「尊厳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 尊厳とは

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161129232307

少しずつヴィーガンに切り替えてる者です。肉はソイミートでも十分だし、本物の肉を食べるにしても、もっと頻度が低くてもいいと思います

生きとし生けるものすべて何かの命を犠牲にして生きているのは事実ですが、最低限の消費で、さらに痛みや苦しみも最小限にするべきだと思います

そして、犠牲にせずに生きられないなら、その命への感謝尊厳は最低限持っていなければなりません。

今回の魚のスケートリンクに関しては、そうした尊厳、罪悪感が微塵も感じられません。そして、不必要殺戮です。

「人工肉スタートアップのMemphis Meatsは感謝祭ターキーも人工肉にしたいと願う」

http://jp.techcrunch.com/2016/11/23/20161122lab-made-meat-startup-memphis-meats-hopes-to-grow-a-thanksgiving-turkey/

日本でもこう言った取り組みが広まればいいですね。

2016-12-02

尊厳を取り戻せ

 良いことをすれば辛くはないと思っていたけれど、それには何の根拠もなくて、もしかしたら良いことをすればするほど辛いってこともあって、現実はそっちの方が大多数なんだろうな。

 誇りはないけれど、生きいている人間としての尊厳は守りたい。そのためには仕方なかったのかもしれない。

2016-11-28

獲った時点で死んでた魚の命の尊厳とは?

2016-11-16

anond:20161114234444

再放送見たので、自分感想

宮崎駿自分長編を作ると自分のこだわりが強すぎて有能なクリエイターを潰していることに気付き、長編をやめると宣言した

後進をつぶしている自覚は以前からあったはず。近藤さんとか。

長編をやめると言ったのは自分の手で描くのがたいへんになってきたからではないかと。

・でもアニメは作りたいか短編を作ることにした

・若手を潰さないために少人数でクオリティを高めるためにCGを導入することを決めた

取材の前日にCGスタッフと顔を合わせる機会があって、おもしろそうなことをやっているらしいという感触を得た。

自分で描かなくてもCGで思い通りに動かせるのであれば、長年温めてきた企画ができるかもしれない、という発想。



宮崎駿はそれを見て直感的に気持ち悪さを感じて「極めて不快」と発言した

CG自体不快なのではなくて、生命を得てもがいているようなCGの動きを「気持ち悪い」と表現する態度が不快、という意図だと感じた。(これは自分主観

twitter で「ナウシカ相手に「墓所テクノロジー見てください!」って、粘菌ヒドラプレゼンしたような感じになってる。」と発言してた人がいたけど、的を得てると思う。



・「これは実験」→「どこを目指してるの?」→「人間と同じように絵を描く機械」の流れは恐らく宮崎鈴木も期待していた答え

・ところが実際にデモを見て生命に対する侮辱なのではないかと感じてしま困惑→「人類が自信を無くしている」宣言

(数年前はCG全然ダメだったのに今は全然使えるのと同じようにAIもいずれは使えるようになることを恐らく宮崎駿体感している)

短編に「見たことが無いような生き物を入れよう」→人間しか思いつかない作品作りを続けよう→次回作に期待!

短編に「夜の魚」を入れる発想は川上さんのプレゼンより前だった気がする。うろ覚えだけど。番組構成時系列通りならば、か。

長編生命尊厳を題材にするのではないか、というのが自分個人的感触

人間しか思いつかない作品作りを続けよう

イマジネーションの衰えは本人がいちばん感じてるのではないか

「夜の魚」もあれを入れたことで良くはなったけど、言っちゃ悪いがナウシカのヘビケラの焼き直しにも見えるし

2016-11-11

マイノリティマジョリティの落とし所ってどこだろう

具体的な属性や状況は避けて簡潔に書きます

マイノリティが弱い場合、それは差別貧困問題であり、人の尊厳問題にもなる。

極端になれば治安の悪化暴力となって現れる。

マイノリティへの配慮や分配を増やしていくと、マイノリティ問題改善されていくが、ある時点からマジョリティが不満を持ち始める。

そしてそのポイントマジョリティマイノリティに肩を並べるほどでは決して無い。

マジョリティの不満はルールマナー宗教によってある程度抑えることができるが、限界はある。

マジョリティの不満が頂点に達すれば、最悪マイノリティを滅ぼすことさえある。

数という力をマジョリティが持っている以上、どうしようもない部分がある。

それぞれの立場から押し合ってバランスをとったつもりだったのに

片側の不満が限度を超えて揺り戻しが起きる、という状況が過去現在も何度もあった。

正解はどこなの?落とし所はどこなの?

中立になれる人がまずいないし、中立だとしてもどちらの陣営にも属していない人はいないので結局中立とはみなされない。

結局は互いを非難する言葉ばかりが目立つ。

 

落とし所はあるのかな。

それとも、押し合いを続けて揺り戻しを起こして、その度に何人か犠牲になることを繰り返すしかないのかな。

2016-11-07

http://anond.hatelabo.jp/20161107130534

加齢臭オッサンを遠ざけるのは人間としての尊厳を保つために必要な行いだということがよく分かる。

必要なのはこの文にあるような家族の絆の修復ではなく早期の離婚とオッサン養育費を支払い続けるのが当たり前の世界

クッサイオサンには蓋して美しい国ニッポンを再建しよう。

2016-11-02

渡辺竜王の弁明と、まだ明らかになってないこと

http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/776e356c508c722cdef73bf521b5a6df

ブコメでも書いたけど上記ブログエントリで『10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高い』ってのがどうにも不可解。そもそも疑惑根拠となったのは、「不自然な離席」と「一致率」とされているのだけれど、報道関係者からその話が出ることが不自然なんだよね。

「不自然な離席」について、対局中の離席自体が記録に残るわけではないので、対局者か記録係、同室で対局してる棋士くらいしか指摘することが出来ない内容。そうなると、棋士または奨励会員がマスコミに対して「三浦九段が怪しい」とリークしていることになる。

「一致率」については、言われているように三浦九段の指し手だけが高いわけではないし、対象とした棋譜をどの観点抽出したのか不明で、わざわざ報道関係者三浦九段棋譜だけどソフトにかけ、不正断罪するということは普通に考えればありえないので、これが根拠であれば、これもやっぱり恣意的三浦九段棋譜の一致率を測ってマスコミリークした人間がいると考えざるを得ない。

上記、そう考えると一連の騒動の発端を作った人間(おそらく棋士)がいると思うのだけれど、その辺りの経緯がぼやかされているのが気になる。リーク先のメディアはおそらく文春だとは思うけど、そこに誰がリークしたかタイトル戦に傷をつける行為となるので、渡辺竜王連盟意図的リークした可能性は低いと思っているが、意図せずに喋ってしまったということはあるかもしれない。

これは予想だが、棋士内の内輪で(さしたる根拠もなく)「三浦九段挙動不審」を話題にすることがあって、たまたまそれを記者が拾うということがあったのかもしれないとは思う。

個人的には連盟渡辺竜王も「棋戦を守る」というか「スポンサー配慮する」ということに目が行き過ぎていて、三浦九段尊厳が踏みにじられていることに対しての配慮が薄いことにずっと憤っている。また、神聖であるはずの「棋譜」に対して、(不正棋譜というレッテルを貼ることで)結果として泥を塗っていることについて、どう思っているのかも聞いてみたい。色々と納得ができない。

↓まえに書いたやつ

http://anond.hatelabo.jp/20161019002831

渡辺竜王の弁明と、まだ明らかになってないこと

http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/776e356c508c722cdef73bf521b5a6df

ブコメでも書いたけど上記ブログエントリで『10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高い』ってのがどうにも不可解。そもそも疑惑根拠となったのは、「不自然な離席」と「一致率」とされているのだけれど、報道関係者からその話が出ることが不自然なんだよね。

「不自然な離席」について、対局中の離席自体が記録に残るわけではないので、対局者か記録係、同室で対局してる棋士くらいしか指摘することが出来ない内容。そうなると、棋士または奨励会員がマスコミに対して「三浦九段が怪しい」とリークしていることになる。

「一致率」については、言われているように三浦九段の指し手だけが高いわけではないし、対象とした棋譜をどの観点抽出したのか不明で、わざわざ報道関係者三浦九段棋譜だけどソフトにかけ、不正断罪するということは普通に考えればありえないので、これが根拠であれば、これもやっぱり恣意的三浦九段棋譜の一致率を測ってマスコミリークした人間がいると考えざるを得ない。

上記、そう考えると一連の騒動の発端を作った人間(おそらく棋士)がいると思うのだけれど、その辺りの経緯がぼやかされているのが気になる。リーク先のメディアはおそらく文春だとは思うけど、そこに誰がリークしたかタイトル戦に傷をつける行為となるので、渡辺竜王連盟意図的リークした可能性は低いと思っているが、意図せずに喋ってしまったということはあるかもしれない。

これは予想だが、棋士内の内輪で(さしたる根拠もなく)「三浦九段挙動不審」を話題にすることがあって、たまたまそれを記者が拾うということがあったのかもしれないとは思う。

個人的には連盟渡辺竜王も「棋戦を守る」というか「スポンサー配慮する」ということに目が行き過ぎていて、三浦九段尊厳が踏みにじられていることに対しての配慮が薄いことにずっと憤っている。また、神聖であるはずの「棋譜」に対して、(不正棋譜というレッテルを貼ることで)結果として泥を塗っていることについて、どう思っているのかも聞いてみたい。色々と納得ができない。

↓まえに書いたやつ

http://anond.hatelabo.jp/20161019002831

2016-10-31

他人を叩きたくてウズウズしてるピラニアみたいなネット住民増えたよね

20年前のネットはこんな状態じゃなかった。

もっと平和だった。

他人揚げ足取りマウント人生をかけつつ自分こそが正義だと言い張るような繊細チンピラほとんどいなかった。

今はどこもかしこも棍棒片手に他人のスキを伺うリンチマニアで溢れている。

魔女狩りが始まったディストピアのように誰もが他人言葉から間違いを見つけまいと目を光らせてる。

ネットはこんな恐ろしい場所じゃなかった。

もっと平和で優しくて人は前向きな方法自尊心を満たしていた。

誰かを言葉暴力で袋叩きにすることで自分尊厳を満たそうとしているようなチンピラの住むスラム街なんかじゃなかった。

2016-10-30

ネットはいつも誰かが怒ってるので

あのとき私も怒ってよかったんだなと思った。人の尊厳を踏みにじられて怒っちゃいけないわけがなかった。

あの時怒ったら殺されていたかもしれないけれど、あの時の私のために今ちょっとだけ怒りたい。


ふざけるな。お前なんか死んでしまえ。

2016-10-27

鼻先を水面につき出して

沈むか、沈まないかみたいな人生を生きてきた。

今までの自分は、鼻先だけを水の上に出してなんとか息ができていると思い続けてきた。

でも今書いてみたら、本当は水の中に自分から鼻を突っ込んで苦しい思いをしていただけなのかもしれない。

少なくとも、苦しみからは逃げられるんだという言説を巷でも見るようになった。

でも、それにしたって、みんな本当にこんな理不尽に耐えているのか?おかしいと思う自分おかしいのかも?という思いはなかなかぬぐえない。

どれだけ惨めに見えたとしても。どれだけまずい選択に見えたとしても。

尊厳を踏みにじられていると確信が持てたのなら、新しいゲームを始めるべきだろうか。

愛すべき親は、生後二十年をかけて忍耐の無意味さを教えてくれた。

丹念に塗りこまれた毒とは一生付き合っていくだろう。

自分に何ができるだろう。本当はどこにでもいけるだろう。しかしそのために何が必要だろう。

明日もきっと人が電車に飛び込む。そうやってこぼれていく心に、うおー待て!話を聞くから!と言いたい。

この国には独りの人が多すぎる。わかっていながら、自分を救うこともままならない。

音楽を聴こう。

2016-10-26

昨日は死ねなかった

病院に行くまではそのまま首つって終わりだと思っていたけど

先生一喝され少し思いとどまる

でも、厳しい現状は何も変わらない

お金はなく

キャリアは閉ざされ

心は疲れ切り

この世に居場所はなく

自分を捨て

ひとりぼっち

生きている感覚すらない

死んだ方が楽だという思いも変わらない

疲れ切っている

引っ越しも遅々としてすすまない

淡々とやるしかないのだろうけれど

果たして住人となじめるだろうか

それもあまり自信がなくなってきた

まぁでもどうせ死ぬしな、、、と割り切るようにする

ずっと、ずっと疲れている

そりゃそうだ

なんもかんもなくなっていって

みんなはなれていって

楽しみも奪われて


将来に希望なんてもうない

みんなのように家族も、家も持てない

昔の同期なんてみんなうまくいっている

子供がいて、家があって、家族がいて

あとは淡々と年を取るだけだ

楽しみながら

子供の成長を見ながら

自身人間として成長しながら

彼らの人生は逓増していくだけだ

まっとうな人生

立派な大人としての人生

俺はもう生きていくことはできない

将来に希望はない

もうキャリア好転することはない

再チャレンジが出来ない社会

俺は失敗して転落した このまま耐えるしかない

エンジニアに転身、、無理だろうこの年齢では

まり、もう尊厳をもって生きることは難しい

もう好転はない

待っているのは孤独死だろう

このまま毎日苦しみを重ねて、苦しみ続けて死ぬくらいなら、早めに自分で結末を決めた方がいいという思いは変わらない

一度の失敗ですべてがぶっ壊れる

その程度の人生、その程度の器だったんだろう

もう毎朝起きて、また死ねなかったと思う毎日も疲れ果てた

後片付けしてさっぱりと死のう

情けない人生だった

まらない人生だった

誰にも必要とされない人生だった

そういうことだ

さあ、終わろう

2016-10-24

毒親のもとで育った

父は邪智暴虐の王で、

母は殴られても骨を折られても遠方に置き去りにされても離れない、忠実な奴隷だった。

暴言暴力プライバシー侵害性的虐待マルチ宗教などなど一通りの悲劇体験させられてきた。

徹底的に人としての尊厳を削られながらも生活力がないために必死に父に媚を売り、

私の性すら明け渡す母が、私の将来の姿である絶望しながら死体のように生きてきた。

父に触られたくないと母に言ったら、あんたさえ我慢してれば平和なの、だそうだ。

基本的人権すら守ってはもらえない、人ではないものが私だった。

教師に話しても誰も信じてもらえなかった。

おかしいと思ったのは、私の好きな本を続柄父に破られた時だった。

唯一の救いだった作品たちを守るために家を出ると誓った。

自分のあまりの無価値さに耐えながら、奨学金高校卒業した。

家を出ると聞いた続柄父は顔を真っ赤にして私の見えないところだけをボコボコにした。

「みんながお前を嫌っているしすきあらば騙そうとしてくるぞ!二度と帰ってこれると思うな!」

簡単生命線と帰る場所を奪われ、強烈な恐怖に吐くかと思ったが、

同時に二度と帰ってこなくて良い言質がとれたと高揚していた。

母方の祖父の援助でどうにか実家を出て、

今は殴られることも、怒鳴られることもなく、死体のように生きている。

あの頃どうやって生き延びればもう少しマシな人生を送れたのか、今でもわからない。

幸い私の酷い過去否定せず、私なぞを慈しんでくれる大切な友人はできたが、

少しずつ我慢してきたこと、諦めてきたことに気づいて自分癒していくにつれ、

普通人生までのあまりにも遠すぎる道のりに打ちのめされる。

友人たちには絶対に言えないが、もうここで生きることを放棄してしまったほうが

ずっと楽なのではないかと考えてしまう。

ブラック企業転々とし、ようやくそれなりに良い職場転職したら、

周りは家を買ったり車を買ったり、結婚して子供がいたりする。

皆それなりにキラキラしていて、優しくて、余裕があって、他人排除したりしない人が多い。

私はというと、祖父にもらった金を返し(断られたが)、

体を壊した時の安楽死のための費用が貯まったら、あとはどうでもいいなと思ってしまった。

前に進むためのガソリンが、あの地獄を抜け出すために全て使い切られたようだ。

友人たちの言葉砂糖のように甘く、明日も体を引きずってゆく気力を与えてくれる。

それでも、それだけのために生きるのはとても難しい。

心底からまれたくなかったと今でも思うし、

癒されずに悲劇に浸っているほうがずっと楽だったかもと思ってしまう。

友人に申し訳なくてTwitterにもこんなことは書けなくなってしまった。

頑張っていれば、いつか幸せだとずっと思っていられる一日はくるのかなあ。

来る気がしないなあ。

2016-10-22

http://anond.hatelabo.jp/20161022100302

痴漢を「許していない」と言ったとして、

被害者は、泣き寝入りして、一方的尊厳を傷付けられた状態で、生活継続するわけだから

「許していない」の言葉のどれだけ無意味なことか。

人の尊厳を傷つけるようなことをやったり、言ったりするのが暴力なんですよ。

それが「人権侵害する」ということの意味です。

2016-10-20

自殺女子写真の件、黒石市批判する連中を全力で批判したい

まりにも不愉快なので。



この件、そもそも何で黒石市批判されなければならなかったのか、まったく理解ができないです。観光PR目的とした写真コンテスト受賞作に、撮影10日後に自死した人間が写ってるなんて、普通に不適切だと思うのですが。なぜって、被写体少女自死であることが流布されれば、自死イジメ注視度が移って、<観光PRという本筋の目的達成が困難になる>からです。件の写真市長賞をとっていたとして、このご時世、その被写体イジメ被害者自死であることは早晩明らかになったことでしょう。「この子祭り10日後に自死しました」という但し書き付きの受賞作を見て、この祭りに行きたくなりますか?気にしないとかじゃないですよ。「行きたく」なりますか?僕はならないし、多くの方がそうであるなら、「多くの人に祭りを知ってもらうという賞の趣旨になじまない」という市長発言は、まったくもって正しいとしか言いようがないではないですか。



自死であることを理由に、祭りPRの場<では>評価できない、とされることの、どこに故人や遺族の尊厳を踏みにじる要素があるのでしょうか。



腹が立つのは、第一に、「自死者が恥ずかしいというのか!」みたいにネットで吹き上がる人たち。祭りPRのためのコンテストなんだから、見た人が祭りに行きたくなる写真が受賞するのが正しいんです。自死イジメを防ぐといった大きなトピックのもと、お得意のネットリンチ気持ちよくなってる人たちには、ほんとうにうんざりします。

第二に遺族。そもそもこの件、受賞が取り消された時点で、遺族が「確かに祭りPR<には>ふさわしくない」と市の判断理解を示しながら、とはいえ、いい写真なのだから、娘の願いを伝えたいから、と別枠で公開していれば、誰も傷つかず、また議論が散らかること無くいじめ抑止のトピックになったはずです。なぜ、わざわざ市に敵愾心をむき出しにして、祭りPRという場を踏みにじったのか理解に苦しみます



もっとも、結果としては確かにPR目的を達成するどころか、かえって自死と関連付けられたイメージ祭りに付着する、悪手となってはしまいました。しかし、それも無理からぬことです。

祭りPR自死者の写真不適切とは何事だ!(お前らの祭りイメージなんか知ったことじゃねえから笑)」と騒ぐ幼稚な似非正義漢がこれほど多いことを。遺族がこれを好機とばかりに「娘の願い」を伝える場として利用することを。

誰が、予想し得たでしょうか。




若くして自死した女子中学生は確かに悲劇です。しかしその悲劇感の大きさに目がくらんで、地方お祭りPRに過剰な押し付けをするべきではないんです。市長を弾劾するのであれば、教育行政レイヤーにおいてであって、祭りPR自死中学生問題内包せよなどという批判的外れも甚だしいのではないでしょうか。騒動がここまで拡大してしまってはもうどうしようもないですが、なぜ何も悪いことをしていない祭りが、自死とともに語られる存在にされなければならなかったのか。「黒石よされ」という祭りPRしようと、努力をされてきた方々の悔しさを思うと本当に心が痛みます。遺族は辛い状況でしょうからまり責められませんが、少なくともネットリンチ快感搾取している連中は猛省すべきと思います

駅乃みちかを叩いてる連中は自身が撒き散らしてる萌えフォビアに気づけ

連中がやってるのは自分が気に入らない表現をただ叩いているだけでそこに正義などありはしない。なのに社会一般から見てこれは公共の場で許されない表現! などと理屈として成立しないこじつけをしながら叩くから反発が大きくなる。

ただ単にお前が気に入らない表現というだけだろ。なぜ素直にそう言えない?

もちろん理由は単純。理屈をつけないと広く支持を集められないと思い込んでるからだ。ただのこじつけにすぎないから支持など元より集められないのに近視眼的になっているからそんなことも理解できず理屈にならない理屈をこねる。

萌え絵化された駅乃みちか一般人が見てヨガり顔だと思うだろうか。ブレザーを着てるにもかかわらずおっぱいデカいと思うだろうか。スカートが透けてると思うだろうか。

答えは何とも思わない。

そう読み解く目がないし、そもそもそんな細かいところまで見ていない。

なのに一部クレーマーメトロに凸って表現を変えさせる。自分が気に入らないことを公共ふさわしくないと言い換えて。

1950年代には悪書追放運動が沸き起こり、マンガが叩かれた。

明治時代には夏目漱石が、小説が叩かれた。

ミケランジェロの『最後の審判』も死後、局部が隠された。

一部クレーマー自分理解できないもの、嫌いなもの社会のためと言いながら徹底的に攻撃する。そこにはあるのは自分嫌悪するもの社会から消し去りたいという下卑た欲望だ。

叩くことそのもの目的から「美おっぱいグランプリ」を擁護しながら駅乃みちかを叩くという無理筋なことさえしてしまう。

クレーマーは「美おっぱいグランプリ」が「女性目線」だからセーフという。おっぱいエロへの批判からセーフという。女体に関して、女が自ら主導権を握っていればセーフという。

ではなぜ主催者新聞社を集めて撮影会などしたのか。写真が表に出れば男性視線を向けられることは避けられない。女性女性のために自らのおっぱいを誇るだけであれば報道写真もいらないだろう。むしろ報道によって写真が表に出ればそういったコンテクストは失われ、おっぱいは性消費物に堕する、と思うのだがそういった批判フェミニストからなぜか聞こえてこない。むしろ駅乃みちかダメ理由として引き合いに出される始末だ。

「美おっぱいグランプリ」をエロ目線で見る男が悪いということか?

駅乃みちかエロとして扱うフェミニストと何が違う。

駅乃みちかセクハラ公共の場所にふさわしくないという。

「美おっぱいグランプリ」がニュースサイトで報じられることは男性に対するセクハラだと考えたことはないのか?

あるいは「Fカップマギーが思わずさわり 」という見出しになぜ怒らないのか。これは純然たるセクハラではないのか?

しかフェミニスト駅乃みちかを叩いて「美おっぱいグランプリ」にまつわるエトセトラは叩かない。

そこにあるのはけっきょく女性尊厳を守りたいといったことではなくただの萌えフォビアである

萌え絵からは、やはり、性的欲望の発露を感じる。

それも、現実の3次元女性への性的関心と異なる、少し歪んだ欲望

内向的で、未成熟人間の、現実逃避的な、性的欲望に思える。

http://togetter.com/li/1038572

となどと

前ツイに「カチン」とくる人はいるでしょうから以下、理由

次元水着女性グラビア欲情するのは、普通のスケべな性欲だと思うけど、

萌え絵オタク欲望に応じて、オタク理想通りに作り上げられた、非現実女性から

オタク差別ではありません。

http://togetter.com/li/1038572

差別でないといえば差別でなくなるわけではないと萌えフォビアを撒き散らしてる連中はいい加減理解すべきだろう。

2016-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20161019222846

生身の人間に対する性的消費と、フィクション性的消費は別物だよ。

自分腐女子だけど、男性向けも見るし。

中身を比べると一応男女差はあって、男性向けは徹底的にマウンティングというか女の人格尊厳否定するような表現も多いのに対して、女性向け(BLにかぎらずヘテロも)は、設定やキャッチコピー過激だけど、中身はそんなに人権無視はされてない。奴隷とか言いつつ愛されて大事にされる、独占欲パターンが多い。

2016-10-18

死にたい 消えたい いなくなりたい

なんでこんなに不幸にならないといけないんだろう

なんで24時間ずっと苦しまなくてはいけないんだろう

なんで自分だけ仲間外れにされ、ゴミのように扱われなければいけないんだろう

何もかもなくして

からも見向きもされず

ただひたすら尊厳を傷つけられ

生きる意味を奪われ

一瞬の楽しみも気を紛らわすかりそめでしかない

生きる意味あるか?

死んだ方がいいんじゃないのか?

この先いいことなんてあるわけない

ただひたすら後悔と恥と屈辱にまみれ生きていくしかない

明日死ねたらいいのに

今日死ねたらいいのに

工事現場から鉄柱が落ちてきて頭に直撃して即死できたらいいのに

でもあいつらを殺してからのほうが本当はいいのにね

40になった時にはただのゴミと化しているだろう

これからさら屈辱絶望が待っている

何の積み重ねもない

何の生きる意義も意味もない

存在する意味もない

誰にも見向きもされない


やっぱり死ぬことを真剣に考えて実行することが、最も得策に思える

もう疲れた

死なせてくれ

誰か殺してくれ

もう疲れた

生きていく意味はない

2016-10-16

http://anond.hatelabo.jp/20161016144702

脳ミソ腐ったただのバカがなんか言ってる

根拠が一切書かれていない時点で接待される側の老害脳っぽい雰囲気しかない

なぜこれが否定されるかというと人的資源のムダだから以上

古い時代合成の誤謬個人尊厳無視してやってきたのか知らんけど21世紀にもなってやることじゃない

やりたいなら大富豪になってからそういう風習コントロールできるようになってから言えば?笑

電通過労死村上春樹

自分若い頃、よく「自分の殻を破ってこそ一人前だ」的なことを言われた気がする。

その「殻を破る」とは、例えば宴会で一気飲みして記憶を失うほどになるとか、度胸試し的なものだった気がする。

そんで自分はなかなか殻が破れなくて、社会人として生きていく自信ないなぁと思ってた。

しかし今になって、そういったものへの嫌悪をみんながネットで表明するようになって、あれは決して絶対的ものではなかったんだなと思った。

そんでたぶん、「自分の殻を破る」の延長線上にあるのが、中川さんやトイアンナさんの記事など電通過労死に関連する記事に書かれていることなんだなと思った。

http://jnakagawa.blog.jp/archives/1061586847.html

http://toianna.hatenablog.com/entry/2016/10/15/102629

要するにあれは社会人として一人前というより、組織人として使い勝手が良いか指標だったのかなと思う。




そんでふと、ほぼ同時期に話題になってた村上春樹のことを思い出した。

ノーベル賞を取れない理由として、政治性やメッセージ性がないからと分析されているのを読んで、なんとなく彼の「卵と壁」を思い出していた。

http://anond.hatelabo.jp/20161014174630


「卵と壁」になぞらえるなら、電通などの企業社会は「システム(壁)」で、卵は個人だ。過労死した高橋まつりさんだ。

卵は壁に叩きつけられ、自我の形を無くし、壁に吸収されることを余技なくされた。

村上さんやその他の大勢自分の殻を護ったままクリエイティブでいられる例もあるのに、殻を破らないとクリエイティブになれないと刷り込まれていたのかも知れない。

(そんで殻を破った電通的なクリエイティブより、自分の殻の中の世界表現している人のほうが今の時世では共感を得やすい気もするし)




ということで、何年も前に村上さんはこういったことを言っているのだけど、婉曲的で控えめがゆえに「メッセージ性」としては弱い。

なぜ弱める必要があるかというと、メッセージ性が強く、世の中を動かそうとする意図を持ってしまうと、自分が「壁」の側になってしまいかねないからかもしれない。

ノーベル賞権威であるから壁の側だ。そして彼が卵の側でいる限り、政治的ではあり得ない。




話があっちこっち行くけど、個人的には村上さん方向でクリエイティブでいたほうが今後未来があるのではないかという気がする。

今の私たちが、昔はしょっちゅう戦したりハラキリしたり野蛮だったんだなぁと思うように、組織自我尊厳を奪われ、過労死させられるなんて昔の日本野蛮だったんだな、って世界になるよう、若くて賢い人たち、がんばってください。





※あ、私もがんばります

2016-10-15

尊厳は売れる内に売りましょう。」

       ── 準大手証券マン

2016-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20161011170143

いや、違うと思う。

私の感覚では、差別とみなされるアナウンスだ。

例のブコメで何人もが言っていたが、意図意識無意識関係ない。

意図なくして差別に加担してしまうことは、あると思う。それはあくまでも、行為言動を受ける側の目線の上にある。

私は意図なく差別発言をしたことがある。在日コリアンの友人にそれを指摘された。

友人のことを信頼していたし、好きだったし、彼女バックグラウンド彼女個性の一部と感じていた。

それでも、私は彼女にとっては背筋にヒヤッとした感覚を起こす発言をしてしまったのだ。歴史文化無知だったばかりに。

そのときは「知らなかったんだ!」と心から思ったし、彼女にそれを伝えて謝ったけれど。

意図なくして、好意を抱く人に対してでさえ、不快な思いをさせてしまったという自責の念は強烈で、それ以降、自分他者への視線に注意を払うようになった。

私は率直に指摘してくれた彼女に、本当に感謝している。同じ間違いをしなくてよくなったから。

無知差別を生み、助長するというのはよく言われる。

からといって、顔の見えない不特定多数他者のために常に勉強してスキのない言動こころがけるなんてことは、日本日常生活では無理かもしれない。

かつての私のように身近な人との関係をよりよくする必要があれば、その努力を行うべきだと思う。

でもそうではない場合差別的とみなされる最低限のところには配慮をすべきで、電車アナウンスのような公的空間ではクリアされるべき課題だった。

それができない事態があった。その場合車掌を吊るし上げるのはおかしい。南海電車がこれを糧に社内に周知すればいい。

南海は「車掌に口頭注意した」とされているが、もう少し踏み込んで国際空港大阪中心部をつなぐ路線運用する会社として、社内教育一助としてほしいと個人的には思う。

そもそもの発端になった「外国人が多くて迷惑」とクレームを入れたと言われる男性のような人がいる限り、指摘することは重要ではないか

あなたにその意図はなくても、それは差別的とみなされる行為です。お互いにとって気持ちの良い空間にするために、違う言葉を選び、より良いふるまいをしてみませんか?と。

建前だとしても、こういうことって大切だと思うんですけどね。まわりまわって、自分尊厳のためにも

2016-09-30

感動ポルノ試論

ポルノポルノたる所以は,女性の複雑な主体性無視して,その劇中での人格を観客である男性性的興奮を刺激することにのみ隷属させることにある。


で,24時間テレビバリバラ近辺で知られるようになった感動ポルノもまた同様に,障害者の複雑な主体性無視して,その番組中の人格を観客である健常者の感動を呼び起こすことにのみ隷属させることを指している。


食欲ポルノというのもあるらしいが,それもまた,料理本来の複雑なありようを無視して,その映されかたを視聴者の食欲を刺激することにのみ隷属させることを言う。つまり本来不要クリームなりチーズなりが,本来不要なほどに熱せられて溶けしたたっていた方が美味しそうなのであればそう見せる,ということだ。


からポルノか否かの違いは,岡田斗司夫が言うように安直であるかどうかにあると言ってもいいのだが,同時に彼が言っている「感動させようとしているかどうか」にはない。


そんなの,誰だって感動させようとはしている。


ただ,感動させようとするときに,時に失われそうになる題材の複雑なありように気づけるかどうか,気づいた上でそれを尊重するかどうかにこそ,ポルノか否かの分かれ目はある。


クライマックスいかにもなBGMを流すのは安直だと,岡田安直否定するが,話はそう単純ではない。


例えば対位法はいかにも安直ではない雰囲気可能にする手法だと言えるが,何故そうなのかといえば,例えば残酷なシーンであればそれが持つ複雑さの中にある悲しさや可笑しさをBGMに担わせれば対象の複雑さの一端が担保されるからである


しかし,本当の現実に寄り添えば,そもそもBGMなんて流れないわけで,何かしら音楽を流した時点で対象の複雑さを毀損してるとも言える。BGMが流れていなければ如何ようにも解釈できたはずの対象に,一定の方向付けをしてしまうからだ。


それでも,繰り返しになるが何かしらの芸術的作品を作るからには誰だって受け手に感動してほしいと思っている。ただ世界の複雑なありようが描かれていればそれが正義だというわけでもない。


もう一度言う。


感動させようとするときに,時に失われそうになる題材の複雑なありように気づけるかどうか,気づいた上でそれを尊重するかどうかにこそ,ポルノか否かの分かれ目はある。


まり,例えば目の前の女性に対して,自らの性欲に隷属させようとして彼女主体性を踏みにじるような,そんな行動様式で何かを伝えようとすることこそがポルノを作るという行為なのだ


女性の,障害者の,料理(を丹精込めて作った料理人の心)の,その尊厳を一顧だにせず自分勝手目的手段にすることがポルノを生むのであれば,それはもはやレイプと言えよう。


感動ポルノに感動するということは,レイプ映像を見て性的興奮を覚えるのと同じくらい,道徳的には救い難く,精神分析学的には,まあしょうがないのかもね。

2016-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20160928104106

社会保障破綻するからコスパの悪い部分は諦めよう」というのはオレもそう思うよ。

胃ろうとか、止める病院も多いしね。

ただ、元々の増田が言ってる「例の自業自得患者死ね論者」は、コスパを考えてと言うよりケチなんだと思うよ。



国民は、生きてても良い≒国の都合で生き死にを左右しない」

ってので有名な日本国憲法第25条だけど、

アレは「社会保険破綻するから努力しないなら死んでくれ」と国が言ってはならないという宣言なわけで。

社会から見て有用でない」とか「社会から見て負担が重い」と言う理由で、人の生死を左右してはならんという意味ね。

社会保険破綻と、透析患者の死なら、守るべきは死にたくない透析患者が死なないような制度ってワリと重い宣言なわけだし。

苦しくなくて尊厳を守ってくれる死があればそっちの方がいい人は居る

ギリで生かすのは誰にとっても注ぎ込むお金に対して得るものが少なすぎる

というのとは違うってことね。

尊厳死の話は、どっかというと「死なせてくれない社会は嫌だ」って話じゃないかな。

更に一歩進めば、「最後一年で、それまでの20年分の医療費を使うのは、正しいのか?」って話になって、ソッチのほうが話題にスべきだと思うんだよね。

現に、効くのは効くんだけど莫大なカネのかかるがん治療薬とか話題になってきてるし。



家族のこと考えると他人事じゃないだけに、「社会保険破綻するから、カネ食うやつは死ね」ってのは、方向性としてダメだと思うんだよな。

尊厳もクソもなく、他人寿命決められるのはちょっとな。しかもそれが「オレの考える努力してないやつから死んでもらう」だと地獄感あるし。