「社会人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 社会人とは

2016-08-27

恋愛感情の無い人と結婚したい

好きな人と離ればなれになっている状態だと寂しくてつらくて…とか。相手の事を想うたびに心が苦しくて…とか。そんなの大人として社会人としてなってない人間じゃん駄目駄目メンタルじゃん。

それよか人生パートナーとして相手尊敬するとか人として信頼できるとか、リスペクトが全てで色恋沙汰0%という理想状態を求めている人っていないの?いたら是非とも求婚したい。

私が死んだらあなたは喜ばねばならない

私は障害を持って生まれてきた。

まれてきたことによって社会に損害を与えた。

私も、これを読んでるあなたも、日本社会の一構成員だ。

から、これを読むあなたは、私が死んだら喜ばなければならない。日本社会に損害を与えてきた私が死んだら、これ以上損害が与えられることがくなったと言って、喜ぶことがあなた社会人としての義務だ。

あなた社会人なら私が死んだら喜ぶべきだ。とにかく、喜ばなければならない。私が死んで喜ばなければあなた社会人ではない。

例え私があなたにとって何の興味のない赤の他人でも、私が死んだら満面の笑みで「社会に損害を与えてきた存在が死んで嬉しいです」と歓喜しなければならない。それが、社会人としての義務なのだ

http://anond.hatelabo.jp/20160826202909

創作実話書くならオープンキャンパス社会人向けクラスくらいは行ってほしい

根本的に足りない要素がある

過労死ラインが80時間ってことを理解してないやつが多い気がする

http://anond.hatelabo.jp/20160827005037

 最近の20代の就職事情じゃ月40時間残業は当たり前、

20時間とか甘えてんのか正規雇用されなくて当然みたいな扱いをされるけどさ。

 

 この国じゃお国が定めた過労死ラインが80時間なわけで、

例えば器に盛られたトリカブトを『致死量の半分だから大丈夫社会人なら当然飲めるだろ』とか言ってる頭のおかしさに気が付くべき。

2016-08-26

化粧しない女の地雷

 〜18 10%くらい(日焼け止め口紅も除く)

19〜22 40%くらい(下手くそも化粧と見なす)

2324 80%くらい(社会人だけに限定すると100%)

25〜  100%

はてなには水卜ちゃん派はいないの?

有吉×夏目もいいけどさ、僕は断然、有吉×水卜なんだけども。

まあ、はてな社会人が多いから、ヒルナンデスなんて見てないか

2016-08-25

進路関係のすべてが辛い、みんなこんな目に遭ってから社会に出るのか

高校生はこの時期には例外なく進路関係で死にそうになっています

同級生を見ていても受験勉強精神がやられていくやつ、クレペリン検査を何度も練習して精神がやられていくやつ、勉強が一切できず精神がやられていくやつ、肉体労働をしたいのにSPIで死にそうになるやつ。

また、夏休み中の朝に呼び出されたかと思ったら就職見学の連絡用のためのプリント一枚渡して帰らされたりもしている。連絡だけだしFAXでいいのでは?

僕は電車通学なのだが、ふと周りの乗客を見たら社会人の目が例外なく死んでいることに気がついた。

社会もっとしんどいのか、と思うと社会に出たくなってきた。社会人の先輩たちはしんどさ、どうですか?

社会人としてありえない、とか知るかよ

1ヶ月後に退職するって言ってから残り2週間の時点で後任を面接するってそりゃ引き継ぎ間に合わないのは当たり前だろバカ

人を雇うって時間金もかかるし大変だよな、うんうん

けど、こっちはそんなこと知らねえよ一応の義理果たして

忙しいのも、人がいないのも、人がどんどん辞めてくのも全部そっちの事情だろが

その責任までこっちに押し付けんな

満足な引き継ぎができないのは俺のせいみたいな態度とられる度にどうにか調整してみようって気が削がれてく

他社でうちの名前出せば一目置かれるとか偉そうに言ってたけど面接に行ったどこの企業も無反応だったしなんなんだこいつら

後を濁すつもりじゃなかったがそっちから濁してくるなら気を使う必要ねえな

2016-08-24

中山一族は我が山中一族の宿敵

どうもこんにちは山中です。

なのによく呼び間違えられます小学校の頃の塾の先生中学高校の頃の学校先生社会人になっても。

中山さん」って呼ばれる…!名乗らせて頂いたお客様からの書面が中山さん宛てに来る…!


山中って結構よくある苗字だと思いませんか?ほら、ある日苗字も名乗れよって言われたら「ここ山の中だから山中でいっか」になりそうだし。

そんなに呼ばれ間違うほど「中山」の方が覇権を奮っているわけない…んじゃないですかね。鈴木佐藤じゃあるまいしそんな馬鹿な。よりありがちなのは山中さんだ!

って思って、いま苗字ランキングサイト見てきたら圧倒的に…あ、いえなんでもないです。

でも例えば「田中さん」が「中田さん」って呼ばれることなさそうに思えるし納得がいかないんです。何で山中だとそこ入れ替えて記憶されてしまうんですか。

おのれ中山一族

(…書き終わった後、これ「一族」って呼ぶのは何か違うなって思った)

正社員でも貯金できない人もいる

大学の後輩が会社を辞めたいと言っている。

後輩は勤務先の会社が借り上げた寮に住んでるから退職したら今住んでる家を出ないといけない。

会社辞めるんなら引越さなきゃいけないし金かかるな」と言ったら、今貯金ゼロだと言われた。

とりあえず敷金礼金と、失業保険おりるまでの生活費必要から、100万円くらい貯めてみたら?と提案してみた。

月5万円と夏冬のボーナスから20万円ずつ貯めれば1年だよと言ったけど、

これまで全く貯金をしてこなかった人にとって月5万円はハードルが高すぎる。

正直社会人5年目なんだから新卒の頃から毎月1万円ずつでも積み立ててれば、

今になって焦らなくても済んだのにと思わざるを得ない。


しかし後輩の勤める会社東証一部上場企業

格安で住める社員寮に住んでいながら貯金できないってことは、相当浪費してるんじゃないか

親の借金を肩代わりしてるとか、何かしらの事情があるのかもしれないけど、

どうも連休のたびに名古屋やら大阪やら泊りがけで遊びに行ってるし

普段の週末も遅くまで飲み歩いているので

いわゆる貧困脳というやつではないかと思ってしまう。

ちなみに俺も立派なことが言える人間ではなくて、

新卒就職せず、しばらくバイトで食いつないだワープアだったし

後輩と同じように貯金ゼロだった。

転職して年収が上がり、奨学金も完済したので、今は大分貯金が増えたけど、

貯金ゼロ時代には電気やガスを止められたのも1度ではないし親から仕送りも貰っていた。

2016-08-23

会社の明るい化け物

・生まれつきの容姿はまあまあ良いほう。40人学級のうち上位15人には確実に入る

MARCH以上

首都圏中高一貫校出身

首都圏郊外実家があり、大学職場実家通い

・目がキラキラ、肌のキメが細かくてきれい

髪型がいつもキマっている

清潔感があり、人を不快にさせる所作が無い。「育ちが良い」という印象

服装シンプルでこなれている。高い服を買っているのではなく、センスを磨くために

 服代と時間を費やしてきたのだと思う。組み合わせもフィッティングも上手い。洗練されている

・「人間関係による精神的つらさ」の話題がやたら好き。その割に暗い雰囲気は無い

映画恋人友達を誘う。誘われたい。一人で映画を見るのは残念なことという認識

恋人と長続きしない。三カ月で別れるのが普通。別れても病んだりはしない

体育会系ではない。かといって蔑視されがちなオタクが集まる系文化部でもない。

 弱い吹奏楽部、弱いテニス部などで、スクールカーストと苦労のコスパを追及してきた

自己紹介が好き。笑いを取るのも好き。注目を集めるのが好き

業務中の私語が盛り上がって、盛り上がりが終わって仕事に戻ろうとしたとき

 テンションをあげて喋り続けて盛り上がりを終わらせないように引っ張ろうとする

ちょっとした笑いを取るのが得意。男性場合、妙にゲイネタが好き。

会社学生時代の仲間の話をしたり、スポーツサークルの仲間の話をしたり、別コミュニティの話をするのが好き

職場ミスをして、怒られても繰り返す。怒られたことにへこんでいる様子が無い

企画をたくさん出す。出すが自分で進める気は無い。自分で出した意見もよく忘れている

自分で言ったことをよく忘れる。なんでも忘れる

新人だけど部長クラス以上へのウケがいい意見を言う。高い視野っていうか。俯瞰っていうか

・初対面は圧倒的好印象。面接にもかなり強いと思う。一緒に仕事をすると好感度が下がる

自分で調べない。手を動かさない。聞く、調べてもらう、やってもらう。

 人の時間を好きなだけ自分のために使わせることを当然の権利と思っている

・語彙は一般的社会人レベルだけど、天真爛漫というか、小さい子供のような明るさがある。

 中二病的な自意識過剰さ、卑屈さなどは全く無い

・せっかち。フィードバックの遅さに少しも耐えられない。

 「この案件は重いかフィードバックが遅くても仕方ない」ということが理解できない

・「かしこまりました!」「承知しました!」と明るく言って、指示どおりにしない、納期も守らない

自分ミスの尻拭いを同僚にやらせながら、友達と遊ぶために有休は予定通り取る

・人に尻拭いさせて友達遊んだのが楽しかった話を会社でする

 

赤ちゃんの亜種と思うと愛らしいが、給与をもらっている社会人と思うとぶっ殺したくなる。

圧倒的自己肯定感と、圧倒的自己顕示欲と、底抜けの明るさ。新種の化け物だと感じる。

2016-08-22

社会人から始められるスポーツを教えてくれ

なおジョギングを除く

田舎ってのはどうしようもないマイルドヤンキーがいるところなんだよ

田舎定義で盛り上がってるが、自分としてはどうしようもないマイルドヤンキーが巣食うところこそが田舎だと思ってる

この間、友人と地元のバーに行ったが

そこで小学校中学校の頃の同級生出会った

おれはそいつらが大っ嫌いだったが

別段邪険にしたりはしない

一緒に飲んでて出てくる話がだいたい昔話なんだ

30にもなって学生時代しかも小中学校だぞ)の話

しかあんまりいい話じゃない

昔の○○はできない奴だったとか

自分地元でがんばってるとか

そんな話ばかりでうんざりする

一番イライラするのは中学校の頃のイケてないグループ馬鹿にすることなんだ

なんで昔の人間関係をそのまま引っぱってるんだと

だいぶ稼いでるやつもいるし

社会人になってモテモテになったやつもいる

だけどそいつらの中じゃ、イケてないグループのアイツのまんまなんだな

おまけに昔ヤンキーだったやつらはみんなイマイチ仕事なんだ

若いうちから結婚して子供がいる奴らはまともなとこもあるけど

独身連中は頭の悪いヤンキーの成れの果て

稼ぎまくってる元ヤン社長なんて都市伝説から

まずまずの大学行ったやつらはやっぱりまともだわ

絶望なのはこれが大都市と言われる都道府県の話ってことなんだ(中心地ではないけど)

まりいくら便利で、発展してても、その恩恵が行き渡ってないぐらい

教育水準の低い連中がいるんだよな

無人駅があるとか人が少ないとじゃなく

未開の土人が住み着いているところが田舎なんだよ

2016-08-21

底辺社会人必要経費抜いた月残高が25500だからなw

なんかあると終わりw

東京海上日動のせいで任意保険未加入だしなw

貧困JK散財しすぎ

あの散財は普通高校生どころか一般的社会人レベルすら超えてる

こち亀両津が何日もまともに飯食べてないって同情さそってるけど

給料全部趣味につぎ込んでるってオチと同じだな

高校二年の思い出

ある日、定期テストの点数の目標点を書かせるシートが配布された。

五教科その他、それぞれ書き込む欄がある。それぞれの目標点を書き込む。

高校2年の私はこれにひどく違和感を覚えていた。

定期テストすべからく100点を目指すべきではないか。そう思っていた。

授業で覚えるべきことが定期テストでは出題される。

そして、授業で習ったことは、基本的にすべての内容を覚えるべきだ。

からして、テストというものは当然100点を目指すべきものだ。そう考えていた。

しかしこの記入シートは、それぞれの「目標点」を書けという。

友人は苦手教科を50点とか、得意教科を90点とかにしていた。

これは絶対おかしいと思った。苦手でも得意でも100点を目指すべきなのだ

このシートを作った教師の側もおかしい。

授業内容を100パーセント理解してほしいと思っていないのだろうか。

はじめから70点だとかなんとかだとか、生徒が授業を完璧理解していないことを目指せ、目標とせよ、と言っているに等しいのだ。

ふざけるなと思った。何のための授業なのか。授業を完全に理解することを否定するようなものだ。

もちろん、現実的に100パーセント理解する、というのは困難だ。実際的には80点、70点とか、それぞれの実力に合わせた点数になる。

だが、はじめからそれを目標にするのはおかしい。100点目指して、満点目指した結果、80点とか70点となるべきなのだ

なぜはじめから満点を放擲するのか。はじめから目標点」を設定するのに、何の意味があるのか? そう思っていた。




から私は、すべての欄に100と書いて、速攻で提出した。

先生に怒られた。如上の理由を述べた。それでも駄目だった。

すべて95点にして出した。それでも駄目。

適当に85~100点の間にばらけさせた結果、提出が許された。

おかしいことは、私は言っちゃあなんだが成績は優秀で、どの教科もぶっちゃけ100点近く出せる脳髄を持っていた。

からぶっちゃけ理由なんかなくたって目標を100点にしてよかったのだ。上の段落で屢々述べてきたことがなくたって、100点と書いてよかったはずだ。

だけど駄目だった。



この目標点シートは欺瞞である

定期テストでは、見かけ上であっても100点を目指すべきなのだ

憤った私は、定期テスト12科目のうち5科目100点、残りをすべて90点台にしたことを覚えている。

そうして次の「目標点」記入シートで何も考えずすべての欄に100と書くことを押し通した。実力行使だ。



センター試験ではさすがに満点は無理だった。確か770点だった。

でも、全部満点取る目標は変わらなかった。これで800点台だせたらかっこよかったんだけど。

それぞれの科目で満点取るために、どのように得意分野で時間短縮して、どのように苦手分野に時間を割いて、どのように解いていくか……などなど。全体から見てどう考えるか。

今は社会人になって直接点数で結果が出ない社会にいるけど、いつだって気概だけでもベストを尽くして頑張りたい、と思っている。

20歳以上年が離れているのに若い女子と対等になれると思ってるオッサ

女子大生だったころ、金銭とか高価なプレゼントが介入するようなオッサンとの関係があった。

妻子がいる冴えないオッサンでも、若い女を買えるなんてお金があることは最強だなーなんてそのときは思っていた。

社会人も2年目を迎えた24歳の今、若さがもたらす恩恵積極的に得るようなことはもうしなくなったが、

先日、45歳近くのおっさんガンガン口説かれた。お金があるわけでもカッコイイわけでもないオッサンに正直ときめきなんてないんだが、全身から溢れる謎の自信に驚いた。娘でもおかしくない年齢の女を口説いてベッドに持ち込めると本当に思っているのかと。

そのオッサンは、自分が拒絶されることなんて一切考えていないような顔で直球に口説いてくる。もう失敗や拒否されることに恐怖がないからこそできる芸当だなあ、と思った。

若いことがいかに素晴らしいかを説かれ、24歳の私が忘れかけていた若さによる全能感を少し思い出しましたし、ここまで若さ肯定されると30代の女より絶対的価値があるんだと微かな優越感に浸ることもできた。

相手はオッサンから若い男の目による女としての評価に怯えることもなくちょっとヤッてもいいかもななんて思ってしまった。

自己評価が低い女の子はオッサンに食われがちと聞いたことがあるけど、その理由がなんとなくわかった気がする。

2016-08-20

一人暮らしに憧れていた

大学生の頃、大学までぎりぎり通える距離実家があったか一人暮らしできなくて、すごい憧れていた。

家を出てたら絶対成長してたよ。

何もかもやらせてみて、失敗して、それで成長するんだろ。

最初から囲ってたら成長の可能性を潰してしまうんだ。

親は金銭問題実家から通って欲しいって言っていたが、

とてもそういう風にはみえなかった。

親の反対押し切って家を出て行けばよかった。

社会人になった今、一人暮らし経験のある奴らが大きくみえる。

これからずっとこの劣等感と後悔の念をもって生きていくのか。

http://anond.hatelabo.jp/20160820220252

今時全員強制みたいな職場はさすがに減りつつあるだろうから、気にしなくともと思うけど。何だかんだでおいしい仕事経験は付き合いのいいやつに周ってくるものだと思う。そういうのも面倒くさきゃ別にどうでもいいけど。

自分重要飲み会だけ顔出して、現場職の愚痴大会みたいなのは全て欠席していたけど、おかげさまで上の覚えがめでたく色々楽に楽しい社会人ライフだった。今はそういうのはもうやらなくてもいい立場だけど。

IT系エンジニアPG,SE,コーダーなど)だから日本語が下手なのだ勘違いしていた

彼らと一緒に仕事をする、ディレクタと呼ばれる職種をしている。定義業界、業種などで曖昧だと思うが、どういった仕事かは想像にお任せする。

はじめて彼らと仕事を始めた時に一番困ったのはコミュニケーションだった。返事がまず出来なかったり、いきなり感情的だったり、冗長意味不明文章を書いてきたり…。それまで自分仕事をしていた社会人相手とはプロトコルが異なるなーと思ったのが第一印象で、周りからは「エンジニア」ってそういう人種から

と聞かされていた。仕事は非常にしづらかったのだが何とか根性で付き合って仕事をこなしていった。

数年経、会社はなかなか大きくなり成長し始めた。

そうするとエンジニア新卒転職組が増えて来たのだが、彼らと話をして気づいたことは、話が普通に通ずるのである

私が彼らと馴染んだのか?

実はそうではなく、単に日本語力やコミュニケーション力の問題だったのである

新しく来た社員は一応、スクリーニングされてきているので、学歴経験などもとりあえずベースはある。

ところが以前一緒に仕事をしていたら彼らは有象無象経験(単に自己流だったり、零細ソフトハウスだったり、言い方は悪いかもしれないが…大卒ではない人達であった)の人達で、もちろん全員が全員では無いが、ほぼ日本語がまともに理解出来なかった。


なんてことを最近ちょっと過去を振り返り思い至った。

まぁ仕事一歩引けば全員いい人たちで、その有象無象とも付き合うのも楽しいといえば楽しかったのだけども。

風呂入るのしんどくない?

僕はまだ高校生なので今は夏休みです。

毎日のように家にいるので最the高なのですが家族以外の誰とも合わないとなると急に風呂に入らなくなります

風呂に入ったら体の脂がスッキリ落とせて気分もさっぱりするのは知ってるけど風呂に入りません。しんどいからです。

学生なのにしんいか風呂に入らないとか言ってるので、社会人になったらロン間違いなしですね。

まあでも4日も風呂に入らないと得体の知れない汁が出てきたり自分でもわかるほど異臭がするので風呂に入ってきます

じゃあね。

2016-08-19

貧困JKうららちゃんの浪費を叩いているやつはバカ

貧困JKうららちゃんがアニメグッズに金を使っているのは仕方ないことだ。なぜなら子供世界は遊びに金を使わないと交友関係を保てないから。


うららちゃんにはオタク友達がいて、アニメワンピースとか)の話をクラスでしているんだろう。で、彼女以外のオタク友達貧乏じゃないからじゃんじゃん映画やグッズに金を使いまくる。その中で彼女だけ一切映画やグッズに金を使うのをやめたらどうなる?友達との話題についていけなくなるでしょ。これはオタクの子に限らずギャルの子でも同じ。ギャル場合は服に金を使わないと仲間はずれにされる。どのカーストにいても「趣味」に金を使わないと仲間はずれにされる。それが子供世界


社会人趣味に金を使わなくてもいいのは、仕事以外の空間で人とつきあわなくてもいいからだよ。仕事中はずっと仕事の話をしてりゃ仲間はずれにはならないし、仕事はいくら趣味に金を使っているかでは評価されない。仕事以外の場は金がなかったら適当に家で寝てればいい。

だけど子供はそうはいかない。趣味に金を使わない人間話題についていけずクラスのどのグループからハブられる。そして、子供にとってクラスこそが社会のすべて。そこで排除されるというのは子供にとって社会的な死だ。

うららちゃんはそれを回避するために必死アニメグッズに金をつぎ込んで、オタク友達との話題についていこうとしてるの。クラスハブられて、社会的に死なないように。グッズや映画に金を使ったのは2万円の画材を買ったのと同じくらい彼女にとって必要なことだったんだよ。

それを叩いてやるなって。アニメグッズへの浪費も高校生にとっては必要な出費だろ



(追記)

オタクグッズを我慢してパソコンを買え!」という意見ブクマでもトラバでも飛んできたのでトラバの一つに反論しました。

貧困JKうららちゃんを叩いている奴はまとめサイトしか見てないだろ

http://anond.hatelabo.jp/20160820113253



上でも書いたけど別に貧困JKうららちゃんはパソコンが買えなくて困ってるわけじゃないんで、「パソコン買え!」と思う人はもう一度NHK映像を見返してほしい

https://www.youtube.com/watch?v=kwoEjfpPnTY

経団連の皆様へ

私、元就活生の大学4年生です。

今年の就活経団連の皆様からどうでしたか

私は前期の授業に全く出ることが出来ず学業との両立が出来ませんでした。

友達も、皆両立は不可能でした。

4月からゼミが始まりました。今年の日程だと、ゼミに入っていない人が説明会に出る機会が多く就活に有利だと思いました。

事実、休むことが出来ないゼミの子は苦労していますよ。

榊原会長、貴社の採用スケジュールをご存知でしょうか?

5月から面接行っていましたよね。

自分で決めたルール自分で破る、これが社会人ですか?

企業の皆さん、説明会では本当のことを喋って下さい。

残業まりない!ノルマも緩い!有給とれる!って嘘を企業は平気でつきます

これを見破るためにOB訪問をしなければならず、二度手間です。

私の入社する企業は、説明会では残業代全額出ると言ってたのですが、現状は毎月120時間残業で40時間しか残業代が出ないとのことです。財閥系のメーカーでもこの有り様です。

17時は建前の定時、22時が本当の定時。これが社会人なんですね 笑

来年就活生の状況をご存知でしょうか?

企業インターンを増やし、後輩は皆行っています

企業インターンから採用枠を増やすと言っています

就活短期化、出来ていますか?

会社四季報編集部の皆さん、離職率残業時間は正確に載せて下さい。

企業から情報が少ない今、頼れるのは貴方達だけです。

今の嘘だらけ、NAだらけの四季報から改善をしてください。

経団連の皆様、貴方たちは経営プロではあるかも知れませんが、人事や就活プロではありませんよね。

そういった方に私達の人生が狂わされていると思うと、怒りでいっぱいです。

でも私達の声は届きませんよね。

就活現場に出てこないからですね。

現場大事経営で仰られているように、現場に出てきてください。

就職活動の混乱を招いて謝罪の1つも言えないのですか?

就職活動は今や一大ビジネスですね。

はっきり言って、異常です。

私達の一生をかけた舞台ビジネス化して面白がっている全ての人々、特にリクルート、そしてスケジュールを毎年のように狂わせた経団連

ふ ざ け る な

2016-08-18

結婚を諦める時期なのかもね

30の♂。

婚活をここ数年やってきたが、結果が出なかった。

最終手段と思い、結婚相談所のお世話にもなったが、結果は出なかった。

おそらく、外見か性格のどちらか、あるいは両方が悪いのだろう。

1年につき10人くらいには振られてると思うので、この数年間で通算で数十人くらいには振られただろうか?

それにしても、我ながら良く振られたものよ。

思えば、今まで他人を好きになることはあったけど、他人が僕を(男として)好きになってくれたことは無かったんだと思う。

そして、この数年、婚活をやってきた結果から考えれば、この先も無いのだろう。


学生時代からずっと恋人もできたことがなくて。

その理由は外見が悪いからだと思い、社会人になってから、太っていた外見はダイエットで直してきて。

あとは稼ぎが人並みにはないといけないと思い、収入仕事自分なりに頑張ることで増やしてきた。

けれど、そこまでした結果がこれというのはちょっと悲しいね

収入がある分、生活に困らないのは良いけどね。

使う予定はあまりないけど。



まだ未練はあるけれど、もう諦める時期なのかもしれない。

そうすると、来世に期待するしか無いのかな。

来世が人間であるという保障はなく、ミジンコだったり草花だったりする可能性もあるだろうけど。

就活留年したけど何も変わらなかった。

夢を目指して始めた就職活動

とは言っても呑気なもので、4月の半ばにスーツを買いに行ったら店員のお姉さんに笑われた。

「えっ、3月説明会とか行かなかったんですか?w」

好きな会社情報しか見ていなかったから、就活3月から始まることなんて知らなかった。

行きたい会社説明会は少し時期が遅かったので別によかった。

それから行きたい会社説明会を回ったりエントリーシートを書いて送ったりした。

結局受けた企業10社もなく、ある1つの会社を除いてエントリーシートは全て落ちた。

エントリーシートの書き方も知らず、バカ正直に自分の書きたいことばかり書いていた。

就職活動の場において「やる気と熱意」というのはあまりにも無力だった。

たった1つだけ最終面接に漕ぎ着けた会社があった。大本命だった。

グダグダ面接だった。

夜行バスの中で眠り興奮して眠れずにシュミレートした、たくさんの喋りたいこと。

何一つ喋ることはできなかった。

そもそも面接官が聞きたいことはそんなことではなかったのだろう。

まりにもトンチンカンなことばかり言うからきっと面接官も困っていたはずだ。

なにより、

通らないエントリーシート不安になり、

夜行バスでの東京往復と

他人より残りすぎた単位を集めるための講義

ゼミのための予習と

時々やってくる卒論演習での中間報告と

資金を稼ぐための土日のフルタイム夜勤バイト

消耗戦フルコースで疲れきった私には驚くほど覇気がなかった。

あれほど行きたかった会社の最終面接を目の前にして。

結果は言うまでもなく「お祈り」だった。

持ち駒がなくなったが、なんとか志望の業界に近い仕事を探しだし、

説明会エントリーシートを提出するためだけに再び東京へ向かった。

藁にもすがる思いだった。

やっぱり落ちた。

この辺りで心が折れた。

7月だった。

テストも近いというというのに身体は動かない。

クーラーもない蒸し暑い部屋で泣いていた。

自分にはやりたいことををやる資格がないことがとても悔しかった。

それでも頑張ってテストのために学校へ行き、

中身のないレポートを書いて、拾える単位だけ拾った。

そうして夏休みを迎えた。

就職活動卒論があるからと週1に減らしてもらったバイト身体を引きずる以外、

本当に一日中寝てすごした。夜は眠れず、不安に泣いた。

時々起きて求人サイトを見るが、やりたい仕事は見つからず、さらに泣いた。

手付かずの卒論に心は焦る。でも焦るだけで、なにもできなかった。

前期の授業料を払った口座の残高を見て肝が冷えた。

12万。これから半年間毎月奨学金が振り込まれるにしても、あまりに心もとない金額だった。

そうして本当に何もしないまま2ヶ月が経とうとしていた。

これからのことを考えなくてはいけない。

内定絶対に無理なことではないのだろう。秋をすぎて内定先を得た先輩たちをよく知っていた。

卒業もできないことはないだろう。うんこみたいな卒論を書くことになるが。

でも自分にはそれに立ち向かっていく勇気はなく、これ以上に心が潰れていくことが怖かった。

なによりも半端な気持ち就職が決まっていくのも、

せっかくやりたいと思うテーマを見つけた卒業論文をてきとうに済ませてしまうのも、

嫌だった。

親の前で泣き、先生の前で泣き、そして留年を決めた。

4年生の残りの半年は残った授業の単位を取ることに集中し、

あとは自分の心を立て直すこと、メンタルをしっかりとコントロールすることに費やした。

そう安心した矢先、家庭やバイト先、人間関係などプライベート面で信じられないほどのトラブルにも見まわれたが、

残った単位をしっかり取り、卒業論文も進め、心も立て直し、新たな気持ち3月を迎えることができた。

そうして、新たな気持ちで始めた就職活動はとても楽しかった。

就職活動の流れようなもの理解して、しっかりその波に乗っかることができた。

去年の反省から違った業界を覗くようにもなった。他にもやってみたい仕事を見つけることができた。

エントリーシート面接の乗り越え方もなんとなく理解し、選考を進んでいくことができた。

面接に落ちることはあっても割り切り上手にもなった。

なんども行き慣れた東京でも時間の使い方なんかも上手くなってきた。

それでもやはり就職活動の大変さに驚く。

完全に学校に縛られることはなくなったはずだが、暇ができたような感じは全くしない。

ピーク時には1ヶ月中半月ほども東京滞在していたし、

やっぱり工夫はしていてもお金はどんどん減っていく。

去年失敗したのはしょうがないことだなと思えた。

はいえなにより、また夢を目指せることが本当に嬉しかった。

やりたい仕事のために頑張れることは本当に嬉しかった。

ところがどっこい、6月の頭にまた持ち駒を失った。

面接ではどこでもそれなりにしゃべれていた。

落ちていくのは「合わないな」と思った会社だったので気にしなかった。

2つの会社でかなり良いところまで進んだが、

片方ではヘマをしていまった。片方はサラッと落ちた。

ヘマをしてしまったのは惜しいことをしたが、

受けていたところはどこも狭き門だったのでそれこそ「ご縁」がなかったのだろう。

持ち駒を失った時、自分が体力的に疲れ始めているのを感じたし、

資金の消耗も激しく、交通費などでクレジットカードの支払いがかさんでいた。

少し休んでまた始めればいいや、そう思って就職活動を2ヶ月ほど一度休むことにした。

そして2ヶ月経って就職活動を再開し、

少し興味のある会社に応募するものの、

説明会にいっても心は沸き立たず、

面接にいってもどこか身が入らない。

そのうちに求人を見ていても興味が湧かなくなった。

このままでは拉致があかないと思い、いわゆる求人紹介会社を利用してみる。

まり話も聞いてもらえないままにとにかくIT企業を紹介される。

正直なところそうとう気持ち萎え気味だったが、

いつまでも駄々コネてられない、何も見ずに判断するのも良くないだろう、

そう思ってとりあえず紹介された会社選考スケジュールを埋めてみる。

やはりちっとも興味を持てなかった。

イヤイヤ選考に足を運ぶ日々が続いた。

そしてある日、面接官の女の人に怒られた。若い人だった。

それは圧迫面接相手と試そうとするようなものではなく、

ただただ怒っていた。そして、至極もっともなアドバイスをくれた。

「しっかり目的意識をもって行動できるはずの人なのに、全然うちに入りたいという意識が感じられなかった。

 本当に入りたいの?違うんじゃない」

「本当はやりたいことがあります。」

「いやいや気持ちを取り繕ってもすぐやめちゃうよ」

「そう思います

 多分自分は取り繕いきれません。」

「ちゃんとやりたいと思える仕事探した方がいいよ」

はい……」

結局自分にとってはどれも紛い物でしかなかった。

この1年で何も成長しなかった。

この期に及んで自分のやりたいことしかやりたいと言えない、わがまま不器用クズだ。

どこかでちゃんと覚悟を決めなきゃと思いながら、ずっと心はイヤイヤ言っている。

社会人になるという覚悟が足りない。知っている。

でも、どうしても自分の心にふたをすることができないのだ。

時々取り繕う言葉に混ざる本心に涙が出る。

半端な気持ち面接に言っても「ははっ、やりたいっすね~w」みたいな舐めた態度に見える。

じゃあこんなクズは素直に卒業してアルバイトいからでも行きたい業界に潜り込むか。

でも、今から全てを投げ打ってでもそういう努力ができない自分は結局クズなんだよな。

時々ある行きたい業界二次募集や小さい零細会社求人に手を出す勇気がない。

つのまにか「やりたいです!」と言う気力さえ失ってしまった。

あれも嫌、これも嫌。

結局自分はなにをやりたいんだろう。

結局就活から逃げたいだけ。

ああ、そうなんだろうな。

おそらく面接官のお姉さんの言葉警鐘だったのだろう。

毎年多くの人が入社し、それと同じくらい多くの人たちが辞めていく、そんな会社だった。

そんな中で自分のような同期や後輩たちがくたびれて辞めていくのを目にしていたのだろう。

やりたいと思える仕事を見つけたい。

なるべくそ努力をしようと思う。

でも、少し疲れてすぎてしまったし、

なんだか見つけられる気がしないんだ。