「上京」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上京とは

2017-05-24

上京

そこそこデキる奴は自分を含め大勢いることは高校生くらいの時に気づいた。大学卒業するまではそれで良かったんだけど、卒業してからは違う。そこそこデキるだけの奴は必要ないんだな。特に僕はベンチャーで働いているから。

そこそこデキるだけの奴以上の人は自己実現への「貪欲さ」と「野心」を持っていた。僕の居るベンチャーには僕を含めて誰一人それらを持っていない。このままでいいのかと思い始めていた。

僕は今まで自分はデキる奴だと思っていたが、自分組織も5年以上何も成長していない。何となく食えて、何となく生活できる状態が続いている。FacebookAppleみたいになりたいね最初の方は話していたのに「貪欲さ」と「野心」を持っていないから.....。これからも….?

そんなの嫌だ。そこそこデキるだけの奴で留まりたくない。

から僕は大学卒業してから5年間以上紡いだ人生ピースを全て壊し、今週末ほぼ無計画状態で1人上京する。

僕は29歳。もう遅いかもしれないが、とりあえずやってみる。

さっき「さようなら!お気をつけて!」と、うちの向かいにある飲み屋ママが客に言った。

かいから、通りで話す声がよく通るんだ。

ママと書いたけど、本人を見てはいない。飲み屋が数件入ってる建物から、口ぶりでママと思った。

たぶんフィリピンかどっかの人。

いい言葉使うな、と思った。

さようなら!お気をつけて!」

そんな言葉で見送られたらたまらない。

なんていうか、正しい日本語?みたいな?

はいい歳して上京たか標準語はしゃべれない。

家族は猫だけだし、会社でもあまりしゃべらないから、かなりきつい方言のままだ。

コンプレックスになっているわけではないけれど、地方から上京して標準語自然と話せるようになった人をすごいと思う。

上京して1年目くらいのとき恵比寿ガーデンプレイス

上品そうなおばあさん二人(その場で知り合った他人同士だと思う)が

「〜〜私、先生にそう言ったんですの」

「あらそうなんですの。それは困りますわね」

みたいな会話をしていて衝撃を受けた。小説世界の話し方だって

世界が違うんだなって思った。

あいお上品な立ち振舞や会話を自然にできるって、なんか夢の世界みたい。

私は標準語を話すと気恥ずかしい気持ちが沸き上がってくるけれど

そんなことも気にならないくら標準語をあやつれるようになってみたい。

以上、とりとめもない話。

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523170855

足立区ではコンクリ殺人があったが、世田谷区でも一家惨殺事件があったのであった。

まぁ犯罪率の差は確かだけどね。

調べてみたら、どっちも特別区になったのは同じ時期なんだな。

面白いのが、鉄道が敷設された時期が足立区東武)のがずっと早い。

明治時代から市街地化されてたのは足立区で、世田谷あたりに東急電車を通すのは昭和になってから

開発が昭和の時期だったことが、逆に世田谷には幸いしたのかも。

東京上京してきた上流の会社員たちのための「郊外都市」を必要としたことと、

そのニーズ沿線開発という形で東急が答えた、タイミングが合ったんだろう。

まぁどっちにしても、たかが100年ちょっと昔の話でしかない。

そういえば関西圏私鉄も、古い方が何となく残念なエリアを通っているね

昔は繁華街下町だったからかねぇ。

都内自転車は乗るもんじゃない

田舎から上京して念願の自転車を買ったんだけど

もう都内自転車に乗りたくなくなってきた

少なくとも後ろに子供乗せて走りたくはない

1番の原因は道が狭いこと

歩道を走るなっていうから車道を走ってるけど、道が狭すぎて凄い怖い

その道をバスとかトラックが走るし路駐してる積み下ろしのトラックかいるし

半年も乗れば多分何かしら事故ると思う

車道が狭いところは当然歩道も狭いしおまけに人が多いから必ずすれ違う

大人はまだしも子供は動き読めないし降りて押すしかない

そりゃ歩道走るなって指導入る訳だわ。田舎とはレベルが違う。

あと、道の選択肢が少ない。

東京って駅を中心として放射状に道が広がってることが多いか

碁盤の目みたいに自由に道を選べない。

から必然的にみんな同じ道を通るし、だから交通量増えて危険になる。

100%車の方が安全自転車は危なすぎる。

2017-05-19

竹添 進一郎(たけぞえ しんいちろう、1842年4月25日天保13年3月15日) - 1917年大正6年)3月31日)[1]は、日本外交官漢学者。名は漸、字は光鴻(こうこう、みつあき)、号は井井(せいせい)と称した[2]。 甲申政変時の朝鮮弁理公使であり、後に漢学者として活躍した。日本学士院賞受賞。熊本県近代文化功労者[3]。

目次 [非表示]

1 来歴

2 主な著作

3 栄典

4 脚注

5 参考文献

来歴[編集]

肥後国天草(現・熊本県上天草市大矢野町)生まれ。父である小田左衛門(竹添筍園)は、肥前国島原出身医者で、天草大矢野島に移り住み、上八幡宮宮司二上出雲の娘である美加と結婚した[3]。順左衛門儒学者広瀬淡窓門下十八傑の一人でもあり、進一郎が幼い頃より儒学を教えた[1]。

1855年(安政2年)15才の時、天草より熊本に出て儒学者木下韡村の門下生となった。学業は極めて優秀で、木下門下では、井上毅木村弦雄と三才子と称され、さらに古荘嘉門を加えて四天王といわれる[3]。藩校時習館の居寮生となり、木下のはからいで士分に取り立てられ、藩命により京都江戸奥州を訪れる。江戸では勝海舟の知遇を得る[1]。

1871年(明治4年)、廃藩置県で失職し熊本市玉名市私塾を営んだ後、1875年明治8年)に上京する[3]。勝海舟の紹介で森有礼全権公使随行し、清国へ渡った。同郷の津田静一と共に清国を旅し「桟雲峡雨日記」を記した[1]。天津領事北京公使館書記官などを経て、1882年明治15年)、花房義質の後任として朝鮮弁理公使となるが、甲申政変に深く関わり辞任した[4]。

1893年明治26年)、東京帝国大学教授就任漢文学を講じた[1]。退官後、小田原暮らし、76才で没した。1914年大正3年)、日本学士院賞受賞(第4回)。文学博士従三位勲三等。熊本県近代文化功労者。次女の須磨子は、講道館柔道創始者である嘉納治五郎結婚した。媒酌人は、木下韡村の次男で後に京都帝国大学総長となった木下広次が務めている[1]。

2017-05-18

上京してきた田舎者とそこで生まれ育った人間とをシャッフルして出来たのが都会で、要するにそれが問題だと思ってる

構造的に、他者は「自分はあずかり知らぬ他人」にしかなり得ないか

「都会の人間は冷たい」というステートメントは、その意味において正しい、と考える

http://anond.hatelabo.jp/20170518082520

自分場合は、上京したての頃、道を聞いたら「何こいつなんで道なんか聞いてるの」という顔をされて無視されたのが数回

喘息発作を電車の中でやらかした時に、満員電車でこれ以上人が入らない状態だったかと思いきや、自分の周り半径一メートルに誰も人がいなくなった事も。伝染る病気やと思ったんやろな

なんや場所の譲り合い、やればできるやんけ!って今は半笑いで思う

その後も、駅構内とかで何回かやらかしたけど、本気で苦しがってのたうちまわってても声を掛けてくれる人はいなかったわ

というわけで、田舎者同士で憎悪を高め合う以前の段階でドン引きしたのでした

意見交換会合コンではない(n番煎じ)

国際基督教大学International Christian University、ICU

私の母校だ。

2人の卒業生婚約日本(の一部)が盛り上がる中、ただただ一卒業生として発信したいことがあるので、筆を取った。

まず初めに、この文章ICU卒業生代表文章ではない。

"過剰な一般化"かもしれないし、統計的データがあるわけじゃない。

から、これは私の主観経験によって構成された文章となっているはずだ。

ーーーーーーーー

結論から言うと、彼らが知り合ったきっかけとされる"意見交換会"が"合コン"だったということは非常に考えがたい。

(学校の規模が小さすぎて、自分の"友達の友達"でほとんど全員にアクセスできるため、学内合コンなどほぼ有り得ない。)

他の大学の方からすれば信じられないかもしれないが、ICU生の大多数は学内しろインカレしろ合コン経験である

ICU生はだいたい「他の大学と"違う"」という理由で、ICUを選んで入学している。

ICUは、上京を目指す若人が一般的に憧れるような"キラキラ"した大学ではない。

すごい地味な大学だ。

周りに学生街と呼ばれるようなものはないし、キャンパス内にスタバはもちろんない (武蔵境駅前にはあるけど)。

では、みんな何を求めて、ICUに入るのか。

ある人にとってはそれが、英語教育だったり、リベラルアーツ教育だったり、特定メジャー(専門分野)だったり、学校雰囲気だったりする。

何を求めて入学たにしても、ICU生は何故か批判的思考を知らぬうちに身につけていく。

そんなICU生の大多数が共通して敏感に反応するのは、"性"が関わるトピックについてだと思う。

それが、ICU卒業生在校生が、意見交換会合コンに対して、異論を表明している理由でもあるのではないだろうか。

合コンというのは、良くも悪くも"社会的押し付けられた性へのイメージ"の結晶と言える。

(男性が〜〜すべきとか、女性は〜〜するとか、そういう類のこと)

ICU生の大多数はぶっちゃけ、この"性へのイメージ"に超批判である

くだらないと思ってるし、押し付けられたくないと思ってる。

から合コンにも無関心/批判的だし、実際行っても"需要"はないと思う。

だって相手から求められる"性へのイメージ"を体現し(て)ないから。

こんな感じで、ICU生は合コン経験を貫くのではないだろうか。

勉強で忙しいとか色々な主張があると思うけど、私はそう思っている。

てか、書いてて眠くなってきたので寝る。

起きてまた気が進めば編集しよっと。

2017-05-17

パチンコ屋で母の日プレゼントを贈った

待ち合わせの時間つぶしにパチンコ屋で漫画を読んでいた。大学時代パチンコをしてて、今ではデカトイレ、もしくは騒音の激しい読み専ブックオフとして活用している。

読んでいたのは「グラップラー刃牙」。正確に言うと「範馬刃牙」。親子喧嘩をしようとしているところで、父の勇次郎ちゃぶ台を指でメリメリ裂いていた。なぜ?

読みながら「俺も昔一度だけ親父と取っ組み合いの喧嘩をしたことあるな」と思い出した。2回目の留年無い内定クズ大学生だった俺は、精神不安定になり母親の何かの一言にブチ切れた。今ではなんと言われたかすら覚えていない。挙句母を泣かしてしまい、父が出動した。こっちの言い分も聞かずに「母を泣かすのは悪いやつだ。謝れ」としか言わない父にまたブチ切れた。それまで口喧嘩はあってもお互い暴力を使うことはなかった。俺が小学生の頃ビンタ一方的に吹っ飛ばされたくらいだ。それが何が高まったのか掴み合いの喧嘩になった。すぐ母に止められたのだが、数秒掴み合いをした父の非力さに無性に悲しくなったことを覚えている。昔ビンタで吹っ飛ばしたくらいだし、若い頃は柔道やってたらしいし、身長は低いがメタボ体重もあるのに、当時ガリガリの俺に軽々と押し負けるくらいの力しかなかった。運動の1つもしていない、50過ぎのただのおっさんだった。今まで父に怖れを持っていた俺とは何だったのか、こんな弱いおっさんを困らせる俺って何なのだろうかと、驚きと寂しさとやるせなさでいっぱいになった。

そんなことをパチンコ屋のバリバリとチカチカにあてられながら思い出した。クズみたいな俺でも引き続き心配し、運良く就職できて上京してからもずっと定期的に連絡をしてくる母親はすごくないか。相当酷いことを何度か言ったはずだが、捨てずに許してくれている。誰にも愛されねぇなって考えるほど彼女の1人もできない自分いつまでも気にかけてくれている。全然恩返ししてなくてヤバイって思ったとき今日母の日だってことに気付いた。その場ですぐにスマホを取り出し、Amazonカーネーションとどら焼きのギフトを注文した。凝ったものや高いものを珍しいヤツがいきなり贈るのもアレだなと思ったか簡単めに。

もちろん母の日には間に合わなかったが、今日届いたらしい。喜びのLINEが来た。すげぇ嬉しそうだった。こうやって少しずつ返していくのでもいいのだろうか。けど、刃牙読んで思い出してパチンコ屋でポチッたとは言えないよなぁ。

2017-05-16

痴漢根本的原因は首都一極集中

まり田舎を出て上京してきた奴らは間接的に痴漢を増やしているのだという自覚を持って欲しい。

悩み癖ってなおらんのか?

脱毛しようか悩むどうしよう30万かかるしでもしたいし」

って母親に連絡したら呆れられた。

あんたいつも悩んでるね」って。

いつも悩んで悩んで決められない。

「悩むのが好き」みたいになってるのが本当にやだ。

脱毛するかしないかするかしないかでずっと悩んでる。

転職するかしないかするかしないか……

実家帰るか帰らないか帰るか帰らないか……

スマホプラン変えるか変えないか変えるか変えないか……

引っ越すか引っ越さないか引っ越すか引っ越さないか……

この人が好きか嫌いか付き合うのか付き合わないのか……

ときどき、何事も「考えすぎ」って言われてぐさっとくる。

考えすぎていつもここから動けない。

若い頃は(っていっても3年ぐらい前まで)「悩んだらまず行動!」だったのに。

なんでこんな消極的人間なっちゃったんだろ。

これ一生悩み続けるのかな。

「悩んでる私」がベースなのかな。

竹を割ったような性格になりたい。

知り合い一人もいない場所上京を決心した、

ほんの数年前まではそう言われてたんだけどな。

2017-05-13

田舎に生まれたかった

東京選択肢が多すぎる。

結局何を選べばいいのかわからないまま宙ぶらりんの孤独自分けが残ってしまった。

田舎なら遊びたいならショッピングモールとか、勉強したいなら図書館とか、そういう定番が決まっていて

自分の行動を決めやすかったんじゃないかと思う。

全ての行動に対し無限選択肢が広がる東京では、何か行動しようと思うたびに、

調査比較検討必要があり、間違った選択をすれば後悔することになる。

これは非常に面倒くさい上に恐ろしかった。

結局、田舎の狭い人間関係の中と限られた遊び場所の中で自分の土台と信頼できる人間関係をを作り

その上で東京上京してくるというのが多数派であり王道生き方なのだと思う。

2017-05-12

すげえ年下の子デートすることになった

状況が特殊すぎてフェイク混ぜても特定されそうだけど、わかるのは本人だけなのでまあいいか

当方おっさんガラス40代。1ミリの疑いもなくおっさん。一回りくらい若く見られることもあったけど、ここ数年で年齢が顔に出てきたことを実感してる。おっさんであることがつらいお。

相手20代女子。悩み多き若者就活とかでもがいてる。SNSだと散文的に暗いことを書きがちだけど、Dだとちゃんとした文章を書く。やり取りもすごくしっかりしてる。

きっかけはSNSフォローされたのは彼女がまだ高校生のころで、もう7年くらいつながってる。年に数回リプ飛ばし合うくらいの仲(そもそもあんまり絡まない勢)。ちょっとマニアック音楽の話とかする程度。

だったんだけど、なんやかんやあって「じゃあ機会があればご一緒しましょう」みたいなD飛ばしたら「ぜひ!」ってキラキラした顔文字付きで返ってきたんで、「これ機会作らなきゃダメな流れですか?w」という誘い受け()みたいな感じで。そしたら「言わせた感がありますね」って、えっわりと男女の駆け引きっぽいじゃん。

俺はおっさん歴も長く、おっさん時間を生きてるので「あれこのこ子供だったよね?」と思ってしまう。安達祐実がいつのまにか熟女になってた、みたいな。

「なんとなくすごそうな人」って誤解されてるのかもしれない。ちょっとライティングに関してアドバイスみたいなことしたし。

電話とかで話したことすらない相手と会うってハードル高いな。しか相手若者さらに俺わりと人見知りするタイプ。まあSNSでは絡んでるので話題に困るようなことはないだろうけど。

文章にまとまりがないだろ? そんだけ困惑してんだよ。ライオンの群れのなかに仔猫が入ってきた感じ。

週末に会う。デートなのかねこれ。まあ男女ふたりで会えばデートか。上京してきた母親と会うのもデートって言うしな。

とりあえず楽しく飲めればいいや。

テクマクマヤコンテクマクマヤコン、なるようになーれ!

……あと今日ちょっと漏らした。一応ご報告まで。

(追記)お待ちかねの結果報告だ。お前らモヤモヤすればいい。

http://anond.hatelabo.jp/20170514100429

2017-05-11

そこまでして東京にいる意味ってあるの?

夜の22時とか23時とかに電車に乗ると、疲弊しきった顔をしている人がとても多い。

その時間だと帰宅してももう寝るだけの時間でしょ。

残業代すらでているかどうかも怪しい限り。

国家公務員キャリア組でとか、流行りの電通ですげー忙しいよとかならわかる。

野望に向かって超忙しいってのもわかる。

仕事が楽しくてしょうがいからとか、将来の野望に向かってキャリアをつむんだってのもわかる。

職業の貴賤の話じゃなくて、自分が今の仕事に納得しているかどうかって話で。

でも、その今ひーひーいいながらやっている仕事をこなして、毎日上司に詰められて、

くそ混んでいる満員電車にのって、深夜に帰宅して、へたすりゃ土曜も仕事で、日曜は寝るだけでって生活で、

それでいいのかって思うよ。

そんな生活をするために、東京固執している意味あるんかいって。

地方には仕事がないのもわかる。

地方さびれている一方だから若いうちに上京したいという死ぬほどの渇望だってわかるよ。

でも、もういいんじゃないの?

大学時代とか東京で楽しく過ごしたじゃん。

なんのために生きているのかわからんとか、言ってないで、

もっとのんびりできるところで生きてもいいんじゃないのって。

地方には仕事がないなりに、

仕事をして生きている人はたくさんいるし、U/Iターンを歓迎する自治体もたくさんある。

別に自分の生まれ故郷じゃなくても、常夏沖縄だって、おいしいものたくさんの北海道だって、ゆったり温泉だっていいじゃない。

地方都市だって、おしゃれなお店もおいしいお店もたくさんあるよ。

3年頑張るなんていって魂削ってないで、

東京にいなきゃいけないっていう縛りをなくしたら、

もっとのんびり楽しく生きていけるんじゃないのって。

そんな狭いコンクリートの箱から飛び出して

昔みたいに走り回ったらいいじゃないか

東京を捨てて、地方に出よう。

とりあえず温泉にでも行こうよ。

メイドカフェの閉鎖的空気感ヤバイ

http://anond.hatelabo.jp/20170510211520

この増田スナックが閉鎖的というが、

秋葉原に大量にあるメイドカフェを筆頭としたコスプレ喫茶のがヤバイだろ。

あれこそ常連しか客と思っていない。

上京したての頃、一度秋葉原メイドカフェ体験してみようと友人と二人で行ったことがあるが

まず、初見客が入店すると

それまで喋っていた常連客が一斉に黙りこんでこちらを睨み付けてくる。「よそもんが来んじゃねーよ」みたいな視線を刺してくる。

これで相当気分悪くなるが、せっかく来たんで着席すると

メイドコスプレをした姉ちゃんがやってきて「当店は会員制となっておりまして…」とメンバーズカードを1枚300円で作るように言ってきて、ドリンクの注文だけとる。

あとはひたすら放置

メイドコスプレをした姉ちゃんは全くこちらに話しかけてこないし、近寄っても来ない。

こう言うとオタクに「メイドカフェ店員コスプレしているだけで、お姉ちゃんと会話する場所ではない、ファミレスと同じ」とか偉そうに説教されるけど、

いや、ずっと他の常連客の卓に付きっきりで会話してんじゃねーか。

なので、こちら初見の男二人だけでおとなしく最初に頼んだドリンクつんだけど、待てど暮らせど一向に頼んだドリンクが来る気配はない。

なのに、明らかに俺らより後に頼んだ常連客のドリンクは即座に出てくる。

明らかにおかしいので「すいませーん、さっき頼んだドリンクはー?」と大声で叫んでも

常連客との会話に夢中になってこっちの声は全く聴こえていない。

何度も叫んでやっと気づかれ、やっとドリンクを持ってきても

すぐ常連客のテーブルに行ってこっちを気にかけることはない。

こっちのドリンクが無くなっても、再度オーダーを取りに来る様子もなく常連客との会話に夢中。

「すいませーん、おかわりー!」と叫んでも無駄

呆れてさっさと店を出て、選んだ店が悪かったと別のメイドカフェに行っても全く同じ対応

じゃあメイドカフェなんか行くのをやめて、メイドガールズバーに行けば俺らに必ず最低でも一人の女の子がついて会話できるだろう、と思いきや

ガールズバーですら全く同じ対応

入店すれば常連客に睨み付けられ、

店員の姉ちゃんも常連客とばっか会話して、初見であるこっちは完全無視

俺らの座るカウンターには店員は誰一人いない。こちらのドリンクが空になっても店員は全く気づかない。

これが秋葉原代表する店なの?とガッカリした。

俺の地元田舎ガールズバーですら、初見客にもしっかり最低一人の姉ちゃんがついてしっかり対応するぞ。

でも、常連客が次々帰って店がヒマになるとやっと俺らの席に姉ちゃんが来たんだけど、会話が成り立たない。

秋葉原からアニメゲームの会話のほうが良いだろうかと、そういう話を降っても「私アニメ興味ないんですよねー」だって

じゃあ、なんで秋葉原のこんな店で働いてんの?

っていうか、オタクであろう常連客と何時間も何の話をしていたの?

じゃあ他の話を、と思ってトークの内容を変えても世間知らずすぎて会話が全く通じない。天気の話くらいしかまともにできない。

結局、メイドコスプレをした姉ちゃんの「原宿で服を買うのが好き」という話を一方的に聞かされただけだ。

ちゃんとしたキャバクラだったら、客の会話についていくために嬢はしっかり世間勉強してるぞ。

政治経済のお堅い話題からアニメゲーム芸能ゴシップといったゆるい話題までなんでも対応できるぞ。

俺はそこまでできないから、キャバクラでしっかり客の会話についていく嬢には頭が上がらない。

それを見てるもんだから秋葉原コスプレ喫茶って接客業として最低すぎるとしか思えん。

んで、遅れて上京してきたイケメンの友人も後で「秋葉原に遊びに行ってみたい」と言い出したんで、イケメンと俺で前回とは違うメイドカフェへ。

このイケメン、同じ男からすればそこまで良い顔には見えないが、とにかく女性けがよく

街を歩けば片っ端から若い女性に逆ナンパされるようなやつだ。

そいつ入店したら、メイドの姉ちゃんったら目をキラキラ輝かせながら俺らに付きっきり。というか、俺を無視してイケメンに付きっきり。

俺を存在しないものとして、「こんなかっこいい客は来たことがない」「キモいオタク相手ばっかりさせられて精神的にきつい」とか常連客の悪口をベラベラ喋りだした。

もう、こちらはドン引きである

で、最終的には「こんど一緒に遊びたい」とか言い出して自分の連絡先が書かれているであろうメモイケメンだけに差し出した。

店を出るとイケメンは「営業をやってる身として仕事中にあの言動はいただけない」「こちとら女は事足りてるんで、あんな程度の低い女と遊ぶ義理はない」とメモビリビリに破いていた。

なにこいつ、かっこいい。

店舗秋葉原メイド系の店に行っても全部同じだったから、もう二度と秋葉原では飲まん。

これだったら近所のキャバクラに行った方がよっぽどマシだ。

メイドカフェとかのオタクの会話相手になる店って、元々キャバクラですぐクビになるような水商売ができなかった女が最終的に行き着く場所だっていたことがあるから

客のことをバカにしてるし、どこの店もかなり低レベルなんだろう。

オタクキャバクラなんて経験したことないのが多いだろうから、こんな低次元な店でも満足できるんだろう。

まともにキャバクラとか経験があったら、絶対に行ってはいけない場所だ。

金払ってるのにストレスたまるだけだ。

これなら、しっかり遊び方覚えてスナックに通ったほうが絶対楽しい

2017-05-06

渋谷

上京してから何度か行ったことがあるけど、休日では今日が初めて

人の数やばいっすね…

ペルソナ5とは違ったようだ

2017-05-04

咳が治まらねえ

やっぱりただの風邪じゃなかった

最悪だ

30年以上生きてきて今まで一度もかかったことのない病気になぜ俺はかかったのか

最近上京したぐらいしか心当たりがない

やっぱり東京はクソだ あらゆる感染症へのリスクが最大になる

咳しすぎて肋骨が痛すぎる 東京死ね

2017-04-30

春ですね

上京したてで社会人1年目のかわいい子降ってこないかな。

どこにいますか。

2017-04-29

誰にも嫌われたくない

嫌われたくなさすぎて、人付き合いができなくなった。

今日面白い映画を見に、自由席映画館へ行った。最近精神的にピリついている私は、なぜか頬の下あたりがかゆくなって、上映中に何度も掻いてしまった。

上映が終わり、場内が明るくなり、荷物をまとめて席を立った私は、真後ろに座っていた女性が隅っこの席へ移動する姿を見てしまった。

頬の下を掻く私の手が邪魔だったのだろう。私は見ず知らずの人に嫌われてしまったのだ。

渋谷の街を歩きながら嫌われずに生きていく方法を考えていた私は、上京してからというもの、嫌われたくない一心で、友達を作らないでいることに気づいた。

というのも、親しさは体力ゲージみたいなもので、親しくなればなるほど貯まっていき、嫌われれば減っていくものだと思っていたのだ。

まり、誰とも親しくならなければ、ゲージは貯まらない。減るゲージが。

孤独に身を置くことで安心していた私は、今日赤の他人にも嫌われる可能性があるということに気づいてしまったのだ。

今考えれば、どうしてこんなことに気づかなかったのか。あまりにも他人に無関心すぎて、他人を嫌いになることすらなかった薄っぺら時間が突然重くのしかかってきた。

情けなくて泣けてくる。安心は鈍感を生むんだな。

2017-04-26

地方が死んだら上京する人がいなくなって

大学企業も困ると思うんだけど

移民でなんとかするつもりなのかしら

2017-04-23

親に離婚された子供が親になった話

以下は虚実ない混ぜの話だ。

私は、少々面倒臭い家庭に育った。

父は、私と弟を母に産ませた後に別れて、かねてから愛人結婚し継母に据えた。

だが私は母を覚えていたので、彼女を母と認めることができず、その彼女のいる家庭というものを信用できなかった。

寂しくなかったと言えば嘘になる。当時はまだ小学生にもなっていなかった。母の愛を感じられないことが悲しくて寂しくて、何度枕を涙で濡らしたかからない。それに耐えられなかった私は祖母にすがり、父母とは極力交わらないような生活を送った。

そんな育ち方をした者がまともに育つわけがない。私の家族に対する愛情というものは酷く希薄になった。一度就職の為に上京してからは年に一、二度しか家に帰らず、またそれも私を甲斐甲斐しく面倒を見てくれた祖母が亡くなってからは怪しくなった。

そんな男でも恋はする。結婚だってするし子供も産まれる。

だが子供…娘が産まれた時、私は愕然とした。よく言われる「父親としての愛情」が自分には芽生えなかったのだ。しかしそれでも子は父を慕ってくれる。そんな子が、かつて自分が味わった様な寂しさを感じるのは哀れに思った。だから私は、私の出来得る範囲父親らしい愛情を演じることにした。

それは不器用で、時には妻に父親としての自覚が足りないと罵られるほどだったが、まあそれでも私としては頑張った方だと思う。

それから20数年が経ち、娘は先日一人暮らしを始めた。

正直、心配でどうしようもない。それに、いつも家に帰れば見えた娘の顔がないことが寂しくて仕方がない。一人立ちしたことは喜ばしいはずなのに悲しくてたまらない。

妻にそのことを話すと「子供離れができていないだけだ」と言う。

子供離れができていない」?私が?

今、私は困惑している。人並みの親の様に「子供離れ」ができずに悩む父になったことに。そして、これをどうやって克服すればいいのか、と言うことに。

が、一方で喜んでもいる。40年前に自分にかけた呪いがようやく晴れて、家族愛情というもの理解できたのだから

どこかで読んだ「子は親が育てるものだが、親もまた子によって成長するのだ」という言葉を実感した今日この頃である

2017-04-20

http://anond.hatelabo.jp/20170419230209

上京したての頃は自分結構「降りまーす」って言ってたな。

でも周りの人間は誰もそんなこと言わないし、だんだん恥ずかしくなってやめた。慣れたら言う必要もなくなったし。

マナー必要悪であって目的じゃないから、阿吽の呼吸でやり取りできればそれでいい。

ただ不思議なのは電車の中ではあれだけ無作法なのに、エレベーターの中では乗り降りのときにわざわざ「すいません」と会釈したり先に降ろしたり、バカみたいに丁寧なのは一体何なんだろう。

コンビニで扉を開けて待ってるとか、気疲れして鬱陶しい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん