「真逆」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真逆とは

2017-02-16

年寄りを敬うより、子供を敬う方が賢いとすら言える。

産んでしまった人は、今更産まなかったという未来は選びようがない。

産んでしまったのだからこそ、親は子供を大切にするべきだ。

人の一生を考えるとき

天寿を全うする場合、老化で死ぬことになる。

個人の一生の範疇から能力の推移を考えたとしても、

年寄りを敬うよりは「子供を敬う方がより利口な方法」だと言える。



大半の大人がこれの真逆をいい放ち、「俺たちのご機嫌をとれ。より気持ちよくしろ。」と赤ちゃんばりに駄々をこねる。

現状の躾の本流への批判

躾というのは、子供にそれが何故ダメであったり、良かったりするのかを理解させることが大切だ。

子供に対して「嫌なことをするな。」と何度も言うよりは、

の子が嫌なことを体感している時に、その子が喜ぶことをしてやる方が、

その事柄意味を深く体感として学ぶことができる。



言葉で何度も伝えたり、体罰や、口汚い批判で厳しく伝える必要はあまりなく、
より良いものを選べるように適度に感情をくすぐってやるだけで良い。

もし子供を道具だと仮定するにしても、道具を扱いきれずに壊すのはバカである

2017-02-15

アニメけものフレンズガチ画期的な点

ふつう、このくらい話題になるとみんなのハードルガンガン上がる

するとどれほどの名作でも、超えられない高い壁がみんなの心のなかに作られてしま

 

だがけものフレンズは、見始めるとハードルガンガン下がる

いわゆる「IQ下がる」「脳が溶ける」ってやつだ

判断能力が失われる

 

理由はいくつかある

登場人物がみんなポンコツ過ぎて、真面目に考えるのがアホみたいに感じられる

・みんなかわいい

脱力するような展開、言動

 

まり緩急の「緩」のつけかたが異常にうまい

(名作と呼ばれる作品は大抵「急」がうまい

 

そうして、視聴者の脳が完全にだめになったところで、各話の最後に少しだけ「急」をつける

それだけでダメになった脳は「うおー!」となってしま

他の作品だったら「小出しうぜーな」というような展開でも、けものフレンズでは「うおー!たーのしー!」だ

 

「強力な緩」

これは他の作品でも再現できたらすごいんじゃないかな?

具体的にどう再現するかは、クリエーターの方々がんばって

 

たぶんだけど、「オレツエー」の真逆をやれば良いんじゃないかと思う

2017-02-14

http://anond.hatelabo.jp/20170206213549

加齢による変化が受け止められない可能性があるのがリスクファクターか。年取ったら必ず今よりも見た目は悪くなるからなー



自分真逆。顔だけなら誰が見てもイケメンが好みだし、なぜかそういう誰が見てもイケメンに好かれがちだけど

付き合いたいと思ったことがない。俺好かれて当然でしょ俺のこと好きでしょ顔で来られるの鬱陶しいか

つーんとしとくとプチストーカーみたいになってウザいし。なんでそんなに自信満々かよと思う。



増田自分がフッた体でいるけれど、案外相手の女の子に「こいつうざーい」って思われて

やんわりされてる可能性もゼロじゃないよね。だって見た目が気に入った子とも長続きしてないんでしょ、結局

半年前に「氏ね」と言われた相手から手紙がきた

半年前に不用意な発言から好きだった女の子を怒らせてしま

氏ね!しんでほしい!」と言われた。

それ以来、ずっと落ち込んでいたんだけど昨日、その子から手紙が来た。

ハッピーバレンタイン

あなたにとって「楽しい」が沢山ある1年になりますように。」

たぶん半年前の出来事を忘れているのかもしれないけど

言ってることが真逆じゃないかモヤモヤする。

半年前に「氏ね」と言われた相手から手紙がきた

半年前に不用意な発言から好きだった女の子を怒らせてしま

氏ね!しんでほしい!」と言われた。

それ以来、ずっと落ち込んでいたんだけど昨日、その子から手紙が来た。

ハッピーバレンタイン

あなたにとって「楽しい」が沢山ある1年になりますように。」

たぶん半年前の出来事を忘れているのかもしれないけど

言ってることが真逆じゃないかモヤモヤする。

2017-02-11

日本喫煙事情について正しい事実を書くからちゃんと読んでほしい

http://anond.hatelabo.jp/20170210112714

言わんとしてることはわかる。確かに昔パリ行ったときは、吸い殻だらけでビビった。それから見れば、日本が「分煙推進国」に見えなくもない。

でも重要なことは、受動喫煙の「リスク」なんだよ。

開放された屋外と、締め切った屋内で、どっちが受動喫煙リスクが高いと思う?当然、屋内だ。

中国からPM2.5文句言ってるけど、喫煙可の喫茶店居酒屋PM2.5濃度が、北京以上にヤバいってことを知ってるか?

日本は、健康リスクの高い屋内の受動喫煙を野放しにしたまま、そこまでリスクの高くない路上喫煙を、「マナー」とか「火傷防止」とか「景観上の問題」とかにすり替えて締め上げてきた。というか、JTマーケティングにまんまと騙されてきた。健康リスク観点から見たら、対策真逆だったことが最大の問題なんだ。外で吸えないのに中でも吸えないなんて!と言うが、逆に中で他人に煙を吸わせることの方が規制されて当たり前なんだよ。

ちなみに「分煙」では受動喫煙が防止できないことは世界常識な。喫煙室の扉が開いたとき禁煙空間に煙が流れるし、喫煙した直後の肺には煙が充満してるから喫煙からすぐ禁煙空間に行けるような造りだと、結局禁煙空間に煙を吐き出してしまう。だから厚労省も、屋外の喫煙場所からオフィスに戻るのに遠回りをさせてる。あと最大の問題は、そこで働く労働者や清掃業者受動喫煙な。分煙だとこの問題絶対解決しないことは明らかなのに、そんなこと承知JT分煙を推し進めてる。奴らは、「ひとのとき」は想ってるけど、「ひとのからだ」については何とも思っちゃいない。ちなみに、罰則付きの法制化に反対してる糞議員ももJTから政治献金を受けてる。JTの罪はホントに取り返しのつかないレベル凶悪

そもそも、たばこ規制については国際条約があって、日本2004年ごろに批准している。条約締結国は、健康リスクの高い屋内での受動喫煙を防止する義務がある。だから外国は、まずリスクの高いところから、という形で、屋内全面禁煙を進めてきたんだよ。日本リスクの高い屋内の対策を全くしていない。加えて、たばこパッケージ画像警告を載せなかったり、マスメディアが、喫煙有害性をしっかり報道しなかったり(JTスポンサーからね)、といった問題がある。だからたばこ白書が発表されたときニュースで言われていたように、「世界最低レベル」の受動喫煙対策だと指摘されているわけだ。

まり日本は、JT詭弁国民が騙され、財力でメディア議員が操られてきた結果、先進国で最悪の「たばこ天国」になってるんだよ。

まぁはっきり言って、財務省JTの株を保有してる時点で一生何にも変わらないと思うけど、国民はそういう事実は知っておかなければいけない。

教師との恋愛という罪の告白

 先生出会ったのは、わたし中学生の時です。彼は大学院卒業後、国語非常勤講師として赴任してきました。わたしと1周りほど年が離れていて、身長10cm程度高く、かわいい顔立ちをした、少し年齢不詳気味の人でした。


 当時のわたしは、授業中は寝ているか教科書の隅に落書きをしていて、学年下位をふらふらと彷徨っている、やる気のない生徒でした。そんなわたしに「やればできるから」と声をかけ、必死に授業に参加させようとする先生は、いかにも「教師になりたて」で。その熱い眼差しで見られる度に、わたしは居心地の悪い思いをしていました。どれだけ無視をしても「おはよう」と笑顔で手を振る先生、「わからないことがあればいつでも聞いてね」と教室を去る間際、席までわざわざ歩いてきて声をかけてくる先生わたしは、彼の笑顔がどうしても嘘くさく見えて、大嫌いでした。

 気持ちが変わったのは、制服シャツが半袖に変わり始めた頃でした。一週間遅れで課題を提出しに行った際に、とある難関大学過去問を意地悪のつもりで聞いてみたら、さらりと答えられてしまい、その際に知った彼の学歴の高さに意外性を感じたからです。先生はいま思い返してみても、とても頭の良い人でした。自分が頭の良いことを知った上で、きちんと、相手にあわせたレベルで話ができる、勉強を教えることのできる優秀な先生でした。彼の解説を聞きながら、初めて、答えを導き出す楽しさに気付き、勉強楽しいと思うことができたのです。

 いま思えば、わたしは彼のパフォーマンスの引き立て役のひとりでしかなかったのでしょう。後々、彼の鞄から発見した、クラスの成績表の書き込みを見れば分かります。伸びしろはあるがやる気がない、かつ、やる気になれば伸びるタイプわたしは「ちょうど良い生徒」に過ぎなかったのです。そして、幸か不幸か、彼の好きなタイプの顔立ちをしていました。


 先生は褒めるのが上手でした。たった10問の小テストで満点をとっただけでも「偉いなあ、嬉しいなあ」と、にこにこ頷いてくれました。自分で言うのもアレですが、わたし地頭は悪くなかったので、少し本腰をいれて勉強するだけで見る見る間に成績は上がっていきました。周りの教師が驚いた眼で答案を返してくるのが面白くて、わたしもっと良い点数が取りたいと思い始めていたのです。

 いや、違うかもしれません。分からない問題先生に聞きに行きたいがために勉強をしていたのかもしれません。先生担当教科の国語だけでなく、どの教科も教えることができ、また、教え方が上手だった。だから、分からないものがあれば、どの教科でも先生に聞きに行っていた。わざと分からない振りをしていると見抜かれてしまうので、本当に分からない問題を探し、解決していく内に、分からない問題は減っていき、どんどん難解になってしまった。わたし先生に会いたい、質問をしたい、話したい一心で、教科書に向き合っていたのです。


 たったの半年程度で、わたし順位は下の下から、上の上へと上がっていきました。先生は桁数の違う成績表を見比べて笑っていました。その彼の横顔を見ながら、わたしは少しだけ、意地の悪い考えを抱いてしまいました。言わなければ、幸せでいられた言葉を言ってしまったのです。


「1位を取ったらデートしてください」


 先生は、びっくりした顔でわたしを何秒か見つめた後、視線を宙に泳がせました。「お願い」。そう、一歩前に出たわたしから距離を開けるように後ずさり「1位は難しいよ?」と苦笑いしました。「無理だと思うなら、約束してください」。その時の彼の脳内には、きっと、学費免除をされている学年主席優等生の顔が浮かんでいたのだと思います先生は意を決したように「いいよ、ただし、全教科合計順位で」と小声で告げました。


 300人いない程度の学年でも、1位を取るのは簡単なことではありません。優等生は、わたし学校でも飛びぬけて頭の良い少女でした。しかし、わたしには彼女に負けない思いがある。恋心です。

 わたしは、先生とのデート権利をかけて彼女一方的勝負を挑みました。彼女の苦手科目であった生物攻略することで、大幅に点差をつけたわたしは、僅差で勝つことができました。学年末試験の結果が書かれたA4のペラ紙を持って、勝ち誇った笑みを湛えながら職員室に飛び込んできたわたしを見て、先生は少し罰の悪そうな顔をして「おめでとう」と返しました。



 誰かに見つかるのは避けたいと提案された場所は、あろうことか先生の自宅でした。少し驚きましたが、恋は盲目状態だったわたし先生からメールが届いた瞬間、秒速で返信しました。春休み、まだ蕾のままの桜並木を見ながら、ミスタードーナツの袋を下げて、先生の自宅への道を歩みました、人生で1番幸福な瞬間でした。私服姿の先生想像の何倍もおしゃれで、部屋も黒を基調とした、かっこいいものでした。

 わたしたちはドーナッツを食べながら「教師と生徒」という禁断の響きに似つかわしくないほど、平凡で下世話な話をして盛り上がりました。教室内のヒエラルキー職員室内のパワーバランスも変わらず馬鹿らしいと腹を抱えて笑いあいました。先生が録画をしていた、ただ絵面だけが派手な洋画を見ながら、作品とは全く関係ない話に興じました。


 映画を見終わった頃、先生が不意に真剣な表情で聞いてきたこと、その声音を、わたしは忘れることができません。「俺のこと好きなの?」。いつも飄々としていた先生が、こんなに真剣になるのを見たのは初めてでした。報われぬ片想い今日最後にするつもりだったわたしは、笑顔で「大好きです、結婚したいみたいな意味で好き」と頷きました。次に出てくる、哀れで馬鹿な生徒の恋心を突き放す言葉に怯えながら。

 しかし、先生の口から発せられた言葉は、予想の真逆をいくものでした。わたしのことがひとりの女性として好きなこと、これからもこうして会いたいこと。しかし、くれぐれも周りの人に気付かれてはいけないこと、それが守れなくなった時点で離れたいこと。彼の話していた言葉はよく覚えていませんが、約束事の多さだけは覚えています。「教師と生徒」の恋に怯える先生気持ちを手に取るようで、その真剣眼差しに促されるように、わたしは「はいはい」と頷いていました。

 先生が、なぜわたしのことを好きだったのかはわかりませんが、彼はよく「愛に飢えててかわいそう」とわたしを評しました。両親も健在ですし、人並みに可愛がってもらえていたはずですが、わたしは両親との関係性というものがどうしても希薄しか感じられなかった。そんな姿が、愛に飢えているように見えたのかもしれません。彼は小さなから過剰な愛、過干渉を受け育ったそうです。だから、その与えられすぎた愛を持たざる者(と彼が思うもの)に受け渡すことで、バランスを取っていたのかもしれません。


 先生わたしは、密かに逢瀬を重ねていきました。学校では、若いお気に入り教師に熱を上げる馬鹿な生徒を演じ続けました。その一方で、2人で会う時のわたしは、あまり騒ぎませんでした。先生に似合う、大人の女性に早くなりたかったので、静かに、黙っていました。

 高校生になり、バイトを始めると、わたしの身なりは少しずつ「ちんちくりんな子供」を脱却し始めました。大人になるにつれ、彼の熱が上がるのを感じ、気分が良くて仕方がなく、その感覚を味わう度に自分の箍が外れていく気がしました。己のアイデンテイティがうまく掴めなくなり、自分子供なのか大人なのか分からなくなる瞬間が増え、ぼーっとした日々を過ごしていました。誰にも言えないまま、大人になるストレスは存外厳しく、不安に泣いた日も多かった気がします。

 そして何よりも、わたしは頭が良くなってしまった、なりすぎてしまった。あんなにも尊敬していた彼の大学の合否判定は「A」しかでませんでした。学年1位は優等生からわたしの手に移ってしまった。彼が枕元で得意げに語る知識に、目を輝かせることは、もはやできなくなり、ただ黙って薄笑いを浮かべることで精いっぱいになりました。そういったわたしの変化を感じてか、彼はわたしの「人に言えない」ことに漬け込むようになっていきました。


共犯者だよ、君も捕まる」


 そんな言葉を言われる度に、わたしの頭の中はぐちゃぐちゃにかき回され、嗚咽をあげて泣くか、へらへら笑うことしかできなくなりました。誰かに言わなくては、と思いつつも、その先に待つ破滅を考えると声が出せない。何よりも「淫行教師」と「可哀想女生徒」として衆目に晒されるのが耐えられませんでした。

 わたしは、先生のことを本気で愛していました。彼の未来は輝かしいものであってほしかった。たとえその先に、わたしがいなくても。先生がどれだけ汚い姿を見せてきても、教室の隅で燻っていたわたしを救ってくれた人に他ならないのですから。それが例え、先生の株をあげるためのパフォーマンスであっても、救いだったのですから


 物語の幕引きは、あっけないものでした。先生は、自分の罪を周囲に告白してしまったのです。2度目の冬のことでした。放課後、その曜日先生学校に来ていない日だったので、早めに家に帰って漫画でも読もうといそいそ帰りの支度をしていたわたし学年主任が呼び止めました。主任は、まるで化け物でも見たような、恐ろしい、それでいて悲しそうな目でわたしを見ていました。すべてを察しました。

 先生は、主任校長にだけわたしたちの関係告白しました。校外で2人で会っていた事実を認め、これ以上関係が深くなる前に学校を去りたいと告げたそうでした。主任校長は、わたしに深く頭を下げました。そんなことしてほしくないのに、する必要ないのにと焦るわたしを2人は涙を堪えた目で見上げてきました。そして、痛切な表情で「肉体関係はあったのか」と問うてきました。「ありません、断じて」とだけ答えると、先生たちは泣き出し、再び謝り始めました。わたし校長室の分厚い壁が、この大きな泣き声を外部に漏らさないかだけが心配でした。


 先生からはその数日後、直接、学校を去ることを告げられました。彼は、わたしが嘘をついたことを責めました。勝手な生き物だと、少し幻滅したのを覚えています一方的に罪を告白し、逃げ出すのはルール違反だと怒りたい気分でした、しかし、解放されたがっている自分がいたのも、また、事実でした。わたしたちは主任校長に話したこと「だけ」が2人の間にあった関係であることを確認会話し、男と女関係を辞めました。

 先生わたしは、3学期中をいつも通りに過ごしました。終業式で言い渡された先生退職を聞き、泣いている生徒の多いこと。別れを告げ、さよならを惜しむ生徒たちを横目に見ながら職員室に顔を出さずに、わたしは去りました。先生の机に重なった書類の多さは、1日やそっとで持ち帰れる量ではないと判断たからです。

 春休みわたし毎日のように学校に通いました。先生の机が見える、職員室と質問コーナーの境目に陣取って赤本を進めました。毎日うつもりでしたが、たったの1日だけ大雨が降り、行かない日がありました。その翌日、いつものように職員室に向かうと、先生の机はもぬけの殻になっていました。わたしはその瞬間、初めて人前で叫び声をあげ、怒り狂いました。教師たちの静止の声も聞かず、わたしは何度も横に立ち、椅子にもたれかかり、無意味に引き出しを開け閉めして遊んだ、彼の机を蹴り上げました。そして、糸が切れたようにしゃがみ込み、永遠と、わんわんと小さな子供のように泣いていました。


 高校3年生の時、知り合いか先生都内の某大学で働いていると知らされました。わたしは当時の志望校よりも幾分か偏差値の低いその大学第一希望に変更し、無事に合格しました。学びたい学問でもなんでもありません、ただ、先生いるからでした。何も言わず、大雨の中逃げるように去っていった彼に、文句の一つでも言ってやりたかたからです。大学生としてあらわれたわたしを見た先生は、怯えきっていました。「お金ならあげるから」と言われた瞬間、わたしは、あの日職員室で暴れた時のように先生の鞄を投げ捨て、近くのベンチを蹴り上げました。

 なぜか彼は土下座をして、許しを乞うてきました。わたしがしたかったのは、してほしかったのは、そんなことではありません。ただ「さようなら」とだけ言いたかっただけなのです。先生は、季節が夏になる前に海外へと去っていきました、何か月か後に届いたエアメールには「許してほしい」と何度も綴られていました。

 先生は、わたしのことが恐ろしくて仕方がないようでした。大学でふとすれ違っただけで、化け物を見るような顔をして踵を返されるたびに、わたしの心は潰れました。きちんと別れを言いたいだけだったのに、いつしか、互いに恨みが募っていってしまったのです。彼はすでに日本に戻ってきているようですが、わたしは、まだ会いに行けていません。会うのが怖いのです。あの目が怖いのです。


 わたしの家には毎年、主任校長から年賀状が届きます。他の生徒には届いていないようですが、わたしにだけは届くのです。罪を共有し合う仲間ですからわたしはその年賀状に、便箋3枚程度の手紙で近況や1年の振り返りを送るのが常でした。母は、特別親しくもなかった教師への手紙を綴るわたしを眺めては、毎年、不思議がっていました。

 はじめて家を出ることになり、年賀状の送付先が変わることを告げる手紙を綴る最中わたしはぽろりと母に罪を告白してしまいました、勿論、関係については「公然事実」のみ伝えました。母は「でも、好きだったんでしょう?」と聞いてきました。そうです、わたしは好きだったのです、先生のことが。そして、今でも好きなのです。「さよなら」を言えないまま、わたし片想いの渦にまだ囚われているのです。「なら、良いじゃない、世間はどういうか分からないけれど」。そうです、他人など、どうでもいいのです。どうでもよかったのです。


 冬になり、主任校長一人暮らしになったわたし年賀状を出すことなく、立て続けにこの世を去りました。わたしのことをずっと気遣ってくれた2人は、成人し、就職が決まったことをとても褒めてくれました。彼らが、あの日以降、罪について話題に出した日は一度もありませんでした。わたしを気遣う優しい文面、文化祭に遊びに行ったわたしを出迎えてくれた笑顔、どこまでも優しい2人でした。

 2人の葬儀には沢山の生徒、教師が集まりました。その中の誰も、わたしの罪を知る者はもういません。しかし、幼き日の思い出話に花を咲かせれば、誰もが「あなたは、あの先生が好きだったのでしょう?」と聞いてきますわたしはその質問をされる度に「好きです、今でも」と答えるのです。そう答えながら、喪服姿の先生を横目で探してしまうのです。ヒールはいわたしと同じぐらいの身長、年の割にかわいい顔立ちをした年齢不詳の人。わたしは、彼がどんな姿をしていたのかも、もう曖昧しか思い出せません。一緒に撮った写真はたったの1枚しかありませんでしたし、それもどこかに消えてしまいました。

 

 はじめて会った日から、気付けばもう10年以上の月日が流れてしまいました。あの頃急速に大人になってしまったわたしは、ひどくアンバランスな心を抱えて生きていますわたしの心は未だに、あの新しいようで古ぼけた校舎に囚われたままなのです。職員室を入って右側の島、奥から3番目の灰色の大きな机、先生の足元にしゃがんで、顎をひんやりとした板にのせて、話すのが大好きな子供のままなのです。

 しかし、わたしがいまいる場所は、生きている場所は、あの箱庭ではないのです。過去の罪に囚われる時代はもう終わりなのです。だからこそ、口に出さなくてはいけないのです。だからこそ、会いたいのです。会って、言いたいのです。


 せんせぇ、さようなら


 はいさようなら


 いつか終わりを迎える日に、罪を抱えた半身の行方を知らずに眠ることが、わたしはできそうにないのです。

2017-02-10

http://anond.hatelabo.jp/20170210202329

正直、首相一人で政治を行うわけでもないから、ある面で超有能であっても、それゆえに我が強すぎて周りと折が合わないみたいなのより

いろいろと劣ってそうだけど、周りが担ぎやすいほうが、安定政権首相にはふさわしいと思う。

とてつもなく超すばらしい政策奇跡を起こすような政治家には到底なれないけど、着実に成果を残していく、というやり方に限定されるが

特にその制約が大失点になるような状況でもないし。

短期政権だけど、その期間中に超例外的で、すばらしい業績を残した、みたいな政治家もいてもいいとは思うけど

その真逆がいても別にかまわないと、個人的には思う。

マルチなのか?その①:「毛穴洗浄してあげる」のお誘い

今年度は本当に苦難だった。

息子のクラス学級崩壊し、息子はいじめに遭っている。

暴言暴力日常茶飯事、学用品は壊されたり隠されたり。

学校に何度も相談し、学校側も対応してくれているが改善されず。

いじめ主犯格母親世間話を装って話してみたが、話にならなかった。

母親曰く、息子はとても良い子で何一つ悪くない、悪いのは担任学校クラスメートだ、そして唖然としたのは暴力は悪いことではないと思っていて、家庭教育でそのように教えているということだった。

ありえない。

あぁ、この親にしてあの子か、と。

から学校側が再三呼び出して話し合っても解決されないのだな。

私とは真逆の考え方で呆然とした。


そして私は完全に心のバランスを崩してしまった。

ちょうど体調を崩し気味で、私自身が抱えている実母とのトラブルも重なり、人生最悪の落ち込みだった。

そんな中、友人のAちゃんより

今日は、教えてあげたいことがあってメールしてます毛穴洗浄知ってる?めっちゃ気持ちいいよー!3回分の体験チケットもらったから、あげるね!」

メールが来た。

Aちゃんは息子を通じての友人で、同じ学年の子どもを持つお母さん。

いつも心に響くアドバイスをしてくれて、心から信頼している人だ。

全く興味はなかったけど、信頼しているAちゃんの紹介だし、心も体もズタボロだったけど行ってみようと思った。

そして行ってみると返事をしたら、即返事が来て、

「◯◯◯の3日間で10から予約したよ!私はお役に立てないけど、お手入れと、人と、ラウンジ癒してくれる気がするの。本当に私の勝手な勘だけど。どんなかな?」

…かなりの温度差を感じつつ、心身ともに下がってるので、返事できなかった。

そして、メールが来てから1週間ほど過ぎた、予約初日の前夜。

明日、9時半くらいに迎えに行くね。明日お手入れしてくれる◯◯さんって人も、お手入れに出会ったとき子供のことでめちゃくちゃ悩んでた人なんだって。都会の、寝てする豪華なエステではないから、ご期待に添えないかもしれないけど、お手入れも、人もあったかくしてくれると思います。」

うーん、この辺りから何となく違和感を感じ始める。

ちょうどこの頃から体調も少し良くなってきたので、行ってみることにした。

2017-02-09

馬鹿が面倒くさい。

同い年のジャニヲタがクソほど面倒くさい女だった。私の世代には得体の知れない馬鹿とアホが多いと中学先生から反吐が出るほど聞かされていたが、その代表例とも取れる女に出会ってしまった。

そのジャニヲタが言っていた情報垢だとかカテだとか私にはよくわかんないんだけど。高校生にして業界仕事を手伝っているのが田舎では珍しかたからか、何か自担情報や未発表の仕事などを知りたがった女が寄ってきた。勿論横流しできるものなんて何もないし、あるとしたら貴方自担がしっかりした人間だという事くらいだと思う。「自担と繋がりたいんだ~」だなんて言っていたけど、彼が真面目なんだから無理だよ諦めな。中々私が彼の事を話さないから痺れを切らしたのか、この前ブチ切れられた。ブスだの頭悪いだのひたすら暴言を吐かれた挙句謝罪を求めてきた。私には何も非がないから謝りどころがない。ちょっと冷静に考えたらすぐブロックすればよかったんだけど(LINEだったからね)何となくそのままにしてしまった。ひたすら下手糞な日本語で煽ってくるもんだから途中で解読するのも疲れた

ブスにブスって言われるのってショック受けるもんだね。あーあ。私は貴方の事可愛いと思っていたし、それなりに努力してアイテープもしてたね。まあ、男に可愛いかって聞いたら9割ブスって言われる顔ではあったかな。努力してる女の子ってなんか可愛く見えちゃうからその補正も私の中であったと思う。人のこと言えないくらいに私も性格ブスに加えて顔も可愛くはないけど。何てったって私佐藤勝利と同じ顔面の大きさだから普通の目の大きさでもデカ目に見えるんだ、お母さん小顔でいてくれてありがとう。。。こんなんに名前出してごめんな佐藤君。どっちにしろブスだから鼻で笑ってくれ。担タレっているけど、その真逆も多いから真面目なジャニーズくんは大変だな。出待ち列とかもよくわかんないよね。給料入んないのに並んでるヲタクと喋ってファンレター貰わないといけないなんて大変ね。あの文化は早急に切り上げた方がいいと思う。ブス相手するのきつそう、ファンレターの中に大量の現金入ってたら話は別。

で。その子の話なんだけど。あ、今淳太君がラジオで「苦手って思うから苦手になる」って言った。その通りだ。もうやめよう。ヲタクって楽しいな、一言解決してしまった。

2017-01-29

政治論争をやってるタイプ高校生が実際に進学した大学が、レベル的にはともかく学部学科的に明らかにお前の政治思想真逆だろって感じのところで笑える。

年がら年中勉強もせずに政治論争してる割に割りと良いところに行けるぐらいの頭はあってもああいうとんでもない選択の誤りはしでかすんですね()

2017-01-27

[]幼女戦記漫画版)3巻まで

人事で他人くびきりまくって有能だったけど恨みをかって駅のホームで突き落とされて死んだエリートサラリーマン

神と話して、お前女になって戦時に転生して苦労しろって言われて転生

でも魔法能力みたいなのと、生来のまじめさ、頭のキレがあいまってどんどん出世活躍していく

本人は安全な後方でエリートコースぬくぬくしたいと考えた結果のふるまいをしてるのに、「こいつそんなに前線で戦いたいと思ってるのか(驚愕」みたいに相手には受け取られて本人の目的とは真逆の方向にばかり進むギャグ(?)



アニメ1話だけみたけど、あの女キャラちょっとしかまんがにはでてこんかったな

情勢説明とかは読み飛ばしてもそこそこ読める

よーはこっちの世界での大戦時のドイツってことだから

幼女である意味あんまねーなと思ってたけど、漫画アニメだとビジュアル的にすごくインパクトあって、こういうラノベならコミカライズアニメ化する意味あるなあとなんとなく腑に落ちた

作中で幼女であることに対するのが「幼く見えるのに異常なやつだ」的な反応ばっかりでつまらんなー

幼年学校?では幼いのに主席?だったか上級生を半殺しにしようとして問題になったとかそこらあたりの話をリアルタイムで見たいな

転生してから貧しい家でどうふるまってあそこまでいったか学校とかどうしたかとかのところ

最初からそんなのをチンタラやってたらつまんないからやってないのかもだけど、見れるもんなら見たいな

無職転生的な感じで



3巻の途中で視点ブルージャイアントみたいな「将来の人物から、今の人物いかにやばかったかを語る」的な話もあって、戦記っぽい?というかちょっと珍しく感じた

これも原作読みたくなりますねえ

2017-01-24

「優勝せえへん?」って思想が好き

二郎からのSAKE(酒)で優勝せえへん?」ってのが元ネタになっている。

普通感覚なら、「優勝」ってのは、競ったりした末の勝利だが。

この場合は、「いい気分になった→優勝したようだ→優勝した」という感覚を多分たどっているんだろう。

  

これを応用して、「風俗でいい女を抱いた、優勝」、「焼肉で優勝せえへん?」などと使われるわけだが。

これだよこれ!って感じ。

焼肉食べて嬉しい~」なんてのはイマイチ感じないんだけど、

焼肉食べました、優勝!」はわかる。

これは、「優勝→嬉しい」という感覚で。

「食べた→おいしい→嬉しい」とは真逆

まり、「優勝する経験をした」ってのが先で、「嬉しい」は後。

これだよ。

日本人的っていうか、あれだ、『阿Q正伝』の精神勝利法ってやつ。

精神勝利法ってのは、リアルでは負けてるんだけど、「へっ、今日は見逃してやるぜ」って脳内補完して惨めさをごまかすんだけど。

それに似ている。

  

リアル別に勝ってなくても。

帰りに焼肉食うだけで、「優勝」になる。

まるで自分が行動したことが全肯定された気分。

「優勝」っていう認められる快感

  

な?俺の増田ブコメして優勝せえへん?

2017-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20170121222330

自分は去年、転職したんだけど

その際、今の会社内定が決まった後で、その会社名で検索したらそこが引っ掛かった

書いてある事はブラック企業からやめとけ、みたいなネガティブな事ばかり

実際入ってみたらかなり優しい会社で、書いてあることとは真逆でいい会社だった

そういう意味でも信頼はおけないか

2017-01-20

海外土産お菓子って食べる気にならない

中国土産パンダ型のチョコレートをもらったことがあるが、口溶け滑らかの真逆石鹸齧ってるみたいだった。

東南アジア系のもなんか恐ろしくて食べられない。

権力に楽しく媚びたい

自分と同じ高校卒業した、一個上の顔がいい女がロクでもないテレビ番組にでていた。

自分学校彼女を見たことがある。

今、ネット彼女モニター越しで見ると涙が溢れでてくる。

彼女はとても偏差値の高い大学に通っているようだ。

彼女が出ていたテレビ番組は、とてもロクでもない内容であり自分の考えとは真逆の内容だった。

ある一地方の非常に大きな問題に対して真剣に向き合っている人間冒涜しているとすら思った。

彼女が、そんなテレビ番組に出演していてどのような発言をしているのか知らないが、恐らく明らかにはみ出た意見なんか言えるような内容ではなさそうだ。

多分、多かれ少なかれ頷いたり、笑っていたのだろう。

彼女SNSを覗いたら、意識高い感じのフェミニズム書き込みを共有したりしている。

自分には、権力に寄り添った容姿が良い恵まれ人間の戯言にしか見えない。

ある一定以上の容姿の女っていうのは結局のところ革新やらとてつもない屈辱というものなんかなくて、権力をしゃぶって自己顕示欲を満たし、うまく生きていくことしか考えてないように感じる。

あぁ、自分がある地方問題に目を配ったつもりになっているのは、所詮自分容姿が醜いからだろう。

容姿が良ければ、こんなことなくて権力に思いっきり媚びて、楽しく生きる。

それだけのことなのだろう。

2017-01-16

人間って結構雰囲気に流されて過去とは真逆のことを思ったり言ったりするもんなんだろうな

ダブスタ正当化してるって言われたらそれまでだが、絶対にぶれない芯がある人間なんてそうそういないんじゃないか

2017-01-13

ツイッターでつながった人の普段の印象と実際の性格が違いすぎた。

プロフツイートをしっかりと読んで交流スタンス価値観が合うと判断してフォローしたのに、実際の性格スタンス真逆。段々と素が出てきて、言ってることとやってることがちぐはぐになってきた。

交流スタンスには過度な願望を書かずに、分かる範囲での事実を書いてほしい。

ある日突然「本当は真逆性格/スタンスから」と言われても、合わせられることもあれば根本的な部分が合わなくて無理な場合もある。

申し訳ないけど無理だった場合まり恨まないでほしい。無理に合わせたらどっちも疲弊する。

最初からああ言う性格だと知ってたらフォローしなかったかな…。

2017-01-11

http://anond.hatelabo.jp/20170111121729

元増田無尽蔵に課金させられたくない」

トラバ「そういう事言うからガチャが生まれた」



???

話が全く繋がってない。

しろ真逆

これが言葉の通じない人って奴ね

2017-01-08

悪の根源って「自然」じゃね?

なんか「文明こそが悪の根源だ」みたいなのたまに聞くけどむしろ逆じゃね?

生き物が殺し合うのも、強い奴が弱い奴をいたぶるのも、自分たちが生き残る事だけ考えるのも、全部大本自然界で起きていたことじゃん。

そして文明社会が発達していくことで人間はどんどんそれから遠ざかることが出来たわけじゃん。

病気で苦しいとか、毎日退屈で辛いとか、キモメンからセックスした事ないとか、そういう問題文明の力が次々に解決していってるじゃん。

それなのになんで「文明=悪」「自然正義」みたいな考えが普通にまかり通ってるわけ?

真逆でしょ。

自然こそが諸悪の根源であって、文明はその闇を照らす光でしょ。

2016-12-31

V6セトリ自分作ってみた。後で消しま

V6テレビガイドとかテレビジョンのお正月特大号で、2017年ライブやりそうな発言をしてたせいで「この曲ライブでやってくれたらうれしい!」とか「この曲やるならこんな衣装だとかっこいいな~!」とか妄想作業がはかどるはかどる。


そんでもって気づいたら一個セットリストみたいなの作っちゃった。「自分による自分のためのV6コンサート2017年ver.」といったところですな。これきと一ヶ月に一回考えたら毎回違うセットリストできると思う(笑)



自分の中での縛りとしては

・Oh My Goodness!に収録されていないそれ以降のシングルはできるだけ入れたい

・「ハナヒラケ」と「足跡」は入れる

トニカミの曲はそれぞれ「不惑」「テレパシー

2015年にしっかり歌われてない曲もいれたい


なんだけども、しっかりこの縛りを守れた気がしない!(笑)

自分の好きな曲たくさんいれたし(笑)



というわけで、できたセトリがこれ!↓



SILENT GALAXY

COSMIC RESCUE

BEAT OF LIFE

Don't Stop The Refrain

Swing!

SPOT LIGHT

Train

WAになっておどろう

グッデイ

ハナヒラケ

Beautiful World

MC

明日は来るから

Good Life

テレパシー

君がいない世界

君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか

涙のアトが消える頃

不惑

IN THE WIND

LIGHT IN YOUR HEART

Skys the limit

キセキのはじまり

Believe Your Smile

by your side

足跡

アンコール

HONEY BEAT

僕たちの明日

愛なんだ

アンコール2~

上弦の月

\もーいっかーーーい!!!

シュガーナイトメア

おしまい



ここからはただひたすら自分妄想文字に起こします。


まずそもそもセットリスト考える妄想を始めるきっかけになった曲が【SILENT GALAXY】なんですよ。V6の曲をシャッフル再生しながら部屋の掃除をしていたら、このイントロが流れてきて手が止まった。勝手脳内コンサート始まった。このSILENT GALAXYで、まるで各々が六つの国の王集結したところを見せられてるように、壮大に、きらびやかに、ゴゴゴ…ってステージに上がっていたもん。暗い会場になぜか後光がさしてました。照明かな…演出として素晴らしかったわ…


から一曲目きっとないだろうけどSILENT GALAXYで静かに、だけどちょっと踊りもいれつつ歌ってもらって、2曲目【Cosmic rescue】、3曲目【BEAT OF LIFEガンガン踊って歌ってくれたらテンション一気に上がってブッ倒れちゃうかもしれない。最初の3~4曲くらいはガンガン踊ってほしい。コスレスのあの軽やかなステップで踊るV6大好き!!!!!!(BEAT OF LIFEは踊る前提)


で、そのあと【Don't Stop The Refrain】お願いしたい。「な?!なッ…え?!ここでこれ来たァ?!?!?!?!」ってぶちあがるのが容易に想像できる。最初森田くんのラップを耳に焼き付けたい。もう感動しちゃって、ペンライトとかうちわとか楽しく振っている暇はない。


そしてがんがん踊っていただいた後は、まさかの【Swing!】。ちょっとここ迷ったんだけど、ここ最近アンコールしかやってない気がする(私の鳥頭調べ)から本編にど~してもいれたかった…。フリーで走り回ったりするならピッタリかなって思ってここにいれた。森田くんの「さあ手をあげなぁー!」。カワイイね。(お気づきの方もいるかもしれませんが私は森田担です。六人みんな好きだけど!)

そしてアウトロからつながるように【SPOT LIGHT】!最近出た曲だから去年もやってるけど歌詞もいい、曲調もいい、鉄板にしてもぜんぜん盛り上がる!というかまた歌ってほしいんだー!ファン絶対好きだよこの曲!!


盛り上がり、気分は最高!ってとこで【Train】。ちょっと落ち着くね。でも「ここで…ここでTrainだなんてッ‼︎」って卒倒します。最初坂本君と森田くんのささやき(?)あれを聞きたいという自分趣味です。ところでさっきから私何回も意識失ってません…?


その後の【WAになっておどろう】~【ハナヒラケ】の流れは、主観で曲調とイントロアウトロ吟味して並べたものです。歌ってるV6想像しながら「あ~~ここでこれ歌ってほしい~~この流れイイ~~すてき~~」って考えながら作りました


MC前の曲は【Beautiful World】がいいな。あの、タラララン♪タラララ♪タタンッ♪(下手)ってアウトロからイノッチを筆頭に「いぇーい!!」ってなるの想像した。いい感じ!そこからあの楽しい楽しいMCタイムに入るとか微笑ましすぎて口角上がりっぱなしになると思う。

MC明けの曲は【明日は来るから】がいい!CDに収録されていたように入って歌ってほしい。イノッチが「じゃあ、森田くん。ねぇ!そろそろ…(にやにや)」みたいなかわいいフリをして、森田くんもにやにやしながら曲のタイトル紹介するでもなく突然に「じゃあ…ミュージックスタート。」って言ってファンが「ん?」ってなるの。で、イントロかかって「おおお!」はいありがとうございますこれで次の日も頑張れます。もちろんちゃんとイノッチの「イェ~~~~」まで!

その次の【Good Life】はもう心が洗われる感覚(大げさ?)でいれました。イノッチの「イェ~~~~」からイノッチの「オーグッライ、グッライ、グッライ、グッラアイオーオーーオーーーィェイ」聴けるなんてすごくうれしい!あと、イエ~とかグッライとかホントごめんなさい。


テレパシー】はパステルカラーとかホワイトとか、優しい色の衣装がいいな。めっちゃ目にいい感じ。椅子かに座るのかな…立ってても座っててもいいなぁ。


その後の【君がいない世界】は、スポットライトを歌ってるメンバーだけに照らす演出がほしい。森田くんだけ→長野くん岡田くん…みたいな感じで。

で次は【君君】だからピアノ伴奏で君がいない世界~君君をうまくつなぐ。なんとかしてうまくつなぎましょう。

涙アトは去年の感じでいい。←雑なつもりはない!!


不惑】はタキシードみたいなスラッとした、トニセンの抜群スタイルをしっかり堪能できる黒いスーツ(ハットのオプションが付くとなお良し)か、真逆の「日曜日子供遊園地行く父」みたいなカジュアルな服着てたら嬉しい!ネクジェネ福島公録の時のような…(笑)どっちでも素敵。


不惑のあのばつっとした最後の終わり方から私がワンハーフあるいはフルで聞きたい【IN THE WIND】!ちなみにこのIN THE WINDからSky's the limitまではしっかりガンガンダンスタイムです。最年長が46歳になろうとしているグループだけど坂本くんが「いや…もう無理だわ…俺もう疲れちゃうわ…踊れねえわ…」って言ってるところは全然想像できないので大丈夫かと思います


Sky's the limit】でばっちしキマって、「フゥーーーーー↑↑↑」てなったところで私の大好きな曲入れさせてもらいました【キセキのはじまり】。いやでもまあ、自分による自分のためのだから…('▽')Sky's the limitのあの決めポーズのままキセキのはじまりイントロかかって「うわぁぁ…(泣きそう)」ってなりたい。だって2015年コンサートで間奏だけだったんですものちょっとしかったわよ!


そしてここちょっと複雑で、想像するのも難しかったんだけど(笑)キセキのはじまりからビリスマの二番のサビ前くらいまでフリーでお客せん(©坂本君)とワーーってやって頂いて、サビで真ん中のステージに集まり踊っていただく!【ビリスマ】のダンス大好きなんでお願いしたい。サビのステップとか何度でもいつまでも見たい…あとはあのLOCKの部分も!

もし本当にあのダンスを見ることができたなら…あ~…ありがて~…(合掌)


ビリスマの次はやっぱ【by your side】でしょ!ここの繋ぎ個人的絶対!アンサーソングというか、公式で繋がりのある曲とされてますからね。OMGコンの時みたいに三宅くんから何らかの説明があってもうれしいな。


足跡】はCMしかいたことないんですけど最後の曲にぴったりだと思う。おそらく。曲調も落ち着いてるし、いったんここでしんみりと、歌詞をかみしめながらと曲と歌声を別れを惜しみたい。


アンコール。【ハニビ】のイントロがかかってお客せん「キャーーー!!!」そののちスライドアップでステージスタンドマイクとともに出てきてほしい。わらってー!わらってー!わらってー!!バーンっ!ってスモーク?火花?のような特効があったらうれしい!

…で、元気よく【僕たちの明日】。ソロパートも多いからこの曲好きです。なんかわちゃわちゃがあってもおかしくなさそう。

で【愛なんだ】。愛なんだ純粋笑顔になれる素敵な明るい曲だからアンコールで盛り上がりたいので入れました。つらい時でも愛なんだ~♪


またいったんはけて、またアンコール

上弦の月】のイントロがかかり「エーーー!!キャーーー!!」となりたい。(上弦の月大好き人間です)

そして一曲やって帰ろうとするV6だがしかしファンは「もういっかい!もういっかい!!」コールをやめません。(妄想ものすごくエスカレートしていますスミマセン)

そこでよくやるやつ。2015年で言うと「せーーの?」\もーーいっかーーーい/「はぁらから声ださんかい!!」ってやつ。

そこで【シュガーナイトメア】がいいな。これがほんとの最後最近聞いてないのを聞きたいというわがままが故に。

三宅くんの投げチューもいつものようにお願いいたします。毎回本当にありがとうございます



おしまい





本当に私の趣味主観妄想だけでこのセトリはできています。銀テはどこかで必ず飛ばします(雑)。だんだん妄想が激しくなっていますがお許しください!!不快な思いする人がいたらごめんなさい。

見る人いるかな?(笑)

これ書いたの疲れたけど、すごく楽しい時間だった。気づいたら一時間半くらい経ってた(笑)


追記

自分ブログを開設したのでそっちにこれを載せることにします!!

2016-12-17

質量エネルギー保存の法則

よって誰が何をしようが世界全体では何も変わらないのである

人類の知能が向上するごとにこの事実に気が付くものが増えて

無駄な労力を排除する、またはどうせ同じなんだったら楽しい方がいいということで自由を増やす方向に歴史は進んできた

然るにジャップ無駄な労力を賛美し自由を敵視する真逆価値観を是としている

水の流れに逆らうものはいらぬプレッシャーを受け続けた末に結局耐えられずに流されていくほかない

ジャップもいずれは世界の潮流に従うときが来るであろうが、無駄に逆らった分だけ大きく遅れをとることになるだろう

2016-12-14

いつも思うんだけど、読みたくない/読ませたくないクソ記事をこぞってブクマしてホッテントリに上げるって割ととんでもないアホ行為よね

はてブの開発コンセプトの真逆を行ってるしid:jkondoも草葉の陰で泣いてる思う

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん