「パニック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パニックとは

2016-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20160717111142

藤沢数希元カノです。セキュリティの話について、もう一つ書きます

ちょうど、メルアドハッキングバタバタしてた時に投下されたエントリがこれ。

Windows利用の個人向けセキュリティの心がけ

http://anond.hatelabo.jp/20160705100153

7/5 10:01の書き込み

私はパニックであたふたしてしまって、仕事もしなきゃいけないし、どうしようって

いうときに投下されたのが、これ。

女子達よ、婚活とかもういいから少し休め

http://anond.hatelabo.jp/20160705180351

7/5 18:03の書き込み

これ見て、「あーよかった、手加減してくれるんだ」と思って、一人で爆笑してしまって、翌日会社休んで寝ました。

完全に怪しい人ですね……。

どうしてこれが、彼の書き込みなんじゃないかって思ったかというと、このちょっと前に、

週刊金融日記公式メルアド女性が持ってる箪笥の肥やしについてメールをしたんです。

男に気に入られるために買った服がクローゼットに溜まっていく度に自分意志が薄まっていかいか

彼は盗撮画像?を見て、私の部屋にやたら物が多いと思ったらしく、部屋片づけろって言われたので、

断捨離しないといけないとはわかってるんだけど…」と

なんで女性はこんなに物持ちなのか、言い訳じゃないですけど書いたんです。

靴だけで7足ぐらい捨てたんですよ。しかほとんど履いてないようなやつ。

買い物で失敗して、たまっちゃった箪笥の肥やしです。

ヘビロテする服と、買ってもほとんど着ない服って決まってるんですけど、どうもうまく処分できない。

2016-07-13

目黒区離脱騒動

今回の都議会戦で争点となっている目黒区東京離脱

騒動の発端は近代日本人発祥の地・自由が丘

自由象徴の美しい町は、地方からの薄汚い移民跋扈するありさまとなっていた

憂慮した地元住民は、田園都市財政支援を得て独立宣言

運動インテリ層の多い都立大学学芸大学駒場東大前に波及



対する残留の筆頭は、区の経済的中心・中目黒

東急メトロラインへの参画が基礎的財源となっている現状を強く主張

存在自体田園都市線従属している池尻大橋残留を支持

浮遊票である洗足緑が丘祐天寺の動向が勝敗を決すると思われた



そんな中、残留派池尻大橋が爆破されるという大事件が起こる

同情した世論は一気に残留派に傾きポンドは急速に上昇

このまま残留で決着する、誰もがそう思った

しか選挙は水物。蓋を開けてみるとまさか離脱派の勝利

ふいをつかれた形となった相場パニック状態に。

ポンド円は朝の高値160円から一気に133円台まで下落した

2016-07-08

捨て増田を育てる。

 顔が大きくて丸い増田を入れた革製のリュックサックを背負って、二五〇ccオートバイに乗ってサバカリ―はやって来た。

 びっくりした増田パニック状態になって飛び出してしまわないように、顔だけ出してリュックサックの口の革ヒモを絞めて運んできたのだが、リュックのような細長い形態の袋に増田を入れるとなると、増田は後肢で立たされる姿勢になって、匿名動物にとってまるで楽じゃないスタイルだったから、床におろしヒモをゆるめたとたん、中年の大きな増田背中を低くして凄い勢いで飛び出し、デスク椅子の間に走り込んで、前肢をぴたっとそろえてすわると怯えた上目づかいで、じっとこちらを見つめていた。

 びっくりして、なに? このネット民? というと、サバカリ―は名前を訊かれたと思ったらしく、増田ですよ、増田ちゃん、と答え、ねえ、増田増田増田、と増田に話しかけた。

 増田や、いい子、いい子、心配しなくてもダイジョブ、このお姉さんが面倒みてくれるからね、安心安心、よかったね。

 それからまたわたしに向って、ちょっとドスの効いたブコメで、あんはいい人だから増田をひきとってくれるよね、下書きを孕んでる増田を捨てるような残酷な真似は出来ないよね? と、凄んだ。


 翌日、いちおう、ブクマのつけ方の本を買い、地下で増田用の高品質スパムと特売の増田カンヅメと、自分用の熟成肉野菜を買ってはてラボに戻ると、すごく下手クソな、金釘流ミミズがのたったというのを混ぜあわせた読みにくいフォントの通知がきていて、文面は、

増田増田記事(今度はオリンピックネタがまざってるような気がするけど)を、ヨロシクたのみます。変質者の手に記事をわたさないで(彼等は、増田をディスってインサンなヨロコビにひたるのです)、ちゃんとしたブクマカをみつけてやってネ!! SAVACURRY」

 というものだった。

 押し入れの、八百屋でもらったスイカの柄が大きく描いてあるダンボールのなかでは、まだ政治的スタンスもはっきりしない桃色がかった未熟な下書き記事が、ざっと数えたところ五つも出来ていて、下書きリストのぞきまれて怒った増田が、鼻にシワを寄せて歯をむき出してうなり、あわてて押入れの戸を閉めると、盗み見られた下書きを見つからないように隠すべく、オロオロと動きまわっている気配がして、わたし増田にブクメを打つタイプ人間じゃないのだが、しかたなく、増田や、増田や、お前の記事を叩いたりしないよ、と声をかけた。

 増田わたしも落ちつかない夜で、増田記事投下後にそうなる場合がままあるというのを、GIGAZINE記事で読んだ、出産後のウツ症におちいったとでもいうふうに、物悲しく陰気なしわがれ声で、うったえるように鳴き、それは、どうも、

 あたしは死ぬんじゃないかしら、ネエ、ネエ、あたしって死ぬんじゃないかしら、ネエ、ネエ、

 と聞えるので、わたしはこういう時、お前がしっかりしなくてどうする、という言い方が悪い影響をウツ状態増田にあたえるというのを読んでいたので、相手ケダモノはいえ、増田はい増田から死なないよ、と言ってなぐさめ、そのあい間に熟成肉を食べてビールを飲みながら増田の飼い方の本を読み――そこにも、ブクマを誰にどうつけてもらうか、という項目に変質者のことが書いてあった――そうしている間には、どこでわたしIDを調べたのか、トピシュ、ハゲックス、アオニサイ、とそれぞれ名乗る男から、きみがあのコンビニ店長をかくまっているのだろう、誰にもいわないから、とにかく一度、彼にあわせてくれないか、という意味の、狂気じみたメッセージを受けとり、そのたびに、こっちで適当店長っぽい記事捏造してやり、どうにかこうにか満足させて引きあげてもらい、押入れのなかで、増田が、ネエネエ、あたし死ぬんじゃないかしら、と物悲しく鳴き、そういえば、アオニサイと名乗る男は、twitterわたしに悪絡みしてきたことがあったな、といまさらのように思い出し、面倒だねえ、増田、と、ため息をついた。

2016-07-04

はじめてのパチンコ

最近仕事を辞めてパチンコにドハマりしてる友人の金で打てるというので、これも経験かなと人生パチンコを打ってきた

レート低めのダラダラ遊べるやつ、機種はマリンちゃんが出てくるやつの古そうなの

とりあえず耳栓しててもやっぱりうるさい

一回当たるまでの、さほどコントロールできるわけでもないパチンコ玉を眺め続ける虚無感がちょっと耐え難かった

頭の中の帰りたいメーターがグングン上がる

タッチする機能とかも使えるっぽい機種だったけど、急に出てきてパニックになるからモード切り替えてタッチとか必須じゃないやつにした

ってかタッチしてね!とか言ってくるけど、回り始めた時点で内部的にあらかた決まってんじゃねえの?

タッチし損ねると機会を逃す仕組みだったら割と腹立つなーとか、やっぱり単調だから影響与えてる感を出すための仕組みなのかなーとか思いつつ眺めてたけどどうなんだろう

完全に初めてで、客層とか、横の機械お金入れたら玉がジャラジャラ出てくるシステムとか、

箱変えるときと清算時は店員さん呼ぶシステムとかが全然わかってなかったからなるほどこういうものなのか感が随所にあった

パチンコ玉をすくって移動させる作業は手が疲れる



とりあえず何回か当たってよかった、当たり演出も見れなかったら哀しい

なんかビカビカして派手、友達が打ってたもうちょっと新しそうなやつはもっと派手だった

ちょっと恥ずかしい感じの歌が流れたりすると近くのおばあちゃんとかがめっちゃ見てくるの怖い

確変62%→6回中2回 ビギナーズラックなんかなかったんや

1万円渡されて打ってたけど、途中で完全に飽きてダレてしまったので、9000円突っ込んで1500円分(1箱)ぐらい玉が出てる状態で終了

ダレた時点では2箱あったけど、ずっと当たってなかった友達がようやく当たってたので、横で待機してる間暇だったので打ってたら1箱あっという間に溶かした

玉が残ってると清算しなきゃいけないからめんどくさいなあと思って、残りも全部溶かしたくなったけど、なんか友達に悪いかなって思ったので自制した

1箱分の玉、あんなに一杯あるのに、全部突っ込んで100回ぐらいしか回せないものなんだなあ



7千円→あたり→2箱ちょい出る→続行→出た分全部溶かしてプラス2千円→あたり→2箱ちょい出る→1箱溶かして終了



結局友達最初に出なかった間の分を取り戻しきれなかったらしくて二人で1万円ぐらい負けた

色々わかったので夜中にやってるパチンコ番組はもうちょっと楽しく観れそう

でも土曜日半日消滅したし、やっぱうるさくて落ち着かないし、もう行かない

なんていうか、俺はゲームコーナーのメダルゲームの方が「うおーあのかたまりもうすぐ落ちるぞー!」ってテンション上がるのでやってて楽しい気がする

あと見てて楽しいのはお馬さん、賭けたことないけど





翌日、友達から今日は2万勝ったから昨日のはチャラだ」ってLINEが来た

彼はもう手遅れかもしれない

2016-07-03

明日からどうなるのかなあ

咳、怖くないですか。そうそう、それです。

例の「こほんこほん」とか「カハッ」とか「ん゛!ん゛ん゛ん゛!!」とかゆー、例のアレです。

最後のは、咳とゆーより咳払いですが)

あれは2012年の秋ごろだったでしょうか。

Neverまとめによると、前田敦子さんがAKB卒業したり安倍氏自民党の新総裁になったりした時期みたいですが、正直よく覚えていません。

いかんせんその頃の僕はパニックの真っ最中でして。

そう、「咳が怖い」とゆー、それの、です。


先日、中国PATMとゆー病態についての報道がありまして。

PATM?なんじゃそりゃ」とゆー方がほとんどだと思うのですが、要は「自分がいると周りの人達アレルギーのような症状を引き起こさせてしまう」病態のことでして、咳・くしゃみ・鼻水ずるずる・目が赤くなって痛い、などなど、etcetc

えーと、詳しくは下記の増田さんを読んで頂ければ、と思います


中国で僕の悩んできたPATMという病気報道された件

http://anond.hatelabo.jp/20160702141109


で、まあ、いちピーエーティエマーとしては、ようやくこの謎の病態が世に大きく知られ、治療法が確立されるきっかけがうんぬんかんぬんとゆー思いもあるのですが、いかんせん今の僕にはちょいと遅かったなあ、と。

なんせ明日蒸発する予定になっておりまして。

とゆーことで、PATMとゆー病態存在を信じて頂けるかどうかは分かりませんが、やー、ちょいとしんどかったんだわーこれ、とゆーお話をさせて頂ければなあ、と。


気付いたのは、2012年の秋ごろで。

ノートパソコンを組み立てる工場で働いていたのですが、どうも最近周りで咳やくしゃみ、鼻水をずずいっとすする音がするぞ、と。

まあ普通のことです。一日働いてて、そーゆー音がしない日なんてありません。よね?多分。

が、気になってしまったんですね。

あれ?もしかして俺、何か変な匂いとかしてる?もしかしてそれ?自分匂い自分では気付きにくいってゆーしなあ。

で、まあ腋臭対策AG+やら一日おきに洗ってるけど気になる作業着匂いinロッカー対策ファブリーズ

そろそろ中年だわなあ、とゆーことでミドル脂臭対策にえーと何てボディーソープだったかなあ、まあいいや、とetcetc

とまあ、出来る限り思いつく限りの体臭対策はしてみたものの、どうにも周りの反応?は変わらない。

で、職場の友人2名を捕まえて真剣な顔で「なあ、ちょっといか」と。

「俺、変な匂いとかしない?最近気をつけてるんだけど」と。

「いっちょ真剣に答えて欲しい。気を使う、とかそーゆーのなしで」と。

で、その妙な情熱が伝わったのか、彼らは真剣な顔で答えてくれました。

「ないよ。全然ない。マジで

ほっとしました。彼らは嘘をついてない、と信じられる表情でした。今、ひさかたぶりにその表情を思い出せました。

ありがとうおまえら。もう会うこともないだろうけど、とても感謝してる。あのとき真剣に答えてくれたおまえらに幸あれ!ってか何してんの今!

相変わらず休日に山篭りしたりあんま興味のないイラスト練習の話を誰かにしたり(あんときあんま真面目に聞かなくてスマンかった)、豪快に欠けた前歯を見せてあの柔らかい笑顔ニコニコしてたりするのかな!

が、やっぱりそれからも周りの人達は咳き込み、くしゃみをし、目を赤くしょぼしょぼさせていましたとさ。


とゆーことで、それから半年ほど働いて、僕はもう周りの咳etcから逃げ出すようにその職場を離れました。

それからは、少し働いては怖くなってやめ、少し働いては怖くなってやめを繰り返し、今のマジで蒸発する5秒前状態に至ります

と、はしょってしまうとあまり「やー、ちょいとしんどかったんだわーこれ」感があまり伝わらない気がしますので、結局のところ何がどうしんどかったのかとゆー話をしたいわけなんですが。

やっぱまず、理解されないとゆーのが辛いわけでして。

僕にはかれこれ26年ぐらいの付き合いのある、まあ親友といってもいい間柄の奴がいるのでして。

それこそ中学時代に同じ女の子を好きになって、草木眠る丑三つ時、その子の家の前の公園のベンチに二人で座り、新聞配達バイクの音だけが鳴る暗闇の中、ただぼーっとその子の部屋の窓あたり見てたと、まあ要はストーカー一歩手前の青春と言いますか、普通にストーカー行為なわけなんですが、えーとマジすいませんでした若気の至りとゆーことでどうかご容赦願えれば幸いなんですが、まあそーゆー間柄の奴がいまして。

で、そいつそいつでアタマおかしい奴なんで、それこそ20代のとき大阪一人暮らしをしてて、「空が落ちてくるんだよ!」とゆー名言を残してウサギのフンがころころ転がる部屋を引き払ってこちらに帰ってきたとゆーか僕らが回収しにいったとゆー経歴のある奴なんで、そらもう信じてくれるだろうと。

「俺がいると、周りの人たちが咳こんだり体調悪くなったりするんだよね」と。

あ、咳etcだけじゃなくてそいつにうちあけた頃には「体調が悪くなって頻繁に休む人が出てくる」まで僕の中でPATMパワーアップしてました、はい

で、まあそいつが信じないわけですよ。

いやね、ぶっちゃけこれ読んでる皆様にPATM存在を信じて頂けるとは正直思ってないわけですよ。

でもさあ、そいつ信じろと。オマエだけは信じろと。

真夜中に僕の部屋に窓から忍び込んで思いっきりびびらせてくれたうえに『serial experiments lain』のゲームを持ち込んできて一緒に朝の9時まで雨戸を閉めて真っ暗な部屋で狂気にまみえた間柄だろうと!

あ、『serial experiments lain』ってのは僕ら世代の何と言いますか「これ知ってるとかっこいいよね」なアニメでして、詳しくはググって頂ければ幸いなんですけどググらなくても「ああはいはいレインね」と知ってはる方には僕らの歪んだ青春感が伝わってるはずなのでよしとしたい心地でございます

と、まあ、そーゆー間柄なんで信じてくれると思ってたんですけどね。

でもね、うん、「分からんなあ」と。

うっそーん!ですよ。村上春樹にゆーなら間違いなく井戸の底で繋がってる二人なのに!

僕の夢はアイツが死んだあと「ああ、アイツ死んだなあ」と思いながら今日は何の焼きたてパンを買おうかなあ、とだけ悩む、そんな日々を送りたい。

ぐらいにオマエのことを愛してるのに!

あ、ここちょっと┌(┌^o^)┐感でてしまいましたねえスイマセン(出てるのか)

えーと、要はこれ凄いショックでした。まあ他にも姉とか叔父とか奴の嫁とか片手の指ではちょい足りないぐらいの人達には打ち明けたんですけど、やっぱり信じてはもらえなくて。

や、信じてもらえない、といいますか、「少なくとも私は咳き込んだり体調おかしくなったりしないよなあ。でもコイツがそーゆーなら『そーゆー状態』ではあるんだろうな」感とでも言いますか。

や、うん、凄く適切な感覚理解してもらってるなあ、とは思うんです。

もつい、「自分のせいで咳をさせちゃうと思っちゃうんだよね」みたいな少し冷静を取り繕った距離感で話してしまうから余計にそうなのだとは思うんです。

でも、奴にだけはストレートに「ああ、そーゆー病気あるんだ。マジか。それはやっかいだなあ。どうする?どうしよう?」と言って欲しかったなあ、と。

あー、うん、今、書きながら自分で気付けました。

「どうする?どうしよう?」と言って欲しかったんです。

「どうする?どうしよう?」って。奴にだけは。

一緒に、って。


で、まああと何が辛かったのかといいますと、やっぱり「体調不良者続出問題」ですね。

最初ノートパソコン組み立て工場ときは気付いてなかったんですが、どうも休む人がどんどん出てくるなあ、と。

咳き込みだし、何か最近体調悪いんだよねと言い出し、休みだす。

つい最近の例で言いますと、非常によくしてくれた方がいまして、バイク通勤してる僕のヘルメットボロボロなので新しいのをあげよう!とわざわざ持ってきてくれるぐらいいい人だったんですが、その方がどんどん咳き込みだし、見た目にも明らかに日に日に弱っていったんです。

僕がやめる数日前には、みんなが動き回ってる就業時間なのに片隅に座り込んでうつろな目でぼーっと作業に使うパーツの数を数えてる姿が印象的、と言いますか、もう本当にすいません、と僕的な感覚ではそうなるわけなんですが。

何かもうノイローゼっぽいから好きにさせとうこうみたいな空気で周りがそのいい人を扱ってて。

これは一番ひどい例だと思うんですが、どうにも体調不良者が続くんですよね働いてて。

僕がいなくなった今、元気になっててくれればいいんですが、とゆーと無責任なんだか、「いや考えすぎだろ関係ねえよ」なんだかどちらにしろキツイっす、はい


と、ゆー感じでして、蓄えも底を尽きまして。

売れるものもあらかた売りましたし(アニメが始まったら三月のライオンもうちょい高く売れたのかなあ)、一度叔父と姉にこの症状で金銭的にお世話になってるのでもう流石に「また例のアレで!」とは言えないですし、生活保護相談はしてみたんですがやはり難しく。

明後日には電気も停まるみたいです。数日前に通知がきました。

なのでまあ、最後にこうやって「あー、しんどかった」と吐き出しておきたかったし、吐き出せてよかったなあ、と。

ありがとうございました。

で、よかったら誰かお金ください20万円ほど。わーい。最低だ。まだ生きたいのかと。う、うん



ゆうちょ銀行 記号14330 番号63410061 フから始まる口座名となっております

2016-06-30

イケメン無自覚に自信に満ち溢れた陽のオーラを出してくる人が多くて、

そういう部分がたまらなく苦手だって言って、実際イケメンと遭遇すると恐怖でパニック気味になってマジで逃げるうちの嫁みたいなのもいる。

嫁の周りには何人か似た様な友人がいるみたいだけど、大体自分の見た目にコンプレックス持ってるみたい。

最初から外見カースト的に「お前みたいなモブ女は当然俺に憧れてて構われるとうれしいだろ?」ぐらいの姿勢でこられて、

相手の期待通りの反応ができないと攻撃的になられるようなことを何度も経験した結果らしい。

実際にイケメンかどうかより、イケメンとか雰囲気イケメンを自認して上からくる感じの男がダメみたいだけど、

面倒だから人に言うときは「イケメンが苦手」って言ってるようだ。

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624195846

ドルは、トランプパニックがあるし、9.11みたいなテロもあったし、国際的に、安心して買える通貨ではないのよ。

2016-06-21

四月は君の嘘を読んだ。何回目かの再読だったんだけど、びっくりするくらい涙が溢れてきた。正直自分自分にひいた。ないわー、ほんと。ないわー

個人的に、これまでこの作品の涙ポイントは決まって七巻の公生ママ独白だったんだけど、今回はいろんな巻の色んな場面で目頭が熱くなってしまった。

結末を知っているからこそだけど、まだ元気な時のかをりちゃんの言動に隠された心情をちょくちょく想像しながら読んだもんだからその時々で胸が詰まった。一巻のバイオリン発表会の際に彼女は何を思っていたのか、演奏後公生に感想を訊ねて、本人の言葉で返事をもらった時どんな気持ちがしたのかとか、思いを馳せるとすぐに涙腺が緩んでしまう。一番裏を読みたくなる人物だよね。

紘子さんが抱えている負い目も切ない。祭りの場面とか、演奏会の時とか、台詞がない表情だけのコマで何を表しているのか、そんな面持ちで何を考えているのか、ちょっと読むスピードを落として覗き込んでみるとじんと胸に突き刺さる、言葉にならない思いが垣間見えた気がして思わず視界がぼやけてしまった。

今回特にびっくりしたのが、前はそんなに感じ入らなかった最終巻で目がうるうるしてしまったことだった。公正が表現者として伝える対象者を聴衆にまで広げる展開が早過ぎるのは前読んだ時と変わりない感覚だったんだけど、通しで読んだせいか没入感が凄すぎてドラマチックな演出に流されるままに涙を流してしまった。くやしい。

他にも色んな場面でいろんな登場人物の思いや行間なんかをじっくり想像する度に、どういうわけかじんわり涙が浮かんできて馬鹿正直に感動させれてしまった。

出てくる登場人物がみんな血の通った真人間なのが素敵なんだよなあ。綺麗過ぎるって感想もあるけれど、これはこれでいいと思います柏木さんが素敵です。渡は本当に良い奴です。

この作者は表現方法面白い。いろんなところから引用しているのが一点と、エピソード台詞の対比を効果的に使うところが上手いと思う。特に関心したのが七巻。公生が演奏している映像を紘子さんが見ている場面で、感情が高ぶるあまり繋いでいた娘の手を強く握りしめてしまった後、娘に「いたくしないんなら手つないであげる」と返される展開が、幼い公正と母親との関係がそういかなかったことを連想させて、余計と公正の母親が自らのことをひどい母親だと後悔する回想を引き立てているように感じた。椿の時間が止まるという台詞もそうだし、ものすごいわかりやすい例で言えば公正の母親とかをりちゃんの車椅子なんかもそうなんだと思う。

要するに伏線が上手いってこったな。さよならフットボールでも何気ない会話の中で出てきた一言象徴的な決めシーンで繰り返したりしてるから、すごく意識して作ってるんだと思う。どこか忘れてしまったけれど、四月は君の嘘のあるコマを見た時に精緻に積み上げたロジックが完成したかのような一致感を覚えた時もあったから。

残念なのは、ところどころ描写が急な箇所があること。最終巻の公正が決意するシーンもそう感じたし、かをりちゃんが病院慟哭する場面も勢いが良すぎて少し没入感が削がれてしまった。また楽譜に忠実な演奏の描き方が物足りないのも惜しい。おかげで武士の凄みが最後の方まで今ひとつ迫ってこないのが残念だった。

唐突に思い立って読み直したら久々に感動できた気がする。やっぱりいい作品です。後日談が八月かそこらにでるらしいから見逃さずに買わなくちゃ。




全然違う作品だけど、ワンダーランドっていう漫画は二巻になってから面白くなった。一巻はまるまる一冊パニックホラーだったけど、やっぱり状況がわかってくると面白さも倍増するんだと思った。

歩きながら電話できる人が世の中にいっぱいいてすごい。

ただ外からかけるだけでも聞き取りづらいから駅や繁華街や車の多い道のそばは無理でかなり場所を選ぶのに、歩いてたら静かな場所でも風の音で全然聴き取れなくなるんだけど。

就活してたとき内定通知の電話がかかってきたのが駅のホームで、テンパってパニックになった上に聞き取れなさ過ぎて危うく内定辞退するところだったかホント怖い。

いつでもかかってきたら電話に出るのが当たり前みたいな仕事はきっと俺にはできないだろうな。

2016-06-20

冷静と興奮のあいだ(エロ注意)

昨日福岡とあるホテル宿泊していた。

そこでの体験したことを書き留めておく。

午後10チェックイン。その日蒸し暑かったこともあって、すぐにシャワーを浴びた。

その後、外の風を当たりたいと思いバルコニーに出ると・・・

男女の喘ぎ声が聞こえるではないか

規則な甲高い女性の声。何を言っているのかわからなかったが、低い男性の声。

頭の中がパニックになった。

若い人なのか?聞いていいのか??なんて恥ずかしいことしてるんだ??覗けたりするのか?

いろいろな疑問と感情が出ている。

でも体は正直だ。下半身は固くなってきている。

自分の中での天使と悪魔の対決」

部屋に戻りテレビを見て落ち着かせようORこのまま相手フィニッシュ自分フィニッシュを合わせよう

その後どうしたか・・・想像にお任せする。

https://www.youtube.com/watch?v=sakuUskNiQ8

https://www.youtube.com/watch?v=k16kXNtwtCQ

anond:20160622012343

anond:20160618192428

2016-06-09

怨讐星域を読んだ。一巻を読み終わった時、一巻から三巻までの帯についてる煽りは嘘じゃないのかもしれないと思ったけど、結局尻すぼみな読後感になってしまった。残念。

なんだか似たような恋愛話が多かった気がした。宇宙船でのお見合いシステムも、なんで男性アクセスして相手を見つける話ばかりだったのだろう。逆があっても良かったはずだし、女性主人公になる話があっても良かった。もちろん結末はいろいろだったけど、過程が似たり寄ったりでちょっとうんざりさせられた。

また年代記の体裁をした短編集になってるのに、ひとつひとつエピソードに重みがないのがもったいなかった。もっとこう後世に残る大発明とか、大きな障害を克服したとか、些細な行いが禍根を残してしまったとか、重大なエピソードに焦点を当てればいいのに。改めてあらすじを眺めてみるとそうじゃないことがわかるんだけど、読んでいる最中は余分な話があるなって感想を持ってしまった。たぶん構造が悪いんだと思う。

一巻は素晴らしかった。新天地での人類生物との戦いや別コミュニティとの交流なんかはわくわくした。サラマンダー殲滅でもそうだったけど、梶尾真治が生み出す生物特殊グロテスク面白い。スナークとの格闘や百年蟬とブッシュバードの話なんかすごく面白かった。

終末期の地球の話は一巻の中で異彩を放っていたと思う。ハッピーエンドっていう話は主要な内容もさることながら、とある高校生家族と一緒に暮らしていることに衝撃を受けた。もうすぐ地球は滅びるのに、脱出する選択肢提示されていたはずなのに、地球崩壊を信じない父親の影響を受けてか新天地に移動しなかったことを思うと、自由選択の切なさというかもどかしさを感じないわけにはいかなかった。そりゃあ最終的に決定したのは本人なんだろうけど、それでいいのかってどうしても思う。終わり方も切なかったので終末モノが好きな人には読んでもらいたい内容だった。

ノアズ・アークの船員たちの心情も良かった。地球の人々に内緒宇宙船脱出することを選んだ大統領の苦悩とか、人生宇宙船の中だけで終わってしまう人々の無常観とかが胸に迫った。コミカルな内容もある宇宙船の話だけど、いつもどこかに物悲しさがつきまとっていた気がする。

二巻にも好きな話がままある。ノアズ・アーク怪物は結末がギャグだし、アダム小屋の話はモンスターパニックになっている。深遠の選択で描かれているジレンマもよかった。

三巻になると、復讐とか戦争とかそういう話になっていくから話が重くなる。戦中の情報統制とか教育方針とか、そういうもの抗う話じゃなくて浸透していく話になるから読んでて辛かった。また結末のカタルシス微妙。予想出来た終わり方なのは致し方無いとしても、もうちょっとドラマチックに心情を追って欲しかった。

このシリーズ、せっかくなら一巻は地球に残された人々を主に描いて、二巻は約束の地に先回りした人々の歩みだけでまとめて、三巻での宇宙船で旅だった人々の真意を重点に書いたら良かったんじゃないかな。単純に年代順に物語を並べたゆえの弊害が出てしまったように思う。読みやすくはあったんだけど。

2016-06-07

僕が友達相談するとき求めること(あくまでも理想です)

1...話を最期まできくこと

2...人は人、あなたあなた、私は私というように考え、自分の考えを押し付けないこと

3...いったん話を受け止め、アドバイスをしてくれること

4...いろんな人がいることを認めること

5...誰のことも責めないこと

6...話を終わらせるときに、またいつでも相談して、と笑顔で言ってくれること

7...質問攻めにしないこと

8...全部話させようとせず、ゆっくり話すことを認めてくれること

9...死にたいと言っても、死なないでとか言わないで、死にたいことの話題を遠ざけずに、どうして死にたいのか、本当に死にたいのか、向き合ってくれること

10...必死に説得しようとしないこと

11...論理的アドバイス重要かもしれないが、それのみで話を聞いてくれないことがないこと、そして、同情してくれた上で論理的アドバイスがあれば話し、なければ普通にアドバイスすること

12...哀れんで欲しいが、プライドを傷つけないこと(相談者が男性場合特に)

13...あなたと話すのがストレス、などと言わないこと

14...結果的意味は同じでも、オブラート言葉を包んでくれること

15...自然な程度、うなずいてくれること

16...しっかり時間をかけて、考えてくれること

17...相談したことをさらに誰かに相談しないこと(とくに友達)

18...誰かまわりにいる時、どこで話すと声をかけてくれること(緊急時は別)

19...大声で離さないこと

20...泣かないこと(相談者が男性で、相談される側が女性の時は特に)

21...動かなくならないこと

22...パニックにならないこと

13...精神病院を紹介したり、精神病院斡旋したりしないこと(本人の意志があればとても良いこと)

14...死にたい相談者が思っているからといって精神病院行けと言わないこと

15...立場が上の人に報告したり、さら相談したりしないこと

16...明らかにバレる悲しい嘘をつかないこと

17...自分愚痴のみで話をそらして終わらせようとしないこと

18...話をそらそうとしないこと

19...ききたくない愚痴をきかされないこと

20...自分経験押し付けないこと(自分経験で話しても、押し付けなければいいこと

21...相談者の機嫌が悪い時、話を一旦受け入れて、相談者の機嫌が良くなってから深く掘り下げ、一旦受け入れ、アドバイスする姿勢があること

22...相談者が笑っていないのに、爆笑しないこと

23...あなたの悩みは小さいと笑いながら言わないこと

24...あなたの悩みは贅沢だと言わないこと

25...コンプレックスを悪いことだと言わないこと

26...答えが見つからなくても、話をきいて、うーんとか言いながら考えて、それでも答えが見つからない時は同情し、哀れんで、大丈夫笑顔で言ってくれること

27...特定集団に属する人間として見ないこと(例えば、あなた男性からそうとか、アスペルガーからこうとか、ゲイからこうとか、そういうことを言わないこと)

28...途中で勝手に帰らないこと

29...不自然でない程度に目を合わせてくれること

30...勝手に話を終わらせないこと

31...同じ話題でも、何度も相談に乗って話をきいてくれること

32...ああ言えばこう言うなどと言わないこと

2016-05-29

服を買いに行く服も勇気もない

服屋ってすごく怖い。というのも自分は今までユニクロしか服屋に入ったことがない。

ユニクロはとても便利だ。展開する店舗の多さもさることながら、店員が話しかけてこないしまず黒のポロシャツであることが多いからだ。

また地方に住んでいる期間が長かったためか、行動できる範囲の男の服を売ってる都市にもある店舗ユニクロしかなかった。

そんな自分からか他の服屋がとても怖い。自分はおしゃれでも何でもないし自分気持ちの悪いオタクであるから服なんてよくわからない。

ネットとかで「服は無難なのが良いよ」とか「自分が好きな服を着よう」書かれているけれど、まず「無難な服」ってなんだ。どれが無難なんだ。

あと「好きな服」っていうのがこれまでない人生を送ってきた残念な人でもあるのでよくわからない。これじゃあいけないと思って雑誌もおそるおそる買いに行っても、種類が多すぎてよくわからない。

とにかく実地だと思ってなんとか服屋に近づいて店内を見ると、おしゃれな客・おしゃれな店員跋扈しており脳がパニックになってしまうつむいたまま通り過ぎる日々を送っている。

こういう服がよくわからないとか単純に服屋に近づく勇気がわかない臆病ダサ者に本当に一から教えてくれる何かサービスや本はないんだろうか。どれも脱初心者レベルに見えてきて本当に生きづらい。

まあかっこいいおしゃれな恰好をしている自分なんか気持ち悪いと思っている節もあるにはあるんだけどね。

2016-05-28

他人の考えを吸収する気がない。

他人の考えを吸収する気が彼らにははじめからない。

これが一番の問題だと思っています

○○さんも、ゆとり世代の子も、

体のいい事やカッコいい事を言っておけば、

みんな褒めてくれる認めてくれると勘違いしている。

相手の触れて欲しくないところへ踏み込んでやると、

敵視する、怒り出す、パニックになる。

2016-05-27

試食

スーパーで買い物中に期間出店している惣菜屋さんに試食を薦められて、断ったのに話しかけられてフリーズしてしまった。

3ヶ月人と話してなかったのもあるけど、1分程度の会話で遠くから出店してきてあまり売れてないんだろうなとか大阪とは全然ノリが違うので向こうも困惑してるんだろうなとか

予期してない情報が流れ込んできて疲れて、その後買うものも分からなくなってパニックになったまま帰宅してそのまま寝込んでしまった。

外では心を完全シャットダウンしてるので、ああいとき普通に会話できる人はすごいなと思う。

GigazineMorganの予告を見てきたけど

バケモノを創りだした結果逃げ出してしまい、街中パニックになるのがハリウッド様式美で、

バケモノを創りだした結果セカイ系に発展してゆくのがアニメ様式美なんだと思った。

2016-05-25

[]5月25日

○朝食:ビタミンゼリー

○昼食:おにぎりツナツナ、シャケ)

○夕食:エビサラダトマトスパピザ



調子

むきゅー!?

お仕事は頑張った。

なんかとてもとても疲れて、チーズが食べたくてしょうがなくなったので、ファミレスチーズが乗った食べ物を二つも頼んで食べた。

特にピザはWチーズってやつにしたので、もうこれでもか! ってぐらいチーズが乗ってて、幸せだった。

帰り道にビッグガンガンクロスボーンゴーストも買って、気分は良い感じ!

だったんだけど、なんか流行ってるのか何なのか知らないけど、また駅前セールスだか宗教だかの女性に声をかけられた。

かなりパニックになって、もう叫びだしたいぐらい頭がグルグルしてきて大変だった。

もうツラくてツラくて、その場でうずくまって、15分ぐらいじっとしてた。

こうさ、妊婦なので配慮お願いしまマークみたいな感じで「女性は話しかけないでください」マークが欲しい。

仕事では気を張ってるから声をかけられても問題いか大丈夫なんだけど、お仕事終わって気を抜いてるときは、もう一切話しかけてこないで欲しい。

いや、厳密に言うと、話かけられるのが明確な場面はいいんですよ「お箸何本いりますか?」とか「クレジットは一括ですか?」とか、そういうのは問題ない。

問題なのは、僕が話しかけられることを想定していない場面で、話しかけられるのが問題

はあ、憂鬱だ。

ちょっともう、しんどくてたまらないので、早く寝ますおやすみなさい。



テラバトル

ボルトウィッチをゲットするクエスト無茶苦茶難しくて、二回やって二回とも失敗した。

うーむ、どうしたもんかなあ。

2016-05-19

~Change The World~

Mサイズブラックコーヒーと、サンドイッチ


これがいつもの組み合わせだ。

先月転職して入社したばかりの会社の近くにあるコンビニ

徐々にデスクで食べる朝ごはんパターンも決まってきた。


はいつも忙しい。

遅刻ギリギリ時間に起きて、急いで顔を洗い、歯を磨き、化粧をして服を着替えて家を飛び出す。

ちょうど会社に着く頃にお腹がすくので、デスクメールチェック兼朝ごはんだ。


独身アラサー女性の朝なんてこんなもんだろう。

私は毎日生活でいっぱいいっぱいなのだ

早朝からおしゃれカフェに集合して英字新聞を読み合うような高尚な民族にはなれる気もしない。



大体どうして女性ばかりがアラサー独身だと肩身の狭い思いをしなければならないのだ。

税金だって多く納めているというのに。


「このロリコン国家め。」


コンビニの袋に同封してあったチラシに載っているキャンペーンアイドルグループだった。

チラッと視界に入るやいなや、私はそのチラシを不毛感情とともにデスクゴミ箱に捨てた。


自分が変えようもない環境について不平不満を言っても、損するだけだろう。

他人は変えられないのだ。


私は現実を受け入れながら、どうにか沈没しないように生きていくだけで精一杯だ。

ちょっと気を抜くと、あっという間に沈没してしまいそうな船。

遭難しないように必死に漕ぐしかない。

じゃあ、なんで航海に出たの、という疑問については考えない。

だって自分意思で出た航海じゃないのだから


さて、入社して一ヶ月半が経過した。

だんだん職場人間関係が見えてくる。

この職場ではどうやら栗原が裏ボスだ。


栗原事務職女性で、40歳は超えているだろう。

それを確認できるような勇気の持ち主はもちろんこの会社にいない。

入社してもう8年になるらしい。

おそらく、最後に異性とデートをしたのは何年も前だろう。


チームの上司武田だ。

おそらく50歳を超えた、典型的な家庭持ちサラリーマンだ。

栗原は表向き、武田を立てている。

しかしその裏では陰口ばかりのようだ。


ランチタイム栗原派閥は連れ立ってカフェテリアスペースで時間を過ごしている。

全員女性で、事務職総合職が混じっている。

弁当を持参している人ばかりだ。

その場でどんな会話が繰り広げられているかは、わざわざ派閥に入らなくても大体分かる。

武田をはじめとする社員の影口、悪口大会だ。


私も社会に出て6年目になるので、特に驚いたりもしない。

日本中職場で見られるごく当たり前の光景だ。


この会合目的はこうだ。


まず同盟状態確認

私たち仲間だよね。お互いに守り会おうね。」という暗黙の了解

メンバー同士の結束をその出席を持って確認するのだ。


つぎに経済制裁の発動だ。

同盟状態を抜けたものには「悪口」と「無視」という手痛い罰則が課されるのだ。

職場で「無視」をされるということは必要情報が入らない可能性がある。

それは仕事の出来に直結する。

そして罰則ついでに自分ストレスも発散できるという、

「おまけ」付きだ。


私は入社したばかりということもあり、

色々なチームのランチに一緒させてもらうという日々を送っていた。

何とか逃げていたわけだ。


ただし、その言い訳もそろそろ厳しい時期が来ていることは肌で感じていた。


「ピローン」


考えていたことを見透かされているかのようなタイミングで、

社内チャットの着信画面がポップアップした。


送信者は栗原の手下の山本だ。


鈴木さん、今日ランチのご予定ありますか?

もしなかったら、私たちと一緒にランチしませんか♪

あ、もし別にご予定があったら大丈夫です〜!!

ご都合お知らせ下さいませ^^山本


ついに来た。私のデスクにも赤札が貼られたのだ。


相手の都合に配慮しているように見せかけて、

すぐに返信しなければならないチャットという手段

そしてこの言い方。

頼む、キリシタンへの踏み絵のような誘い方は辞めてくれ。


私は悩んだ。

のるか、そるか。


分かっているのだ。

この手の会合は一度入ると、

抜けることはとても困難だと。


入隊は気軽に出来ても、除隊には理由がいるのだ。

それも普通OLにはとても用意できないような理由が。


「お」


「さ」


「そ」



チャットの返信を一文字文字打つだけで、手が震える。


何せ、もう既読マークはついてしまっているのだ。


早く返さなきゃ、早く返さなきゃ。


でもどうやって?



入隊したくない、入隊したくない、入隊したくない・・・



頭をどんなに高速で回転させてみても、

理想的な回答は思い浮かばなかった。

どんなにたくさんのシミュレーションをしても、

円満に断る方法が見当たらないのだ。



鈴木さん、ちょっと来て。」



そこに武田から呼ばれた。

から呼ばれてこんなに嬉しかったのは初めてだ。


何でも昨日出した資料の不備を、

今日中に直すようにとのこと。

大切な会議使用する資料なのでせっつかれた訳だ。


かしこまりました!申し訳ありませんでした。本日中に提出し直します。」



私はわざとフロアに響くような大きな声で返事をした。

そしてデスクに戻ると、やけに忙しいふりをして作業に集中した。

本当は2時間くらいあれば終わる修正だが。


このようにしてあっという間にお昼時になった。


相変わらずチャットへの上手い返しが思いつかない。

頭の中がスタック状態になっていたのだ。


そこで、山本がやってきた。


鈴木さーん。

さっきはいなりチャットしちゃってごめんね。

それで、今日ランチどうする?」


来た、来た。

しかも隣に裏ボス栗原もいるじゃないか


「あ、あ、あの・・・。」


私は軽いパニックになっていた。

彼女たちとは絶対ランチを取りたくない。

一回一緒したら最後、ずっと抜けられなくなることは分かっている。

毎日繰り返される自由を奪われたランチタイムなんて拷問だ。

でも、上手い断り方が思いつかない。

それに、この職場に馴染むためには彼女たちに嫌われることは避けられたい。


思考が巡りに巡り、5秒が永遠に感じられた。









何か言わなきゃ。何か言わなきゃ。


何か上手いこと言わなきゃ。







「ごめんなさい、私レズなんです。」







これが私の口からついて出た言葉だ。


自分でも何を言っているのか分からない。






レズなんです。

こんなに綺麗な人たちとランチしたら、私、気が変になっちゃう。

午後の仕事差し支えちゃう。」








栗原山本は目を丸くしてこっちを見ている。




自分の身体が自分のものじゃないみたいだ。







「今まで、女の人とした付き合ったことないんです。

からこの年齢でも独身なの。私綺麗な女の人に弱いんです。

見た瞬間に嬉しくなっちゃうんです。

とくに栗原さんすっごくタイプ・・・。だから、ごめんなさい!」






私は自分自分が何を言ったのか分からないまま、ダッシュでデスクに戻った。

そしてカバンを取ると、急いで会社の外に出た。




その日以来、

私は栗原軍団ランチを誘われることは無くなった。

それどころか、飲み会にもほとんど呼ばれなくなった。

特にプライベート話題には誰も一切触れてこなくなった。




かと言って仕事に支障が出たかと言われば、

そんなことはなく、むしろやりやすくなった。


事務職の人たちがやけに優しくなったのだ。




栗原けが知っている武田スケジュールをこっそり教えてくれるようになった。

このお陰で武田の予定に合わせて仕事の手を抜くことができるようになった。



社内のマニュアルをこっそり回してくれる人もいた。

お菓子を分けてくれる人もいた。



腫れ物認定されたことは少しこたえたが、

それは自分さえ気にしなければいい。


代わりに職場の人と距離感

取れるようになった。







「なーんだ、世界なんて簡単に変えられるじゃん。」







私はサンドイッチについていたシール剥がし

キャンペーンの応募用紙に貼った。

そしてコーヒーを飲みながら、

心の中でそう独り言ちた。








<完>

2016-05-16

グラデーションのある注意や警告

上司から耳の痛い話をされると、全部、説教だと思う。

あるいは、同僚でも、そうだ。

  

段階があって、

ぐらいのものがある。

グラデーションがあるんだな。

  

ゼロ、百思考になると、ほんと、パニックになる。

  

信号機で言うと、

信号の点滅、黄色、赤。

黄色や赤信号の点滅(田舎の夜間の道路などにある。)。

2016-05-10

ツバメ増田やって来る九手っ矢田巣間が目閥(回文

ツバメちゃんが軒下に巣作りしてて賑やかよ。

毎年同じところに帰ってくるツバメちゃんは、

ここで育ったツバメちゃんかしらね

なんか戻ってきてくれるのって嬉しくない?

ツバメちゃんはどんな旅をしてるのか知らないけど。

でもさ、

あれってツバメちゃんくらいの大きさだからカワイイのよね、きっと。

ダチョウ級の鳥が飛んで渡ってきたら

ヒッチコックばりに

街中パニックよね。

あのツバメちゃんの絶妙さが絶妙よね。




今日朝ご飯

飲み物だけにしました、

イチゴちゃんデトックスウォーター

ちょっとコーヒーを飲んだの。

最近、暖かくなってきたかアイスコーヒー作るようにしたわ。

こだわりの水出しコーヒーよ。

とにかく水分補給はしっかりね!




すいすいすいようび!

今日も頑張りましょう!

2016-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20160509175522

俺もかなり強く意識してないとマジで無理、っていうか視線切ると大体失くすから目を離すとダメ

一番ひどかったのはコップとノートPCマウスケータイしか置いてない割とスッキリしたテーブルの上に3秒前に置いたケータイをロスト。

視界内に見えてるのにちょっとした光の加減とかケータイの見えてる角度がイメージと違うとかで見失って見つけられなくなってパニックになったことがある。

結局、マウスケーブルケータイの上を横断してるだけで見えてるのに見つけられなくなってた。



当然、風呂がわいたのでケータイ置く→風呂に入る前に電話する用事ができたのでケータイが……ない!!ってなるし、

リモコンでもお茶のコップでもピンセットでも爪切りでもドライバーでもそうだわ。

爪切り右手左手シフトする一瞬でティッシュに気を取られたりすると失くすし、

ドライバーはネジ一本ごとに「ネジはどこだ!?」→「ドライバーどこいった!」→「さっき持ってたネジはどこだ!?」→「あれ?ドライバーは?(握りしめてる)」で作業全然進まない。

家の鍵は玄関ドアの内側にマグネットフック貼り付けて鍵掛けにしてる。

帰宅時点で開錠したらそのままそこにかけるようにしてからはかなり失くさなくなった。



あと、「これは失くさないようにココに」って場所を選定して置いたモノは逆に90%ぐらいの確率で盛大に見失う。

失くさないようにと思ってどこかに置いたのは覚えてるけど、どこに置いたか覚えてないっていうバカさ加減。

しろ「俺のことだから(自然に振る舞えば)この辺りに置くに違いない」とコナン君気分で10秒前の自分無意識と読み合いをする方が結果的に素早く見つかったりする。



増田病気レベルかどうかはわからないけど、俺は別件で病院行ったらADHDだったらしい。

定位置を決めるのがいいと言われたけど、俺は一度にやろうとすると定位置が覚えきれなくてパンクたから、

家の中では使わない鍵と財布だけ定位置を決めるようにした。財布は外出用のカバンに入れっぱなしにしている。

あと増田が言ってる10秒で失くす的な、使わない時の定位置はわかってて失くさないけど、使ってる合間にロストする現象はなくならない。

この後10分使わないなら定位置へ、すぐに再度使う場合のみココへっていう一時的な置き場を、

家の中で普段過ごす地点付近にお釣りトレイかなんか置いて設けてしまうというのもありなのかもしれない。

うちも2LDKなんだけど、なんのかんのしてたら結局普段過ごす部屋が一部屋になってしまっててちょっともったいない

2016-05-06

友人の奥さんとか彼女とかを紹介されるのが苦手

これまで30年以上意識してなかったけど、ここ数年でとても自覚するようになった。

でも、苦手だったのは多分昔からだと思う。

友人と自分の間には世界があり、それは1対1でもそうだし、サークルとかグループで遊んでいてもそうなんだけど、

そこに、その世界とは関係のない、いわや自分とはなんの接点のない女性が入ってくると、どうしていいかわからなくなる。

しかも、単なる新入りならともかく、友人の奥さんとか彼女という、どの程度の距離が適切なのかよくわからない立ち位置。余計にどうしていいのかパニック

別に、友人の奥さんとか彼女が嫌いなわけじゃない。どう接して良いのかわからなくて、きょどってしまう。

元々人見知りな方かもしれないが、それでも合コンとかで場を盛り上げるのは、その役目だと自覚すればそれなりにやれる。

でも、友人の奥さんとか彼女に対してはほとんど自分から話題を振れない。話を振られても不自然対応になってしまう。

思い返してみると、自分の友人はみんな、自分彼女に対してちゃんと構ってくれていたなーと。

それは、彼女を連れて行く側の自分にとっても助かったし、彼女の方も楽しかったと思う。

でも、自分はそうやってやってもらってきたことを、友人に対してできていない。

とても自己嫌悪

どうやったら解消できるんだろうか、この苦手な状態は。トレーニング方法はあるんだろうか。

2016-05-03

店頭での会員登録

GW暇なんで本屋に行って適当に本買ったんだけど、店員に会員登録を薦められた。



「手間かかります?」って聞いたら、簡単に終わるというから会員登録しますって言ったんだけど、

書類名前・住所・生年月日などおなじみの項目を書かされた。



書くのは別に良いんだけど、書く場所がないので受付のカウンターでする事になる。しかし、カウンターなので当然他の客が来る。

から急いで書こうとするんだけど、郵便番号を忘れていたり、住所の漢字がややこしかったりで、早くは書けない。

それでもなんとか早く書こうとしたんだが、物凄く汚い字になってしまった。



その書類店員さんに見られて恥ずかしいやら、後ろから他の客が来て焦るやらで軽くパニックになった。

なんとか平然を取り繕いつつ帰ってきたけど、未だにその時の焦りが心に残っているので、増田に書いた次第です。



から会員証を見ると、「ネットから登録情報を変更できますとある。それなら最初からネット登録させてよー。

会員カードだけ貰うとか電話番号だけで登録できるとかもっと簡素方法はなかったんだろうか。

普段ネットで買物をしているから、店頭で何か手続きをするというのはとても緊張した。

2016-04-29

ルワンダヘイトスピーチブコメを読んで思うのだが

「隣人を殺人者にしないため」って自分ヘイトスピーチをしたり殺人者になったりする可能性を考えてないように見えて怖いんだが

パニックを引き起こさないためにヘイトスピーチしそうな奴らを殺せ」って集団同調圧力の中から普通に出てくる発想なので排外主義者反排外主義者は同様に危険

彼らとヘイトスピーカー共通点である自分正義良識の側」っていう自惚れ、歴史から学ぼうという意識が少しでもあれば最初に疑ってかかるべきことだろうに

どうも他人への批判自由におこなえても自分自身への批判には聞く耳持たない危ない人が多すぎるように思う

それじゃ自分に酔ってるだけじゃないか

自分気持ちのいい言説だけ仲間内で受け入れあって、仲間意識高まるかもしれないけどそれがすでに分断と排他の入口だって自覚はあるのだろうか

ちょっとでも異を唱えるものがあらわれると仲間と共に一斉に「ネトウヨレッテル張りして意見を封じ込め見えなくして自分たちだけの「正義」のぬるま湯に引きこもる

反差別の闘いの歴史を少しでも知っていれば自分たちが何とそっくりかそれぞれのディケイドごとにひとつずつ実例を挙げられるはず




追記

ブコメ自称中立だのどっちもどっち論だの厨二だのと言われて、親をブラックパンサー党に殺されたアフリカ系としてはつらい

かと言って私のように当事者性がなければ上記のようなことを言えないというのもおかしいので、やはり意識の違いによる断絶を感じてしま

別にくさしたり攻撃したりという意図エントリーじゃないのだけど、そう受け止められる余地があったのだろうか





追記2

id:hobohateさん、私の個人的体験としては1992年5月1日金曜日深夜にパラメディックとして死体を郡とUSCメディカルセンター移送中に銃撃を受けたのが人種暴力当事者としてもっとも明確な記憶です