「供給」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 供給とは

2016-08-25

ホテルワンオペ問題

ちょっと企業経営サービス文句が出ると馬鹿の一つ覚えで

「お前ら消費者が安さを求めるから云々」っていうやつが沸くんだけど

ちょっと供給不足ぎみになったらアホみたいに価格を吊り上げるホテル業界が何抜かしてるのという感じ

2016-08-24

アーティスト需要供給経済根本的なことを分かってない

本当にアホすぎと思う。

なら、もっとさな会場でもいいか

どんどんライブやったらいいじゃん、って思う。

なんたら球場とかでかすぎて、人多いし、行くのしんどいわ!

さなところで結構な頻度であるなら

行きたいときにいけるからそっちの方がいいんじゃないの?

で、そうなるとチケット価値が薄まって

転売屋もなくなるだろ。

小さいところで頻繁にやるライブ

いやいやクオリティー下げたくないからとかって、言うんじゃないよ

もう、ドリカムとかユーミンとかアルフィーとかテーマパーク化してるから

なんか、新参者とか行きにくいし、

それなら、小さいところならちょっと行って見れる・聞けるかなってささやかさがいいんじゃん。

福山雅治とか小さなところで横からそっと見たいわ!

デカくやるなら大阪万博会場跡地で6000万人規模のライブでもやったら!

TMレボリューションの人みたいに風が強い日でもライブやったら!

どうしてもデカい規模やりたかったら、WOWOWでもいいやん!

みんなアーティスト規模でかすぎ!!!

バカですか!

オイコノミアでも見てろ!!!

ボケ!!!

2016-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20160823232137

私の元に制服JKが配給されてこないので供給過剰という認識は間違っていると思います

制服JK供給過剰問題

日本クリエイター若者象徴として制服JKを使いすぎだと思う。

五輪閉会式もそうだし、18歳選挙権のPRポスター制服JKばかりで一部識者の顰蹙を買っていた。

そういえば貧困JKうららちゃんも何故か自宅で制服を着ている。

アニメTシャツキモヲタジャージ着たヤンキー女とかも適度に配置してバランスを取るのが政治的正しさってやつじゃないのか。

2016-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20160820234826

給料の良しあしは、時代とともに変わるので教えられないんだよ。

本質的給料は、

そのサービス必要としている人間供給できるお金/そのサービス提供する人の数

で決まるので、供給できるお金が減っても、サービス提供者が増えても給料は減っていく。

2016-08-21

NHKJKあんまり関係ない)

はてな民コンテンツを食い物にして二次ソースとして承認欲求を満たそうとするけど、

コンテンツのものに対するリスペクトがないばかりか、見下して馬鹿にしてると思う。

その態度はちょうど俺様眼鏡にかなうか精査してやるといった程度のもの

一次ソース発生者がそのような態度から離れる、もしくは供給をやめると、

自分たちが原因であることも知らずに延々と苦言を垂れ流す。

決定的な勘違いは何もしない自分たちが何者かであるという錯覚にまみれているというところ。

餌はやらないがエビすらやらないし、むしろ自分が鯛だから一次ソースこそが自分たちに寄せるべきだ、

という高慢ささえ感じるコメントもある。勘違いしたまま加齢した人が多い。

2016-08-18

恋愛を知らなければ馬鹿にされるが学んでも馬鹿にされるのか

やや旧聞に属するが、半年間32万で恋愛の講座についての記事があった。

恋愛したい”けれど…

http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/07/0728.html

これについての反応は概ね、ボッタクリだ、そんなのは学ぶものじゃない、といった否定的ものだったと記憶している。

確かにいくら需要供給が成立し、当人が納得ずくであっても恋愛講座にはやや違和感を覚えるのは理解する。しかし、「普通学生生活」や「普通人生」を歩めなかった者にとってはこれもまた努力の一つのなのだと思う。これを否定する人は、一体彼らに何を教えられるというのか。風俗に行け、合コンに行け、程度のことを言うのであれば大差はない。

恐らく多くの人は自らの才覚のみで、こんな講座とは比べものにならない経験知識を心身豊かな頃に学び、蓄えることができたのだろう。しかし、自分を含めてそんなものとは無縁、いや異世界のできごとと呼んでも差し支えない程に実感を伴えなかった人もいる。

どんな形であれ、自ら動き変わろうとする人を否定するのは哀しい。たとえ無駄になっても、その勇気だけは何かの糧になるのだと思う。

2016-08-17

私は同人即売会の会場限定グッズが好きではありません。

私は同人即売会の会場限定グッズが好きではありません。

私は誰もが自分の好きを好きに表現できる同人文化が好きです。




どうしても、この季節になると思ってしまうことです。




会場限定グッズはその名前の通り、頒布会場でしか手に入ることの出来ないものです。突発的に企画製作されることも少なくなく、

需要に対して十分な供給が達成させられるのはごく稀で、その多くはイベントルールを守らない徹夜組利益目的とした転売組の方々に流れてしまます




この人の作品書店委託でも買うことが出来るけれど、会場限定グッズからな行かなきゃ! と思ってイベントに赴いた一般参加者さんが、

時間も並んだ上で手に入らないというのはとてもとても悲しいことです。(会場限定グッズに限らない話ですが)




ユーザー」が笑顔になれないのは「クリエイター」としてはどのような気持ちになるものでしょうか。

もしも自分ならば、ルール違反した徹夜組作品のものは求めていない転売組の方々の手に自分作品が渡るのは極力避けたい事態です。

可能な限り一人でも多くの「ユーザ-」に笑顔になってもらいたい、そう考えるからです。




けれどこれは思い違いだろうな、とも思います




私は今、「需要」「供給」と言った言葉を使い、作品を作る方を「クリエイター」、一般参加者さんのことを「ユーザー」と呼びました。

これは「同人活動」ではなく「企業活動」に傾いた考えではないか、と客観します。




同人文化はその字のごとく、同じものを好きとする人たちが寄り合って作り上げられた文化です。

そのような関係の中で「需要」「供給」「クリエイター」「ユーザー」という言葉はとても違和感場違いの印象がある言葉です。

会場限定グッズに限らず、同人活動作品提供する側は自費製作である以上、需要だとか供給だとかいったことを考えるのはとても難しいことですし、

しろ、「同人活動」においてただのノイズしかなり得ない要素です。これは「企業活動」の場面で考えるべき要素です。




一方で、どんな作者さんでも、買ってくれようとする人を悲しませたがっている人はいないと思います

どんな作者さんでも、徹夜組転売組に大多数を手に入れてしまうのは、好ましく感じないと思います

その観点に立つと、会場限定グッズというのは存在するべきではないのでは、そして徹夜組転売組を一網打尽にするものでないにせよ、ある程度の効果はあるのでは、と考えてしまます




しかしながら、これは作り手の人に対しても、それを求める人に対しても、彼らの思っていることをないがしろにしたひどく失礼な考えなのではないかとも思います




それでも、私は同人即売会の会場限定グッズが好きではありません。私は誰もが自分の好きを好きに表現できる同人文化が好きです。




そう思ってしまうのです。

シン・ゴジラ」の優秀な官僚デジャヴ

"東京電力は当初、「鉄道変電所だけに電力を供給することは無理」としていた。 しか国交省技術担当者供給方法を具体的に指摘。"

映画見てた時から、何かデジャヴ感あるなぁと感じていたけど、これだった。

2016-08-16

http://anond.hatelabo.jp/20160816122147

盗難品も割合的には含まれてるとは思うが、そういった犯罪から発生したモノでなおかつ生鮮品を素早く捌ける販路を確保してるってことは、つまり安定供給が先にあるからってことだよ。

「安定してあのトラック駅前で店開いている」理由を考えてみな。

主催婚活イベントが男女別料金って良いのか?

地元主催する婚活イベントがこれだ

男性(7,500円)

女性(1,500円)

婚活業者と手を組んでやるイベントはいえ、

市が主催するベントでこういう性差別は許されて良いのだろうか

少なくとも学校教育では男女平等と教えている市が一方ではこのような不平等を平然とやる。

募集広告には市のゆるキャラまで使っている。

性別による需要供給比率がどうとか、男女で稼ぎが違うとか

そんな話はどうでもいい、差別が許されて良いのかという話だ。

2016-08-10

VR(仮想現実)は一時的ブーム

ゲーム機周辺機器としてVR端末やら、高性能なPC向けのVR機器ギリギリ買えるかもしれない値段で登場している。

よくわからない科学系の詩人みたいな人間投資家やらはVRはスマートフォンに変わるもの革命的なものだと騒いでいる。

金融緩和市場にカネが供給されるばかりで、投資先が見つからない時代にVRというものにすがりたくなるのかもしれない。

ただ、正直言ってVRは大したことねーだろと感じる。

個人的にも期待していたが、少しでも体験会やらで触るとガッカリしてしまう。

利便性などなく、逃避できるものでもないし、快楽を与えるものでもない。

曇り、蒸れるディスプレイ付きゴーグルしかない。

VRというのは、現実で楽しむためのカネを絞るツールしかないのかもしれない。

所詮3Dプリンターテレビのようなものだ。

大したものではない気がしてならない。

2016-08-08

日本Web デザインは今後本格的に終わる

みなさんの周囲を見回してみればわかる話かと思いますが、日本Web デザイナーのなかで大勢力を誇るのが昔自分Web サイトを作っていた腐女子です。

ですが今や腐女子は沢山ある Tumblr テーマのなかから好きなのを選べばよくわざわざむかしみたいにチマチマやる必要はないですから、あれは今後供給されないわけです。これが日本デザインにどういう影響を与えるのか、本気で検討してやっていかなければならない時期がきているのではないか

2016-08-04

ダサいデザイン作るデザイナーっていう職業があるのかな

いつも思うんだけど、100均とかに売ってる安っちい商品とかって、カスみたいなデザインだけど、

あいうのも一応新商品会議とかあって、だれかプロダクトデザイナーとかが入ってデザイン決めてるんだよね?

あいうダサくて蛇足デザインって意図的にやってるんじゃないかなと思ってるんだけどどうなんだろう。

あえてイイ物に見え過ぎないように、ある意味100均らしい商品になるようにデザインしてるんじゃないかな?

そういうダサいデザイン専門のデザイナーかいるのかしら?


それとはあんまり関係ないけど、なんで日本製品って本体ベタベタ余計なシール貼るんだろう。

PCとかにインテルはいってるとかグラボバージョンとか、そんな情報必要

空気清浄機マイナスイオン放出中とかそれ要る情報

炊飯器のなんちゃらコート釜!とかそういうのって本体に書いておかなきゃいけないの?

パッケージとか説明書いくらでも載ってるんだからいらなくね?

それみて誰か得するの?

「あーあのPCインテル入ってるんだ!私も買おー!!」とかなるの?

ああゆうのってプロダクトデザイナーからOK出てるの?




--------------------------

下記追記

たくさんのコメントを読んで思うところがあったものコメントします。


インテルシールメーカーが好んで貼ってると思ってる人がいたのか…

絶対イヤだろうから疑問に思ったの。


ガリガリ君とかうまい棒キャラスタイリッシュな格好してたら引くだろ。

ガリガリ君ちゃんとキャラデザされてるしわりと普通にかっこよくね?


わかる。100均商品で、無地でいいのに花柄とか、装飾なくていいのにロココ調?とかやたらフェミニンだったり。英文とかイラストとか。装飾つけない方が安く済みそうなのに謎。

言いたいのはこれ。

形は良いからそのまま透明にすればいいのに、なぜかクローバーとか意味不明英文とか書いてあるグラスとかばっかり。


100均デザインにも“これ以上削ぎ落しようがない”というくらい「機能だけ」の良商品もあるのでなんとも言えない。100均バージョンしか買いたくないアイテムもある。無駄に多機能にしてほしくない人も多いのだ

これは全然いいと思う。それで成立しているから。


デザイナーは洗練されてかっこ良いものをつくるって勘違いしてる。顧客要求するものちょっと専門家視点を足すぐらいが求められるデザイナーだと思う

なぜ蛇足デザインをするのか不明。やるにしてももうちょっとなんかあるやろってのおおいで。


ダサいデザイナーという供給があるんじゃなくて、需要が先にあってデザイナーが合わせてるだけだろ。需要供給相互作用認識できてない増田の推論能力ダサいデザイン以上にアレ。

タイトルしか読んでないのかもしれないけど、そういう需要があるから意図的デザイナーが作ってるの?

なんでそういう需要が生まれるの?

それともデザイナーの力量不足もしくはデザイナーがいないとそうなるの?って話なんだけど。


昔付き合ってた彼女がそういうデザイナーだった。100均に売ってある商品パッケージ作るやつ。

デザイン決定のプロセスすげー気になる。

あれはマーケット裏付けられて、意図としてやってるのか(ならデザイナーすごい)

力量によるのか、そもそも担当者とかデザイナーじゃない人がやってるのか。誰がOK出してるのか。


ちゃんとしたデザイン製品が世に出るまでにどれだけの工程がかかってるかを理解してない人ほどデザイナーのせいにしたがるし、そういう人が企画発注するとコストや期間が非常に少ないものになる

デザイナーのせいにしてない。


デザイナー通す時点で高くなっちゃうじゃん。わざとださく作るのって凄い才能いるし、ノースキル素人やらせたほうがそれっぽくなるよ。

結局そういうことなのかな。


量販価格帯の車は開発費は多額に投じられているし社の運命もかかっているが自社の高級車よりはダサく作る必要ありで、どうデザインしてるのかには興味ある。

気になる。どういう基準で、下位のデザインとしているんだろう。(素材とかが良いとかは別として)



ちょっと論点ズレてきたからこの辺でやめとく。

2016-08-03

映画スーサイド・スクワッド』についての批評家コメント抜粋

肯定

「『スーサイド・スクワッドは雑だがまあ一応愉しませてはくれる。ウィル・スミスマーゴット・ロビーをはじめとした役者陣は良い演技を見せている」――アラン・サーニー(ComingSoon.net

「期待通りもの約束通り作ってくれた。『ボーンシリーズの最新作とこれの二つは押さえとけ」――ヴィクトリアアレキサンダー(FilmsInReview.com)

「無理に偉大になろうとしていない良い映画だ」――レイ・パーチュ(Herald Sun

 「手堅い出来で愉しませてくれる。DC映画でもマーベル面白さに近づけることを証明した。あくまで、「近づいた」だけではあるが」――ウェンレイ・マ(News.com.au

 「「入門編」としてはおそらくベストなのではないか。順調にいけば、DCユニバースはより稼げるようになるだろう」――ビル・グッディクーンツ(Arizona Republic)

 「キャラは最高に良い。だが、ストーリーは良さからは程遠い」――ケイティー・ウォルシュ(Tribune News Servie)

 「こういうたぐいの映画としては、『スーサイド・スクワッド』は良い意味で変わっている。正統派ヒーロー映画に対して誇らしく中指をつき立てるのだ」――ブライアン・トルイ(USA Today

 「キャラクター内面自分自身を見出すことのできる稀有ヒーロー映画」――ビルゲ・エビリ(Village Voice

 「DCにとっては、BvSの失敗から立ち直るささやかな一歩となるだろう。ただ、もっと凄い傑作を作れたはず」――クリス・ナシャワティ(Entertainment Weekly)

 「こざかしいアメコミ映画ツイストのきいたB面だ」――デイヴ・カルホーン(Time Out


否定

 「もし、あなたに忌み嫌っている人物(単に嫌いな人間でも、イラつかせる人間でもなく、本当に心底嫌悪憎悪している人間)がいるなら、そいつに『スーサイド・スクワッド』のチケットを送るべきだ。」――ミック・ラサールSan Francisco Chronicle)

 「盛り上げるに欠ける悪い意味でフツーのヒーロー映画。『デッドプール』のニヒルな小粋さと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアナーキーな奇抜さを後追いしようとしているものの、どうもスベっている。」――A・O・スコット(New York Times

 「今年で一番ストーリーテリングがこんがらがってる作品」――デイヴィッド・エデルスタインNew York Magazine

 「デヴィッド・エアー監督のスピーディな演出スタイルのせいで、ストーリーについていくのが難しい。」――マーラ・ルインスタイン(US Week)

 「このところのコミック原作映画が過剰供給されている感があるが、『スーサイド・スクワッド』はそれらと比べてなんの個性もない」――ソレン・アンダーソン(Seattle Times)

 「誰が『スーサイド・スクワッドから魂を抜き取ったんだ? デヴィッド・エアーPG-13大衆受けする作品にするために妥協して、彼の持ち味であるハードコアアクションを骨抜きにしてしまった」――ピータートラヴァース(Rolling Stone)

 「本作の脚色過程で実に多くのことが起こったけれども、最終的に出来上がったのは虚無だった」――ステファニー・ザチャレックTIME Magazine

ぼくが思う日本国内でのおんなレベル

レベル0 (人外)

キャッチコピー

なら俺は男とセックスするほうを選ぶ

属性
解説

恋愛市場最弱。ブサイクな男よりも遥かに弱い。

身分相応の相手を求めるのも、理想相手を求めるのも結果的無理筋なので、必然的理想形を追い求める最悪の戦士

ロックオンされると死ぬエンカウントを避けるべき。

これらを兼ね揃えている場合ブスなのは当然なので省略。もはやブスに失礼。

基本的デブだが、体型とかそういう問題ではない。

すべてにおいて邪悪存在

レベル1 (論外)

キャッチコピー

貴様は体目当ての女にすらなれぬ

属性
解説

勝手に惚れてくる勢。基本的にウザい。

一般人男性妥協妥協を重ねた結果の選択肢出会い系とかで遭遇した場合ちんこ萎えレベル

余り物。

レベル2 (中の下の女)

キャッチコピー

お前はJKJDというブランド付きでもモテなかったのだぞ

属性
解説

さすがにクソザコの男を回避する能力は持っている。

ヤリモクの男がハァハァするのがこのへん。「男ってヤるとすぐ連絡取れなくなるよね」とか言っちゃう

モテる男がどうしてもヤリたくなったときちょちょいと手を出して捨て、それを一生覚えて人生をまっとうするという原罪を背負う。

理想系の男のことは諦めていることで有名。

レベル3 (ノーマル)

キャッチコピー

きみたちは星の数ほどいる。女といえばきみたちだ

属性
  • 特徴がないのが特徴
解説

「大多数の男からふつうモテる」という存在

数多の男どもからマンコを狙われてきて人生を過ごしてきたので、マンコグヘグヘ……みたいな顔した男のことは断固拒否する人々。

モテるから相手にされないが、セフレ程度にはなれる。

国内で最も多い存在であり最大派閥。いわゆる「女」

レベル4 (ハッピーブス)

キャッチコピー

なぜあなたは顔だけ恵まれなかったのか

属性
解説

からも女からも好かれる存在積極的に誰にでも話しかけにいくので、消極的イケメン相手無双を誇る。

「男ってヤると連絡しつこくなるよね」とか言っちゃう

ただし他の女と同じく、モテ男を好きになりがちで、そしてモテ男は友人として付き合ってくるのでモヤモヤ感がはんぱない人たち。

友人といるとき家族といるときと、彼氏といるときの差が激しい。性格が悪いことも少なくない。

レベル5 (アンハッピー美女)

キャッチコピー

もうこいつでいいや

属性
解説

ほっとくと男に狙われる。イケメンたちがしのぎを削って取り合いしているのがこいつら。

ただしアクティブに生きる人々からはつまんねぇやつと思われてモテない。

そのため日本から外に出るとモテ度が下がる(それでも普通にモテるが)

性格がいいとモテ男に囲われて「あなたしかきじゃないモード」に入るので、若いうちにベンダロックインされてゴールインすることが多い。

メンヘラ力が高いと放流されるので、絶えず市場に余り物が供給されている。

レベル6 (ハッピー美女)

キャッチコピー

あなた出会えてぼくは本当にしあわせでした

属性
解説

小さい時から異常にモテてきたのであしらうのが上手い。

最強クラスモテ男が全力で落として維持する対象なので、それで永久に守られていることが多い。

ただ恋愛駆け引きなどには慣れていないので、彼氏旦那が気を抜くと他のモテ男に落とされることがある。

悪い性格の人の前に現れることはほとんど無い妖精のような存在

レベル7 (神)

キャッチコピー

無能力者は去れ。御前である

属性
解説

その神々しさゆえにアタックをかけるのは高スペックの男ばかりである

「いい男」をたくさん見すぎてしまったことで、いい男が普通に見えている難儀な存在

普通に暮らしているだけでは遭遇することすらもできない。

稀に悪い男に引っかかり奈落の底へ落ちることがある。

一般的に言われる「イケメン金持ち」といった10%程度の出現率の男には全く興味を示さず、何かしらが激レアの男に興味を示す。

おわりに

文句があれば修正するかもしれないので言ってください

2016-07-27

この本の序章も読まないと誤解を生む

序章より

日本場合インフレターゲット論の問題点は、それが短期的に間違った変数に注目することにあり、そのため金融当局

間違った戦略を長期にわたって推進することになる。



金融政策は実質金利インフレターゲット論者はこれに注目する)よりも、むしろ信用のアベイラビリティ(可用性)を通じて

景気に影響を及ぼすのである金融当局が景気をどの程度刺激しているかは、今現在の実質金利(あるいは長期実質金利)より

も信用供給の拡大に注目したほうが正しく測定できる。金融当局が信用のアベイラビリティに影響を及ぼす方法はいくつもあり、

これらの方法金融政策の中心に据えられるべきである


http://anond.hatelabo.jp/20081119203650

家族こじらせた

典型的機能不全家庭と、典型的子ども放置系家庭の家が近かったのが、全て悪かった。

自分は、どことなく家での居心地が悪かった。

幼なじみ兄弟たちは、自営業の両親が夜中にならないと帰ってこないことが、兄弟が何人いようと寂しかった。

需要供給完全に一致してた。小学生にあがってしばらくしないうちにはもう、一日中幼なじみの家に入り浸ってた。

小学生になったからって、情操教育に手を抜いたら駄目なんだね。

自分は、帰るべき安心できる「巣」の認識がごちゃごちゃになった子どもだったと、今では思う。

どっちが本当の家か、どっちが本当の家族か。

名目上の家庭と、心がある家庭が別々になってた。

夕方になると自分だけ別の所に行かなきゃいけないのが嫌だった。自分だけ一緒に夕飯が食べれないのが悔しかった。みんなと一緒に雑魚寝して眠れないのが寂しくて仕方なかった。

でも、そんな混ぜこぜの慣れ合いが許されるのは小学生まで。中学にあがる頃には、幼なじみたちも成長したのか、もう兄弟だけで充分みたいだった。

最初からそうだったんだけど、段々自分だけ「よその家の子」になって、「兄弟」じゃなくなっていった。あんなにずっと一緒に居たのに。血はつながってないけど兄弟だって言い合ったのに。

幼なじみ兄弟から「本当の兄弟じゃないから」って扱いに下げられて、何処にも居場所がなくなって、焦った。

かといって血縁がある本当の兄弟の方は、情がなかったと言えば嘘になるが、もう家庭という土台部分が駄目過ぎた。人数が居た分兄弟だけでも成り立つようになった幼なじみの家と違って、うちの家は親兄弟がいくつになろうが、血縁のある他人のままだった。

幼なじみ兄弟の輪にもう入れてもらえないなら、自分も本当の家庭に戻るべきなのかとも考えた。

家庭全体は駄目だとしても、せめて兄弟間だけでも本当に家族になれればと、馬鹿みたいな恥ずかしい努力もした。けど、自分みたいに家の外に支えを見つけられなかった他の兄弟は変にこちらに依存してきただけで、多角的関係なんか全く築けなくて、気持ち悪くて、嫌になって、やめた。

子どもだったし、不器用だったし、こちらがいろいろ自分勝手にし過ぎたせいでもあった。

結局、家族という群れの認識をこじらせた自分は、本当の家族の中にも戻れず、幼なじみの家にも当然行けず、どちらも捨てる為に地元を出て、今は東京にひとりで住んでる。

存在を忘れられたくなくて、惨めだろうが必死幼なじみ兄弟に食いついてたこともあった。でも、大学に入って少し地元から距離ができた隙にやっぱり忘れられてしまった。幼なじみ兄弟たちは、大人になった今でも近くに住んで協力して暮らしているのに、自分に対しては東京に長く遊びに来るときにすら連絡ひとつくれなかった。というかそもそも、こちらから連絡しないかぎりもう連絡なんか来ない。幼なじみ兄弟のうちひとりが結婚して、お祝いを用意したから渡すよ・受け取るよという約束もしたが、それも忘れられてて、プレゼントはずーっとうちに放置されたまま。

とっくの昔にウザがられているのはわかっている。小さい頃の慰め合いにいつまでも固執する自分が悪いのだ。

でも、自分にとっての家族兄弟は、幼なじみたちだと刷り込まれしまったんだ。全てがおかしいと気付いた時にはもう修正できなかった。

あんなに懐深く招き入れておいて、やっぱりいらないって急に蹴り出したことを、少しは酷いと思ったっていいだろ。

自分にはもう家族ってのがよくわからない。作れる気がしない。距離感がわからない。

本当の家族も、幼なじみたちも、自分も、たぶん誰も悪くないんだけど。どうしてこうなっちゃったかな。

ただ、ずっと一緒に居たかっただけなんだけどな。

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726110825

いや、時給200円って実際に発生している賃金から手数料とか引いて時給200円になってるわけで、作業所の主な収益源って補助金生活保護のソレ)だろ。

僅かながら生産性があってなおかつ労働供給を満たせて生活保護ハードルも上げられる全面的に優れた政策なんだぜ。

2016-07-17

自分天才じゃない

人生の全ての時間プログラミングビジネスに捧げてきた人間がいる。そういう人は、きっと毎日仕事が楽しくて、そして、いっぱい稼いでいるのだろう。

でも自分はそうじゃない。

変人と呼ばれて育ち、病気と折り合いをつけ、自分能力を過信して倒れ、真っ白な部屋で2年ほど過ごした。

才能があった。だから努力したことが無かった。追い越されることを知らなかった。

難しい本が読めた。だから自分は偉いのだと思っていた。一生をかけても全ては読めないと気づけなかった。

未知を知らなかった。だから自由研究が怖かった。そもそも研究に値する自由テーマなんてものを見つけられなかった。

金銭感覚に無関心だった。ウチは貧乏から大学に行けない。その事実意味することが分からなかった。

友人関係を作らなかった。隣人の名前を覚えられないということが、どれだけ失礼なことなのか悟れなかった。

どれもこれも、大人になってから気づいて、赤面したことだ。

全ての選択肢で正解を選んできたと思っていたのに、結論から言えばほとんど全ての選択が間違っていた。

転生して最初から人生をやり直すなんていう作品が多くなってきているが、自分には無理だ。また同じ間違いを繰り返すだけだ。

自分天才じゃない。よくて秀才。いや凡才の類だ。

生産性のせの字すら知らなくても、書くコードの桁と質が違うプログラマに幾人も出会ってきた。

あしかし。幸いにも。

IT業界が頭から尻尾までブラックだと知れ渡ったことで、プログラマを志願する若者は減ってきている。

おまけに、親にスマホだけを買い与えられ、PCを触ったことすら無い世代が育ち、新卒青田買いすらできない状態になってきている。

地方にもはやプログラマ求人は無く、東京一極集中労働力を吸い上げるシステムへと変貌したが、それにも限界がくるだろう。

凡才の俺にとって、これはチャンスだ。

諸条件の重なりによって、プログラマ需要供給関係は崩れ、プログラマは完全に不足してきている。

まりプログラマ35才定年説」は崩れていく一方であり、俺と同い年の連中がしたり顔で語っていた「プログラマ不要論」は幻想だということだ。

自分天才じゃない。

でも現状を分析する限り、自分時代に逆らって生きているわけではなさそうだ。

人生の全ての時間プログラミングビジネスに捧げてこなかった人間でも。俺は、毎日仕事がそこそこ楽しくて、そして、そこそこ稼いで生きられればいいと思っている。

[]

今回はコミックウォーカー

多くて感想書いてられないので、感想書きやすかったのだけ、気になったのだけ書く。


ディーふらぐ! 第84話

やっぱこのテのはキャラが命なわけだけども、それを魅せるためにどう描写するかということができていない漫画とかがチラホラあるなか、

目すら描写されないモブキャラすらここまで濃く描けるのはさすがというか何というか。

しろ、昨今のキャラ漫画は「メインキャラをどう描くか」よりも、「モブキャラをどう描くか」のほうが大事だとさえ思える。

メインキャラをどんなに必死に魅力的に書こうが、登場人物一人一人に与えられる役割なんてたかが知れているわけだし。



ネトラレミノル 7 BOKKI

え……なにこれ?

一体、この漫画をどうしたいんだ?

寝取られフェチに目覚めてしまった主人公葛藤を描く漫画なんじゃないの?

それを面白く描くために、あの世界感、キャラ、設定、展開がベストだと本気で思っている?

編集って、作者が迷走していると思ったら、うまいことアドバイスするのも仕事なんじゃないの?

作者のやることに口出ししちゃいけないみたいな風潮あるけれども、別に作者の自由やらせたほうが面白くなるとは限らないからな?

それとも編集の指示でこうなったの?



醤油を借りにいくだけで死ぬことがある世界の中級サバイバルガイド 第2話

本作はあくまコメディーだから事なきをえたけれども、もし蚊に刺されて感染する設定だったらマジでヤバいよな。

コメディ特有の雑さはあるけれども、それなりにゾンビ対策しながら生活している様子は中々面白いと思う。



賢者の孫 第3話

3話にしてヒロインがあからさまに主人公に惚れてるってのが、“いかにも”ですな。

やたらと主人公を見くびったり、目の敵にする嫌味な奴も登場したし、ある意味で期待を裏切ってくれませんなあ。

逆にすがすがしい。



ヒメの惰飯 第6話

落としどころとしては妥当かな。

ただ、主人公の「どう食おうが個人の自由」みたいな理屈を、なんでもかんでも許容してくれっていう意味で都合よく使うのはだめっすわ。

たとえば最後に出てきた混ぜそばとか、あれ逆に混ぜないで食べたら絶対「えー……」ってなるでしょう。

本来想定されている食べ方を尊重すること前提で「個人の自由」だと思うんだけどなあ。

非常識なことは人のいる場所でやらないのが社会人として当然の振る舞いであって、ならば食べ方だって同じだろうさ。



かふん昔ばなし 第46回

子供って、妙なものをカッコイイって思うことあるよね。

それに振り回されるのも楽しいのだろうけれども。

私もはやり目で眼帯つけて学校行ったとき変に注目されたことがあったが、腫れた目を隠すためにつけているから当然だけどカッコよくはないわけ。

目薬するときに眼帯外したら、興味本位でそれを見たクラスメイトドン引きだよ。



働かないよ!ロキ先輩 第11話その1~2

私が思っていた以上に、ジェームズこじらせてたんだなあ。

家賃15万って、お前……。

今回ばかりは、先輩の指摘は最もだと思うぞ。

社畜時代死ぬほど忙しい思いをして手に入れた給料のおよそ半分が家賃で消えてたとか。

ましてや今は職場も違うわけだから、そこまでして都内マンションにしがみつく理由がない。

それで「今の仕事では家賃が払えないので転職しようかと」って、ズレてるズレてる。

「引っ越せば?」という提案も、「ギャグでも言ってんのか?」みたいな反応していたし。

周りのアクが強いか自然常識人みたいな立ち位置だったけれども、やっぱジェームズのこじらせっぷりは深刻だな。



雑感

女子たちがキャピキャピやるだけの漫画多すぎるぞ。嫌いじゃないけれども、さすがに食傷気味だ……。WEBコミックで読めるのだけでも、私が把握している範囲内ですらかなりの数だ。

・というか、「漫画が」全体的に多い。需要も俄然あるけれども、供給が飽和どころではない。千本桜コミカライズとかどういうことやねん……。

2016-07-14

http://anond.hatelabo.jp/20160714120102

そのうちウェアラブル端末を経てインプラント端末が普及し、血液状態機械モニタリング

あなたの体とつながった指輪、または腕輪型の端子にはカートリッジが刺さっており、そこからオンタイム必要な薬や栄養供給される。

カートリッジ内の物質が足りなくなると無線経由で、執事兼愛ロボットサーバーから交換用カートリッジへ補充し持ってきてくれる。

もう少し待てばそんな世界が訪れるさ。

2016-07-10

風俗の値段設定

風俗の値段設定がどうやって成立するか。

それは、一番効率がいい売り手に影響される。

  

例えば、有名なピンサロ店では、15kでアイドル並みをそろえたりする。

となると、普通くらいしか用意できない店は、8kくらいになる。

  

じゃあ本番はどうだろう。

川崎なんかでは、ババアだけでサービスとかよいくらいのが15kくらい。

若い女が出てくるところでは、20k~25kくらいか

このくらいの価格が一番流動性も高く、買い手も付きやすギリギリライン

  

この値段になっているからには、それなりの需要供給バランスがあるんだろう。需給曲線がかけるんだろう。

この設定がされてるってことは、これが一番バランスが成立してるってことだ。

  

まり、この値段で働く女が多い(実際は客が払った額の半分だろう)し、この額なら払ってOKの客がいる。

個人個人の女や客が値段を勝手に設定はできない。お互いの納得や流動性の接点でできている。

ここに、個々人の感情論は無い。参加するかしないかだが、そもそもこの値段で納得できないなら、『参加できない』という意味も含んでいる。

  

客としてみたとき、この値段は正直、「安い」と思う。特に俺は金持ちからそう思う。

人間ってこの程度の値段でこのくらいやらせることができるんだって

実際、金に困ってる女、今すぐ金がほしい女は多い、ホスト狂いやバンギャシングルマザーなんかがダンピングしまくってるんだろう。

普通の女が金に困ったとき、速攻この貧困層に移らざるをえないのは、そういう理由だろう。こういう商売なのにこの程度しか普通の女は売れない。

この地獄に立たせたときの女の顔が俺は見たい。

感情論も一切通じない現実にたいして、どういう風に行動するのか。

今までの感情論が嘘だったことがアリアリとわかる。

  

結局、どれだけ愛だのなんだの言っても。

現実としての値段設定がドライにされてるの見ると。

その程度なんだなって思う。

  

これが、10万とかだったら、なるほど世の中愛の価値って高いんだなって思うけど。

25kも払えば、日常では見ないレベル美人とやれるんだから、そうなんだねーと思う。

2016-07-06

http://anond.hatelabo.jp/20160706133857

お互いの需要供給最初からずっと釣り合ってればいいのに。

特定パートナーを作るのってそういうストレスを減らすメリットもあると思う。

そんな宝くじ一等当選レベルメリット求めてると一生誰とも付き合えないぞ

誰かを誘って断られたり誰かに誘われて断るのが疲れる

どっちもストレスが溜まる。

返事を待ったり断られて傷ついたり、断るとき言い訳を考えたり気を遣ったりするのに疲れた

お互いの需要供給最初からずっと釣り合ってればいいのに。

特定パートナーを作るのってそういうストレスを減らすメリットもあると思う。

愛し愛されて生きたいものだ。