「マンション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マンションとは

2016-08-27

マルチ商法カプコン

先日、あるマルチ商法勧誘を受けた。

その勧誘の人とはある出合い系サイトで知り合った。

まりカモとされた訳だ。

彼女が出来ない現状を打破しようと抗ったキモメン自分にとっては、予想外の勉強となった。



勧誘を受けるまでに2回会ったのだが、その2回目に、彼女の属する友達グループとでボーリングをしようと誘われた。

そこに行って、その時は楽しんで帰った。

そこにいた人と話すとなんだかやたらと意識が高い人たちばかりだと思ったが、それ以外は普通だった。

その次の次に会った時、あるマンションの一室に連れ込まれ、そこにいた会員に囲まれて妙なビデオを見させられそうになったので逃げてきたという感じだ。



まあそのマルチ商法の話は良いとして、

そのボーリングの場で、カプコン社員を名乗る人がいた。

名前は忘れたのだが、モンスターハンターリオレウスの動きを作ったのは彼だと言っていた。

それが彼の持ちネタらしく、周りの人達もみんな知っていた。

その時はすげーとしか思ってなかったが、今思うとカプコンにすらドン引きしてしまう。

もちろんボーリングの場にいた全員がアムウェイの会員だったかは分からないし、仮にそうだったとしてカプコンマルチ商法業者と親密である訳ではない。

あくま個人の話だ。そこは尊重されなければならない。そもそも彼の虚言かもしれない。

ただ、自社の事をああいった怪しげな集団の中でアピールする社員がいて、結果として世間心証を損ねる可能性があると考えると、個人自由というものは恐ろしいなと感じる今日このごろ。

リフォームのリノコで安物買いの銭失いをした話とラクスルとの違い

安心リフォームのリノコ|工事費用は定額コミコミ価格というリフォームサービスを使って失敗した。


全国のリフォーム施工店の窓口になるということでラクスルのようなサービスかと思って使ったのが間違っていた。相見積もりを取ったら一番安かったというところにも惹かれた。

結論から言うと、ラクスルは全国の印刷会社の窓口になっており、受注から連絡、発送までを責任持ってやってくれるためこちらは印刷会社の質には気を使うことがなくなっている。私はそういうもの勝手に期待していたが、リノコは単に受注の窓口になっているだけでその後の連絡は施工店としなければならず結局サービス品質はリノコが勝手にしていた施工店の質に依存してしまうのだ。

極論を言うと**「営業力施工の実力がなく価格を下げないとやっていけない地元リフォーム会社を紹介して後は放置」**のサービスなのだ

個人としては安かろう悪かろうに当たっただけなので、返金しろなどとは思っておらずただただ反省している。


私が抱いている感想はだいたい「リノコでリフォームされた方どうでしたか?|マンション 口コミ掲示板・評判(レスNo.1-2000)」に書いてある。

HP機械見積もりもできておしゃれだが、この「バーチャル企業は「現場」と連動していない。

その通り。現場合意したことと、リノコ担当者合意したことで食い違うことが何度かあった。結果私の家の場合は依頼していない数万円のもの勝手処分された。かつその処分ミスがリノコ側には報告されていなかった。

1週間しても見積もりは来ず。断る。時間が失われた。

2週間連絡が途絶えることが3度あった。施工店の質が低いのはともかくリノコもきちんと管理できていない

そして当日。時間になっても現れず、こちらから連絡すると、行き違いがあったようで今日は行けないと。。別の日を案内されました。

施工店の質の話ですが、私の場合も数時間単位時間通りにこないため外出できないということが2度ありました。



リノコは目指すべきところとしては是非実現してほしいサービスだ。改善するには施工店に対しマニュアルを徹底してユーザー体験を均一化する。合意形成プロセスをリノコ、施工店、客で1箇所でできるようにする、(多分リノコは人が足りていないので)人を増やす。あたりを頑張って良いサービスになってほしい。

VRよりも風俗美容整形に期待する

VRが凄いとかいう輩がうじゃうじゃいる。

もはやVRをやっている人間の一部は先鋭化して宗教じみている。

VRが大したことがないというと怒り出すのが特徴だ。

そして、それ以外の輩は大したことがない技術であるVRを使ってどうやって上手く金を集めようかと考えている気がしてならない。

まぁ、物事体験してから批判するのが自分セオリーなのでコンシューマー向けVR機器体験会に2つ参加した。

正直、モニター付きゴーグルである

大したことはないと痛感している。

自分が期待していたのは、容姿が醜い者でも体験できないことを体験できるなどといったことだったが正直できそうにない。

エロ目的流行るだとワーワー騒ぐ人がいるが、最初からエロ目的で騒いでいるのは落ち目な気がしてならない。

エロというのは結局はサブだと思っている。

主流の便利な使い方があって、初めてサブのエロが生きるのだ。

ウェブだって文章のやり取りが便利だとかいう前提がある。

最初からVRはエロだとか騒ぐのは、個人的には大したことがないと叫んでいるに等しい行為だと感じてならない。

そして所詮は柔らかさや体温は感じないかセックスが出来ない人間に、出来る人間と等しい体験を与えることは出来ない。

某有名ラノベ小説レベルまでにならないと意味がない。

変にVRに期待するなら、ソープランドオンラインかい題名でVRラノベでも書いたほうがマシではないかと言いたい。

持病の治療薬で酷いニキビ跡が大きな汚い顔にへばりついている自分美容整形を期待したほうがいいのかもしれない。

VRというものは、薬の副作用で顔が血や脂な吹き出物だらけで腫れ上がっていた自分に夢を見せないのだから

貯金は70万円までになった。整形しよう。

ただ、整形でも深い大量のニキビ跡赤身を帯びた脂ぎったどす黒い皮膚や酷いクセ毛や大きな顔はどうにもならないのだろう。

皮膚科美容整形医も難色を示したのだ。

実家がそこそこ高級なマンション移転したが、見てくれのいい女をマンション内で見ると嫉妬で苦しくなる。

容姿がよくなりたい。

2016-08-26

隣人とのトラブルの結末

毎晩お風呂鼻歌を歌っている。いや、鼻歌どこではない、声を張り上げて歌っている。

カラオケ好きの私なので、お風呂だと声が反響してとても気分がいいからだ。

そんなことを続けていたらある日ポストに紙切れが入っていた。

マンション管理会社からで要約すると「声が夜間に響いてうるさいから周りを気遣え」ということだった。



いくら熱唱とは言えそこまで遠くの部屋には響かないだろう。ということでクレームを入れたのは両隣の住人に違いない。

右隣には70歳くらいの老婆が一人で住んでいる。腰が限界まで曲がりきって、まるで自分の陰部を凝視するようにゆっくりと歩く痴呆症だ。

だいたい夜寝るのも早いだろうし耳も遠いだろう。ボケ老人とはそういうものだ。



から犯人は左側の住人だ。そうに違いない。若いカップルか兄妹かしらないが四六時中ベタベタ気持ち悪いやつらだ。

一目見ただけで商業高校出身夜間学校中退なのが分かる人相をしている。まだ若いくせに歯も生えていない赤ん坊がいる。



とりあえず私も投書で復讐することにした。

お菓子バリバリ食べないで下さい。耳に障ります

もちろんお菓子の音など聞こえなかったがそういう文面でクレームを入れた。

その後もことあるごとにあることないことポストに入れた。

「歯を磨くときもっと静かに」

「声を立てないでくしゃみしろ



そんなことを毎日やっていたある日、ポストに紙を入れているところを馬鹿ップルに見つかってしま口論になった。

終いには警察を呼ばれてしまった。対応した警官は終始向こうの味方で私を責め立てた。

その日は悔しくて悲しくてずっとお風呂で泣いていた。

そして泣きながら童謡を歌った。涙と鼻水と涎が入り混じった私の歌声マンション全体を包み込んだ。

住人は耳をふさいだが、歯抜けの赤ん坊だけはきゃっきゃっきゃっと笑って眠りについた。

High=Rise見てきたでござる。

2ch板のSFスレでたまに目にする作者ぐらいの前知識で行ってから

非常に後悔するパターンだ、コレ。。。



多分意図して映してないのだろうけど、

海鳥の鳴き声と潮騒が絶えない中で

打ちっぱなしコンクリート作りのアパートを建ててる時点で

廃墟になることは宿命づけられていたのだろう。



ヤマト運輸バイトしてたとき

ちょうど豊洲高層マンションを一棟まるごと請け負ってたけど、

ゴミ出しの観点は全く気付かなかった……

今の職場から見える風景も600戸建てのマンションに覆い隠されてしまった。

ベランダに建つ下層階の人たちとガラス越しに目を合わせて、クレームが入って

永遠にシャッター化するのだろう。すでに四方の内の一面で経験たからら良く分かる。

あとから来たくせに。何様だよ、畜生。タワーにすら入れない底辺民だよ、こっちは畜生

廃墟だ、廃墟になれ。東京オリンピックの狂采が終わりを告げたとき、全て滅べ。

ヨーカドーに頑張ってほしい

イトーヨーカドーが今後5年で40店舗を閉鎖するそうだ。

http://toyokeizai.net/articles/-/133028:title


私の自宅マンション近くの食品館は閉鎖を免れたが、

やはり近隣のオオゼキ西友に圧されているように感じる。

休日は毎週足を運んでいるが、たまにオオゼキへ行くとその活気に驚く。

先日ヨーカドー店員女性から店舗に対する要望を聞くアンケートを取られた。

自宅からの近さと食料品の品質の高さからヨーカドーを選んでいるが、

ライバル店と比べて競争力で劣っている点も少なくないように見える。


個人的に、食品館でしか買い物はしないが、

  • 店舗の広さが同じ位のオーケーと比べて品揃えが弱い。
  • 閉店時間が早い。(惣菜コーナーだけでも22時頃までやってほしい。)
  • レジで2円取られる。

あたりに不満を感じている。

一方でヨーカドーには

といった良い点もある。


閉鎖される店舗でもユーザーの声を聞いて店を改善しようという動きはあったはず。

親しんだ店舗が閉鎖されるのは寂しい。

なんとか頑張ってほしい。

2016-08-23

かいことないかな。

社会特別貢献できてるわけではないけど悪い事もしてないから何かいいことが起きて欲しい。

世間から見たら収入は少ない方だけど仕事は真面目にやってるつもりだ。

ゴミポイ捨てはしないし電車家族連れやお年寄りを見かけたら席を譲るし同じマンションの人にちゃんと挨拶をする。

お酒は週一だしタバコは吸わない。

趣味図書館で借りた本を読むか月2の映画館


傍若無人な振る舞いをする人たちを見ると「あっちの方が楽で得するんじゃないか」と思うことがある。

実際は思うだけで、そういう風に育てられていないか道理から外れた生き方をするなんて無理だ。

彼らが不幸になれとは思わない。自分に何かいことないかな。

2016-08-22

シン・ゴジラは、 『特撮好き』なら失神レベルの大傑作で、『一般人』なら視聴に耐えうる娯楽作

シン・ゴジラの真価は、これから広がるであろう一見さんによる批評の中にこそ有る。

まり、「満点からマイナスされうる特撮映画」が帰ってきた、と言う意味だ。

1週間ほど前に話題ゴジラを見に行った。面白かったは面白かった。

が、事前ハードルが上がりすぎていたのか、粗(に私には見えた)の部分が結構気になってしまい、正直世間で言われている程に「大傑作」にはあまり見えなかった。

シン・ゴジラそんなに言うほど面白いかあ??

シン・ゴジラには、決着のカタルシスが無い。

確かにその通りで、それは欠点だ。

それは、長年特撮ファンが受けたくても受けられなかった指摘だ。

特撮ファン向けの映画から一般人向けの映画に

「まあ、子供向けの怪獣映画にしては良く出来てたよね」という感想からの脱却。

対象年齢を考えても酷い」とか「大人の視聴に耐えうる人間ドラマ」とか

そういった「オヤクソクを共有している視聴者」向きの話じゃない。



まり、「ファインディング・ドリーと比べて」とか

ゴーストバスターズの脚本比較して」みたいな、

一般的な映画と比肩しうる水準に特撮映画を押し戻した。

からこそ「大傑作」であり、それ故に「まあまあ面白かった」という感想が併存しうる。

今あるものでやるしか無いんだ。

特撮は、リソースがないことをイイワケにしてきた過去がある。

平成に入ってからゴジラをどれでも良いから観て欲しい。

シン・ゴジラ比較するべくもないヒドイ作品ばかりだ。

一般人から見れば。



最近は「ゼロからプラスして積み上げる特撮映画」しか無かった。

「(全体の質はハリウッド比較しようも無いけど)特撮部分は良かった」

「(全体の質はハリウッド比較しようも無いけど)ドラマパートはヒドイ」

みたいな「邦画予算規模で制約の多い特撮映画において」という限定が常についていた。

シン・ゴジラは、正面からそれを覆してみせたと思う。

イイワケの無い、特撮映画としてのゴジラ

粗はある。荒削りでもある。

世界最高峰の映画では無く、手を入れるところもまだまだある。

それでも恐らくは邦画現場における特撮映画のベストを尽くした映画だと思う。

それは特撮ファンなら邦画の環境に絶望せずに希望を見いだせる一筋の光であるし、

一般人から見れば、「怪獣映画だけど面白いらしいよ」と観に行ける映画になってる。

まり何が言いたいかというと

日本特撮映画として100万点」のシン・ゴジラで終わるならソレまでだ。

でもきっと「世界の映画の中で70点」のシン・ゴジラだと評価してもらえる。

怪獣を通じて、日本災害を正面から描き、国のあり方をポリティカル視点から捉える。

世の中は稼いだもの正義で、投資してもらえるのは評価された作品だけだ。

その意味で、きっと一般人からみても、投資に一口のれる出来じゃないだろうか。


おまけ

ダシに使ったので、不満点に共感しつつ、違う視点提供しておくよ。

映画観に行った後のファミレスでダベってる感じで読んでもらえればと思う。

(人は感じたことが全てであり、反論しようとは思っていない)

登場人物ゴジラへの理解度が要所要所で不自然に高い』

主人公矢口会議中に巨大生物言及するのだが、この時点で矢口がそう判断に至った材料は精々ネットの動画程度であり、あそこでアレを「生物」と考えるのはかなり不自然だ。

この時点では矢口は単なる夢想家レベルである

矢口の人物像について、多少のフォローはされている。

シン・ゴジラ主人公である長谷川博己演じる内閣官房副長官矢口蘭堂は、

竹野内豊演じる内閣総理大臣補佐官国家安全保障担当)の赤坂秀樹から

会議結論ありきで進んでいる。かき回すな」と助言を受けている。

また、エレベーターの中で、立場が上の人間に対して「楽観やこうあって欲しいという願望が、先の大戦で何百万人も殺した」とワリとハッキリ苦言を呈している。

矢口生物と断定しているのではなく、「巨大生物の可能性を俎上に載せないのはマズイ」と判断しているのではないだろうか。

ネット上の映像フェイクであれば、それを作った人間動機テロで無いことを確認するまで安心しないタイプ

ニュース映像での「巨大生物尻尾」について、ニュースの真偽を問うシーンがないのは映画の都合だと思う。

ニュース第一報だと見るのが妥当なシーンだし、それならアレは何のジョークだと笑うのが現実的ではなかろうか。

同種の別個体については、検討は並行で続けているが、映画の都合でカット、じゃないかな。

個体だとすると、観客は「ゴジラ対究極生物なのか?」という疑念を抱きながら観ることになり集中力が削がれる。


『人の死の描き方について』

(一つは倒れるマンションから逃げ遅れた家族、一つは溢れた川から逃げる男性、もう一つどこかで同じことを思った気がするが覚えていない)

 この点はあまり大きな不満という程では無いのだが、どうにもモヤモヤとしてしまった部分だ。

たぶん、残りの一箇所は、自衛隊戦車が潰れるシーンか、注入第一部隊の全滅の部分じゃないかな。

マンション荷物を詰めていてマンションごと押し倒される家族、川からの逃げ遅れ(たぶん画面の奥側に向かって走る男性)は、

災害の描き方の問題で、ゴジラによる人死を描いているわけではないと思う。

あの一連のシーンで感じる「いまどこに災害が近づいてきているか一般市民には把握できない」という恐怖は演出として一貫していると思う。

(状況把握のしようがなく、気がついた時にはもう遅いという恐怖は、5年たってやっと直視できるようになった映像だと思う)

ただ、予算の都合による表現の制限を感じる部分ではある。

病院とか今まさに災害現場は出てこず、災害が通り過ぎた後の映像だしね。

密室俯瞰した映像に寄る災害描写は、予算制約を逆手に取った脚本の作り方の問題であり、

その意味で「巨大不明生物がなぎ倒したビルにも当然人が残っている」というのを伝える手法に限界があったのかな、と思う。

ほぼあの家族しか直接の被害は確認できないのに、それ以後の緊迫感は違う。

だけど、アレ入れて欲しくない、というのも判る。


石原さとみキャラが明らかに浮いている』

浮いてると思うよ。これはシナリオの歪みが集中してるせいだと思う。

これ、後でちょっと付記するけど、「シナリオの都合の上で」リアリティラインは高く見えるようにしてあるんだと思ってる。

例えば、東京駅前に当然あるはずの広大な敷地について劇中一切言及されていない。明らかに不自然。

筋論として、日本が米国に頼り、米軍日本国内武力行使する、という流れのハズ。

仮にも主権国家に対して、他国が熱核攻撃を短期間に強行する理由がない。

米軍による強行じゃなくて、国連安保理での決議言うてたし)

日本が壊滅するまで自由にさせておき、主権が及ばないところに出てから攻撃になるはず。

ちょっと日本以外のまとまりが良すぎるというか、世界があまりにも日本に対して冷淡すぎる。

日本に核攻撃」という荒唐無稽な一手と、

ゴジラを生み出したのは、牧元教授という日本人では?」という点、

外務省駐在武官無視して政権が直接軍事について外交を行うと言う部分を抑えると

祖母が原爆による被害者であり、日系人アメリカ政権に対して一定の譲歩を引き出しうる通常外交ルート外の存在は、

石原さとみ演じる米国大統領特使のカヨコ・パタースン以外であっても、

やっぱり荒唐無稽に見えるだろうし、どうしても浮いてしまうのは仕方がないと思う。

彼女シナリオの不備による歪みを一手に引き受けて浮いているのだと思う。

まあ、じゃあどう直せば良いかって言うと、アメリカ側を描くには予算が足りなそうだな……

『ヤシオリ作戦について』

ゴジラ原子炉載せて、排熱への対処(生存本能)で進化するって道筋つけると、焼却 or 凍結ってのは判りやすい。

シナリオの都合でアメリカに熱核攻撃を担わせると、日本特撮的な花である爆発(焼却)を使うのは難しい。

そもそも「カタルシスを得られない」ということそのものが、演出意図なのではないかなと思う。



一応、血を流すことから排熱に血流を用いているのではってのは合理性があるし、血液凝固材も30種類?試して効くのは確認してる。

元素変換する相手ならどこに投与しても一緒って意味では、口に見える部分に引っ掛けて体内注入するってのは効果的とも思う。

仮定仮定を積み重ねて、地味な作業原子炉の終息にもってくってのは、福島第一原発事故対応への直喩だろうし。

「ショボい」処理で、しかも「まだ終わってない」ってのを、東京駅に凍結させたゴジラで示しているのでは、と。

政府冷温停止宣言したのも、冷やし続ける必要があるってのも、同じ構図だよね)

 加えて、ヤシオリ作戦に関しては、矢口の陣頭指揮の部分にも中途半端さに違和感があり、これまで徹底して「対策室で対応する政治家」を描いてきて、結局最後は「主人公現場の陣頭指揮を取りに行く」というのを描くのか、というのに少し落胆した。

 せめて矢口本人が言うように「自分現場にいる事で出来た微妙判断」が描かれていればスッキリはしたかも知れない。

一応は、逃げ遅れた人がいるかもしれないけどやる?とか、線量が予定よりも多いけど続行するのか?とか、判断はあったと思う。

どっちかというと、多分最初に感じたであろう「え?総理大臣は逃げるの?残らないの?」みたいな感覚

「いや、指揮官は後方に控えてないと死んだら終わりだから」に観客の気持ちを変えたかったんじゃないかな、と思う。

それでもまあ、良くあるヒーロー映画みたいにゴジラに触れるような最前線までは最後まで行かないし、良かったんじゃないかな。

(良く言われる「陣頭指揮」を観客がどう捉えるかが、映画を見た後で変わったのではないか

『「国」のアピール

 総体としての「日本」とゴジラとの戦いを描くのがテーマであるのであれば、

 あそこまで「東京」のみの話に終始したというのはどうなのだろうと思う。

正直に言えば、予算の都合で、東京のみの話にしないと収拾が付かないと思う。

ただ、あれは東京一極集中への軽い皮肉にも見える。

福島第一原発事故」が「東京駅」で起こったとして、煽りじゃなくて日本としての機能がどうなったか考えるとゾッとする。

その俺の思いと重なるが、何度も「経済的」な話が出てくる。

経済的には莫大な損失とか、熱核攻撃を受けて世界から支援を受けないと復興できないとか。

損得勘定で熱核攻撃を仕方がないと受け入れる「論理」と、象徴的な意味で核攻撃を受け入れられない「感情」との対立軸にも見える。

「国」とは何なのかを観る人に問うシナリオになってたんじゃないかな、と。

まあ観たひとに届かないのであれば、そりゃ成功してないわけだけど。

その他のダメ出しポイント

まあ、観たひとに届かない思いは独り善がりなワケでダメなんだと思うけど、

最初に書いたように、そういう「普通の映画のダメ出し」してもらえるところにシン・ゴジラ価値がある。

と、思うわけで、やっぱり気になる点を俺も最後に列挙して置こう。

東京駅のど真ん前の話が無い

東京駅の正面真っ直ぐに、東京の中心である大きな空間がある。

熱核攻撃をあの付近で行うことに対して、日本人が触れないってのはあり得ない。

「彼らはここがニューヨークでも同じことをするそうだ」とはセリフにあるけど、あれ「ワシントン」じゃないんだよね。

あくまでも経済の中心であるというセリフであって、象徴的なんだけども)

陸上理由が判らない

突然地上にさまよい出た、排熱の為に進化した、冷却のために海に戻った。

突然さまよいでることも、デタラメに動くのも、再冷却の為に海に戻るのも災害っぽい。

鎌倉から上陸する理由がわかんないんだよね。

進化の方向性として陸上に特化してしまったとして、海水を捨てて地上に出てくる理由不明

牧元教授が好きにした結果、ゴジラを生み出して、意思を方向づけたなら判らなんでもないけど。

配偶者を原爆で亡くし、国と核を憎んだ牧元教授なら、先の大戦の直接の責任者である国の象徴にまず向かい、その後アメリカ上陸を目指すのは理にかなっている)

国連安保理が核攻撃容認するのが判らない

途中、スパコン計算能力貸して欲しいって海外の研究機関に依頼するときに、

一旦「ウチの技術を盗むかもしれないから断ろう」みたいなセリフがあるんだけど、

もしも「間に合わなかったら首都が熱核攻撃を受ける」みたいな状態なら、

「ひとを信じよう」みたいなのんびりした話にはならないと思う。

人類ってそんなに日本に冷淡なの?と言う。

秘密裏国連安保理が熱核攻撃容認するって、日本外交ゼロってことになる)

(そうすると、フランスと裏取引する外交技術との整合が取れない)

駆除一本槍なのに違和感がある

シナリオ福島第一原発事故念頭に置いてるからなんだろうけど、

ゴジラに対して調伏(焼却or冷却)しか選択肢が無くなってるのに違和感がある。

最初に言ってたけど、追い出すか、退治するか、保護するか。

保護が無理、退治が難しそうなら、通常は追い出しの手段検討するんじゃないか

餌で釣るのか、行動パターンを読むのか、押し返すのかは別にして。

追い出しにリソースが避けないって言う描写は欲しかったかな……

(これはほとんど「他の個体についての言及がない」ってのと同じポイントだな)

とは言え、

映画を見ながら、実際に災害になったらどう逃げようか俺は考えた。

かなり踏み込んで災害を描いてるような気がするけれども、どうかな。

マンションの貯水槽位置が悪いのか、ここ一ヶ月ほど深夜まで待っても水道からずーーーっとぬるま湯が出てくる。

おかげで水だけでシャワーが済んでしまって、火を使う料理全然しなかったのでガス代が過去最低を記録した。

というかガス代が安すぎて「翌月に合算します」って書いてあった。そんなことあるのね。

ペット用にエアコンつけっぱなしにしないといけないからこの時期は電気代が多少かさむので大変助かる。

一周回って猛暑に助けられるとは。

2016-08-21

疲れました

信じてたのに裏切られました

株式会社ボス代表取締高橋史郎と大京ステージ福田邦生にハメられました

内定した職種と違う仕事をさせられ、残業代も出ないため辞めさせて欲しいと訴えても辞めさせず

見てる事を知ってるアノニマスダイアリーに嫌味を書きまくってました。

辞めた後過労死した人間もいたらしいです。

福田邦生は告白され5年間付き合い、マンションを買い結婚指輪まで貰い婚約しましたが、

私に浮気をするなと何度も言い、5年を無駄にさせました。

収入が安定すると私を働かせる意味がなくなったのか私を捨てました。

この人たちは繋がっています

疲れました。

これをもって遺書とさせていただきます

シン・ゴジラそんなに言うほど面白いかあ?? <追記アリ>

最初に「煽りタイトルである事に謝罪しておく。

 

1週間ほど前に話題ゴジラを見に行った。面白かったは面白かった。

が、事前ハードルが上がりすぎていたのか、粗(に私には見えた)の部分が結構気になってしまい、正直世間で言われている程に「大傑作」にはあまり見えなかった。

この一週間ほど感想記事などをいろいろ巡ってはみたが、いくつかの批判記事もあまり共感できる内容でも無かったので、ひとつ増田にでも吐き出してみる。なお、いろいろと確認意味も込めて昨夜もう一度シン・ゴジラは再視聴している。

 

 

という訳で以降シン・ゴジラへの不満点を列記する。

 

 

登場人物ゴジラへの理解度が要所要所で不自然に高い

 まず冒頭の10分か20分くらいで気になった部分。主人公矢口会議中に巨大生物言及するのだが、この時点で矢口がそう判断に至った材料は精々ネット動画程度であり、あそこでアレを「生物」と考えるのはかなり不自然だ。この時点では矢口は単なる夢想レベルである

 演出意図としては「唯一真実リーチしている主人公」のように見えるのだが、それならもっと巨大生物という予測に納得感が無ければ意味が無いように思う。もし矢口をそうした「夢想家」的キャラクターとして描く意図があったのならば納得がいくのだが、以降は基本的に「有能な政治家」然と描かれるのでそれも考えづらい。

 基本的に高いリアリティラインで進む映画のため、このシーンで不自然映画の先を予測した発言があるのは違和感が大きかった。さらにそれに続く、会議室尻尾ニュース映像が流れるシーンがその印象を後押ししていて、あの映像だけであれを「巨大生物尻尾」と判断できるというのもかなり不自然に思う。映画の進行のためにさっさと登場人物全員に対象を「動物」だと認識させたい+ゴジラの全体の姿をここでは見せたくない、という意図からあいったシーンになったのだろうが、やはり不自然は不自然だ。

 比較的序盤のこの2シーンで、「映画の都合で登場人物理解力直感力が劇中で変動する映画では?」という疑念が生まれしまった。

 ゴジラに対する登場人物リアクションとしては、最終形態が現れたシーンでも、あれだけサイズ形態も変化していれば、別個体可能性への言及があっても良かったのではないだろうかと思う。ここでも映画の進行のため、そうした選択肢登場人物に不自然に与えていなかったように感じられた。特に「あらゆる可能性を」と発言していた矢口最後まで同種の別個体存在言及しなかったのが不満として残った。

 

 

・人の死の描き方について

 ネットでは「死がちゃんと描かれていない」「いやアレでちゃんと描かれている」という論争がいくつかあったようだ。

 個人的には全体を通してあくま被害俯瞰的に描いていたのは面白かったと思う。「対策ルームに篭って黙々仕事をする政治家」が主人公という映画なので、むしろ現場被害をことさらクローズアップせずに描いたのは正しい。

 が、むしろそれならその描き方を徹底して欲しかったという不満があり、2,3箇所ほど不自然に急に人死にがクローズアップされたシーンがあり、そこが「ちゃんと死を描いていますよ」というアリバイ作りのシーンに見えて正直気持ち悪かった。

(一つは倒れるマンションから逃げ遅れた家族、一つは溢れた川から逃げる男性、もう一つどこかで同じことを思った気がするが覚えていない)

 この点はあまり大きな不満という程では無いのだが、どうにもモヤモヤとしてしまった部分だ。「全体としては面白いとは思うのだが、細かい不徹底が気になってガッカリしてしまった」というのはシン・ゴジラ全体に対する不満でもあるので、その意味でも言及しておいた。

 

 

石原さとみキャラが明らかに浮いている

 これは褒めている人の中でも言及している人がチラホラ散見されたが、カヨコのキャラクターリアリティラインを高めに設定しているこの映画の中で明らかに一人浮いているように感じられてかなり気持ち悪かった。正直ここまで不自然に浮いたキャラクターをこの映画に投入した作劇意図がよく分からない。

 とある感想で、「カヨコの突飛なキャラクターによりリアリティラインが下がったために、その後のヤシオリ作戦が受入れやすくなっている」という説明があったが、ちょっと納得しづらい。ヤシオリ作戦はかなり無茶な内容の作戦ではあるものの、劇中の他の展開で「これしか残された作戦はない」という納得感は十分作れており、カヨコの存在が無くても十分受け入れられたと思う。そもそも、対ゴジラ作戦リアリティライン登場人物ドラマリアリティラインとは(相関してはいるだろうが)別の話であり、突飛なキャラクターいるからと言って突飛な作戦が受入れやすくなるものだろうか? 単に「不自然に浮いたキャラがいた」というだけに見える。

 全体通して極めて「大人」な登場人物物語が進んでいるだけに「なんでこんなキャラクターを入れて雰囲気ぶち壊すんだろう?」と感じた。

 

 

・ヤシオリ作戦について

 当のヤシオリ作戦についてであるが、例の無人在来線爆弾など独特のケレン味の魅力は確かに素晴らしいとは思うのだが、最後の決着の味気の無さが気になった。有り体に言うと「ショボい」。

 意図自体は分かる。派手な秘密兵器などを使うのでなく、人々の地道な対策奔走による勝利を描きたかったのだろう。だが、結局それと特撮的な絵の盛り上がりとバッティングしてしまっているのは悪手だったのではないかもっと同じ演出意図を満たしながらも、絵的に迫力あって盛り上がる「決着」を描く方法が何か無かったのだろうか、というのがどうしても不満。

 注入量を読み上げる緊迫感あるシーンで、「放水した分を全て飲んだ計算して大丈夫なのか?」「そもそもあの生物「口からモノを飲む」という習性自体あるのか?」などの疑問が脳裏をよぎってしまったが、そうした疑問ももっと絵的な盛り上がりがあれば勢いで誤魔化されていたのにな、と思うので、ここも「悪くは無いんだけど、もう一歩足りないなあ」と感じた部分。

 加えて、ヤシオリ作戦に関しては、矢口の陣頭指揮の部分にも中途半端さに違和感があり、これまで徹底して「対策室で対応する政治家」を描いてきて、結局最後は「主人公現場の陣頭指揮を取りに行く」というのを描くのか、というのに少し落胆した。せめて矢口本人が言うように「自分現場にいる事で出来た微妙判断」が描かれていればスッキリはしたかも知れない。まあそれをやると矢口ヒーローっぽくなりすぎるきらいがあるのでまた違うんだろうなとは思うのだが。

 

 

・「国」のアピール

 別に国威掲揚だ」とか「日本スゴイきめー」だとか言うつもりは無いが、そうでなくても妙に「国」や「日本」のセリフ唐突さというか、無理やり挿入した感があって首を捻った。矢口の「皆休まず熱心に仕事してくれる」から「この国はまだまだやれる」のセリフに繋がるのに飛躍を感じる。前段階として「政治家としてこの国に失望しかけていた矢口」という描写でもあればドラマとして納得しやすくはあったのだが、そういう個人ドラマフォーカスする映画では無かった。「ニッポンゴジラ」というテーマのために無理に接続した感がある。

 また、これも同意見を多少ネットで見られたが、総体としての「日本」とゴジラとの戦いを描くのがテーマであるのであれば、あそこまで「東京」のみの話に終始したというのはどうなのだろうと思う。劇中でモブセリフ地方軽視へのエクスキューズ台詞があったが、正直言い訳程度にしか感じられず、物語として組み入れられてはいなかった。話を2時間にまとめることを考えれば、そこまで舞台拡散させるのは難しいというのは分かるが、映画全体で「日本」や「国」を強くアピールしていた事との整合性がとれていなかったように思う。

 

 

 

 他、細かい部分は置いといて、強く気になったのは以上の点だ。

 「細かい事を気にしすぎ」と言われるかも知れない(というか知人に話したらそう言われた)が、気になってしまったのだから仕方ない。面白かったは面白かったが、改善できそうな部分、徹底されていない部分がチラついてしまった、というのは何度も繰り返す通り。「大傑作」の評に期待して見に行ったため、「ここがクリアされてないのか…」というガッカリが先行してしまったきらいはある。

 リアルの知人と言い合いになっても後味悪いので、増田で一通り吐き出させてもらった。以上。

 

 

<追記>

続きと種明かし

http://anond.hatelabo.jp/20160822181856

きじゃない人と妥協でダラダラ付き合って結婚指輪まで買ってマンションまで一緒に住むかな

きじゃなかったんなら初めから付き合わなきゃ良かっただけだよね

私の5年間返して

私はあなた母親じゃない

あなたから交際を申し込まれマンションまで買って、

婚約関係にあったんですが

都合のいい話にしないでくださいね

2016-08-19

http://anond.hatelabo.jp/20160819161718

そうだな、例えば年収1000万ぽっちで六本木の高級マンションに住んで、

その結果家賃税金収入の大半を費やしてしまうのも貧困と言えるだろう

なんでそんなところに住むんだって言われても色々事情があるだろ

2016-08-15

壊すつもりがない家庭の罠

夫とはもう3年くらい全く関係がない。

夫は月に1~2回は挨拶のように求めてくるのだが、私がその気になれないのだ。



何故か。


夫はかなりの肥満なのだ



夫は、顔は普通くらいだし、頭ははっきり言って良い。話も合う。

収入も十分で、共働きということもあって都心湾岸部の高層マンションに住むことができている。

子どもも2人いて、幸い、みな保育園に入れることもできている。

世間的にはいわゆる満足すべき配偶者なのだろうし、もちろん、離婚するつもりはない。

この生活は手放せない。




しかし私はデブとは交わりたくないのだ。

別に結婚してからデブになったわけではないので、結婚前そして出産前は普通にしていた。

30過ぎて、結婚を焦っていたという要素もあるだろうが、その時は問題なかったのだ。

が、ある時期からどうしても夫と肌を重ねることが嫌になった。

今では生理的嫌悪感に近いレベル




そんな私であるが、別に性欲がないわけではない。

容姿も多分人並み以上ではあり、保育園保護者行事などでは、子どもを連れたパパからよく話しかけられる。

子どもを2人生んだにしては、スタイルもまだそれなりで、くびれはあるし、胸のカップはE。

30後半に入って少し垂れ始めたし、乳首は濃い茶色になってしまったが需要はある。




なんで需要があると言い切れるかというと、近所のパパ友と親密なお付き合い、いわゆるご近所不倫をしているからだ。

最初に付き合ったのは、同じマンションの低層階に住んでいる東大卒40代。上の子保育園同級生のお父さん。

新しい彼は、お向かいタワーマンションの高層階に住んでいる30代弁護士。下の子の同じく保育園同級生のお父さん。

2人とも無論やせており、しかマッチョである。素晴らしい。




同時進行してて、月に1~2度逢瀬を重ねているが、たぶん関係者皆にバレてない。

それぞれ奥さまとは子どもが生まれて以来ご無沙汰らしく、私との時には体にむしゃぶりついてくる。

会うのは自室。タワーマンション密室性、匿名性は有効だ。

もちろん、茶色くなってしまった乳首も好評だ。可愛い、きれいだと褒めてくれる。

夫と違って、精力は強くないので、一度の逢瀬で一回果てるとおしまい

まかり間違えて妊娠などしないように、ピルは飲んでいるが、相手にも基本ゴムをつけさせている。

時折「安全日だからいいよっ」て言ってあげると満面の笑みで喜ぶのが、男って高学歴でも馬鹿なのねと思わせる。

まあそんなことは、同じくらい高学歴なのにゴム付けない主義者の夫を見てるとつくづくわかることではあるのだが。

病気とか妊娠とかよりも目の前の快楽を優先する頭の悪さと、高いレベルの知性が両立しているのは何かの奇跡とすら思う。





向こうの奥さまもよく知っている。低層階の彼の奥さまも、弁護士の奥さまもどちらも有名大学卒の専門職

ご主人のお仕事が忙しいので仕事セーブされているが、独身の頃は相当稼いでいたと思う。そこは私も同じだが。

お二人ともかなりの美人だが、スタイルはどちらも棒のようなやせっぽちなので、そこが私と違うところ。

そういうお相手から彼氏2人とも奥さまと別れるつもりは全くない。

お互いの家庭を壊すつもりは関係者皆にないので、かえって安心して恋愛ゲームにのめりこめるというものだ。




そんな状況で、夫がこの2~3か月ほど、私を求めてこなくなった。



調べてみたら、ほぼ偶然だろうが、私の不倫相手の奥さま2人と会っているらしい。

探偵から報告書を読んで、怒りで思わず目の前が真っ暗になった。血が頭に上がるってこのことかと思った。

それでも裏付けに、彼女たちの大学同級生のつてをたどって聞いてみた。

それぞれ別々に口をそろえて、ご主人は性欲も薄くやる気がしないが、私の夫は何度も求めてくるので女としての実感があるのだそうだ。

わずデブは性欲が強いんだよっ、と毒づいたが後の祭り

でも主人にも、相手の奥様方にも家庭を壊す動機はない。

変なバランスで、このゆがんだ関係、しばらく続きそうで、きわめて腹立たしい。

あんデブに喜んで股を開く口の軽い売女め、いつか目にもの見せてやる。




でもどうやって?

植松はやまゆり園の入所者を襲って悪者になったけど

電話営業してくる不動産屋を襲撃してれば英雄になったと思う

さっき株式会社レイシスかいうところから電話がかかってきて本当に気分が悪い

ひどい滑舌ほとんど何を言っているのかわけがからず、不動産屋の営業税金対策マンションを売っているということがいくつかの単語を拾って推理することでかろうじて分かったので、興味がないと言って断った

だがまるで聞く耳をもたず、資料を送りつけてくるという

必要ないので何も送ってよこさないでくださいと断った

それでも送りつけてくるという

読めば分かるという

こいつらが死ねばよかったのにと思う

2016-08-13

マンション買おうかと

モデルルーム行ってきたんだけどさ

自分より年下の子供みたいなセールスマンで、期限は今日の12時までですとか

今月末までが契約でとか、遅くしてもメリットは無いですよーとか、そんなんばっかり。

お勤め先は立派ですねぇ、それならローンは絶対大丈夫ですよー、そんな頭金あるなんて他にはないですよーとか

見え透いたおべんちゃらばっかりで、なんか家買ってください的な説得力全然ないの。

だって金返すの俺だし。お前じゃ無いし。

あかんわ。愚痴をここに書き出してみたら、なんだかさらにどうでもよくなってきた。

なんつーのか、一生もんの高い買い物するのに、あんなガキみたいなセールスと話しして決めるのって

ホント自分に対して説得力ないわ。

明日行きますって言っといたけどやめまーす。やめますよー。朝電話しまーす。

なんとか細胞はありまーっす ってぐらいどうでもよくなってきた。

あの会社セールスマンの配置考えたほうが良いわ。

場所とかすごい魅力なんだけど、なんだかものすごいウンコなのよ。

売れ筋からヘッポコでも売れちゃうから良いと思ってるんだろうけど、

生モノを買おうとしてるのに、そんなワカモノセールスマンって

なんだか嫌なの。

生理的に。

明日はいつも通り日曜天国聴きながらダラダラしよう。

そうしよう。

http://anond.hatelabo.jp/20160812203238

初めて投稿します。

「上位10%」かどうかはさておき、配当金で年6000万円ほどの収入がある者です。不労所得と思われるかもしれませんが、先代が戦時中に苦労して築いた財産です。狭い世界なので詳しくは言えませんが、環境保護に関わる仕事もしています

元増田(というのでしょうか、スレッドを立てられた方)である上場企業の方と、似たような立場かと思います

皆さんは「格差社会」「階級社会」を議論されていますが、私はそういうもの存在を信じておりません。はてなを見ている皆さんは、正確には分かりませんが、年収600万円くらいでしょうか。それなら10倍差があると思われるかもしれませんが、私は毎年の生活費を600万円に抑えているのです!(付き合いなどで出費が増えたときでも、その倍くらい)

しかに我々の想像を絶するような資産家の方がいることも存じております。ですが、それは別世界のこと。私は質素であること、倹約に努めることを信条にしており、お手伝いの方々にも徹底してもらっています

もちろん、中には「自分年収300万円しかない。それでも格差はないというか」とお怒りの方もおられるでしょう。ですが、ちょっと考え方を変えてほしいのです。たとえば、馬主になりたいとしますよね? たしかに個人馬主登録には2年連続で1700万円の所得と7500万円以上の資産必要です。これは上場企業にお勤めの方や、不動産をお持ちの方でも容易な条件ではありません。

しかし「一口馬主」であれば、10万円、20万円といった少額から出資できるのです。年収300万円しかなく、はてなで「底辺」と蔑まれる方でも、無理のない範囲ゲームに参加できるのです。

競馬になど興味がない、という方もいらっしゃるでしょう。株なら「ミニ株」「カバードワラント」といった方法があります不動産投資も、いきなりマンション一棟を買うのではなく「REITから始めることができます。「底辺」の最後の一人の方にまで、しっかりと門戸は開かれている。あとは一歩を踏み出すだけ、と思うのは私だけでしょうか。

2016-08-12

東京保育所問題通勤地獄を何とかしたかったら

必ず要るのは移り住んでくる人口を減らすことだろ

1. 何か政策打つ

2. たまに有効なのがある

3. 「なーんだ東京って住み良いらしいじゃーん、引っ越すか♪」

4. 政策効果が出る前の状態に戻る

5. 1に戻って以下繰り返し

地域建築基準コントロールして新規マンション建設を減らすとかして移入人口の受け皿をある程度絞れば、小さい子どものいる世帯が減って保育所に余裕が出ると思うんだけど。満員電車も同じ手でいつかは和らぐ。

で、その世代東京以外に居場所開拓し始めれば、いつかはそこが文化経済のコアとしての役割を一部引き受け始める

もうこれでいいじゃん

この策が出来ない理由はいいから、これをどうやったらできるか考えてくれ

えらい人、あるいはみんな

http://anond.hatelabo.jp/20160811160732

残念だが、都会で触れあいに飢えた今時の若い人は、そういうコミュニティー活動大好きなんだよな。

しかもみんなで頑張ったあとのご飯がうまい!お米がうまい野菜うまい空気うまい!といちいち感動する。

運動会を楽しめない君が都会にいったほうが良さそうだ。

でも東京だって子どもがいるとPTA役員だの一人一役だの通学路の旗振りだのあって、何かしらコミュニティー義務ってあるんだよ。

マンション住まいならなおさらだ

2016-08-09

最新のオーブンレンジの使い勝手の悪さにビックリした

15年位前に買ったオーブンレンジがついに壊れたのでヨドバシに新しいオーブンレンジを買いに行った。


特に料理はしない」「トーストが焼けて弁当冷凍食品が暖められればいい」という条件を店員に伝えたら最新型の3万くらいのシャープ製のオーブンレンジを勧められた。

事前の説明で「内部に鉄板を入れてその上に食パンをのせますトーストは両面焼きの設定があって、一定時間たったら裏返してください」と言われて

「いや、面倒くさいので片面焼きで出来ますか?」と言ったら

「まあ普通に焼けば片面でも出来ますよ」と言われて、じゃあいいやと思って購入。


で、実際焼いてみたら鉄板が熱くて触れない。しょうがないので近くのふきんで鉄板をずらしてパンを取り出しているのだが、これが毎回めんどくさくてしょうがない。

前のオーブンレンジだったら鉄板自体が無くて、そのまま中にポンと置いて5分焼けばそのままパンだけ取り出せたのを、鉄板があることで一個余計な手間がかかる。

これで両面焼きしようと思ったら、時間が来たらレンジの前に行っていちいち布手袋はめて鉄板をずらして食パンを裏返して、また一定時間焼いて終わったらまた布手袋はめて鉄板をずらして食パンを取り出さなければならない。

この忙しい朝の時間トーストときにそんな手間かけられるかよ。


そして驚くことにレンジ機能を使う時は鉄板を外さなければならない。

ウチは一人暮らしの狭いマンションなのでキッチン周りは狭い。鉄板を置く場所なんてほぼ無く、戸棚にしましかないのだが

トーストを焼く度に戸棚から鉄板を取り出す手間がもう一個増えてしまう。


まりトースト焼こうかな、と思ったら戸棚から鉄板を取り出してトーストを置いて焼き、焼き終わったら布手袋をはめてトーストを取り出し、最後に戸棚に鉄板しまう、という手間をかけなければならない。

15年前のオーブンレンジだったら中に食パン置いて焼き上がったらそのまま取り出して終わりだったのに。


いや、そんなの買う前に確認しとけよ、と言われるかもしれないが、店員から聞いた時点でそんな手間がかかるなんて考えもしなかったんだよ。

開設書には色々な料理ができるとうたってて、色々な料理ができるようにするために鉄板をつけているみたいだが、俺にはそんな機能いらねーっつーの。


とにかく鉄板がジャマでしょうがない。鉄板この野郎。アホが。

2016-08-06

http://anond.hatelabo.jp/20160805122423

はーいはーいはーい、俺も俺も俺も!

ってことで、何番煎じ目かのシン・ゴジラ感想を(以下略

ざっくり言えば、良かった(ざっくりすぎ)。

もう一度見に行きたい。

近年、そういう映画にはとんと当たってなかったので。

ただ反面、疑問点や、ちょっとリアリティーに欠けたかなという点も。

この映画のすごいところは、そういった点すら減点要素にはなりえないところ。

以下に記す。

(※個人の感想です

キャッチコピーニッポンゴジラ」なんだけど

 なんというか「トーキョー対ゴジラ」のような印象。

 政府自衛隊日本っていう国のもんなんだけどさ、

 「ニッポン対」っていう割には、東京(と関東地方)以外の土地が不自然なくらい出てこない。

 5秒くらいインサートされる「ヒロシマ」「ナガサキ」の写真くらいじゃない?

 よその土地が出てくるの。

 中盤、ゴジラくんったら東京のど真ん中であれだけ盛大に火吐いてるからキー局機能は失われてしまってるはずなのに

 何事も無かったのかのように放送が続いている。

 (例えば、「最終兵器彼女」なんかだと、テレビ放送機能なんかは失われていく描写だよね)

 ということは、関西準キー局あたりの支援を借りているはず。

 だけど、そういう描写はない。

 別に無いなら無いで、ストーリーテリングの上で絶対不可欠というもんでもないし、構わないんだけど

 この映画が紐つけられる「3.11」以降という文脈でいうと、首都一極集中型のこの国で

 首都機能を失ってしまったときどーするの?っていうこの国の弱点がなんの議論もされずに残されているという問題がありまして、

 そこに関する見解が何も提示されていないという腑に落ちなさは少々残りました。

 (とはいえ「3.11」云々は作り手側が喧伝しているというより、受け手勝手に関連付けてるだけとも言えるので、

  いちゃもんみたいなものに過ぎないのかもしれませんが…)

東京原爆を落とすという国連アメリカ傀儡)決議がされたときに、登場人物の誰もが怒りに震えてるんだけど、

 個人的にはあまりその怒りを(日本人なのに)自分のものとしては感じられなかった。

 「ヒロシマ」「ナガサキ」に続く、3発目の原爆をこの国に落とそうということに憤っていらっしゃるようですが

 1発目、2発目とは状況も意味も違うので。

 もちろん生死という概念すら凌駕している可能性のある最強生物に対して原爆というある種レガシー兵器通用するかという

 疑問はあるんだが犠牲者計画の段から見込まないといけない「ヤシオリ作戦」よりも、原爆投下の方がはるかスマートなやり方のような気がした。

 むしろ、Hatenarとして折に触れて見聞きする機会のある「東京対地方」論で、いつも散々にこきおろされる「地方」にいる身としては

 「ざまあみさらせトーキョー民!おごりくさった天罰じゃ!!」くらいのことは感じました。スッキリ

 …というくらい、「東京」と「地方」が分断されてしまってる現状、

 やっぱり「ニッポン対」っていうよりは、「トーキョー対」にしてくれた方がすっきりするな。

 

けど、街が壊されていく様子とか、人が逃げ惑う姿、この映画の核と言える描写リアルさはシリーズ随一だと感じた

(とくに船が積み重なっていく様子とか、押しつぶされたマンションの中にいる住人が流されていくカットとか)。

当方東日本大震災が発生した時に震度1すら観測されなかった西日本の街に住んでいて、「3.11」という言葉にあまり

リアリティーを感じてなかったんだけど、

そんな人間でもこの作品を見て、あの日の記憶から逃げられないんだと感じた。

それほどあの地震が残した爪痕は大きいということを思い知った。

地震発生後からずっとNHKUSTを見ていた。

お台場燃えている→東北被害激しいらしい→津波が来るぞ!逃げて→(絶句…)→原発が危ないらしい!→ハーイ/

ここまで24時間未満。パソコンの前に噛り付いて動けなかった。

実際、関東大震災の記録も集めてみると範囲も広いし、被害東日本大震災匹敵するほど大きい。

原爆被害だってそうだ。

にも関わらず、この3.11日本人にとって特別大きく感じるその理由は、

ビデオ技術(ここでは単に映像なのではない、フィルムではなし得ないほどの情報量もつメディア)が開発されて

リアルタイムでその映像をやり取りできるほどの高速ネットワーク回線というものがそろった後の時代において、

この国が迎える、初めての破局的な災害だったからだという側面もある。

そういえば911が起こるまで、200mを超えた高層建築が実際、どんな風に崩れるかなんて人類の誰一人として想像できなかっただろう。

そういう意味では初代ゴジラ以降、60年余の間に人類アーカイブしてきた全ての映像が、庵野秀明という最終アンカーの目を通して

この映画には生きている。この映画が獲得したリアリティーとは、つまるとこそういうことだと思うんだ。

こちらからは以上です

マンションの緊急連絡用無線

マンションホールでやるレクリエーションの案内を、当日に緊急連絡用の無線で全棟に流すのはありなのか?

自室で静かに映画音楽読書等を楽しんでいる人に対して、嫌がらせしかないと思うのだが。

張り紙やチラシで告知しておいて、あとは自由参加に委ねるというのが筋なのでは。

苛立つわぁ。

2016-08-05

物事の敷居

今の夢はペット化のマンションで猫を飼うこと。

上記の夢を実現するにあたり、下記は必要だと考えている。

正社員手取り25くらい(安定した収入で猫も安心)

・夜は8時くらいには帰れる(規則的な猫飯の提供)

ペット可物件(横の住人がペット嫌いのヒステリックな人だとうちの猫危険)

一人暮らしの恐怖(実家から出たことない)

・食費?(どのくらいかかるのか分からない)

などなど考えれば考えるほど、敷居が高い

でも世の中には上の条件を無視してスっと一人暮らしと猫を飼うということを実現する人もいるよね。

スっと実現する人の方が多分うまく生きていけると思うんだ、猫を飼った当初は最悪でもそれに見合うように奮起すると思うから

一人暮らしして、猫飼うかー。

http://anond.hatelabo.jp/20160805152214

マンションじゃなくて商業施設での経験だけど、

自分は4階にいるとして、

エレベーターは1階から9階まで上がる(既に人が乗ってる)場合



1-a)「↑」ボタンを押して待っていると4階で止まって扉が開く

1-b)「↓」ボタンを押して待っていると4階を通過して9階まで行って、下りの時に4階で扉が開く

となってる気がする。



複数台のエレベーターがある場合は、

2-a)「↑」ボタンだと下から上がってくるほうが4階で止まる

2-b)「↓」ボタンだと上から下りてくるほうが4階で止まる

ような気がする。



あくまでも経験則だけど。