「タワーディフェンス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: タワーディフェンスとは

2019-06-15

タワーディフェンスゲームが好きだった

タワーディフェンスゲームが好きだった。

から次に来る敵に備えて知恵を絞り、実際に来た敵が徐々に減っていくのが楽しかった。

次に徐々に大きくなる敵戦力に対応出来た時の感覚が好きだった。

今ではすっかりしなくなった。

自分健康問題、それに伴う失業再就職、大切な人との離別、親族関係トラブル

私には対応しきれない問題が次々に降り注ぐ、以前好きだった一種焦燥感は我が身に降りかかると

生々しい苦痛になった。

タワーディフェンスゲームが好きだった。

2019-06-10

Idle Farming Empireゲーム広告はもういいよお~連チャンだとキツイ

新たなる王国タワーディフェンスだけでよかった。ダンジョン進んでモルボル倒すやつは要らね

マッチ3パズルなのにトラブル起こってる室内を道具選んで直しましょうな広告が一番意味わからん

2019-04-07

anond:20170114112407

FF15戦略ゲーの広告タワーディフェンスだったり、

3マッチゲーの広告が適切なアイテム使って家を修理するゲームだったり

なんか最近そういう詐欺なのが多いよね

2019-02-11

[]2月11日

○朝食:ソーセージエッグ定食ごはん小、小鉢とろろ

○昼食:にんじんキャベツ豚肉そばを炒めたもの納豆

○夕食:白菜人参エリンギ豚肉味噌で煮たもの。それの残りで作るうどん


調子

今日もお休みなので、ゲームの日しました。

ポケダンをじっくりしようかとも思ったのですが、ポケダンから続けてのプレイだったので、

積みゲーがたくさんあるので、色々つまみ食いして次にプレイするゲームを決めました。

積みゲーを積んでいる一番の理由は、まずその起動のおっくうさにあるので、

そこで「1時間ぐらいで次のゲームへ行く」という縛りのもと、次々ゲームプレイしていきました。


○マルディタカスティーラ(3DS

魔界村みたいなレトロ2Dアクション

むっずうううううう!!!!!

1時間みっちりプレイして、ステージ2の中ボスを倒したところまでしかプレイできなかった。

海外インディーズ典型的な感じって、プレイしてて楽しいけど、さすがにこんだけ難しいのは辛い。

魔界村みたいに格好良い男性の半裸が見えるわけでもないから、モチベも保てないよお……(支離滅裂


スライムの野望(3DS

ファンタジーでタクティクスな感じのSLGところが、自キャラが「スライム」だけで超弱い。

けれど! 敵のユニットを乗っ取ることができるから、敵を操って敵を倒す! というゲーム

むっずい……

ステージ2だけで30分ぐらいプレイしてた。

ただ、むずいけど、リアルタイムアクション操作性が要求されるわけじゃないし、スライム可愛いのが何匹かいから

難易度ふつうで、全クリを目指すぐらいはしてもいいかも。


ゲキバランナーハバネロ3DS

オートラン系の覚えアクションゲー。

前作もステージクリアだけなら隠し除くと出来てたのだけど、続編これはかなり難しくなってて、大苦戦してる。

レベル38までプレイ


○Squidsひっぱりイカの大冒険3DS

イカを引っ張ってはじいて敵を倒すモンストみたいな感じのRPGアクション中間みたいなゲームかな?(モンストしたことないけど)

面白い、のだけど、なんか挙動もっさりしてて、プレイしづらい。

あと、これも難易度が高い。


サムライディフェンダー3DS

和風タワーディフェンス

これすき! ぼくこれすき! こういうちまちましたきゃわいい2Dがわちゃわちゃするゲームで、ちまちま何度もプレイすればクリアが楽になるシステムもすき!

1時間じゃなく、もっと遊びたくなったので、結局これをずーっと遊んで、いっきクリアしました。

一気にプレイしてスタッフロールまで行ったので満足、やりこみ要素もあるみたいだけど、繰り返しだからいかなもう。

2019-01-25

2019年アニメ面白い所 3話時点

少しネタバレあるかもしれない

メタ視点も入れる

 

どろろ

どろろ構成は非常に面白い、さすが漫画

百鬼丸が体を取り戻すほどに人間に近くなり、そして弱くなり、そして厄災が増えること

そこで何を感じ、何を考えるか

あとはどろろ百鬼丸関係

 

メタで言えば、まず原作が50年前という点

なにか既視感を覚えたとしたら「こっちが先」であるということ

そして完結していないという点

あとはどろろ声優がなんと13歳、一番喋ってるキャラが13歳!

すげぇなあ

制作最近勢いがあるMAPPA(ゾンサガ、ユーリなど)

 

私に天使が舞い降りた

最初は花ちゃんが好きなみゃー姉、というだけに見えたが

妹がみゃー姉大好きっていうので面白さが増してると思う

ひなた → みゃー姉 → 花ちゃん

乃愛 → 乃愛

でもどっかで見たなこの構成鉄板なのか?

主人公裁縫得意

主人公可愛い女の子好き

完全にうざメイドやとなりの吸血鬼さんだな

ちょっとうまるも入ってる

 

上野さんは不器用

ニコ動で「汚いかぐや様」とか書かれてワロタ

上野さんが焦ってるのを見て楽しむアニメですね

焦り描写にこだわっててかわいい

あとエロい

 

かぐや様は告らせたい

恋愛頭脳戦を楽しむアニメです

というのは嘘で、実は昔ながらのドタバタラブコメ物語だよね

アニメでどこまでできるかわからないけど

最近で言えば斉木楠雄のψ難に近いと思ってる

若干他の作品と違う点は、やっぱり2人共(一応)天才設定という点か

学年1位と2位がお可愛いやり取りしてるあたりのギャップがいいよね

あと作者の趣味か、妙に横文字使ってきたりナレーション芸やってくるのが味を出してる

原作読んじゃったせいで上手く語りきれないな)

 

盾の勇者

原作あるので間違ってるかもしれないが

これはタワーディフェンスRPG縛りプレイみたいな話だよね

そういう視点で見ると結構面白い

biim兄貴リスペクト動画とか好きなので)

あとはゲームありがちな王道ストーリーの影に隠れてる部分の話にスポットをあてるのではないか

 

ケムリクサ

謎が増えていくところを純粋に楽しむアニメだと思う

あとやっぱ旅っぽいので背景にどれだけ萌えられるか次第?

そういうところがSFファンタジーぽいんだよね(世界観を楽しむ系)

メタ的には監督の前作と比較することで作家性が見えてきて、答え合わせができる感じ

 

五等分の花嫁

これも原作があるので間違ってるかもしれないが

普通に「五つ子」「家庭教師=ゴールが勉強」ってのがかなり面白さのウェイトを占めそう

(実際みくがもう変装してたしね、あと5人合わせて100点とか)

皆一箇所に居るから家と学校、両方をステージにできる

五つ子ならでわの悩みとか過去とか、ネタとか

ただ、1人で見てても気づかないネタが多そうなのでニコ動推奨な気がしてる

 

賭ケグルイ

説明するまでもないかもしれないが

メアリが裏主人公らしく活躍しそうなのでそこが注目

あと原作と少し構成が変わってる?

 

約束のネバーランド

大人が怖い、ホラー要素を楽しむアニメなのは確かだけど

ホラーピークは過ぎたような気がする

とすれば頭脳戦や戦略を楽しむものなのかも

壁の外が今どうなってるのか考えるのも面白い

ちょっと進撃の巨人に近いよね

 

えんどろ〜!

3話見てから書く

 

 

他は語れる自信がない

 

前回

https://anond.hatelabo.jp/20190122114013

2019-01-18

[]ドラクエヒーローズ2 ps4

一言で言うなら、無双シリーズ最初から地獄で遊ぶようなゲーム

敵へのダメージカスダメ、でもこっちは1,2発くらったら死ぬ

1と比べてかなり遊びやすくなってる

アクションもっさり感が減った

減っただけでまだかなりもっさりしてるけど

タワーディフェンス要素もかなり減った

でも相変わらず敵が硬いしひるまないかダメージ与えてる感なくてイコール快感がない

のれんをなぐってるような感じ

中盤くらいまではちょうどいい難易度だったけど、終盤からほんっっっっとに敵が硬いしカメラひどいし死角から攻撃されてふっとばされるし雑魚状態異常かけられるしで糞になった

転職システムレベル1に戻るのはいいにしても、通常のドラクエに比べてレベルがめちゃくちゃ上がりにくいから、1に戻されるデメリットがめちゃくちゃでかい

ラスダン前でストレスマッハになったから諦めた

中ボス存在の、からだがでかい雑魚敵がほんっっっっっっとに硬すぎ

無双チックな広いステージでの大群戦はよかったけど、あっちいけこっちいけがうざくて何度かゲームオーバーになった

敵はすげー敏捷で例えるならゴッドイータープレーヤー側って感じなのに、

操作するこっち側もっさりもさもさのモンハンって感じでギャップがすごい

操作レスポンス速度と敵の挙動マッチしてないから、すげーイライラする

動作キャンセルできないから、敵が攻撃してきたか回避しようと思ってボタン押しても、その直前の剣振ってる動作をもたもた終わるまで回避できずにダメージ食らう

俳優棒読みは相変わらずひどい

でもそれは我慢できるけど、肝心のゲーム部分が糞なのは耐えられない

堀井さんは名義貸しだけでほとんどゲーム内容かかわってねーんじゃねーかなー・・・

制作風景ドキュメンタリーみたけどプレイヤーストレスかいろいろ考えてる感じだったし

ドラクエの皮かぶって変にひらがな多くて幼稚なとことか、メッセージ一括表示できなくてテンポ悪いのとかもすげーイライラする

パッケージには爽快アクションって書いてあるけど全然快感ねーよクソゲー

2019-01-07

[]ドラクエヒーローズ

無双かと思ったらタワーディフェンスだった

しか難易度たけえ

ドラクエの皮かぶって、めっちゃ幼稚ですよー簡単ですよーって言ってるからたちがわるい

敵がやたら硬いし強い

無双で言ったら最初から難易度難しいでやってるような感じ

一番むかつくのは敵がひるまないこと

常時ハイパーアーマー

まりにもひどい

今中盤だけどすでにトロフィーが60%切ってる

これエンディングまで見た人、50%切るんじゃないか

2018-09-29

anond:20180928003107

完全な趣味なんだけど、infinitodeっていうタワーディフェンス。minedustory、鉱石とかほってパイプ繋げてっていうタワーディフェンスの亜種。カイロソフトって会社ゲームは軒並みおすすめ

2018-09-06

anond:20180906142938

あーそうか。猛獣対策電気柵に頼ってるような場所はノーガード状態になるのか。

猛獣の生息地域暮らしている人なんかはリアルタワーディフェンス状態になってる訳だな。

…や、やばくないか

2018-08-30

英語力をつけるために本当に必要なこと

僕は英語ができない人間だった。

高校の成績も常に赤点で、1年生のときに"第1文型"という言葉が出てきた瞬間に、「あ、これは俺にはできない類の科目だ」と思った。

そもそも暗記が苦手だったし、英語自体に興味もなかった。

高校の時、このままじゃやばいなと思った。けど特に何もしなかった。

学校団体受検で受けたTOEICも300点代。何も得るものはなかった。

大学受験は失敗し、僕はニートになった。毎日のようにネトゲ時間を食いつぶし、他の奴らと煽り煽られる日々。親は僕を腫れ物のように扱った。

ニート時代

ネトゲにも飽きた頃、Dota2というゲームを見つけた。当時はまだ日本人プレイヤーはあまり多くなく、それなりにゲームに詳しい人間しかやっていなかった。

RPGストラテジータワーディフェンスゲームを組み合わせたようなゲームで、課金要素が増えたネトゲ界隈に嫌気が差していた僕に一筋の光を与えた。

しか現実(パソコンの画面だけど)は甘くない。待っていたのはnoob(初心者雑魚プレイヤーのこと)を狩る連中、煽る連中ばかりだった。口の悪さは日本人の比ではない。

当時英語がてんでダメな僕はあまり何を言っているかからなかった。が、なんとなく悪口を言っているのだろうと思い、次第にGoogleを使って必死に調べた悪口を言い返すようになった。

煽りに顔を真っ赤にして言い返してる当時の僕は、少しずつ英語悪口の引き出しが増えていった。

英語悪口がわかると、ある程度会話が成立するようになってくる。I have a penくらいの英語はわかっていたので、簡単な会話はできた。

初めて外国人の友だちができた。ネトゲで。嬉しかった。

外人とのコミュニケーション

そのうちSkypeでも通話しながら遊ぶようになるが、ここでまた大きな壁ができた。聞き取れないのだ。

僕は意味がわからないので無視し続け、友達を怒らせてしまった。僕はつたない英語で謝った。彼とは今でも親友だ。

そうして友達と話すようになってからは少しずつ日常会話もできるようになった。日々英語を覚えることに喜びをおぼえた。単純に楽しかった。

この頃、外国人友達からクラン(ギルドとかみたいな感じ)のメンバーで遊ぶから来ないか?と誘われた。

不安はあったが、みんな良いやつらだったのでカナダへ行くことにした。一週間程度の滞在だった。

現地でもコミュニケーションには色々手間取ったが、初めての海外、初めての1人旅行大雪に見舞われ初めての空港泊。お金の工面も含めて全部自分でやりきった。

帰国後の変化

その後、帰国してから受けたTOEICは600点を超えていた。

何もやっていないのに何故?と思ったが、思えば今までやってきたことはある意味学校勉強とは比べ物にならない時間を掛けて英語勉強してきたのだった。

僕は英語ができない人間ではなかったのだ。できないと決めつけているだけのただの弱虫だった。

僕はちゃん英語勉強しようと思った。

ニートをやめた。社会人になって自分ができることを世の中に広めたいと思った。

今は勉強しないでもTOEICは900点を超えるようになり、人に英語を教えることもできるようになった。

でも学校の授業みたいな教え方はしない。僕がゲームで学んだことを人に伝えている。

何故日本人英語が話せないのか

理由はそんなに難しくない

必要がないか

英語必要な、興味を持てることがないか

・話す機会がないか

時間がないか

大体こんなところだ。色んな理由を思いつく人もいるだろうが、大体はこの4つに帰結する。

必要がないけどやりたいなーと思ってるだけでは人は動かない。明確な目標必要だ。

興味が持てないことに人は動機を持つことはできない。ガリ勉でやってもそのうち目標を見失うだろう。そういう人は話せるようにならない。

話す機会がないのは苦しい言い訳だと思う。世の中Hellotalkとか探せばいろんなものが見つかる。

時間がないは仕方ない部分もあるけど優先度の問題だと思う。自分が大切だと思うことには時間を注げる。それができないってことは、英語あなたには必要ないってことだ。

失敗を恐れるのもだめだ。人は失敗しないと学習できない生き物だから。愚直にやって失敗することが結果的に一番印象強く、人の記憶に強く残る。

まずは理屈よりも、失敗してもいいからやってみることが大事だ。やって後悔するよりやらないで後悔するほうがいい。何が自分にあわなかったかがわかる。

結論

効率がいい方法を探す暇があったら自分のやりたいようにやってみればいい。趣味領域に"効率"だとか"誰でもできる"なんて言葉甘い罠しかない。

何度もやって何度も失敗して、それを繰り返すことで初めて自分にあった方法がわかってくる。

白人の嫁と籍を入れたので今まで日本人で「英語ができるようになりたいけどできないです」と僕に言ってきた人たちに対してこっそり思ってきたことを書きました。

長文失礼しました。

2018-05-18

ゴジラ感想

メカゴジラを見に行ったら、メカゴジラが出なかった。

「決戦機動増殖都市」って、そういうことだったのね。

でも、エンタメなんだから、出すべきものはやっぱり出して欲しかった。

本編にでてこないキャラクターが、映画パンフ情報てんこ盛りって、どういうこと?

90分かけて、やることはタワーディフェンス

工場萌えな人には、最高の映画だろうが、、、。

空飛ぶロボットのあたりを削ったら、メカゴジラ出せたんじゃないの?

2018-03-09

一時期流行ったタワーディフェンスゲーって言うの?箱庭に防衛施設建てるやつ

あのブーム一瞬で消えたな

2018-01-10

[]1月10日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司

○夕食:ご飯、納豆、卵、たくあん

○間食:ホットドッグカレーまん、サプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

しんどい

こう、テンションが高くなるタイプのしんどさで、仕事はそれなりに頑張って、金曜までの仕事明日には終わらせそう。

ただ、ここ最近スケジュールがちゃんと引かれないタイプ仕事が多いから、いつ忙しくなるかわからない感じが嫌だな。


3DS

○ガンマンストーリー2

クリア

ラスボスが超楽しかった。

このゲームはすごく2Dアクションへの「オマージュ」が伝わって来る作品なんだけど、最終面は2Dでやるワンダの巨像みたいな感じで面白かった。

いや、2Dアクションをあまり履修してないから、もっと元ネタがあるかもだけど。

とにかく、ああいボスを登って行くのは僕のゲーム経験にはあまりなくて楽しかった。

魔女と勇者

タワーディフェンスアクションRPGの混合みたいゲームかな。

割と自機が動かせる系のタワーディフェンスはありがちだけど、勇者である自分魔女の二機しかユニットがいないのは、シンプルだけど物語性を感じてとても良い。

特にストーリーは深く語られなくて、二人で悪い奴を倒しに行ったら返り討ちにあったぐらいのあっさりめのストーリーなんだけど、なんだか妄想が広がるなあ。

ゲームの方は、10面までクリア

レベル上げの要素があるので、時折同じステージを繰り返したりしてレベルを上げたり装備を整えたりしてた。

今年、というか去年の末ぐらいから、こういう短時間クリアできるDLゲーをやってるけど、どれも楽しいな。

単位で大量に積んでるので、どんどんプレイしていこう。

ポケとる

バージョン1.5でポケモン捕獲数に応じてボーナスがもらえるシステム実装されたみたい。

僕はランク28だった。

こういう目標があると面白いので、メインやエキストラの未捕獲を捕まえてた。

今日は、ウパールンパッパの二匹を捕獲

2017-09-15

クラッシュ・ロワイヤルのススメ

クラッシュ・ロワイヤル(通称クラロワ)」は「クラッシュ・オブ・クラン」などを開発している海外企業Supercellスマホゲームであるリリース2016年3月2日。TVCMを見たことがある人も多いだろう。

2016年世界で三番目に稼いだゲームであり、既に有名すぎていまさら紹介するのも躊躇われるのだが、はてなではスマホゲームといえばパズドラアイマスFGOかくらいで知識が止まっている人が多いので書いてみたい。

どんなゲーム

基本的には1vs1のネット対戦。一試合3分。延長を含めても4分で終わる。

ターン制ではなくリアルタイム

画面の上半分が相手の陣地、下半分が自分の陣地。

それぞれに2本のサブタワーと1本のメインタワーが建っている。

何種類ものユニットがあり、それを自分の陣地に出したあとは、プレイヤー操作できない。

ユニットは、それぞれに設定された攻撃をオートで繰り出しながら前進していって、相手ユニットやタワーを破壊しようとする。

相手のメインタワーを破壊すれば勝ち。

もしくは制限時間を迎えたときにより多くのタワーを破壊していたほうが勝ち。

ひとことで説明すれば「対戦型タワーディフェンス」あるいは「簡略版MOBAである

どこが面白いの?

基本的にはコスト管理+相性ゲー。

プレイヤー操作できるのは「どのユニットをどのタイミングでどのエリアに出すか」だけなので難しい操作は求められない。

相手が出したユニットに対して、いかに最適なユニットを選んで対応するかという、高速ジャンケン的なプレーイングになる。

たとえば、相手コスト5のユニットを、こちらがコスト3のユニットだけで処理できれば優勢になるし、逆にコスト3とコスト4のユニットの2体がかりだと、処理できたとしてもそのあとが不利になるわけだ。

コストの高いユニット≒強いユニット」は存在するが、必ず弱点が設定されているので、それだけで勝てるということはない。

また、耐久力の高いユニットを先に出して相手攻撃を集めつつ、その後ろに遠距離攻撃のできるユニットを置いて攻撃を行うなど、組み合わせの妙があって戦術的にも奥が深い。

シンプルかつ練り込まれゲームだ。

課金要素は?

まず「課金しないと手に入らないもの」は基本的には無い。

普通にやっていればだいたいのユニットが手に入るし、ゴールドも溜まっていく。

このゲームにおけるガチャ的要素である「宝箱」は、中にいくつかのカードが入っており、試合勝利するたびに貰えるのだが、それを開けるために数時間〜1日かかるという仕組み。

課金要素は「宝箱をすぐに開ける」「ゴールドの獲得」などで、つまり時短」のための課金が主である



個人的には、スプラトゥーンと肩を並べるくらいよく出来たゲームだと思っている。

最近スマホゲーとかプレイしてないけどどうせポチポチ課金ゲーじゃん?」という人にこそオススメしたい。

また、現状でスマホゲーム話題になったときいまいち洋ゲーが想定されておらず片手落ちであることが多い気がするので、プレイせずとも「こういうものがあるんだなあ」と頭に入れていただくだけでも幸いである。

2017-01-29

何もしなくても自動的に循環する世界を作った時に快感を覚える

例えばタワーディフェンスゲーム

簡単にいうと、自分基地に向かって敵がどんどん攻めてくるので、砲台とか兵士を配置して敵を倒すゲーム

このゲーム、後半になってくると、もう何もしなくても敵を勝手排除してくれる要塞を作れる時がある。

うどんな敵がどんな方法で来ようと無敵要塞自動的に倒してくれる…あの時にすごく快感を覚える。

その後本当はすぐクリアになって終わってしまうのだけど、出来ることならあのままずっと見ていたい。次の日の朝も見て「おー今日もやってるやってる」って観察したい。

なんだったら勝手に成長してほしい。敵もどんどん強くなって、それに合わせて要塞勝手に強化されていってほしい。「え?!何この砲台!めちゃくちゃ強いじゃん!こんなの作ったの!」って驚きたい。

あと実際にやったことはないので詳しくはわからないけどアクアリウム

昔読んだソロモンの指環という本に書いてあったんだけど、絶妙バランスアクアリウムを作ると、餌も濾過もエアポンプも必要もなくなり

ほとんどん何もせずに水槽の中で小さな生態系世界が循環するらしい。この本、他はカラスめちゃくちゃ頭良いということしか覚えてないけど、アクアリウムの箇所だけはすごく印象に残ってる。

なんか支配的で危なそうな考えっぽいけど自分の作った世界勝手に動いてるのが楽しい

2016-10-17

ダンジョン・ウォーフェアが面白い

最近ios版で出たダンジョン・ウォーフェアが面白いsteam版は結構からあったみたいだけど。

今まで数々のタワーディフェンス(TD)をプレイしてきたけどこれは面白い、凄い面白い

Desktop Tower Defense、Bloons TD、Kingdom Rush、geoDefenseあたりはかなりプレイした。

でもまぁ結局毎度同じパターンTD自体に飽きが来てたんだけど、このゲームは他であまり見たこと無い(俺観測範囲)即死システムが俺のハートをがっちり掴んだ。

マップに穴、溶岩や水等があってそこに落とすとどんな敵でも即死させることができる。

これが凄く爽快感があって大量にやってくる敵を鈍足系のタワーで足止めして一気に穴へ落下させたり。

例えばプッシュトラップを壁に設置するとそこを通る敵を一マス横に押し出してそこに穴があれば落下死させることができる。

例えばハープーントラップを壁に設置すると敵を壁側に引き寄せることができるのでそこに穴があれば落下死させることができる。

例えばスプリングトラップを床に設置するとそこを通る敵を指定方向に数マス吹っ飛ばすことができるのでそこに穴があれば落下死させることができる。

ステージクリア型でクリアすると新しいトラップがアンロックされたり、経験値が手に入ってレベルが上がり初期ゴールドが増加したりトラップを強化したりできるので初心者でもプレイし続ければ強くなれるのもポイント高い。

また各ステージで条件を満たすと無限モードが解禁されるので、通常ステージで物足りない人にも満足できる手ごたえのある戦いもできる。

ただプレイ人口が少ないのか攻略情報がほぼ見当たらないんだよね。

無限モードの後半戦で今苦戦してるんだけど増田でやってる人はいないもんかな。

攻略としてはとにかく騎兵対策の為にスピンブレードを大量に設置、凍結20%ダメの方、スライムライトニングを適度に設置してとにかく足止め。

火力担当ボルト業火、落下ポイント大目マップならハープーンも大量設置。

ここまで即死システムが斬新で面白いと言ってきたわけだけど、無限モードでは後半になると敵の重量や移動速度がアップするのでプッシュやスプリングでは殆ど敵を移動させられなくなるので使い物にならない(おい!)。

ハープーンは引き寄せ中はある程度敵を足止めできるし設置コストが低いのでかなり使える。

他に良い攻略あれば誰か教えて下ちい。

2016-06-06

Flash Gameのオススメが知りたい

最近まりにハマりすぎて、IDNETの会員になってしまった。

最近の長距離飛行機はFlashGameのプレイ時間と相性が良いので、機内でよく遊んだり、寝る前にプレイしたりしている。

ブラウザだけで出来る楽さもいい。

問題ゲームバラエティちょっと少ない気がする。タワーディフェンスゲームとかもう飽きたかなーみたいな。

なんか良いゲームありますかねぇ。

2015-12-20

[]12月20日

○朝食:焼きそば

○昼食:唐揚げ弁当

○夕食:牛丼野菜、卵、みそ汁

調子

今日はお休みなので一日中ゲームをやっていた。

久々にゲームに熱中できて、良い感じです。

来週は、月曜日火曜日に行ったら水曜日はお休みです。

木曜日と金曜日お仕事ですが、真ん中にお休みがあるのは、少し楽ですね。

頑張るぞいや。

Halo5

クリアしました。

面白かった。

そりゃあ面白かった。

雑魚いけどタレットの付近自爆特攻危険グラン

いつまでたっても改良しない盾と、長距離からのスナイプが特徴的なジャッカル

特徴的なステップシールドを割るまでヘッドショットが効かないエリート

強固な装甲と強力な武器を持つハンター

彼らと戦うというゲーム自体楽しいんだから、そりゃ面白いんだよ。

ゲーム性は正当進化って感じで、現行世代機一発目にふさわしい出来だったと思います

グラフィックもいろいろなロケーションを描いてて楽しかった。

ただ、ストーリーがなあ。

まずマスターチーフと対をなす、新主人公ロック

はっきり言ってよくわからないなあ、ナイトフォールやHalo2Aのムービーでさんざん焦らされてようやくプレイアブルキャラになったのに、いまいち好きになれなかった。

というか、嫌いにもなれなかった、マスターチーフ基本的に無口な無個性キャラなんだからもっと個性押し出し

台詞や演技を多くとってもらわないとなあって感じ。

最終ミッション唐突にコルタナがファイアチームオシリスメンバー過去を語るのも唐突な感じ。

時間がなかったにしても、Halo:Reachの「リーチは俺の故郷なんだ、恩返ししないとな」みたいに、特徴的な台詞一つでキャラは立つはず。

5作目にして登場する新キャラなんだからもっとキャラ立ち意識して欲しかったなあ。

肝心のマスターチーフとコルタナのお話も、しっくりこなかった、というか

まだ始まってすらいない感じ。

あと、シナリオが完全に途中で終わってるところはきつかったなあ。

今回よかった点は

コルタナが人類進化のための選別を行うことを言った時に

チーフが「博士が俺にしたようにか?」と自分の生まれ言及したところ。

これはよかった。

Haloシリーズ根底にある滅茶苦茶暗い設定と比較することで、コルタナのしようとしていることが如何に悪いことなのかがわかる。

次によかったのは、新キャラのイグズーベラント

これは単純に可愛い

日本人萌え文化をよくわかっている萌えキャラだと思う。

まあでも、Halo2シナリオぶった切りだったし、アービターキャラ立ち微妙だったけど、

Halo3シナリオも完結したし、アービターも好きになれたわけだし。

Halo6に期待って感じかなあ。

ゲームニュース

ストーリーや探索要素まで導入する「PvZ Garden Warfare 2」“Backyard Battleground”エリアゲームプレイ映像がお披露

http://doope.jp/2015/1249714.html

最初はこじんまりとしたタワーディフェンスゲーだったんだけど、

どんどん肥大化していってるなあ。

でも、楽しそうだから、2までに1をやっておきたいなあ。

2015-02-20

積みゲーは何故積むのか理由を考えてみた

Steamライブラリ内に100本くらいは積みゲーが溜まってるんだけどこれらが何故積みゲーになったのか考えてみた。


こんなところっすかね。

和ゲーに比べると洋ゲー雰囲気暗くて対象年齢高めのタイトルが多いんで意外と敵キャラが気持ち悪いという理由で積んでるゲームが多い気がする(シリアスサムとか)

こういう条件かいくぐれるゲームって必然的にロープライス前提で作られた奴やインディーズゲームみたいな良くも悪くもライトゲームが多くなってくるから最近難易度低めのタワーディフェンスや横スクアクションとかばっかやってる。

今までゲーマープライド()とか言ってソシャゲには絶対に手を出してこなかったんだけどSteamでこんな惨状になるくらいなら素直にパズドラやらモンストとかに手を出してライトゲーマーになった方が良いのかもなぁ。

GTAよりパズドラスカイリムよりモンストなんて感性ちょっと理解できなかったんだけど今なら理解できるわ。

っていうかもうゲーム自体に向かなくなってると考えるか。

2014-06-10

[]6月10日

○朝食:おにぎり

○昼食:肉、野菜キャベツキュウリタマネギ)、アボカド、空豆、米、煮物人参こんにゃくタケノコ、お揚げ)、みそ汁(お揚げ、大根

○夕食:考え中

睡眠時間:5時間

調子

まりよくない。

今日は祖母の家でゴハンをお呼ばれしてきた。

終止落ち着かなく、そわそわしてしまっていた。

ハッピーウォーズ

XboxOneでもプレイできるみたいなので、モチベーションが少し上がった。

が、協力一セットして終わり。

武器とかは引き継げるのかなあ、気になる。

E3感想

 ○Happy Wars

  いつもプレイしてるゲームだけに、XboxOneでも遊べるのは非常に嬉しい。

  テンションも多いに上がった。(わりに、協力一セットやっただけだけど)

 ○Forza Horizon 2

  まだ積みゲーだけど、続編が出るということで、積みゲーを崩すパワーがわいてきた。

  まずはForza3をそろそろ始めようかなあ。

 ○Sunset Overdrive

  これは非常に気になるタイトルですね。

  ポップで今までにない明るいアホっぽい感じが、凄く楽しそう!

 ○Fable Legends

  英雄だけでなく敵側の視点タワーディフェンスみたいなのが出来るのは面白そう。

  ただ、個人的にFableはロールプレイが肝だと思うので、その辺の詳細も早く知りたいなあ、これも楽しみなタイトル

 ○Halo: The Master Chief Collection

  「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」っとテンションマックスを突抜け、思わず声が出てしまった。

  つい最近クリアしたとか関係なく、もう一度プレイできることが凄く楽しみ。

 ○Scalebound

  モンハンデビルメイクライって感じかな?

  モンスターの力を借りて?戦うみたいな感じがいかにも日本ゲームらしいシステマティックな感じがして性にあいそうかも。

 ○ライオットアクト

  1も2も積みゲーにしてるので、これを気に崩そうと思いました。

2014-01-11

パズドラキャンクラもマッチ3ゲームとしては退化したゲーム

落ちゲーCandy Crush Saga」が教えてくれた、日本鎖国状態

http://www.advertimes.com/20140110/article141516/

 コレを読んでいたら、パズドラ全盛期に感じたイライラが再発したので、いい加減書いとくべきか。

 マッチ3ゲームとは絵柄を3つ以上揃えて消していくパズルゲーム総称だ。

 消えた絵柄を補充する際、上から落ちるように絵柄が追加されるゲームが大半なので落ちゲーカテゴリにも属しているが、テトリスぷよぷよに比べると「落ちる」ことがさほど重要ゲームではない。また基本的に消えたそばからランダムな絵柄が補充されていくというシステム連鎖重視のゲーム性により、次にどの絵柄がくるかという予測が成り立たない、いわゆる運ゲーな作りになっている。そのため長孝型のパズルゲームにはあまり向いておらず、実際、瞬発力を重視したアクション性の高いパズルゲームへと進化していった。

 この進化過程において、重要役割を果たしたのがタッチパネルでありアクティブ連鎖である

 タッチパネル直感的な操作性は マッチ3ゲームとの相性がよく、スマートフォンの普及とともにその作品数を拡大していった。そして作品数の増加は多様性を産み、実に様々な実験的なマッチ3ゲームを輩出してゆく。

 アクティブ連鎖については、これを獲得したことによりマッチ3ゲームが真にアクションパズルになったとも言えるマイルストーン存在だ。

 それまでのマッチ3ゲームでは、BejeweledであれZOOKEEPERであれ連鎖中は操作を受け付けず、連鎖が終わるまでただ眺めているしかなかった。それはすなわちゲーム自体リアルタイムで進行していくが、1手1ターンの原則に縛られていたということに他ならない。これを変えた最初の作品について詳しくはないが、連鎖中も絵柄の操作が可能で能動的に連鎖を持続させることのできるマッチ3ゲームが次第に増えてゆき、そういったシステムアクティブ連鎖と呼ばれるようになった。

 アクティブ連鎖電気発明のようなもので、これを知ってしまったらそれ以前の生活には戻れないといった革新をもたらした。これによりマッチ3ゲームはただひたすら絵柄を消していくことに没頭できる快楽装置となった。

 日本を除く全世界でブーム中らしいCandy Crush Sagaは紛れもないマッチ3ゲームではあるが、アクティブ連鎖のない「ひと世代前のマッチ3ゲームである。はっきり言って、こんなもんに金をつぎ込み他の奴らよりも先に進むことで優越感に浸るくらいなら、Around the World in 80 DaysiPhone版がおすすめというか、Big FishPC版はなぜかアクティブ連鎖がなかった記憶がある)でオール3つ星獲得して自慢する方がいろいろと健全だ。

 パズルクエストはごく初期において1手1ターンを推し進めた完全ターン性のマッチ3ゲームであった。またマッチ3ゲームを使って戦闘をするというアイディアの始祖でもある。ただ個人的にこの方向性は、マッチ3ゲームの魅力のコア部分を投げ捨てるような愚作だと思っている。

 パズル&ドラゴンズはこれにソシャゲ的なアレンジを施したゲームであり、マッチ3ゲームとして見た場合クソであることは明白なので、これが大ヒットした理由はそことは別の部分にあるのだろう。

 というわけで、何がそんなにイライラするのかというと、

「みんなもうちょっとマシなマッチ3ゲームしようよ !」

 と、これに他ならない。

 まあ、こういうことを書くとなるとマシなマッチ3ゲームってヤツを提示しないといけなくなるが、iPhoneゲームをしなくなって久しい自分にそれは難しい。

 なのでアクティブ連鎖以後のマッチ3ゲームの発展を書いてお茶をにごしておく。

 ZOOKEEPERにアクティブ連鎖は無いと書いたが、時代は流れiPhone移植されたZOOKEEPERにはアクティブ連鎖が追加された。しかしながら連鎖とみなされる合間の時間はかなりシビアに設定されている。ただ見つけた順にパパッと消していくだけでは単発扱いにしかならないことが多く、連鎖を狙おうとした場合、あらかじめいくつか消すポイントピックアップしてから瞬時にかつ正確に消さなければならない。

 このシステムを新しい試みとみるか、ストレスしかまらんクソ仕様とみるかは意見の別れるところだ。

 パズルクエストを発展させたものとして、まず挙げたいのがDevil Invasionだ。これはマッチ3ゲームタワーディフェンスを組み合わせた画期的ゲームである。進行はあくまでリアルタイムを取り入れており、迫り来るモンスター撃退していく緊張感に水を指すようなことはない。

 Puzzle Sagaマッチ3RPGにおけるひとつの到達点だ。クソかったるいパズドラにはないスピーディなプレイが楽しめる。

 Puzzle Dungeonsはマッチ3+ローグライクといった雰囲気の佳作である

 さて、ここからさらなるマッチ3ゲームの発展形である

 対戦☆ZOOKEEPERはZOOKEEPERとともにiPhoneアプリ化を期待された作品だ。これはマッチ3ゲームを用いたオンライン対戦ゲームである。とはいえそのシステムスコアを競い合うというランキング部分を抜き出した、シングルゲームの延長上でしかない。

 パズルクエストが示したマッチ3ゲームを使っての戦闘オンライン対戦で行ったのは、ウィッチウォーズが最初ではなかろうか(というか、他に知らない)。マッチ3ゲームの持つアクション性と対戦ゲーム必要戦略性がしっかりと絡み合った対戦型マッチ3ゲームの決定版!

 と、なるはずであったが、オンゲの悪しき習慣まで取り入れてしまったため、超絶微妙ゲームとなっている。間違いなくあの時点での最先端マッチ3ゲームではあったのだが……(Com2uSに何を期待しているんだ、というのはごもっともだが)。

 マッチ3ゲームとは絵柄を揃えて消していく快楽を追求したゲームジャンルである

 そんなマッチ3好きとしては、パズドラキャンクラのような退化したゲームが持て囃されている現状にはやっぱり憤りを感じてしまうのだ。

 もちろん価値観の押しつけは重々承知している。マッチ3ゲーム歴史におけるパズドラキャンクラの位置付けという書き方もできたのだが、あえて素直に思ったままを書くことにした。

2012-08-17

http://anond.hatelabo.jp/20120817175718

なんで日本に限った話になるのか不明だけどその他の部分に関してはわからんでもない気がする。

ゲーム上とはいえ攻撃して死に至らしめるわけだから、あまりにも平然と行われる状況について違和感を感じる人もいるかもね。

襲われるからとか敵だからという理由について厳密に描写するとハクスラ的な爽快感が演出できなくなるわけだし

最近ゲームではそういった部分はないがしろにされているような気がする。

いや、タワーディフェンス系のゲームとかはそうでもないか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん