「サバイバル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サバイバルとは

2017-04-21

http://anond.hatelabo.jp/20170421150925

一つ良いことを教えておいてやろう

サバイバルやるなら野鳥の会の連中はとても危険から近寄るなよ

イノシシよりも凶暴な上に執念深いので、殺し合いになっても驚かない

里山双眼鏡を手にしてるやつがいたら関わらず逃げろ

忠告たからな

日本サバイバル

日本サバイバルする場合は魚を釣って焼いて食うのがベストなのだろうか

しかし敵も多そうだ

山で鳥を捕まえて食うのが良いのだろうか

2017-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20170418224525

そもそもあいつら、自分弱者だと思ってんのかねえ



元増田も「私は働かないと食えない可哀想弱者なんだから、働かなくても食えるセレブ専業主婦たちは私を助けてくれるべきでしょ」的な主張ってなら

まだ分からんでもないけど、そうじゃないやん

「優秀なアテクシはPTAなんてくだらない仕事はやってる暇ないの、それは暇で無能専業主婦がやるべき」って主張だよねこ



どっちかっつーと「自分他人より偉いんだから、周りは自分を他の無能人間共より優先すべき」的な「選民思想」じゃないか

ラディフェミの「移民輸入して安くシッターや家政婦としてこき使え」ってのも

移民より自分は優れているからそういう扱いをされるべき人間であるべき、と言う思想が含まれてるのは明らかだし



ただそれと同時に「自分は男より不当に差別されている」と言う鬱屈も含まれているんだろう、と思う

「男と比べたら弱者だが、女の中では強者」と言う立ち位置なのかな

そこから出て来るサバイバル策が「男には逆らわず、他の女を奴隷扱いする事で『女の最上位』『名誉男性』を目指す」になっているのは、何だかなあと思うけれど



高齢者ヘイトやってんのは、もっと分かりやすいんだけどね

PTAもジジババにやらせとけってのは

世代格差高齢者ばかりが得をして俺たち若者は損をしている、高齢者強者で俺たち若者弱者だ、

からジジババは若者の為に働け」ってな意味だろうし、主張としては単純

2017-04-12

対策も書いておくね

元増田ですよ。

元で書いたのは煽りでも期待でもなんでもない。

悲観的に現実をとらえて、家族を守る方法を考えていただけだ。

俺には2歳の娘がいる。

戦争なんか起きて欲しくない。




しかし、戦争 (呼び方が不適なら、半島の爆撃と日韓でのテロミサイルテロ) があるかもしれないのは事実なので、じゃあ我々に何ができるか?


まず、テロミサイルがあっても、日本が滅びることはないし、国家占領されたり、着弾地点以外は焼け野原になったりすることはないと思う。

あくまで、大災害程度の認識でいい。

まり、1か月程度しのげば、復旧する可能性が高いと言う前提。



それで考えると、言えることは災害対策犯罪対策マニュアルしかならないが、以下の通り。

1. 水、食料の備蓄

2. 非常用持ち出し袋の用意。薬や防寒具等も含む。

3. 家族との待ち合わせ場所を定めておく

4. 不用意に人混みに行かない。通勤ラッシュはできるだけ時間をずらす。1時間早めに出るとか。

5. 近所の避難所確認

6. ミサイル警報が出て着弾までおそらく3、4分なので、その間の動きをイメトレ。津波来たらどう動くかイメトレみたいなもん。家や職場の方が安全かも?直撃は諦めるしかない。

7. 他県への避難先を可能なら確保しておく

8. 核、化学兵器、応急処置サバイバル術に関して正しい知識を持つ。可能なら持ち出し袋にそんな本でも入れておく

9. 保険内容、金融資産見直し

10. 知らない人から荷物を受け取らない

11. 不審荷物があれば触らず離れて駅員を呼ぶ

12. 情報の正誤の確認




そんなもんかな?

ではみなさん、生き抜きましょう。

幸運を祈る。



http://anond.hatelabo.jp/20170412085744

2017-03-17

予防線語源

なんで線なんだろう。サバイバルものによくある紐に空き缶つけて敵が襲来するとカラカラと音がなるやつが予防線なのか。

2017-02-23

サバイバルファミリー ☆☆

タイトルに騙されました。

てっきりsabacurryさんが威張る映画なんだ、そうでないとしてもサーバルちゃんが出てくるんじゃないか? と思ったら全然そんなことなくて、予告編では小日向文世面白おかしサバイバルする喜劇だと思ったら、割とガチ方面日本沈没パニック映画でした。

電気が全く使えなくなって時計すら動かなくなるんですが、ゼンマイ時計とかあるやろ? みたいなのはスルー

水と食料の確保が映画においての大体のテーマです。水が確保できなくなった時はバッテリー補充液を飲めばいい(ただの精製水だから)という豆知識はかなり役に立ちそうな気がします。

評価

服が汚れるという描写はあるのにパンツに関しての言及はおろかパンツ映像も出てきません。故に評価は星二つです。

2017-02-09

無人島になにをもっていくか?(救助来ない前提)」

10代…スマホ(バカから)

20代ライターとか塩とかナイフとか(サバイバルする気満々若いから)

・30代…好きな本(スピリチュアルに走る危ない年だから)

40代個人差が激しい(病気持ちには薬が要るし腰が痛いやつはサポーター要るとか色々あるから)

・50代…孫(バカから)

・60代…なにもいらない(死ぬもよしだしうるさくいう人間もいない、せいぜい人生余暇をここで過ごせば幸せ)

だいだいあってるとおもうがどうですか

2017-02-08

人造人間17号と18号

宇宙サバイバル編で戦うらしいが、そろそろちゃんとした名前で呼んであげろよ。恨みのあるドクターゲロに付けられた名前をいつまで使い続けるんだ

2017-01-29

[]イース8 プレイ日記10

クリアした

ドーピング稼ぎ少しやってみたけどそこそこ時間かかりそうだったからとりあえずクリアしよと思って先にクリアしたら案の定満足して起動すらしてない

クリア前にやりこみたくなったら先にクリアしたほうがいいな自分場合

終盤のRPGありがちな超展開は正直微妙ではあったけど、それでもそれなりにまとめて終わったからすごくよかった

前半のサバイバルはよかったけど後半がゼノギアスディスク2みたいになってたら残念だったけどそんなことはなかった

エンディングまであとすこしってところで、本当に終わらせるのが名残惜しくて村のみんなと別れるのがリアルさびしく感じた

それほどこの1ヶ月の冒険は濃密だった

そう、冒険をした感覚がすごくあったゲームだった

年取っていろいろめんどくなった今ですらそう感じさせてくれたからほんとすごい

久しぶりにディスガイアみたいな作業じゃなくはまってプレイすることができた

正直3Dアクションカメラワーク微妙ときもあったけど、この後に戦国無双2HDやったらあっちのカメラどころかアクション、移動速度のもっさり感ひどくてワロタ

また数年たったらやりたいな

しかマルチエンディングなのはいいが真EDよりもバッドのほうが目指すの難しいってどゆことだよ

俺のリコッタ後日談行方不明なのがちょっと気になったけど・・

携帯機なのに据え置き並のダンジョンマップ量でコピペもないし、高いところ登っていくところはリアルに手に汗握ったし

イースの名に恥じないすばらしい出来だった

ただロードがなあ・・・開始時はまだしも、マップ切り替えのロードが長すぎる

せめて拠点ではロードなしにしてほしかった

頻繁に行き来するのにロードうざいからもういいやってなるのがほんとイライラした

狭っ苦しいのになんであんロード入れるつくりにしたんだろ

PS4ならロードないらしいけど

マルチするならvitaでもそこ気を使ってほしかったなー

でもそれを差し引いてもすばらしく面白かったわー

vita買ってほんとよかった

2017-01-28

草生やすな(くさき やすな)

埼玉秘境で育った。

語尾は「ですな~ん」。銘菓五家宝サバイバル携帯食で、山に入る時は常備。

山道管理には厳しく、草の一本ですら獣道に生えることを許さない。

自称熊谷直実の子孫で優れた弓の腕を持ち、山猿やシカ、クマイノシシ捕獲

将来はURAWA48を結成してトップアイドル上り詰める夢がある。

ショートボブで太眉、栗毛ロリ顔の16歳。

2017-01-17

[]イース8 プレイ日記1

せっかくだから日記つけよう

もう半分クリアしちゃったけど

最初は船のシーンでアドルが船員のバイトみたいなのしてるとこから始まる

見回りしてるときに船に触手が襲ってきて船は沈没

近くのセイレン島に流れ着く

そこでは船長とかドギもいて漂流村っつう拠点作ってそこでサバイバルしていくことになる

ラクシャっていう貴族お嬢様、サハドっていう大雑把だが気弱な漁師も仲間になる

運びやだという素性以外何も明かさなあやしいヒュンメルって男も仲間になったり外れたりする

仕立て屋とか鍛冶屋とか医者とかの漂流民が都合よくいたから、漂流村はだんだん充実していく

しか古代種っていう古代恐竜普通武器じゃ歯が立たない)と、

巷を騒がせていた切り裂き魔が同時に現れて不穏な空気になる

前者は古代種にも有効金属を見つけてそれで倒せた

後者は人当たりのいい善人(すぎて逆に怪しい)の医者犯人だったが、最後古代種に食われて死んだ

次は島脱出を試みることに

ひょうりゅうむらのある島南部だけでなく、北部にも足をのばして探検しようということになる

一方アドルは夜な夜な夢の中でダーナという少女の夢を見ていた・・・



移動シーンでカメラがすごくアドルに近くて周りが見えづらくて移動しづらくて、

こりゃ駄作かなと思ってしまったくらい船での一連のイベントはクソだった

でも島についてからは引いたカメラになって見やすくなった

ダブル主人公という割にはダーナがまだそれほど出てこない

でも夢の話はだらだらとなる前にさらっと終わるのはうまいと思った

昨日は古代種を新しい金属で倒して、北へ向かうための山越えをしてボス倒したところまで

新しい金属入手するあたりでリコッタっていう元野生児が仲間になるけどこいつめっちゃかわいくて使いやすくてこいつばっかつかってる

攻撃属性サハドと同じだしもう即サハドクビにしたったわ

キャラとしてはサハドも嫌いじゃないけど、リコッタにはかないませんわ

幼女上半身オーバーオールですから・・・

2017-01-16

ホラー小説面白いやつが売れてない。

絶対に100%面白いと言えるのに、売れてないホラー小説がいくつかある。

  

①『だからドロシー帰っておいで』

なぜこれが売れなかったのが理解できないくら面白くて怖い。

主人公は単なる中年主婦なんだが、一方では脳内では「オズの魔法使い」の世界体験している。

主人公は次々と殺人をしていくんだけど、脳内ではキレイオズの魔法使い的な解釈で進んでいる。

オズの魔法使いでの出来事が、逆にリアルではどうなっているのか?はあまり細部まで語られないが、主人公を追う刑事などの描写でハッキリする。

イケてない中年主婦描写がまた陰険面白い

ラストちょっと意外というか、無理やりな感じでまた面白い

  

②『x雨』

能力者となる子供たちは、ある時から、「雨」を感じることとなる。

普段普通学生として過ごしているのだけど、みんなには感じない「雨」を感じるため、常にジトジトしており、そのうち雨にのまれて死んでしまうことになる。

彼らは能力を使って色々やっていく。

というストーリーなんだけど。

これを語ってる人物というのが、この能力者の1人という設定なんだが。

それを聞いてる聞き手ってのが、このx雨の作者そのもの

そして、ラスト近くで、語り手の能力者の嘘を見破るんだけど。

その瞬間から、作者も狂い出す。

作者が狂いだすから最後の方は小説自体が破たんして、小説形式すら取れなくなり。

最期はこの本を出版する出版社への手紙的な形で終わる。

結局、能力者のストーリーはどうなってるんだ?っていう謎ばかりが続く作品

  

③『パティ宇宙旅行日記

児童文庫なんだけど、ムチャクチャ怖い。

地球が滅亡し、人類は何十人か1組で、宇宙船に乗せられる。

持ち物は一人1つだけ。主人公のパティは真っ白な何も書いていない本を持っていく。

漂流した先の星で、サバイバルが始まるんだけど、どーしてもこーしても、移住に適していない星っぽい。

しかし、この星でうまくやらねば、死んでしまう。

そういう感じの話なんだけど。

絶望に突き落としまくるんだなこれが。

  

④『夢魘祓い

最初読んだときは、単なるラノベじゃねーかって感じだったんだよ。

夢で悪さする奴を退治できる女の子と、それを支える男の子っていう。

なんでホラーとして出てるのかわからなかったんだけど。

2回目読んだら、スンゲーホラーだわ。

夢で悪さされる人の人生、ムチャクチャになってんじゃねーかって。

怖さのベクトルおかしいんだよな。

ウシジマくん的な怖さ。

  

2017-01-15

けものフレンズ』の素晴らしさ

けものフレンズの一話を見て、大変素晴らしいアニメ出会えたと思ったのでメモしておく。



このアニメに対する事前知識ゼロ。だが、見てよかった。



立派な深夜アニメだと思って見れば、たしかキャラの見た目が3Dで安っぽい。

だが、ニコ動MMDだと思えば大変に良い出来じゃないか。立派なアニメ京アニでも動画工房でも、そんなところに任せておけば良い。自分が求めていたのは素朴だが味わい深い同人アニメに対する出会いのようなものなんだよ!



このアニメでは、サバンナの広大な空の下に、人間ケモノほとんど二人っきり。

一方自分オフィス残業して納期に追われて満員電車で帰ってきたんだ。

から画面が寂しいなんて言わせない。

オフィスとは正反対世界水平線まで続く荒涼とした大地を思い出すような、自然あふれる開放的世界観ケモノたちはどこまでも自由



このアニメストーリーには出会いキャラ紹介、小さな冒険、困難の克服、別れ(そして再び出会い)という基本ツボをしっかり押さえてる。

まるで、NHK教育でやっている子供向けアニメを見ているような安心感がある。

ただし、作中の中で「この世界の掟は、自分の身は自分で守ること」というセリフを聞いて、職場を思い出した。

職場ではサバイバル必要なんだよなあ...



登場キャラが全部バカすぎる。カバもいたけど。

人をだますことを知らないような純朴で単純なキャラたち。まさにケモノ。だが、それでいい。仕事に疲れて帰ってきたら、アニメのなかでは駆け引き勝負交渉も見たくない。ただ、優しい単純さを見てアタマを使わずアニメボケーっとみたい。それを満たしてくれるのが『けものフレンズ』だ。



ところで、主人公人間はなにも知らない、しかカバンを持っている。きっとあのカバンには「文明」が詰まっているに違いない。プロメテウス人間に火を与え、そして人間文明サバンナを圧倒し、世界支配者になる。そんなストーリーにはなってほしくないぞ。

2016-12-25

http://anond.hatelabo.jp/20161224211629

ななめ読みだが

人のためといっても最終的には自分のためであり、

犯人が苦しむのは自分が重刑を望んだ結果だからという自責の念

かられたくないから、あなたはそう言っているわけで、

蚊に刺されても手で押しつぶさないのは、殺してしまったという

自責の念かられたくないから。

そんな甘い考えをしているからまた蚊に刺される。(これは比喩です、わかりますね?)

痒くなりたくなければ、蚊取り線香をたくなり、見つけた瞬間に殺すなり

するしかない。

犯人人間だなんて考えなくていい。ただの有害物質だ。

やらなければやられるんだ。この世はそんなに甘くない。

生き残るためのサバイバルを我々は常にしているのだ。

と、ここまで書きつつ、トピ主が生き残るための手段として、

犯人を罰しないという選択をしているのであれば、だれがその判断

咎めることができようか。いやできないと言う他ない。

最後一言だけ。

悪いことをしたら罰を与えることでしか人は学ばない。

罰を受けないのであれば再犯は免れないでしょう。

2016-12-20

http://qiita.com/mesaka/items/8cf67d6439acac84411b

残酷フリーターおじさん残酷すぎワロタ。こんだけの状況で生きていけるサバイバル能力の高さに痺れる。

しか2014年増田でもそうなんだけど、根本的にこの人他人を見下してるよな。意識高い系とかさ。HRT原則ってググったほうがいい。

こんだけ周りの人間うんこ投げておいて、それで終の棲み家で静かに暮らしたいってお前吉良吉影かよ。バイツァ・ダストって自分がなってんじゃん。まさに残酷

まぁ私も自分に糞がつかないようにこうして増田から投げるんだが

2016-12-18

http://anond.hatelabo.jp/20161218174008

東北震災では、高台というステージの上にいたものは助かり、下にいたもの津波に流されて溺れて死んだからな。

常に、ステージの上と下を見極めて、上に立つものけが生き残ることができるサバイバル社会現実なんだ。

2016-12-16

NHK年末番組

12/23 総合 19:30~ プラネットアースプロローグ
12/25 総合 21:00~ プラネットアースⅡ第1集 極限の地のサバイバル
12/26 総合 20:15~ サラメシ 紅白舞台裏スペシャル
12/29 BSP 19:30~ 今年も年末は もふもふスペシャル
12/29 総合 22:00~ ドラゴンクエスト30th そして新たな伝説
1/1 総合 00:25~ 2017新春生放送!年の初めはさだまさし

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161209111658

素人の私でも火を起こして魚を焼いた経験くらいはあるのに、

最近のコックはそんなサバイバル調理はできないって言うんだよ、

みたいなもん。

コンロや電子レンジという便利なものがあります

何も持たない人生

私の人生

もうすぐ40。

独身だ。

子供はいない。

初めて彼氏ができたのは26歳の時。

人生において恋人がいたのは

合計3年間くらいだ。

子供の頃、私には友達がいなかった。

兄弟もいなかった。

両親は共働きで、

わたしに構ってくれることはなかった。

たまに一緒に夕飯を食べる機会があっても、

父親が突然暴力を振るい出すので、

逃げるかその場にいないようにすることで必死だった。

学校楽しいかい?」

なんて聞いてくれることは一度もなかった。



暴力が怖くて18で家を出た。

しかしすぐに精神疾患罹患してしまい、

入院することになった。

両親はどちらも見舞いにすらきてくれなかった。

一人で荷物をまとめタクシーで知らない街の病院に入り、

退院後誰もいないアパートに戻った。

入院費と生活費借金した。



それからいろいろなアルバイト転々として、

つの間にかこんな歳まで生きてしまった。

我ながらよく生きられたと思う。

私にはサバイバル能力があるのだろう。



人間的に完成されていないので、

正規雇用はとてもではないが無理だった。

いろいろな相談機関に話を聞いてもらったが、

話を聞いてもらって、その先がなかった。

ただ今でもこうしてアルバイト生計を立てていられるというのは、

まれているのだろう。



今の勤め先では、

高学歴で、家族がいて、評価されている正社員の人たちに囲まれている。

その中で私は誰にも評価されず、

飲みにも誘われず、

ただ目の前の仕事をして、

帰ってきて、

カップ焼酎を飲み増田を書くことを楽しみに生きている。

病気で作った借金を毎月数万返済するのに精一杯で、

好きなものはあまり買えない。



たくさんのものを、たくさんもっている、

周りの人たちがとても羨ましい。



結婚とかしてみたかった。

家族を持って、誰かを守ったりしてみたかった。

男の人にもっと愛されてみたかった。

他人と心を通わせる、みたいなことをしてみたかった。



人並みに働いて評価されたかった。



寒い季節にボーナスをもらって、

オシャレなコートを買うような暮らしがしてみたかった。

2016-11-25

[]

今回はコミックウォーカー

二度目の人生を異世界で 第六章

うーん、このテの異世界ものコミカライズ色々と見てきたけれども、ビデオゲームありがちなウィンドウが多いね

ファンタジーRPGみたいな世界観ってことで想像がしやすいってことなのかもしれないけれども、すごく思考停止感がある。

『この世界ゲームだと俺だけが知っている』とか、『マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合』みたいに、ステータスウィンドウとかゲーム的な都合のいい能力に対して、必然性が一応は提示されている前提ならともかく、大した理由もないのにあるのはどうかと思う。

こういうゲーム演出を別の媒体に用いるのは発明だったのかもしれないけれど、応用と流用は別物だと思うんだけどなあ。



生形くんのよこしま日常 第36話

当初は、主人公非常識人ながらもツッコミ役だったのに、今ではすっかりトラブルメーカーの一員に。

というかトラブルメーカーしかいないから、エピソード毎にポジションが変わるんだよなあ。

登場人物それぞれ何らかの異常嗜好があるけれども、それを除けば割と普通人間ってことなんだろうね。

それにしても、後で絶対しっぺ返しを食らうことが分かりきっているのに、それを顧みないで刹那に生きようとするのは共通点だよね(だからこそトラブルを生むんだが)。



醤油を借りにいくだけで死ぬことがある世界の中級サバイバルガイド 第9話

ドラム缶手に入れるためだけに、多数のゾンビを利用する大掛かりっぷりは、それだけで可笑しさがあるね。

タイトルテーマに忠実だ。

それだけじゃなく、視覚聴覚がないゾンビ嗅覚で引き付けるため、全裸になるくだりはほんと酷い(笑)

2016-11-19

増田に書けばフィクションって事で済まされるよね! 34

まあこの時期はもう募集終わってるところがほとんどだと思うが、お正月巫女アルバイト

これは学生の応募がほとんどであり、さらに言えば、学生にとってはバイト先で痛い目見るのも社会勉強の一環とは思うんだが。

まあ神主様はとっても優しいので書いてあげよう。と思う。






<<   巫女バイト応募時の心得   >>






1:まず何で給料がクソ高いのかよく考えましょう





基本的に、巫女正月バイトに出す給料というのはかなり高い。正月しか来ない一見さんに払う給与と考えるとさらに高い。

高校生相手とかでも普通に一万くらい出たりもする。

で。

正月で。神社で。巫女恰好して。ニコニコ笑って。参拝者にお札だのお守りだの渡すだけで。

一万もらえる。

ま、そんな水商売みたいなボロイ仕事はないわなあ。

常識的に考えてないわなあ。

そんな美味しい仕事をわざわざ学生に分け与えたりはしないわなあ。

無論、ひな壇芸人のような、並んでニコニコ笑っている若い女が境内景色に欲しいからってわけでもない。

正月デカ神社境内巫女大勢ニコニコしてるのがずっと伝わってきた伝統からそうしているだけだろ、と言われれば確かにそうなんだが)

じゃあなんで給料がクソ高いのか。

それは単に死ぬほど働かされるからです。

皆が寝ている時間や年明けを祝ってパーリーしている時間に目ん玉おっぴろげて波打つ参拝者の群れと対峙し、朝が来るまでひたすら紙幣と神札類を交換し続ける過酷お仕事から給料クソ高いのです。

お仕事はよく想像してからやるかやらないか決めましょう。






2:アルバイトに応募する時は連絡先を伏せず、ハンドルネームではなく本名を名乗りましょう





ここまでくるともう社会常識の話になってくるんだが、社会に出てない学生社会常識持ってないのかよお前と言ってもしょうがない。

ちょっと話を聞いてみたい、詳しく話を聞いてみたい、そんな軽い気持ちで応募窓口に接触してくる方も大勢いらっしゃいます。それはいい。

話を訊いて大丈夫だと確信したら改めて個人情報を開示したい。そういう慎重さもこの現代社会サバイバルする上で素晴らしい姿勢だと思います

でも具体的な話を聞く段階なら連絡先くらいは伝えましょう。こちらから連絡できません。

ハンドルネームを名乗るのではなく本名お話しましょう。アナタのお名前呼べません。





3:察してもらわずにちゃんと用件は最後まで言いましょう





日本人はお察し上手。そして日本サービス業お客様第一

から別にいつも最後まで喋らなくても、周囲の人々はアナタ意向を察して先回りして対応してくれます日本人はとっても親切。

でもお正月神社はいろいろな人が来ます普段神社に来ない人も来ます

要するに、上品で親切で敬意と謙譲を忘れない、普段神社に来るようなタイプの人々…それ“以外”の層も来るという事です。

参拝者相手に限らず、職員間においてでも、つまらない些細なコミュニケーション不足が致命傷となり得る状況があっさりと巡ってきます

報告連絡相談はし過ぎるくらいで丁度よく、態度ははっきりしっかりと、言葉台詞はちゃんと最後まで喋る。

バイトから問題ないと思って責任感のない仕事をするのは別に構いませんが、もらう高い給料分くらいの責任感は持って働きましょう。





4:アナタがどれだけ巫女服が似合うか、どれだけ有能かに神社は一切興味ありませんが、アナタ時間通り出てきて求められた仕事キッチリこなす事にはとても興味あります





応募時に能力アピール。いりません。

履歴書めいた画像写真。いりません。

巫女服風コスプレ画像。いりません。(←これから応募しようというバイト先の人間全員をコスプレと暗に切り捨てていくスタイル

一般的営利業務におけるアルバイト募集に対してそれらのアピール価値あるものなのかもしれませんが(…そうか?)、神社には必要ありません。

大昔から毎日毎日、決まった時間に決まった事を決められた通りに行い続ける神社において。求められる人材とは、まず決まりごとに従う人間です。

指示をよく聞き、決まりごとには従いましょう。





5:思い出ジャンキーにはならないでください





“このアルバイト経験はきっと、いい思い出になるはず”。 その志望理由だけを武器正月という怪物と戦い抜こうとするのは、ちょっとつらいと思います

“せっかくの珍しい経験から、何かを持って帰らねば”。その意識高さが生かされるのは恐らく、もっとゆとりある忙しくない職場であるかと思われます

業務に集中しきれない余念が渡し忘れや勘定ミスを生み、何よりもアナタの思い出をだいなしにしたり、意識高いアナタ自己評価に傷をつけたりします。

思い出はずっと後になって振り返った時に遠くから綺麗に見えるくらいでちょうどいいのです。目の前の業務に集中しましょう。








いや、本当に色んな人が来るもんだ。

2016-11-05

皆、ちょうどいいサンドバックを探してる

現代社会では、「○○な人間死ぬべき」「○○(属性)は生きている価値がない」「○○は社会お荷物」などとフェイスブック等で実名コメントしてる人が大勢いる。

ネット自分安全圏で善良な市民を演じつつ、他人を傷つけることでストレスを解消する輩ばかりだ。

彼らはその○○の中に、知的障碍者身体障碍者絶対に入れない。

なぜなら、「知的障碍者社会ゴミ」とか、「カタワは生きてる価値ない」などと言おうものなら自分人格が疑われ大勢の人に非難されるからだ。

今の社会ネットが普及したことで、スマホいう他人精神ダメージを与えて脳を傷つけることができるメリケンサックサバイバルナイフを皆が携帯している。

正常に見える健常者たちがストレスを解消できるサンドバックをネットの海で常に探しているという恐ろしい社会だ。

この流れが加速していつかアトピーゾンビが標的となる時代がやってくるだろう。

そう考えるだけで震えが止まらない。

2016-10-31

http://anond.hatelabo.jp/20161031103014

それはルサンチマンってやつだな。

お布団にくるまりながら同人音声を聞くと自己肯定感が高まっていいぞ。

あと風呂とかも入らず最低限の生活行動で生きると楽しいサバイバルっぽくて。

2016-10-23

なろうファンタジーで便利過ぎる設定に見る、作者と読者の温度差

俺が少数派なのかもしれないけど、

「なんでそっちに行くかな」という傾向が散見されるので吐き出しとく。



なろうのファンタジーでよく使われるゲーム的設定の、

代表的ものを挙げる。



アイテムボックス4次元ポケットみたいなの)

ステータスウィンドウ

・明かりの灯った階段付きダンジョン

回復魔法



2作や3作なら別にいんだけど、

やたら出るんだわこれ。

そして、これを出されるのって、俺的には全然嬉しくない。

なぜなら、世界単純化しすぎて話をつまらなくし易いから。


何が問題か、もう少し詳しく述べる。

アイテムボックス」については、どれだけ便利かは誰にでも判るだろう。

武器ポーションアイテム入れ放題。

・金華銀貨入れ放題。

商品(や現代から持ち込んだグッズなど)入れ放題。

モンスターの「素材」入れ放題。

戦利品入れ放題。

しかサイズ・重さゼロ

ご丁寧にも、「中に入っている物は腐らない」とかいオプション付きの作品もある。

物凄くファイナルファンタジー的だが、おそらく発想がゲーム的だからこういうアイテムを出すのに抵抗がないのだろう。

作者的にも色々な事を考えなくて良いのが凄く楽なのだろう。

なにしろ、野外でもダンジョン内でも新鮮な食材調味料と鍋とフライパン使って調理した温かい食事食べ放題

ダンジョンを踏破して素材と戦利品ガッポガッポ。

華奢な女の子達連れて、ほぼ手ぶらで数週間旅することもできる。



しかし、読んでる方がそれを「面白い」と思うか?

なのは主人公と作者であって、読者じゃないだろそれ。

そんなもんがあったら、異世界サバイバル醍醐味もクソもないだろ。

冒険って、人類生存圏を離れて、未踏危険地帯に踏み込んでくもんじゃないのかよ。



目的目的地を設定してさ、

経験者に話を聞きに行ったり、書物をあさったりして事前に目的地や経路の情報集めてさ、

不確かな情報経験と知恵でより分けてさ、

地図をにらみつつ、連れてくメンバーから危険度やキャンプ地を考え併せつつルート設計して、踏破にかかる時間予算を算出してさ、

そのために必要な装備を吟味してさ、

必要な装備の中から、更に人数とサイズ・重量を考慮して限られた荷物に含められる絶対必要もの代替手段を厳選してさ、

旅のついでに更に収益を増やすために受注可能クエストを考えてさ、

旅の途中も、定期的に小休止と大休止とってさ、

食料の残量チェックしてさ、

天気を予想して雨に備えてさ、

雨が降ったら荷物濡らさないように注意したり雨宿りしたりしてさ、

怪我人病人が出たら、パーティ分割や撤退視野に入れて難しい判断してさ。



・・・そういうのって、想像してて楽しくない?

お祭りの準備や裏方作業って、お祭りを見物するより楽しかったりしない?



そりゃゲームだったらね?

そういう面倒くさいことすっとばして、ポーションエーテルテント99個持って、開始10分でフィールドに飛び出したいだろうよ。

「重さが増えすぎると移動速度が落ちて、体力と気力もどんどん落ちて」とか説明書にかかれてたら、

そりゃ、うわぁ面倒くせぇって気にもなるだろうよ。

ゲームなら。



けど小説だろ。「物語」だろ。

そこで手抜きしてどーすんだよ。

インディ・ジョーンズ無限容量のアイテムボックス持たせたいと思うか?

「準備? 俺にはチート能力がある」って感じで何も考えずにアイテムボックス持ってダンジョン突撃した挙句経済破壊しかねないほどの財産を一回の冒険で手に入れちゃってさあ。

そんでどーすんだよ。

「次の冒険」もクソもねえだろ。そりゃエタるよ。

そんなだから戦闘料理デートシーンくらいしか描写するもんがなくなるんだろうが。



ステータスウィンドウ」と「明かりの灯った階段付きダンジョン」と「回復魔法」についても同じように言いたいことは溜まり溜まってるけど、

もう長くなったからいいや。

どにかく。

今俺が挙げた4つは、別に世界モノのお約束なんかじゃない。

ゲーム作る時に、そうした方が楽だから存在してるだけのものだ。

物語から見たら害悪なんだよこんなの。

クソみたいに安易な設定に頼ってないで、作者はもっと苦労しろ

調べろ。想像力働かせろ。頭使って考えろ。

作者が苦労しないと面白い作品になんてならねえんだよ。

2016-10-07

Fランより高卒のがなんとかなるよ。借金しないですむし

自分高卒だ。

ネットでの風潮を見て戦慄したのは随分前の話。

最近増田話題になっている大卒必要ということだが

自分は並の学歴を超える資質という存在はあると確信している。

自分自営業をしていて、私的に使える金は年間600万ほど

経費をドンドンつかって合法範囲税金はなるべく抑える努力をしている。

何にせよ、手取りが600万というのはサラリーマンではかなり限られているのではないか

いないわけではないが、多分高学歴の方々だ。

そんな自分は周りの友人達はみんな高卒Fラン大学卒や中退という交友関係しかいない。

マイルドヤンキー層ともかぶっている。

自分には子供がいないが、子供ができたら良い大学に言ってほしいと思うだろう

だけどそれ以上に与えたいことがある。

バイタリティ】と【読書】だ。

これはどんな人にも当てはまると思うが、この2つがそれなりに豊かな人生を切り開くと思っている。

まずFラン卒の高校の友人達中小企業で働いているようだが、相当手取りが低い。

今では疎遠になったが20台中盤頃の頃は手取りで15−20万ぐらいがかなり多かった。

年率昇給も数千円あればいいとこだというので今でも大したものではないだろう。

彼らに共通するのは働くことへの意欲やバイタリティが全くと言っていいほどないことだ。

バイタリティとはなにかというと、自分の考えでは意欲、精神の強さ、肉体の強さだ。

自分は昔から金に執着していたのでサラリーマン時代転職に躊躇がなかった。

3社渡り歩いたが、転職するたびに以前の年収を超えた。

超えない会社には絶対に入らないと決めていたからだ。

金を求めるならそれなりに評価されねばならないし、評価されなければ去らなければいけない

そう思って仕事に取り組んできた。

人間関係は複雑なので必ず素晴らしい評価を得てきたわけではない

結局、会社を作っていくほうがサバイバルできると思い、最後会社もやめた

サラリーマンに戻る気はない。

同じ会社にいた大卒連中も、自分の思い切りの良さは認めてくれた

「よくできるな」って。

サラリーマンでやっていくほうがよくできるもんだと自分は思うけれども。

そういった思い切れる覚悟を作るのが意欲だと思う。

精神の強さも重要だ、嫌な奴はそれなりにあってきたが

そのたびに凹まずに、言い合いをすることもあった。

嫌われることもあるけど気にする必要もなかった。

おかげでなるべく圧迫されない環境に身をおくことができた

鋼のメンタルがあれば少なくとも個人としては生きやすい。

そして体の強さ、たとえば病弱すぎないとかだが

自分ジムトレーニングをすることで、精神の強さも向上した気がする。

落ち着きや余裕もできた。体調不良もあまりなくなった。

働いて行く上で体は資本だと意識している。

説明したのが【バイタリティ】だ。

この1つがあるだけでも、成功に近づけると思う。

そして【読書】だ

自分読書する力というのは環境で作られると思っている。

自分の父は読書家だ。

子供の頃、父親の部屋に行くと、なにかしら本を読んでいた。

自分が足にまとわりついたりするのを無視して本を読んでいた。

母に怒られて、自分公園に連れて行くがベンチで本を読んでいた。

自分は一人でジャングルジムで遊んで、眠たくなったら父親に帰るよう促す。

その時まで本を読んでいた。

父方の祖父の家に遊ぶと、祖父もひたすら本を読んでいた。

老眼鏡をかけて新聞や本を読んでいた。

自分と話すよりも本を読んでいた。

そうか、父が本ばかり読むのは、祖父がそうであったからだ。

から自分もそうするだろう。

自分中学校の頃から純文学を読むようになった。

子供の頃から刷り込まれているイメージ、父が子供より夢中になるもの

どんなものかを自然と取ったのだろう。

自分父親好きだ、尊敬している。

公園で遊ぶより本を読む姿を見せてくれて本当に感謝している。

太宰治にはじまり夏目芥川森鴎外三島由紀夫

カミュドストエフスキーシェイクスピアスタンダール

父親の部屋にあったカフカも読んだ。

読書する力こそ、自分を同レベルの友人たちから頭一つ抜けさせたと確信している。

今でもニューズウィーク誌や新書などは読むようにしている。

長い文章読破できるかどうかは、その後の人生に大いに関係すると思う。

読書が区でないか税金関係の分厚い資料も読み通せるし、

テクノロジーの本も読める。

自営業は素早く資料を読み通して、情報を頭にインプットするとに抵抗がある人は

まり成功しなかっったり、騙されたりするだろう。

父は金銭意欲に欠ける人だったか

母はバイタリティに満ちた人物だった。

自分性格は母譲りだと思う。

バイタリティ読書力があれば並の学歴ハンディにならない

東大とかハーバードクラスについてはわからないが。

他の増田も書いたけれど、

自分成功はその2つをくれた両親のおかげかもしれない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん