「幼児」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 幼児とは

2016-07-30

東京都知事候補鳥越俊太郎

転載

こんにちは鳥越俊太郎です。

私には、東京をよくする4つのプランがあります

 

まず、住むこと。

高齢者住まいを確保し、待機児童ゼロを目指します。

介護士や、保育士処遇改善が、鍵になります

 

次に働くこと。

仕事生活が両立しにくい社会改善します。

長時間労働ブラック企業規制

最低賃金底上げに取り組みます

 

そして環境災害のこと。

再生可能エネルギーの普及によって、

原発依存しない体制を作ります

分散型のエネルギーの推進は、災害時にも役立ちます

 

最後に、学ぶことです。

まれ場所によって、

受けられる教育格差があるのは、おかしい。

奨学金問題や、幼児教育など

私は誰もが平等教育を受けられるための都政を行いたい。

 

働いている人を大切にし

保育園待機児童介護生活環境問題真剣に取り組む。

それが、私の政策です。

 

東京都知事として、エキスパートを集め、

問題毎のプロジェクトチームを立ち上げます

どれだけ時間がかかっても、やり切ります

フルマラソンを完走したように、私は最後まで頑張ります

 

私と一緒に、東京を作りましょう。

あなたの力を、貸してください。

 

あなたに都政を取り戻す 鳥越俊太郎

────────────────────────

 

東京都知事候補 鳥越俊太郎

Facebook http://facebook.com/torigoeshuntaro

Twitter http://twitter.com/shuntorigoe

公式サイト http://shuntorigoe.com

 

2016-07-29

駅の狭い階段のんびり降りる人

人が多すぎて、降りる側が一人分のスペースしかない時、幼児を先に行かせてノンビリ降りる親子のせいで乗り遅れそうになった。

子連れ想像力と周囲への配慮のなさを実感した。

通勤時間帯に、駅の階段上り下り練習なんて勘弁してくれよ。

ベビーカーも、それ自体問題ないが、スーパー通路を平気でふさいだりしてるバカ迷惑だ。

親になると脳の神経が何本も切れちゃうの?

2016-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20160728030422

恋人同士の甘い感じで「はい、あ~ん♥」みたいのは一切したことない。

あれはまあ要するに前戯だよね。キスとおんなじだし、食べ物(飴でも菓子でもポッキーでもなんでもいいが)を口移しするようなのと類似した行為で、

弱いセックスだ。

それとは別で、風邪ひいてるときにおかゆをあーんてしてもらう擬似幼児プレイのあーんもあるが、

それらとは全然別に、枯れた夫婦カップルで、あるいはさばさばした女友達との食事で、

「それ美味しそうだね」

「食べてみる?はい

とふつ~~~~に、スプーン差し出されたりはあるし、差し出したりもある。

無論「あーん」なんて言葉はつけない。

「はっこれって間接キス……(ドキドキ」

なんてものも無論ないし、女子側が途中で気がついて

ちょっとアンタ何考えてんのよ、もうあげない!」

と顔真っ赤にして下げるということもない。

そんなもんだ。

2016-07-22

自転車乗りのマナー違反批判してる人にいいたい

マナー違反というのは具体的には信号無視のことです。それについて言いたいことがあります。他の自転車乗りの方はどうだか知りませんが、徒歩だろうが自転車だろうが、車が来ないで安全だと思えば信号無視してます。徒歩時代から信号無視しまくりの状態でしたけど、いざ自転車に乗ってみるとやたら信号無視批判されてる気がします。批判してる人は信号無視した自転車乗りは徒歩ならしないと思っているのでしょうか。自転車信号無視した場所は私なら確実に徒歩でもします。だから、何がいいたいかというと、自転車乗りはマナーが悪いわけではなくて、マナーが悪いやつが自転車も乗っていたというだけなんです。ごめんなさい。あ、でも幼児信号待ちしてる時は無視しないよ。

2016-07-21

日本可愛いって何かすっかりダサくなったよな

キティさんは相変わらず可愛いと思うけど他はアメリカ可愛いキャラのが可愛いダッフィーとか

サンリオさんもオタ媚びにせいをだしはじめて全然かわいくなくなってきてるし

幼児向けキャラグッズでもアンパンマン妖怪ウオッチポケモンプリキュアより、ディズニートーマスなどの方が可愛い

リア充可愛いーと言う世界から日本製キャラが消えていくのかなぁ

http://anond.hatelabo.jp/20160720230323

ちょっといかな?

今時カラオケボカロ歌う奴はあんまりいないと思う。

リア充カラオケアニソンを歌う」というのも深夜アニメを一括りにした見方でなんかズレてる

アニメを観る人が増えたことで

リア充に受けるアニメ、夢女子向け、萌えオタ向け、声オタ向け、サブカルオタ向け、

という具合に住み分けが顕著になってきている。

例えば大手週刊少年誌に連載されている漫画や人気のソシャゲ原作に持ってくるようなアニメリア充にも通じやすいといえる。

(アイマス進撃の巨人など)

萌えオタ向けの幼児性を強く打ち出したキャラが何人も出てきてさしてストーリーに起伏もないようなアニメはやはり

女性ライトオタクには受け入れづらいものではないだろうか。

深夜アニメに不慣れな人は、きらら系のアニメを見たりするとやはり異質感を抱くと思う。

あずまきよひこばらスィー安部真弘サンカクヘッドなどは

萌えキャラ特有記号が薄く淡白だったり、作風のものが独特で枠から外れたところがあるから受け入れられているのだと思う。

これらは可愛く幼いキャラクターが出てきてほのぼのし雰囲気というだけで萌えオタ向けだと扱われるだけで

厳密にいえば萌えオタ向けとはいえないのかもしれない。

(そうしてみると苺ましまろサブカルオタ向けというほうが近いような気がする。)

同じようにうたプリ刀剣乱舞女性オタク以外からすれば

やはり風変わりでいまいち馴染めないところを感じているのではないだろうか。




それから小倉おっさん若い子に好かれたいから媚びてるだけだ。

あれが本物の男なら呆れた顔して何か言ってる。

2016-07-20

母が子育て詰んだ

思うところあって増田を書きたいと思う。

先日ホッテントリとなったこの記事を読んで思い出した

http://orangestar.hatenadiary.jp/entry/2016/07/19/223314



子供のころ、なぜ自分のお母さんだけがずっと布団に寝ているのかいつも不思議に思っていた。

友達のお母さんはハキハキしていて元気そうに笑っているのに、どうしてうちのお母さんは寝てばかりいるのか。

うちのお母さんは夕飯の用意もできないほど弱っていたので近所の家におかずをもらいに行くのが日常だった。

近所の人は案外優しくて良くしてくれた。

当時の母は弱り切って、いわゆる炊いたコメが食べられなくなっていた。

から食パン牛乳に浸して柔らかくなったものをちぎって、すするようにして食べていた。

母がいわゆる普通の御飯を食べられるようになったのはしばらく経ってからだった。



===

我が家子供が3人で、全員が発達障害に産まれしまった。おそらくだ父親発達障害可能性が高い(たぶんアスペ

上に兄がいて、下に双子が産まれしまった。簡単に書くと兄が自閉症、妹(双子)がADHDという組み合わせだ。


母に言わせると兄が大変に手のかかる子供で、尋常でなくつらかったらしい。

兄は2歳くらいのとき自閉症と診断された。母はものすごくショックだったようだ。


母が言うには、兄はまずアイコンタクトというもの通用しない。母が困った顔をしていてもまったく目に入らない。

とにかくこちらの気持ちが通じないのだ。自分の子供のはずなのに、昆虫かなにかを相手にしているような感覚になる。幼児なのに、である

兄は極端に神経が繊細で、少しでも気にそぐわないことがあると暴れたりかんしゃくを起こしたりする。当然ながら寝ない。ちょっとでも物音がすれば起きる。

母側からコンタクト通用しないのに、兄は極度な甘えたがりで母と一瞬でも体が離れると泣いて暴れる。

そんなことの繰り返しだったが、下にまた子供が出来てしまった。

なんと双子ができてしまった。

双子育児はただでさえしんどいのに、この双子はまた発達障害だった。

(※注 当時はまだ診断基準がなく、増田自身発達障害がわかったのは30すぎてからです)



===

今でもくっきり記憶に残っているのだが、物心ついた時、母は家におらず入院していた。

母が言うには、とにかく子供の世話に追いまくられ、父は仕事が忙しくて育児を手伝ってくれることは皆無、

親戚や実母なども事情が重なって手伝いに来られず、気づいたら骨と皮ばかりに体が痩せていたという。

トイレへ行くのも床をずるずると這って行ったが、それすら無理になったときほとんど本能的に電話に手がいって救急車を呼んだという。

(母が言うには、本当に体がダメになったら尿はほとんど出ないらしい。)

最後自分で測った記憶があるのが34キロ病院で測ったところ32キロだったそうだ。(母の身長は155センチ


母は子供を産むまではフルタイム仕事をしていたので、すごく体が弱いというわけでもない。

ただ以前あった増田のように編集者レベルでタフかというとそうとも言いがたい。

いわゆる核家族だったが手伝いにきてくれる人が残念なくらいいなかったのだ。

当時は今のように自閉症児に対する工夫などの情報ほとんどない。ネットもない。

孤立した母は詰んだ


その後、母は極端に病弱な体になり、基本的には家で寝ていた。

兄をみる余裕がなくなった母は、まだ幼かった兄を母の実家にあずけた。

半年ほどして母が様子を見に行ったところ、祖父祖母はげっそりと痩せていた。

とくに祖母は気疲れがひどく、10キロ以上痩せてしまっていた。

兄の相手をすることや兄の要求を聞くことがとんでもなく大変だったらしい。


困り果てた祖母は、兄を霊能者のところへ連れて行ったことがあるらしい。

すると、兄は親戚中の悪いところをすべて引き継いで産まれてきてしまったのだと言われたそうだ。

から親戚の他の子には悪いものはいかない、なぜなら兄がすべて悪いものを引き受けてくれたからだと。




娘の存在は、母にとってはやすらぎとなり、母は兄よりも娘といることを好んだ。

兄は私が覚えているかぎりでは幾度となく親戚の家に預けられていた。言い方は悪いが兄は「たらい回し」にされていた。

長期間預けるとトラブルを起こしたり、その家の人が寝込んでしまったりするので、半年くらいで親戚のあいだをぐるぐると移動していた。


今でもよく覚えているのだが、兄が家にいないと母はとても嬉しそうにしていて、花を飾ったり凝った料理を作ったりしていた。

料理に対して「わぁ〜!」と反応すると本当に喜んでいた。

これ、これなのよ、私の望んだ家族の姿って!これなのよ!というような。その瞬間だけはまさに母の夢が開花していた。

兄がいないと父も穏やかな表情になって、母もそのことを嬉しがっていた。

私たちは、まるで兄がもともとからいない家族であるかのように食卓を囲んでいた。

日常があまりにも穏やかで、この頃の記憶ほとんどない。



兄がひどく育てづらい子供だったことで母は疲れきっていた。

から、兄が家からいなくなると、気持ちが晴れ晴れして小康を取り戻すのだった。

の子たちもADHDがあるため、忘れ物も怪我もひどいし学校に呼び出されたりそれはそれで面倒だったが「気持ちが通う」という点で、母のしんどさは桁違いに違ったらしい。

自分記憶では、兄は4〜10歳くらいまで、ときどき家にいたがときどきいなくなっていた。母の実家、父の実家、親戚の家…あちこちに預けられていたと思う。

はいわば兄の育児放棄してしまっていた。



===



その後も兄関係でゴタゴタがいろいろありましたが、いま40歳目前になる兄が社会適応できることはありませんでしたとだけ書いておく。

そしてそういう子供一定数産まれしまうこの世の不条理というかなんというか。いや、社会のほうが未熟なのかな。私にはわからないですけれども。。




読んでいただいてありがとうございました。

2016-07-11

性を前面に出したビキニタイプギャル風)の幼児向け水着子供に着せるのはマジでやめてくれ。

見てはいけないものを見た無駄な罪悪感や謎な後ろめたさが湧きあがる。

2016-07-10

選挙なんかより宅間守のほうがよっぽど国を動かしている現実

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%84%E5%B1%9E%E6%B1%A0%E7%94%B0%E5%B0%8F%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E4.BA.8B.E4.BB.B6.E5.BE.8C.E3.81.AE.E5.8F.8D.E9.9F.BF

この事件きっかけに、学校小学校など)、幼稚園保育所などの児童・生徒・幼児が頻繁に利用される教育関連施設にも「警察官立寄所」の看板(プレート)またはシールが貼り付けられたり、学校にも部外者学校施設内への立ち入りを厳しく規制したり、

警備体制を強化するなどの方策を主張する声も増えた。また、防犯ブザーを携帯する児童も増加したほか、保育士学校教職員が防犯や心肺蘇生を学ぶ機会となった[24]。

この事件は、日本学校がそれまでの「地域開かれた学校から安全対策重視の「閉ざされた学校」に方針転換するきっかけとなった。

それまで小学校は、地域コミュニティ重要役割を果たし、校庭は子供たちの遊び場にもなっていた。

この事件後、学校監視カメラを設置したり、部外者の立ち入りを原則禁止したりする傾向が強まった。

小学校などの学校への警備員配置、集団登校時に保護者地域ボランティアによる見守りも行われるようになった[25]。

また、この事件を境に、小学校においては児童の名札を廃止したり、あるいは校内のみの着用に限定したりする学校が増えるようになった。

選挙活動でここまでの結果残せるか?




怒首領蜂ラスボス人口爆発環境問題さら軍備拡張などの問題解決させるために戦争を起こしたように

宅間守も、社会セキュリティ意識を高め、未来の子供たちの安全を守るためにあの事件を起こしたと考えればものすごく社会的見地に立った偉人だったと認めざるを得ないんだよね

まさに事実小説よりも奇なり。現実フィクションを越えてしまってるんだよな



100万の投票よりも1本の包丁のほうが国を動かし、より良い方向につき動かせるという実例

2016-07-09

anond:20160709002156

母がキレるタイプで、でも父がおとなしくしてたのはそういう考えだったのかもしれないけど。

 

70過ぎてからまらないことでヒステリーをおこして

父にコロしてやるーって叫んで皿を次々投げだしたとき

心底から親子の縁を切りたくなった。

というか夏休みで見たい見たいといっていた孫つれて帰省してたけど

その場で帰宅を決めて6時間後の翌朝に帰った。

大事なはずの孫ちゃんも心理的に傷ついてたと思う。

少なくとも1年たってまだ顔を合わせたくないとはいってる。

そのあとも親子だけで話し合いはしているけれど、

まり関係改善できてない。

 

 

意志のない天災とおなじように、意志のない言葉でも

人間にとっては凶器だ。

薬があれば100%取り返しがつくわけでもない。

わかりやすい例でいえば心のお薬は妊婦とか幼児は飲めない。

 

孫ちゃんの心のお薬が変わった記念書き込み

2016-07-02

二年前まで元気で動けてた祖母を元気に出来ない無力さ

最期に会ったのは二年前だったがあの頃の元気に歩き回って、近所の人は、親戚はああだのこうだの行っていた。

 

母がいうには、昨年に譫妄が激しくなって病院入院になって、それから弱ったのだという。

いまでは握力がなくなり今では自分食べ物を食べることも出来なくなったらしい。

祖母の弟が死んでから、気弱になりそれから譫妄が激しくなり自宅での対処ができなくなってきたのだという。

 

老人は幼児と逆に一年で驚くほど退行するのだと痛感した。

2016-06-30

[]

sukekyo コロロって幼児金玉っぽいよね。モデル元のぶどうより金玉っぽい。噛むと世界の何処かの幼児断末魔をあげてると想像して食べるとゾワゾワするよ。絶対オススメだゾ!

2016-06-29

合コンに初めて行った話

社会人になって数年が経った。

合コンに行った。

合コンの中で、「テンションが上がってわーーっ!と感情高まるものってなに?」という話になった。正直に言ってそんなものは私にはない。日常ってそんなに刺激に満ちあふれたものか?刺激に満ち溢れている必要があるものか?

いや、正確に言うと確かに仕事の中でスリルやドキドキを持つ場面はあるだろう。だけど、単発で瞬間的に感情が高ぶって、我を忘れて感情を露わにするようなものがあるか?マジックを見て、それが現実だと思ってしまって騒ぎ出す幼児じゃあるまいし、社会人にもなっていまだに何かに感情を爆発させていたら普通に生活を送ることなんてできるんだろうか?

まぁ、そんなことを言って場がしらけるのも何なので、黙ってその質問には答えないでおいた。すると二つ下の後輩が「え~私は家を出て、雨が降っていた時ですかね~~。濡れちゃうじゃないですか~~~」と宣った。


いや、そうじゃないだろ。

明らかにそうじゃないだろ。

家を出て雨だったら嫌だけどさ、そこで感情を爆発させるか?近所にそんな奴いたら絶対やばい奴だよ。

おかしおかしい。なんなの?紙なの?雨が生殺与奪権を握ってる訳?いや、仮にあんたが紙だったとしても、その時わたしなら有給とるよ、叫びはしないよ。。。。。。。。。

そもそもこういう話ってキャリア論とか人生論になるはずのものだったんじゃないの?いや、合コンからそれはないか。結局かわいいこをGETできればそれでいいんだよな。

けど質問にはちゃんと答えるのが、かしこ女の子アピールには必要でしょ。。。ってことは、やっぱりだめだよそんなの。

と、ひとり思いながらカシオレを流し込んでたけど、男どもは「わかる~~~!!」って大合唱

お前らも紙だったのかよ。。。。。。。。。。


追記

後でわかったんだけど、実はその男どもは大手製紙メーカー勤務で、そこから後輩は仕事自慢の話につなげていた。後輩のこと、今度から敬称つけよう。

http://anond.hatelabo.jp/20160629122749

すまんな。

片親だったら別に疑問には思わんかったのでそこまでフォローする頭が抜けてた。

送ってるものが明らかに西松屋とかミキハウスとかで置いてある類の幼児向けの物品なんだよね。

(だとすると、メッセージカード送っても読めないと思うんだけどまぁ多分読んであげるんでしょう)

こういうの、妄想が膨らむよね~

2016-06-28

親が子供宛てに日付指定誕生日プレゼントを贈るという注文が来た。



プレゼント幼児幼稚園低学年くらい用のもの

メッセージカードの内容で親戚ではなく親であることが分かる

メッセージカードの子供の名前は届け先の住所の名前とは違う

・住所は見る限り病院とかそういう施設ではない

・送り主と届け先の姓は一緒

・受け取った先で誰かに渡すものではなく、届け先に直接贈る物だという



親と小さな子供が別々に住んでる理由ってなんだろう??

母親出産前で祖父母に預けてるパターンくらいしか思いつかんなあ。

増田を書いて1ヶ月

さっき初めて個々の記事にどんな反応があったのかを見る方法を知った。

真面目なものからレトリックを駆使したものまで数本書いたけど、結局反応が多かったのは、他の記事漠然と見渡して「こんなのが良いのかねえ」と半信半疑で書いたような超やっつけの代物だった。

恋愛だのアニメだの身近な話題で、とにかく愚痴っぽく、くだくだしく、何かに対する不平不満を出来るだけ主観的言葉で延々と垂れ流す。

主張の筋が通ってる必要はない。それどころか、ナンセンスすぎるくらいでちょうど良い。

最初最後で言ってることが違っても気にしない。

無理矢理いちゃもんをつけるのに必死過ぎて、小学生でも言わないような屁理屈になっていても気にしない。

自分で書いてて、あまりにも話がとっ散らかり過ぎだろうと思ったくらいでも、全然問題はなかった。

しろ、それが良かったのだろう。

読んで勉強になるような耳に新しい話よりも、自分でも完璧理解出来るぞと思うような話題で、自分の方が頭が良いぞと思えるような突っ込みどころの多い記事が「彼ら」のテイストなのだ

ロジックの穴は多ければ多いほど良い。

わざとらし過ぎて、俺なら相手するだけむしろ恥ずかしいと思うような破綻ぶりでも、むしろかえって丁寧に突っ込んでくれる。

なんてくだらない「言論空間」だろう。

ここで行われているのは終わることのない資源無駄遣いだ。

馬鹿馬鹿を書いて、それを大喜びで歓迎する馬鹿が嬉々として更なる馬鹿をそこに付け足す。

何の生産性もない。恨みと溜飲がひたすら溜め込まれていくだけの集積場。

集団幼児退行の展覧会

精神的に向上心のないもの馬鹿だって学校で教わらなかったのか。

昔のはてなはこんなところじゃなかった。

日本人は退化してしまった。

くだらない、実にくだらない。

自分はもう二度とこんなサイトには近づかない。

今後も君たちがこの空しい人生の浪費を続けていくさまを、生暖かい目で見守っていてやろう。

せいぜい、このまま自分たち知的遊戯に耽っているとでも勘違いしてれば良い。

ああ、時間無駄にした!

2016-06-27

空気を読め」という甘え

空気を読め、察しろ」ってさ、大人なのに自分の主張もせず、ひたすら相手任せの察してチャンな甘ったれだと思うんだけど。

あんたとは違う人間なんだよ。いい加減自立しろ

幼児みたいに、言わなくてもわかってよ、って相手をじっと見てるだけとか甘ったれんな。

2016-06-24

リテラシー

ほら、また始まった。

ゆとり教育のせいで「動物園」が読めないんだと。

失読症と見紛うばかりの無知ゆとりカリキュラムのせいにするなんて、お前こそ再教育必要だ。小学生いじめっ子並みの低劣な批判展開すんな。

というかマジで学習障害とか、そういうのを疑うべきだ。

漢字なんてものは、幼児であればテレビを見ているだけで十分理解できるからだ。

大人だろうとある程度同じなはずだ。いくらテレビが買えないほど貧しい家に生まれ育ったとしても、街を歩くだけで漢字を目にすることはできるからだ。

そうやって人を馬鹿にするだけ馬鹿にして、同情心を懐いたり、考察をして問題を探したりできないのは、科学の世紀における文明人として、十分リテラシーの欠如と言えるんじゃないか

2016-06-22

KENSHIN

先日、母親叔父三回忌に向かう途中、某人気戦国武将を祀る神社近くのコンビニに寄った。

もっとも、神社に用があったわけではなく、ただ小雨が降り始めたので、念のためにビニル傘を買おうとしていただけだった。

イケメン武将を祀る神社の前には、歴女ないし腐女子的な女性散見され、殿様のお陰で地元経済が潤っていているな、と実感する。



傘を買い終わり、ふと道を挟んだバス停に目をやると、冴えない容貌若い男女の姿が目に入った。

典型的オタクルックで痩せぎすな男と、似たような服装肥満体の女。この女性歴女腐女子だろうか。

最初他人同士かと思ったが、互いに談笑する様子を見ると友人同士かもしれない。

いや、女性が口をつけたペットボトル男性にも勧めていたので、どうやら恋人同士のようだ。



自分はそろそろ40歳近いが、結婚どころか交際経験すらない。若い頃は悩むこともあったが、最近は悩むことすら少なくなった。

から、失礼な言い方ではあるが、お世辞にも見てくれが良いとはいえない男女が仲良さそうに談笑をしている様を見て、

何年かぶり嫉妬、あるいは劣等感のような感覚を覚えたことは間違いない。なぜあいつらに出来て、俺はダメだったんだ?



かつての俺は努力はした。外見も磨いた。色んな手を尽くして出会いを求めた。だが、誰ひとりデートの誘いすら承諾してくれなかった。

誘いを断ったある女性に、思い余って理由を尋ねたことがある。もううんざり、と吐き捨てるような声で答えられた。

「魅力を感じないんです、人として」。 そこで心が折れた。すべて諦めた。

女性が去った後、自分は地べたに這いつくばって、駄々をこねる幼児のように泣いた。誰もいなかったのが不幸中の幸いだった。



ほどなく、そんな劣等感を笑い飛ばそうと、からかい半分に母親につぶやいた。「ほら、あんな見た目の悪い連中でも、恋愛しているんだね」。

母は答えた。「そうね。『為せば成る』のよね」。人差し指が遠くにかすかに見える「毘」の文字を指していた。

自分はその指先を見ないふりして、無言で歩き出した。

2016-06-20

小沢一郎ニコニコ動画、6年の月日

小沢一郎ニコニコといえば

2010年にはこんな番組をやっていた。

http://blog.nicovideo.jp/niconews/2010/09/008994.html

生放送では、政治ジャーナリスト角谷浩一氏の

司会進行のもと、上杉隆氏、池田信夫氏らが出演し

生討論。その後、小沢幹事長が出演し、ユーザー

皆さんからの様々な質問に回答していきます

この角谷浩一上杉隆氏、池田信夫、というのが揃って異様に小沢にペコペコニコニコするからさまな太鼓持ちで、鋭い質問なんか一個もせず、「小沢さんってこんなに気さくで親しみやすいおじさん」というエピソード紹介やヨイショばっかりやってて、政治番組としては酷いモンだった。

小沢好意的に偏った政治番組、というのですらなくて幼児番組になってしまっていた。おそらくだが当時まだ珍しかったネットメディア番組なので民主党から過剰に「若者向けにやらなきゃ」という意向が出て、そこに上杉池田のような質の低い人材があてがわれた結果中高生でも退屈するお遊戯番組になったのではないか。あの番組小沢も余り得しなかったと思う。





まあしかしドワンゴから小沢に対する好意や敬意や配慮はあった。

当時ホットスキャンダルだった小沢陸山会問題に関する質問なんか読まれるわけもなく、色々なコメントNG化されて表示されなかった。




それが今では小沢古市憲寿のようなヨゴレに不倫ネタでいじらせておもちゃにするという。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/19/furuichi_n_10556620.html




6年の月日は色んなものを変えた。

ニコニコ政治番組やる能力なんかないことだけは変わってないが。

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160619175258

本気で困ってる人っていったって普通に大学入れるような中堅層以上のやつばっかりじゃん

大学出て悩むことがこれかよっていう幼児性を感じるわ

http://anond.hatelabo.jp/20160619133257

客観的に見て、よくあるヒステリーオヤジ幼児暴行です

無事でよかったですね

運が悪かったら普通に死んでます

2016-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20160618160843

なるほど。選ぶのは親だから親に受けるものじゃないと売れないのか。

幼児広告を見て積極的に欲しがるようなものでもないしな。

絵本作家をホンモノの職能勘違いする人達

絵本子供が欲しいと思って買うものではなく、親が「こういうものを与えたい」と思って買うもので、いわば親のエゴであり、ただのファッションアイテムである

よって絵本作家幼児の心を捉えられるすべもなく、本人が幼少期に欲しかったものを作るだけであり、素人手芸を売買している事と何ら変わらない。よって、彼らは職能がある素晴らしい絵本作家などと捉えて持ち上げるなどは全くのお門違いである。

また往々にして絵本作家を持ち上げるコミュニティの独特さ、自己教育理論の振りかざし加減はそろそろ、メスを入れるべきだ。