「発達障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 発達障害とは

2017-05-25

障害」に対する偏見が未だに根強い

何らかの精神的な「障害である認定するには医師による厳格な診断が必要である、という主張は一見すると正しいように見える。

しかし、その背後には「障害」は極めて珍しく、まれで、少数派で、そして何より「異常」な存在だという偏見が潜んでいる。

身体的な障害とは違い、精神的な障害というものは「有る」か「無い」かのどちらかではなく、グラデーション上で「濃い」か「薄い」かの問題である

世の中には「グレー」な人が大勢いる。当然その「グレー」にも濃さの幅があり「薄いグレー」の方がより多い。

極端に言えば、いわゆる「普通の人」も「極めて薄い」というだけのことだ。

発達障害が注目されるようになって何年も経つが、未だにこの「グレーゾーン」に目を向けようという意識は極めて低い。

何故なら、大多数の人は自分たちを「ホワイトであると考え、発達障害を持つ人たちを「ブラック」だと考えているからだ。

障害」はごく一部の「ブラック」な人たち特有のものだ、という偏見無自覚から、それについて素人が語ることは「悪い」と訴える。

そういう「善良な抑圧」が働く現状を見渡してみると、結局のところ障害に対する理解など全然広まっていない。

はてな村ASDADHDそれぞれの特徴について簡単説明できる人が果たしてどれだけいるだろうか?

代表的パーソナリティ障害を三つ挙げられる人がどれだけいるだろうか?

もっと障害」に目を向けてほしい。そして気軽に語れる世の中になってほしい。

全てにおいてマジョリティの要素しか持っていない人っているのかな

発達障害うつ病の傾向もなく、内臓や皮膚に疾患を持っていることもなく

性的志向シスヘテロで、髪の色から性器の大きさまで全てが平均的な人

しかし「全てにおいてマジョリティの要素しか持ってない人」というその時点で既にマイノリティというジレンマ

2017-05-24

死にたいって書いてる人が多いけど。

要するに、承認欲求なんだろうなあ。

他者から承認されるっていうか、

誰かからあなたは私にとって大事な人だよ」って言ってもらえれば、

そんな書き込みすることもないんだろうね。

学校で虐められてるぼっちや、

就活がうまくいかない学生さんや、

ブラックに勤めるリーマンや、

家庭内で会話のないお父さんや、

一人で小さい子ども抱えてるママさんや、

好きでそうなったわけじゃない発達障害の人や、

今日誰とも会話してないような人なんか。

俺は貴方たちを知りません。

でもね。

もつらい。つらい。つらすぎる。

いろいろとね。耐えらんない。

でも、つらいのが俺だけじゃないっていうことの1点で、

何とか世の中にしがみついてる。

そういう意味では、

貴方たちは俺にとって大切な人です。

ありがとうな。

自分発達障害としてネット意見を続けてきてずっとバカにされまくっていたけど

ここ最近増田なんかの発達障害に対する励ましを見ると

自分が叩かれてたのは一体なんだったんだろうというのは思います

結局キモい人を叩く語彙が変化しているだけなんじゃないか

http://anond.hatelabo.jp/20170523211550

そうだね。発達障害クズでさえ生きる力を発揮するって、発達障害でもないのに生きる力のないやつがミジメになるからやめて欲しいね

2017/5/23 日記 雑感 

カウンセリング

診断

対人恐怖が強く出ている。

従順性が高い。父性母性が低い。いわゆる発達障害ではない?←以前は緊張でテストがうまくできなかった?

人の目に過敏になっている。今は操り人形のようである。←いじめでそうなった

元になったいじめトラウマをなんとかしないとどうにもならない。

まずはいじめで傷ついたところを回復させる。トラウマの解消?

今は薬は必要ない。飲むとしても安定剤程度。

元のあなた性格はそうではないはずである女性らしいところもきちんと持っている。

就労

接客業は向いていない。データ入力事務がやっぱり向いている?

キャリアアップハローワークに行くことも視野に入れる。大学はまだ休学のほうがいい。

大学に行ける状態ではないとの考え。

という感じだったと思う。たぶん。自信がなくなってきたぞ…うん

ミアキス進化から考える発達障害問題

http://anond.hatelabo.jp/20170522132625

について

http://q.hatena.ne.jp/1495428314#comment

コメントを書いたので転記+追記

生物学発達障害者擁護こじつけた論にみえます

他論を述べます

今は、発達障害者定義がすごくひろがっており、自閉症スペクトラムの「非常に薄い」部分も治療対象になるのではないか検討にくりいれられています

極言すれば「リア充」すなわち社交性で生き残る性質が100点満点の人でなければ発達障害の要因があるとされます

私にとっては、発達障害とは、新しい形質ではなく、昔からの、座業職人百姓や鉱夫のような、自然から直接資産を汲み出す産業必要だった性質みえるのです。それが今となっては機械職場を追われ、ゲームコンピュータという資産を汲み出すしかなくなっているわけです。

その意味ではミアキスのような「古い」存在だというのは納得いきますが、犬猫すべての可能性を含むとかいうふうにはちょっと納得がいきません。それは遺伝子プールのもの性質であるはずでしょう。

人間適応能力が広いから、育て方によっては発達障害者範疇にも、範囲外にもなり得るし、社会の変化スピードによっても定義がかわるのだというほうがまだ納得がいきます

さらに極論すると、字を早く読ませよう、小学校入学までに50音と足し算くらいは、と早期教育常識になっている(教育憲法に定められた国民義務ですからね)と、子が発達障害になりやすいのかもしれません、というほうが、遺伝子プールを引き合いに出されるよりはずっとわかりやすい。

 

でも元益田がいいたいのは、日本マスコミ美談依存症で「不自然」を悪者にするキメツケがひどい。差別行動などをひき起こしやす局面から、とにかく何を引き合いにだしてもいいから、穏やかに共存の道を探ろうという最後の部分だけだとおもうのですけどね。ミアキスを犬ネコ攻撃たかどうかなんてダレにもわからんわ。

 

=======

リア充が非常にもとめられているのは、福祉国家の最大労働者である介護者に必要資質が「うたれづよいリア充」だから

でも昭和初期の生まれは非常にデリカシーのない言動をする

(口さがないのがあたりまえだった。差別用語日常で平気で口にしていたし今でも口にする)ので、

適応障害」程度なら、介護経験すればだれでもなるといっていいくらいだ。

そのなかで「どうやら生まれつき介護や対人サービス業に向いていない性格」の人は「発達障害の気がある」とされる。

自閉症さえも、遺伝子レベル特定はされてないのに、発達障害=生まれつきと扱うべしというキマリはへんだけど、「疑わしきは生まれつき」とあつかったほうが社会無理解によるいざこざは少なくなるだろうということだね)

(まあ、仮に早期教育はよくなかった、なんて判明したって後天的まれつきだ、直せないからそのまま扱うしかないという結論になるんだし)

  

昭和後期生まれ団体ジュニア)が食い止めている間に早く逃げろといいたいが、

段階ジュニアこそ早期教育がなされた最初期の世代なんだよね。

粉ミルク最先端のはやりの育児だったし、排ガス大気汚染最悪期で育ったから肺は弱いし。

ちびまるこでいうまるお。へたれ

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523123406

発達障害の事はわからないけど

人生とはそういうものではないかと思います

上手く行っている事と行かない事を抱え、死にたい時期もあったり…

自分を傷つけたり他人を深く傷つけなければ、どんな方法でも生きて行ければいいと私は思う。もちろん辛いけど。

もし辛さを軽減したければ、それは思い切った行動をするのみ。

犯罪自傷ダメ。例えばカラオケ行って今まで出したことないとんでもない声出してみるとか。

それから発達障害ではないけど…自閉症の人がwandering minstrelであるという記事が参考になるかと思った。

一般人は抑圧された中で何とか協調して生きて行こうとする。

自閉症の人は他人と関わらず自分を守って生きて行こうとする。

ある国で抑圧が無くなったら真っ先に外へ飛び出して行くのはwandering minstrelであると書いてあったと思う。

(検索したけど見つからなかったのでリンク無し)

それと気持ちが解り合える人…例えば発達障害説明会みたいなのと繋がっておくとかそういうの探したらいいんではないかい?

分断が一番ヤバイよ。

発達障害の息苦しさ

私にはまだ人生でやりたいことがある

目標もある。夢もある。希望もある。責任もある。

具体的にやっていることもあるし、まだ行動に移していないこともある。

上手くいってないこともあれば、上手くいっていることもある。

楽しいこともあれば、楽しくないこともある。

いい人もいれば、分かり合えない人もいる。

他人から見ると、私の人生は最高ではないがお先真っ暗には見えないだろうし、自分でも決して絶望ばかりではないと思う。

家は裕福ではなく、むしろ貧困層ではあったが、様々な環境上の問題が致命的なレベルに達さなかったことや、

持って生まれ性格が、歪んではいもの生存にはある程度向いていたという運もあった。

だが。それでも。

周囲の人と談笑しながら、――もしかするとそれは談笑している擬態なのかもしれないが――同時に息苦しくて、早く死にたいと思ってしまう。

仲間と一緒にプロジェクト成功を喜びあいながら、やはり死ぬしかないのだろうなどと頭の片隅で思ってしまう。

根っから不適なのだ。生まれしまったことが間違いなのだ

異星人の如く共感できない原理動作するフツーのヒトビトと呼ばれる者たちに埋め尽くされたこの社会の向かう先では、私は淘汰されるべき存在なのだ

時期が悪かった。場所が悪かった。そういう意味では運がなかった。

この今、この時代において、私を取り巻く小さな世界は、必死擬態存在をかき消そうとする私を、それでも尚異物としか認識しないだろう。

外の世界はどうだろうか。外に世界はあるのだろうか。少し程度が違うだけで、同じ世界の延長線上なのだろうか。

走り出したことはあっても、逃げ出せたことがない私には、どちらにせよ私の足では今の世界から上手く逃げ切れそうもない。

から、死んで消えるしかないのだ。私が私を解き放つには、死ぬしかないのだ。

正直死ぬのは怖いし死にたくもないが、死ななければならないのだ。

死ななければこの息苦しさからは逃れられないだろうという確信めいた感覚が、気付いてしまったその時から、ずっとベットリと心にへばりついている。

やりたいことがあると言って、希望目標もあると言って、義務責任自分の命は無価値ではないと屁理屈でっちあげて、なんとか死なないように抑えつけている。

絶対にバレない方法事故死にみせかけて莫大な保険金がおりるという話があれば、一も二もなく飛びついて、笑って跳ねられるだろう。

ビタミン剤オーバードーズごっこをしながら精神の安定を保って生きながらえる精神健全と言い難いだろうことは理解しているが、

発達障害にとにかくまとわりついてくる生き辛さは、私にとってはこんな感じだ。

から、それで実行してしまった人の事を、私は責める気になれない。

発達障害なら発達障害気持ちがわかるし仲良くできるみたいに勘違いしてる人が大勢いるけど嘘だから

発達障害だって発達障害者みたいなやつはうざいと思っています

ADHDなのかも

発達障害特集したNHKスペシャルを見た。

番組中、ADHDの子がなぜ授業に集中できないのか、その時、彼女は何を考えていたのかの解説をしていたのだが、小学生の頃の私を見ているような気分になり、ネット徘徊してADHD自己診断チェックや、その特徴を読み漁った。

・片付けが苦手

・物をすぐ無くす

・集中が持続せず人の話をあまり聞いていない

ケアレスミスが多い

・飽きっぽい

独り言が多い

・話が飛躍する

ダメ男と付き合いがち(それが自分には合っていたのだろう)

などなど、けっこう当てはまる。

時間が守れない、約束を破る、座っていると立ちたくなるなどは当てはまらないが。立ちたくはならないけど揺れがち)

ADHDっぽい傾向が顕著に出ていた小学生の頃、番組を見たことで思い返すとあれが本当に辛い時期だった。

すぐ気が散るので先生の話が聞けない→ゆえに宿題明日持っていくものなど聞いてない→当然、宿題はやってないし、忘れ物も山ほど→先生に怒られる→男子からバカにされる(女子は何故かかばってくれた)→すぐ泣く→余計にいじめられる

という毎日だった。

あの当時は本当に、人の話を聞くことも、勉強の仕方もどう行えばいいのかが全く分からなかった。

集中しなさいって言われても、集中の仕方なんて皆目分からないし、思考があちこちに行ってしまうことをコントロールすることもできないし、そしてそれを説明できないし。

ついでに、歯磨きをしなかったか虫歯だらけだし、お風呂も湯船に浸かるだけ。ランドセルや机からカピカピのパンが出てくる始末。

典型的な不潔でだらしない子どもだった。

ここまで書き出すと親が呼び出されてもおかしくない気がするが、おそらく先生は私に関心が無かったのだろう。

私が授業を妨害するわけでも、誰がに暴力をふるうわけでもないので、放置されたのではないかと推測する。

では、家で問題にならなかったのかと言うと、私の兄がアスペルガーでそれこそ学校問題を起こしまくっていたため、私の問題など取るに足らないものだったのだろう。

母はしょっちゅう学校から呼び出され、教師から「○○くんのために授業が進まない」などと言われていたそうだ。

当時は発達障害が今ほど問題になっておらず、母はノイローゼに、兄は引きこもりになった。

ちなみに父は外に女がいて家にほとんどいなかった。

そんな環境だったこともあり、本当に誰も私を見てくれていなかったって未だに思っている。

毎日先生に怒られ、男の子からいじめられるのは辛いし、本当は学校になんて行きたくなかった。

そこで思い切って母に「学校行きたくない」と訴えたところ、「あんたまでそういうこと言うの勘弁してよ」と言われて、それからひたすら我慢して登校した。

プリント教科書も入れっぱなしのランドセルはとても重く、虫歯は痛く、頭は臭かった。

結局私はADHDなのか、怪しいなー分からないな―。

先月派手に転倒して顔を縫ったあたり、ものすごくそそっかしいことに間違いはないんだな。

これまでだって知らなかったことだから別にからないままでいいんだけど、ただ、あの辛かったころの私に手を差しのべてあげたいな。

一緒にお風呂に入って髪を洗ってあげながら、学校で何があったのか聞いてあげたい。

今、そういう救いが必要な子に何か出来ることってないのかな。

集中力と根気が続く限りだけど、考えたいなあ。

本当に辛かったもん。

2017-05-22

発達障害AI関係

発達障害ADHDだと取沙汰されているのは、AI単純作業自動化)の影響もあるのではないかという話。

ADHDだったりってのは、大抵「いつも通りじゃない予定」に弱いわけ。

今日はどこどこに行って明日はどこどこに行ってその後新しい仕事の打ち合わせ…とか

これまではそんなことしなくても定型作業仕事に溢れていたか定型作業が得意なADHD特に困らず能力を発揮できた。

スーパーレジ打ちとかだけでなく、頭を使う分析製造業だって変化がなければ定型作業だ。)

でもIT自動化AI化が進むこの今、同じ事をすることが無くなってきている。

それで変化の激しい環境に立たされたADHDは(定型作業では優秀だった人ですら)付いていけず無能烙印を押されてしまう。

もともとどこにいても無能自覚している人ならまだしも、これまでは優秀とされていた人が環境によっては無能烙印が推されてしまうので、そのギャップにやられて鬱病が加速してしまう。

高学歴鬱はきっとそのタイプ

そうして社会問題化していった結果発達障害が注目を浴び取沙汰されているんじゃないか

まり発達障害が注目され始めたのは自動化AI化が関係している。

発達障害あるある その1

・「時間通り」に対する過度の執着

定型発達でも「遅れ」を嫌うのは普通だけど、その嫌い方が尋常じゃない。

別に多少遅れたとしても全然問題ないようなケースでも許せない。

また、定型発達には見られない特徴が「余裕を持って行く」といったことも嫌うということ。

定型発達は「何で? いいことじゃん」と思うだろうけど、

彼らにとっては「時間通り」であることはものすごく大事で、

一本早い電車に乗って時間が余ったらどうしたらいいの・・・となったりする。

こういった特徴はASDのもので、ADHD真逆と言ってもいい。それはまあよく知られてるだろうけど。

発達障害の人の人生設計

私は軽度の発達障害だけどそのことに気付くのに30年かかった。

男性女性で現れる症状が違うらしい)

人付き合いが極端に苦手で、接客事務仕事もろくにこなせないクズだったけど

途中でとある専門職に向いているということが判明してそちらの仕事についた。

接客事務仕事をしていたとき毎日怒られていてずっとずっと死にたかったけど

今の職種では褒められることが多くて楽しかった。

でも人付き合いは相変わらず苦手だった。

日常会話が上手く回らない。

上司はとてもとてもいい人だったけど。


どんどん増えていく仕事会議についていけなくなっていった。

度重なる残業に耐えられなかった。

自律神経失調症うつ悪化して仕事を辞めた。

周囲の人は終電過ぎても平気な顔をして働いていた。


今はたまに在宅の仕事をしている。

収入は少ない。

私は将来、どうするんだろう?

もう正社員で働きたくない。

電車乗るだけで吐きそうになる。

発達障害の人はどういう人生設計してるんだろうか。

普通の人と同じように定年まで働ける仕事を見つける努力をしてるんだろうか・・・

どうやって生きているのか教えて下さい。

いろんな人の話が聞きたい。


そもそも一般人人生モデルですら崩壊しているらしい。

一社に一生務める時代ではないし、結婚しても3組に1組が離婚する。

普通の人ですら人生見えないのかな・・・

私はもっと将来が見えないなぁと思いつつ月日が過ぎていく。

http://anond.hatelabo.jp/20170522075152

ほんわら、ほんゆ、その増刊等、夫婦で買って読んでる。

トイレで読むのにちょうどいいのよね。

投稿ネタもいいけど、

作者がホモだったり、発達障害だったり、ダメンズ好きだったりの、自分が知らない世界を見せてくれるのも面白いね。

八丈島のもいい。

元々四コマ好きで、天才くらぶぐらいの時はよく読んでた。

今まで発達障害でもADHDでもなかったと思ってたけど、そうなのかもしれない

周りのしっかりした人たち見てると本当にそう思う。

いつもギリギリじゃないとできないし自分でも何かおかしいと思ってたんだよ。

ADHDって医師に診断してもらえるものなの

発達障害だった(と思う)同僚と苦闘した話

先日のNHK特集はみていないのですが、ツイッターで流れてきたこちらのツイート




借金玉さん、有名な方ですね。

私は多分定型だと思いますが、この方のブログは参考になるので好きです。

このツイートを見て、まさにそうだよなあと思ったので、体験談を少し書いてみます


以前、職場で、発達障害らしき人がいました。

その人がカミングアウトしたわけではなく、というかその人自身自覚があったかも怪しい(多分なかったと思う)のですが、

その人と組んで約三年間仕事をした私は、彼女発達障害だったんじゃないかなと思います


仮にAさんとしますが、Aさんの発達障害らしきポイントは、


仕事優先順位が立てられない。どうやっても立てられない。何度言ってもできない。目の前にある仕事からやってしまう。

・極端に走る。少なめ、とか、多め、とかが理解できない。少なめと指示を受けたらゼロになり、多めといわれたら100になる。

・上の派生で、可能性の話が通じない。「おそらく~だろう」といわれると、Aさんの中では『決定事項』に変わってしまう。

・一つ一つの仕事は非常に丁寧だが、どれほど客が並んでいても同じペースで行う。状況に応じての効率化ができない。

・一から十まで話さなくては伝わらない。省略は非常に危険で、まず正しく伝わらない。


あとこれは、発達障害というより、彼女うつ病を患っている(これは本人が話した)ことから来ていたのかなと思うのですが、

・非常に頑固である。こちらが理屈立てて説明しても、まったく受け付けない。本人の中の妄想が最優先される。


この妄想というのは、主に情報の伝達に関してですね。

臨機応変に動くことが不可能である』『情報上司からの指示など)を脳内誤変換する』という合わせ技の上に、頑固さが加わると

まさに地獄です。

ものすごく自信満々に間違った指示を私に伝えてきて、それはおかしくないでしょうか…?と尋ねても、一切聞く耳を持ちません。

ちなみに私のほうが後輩で、彼女が先輩であったので、なおのこと大変でした。


先に書いておきますと、私は彼女がとても嫌いでした。

なぜなら入社して一か月のとき、私が些細なミスをしたら、その件で彼女に五時間叱責されたからです。

障害のあるなしに関係なく人を苛めることができるという例ですね。

それでも仕事のできる人ならば、いずれ尊敬の念も沸いたでしょうが、実際には上記のとおりでした。

私は彼女誤変換に悩まされ、振り回され、また彼女マイペース仕事をし続ける分、必死フォローしなくてはなりませんでした。



ここからが本題なんですが、

私は彼女がどうして『仕事優先順位を立てられない』のか、

どうして『極端に走る』のか、

どうして『情報誤変換して伝えてくる』のか、


本当にわからなかったわけです。

最初は、彼女には、この職種経験がないからだろうと思いました。

優先順位を立てるという仕事の仕方をしてこなかったのだろうと思いました。

彼女は三十代後半で、私よりも年上で、『やってできないはずがない』と思っていました。


そうではないのだと思い知るまで、二年近くかかった気がします。


ひとつ例を上げます


私は彼女と組んで仕事をしていましたが、私のメイン業務入力や処理であり、彼女カウンター担当でした。

私は業務上プリントアウトすることが非常に多く、プリンター彼女のそばにありました。

と、いっても、彼女から一歩、私から五歩程度の距離です。


私が印刷をかけるたびに、彼女は出力された紙を、私のところまで持ってきました。

お客様がどれほど大勢待っていても!


私は何度も彼女に言いました。

持ってこなくていい。自分で取りに行きますから。目の前のお客様を優先してください。

そういうと、三日ほどは、彼女は紙を持ってこなくなりますが、四日目にはまた同じことの繰り返しです。


些細なことに見えるでしょうが、相当にストレスでした。

彼女が待たせているお客様フォローを、私がしなくてはならないんですから

紙なんか持ってこなくていいかお客様対応を最優先してやってくれ!と思うのですが、

紙が出てくると、ダメなようでした。意識がそちらに向いてしまうのでしょう。


紙を持ってこなくていい、というのを、七回目くらいで、諦めた記憶があります


私はそうやって、ストレスに苛まれながら(彼女も同じようにストレスだったでしょうが

一つ一つ、彼女への対応の仕方を学んでいきました。いやおうなしに。


最終的に、私は、

・ある程度は、彼女に沿った対応をする(なるべく数字で区切って話すとか、一から十まで話すとか)

・八割方は諦める。

自分の身を守ることを優先し、彼女仕事が溜まろうともなるべく視界に入れない。


という境地に達しました。

できることを期待するから苛々するのであり、できない人なのだ認識してしまえば(まあそれでもイライラしますが)

少しはましになります


ここで一番最初借金玉さんのツイートに戻りますが、何ができて何ができないか、というのを伝えてくれるのは、

一緒に仕事をする人間にとって非常にありがたいです。


私は約二年間、ストレスと、いったいなぜできないんだ!?という思いと、どうアドバイスすればできるようになってくれるかという悩みに、

神経をすり減らしましたが、


彼女最初から、(発達障害だというカミングアウト別になくても良いので)、

自分はこういったことが苦手であり、こういったことは努力してるけど本当にできなくて、

こういった風に伝えてくれると助かる、という話をしてくれたら、


私もすごく助かったし、

あれほど彼女を嫌いになることもなかっただろうな、と思います



発達障害は、パッと見でわからいからこそ、伝えることが大事なんでしょうね。

ミアキス進化から考える発達障害問題

ネコイヌって共通先祖を持ってるんです。知ってましたか

その名もミアキス。姿はイヌっぽいネコ。何とも奇妙な印象です。地上に天敵がいたため樹上で生活するミアキスが「普通」でした。

そのミアキス平原移住し、体や心が普通ミアキスから変異して平原環境適応したのが【イヌ】なんです。

一方樹上生活を続け、樹上の環境により適応したのは【ネコ】なんです。

さて、ここで問題です。

この「普通」でなくなってしまったミアキスは「障害者」なのでしょうか?

大きな環境変化にそれぞれ適応しただけのネコイヌしか元祖ミアキス基準とするとイヌは異常といえるかもしれません。

パソコンゲーム携帯電話など「著しく急速」なデジタル化による生育環境の変化、ネットへの適応はヒトのコミュニケーション能力犠牲新しい時代におけるヒトの進化の傾向(多様性型)を示しているという視点はどれだけ正当性があると考えられますか?

イヌ的なミアキスネコ的なミアキス分岐が始まった時代元祖ミアキスは樹上生活適応せず木を降りてしまった少数派を障害のある異常者と認識排除しようと行動したでしょうか?おそらくそれぞれの居場所移住することで「住み分け共存」していったはずです。

一方ヒトはイヌミアキスネコミアキスを樹上か平原かどちらかで生活強要するように、同じ環境に異なる発達をした多様性型のヒトを押し込み生活困難な方を障害者と括っているのではないでしょうか。

イヌミアキスに薬を投与して心体が適応した平原を忘れさせ樹上生活への恐怖を軽減させたら、果たしてイヌ型はネコ型と対等に競争共存することができるのでしょうか?

生態学から発達心理学への提議です。現在人口の1/15に達していると言われる発達障害者日本10,000,000人という計算です。これだけの比率ならば冗談でなく進化過程とも受け取ることができるのかもしれません。関係メディアネット住民の皆様にもお願いです。どうか慎重に報道下さい。

■今読んでおきたい最新研究の動向について

自閉症者が人類社会に「不可欠」である理由 〜実は障害ではない!(正高 信男) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51688

WAWAWA

発達障害】多くの教員は「忘れ物をしない普通の子」として生きてきたから「やる気があったら忘れるわけない」という発想になる、という説

https://togetter.com/li/1112722

この人たちはどうして欲しいんだろう

テストで100点満点中10点しか取れない、ハンドボールがあさっての方向に飛んで行く、歌えば音階を外しまくる

こういうのはまあしょうがないって言ってもいいけど忘れ物しょうがないなあじゃ済まないんだよね

教科書を忘れてしまったら周りの席の子が見せてあげなきゃならない

はさみを忘れたら先生が予備のはさみを貸してあげなければならない

用意してないなら教室の隅でボーッとしてろ!なんてのは許されないわけだから


「せんせぇ~~わたしの○○がありませぇ~~んわすれましたぁ~~」

「ぼく○○がないんですけど、どうしたらいいんですかぁ~~」

そうやって数人のボーダー児童毎日毎日何かを忘れてその度に周りがフォローしてあげなければならい

支援学級の児童ならしつこいくらいに担任忘れ物をしないように配慮してなんなら保護者電話かけて念押しとかできるけど通常学級でそこまで面倒見れない

結局、「通常学級にいるけど実質障害児なんだからたとえ毎日忘れ物をしても僕は私は特別に怒らないでほしかった」ってこと?

もっと言うと健常も障害関係なしに「忘れ物しょうがないんだから誰が何を何回忘れても怒っては駄目、フォロー学校で全部やれ」ってこと?

は~……

怒らなかったら健常の子も気が緩みに緩んで忘れ放題になるでしょうね

予備のリコーダー教科書コンパス体操着給食着やありとあらゆるもの忘れ物をすることを想定していくつも余分に用意しろ

予算はどこから出るんですかね。あんたが用意してくれんの?だったら存分に忘れてもいいですよ

http://anond.hatelabo.jp/20170522094209

発達障害だったら配慮しなきゃまずいってのは、そうじゃなかったら配慮しなくてもいいっていう思考の裏返しなんじゃないの?

それが障害認定されていようがいまいが、個性は色々なんだから、誰に対しても「あまり強い言い方にならないように配慮しつつ、仕事必要なことは注意して、相手の言い分はちゃんと聞く」でいいじゃない。

追記:これは会社の件ね。恋人さんとの話は、何がいいかは人それぞれなので特に言うべきことはないですが、うまくいくようお祈りしております

昨日やってたNHK発達障害番組で、放送後の配信パートあたりで出演してたおじさんがチラっと言ってたけど、

いじめられたり嫌がらせをされていた事に後から気付くのってやっぱり「あるある」なのかなー。

自分場合感受性チャンネルがズレてるせいか、色々されたり言われたりしてた割にほぼノーダメージだった。

はいえ、やっぱり後から悪意に気付いたら楽しかった記憶否定されるのでイヤな気分になったり、

友達だと思ってた相手がただのいじめっ子だったと急に気付くことになるので、鈍いのもいいような悪いような微妙な感じがする。

障害配慮と最悪の査定、どっちを取る?

発達障害に限らず、診断書を提出すると評定下がるし、ボーナス査定を最低にする会社、少なくないと思うんですが、

あなたならどうしますか?

形だけの配慮と減るお給金、比べるまでもないですよね。

2017-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20170521214358

結構かい当事者会(非発達障害)を主催している人と知り合いだけど、自助会は死ぬほど大変だよ。

何より「金(マルチ商法)」、「宗教勧誘」、「異性との出会い目的当事者会に参加するクソ野郎がアホみたいに多いんだってさ。

それどころか主催する側がそういう目的当事者会を作ったりすることもあるから地獄なんだよ…

ある程度デカくなるとさらに金が絡んでくるから当事者会内での主導権争いがひどいんだって

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん