「大統領」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大統領とは

2017-03-17

ふうむ

「米第一」の予算方針環境保護と国際支援は後退

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170317/k10010914641000.html

トランプ大統領は「アメリカ第一主義のもと国民安全を最優先にしなければならない」と強調し、軍備の増強のため国防総省の基本予算を前の年度より10%増やして、総額で6390億ドル日本円でおよそ73兆円)を確保する

なんとなく、戦の匂いがするな。

2017-03-16

経団連の連中は何色の血が流れているのか

某国大統領一言で現地に数千億の工場を新設する一方で、日本労働組合要求に満額で答えない。

こんなあからさま売国奴存在を許していいのだろうか。

至急、自動車メーカー幹部の生まれと身辺を洗ったほうがよいのではないか

2017-03-14

はてブ確認依存症

ここ数年、はてブ確認依存症気味だ。

言っておくけど、はてブ依存症ではない。

はてブ依存症とは、色んなサイト記事にひたすらブコメ書かないといられない人。

一方、俺のははてブ確認依存症なので、サイト記事を読もうとする度に他の人のブコメ確認しないと先に進めない。


新しいサイト面白いブログ記事を見つけても、ブコメゼロもしくは1~3人程度だと糞のように感じられて、それ以上読んだりサービスを使い込む意欲が沸かない。

逆に、ブクマ数が2桁以上だと、頑張って先に進もうと頑張れる。頑張ろうという気になれる。


サービス記事としての良し悪しは、本来自分判断すべきという事はわかってはいるけど、いまや俺の判断基準の大部分がブクマ数に侵食されている。

最近はその傾向が強くなり、ググった際に現れるブクマ数がゼロサイトは一切アクセスしなくなった。俺の規準としては、ブクマ数が10以上でなければもはやサイトとして見なさないまでに至ってしまった。


我々はてなーは、米国大統領や各地で起こっている差別主義否定し、融和や共同体を主張する一方で、Web情報に対してはブクマ数で線引している。

ブクマ数というつまらない境界を作り、こっち(ブクマ数10以上)は良いWeb、あっち(10未満)は悪いWebという区別をしている現状を、おかしいと思わないのか?

知性と品格あるはてなー達よ、そろそろ目覚めよ

2017-03-13

それって本当に近代なんスカ

朴氏弾劾、韓国民主主義は育たない?!

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/230558/031000011/

ブクマ長くなったんで格納っぽく。

父親である朴正煕は、最貧国から脱出することに力を注ぎ、貧乏国民を見ると「申し訳ない」と涙を流した。同様の思いは、朴槿恵からは全く感じられない。

藩基文(パン・ギムン)前国連事務総長だ。「韓国大統領には、国家国民のために、自分人生犠牲にする覚悟がいる」と、著名な政治家から決意と信念を求められた。彼は、大統領選への出馬を表明しながら、突然撤退を表明し、国民国家を捨てて逃げ出した。ハーバード大学教授になるという。国民のための苦労を嫌い、自己利益名誉を選んだ。

韓国には、国家国民のために自らの人生犠牲にする、覚悟ある政治家はいないのだろうか。韓国の友人の未来を思うと心が痛む。

そうやって朴正煕を持ち上げますが、朴槿恵父親である朴正煕暗殺されて終わったよね? 歴代大韓民国大統領の人気ランキングNo1の自国大統領暗殺ちゃう国が韓国なわけだ。そんな国やそんな国民が「自らの人生犠牲にする覚悟ある政治家」なんて求めるのがおかしい話だとなぜ思わないかな? そもそも人生の生贄を要求しないと回らない政治体制前近代的おかしいでしょう。

あらゆる仕事に対して報酬は適正に有るべきだ。この報酬金銭のみならず敬意や理解さらには周囲の協力も含まれる。韓国は、指導者に適正な報酬を今まで支払ってきたのかな?

朴槿恵政治的擁護する気はまったくないし、おそらくそういう動機ではないと思うけれど、「父親暗殺された娘が生涯をかけて、故国をめちゃくちゃに破壊する復讐物語」だとすれば、ヒューマンドラマとして俺個人一定の理解できるよ(重ねて言うけど、そんな確固たる意思選択ではないと思うけれど)。

2017-03-12

今週はジョジョ7部を一気読みした

http://anond.hatelabo.jp/20170227083634

以前はジョジョ5部、ジョジョ6部を一気読みした。7部を読むのが遅れたのは中古本の到着に二週間かかったことに加え、仕事が忙しくて休日出勤しまくってたから読む時間がなかった。

さて、7部だが、今まで読んだジョジョシリーズで一番良かった。部数を重ねる事に目につくご都合主義の濃度はだいぶ薄くなっていて安心した。

一番単行本数が多いから序盤から終盤にかけてかなりキャラ変更もあり、それも見物だった。

デブキャラだった大統領がいつの間にかイケメンになってたり、ニョホとかいってたジャイロがいつの間にかオラァ!しか言わなくなったり、ジョニーが歩けるようになったかと思ったら思い出したように車椅子使い出したり、DIO恐竜の変なスタンド身につけたのに感染能力がほぼ無くなってる...と思いきや最後最後に「アレ」を出してきたり、そして何より、この部の最大の特徴である馬のレースが最終的に完全に空気と化していたところとか。(ポコロコの扱いのぞんざいさよ)

その長さと濃度もあり、読み終わったら誰かに語らずにはいられない。1部から6部までを全て読んだ人には必ず読んで欲しい名作だった。まあそこまで読めた人が6部で読むのやめるとは思えないが。(既にこれを書いている時点で8部が発送準備中

結論 長過ぎるのでアニメ化はできないと思いました。 Q.E.D.

韓国大統領が尽く不幸な結末を辿るのってなんかの呪いじゃないかと思ってしまうけど、まあ呪うとすれば

日記はここで終わっている

2017-03-10

韓国大統領がクビに

慰安婦協定は破棄されるな。まあ10億くらいいいか

良く分からんブコメ

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20170310055919

shinep もう宗教しかないのでは

誰にだろう?「キモくて金のないおっさんは」トランプ大統領のような存在がいれば概ね満足なんだから宗教別に必要ないはずだが。



mazmot 豚はどちらにしても屠殺される。ベジタリアンにでもなるか。ただ、たぶん豚はベジタリアンを支持しないよな。彼ら、雑食だから

誰がベジタリアンになるのか?リベラルトランプ大統領?何のために?



m_insolence 実際の現場ではホームレス支援してる人と生活保護家庭の支援してる人は重複してると思うけど。増田キモくて金の無いおっさん支援現場いたことあるのかな?

これが増田に何らかの反論となるには

生活保護過程支援をしている人≒ホームレス支援する人≒「肉屋を支持する豚発言をする人

である必要があるが、こんな人間活動家以外に見たことが無い。

大抵生活保護ホームレス支援している人は目の前の人を助けるので精いっぱいで他人非難している暇はないし、無暗に非難しても敵を増やすだけであることを知っているから。

活動家は敵を増やして仲間を増やす(もしくは仲間の結束を強める)ので当てはまらない。

トランプ支持の「負け組男」は本当に「肉屋を支持する豚」なのか

なぜ俺たちが結婚もできず、子供も作れず必死に働いている金で、よその国で子育てをするという道楽支援しなければならないのか……よく分からないNPOなんて相手にするなや

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/326107228/comment/kakikae


妊娠中のフィリピン人女性生活保護申請し、NPO団体の協力により受理された」というニュースに対して上記のブコメがついた。トランプ支持者の言い分を思い出させるこのブコメだが、このブコメに対して更にブコメがつくという状況になっており、現時点で300を超えるユーザーブックマークを付けている。その中に、フィリピン人女性に対する不満を漏らしたブコメ主の事を「肉屋を支持する豚」と表現するブコメがあった。トランプ大統領選勝利した時にも、トランプを支持し「弱者の救済」や「正しい世界の実現」に反対する人間を、「肉屋を支持する豚」と表現する意見は多く見た。「トランプを支持したのは、底辺にいる負け組の男」というような意見もよく見た。はてブ風の言い方をするならば、「トランプを支持したのは、キモくて金のないオッサン」といったところだろうか。



だが彼らのような「キモくて金のないオッサン」達は、本当に「肉屋を支持する豚なのだろうか?私はそうは思わない。何故ならば彼らのような「キモくて金のないオッサン」達を見ていると、彼らの中には次のような確信があるように見えるからだ。



弱者の救済や、正しい社会の実現がどれだけ進んだとしても、その先で自分達のような『キモくて金のないオッサン』が救われる事は絶対にない」



そしてその確信は恐らく正しいように思う。「弱者の救済」や「正しい世界の実現」を目指すリベラル達の言い分はこうだ。



キモくて金のないオッサンなんかより、私達が救いたいと思える、気持ち悪くない弱者を救う事こそが大事妊娠したフィリピン人女性のような気持ち悪くない弱者子供を産むために、お前らキモくて金のないオッサンは金だけ出して欲しい。お前らキモくて金のないオッサン結婚もできず、子供も作れないとかどうでもいいよ。タダの自己責任でしょ?自殺ホームレスが男ばっかとかもどうでもいいよ、キモくて金のないオッサン勝手死ねば?。キモくて金のないオッサンがいっぱい死んでる事なんかより、女性がまだ大統領になれてない方がよほど大きな問題でしょ?何?私達には金も出したくないし、票も入れたくないって?この負け組男が!お前たちみたいな底辺男がいるせいで世界は良くならないんだ!お前らの考え方は間違ってる!」



こう言われて誰が金と票を出したくなるのだろうか。「お前らの不幸には全く興味ないけど、私達好みの真の弱者を救うために、お前の持ってる金と票だけくれ」と言われて、「うわあそれは素晴らしい考えだね、僕たちみたいなキモくて金のないオッサンは救われないけど、真の弱者は救われる綺麗で正しい世界の実現のために、僕の票とお金を出すよ。」ともし言えるならば、そちらの方がよほど「肉屋を支持する豚」と呼ぶに相応しい状況だろう。



対してトランプのような男の言い分はどうだろうか。彼は大統領就任演説で「これまで忘れ去られてきた人々は、二度と忘れられることはない」と言った。リベラル言葉トランプ言葉、どちらが「キモくて金のないオッサン」に寄り添おうとしているだろうか。限界のところで生きている「キモくて金のないオッサン」達がその差し出された手を掴んでしまったとして、一体そこに何の不思議があるのか。大統領選の結果を受けて、リベラルと呼ばれるような人達からキモくて金のないオッサントランプ投票した!」と聞かされても、私にはそれは当然の結果にしか聞こえない。



それでもやはりリベラルは「キモくて金のないオッサン」の事を「肉屋を支持する豚」と呼ぶのかもしれない。「トランプ大統領になっても、お前らキモくて金のないオッサンの思い通りになんかならないぞ!」と、そう言うのかもしれない。そしてそれは実際、そうなるのかもしれない。しかしその状況を「肉屋を支持する豚」と呼ぶのは言い過ぎなように思うのだ。この状況を表現するならば、「豚は豚なりに、少しでもマシそうな肉屋を選んだ」と呼んだ方が相応しいのではないだろうか。



このように言えばリベラル達は「私達のどこが肉屋なんだ!」と怒るのかもしれない。恐らく彼らは「キモくて金のないオッサン」の肉を粉々に切り刻んでいるような自覚は本当にないのだろうから、それは仕方のない事だと思う。



彼らはアフリカの子供のために涙を流す事はできても、自分の家のゴミ捨て場を漁って生きているホームレスの「キモくて金のないオッサン」のために涙を流す事はできない。まだ女性大統領になれてない事を問題にできても、自殺していくのが「キモくて金のないオッサン」ばかりな事は問題にできない。「キモくて金のないオッサン」達に「私達は弱者は救いたいけど、その弱者の中にお前らみたいな『キモくて金のないオッサン』は含まれないよ」という事が、「キモくて金のないオッサン」をどれだけ絶望させているか想像する事もできない。人前で涙を流せない「キモくて金のないオッサン」達が、家で一人の時に流す涙に、どれだけの絶望と恨みが込められているのかを想像する事はできない。だから彼らは言うのだ。「お前らの不幸に心底興味がない私達みたいな正しい人間を支持せずに、何故トランプを支持するのだ」と。



肉屋でありながらも、少しでも豚に対して寄り添おうとした男と、肉屋であるにも関わらず、その自覚すらなく豚を粉々に切り刻み、そこに微塵の罪悪感もないどころか、これこそが正義だという顔をする女と、豚が支持するならばどちらが正しいだろうか?そこに絶対の答えはないのだろう。しかしそれでもこの問題について考える事は重要であるように思える。フィリピン人女性に対する不満を漏らしたブコメ主に対する反応の中には、今後日本においてもトランプ誕生する事を心配するコメントがあったが、私にはそれが現実にありえる事であるように思えるからだ。



トランプのような男が現れ「お前らを救う事はできないが、お前ら以上の被差別階級を用意してやる」と悪魔のように囁き、ヒラリーのような女が現れ「お前らは決して救われない正しい世界を作るために協力しろ」と正義を叫ぶような状況が仮に日本に起こったとして、「キモくて金のないオッサン」が前者の手を取らない保証がどこにあるだろうか。いやむしろ仮にそのような状況になれば、前者の手を取ってしま可能性の方がかなり高いように思う。そのような状況を産まないためにできる事があるとすれば、それは決して「キモくて金のないオッサン」を「負け組」だの「底辺」だのと罵る事ではないように思うのだ。北風と太陽ではないが、「キモくて金のないオッサン」をどれだけ責めたとしても、問題解決しないのではないかと思う。



フィリピン人女性に対して不満を漏らしたブコメ主に対して、「屑」「認知の歪み」と罵り、自己責任論を突きつけるような反応も見られたが、それでこのブコメ主が考えを本心から変える事はないだろう。「ブコメ主は、自分フィリピン人女性の両方が救われる事を目指せば良い」という意見もあったが、恐らくそ意見ブコメ主には届かない。何故ならば、すでに述べたが「キモくて金のないオッサン」の中には、「綺麗な弱者を救う事に協力したとしても、その先に自分のようなキモくて金のないオッサンが救われる未来はない」という確信が恐らくはあるからだ。ブコメ主の意見を変える事ができるとすれば、「その確信は間違いだ。アンタもフィリピン人女性も両方が救われる未来があるんだ」と言う他にないだろう。しかし、現実問題として今それを言ったところでブコメ主の心を変える事はできないだろう。何故ならば、「キモくて金のないオッサン」の「自分が救われる未来なんてない」という確信は、少なくとも現時点においては恐らく正しいからだ。



ではどうすれば良いのだろうか?私は現実に「キモくて金のないオッサンが救われる社会」を作る事しかないのではないかと思う。責めるのではなく、希望を見せなければならないと思う。このブコメ主が意見を変える可能性があるとすれば、「あの人を救えば次は自分の番だ」という希望以外にないのではないかと思うのだ。

2017-03-09

私の心の中のキチガイ

他に誰かいたっけ

バブル冷戦、そしてネコ

バブル芸人

 バブル芸人とやらが人気である。80年生まれの私は、当時のことを懐かしむ思いを感じつつも、微妙な気分で眺めている。何故?バブル経済は悪だったかである。続く「失われた20年」生み出した元凶。(ちなみに「失われた20年」は英語で”lost two decade”であり、「負けた」という意味もある。)彼女なんかはあの時代を茶化してやってるんだろうからいい。でも、ここのところ、なんか素晴らしい時代だったかのような受け取られ方をされてる雰囲気を感じてしまって、イヤなのだ

 そんな雰囲気を感じてるんだろう、金融関連ではバブル史本の出版ラッシュである。どうせ当時の銀行員か何かが自己正当化文言を並べてて、こんなことが今後あってはならない、みたいなまとめられ方をしてるんだろう。読んでないから分からないけど。

 バブル経済後遺症が長引いた原因は、バブル崩壊当時、窮地に立たされた銀行を国が救ってしまったことにある。バブル期に後先考えず融資した金が焦げ付き、国全体の金の流れを止めた。いわゆる不良債権問題である。あの時、銀行をじゃんじゃん潰してしまって、焼け野原からスタートした方が良かった。20年を失ってしまったあとでは、そう思える。ちなみに私が大学卒業したのが2003年就職率がワーストを記録した年であるバブル崩壊から10年以上過ぎた当時ですら、不良債権問題はくすぶっていた。

冷戦キッズ

 今となってはバブル期という一面的な捉え方しかされないが、私が幼少の頃を過ごした80年代は、冷戦時代でもあった。幼心に最初に覚えている政治家は、中曽根レーガン、そしてゴルバチョフだ。まだ、ロシアソ連と呼ばれていた時代スポーツ国際大会なんかでは「西ドイツ代表が良く出てたのを思い出す。なんてったって核兵器の量がハンパじゃない。その当時は40何億人くらいだったと思うけど、全人類を殺しても余るくらいの核兵器があった。いわゆるオーバーキルというやつ。

 その頃、こういった状況を反映して、人類滅亡後の世界を描くようなマンガ映画が作られていた。私がいちばん思い出すのは、「北斗の拳」と「ターミネーター」だ。「ターミネーター」の方は、スカイネットというコンピューター暴走して世界を壊滅させてしまうって設定だったと思うが、今、キューバ危機なんかのことも合わせて考えてると、もの凄くリアルだ。ちょっとしたボタンの掛け違いで、全面核戦争突入してしま危険性があったのだ。

 「北斗の拳」の方は表面的には、格闘技マンガで、私もそのように楽しんでいた部分もある。しかし設定が怖かった。なんといっても「199X年」である現実に起こりうる未来世界が滅亡してしまうかもしれない未来。今となっては笑いものではあるが、こんな設定が、時代の中でリアリティーを持ったのである。そして幼い私は、そんな小さな恐怖を受け取ってしまったのである

90年代に起こったこと

 80年代から90年代にかけて、バブル経済崩壊、またソ連崩壊して冷戦終結した。この2つの重大な出来事が同時期に起きてしまったことが、日本人にとっては不幸なことだったと思う。冷戦が終わり全面核戦争危機は去ったにも関わらず、経済的な壊滅状態がやってきてしまい、安心を感じれなかった。「世界は滅亡しない」という安心を。

 そんな不安感の中、オウム真理教が登場し、信者を集め、凶行に走った。彼らが持ってた終末思想は麻原個人によるものも大きいが、多くの日本人が心のどこかで持っていた疑念共振していた。世界は何か別の形で滅亡してしまうんじゃないだろうか?と。阪神大震災ダメ押しになったのも無理はない。95年だ。

 ちょっと違うかもしれないけど、90年代末に登場したエヴァンゲリオンにも触れておきたい。エヴァンゲリオンのメインのテーマは親子関係であるとか、成長であるとか、そういったことになるのかも知れない。しかし、設定として「サードインパクト」なる壊滅的な何かが起こった後の世界舞台となっている。ここでも世界が滅ばない訳では無いのである。いずれにせよ、私達に「世界は滅ばない」と安心させてくれるものではなかった。

新たな終わりの予感、そして福音

 そして、21世紀現在、新たな「終わり」を予感させる出来事が次々と起こっている。それはやはり、2016年イギリスEU離脱、そしてトランプ大統領誕生である世界が大きく動いている。何かこれまでとは違ったことが、起きているし、これからも起きるだろう。もしかしてこれは、「終わりの始まり」なのか・・・書店に行った。「たとえ世界が終わっても」という新書が並んでいた。

 そんな中、話題の「けものフレンズ」を見た。なんでも、「疲れたオッサンを癒やしてくれる」らしい。私も36のいいオッサンで、程よく疲れている。癒やされるか。そして見てみたところ、なかなか楽しくはあるが、いまいちピンと来ない。「すごーい」や「たのしーい」で微笑ませてくれるんじゃないのか。それとも自分には合わないだけなのか。

 でも、ふとした時に気がついた。あの世界、「ジャパリパーク」は冷戦終結と、バブルの崩壊の2つを同時に表現していると。バブル期日本では、アミューズメントパークが雨後の筍の如く建設され、そしてバブル崩壊と同時に多くが破綻し、そして廃墟化していった。「ジャパリパーク」はそんな廃墟化したアミューズメントパークそのものだ。人間が出てこないし、話題になっているように人類滅亡後の世界に思えなくもないが、アミューズメントパークが倒産しただけだ。冷戦は終わった。世界は終わらない。そう思うと涙が出てきた。

 確かにオッサンを癒やす作品だ。でも、私の場合はそのほのぼのとした雰囲気にそのまま癒やされるのでは無かった。自分が幼い頃から育んできてしまった小さな恐怖、心に刺さってしまっていた小さなトゲを、取り去ってくれるという形で、癒やされた。すごーい!

2017-03-07

人権侵害アメリカ20年先をいく日本

トランプが一部の国の人達を締め出すために出した大統領令話題になってるが、日本人からすると目新しさはないよね。だってあんなもんね、日本20年前からすでに女性専用車両という形で同じ事をやってるわけだから

トランプの「テロリストから国民を守る!」という導入の論理も、「イスラム教徒の自浄作用のなさが~」、「恨むならテロリストを~」、「脅威に晒されてるのは私達の方だ!」等といって、それを支持する人の理屈も、笑っちゃうくらい、どこかで見た話だよ。我々はトランプ大統領誕生するずっと前からトランプ価値観の中で生きてるんだよね。

でもまあ、それでも腐ってもアメリカだと、日本とは違うと思ったのは、リベラルがちゃんと反対したことだよね。被害者の皮をかぶったレイシストたちに「テロリストの味方をするのか!」だの「テロがおきたらお前らの責任だぞ!」だのと恫喝されてもちゃんと反対した。それはやっぱりすごいことだよ。日本じゃむしろリベラル女性専用車両肯定に熱心だからね。

日本じゃ「痴漢犯罪であること、卑劣であること、主に加害者男性であること、まったく否定しません。しかし、そうであることと私が男というだけで公共の場に準ずる場所で不当な扱いを受けることにはなんら関係がありません。それは人権侵害です。」といっただけでリベラルから袋叩きにされるから

2017-03-01

トランプ大統領が産まれたことにヒステリック起こすのね

なんというか賢い人達トランプ大統領生誕に対してひたすらヒステリック起こしてボロカス非難してるけどさぁ

そりゃこういうこともあるさ

また年月重ねて今回のことを反面教師として活用できるように冷静に余裕持って対処しなければならんとちゃうんかね

なんかトランプを支持してる層もそりゃ意固地になるだろうし黙って差別意識やすだろうなって思うもん

2017-02-27

トランプ大統領になったように桜井誠総理大臣になる日が来るのかもしれない。

今はまだネトウヨ層はリアル社会で力を持ってないけどひょっとしたら無視できない層になるのかもしれない。

右翼から年長者を大事にしてくれそうだけど、ネトウヨはむしろ年寄りに対して老害とか言って真っ先に殺しにかかるかもしれない。

年寄りの俺はちょっと怖い。

というかネトウヨ右翼要素ってあるんかね?

ただの嫌韓バカっていうだけに見えるけど。

まあでも世の中はまだまだ面白そうになりそうだ。

残業禁止ADHDのアレ

残業禁止の流れはそりゃ正しいのだろう。

でもその正しさでは救われない人もいるよと愚痴ったら

うるせえ正しいんだから黙ってろ無能は隅っこで大人しくしてろと罵倒される。

なるほどこうやってトランプ大統領は生まれたのかと深く納得した。

2017-02-26

安倍さん今、海外いって大丈夫かな?

しか来月あたりもドイツとか行くんじゃなかったっけ?

幼児第二次世界大戦前の軍国主義教育を施し、日ごろからヘイト・スピーチを行っている人物がシンゾー・アベ・メモリアルスクール設立するにあたって、国有地を破格の安値で払い下げたという話は本当か?」とか海外記者会見質問されたらやばいんじゃね?

まあアメリカ大統領オバマじゃなくなったか大丈夫

でもまあ、メルケルには軽蔑されるよね?(もうされてる?)

森友学園の件、安倍総理支持者から一言

先の政権交替選挙まで民主党支持者でしたが、実際に政権をとったときのあまりのひどさに対する反省から自民党というより安倍総理支持者になった増田です。

政権交替選挙ときだけ民主党に入れたように読めたようなので訂正。実家はずっと朝日新聞だし、中学時代社会科教師は今から思えばわかりやす左派だったので、それらの影響もあり自分選挙権持ってから政権交替選挙までは一貫して社民党民主党の支持者でした。)

安倍総理外交うまいし、働き方改革に本腰入れているので支持しているのですが、今回の森友学園の件は、もし本当に便宜図ったりしたのであれば到底擁護できないですね。

単なる流れ弾、勝手連自分達の都合で担ぎ出しただけならよいのですが。

逆に考えて、仮に民進党蓮舫党首ガチガチ中国シンパ幼稚園小学校関係性が疑われていたら全力で叩くであろうと考えると、今回の件もそのレベル、全力で叩かれてもやむを得ないと思います

トランプ大統領とうまく関係構築したり、骨抜きになりそうながらも残業規制に動いたりしてるのがストップしてしまうのが残念でなりません。

それにしても、ポスト安倍総理を務められる人材はいるのでしょうか?

2017-02-22

安倍記念小学校問題がよくわからん

とりあえず、今出てきている話だと、ネトウヨ親父が小学校つくるのに便宜を図ったって話みたいだけど、あの親父に便宜を図ってだれがトクすんの?

親父が安く土地を手に入れたのはわかるんだけど、なんっていうか、それ以外に利権グルグル回っている感じが、少なくとも今の時点では感じられない。

総理のお友達だと、安く国有地が手に入れられる」ってのは、韓国大統領ぽいけど、あれは、もう金がグルグル回ってる感じだよね?

いろいろ深堀すると、そういう話になるの?あれ。

セキュリティがザルな大統領スマホ

なぜかハックされない(笑)

2017-02-21

正男さん逝去につき思うこと

マレーシアで北の国の正男さんが亡くなったと、何故か妻からLineが入った。

驚いた。正直驚いたが「大丈夫?」との妻からLINEも驚いた。

何が大丈夫なのか僕が聞きたいくらいだ。

もちろん「大丈夫」と返した。

ディズニーランドに降り立った彼の写真を見た時から、何か親近感というか親しみを感じていた。

ニュースに出るたびに、ちょっと気になっていた。



そんな彼とは反対に、彼と切っても切り離せない、彼の国は反対に危うさを感じさせていた。

これはほとんどの人がそうだろう。

核開発、ミサイル発射隣国への挑発行為、彼の国の経済事情悪化

漏れ聞こえてくる話は全て悪い情報

日本だけではなく、各国の情報戦のおかげもあるだろう。



正男さんがいなくなって、崩壊が加速するのだろうと。

正男さんがいたらもっと海外といい関係が作れた上で、開国できただろうなぁと。

ロイヤル外交がちゃんとできたかもしれない。

ハゲタカから守れるかもしれないのに。

そんな使い方より、危ない存在に思われていたのか。



日本からしたら近い国である

もちろん開国したら否が応でも何らかのつながりができてくるだろう。

その時に、正男さんを残した国の人だととらえるのか、正男さんを残さなかった国の人なのかと、イメージ全然違ってくる。

そんなに危ない存在だったのかと。

ウラジミール氏のサイトもいきなり無くなったし。

やっぱり情報戦をしてるんだろうから、僕なんかが知りえないところで何かあったのだろう。

決断すると早いのだろう。

悪い奴もいるだろう、しか何となく悪い人たちがすごいいるのだろう。

でもその人たちも実際に会うとそんなに悪いとは思えない人たちなのだろう。

悪いの積み重ねは巨悪を生むのだろう。



トランプさんの大統領就任後に、こんな訃報を聞くなんて。

周りのおじさんたちは、世界は変わっていくぞと警鐘を鳴らす。

「君たちの時代は大変な時代になる。我々の時はい時代だった。」と。

僕もそう思う。

大変な時代になるだろうと思う。

でも、おじさんたちに言われないでも僕もわかってる。

おじさんたちには、頑張れば世界は良くなると言ってほしい。

僕はそんな言葉にはおれないけども、でも周りの人たちは折れるかもしれない。

周りが折れたらめんどくさい。

から、おじさんたちはみんなを励ましてほしい。


これからはより良い世の中になるから頑張ろうと思う。



合掌

2017-02-19

敬語がなっとらんと怒られているとき敬語ミッテランというジョークを思いついてしまいました

真顔デいるのが大変でした

ミッテラン大統領は腹を切って詫てください私に

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん