「批評」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 批評とは

2017-04-26

オタク表現規制

 オタク自由放任主義右翼親和性が高く、いろいろと口うるさい左翼とは親和性が悪い。

 左翼は、その攻撃性でオタクを敵に回した自らの愚かさを悔いるべきと言う言説を最近良く見かける。

 その言説について思うところを描いていく。



 左翼による攻撃があった事は事実である


 ヘイトスピーチ所謂言葉狩り」については、間違いなく左翼と呼ばれる人たちが中心になっている。これらについては、人権の基本である他人人権侵害しない」という原則問題でもあるが、チャタレイ裁判に関する憲法学界隈から反論(1)や、大日本帝国時代児童文学新聞規制言論統制のものに変化していった前例が示すように、原則否定するべき物ではない。

 また、宇宙の戦士に対して、ファシズム的と言う評価(2)や、さらば宇宙戦艦ヤマトラストシーンに対しては、それぞれ「軍国主義的」について言及があったことは確からしい(3)。

 漫画関係表現規制で真っ先にやり玉に挙げられる「悪書追放運動」では「軍国主義への回帰」と言う表現が使われてきた(4)。

 これらの理由からオタク左翼的言説を嫌うことには一定理由があることがわかる。


 その上で、右翼放任主義という主張は疑わしい。

 チャタレイ婦人事件からずっと、右翼はむしろ表現規制側に回っていた。猥褻物公序良俗使用した最高裁判決に対しては、保守派批判する側の法律学者の方からこそ強力な批判が行われていたことを思えば、左翼表現の自由不寛容と言うのは、この手の表現の自由に関連する議論の実状からかけ離れているように思える。

 悪書追放運動以来漫画規制では政府与党応援してきた。悪書追放運動主体の一つである主婦層の応援をしていたのは、逆コースまっさかりだった当時の政権与党である

 所謂「左」が表に出ていたのは事実だが、思いっきり「右」がそれに乗っかっていることもまた事実なのだ

 84年の衆議院予算委員会で、マンガ規制するための法律の導入を求めたのは自民党の政調副会長だった三塚博氏だし、中曽根総理もそれに大いに賛同していた。

 漫画関係でも、保守派麻生議員とかは、漫画規制積極的な人だし、東京都でのマンガ規制が著しく深刻化したのは石原慎太郎都知事だった期間だ(5)。

 漫画に対して公序良俗に関するとして出版禁止のための法整備を実際に行ったのは自民党だ(6)。

 つーか、なぜかよく言われる「左翼の側が、オタク趣味ポルノ呼ばわりして規制している」と言う言説とは裏腹に、実際にオタク趣味ポルノ扱いして規制しようとしているのは保守政権側のほうが明らかに多い。ってか、実際何度か規制に踏み切っている。

 ついでに、戦前でも児童文学表現に著しい規制が付けられていた。

 表現規制問題を見ていると右も左もオタクとは親和性が悪そう。

 それどころか、この10年の間は、マンガ表現規制保守の側から行われている。

 だと言うのに、どう言うわけか保守層放任主義と誤解している意見が不自然なほど目立つ。

 幾度か、マンガ規制法制化がされるときに反対に回ってきた共産党立場がない。いや、共産党もちょくちょくマンガ規制するよう求めてはいたか濡れ衣ではないのだが(7)、法制化を阻止するために動いた(8)という一点においては、力が及んでいたかはさておき、むしろ表現の自由については無理解というわけではない。

 にもかかわらず、左翼教条的で何でも規制する頭の固い連中で、保守派は様々な価値観を認めてくれる懐の深い存在という、表現規制法制化の歴史を紐解くと真逆しか思えない、訳の分からない言説が結構広まっている。

 ……本当に、どう言うことなの?

 理由を考えてみると、実際の活動兎に角左翼系の攻撃の方がオタクの方に印象に残りやすかったのが問題なのではないだろうか。悪書追放運動発言や、ウルトラセブン12話、ジャングル黒べぇの封印や、さらば宇宙戦艦ヤマト宇宙の戦士への批判小説批評批判自体はまっとうな活動なのだけど)等、人気作品への影響が大きいこと為、実際の活動量以上に目に付く機会が多かった。

 特にウルトラセブンの「第12話は欠番とする」と言う趣旨文言は、兎に角目立つ。簡単に閲覧可能な人気シリーズに、「抗議による封印」の痕跡がポツンと残されているのは、イヤでも目立つ。

 また、政府肝いり団体でも、悪書追放運動の折りは基本的に「左翼」に同調する言動をとっていた。

 恐らく、「左翼」の認識が悪くなったのは、ここら編が原因だろう。

 で、そこから反対の陣営自分たちに寛容と勘違いした。

 その上で、90年代後半から2000年代初頭の「サヨク人権を御旗に自由侵害しようとしている連中」とか言う、自由主義史観発のいい加減な認識が、雑な認識化学反応を起こして、いい加減な認識を加速させたと言うのが実状ではないだろうか。

 00年代前半から10年、警察保守政権の側からによる表現規制が著しく深刻化していた時期に、そちら側からの影響が殆ど省みられていない現状を鑑みるに、自由主義史観発と言うか、小林よしのり発の「人権を美旗に世界の均質を試みている」と言う趣旨認識の影響は少なくない気がする。

 余談だが、戦前表現規制に対する反省と言うことで使われた「言葉表現問題ではなく、実際に差別をなくすことこそが重要だ」と言う考えが、この保守派への契合に対する触媒になっている節があるのは中々興味深い。

 左翼表現規制……所謂言葉狩りにも一片の理がある。

 実質的に、差別助長していたり、差別に根ざしている表現を使い続けることによる、現状の肯定差別の強化自体問題にされてしかるべきだ。

 キチガイと言う言葉が使われなくなったために、統合失調症の人の気持ちが幾分か楽になったと言う証言もある。言葉を狩っただけで問題解決されるわけではないが、差別に使われるメインウェポンを使用禁止にすること事態を無価値と断定することも、非常に問題がある考えのように思える。

 一方で、一片の理が合っても問題があるのは事実。だからこそ、チャタレイ裁判以降、多くの憲法学者表現規制のもの問題にしてきたし、前例がある以上、この手の批判積極的に行われてよい。

 兎に角、「表現規制する要理も、現状の改善の方が重要」と言う言説が「表現問題ではないのだから、どんな差別的表現を使い続けたってかまわない」と言う理屈正当化に使われ、惹いては、差別語を平然と使い続ける側の心強い理論武装になってしまっているのではないか

 いい加減話を終わらせるために、まとめに入る。

 「どんな表現にも寛容な保守と、教条的表現規制を押し進めようとする左翼」と言う、表現規制歴史に多少なりとも興味が有れば噴飯もの理屈ネットの世まかり押し通ってしまうのは


60年代悪書追補運動の折りに、法制化を進める活動家よりも、直接行動を行う「左翼」側の活動の方が目立った

・「セブン12話」や「宇宙の戦士批判など、容易な「左翼の抗議による作品封印」の戦果に容易にアクセス可能

00年代前半、個人サイト全盛期に自由主義史観初の雑な政治認識流行した

・「表現だけではなく、現状を変える事こそ重要」と言う、それ自体はまっとうな言説の悪用

 と言った要素が、悪魔融合を果たした結果ではないだろうか。


(1)浦辺法穂「全訂 憲法学教室」161~163ページ、岡田信弘「憲法エチュード86~91ページ

(2)ロバート・A・ハインライン宇宙の戦士」483~484ページ

(3)牧村康正・山田哲久「「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展狂気」第4章栄光は我にあり、広がりゆく波紋、第10段落

(4)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」100~102ページ

(5)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」177~180、196ページ

(6)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」143~144ページ

(7)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」139ページ

(8)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」129~130、143~144ページ

2017-04-25

anond:20160522084213:何だろう…この批評は…批判の為の批判

http://anond.hatelabo.jp/20160522084213

何だろう…この批評は…批判の為の批判?色々理屈をつけているが要は作品にちりばめられている価値観や展開が自分好みでない、でもそれをそのまま言うと「好き嫌いだ」と呆れられるので専門的な評価を装っているようにしか見えない

>全くそうとしか取れない、それ以外の情報も全くない絵とセリフ提示してくれるのよ。

小学生女の子が初めて描く漫画みたいなネームだよな

要するにすっごい単純な情報しかないのね。常に。

まらないお話情報量の少ない最も単純な見せ方で常に提示してくれる。

悪い意味脚本家と直接おしゃべりしてるみたいな視聴体験

脚本家の思い付きをそのまま聞いてる感じでさ。

その思い付きはいろいろと技巧と工夫凝らして商品にしてからはじめて視聴者に食わせるものじゃないのかい

やりとりもリアクションもまた極度に情報量がない。別々の示唆が絡み合うような効果全然ない。

------------------------------------------------------------------------------------------

これって一部分だけ切り取っているよな?全体的に示唆が全く無いことは問題だろうが直接的な台詞が入っては一切だめだという道理は無い、全てのシーンで直接的な台詞は言わせずに示唆だけで構成するって無理だろうしそ無理やりにそうすれば直接的なやり取りもほしいのでそれはそれで物足りなくなるだろう、直接的な台詞のやり取りばかりに偏る(その逆も然り、何事も偏りは良くない)なら問題だろうがとあるシーンにそれがあるからといって批判するのはおかし

そもそもこの人は直接的なやり取りは下位で示唆を上位の表現だと決め付けているが使い分けやバランス重要なのではないのか?勿論、千鳥気持ち視聴者は分っているがそれをあえてアップで口にすることで千鳥の思いがぐっと鮮明になる、現実恋愛でも思っているだけでは駄目で言葉にしてほしいという感情があるのだから「分っていることをわざわざ言わせるなよ」という主張はそういった感性を感受できていないだけではないだろうか


逆にこの人の評価する作品を聞いてみたい、直接的な台詞の一切登場しない作品ってあるのだろうか?どうもこの人は色々理屈をつけてはいるが本音は「女の子男の子を気遣うことが気に入らない」とかミサンドリー的な別の理由があるのではないだろうか?というのはキズナイーバー批判

「なんで男ばかり得をして女の子片思いが誰1人報われないんだ」とか

「俺は女の子幸せになってほしいのに、キズナイーバーは男キャラばかり勝ちすぎで女の子はのりちゃん以外想い人と結ばれないとかふざけんなって思ったよ女の子片思いは報われないのが現実恋愛だ? そんなこといつ決まった?マリーの過去作品では男キャラでも報われないキャラいたのに、キズナイーバーは3人全勝とか異常だわ」とか

「男女の恋愛物語は完全に終わったよ恋愛結婚出産もこの国ではノルマからね」といったフェミニズム系の主張がある(俺といっていても男とは限らない、別に男のフェミニストが居てもおかしくは無いが)http://yusaani.com/topics/2016/10/03/364783/

フェミニズム男嫌いなのは周知の事実だがそれが故にフェミニズムは男を敵視(ライバル視)しており「男だけが得をして…」とか「男キャラばかり勝ちすぎ」とか「過去作品では男キャラでも報われないキャラいたのに、キズナイーバーは3人全勝とか異常だわ」という発想が生まれる、別に女の子が報われなくても男の子が報われたのならそれはそれで祝福すべき(一緒に不幸になるべき道理は無い、報われたキャラがいたならその分だけ良い事のはず)なのに男に対抗心があるので「男女関係無くこのキャラとこのキャラが報われた」という見方ではなく「女より男の方が幸せになった、これは負けだ、悔しい」という発想になる、これは男性に敵対心を持つフェミニズム独特の感性だ、ここの返信にも「あんなの楽しんでるのなんてネトウヨみたいな低知能なやつ位だろ。」という左翼系(フェミニズム左翼)の書き込みがある、この手の人達は少数派なのだ思想を(間接的にでも)流布する能力に長けており放っておくと我々が気が付かないままに身勝手な好みを押し付けられることになる、キズナイーバーへの批判もそうだがマドマギまどかが死んだ(神になった)展開を呪って脚本家に「死ねばいいのに」とか言っている輩もいた、この人も専門的な評価を装っていたが結局展開が好みでないというだけで評価している、私はこの様な評価邪道邪魔だと思っている、後味は悪いが優れた文学作品というのはいくらでもあるがどれだけ秀逸に作っても「自分の好きなキャラ幸せにならないから」とか「女より男の方が幸せになったか駄作」というのはまともな評価といえるだろうか?

勘違いしないでほしいがこういう歪んだ評価をする人は一部だがその手の思想を持った人達は明確に男性に対抗心を持ち常にそういった目線(男の方が得をしないか?男に負けたくはない)があるのでアンテナが高く目ざとく見つけ出して批判するのでそういった意見が集中しても別に多数派ではない、他の人は何のことか分らずに静観しているというだけだ

そしてはっきり言うがこれって明らかに差別的だし病んでいる

2017-04-19

どうして「jt_noSkeのダジャレが本気で不愉快」なのか。

はっきり言って出来の悪い駄洒落のみを投稿するからに尽きる。

音楽に例えるなら、歌は人々を楽しませ、コミュニケーションを円滑にするツールだ。

しかし、歌にははっきりとうまい下手がある。いくら歌という存在が素晴らしかろうと、歌う人物調子っぱずれでは逆効果となる。ノースティリスだったら死んでたぞってなもんだ。

それに加え、いくら歌がうまかろうが、挨拶も会話も、まじめな相談もすべてが歌で返されたら?



駄洒落ジョークにも巧拙はある。

駄洒落はただ韻を踏めばいいというものではない、発想の転換や飛躍、あるいは文脈に沿った返歌、もしくは諧謔、とそういったテクニックを駆使することでユーモアに満ち溢れた駄洒落は出来上がる。

しかしながら、氏の駄洒落の出来はすこぶる悪い。正直、基本(韻を踏むこと)すらできていない。もう、何年も投稿しているはずなのにだ。

(じゃあ、上手な駄洒落の見本を示せ! みたいなマンガ批評に対して「じゃあ、お前が面白いマンガを描いてみろよ!」と返すようなコメントはお控えください)



また駄洒落がうまくない人に限ってしつこく駄洒落を繰り返す傾向にある。

会話において駄洒落ジョークアクセントひとつしかない。相手に何かを伝えることの補助として使われるもので、それ自体目的と化すと独りよがりな印象を与えてしまう。

オヤジギャグとは質の低い冗談のことを指すが、なぜオヤジなのかと言えば、そういった独りよがり対話能力の低い人物に中高年(オヤジ)が多いと感じられたからだ。



ブコメ性質としてはメモ帳のようなものだが、はてブソーシャルな場である。ただメモ帳として使いたいのであれば、プライベート設定にするのが最善だろう。パブリックブコメを発信するということは、外部となんらかのつながりを得たいと考えた結果と言える。そして大半のブクマカはそのように扱っている。

氏の場合駄洒落を言うか言わないか、という使い方をしている。「言わないこと」による発言コントロールもされているが、言っている部分がほぼ駄洒落であり、内容に駄洒落を言うこと以外の目的も感じられず、非常に独りよがりものを見せつけられる格好となっている。

氏よりもまだ駄洒落が上ず…マシなヒゲじいが結構ヘイトを集めているのも同様の理由だ。



質の低い駄洒落と、独りよがりにそれを繰り返すというダブルパンチこそが、氏のブコメ不愉快たらしめている原因と考える。

これを受け手問題だと片づけてしまうというのは、いかがなものだろうか。





あと、NG設定について。

これに関してははてブに限らず、SNS全般に言えることだが、NG設定やブロックというものは、自室に侵入したゴキブリに対して姿が見えなくなるスプレー提供しているに過ぎないということだ。這いまわる音や、シルエットまでなくすことはできない。というか室内にいることに変わりはない分、逆に怖いな。

嫌いな奴のツイートフォロワーRTで回してきたみたいなことはツイッターでは日常茶飯事だ。氏をNGにしたところではてブを使っていれば、今回のようにどこかで氏のIDに遭遇してしまう。

ゴキブリに対する根本的な解決方法は殺虫スプレーだが、これをSNSの場で適応するのは不可能だ。だからこそ悩まされる者は、ぐるぐると負の思考に陥っていくし、結果としてその感情殺意にまで高まる



元増田に対して非難を浴びせるブコメも多いが、ここには重要問題があるように感じる。





それと、これに関連して虚構新聞に触れてる人もいたので、それについても。

虚構新聞で取り扱われている記事の質は低くはないかと思われる。しかし、サイト思想上、それらの記事は他の新聞記事に紛れ込ませることに存在意義見出している。しか事実に基づかない記事というのは、ニュースメディアの意義に反するし、純粋ニュースメディアを欲している人たちにとって、それがいくら出来のいいジョークであろうとゴミクズ以下の代物でしかない。

先ほど自室にゴキブリが…という例え話をしたが、これも人の部屋にゴミを投げ捨てるような行為と捉えられてもおかしくはないだろう。

2017-04-17

Twitterをやってる大学生は何者を読め

自分たちがどれくらい痛いか自覚したほうがいい

他人批評するだけお前はすごいやつなのか?

何か得意なことがあるわけでも、何者になれたわけでもない奴が何語ってるんだ?

Twitterをやってる大学生は何者を読め

自分たちがどれくらい痛いか自覚したほうがいい

他人批評するだけお前はすごいやつなのか?

何か得意なことがあるわけでも、何者になれたわけでもない奴が何語ってるんだ?

http://anond.hatelabo.jp/20170417171236

鋭い指摘にすぐ反応して暴言を言うフレンズなんだね

去年ならリゼロのレムもネトウヨに都合のよい男の願望が詰まったキャラ

ネトウヨ好みの気持ち悪いキャラは今まで保護されすぎた。

例え制作者はネトウヨどころは未来を見据えるリベラルだったとしても厳しい批評必要

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170416211701

アニメ原作漫画原作それぞれやれることが違うのでそりゃそうなる。

まして小説は近年までシーンの切り替えを頻繁にやるのは下品、という不文律みたいなものがあったので、

映像作品ノベライズやその逆はシーンの伝え方から変わってくる。

小説モノローグ漫画ではどうにかなるが(それにしたって悪手)、映像でそんな助長手法は多用できない。

逆に細切れのカットの多用により両者が皆合する、というシーンなどは映像のほうが圧倒的に有利。

まあ当たり前すぎて自分が言うことでもない気がするが。



作品として批評する人もいるかもしれないが、片手落ち感は少しわかる。

小説特に高度に文芸的というか芸術的作品って、どう考えても映像化しても上手く本来ニュアンスが伝わるとは思えないんだけど

それなのに映像化作品だけ見て評論してる人をネットで大量に見てなんかなあと思った。

批評、ましてや政治的な話を絡めて語りたいなら、該当部分だけでも本文にあたるべきってのはもう古い考えなのだろうか?

正直漫画ですらアニメ原作ニュアンスを全部出しきれてるとはいい難いものもあるんだから

文学作品になればなおさらだと思うんだが。

2017-04-14

動画アニメにおける背景美術

動画 → https://youtu.be/8_HWs0ro3PY (串刺しが必要

日本語訳 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm29885170


概要

RCAnimeのアニメ批評動画の一つ。

外国動画ではあるものの、例として挙げているのは主に日本アニメが多い。

ジブリを筆頭に、クリエイタースタジオ、その他のアニメなども例に挙げつつ、背景美術が語られている。

レイヤーの工夫や、作風演出など、様々な側面から背景の重要性を語っており、アニメで背景美術にそこまで着目してこなかった人にとっては丁度いい案配の内容かもしれない。

2017-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20170412204840

その一点で作品を好きじゃないなんて乱暴さは、絵も書かない批評もしない大多数の人間に対して、作品に興味がないからそんなこともできないんだろうって言うのと同じくらいの雑さだと思う。

作品に興味があるなら一般で描けば良いじゃん。なんでエロにするのって話よ。

http://anond.hatelabo.jp/20170412200048

金のためだろうが承認のためだろうが、作品を形にするってのはなかなかできるもんじゃないよ。

一冊本を仕上げるには何十時間何百時間もそのキャラ達とにらめっこしてなきゃいけない。

本を作るから愛があるなんて思わないが、エロを描くからきじゃないなんてとても言えないだろう。

その一点で作品を好きじゃないなんて乱暴さは、絵も書かない批評もしない大多数の人間に対して、作品に興味がないからそんなこともできないんだろうって言うのと同じくらいの雑さだと思う。

2017-04-10

【ノマカス】の正体、真相とは?

以下は、いわゆる【ノマカス】特有性格性癖性向、発想等に関する所見です。

(1) 腐女子に対する、抑えがたい差別意識侮蔑の念の虜になっている。

(2) 人種性格ネトウヨに近く、ヘイトスピーチ恫喝が得意である

(3) 【男女】、【公式】の価値など、【本音】では全く信じていない。

(4) 自分他人との関係を、優劣、強弱、上下という視点で捉えたがる。

(5) 姑息な【ステID】、【ID非公開】による、無責任投稿をしたがる。

(6) 自分オタクであることを棚に上げたまま、平然と他人(主に腐女子)に罵詈雑言を吐きたがる。

(7) 腐女子に対する、異常なまでの猜疑心、不信感に凝り固まっている。

(8) 【本音】では、【男女】の恋愛結婚など考えていない。

(9) セックス結婚、貞操に関する既成概念固定観念に囚われている。

(10) 価値判断を下す際、安易に既成の規範権威追従迎合したがる。

(11)「なぜ?」、「なぜなら」という論理的因果論的思考を苦手とする。

(12) 自己批評諧謔性、ユーモアへの興味・関心が驚くほど欠けている。

(13) 他人建設的な議論をするよりも、問答無用自己主張をしたがる。

(14) 自説・持論の根本的な拠り所も、人生の最終目標も見えていない。

(15)【腐女子】だけでなく、【男女カプ派】からも嫌われているとの自覚がない。

(16) 自分を【ノマカス】ではなく、【男女カプ派・女オタク】だと勘違いしている。

(17) 確たる証拠裏付けのないまま、すぐに【腐叩き】に囚われたがる。

(18) 内部に無数のコンプレックスを抱えているのに、その自覚がない。

(19) 【ノマカス】は同性愛への過干渉DVモラハラ危険性を孕んでいる。

(20) 自分不如意自力解決しようとせず、腐女子のせいにしたがる。

(21)他説を批判する際、原文引用を避け、故意に歪曲して紹介したがる。

(22)【not腐】と【ノマカス】の間の明確な線引きを求めると口を噤んでしまう。

(23)男女カプ好きか【ノマカス】かどうかを客観的に調べる方法には触れたがらない。

(24)【男女】で語るのは自然と言うが、自然が何かの説明はない。

映画大好きポンポさん』見た

正しい批評映画ファンの人がした方がいいかな。

映画ネタが消化できない自分が見ると多分ザルな評価を下してしまいそう。

筋書き自体天才映画監督新人見出して終わり、という話で、ちょっと葛藤が少ない気がする。

(わざわざシドフィールド的なことを言うとだけど)

新人の見つけ出した解答にノーを突きつけるのが王道かと思ったので。

映画の内幕をマニア立場から漫画化してみました、皆さんどうぞ、という話なら面白かった。

尺度から同人ということを考えてみるとこれは大変なことで、ここをしてブコメ曰くの「凄い」という話なら全く同感。

あと90分映画の良さとポンポさんとの意見の相違がありながらも、結局ラストであの一言

これは成長物語としては希薄だけど、映画の見せるそれぞれの「カット」に関してはちゃんと提示できていると思った。

それらは端々に現れている。B旧映画から安っぽいのではなく、完成させることはできるという主張。

漫画世界でもありがちなヒッキー体質の方が創作向きという意見、あてがきゆえの脚本再現性スターはやっぱり凄いなど。



一応あっさりではあるもの漫画部分にも見えにくい手抜かりのなさが光ってると思う。

案外と読者が不安に感じがちなナタリー新生活部分をわざわざ描写は、4月新生活からしてもニーズがある。

作り続けることでしかドーパミン放出できないジーンと、客観的思考ポンポというわかりやすい対比なども王道でいい。

逆にプロ作品ではないので「こうしてほしかった」みたいな意見はなんとなく言いにくい。

終盤も失敗してないけど欲を言えば終盤に背後に含んだ強いメッセージが欲しかたかなあ。

メディアミックス実態とかも欲しいけどこれは要取材になって金がかかるし。

全体の骨は水野晴郎台詞代用できるかと「映画って本当に素晴らしいですね」。

そういや淀川さんネタとかなかったな。

http://anond.hatelabo.jp/20170410152526

ヤマカンの考える至高のアニメのあり方と、ほぼ対極に位置してしまけものフレンズは、

正直なんで人気なのかわからないし、ヤマカン自身けものフレンズの良さを理解できない(言葉として説明できても、本心からそうだとは思えない)ので、批評できる立場にないと考えているのだろう。

その点で、儲かるならなんでも話す岡田としおとは一線を画す存在なんだろうね。

ヤマカン結局けものフレンズのものには一切触れないよね

イキがってるアニメオタク批評なんてどうでもいいので、

作品批評をしてくださいよ

2017-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20170409233427

まり自分の好きな作品のためなら過激派として生きると言うことでいいのかな

いやもっとも君が「作品」といった覚えはないので、ここらから推測するとしよう。

アニメなんかの批判」って言って他人がやることを下げつつ、信念とかふわふわしていないものを求める意識高い系って、ほんと、日々に熱量を持って生きていけてなくてゴミだと思う

ふむ、どうもアニメなら話が通じそうだ、といこととはわかるのだけど、

批評批判がなぜあなたの好きなアニメ価値を下げると判断されるの?

他のツリーでは「迫害するなら戦うだけ」と言ってて勝手迫害まで話が拡大してる。

熱狂とか要らないからとっとと冷めといて

邪魔

迫害するなら戦うだけ

ちなみに冷めといて増田自分ではない。

2017-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20170403183713

本人だと思う

の子過去にもアニメ批評に参戦して死ね死ね連呼してたことがあるし、少し前にはよく似た特定ID叩き発言もある

専門分野を何も持たないあの子にとって、アニメはてな村は彼が具体的なキーワードを出して語れる数少ない話題から

2017-04-01

エイプリルフール警察

エイプリルフール警察が増えてきて、疲れてきた。

嘘に対する批評はもういいんじゃないかな。

ケチくさい先輩

モノを買う、サービスを受ける、ファミレスなんかで食事を食べる。

このようなことをするときに対価、お金を支払う。

このお金が何かしら、例えば価値への指標

受けたものに対しての価値があるかどうかってのも一つの考え。

お金を気にせず、楽しんで、それを楽しめたなら、それに対する代償でしょうってのも一つの考え。

ただ、こういう話をバランスよく、うまくまとめて言えるといろんな角度で話せる人だなぁと思う。

表題の先輩は必ずまずは高いって言いだす。百発百中で高いって言いだす。

その次にまずいだのサービスが悪いだの。

んで、そんなんやのにこんなにお金取るの!?とか言い出す。

ほんまに大丈夫かいなこの中年期の先輩。

いろんなもの見てきたら安かろう悪かろうや、高くても楽しみや心が癒されるものがあるとか、楽しめたならそういうサービス料、悪かったら勉強代だなって思うことが多いんだけど。

すぐ他人のせいにする批評しかしない。

なお突っ込まれるとさら他人のせいにする。

自分が悪いだの、とか一切ない。

そして高いのにしてみてみたらいいじゃないですか?と提案するとお金ないの一点張り

選んでるのはあなたですよ?価値観広げるのもあなた次第ですよ?

ちょっと前に価値観が合わない同期とメシ食えないってあったけど、同じ会社会社の“先輩”、バカみたいな差があるわけではないが給料が上やのに、そんなことしか言えないんだなぁと。

なんかがっかり

別に先輩はその人だけじゃないから、てきとーに相槌うっとこう。

そんなんだから彼女結婚できなかったんでしょうね。

2017-03-31

この世界の片隅に作者は描かないことで逃げている、という批評

増田レベルだと思った。

それをあくまで金を貰って原稿として書いているのが悩ましい。

勝手憶測で作者を決めつけてしまった。

映画になり賞もとった「夕凪の街 桜の国」という作品を同作者が描いているということ。

これは有名な話なのに、調べずに、他の批評も見ずに書いてしまったんだろう。しかも、公開から数か月たってから

さら夕凪の国~で批判された部分を「この世界の片隅に」でクリアしたということ。

少し調べればこれぐらいは増田なぞというネットの闇にも書かれていることなのに(闇だから見つけられなかったか)。



例えばこういう批判増田ブログツイッターFBなどで書く分には構わないと思う。

ただタイトルのような着地になるうえで、お金を貰う記事という条件に

「調べたら出てくることを調べず、情報がないまま思い込みで書いてしまった」

という適当仕事っぷりは目に余る。



この作品を鑑賞する上では知っておかないといけないことが何点かある。難しくは無い。それは中学生レベルでの知識だ。

知らなくても、後々知ればいいと思っている。

ナウシカ」を子どものころ初めて見たとき内容が理解できなかったが、何回も見ていくうちに徐々に理解しだした。

そういう作品もあって良いと思う。あるべきだと思う。

しかし、それとこれとは違う話だ。

一応お金を貰う立場の人が、「原爆」を描かず逃げているとこうの史代に対して書くというのは、恥ずかしいことだと思う。

それが大学研究員ならなおさら、調べ不足を指摘されても仕方ないと感じる。

2017-03-30

http://anond.hatelabo.jp/20170330135454

そら好きっていう感情は完全に主観入ってるし、

何の思い入れも無いアンチ作品客観的批評できるもんだよ

なんたら保守まとめ系アフィよりも

サーチナとかの方が日本の現状を正しく捉えてるのと同じ

恋は盲目

2017-03-29

ネットで好きなものなんて語る必要性ゼロだし語るやつはただのバカだろ

批評ゲームとして面白いものや勝てそうなものを語ればいい

2017-03-27

森友問題の最大の成果は、行政文書範囲拡大(できないだろうけど)

https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20170327-00069178/

中央省庁役人をしてましたが、いまは外にいるので、傍観者的に批評できます

役人からすると、政治家業者とのやりとりは、行政文書として保存・公開対象としておくのが、自分の身を守るためにも過去の経緯を後任に伝達するためにも、役立つに決まっています。でも実際には、それをされると、世間批判を受けやすくなる、さらには「調整力」を発揮できなくなってしま政治家のセンセイたちのことを考え、行政文書として保存するような野暮な真似はせず、「個人的メモ」という名の書類が、個人の机の中には保存されるようになります


おそらくこのFAXコピーは、総理夫人付き部屋の机の中にある「政務案件 その○」というファイルに綴られていたのでしょう。本件が怪しい案件だというのは、官邸スタッフなら容易に嗅覚が聞くでしょうから総理総理夫人に泥が被らないうちに事務方だけで対処することを、おそらく、総理夫人付と、総理政務秘書官総理財務秘書官の間で相談し、夫人には事後報告ですませていたのかなぁと推察いたします。


こんな話は、官邸のみならず、霞ヶ関さらには日本中公務員職場にあふれかえっているはずです。役人自発的にやるのは不可能なので、「やりとりをすべて文章化して保管せよ」という政治家が最もいやがる制度政治家が作らない限り、改善されることはないと思います

http://anond.hatelabo.jp/20170327142848

コマ割りだけで気付かせるのが技量なら、分かりやす説明理解させるのも技量だよ。

説明を用いているかどうかではなく、説明が上手くいっているかどうかで批評しよう。

アニメで色々気になってること

いま気になってること。


批評興行収入の分離

中華関連(人魚西遊記とか)

日本アニメ3DCG方向性(F15/Gantz:O/ポリゴンピクチュアズ

声優俳優の垣根の曖昧化+声優勢力拡大について

NetFlix・くらんちろーる(欧米系の配信会社について)

・プリヴィズを代表とする製作フェーズ近代化について(ジブリ・新海・神山カラーあたり?)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん