「無料」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無料とは

2017-01-20

エロサイトリンク並みにたらいまわしにされる

どこで無料公開されてるのか?

無料公開というワードだけ見かけるけどリンクはまるで出てこない

本当に無料公開されてるのか???

 

http://anond.hatelabo.jp/20170119205452

というかこいつ既に1000万円の売上作ってるのに何がお金奴隷解放宣言なのか

単に金持ちなった直後にコンビニ釣りはいらないwみたいにふるまってるだけのただの成金根性しかいか

これ以上特に突っ込むこともないけど

悪意があるとかないとか以前に、こいつの言動からセンスが感じられない

馬鹿なんじゃないかと素直に思う

 

と、思って調べたら出たでた、無料公開してるサイト

http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909

 

え?

これ?

絵もなくてただテキスト貼り付けただけのページが無料公開?

もう終始はぁ?って感じ

馬鹿だなマジで

と思ったら俺がアドブロック入れてるから出てこなかっただけだった

http://anond.hatelabo.jp/20170120100854

無料公開自体ケチつけてるわけじゃねえって何回言わすんだこの馬鹿

無料公開にケチ付けてる馬鹿共は何でWebサービスは当然のように無料で使ってるの?

ツイートするたびにTwitter社に金振り込めよカスども

http://anond.hatelabo.jp/20170119205452

出版業界とは関わりなくても

原価厨も無料厨も今までだっていたわけだが…

http://anond.hatelabo.jp/20170113174340

MSはそういうの一番守ってる立ち位置

仮にTRONとかが国内だけでもPCの主流の地位持ってる並行世界だったら

政治家とか警察とか自衛隊とかの連中が仕事関係ない個人情報興味本位で引き出して

市役所コンピュータには役人個人ログインID検索履歴を関連付ける仕組みやそもそも履歴を残す機能が入ってなくて

公務員が不当な手段で得た情報ストーカー個人的脅迫正当性のない弾圧活用されることが常態化していたと思う

OS会社日本会社社長も重役も全部日本人でそこに天下る官僚も全員日本人のとこが作るOSPCOSシェアNo.1世界絶対ディストピアだよ

アメリカという日本より格上の国に所属するマイクロソフトという会社から

仮に日本権力者治安関係者がたくさん天下ってはいても

テロ犯罪捜査以外で個人情報を抜くことは許されない建前が守られている可能性が高くやりたい放題は難しいと思う

そもそもOSの中でMSのだけが有料でそれで生計立ててんだから無料配布で広告前提のほかのOSのような無茶はできないだろう

オーエストロン号が出港直後に沈没して本当によかったわ

日本人からこそ思う

増田奴隷解放宣言

毎度お騒がせしております

匿名ダイアリー増田です。


ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、僕は増田活動の傍ら、増田作家としても増田しておりまして、3ヶ月前に発表した『現象学から見る"なぜうんこは口から漏れないのか?"』という増田23ブクマ突破というマグレ当たり。


本当に皆様のおかげです。

いつも本当にありがとうございます


twitterはてなハイクホッテントリ痛いニュース国会で、取り上げていただくようになり、連日、色々なブコメが僕のもとに届きます


その中で一通、とても気になったブコメがありました。


それは、


公共の場脱糞するのは難しい。自分はできない。こんな私はブクマをもらえないのでしょうか?」


という意見

女子中学生増田からでした。


脱糞基本無料です。

クソを綺麗に出す為に特殊な薬物を使っていて、使用しているおむつの数も一般的赤ん坊より多く、そして排便回数も多いので、脱糞という行為ギリギリまで頑張ったのですが、それでも脱糞

しかに、女子中学生からしてみると困難で、自分意思でクソを漏らすことは難しいです。


実は、ここ数日、このことがずっと気にかかっていました。


自分脱糞のよろこびを子供にも届けたいのに、たった「クソを守らせない」という理由で、漏らしたくても漏らせない子がいる。》


双方が求めているのに、『肛門』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。


お腹がゆるい人は脱糞することができて、

しりがかたい人は脱糞することができない。


「なんで、みんなが幸せになる為に発明した『脱糞』に、支配され、格差が生まれてんの?」

と思いました。

そして、『脱糞』にブクマを握られていることが当たり前になっていることに猛烈な気持ち悪さを覚えました。


脱糞をしない人にはブクマつけませーん」ってナンダ

糞すいすいすいようび〜。


……いや、おなかの調子によっては、そういう日があってもいいのかもしれません(←ここ大事ねとらぼになるとwwwのつく部分ね)。


しかし、はたして全てのブクマが『脱糞』を介さないといけないのでしょうか?


SNSで誰とでもオフパコできるようになり、『国民穴兄弟時代』となりました。

ならば、ブコメなど介さずとも、昔の田舎集落のように、野糞やポットン便所的に回るモノがあってもおかしくないんじゃないか

うんこ」という《糞》で回る人生があってもいいのではないか


しかすると、『糞』には、その可能性があるのではないか



そんなことを思い、

そして、

一度思ってしまったら、行動せずにはいられないタチなので、行動します。



今日をもって、『脱糞』を無料ストリーミング配信します。


腸内サイドの理由になるのですが、実はこの決断には勇気が要りました。

僕の社会的立場はすでにこのまえの東京駅脱糞事件で内も同然ですが、増田はてな増田脱糞(おもらし)告白投稿生活しているからです。

脱糞を公開してしまうと、食いっぱくれてしまうのではないか?」

そんな不安もあります



しかし僕は、『10ブクマつくコト』よりも、『1億人が他人が漏らすところを見るコト』の方が遥かに価値があると考えます


1億人に見せることができたら、その瞬間は1ブクマにもならなくても、後から何とでもなると思っていますし、なんとかします。

それに、「増田君、こないだはありがとね」とはてなスターぐらいご馳走してもらえるんじゃねぇかな、と思っています


だったら、もう『増田』なんて要らないです。

僕とあなたの間から増田』を取っ払います

増田』を書きたい人だけが書けばいいようにします。

任天堂ガチャとか言ってる奴らは長文が読めない

2012年4月27日(金)

任天堂は、ゲームビジネスを取り巻く環境の変化に対応するために、デジタルビジネスを本格的に展開しようとしています

過去には、環境が整わず、幅広いお客様にご提案することが必ずしも適切とは言えなかったことが、例えば、インターネット一般家庭への普及や、ゲーム機ネット接続率の向上などによって、ご提案できるようになってきました。

過去デジタルビジネスについて、私たちが申し上げてきたことは、すべて当社ホームページIR情報に書かれていますが、誤解されている方もおられるようですので、もう一度改めて整理してお伝えしますと、「追加コンテンツ販売意識するあまりパッケージとして未完成と受け止められるような商品任天堂としてご提案するつもりはない」、「ネットワークを通じてコンテンツ配信することで、さらお客様に長く、深く遊んでいただくために、追加コンテンツ販売を行っていくが、この際には、あくまお客様提供するクリエイティブコンテンツ制作したことに対する対価として、お客様お金を支払っていただけるようにする」、すなわち「構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」ということです。これらのことをご理解いただければ、「『どうぶつの森』は、アイテム課金ゲームになるのではないか?」というような誤解をされることもなくなると思います

このことを基本原則としてみなさまにご理解いただいたうえで、これから任天堂デジタルビジネスへの取り組みが長期にわたって発展していくことを証明できるように、最大限努力してまいります

、すなわち「構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」ということです。


構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネス」は「今後とも行うつもりはまったくない」

 です。

ガチャ課金型のビジネス」=「構造的に射幸心煽り、高額課金を誘発する」と、読むのは間違いで、すべてのガチャ課金型のビジネスをやらないとは言ってないです。問題にしているのは高額課金を誘発することです。

 これについては2年前にも追加で言及されてまして。


2015年6月26日(金)

スマートデバイス向けのゲームアプリ販売方式はどうなるのか。ワンショット(売り切り型)の課金をするのか、あるいはダウンロード無料アイテム課金のようなことで収益を上げるのか。また、ターゲットとする年齢層はどこか。

 に対して。

 ご質問にあった課金方式について申しあげますと、(スマートデバイス向けのゲームアプリには)「売り切り型」そして「アイテム課金型」と呼ばれるものがあります。「アイテム課金型」については、世の中では「Free to Play」という言葉一般的に使われています。これは「タダで遊べる」という意味ですが、「Free to Play」という言葉は、「ゲームというもの価値を感じていただき、その価値をなるべく高く維持したい」と考えている当社としてはあまりよい言葉ではないと思い、「始めるのはタダ」という意味で「Free to Start」と呼ぶようにしていますスマートデバイス向けの課金では、「売り切り型」のものは実はあまりうまくいっていません。これは、スマートデバイス向けアプリはあまりにも競争相手が多いために過当競争が起こってしまっており、みなさんが値下げ競争をされた結果、ゲーム専用機向けソフトに比べて非常に安価に売られているためです。「キャンペーンで9割引」といったものスマートデバイスショップでご覧になったことがある方もいらっしゃると思います。確かに(ソフトは)デジタル商品ですから固定費輸送費がかかるわけでもないので、売れないよりは(安価でも)売れた方がよいのですが、ソフト価値というのは一度下がると元に戻らなくなってしまます。したがって、ソフト価値大事にしたい当社としては、値段を安くすることには限界があると考えています。その値段で世の中のスマートデバイス向けのほかのアプリと比べられることを考えますと、もちろんゲームの種類にもよりますから一概には申しあげられませんが、販売方式を「売り切り型」だけに限ることはするべきではないと思っています

 先ほど申しあげた「Free to Start」というのは、始めるときはタダなのですが、「これ以上遊ぶときはこれだけ払ってください」とか「ゲームを有利に進めるにはこのアイテムを買ってください」といった仕組みです。極端な例では、非常にレアアイテムが手に入るとお客様心理的エキサイトするようなゲーム設計をして、お客様がついついボタンを押すと決済に進んでしまい、課金をしてしまうというようなものもあり、一部社会問題になっていると認識しています。ちなみに日本では、非常に収益性が高いと言われているスマートデバイス向けアプリでは、「Free to Start」で遊ばれている人たちの中で実際にお金を支払っている人の割合は非常に小さく、その非常に小さい割合の方がものすごくたくさんお金を払っています。それこそゲーム専用機ハードを何台も買えるような金額を払っているお客様もいらっしゃるぐらいだとお聞きしており、それが収益性の高い理由でもあります。一方で、日本以外の地域ビジネスが成立している例を見ますと、必ずしもそのやり方はうまくいっていません。海外成功されているスマートデバイス向けのゲームアプリでは、むしろ幅広い層の方々からちょっとずつ払っていただくというモデル成功されているものが多くなっています。このように、狭い範囲から徹底してお金をいただくというスタイルで(ゲームアプリを)つくっていけば、日本ではひょっとしたら高い収益性を実現できるかもしれませんが、それが世界中で受け入れられるとは思っていません。したがって、簡単な道ではないことは承知の上ですが、任天堂スマートデバイス向けのアプリをつくる以上は、必ずしも特定年代の方だけではなく、任天堂が従来アピールしてきた幅広い年齢層、あるいはゲーム経験が長く上手な方から初心者の方、もちろん性別、そして大変重要な点として文化国籍言語も問わず楽しんでいただけるようなものをつくり、世界中でヒットと呼ばれるものをできるだけ早く、複数つくりたいと考えています

 ご質問にあった「ターゲット層」ということに関して申しあげれば、「幅広い層の方々に受け入れられるものをつくり、幅広い方から広く薄くお金を支払っていただいて、それらが全体として大きな規模で非常に収益性が上がる」というような姿を目指したいと思っています。今のご質問はおそらく「任天堂も少数の人からものすごく集中的にお金をもらう商売シフトするのではないか、そうなったらブランドは傷つかないか」というご心配もあってのご質問かと思いますが、任天堂なりのあり方を考えてご提案していきたいと思います



販売方式を「売り切り型」だけに限ることはするべきではないと思っています

 まず。ワンショット限定しないことを述べてます


 次に、2012年4月27日発言リンクするのですが

極端な例では、非常にレアアイテムが手に入るとお客様心理的エキサイトするようなゲーム設計をして、お客様がついついボタンを押すと決済に進んでしまい、課金をしてしまうというようなものもあり、一部社会問題になっていると認識しています。ちなみに日本では、非常に収益性が高いと言われているスマートデバイス向けアプリでは、「Free to Start」で遊ばれている人たちの中で実際にお金を支払っている人の割合は非常に小さく、その非常に小さい割合の方がものすごくたくさんお金を払っています。それこそゲーム専用機ハードを何台も買えるような金額を払っているお客様もいらっしゃるぐらいだとお聞きしており、それが収益性の高い理由でもあります。一方で、日本以外の地域ビジネスが成立している例を見ますと、必ずしもそのやり方はうまくいっていません。海外成功されているスマートデバイス向けのゲームアプリでは、むしろ幅広い層の方々からちょっとずつ払っていただくというモデル成功されているものが多くなっています。このように、狭い範囲から徹底してお金をいただくというスタイルで(ゲームアプリを)つくっていけば、日本ではひょっとしたら高い収益性を実現できるかもしれませんが、それが世界中で受け入れられるとは思っていません。したがって、簡単な道ではないことは承知の上ですが、任天堂スマートデバイス向けのアプリをつくる以上は、必ずしも特定年代の方だけではなく、任天堂が従来アピールしてきた幅広い年齢層、あるいはゲーム経験が長く上手な方から初心者の方、もちろん性別、そして大変重要な点として文化国籍言語も問わず楽しんでいただけるようなものをつくり、世界中でヒットと呼ばれるものをできるだけ早く、複数つくりたいと考えています

 ご質問にあった「ターゲット層」ということに関して申しあげれば、「幅広い層の方々に受け入れられるものをつくり、幅広い方から広く薄くお金を支払っていただいて、それらが全体として大きな規模で非常に収益性が上がる」というような姿を目指したいと思っています。今のご質問はおそらく「任天堂も少数の人からものすごく集中的にお金をもらう商売シフトするのではないか、そうなったらブランドは傷つかないか」というご心配もあってのご質問かと思いますが、任天堂なりのあり方を考えてご提案していきたいと思います

 そして今回のアプリ配信国を見てみましょう

配信

現在配信国は以下のとおりです。


以下の国以外では、ご利用いただけません。



配信国は追加される場合があります

アイルランド

アメリカ合衆国

イギリス

イタリア

エストニア

オーストラリア

オーストリア

オランダ

カナダ

キプロス

ギリシャ

クロアチア

スイス

スウェーデン

スペイン

スロバキア

スロベニア

チェコ

デンマーク

ドイツ

ニュージーランド

ノルウェー

ハンガリー

フィンランド

ブラジル

フランス

ブルガリア

ベルギー

ポーランド

ポルトガル

マルタ

メキシコ

ラトビア

リトアニア

ルーマニア

ルクセンブルク

ロシア

南アフリカ

日本

 最初から世界展開ですね。


 以上、話は筋が通ったまま繋がっています、今のところは。スマホについては、高額課金を前提としたビジネスはしない、と言うことで。



 あとはリリースされてみて、どんだけ渋い排出率になっているのかを楽しみにしています。結局他のアプリと大差ないのであれば、数万突っ込む課金兵で維持されるモデルであるのなら、そこで本当に終わってしまう話です。



 私個人の予想を述べると、結局は他のアプリと大差ない渋さで「無料で遊ぶ奴らがほとんど、一部の重課金兵に支えられる」という構造に仕上がっていると思っています。ただ、現物を見るまでは、まだ判断は保留です。



 そんなことよりも、GBA以降のすべての作品がクソで、特にDSリメイクなんてどんな判断あんゴミを作ったのかを問い詰めたいし、そのせいでEchoesも期待できる気がしないし、特に覚醒以降はシナリオからキャラの掘り下げまで全部クソいというか、無駄人間関係自由度を上げて駄テキストを量産するのをやめてほしいし、あのテンションスマホ版作られるのだとするとかなり厳しいし……

http://anond.hatelabo.jp/20170119202715

チャリティから。「無料公開することが正義」みたいなこと言ってないから。クラウドファンディングで金を集めたわけじゃないから。

2017-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20170119205452

これは同人界隈にいる人が本業でやった仕事があの絵本無料公開よりブログ文章いまいち腹落ちしないって話みたいよ。

絵本無料公開の件、ネットでは特に同人作家から批判されているらしい

なんでだろうねー?





同人作家って出版社特に関わりないはずだよね?

少なくとも搾取する・されるの関係にはないよね?



なぜ同人作家はこの件に特に批判なのだろう。

不思議だな―。

ラーメンズの公演無料公開は絶賛してた人たちが西野批判してるの

なんで??????

技術のタダ売り

気持ち的には、よくもやりやがったなって感じ。

俺は、技術のタダ売りって好きじゃなくて、つまり今回のNさんの件も凄い不愉快なんだけど、彼は現時点でもかなりの収益を算出しているし、実のところ広告収入とかで収入は途絶えないだろうし、さも「自分収入なんかどうでもいい!本が読みたくても読めない子どもたちの為に無料公開するよ!」という雰囲気を醸し出しておきながら「金の奴隷解放宣言」が笑えちゃうくらい今後も収益が出る事が尚更不愉快にさせる。偽善とはこのことだろうかと思わずにいられない。

確か、あの絵本は、自分が発案者だか発起人だかで、他の人の名前は出さないとかで、当時結構揉めてたんだよね。気のせいだっけ。曰く、「映画だって、何人もの人で作っているけど、監督名前しか出ない」とかそういう理由で、自分以外の名前は書かないと宣言してた気がするけど。

それでも、クリエイターは集まっているわけでしょ?まぁ、現時点までの収益で、彼らへの賃金は支払われているだろうけど、それにしても、なんというか、納得のいかない話だなと思う。

発売されたのが、3ヶ月前。世間ではクリスマス正月も過ぎているのに、こどもが本当に欲しがる2000円の本が手に入れられないってある?

の子の親は、子供に本を買い与えないタイプなのかな。それとも子供が、親がそれを買い与えるのを渋るほどの悪ガキなのかな。

まぁ、各家庭に様々な事情があるでしょう。で、買えなかったとしてさ。んなら図書館行けやって思っちゃうのは、俺がおかしいのかねぇ。

「本が高くて買えない」→「んじゃあ無料にするわ」って、いくらなんでもクリエイターとしては酷すぎる思考回路だと思うんだけど。

それって結局、その界隈の質そのものを下げるよね。

第三者の助言で「他のクリエイターに「タダにしろ」とか言うなよ」みたいなコメント追加したらしいけど、それを直接的に言わなくても、そうする事で確実に彼らは一部の非常識人間からそれを求められる事になると思うんだけど。

自分が作った作品であれ、何であれ、無償提供するとか、お前、金持ち道楽かよ。

技術のタダ売りが出来るほど、金に困らない生活してみたいもんだね。

金があっても、俺は技術のタダ売りは絶対しないけどね。

西野が嫌いで嫌いで仕方ない人間からすると、西野の良い人面がムカついて仕方ない。

今回の無料公開も、別に絵本なんて中身公開してようが売れると思うから痛くも痒くもないだろ。

本は結局のところ所持欲が一番に来ると思う。俺が子供の頃、「ルパン三世カリオストロの城」を映画もみたし、好きすぎて親に泣きついてビデオも買ってもらった上に、絵本まで買ってもらって死ぬほど見た。母親からは「もうビデオもあるでしょ!」ってめちゃくちゃ怒られたけど、親父が「お前は本当にルパンが好きやのう」と買ってくれたのを今でも思い出す。自分語り失礼。

絵本ってそんな一回見てポイッとするようなもんじゃないって思うんだが。

正直言って利用されてるぞ。相手芸人なんだかディスって話題にした所、やってることは良い人に見えるから、そういう風に目に映った人間は買う。それで反響がなくてもネタになる。

深イイ話とかでドヤ顔で語るぞ。

そして、西野はイイことをしたとおもった人は絶対買う。

と思って、西野ブログ見に行ったらこれだ。

http://lineblog.me/nishino/archives/9256131.html

俺らが騒げば相手の得になる。西野はうまくやりやがった。

本当にムカつく。計算の上で良い人になってるのが本当にムカつく。

西野ブログ読めば

制作スタッフには最初の段階ですでに給料が支払われている」

とか

「俺は無料にするけど、その代わり他のクリエイターに「西野はタダにしたんだからおまえもしろ」なんて絶対言っちゃダメ

とか一応ちゃんと言ってるけど

なんか嫌われてるよね

キンコン西野絵本無料公開って、20万部売れた分の印税はもう手元に入った、

けど、これ以上は稼げないからアフィ付きのサイト無料公開して更に稼ぐよ! ってことだろ。

クリエイター搾取がどうとか言ってる人は騙されすぎ。

キンコン西野は上手くやった

今回の炎上騒ぎで、キンコン西野絵本作家だと初めて知った人も多いし、

その作品無料で見られることで、大勢の人に見てもらえたと思う。

実際に絵をみて気にった何人かの人は絵本を買っただろうからプロモーションとしては大成功だよね。

キンコン西野プロデュース絵本

クリエイターたちの作った絵本無料で公開しやがって!作品価値を軽視!と大声で吼えてるみんな~~~

まさかソシャゲの無課金自慢なんてしてないよね~~~アニメ円盤買わないのを誇らしげに言ってないよね~~二枚舌にならないように好きなものにはお金落とそうね~~~

まあ、そういう奴がわんさかいるんだけどね

http://anond.hatelabo.jp/20170119161255

劣化版だから無料でってことでは

コンビニ版のさらに安っぽい版みたいな

品質に拘る人間なんてそう多くはないんだけどね

キンコン西野絵本

もうクリエーターとか、本屋の儲けとかは置いておくとして

何でインクに拘って出した絵本

インターネット無料公開するのかなってこと

10万部売れる』事よりも『1億人に知れ渡る』事の方が価値のある

それなら最初から自分ポケットマネー無料公開しろ

後出しジャンケンだっせえわ

http://anond.hatelabo.jp/20170119151436

結局人柄というか好かれてるかとか地位によるって身も蓋もない話なんだよなあ

天皇絵本無料公開したら同じ理屈だと批判しなきゃいけないけど全員絶賛するだろうし

キングコング西野絵本を公開しそれに対する反応の件

キングコング西野絵本無料で公開しそれが話題になってるが、それに対する反応がどうもおかしい気がする…

クリエイター仕事価値・値段が相対的に下がるから正当な料金を請求しろという人が多いが、大前提としてクリエイターにたいして〇〇は無料で書いてくれたか無料で描けとかごねをこねて安くしろだとか言うユーザー問答無用で糞だと思うが

ただ、クリエイターが作った作品クリエイター自身が値段を決めるのであり、それが今回の場合無料にするなとごねをこねてるだけにしか見えない。ある種特大ブーメランを投げているようにしか見えないのだ

それに別に本や漫画イラスト素材に対しての需要がないわけではなく、ただ単に今までの人の上位互換が現れてるようにも見える。

西野の件に関して言及するのであれば、lineblogで他の製作者に対しての影響はなさそうだし、なおさらなぜここまで叩かれてるのかわからない

結局PokemonGoの規制と同じで一部ユーザー無料で描けとかいうやつ)が糞だから無料で公開してるやつ全部批判するみたいなように思えるのだが…

まとめとして結局、クリエイターが定めた値段に関して無料であろが有料であろうがその人はその人なりの価値観があるんだから格段言及すべきでないと思うのだが。

http://anond.hatelabo.jp/20170119123422

最初から幼児向けの絵本じゃなくて大人向けの絵本として売られてない?

幼児には理解出来ない表現が多いのは当たり前かと



つか絵本の全ページ無料公開って絵本ナビ大分からやってるんだよね

幼児向けの絵本ならそれでも売れるんだよ、幼児は同じ本を何回も読みたがるし

まさかPC画面見せながら読み聞かせする訳にもいかいからね

無名の本ならむしろ宣伝になってより売れるかもしれない

あれの無料公開が「よくぞ決断した」扱いされているのも

大人向けの絵本(=一度読めばそれで十分だと買わない人が多いであろう事が予測できる)だからでしょう

しかタレント本でもあるから話題性だけで一度読んでみたいってだけの人も多いわけだし

[]X野X廣ほか「XんとX町のプXル」

無料で全部公開されてたから読んでみた

なんとなくこの町のけむりを晴らす戦いをする話を想像してたけどぜんぜん違った

絵本としては無駄に長くて冗長

またアントニオたちにやられたのでしょう。

というような想像余地をうばう文章

なんか絵本というよりマンガネーム的な感じで説明文が多すぎる。

話も使っている言葉もいろいろと難しい表現使ってたりするから幼児にはきびしそう

こどものためってよりかは自分に酔ってるような絵本で、なんか気持ち悪いなと感じて受け付けなかった

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん