうことをイケシャシャアとするような学生採用してよいものか?」である

しかし「そうやってお世話になった母校を裏切るような人材は、いつかウチも裏切るのではないか?」とは思わないようだ。

最終的にA社に就職したが、しばらくして転職した。

転職理由はいくつかあるが、その理不尽な推薦状的な文化が大きい。

舛添は辞めるべきか?

公私混同は良くない。当たり前。公人としての自覚があれば、公の金など不用意に使いたくないものだ。

しかしそうでない人も居る。きっと多くいる。個人事業主や、中小企業社長が個人の出費を経費に紛れ込まして節税をするのと同じ感覚で公金を引っ張るバカがいる。

舛添さんが公人として自覚が足り無かっただけの話だ。早々に謝罪反省是正、返金をすればいいだけの話しだった様に思う。もちろん支持率は落ちるし次の選挙は知らない。

辞任や不信任などと言う話でなかったように思う。ホリエモン氏が選挙費用や、どうせ大した人がいないことを理由些細な事だと言っているように、都知事と言う役職からみれば些細な事だとも思う。

しかし結局、圧倒的な公人としての自覚の足りなさが、致命的なのだと思う。謝罪が出来ない。非を認めない。知事であり続けたい。東京都の為、都民の為と言う思いが見えない。

東京都民に対する信念、情熱が微塵も見えないのである

ホリエモンの言う通り、他に人材がいないかもしれない。しか理念が微塵もない政治家は害毒でしかない。

舛添要一東京都知事は、辞めなければならないほど酷いことをしてはいないが、東京都知事に相応しくない人間性が露見した結果、辞めるべきなんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

結局経済界のための人材スクリーニングの場と教養を学ぶ場が同居してるのが良くないんだろうなと思う。

勉強をするために大学に行く、というのは大学本来の姿であって結構なことだと思うんだけど、その資格を持つことが高収入へのパスポートともなってしまう故に、税金が勿体ないだの自慢だの言われてしまうのは至極残念な話だと思う。

民衆の色々な層の中に高度な教養を持つ人が居る、というのは民主主義社会において大変健康的だと思うのだが。

社員教育が辛い

社員教育が辛い。

いま働いている職場は「活躍できる人材創造しよう」というプロジェクトが走っており人事部から色々指示が飛んでくる。

頻度は4ヶ月に1度。5~6個の業務関係あるものや、通常業務外の目標と、達成基準を設定するのだが、これがもう嫌で嫌でしょうがない。

目標設定→リーダーのチェック→再設定→リーダのチェック→マネージャチェック→面談目標確定…

リーダーチェック・マネージャチェックは1発で通ることはほぼなく、自ら立てた目標はすべて書き換えられるといっても過言ではない。

建てられた目標は通常業務ついでに片付けられるものではなく、存在しないスキマ時間対応することになる(なった)。

そうして4ヶ月後、今度は目標が達成できたか評価になる。

目標に対しての自己評価リーダーチェック→自己評価書き直し→マネージャチェック→面談評価決定→再度目標設定(上に戻る)

決定した評価賞与金額へと反映されるのでこの自己評価は手を抜くことができない。まあ、今回は通常業務が忙しくて7割達成できなかったんだけど。

さらには「能力上面接」と題した現場理解のない上司との面談も控えている。

教育プロジェクトを走らせるのはかまわないのだけれど、社員に対して負荷がかかっていることをちゃんと理解してほしい。

2016-05-23

仕事ができないのは誰のせい?

ぼくの部署に、仕事のできない(評価が著しく低い)若手がやってきた。

どこへ行っても無能刻印を押され、とうとううちの部署に回ってきたのだ。


-------------


ぼくは平社員だ。

一方、ぼくの部署部長幹部候補生人材で、部署仕事以外にもいろんな仕事を掛け持っている。

そのいろんな仕事の一つに「新卒採用」があった。

部長新卒採用責任者のような立場で、仕切って仕事していた。

そんな部長が「採用すべき!」と判断した人が、あまりにも仕事ができず、

他の社員迷惑をかけ、たらい回しにされている。


-------------


部長にとって、自分採用した人(=仕事のできない若手)の仕事ぶりを、

やっと自分の目で確かめられるチャンスがやってきた、とぼくは思ったが、

そうではなかった。

若手の指導は、ぼくが見るらしい。


-------------


なぜ、部長自分指導しようとしなかったのか。

増田たちも、

「なんでアイツが採用したやつを俺が面倒見なきゃいけねえんだよ!」

って思うこと、ありますか?

京大専業主婦もったいないという話題についてだが、

京大という学校教育機関として評価した場合、下から数えたほうが早いのではないかとすら思われるダメ学校なので、

あそこを卒業した人材が何の仕事をしようがもったいないなどということははなくて、

どちらかと言うと将来有望高校生あんダメ教育機関に大量に入学してしまうのが実にもったいないと思う。

もったいない人間かどうかに学歴教育費なんて関係ないだろ

問題は個人の能力とそれを活かす気概があるかどうかだけ。

どんなに良い大学を出ても無能は当然いるわけで。

どんなに能力があっても、なんの気概もなく生きている人間もいる。

件のブログ主女性能力があるのかないのか知らないけど、少なくとも気概は感じられない。

その時点で、惜しまれるべき人材ではすでに無くなっているのだろう。

東大京大だけで1年に5000人以上が社会に出る。

その他国立大学や有名私立大学を加えれば、何万人も人材がいる。

そんな中のただの一個人にすぎないんだから、ほっとけよ。

社会科教師存在意義はない 動画代用できる

どうせ予備校に比べたらゴミみたいな授業しか無い

歴史は厳密に言えば積み重ねだが、大学受験でも暗記科目として扱えるレベルから人が教えなくてもいいだろう。

大学まで出て社会科教師になる理由意味不明

よほどの授業を提供できる自信があるのか。

他の暗記科目でも同じことは言えるが…

教師減らして、部活専用の人材でも雇ったら?

2016-05-22

社会学者古市さんが叩かれる理由がまったく分からない

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23488282




社会学者古市さんが叩かれる理由がまったく分からない。

彼は社会学者としての立場から法律改憲論者と論壇で登って答弁しているわけだが、オレには佐藤氏と古市さんとの間で話がまったくかみ合っていないように思える。


正直、この佐藤という人を含め、古市さんを叩いてる人にはマーケット感覚がないんじゃないか?と思うんだが、具体的にどうやってそれを示したらいいのか見えてこない。

山本みずき氏との論壇でも同様だと思う。山本みずき氏にはマーケット感覚がない。一方で古市氏にはマーケット感覚がある。

議論レベルがかみ合ってない。山本氏佐藤氏も、社会の泥臭い面や言葉通りにいかない部分が見えてない。古市氏の方が社会を間接的に知る手段豊富で信頼できると思うんだが

同じように思ってる人はいないのかな。。。

一応個人的に考えてみた内容をまとめてみたので、知見のある方々の指摘や修正がほしい。

是非論駁してみてくれ。





両者の経歴から考察

個人的思考なんだが、『佐藤氏』と『古市氏』のバックヤードに目を向けてみた。

ソースwikipediaくらいしか簡単に示せるものはなく、佐藤氏のことはオレはほとんど知らないので、あまり知ったようなことは言えないんだが・・・

佐藤氏』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5%E5%BF%97#.E7.B5.8C.E6.AD.B4.E3.83.BB.E4.BA.BA.E7.89.A9

古市氏』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%B8%82%E6%86%B2%E5%AF%BF





古市氏の背景は〝環境情報科学〟。人脈のほとんどは起業家、および新時代財界人






佐藤氏の両親は政治学者弁護士。つまり歴史と法に重きを置く典型的法学部タイプ日本法治国家資本主義として成功した社会主義タイプなので、佐藤氏は典型的右派保守的タイプ

一方で古市氏は環境情報から社会学へと転向した。つまりバックヤードとなる知識や感性科学者タイプ

ゆえに、古市氏の論じる分野には必ず〝マーケット〟がある。お金と結びついて物事を考える発言がきちんと身についている。またそこに時価がある。

ここで勘違いしてはいけないのは〝経済〟や〝金融〟ではない、ということだ。要するに〝政治色〟が薄い。よく言えば庶民的。別の言い方をすると〝資本主義的〟。

また彼は友人に起業家を持っており、堀江貴文を含め、財界との繫がりも多い。ほりえもんちゃんねるなどにもよく登場する。

これを〝強い者に擦り寄る〟と表現するものもいるが、そのあたりの〝評価〟は置いておいて、マーケット感覚を得られる環境にいることは間違いない。

http://blogos.com/article/154867/

例えばここで古市氏は『すき家企業社会にもたらした社会福祉ひとつ』と述べたことで叩かれているが、なにが間違っているのだろう?と思う。

マイクロソフトをはじめとする新時代新興企業の多くは、既存制度を上手に利用して新しい形の報酬従業員に還付している。

(※その代わり徹底的に税金を逃れている! ←善し悪しは置いておいて、事実そうである

どの国に所属しているかよりも、どの会社所属してその会社が与える福利厚生を受けられるか

ストックオプション行使できるか、金融資産を持てるかどうかが豊かさへと直結する時代になったのに、いったい何故古市氏の述べていることが的外れなのだろうか?

シリコンバレーでは福利厚生提供するサービスを行っている会社がYコンビネータ出身者によって起業されている。

ケータリングサービスタクシーチケット、社宅システムなど、上げればきりがないと思うのだが・・・



http://asread.info/archives/722

日本自衛権があることを古市氏は知らなかったと述べているが、これもある意味で間違っていないと思う。

実際のところ、実質的自衛権行使できなかったことには違いない。

 ・ミサイルを発射されながらもそれを撃墜できるのは日本駐在している二機の米軍潜水艦のみであること。

 ・敵国が領空侵犯をしても命令がなければ撃墜できない。引いては物理的に〝敵飛行機を押す〟という意味不明対処しかできない

これらの現行法脆弱さをどれだけ学者やSEALsは理解してるのだろうか?


http://trafficnews.jp/post/46566/3/



自衛権は認められているが、〝実質的に言って認められていない〟ことと一緒。

であるにも関わらず、古市氏が『日本自衛権って認められてるんだ…』という発言を〝知識がない〟〝教養が無い〟と評価する論調はいかがなものか。





佐藤氏の背景は〝法学政治






一方で佐藤氏にはマーケット感覚が無いといえる理由はここにある。つまり法律政治に関する学問を背景にしているところに問題がある。

この手の人間がやっかいなのは、やたらと知識や雑学は多く言葉言葉を返すのは上手いのだが、思考回路に多くの前提条件や知識条件が抜け落ちていることが多い。

言ってしまえばマリー・アントワネットタイプだ。






法学政治に強い人は〝市場の時価〟という観点が抜け落ちていることが問題






古市氏の発言法学政治に強い識者から叩かれやすいのは何故だろうか。

それは叩く者たちが〝歴史の変遷〟が、実は〝市場の変遷〟であること、をよく分かっていないからだ。

市場経済はより自然科学的だ。お金政治法律によって生まれたわけではない。自然に発生して、それが整備されて整えられた。実は人類進化の果てに手に入れた概念だ。

軍事力経済力のふたつは大国の力を現す両輪と考えられるが、実は歴史を手繰ると三番目の車輪があったことが分かる。その名も〝宗教〟。

そして現在過去も、急速に力を落としている車輪でもある。






歴史軍事力 ⇒ 経済力へと力が変遷している






鎌倉幕府の台頭に現れているように、歴史的に見ると既にこの頃から宗教の力は徐々に衰えを見せており、政治軍事力の二つが世界を動かしていたと言える。

表の世界での政治ほとんどが宗教と密接に関わっており、もっぱらここが市民政治の大きな接点であったと言える。

一方で軍事力実質的世界の掌握と統治を行う役割を担っていた。

少なくとも、日本においては明治維新サムライ不要となるまではそうだったのだ。

しか第一次世界大戦第二次世界大戦代表されるように、軍事政権は失敗を迎えた。

正しい仕方で行使されなかった軍事政権は、共産主義社会主義を生み出したからだ。

一方で米国のような市場経済を中心として発展した国は一定成功を収めた。士・農・工・商のうち、最後に勝ったのは商人というわけだ。





市場の時価〟と経済ルールを決める時代が到来しつつある。







マーケットは〝国の力が弱まりつつある〟ことを明らかにしつつある。既に鎌倉幕府時代から政府が持つ立法の力は軍事力経済力のどちらかを担保にしており、宗教アイドルでありスケープゴートであったに過ぎない。

そして過去〝政(まつりごと)=宗教〟が中心だった国家は、現在政治の中心を〝経済〟へと移している。

軍事政権実質的な掌握を行っていた政治は、現在では財界実質的な掌握を行う社会へと変化した。そしてそれは加速していく。

実際、国が提供する福祉よりも企業従業員提供する福祉の方が優れている場合が多い。しかマーケットに従った結果なので、相応の人材を兼ね備えており、無駄が無い。

パナマ文書にも代表されるように、国家の枠組みを超えた企業にとっては国境など存在しないも同然。

スターウォーズ通商連合のように、もはや国とは独立した別の政治形態と言って差し支えない。

戦後70年の間で形成されてきた常識などいくらでも覆る。今後の歴史は大転換を迎えると考えてまず間違いない。

その意味では、いまだに全時代的な歴史踏襲と繰り返し論議を重ねる、マーケット論の無き法学者政治学者が出る幕は実質的に言って存在しない。

宗教がその存在を弱めたように、政治もまた本質思想であり宗教であるから、その実質である軍事力経済力のいずれかに依存せざるを得ず、結果として時代に取り残される。

軍事力の台頭は世論が許さないだろうし、世界もそれを望んでいない。よって、これから重要になるのは、〝個人がどの市場経済所属しているかである




法学者政治学者歴史学者〟ではなく、必要なのは科学者〟と〝金融専門家〟であり、追うべきなのは経済史〟





世界を牽引してきたのは技術革新と金融だ。宗教を背景にした政治ストーリーを創り出す力があったが、現代ではその力は失われている。

闇雲に政治を追いかけても歴史を追いかけても真実は見えてこない。

必要なのは産業界歴史を追いかけること。経済史の発展と衰退の繰り返しの中に答えがある。

古市氏がどういう器なのかは知らないが、少なくとも歴史と現状を比較して将来を占う上で非常に恵まれ立場にいることは間違いない。

彼は川上の最新情報アクセスできることが可能で、新時代リテラシーも十分持っている。

法学者歴史学者も、企業の間接部門しかない。プロフィット部門ではない存在の者たちがとやかく言う論壇や議論意味はない。

その点は古市氏も同様だが、彼は自分立場弱者であることを自覚している分、市場に対する的確な論壇を展開できる下地がある。

叩かれるのがその証拠だ。叩いてる奴らのほとんどはマリアントワネットばかりなのだから、叩かれている姿を見てむしろ安心すべきだ。

2016-05-21

パナマ文書 MXテレビが詳細実名報道

ドクター苫米地によるパナマ文書解説

2016年5月12日にMXテレビ番組「今夜は寝れ9!!ナイン」で放送された

ドクター苫米地パナマ文書解説話題になっている。

  

動画パナマ文書租税回避日本企業名の本当のリスト公開

企業言い訳:ぶった斬る|ひめとあとむのブログ(旧サファイアブログ

http://ameblo.jp/himetoatomu/entry-12162514563.html

5/12 パナマ文書 Dr.苫米地 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Dwu0KrUrHh0

ICSJ記載租税回避日本企業名の
ほんとうのリスト(一部)
電通 バージン諸島経由(スイス銀行口座経由)
東京電力 バージン諸島経由(スイス銀行口座経由)
JAL バージン諸島
住友金属工業 バージン諸島
住友林業 バージン諸島 *
ドワンゴ バージン諸島
NTTドコモ バージン諸島
楽天ストラテジックパートナーズ ケイマン諸島
ライブドア バージン諸島
ソフトバンク バージン諸島
オリックス(ファンド) バージン諸島 モナコ
野村證券 ニウエ(2015年まで国交なしの新興租税回避地)大和証券 バージン諸島
日興証券 バージン諸島
東京海上 ケイマン諸島
日商岩井 バージン諸島
三菱商事 バージン諸島
伊藤忠商事 バージン諸島
丸紅 ラブアン(マレーシア租税回避地)
豊田通商 バージン諸島
大日本印刷 ケイマン諸島
日本製紙 ケイマン諸島
商船三井 バージン諸島
バンダイ バージン諸島 ケイマン諸島
ドリームインキュベータ ケイマン諸島
セコム バージン諸島
東洋エンジニアリング バージン諸島
JAFCO(野村證券ベンチャーキャプタル) バージン諸島 ケイマン諸島
ファストリテイリング シンガポール
JX バージン諸島 

 

今後出て来そうな記載者の言い訳
  
1「ビジネスのためで租税回避目的ではない」
租税回避目的以外で租税回避地は使われない
2 「投資先の依頼で」
投資先の租税回避に協力、
更に自身租税回避言い訳にならない。
3「損したか租税回避ではない」
国内課税対象の元本の租税回避であり、
投資後のゲインの話ではない。
租税回避への投資のものが税逃れ行為
4「租税回避地として認識していなかった」
契約書に登記地明記。プロとしてありえない。
5「金額が小さい」
→大小の話ではなく
国民の当り前の義務回避したということ。
6「政治家ではないか節税問題ではない」
節税ではなく脱税政治家でなくても犯罪
7「みんなでやっている」
子供論理

  *5/19 放送で 野村証券住友林業文書記載されてる企業とは関係ない、との訂正放送あり

 

認知科学ドクター苫米地

 

彼の発言について言うべきことはない。

彼が番組で言っていた事実は、本来

放送局報道部門やジャーナリストが、

ストレートニュースとして報道すべきことであり、

それ以上でも以下でもない。

「今後出て来そうな記載者の言い訳」も

別に彼ではなく、別な誰かが言ってもよい

ごくあたりまえの常識にすぎない。

 

放送局にはドクター苫米地のような

エキセントリック人材を使う必要性があったのだろうが

誰が語ろうとも、事実事実だ。

ちなみに、MXテレビは、ドクター苫米地

番組でトークを始めたとき

独自ルートから他局では話せない様々なスクープ解説する天才

というテロップを出していた。

番組への抗議をあらかじめ抑止するための予防線であり、

苫米地が語ったことを苫米地個人の責任とするための「配慮」だろう。

小賢しい責任逃れとテレビ局批判することもできようが、

巨悪と戦うためには知恵も必要だ。

 

MXテレビの訂正放送について

訂正されていない企業の住所は、

パナマ文書所在地完全に一致していて、かつ、

他の同所在地企業存在確認できない。

から完全にクロ。

指摘された企業言い逃れができない状態だった。

だが訂正二社は、パナマ文書所在地複数登記法人があり

訂正二社だけがクロ判定できない、グレーゾーン状態だった。

それをMXテレビは、誰かからの抗議を受けて

関係ない」と訂正してしてしまった、という経緯のようだが

実際のところはよくわからない。

 

グレーゾーンなら、訂正するとき

野村証券住友林業の二社以外にも、

同地には○○会社と▽▽会社存在しております

以上が事実であり、訂正させていただきます

と、MXテレビ報道すれば良かったし、

裁判で訴えられても受けて立てばよかった。

関係ない」と言ってしまったのはテレビ局として譲歩しすぎだが

「訂正放送」は放送局に課された法律上義務で、

安倍内閣キツネ目の総務大臣は「局の認可取り消しもあり得る」などと

比例原則無視した発言をしているので

今後の報道を考えて安全策をとったのかもしれない。

MXテレビとそれ以外の局を区別することの重要

竹下雅敏は苫米地のトークに感化されてか

日本マスメディアいかコントロールされているかがよくわかります」と、

したり顏で書いている。たしかにそういう側面はある。だが、

番組苫米地を出演させパナマ文書の詳細を語らせたのは

東京メトロポリタンテレビジョンだという事実事実として

そこはしっかりと冷静に見ておく必要がある。

マスコミの中にも温度差はあり、今も昔も一枚岩ではない。

 

ちなみにMXテレビについていえば、

取引先には電通が含まれる他、

MXテレビ主要株主には三菱商事がいて、

MXテレビ大株主エフエム東京大株主には

大日本印刷が含まれている。

いずれもパナマ文書でクロ判定が下っている日本企業だ。

そういう意味でMXテレビは、

身内の疑惑を堂々と暴露したわけだ。

 

別にMXテレビは偉いわけではない

だが報道とは本来そういうもので、なにか抗議があれば

報道の個々の内容に経営が口をさしはさむべきではないと考えております

それが放送局として守るべき中立であると考えております」と

局の責任者がきっぱり言えばよいだけのこと。

 

そういう意味で、MXテレビ

ほめられるような偉いことをしたのではなく

あたりまえのことをしただけとも言える。

ジャーナリストとして普通のことだ。

普通のことを普通に伝えた。ただそれだけだ。

オマケ

苫米地英人日本富豪400人の名前が明かされたパナマ文書

https://www.youtube.com/watch?v=1Hd8w7RcnNo

 

彼は日本人というより「地球人」と呼ぶべきかもしれないなあ。

 

2016-05-20

文系大卒って英数できなければ、高卒と大差ない

と思う。4年間無駄にしているだけ。

大学勉強仕事に直結しない普通の人の場合の話



大学受験勉強で得た歴史古文の知識も

金を稼ぐための勉強に直結しないか中学レベルで十分。

話で役立つとか言うけど、

働き始めてやり直し世界史日本史をする奴が何%いるのか。

あいつは世界史選択から日本史の知識が疎い、とかいう会話なんてあるのか。

ないんだから結局不要なんだろう。

必要職業のやつだけ勉強すればいい。



数学ができたら、データサイエンティスト的な仕事にも就ける可能性が高まる

英語ができたら、人材不足中小企業なんて結構欲しがる会社も多いだろう。



人材採用場合も極論すると、文系高学歴=英数の力が担保されているという目安にしかならないんじゃないだろうか。

国内営業なんて、SPIがある程度取れたら低学歴でも問題ないのではないか

2016-05-19

就活で嘘がうまくなった

会社とのマッチングがどうこう言った口で、会社が求める人材を演じろと言われる社会

しかたがないね

2016-05-17

笑点レギュラー予想

司会は円楽(6代目)でほぼ決まりでしょう。

問題円楽が抜けたあとの回答者枠。

歌丸が司会になったときは、同じ落語芸術協会昇太が後釜に座ったように、

円楽が抜けた後は円楽一門会から選ばれるが筋。

ですが、今の円楽一門会には笑点レギュラーを担える人材がいない。

唯一可能性があるのが番組アシスタントを務める愛楽だが、小粒感はいなめない。

そこで落語立川流の出番。

もともと笑点談志がはじめたもの

実際、志の輔の司会就任等も噂されている。

そんな落語立川流の中から選ぶとなると

笑点Jr.メンバーとして活躍したことのある

晴の輔と生志あたりが候補となりそうだ。

二人とも実力はたしかテレビ露出も増えている。

晴の輔だと少し若すぎる。

他のレギュラーと並んだときバランスが良いのは生志か。

デブキャラも使える。

さらに生志は木久扇の息子である木久蔵と相性が良く

笑点Jr.メンバー時代はその掛け合いに定評があった。

いまでも二人会を開くなど仲が良い。

年齢的には早晩引退をすることになる木久扇

実は木久扇が司会辞退の見返りに息子の次期レギュラー入りを

確約させたという噂もまことしやかに語られている。

来月には立川生志が後楽園ホール座布団の上に座っているのではないだろうか。

2016-05-16

給料って需要供給で決まるんじゃないの?

 保育士介護士・研究者技術者あたりの職業待遇の低さや、日本人は高いサービス水準を当たり前のように享受して正当な対価を払わない、といった話が話題になるたびに違和感を覚える。モノの値段は常に需要供給バランスで決まっている。給料が低いと嘆いている人間は、それが「同じ給料で同じ付加価値提供できる人間ごまんと有り余っていること」を意味するという現実に向き合うべきではないか。端的に言えば、「あなたをクビにしても同じ金で働いてくれる代わりはいくらでもいますよ」という宣告をされているに等しいということだ。制度の不備に不満をぶつけても現実は変わらない。自分給料を上げるためには、競争に勝ち抜き、少しでも上に這い上がる努力をすべきだ。そのためには、差別化必要だ。他人にまねできないスキル技術信頼関係を築き、交換不可能人材となり、そのような人材を求める高級な需要を見つけてきて、それに応えるための努力をすべきなのではないだろうか。

 それでもなお、制度おかしい、全体の底上げ必要だ、という結論になるのであれば、集団ストライキするしかない。給料需要供給で決まっている。低い給料でも働く気のある人間を、一人残らずこの世から駆逐しない限り、現状は変えられないだろう。ヨーロッパ物価の高い国のような状態を目指すためには、一人一人の心の根底にある、奴隷根性を叩き直すところから始めなければならない。

 そうした社会を目指していくなかで、必ずやらなければならないことがもう一つある。需要供給釣り合っていない歪んだ状況の存在肯定し続けている、働かない高給オジサンを一匹残らずこの世から消し去ることだ。それが同一労働同一賃金概念が目指す理想の世界のはずだ。

LGBT日本大企業では出世できない(バイ例外)

多様性とか言ってるけど、LGBT日本大企業では出世できない。(バイ例外)

課長ぐらいにはなれるかもしれないが、部長役員は無理。

何故ならば日本大企業では男女に求められていることが違うから

男は結婚して子どもを作って住宅ローンを組んで会社奉公することが求められている。

配偶者子どもも家も会社を辞めないための担保

担保を供出して会社への忠誠を誓った男だけが出世できる。

女は男と結婚して寿退社して、男を支えることがその求められている。

-----------------

以上、男女に求められている役割考慮した上で、LGBTに当てはめてみる。

女性から男の配偶者候補として採用されているにも関わらず、結婚しないため会社の求める人材ではない。アウト。

配偶者子どもマイホーム担保「3点セット」を供出できないためアウト。

男はカミングアウトせずに、結婚子どもマイホームまで担保を出せば出世できる可能性有り。

女は無条件に無い。

FtMMtFのどちらにしても、「子どもを作る」ということが出来ないので無理。

http://anond.hatelabo.jp/20160516004118

いないし、やめないでほしい一択

選挙しなおすの金かかる上によりクソな人材しかいない

2016-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20160515184921

よく判るよ

世の中人比率年寄りばっかり多くて若者向けのサービスが欠落してるってのはよく判る

でも年金いっぱいもらってて金持ってるような黙ってても充実した老後を送ってる年寄りシルバー人材とは無縁だろうし、それとこれとは別問題だよ

年寄りだけじゃなくて、貧困にある若い人にもなにかしらそういうのができたらいいよね

税金無駄遣い

俺は市役所に勤めてる平の公務員

うちの市役所には市長への投書箱みたいなのがあって、そこには「ばーーーかwww」とかそういう便所のらくがきみたいなやつから、真面目な話、窓口のクレームまで様々なご意見がつまっている

それは担当者が全部読んで、原本市長に渡して、担当部署にこういうご意見がありましたっていう回覧にして回す

たとえば年金の窓口の態度が気に入らないって話だったらそこの部長に渡したりね

「まあそうだよな」と思うことから「それは自分勝手すぎるだろ」って意見までいっぱい入ってる

この前、それらを読んでいて悲しくなったのがあった

そのご意見は「シルバー人材の老人たちはまともに仕事ができないのだから税金無駄である」って内容だったんだよね

そもそもシルバー人材って労働力を期待して募るものじゃないだろう

やることがない老人たちに働いてもらうことで活力を得てもらうとか、社会から孤立しないようにコミュニティ提供するとか、そういうのが目的だよね

趣味金も友人もいっぱいいる老人はいいんだよ

定年してから何もすることがなくなってボケてしまうお父さんとか、昔は結構いたらしいじゃないか

そういう老人たちのために、場を作ってあげるのが目的じゃないか

たいていの仕事内容は誰にでもできる軽作業だけど、労働力だけを期待して募集するならそりゃ若い人のほうがいいよ

だけどそういうことじゃないだろう

もしこの内容が「シルバー人材はい労働なのだからもっと給金をあげるべき」とかだったら納得するよ

でもさ、年寄り給料を払うのは税金無駄とかさ、そういうこと言っちゃいけないと思うんだよね

役所仕事って言うのは、民間ではできないことをやることじゃん

図書館だってシルバー人材だってあんなの民間ではできないだろう

から役所税金運営してるんじゃないの?

普段、親以外の老人と接したりしない若い人には判らないのかな

さびしい年寄りっていっぱいいるんだよ

友人も家族もいない老人はだんだんひねくれてきて、世間他人文句ばっかり言って迷惑かけたりするんだよ

そういう人たちの精神的なセーフティネットシルバー人材じゃないのかなあ

そういう場にすら効率を求めて費用対効果計算してしまうのは悲しい事だよね

あのご意見を書いた人はきっと、心にも生活にも余裕がないんだと思った

とにかく悲しくなった

若い人にもそういう心のケアみたいなのができたらいいと思うんだけど、なかなか難しい

http://anond.hatelabo.jp/20160515113436

どっかのWeb製作で一番有名な会社の元取締役が「ジョブスが死んでもアップルは業績は上がってきた」「人に関わらず業績を上げる会社だ」とかいってるけど

あれが死ぬ前にジョブスが構想していたプロジェクトをなぞってきたからであって

要するに宿題をこなしてきたからちゃんと結果出せたってだけなんだよね。

もうジョブスが死んだから新しい宿題もないんだけど。

あと人材が入れ替わっても大丈夫、と言いつつも優秀な人材集めてますから、と同じインタビューの中で何度も繰り返して馬鹿だなあと。

会社の持つシステムに自信があるなら当然人材の質にかかわらず業績を維持できるベースがあるってことなんだが、

しきりにエースが抜けたから次のエースが欲しい、今の新人エースになるのを待つ、って結局マンパワー頼みかよっていう。

というかエースが抜けていくこと自体会社としての欠陥なのに人材大事って意味分からん

2016-05-10

ワトソンTAの話を読んで

派遣会社はそろそろ人材技術を守るために派遣者の権利保護技術提供契約を頑張らないといけなくなったのではないだろうか?

一定期間派遣して技術だけ取られて、それをAIに吸収されてあちこちに売られるようになったら、どう考えてもその派遣会社はつぶれるわけで

提供する技術AI転用しない等の一文を入れるだけで済ませるような案件なんだろうか?