「戦後」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦後とは

2016-05-29

南国住み。

村の中で遊び疲れたので、自室のベッドに腰掛けていたら、いちばん仲のいい女の子ダイブ気味にオシタオサレタ・・・。手でジェスチャーも混ぜてくるので間違いないらしい。問題はその女の子が若干7歳なことだ。野良犬10匹以上うろついてて時々交わっているか行為は判っているんだろうが、どこまで意味を判っているんだろうか? いや、いいんだけど(←いいのかよ)、やっちゃうと やっとのことで出てきた日本強制送還になるからなぁ。キミのこれ以上の願いは叶えられないよ。

おでこと目がガッキーに似ててかわいいんだけどなぁ。


 

その晩、30年近く前にやっぱり6歳くらいの女の子と数年後に人並み程度には立派なニンゲンになって再会するよう約束したような気がするけど果せなかったこと、15年ほど前に5歳くらいの男の子にキミはきっと将来立派な人になるからまた会いにくるからねと約束したような気がするけど果たせずにいること、5年近く前に4歳くらいになった甥っ子に、わかったよ ずっとここに居るからねと約束した(そのために当時の会社まで辞めた) のに現在それを破っていること、をそれぞれ思いだして少しだけ泣いた。小さい子との約束を守るのは難しいなぁ。

小さい子の小さな願いも叶えられない者に、何ができるものか。そんな思いも日本を離れた理由の何分の一かにはなっているはずだ。いや、自身のやってきたことを剥いていけばその割合は増すだろう。



 

話が逸れた。この国、キレイ人口ピラミッド。多産多死。10妊娠当たり前。戦後何年経ってんだよ、って思うよ。

なにが言いたいかって、当方のようなロリコン童貞クズ野郎には住みにくい国だなぁってこと。

 

村で本当に小さな商売始めたら人気が出すぎて村委員から警告ウケタ。ポリスまで話がいくと不法就労だよw

ヒマだから国債交流してたらこれだよ…次はボランティアでもおっ始めるか?

2016-05-24

ヒヤリハット法則っていうのかな?

人の不祥事が散々明るみになりやす社会になってきた。  

  

これからはLBGTの人や女性教祖が中心となって、政治に影響を与えるような政党が出てくるのかな。

  

時代の曲がり角にいることは、なんとなく分かる。

明治から昭和初期までは、それまでの江戸幕府中心から薩長天皇陛下名前の元で中央集権国家を目指した。

戦後は、手厚い社会保障を目指す動きと好景気の流れがあった。

平民というのか、下流にいる人間が、労働美徳する流れは、基本的江戸幕府時代から変わらないのではないか。)

  

バブル崩壊までは、トヨタソニー代表される企業にしても、製品を作れば売れるような時代だった。

理系技術者特に、考え方を変えなくても、良かった。

零戦戦艦大和の開発の頃と、大きな流れとしては変わっていないのではないか

欧米に追いつけ、追い越せが主流だったと思う。

学問世界も、何人かのノーベル賞受賞者フィールズ賞受賞者の超・超一流人はスゴいと思うけど、基本はドメスティックな感じがする。)

  

   

  

英語の壁や教育制度時代遅れなやり方があって、

コンピューターITの分野では自動車産業(やカメラなどの光学機器)のような活躍は見いだせないのではないか

日本だけであっても、独自文化であると言われても、ストーカー問題とか怒るのだから

もっと移民が増えると軋轢や諍いが増えそう。

  

  

  

  

2016-05-16

日本

中国韓国インド東南アジア諸国に、経済力技術力でみるみる追い抜かされていきそうで、先行きを考えると実に暗澹たる気分になるのだが、

「ほんの半世紀前まで人類史上最大の版図を誇ったものの、急速に没落してユーラシアの西の小さな島国にまで縮小していくまさに真っ最中の、戦後から70年代あたりのイギリス人」の気分って、こんなもんじゃなかったんだろうな。

そりゃあ、皮肉諧謔お家芸レベルまで育まれるわいな。

2016-05-15

男女問題の総括

一言でいうと、「100年経っても日本人人権概念根付いていない」

1. 明治社会システム犯罪男性無罪)を生む。

2. 犯罪男性無罪)が被害女性を生み、ストレスが蓄積される。

 ※昔は男尊女卑亭主関白絶対的価値観だったので、犯罪行為が黙認されてたみたいな感じで女性ストレス溜まっていった。まあそれはそれである意味では安定していた社会システムではあったが、ひずみが蓄積されていたのだろう。ガス抜きがなかったという点では欠陥システムと言える。また、男性のほうにも生き方自由がなかった。社会的責任男性にだけ押し付けられた。

3. 昭和戦後社会システムが変化していき、女性の権利が増え、犯罪男性無罪)は有罪とされるようになっていく。このため、これ以降の教育を受けた男性意識も少しずつ変わっていく。

4. 過去被害女性が蓄積されたストレスによりヒステリー女性へと変化する。

5. ヒステリー女性による「犯罪男性への警戒」が度を越して「無条件の男性迫害」へと進化し、その行為司法立法行政全面的無罪化される。(痴漢裁判なんか見ていればお分かりだと思います

6. 女性発言力を駆使して社会進出して労働自己実現?)し始める。

7. バブル後のずっと続く不況アイドル2次元進化お見合い結婚の縮小と恋愛結婚市場化によって結婚しなく・できなくなる。

8. 女性社会進出によって育児仕事の両立どうすんだ問題と、男性給料も下がりまくってますます結婚できなくなる。

9. ますます事態がややこしくなり、なぜかヒステリー女性2次元表現まで叩き始める。(そこ叩いても誰も得しないと思うが)

10. 5や9のヒステリー女性無罪)の蛮行ヒステリー男性を生んで行く。1~2の明治世代を生きていない男性にとっては意味不明であり、理不尽攻撃しか見えない。

11. LGBTという第三勢力が登場し主張の声を増やしている。




女性の権利は増えて責任は減ったが、男性権利は減って責任はあまり変わっていない。

ヒステリー女性の中には、男性とつるんで痴漢冤罪などの犯罪行為に及ぶものも出現し、ヒステリー男性生産を加速させている。

・冷静さを欠いたヒステリー男性は、ヒステリー女性と同じレベル言動や主張をし始めた。




ざっくり分けて4象限ある。

ヒステリーと冷静が同居する人も多く居るため、分類は難しいが)

A,ヒステリー男性

B,ヒステリー女性

C,冷静男性

D,冷静女性

ヒステリー者は、ほかの全ての象限から批判される存在である。つまり

Aの行いを見て、B,C,Dが批判する。

Bの行いを見て、A,C,Dが批判する。

ただ、同性間だと批判の手が緩い感じもする。それは仕方ないか

それなりに客観性と理知性を持った冷静な男女もいるが、ひとたびヒステリー被害を受けるとヒステリーにならざるを得ないんじゃないのかな。

から女へのセクハラもあるし、女から男へのセクハラもある。それを被るリスクは冷静かヒステリーかは無関係で、環境によるものが大きい。だが、社会の男女は「女性から男性へのセクハラ」に無関心である被害者本人までも。




そして、ここにLGBTという第三勢力も登場した。いままではあまり可視化されず、おおきく活動もしてこなかったが、海外での認知の広まり呼応してか活動が増えてきた。これはこれでまったく別の問題なのだが、性に関するものなので無関係ではなく相互に影響を及ぼす。主旨は「混乱が増えて迷惑」ではなく、ヘテロセクシャルの男女間ですら許容力、冷静さ、知識が足りていない大混乱状況なので、ますます混乱が増えるというのは残念ながら事実でしょうということです。

例えば、トイレのどちらを使うかという話題など。

米国トイレ使用「望む性で」 LGB権利擁護の狙い  - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20160514/k00/00e/030/200000c




歴史的経緯も含んでいて、例えるならまるでパレスチナ問題みたいな泥沼の様相を呈している。

こういった状況を総括した文献とか論文とかって何かあるのだろうか。

総括に基づいて、指針を打ち出し、学校義務教育で教えたほうがいいと思います社会人にも再教育

こういった状況を理解できないでいると視野が狭くなってしまい、目の前のなぜか敵意をむき出しにしてくる良く分からない相手から身を守るために無意味な反発や明後日の主張をすることしかできず、泥沼化を進めてしまうだけです。

2016-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20160513101240

増田は「返報原則」を知らないのかな?

時は遡って1940年代後半。第二次世界大戦が終わったは良いものの、未だ世界から緊張状態が解消されることな地球上は社会主義陣営資本主義陣営という二つの世界に分かれていた。

日本敗戦後の世界協定宣言により、北海道ソヴィエト九州中国四国小笠原などの諸島部をイギリス、そして名古屋以西をアメリカといったように領土分割統治されることが決定され、その支配は今もなお続いている。

第二次世界大戦最中に開発され、実験的に日本に投入された強大な威力を持つ核兵器

その終戦後冷戦時代には核兵器技術アメリカだけではなくソヴィエト中国イタリアフランスオーストリアインドにも伝わり、世界中で核開発競争が起こったことも知っての通りだよな。

核開発競争が進んだおかげで原爆よりも強力な水爆実用化され、核兵器バラエティとしての中性子爆弾や、存在するかどうかすら怪しい反物質爆弾の保有まで臭わせる国が朝鮮半島のほうから出てきたことも増田記憶には比較的新しいかと思う。

強大な威力兵器インフレの如く開発されていった。しかし、未だ実験しかその威力確認されたことは無く、実戦配備はされているものの実際の戦闘でそれらの兵器が用いられたことは無い。それどころかこの70年、戦争と呼べるものさえ起こらなかった。

それは何故だと思う?

やられたらやり返す」有名なドラマのせりふだね。浦沢直樹だっけ?

これは正常な人間のごくありふれた心理説明しているせりふだ。

人間は、人にやられたことをやり返す。

これは生物学的にも子が親の行動をコピーする、という行動のそれと同じものだとされている。

最近では「ミーム」と呼んだりもするな。増田でも沢山の「ミーム」を見かけることがあるだろう。2chに書き込まれた内容のそのまま丸写し、いわゆるコピペと呼ばれるものミーム一種だ。

話を元に戻そう。

「返報原則」というのはとどのつまり「人はやられたことをやり返す」ということに同じだ。強大な威力兵器を誰かに使えば、同じく強大な兵器でやり返される。

人間歴史から学べる生き物だ。少なからず首脳人はな。だから、「やったらやりかえされる」ことも知っている。やり返されたら国民絶滅してしま可能性すらある。だからやらない。故に70年間の平和が保たれてきたわけだ。

人類の生死を脅かす兵器がそれそのもの平和を築いている、なんて皮肉のものだな。

では増田問題だ。「やられても困らないこと」を人に施す場合はどうだろう?

例えば、人にお金をあげる、とかな。

「やられたのならやりかえす」んだよ、人は。

「やられたいのならやる」もまた真だ。

世の中を角度とか愛とかで満たすことは可能なんだよ。

増田愛されたいのなら、人を愛することから始めてみてはどうだろう。

近未来感のある街は東京世界の独壇場だった時代はもうとっくに過ぎ去ったんだなと

今は他にワクワクする街(DXBとか)増えちゃったのよね。東京がそれをする時代昭和で終わり、今は戦後歴史と融合したネオ東京がどちらかと言うと見たい。

2016-05-11

大相撲が大好きだった

今も大相撲を見ることあるけど、仕事関係休みの日にしか見れない。だからつの間にか新しい力士頭角をあらわしたりしている。

子どもの頃、祖母の家に預けられていた私は、曽祖母大相撲甲子園を見ることが日課になっていた。

今日GWの振り替えでお休み。本当に久しぶりに3時過ぎから見ている。

祖母1908年まれ2007年まで生きた。最後までボケず、俳句をたしなみ、足腰は不自由だったが聡明な女性だったと思う。

北海道開拓の第二世代として大正戦前戦後平成まで生きた。すごい時代を生きたもんだ。

晩年病院で曽祖母の手を握った感触は今でも忘れない。私も、時代は変われどあのように生きたいと思える人間だった。

中入りとか土俵入りをじっくり見ながら、また当時の力士親方になったことを改めて感じながら、昔の、あの、祖母の家での日々を思い出した。





しっかし相撲ってのは非常にゆっくりとしたもんだ。慣例でほとんどの場合時間いっぱいまで仕切る。

から冗長になる。お相撲さんたちは塩を撒くは四股は踏むはやりたい放題である

で、取り組みは一瞬だ。

職場の女の係長なんかは相撲豪栄道)が好きなのに、仕切りのところで「ほらまた豪ちゃんが準備運動みたいなことしてるよ!」とか言ってる。仕切りだっつーの。




そういう所作がまた大相撲のいいところだと思うし、解説がじっくり聴けたり、前の取り組みのダイジェストなんかが見れたりして、それなりにメリットがある。

だがやっぱり冗長だ。

例えばテニス殿堂ウィンブルドンコートが19あるという。これに倣って土俵も5個ぐらい有ると面白いのではないか

幕内十両力士が取り組むセンター土俵幕下土俵、観客が自由参加の土俵なんかを配置すべきだと思う。

幕内でも同時に三番くらいやっちゃうのも面白いコートを分けるように、土俵も分けるのだ。

しかしたら両国には場所がないのかもしれない。その場合国技館を改造して、縦に5段土俵を作ればいい。上の土俵は中空に浮いているわけだ。国技館を立体化すべきと言うこと。領国で無理だったら蔵前でも良い。

もちろん白鵬横綱陣は最上級土俵相撲を取る。最新鋭の土俵設備はもちろん、伝統バリアフリー配慮した土俵にすれば、批判は起こらない。塩も深海のもの使用しよう。

かつて角界は、江戸場所大阪場所があり、それぞれ横綱があった。このように相撲伝統的と言いながら、賭博問題などさまざまな課題も抱えつつ、激動の変遷を経ている。

そして漫画などでわかるとおり、相撲はなぜかSF親和性が高い(『五大湖フルバースト』など)。ヴァーチャル相撲は、実は角界未来を考えるためにも役に立つ。

テレビで見てる相撲が、未来そのままであるわけではないだろう。どんどん相撲も変わって行っている。立ち合いの際の手を十分につくルールなんかもそうだ。ちょっと前までそんなことなかった。

私が訴える土俵を縦に5個積んで取り組みと一度にたくさん出来るようにすることで、全日本選手権とかも楽になると思う。

再び蔵前国技館が出来る際には是非バビロン庭園ならぬ空中土俵を実現してほしい。

2016-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20160508032126

戦後に至っても「サボタージュのせいで毎日電車が遅れまくってムカつく」程度の理由暴動起こしてるんだから飼い犬教育とかあまり関係ないだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160508002439

戦後50年ぐらい日本政府は認めてなかったようにも見えるけどな

2016-05-07

予備校いける富裕層の子とガスが止まって水風呂に入る貧困層の子

子育て一つとっても、なんか最近貧富の差がひそかにニュースになってて暗澹たる気持ちになる。

 

ここ10年で地方でも予備校増えて、教育に力いれてる子と、生活が苦しい子の差が浮き彫りになって

戦後みたいに皆が貧しいみたいな貧しさじゃなくて、モノはあふれてるのにお金がなくて買えないみたいな貧富の差

さいこからパソコンタブレットYouTubeに触れてる層がいる反面、そういうデジタルものから阻害されてる層がいる。

 

世の中って機会が均等じゃないって理不尽を感じてなんか辛くなる

2016-05-05

http://anond.hatelabo.jp/20160505085036

独り言

銀行取り付け騒ぎみたい

マイナスマインドが負の連鎖に繋がる

低価格品質に誇りをもっていて

完璧主義で精細で繊細

ほんとは

乗り物や配送なんて何時間遅れてもたいしたことなくて

郵便物も届くか届かないかわからいくらいが丁度良い

治安も注意していないと、いつ刺されるかわかならいぐらいが普通

買った製品も7割動けばOK


品質と適切な費用

品質コストに比例するのに、企業努力してコストを下げたら、給与帯も下がる

安くて良いものはみんな買うもんね

良いものは高くないといけないのにね

買う人が品質技術に敬意を払っていないんだろうね


人件費

品質品種での対応人件費の占める割合が高すぎる

給与を下げる以外で対応可能な方法を求む

品質を下げると売れなくなり悪循環、人を切らないといけなくなる、けど切れないので

人を雇わないようにする(派遣にする)、可能な限り自動化する


日本が死んでいる?

日本が死んでるのではなくて、労働に対する対価というブルーカラー的なもの世界的に死んでいるのではないかな

ブルーカラー人間しかいない日本では働いた分の報酬要求するので

お金がどう生まれるかと切り離されていて、報酬を得る知識が乏しい


■目先のこと

労働に対する対価を求めるのなら、技術を身につけよう

自分次第で技術は深くも広くも身につけることができる

仕事で身につかないと嘆くなら、仕事以外の時間で身につけよう


時代のこと

ほんの一時期(戦後数十年~現在~??)能力が低くても、誰でも生きることができる豊かな日本があった

歴史普通は、これから普通はどうなんだろう


予防線

強く書くと反応が激しく、弱く書くと反応しない

とりとめなく書くと誰も読まない

多数派は読解力がなくて、鈍い人達

自分もその一人

2016-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20160429181719

それはおかしい。頭は使うべきはそちらのほうだ



地震兵器第二次大戦中にはすでに実用レベルまで研究が進んでいて

戦後数回の大震災という名の実験実用性は実証済み



仮に前回までは自然発生で今回が初実験となると開戦を見越していると思われるが

そうなると隣国に近い九州地方で行うのは理にかなわない

2016-04-27

ベジタリアン留学生けが給食を残すことができた

日本人の生徒は掃除時間まで食わされ続けてたからな。

戦後とかじゃなくてほんの15年前の話。

日本日本人宗教多様性などないことを無意識レベル矯正される社会

2016-04-25

memo

都市ガス形式

13A, 12A

数字はガスの発熱量を表す.13の方が発熱量が多い.

アルファベットはガスの燃焼速度を表す.Aは遅い.Bは中間.Cは速い.

13A, 12A, 6A, 5C, L1, L2, L3のガスが供給されている.

敷金礼金

戻ってくるもの

"敷金","保証金" といった名前のものがあり、関東方面では一般的敷金と呼び、関西方面では保証金と呼ぶようです。

戻ってこないもの

礼金仲介手数料

戦後間もない頃、日本焼け野原で住む所さえない状況でした。

そんなとき、住む場所提供してくれる人に対して、

感謝気持ちを表して、お金を包んだことがはじまりと言われています

家電リサイクル法

一般家庭や事務所から排出された家電製品から有用な部分や材料リサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源有効利用を推進するための法律です。

上記の家電製品対象

ムール貝ムラサキイガイ

オヤギはバカガイバカの由来は諸説ある.

2016-04-21

http://anond.hatelabo.jp/20160421025800

増田は何か勘違いをしている。

どうも増田は①「二次元さえあれば生きていける」などという考え方は誤りで、②「世間が求める”普通”を追い求めることこそ重要である」という考えが正解であると思っているように見受けられる。

しかし、それは間違いではないか。①②両方とも正しいのではないか。

若いうちに恋人を作り、結婚し、子育てをするという、いわゆる”普通”の生き方というのは、日本民法が定める婚姻制度と、それを基礎とした相続制度税制度が作り上げた一つのモデルにすぎない。

そのため、このモデルというのは明治以降の代物にすぎず(恋愛結婚まで含めれば戦後の代物というべきかもしれない)、別に日本伝統のものというわけではないし、このモデルに従ったとき問題点も近年噴出している。これは田舎での離婚率・家庭内別居率の高さ、近時の芸能人による不倫報道を見れば明らかだろう。

増田流に2chコピペから考えれば、「結婚人生墓場コピペなんかもこの証左となるかもしれない。)

結局、①も②も生き方として良い点もあるし、悪い点もあるというとで、どちらが正解というのもはない。

(この点を勘違いして、②が正解であるとの固定観念に陥ると、いざ結婚したのちに、今度は「普通人生がいいと思っていた」みたいな増田を書くことにもなりかねない。)

それを踏まえて、今回増田は、これまで消費してきた二次元コンテンツの廃棄を通して、価値観が①から②へと変化したにすぎない。

増田二次元コンテンツの消費を通して成長ないし変化したのだ。

今回の件で増田が②の生き方をよしとするなら、それに応じた努力をすればいい。さしあたっては、美容院に行く、服を買う、出会いの場を作る、というような方途が考えられるだろう。幸い、これらの行為は全てインターネットを通して調査・実行することができる。昔に比べればハードルは低い。

エロゲーという表現形態はどうしても一段低く見られがちだが、その基礎にはクリエイターたちの必死努力研鑽がある。その消費によって得られた体験は、その努力研鑽に応じた素晴しいものがあるはずだ。

自らの人生を軽々しく否定すべきでない。価値観が変わったなら、それに応じた努力をこれからすればいいだけだ。

2016-04-20

ネットで見る怖い話って(おもに二ちゃん系)自分が見聞きしたか親が見聞きした話が多くて、

そうするとどんなに古くても戦後の話で、書いてるヤングたちの想像する昔って俺らの青春時代とか親がリアルに語ってた昔話の時代で、

実体験のある昔とヤング想像する昔が違いすぎてあまり怖さがなくてつまらない。

それに俺が田舎育ちだから「昔の田舎では村のしきたりがどうこうで言い伝えがどうこうで儀式としてどうこう」とかいう話が出るとそこで冷めちゃう

明治より昔の時代設定だと(あってもええんかな、昔やし)って思えるけど。

2016-04-18

私たちの実感が大事だとは理解できない。

http://anond.hatelabo.jp/20150311194457

>大事なのはデータではなく、私たちの実感である


私たちの実感が大事だとは理解できません。

生きる上では、そりゃあ感情認識というのは大事になります

しかし、議論対策の上では主観よりもデータ大事です。

言い方悪いけど、元記事は、言葉をこねくり回しているだけに見えます

極端な例えと思われるかもしれませんが、大学入試を控えた人に大事なのは下記のどちらですか?

1.模試結果を踏まえた合格の可能性

2.その生徒や親の、多分受かりそうだという主観


私は1が大事だと思いますしかし、体感治安大事だというならば2が大事ということですか。

社会に住む人々の感情が変われば、現実の方がそれに連動して変わると言う事ですか?

それはおかしいです。

いくら今日暖かい気がする」と言ったところで、温度計が示す気温は変わらない。



ところで、戦国時代ならともかく、戦後なんて殺人事件放火凶悪犯罪であったことには変わりないんじゃ無いでしょうかね?

日本社会凶悪犯罪は減っているという論者は大体戦後から凶悪犯罪の減少を言っていると思うのですが・・。

警察統計の、凶悪犯罪定義って、戦後どこかの時点で途中で変わっているんですか?

2016-04-14

互助会 vs 原住民 〜人喰い人種増田族の謎を追え〜

 我々取材班は、未だはてな原住民の勢力下にあるという増田村に潜入取材を試みた。


 現地のガイド犬(スコティッシュテリア)に案内され、増田村との接触に成功した取材班

 いきなり村の入口の異様な光景に驚かされる。


取材班「こ、これはいったいなんだ???


 村の入口に並んでいたのは無数の頭蓋骨であった。


ガイド犬「ああ、これは別の増田村の村民たちの骨ですね。彼らは年中同族同士で殺し合ってるんです」

取材班「明らかに増田ではない骨格の頭蓋骨もいくつかありますが……」

ガイド犬「(直接質問には答えず)安心してください。我々は敵ではない、と先方に伝えてありますから


 ガイド犬の口調は力強かったが、未開人の野蛮な風習を見せつけられたショックは大きい。


取材班「こんな文明から隔絶した、恐ろしい土地現代インターネットにも存在したなんて……」


 インターネットの闇は深い。

 増田村の村長宅では、村民総出の出迎えを受けた。


増田A「ブリブリ! ウホウホ! ブリブリ! ウホウホ!」

増田B「ニホン! シーネ! フジツー! シーネ!」


 随分、興奮しているようだ。

 よそものを心の底から歓迎しているふうではないようだが……?


ガイド犬「大丈夫です。あれは、彼らの言葉で『あなたに会えたことを神に感謝します』と言っていて、まあ定形挨拶みたいなものです。我々は歓迎されてますよ。ほら、見てください」


 犬が鼻で示した先には、煮えたぎる巨大な鍋が。

 中身は排泄物のような色合いの液体で満たされており、ちらほらと魚の頭?のようなもの突き出している。

 増田たちはそのシチューのような何かを木製の器によそうと、満面の笑みで我々に差し出してきた。


増田C「ウンコウンコ! サバカレーウンコ!」


取材班「我々に食べろ、と?」

ガイド犬「これはサバカレーといって、増田族に伝わる神撰のひとつです。外部の人間とこれをわかちあうことで、永遠友情を築けると彼らは信じていますヤクザの盃とおなじですね。友好の証ですよ。ぜひ、いただきなさい。おいしいですよ」


 サバカレーはぬちゃぬちゃして、とても苦く、お世辞にもおいしいとはいえなかった。

 が、せっかくのおもてなしを無下にはできない。彼らの機嫌をそこねたら、魚の次にシチュー材料にされるのは我々だ。

 我々は無心でサバカレーを口の中へかきこんだ。


取材班「ごちそうさまです……」


 二時間後、悪戦苦闘の末、我々はサバカレーを完食した。地獄のような二時間であった。しばらく茶色食べ物は焼きたてのパンでも食べたくない気分だ。

 我々は増田村の村民たちに感謝の意をささげた。


増田B「ノープロブレム! ブクマ! ブクマリーズ!」


 増田たちは、戦後直後の占領米軍兵にチョコを乞う浮浪児たちのごとく、一斉に両手を我々に向けてつきだしてきた。

 ご馳走の見返りをよこせということだろうか?


 

ガイド犬 「ああ、ブックマークを欲しがってるんですよ。彼らは。くれておやりなさい。減るもんでもないでしょう」


取材班「あの……ブックマーク……とは?」


ガイド犬「は?」


 ガイド犬の目つきが明らかに豹変した。


ガイド犬「そんなことも知らないで……増田村までやってきたんですか!?


 増田たちの「ブクマブクマ!」の大合唱がどんどん強まっていく。

 ガイド犬は増田村の村長に向かって、あわてて何事を申し立てた。

 増田村長ガイド犬と二言三言、短い会話を交わしたのち、ベニヤ板の床をドン、とひとつきし、増田たちを黙らせた。


増田村長ブクマ! ウンコ! ゴジョカイ! スイヨービ!」


 増田村長の大喝に、一旦はクールダウンたかに見えた増田たちもふたたび狂騒を取り戻す。


増田たち「ゴジョカイ! スイヨービ! ノーブクマ! スイヨービ!」


ガイド犬「まずいな……」

取材班 「まずい、って何がです!?


 ガイド犬はそれには答えず、こちらへ憐れむような一瞥を投げかけたと思うと軽やかに身を翻し、青二才のごとく狂騒の村長から逃走した。


 われわれを置き去りにして。


増田たち「ゴジョカイ! スイヨービ! ノーブクマ! スイヨービ!」

増田たち「ゴジョカイ! ダップン! ノーブクマ! ゲリピー!」


 我々を輪のように取り囲み、じりじりとにじり寄ってくる増田たち。

 その目はどれも尋常ではない光を帯びている。

 命乞いは、無駄であろう。


取材班「なんてことだ――増田村に、はてな原住民にさえ近づかなければこんなことには――」


 後悔してももう遅い。

 おそらく明日には我々の真新しい頭蓋骨が、増田村の入り口に並ぶことだろう。

  

 

2016-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20160412110435

今の高齢者の方々には、戦後復興を頑張ってもらったという敬服の念は持ってはいます

でも昔もっておられた志しが、定年をすぎて第二の人生を歩み始めた途端、自分たちさえよければ後はどうでもいい、という考えになるのが、よくわかりません・・・

2016-04-07

匂いを思い出した

今、雨が降っている。そのせいの湿気のために洗濯物が「湿気った匂い」をしてて

その匂いが鼻を掠めた瞬間に何十年も前の雨の日の校舎の匂いを思い出した。

戦後間もなく建てられた木造の古い小学校の校舎は雨の日には「雨の降った時の校舎の匂い」がした。

そのまんまだけどあの匂いは「雨の降った時の校舎の匂い」としか言いようが無い。

「雨の降った時の校舎の匂い」を楽しみながらの授業や湿気でグリップ力の上がった廊下を走り回った休み時間を何度か

終えたら、帰り道に人の庭の軒先のあじさいかたつむりを摘み上げたり、水かさの増えた溝に笹の葉っぱで作った船を走らせたり。

匂い記憶が蘇ることはめったにないが蘇るとそれに関係した記憶が次々に思い出される

2016-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20160404145122

名立たる大企業が、独身寮も社宅も売っぱらっちゃったんだよ。バブル崩壊後とリーマン危機後もどんどん。

なかには稼いでいる部門も、そのときのゼニになるからと売っぱらうこともしてる。

福祉企業に期待するって、80年代価値観だよね。

それをムリなのを承知で、仮に言うなら『企業自前の保育施設を作れ』ってことなのかな。

そもそも戦後国家としての福祉機能を作らないで、企業福祉を作らせておいて、企業には義務はないから不景気になったら寮も社宅も売ってしまってなくなって、いきなり都市部アパート家賃を自前で払うことになったというのが、平成不況の相当部分を占めてる。家賃心配がないというなら、上京してもそんなに生活は苦しくないし。保育施設が足りないってのは、年齢層で上で言えば、公共住宅必要時代にそれが足りないという感覚。1960~70年代くらいの感覚戦後日本はカネもないのに住宅政策はどんどん進めて成功したんだけど、今回はそういう意識いね。やってるのが厚労省からか。

2016-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20160402002041

ブラックな代わりに法律厳しく契約は守る傾向にある。

「今の」日本場合は、法律ザル、なんとなく情でごまかす

ブラックを推進している最悪な状態戦前と同じ)。

戦後は、ひゅーまん・りそーす・まねじめんと等

アメリカ日本の人を人としてしっかり扱うマネジメント

真似たり、起業家精神など見習ったりして

躍進した。

日本リーマン阿呆から、大昔のかん違いの人切りを

リクルートと推進して、腐ってる。

こイズムが悪い。

それにいれた野郎も。

2016-04-01

http://anond.hatelabo.jp/20160401085312

元増田です。

例を挙げてくれてありがとう

個人的考察なんだが、こういうことを言うのは圧倒的に年配の方が多い。

そのような方々は戦後の貧しい時期を生きているので、長生きが本当にありがたいことだったんだろう。

しか自分もそうだが豊かな時代に生まれ育つと昨今の不況とか絶望することのほうが多くて生きることそのものが苦行にしか思えない。

現に自殺者は増加しているではないか。

理解している。

まり時代背景の差なのだと。

2016-03-27

[]大人が見ても楽しめるアニメ 5選

カウントォダウン!

チェッケラ!


モンキーパンチ構想13年と謳って、蓋を開け見たら・・

怖いもの見たさで、1度だけ見てほしい今世紀最大の糞アニメ

おそらくニコやyoutubeに挙がっているフリーアニメのほうが出来がいい。。

1回見ればいいです。


絵本のようなカオスファンタジーアニメ

設定を詳しく知るとさらに楽しめる。

海外アニメ

悪い意味でもいい意味でも糞アニメ

いろんな意味世界観が変わる。

差別ネタ好きなはてな民は好きそう。

映画抜きにしても日常回はおもしろい。

最近やらなくなったけど、個人的にパロネタが好き。

最近時代に合わなくなったけど、みさえは24歳でしんのすけを生んでいる。

視点で観るようになって感慨深い・・

30分3パート、基本オチてない。

パート冒頭、タイトルコール直前の(頭おかしい)ネタを見ておけば、7割楽しめる。

全自動卵割り機ネタが有名だが、基本発明ネタの回は頭おかしいのでおススメ。

登場人物最近アニメに全く負けない個性派ばかり。

原作漫画時代設定は戦後なので、ヒロポン闇市ネタもあるので、図書館などでどうぞ。

なお、原作漫画では、やたら好意押し付けてくる同級生はいない。