「違和感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 違和感とは

2017-01-18

生活保護仕事をなめんなよ

http://nariblog.com/seikatsuhogo-namennna/

現役のケースワーカー(※生活保護担当職員のこと。受給者支援保護給付します)です。

眠いので、細かな数字とかは割愛して、書きたいことだけ書きます。乱筆乱文本当に失礼します。

後日余裕があったら、細かなエビデンスとかを挙げます文体も訂正するかもです。


上記の論点は、1.「不正需給を許さない」という主張は正しいか問題ない、2.ジャンパーに至った経緯(切り付け事件)を考慮しないのはおかしい、であります


1については、「不正受給を許さない」ということは当たり前なので、言うまでもないことです。ですが、何もそれを日常業務特に受給世帯の方々と接するときに)にあえて前面に主張する必要もないでしょう。

2についてもマスコミ報道が背景に迫らず、現象だけを追っている批判妥当だとは思います

ですが、「切り付け」られた→なめんなジャンパーというのは短絡的すぎませんかね?


私が一番に違和感を感じるのは、この主張に保護受給者の心情とケースワーカー行政)の立場関係性が抜け落ちている点です。


良いですか?もしも、あなた生活に困って支援を求め、保護受給した立場だったら?

ジャンバーに①「不正受給は許さない」と書かれたケースワーカーと、②「あなたを精一杯に助けます」と書かれたケースワーカがいたとして、どちらを信頼しますか?①のようなケースワーカー自分のことを正直に話して、アドバイスを受けて、素直に従う気持ちになれますか?


ケースワーカー仕事受給者の方との信頼関係を構築することが求められます

これは非常に重要です。これがなかったら仕事になりません。信頼関係が気づけなかったら、支援なんてできません。誰だって信頼できない人の意見を素直によく聞こうなんて思わないでしょ。


不正受給と言いますが、全体の保護費総額のコンマ数%の世界です。さら不正受給の多くは、面倒くさがって(あわよくばという気持ちもあるとは思いますが。。)収入の申告を怠っていたくらいのもので、悪質と言えるものさらに僅かなものになります。(不正受給が良いと言っているわけではありません。)

ちょっと解説しますと、生活保護は足りない部分を補う制度なので、収入があったら申告してもらい、その分保護費を減額する必要があります


私の意見ですが、今回の事件の何が一番不適切かということ、受給者の方を委縮させ、信頼関係を損ねるようなことをして、ケースワーカー自らが自分仕事をやりづらくしているということです。

自分の首を絞めていることに福祉事務所の誰も気づかないなんて、「ばか」ですよね。


彼らに言いたいです。

生活保護仕事をなめんなよ。」

http://anond.hatelabo.jp/20170118201550

大きいと、下手糞な場合、すげぇ嫌がられるよ。

から、上手くなるために、すげぇ努力したよ。

初めてイったとかよく言われるけど、まぁ、挿入までに1時間とか普通になっちまうから、お互いにエネルギー必要になってくる。

この日セックスする、と決めたらお互いにその日に向けて体調管理するぐらい。

それでも経験の浅い子だと、バックとか無理。子宮の逃げ場が無いから、内臓がモロに持ち上げられて、どうしても痛みや違和感を感じるらしい。

正常位だと、子宮の下側を上手くすり抜ける。

で、そういう事を色々経験して判るのよ。普通ちんこの持ち主って、俺ほどはセックスに色々とリソースを割いてないんだなって。世間殆どの男はセックスが下手で、別に下手なままでも普通に挿入して痛がられずに普通にイクまでプレイ出来るから、下手のままで何も困らないしね。

お前らの何倍も努力して、ようやく「大きなちんこ」に見合う男になれるわけだよ。それって、そこまで人生リソース割く価値あると思ってる?

ちゃんと時代にあわせた漫画描く漫画描きさんてすごいなあと思う。いくえみ綾がすごく好きで、私はいくえみさんよりちょうど20歳下なんだけど,高校生とき高校生主人公漫画を読んで、当時の高校生たちの風俗とか服装とかにぜんぜん違和感を覚えなかった。小物の使い方とか喋るかんじとか。ああいうのすごいな。すごくいい話多いのにそういえば映像化されてないの謎かも。やりにくいのかな。

2017-01-17

都構想への反対理由への違和感、呆れ。

だいぶん前に、大阪北部自治労関係サイトで、

都構想に参加すると、その自治体予算を取られて損をするから反対、

て書いてた。

損をするから反対、とかだったら、いまのトランプと大差ないな。

日本左翼が愛想をつかされて当然だな。

修論を終えた感想

 無事に修士論文を提出し、諮問の日程も決まった。


 大学によると思うが、ウチの場合修論を提出した段階で、博士後期課程への進学と学位発行がほぼ決まる。逆に提出した段階での差し戻しを食らう場合は、修士論文撤回の憂き目となる。教授も出せるように指導するし、学生も間に合うようについて行かなくてはならない。とりあえず提出できたので問題がなければ、このまま無事に修了、進学となる。良かった。


 よくある適当私大阿呆学部卒業したので、司法試験を受けるでもないのに卒論は書かなかった。留年もかました典型的マジメ系クズ学部時代の禊ぎをすませることができ、うれしく思っている。ウェーイでもDQNでもオタクでもなかったあの頃の残念さ、大学卒業してから放浪にも似た十年を、期せずして総決算する機会となって良かった。


 文系修士博士無意味だと騒がれて久しいが、そんなことないと思う。そもそも社会的無意味無効な誤差として処理される人間にとって何かしら一つをやり遂げた記念が、社会的認証されることは自信を得る機会になる。もともと無意味人間には、意味のあるものだ。


 幼少期から思春期青年期にかけて自信を育む機会を生かせなかった人間には辛いことが多い。自信の無さが生活態度、言動に現われるし、結果、多少の理不尽なり違和感を周囲に与えて暮らすことになるからだ。その齟齬が対人関係軋轢となる。


 もちろん修士号をもらったところで、身に染みついた挙動の滑稽さ、可笑しさが拭えるわけではない。聖痕のように残るものだろう。それでも、何かをやり遂げたという実感が、ありふれて大したことではない修士論文の提出という事柄に込められていて、少しだけ自信を得ることができた。


 4月から博士課程に進む。同時に研究分野の珍しさと新しさもあり、ある企業研究員として雇ってくれることにもなった。学振は落ちたけれど、博論を書きながら、研究員という願ってもない形だ。

 もう若者ではない。朝、鏡をみると、残念なおっさんが寝ぼけてくたびれている。老いつつある両親に会った際、母に結婚について聞かれたが、それはあきらめている。でも、覗いてみたい世界があり、その世界研究員という形で足をつっこんで暮らしていけるのだ。悪くない。

 21世紀も後半になる頃には、僕はこの世界からログアウトしているだろう。それでも、自分が残した浅薄で僅かな研究や記録が、後継の偉大な天才と俊英たちのいくらかの踏み台になり、また諸俗凡人の皆さんに少しでも益するならば、それでいいじゃないかと思っている。百年後に一度、次の誰かが少しだけショートカットできるための一行を書く仕事、それが僕の務めだ。


 修士論文を書くということは、最低限、その分野の歴史の全体が見えており、研究史の中で自分立ち位置を把握した上で、浅彫りの僅かながらも確実な成果を置いていくことを意味する。そうすることで、今までぼんやりと見えていた世界がくっきりと鮮明に見えてくる。ザルだった視点が、精細さをもってくる。それが世界他者自己の精彩さに変わってくる。分野によるし一概にも言えないかもしれないが、僕はそういう経験をした。


 修論を出し終えて、本当にやって良かったと思っている。

そういやこないだけんみんしょーで生味噌おにぎりやってたな

というかあれみて一番おどろいたのは徴収利器がまだ生きてたってことだわ

申し訳ないがとっくにお亡くなりになっていると思ってた

プロレスラーの有名な偉人レベルの人はみんなもうお亡くなりになってるイメージがある

でも具志堅伝説レベルだけど普通に生きてることになんの違和感もない

2017-01-16

http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/170116/index.html

2017年1月16日放送

「脳をリセットしてやせやすい体をつくる2時間SP」に関して

メタボ判定について『身長の1/2を胸囲が超えるとメタボ危険性がある』というのが最新の方式であり、これによって今までメタボ判定されていない人も、メタボ判断されるようになる。そして国際的にはこれが標準化しつつある」という内容に違和感


http://hokenshi.hatenablog.com/entry/20080821/1219255934

そもそもWHOの設定した国際基準ではメタボ必須基準に胸囲はない。メタボとは太っている事を示す数値ではなくあくまでも代謝異常を判定する数値であり、そして肥満でなくても代謝異常を起こしている可能性があるからである


日本独自に腹囲を必須基準に持ち今またその基準を厳しく提示しようとしている、この辺りの背景に「医者が飯の種として対象者を増やすために、本来意図ねじ曲げよりキツい基準を設定している」という噂もあり、その流れを感じる、極めてうさんくさい内容

http://anond.hatelabo.jp/20170114215112

そういや「マクロスはせんそーはんたいか兵器カッコいいなのかハッキリしてほしい」みたいな人、当時にもいたような。

アニメ雑誌に載ってた漫画家か誰かのイラストだったかなあ。

元増田が例にあげたい作品「ぼくらの」とかだろうか。

あと元ブクマの方の記事で、「なぜ心を打つのか」って辺り、戦争以外でそういうのをあげるなら、

「誰も知らない」で、サントラ担当したGONTITIが「日常の楽しさ」をテーマ作曲した話か(これは巣鴨置き去り事件を元にしたやつ)

だが、そういう視点で、もう一度元記事を見ると、原作者とか、ちばてつや氏のコメントになんだか違和感を感じる。

DQ10のいい所・悪い所(いい所編)

ROマビノギFF14TOS、DDONなどやっていた。

ほか、無料MMOMOなど数えきれないくらい。あと、FF派。

いい所

動作が軽い。これに限らず国産MMO基本無料だろうと総じて動作が軽い。

 グラフィックはそこそこでいいので動作が軽いのが本当ありがたい。

 マビノギROも割と軽かったけどマビノギサーバーちょっと弱かった

グラフィック可愛い、見やすい、分かりやす

 FF14は画面を引きにできすぎるのでせっかく作ったキャラの顔とかあんまりからない

・モーションが凝ってる

 同じ武器を構えても、職業性別種族で違ったりする。(男女で同じ物の場合もある)

ストーリーが割と良くできてる。

 初期はおそらく子供プレイすることを想定されていたので大分幼稚だけど、

 続きが気になる感じではあった。

 それでも安直ハッピーエンド、生き返るとかは従来のDQのように無し。

モンスターの動き、表情が可愛い

 ここをしっかりやでばドラクエは8割成功ではないだろうか。

 3Dにしても違和感のない鳥山先生の確かなデッサン

 キングスライムふわふわ柔らか感が最高に好き

ソロゲームの8割を進めることができる

 ソロでも、他のプレイヤーNPCとしてレンタルできる「サポートシステム」があるので、フルパーティが組める。

 サポキャラAI自動で動いてくれる。それなりに優秀な動きをしてくれる。

・エンドコンテンツプレイする必要が全くない

 報酬必須のものではない。(おしゃれ装備とか)現状の最難関コンテンツを、他の人に誘われるまで放置してた。

・装備そこそこで大体行ける

 装備の強化度が0~+3まであるけど、ちょこちょこ+2装備でも全然いける。

・金策がゆるい

 大儲けはもちろん難しいが、2,3職をやるつもりで毎日ちょこちょこインで十分な装備は買える。

・そもそも最新の装備じゃなくてもいける

 今一番レベルの高い防具は90LV以上のなんだけど、いまだにメイン装備は75LVの装備。

 2年くらい着てる…(これは僧侶がぶっちぎりの強職な事もあるけど。ヒーラーは不足しがちなので、参入敷居を低くしてある。鎧職は基本最新を要求される)

 防御力より状態異常を防ぐのが重要なのでそれがそろってる装備の方が使い勝手が良い

 武器は装備と違って1本とかなのでなるべく更新した方がいい。(付加効果にもよるけど…)

天使になりたい3

天使なら公園ママさん達とママトークとかしても違和感が無いだろう

2017-01-15

http://anond.hatelabo.jp/20170115230136

件のやり取りは知らないが、

空襲より火事の方が身近なはずなのに、なぜ縁遠い方に喩えるんだろうとは思う。

日本人納豆を見て「テンペみたい」と言うような違和感

http://anond.hatelabo.jp/20170115075104

有野って係長だった時期ってあったっけ。ググっても見つからない。単に最初の人が間違えただけ?

あ、調べたら一瞬だけそういう時期があったのか。すまん。依然として違和感は残るけど。

NHKバカ女枠

NHkの番組若い女がタメ口茶々入れたり適当な事言ってた

それでバラエティー感出そうとしてるんだろうが

説明されなくても時事問題理解してる・でも今回のテーマについては知らな~いとか

脚本通りにやってるんだろうけど演じてる感が強すぎて

ただこの賑やかし枠に子役とか芸人入れられてたら違和感は感じなかっただろうし

露骨さを出して意図的バラエティー番組パロディやってるとしたら逆にNHK凄いわ

画期的()ソリューション セキュリティフォントへの期待

自治体から情報漏洩は、僕らの大切な情報漏れることにつながる。総務省の人が言うように、「自治体セキュリティー強化は待ったなし」とはそのとおりだが、ではどうやって?
どうせどんなにセキュリティーウォールを高くしたって、横浜市役所で見られたように職員の手順ミスでの情報漏洩だったり、佐賀県公立学校情報Wi-Fiから故意に盗まれたり、絶対に、情報漏洩は防ぐことはできない。
ではどうすれば良いのか。発想の大転換。
2月に会社を立ち上げるが、「情報漏洩しても大丈夫。」そう、情報漏れた瞬間に、その漏れ情報ホワイトアウト化(蒸発)すれば良いだけの話。その特許技術を世の中に広めたいと思っています。
夏頃から本格化させようと思ったけど、情勢は思った以上に焦眉の急。急ぎます!!あなたの大切な情報を守るために。

2017-01-14

去年見た映画面白かった順

君の名は … なんか途中理屈が良くわからなくなったけど、最後は上手く収まってよかった、彗星がきれい。

海賊と呼ばれた男 … 原作未読、岡田君がかっこよかった、海賊と呼ばれた若い頃の話かなと思ってたらその後も結構話が続いてた。

逆襲のミルキィホームズ … 期待通りのギャグ感だが、同じネタを何度もやるのは食傷だった。またやってほしい。

この世界の片隅に … 原作未読、最後ちょっと泣いた、主人公の声がちょっと違和感があった。

シン・ゴジラ … もっとゴジラには暴れてほしかった、さっさと核をぶつければよかったのに。



はいえ、順番はともかく、全て面白かったです。

私はハッピーエンド的な話の方が好きなのでこんな順番になったというだけ。

はてなにいるIT系技術者って口先だけの無能ばっかりなんじゃね?

元号問題グダグダとクダ巻いてる連中が多くてなんだかなーと思っていたところ、

とどめを刺すようなエントリが出た。

量産型プログラマを撲滅したい – kuranuki – Medium

https://medium.com/@kuranuki/%E9%87%8F%E7%94%A3%E5%9E%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%92%E6%92%B2%E6%BB%85%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84-570302a5c243#.ltapi7fz6

そのとおりなんだよ。

そして。

これに対するブクマ

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/medium.com/@kuranuki/570302a5c243



これ見てようやく確信したね。




元号問題いの一番に思ったのは、

なんでシステム屋の都合に合わせなくちゃいけないの?という疑問だった。

人間顧客の都合にシステムを合わせるのがシステム屋の存在意義だろ、と。

また、元号システム合わせるのがどれだけ苦労が伴うのかというポジショントークにも疑問があった。

お前らが主張してる元号廃止案って、それこそ日本という国のシステムにとってどれだけ苦労が伴うのかってこと誰も考えてなかった。

そして何より、

システム屋のくせに、自分たちの都合ばっかり主張して、

クライアントに有利になるような提案型の問題提起解決策を提示している人がほとんどいなかったところが最大の疑問だった。

そこで、上述したブログブコメの反応見て思ったんだ。

ああ、マネジメントができない連中だったんだな、と。

俺達は会社搾取されているという被害者意識ばっかり持ってて、

自己研鑽や成長や問題解決能力の鍛錬というような発想を持っている人が全然いない。

会社搾取されないような手強い働き手になってやろうという意気込みのない人達ばっかりなんだ。



驚くのは、タイトルだけで中身を読んでいないのか、

プライベート時間会社搾取しているといった趣旨コメントに多くのスターが集まっているが、

ブログの下記の文章をちゃんと読んでいるのだろうか。

から昨今の即戦力になれるような研修ウェブサービスにも、非常に違和感がある。人手不足ニーズがあるのはわかるが、手っ取り早く育てようなんて、都合のいいことはやめたい。

結局は、社会全体の損失になっているのではないか若い人や志のある人を、じっくり育てていくことのできない社会未来はないのではないか

社会に対する問題意識を筆者はちゃんと持って苦言も呈している。

これは、経営者VS労働者とかそんな卑小な問題意識ではなく、

プログラマという職業とそれをとりま業界に対する問題意識から発した意見表明だろう。

そこには、粗製乱造で済ませようとする経営者への苦言もあるし、

プログラマとして成長するために必要努力から逃げる労働者への苦言もある。

こうしたブログの論旨も理解せず、

ただ何か自分に対する悪口を言われているという気持ちになるということは、

はっきりいって「お前は能力がないと図星を指されて腹を立たている能力のない人間である」という白状に他ならないだろう。

2017-01-13

「察する」文化に対する違和感の正体

相手や周りのために」察することは、大変すばらしくどんどん実践すべき。

これが本来意味なのだろう。

ところが「私の考え・意向を」察した行動をせよ、という文脈で使うから違和感を覚え、単なる自己中心的傲慢しか思えないのだ。

後者場合、察するではなく「察せよ」とでもいうのがふさわしそうだな。

自分の都合よく既存概念本来意味や意義を捻じ曲げて用いる、まさに傲慢のものだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170113093812

物心つかないうちに洗礼受けて洗礼受けたり

小さい頃から日曜礼拝行ってると違和感ないよー。

ただ、彼らは信徒外のいる場でも信徒の「増田さん」を

増田姉妹」(女)とか「元増田兄弟」(男)って呼び合うんだよね。

歳の上下関係なく。みんな神の子から。父は「神」だから


あと外国人宣教師

日本人女目当てで来日してると思うと気持ち悪い。

ゲスパー脳だけど。

実際外人男は顔関係なく人気あるしカップルも多い。

今更ながら、この世界の片隅に、がめちゃめちゃよかった件

CMを見て能年玲奈の演技がお世辞にも上手いとは思えないし、本人の顔が思い浮かんでしまってちょっとなぁと思ってた。でもキネマ旬報ってやつで1位になってるし、まぁ面白くなかったら寝てもいいかってぐらいで1人で見に行った。めちゃめちゃよかった。

自分と同じように思ってる人は騙されたと思って見に行って欲しい。

以下ネタバレ含む。

素晴らしい所は山程あるし、色んな所で語られてるから、今更自分があれこれ言ってもとは思うけど、語りたいという欲求には逆らえない。振り返ってみると、この作品の設定のユニークさに改めて感心したので、その事を書いていく。

1.日常の中に、非日常を描く

一般に、映画小説、ひいては音楽というのは非日常を描くものだと思っていた。例えば、君の名は。は体が入れ替わる。この作品も、戦争と言う非日常を描いている事に変わりはないが、日常と非日常バランスが異なるように思う。初めこそ童話的なエピソードから始まるが、すずが北条家にお嫁にいってからは、炊事などの日常が主に描かれる。そこから戦争という非日常が始まる。場合によっては、日常を描く事は、非日常を際立たせる演出上のテクニックのようにも感じられてしまうこともある。しかし、この作品では、日常を描く事自体が1つのテーマとなっていると思う。つまり日常を際立たせるために非日常を描いている、とも言えるのだ。それほど力強く生き生きと日常が描かれている。

能年玲奈クローズアップ現代+のインタビューで「ご飯を作るのって楽しいんだとか、洗濯をすることがとても誇らしいと思えるようになった。」と言っていたことがこの事を上手く表していると思う。

2.どこにでもいるような人の視点から歴史的出来事を描く

映画小説では非日常が語られる故に、主人公は、人並み以上の能力持っていたり、特別立場であることが多い。例えば、風立ちぬでは、零戦設計者だった。一方で、この作品では、絵が上手くて、すこしとぼけている、どこにでもいると思わせるような女性である第二次世界大戦という歴史的出来事を、どこにでもある視点から、描くという点が非常に新鮮だった。戦争は、主人公が全くあずかり知らぬ所で起こり、理不尽にやってきて、そして唐突に去っていく。状況も殆ど理解できないし、ただただその状況に身を任せ、やれるだけの努力をするのみである。そのどこにでもある視点は、すなわち自分が、もしその時代に生きたらという視点であった。

3.物語への没入感

物語演出の素晴らしさに加えて、上記の2点の設定上の妙により、物語へ没入してしまった。物語への没入感は、本当に面白いと思える作品の条件だと思うが、日常をどこにでもある視点で描く、ということはこの条件を成立しやすくしている。戦争といった非日常的なものは、非日常的に語られる事が多い故に、他人事だと思ってしまいがちである。例えば、歴史の授業で心を傷める人は稀だ。この作品では、日常をどこにでもある視点で描き物語へ没入した状態で、非日常が起こる。その当事者意識や衝撃度は凄まじい。

日常をどこにでもある視点で描き、そこに起こる非日常追体験させる。こういう手法って今まであったのかな?自分では思いつかなかったので、映画でも小説でもあれば見てみたいので、教えて頂けると嬉しい。シンゴジラが、現実の中に虚構(ゴジラ)を描いたっていう点は非常に面白かったし、ちょっと似ていると思う。でもそれは虚構を際立たせるための現実であったし、視点特別ものである

最後に、映画を見終わってからテレビで、能年玲奈セリフを聞いたけど、やっぱり違和感があった笑

でも映画を見てる時は、全く気にならなかったし、寧ろハマっていたのは間違いない。それ程物語に没入していたということであると思う。

2017-01-12

動画再生って1.2倍速ぐらいならまったく違和感なく聴けるもんなんだな

そりゃソッチのほうが主流になるわ

http://anond.hatelabo.jp/20170112125049

本当にそうだね。普段から増田内での子育てに無関心な父親・妻に家庭内のことを丸投げして平気な夫への異様なまでの風当たりの強さを見てるから、ほんとにここは増田か?と目を疑うよ。どの口が言ってるんだろう、と。

確かに「バカ」キモい」という言葉パートナー安易に投げかけていい言葉ではないし「発達障害」と「バカ」という言葉併記するのは純粋なorの意味だとしても読む人に違和感を与えやすい書き方でもあるし、そこに待ったをかけるのはわかるんだけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20170112122503

FFみたいなキャラクター性格とか事細かに設定があるロールプレイングゲームだとむしろ赤の他人を突然攻撃して殺したりできるほうが個人的には違和感ある。

クライムアクション系とか、主人公特に設定なくて何にでもなれる系なら別にいいんだけど。

うんこ漏らさなかった

冷たい布団がようやく暖まり、目を閉じていよいよ眠りにつこうとしていたその時、ふと腹部に違和感を覚えた。

屁だと思う。でも、うんこかもしれない。

せっかく温まった足先、お布団から出たくない。このままここで肛門を開くか? でも、もしミだったら?

便意(?)の波は寄せては返す。「屁です」「よし通れ」のコピペが頭を去来する。屁なら万事セーフ、ミなら大惨事。腹はキュルキュル言い続け、治まる気配はない。

しばらく悩んだが、とうとう観念してトイレに向かった。パンツを下ろして肛門をゆるめると、かつて出したことの無いような音量と長さの屁が出た。うんこカケラ程も出なかった。

これでいい。これでいいのだ。私は負けてなどいない。お布団にも戻り、たった数分で冷えてしまった足先をこすり合わせながらこれを書いている。私はうんこを漏らさなかった。その覚えとして。

2017-01-11

http://anond.hatelabo.jp/20161123191610

同担拒否」を自称する方たちに対して、いくつかの疑問がある。

まず、私が思うのは彼女らは何を読んでいるのだろう?ということだ。

人が書いた小説を読めば、必ず違和感が生じるだろう。お母さんが枕元で、主人公名前子供名前に置き換えて読んでくれることとはわけが違う。クラスメイト貴方主人公小説を書いてもらい、プレゼントしてもらうのとも違う。

ただ、スクリプトを使って文字列自分名前に置き換えているだけだ。

好きな食べ物も、癖も、言い回しも、得意な教科もすべて変換するわけにはいかない。そんなに違う「わたし」とどのようにして「同一化」するのだろうか。

そして、彼女らは自分で書いた小説を公開するのだろうか?

自分恋人の話を綴った物語を公開して、自分と同じように彼を恋人だと思いこんでいる人が読んで、自分体験他人のものにされることが不愉快ではないのだろうか?

このあたりの感情の処理が、私には理解しがたい。

まず、私が思うのは彼女らは何を読んでいるのだろう?ということだ。

好きな食べ物も、癖も、言い回しも、得意な教科もすべて変換するわけにはいかない。そんなに違う「わたし」とどのようにして「同一化」するのだろうか。

自分が書いた夢小説を読みます

同担拒否なので同担が書いていることを記載してあるものは読みません

他担が書いた話であれば彼女からみたわたしたちの話として読めますしそんなこともあったなあ~として読めます

設定が細かいものは読みません

そして、彼女らは自分で書いた小説を公開するのだろうか?

公開しま

自分恋人の話を綴った物語を公開して、自分と同じように彼を恋人だと思いこんでいる人が読んで、自分体験他人のものにされることが不愉快ではないのだろうか?

自分以外の自己投影派の存在を知らなければ自分以外の自己投影して読む人間たちは消失しますし、自分以外の女が書いたもの同担拒否の人はそもそも読まないと思う。

自分彼氏の話を友達に話すような感じに近いです

http://anond.hatelabo.jp/20170110153208

そうですね、小山力也普段うまいのに極端な感情表現が独特なので、個人的には違和感の筆頭ですね、、fateちょっとどうかと思いました。

うしおととらとき感情豊かに演じていたので驚いたのですが、、

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん