「メンバー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メンバーとは

2017-02-25

ヤマト負担軽減案

・各配送所に、24時間受け取れる無料ロッカー準備する。

事前の登録と、クロネコメンバーIDと、問い合わせ番号、暗証番号必要だが配達員負担かなり減ると思う。

そのクロネコロッカー利用してくれたら、ポイント2倍とかにすればある程度食いつく?

駅にロッカー配置とかやってるけど、駅から段ボール抱えて帰宅とかあり得ないと個人的には思ってるからあんまり普及しない気がする。

大陸からブルドーザーロッカーごと奪いに来た系の対策必要


%%コンビニ受け取りが負担軽減で便利とかい意見も読んだけど、ファミマ場合、あの使いにくいファミポートに「あーー!!」とか良いながらいちいち入力してて,ラベル張り替えて、店員に渡して… とか

 そういう姿を立ち読みながら見からは、あれはあれで相当負担だ。と思ったので利用してない。

2017-02-24

好きな人の話


好きな人


正確にいえば、大好きなアイドル

の子所属事務所を離れるという噂が浮上したのは数日前のことだった。


そんな根も葉もない噂話を鵜呑みにするはずがない。


確かに、ここのところ最近メディアには一人だけ不在だったりしていたが、

単に、本当にたまたま、欠席が続いただけだと思っていた。

なんなら、外部での新しい仕事が入ってそちらのレッスンや稽古に参加しているのではないかと舞い上がっていたくらいだ。

やはりあの子はすごい!すきになって良かった!

声に出して、ネットでどよめく噂をかき消していた。


そして昨日。届いたメールは数ヶ月後の新しいコンサートのお知らせ。

グループ名の表記はあるのに、メンバー表記にあの子名前がない。


の子名前

ない


おかしいな、、という疑問は出てこなかった。

一瞬で思考が停止したから。



今まで耳をふさいで聞こえないふりをしていた噂がどんどんどんどん大きくなり、確定したわけでもないのに

「噂は本当だったんだね」

「今までありがとう

幸せになってね」

「外でもやっていける実力があるから大丈夫!」

だの、、、

の子未来応援するツイートが溢れていた。

随分多くの方に愛されているわたしの推しは、とても幸せ者なんだろう。

だけど言わせていただきたい。



まだ辞めたことが決定しているわけではないからな。



たかも、あの子卒業したみたいな言い方をされるのが本当にそうなってしまうのではないかと、、

望みは少ないかもしれない。

だけど藁にもすがらせてくれ。

ずっと、ずっと大好きで応援してきた子なんだよ。

一目ぼれのような衝撃を受けてからずっと…

の子を思えば嫌な仕事だって頑張れた。

メディアで何かを発したらたちまち自分の中で名言となって心に刻んできた。

メンバーのことが大好きで、

メンバーもあの子のことが大好きで、

そんなあの子が辞めるはずがないだろ。


雑踏を書き消せないか強制手段として大好きなSNSを辞めた。

今まで何をしていたんだろうか、というくらいにできた時間

SNS時間と労力を随分削がれていたことを知った。

おかげさまで今はノンストレス

ありがたいね



の子のこと

確証を得る方法なんてわからないけどとりあえずファンレターを綴る。

好きな人に、アナログ方法しか愛を伝えることができないけれど、それで充分。

わたしは、現在進行形であの子のことが大好きだ。




誰の話だかわかっていても名前をあげないでいただきたい。

何のために匿名で書いた意味がなくなるから


待つよ。再びメディアに出てくれるまで何年だって待つよ。

その期間、優良ATMわたし貯金するしかできないけれど、

復活したときにはパーッと支出させておくれ。


そんな気が狂いそうなわたしの大好きな人お話でした。

風男塾のコジくんガチ恋のあなたへ

虎南有香さんが、ブログでご結婚妊娠を発表されました。

http://s.ameblo.jp/yuka-de/entry-12250601081.html

あなたは、素直に喜べていますか?

twitterを見ると、メンバーファン(風王って打つのめんどい)も祝福モードで、もちろんめでたいとはわたしも、あなたも思っているんだけど、それでも、複雑な気持ちになっていませんか?

そして、『素直に喜べない自分』に、嫌悪感を持っちゃったりしていませんか?

だいじょうぶだよ。

あなたは、無理に喜ばなくてもいいんだよ。

ひどい話だよね。さんざん好きにさせておいてさ、勝手卒業決めちゃうしさ。

まあ、それもコジくんが決めたことなら、って受け入れてさ、卒業公演もうすぐだな~、コジくんのダンスももう見納めか~なんて思ってたらこれだよ。

わたしはコジくん推しじゃないけれど(もっと言うとガチ恋でもないけど)でも自分の推しにこれやられたら最悪だと思う。

でもさ、コジくんを、ましてやコナンちゃんを傷つけたいわけじゃないもんね。

から本人になんて言えないし、ましてやフォロワーさんにも言えないし(と、言うか『コナンちゃん最悪!!わたしことなんだと思ってるの!?!?』的なことわめき散らしている人がもしいたら、たぶんわたし軽蔑すると思う)、でもどこかにこの気持ちをぶつけたくてぶつけたくてたまらないよね。

だいじょうぶだよ。

あなたが素直に喜べないのは、それまであなたがずっとコジくんのことを好きだったっていう証だから

その証を、無理に押し潰そうとして、自分を嫌いにならなくていいんだ。

だって、そんなあなたの想いが、ずっとコジくんのパワーになっていたんだから

そして、コジくんは、自分の力になってくれた人のことを、嫌いになるような人じゃないよ。

からだいじょうぶ。あなたあなたの本当の気持ちのまま、コジくんの卒業を見届けてあげてね。

2017-02-23

愚行録 ☆☆

ネタバレ

我々実妹原理主義者の理想とする形のブラコン妹が出てきますしかちょっと病んでる。私がパンツ映画委員会メンバーでなければ迷いなく星100個もあり得たでしょう。

評価

パンツが見えなかったので星二つです

PSO2に破棄対策実装されることによる今後の予想

クエストの破棄」に関する今後の対応について

http://pso2.jp/players/support/measures/?id=10697

 

今まで数々のゲーム落ち目になるのを的中させる日記を書いてきた俺の見立てでは

これを機会にPSO2の人気がガタ落ちする可能性が高い。

 

PSO2を知らない増田にも説明すると

PSO2ネトゲRPGであるMOで、破棄対策とはクエストの途中で自由に破棄できていたものが今後ペナルティが付く処置がされるということ。

 

【4種類のプレイスタイル

まずPSO2には大きく分けて4つの種類のプレイヤーがいる。

廃人職業アークスなどとも言われるが要は物言わぬ廃人たちだ

・準廃:能力的にも精神的にも廃人を下回っているが他人中傷して粋がっているタイプ

一般人:大多数のごく普通のまともなプレイヤー

寄生or放置自覚無自覚わずにろくに装備を整えずに他人任せの戦力外RMTなどもこれに含まれている

 

【みんな寄生放置プレイするのは嫌】

最後寄生放置に対しては準廃だけでなく一般人も嫌っており、

それを避けるためにプレイするためのブロック移動さえ発生している状態だ。

基本的な総意として誰も寄生放置と一緒にプレイしたくないと考えている。

 

PSO2にはキック機能がないし、通報しても対処してくれない】

しかPSO2キック機能はない。

しかキャプチャを取って通報しても放置だけでは運営対処しない。

ここに暴言等がセットになればBANされることは確認しているが、

ただの放置や弱い装備による戦闘に参加しない行為については運営対処しない、一切。

同席したやつに寄生放置がいたとしても我慢するしかないのだ。

から前述したブロックごと移動してマッチを避ける現象が起きている。

そして対策ひとつとしてクエストの破棄がある。

破棄することで有名寄プレイヤーに貢献することを拒否できていた。

これには現状でも受注にリアル時間制限のあるクエストの周回数が減るなど、

間接的なペナルティはあったようなもので破棄行為自体はもろ刃の剣だった。

 

【今後は破棄する側に破棄したクエストを再受注できなくする措置

実装予定のペナルティは、破棄したらその時間に開催しているクエストは二度と受けさせないというものだ。

まりどんなに無能が集まっていて放置寄生されたとしても我慢して育てろ、介護しろということだ。

これは真面目にゲームを楽しもうとしている側のみに不利益が働くためゲーム環境破壊すると予想している。

これがもし破棄側がクエスト進行の妨害目的で行われていたという前提があれば納得できるが、

そもそもの発端はまともな装備とプレイできない人間

真面目なプレイヤーと同じブロックに入れてしまうということが根本的な問題なのだ

腕前や装備による住み分けができていないからこそ放置寄生はどこにでも入り込むことができる。

 

回線落ちですらペナルティ扱い】

例え回線落ちでもペナルティが課せられる。

漏れを防ぐなら当然ではあるが、そうなるからこそ意図的ではないにも関わらずこの変更で泥をかぶる人間がいるということだ。

この変更で誰が得をするのかというと破棄されて困るような装備でくる寄生放置プレイヤーだけである

 

【このペナ実装環境がどう変わっていくのかを予想】

敵を誰が倒しても同じ経験値レアアイテムをもらえるPSO2

無理にPTを組む必要がないため、煩わしい付き合いなどをしなくていいのが利点だ。

しか寄生放置側に一方的に有利な条件がここに加わってしまった。

ここから環境の変化予測2ちゃんみたいにざっくばらんに書いておこう。

 

ペナルティ実装

寄生放置が同席者を煽ったりそれを真似する愉快犯が出てくる

寄生放置に同席しないように固定メンバー限定クエストに挑むプレイヤーが増える

野良と固定の住み分けが進む

・結果、野良には固定に呼ばれない腕前orコミュニケーション一般人寄生放置割合が日増しに増える

・どんどん野良環境が酷くなるのでさら固定化が加速する

・もはや固定メンバーを組めなければまともなゲームを楽しめないデザインになる

・フレンドやチームとの関係性を保つことがゲームをする上での最低条件として追加される

・気軽にやっていたプレイヤーにとっては余計な時間コストが追加される上にそれを拒否すればまともなゲームができない

・まず気軽にやっていた層が離れる

新規で入ってきたプレイヤー寄生放置や弱いプレイヤーを宛がわれる上に破棄できないかストレスが溜まり離れる

・結果、固定が組めるような人間けが残る

・当然収益が下がってゲームボリュームも減り辞めたものは帰ってこずに自然消滅

 

まあ、細かい説明省くと大体にしてこんな流れだと思う。

まず破棄されて困る人間っていうのが寄生放置くらいしかいないっていうのと、

破棄が多いなら同じくらいの腕前同士でマッチングするように住み分けをするのがまず先なはずだ。

完全に真面目なやつほど馬鹿を見る路線を突っ走っている。

運営の「上のプレイヤーが下を面倒見るべき」理論は昔から割とあって、

生放送でも新規プレーヤーが増えないのを上のプレイヤー誘導しないからだと愚痴っていた。

いやいや、違うだろ、と。

今残ってる既存プレイヤーたちは自分個人としてPSO2の魅力に気づいたから残っているんであって

誰かから強制されたり、何かルールによって残らされたプレイヤーなんてまずいない。

それはPSO2コンテンツとしての魅力があるからこそ成立する誘導力であって、

最初の案内やチュートリアルが雑だったり改善点あるにもかかわらず人が居付いた理由になっている。

なのにその自身コンテンツによる魅了を追加することよりもプレイヤー側に責任を擦り付けるのは違うだろうと。

あまつさえ破棄ペナを用意して下の面倒を見ろと言わんばかりの変更をしてくるのは違うだろうと。

PSO2は1人でも楽しめるからこそここまで大きくなったのに、最近では余計な人と人との繋がり推しが目に余る。

そういうのはプレイヤー自発的にすることに意味があって運営が用意して強制するべきではない。

そういった調整は余計なしがらみを産むし、それを嫌った人間が居付いた先がここであるPSO2だというのに。

メンバー固定化を加速させるようなことをしたらむしろ新人候補にならないため余計に下が割りを食うことになる。

その予想ができているのだろうか?

 

このまま「お前らが新規の面倒をみろ」というスタンスを示され続けると間違いなくPSO2は死にコンテンツに向かう。

数十万円は使ってきただけにあと2・3年は楽しみたかったが、来年まで楽しめるかどうかだいぶ怪しくなってきた。

 

あとアンケートの結果を鵜呑みにするな。

サイレントマジョリティの影響力の方が圧倒的にPSO2内では強い。

それに対してデータがないから予想や配慮ができないっていうなら今からサービス終了する準備を始めろ。

シロクマ承認欲求の本を出したらしいが

その本の本質は承認欲求には実は無い。

(もしその本の中でシロクマ本人が自分自身承認欲求分析して、私は承認欲求があるのです、だからはてなid晒していろいろやってるのです、という自己開示やってるなら話は別だが、まあ万が一あったとしてもアリバイ工作的な程度だろう)

その本質とは、承認欲求をダシにしたマウンティングである

はてなブックマークメタブに登って俯瞰()したがるような連中を満足させるための優越感ゲームである



「私には承認欲求はありません」とは流石に言えない。

言えないが、「私には承認欲求があることを私は理解している」という「無知の知方式で、

だらしなく承認欲求を求めている人間マウンティングするための方法である

この本はまさしく、その「無知の知」を得るためのハウツーであり、

承認欲求の何たるかさえその全貌を押さえておけば、

「私は自分承認欲求コントロールできているけれど、あいつらは全くそれができていない愚民」といった見下しが可能になるのだ。




典型的な例で言えば、はてブ互助会批判だ。

互助会メンバーというのは承認欲求の塊なわけで、はてブカーストでは最も下位に属する存在の筆頭格だ。

だがその互助会ブクマメタブにわらわらとタカidもいるわけで、

こいつらはこの互助会連中を見下したくて仕方がないわけだが、

メタブと言えどもブクマしてる時点で「俺はこいつらを見下せるだけの知性のある人間だ」という承認欲求の塊であることを吐露しているに等しいのだが、

それは口が裂けても言えないし認められない事実なので、何か理論武装必要なわけだ。



そういう承認欲求をこじらせまくった人間のために、

同じように承認欲求をこじらせまくった人間が本を書いた。




マッポーも極まったニッポンである

2017-02-22

http://anond.hatelabo.jp/20170222161405

問題不倫したメンバーの人望が低すぎて他のメンバーモチベーションが下がっちゃったことなんじゃないの?

復活して曲作るならエノンとメシダだけで活動すりゃいーんだよ。そうすりゃイメージダウンも全部自己責任()でいける。

労働組合メンバー組織化されていない未熟労働者は、政府賃金の低下を阻止しようとしていないことや、雇用が輸出されることを阻止しようとしていないことも、遅かれ早かれ気づくだろう。 同じ時期に、彼らは、郊外ホワイトカラー労働者マイノリティー化することを極端に恐れている)が、自分たち社会的利益をもたらすために課税されるていないことに憤慨するのだ。

と述べたアメリカ哲学者がいたんだけど、まさにその通りになったな

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170221131436

せやな。ウチは確かに匿名掲示板には向いてない。

だが、匿名掲示板構成しているメンバーというものは概ねそういう「向いていない」人たちなのかもしれないぜ? ということを言いたかった。すまぬ。

こんごとも よろしく。

アダルトチルドレンミスターチルドレンってどっちが強いの?

そもそもミスターチルドレンって誰のことなの?バンドメンバーはいい年した人たちだよね

2017-02-20

Myはてなブックマークオブザイヤー2016発表!

こんにちは2016年Myはてなブックマークオブザイヤーが決まりましたので、その前の3年分と合わせて発表いたします。



2013年大賞

ネット依存について思うこと | blog.yuco.net

http://blog.yuco.net/2012/10/net-addiction/



ネットを全くやめてしまうわけにもいかず、さりとてやりすぎは避けたいというネットユーザーには馴染みのある悩み。

はてな界隈で見ていたyucoさんがネット利用を制限している様子が自省的に書かれており、何度も思い返すことになりました。

今改めて見るとサラッと出てくる「その代わりに本を読んでいる。」という一文も刺ささり、読書の愉しみについて前より意識的になりました。




2014年大賞 非公表(アグレッシブ表現を含むため)



2015年大賞

「いい歳して美人嫉妬する私」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第12

http://cocoloni.jp/culture/49213/

大人になる=処女喪失が怖い」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第13回

http://cocoloni.jp/culture/51530/



人の悩みにここまで寄り添えるものかと感嘆したのを憶えています

雨宮まみさんは昨年亡くなられました。書籍版を何度か読み返したらTwitter感想を伝えたいと思っていました。言葉を届ける機会はあまりにも突然失われてしまます




そして、2016年大賞!


ドコドコドコドコドコ ドン



グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137



Googleが、チームをエフェクティブにするものは何かを調べた結果、一番上に来るのが心理的安全性というものでした。心理的安全性が低い状態では、チームのメンバーは他のメンバーに責められたり低く評価されることを恐れてミスをしないよう常に気をつけており、他方、心理的安全性が高い状態では仕事用ではない本来自分を出すことが出来てリスクをとれるのだとか(詳しくは検索してみてください)。職場後者のように過ごせたら素敵ですね。心理的安全性、なんて良い響きでしょう。



上記記事は読むために会員登録要求されたことがあったので別の優れた記事も示しておきます

Google完璧なチーム

https://www.infoq.com/jp/news/2016/10/google-perfect-team



そして、心理的安全性といま流行りのけものフレンズを結びつけているのが次の記事です。職場にいるのがサーバルちゃんだったら、安心して自分を出すことができそうです。

技術フェローが「すごーい」「そうなんだー」「たのしーしか言わなくなった件 - Misoca開発ブログ

http://tech.misoca.jp/entry/2017/02/10/113003




2017年も良い記事出会ますように。

2017-02-18

なんか役立たずになってしまった

ドキュメント資料作成が得意というわけでもない

オフショアを取りまとめたり、メンバー進捗管理が得意なわけでもない

技術に詳しいわけでもない

なんかどうすればいいのかわらなくなった

2017-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20170216191749

女性男性の慰み者として描写しない」ってのがまず大前提たるポリコレなんだよ。

例えばポリコレ無視したアイドルアニメとしてWake Up Girls!ってやつがあっただろ。

あのアニメアイドルは「キモヲタに支えられる存在」として書いてあって、作中ではパンツが見える。これはつまり男性性的に消費するためのコンテンツ」としてアイドルを扱っていることになってポリコレではない。

故にあんまりヒットしなかった。これは事実だろう?

そこのところアイマスラブライブも一応避けている…はず。なぜか男性メンバーがいないという話はあれども、ちゃんとポリコレっぽくなってるんだよ。

ちゃんと考えてるんだ。角度とかを。

スポーツのない平和社会

スポーツのない平和社会が来てほしい。

いか高体連死ねよ※1。

※1 死ねは、法人格解散意味します。メンバーのだれかが死ねかいってるわけではないです。

2017-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20170215160952

復職する気ないから「保育園は入れるとこあれば入れる」みたいな感じらしい。

まあ、本人の自由ではあるけど、会社で真面目に働いて頑張って復職してるメンバーにしてみたらそんなとこに手当行ってるのたまったもんじゃないよ

2017-02-14

東村アキコって割と周りのこときちんと考えてるんじゃないか

東村アキコが周りに不快感を及ぼしていると言う意見を見たので書く。

私は東村アキコは周りをネタにしつつ笑いを取りつつも結構周りのことを真剣に考えてると思う。

東村が周りのことを真剣に考えてるなと思ったきっかけがヒモザイルだ。


当方30代中盤正社員として勤めて結婚しているが

30代になるまではアシスタントヒモザイルたちとほとんど同じ状況だった。

東村友達ヒモザイルたちに対して「あんなのになったらどうしよう」と言ったらしいが

あれは別に特別なことではない。非正社員の男に対する世間一般評価あんものだ。

何度就労先や恋人から似たような言葉を投げかけられたことか。数えればきりがない。


「男の派遣社員なんてまともな人間じゃないからな。」

派遣社員とは結婚なんてできないよ。」

「また契約社員犯罪か。お前も犯罪に走るなよ。」

「きちんとした仕事についたら結婚してあげてもいいわ。」


ちなみに正社員としてそれなりの待遇になると周りは掌を返す

世間はそう言うものから仕方ない。


ヒモザイルメンバーに対してもはてなのみんなも内心は

「後10年もしたら人生詰むな」と思ってるだろ?


それは実際間違いじゃないし、10年前にフリーターをやっていて

そのままやり続け人生積んだ人を多く見てきた。

ヒモザイルの中から超ヒット作を出すような才能が現れるかもしれないが

半数以上は確実に嫁なし、金なし、未来なしになるわけだ。


高収入の女の婿として生きる道があるならそれでもいいじゃないか

どうせ代案なんてほとんどないんだから

このままいけば人生詰む人たちに生き残れる可能性のチケットを渡すことがそんなに悪いことだろうか?


ヒモザイルたちを救うためにヒモザイル再開を願う人達

清きブクマを下さい!

結婚トータルフットボール

現代サッカーでは、攻撃側の選手積極的守備をしないと守りきれない。

現代サッカーでは、守備側の選手積極的攻撃に参加しないと点が取れない。

攻撃仕事守備家事育児と捉えると、現代結婚も同様に、

昔の家族祖父祖母、父、母、息子、娘、etc...)よりもメンバーが少ない現代家族(夫、妻、子)で、

さら攻撃が中々点を取れない(給料が低い)状況では、

ポジションを流動的に変更し、且つ全員攻撃全員守備をしなければ勝てない(生きていけない)

仕事は夫に任せて楽したい、家事は妻に任せて楽したい、嫌なことは全部相手押し付け自分は楽したい、

と考えている人にとって、結婚無意味時代になった。

http://anond.hatelabo.jp/20170214170850

異議あり

田代まさしプリンセスがいっぱい』はモデルとなった女の子達が一般少女達であって、別段芸能活動もしていない。それをアイドルゲームとは言えないのではないか

その点、『チャイルズクエスト』に登場するチャイルズ現在メンバーの一部がテレビに登場するような実在アイドルであるのだ!

どちらが真のアイドルゲームかは自明の理

2017-02-13

町山智宏、あんたしぬわよ?

町山は悪そうなやつじゃないっぽいから教えてやろう。

君が相手にして居るのはC○Aの下部組織の○○○○○○の創設時のメンバーだよ。

から適当なこといってても支持者が一杯居るわけ。

日本民主主義国家だと思っているなら見識を改めた方がいい。

福島知事逮捕東電OL陸山会プチエンジェル日航123、ロッキード、STAP、ライブドア

怪しい事件なんてきりがない。

Twitter更新せずにスルーするか。削除して逃亡しておけ。

2017-02-12

豆腐プロレス面白い

一言で言えばAKB女子プロレステレ朝深夜ドラマ(土曜24:35)。それだけで偏見ありそうだが騙されたと思って見てみろ。

ジャンプストーリー好きな人はハマるはず。

まずプロレスシーンがしっかり作られてる。ミラノコレクションA.T.下田美馬といったコーチ半年間教えた上で撮ってるから様になってる。

特に工事現場同盟のタッグ2人(ユンボ島田・クイウチ松村)の悪役感が素晴らしい。

そしてAKB以外の脇役もいい。主人公ライバルジムボス渡辺いっけい主人公を教えるコーチ今野浩喜今野はまだ出始めたばかりだがいい味出してる。

AKBでもこれまでにAKBドラマに出なかったようなメンバーが抜擢されてる。工事現場同盟2人もそうだが、特に木下百花NMB48)。謎の人物役がハマってる。そして身体能力の高い(が人気は無い)湯本亜美アクロバット披露。いつも固定メンバー・人気メンバーばかりドラマに出てるAKBではこれまで無かった人材登用だ。

昨日4話放送されたところだが、最初AKBファンでもアイドルプロレスなんて・・という声が多かったが、今では純粋物語面白いと掌がえしが増えてる。

是非1回見てほしい。ただ、深夜に湯豆腐が食べたくなるのが難点。

中途半端俺。

社命で部下引き連れて出向してる。

出向先会社メンバーは「出資してもらった会社からきた社員と一緒に頑張る」という意識じゃなくて

出資を受け入れてやったんだから、手伝う社員寄越せ」というスタンス

金出してやって社員行かせて、しか冷遇ってそりゃあーた、無いでしょ…。

俺のミッションは、我慢しろ出資金は5年で回収、IPOさせろの3点。

仮にIPOしても上場益は自分や部下達には入らないし、自分本社に持分還元される金額

せいぜい3桁億程度。しかもワンショット

本社全体の売上からすればゴミみたいな金額のために自分を殺して働く。

回収目処が立たなけりゃ、日本各地、海外にも拠点があるから、好きなとこに行かせてやると。

それ懲罰人事やないか…。

これが中途半端役職ついたリーマン現実。ちなみにお小遣い制で月に4万円だぞ。

2017-02-10

いいファンでいたい

この前あるライブイベントにいってきたときの話

目当てのバンドのほかにいくつか呼ばれてるイベントみたいな感じでどのバンドもめちゃくちゃよかった。

久しぶりにはずれなしだったなとほくほくだったし給料日直後で財布には余裕があった。

1つとても気に入ったバンドがあって、初めて名前をきいたけれどせっかくだしCDを買って帰ろうと思い終演後に物販へ

メンバーが物販に出ていることもあり直接感想を伝えるチャンスだと列に並ぶ。

列といっても目の前のお姉さんが差し入れを渡しにいているだけのようだったのでお話が終わるのを友人と待っていた。

ところが待てどくらせど終わらない。

たった1人と話をしているだけだろうになかなか終わらせてくれない。

しろをちらっと見やるスタッフ、気づかない差し入れお姉さん。

こちらに気づくメンバー、気づかない差し入れお姉さん。

推しに自分差し入れ説明をするのに必死で後ろの俺に気づかない。

あの、と声をかけたものの「すぐ終わるので!すみません!」

お姉さんはどうやらそれなりに古参のようだったけれど

俺の後ろにも何人か待っている人がいたんだから

(別のバンドTシャツを着ていたかライブを見て気になって物販にきたクチだろう)

少し配慮してほしいと思ってしまった。

友人曰くこのバンドの"古参"は所謂老害のような存在が多く今回の物販の出来事

1人だっただけマシというふうに言っていた。

いくらバンド演奏がすばらしくてもファンを見て嫌になってしまうのはとても悲しいし

自分はそうならないようにしようと強く心に誓った。

しりこだまさんのこと

(身内の人間がこの文章を読めば、私が誰だかすぐにわかってしまうかもしれません。 気付いた方も、何も言わずにそっとしておいてくれるとありがたいです。

タイトルのしこだまさんとは、今ベストセラーのあの話題の本の著者であるこだまさんのことです。

そしてこの文章は長い上にただの自分語りです。

こだまさんファンが喜ぶような新情報は一切ありません。)







私がこだまさんとインターネット上でほんの少しだけ接点を持ったのは今から8年程前のことだ。

女性審査員だけを集めて男性大喜利に点数を付けようという企画で、この企画が当時2chで叩かれた。

女性大喜利はつまらない、女に上から目線審査されたくない、女だからって調子のんな等、まあ今であれば流せるような悪口が書き立てられたのだった。

まだ二十歳そこそこでインターネットに慣れていなかった私は深く傷付いたものである

このとき同じく審査に協力した10名ほどのメンバーで、私たちスカイプグループを作りチャットでやりとりをしていた。

皆どっぷりネットにはまったような人たちで、私を含め現実人間関係ではどこか疎外感を感じているような人間の集まりであった印象だ。

当時私はインターネット世界に触れることで初めて自分の居場所を見つけられたような気がしていて、それまで自殺のことしか考えられなかった自分がこんなにものびのびと発言出来る場所があったのかと毎日新鮮な日々だった。

引きこもり統合失調症大学中退自殺未遂とめちゃくちゃな転落人生のなかで、インターネット上でなら自分がまるで普通女子みたいに他人とおしゃべりが出来るのだと知ったことは嬉しい驚きだった。

ある日手違いでそのスカイプグループから抜けてしまい、ちょうどそのタイミンググループに入ってきたのがこだまさんである

こだまさんは審査員メンバーでありながら、それまでスカイプチャットグループには入っていなかった。



塩で揉むというブログがある。こだまさんが当時から書いていたブログで、私は彼女の大ファンだった。

偶然私がチャットを抜けたそのタイミングこだまさんがグループに参加したことを、私はこのブログで知った。

そこには、おぼろげな記憶ではあるが以下のようなことが書かれていた。

女子のみなさんは可愛らしく眩しくて、私は脇をぱかぱかさせながらワキガでーすと言うことしか出来なかった。」

自虐である

私や他のメンバーのことを悪く書いていたということも一切ない。

しかし、なぜか私にはこの記事がめちゃめちゃショックだった。

この内容でショックを受けてしまったのはあくまでも私の個人的出来事であって、こだまさんに非は一切ない。

記事には例の企画参加者たちが多くコメントを寄せており、「やっぱりこだまさんは馴染めなかったんですね、こだまさんさんは俺らの仲間ですね」といった雰囲気で、彼らは2ch悪口のことを私に思い出させた。

それらのコメント群に対しこだまさんは同調することも否定することもなく、誰から見ても感じの良い返事などを返していたし、コメントを寄せていた人たちだってこだまさんのファンであり仲間意識があったというだけで、2ch書き込みの人たちのように私たちを下に見ていたという訳ではなかっただろう。

しかし当時の私は「こだまさんに疎外感を与える女子たち」対「2ch私たち悪口を書き込む虐げられた立場の仲間たち」の図式が頭に浮かんでしまった。

これまでずっと「普通の人」たちと馴染めないことが悩みだったはずの私にとって、これは衝撃的なことだった。

より疎外感を感じている人たちに、「俺らとは違う普通女子」として、自分は憎まれるような立場になってしまったのだと感じた。

さらには、「なぜ普通にできないの」と馬鹿にされ普通になりたいと心から切実に願った子供の頃の私や、普通じゃなくてもいいじゃん、と我が道をゆく決意をした筈の10代後半の頃の私、そしてインターネット上で普通女子として振る舞うことに浮かれていたそのときの私とが、こだまさん前では酷く不潔なものであるかのようにさえ感じられた。

考えすぎのただの馬鹿である

もちろん当時でさえ、被害妄想であり加害妄想であることはわかっていた。

私は彼らに脅威をもたらす女子として「加害者側」にいる、というおかし自意識と、その反動からくる強烈な被害妄想とで、頭が混乱しはじめた。

18の頃発症した統合失調症が再発したわけではない。

自分でも、こんなのは馬鹿げた自意識過剰妄想である自覚しながらも、こだまさんと私は対立関係にあるような錯覚に陥ってしまったのだった。

スカイプチャットグループには当然戻らなかった。

8年経った今でも、こだまさんのブログを読むとまるで自分が無神経にこだまさんの部屋に押しかけてくる押しの強いこだまさんの同級生であるかのような、こだまさんの職場理解のない同僚であるかのような、または現実空想の境目が薄い妄想癖のあるけんちゃんであるかのような、不思議感覚に陥ってしまう。

私は所謂普通の人」、「あちら側」の人間であり、ブログを読むことで秘密を共有できる「こちら側」には二度と戻れないのだと。




いい歳になっても周りと馴染めず、常に疎外感を抱く私にとって、こだまさんの文章とき処方箋のように私の心を勇気付け、と同時により強い副作用をもたらし続ける。

この文章がもしこだまさんの目に触れてしまったとき彼女が傷付くようなことだけはありませんように、それだけ祈って終わりにします。

(初めてはてなに書き込むので操作上の間違いがあったらごめんなさい。)

2017-02-09

推理ノート舞台「孤島の鬼」(2017版:江戸川乱歩 原作

昭和文学を、『情愛推理ミステリーとして真相を探します。

推理小説におけるロマンス描写」を、絶対真実な添え物とスルーするのではなく、本当の謎解きは情愛部分にあったのだとみなします。



随時更新


はじめに

私の持論として。一番大事なことは『自分作品スッキリ楽しめたか』という部分であり、正解のない舞台作品考察というものは『よりスッキリした心で作品を愛する』ために行うべきである、と考えている。

作者の真意とかメッセージとかは観客に都合のいい時にだけ引っ張り出せばよい駒であり、エンタメ世界に『解き明かすべき絶対の謎』なんて無いのである

「楽しんだモン勝ちや!」である



その観点で言えば、初見の私の感想は、もうグッドエンドとして十分だった。

http://anond.hatelabo.jp/20170206104211

作品構造を分解すると唸るほどしっかり構築されていることがわかり、「ただ自分が見たままを感じ、考察などせず楽しむべき」類いの舞台ということが浮き彫りになって仕方がない。



しかし私は、好奇心と言うか…感動を共有できない淋しさと言うか…出所のわからない衝動に駆られて、本作を『ミステリー』として推理することに踏み込んでしまった。

そしてこの目的で2回目観劇したことを多いに後悔していたのだけど、今わずかばかりの希望の光が見えてきた。

犯人トリック推理する殺人ミステリーではなく、二人の人間の有り様を推理する情愛ミステリー

簑浦も諸戸も幸せになれる最適解。



ですので、自分でも自分なりのトゥルーエンドを目指しますが、時間リミットがあるため、もし同じくこの迷宮にうっかり足を踏み入れてしまった探偵さんがいらっしゃれば、ご助言を賜れると幸いです。

目指すゴールは『スッキリ楽しめて、より作品を好きになる』こと。



謎:世界構造登場人物

本作は深い意味で「原作に忠実」だと感じるのだけど、原作をそのまま演じている訳ではない。

今のところ私にとっての最大の謎は、この世界階層構造登場人物である

私に見えたキーパーツを挙げていく。

世界構造

これらの関係性・正体がまだわからない…

また、注釈の挿入タイミングを正確に記憶していないので、区別が間違っているかもしれない。



登場人物

基本的に諸戸は今回の舞台上では同一存在だと考えていますが、そう見えるだけかもしれないため分けておきます



重要証拠

随時更新

謎:観客の主観による『明言されていない内容のミスリード検証

我々は『なぜ』錯覚していた?

推理中に変動するため随時更新

人物相関

人物像まとめ

前提として、本編はすべて「諸戸」と「簑浦」で代替できる隠喩要素のみで編纂されている。(秀ちゃんの手記、丈五郎過去、など)

また、一般的に「嫌悪感」を感じるもの排除し、極限まで美しく描いている。(ビジュアルはもちろん、諸戸の性的侵略も)

本編の《みのうら》
  • 『私』と『箕浦』が演じている
  • 本編の世界を生きているので未来を知らない
わたし
  • 本編の語り手
  • 原作では「主人公(或は副主人公)」
  • 諸戸と対、ないし鏡のような同等の関係。簑浦?
  • 『私』と『箕浦』が演じている
  • 本編世界の上位存在なので、(少なくとも諸戸が亡くなるまでの)未来を知っている
  • 《みのうら》として本編に介入できる
  • 《みのうら》を操ることができる?

→諸戸から握手を握り返さない『箕浦』に諸戸は驚き『私』を見詰める。すると『箕浦』は諸戸の手を握り返した

諸戸(《わたし》の世界
諸戸
  • 簑浦を同性愛として求めて止まない
  • 自身に対して非常に強い罪悪感や劣等感を抱えており、スーパーエゴとイドのちぐはぐさに苦しみ怖れ震えている
  • 「諸戸の葛藤自意識」と、「諸戸と簑浦」について、2017舞台版では秀ちゃんの手記で語られている。(正面を向いて語っている時の内容は隠喩パーツ)

----

箕浦
  • 完全なるノンケ
  • しか同性愛嫌悪していない
  • 諸戸から性愛アピールをまったく感知できない。しかし諸戸が自分に恋していることを頭では理解している。しかしわかっていない。
  • 諸戸を親友と思ってとても信頼している
  • そのため「初代を殺したのが諸戸ではないか」と疑った時、井戸の中で諸戸が性愛の拒絶に唸り雄叫びを上げたのとよく似た体で、のたうち回りながら信頼の裏切りに悶え苦しんでいる
  • 学生時代のあの夜に諸戸が泣きながら請うた「わかってさえいてくれればいい」「どうか僕から逃げないで」「僕の友情だけでも受け入れて」「僕が一人で想っている自由だけでも許してくれないか」という願いを、字面通り叶えようと作り変わった簑浦
  • 諸戸からの接触に拒絶しない
  • 諸戸と共に友情のまま逝くことを井戸の中で受け容れている
  • しかし、井戸の中で諸戸が簑浦に「今こそ、僕の願いを容れて、僕の愛を受けて」と、矛盾する願いを請うてしまったため《みのうら》から追い出される
  • 《みのうら》と《わたし》を演じる
  • 『私』とは別人
  • 『私』とは並列の存在で強弱なし。お互い干渉できる。

-

『私』
  • 同性愛嫌悪している
  • しか学生時代再現を諸戸と行っていた際、あの夜の諸戸の嘆願を哀しそうな顔で聞いている。
  • あの夜のせいで学生時代で諸戸との関係は終わったと思っていた。実際に以後彼は井戸まで《みのうら》役を降りる。
  • 諸戸が『箕浦』演じる《みのうら》と接触した時、諸戸に向けて嫉妬するような軽蔑するような視線を向ける。それは秀ちゃんに恋した『私』が「軽蔑するかい?」と問いかけ「恥はないのか!?」と返した諸戸(《わたし》の世界の方)が向けた視線と似ている。
  • 『私』が諸戸に「嫉妬している?」と尋ねてしまったがために、諸戸が抑え込んでいた愛欲が暴走する

-



随時更新

世界構造考察

随時更新

情報求む

  • 冒頭の『妻の傷』は「右側」と言われたか位置を明言してない気がするが…)
  • 石田さん演じる箕浦は、『諸戸』と呼んでいたか
  • 諸戸は2回、自分嫉妬告白している。対初代と対秀ちゃん。その告白の様子と、それを聞いている『私』と『箕浦』それぞれの様子と反応はどうだったか
  • 手記の中での秀ちゃんと吉ちゃんの服に汚れはあるか
  • 島で会った秀ちゃんと吉ちゃんの装い
  • 発狂した丈五郎について「私はあの景色が忘れられそうにない」と語っていたのは誰か?(舞台版での役者と正確な言い回しだけでも大変助かる)
  • そもそも原作内での「書き物」(本編)が、簑浦と諸戸の共著である可能性が非常に高いのだけど、その辺りの原作考察情報

→本編は経験談の体なのに、諸戸のセリフにも括弧を入れて諸戸のモノローグが挿入されている。簑浦のモノローグはほぼ《私》であるのに、諸戸のモノローグはしっかり《僕》

根拠資料

観劇2回目の備忘録http://anond.hatelabo.jp/20170208235429

(着眼項目リスト理由http://anond.hatelabo.jp/20170207171941

観劇2回目で受けた印象:http://anond.hatelabo.jp/20170209051208

初見感想を書いた後のメモhttp://anond.hatelabo.jp/20170207200710

2回目後の本記事に収まらないメモ:随時更新

参考資料

P-modelにはまった

まれから18年経つが、これまでの人生で私に贔屓のバンド存在しなかった。

電波ソングマイケルジャクソン、そして明和電機だけは好きでよく聴いていたが、クラスの友人が話す好きなバンドの話、なんてものに一切ついていけなかった。高校生らしくないな、とは私も思う。

さて、おおよそ1か月ほど前にネットサーフィンをしたところ、とある動画にたどり着いた。サイケデリックな背景に、アルカイックなCGが動いている。黒で透過したんだろうな、と思わしきバンドメンバーらしき人たちに、私は虜だった。

私はその瞬間、「P-model」に強く惹かれ、様々なワード検索をした。根がオタクなのだ。仕方ないだろう。

気が付くと私はアルバムP-model」を購入し、通学路で何度も何度も聴くようになった。次は「KARKADOR」を購入する予定だ。好きな音楽CDを購入して聴く、こんな幸せなことはない。


贔屓のバンドが出来た私は、これで堂々と友人らのバンドトークに入っていくことができる。

最近P-modelにすごいはまってさー」

・・・誰?」

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん