「専門学校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 専門学校とは

2017-03-29

やだやだめんどくさい

専門学校に通ってるときに、4人でずっと遊んでた。

私はみんな大好きだったし、卒業してからずっと遊んでくれてるのがすごくありがたい。


しかしながら、友達の一人が離脱した…というか、3人中一人だけブロックした。

私と、もう一人だけは普通にツイッターLINEもつながってる。

一人だけ完全にブロック

理由を聞いたら何となく、あの子だけ顔見たくなくなっちゃった何だかねーとかわされる。

ブロックされた子の前で離脱した子の話を出さないようにはしていたけど、

の子元気かな?とか話ふられると苦笑いしかできない。

私はどっちとも仲良くしたいけど、どっちとも「あの子元気かな?」っていう話とか、思い出話ができなくなっちゃった

入学から卒業までずっと、毎日一緒にいたから。

別に、どっちとも私は仲良くしてればいいとわかってるのに、ブロックした子の話を出さないように気を遣うのも

ツイッターとかでブロックしてきた子と話すのも、あの子が見てるかもって気を遣う…。

こんな小学生みたいなことで悩む自分が悲しい。

何で今まで通り4人仲良くできなかったんだろ。あの頃に戻りたい。

2017-03-28

http://anond.hatelabo.jp/20170328215348

Fラン大学卒と専門学校卒では実際どっちがマシなんだろうか。

専門卒からしてみれば大卒ってだけでもFラン卒の方がマシに見える。

2017-03-21

親戚の子がどんどんダメになっていく

2浪して大学をやめて、4月からゲーム専門学校いくらしい。

どんどんダメになっていく。

一浪した時点で、親はケツをたたくべきだった。

からでも親に鈴木みそゲーム専門学校リポート漫画をみせるべきか。

2017-03-14

スキャンダルささやかれる学園

3大学、3専門学校中学高校幼稚園

安倍理事長が何かやらかしたか合法なのか知らないけど、これら教育機関で働く教員事務職員の1000人から2000人は、何も知らない善良な社会人です

2017-03-12

毒親持ちのシステムエンジニアSC合格するまで

こんにちは

私(♀)は今、北日本のどこかにある某システム会社システムエンジニアをしています

20歳就職し、今年で5年目になります

小さいときからパソコン電子工作が好きで、高校卒業後は情報系の専門学校入学しました。

飛びぬけて優秀というわけではありませんが、進学の推薦に困らない程度の成績は維持していました。

卒業がせまったときに進学か就職かを決めることになりました。

私子ちゃんの成績なら進学なんでしょう?」「私子は進学のほうが向いてるよ」と周りからは言われました。

私も進学したいという気持ちがありました。

親に相談したところ、母は「ダメとは言わない。進学するなら奨学金を借りてほしい」と言いました。

父は「四大を卒業した女はすぐに結婚して辞めると思われる。四大なんて女が行くところじゃない」と言いました。

父が言うならそうなのだろうと思いました。

奨学金を背負うだけの覚悟もなかったので、就職を選びました。

今のシステム会社入社し、同期の1人と一緒に運用系の部署に配属されました。

学生時代はCやJavaの基本について学んではいましたが、その部署ではプログラミングをすることはほとんどありませんでした。

代わりにLinux,TCP/IP,ネットワーク構築の技術が求められました。

LinuxTCP/IP,ネットワーク構築は初めて見る知識で先輩が教えてくれる業務をこなすの必死でした。

一緒に配属された同期は性格の明るさと器用さでどんどん仕事を覚えていき、私と差がついていくのがわかりました。

のし我が家

同期と差がつけられるのが悔しかった私は、勉強をはじめました。

とりあえず応用情報(AP)を取得しようと思いました。

基本情報学生時代に取得済み)

そのころ、我が家祖母介護めぐりよく父と母がけんかしていました。

母が「殺せ!殺せ!私を殺せ!」とはさみを持ってよく叫んでいました。

私と弟が母親をよく羽交い絞めにして止めました。

祖母は、父に対しかなりの毒親っぷりを発揮&クソトメであったため、介護も大変だったようです。

家族喧嘩を見つけたら止めなくてはいけなかったので、

喧嘩を見なければいいと思った私はよく図書館勉強していました。

その秋のAPは落ちました。

パワハラおばさんとの出会い

配属されて1年ほどたったころ、私はある女性40代、既婚)の下で働くことになりました。

ほぼ男性部署で、私が入社する前は部署唯一の女性でした。

以下おばさんと呼ぶことにします。

「なぜわからないの?」「かんがえたの?」「もう1回調べて」とよく言われたので、言うとおりにしました。

厳しいなぁと思いましたが、私の成長を思ってしてくれているのだと思いました。

自分なりにがんばってみるものの、つき返される日々がつづきました。

そのうちに、夜眠れなくなりました。

おでこにきびで埋め尽くされました。

出社前に嘔吐するのが日常になりました。

毎日倦怠感がありました。

仕事 がんばる 方法」「仕事 落ち込み 立ち直る」でぐぐることが多くなりました。

いろんなにきび治療方法を試したので、にきび治療に詳しくなりました。

元気出す系のドーピングアイテムにも詳しくなりました。(レッドブルからプラセンタまで)

ある日、おばさんが言いました。

あなたを見てるとイライラするのよ。あなたの成長なんて知ったこっちゃないのよ。さっさとやってよ。」

その後、うつ病と診断され、1ヶ月会社休みました。

うつ病になってから

我が家うつ病理解があるとは言いがたい家庭です。

土日出勤・給料未払いというブラック企業勤めの弟が居たので、相対的ホワイト企業勤めの私がうつ病、ちゃんちゃらおかしかったのでしょう。

夕食のときに、父が「会社を休むのなら学校にでも行け」といいました。

私はおもわず泣きました。

「飯がまずくなる」と父にしかられたため、自分の部屋で食べました。

休んでいる間の家族の目がつらかったので、1ヶ月で仕事に復帰しました。

「つらかったら半日で帰ってもいいんだよ」と上司男性、おばさんとは別人)に言われましたが、家に帰ってもろくなことがないので、定時まではたらきました。

そんな中、弟が交通事故で重傷を負いました。

弟は障害者手帳を持つようになりました。

弟の日常生活を、家族サポートするようになりました。

ある日、私が自分と弟の夜ご飯を作るよう言われていましたが

用事があり作りませんでした。

弟は帰るなり私を殴り、「なぜ俺の飯がないんだ」と叫びました。

さすがに理不尽だと思い親に訴えました。

母は「あの子やかんみたいな子だからね。すぐに沸騰するのよ」といいました。

その後親から弟にお叱りがあったようです。

弟は私に会うたびににらむようになりました。

親に言いつけたことへの報復が怖くて、夜は自分の部屋の扉に、机やいすでバリケードを作って寝ました。

一人暮らしをはじめる

APは5回ぐらい落ちました。

親の怒号や弟の報復におびえることな勉強できる場所がほしいと思いました。

実家暮らしで、うつ病趣味もなくなっていたので、お金はありました。

親は、一人暮らしをすることについては何も言いませんでした。

引っ越したのは大通り沿いの木造アパートでした。

隣の部屋のおじさんの声、車の音がうるさかったですが、親の怒号や弟におびえた日々に比べたら天国でした。

好きな時間にご飯が食べられる。

好きな時間勉強ができる。

好きな時間に帰ってこられる。

家事料理も楽しくて苦になりませんでした。

引っ越しからAPに受かりました。

調子に乗ってSCも受けたら、受かりました。

以上です。

http://anond.hatelabo.jp/20170310234231

私だけが搾取されてるう!っ言いたいんだろうし、ブコメもそういう論調のものばかりだけど

勝手高校辞めてふらふらしてる子と、ちゃんとストレート高校卒業した子なら

後者が優先されるのは当然だと思う。



高校奨学金は誰が払ったんだろうか。

というか、高校行くのに奨学金必要なくらいの家庭なのに専門学校学費はどうしたのか。

四年制大学行きたかったというけど、学費はどうするつもりだったんだろうか。

犯罪心理学が学びたかったって、んで将来の就職はどうするつもりだったのか。それが仕事に繋がるのか。

ただ面白そうだからやりたい、将来の就職はその時考えればいいや~程度で大量の学費出せるような家庭じゃなかろうに。

2017-03-11

[]

http://anond.hatelabo.jp/20170310234231

家族にまつわるポエジー。

特異な家庭に生まれ落ちてしまった、ある女性独白

家庭のしきたりと社会良識との間に引き裂かれた心の葛藤を描く。

ちょっと長いので、簡単にあらすじを振り返っておこう。



あらすじ

私は、四人家族の長女で弟が一人いる。両親は十年以上前離婚しており、母に引き取られた。

しかし、離婚後も父とは同居している期間が長く、今でも時々会う関係である

私の心の葛藤は、高校進学当時から始まる。

家庭の懐事情自分学力を考えて、私は行きたくもなかった高校に進学してしまう。

奨学金を充ててまで卒業する価値が見出せず、両親の反対を押し切って退学するが自力での進学を約束する。

無事に高卒認定合格したものの、弟の受験考慮して、進学を一年遅らせることになった。

しかし弟は受験に失敗し、加えて二年後に一家離散の旨を母から知らされ、

大学進学を断念せざるを得なかった私は、結局姉弟ともに専門学校に進学するしかなかった。

バイトをかけもちしながら、なんとか二年で卒業し、私は家を出たが、弟と母はその後も家で暮らしていた。

要するに、私は一家離散を口実に家から追い出されただけだった。

一人暮らしが行き詰まった時、母に家に戻らせてくれるように頼んだことがあった。

話し合いの時は泣きながら許してくれたのに、後になって弟がダメだという理由で断られてしまった。

結局、困った時に助けてくれたのは、母が散々悪く言っていた父だけだった。

しかしその父にすら、ついさっき「家族の中で私だけが異質」扱いされてしまう。



見どころ

理不尽家族要求に応えながら、なんとか自分らしく生きてきた人間の苦労と努力が溢れている。

残酷現実に打ちのめされながら、それでも家族を大切にしたいという熱い理想を感じないではいられない。

狂気狂気のなかでは正気である」と言えば、「私」の苦しみは伝わるだろうか。

2017-03-10

家族の中で私だけが異質らしい

「俺がお前の普通に会話が出来るのは、俺がお前に気を使って会話の内容を選んでるからだ」


ついさっき父親に笑って言われた言葉だ。

家族構成は父母私弟の四人。十年以上前離婚して私は母親に引き取られた。

お金問題があったので両親は離婚しているだけで会っていたし、諸事情離婚後に年単位で同じ家に住んでいたこともある。


父は切れやすく、母はその愚痴を私に話す。弟は、特に何もしてなかった気がする。

自立する前は両親の間にはいって仲裁をするのはいつも私の役目だった。


好き勝手やってきた自覚はある。

その代表高校を辞めたことだ。国から奨学金高校に行ってた。払うのは卒業後の私だ。

単純に借金をしてまで行く意味を見出せなかった。

田舎なので私立は滑り止めで受けてた。行きたかった市立高校には少しだけ偏差値が足りなかった。

じゃあ一つランクを下げようとしたら当事の担任から「お前の学力だったら受かるけど、ここを受験しろとは勧めらない。そういう校風だぞ」と止められた。ものすごくお世話になった担任だった。今でも恩師だと思っている。そんな人が止める学校を受けようと思えなかった。

結局ランクをもう一つさげた。すると運の悪いことに偏差値もガクンと下がった。

私は少し足りないだけなら挑戦したかったけれど、母親に「私立に行くお金は無い」といわれ結果として行きたくもない高校に行くことになった。

そのこともあいまって結局辞めてしまったのだと思う。私自身ここは後悔していない。

両親の猛反対を押し切って高校をやめたとき約束を一つした。専門か短大が四年大、どれになるかはわからないけど、高認取って進学するよ。

最終学歴ちゃんと塗り替えるよ、と。

数年掛かったけどフリーターをしながらなんとか無事高認を取ったとき、弟が大学受験だった。

母親に言われた言葉は「弟が受験から一緒に進学しないで」当事の私はもっともだと思った。

別に普通から逸脱してしまったのだから一年ぐらい遅れてもいいや、と思った。「別にいいよ。私のまだ進路決めれてないし」と。


弟が受験を失敗した。滑り止めも受けていなかった。それはまぁ、仕方が無いことだとも思う。

来年チャレンジするよ、という弟。母親には「次は待たないからね」とだけ言った。

後に弟が「ほんとは大学受かる気なんてしなかったんだよね。受験の頃から専門学校行きたくてさぁ」と言い出したことに殺意を覚えたけれど、それは今回は流す。


犯罪心理学勉強がしたかった私は家から通えそうな大学を調べ、受けたいところを一つ見つけた。

ここなら一人暮らししなくても実家からなんとか通えるだろう。家のこともできるし、なんとかなる。

偏差値は高く、しか予備校に行くお金も無い私はとにかく友人知人に教科書参考書を貰ったり、勉強を教えてもらったりしてた。

当事は大学キャンパスの中でバイトをしていたので大学生の知り合いに訪ねたりもしてた。

しかバイトから帰宅してみると母親電話越しに声を派って喧嘩している金切り声が聞こえてきた。相手は大体父親だ。

電話が終わった母親に呼び出されて言われた言葉は「うちは解散するので貴方たち二年後には自立してください」

当事は百年に一度といわれる不景気真っ只中。ことが順当に運べば二年後は私が大学二年の秋になる。

三年生から就職活動が始まるのに、そんな中で追い出されるなんて溜まったものじゃない。

「私四年大行きたいって言ったよね」と喉まででかかった言葉は「お母さんもうお母さんやめたい」と泣きながら溢した母には言えなかった。


結局私も弟も二年で終わる専門学校に行った。犯罪心理学が学べる専門学校は無く、まったく別に進路を選ぶことになった。

自分で決めた学校なので後悔はしていないが、母のあの言葉が無ければどうなってたのかな、と思う。

母を解放してあげなければならないのだ、と思ったあの頃の私に一言伝えるなら「お前が背負う必要はどこにもなかったよ」とだけ伝えたい。

なぜなら二年以上たち弟が正社員として働いているにも関わらず、家をでたのは私だけだったからだ。


専門学校の進学と同時に父親に頭を下げて家を出た私は、今も一人暮らしを続けている。

二年後の卒業との時「私はあなた言葉に従って家をでたけれど、弟はどうするの?ちゃんと解散するんだよね?」と母に聞けば「弟ちゃんはまだ仕事が決まっていないから」

弟の就職が決まったときに「就職決まって何ヶ月だったの?家は解散しないってことかな?引越ししないの?」と聞けば「引越しはするよ!あんたも早く残してた荷物取りに来てよ」

弟を言い訳にし、次は飼っていた犬を言い訳にし、最終的に母が私に言った台詞は「お母さんはでていけなんて言ってない。あんたが勝手に出て行ったんでしょ」だった。

一人暮らしをして、知ったのは自分母親洗脳されていたことだった。

上京した友人は「いやーインフルかかったって親に電話したら次の日にはおかゆとポカリ黒猫で届きましたね」と言った。

別の友人は「奨学金は私の名前で借りてるけど、親が払ってくれてるよ」と学生生活を楽しんでいた。

年末年始に犬の顔を見に帰った私が母親に言われた言葉は「あんたが帰ってくると金が掛かる」だった。服なんて強請ってない。化粧品だってだってない。そんなもの買う余裕があるならご飯が食べたかった。食費を世話になって言われる言葉がこれなのかと思った。

スナックコンビニバイトしながらなんとか生活をやりくりして二年頑張った。付き合いが悪いといわれてもクラス飲み会に参加する余裕が無くとも、なんとか卒業目標に頑張った。

無事に卒業し、一人で生活を回していたけれど、体調を崩しどうにもならなくなった。

母に戻りたいんだけど、と伝えれば今までの喧嘩はどこへやら「戻っておいでよ」と言ってくれた。

泣きながら話し合った。

私は「弟にも許可取らなくてどうするの。貴方一人で決めても安心して戻れないよ。弟と相談しなくていいの」といえば「弟がなんと言ってもあなたが戻ってくればいい」と言ってくれた。

洗脳されてたなんて錯覚だったのかもしれない、私がひねくれてただけなのかもしれない、と思った。


後日母親に伝えられた内容は「弟ちゃんが貴方に戻ってこないで言ってるからうちにはこないで」だった。


泣きながらの話し合いはなんだったのかと思った。母が母であることを辞めれるようになんとか自立した私より、寄生している弟の方が優先されるんだな、と思うと情けなくて情けなくて一人で泣き喚いた。


一人暮らしをしてから、何かと私を助けてくれたのは父親だった。

月に一度は連絡をくれ「ご飯は食べれてるのか」「生活はやっていけてるのか」と心配をし、父も母にお金を渡しているので財布は厳しかったと思う。それでも、時には食費を送ってくれ、時には夜行バスの乗車賃を肩代わりしてくれ、何かと自主的に世話をやいてくれた。

「お前は自分から言い出せないだろう」と。

母親から聞かされていた父は「浮気をする」「殴る」「すぐ怒鳴る」「すぐきれる」「女癖が悪い」他にももっとたくさん愚痴を聞かされていた。

そのうちのいくつかは私も目にしているけれど、少なくとも私に手を差し伸べてくれる父は、母よりもずっと親だったように思う。

「毎月やってあげれるわけじゃないけどね」「出来るときだけしかできないけどね」と言いながら、何かしら声をかけてくれたのは父だった。

から自主的電話が合ったことは一度も無かったけれど。


今も現に父には金銭的にとてもお世話になっているので食事に連れて行ってもらうことが多い。

冒頭の台詞今日食事で言われたことだ。

父は「お前が変だから母親も弟もどうしていいかからないんだ」「俺がお前と会話できるのは俺が会話を選んでるからだ」となんの悪気もなく言われてしまった。

から見た私は、私が変だから関係おかしくなったんだ、と思っているんだなと思うと涙が止まらなくなった。


父は知らないのだ。私が本当は大学に行きたかったことも、それを諦めた経緯も。父がいなくなってからずっと、私は常に弟よりも優先順位が低かったことも。私がどんなに頑張っても、何をしても、何もしない弟の方が愛されていたことを。

父は知らないのだ。


からすれば両親や弟の方がずっと変なんだよ。

私の知ってる親は、小学生の子供を残して毎日パチンコには行かないんだよ。

責任を問えば「またそうやってお母さんのせいにして!」と自身発言責任を認めない母親は変なんだよ。

私の影に隠れてなんの責任も背負ってこなかった弟が「言うことを良くきく子」と評価されているのも、私のとってはなんか違うんだよ。

家族の中に優先順位がついてるのってすごく変なんだよ。

でもこれを伝えても「お前が一番じゃないことが気に食わないんだろ」って言われてしまうことも変なんだよ。


つらい。私が変だからおかしいのかと思うとつらい。

これって最初からいなきゃよかったのと同じじゃないか


追記:20170312

まさかこんなにたくさん反応されるとは思っていなくて驚きました。

トラバ(ここでは枝?になるのかな)やブックマークコメントでお言葉を下さった方ありがとうございました。

私とは違った視点意見や、厳しい言葉などはっとさせられるコメントもありました。

また家族以外の言葉意見を目にしたことで少し前向きになれました。ありがとう

上記はあくまで私の視点であり、両親や弟から見れば私はおそらくろくでなしなのだと思います

両親も変だな、と思いますが私もきっと変なのだと思います。変でも別にいいじゃんと思っているか家族の中で浮くのだと思います

悔しくて悲しくてやるせなくて泣きながら書いた誤字脱字誤変換(今見返してみると本当に酷いですね。笑)まみれの吐き捨てでしたが、色々な意見をいただけて吐き捨ててよかったと思いました。

病気が治ったら(鬱等のメンタルヘルス系ではないです)バリバリ働いて家族とは少し距離を取ろうと思います。犬ももう死んでしまったしね。

なんというか、何回言うんだよって感じなんですけど、厳しいのも優しいのも、同調するのも、全部コメントありがとう。色々と救われました。

根性だして頑張ります

2017-03-06

#女子からって言わないで

国際女性デーも近づきtwitterで #女子からって言わないで というハッシュタグを見かけた。

いい機会なので、女性格差問題について普段から思っていることを書く。

日本ジェンダーギャップ指数日本は111位と低い。

そして実感としても、女性が働きやす環境には程遠い状況だと思う。

けど女性たちは自ら女性格差を作っている側面があると自分は考えている。

メディアで語られる現代若い女性像といえば、女子会に参加して恋バナ。

自分たちを「女子」と呼び、女子力なるものを重視し、恋愛が全てのような生き方をしている。

しか彼女たちは決して不幸なんかじゃなくて、女子としてちやほやされる方が幸せだと考えているように思う。

この「女子指向」の生き方女性自身が作り上げている女性格差代表例だと考えている。

自分理系大学に進学したが、同じ学科男子100人以上に対して女子数人。

卒業後のIT系就職先でも、同じ職種の男女比はそれ以上の開きがあった。

女性は止むをえず理系進学を諦めているというなら問題があると思うが、現実的には女性は自らの意思理系進学を選択しない。

だってキラキラしてないからね、理系って。

みんな華やかな職を目指して専門学校に行きたがるのもわかるよ。

でもそうやって男女の給料格差生まれる。

例えば、理系の男女比率が同じくらいになったら、IT職の男女比率も近づいて、この分野に関しては労働環境における女性格差が縮まる土壌が作れると思う。

でも「女子指向」な考え方から脱却しない限り、女性格差なんて一生なくならないと思うよ。


追記

いろいろな意見批判をもらえて嬉しいです。

この記事文系専門学校差別だと思われるのは本意ではありません。自分環境理系大学IT職で女性が少ない環境だったので、文系や他の職業については書く知見がなかっただけ。ただ、女性の多くが文系大学専門学校に進学する、という偏見というか先入観はあるかも。

職種によって給料が決まり、また男性優位な考えで作られた社会では、女性比率が高い職は労働環境不適正になる構造的な問題があると思っています。もしそうだとしたら格差是正のためには男女比率を適正にすることが解決策の一つなのでは、ということを伝えたかった。

2017-03-03

ダメな子ほどカワイイ

うちは片親で、母は女手一つで私達をよくここまで育ててくれたと思う。

その点では尊敬している…というか感謝しているのだけど、

借金しか作らない金食い虫で貧乏神の兄の肩を持つから、本当に嫌気がさす。

うちはさっき言ったように片親で、割りと本気で金がない。

私は、大学に行きたかったけど経済的理由でやっぱり行けなかった。

今思えば、奨学金でもなんでも使ってみれば良かったんだろうけど、当時はそんな考え全然思いつかなかった。

うちは金がないから、とにかく学校は諦めて、さっさと働きに出ないとって、すぐ諦めたのがいけなかったのかな。

まぁいいや。

でも、兄は専門学校に行ってる。親の金で。そのせいでうちには余計金がなかった気がする。

親が働いて働いて、年に200万くらいする学費を払ってた。

本当にギリギリになった時、ちょっとから流行ってる「過払い請求」の手続きで、まとまった金が入った。

これで少しは楽になるかなって思ったら、その返ってきた金で母は兄にバイクを買った。

100万だか200万だかするような、何が良いのかわからん煩いバイク

おかしいと思った。

専門学校を出て、兄は仕事のために大阪一人暮らしを始めた。

そこでの仕事を「どうしても苦手な人がいた」という理由で、一日だかひと月だかで辞めた。

母は兄に仕送りをするようになった。

兄はそれでも金が足らなくて、母が買ったバイクを売った。

仕送りをするのにも苦しくなって、結局兄は地元に帰ってきた。

暫くはこっちで仕事してたけど、そのうち彼女妊娠させたとかで結婚した。

まぁ、その結婚は結局、仕事を辞めたかっただけの女に騙されただけで、妊娠もしてなかったし半年離婚したけど。

兄は婚姻中に、女の方が全然働かなかったから、生活費がどうので結局またアホみたいに借金してた。

一人暮らしの期間も含めてたかだか一年とかだし、金の使い方おかしいんだと思う。

母にそこまでの金がないのも分かってたからか、親戚に金を無心しに行って借金が発覚した。

どうにもならなくなり、結局債務整理手続きをして、今も地道に借金返してるらしい。

私は当時、破産をしたという話を聞いていたけど、破産ではなく債務整理だと。

いっそ破産にしてりゃあ今頃もう少しまともだったかもしれないのに。

離婚後、少しして、母に金が勿体無いと説得されて兄は実家へ戻った。

破産したって聞いてた時期に、仕事するにも何するにも車が必要だとかで、以前過払い請求している関係で、もうローンが組めない母に頭を下げられて、私の名前で兄が車を買った。。

私はびた一文払っていないけど、母の負担が増えただけだし、こんなことしなきゃ良かった。

当時は、もう本当に関わりたくない一心で、これで縁を切ってもらうって話だった。

結局縁は切れてない訳だけど。

なんで日本法律って、親兄弟の縁が切れないんだろうね。切りたい。

結局、今は債務整理やら何やらで、月々8万くらい返済を続けているらしいけど、クソみたいな仕事しかしてないせいで母への無心が尽きない。

先日、仕事から帰った母が、仕事に行っている筈の兄が家に居たことに驚き事情を聞くと、2月いっぱいで仕事を辞めたらしかった。

金もないのに。

結局、一時しのぎの為に私名義で買った車も売られた。

300万したのに。50万にもならなかった。買ってまだ2年?3年経ってないくらいだと思う。

一回事故ってるから事故車扱いで価格が低いとかそういう話されたけど、絶対もうちょっと頑張って探せば値は上がったと思う。

本当に悔しい。

こんなのと血が繋がってることが悔しい。

母は「もうお金はない」って言いながら、兄への援助をやめない。

何年もやめない。

自分の息子だから」と借金の肩代わりもやめない。

もう手を切れって言っても、見捨てない。鬼にもならない。

そのために、あなたは娘と絶縁する事になるのに。

将来、あなたの面倒なんか絶対見れないようなクズのために、定年まで、定年しても働き続けるんだね。

私は、もうすぐ地元を離れる。友人は寂しがっているけど、もうこの家に関わっていたくない。

親戚へも誰にも行き先を告げるつもりはないし、もう二度と連絡も取らないつもり。

金を搾取され続けるのは、もうこりごり。

どうして母も、親戚も、あんクズ大事にしたがるんだろう。

どうしてあいつにばっかり金かけるんだろう。

2017-02-27

専門学校卒業式欠席しようとしたらめっちゃ教師に怒られたwwww

理由がいけなかったかな、せめて葬式がありますって言えば穏便に済んだかな

おかげで今日は外出しようかなと思ったけど気分が悪くてずっとベットの上でゴロゴロ

だってさー、専門学校でいい思い出ないし行きたくないもーんwwwwwww

http://anond.hatelabo.jp/20170227141342

あの家柄で、かつ大学が併設されている名門中学高校に通いながら、

大学ではなく系列専門学校へ進んだ、というのは、

率直にいって、それほど出来がよろしくなかったことは想像に難くない。

エスカレーター女子校って自動的に併設の女子大に入れるものだと思ってたけど

バカだと入れないとかやっぱりあるの?



と思って調べたら聖心女子専門学校卒、か、そんなものあるのか

その世代でもいい所のお嬢様であれば嫁入り道具としても大学進学は普通だった世代だろうし

女子大生亡国論とかよりももっと後の世代だよね)

やっぱり、出来がよろしくなくて同じ付属でも大学ではなく専門学校しか行けなかったんだろうか

ぶっちゃけ私立なんて金持ち付属初等部から持ち上がりの生徒なら金積めばバカでも入れて貰えそうではあるし、別の事情かもしれないが…



首相の方は敢えてそこに進学したのではないか論をどっかで見たような気もする(うろ)けど

総理夫妻と学歴

安倍昭恵さんという方は、森永創業者一族の方であるにもかかわらず、

専門学校である。(ずっとのちに社会人入学大学院修士課程を修了して修士号を受けているが)

出身である聖心女子学院高等学校から聖心女子大学はもちろん、

慶応義塾大学医大医学部へも進学者がいる学校である

当時と今とでは事情が異なる部分もあるかもしれないが、

あの家柄で、かつ大学が併設されている名門中学高校に通いながら、

大学ではなく系列専門学校へ進んだ、というのは、

率直にいって、それほど出来がよろしくなかったことは想像に難くない。

一方の安倍晋三さんであるが、こちらはさすがに大学は出ているが、

成蹊大学である成蹊大学といえば偏差値的に低いとは言えないものの、

父も祖父東京大卒であることを考えると、「残念な子」と思われていたのではないかと。

森友学園問題において、

知育以外の部分、戦前臣民教育的なものに力を入れていることに対して、

この夫婦共感を抱いたことには、

なんとなくだけど、このあたりの、学問に対するコンプレックスのようなもの

作用しているのではないかと思うのは

飛躍しすぎた考え方だろうか。

若者給料が安いと嘆く人がいるが、IT関係への就職を考えないのだろうか

(良いことではないが)レベルの低いプログラマでも給料を貰っている状況

あるフリーターと話したとき

介護関係専門学校出て介護関係仕事に就いたけど、きつくて辞めた」

介護じゃなくて情報処理専門学校に行けばいいのに」

「そういうの難しそう(笑)

専門学校進学程度の成績でも敷居が高いのだろうか

2017-02-25

便乗

http://anond.hatelabo.jp/20170223234843

  

便乗。

当方プログラマー業界10前後

  

テスターなのにテストも満足にできないおじさん

協力会社から人材派遣者。45歳前後(当時)。

テストのやり方を理解できていない。

教えてもらっても半分くらいしかちゃんとできない。

自信がないならわかるまで質問しようね。

1週間くらいで元の会社に戻らされた。

  

職場を仕切るSE多重人格

45歳前後(当時)。

もちろん職場にはより上の役職の人がいるが、その人らを手玉にとる。

さらにいろんなプログラム管理しているので、不具合修正優先度を人質各部から毎朝挨拶にやって来る(ご機嫌取りに来る)。

経理資格ももっているらしく、経理から相談に来る。

裏で何やっているのか分からないようにいつもニコニコ

たまにドスを効かした声を発す。

安直修正コメントを全く書かない(死んで欲しい)。

VBAで年度コード計算無駄連続IF文で年を列挙して書いていた(クソコード)。

下記のように書けるのにね(笑)

 YearCode = intYear - iif(intMonth < 4, 1991, 1990)

SEの腕は3(5段階評価、以下同)。

プログラムの腕は2。

人生で死んで欲しい人5本の指に入る。

  

プログラムの書き方教えたら寝かけたやつ

島人。25歳前後(当時)。

基本、面白い人。

プロプログラマー思考の真髄を見せてやったのに寝かけた馬鹿野郎

でも憎めないところがあるのが魅力。

プログラマーは諦めたのか、テスターやなぜかSE的なことをやっているらしい。人伝いに聞いた。

  

社員旅行夜這いしてクビになるやつ

話は面白いけど、少しイキったやつ。30歳前後(当時)。

なぜか芸能界の裏の話を知っていて休み時間披露する。

要領は良い方。

だけど社員旅行女性夜這いをかけたのが女性本人から会社に告げ口をされクビに。

その女性知っているがそんなに可愛い方ではない(溜まってたのか?)。

私とは別会社なので私はまったく関係ない。

  

ヤンキー上がりの強面SE

リーゼントが似合う45歳前後(当時)。

凄んできたり、睨む癖が抜けきれてない。

一度相談したら睨まれた。凄く怖かった(ウソ)。

家族持ちなのにお盆時期に1週間無断欠勤

しかし何事もなかったかのように出社。

どう処理されたのか不明

人生で死んで欲しい人5本の指に入る。

  

太鼓持ちSE

上のヤンキーSE太鼓持ち40歳前(当時)。

良い高校を出たらしいが専門学校卒。

プログラムの腕は4。

ただ頼りない顔面で、喋りが下手。でも太鼓持ち

死ななくてもいいが、いつもヤンキーSEとつるんでるので気持ち悪い。

  

おねぇプログラマー

黙っていられない。おねぇ口調。35歳前後(当時)。

昔勤めてた会社の先輩。会社喧嘩してクビに。

残業ドロボー。人が終わる時間の3倍以上かかってた。しかバグ混入率高し。

プログラムの腕は1。喋りは5。

あと、貸した金返せよ!!!

現在生活保護を受けているらしい(たぶん抜けられない)。

  

クソ、馬鹿が口癖のやつ

四六時中まわりを馬鹿呼ばわり。50歳前後(当時)。

ハラスメントまりない。不快仕事邪魔

フケを撒き散らしていた。汚いのでやめてくれ。

職場に遊びに来ている気がしてならなかった。

職場学校じゃねえんだぞ!」と言ってやりたかった(ヘタレ)。

仕事はできるか不明

直接絡んでないので死ななくてもいいが、死んで欲しいと願っている人はいるんじゃないかな。

  

最初の人だけ派遣と書いたが、他にもいる。でも省略(プロパーとは限らないって事)。

まだいろんなキャラが居た気がするがとりあえずこのくらいで。

フェイク有り)

2017-02-21

人生の節目

選択を強いられる時は、突然やってくる。

本当は幼稚園保育園等の幼いころから「将来何になりたいの?」という問いはずっと続けられてきていて

年齢が上がるにつれてその問いも志望校選びだとか、そういう話題を重ねて選択練習をしていく。

今、私は人生の節目に立たされていている。

裕福ではない為、その進路の選択は将来の事も考えるとすごく狭まっていて

例えば夢を追うにしてもデッサン教室に通って美大を目指すなんてとんでもない。

かといって働きながら夢を追うことや、学び直す為に働いた後に学校に通うということは現代ではそれほど現実的ではないのだろう、と思う。

それならばと時間を稼ぐために学校という場を選択したとする。

短大専門学校に入るのですら年に約100万円~の金額必要になって、それを奨学金で賄おうとすれば将来何百万かの借金を働き始めるスタートラインから持ち続けることになる。

その学歴は今の学歴比較してそんなに収入差が出るのだろうか。その学校で学びたい事は何ひとつないのに通い続けることができるのだろうか。

学歴、多少の勉強社会人までの時間を数百万の借金をして本当に買いたいのだろうか。

たった十数年生きてきた身に、この疑問は荷が重すぎる。

2017-02-20

ワロタ

安倍晋三の妻。

 

森永製薬元社長松崎昭雄の長女。

 

結婚したのは87年。小中高とお嬢様学校の聖心。2年制の聖心女子専門学校に進んで、卒業就職先は電通

2017-02-19

この世の中に居場所があれば

小さい頃から人見知りでプライドが高い人間だった。

親に聞いても、気難しい子供だったとのことだ。



繊細と言っていいのかわからないが、スーファミストリートファイター

位の暴力的描写が怖かったし、人にいわれた事にいちいち傷ついたりして

自分の内に閉じこもる事が多かった。



小学校くらいの時は友達が多かった様な気がする。

嫌な事があるとその人に暴力を振るったり、それが

できないと親に当たり散らしていたりした。親が自分

気持ちを察してくれないと激昂したたいたり蹴ったりしていた。

比較的楽しく過ごせていた様に思うが、いつも満たされない気持ち

あって辛かった。



中学生地元公立高校に行ったのだが、ここがまあひどかった。

基本的治安が悪く、勉強をちゃんとするやつらがいじめられて

いたり、文化的にひどかった。兄の影響でバスケットボール

始めたが、ここも不良たちばかりで基本的に気に入られる様に

たち振る舞う必要があって自分を押し殺すのが必死だった。

勉強ができればまだ良かったのだが、頭が良くなかったし、

勉強に対するインセンティブも無かった。する意味もわからなかった。

今ならわかるが。

中途半端に不良に足を突っ込んでいたが、真面目になろうと思い

中学3年の初め暗いか生活態度を改めた。勉強ができる訳じゃなかった

ので、真面目にもなれないし、居場所が無かった。このときは本当に

苦しくて何をするにも焦燥感しか無くて生きるのが辛かった。



その後、先生からは無理だといわれていた地元工業高校合格する事が

できた。

工業高校基本的資格を取って、工場勤務者を育てるための学校

そこでも生きる意味が見いだせず、ひたすら日々を無為に過ごしていた。

高校では硬式テニスを始めたがいっさい成績を残す事が出来なかった。

勉強なんてやれば出来て、その勉強が将来につながっているという

事もわからず、何か自分を活かせるものは無いかといつも考えていた。

太っていたし、勉強もできないし、背は高くないし、おでこは広い

性格は暗いし自分に自信を持てる要素なんて一つもなかった。



勉強もできないし何にも興味が持てなかったが、

親が専門学校でもいっとけなんて言ったもんで、

情報処理専門学校に行った。受験すれば受かる様

な所だ。専門学校なんてのは。

専門学校なんてのも基本的には資格を取る様な所だが、

勉強する習慣も仕方もわからなかったし、一個も資格

とれなかった。完全に落伍者だ。



その後、地元会社就職する事が出来て、上司

良い人だったが、自分根本的にだめでいつも自己嫌悪

抑うつ気分だった。仕事をしなくて給料泥棒といわれた

事もあった。

今も7年同じ会社にいる。部署は異動しているが、

基本的自分に自信が無いし、人間関係をうまく築けない。



そしてこれから何かが良くなったりする希望

持てない。30歳くらいになったら自殺したいと

思っている。


努力する習慣があれば。親がもっと教育してくれれば

もっと選択肢がある環境であれば。

自分精神的に強い人間であれば

頭が良い人間であれば

素直な人間であれば

他力本願なのはわかっている。

でも、環境も素質もなしに努力なんて

し続けられる人なんてほとんどいないはずだ。

2017-02-16

29歳。美容師退職します。

明日付けで会社退職する。

2013年増田低学歴高学歴の世界の溝がヒットしたけど。

(http://anond.hatelabo.jp/20130809115823)

本当にその通りだと思う。少し昔話をさせてくれ。

うちの家は決して裕福な家庭ではないけど、貧しくもないような家庭だった。

中学校の途中で両親の離婚私立高校入学。と重なって子供ながらになんとなく自分お金がかかることを申し訳ないと思うようになる。

高校卒業後、通信制美容専門学校へ。(本来なら大学に行きたかったが言えなかった)

働きながら、美容学校に通い学び資格習得した。

美容師仕事肉体労働だ。

アシスタントの頃は朝から版まで燧なしにお客様シャンプーカラーをする。お昼が食べれないこともよくある。

スタイリストになってからは神経使いまくる。数字が全ての世界であるために『お客さまに喜ばれる。支持されるには』をずっと考えてる。

思ったように数字が伸びなくて苦しむこともある。来店スパン新規顧客率えお考えると結果はすぐには出ない。(伸びてくると楽しくなる)

美容仕事残酷だ。

肉体労働は達成感を得やすい。

お昼を食べれなくても肉体的に疲れても、営業時間に終わりはあるのでなんとか乗り切れてしまう。

今日は頑張ったねー!疲れたねー!』なんてスタッフ同士で言い合って一日が終わる。

疲れると脳が動かなくなる。脳が動かなくなると考えることができなくなる。

一日一日をこなすだけで終わってしまう。

周りの美容師もそんな感じの人が多い。

日々の達成感を得るだけで、いっぱいいっぱいになり。

長期的にどうなりたいのか。どうなるべきか。どうなれるのかを考えている人が少ない。

思考を停止してしまってる人が多いように思える。

それが凄く嫌だった。

長期的に考えて美容師をずっと続けいていく不安のが多かった。

理由は明確。美容師を続けていく上で明るい未来が見えにくいのだ。

多くの美容師は『独立するのが夢』と言う。

独立して自分自身のお店を持って。それが幸せなのか。

独立したとして、多額の借り入れをし、週に一回しかない休みで(休みの日に講習会撮影などはざらにある)、一人当たりの生産性が平均約80万(アシスタント使えばもっと増えます)程度しか生み出せないこの仕事で夢が見れるのであろうか。

生産性が低いと当たり前だが給料は低い。



お金休みが全てではないと思うが、あまりにも夢を見にくい。

(勿論、スタープレイヤーや多店舗経営者などで収入も多く休み自由コントロールできる人もいます。)

冷静に考えたら続けていくことが難しいと思うのだ。

だけど、それに疑問を持つ人も少ない。

それが、低学歴高学歴の世界の溝だ。

他の世界を知らないから(周りも美容師しかいない)からからないのだ。

さらに言うならば『誰も教えてくれない』のだ。

自ら疑問に思い、調べるしかないのだ。

類は友を呼ぶではないが。自分の周りにいる人は自分と同じレベルの人しかいないのだ。

から辞めようと思った。

自分が変わりたいから、周りの人たちや環境を変えてたいと思った。

仕事を辞めて、環境を変えて、新しくするのは勇気がいる。

けど踏み出して新しい世界を見るのもワクワクする。

もうすぐ30だけど。全部捨てて大学に入り直そうと思う。

低学歴だけど、なんとか頑張って今から少しでも持ち直そう。って方々。

共に頑張りましょう。


独りよがり発言チラシの裏ですまん。

2017-02-14

高校に戻れたら大学なんかいかずにIT系専門学校いくか直接どっかのIT会社に入りたい

2017-02-10

優等生から鬱病になってクズになった僕の人生

死にたい ひたすらに死にたい

誰もこんな僕を知らないんだろ

僕が話すことや行動だけ見て僕が死にたがってるだなんてなんにも知らない家族他人 うざいんだよ 死ね 死んで見せつけてやろうか でも死ねないんだよ 死ね


今の僕を見てクズしか見えてないクズども死ね

僕が元学年トップだった過去なんて誰も知らないんだろ 死ねからもただのバカで低脳クズ扱い 死ね

今見てろクズ共 見返してやる なんて思ってなんにも出来なかった もう何も戻れないんだよ 死ね


鬱病になって中学1年二学期から不登校になった

それまで学校休んだことは無かった 部活も周りがサボる中絶対にサボらなかった

宿題も泣きながらやってた

テスト勉強ちょっとするだけで高得点が取れた

塾ではベスト5に入るようになった

自分が賢かったことに気付いた 友達も多かった

中学に上がって平然と30点を取ってる人が信じれなかった

逆にどうしたらそんな点数が取れるのかと疑問に思ってた

小学生からその時までずっと優等生だった 逆の気持ちなんてなんにもしらなかった


そこで僕は不登校になった

久しぶりにテストを受けた 何にもわからなくて初めて0点を取った

初めてこっち側気持ちがわかった

普通の人というのは普通にしてるだけで普通に点が取れることがわかった

でも1度でも落ちぶれる普通の人なんかよりも絶大なエネルギーがないと普通になんか戻れないんだよ

から普通の人は普通じゃない人の気持ちはわからない 普通じゃない人は普通になりたくても中々なり得ない

とりあえず死ね


そこから人生は180度変わった

親に毎日のように怒られ、びくびくするようになった

だって学校行けない自分絶望してたんだよ そして行きたかった 行けない自分を殺したいくらい行きたかった 自殺未遂なんか何回もした それでも行けなかった

そんな僕のことなんかなんにもしらず親は殴ってきた

無理矢理中学に連れていかれたことも何度もあった そんなことが起こる度に学校が怖い場所になりいつのまにか同じ年くらいの人間の声がするだけで心臓バクバクするようになった


そして僕の鬱病悪化していった

お前らのせいだよ 死ね 死ね


中学3年間家に引き篭もって2ちゃんねるゲームに浸る日々だけですごした

勉強なんかできなかった

それでも学校に行けない自分が嫌いで、普通の人のような人生を送ってないような自分が嫌いで、不登校になるかもしれない覚悟で少し遠いDQN高校入学した


そこには同じようなクズ達がたくさんいた 最初こそ同年代人間がいるだけで恐怖でしかなかったけど慣れていった

ヤンキーは怖かったけど実際悪い事言われたことはなく良い奴らだった

途中2週間ほど学校に休むこともあったけど必至にノートを写し、宿題完璧にし、流されない自分を作ろうと頑張ってた 休んでても特に何も言ってこない奴らで良かったと思った


それでも傷つきやすく、極度の不安に陥り、負の連鎖が止まらなくなることが本当によくあった

僕にとって一番苦しい時間だった


だが段々と僕はその負の連鎖に陥りそうになった時に結論を求めるようになった

そうするとただ1つ「考えても仕方が無い」という結論に毎回なることに気付いた


これは本当に自分を変えた思考方法だと思う なにか不安になった時、考える間もなく結論を出すようにした そうすると本当に楽になった それから段々鬱のような症状は無くなっていった

自分が傷つかない様に変われた瞬間だった

いつしか僕は不安にならなくなった

緊張感が無くなった

怒られることに恐れなくなった

自分がしてる行動に責任を感じなくなった

僕は高一の時は先生に真面目に思われてた

遅刻はしないし授業は真面目にノートを取ってテスト勉強もかかさずしていた

でもそれは自分が失敗して傷つきたくないからだった

高2高3になるに連れて僕は失敗しても傷つかない自分を手に入れていた

そうなることで僕は毎日のように学校遅刻するようになり授業中はほぼ寝るようになった

卒業できればいいと思いテスト勉強は最低限だけし、ノートに限っては1度もペンを握らなくなった

そんな今更戻れないクズが出来上がった

どれだけ怒られてもその場限りはいと言って何も実行できなかった

責任感が圧倒的に欠如した

人間不安や緊張は物事を頑張るためにある機能なんだと知った


理想だけを胸にこんなDQN学校じゃなくて真面目な自分友達でまた自分をやり直したいと思って大学進学を夢見た

でも僕は勉強を実行することが出来なかった

それどころか頑張ることが何も出来なくなっていた

頑張ることが出来ない人間 この世界で一番醜くて認められない、更にその上理想まで夢見てる アホがクズろくでなしが出来上がった


僕は浪人した 自分は家で勉強たかったのに父親がうるさく予備校にいけと行って無理矢理行かされた

僕はその学校不登校になった

そんなあからさまに酷いことをしてるのに何一つ責任を感じれなかった 焦れなかった 何円かかってるかわからないのにそれでも僕は責任感が欠如していた

僕は二浪した 自習室に行って勉強するようになった そこでも22時までの制限があるのに夕方20からしか行けなかった

だらだら怠惰でいつのまにか夜になっていた

10月になり初めて念願の自分の部屋を姉から譲り受けた 今まで僕は自分の部屋が無いから僕は勉強ができないと親に主張していた だからこんなにクズなんだと、自分の殻にこもれないか精神おかしくなったんだと 自分でそう思っていた

でも自分の部屋があっても勉強できねぇじゃねえかよ 死ね

自習室でやってたより勉強時間が減った

そんなこんなで今日Fラン大学を受けてクソみたいなやり込んだ問題も解けなくて衝動的にこの文章を書いた


鬱病になったらもう終わりじゃん

治ってもクズしかならないってなんなの?

俺に与えてくれたお金経験知識全てが0になった中学時代 いつまで背負えばいいんだよ

死ぬまでこんな思いしないといけないのかよ 死ね

俺に誰も期待すんなよ 絶望すんなよ でも馬鹿にすんなよ 全員死ね 俺なんかなんにも出来ないんだよ 頑張ることが出来ないんだから 死ね

どうしたら緊張感を出せる?不安感を出せる?焦らせれる? 責任感を復活させれる? ググっても逆の答えしか書いてねえじゃねえかよ 死ね

おまけにコミュ障どもり症バイトもできない バカにされるのも嫌だ 逆転人生狙おうとしたけど無理だった ニートも嫌だ 就職も嫌だ 専門学校も行こうとは思わない

ここで大学に行けなかったら一生普通人間に戻れなかった自分に後悔して死ぬんだ

もうどうすればいいの? 生きても地獄 頑張るしかないなんてわかってる って思いながら2年間を過ごした もうこの先は猶予がないだろ

鬱病死ね不登校死ね

なんで俺みたいな輝かしい人生を歩むつもりだった奴がこんなに馬鹿にされなきゃいけないんだよ 神様イエス様キリスト教信仰してずっと幼い頃教会に通っててずっとずっと純粋に信じてた

なにが信じるものは救われる? 信じても殺人事件で殺される様なもんだよ 取り返しのつかない不幸はどんな人間にも訪れてしまう なんで俺なんだよ 俺のせいで家族は不幸になるし俺はクズで何1つ責任果たせないし

死ね

死ね

殴り書きで初投稿 こんなクソ文誰も読まないかもしれんけど匿名から勘弁してくれ

俺は外面は死ねという言葉なんか一つも言わない善良気取りで周りからは優しくていい子だと思われてるよ

そのうちクズなことがバレてすぐ絶望されるけどな

死ね

2017-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20170209002119

うーん、行間からいろんなものが漂ってくるな。

>在学中はC言語からプログラミングを学んだのだが理解できずJavaもまったく理解できない状態に陥った。

相談した講師からネットワーク関係DB関係知識を深めれば就職のあてはあると言われてCiscoCCNAとか

オラクルDB資格とかLinuxLPICまで取ってたのだが学歴の壁に苦戦。

専門学校に行っても全く理解できないってことは、素養が無かったんだろう。

あと、IT場合学歴あん関係なくて(DeNAみたいなところは除く)、結果的高学歴ハイスペック人材が成果を出しているだけなんだよね。資格も実際に使えないんじゃペーパー免許と一緒。

SE肩書倉庫での作業がメインでパソコンに触れるのが在庫管理表を更新する週に1回か2回ほどだった。

テスターとかコーダーとか底辺人材ですら人手不足のこのご時世に、そんな仕事を振られるってことはよっぽど使い物にならなかったんだろう。

会社あんたを雇ったときいくらなんでも専門学校まで出ているんだから、最低限使えるだろ」っておもったら、研修の段階で想定以上に使えなくて誰も行きたがらない現場に回したんだろう。

うちの職場にも、あなたみたいな人が高ギャラのエンジニアバーター派遣されてきているけど、そいつ教育管理する工数のせいで高ギャラエンジニアパフォーマンスが下がっている。

悪いことは言わない。他の業界に行ったほうがいい。SIerにしがみついたところで、あなた派遣先派遣元も誰も得しない。

http://anond.hatelabo.jp/20170208195350

久々におかしな方向にキレッキレの増田見たな。なんでそんないきり立ってるの?

それで専門学校行って駄目だったらおまえの家族皆殺しにしていいわけ責任も取れねぇくせによく言うわなー。

専門学校に行って就職できなかった際の責任家族皆殺しだからかなり頭ヤバい

「変わりに就職斡旋しろ」ならまだ話わかった。

ほっとけよ。

自分から近寄っておいてわーわー大変だーってキチガイじゃねぇの?

元増田に言ったセリフ増田にも突き刺さるのがわからんらしい

そんな元増田ほっとけ。自分からトラバして近づくな。

2017-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20170208164508

こういう善意ぶったクズに関わってこられるとマジでめんどくさいだろうなーというのは容易に想定できるわなw

フリーターには、将来的なこと考えて固定資産税だけでも毎年、それなりの出費だから今のうちに医療系の専門学校行って資格取りなよ。

どの立場から物を言ってるんだろう?それで専門学校行って駄目だったらおまえの家族皆殺しにしていいわけ責任も取れねぇくせによく言うわなー。

ってか、多少バカでも体力(元気)とコミュ力あると人生なんとかなるもんなんだってマジで思うわ。

底辺職場って、だいたいそういうバカ職場なので、そういうバカ職場にも適応できないってことは、しんどい人生しか歩めないの確定だわな。

でも本人がそうしたいならそうすればいいだけ。

極めつけは今、遺産相続で揉めてて遺産を丸ごとだまし取られそうなのに、

からどうした。本人たちがそれでいいんだからいいだろ。

そのくせ、結婚して両親のような家庭を築きたいとか、遺産相続手続きのために訪ねた弁護士事務所迷彩柄のパンツ姿で言ってたからな。いやお前らの両親の家庭は世間一般に見たらヤバいからな。

ニコ生とか見てきたら?ゴキブリクズでも案外結婚してるぞ。できないならできなかったで希望を持つのは悪いわけじゃないし、自分を変えるのと天秤にかけてどっちを優先するのかはそいつ次第だろ。

普通の人ができることが普通にできない。自分の現状が世間一般から見てヤバいってことが分かってない。いま、やるべきことをやらないともっと大変になるってことが認識できない。

おまえってさ、そいつらの人生のなにを知ってるわけ?普通の人ができることを普通にできないならそれって国に養ってもらう方が社会のためなので働けだの医療系の学校にだのお説教するのが筋違い的外れクズじゃんっていう証拠しかならんぞ?自分の現状が世間一般から見てヤバいけどどうでもいいという人生選択は十分にあるぞ?やるべきことをやっても大変になる状態だと指摘しておいてやれやれって理屈おかしいとは思わんのかねぇ。

もうどこから手を打っていいかからない。このまま行ったら、残った遺産貯金を数年で食いつぶして生活保護需給になるだろうけど、もうほっとこうかと思ってしまう。

いや、ほっとけよ。

親でも祖父母でもないのに、このレベルをこの年齢から育てなおすとか無理。

空回りクズもいいとこだな。自分から近寄っておいてわーわー大変だーってキチガイじゃねぇの?

もう個人善意とかとかでどうこうできるレベルじゃないし、ここまで来ると本人達意識でどうこうも無理だと思う。

自分から近寄っておい以下略

もう俺たち家族疲れた。将来の生活保護受給者確定だし、かわいそうだけど、ほっといてもいいかな。

いや、おまえらが関わろうとしてたのって要は財産目当てじゃん。

あれが思い通りにならなくてやだこれもやだってぐずってるのっておまえ自身じゃん。

あとサポセンに期待するなと。あれって営利団体NPO予算ほしさに集まっただけだから

そいつ人生がどうなろうが関係なしに就職実績がほしいだけ。

こういう能力が低いだとか意欲が低い人間に対してだけは差別していい社会はずっと続くんだろうなぁ。

将来、生活保護受給者になるだろし、可哀想なんだけど、もう見捨てた

昨年、我が家から言ったら本家筋にあたる親戚が亡くなった。

亡くなった先代とその先々代が気難しかったり、人嫌いでだったり、我が家とソリが合わないことも多くて、ここ最近ずっと近づいてなかった。

残された子供、二人が20歳そこそこということと、私達、家族公務員一家ということ、家が一番近いということで亡くなってから関わるようになって驚いた。



亡くなった先代は20歳近辺の子供を二人残して先だったのだが、二人はフリーターニート。っていうか引きこもり

ニートのほうは他人とまともに会話ができない。猫背でいつも俯いてる。

フリーターは会話はできるけど、言ってることが理解できているのか怪しいところがある。



家はゴミ屋敷。何とか、どう考えてもゴミだろうというものは捨てたけど、まだまだゴミが多いし、あの二人のプライベートスペースは手を出してないから分らないが多分、ゴミ屋敷

私たち掃除してても多分なんで掃除してるのか、掃除しなきゃならないのか分かってない。

しまいには、自分たちが小さいころ乗ってた三輪車や亡くなった先代の乗ってたけど、もう15年くらい乗ってないバイクとかまで残して置きたいとか言い出してる。

ネズミにかじられたものでも、賞味期限切れものでもまだ使えるって言って、平気で取っておいてる。



食事オンリー菓子パンお菓子。たまに半額のお惣菜。よく体調悪くならないもんだと思う。

そのせいかニートは朝、起きれないみたいだけど。

そういや家の片付けをしてたら、先代は体調悪かったくせに酒瓶がゴロゴロ転がってたな。

から食費が多分、高くついてると思う。

料理すれば?と言ってもまず調味料がないし、料理ほとんどしたことがないからできないと思う。



公共交通機関、全くない田舎なのに車を運転しない。

出歩くときは、タクシー

聞いたら、亡くなった先代が危ないからと運転させなかったらしい。免許もない。

運転したほうが良いとは思ってるんですけど、心配されてたし、免許や車のお金もこれから生活考えると不安で…。

いや、タクシー使ってるほうが将来的にヤバいから

亡くなった人とかまともに責任持たない人の意見をおもんばかってたら、先に進めないよ。



飼ってる犬の避妊手術もしない。もちろんメスの外飼い。

しなよ。と言っても。そうは思ってるんですが…。



フリーターには、将来的なこと考えて固定資産税だけでも毎年、それなりの出費だから今のうちに医療系の専門学校行って資格取りなよ。

ニートには、行政引きこもり相談あるからそこに相談してみない??若者サポートセンターとかあるよ??って言っても、嫌だ。まだいい。様子をちょっと見たい。

こっちから相談したら、まずはご本人の意思が~。まずはご家族が~。

いや本人の意思尊重してたらいつまでも変わらねぇよ。ご家族フリーター危機感持ってねーよ。

しかも、相談時間は9時から4時まで。お昼の12から13時まではきっちり電話が不通になる徹底ぶり。

普通に働いてたら相談できねー。



お礼や報告、相談、連絡もちゃんと出来ないこと。

やったならやったって言えよ。出来てないこと多いんだから

結果はどうなったんだよ。なんでこっちから結果を聞かなきゃならないんだ。

お礼も「あっ…、ぁりがとうございすぅ」って消えそうな声でしか言ってこない。

ほんとにありがたいと思ってるのか。

体育会系とか嫌いだったけど、元気な声でハキハキとお礼を言うことの価値を実感したよ。



ってか、多少バカでも体力(元気)とコミュ力あると人生なんとかなるもんなんだってマジで思うわ。



極めつけは今、遺産相続で揉めてて遺産を丸ごとだまし取られそうなのに、

大事にしたくない、あの人も良くしてくれたし。でもなくなるのは困る。うーん。って結論さないこと。

このままだと取られるって実感と取られたらどうなるって実感を本人から感じられない。



そのくせ、結婚して両親のような家庭を築きたいとか、遺産相続手続きのために訪ねた弁護士事務所迷彩柄のパンツ姿で言ってたからな。

いやお前らの両親の家庭は世間一般に見たらヤバいからな。

しかもお前らは両親と違って、金もいから更にヤバいぞ。

つーか現状、このゴミ屋敷でまともに身の回りのことすらできない奴と誰が結婚したがるんだよ。

もし万が一、結婚できても同じようにヤバい奴で更に悪化だぞ。



普通の人ができることが普通にできない。

自分の現状が世間一般から見てヤバいってことが分かってない。

いま、やるべきことをやらないともっと大変になるってことが認識できない。



もうどこから手を打っていいかからない。

このまま行ったら、残った遺産貯金を数年で食いつぶして生活保護需給になるだろうけど、もうほっとこうかと思ってしまう。

万が一、一緒に住んで、掃除料理から家計管理まで教えたら何とかなるかもしれないけど、

親でも祖父母でもないのに、このレベルをこの年齢から育てなおすとか無理。


俺も料理とか掃除とか完璧じゃないけど、身の回りのことを注意するのってめっちゃ難しい。



もう個人善意とかとかでどうこうできるレベルじゃないし、ここまで来ると本人達意識でどうこうも無理だと思う。

将来的な生活保護費を考えたら、行政とかがガッツリ関わってくれたら安く済むんじゃないかと思うけど、まあ無理だろうね。

行政ある意味、周りに迷惑かけださないと介入し始めれないから。個人自由尊重する大切さもその線引きの難しさも分かる。

ある意味もっと年取ってたら、ある意味仕方ないと思って諦められたのに。

もっと小さかったら、もっと楽に育てなおせたかもしれない。



もう俺たち家族疲れた。将来の生活保護受給者確定だし、かわいそうだけど、ほっといてもいいかな。

どう関わっていけばいいのかも、どう関わるモチベーションを保てばいいのかももう分かんね。

俺より、金も何もかも恵まれてた家に生まれて、現在も俺よか金あるけど将来、生活保護受給者とかなんかおかしいとは思うけどさ。



そんなことをこの二つの日記を読んだら、俺も思って書きたくなった。



統合失調症の母をついに入院させた話

http://anond.hatelabo.jp/20170203210126


教育困難校に勤務してるけど、もう無理

http://anond.hatelabo.jp/20170207224412

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん