「メモ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メモとは

2016-07-25

セックスレス物理で詰めろ

http://anond.hatelabo.jp/20160724040923

セックスレス話題最近多いですね。それぞれの家庭の事情があるというのは大前提ですけど、それでも共通している部分もかなりありそうだと思ったので、メモ書きをしておきますね。



まず奥さんと旦那さんとの間での認識違いについて。突然だけど、日本人特性として、役割から行動規範をつくる傾向が強いですよね。会社での私、家庭での私、同級生といるときの私。それぞれで行動の仕方、モノの考え方は大きく異なります。で、「家庭での私」を奥さんと旦那さんがそれぞれどう認識しているかが一番のポイントです。



・奥さんは「子どものお母さん」と自認。

旦那さんは「奥さんの旦那」と自認。



逆に言えば、旦那さんは奥さんのことを「俺の奥さん」と思っているわけです。そして、旦那さんのなかでは「夫婦とはかくあるべき」という思考パターンがあって、それに従って行動する。要するに、夫婦とは年をとってもセックスを含めて仲良くあるべきだ。だからセックスができない現状は夫婦関係としておかしい、破綻している、こんな関係は認められないというわけ。だから離婚という選択肢が出てくるわけです。(旦那さんにとってはある意味ごく自然な発想なんですよね)

一方で奥さんのほうは、子育て経験するにつれて、旦那が眼中に入らなくなってきます。なぜならば自称が「お母さん or ママ」になっているので、その名称に合った行動をするのが自然からです。(言葉性格を方向付けているわけですね)



まりセックスレス認識のズレの結果であって、お互いの認識を合わせる必要があるわけです。



じゃあ、どう認識をすり合わせたらいいのでしょう。よく言われるのは、お互いによく話し合いなさいというアドバイスですが、このような認識がズレているときは、お互いの認識開陳し合うだけで、歩み寄るようにはなりにくいんですよね。どちらかが勝てばどちらかが負けるのですから、話し合うこと自体ストレスになります。(なぜ自分はこんなに苦労しているのに、相手に合わせなければいけないのかと両方が思っています



こんなとき有効なのは物理的に対処しようとすることです。ここから旦那さん側へのアドバイスです。



まずは奥さんが「お母さん」以外の自称を使う時間を増やすようにしましょう。お子さんと距離を取らせたり、家事から解放したり。旦那さん自身物理的な時間子育て家事に費やすか、お金を使って代替サービスサマースクールなども含めて)を利用するといいと思います。(他には両親、義両親をうまくつかうなども選択肢に入れてよいですね)

毎日生活がいっぱいいっぱいだと、奥さんのなかにまれる余力が旦那さんのほうになかなか回ってこないかもしれません。でも、それは仕方がないことです。焦らずに、奥さんのなかに少しずつ貯金を貯めていく感覚で取り組んでください。(というか、実は現在借金まみれで利息の返済すら定期的に行っていない状態だと認識した方がよいかもしれません)



次に物理的な距離を少しずつ縮めるようにします。こういうと、「じゃあ、リビングソファこたつを置けばいいのね」となりがちですが、現時点で心の距離が離れている場合は、旦那さんがいるときには奥さんはその場を離れる、という結果になるだけで失敗に終わりやすものです。

重要なのは現在自然距離感を実測することです。そして、その自然だと感じられる距離を少しずつ詰めていきましょう。この詰めるときに気をつけるのは「ゆらぎ」をつくること。ヒットアンドアウェイ距離を縮める感覚とでもいえばよいかもしれません。話し合いはゼロかイチかになりがちですが、実際の距離ゼロイチではないんです。うまく縮められることもあれば、離れてしまうこともある。それすら楽しむようにしてみてはいかがでしょうか。



時間をつくり、距離を縮める。そのさきにセックスはあります時間がない、距離が遠いとなれば「はやく終わらせて」となるのは自然なことです。



旦那さんにとって、セックスレスの状況とは追い詰められた状況でしょう。だからこそ、性急に結果を求めがち。しかし、仕事でも恋愛でも同じですが、選択肢が限られていればいるほど、成功確率は減ります。まずは自分認識の偏りを意識して、視野を広くもち、セックスレスを最終的には解決するものとして、長期的視点で取り組むと、意外と思ったよりはやくレスが解消されるかもしれませんよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160725075234

クスリだよ。

彼らは出所後みんなで集まって大麻を採りに行こうって連絡メモを持ってたのがバレて花輪氏(ほか)が独房に入るって展開じゃなかったっけ?

2016-07-24

同性の先生に恋しました

中学生女子です。かなわぬ恋をしてしまいました。



相手学校美術先生20代後半。

既婚者で、少し前まで育児休業していました。

そして何より、その先生女性なのです。



私は、制服スカートを抵抗なくはけますし、男子のような乱暴なことは一切しません。

ただ、自分が女だろうが男だろうが、どうでもいいと思う時はあります

もし朝起きて体が男になっていても、あまりショックは受けないでしょう。

それから相手の年齢も気にしません。

私は自分の軸が定まっている人が好きなので、どうしても恋愛対象者は年上になってしまます



中学生の恋の話なんて、どうでもいい」と思われそうですが、私はとてもつらいです。

この恋が、いかに無謀であるかも分かっているから……。

心が壊れそうです。



家に帰ると、先生プリントに書いて下さったメモを何度も読み返しています

あの小柄な体とショートの髪、真面目な瞳などが頭に浮かび、胸がギューッと締めつけられます



こんなことではいけないと思い、体を動かしたり本を読んだりもしました。

しかし、どれもうまくいきません。

先生にとっては迷惑だとわかっているのに、思いは消えません。



受験も控えている中、いったいどうすればいいのでしょうか。

2016-07-23

散るろぐに釣られてるアホどもいいかげんにしろ

あいつのブログは嘘ばっかりで実際には嫁も子供普通にいる

もちろん学歴仕事も全く違うし実家が裕福で不動産も持ってる

全部実際より低く書いてる中で年齢だけはさば読んでてほんとは43歳




あのブログはただの悪趣味暇つぶしで書いてる

あいつなりに設定を作ってメモしながらやってるけど作り話は破綻がある

今までの記事からでも注意深い奴なら矛盾を見つけてたはずだ




今回は食費が突っ込まれたが実際のあいつはもっと使ってる

それも人呼んで料理するのが好きなので自炊の時に金がかかる

いつも高い食材をドサドもったいない使い方してる

そりゃあんなのあれだけ使ってれば当人の腕と無関係に美味い

当人把握してないって言ってたがあれは材料費でゆうに月ウン十万円使ってる




今回の記事書いてる時のあいつの思考回路はわかりすぎる

あいつでは他の費目はともかく貧困層の食費は想像出来なさ過ぎて

これぐらいかな?って適当に書いたのがギリ一桁の9万円

高い食材グロスで買ってどんぶり料理して振舞う人間の壊れた感覚が丸出し




いい加減アホな遊びはやめたらどうかといいたい

どうせやるならいつもの大言壮語を実行にうつすほうへ努力してみろと

協力してくれるって人に囲まれてることのありがたみを感じろ

料理ブログトラウト釣りも今絶対やらなきゃ行けないことじゃないだろ




あいつはこれぐらい書かれても誰が書いてるのか特定できない可能性が結構ある

お手付き無しの一発で俺が誰か当てたら褒めてやるよ




そしてこのフォーラムの奴等も

いつまでもあいつに餌をやるのはやめてくれ

アホな遊びに餌やる奴等もアホだ

http://cild.hatenablog.com/entry/2016/07/23/083035

2016-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20160718181601

割と似た境遇

自分場合は「書けないかもしれない」という現実から逃げる手段として「書かない」を選択したので小説家を志してから二十年経ったが短編どころか一文字も書いてない

たまにノートを買ってきたりするんだけど自分文字でそれを埋めるのが恐ろしくて、未使用大学ノートばかり何十冊も溜まっている

パソコンに新たなエディタアプリをいれてみたりもするんだけど、自分文章テキストファイルを作ることが怖くて結局何も書けていない

頭の中で新作の構想は次々と立ち上がるのだけれど、それをメモすることが精一杯で、それを「小説文章」へと変える錬金術自分の手に届かない

だけど小説家になることを諦めきれない

病院では自閉症スペクトラム、いわゆるアスペルガー症候群と診断は出ている

働かず生活保護精神障害者年金暮らしているけどこんな自分収入を手にするには小説家になるしかないという思いも小説家を諦めきれない理由ひとつだと思う

いま三十四歳、もうまともに職につく未来はない気がする

都道府県知事病識のない精神疾患発症した場合についての思考実験個人用メモ

 都道府県知事が、自らの病識のない精神疾患発症し、不適切が疑われる専決処分等を頻発するようになったらどうなるかという架空の想定につき思考実験をしてみる。

 なお、あくまメモなので、根拠条文等は記さない。後述の指定に従って使ってみようかな、という人は、自力でしらべるように。つかこ記事自体間違ってるかもよ?

 ではまず、前提として、病識のない精神疾患治療にあたっては、当該患者人権に対する制限は最小限度にとどめられなければならないことは言うまでもないであろう。「四の五の言わせず座敷牢へぶちこめ」的な乱暴な意見には、筆者は断固反対する。

 しかし、都道府県知事の職責は重大、かつ職権も非常に強いことから専門医および一般人殆どがその発症を疑うような状況下であれば、既に地方行政は混迷著しい状態におかれているであろう。かかる事態においては、当該患者から知事の職責を剥奪することもやむを得まい。本人の精神衛生においても恐らく負荷軽減の必要があるケースが多いのではないか

 さて、この場合、まず、「都道府県知事事故がある場合」として、副知事等がその職務代理することが考えられる。(副知事存在しない場合も考えられるので、「等」としておく。)

 だが、その「事故」の認定は誰がするのであろうか?

 疾患であるのだから、その認定医師専門医)によるべきであろう。

 ところが、患者本人が同意しなければ、そもそも専門医の診断を受けることはできない。

 例外的に、自傷他害のおそれがある場合不適切公権力行使を間接的な「他害」と呼びうるかについては不知)であれば措置診察が可能であり、その結果措置入院必要ならそうすることになるであろうが、自傷他害のおそれがない場合には措置診察に付するわけにもいくまい。

 あるいは、他の疾病に罹患入院治療必要としているにもかかわらず、本人が(精神疾患に由来する愁訴を前提として)診察は受けるが入院を拒むといった場合においては、精神保健指定医の同席による医療保護入院可能であろう(さすがに家族等も同意するであろうし)。入院は「事故あるとき」であろうから精神疾患であると否とにかかわらず、副知事等が議会と一体になって粛々と不信任手続を進めればよい。

 ただし、あくま医療保護入院必要な期間に限られるから、当該他の疾病によっては時間との戦いになる。

 しかし、そうした特殊事態でもなければ、本人の同意を経ずして確定診断名を出す(しかも、本人の同意くその診断結果を公表しなければならない!守秘義務!)というのはほぼ絶望である

 「成年被後見人の申立ではどうか」…残念ではあるが、それでどのような結果が出ようが、直接に知事の職位に影響はない。わが国では成年被後見人であるか否かに関わらず被選挙権が認められている以上、公職選挙法に基づく自動的な失職はないし、形式的には後見人権限財産に関することに限定されているはずであるもっとも、判断能力を欠く常況にあると家裁が認めた人物の名において下される行政処分に対しては、不利益を被る側から当然山のように異議申立てがなされることとなろうが、これとても知事の失職には足りない。

 結局、地方自治法の本則に立ち戻って、リコール議会による不信任決議、とならざるを得ないであろう。

 では、リコールだが、こちらは地域事情もあるためなんとも言えない。

 鳥取県東京都では集めるべき署名の数に差がありすぎるし、署名有効確認のための事務手続に至ってはもうなんというか。

 とくれば、議会による不信任だが、この場合患者たる知事が黙っているだろうか?仮に地方公共団体吏員が、「対抗する方法はないものか」と問われたら、職務に忠実に「議会解散という方法があります」と言わざるを得まい。ということで、議会は刺し違える覚悟で不信任を突きつける格好になる。

 ところが、議会解散に伴う選挙からといって、解散前と同一人物が再選されるとは限らない。その辺はフツーの地方議員選挙である。とくれば、前回薄氷を踏んだような議員は、正直いって議会解散には及び腰にならざるを得ないだろう。その中であえて知事首に鈴をつける議員(団)がいるか?という話であろう。

 …結局、住民圧力に耐えかねた議会が不信任を突きつける(それもそうとう及び腰で)しかない気がするが、その間に失われるヒト・モノ・カネ・労働力行政への信頼たるや…

考えたくない。

#本記事は、フィクションネタ、または学術論文ネタとしての使用自由です。但し、直接リンクはご勘弁ください…。また、上記目的以外の目的での利活用禁止します。引用に名を借りた部分的全面的転載禁止しますので、

2016-07-17

休日女子力アピール

同僚の女の子シャイガール)とお得意さんへ挨拶に伺った時に、昼食をごちそうになった。

そこにはなかなかの好青年がおり、彼も同席した。

二人は初対面だが、俺は二人のことは知っており、趣味が合いそうなので、二人をくっつけようと思いついた。


しかし、彼女シャイガールなので、なかなか話の輪に入れない。




そこで彼女に「○○さんは休日は何してるの?」と聞きながら、テーブルの影でメモを見せた。


すると「え、あ、あの、女子力アピール・・・!」


場が凍りついた。




でも、相手部長さんが洞察力が鋭い人で、(たぶんメモに気がついていて)

「そのまま読んだらダメだよ」とツッコミを入れてくれて、とたんに場が和んだ。



その後は、少しだけ打ち解けたようで、普段彼女の半分程度は話せていた。

2016-07-16

彼女人格が一つじゃなかった件 四

 一度、チカが俺のことを忘れた事があった。昼間、彼女大学にいる時にメールを送ったんだが返事が素っ気ない、というか敬語だ。家に帰ってSkypeで話をしてみると、俺の名前は覚えてはいるんだが、FPSの同じクランメンバーという以上の認識が無いらしい。チカじゃないんじゃ無いかなとも考えたが、FPSはチカしかやらないし、俺以外の学校生活記憶とかチカのもので間違いない。今まで俺たちはこんな事があったんだよって説明すると

ホントですか~!?私を騙そうとしてるんじゃ無いですか?」

と抜かしやがる。どうしたら信じてもらえるかなと思いを巡らせた。そういえば、エリの誕生日文庫本用のブックカバーをあげた。その色と模様を伝えてみた。

「確かにそのブックカバー持ってます、鞄に入ってますけど、なんで知ってるんですか?」

彼女は明らかに怪訝そうな顔をした。

「だから俺がエリにあげたんだって

「私がテンさんに別人格の話をしたんですか?そんな話信じられない。」

俺に似せたテン人形フェルトで作ってると言ってたのを思い出した。見せるのは恥ずかしいと言ってまだ見たことはなかったんだけど、

「その辺に人形無い?」

キョロキョロと周りを見渡すチカ

「!」

チカの左側を見た後、ものすごくビックリした顔でカメラを見る。

「なんでわかったんですか?そっちのSkypeにここまで映ってるんですか?」

と問いかけてくる。

「いやいやそんなことないよ」

なかなか信じてもらえない。俺の顔も見覚えあるような無いような感じだという。stickam配信してた時やFPSの中では、俺は「上海」と名乗っていたんだが、その時と同じようにバンダナサングラスをしてみたところ、

「え?ええ?えええええ…/// 上海さん?なんで上海さんがここにいるの?」

彼女は顔を真っ赤にして照れまくっていた。滅茶滅茶可愛かった。

「どういう事…なの?頭が混乱してきた。」

どうもチカは本当に上海時代の俺が大好きだったらしい。

「いろいろ思い出してきた。テンちゃんごめんなさい。」

上海を見たショックで思い出したようだ。ちょっと複雑な気持ちだったけど、まあ思い出してもらえたので良しとしよう。しかし原因に思い当たるような事はないと言う。

 翌日、また昼間にメールしてみた。また素っ気ない。え?いや、まさか。昨日全部思い出したじゃん。うーむ。帰ったらSkypeするようにお願いする。俺に関する記憶はないし、昨日Skypeした覚えもないと言う。

「こういうブックカバー持ってない?」

「なんで知ってるんですか?気味悪い」

チカちゃん左側に俺の人形ない?」

「なんでわかったんですか?見えてるんですか?」

俺はループ物ラノベの中に紛れ込んでしまったのだろうか?

「その会話昨日したんだけど」

「全く記憶にないです」

「じゃあこれでどうかな」

バンダナサングラスをしてみた

「え?ええ?えええええ…/// 上海さん?なんで上海さんがここにいるの?」

彼女が頬を真っ赤に染めて答えた。可愛い。この反応自体面白いのだが、昨日と全く同じ会話をするというのはだるい。原因はわからないままだったが、他の人格関係しているのは間違いないだろう。普通こういう事起きないし。ミユキやタダシにも話してみるようにお願いして、その日はSkypeを切った。

 さらに翌日、大学にいるチカにメールを送ったが、返事が素っ気ない。はー、またか帰宅Skypeをする。

ブックカバー・・・

「なんで知ってるんですか?」

左側に人形が?」

「なんでわかるんですか?見えてるんですか?」

サングラスをかける

「え?ええ?えええええ…/// 上海さん?なんで上海さんがここにいるの?」

ここまでテンプレしか今日は昨日とは違う事を言った。

サングラスに気をつけろとはこの事だったのか……」

「ん?どういう事?」

記憶が飛ぶ事が時々あって色々と困るので、今日あった出来事とかをメモに書いて翌日に見直してるんです。今朝のメモに『サングラスに気をつけろ!!』と書いてあって、何の事かさっぱりわからなかったんだけど今わかった。」

「wwwwwwwww」

そのメモSkype越しに見せてもらった。ノート1枚に色々と出来事が書いてあるが、余白部分に殴り書きでデカデカと「サングラスに気をつけろ!!」と確かに書いてある。

「それだけ書いてあっても絶対伝わらなくない?昨日のチカちゃんは何を思ってそのメモを残したんだろうね」

「いやこれはサングラスに気をつけろって事ですよ」

本人は納得してるようだった。そりゃ本人だもんな。

 ミユキと話してみた。彼女が言うには他の人格記憶を持っていったんじゃないか、とのこと。

「他の人格記憶を奪うなんて、そんな事できるの?」

「出来る人格もいれば出来ない人格もいるよ。僕らはそれぞれ役割を持って生まれてきてるから。僕には出来ない。」

相変わらずボクっ娘だった。可愛い

「そうだとして、記憶を奪う理由ってなんなの?」

「テンさんと付き合って欲しくないんだと思う」

「それなら無理矢理記憶を奪っても思い出したら意味ないし、そう思うなら話し合おうってその子に言っておいて」

とお願いした。

 その晩、犯人がわかった。チカの人格の中に元彼大好きな子が一人居て、テンなんかと付き合うんじゃない、元彼と寄りを戻すんだ、という思いでチカから俺に関する記憶を奪ったらしい。ミユキが話し合って相手も納得してくれたので、もうこんな事はないだろうとの事だった。翌日から記憶がなくなる事はなかった。原因解消してよかったけど、これはこれで面白かった。

まとめ

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881140549

2016-07-13

金融日記メルマガ個人的メモ

「①藤沢数希テキスト、②マーケットレストラン記事、③読者投稿コーナー」「藤沢数希テキストだが、有料メルマガから無料のものより質が高いということは一切なく、むしろ低い。」「しかし実は、藤沢数希記事の中でそれなりに有用だったり面白いもの、一番良い部分はすべて無料公開されている。有料記事からと言ってクオリティが高いわけではなく、それではメルマガで何が書かれているかというと、身内向けのモチベーショントークだ。」「

 メルマガには続きが気になるようなキャッチーテーマのものもあるが、中身は全部同じで、仕組みがわかってしまえば校長先生の話よりも退屈だ。」「読者の体験談交流コーナー。有料メルマガテキスト量の大半をこの部分が占め、要は「◯◯を使って成功しました!」という話を他の読者と共有して「恋愛工学最高!」みたいな感じになっている。」「値段分の価値があるとは到底思えないが、信者ビジネスにしては良心的な価格設定だ。」「しかし、恋愛工学のすべてのやりとりは、藤沢数希管理する意見受付用のメールアドレス信者投稿して、それを有料メルマガで発表するという形でなされている。当然ながら教祖にとって都合の悪いものは表に出てこない。」「実際の藤沢数希と彼に引っかった女性の姿が画像なり動画なりで客観的検証できるなら、「あっ…お幸せに」となって誰も恋愛工学に見向きしなくなるだろう。

 実物よりも写真のほうがずっと美人に見える「写メ詐欺」とか「フォトショマジック」というのがあるが、文章抽象化作用、美化作用はその比ではない。」「恋愛工学布教しようとするのか?」「将来が予測できたり投資の優れたノウハウを本当に知っているなら、自分でそれを実践して儲けるだろって話になる。」「すべてのメルマガブロマガの末尾に、この長くてしつこい免責事項が書かれている。」これ決定的な批判では?恋愛メソッドがあるように見せかけ読者に情報を出させそれを使いまわす。ノウハウを独占しないで普及させようとするのは藤沢を儲けさせるためのマルチ商法から。内部で行われているのは洗脳なのも同じ。

2016-07-12

ポンコツアスペルガー美少女

アニメplanetarianの第一話をみたぞ。

wikipediaを見たらジャンルが「泣きゲー」になっていたので、SFのワクワク感をきたいしてはいけないんだと知ってショック。

ロボットがポンコツすぎる。これを見て思いだしたのは、アスペルガーの仲間としてのロボットということ。受け答えがちぐはぐで、表情が読めなくて、共感がなくて、暗黙のルールに気づくことができなくても、美少女なら許される。すべて許される。



ところで、未来美少女ロボット+ポンコツといえばプラメモですね。planetarianをみてプラメモちゃんのことも思い出してほしいので。

http://anond.hatelabo.jp/20160712140110

メモ、ワイは好きだけどあれもゲーム性殆どいからね…それとくらべたらまだポケモンの方が若い子には楽しめるんちゃう

アメリカポケモンGo流行ってるみたいだけど、あれどうみてもクソゲーじゃん

日本人は駅メモ艦これでもやってた方がいいぜ

ま、メリケンなんてスマブラDXみたいなクソゲーで盛り上がってる奴らだから

今年のEVOも目玉種目の一つなんだろ?

かんべんしてくれよ、ポッ拳とかMeleeとかさ(笑)

大人の俺はスト5を見たいのにピーターパン野郎どもにこの世界がどんどん侵されていく

2016-07-11

自分ワーキングメモリのポンコツ具合を再確認した

酒飲んでたにしてもちょっとひどかったので書く。

俺はワーキングメモリの容量というのがおそらくかなり少ない。ADHDとかの検査したときもすげースコアが低かった。

他の要素は人より高いくらいだけど、そこだけ知的障害ボーダーとか言われた。口頭で言われた3桁の数字プレイバックがロクにできない。

普段は、2桁以上の足し算引き算を口頭で言われて暗算で解こうとすると、

途中で数字を忘れてしまってだいぶ時間がかかったり、うろ覚えになってて間違えたりするから常に念のため筆算している。

基本的には正確でないと困る大抵のことを紙に書くかテキストにまとめて、どうにかやり過ごしている感じだ。



先日、酒を飲みながら友人と話していたら、友人がよくあるなぞなぞだと言って、嘘吐き村と正直村の問題を出してきた。

分かれ道で門番に1回質問して正直村を目指せ、みたいなやつ。なぞなぞっていうかちょっとした論理問題だと思う。

問題を頭に入れて考え始めたものの「例えばこう聞いた場合はこう答える」というパターンを2組以上どうしても記憶に保持できなくて思考が前に進まなかった。

「あれっ?」「あっ」「えーっと?」って言いながらひたすら同じところをぐるぐるぐるぐる。

焦れた友人がパターンを例示してくれたりしたけど、余計に混乱を深めるだけで、何度やっても「最初質問なんだったっけ?」となってしまう。

酒で限界が早まっているせいか普段より妙に明確に2パターン目をインプットしてる途中で、頭の中のメモ用紙が一杯になっているような「もう無理」という感覚があった。

さらに、その次の情報を入れたらその前にあった情報のどこかが押し流されて欠落していく感覚もあった。「あっ、今何か消えたな」と。

なるほど、こんなことが普段から頭の中で起こっているから、すぐ「あれ?どうだったっけ?」って思ってるんだなーと妙に納得した。



いくらでもフローチャートメモを書きながら作業しても怒られない仕事で本当によかった。

処理の流れが画面で目に見える形で残る仕事で本当によかった。

あと、腕組んで頭の中で解決策とか考えてたらいつの間にか寝ちゃうのもきっとこの感じで同じところを回り始めてわけがからなくなってるんだろうと思う。

今度から向いてないことやらないで、そういう時も素直に紙か何かに書くことにしよう。

2016-07-08

仕様を覚えようとしない企画

いまどきアプリが主流のIT業界で、いまでもwebソーシャルゲームを作り続けているんだが、そんな中で仕様を考えるのがめんどくさいのか、対して売れていないシステムコピーしたがる企画がいて、コピーしたソースを一部変えたゲームリリースし続けているんだが、元のゲームが売れてないから売り上げが低いのは仕方ないが、仕様を一切覚えようとしない。

毎回毎回何かあったら同じことを何度も何度も聞いてくるし、それをメモることもしない。別の担当者に変わった際も引き継ぎ資料を作らないで、自分で調べてと丸投げ。

そもそも自分が知らないから仕方ないのかも知れないが、今回は新しい仕様をだしてきてやっとヤル気がでたかと思ったら、Webじゃなくてアプリメインの仕様で、アプリを参考するのはいいんだが作るのはwebだし、まずそこの違いが分かってない時点でどうなのっていう。。。。

引用スターって五十音あったら好きな文章作れるの?

いつか試すためにメモ書きしておく

追記

minamikawa1981 確かスターをつけた順には表示されずに、本文での表示順になるんじゃなかったか

sds-page 順番は入れ替えられないしこれだと同じ文字を二回使えない

なるほど。ご指摘ありがとうございます。出来るだけ自由度が高くなるように改良しました。これで40文字くらい自由引用できるはず。トラックバックも開けば文字数増加も可能かも。

バージョンhttp://archive.is/Pssx9

追記2

最終結果:PCスマホ用のページに切り替えれば全文かつaddスターボタンが表示されるのでどこからでも引用可能。ただし面倒くさい。あとスマホ表示だとトラバは開けないのでトラバでの文字追加はできない。結局ブログでやるのが楽っぽい。お付き合いありがとうございました。



あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*



  
  

おなかすいた(´Δ`*)// お仕事のために…φ(..)メモメモ

2016-07-06

互助会ってさ

素敵ですね♪

参考になります

やってみようと思います

いい情報ありがとうございます^^

なるほどそうなんですね…φ(..)メモメモ

 

丁寧語でこういうコメントが並ぶところが何より気持ち悪い。はてブは好きなこと言ってナンボだろ。慣れ合うならアメブロ行けよ。

パワハラを受けた

常日頃から私に文句を言いたくてソワソワしていた上司

酒が入ると抑えがきかないのか、ひどいことを言われた。

会社パワハラ窓口に相談しようかと思ったが、もっと言質を取ってからの方がいいのかもしれない。言われたことは全てメモを取った。

ストレスで涙がにじんだ今日通勤。異動時期はまだまだ先だ。とばされるよりもとばしたいマジで

http://anond.hatelabo.jp/20160705224433

しつこくてすみません。(謝る気ないw)


なんか聞いてるとデータモデルをちゃんと押さえられていない気がします。

根底」にあるモデル(大抵の場合DBにいるやつ)を抑えていれば、それ以外のデータ構造はそれらの変換からできているので、世をしのぶ「仮の姿」ですよね。

根底」にあるやつがどんな風に変装して「仮の姿」になっているのかを調べて頭に入れて、ついでにメモっておけばOKですね。


インターフェース齟齬がでるのは、何が「根底」にある『変わらないやつ』で、何が世をしのぶ「仮の姿」(『いかようにも変わる』)なのか、

『変わらないやつ』からいかようにも変わるやつ』にどんな風に変身(変換)しているのかを整理できていないことが原因のような気がします。。

仮の姿から「別の仮の姿」へ変換するときも、『変わらないやつ』とそいつらがどんな風に変身した関係なのかを抑えてないと、変な設計になるのではないでしょうか?


要するに「仮の姿」と「別の仮の姿」だけで考えてはダメ!だと。

常に「根底」にある『変わらないやつ』を意識しろ!っていうことですね。


上から目線すみません。。


追記:

他人設計した「根底」にある『変わらないやつ』が残念なものだった場合は、なんとも言えないです。。

2016-07-05

http://anond.hatelabo.jp/20160705224433

説教臭いのやだと思いますが。。


どういう順番で書いていくか最初に書き出すことから始めればよいのでは?

最初に書いたとおりにいくのはパッケージカスタマイズとかよく見た光景のものくらいだと思いますが、、、

書き方(書くこと)に変更が発生する度に、リストの方も書き直せばいい。

なにか適当メモ系とかチャット系のwebサービスを使って、書くのも、変更するのも、見るのも、すぐにできるやつでやってみるとか。


それと

データモデルをしっかり押さえる(これでほとんど決まる)

データをどういう風に集めてきてどう見せるか

データをどういう風に変更するのか

・変更を受け付けない条件は何か

・変更を受け付けなかった場合はどうするのか

を書けば8割方完成だと思うんですけどねぇ。