「戦後」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦後とは

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160926053115

逆になんでこんなに少子化してるんだろうね…

子供を作って子孫をつなぐって人間本能なのにね。

いまのアラフォーアラフィフの女ってなんで全然子供作らなかったんだ!

不景気だったからとか言うけど、戦後とか貧しかったけど子供バンバンまれてたしw

今でもナチュラル結婚したり子供産んだりしたいって人は多いと思うんだけどな。

なんでこんな社会になってしまったんだ

2016-09-25

Re:ゼロから始める異世界生活のどこが面白いの?

Amazonプライム会員なので、各所で好評なRe:ゼロから始める異世界生活を見てみた。

死ぬセーブポイントまで戻る異世界転生系ラノベ原作らしい。


プライムにある24話まで見てみたのだけど、コレの何が面白いの?

確かにエミリアやレムはかわいいけど、強くてツンデレテンプレラノベキャラだし、

敵を前にして延々悩んでるし、魔女教の司祭?は敵を前にして喋って無駄な動きしまくってるし。

あんだけ無駄な動きしながら悪行の限りを尽くしても捕まらないって、官憲とどんだけ実力差有るんだよと思ってしまう。



何よりも、死んだらやりなおせる話で、一々絶望してる主人公って何なの?

序盤では積極的に死んでやりなおしたり、かと思えば終盤では死んで延々レムに愚痴ってるし。

死ぬのは苦しいだろうが、死に戻りを口にすると魔女にアレされるのも慣れていってるし、あんだけ死ねば慣れるだろ。



批判的な事ばかり書いてるけど、マジで何が面白いのかよくわからんので、教えて欲しいというのが本音だ。

クリエイティブ系の仕事をしているので、流行ってる物が全く理解出来ないと不安になる。

Re:ゼロを楽しんで見ている人たち、あの作品のどこが面白いの?




死ぬ事に慣れることは無いと思うんですが……。死んだ事もないのに慣れるって判断できる増田はすごいな。


現実に死んだ事が無いか判断出来ないというなら、ファンタジー世界に転生した事が無い人が論評するのもおかしくなりますね。

と、一行で終わるブコメですが良い機会なのでもう少し続けます



何度も繰り返せば、どんな事でも慣れるのは、生きていればわかるかと思います

Re:ゼロから始める~の主人公は何度もやっていて、しかも死に方を見ると喜々として崖から飛び降りたりしてますよね?

あと、死ぬほど厳しそうな死に戻りを口にすると魔女にアレされるやつ、どんどん慣れて、囮になる為に自分からやったりしてますよね?

主人公死ぬ事や魔女にアレされる事に明らかに慣れている描写散見されます

慣れるだろという指摘は、演出が後押ししていると思いますが、いかがでしょうか?



さて、ここまで読んだ上で、どうして慣れているという判断をしてはいけないのか?根拠が有るのでしたらご教授下さい。




「喜々として崖から飛び降りたりしてますよね?」自分が見ているアニメとは違うアニメのようなので言及できなかった。いつこんなシーンがあったのだろう。


第七話 ナツキスバルリスタートです。殺されるのではなく、初の自殺をするシーンですね。

絶対に助けてやると叫びながら死に戻るのが当然といった風情で崖から飛び降りています

死に戻って当然と、ほんの少しも疑わずに飛んでいますね。

死に戻りが不明確説は、この七話で崩壊していると感じています

白鯨戦後の死に戻りでセーブポイント発言がありますが、恐らくこの辺りで、すでにセーブポイント認識が有ったのではないでしょうか?

押井守ゴジラ

押井守だけでは興行的に不安なので脚本最近仲のいい虚淵玄に書かせて

特撮パートTNGパトレイバーで共に仕事した田口清隆にやらせれば結構いい感じになりそう

ゴジラ自体クライマックスまでほとんど出てこず、二人組の警官だか公安だかが

今まで現れたゴジラについての調査を行いながら、日本戦後史と防衛体制を振り返るメタ的な内容が主軸

ラスト30分でようやっとゴジラが登場し、自衛隊特殊ヘリ部隊が応戦、敗北

そこに虎の子の人造ゴジラが登場し応戦、勝利

実は今までやってきたゴジラの正体はみんな人の作ったものだったのさというオチ

制作費は庵野ゴジラの半分で、興行収入庵野ゴジラの半分が目標

でもカンヌは狙うそんな感じのゴジラ

2016-09-22

戦前の名残りがまだある。

なんか知らないが、戦後まれのくせに

まだ団塊等の一部は上意下達日本軍的な

部下を殺してもかまわん連中がある。

人権無視の。

早く去ってほしい。

2016-09-21

高齢化への歯止めのかけ方

人口減少、高齢化何が悪い


 民進党が党を挙げて擁立した、いわば野党代表就任早々に言ったセリフがこれだ。

事業仕分けで散々叩かれ、二重国籍問題で叩かれ、またも燃料投下。もはや炎上ブロガー以上の炎上スキルである



続けてこう発言した。

「今の政権では社会保障の充実が置き去りにされている」(中略)

人生の先輩方がどうやったら元気で、長く、自分らしく生きることができるのか、大きなかじ取りをさせていただきたい」

http://www.sankei.com/politics/news/160919/plt1609190021-n1.html




 我が国一般会計予算96兆円(H27)のうち、33%(31兆円)は「社会保障費」である。そのうち、いわゆる老人に使うカネである年金医療介護保険給付費 (年金医療介護)は23兆円なのだ。※1

まりざっくり言うと、国家予算23%は老人に費やしているのだ。この国の未来よりも、選挙で一番投票層の厚いこの世代の事を考えれば怖いもの無しというわけでしょうか。彼女はこれ以上社保障費を充実して、何を削るというのだろうか?




 社会保障費に対して、我が国の"未来への投資"はどうだろうか?

文教及び科学振興 」(5兆円)と「公共事業」 (6兆円)の割合は合わせて11兆円程度であり、わず11%にすぎない。




 高齢者に対する投資が足を引っ張っていることは明白なのだ

しかに年配者は聡明で何でも知っており、できれば長生きして貰いたい人だっている。けどそれとこれとは別で、老いれば誰しもが、もはや独りで自立できる状態では無くなってくるのだ。




 きっと原因は進みすぎた医療にあるとおもう。

いや医療技術技術としては本当に素晴らしい。大昔の平均寿命を考えれば、もはや神の領域だ。しか医療恩恵を受けるのは身体のみであり、脳は延命治療は施せない。本来であれば脳が死ぬ前に身体死ぬはずだったとしても、現在身体医療により脳の寿命より延命される。

まり脳が死んでもなお身体は生き続ける。これが認知症状態だ(少なくとも私はそう認識している)。

  江戸時代の平均が30~40歳で、平均寿命が50歳を超えたのは戦後すぐの1947年医療によりわずか70年で平均寿命さらに35年も伸びたのだ。

脳の寿命がこんな急激な変化に対応できるとは思えない。




 現在、要介護認定者は2014年に600万人を超え、65歳以上の約2割を占める。(全体の人口の5パーセント

この中のどれだけの人たちが認知症なのかはわからないが、医療により身体と脳の寿命バランスが崩れてきているのではないかという気がする。




 自立していたであろう大人が年を追うごとに、赤ん坊帰化するかのごとく、頭も身体も、自分の足では立つことが難しくなる。

経済上若者が納めた税金年金享受し、介護では肉体的に若者に支えてもらっているのが現状だ。それ自体は仕方がないし、支え合うのは当然だ。

 しかし、老人ホームへ赴くたびに若者がこんな処で消耗していていいのか?と思う。

貴重な国の財産であり、これから未来を担うはずの若者老人ホームで、もうすぐ死ぬであろう者のお世話をしている。きっと好きでやっているんだろうな。

そう考えるとおこがましいが、勝手にどこかで彼らに対し"勿体無い"という気持ちになる。




 高齢者に対し、身体的にも経済的にも投資することに対する見返りはほとんどない。いわば"沼"なのだ反発係数ゼロの壁だ。そこへ投資するカネはとたんに"死に金"になる。

我が国はこれ以上本当に高齢者に、莫大な時間と、若者の手と、カネを費やす必要はあるのだろうか?




 ただでさえ各国に追い抜かれ、後進国となりつつある我が国若い層を大事にしなければならない。

子供を産ませ、教育サービス経済的支援を充実し、社会資本整備による国際競争力の向上、モノづくりに対する支援などで景気を好転せねばならない。でなければ、もう手遅れかもしれないが、秒読みでもっともっと情勢は悪くなるだろう。




 いずれは自分も、散々上記に挙げたような高齢者になるし、その時に誰にも助けてもらえなかったらと心配もするが、高齢者問題はこのままではあまりにも大きな重りとなって、この国を沈めてしまうだろう。

高齢者尊いし知恵もある人生の先輩だ。いつまでも元気で自分らしく生きて欲しいと願う気持ちも当然ある。

 かつて高齢者大事にしなさいとはよく言われたものだが、それは高齢者が数少ない貴重な存在だったからだ。貴重なものは確かに大事にすべきだが、高齢者はもはや増えすぎだ。

正直アンバランスである。数が多いもの大事にする必要があるかというとそんな事はないように私はおもう。




 例えば、うちのばーちゃんは認知症施設に置いている。

もう子供名前はわからないし、駄々をこねたように暴れたり、暴れお漏らしだってする。でもそんなことすら1時間もすれば忘れる。

そんな姿を見て、昔の姿と対比して、生きるってなんだろう?と思う。動いてれば生きてるということなんだろうか?解放できるのであれば、解放させてあげたいがそんなこともできない。

そんな祖母は上に挙げた社会保障から補助金施設に置くことができているし、幸運にも祖母自身にも貯金があった。そういう身内を支援する仕組みや貯金があって不幸中の幸いというやつだ。

よく無理心中の話も聞くが、これらが無かったらと思うとゾッとする。しかし世の中には当事者貯金もなく、要介護認定を得られなくて苦しんでる人だって、おそらく相当沢山いるのだろうな。




どうやって高齢化問題解決すればいいのだろう。現代姥捨山必要なのではないか

一定の年齢を超えたら無理に延命措置を取るのをやめる。

安楽死という手段合法化し、本人にも身内にも安楽死という手段選択肢に入るようにする。

これくらいしか思いつかない。というかこうでもしなくてはいけない段階にきているのではないかと思う。でも人間尊厳とかでそんなことを実現するのだって無理なんだろうな。根深い、根深いよ





※1 内訳には医療も含まれており一概に老人に使う金とは言えないが、医療費のかなりのウェイトを老人が占めるので多少大げさだがこの表現とした。

2016-09-19

自動車メーカーはいいかげん現実をみろ

自動車メーカーはいまだに自分を神だと思っているのだろうか。

日本経済はいまだに自動車産業がまわしていると思っているのだろうか。

どうも彼らの考え方はもう下々のものとは激しく乖離しているように感じてならない。

そりゃそうだ。消費者目線なんて最初からなくて、内部目標達成のための手段しかないもの

から若者の車離れ」なんて命とりな言葉危機感を感じず、外人労働者賃金を下げるか海外市場でまわすかしか考えない。

戦前戦後とは時代が違うんだ。自動車産業はそろそろ瓦解していいと思う。現実を見るべきだ。

2016-09-11

http://anond.hatelabo.jp/20160910170427

本文を読む前の予想通り、「知識情報)やコネを得るにも資金時間はいから」って意見が出てるね。

それは当然として俺が読んで思ったのはメンタル医者までは必要ないレベル)の話で、他の意見だと想像力って部分が重なる気がする。

さておき、タイトルだけを見るなら同意する部分は多い。寧ろ「頼るのが下手だから貧乏になるんじゃね?」くらいの感じだ。


 メンタルと頼るのが下手さ加減の関係ってイジメ問題にも似ててさ、生活保護費を下ろしに行ったその足でパチンコ屋へGO、みたいのってメンタルも頼り方も問題だよな?

だけど行政保護の上に今度はお金の使い方だとかギャンブル依存メンタリティ改善の為のカウンセリング、とかやると際限なく資金も金がかかるんだよな。

 その上「貧乏人は娯楽すら許さずに金の使い方を指導して洗脳するのか?! 殺せ!」みたいに言われたらそりゃ死ねとも言いたくなるわ。


 でも違うんだよ。

上から目線でオマエにも問題がある、って言いたくなるだろ? その上から目線へのカウンターとしてギャンブルがあるんだよ。

 誰だって頭下げて蔑まれて頼み込んで生きる暮らしなんか続けたくないんだよ。

最初行政保護に甘えててもな? 「働かなくて生きられるなんて楽でいいわねぇー」だの「俺も片目くらい不自由だったらよかったのになw」とか言われると貧乏でもプライドはあるから「今に見てろよ」とか「オマエなんかに頼るもんか」ってなるワケ。その辺が想像力ないって言われてるんだと思うね。

 メンタルの話は終わり。

そしてもう一つ、貧困には仲介者の存在もあると思う。

 これは在日左翼関係が分かりやすいけど「そういう言い方は差別です! そんな言い方をするから働く気力が削がれるんでしょう?!」って自分当事者でもないのに福祉ポルノを愉しむ人達がいるだろう?

あっちも矢張りメンタル問題があるんだと思うんだけど、いや、別にメンタルでなくとも心性でもスピリットでも心掛けでも何でもいいけど、これも重なる部分がある。

当事者でもないのに善人面できていいよねw」「それで生活してるもんね?」「差別利権おいしいれす」「売国奴

 みたいのがさ、仲介者達を追い詰めて差別狩りにはしらせる部分もあんじゃねーかな、と。


戦後もっと人と人の距離が近かったじゃん?

 金持ち貧乏人も分かりやすくて、家柄も知れてたから追い詰められたら怒鳴り込むってのができた。

キレて怒鳴りつけられるって大事でさ、これもギャンブルなんだけど、実は安全弁でもある。仲介者が入るのはその後で、今みたいに金持ち先棒担ぎじゃなかった。

 一切合切自業自得で、自分に原因がある貧困でも同情して仲介する奴ってそうそういなかったと思うんだ。だから必然的に頭の下げ方も覚えた。


webSNS仲介者達が胴元の知名度ギャンブルであって、分かり辛いんだけど一億総芸能人、総プロモーターとでも言うか、自己情報資本としてコネを獲得する争いになってきてる。地主小作関係であれば偏り過ぎたら打ち壊しや怒鳴り込みができるけど、仲介者達はそれを許さない。そもそもwebでそれをやったら餌でしかない。

コネは当然、金を手に入れる為の手段になりつつあって、SNS時間食い虫だ。


 何が原因か、何が言いたいか分かるよな? ……頭いいんだろ? 宮廷さん。(笑)

日本は良い時期基準なのに経済ダメから問題

教育基準とかね、皆大学は入れた好景気基準なのに今の金銭事情だと難しい。

戦後もっと景気悪かったと言う人が居るけれど、あの頃は人間基準もどん底だっただろ。

好景気の高い基準なのに不景気から悪いんだよ。

誰も彼も中卒だった頃と比べんなジジババ。

2016-09-08

http://anond.hatelabo.jp/20160908165817

独立路線民進党

中国との統一路線国民党への支持率は均衡しているよん

台湾中国との経済的関係を強化しつつあり、今や中国経済を抜きに台湾経済が成り立たない情況となっている。

ウィキペディア

戦後中国から台湾移住した外省人

日本統治時代を知らない人のほうが多くなっているんだよ。

マッカーサー昭和天皇摂政だった

そう考えると"戦後"を理解するための補助線になることに気付き戦慄。




仕事しよ。

2016-09-07

[]ドノバン珊瑚礁

シナリオ教科書に失敗作の例として載せるべきなくらい支離滅裂な話だった。

 

戦後日本軍と戦った南の島にそのまま住み着いた医師ディダムの元を、故郷ボストンからアメリアが尋ねて来る。ディダム実家海運業の株が相続されることになったのだが、彼がもし現地で家族などを作っていると「ボストンの慣習に照らして」道徳的問題があるため、遺言状の条件により相続資格を失う。それを暴いて相続権を取り上げるのが目的である。娘が来ると聞いたディダムの仲間は、彼の家族を隠そうとする…。

 

というと、まるで相続権を争って秘密を守り通す紆余曲折という話になりそうなあらすじだが、違う。まずもって、ディダムの仲間たちは相続の話は最後まで知らない。ディダムが回診で近隣の島へ出掛けているうちに、なんとなく「娘には新しい家族とか隠しとかなきゃいけないよね」で隠すのである。ディダムは島に帰って早々、娘に直接「株とかそういうの要らないし」と、自分いかにこの島が好きかを語る。この時点でメインプロットは終わったも同然だが、何故かその後も惰性でディダム医師の3人の現地子(娘ふたり息子ひとり)の存在は隠されたままになる。

 

そもそも島の仲間は株のことなど何も知らないのだから相続権を巡って必死秘密を守る話にはならない。代わりに、ディダムの子供たちの偽の父親役を引き受けたドノバン珊瑚礁(店名)店主ドノバンとディダムの娘アメリアロマンスが途中から話の中心になる。相続の話は知らないくせにアメリア資産があることは「調べ」ただけで突き止めたフランス人総督微妙ちょっかいを出してきたりもする。

 

しかしこれもよく見ると変な展開であるドノバンはディダムの子供たちを隠すために父親役をやりながら、何故かアメリアの案内役のようなものも同時に務める。他に人材がないなら仕方ないが、隠すなら極力近づかないようにする方が良いのは当然である。このせいで、ディダムの子供たちと交流を深めたアメリアが、子供たちをディダムの家(つまり子供たちの家)のパーティーに招待したりして、変な感じになったりする。

 

結局のところ、この映画においては全ての出来事ドノバンアメリア交流を無理矢理作り出すためのヘタクソなお膳立てなのであるアメリアが島に来るために相続の設定をつくり、アメリアドノバンに惚れるために、ドノバンがディダムの子供たち相手に「良い父親」を演じる状況を作り出す。

 

あげく、アメリアは島のそこここで見た「マヌラーニ(姫?)」の名前から、これが子供たちの母親であり自分の父の妻である事を勝手推理し、そもそも相続問題もなければアメリアに新しい家族に対する抵抗もなかったので、そのまま家族和解し、本当は独身とわかったドノバンプロポーズされて終わる。(この「マヌラーニ」の名前も、父親たちと一緒に戦った記念碑名前がある、父親病院マヌラー病院となっている、マヌラーニの墓を教会で見かけた、だけで父親プライベート手紙名前があったとかですらないので、よく当たり前に推理したもんだと感服せざるをえない。)

 

こんな「父親現地妻がいたらすわ大問題、かと思ったらそんなことはなかったぜ」的尻切れとんぼな話が、脈絡のない乱闘シーンや、おっさんたちの「俺たちはよゥ…ここで戦ったんだよゥ…」という郷愁ポリネシア?のエキゾチック儀式とむりやりシャッフルされて映像化されたのがこの映画なのである

 

長々書いたが、実際この映画のめちゃくちゃさを実感するためには、見た人の大半がストーリーを間違って理解している、という事実を指摘するだけで十分なのかも知れない。ともあれ、何がしたいのか理解するのに苦労する映画だった。

 

南の島の風景はよかった。

2016-09-05

間中学校についての備忘

2016-09-03

ネットでいう昔って

それでも戦後の話だよな。

どんだけ古くても大正くらいまで。

昔は〜って話の底の浅さ。

2016-09-01

http://anond.hatelabo.jp/20160901175231

マジレスすると戦後日本政府がしてきたことは企業の優遇政策だけで、福祉企業にぶん投げてきたから。

まり政府主導福祉をしていくという歴史が他の国より決定的に浅いわけ。

それまで親のように従業員の面倒をみてきた企業従業員使い捨てするようになったわけだから福祉世界最低レベルになっても全く不思議じゃない。

2016-08-31

日本世界で最も成功した社会主義国

http://anond.hatelabo.jp/20160831202240

日本世界で最も成功した社会主義国」って言葉、出典不明なままどんどん拡大解釈されてほとんど無内容になってる感じがある。

戦後財閥解体農地改革高度経済成長期の終身雇用かのことを言ってるんだろうが、再び格差は広がってるし終身雇用崩壊してるしで、実情に合ってない。

他方、俺みたいな共産主義者からすると、共産主義意味まで誤解されかねないので、やめてほしい。

2016-08-29

邦画恋愛描写不要なケース

http://anond.hatelabo.jp/20160827221613

を読んで思ったけど、邦画全体に恋愛描写不要ということではなく、作品テーマ関係なく恋愛描写を入れるのをやめろ、というのがゴジラ信者(?)の主張なんだろう。



シン・ゴジラ』を例にとれば、そのテーマは、①重大な危機に瀕した際われわれはどう行動すべきか、②核兵器原子力利用の是非、ということになるだろう。

これらのテーマを描くのに、石原さとみ長谷川博己恋愛は要らないわけだ。



他方、『君の名は。』はまだ観てないんだけど、「この夏、日本中が恋をする」というキャッチコピーからして恋愛テーマなんだろう(たぶん)。

このテーマを描くのに恋愛描写を省くことはできない(当たり前)。



ちなみにトラバに『ゴジラ(54年版)』にも恋愛描写あったよね、というコメントがあったが、あれは初代ゴジラに「戦中世代(芹沢博士)、戦後世代宝田明)の差」というテーマがあって、それを描くのに、戦後世代宝田明ヒロインを奪われるという描写をするのが都合がよかったということだろう。

2016-08-27

新海誠作品ターゲット

http://anond.hatelabo.jp/20160827142040



新海誠作品ファンだ。全部観ている。

しかしこの増田に書かれていることもよく分かる。



彼の作品は正直言って浅い。庵野秀明のように戦後すぐの映画作品思想的に吸収しているということもないし、宮崎駿に対する高畑勲のような思想的ブレーンもいない。

映像美とSF要素を取り去ってしまえば高校生恋愛を描いているにすぎない彼が、ポスト宮崎駿であるとは彼自身考えていないだろう。



このような新海作品本来ターゲット層は学生カップルだ(と思う)。恋愛人生価値の大半を占める学生世代にとって、恋愛を大げさに描いて魅せる新海作品ウケるのは当然だ。



しかし、新海作品は、その映像美・SF要素によって何か深淵メッセージが含まれていそうな印象を受ける。

これにつられて大人世代もこれを観てしまう。しかし新海作品は上述したように空っぽだ。そのため大人世代何だか裏切られたような印象を受ける。



おそらく増田もこうした裏切られたと感じた1人なのではないだろうか。

ワールドトリガーの地味な伏線(?)

13巻115話。二宮隊・景浦隊・東隊・玉狛第2のランク戦後、陽太郎が泣いていて、ヒュースがたい焼きを食べているシーン。

14巻117話で、陽太郎が玉狛第2の勝利おやつを賭けて負けたことが分かる。

2016-08-26

研究室貧乏

うちの大学研究費というか、講座費もなさ過ぎてすごい。

研究費もっている研究室はまだしも無い研究室に配属というか、希望して配属されると

実験演習もままならない。ビデオで見て終わり。

 NHK教育か!


小学校理科じぁないんだから

これたぶん、20年後ノーベル賞がどうこういうレベルじゃない。

毎年1%経常費減とか、財務省はアホとしか思えん。

大規模科学プロジェクトを一つぐらい終わりにして、もっと幅広く配るべきだと思う。

学部1年の時の般教の授業でも、12月ぐらいに

印刷用の紙の割り当てがないので、pdfを挙げとくから各自印刷してもってくるように」

という指示があった。まぁいいけど、印刷する紙がないというのは戦後すぐの時代ですか。

日本終わりかけてる。

2016-08-25

謎の宗教

菅野完さんのツイート: "不敬発言記録にちょいちょい出てくる「大日教」というのがどの宗教団体を指すのかが以前からわからなくて困っている。同じ名前の宗教は『新宗教教団・人物事典』にも出てこない。「大日然教」のことかと思ったが、あそこは戦後の立教だしなぁ。。 https://t.co/yo5ueDlPf9"

なるほどね。

最初戦後名前を引き合いにだしてるのか思ったが、グーグル先生で調べてみるとどうもそれとは違った「大日教」が存在したようだ。

同じbotつぶやきには「大日教祖杉本信者某との質疑応答とあるので、教祖名前が違うからだ。

大日然教教祖を調べると「折茂なみ」となっている)

あとは戦前の「天津教皇祖皇太神宮天津教 - Wikipedia

(現 皇祖皇太神宮天津教)が戦後の一時期は「宗教法人大日教」という名称だったのでこれかと思ったが、教祖名も違う。

とにかく、一次ソースが気になる。



んで、色々とネット上の情報だけで調べてみた結果、@hukei_botは「昭和特高弾圧史」から抜粋であることは間違いなさそうだ。

Googleブックス書籍検索)で「昭和特高弾圧史, 第 4 巻」を引き出し、書籍検索で「杉本」と検索すれば同じ内容が引っ掛かる。

現在Googleブックス著作権のある書籍は全文表示ができないから(開始当時は見えちゃった気がする)ブツ切りのような情報しか得られないのが難点。

同じく「特高外事月報」と合わせて見ると、全日教祖1942年当時60歳、起訴時東京在住、滋賀県出身大日行者、杉本金治郎というのが裁判記録らしきものから分かる。

他、この宗教の手がかり的な部分の抜粋

昭和特高弾圧史, 第 4 巻」

108 ページ

... は神去り給ひてより其の誠が大日如来包摂せられ其の如来宇宙に瀰漫せる大

自然の誠にして人類並に一切の物を創造し且永遠に之が霊的及現実支配を為たりと

称し、大日教なる教理を創説し爾後之が宣布に努め来たりたるものなる処、該教理たる

や大 ...

特高外事月報」

59 ページ

... 知得したりと構し、大日教なる教理を創説し衛後之が宣布に努め来たりたるものなる

慮、該教理たるや大日如来宇宙に瀬夏せる大 ... 四月頃道了奪が大日如来なることを

悟り大日如来信仰に韓ずると共に大日如来の霊に感應権力に別記治安維持法違反

事件 ... 三月十九日警視聴に於て検挙送局したる宗教結社大日教のも決して少とせず。

CiNiiでも引っ掛かった。

CiNii 論文 -  内務省による宗教弾圧 : 創価学会の場合を事例として

CiNii 論文 -  宗教法人法の改正をめぐる問題点 : 宗教団体に対する管理の要素の導入の有無と是非(松本保三先生退職記念号)

戦前・戦中の宗教弾圧歴史を語る上で出てくるみたいだよ。

1942年治安維持法違反大日事件として記録されている。

しかしまあ、通常のGoogle検索では引っ掛かららんのだね。

戦前・戦中期日本の言論弾圧 (年表) - Wikipedia

↑これにも出てこなくって、忘れられた宗教みたいだ(前述の竹内文書教のせいもあるだろう)


疲れたのでこれまで。

(追記)

ちょっと馬鹿なこと書いちゃったかもしれない。

大本教創価学会重要人物が獄死しているんだった。

(追記2)

↑当時60歳というのが厳しいだろう。

宗教団体法とか治安維持法について知っていたけど、ちょいちょいググってみて、改めてこのあたり軽く考えてたな、と思ったりした。

追加の情報としては

昭和特高弾圧史: 宗教人にたいする弾圧

28 ページ

明石博隆, 松浦総三 て、此の大日もその為に行を積んでゐるのである、その修行も半ば

に至ってゐから纏て太平ハ、大日が ... が昭和二、三年頃以降全宇宙に於ける最高至

本金治郎当六十年の主宰する大日如来信者集団大平山大日教」の布教内容に ...

大平山大日教」ともいう様子。「大日教」が「大日経」の意味で使われる事が多いからかな。

https://www.google.com/#tbm=bks&q=%E5%A4%A7%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%95%99]

2016-08-20

所詮金持ちでも叩く歪んだ中流崇拝の日本

http://anond.hatelabo.jp/20160820004448

ヌベヂョンヌ...

( ՞ةڼ◔)

⊃(*´∀`*)⊂

イヒー

( ՞ةڼ◔)

三っ⊂三

ヌベヂョンヌゾジョンベルミッティスモゲノンボョ

( ՞ةڼ◔)

⊃( ՞ةڼ◔ )⊂ ヒー

(翻訳)

日本人が寛容だったことなんてあるのか?

ルールにそぐわなきゃ村八分は当たり前でガッチガチルールで縛り付ける民族だろ

日の本としての国家成立から数千年間、家光の鎖国戦前国家総動員を経て戦後における

戦前から地続きのものを残す管理教育されてきた日本

多民族多人種米国社会事情の違いだ

2016-08-19

[]月が綺麗ですね

夏目漱石英語教師をしていた時、生徒が "I love you." を「我君ヲ愛ス」と訳した所、

日本人がそんな台詞口にするか。『月が綺麗ですね』とでも訳しておけ。 それで伝わるものだ」

と言ったそうな。

ただ、出典が戦後のものしか見つからないため、後世による創作可能性が高いとされる。

2016-08-18

わかったぞ!日本を良くするたった一つの冴えた方法が!!

戦争しよう!

 

第二次世界大戦大敗した日本政治経済国民を再建させた!

今の日本改革では変化できないくら政治・経済国民性が低下しきっている!

ともすればこのまま衰弱していくばかりの欠食児童だ!

そこでまだ余力のあるうちに戦争を起こそう!

戦争すれば国民の団結心は固まるだろう!

ナショナリズムは最高を記録する!

そして大敗

今まで信じていたもの物理的に精神的に破壊する!

そして何も無くなってしまったところから新たなものを作り上げる!

新政府・新国民・新経済新道徳・新宗教・新・新・新・新・新・・・・・・!!!!!!!!!!!!

既得権益に縛られない自由社会自由日本!新しい!日本人が作れるぞ!

戦争しよう!戦争万歳戦争万歳

また戦争悲惨だった、私たち過去反省しなければならない!という美しい敗残兵たちを作れるぞ!

今みたいにネットでグダまいてるニート老害どもをどんどん戦地にお・と・ど・け!して綺麗にしていこう!

負けて心も体制も綺麗になった日本を作るために戦争しよう!

兎に角ボロ敗けして腐った大企業役人どもが機能しなくなるところまで行こう!

真の実力者でなければ再建できない荒廃した世界にしよう!

日本戦争させるんだ!戦争しよう!

戦後需要最高!戦争最高!産めよ増やせよ最高!

そうすれば戦後日本は今よりもっと良い物に生まれ変わる!!

日本人は負けるたびに強くなる民族なのに、負けれなかったから国力が衰退してきたんだ!

冷水ぶっかけて体を鍛えるアレと一緒だよ!いっしょ!まずは死人を造らないと!

黒船に負けて強くなる!米に負けて強くなる!今度は中国あたりに負けて強くなろうよ!!

みんな!戦争しよう!!

2016-08-17

http://anond.hatelabo.jp/20160815112401

今年「2016」年は、平成28」年、そして戦後からちょうど「71」年。ということで出題してみたこのパズルですが、正解は

(2828÷71)×71=2016

でした。わかったかな?

NHKスペシャル捏造・虚言を肯定 はてな民激怒

先日放送されたNHKスペシャルふたり贖罪(しょくざい)〜日本アメリカ・憎しみを越えて」が面白かった。

内容は、太平洋戦争で敵国への憎しみを募らせる経験をした日米の軍人2人が、戦後それぞれキリスト教宣教師となり、米軍人は日本で、旧日本軍人はアメリカで、「憎しみはいけない」と布教した人生を追ったもの



その中で、旧日本軍宣教師が話していた自身経験談とされるエピソード捏造されたものがあり、晩年アメリカで追及された、と触れていた。

NHKはそのエピソードについて、「憎しみはいけない」というメッセージを分かりやすく伝えたくて、善意で作ってしまったものだろう、と結論づけて流していた。



この手の、自身を良く見せるために捏造した虚言は、現代ネットでは炎上対象になっており、袋叩きにあって糞味噌にけなされるものだが、おいおいNHK大丈夫かよ

はてな民激怒ちゃうぞと、この内容に笑ってしまった。