「ママ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ママとは

2017-03-23

ゴミクズ日記2

明日面接だよ~

第一志望なのに初めての面接だよ~

バカだね~

今日の昼に泣きながらドドド鬱な日記書いたけど

トラックバック2件貰ってたのが恥ずかしくて消した

死ねとか言われなくてよかった

大学院いけばいいじゃんって言ってもらったんだけど

自分大学以外の院考える気ゼロで、自分大学の院、自専攻が無いんですよね

ウケる

時間単位で気分の上下が激しすぎて不安

風呂に入ると安定する 風呂暮らしたい

明日は当たって砕けてさよならだぜ

一次面接に行けることが奇跡っぽいのに頑張れないなんて本当ゴミクズだぜ

大学一年ときダンスサークル入って

週2.3帰りが22時半になるだけでオタク活動できなくてしんどくてやめたのに

これからもし働けたとして何を生きがいにすればいい

ママになんでそんな体力ないの?って言われる

知らないよ~悲しいよ~

2017-03-22

抱っこ

子どもの3歳がもうすぐ終わる。たくさん話すようになった。文法単語不明瞭で、時々何を言おうとしているのかわからないけど、一生懸命に話そう、伝えようとして言葉を口にしている。

さしすせそは、「しゃししゅしぇしょ」。話の内容は、ときどき、空想現実が混ざり合う。私によりかかりながら、私と手をつなぎながら、「あのね」「ねー、おかあさん」と話しかけてくれる。温かい。小さなハンドタオルですっぽり包める手のひらが、やわらかい

子ども児童館と、すべりだいと、ヒーローと、両親に手をつながれながらジャンプをすることと、抱っこが好きだ。

すっかり忘れていた。手をつないで歩けるようになっていたことを、当たり前だと思っていた。2歳のころはすぐに歩き疲れて、抱っこをせがんできた。1歳のころ、0歳のころはずっと抱っこだった。

ベビーカーを嫌がって泣くので、買い物に行く時は抱っこひもを使って抱っこしたり、おんぶしていた。子どもは抱っこをせがむくせに、抱き上げると動き回ろうとする。あちこちに手を伸ばしたり、髪をひっぱったり、頭突きしたり。眠る時は全身の力が抜けて、いつも以上に重たくなる。

前に子どもを抱いて、背中荷物を背負って、両手にもうひとつ荷物を持って…。スーパーへ買い物に行くだけなのに、ぜえぜえ言っていた。そのまま、アパート階段をのぼって…。引越し先には実家義実家もなかった。友人を作る余裕もなかった。

当時、整体師には全身の骨が歪んでいるし、姿勢が悪いから腹も出ていると言われた。睡眠不足で髪はすかすか、目の下にはくま、余裕がなくていつもよれよれだった。しゃんとして身綺麗なママさんを見ると、自分が恥ずかしくてしかたなかった。夫はもう少しなんとかならないのかと、呆れていた。褒められたところなんて、ひとつもなかった。

疲れがたまると、子どもが泣いていても、体が動かなかった。自分までめそめそ泣いていた。いい大人なのに。小さな子どもに、「どうしてよ」「ちゃんとしてよ」と叫ぶこともあった。

バカじゃないか。小さな子どもに何がわかるというんだ。子どもが何かできなくて、それがなんだっていうんだ。当たり前だ。私が見守って、ひとつひとつ教えてあげなくちゃいけないのに。何もできなくたって、あなたを嫌いになったりしない。そう教えてあげなくちゃいけないのに。大丈夫だよ。何も心配ないよ。そう言って、抱きしめて、笑顔で、安心させてあげなくちゃいけないのに。

ごめんね。お母さん、もっともっとがんばればよかったね。毎日疲れた顔でいたね。そんな顔したお母さん、嫌だったよね。お母さんの叫ぶ声、怖かったよね。

笑顔でいたら、もっともっとあなたも楽しかたかもしれない。安心たかもしれない。ごめんなさい。

こんな母親の私に、子どもは両手を広げて「抱っこして」という。丸っこい腕とお腹と、小さな手のひらと、全身で「抱っこして」という。抱きしめると、足を広げて背中にまわす。この子は、全身で私を抱きしめてくれている。私はこの子を抱き上げてはいるけれど、抱きしめてはいなかった。抱きしめていたのは、私ではなかった。このままじゃダメだと思った。「かわいいね」「大好きだよ」そう言いながら、子ども背中を撫でるようになった。子どもはより一層、抱っこをせがむようになった。「だーいしゅきー」と言いながら、笑顔で、両手を広げて。「お母さんも、大好きだよ」と言って、子どもを抱きしめる。子どもの小さな体が、温かい

母親は無条件の愛を与えなくてはいけない。頭ではわかっていても、いつも自信がない。自分という人間は、欠陥だらけだ。ほかのママさんたちに比べると、恥ずかしい。無条件の愛を与えてくれるのは、いつも子どもだった。私は母親で、だから子どもを愛しているのだと思っていた。子どもは愛されるだけだと、勘違いしていた。子どもはいつも私を愛してくれていた。

の子が大きくなったら、いずれ「抱っこして」と言わなくなる。抱きながら歩くことも、だんだんできなくなる。

今はきっと特別時間だと思う。

服を脱がせて、着せ替えさせる。あせもは?かゆいところはない?痛いところはない?自分で着るというさまを、見守る。小さな指がボタンを探すところを、見つめる。

飲みたい、食べたいというものを目の前に与えて、食事をするさまを見る。両手でパンを持って、小さな口をいっぱい開いてかじりつくところを見る。スプーンですくったご飯を、ぽろぽろこぼしながら口に運ぶところを見る。

さな手で軽くなった牛乳パックを持ち、コップに恐る恐る注ぐさまを見守る。コップに牛乳いれられたの、よくできたね。うん、できたの。○○ちゃんがやったの。そうね、がんばったね。上手にできたね。こぼしたら、タオルでこうやって拭こうねと教える。

手をつないで、子どもが転ばないようにゆっくり歩く。道沿いのちょっとした段差の上を歩きたがる。花を見るたびに、お花きれいだねと言っていたら、子どもも「お花きれいねー」と言うようになった。

さな手の温度で、眠たいのか疲れているのか、わかる。歩き疲れた子どもが、「抱っこ」と言う。子どもが望む限り、ずっと抱っこしたい。

2017-03-20

http://anond.hatelabo.jp/20170320163704

嘘こくなボケ

都内にある某大手の子会社バイトしているが

障害者雇用組は俺よりもずっといい給料もらってるぞ

あいつら1日中切手ペタペタ貼ってるだけなのに

難しい仕事して昼休みもずらしてとらなきゃいけないような仕事している俺よりも

定時でオママゴトしているあいつらのほうが給料がいい

そのせいか給与を見る事のある部署バイト達は早々に退職しまくってる

ふざけんなよ障害者…じゃなくて、日本

なんで健常者にここまで低賃金で働かせるんだよ

せめて障害者と同じ給与保証してくれ

あいつら20万近く貰っているのにこちとら10万強だぞ!

2017-03-16

「おい兄(ニィ)ちゃん!」「(飲み屋とかで)「ママぁ~!」ってのもあるし

http://anond.hatelabo.jp/20170315112152

サーバママ

けもフレは使いやすワードを使ってるだけで、内容が面白いからではない、と言う層が結構いる

そもそも動物コンテンツ力が高く、設定を作り込まなくても、調べるだけで(もちろんそれも大変だ)奥行きの深いキャラができるし、作品以外にも自然と広がれる

だがそんなことはけもフレの本質ではない

けもフレの本質自分自分のままで受け入れてくれると思わせてくれる懐の深さだ

残念ながら、現実社会、いや日本にはないからここまで支持されている

出た釘は叩かれる、画一的になることが目的日本教育のせいで

海外ではけもフレが受けないのは、もともと個性個性として受け入れる下地があるためだ

けもフレが激しく受けてる人をみると、平均から逸脱している人が多くないだろうか?

上でも下でもそういう人達は、日本同調圧力のせいで生きづらいのだ

(できる人でもできない人に合わせなきゃいけないのは難しいしストレスなのです)

○○なフレンズなんだね、と個性として受け止めてくれる

それだけで灰色世界が、色を帯びて鮮やかに見えてくるのです

2017-03-15

ママ友

偶然、スーパー出会った。

私が隣町へ引っ越して以来だ。

相変わらずイライラした感じだったので2~3言会話して別れた

彼女はいつもイライラして子供八つ当たりばかりしていた

どうしていつもイライラしてるんだろう

幼稚園時代は上か下かで人と付き合うママだった

私は下とランク付けされていたのか、

車のない彼女のアッシーにされそうになったり

子供鼻血が止まらいか病院へ連れてってくれと頼まれたり

そう言うのは仲良くしてるママに頼むかタクシーで行きなよ、と内心思ったけど

友達が来るから、と断った

そんな予定無かったけどね。

そう言う時には必死ゴマ擦って一緒に陰口叩くママ友達には頼まないんだね

不思議だけど、上下関係で人と付き合うと疲れない?

からいつもイライラしてるのかな..

困った時だけこっちに来られても

私はあなたと付き合うのは嫌

一緒に居て楽しくないんだよね

引っ越す時に住所教えて、と言われたけど

人柄の好きなママ友さん数人にだけ教えて引っ越し

私は上下関係や強弱でなく

人柄で人を選んで付き合うの、ごめんね

http://anond.hatelabo.jp/20170315112610

んだ。

ぶっちゃけ増田がそのグループ内で尊重されてない、ってだけだよね。

その友人コミュの他の友人から増田が話に入れてなくてもどうでもいい」と思われてるだけ。

恐らく1対1で会うような親しい友人はいないのでは。

何となくグループしか付き合いがない仲なら、そのグループが「新米ママコミュ」になったらそりゃママでない人は居場所なくなるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170315111558

年代グループでも子供いない人がいれば子供だけの話題普通にさける。

だけどグループのものが友人コミュから新米ママコミュへ変質したなら

そこは「子供だけの話をしてもいいグループ」に変わる。

ハイとかそういうことではなくただ変わっただけでしょう。

コンビニおむつなんかいらない

外に出かけるときおむつを十分持ってくことなんて常識

おもちゃや着替えや飲み物とかとにかく物が多いかリュックとかママさんバッグで持ち運ぶのでおむつが数枚増えても何の苦労もしない。

それでも時々足りなくなったり忘れてしまったりするけど、おむつ替えのある場所にはだいたい自販機があるからそれで事足りる(高いけどしょうがない)

そもそもコンビニおむつ売れっていうのは50枚入りとかを売れってこと?

一枚だけ使って持って帰るの?よくわからん

自宅のおむつ普通Amazonなりの通販使う(持って帰るの面倒なので)か、大型スーパーで買って車で持って帰る。

コンビニで定価で売ってても絶対買わない。値段が全然違う。

それよりコンビニにはおむつ替え台の方が圧倒的に欲しい。

置いてあるコンビニは見たことがない。まぁ、大抵は車で行くから後部座席とか使って替えるけど。

おむつ替え台じゃなくておむつ売れとか言ってる時点で妄想子育て世帯なのは丸分かりなんだけどなぁ。

あれはただエロ本撤去してほしいだけだろ

子育てママを刺激して味方につけるのにオムツが最適だったわけだ

子育て支援センターで、赤ちゃんが一人でミルクを飲んでいた。

今日、上の子幼稚園に送っていった後に下の子を連れていきつけの子育て支援センターへ行った。

そしたらフロアの片隅で赤ちゃんが哺乳瓶を抱えて一人でミルクを飲んでいた。それをちょっと離れたところから職員さんが見守っていた。


赤ちゃんはとてもご機嫌そうに足をバタバタさせていて、見守り役の職員さんや通りすがりの私と私の子供と目が合うとニコニコ笑った。赤ちゃんっていうのは何故かミルクおっぱいを飲みながら人の顔をよく見るものだ。

そういえば私が子供の頃もこんな風に一人でマグマグを抱えて飲んでいたなぁと思い出した。

普通、3歳位までの記憶は綺麗サッパリ忘れてしまものらしいけれども、私は、薄暗い部屋、ベビーベーッドに寝転んでマグマグを抱えて熱心にチューチュー飲んでいた時の事を覚えているのだ。しかしその映像を覚えているものの、当時何を思いながらそうしていたのかは覚えていない。しかし不幸せというよりどちらかといえば幸せだった様な気はする。





赤ちゃんのお母さんは、上のお子さんの遊びに付き合っていた。上のお子さんはまだ2歳になるかならないか位。まだまだお母さんに甘えたい盛り。たぶん年子兄弟なのだろう。


ところで私の子供達は3歳差の二人姉妹だ。

どこんちもそうだろうけど、下の子が生まれた時は上の子赤ちゃん返りをして大変だった。

当時の事は疲れ過ぎてたせいかまり覚えていないのだけど、一日の大半を上の子に振り回されていた。

の子は常に腕に抱きかかえておっぱいにぶら下げてはいものの、あまりかまってあげる事は出来なかった。

慌ただしい日々のなかで強烈に覚えている事がある。それは夜、寝る前になると上の子が決まってママが良いと大泣きをしたので、下の子は夫に任せて私は上の子の寝かし付けにかかりきりになっていたときの事だ。

の子は、下の子が泣き止んで静かになるまで眠らなかった。一方下の子は、私がだっこしておっぱいを与えるまでずっと二時間でも三時間でも、声が枯れるまで泣き続けた。

の子がまだ赤ちゃんだったときは泣いたらすぐおっぱいをあげていたし、オムツでもなんでも待たせた事がなく、常にご機嫌でいさせる事が出来たから、下の子の、枯れ枯れの弱々しい泣き声を聞くと、罪悪感に胸を締め付けられる様だった。

の子とも一応ずっと一緒にいたのはいたけれど、私は下の子おっぱいを飲んでニコニコしているところを見た回数は案外少ないのかもしれない。

かといって上の子だって私は可愛いのであり、下の子が生まれた事で辛く寂しい思いはさせたくなかったのだ。



二人目を生んだ後、私の周りの人達の多くは「上の子を優先にするように」と言った。

の子優先。

育児常識はたった数年でコロコロ変わるので今はどうか知らないけれど、私が下の子を生んだ当時はなんだかやたらと言われていた様な気がする。


まりにも言われているから、下の子を生む前は、それは多大な努力をしないと出来ない大層難しい事なのかと思ったが、いざ生まれてみたらさにあらず。

実際は、いやがおうにも上の子優先で全てが回った。


まりにも上の子ばかりで下の子放置しまくりだったのがずっと心に引っ掛かっていた。

の子可愛いけど、下の子にも上の子赤ちゃんだった時の様にしてあげたいとずっと思っていた。


でも、子育てを助けてくれる人達は皆、私の意に反した手助けを申し出て来たのだった。

赤ちゃんは見ててあげるから、たまには上の子ちゃんと思いきり遊んでおいで」

家族に言われて、まだ帝王切開の傷が痛いのに、元気をもて余した上の子を連れて運動公園へ行き、滑り台やボール投げで遊んだり。

寝不足フラフラしながら子育て支援センターへ行くと、口を開く前に下の子を連れていかれ上の子に「良かったね。久しぶりにママと二人きりの時間を楽しんでね!」と言われる。

違う、違うんだって

の子は今でも毎日たっぷりベッタリ私と過ごしていますよ!

ほっとかれすぎて気の毒なほどなのはの子の方です!


……とは、あまり主張出来なかった。

たまに言えば、新しい赤ちゃんが可愛すぎて上の子のことが疎ましくなって締まったのか?と極端に取られてしまい、要らぬ心配をされたり非難されたりした。


どちらが可愛いかとかい問題ではなく、私はフェアじゃない事を気にしていただけなのに。

一人目と二人目以降を同じくらい手をかけて育てるのは無理なのは分かっているけれど、あまりにも上の子優先に偏り過ぎており、私にはもはや「上の子優先」というのが宗教か何かの様に感じられていた。

皆、盲信しすぎ。



そんな、上の子無双だったあの頃の事を、床に寝転がって一人でミルクを飲んでいる赤ちゃんを見て思い出した。

その赤ちゃんのお母さんは久しぶりに上のお子さんとの二人きりの時間を楽しんでいたのか、それともかつての私の様に後ろ髪を引かれる思いなのかどうかは知らないけれど、ともあれ幸せ育児生活を送れますように。

2017-03-14

自分

当方大学3年生、就職活動真っ只中であり、先月失恋したばかりでもある。以前とある就活セミナーにおいて、「自分史」を書くと自己分析捗ると言うので纏めてみようと思ったのだが、なんだかダラダラ書いてしまいそうになるので、人の目に触れるという条件ならばちゃんとした文章になるのではないかと、此処「はてな匿名ダイアリー」に試験的に投降してみた。


以下、私立文系現役就活生、その半生のあらましである


誕生小学生時代

私はとある裕福な家庭に、長男として誕生した。

母は底辺出身で、元ヤクザ幹部を父に持ち、成り上がる為にスパルタ教育を叩き込まれ秀才であったものの、「女性である」というただ一点で、評価されることなく、夢叶わなかった人間である

父もまた、底辺出身であり、米の代わりに芋を食うような家で育ち、早くに両親を亡くした境遇を持ちながらも、最終的にはF欄大学だが主席卒業し、好きな分野で食っていこうと考えていたが、推薦で入社した会社が急成長を遂げ上級管理職となってしまい、念願の技術屋にはなれなかった人間である

そんな両親の元に、私は産まれた。

母親は自らの経験から所謂教育ママに、父親は古風な家庭で育った為、マナー生活習慣にこと厳しかった。

両親は私を教育するために、自らのストレス妄執をぶつけてきた。

「どうしてこんなことができないのか」「私はあなたにこんなに投資しているのよ」「お前の為にやりたくもない仕事を続けているんだ」

両親の理不尽社会に対する呪詛が、私の実存破壊していった。

私はまた、いじめを受けてもいた。当時はまだ運動もできずどんくさい奴だったからだ。殴られたり蹴られたり、避けられたり、悪口を散々言われたりした。

親にいじめ告白したものの、「男ならやりかえせ」の一点張りでとりあってはくれなかった。

憎かった。両親が、周囲の人々が、社会が、世界が。

両親に叱られる度に、いじめられる度に、「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す…」と自分の部屋で唱えていたのを覚えている。

本気で両親やいじめっ子を殺す計画を立てたこともあるし、逆に自殺しようと思ったこともあった(いずれも発見されたことで未遂に終わっている)。

上記の計画が失敗に終わった為、何も感じなくなるように、心を殺せるよういつも自己暗示をかけていた。

力が欲しかった。死にたくなかった。生き抜く力が欲しかった。そして認められたかった。愛されたかった。


そんな自分に味方をしてくれた人間が一人だけいた。祖父であった。

祖父はどうやら自分の娘にスパルタ教育を施したことを負い目に感じているようで、両親(特にからから暴言を良く諌めてくれた。

共働きの影響でよく一人で夕飯を迎えなくてはいけない自分に、良くご飯を作ってくれた。(味は大味すぎだったが)

昔の話を交えながら、「力」について色々と話してくれたのを覚えている。暴力権力学力、魅力…生きていくための力について…

戦中戦後混沌とした日本を力が物言う世界の中生き抜いた祖父一言一句には、老い衰えながらも凄まじい説得力があった。


中学生時代

私立に進学させようとする母親に対し、祖父後ろ盾を得ることで私は無事希望通りに公立中学校に進学することができた。

祖父から「力」について学んだ結果、小学生時代において最底辺だった自分スクールカーストものの見事に逆転した。

陸上競技を始めたことで身体を鍛え、喧嘩も強くなったし、会話術を学んだことで周りから慕われるようになり、部活部長や、生徒会長などリーダー役割兼任したり、学力も向上しトップはいかないものの上位に食い込んだ。そして異性の友人がぐんと増えた。これまでの環境が一変したのだ。

だが母親干渉は止むことはなかった。認められることもなかった。学業邪魔になるから課外活動は止めろと言い、トップになれなければ意味はないと口うるさく言ってきた。無理やり塾へ入れたりもした。

そして環境の変化は「人の心というのは力次第でこんなにも変わってしまうのか」と一種疑念を抱くきっかけにもなった。

それでもなんとかやっていけたのは、唯一本音を話せた祖父後ろ盾と、貧乏すぎてろくな学生時代を送れなかった父親わずかばかりの支援があったからだ。課外活動を維持できたのは父のおかげである

(父は学業、というか母の行動について全くと言っていいほど干渉しなかった。巻き込まれるのが嫌だったというのもあるが、仕事に手一杯で余裕がなかったというのもある。事実ウツ一歩手前であった。)


だがこんな日常が長く続くことはなかった。


母の希望によって、確実に試験突破できる県で2番目に高い進学校入学することが決定したその日、唯一心から信頼していた祖父自殺してしまった。祖父肺炎に長くかかっており、これ以上迷惑をかけたくなかったということ、妻(祖母のこと)を亡くしてからずっと孤独を感じていたということが遺書には記してあった。そして「生きろ」とも。

私が祖父の亡骸を観た時、感じたのはひどい喪失感と「生きることに逃げた」という感情から来る怒りだった。

コレ以降、母の私への干渉は激化することになる。



高校時代

私は初めて心から挫折を味わうことになった。私が進学した高校田舎にあったため、小学校から高校まで、ほぼそのまま上がってくる人間ほとんどであり、既にクラス内にコロニー形成されていた。異なる地方から来た私は、その風習に上手く馴染むことができなかった。

加えて、地頭いいわけでは無い私に対し、周りの人間自分より何倍も優秀な奴らばかりであり、中学時代形成されたちっぽけなプライドはぐしゃぐしゃになってしまった。存在理由否定されたかのようにも思えた。

また、再びいじめを受けることになってしまった、いや、巻き込まれたと言ったほうが正しいだろうか。

入学当初、私と同様、雰囲気に馴染めずいじめられている生徒がおり、私は一度正義感故に彼を庇った。それをきっかけに私もいじめの標的となった。担任先生にも相談したものの、「彼(いじめられていた子)の面倒は君が見てくれ」と聞き入ってはくれなかった。(その先生が私が入っていた陸上競技部顧問だったのだから笑えない)

いじめは年度を超えて行われ、いじめられていた子がいじめを苦にして高校を退学し、いじめ実行犯学校から指導を受けるまで続いた。2年次の後期まで続いた。

学校はその事実隠蔽した。

その結果、部活遠征中に競技出場名簿を改ざんされ体育祭に出ることは叶わず(当日までわからなかった)、

女装して踊る予定だった文化祭は前日に衣装を何者かに隠され(これまた部活遠征でいない間の犯行だった)出演することができなかった。(当日来てくれた他校の友人たちに色々謝ったのを覚えている)

その他はまあ陰口や悪口無視程度で済んでいた。いじめは人の業だと割り切っていたし、自分の心を殺せば、特にダメージはなかった。


後ろ盾を失い、学校はいじめを受け、家では両親から干渉され、行き場を失っていた自分は、性に逃げていた。我ながら最低だったと思う。

中学時代に作った女友達のツテを使うことで、絶えず女の子を紹介してもらうことが出来た。

の子の家庭環境や、生い立ち、タイプ男性など様々な情報を聞き出し、ニーズにあった男性像を演じれば、簡単彼氏彼女関係になることもできた。(例えば片親の子なら包容力のある、甘えられる都合のいい男だったり)

承認欲求を満たし、そのうちに罪悪感に苛まれ自分から関係を切っていくというループに陥っていた。最低だと分かっていながらも止められなかった。

そして人の心に対する疑念は更に高まっていった。


いじめが止んだ高校3年次

なんと今までじぶんやあの子いじめてきた人間が、取り巻きが、なにごともなかったかのように普通に親しげに接してきたのだった。これには絶望した。本当に絶望した。いじめ自体は人の業だと、生物習性だと、遺伝子しかたないのだと、割り切ってきた。仕方のないことだと。心を殺して耐えればいいと。しかしなんだこれは、お前らは十字架を背負うこと無く、一切の反省もなく、悪びれもせず、気まずさもなく、あの時俺が挨拶をしたら無視をしたくせに、ただ自然に「おはよう」だと?「いっしょに昼ごはんどう?」だと?「あいつ(いじめ主犯)最悪だよね」だと?グループワークで一切否定してきたくせにこんどは尊重だと?一緒に勉強しないかだと?なんなんだお前らは一体何で出来ているんだタンパク質か喋るタンパク質なのかこれが人間かそうかそうかこれが心か


今まで私は人の心を操っていた反動で、くだらないことにある種「理想的人間関係」というものを思い描いていた。お互いにお互いを高め合える関係 友情努力勝利

いつか素晴らしい友達出会えるのだと、そう信じていた。



私はほとんど学校に行かなくなってしまっていた。公園にいってひたすらに筋トレや走り込みを行い、図書館に篭り、救いを求めて哲学書や思想書、自己啓発書宗教の本を読み漁り、

部活だけ出て帰る。授業をバックレることもあった。幸い制服が無く、度重なるストレスのせいか老け顔なので、補導されるというのはなかった。親に見つかっても怒鳴られるのを耐えればいいだけなので、平気だった。

本を通じて様々な思想を取り込んでいく中で、ただひたすらに耐えるだけだった親に対しての反抗心が芽生えていくのを感じた。

そして遂に「俺はお前の人形じゃないんだよ」と叫ぶことができた。「ごめんなさい」と泣かれた。「すまなかった」と言われた。12月クリスマス前のことだった。


受験勉強をすっぽかして読書思索にふけった結果、案の定成績はビリから3番目であり、浪人をすることになった。




大学時代

から刷り込みによって、座学が完全にアレルギーになってしまい、勉強をすればするほど体調が悪化しながらも、なんとかそこそこの私立大学に潜り込むことができた。

続きは後で書きます

おはようじょ!

ママにおてがみかくの!

2017-03-13

ままごと

の「まま」ってパパママの「ママ」なんかな。

「おままごとします〜」

「うちのママはこんなことしません」

女性けが料理をするわけじゃない!性差別だ!」

って議論のやりだまにあがったことはあるんだろうか。

EVEリメイクやってるんだが、行き先がヒントで出るときはいいんだけど、行き先じゃないとき選択の総当りがうざすぎるわ・・・

だいたい予想つくときはいいけど、予想つかないのがほんとめんどい

逆に総当りしたいのに先に進んじゃったりとかね

後戻りできないRPG的なストレスを感じる

昔のこの手の総当りシステムってほんとうざいなあ・・・

これがめんどうでyunoもすぐやめちゃったんだよなー

ゲーム性って意味で無理やりそういうふうにしてたんだろうか

今は1万するエロゲーでもぽちぽちでたまーに選択肢でてくるだけなのに

しかしまりなの声がうさぎなのがなあ・・・

こないだ新ドラはじめてまともに見たらママミサトさんだったし

マジで萎えるわ・・・

まやかはほっちゃんだし・・・

別に声オタでもねーのにそんだけわかってしまう俺がいかんのか・・・

2017-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20170311183857

お前のママの出べそより恥ずかしいものがこの世にあったとは驚きだぜ!

2017-03-10

妻が”妊娠菌”にハマってて辛い

タイトルどおり妻が”妊娠菌”にハマってて辛い

妊娠菌とかい胡散臭いのが、妊活をしている女性の間で流行ってる

もちろん妊娠菌なんてものはない。だけど妻は信じきっている

妊娠菌ってなに?妊娠にまつわるジンクスを教えて!https://192abc.com/41776

妊娠菌ってナニ? 妊婦の気分や環境が伝染しやすいワケhttps://papimami.jp/10735

迷信!? 「妊娠菌」の存在を感じる女性は1割以上 妊娠連鎖する?|「マイナビウーマンhttps://woman.mynavi.jp/article/151017-67/

第二の「水素水」!?「妊娠菌」が隠れた流行に!http://daiouoka.hatenablog.com/entry/akahuji-ninshinkin-ryuukou

子宝の神 木村さんの妊娠菌が半端なかった件|にぃ嫁さんち *新米ママ奮闘記*http://ameblo.jp/niyome/entry-11865027774.html

やっぱりデタラメらしい。芸能人妊娠菌の広告塔になって爆発的に知名度が上がったらしい

富士書いてメルカリに売ってるのもいるようだ

どうして女性はこんなものにハマってしまうのか? 女性大人になったら科学知識や人体の知識が消えるの?

パットになりたい

ちっちゃな女の子ママの真似していっぱい入れるんだけど見つかって「メッ!」ってされるの

2017-03-09

http://anond.hatelabo.jp/20170309143318

あのさぁ・・・フェミニストはお前のママじゃないって何回言えばわかるの?

https://news.yahoo.co.jp/byline/kojimakeiko/20170308-00068469/

女性は、男性経済的にも社会的にも強者なのだから年収600万未満の男はお断り」とか「おやじハゲ臭い邪魔」とか「もっと稼げ」とか「定年後は粗大ゴミ」とか言っても構わないと考えてこなかったでしょうか。

考えた事もないし、実際にそんな事を言っている人を見た事もないし、女性向けのメディアで見た事もないけど。

男性向けメディアに出て来るステレオタイプ悪役女性」だよね、それ。現実にはまず存在しない。

マック女子高生食パン咥えて走る女子高生と同レベルリアリティのなさ。

職場で散々な目にあって疲れ切って帰宅したら「小ジワだらけでみっともねえ」と笑われ、「ママ、くさいしうざい」と言われ、「なんでもっと稼げないの?」「仕事やめたら単なる生ゴミからね」とか言われたら、私は間違いなく壊れるでしょう。

その上「女なんだから耐えろよ」とまで言われたら、ふざけんな!と暴れるかもしれません。

勿論こんな事を言われている男性も見た事もない。

何なんだこの安っぽい悪役台詞は。今時ドラマだっていないだろ。

まとめサイト創作実話でも創作臭いとかこんな女いるのかとかお前ここまで言われるってなにやったんだよとか言われるレベル



非実在クソ女を作り出して「女はクソで男はその犠牲になっている!」って、男がやりたがる女叩きの構図そのまんま。

それを間に受けて「(私は実際はそんな女は見た事も聞いた事もないけど)ネットで言われてるから実際は世の中には多いのに違いない」と思い込んでるのか、

非実在だと分かっていてその手の女叩き男に媚びたいのか、どっちなんでしょうかねこの人。

2017-03-08

成城に住む成金がみすぼらしい

態度が悪い。

頭が悪い

性格が悪い。

目つきが悪い

髪痛みすぎ。

手入れのされていないボロボロブランドバッグ。

汚れたパンプス

無表情の目が死んでる子供を横に連れて、今日自己満足意識高い系成金キチママが闊歩しまーす。

まんまとメディアに踊らされているキチママさん達。

何のために生きてるの?

その生活楽しい

あんた達、旦那が死んだら子供に縋るのか?

または親の遺産食い潰すのか?

心が一番みすぼらしい成金さん達。

今日世間から笑われてバカにされてますが本人達は気付かずに「貧乏人の僻みね」とか思ってるオメデタ脳。

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170307173159

多分、将来こどもができた時にママさんグループいじめをしたり、ご近所グループいじめをしたり、立場の弱い店員なんかをいじめたり、そういうことをきっとする。

もし本当だったら、分かれた方がいいと思う。

これでいい?たすけてよ

http://anond.hatelabo.jp/20170307102209

周りは全員インフルから韻踏むぜチェックしとき

パパママ感染タデナイト

ハニーも感染マンデーナイト

今朝は高田感染ありえない 繁忙期に正気の沙汰でない

気をつけな 全員タイプA 受けな検診 血液採取

とりあえず うがい手洗いマイクチェック 着けたマスクはもちろんハイスペック

サプリビタミンBとC シンフォニーで送るぜ増田ヘルプミー

YO

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん