「身投げ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身投げとは

2022-05-06

知床、船のドアを開けて脱出したのか

壇ノ浦身投げした安徳天皇のようだ

今度のNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人』ではその安徳天皇が6歳で知床ちゃうシーンが見られるぞ

ななこちゃんに重ねて涙しようぜ

2022-04-20

[]

60代でキモい帽子かぶったババアが途中のバス停で1人だけ乗り込んでくる

このバス停では他には誰も降りないし乗り込んでこないのでこのババアのせいだけでバスは止まる

このババアがいなければバススムーズに進むのに乗り込んでくる

気分が悪くなってくる

おいババア

お前が1人生き残ってるだけで邪魔なんだよ!

平和な余生を生きてねーでさっさと単身ロシア北朝鮮にでも乗り込んでこい!

ババアバスに乗るんじゃねえ!

空気が悪くなってんだ!

加齢臭ただよわせてんじゃねえ!

バスに全額寄付してあとは消えろバカが!

お前は生きてるだけで大損害だ!

邪魔をするな!

バスに乗るんじゃねえ!

霊柩車に乗ってあの世に行け!!

バスクズは消えろ!

老いぼれババアは老後はさっさと御臨終しろ

無駄で無価値無意味人生におさらしろ

うぜーんだよ毎日乗り込みやがって!

毎日お前が乗り込んできたら舌打ちしてやってんのに

まだわかんねーのかババア

空気読んでさっさと崖から身投げでもしろ!!

バスクズは消えろ!!!!!

2022-03-29

anond:20220329074320

はあ

お前さあ

チー牛の分際でなーに逆らってんのさ

きもい

信頼関係のない赤の他人への「お前」呼ばわり

❷ チー牛 などという差別語を、顔を知る可能性がない相手に何故か使っている

❸ 逆らってはいけない分際、などという謎の身分相応観念を持ち出す

絵に描いたような差別主義者が、批判飛び交う空間に、まったく説得力のない自己紹介だけを抱えて身投げしている。

自傷行為の度が過ぎていて、意味がわからない…

きもいのは、「お前」

2022-01-08

anond:20220108123840

安楽死合法化して欲しいよね

合法にしてくれないなら電車身投げ自殺しますって騒いだら合法にしてくれそう。

2021-12-31

これが本当のリベラルなんだよ

今のリベラルは逆にこれを叩くから日本がどんどん息苦しくなる

Jリベラルなんてはっきりいってリベラルでもなんでもないよ

本木雅弘確信犯的な放送事故

また、1992年の第43回大会に初出場した本木雅弘は、井上陽水楽曲『東へ西へ』のカバー披露しか本木は、首の周りにコンドームに白い液体を入れたようなものをいくつもまきつけるというトンデモ衣装で登場し、視聴者を騒然とさせた。

これについて本木2018年の『ほぼ日刊イトイ新聞』で、「当時は、ああい身投げ行為みたいな感じ… 何て言ったらいいのか、『もう二度と呼ばれることもないだろうから、変わったことやって帰ろうぜ』って」と回想。インタビュー内では自らはっきりと「コンドームであることを明言していることから話題性を狙った演出だったといえる。

今の時代であれば、ネット大炎上間違いなしの大事故。ある意味時代象徴するパフォーマンスだったと言えそうだ。

2021-08-21

ヒロシぼっちキャンプを見ていて思った。

「清流を見ないと駄目かもしれん」と。

ぼっちキャンプ、今週は北海道キャンプ場の回だったのだが、その中でとても美しい川と滝の様子が映し出されていた。

それを見てリアルにホグァーと声が出てしまった。

明日仕事サボろうかな…と夢想するほど毎日疲れ切っているので、休日には近所の浜辺に出掛けたりしてリフレッシュを試みてはいるのだが

海じゃ駄目みたいだわ。

やっぱ川だわ。

川も近くに流れてるけど、整備された河口とか趣無いんだわ。

つーかまあ、近所で見られるどんな美しい景色も心を動かす程の威力が無い。

秋めいてきた空も色づいてきた稲穂も飛び立つ白鷺も…。

清流が俺を呼んでいるんだわ。きっと。

もし行けたら、そのまま身投げした方がいいかもしれんし。

あーつかれたー。

2021-06-25

ある程度技術がつくと殴られるパターンでいろいろと受け方が取れるようになりどう受けようか悩んでしま

本末転倒だな

1番理想的なのは殴られるのに合わせて酔ってよろけたフリして捨て身投げ相手の腕を持ちながら倒れ込んで受け身を取らせずに自慢に投げるのが良いような気がする

払ってもカウンター入れてもあとあと問題になりそうだしこっちはつまずいて絡まったんですわと言える方が良さそう

2021-05-23

ホタルイカ身投げ」を撮って後悔している話

ホタルイカ身投げ」を撮って後悔している話|大木賢 #note https://note.com/yukisons/n/n223a66ecb5b8

富山県民だけど正直こいつ自意識過剰だと思う

ネット普及して釣り人とかの情報交換で人が増えていったと思う

最近ならYouTuber

後悔すんのは勝手だけど

本人が思ってるほど本人が撮った写真の影響は少ないと思う

というかこいつが写真撮ってなくても他の奴が撮った写真採用されただろうし

2021-03-22

赤い部屋

異常な興奮を求めて集った、七人のしかつめらしい男が(私もその中の一人だった)態々わざわざ其為そのためにしつらえた「赤い部屋」の、緋色ひいろの天鵞絨びろうどで張った深い肘掛椅子に凭もたれ込んで、今晩の話手が何事か怪異物語を話し出すのを、今か今かと待構まちかまえていた。

 七人の真中には、これも緋色の天鵞絨で覆おおわれた一つの大きな円卓子まるテーブルの上に、古風な彫刻のある燭台しょくだいにさされた、三挺さんちょうの太い蝋燭ろうそくがユラユラと幽かすかに揺れながら燃えていた。

 部屋の四周には、窓や入口のドアさえ残さないで、天井から床まで、真紅まっかな重々しい垂絹たれぎぬが豊かな襞ひだを作って懸けられていた。ロマンチック蝋燭の光が、その静脈から流れ出したばかりの血の様にも、ドス黒い色をした垂絹の表に、我々七人の異様に大きな影法師かげぼうしを投げていた。そして、その影法師は、蝋燭の焔につれて、幾つかの巨大な昆虫でもあるかの様に、垂絹の襞の曲線の上を、伸びたり縮んだりしながら這い歩いていた。

 いつもながらその部屋は、私を、丁度とほうもなく大きな生物心臓の中に坐ってでもいる様な気持にした。私にはその心臓が、大きさに相応したのろさを以もって、ドキンドキンと脈うつ音さえ感じられる様に思えた。

 誰も物を云わなかった。私は蝋燭をすかして、向側に腰掛け人達の赤黒く見える影の多い顔を、何ということなしに見つめていた。それらの顔は、不思議にも、お能の面の様に無表情に微動さえしないかと思われた。

 やがて、今晩の話手と定められた新入会員のT氏は、腰掛けたままで、じっと蝋燭の火を見つめながら、次の様に話し始めた。私は、陰影の加減で骸骨の様に見える彼の顎が、物を云う度にガクガクと物淋しく合わさる様子を、奇怪なからくり仕掛けの生人形でも見る様な気持で眺めていた。

 私は、自分では確かに正気の積りでいますし、人も亦またその様に取扱って呉くれていますけれど、真実まったく正気なのかどうか分りません。狂人かも知れません。それ程でないとしても、何かの精神病者という様なものかも知れません。兎とに角かく、私という人間は、不思議な程この世の中がつまらないのです。生きているという事が、もうもう退屈で退屈で仕様がないのです。

 初めの間うちは、でも、人並みに色々の道楽に耽ふけった時代もありましたけれど、それが何一つ私の生れつきの退屈を慰なぐさめては呉れないで、却かえって、もうこれで世の中の面白いことというものはお仕舞なのか、なあんだつまらないという失望ばかりが残るのでした。で、段々、私は何かをやるのが臆劫おっくうになって来ました。例えば、これこれの遊びは面白い、きっとお前を有頂天にして呉れるだろうという様な話を聞かされますと、おお、そんなものがあったのか、では早速やって見ようと乗気になる代りに、まず頭の中でその面白さを色々と想像して見るのです。そして、さんざん想像を廻めぐらした結果は、いつも「なあに大したことはない」とみくびって了しまうのです。

 そんな風で、一時私は文字通り何もしないで、ただ飯を食ったり、起きたり、寝たりするばかりの日を暮していました。そして、頭の中丈だけで色々な空想を廻らしては、これもつまらない、あれも退屈だと、片端かたはしからけなしつけながら、死ぬよりも辛い、それでいて人目には此上このうえもなく安易生活を送っていました。

 これが、私がその日その日のパンに追われる様な境遇だったら、まだよかったのでしょう。仮令たとえ強いられた労働しろ兎に角何かすることがあれば幸福です。それとも又、私が飛切りの大金持ででもあったら、もっとよかったかも知れません。私はきっと、その大金の力で、歴史上の暴君達がやった様なすばらしい贅沢ぜいたくや、血腥ちなまぐさい遊戯や、その他様々の楽しみに耽ふけることが出来たでありましょうが、勿論それもかなわぬ願いだとしますと、私はもう、あのお伽噺とぎばなしにある物臭太郎の様に、一層死んで了った方がましな程、淋しくものういその日その日を、ただじっとして暮す他はないのでした。

 こんな風に申上げますと、皆さんはきっと「そうだろう、そうだろう、併し世の中の事柄に退屈し切っている点では我々だって決してお前にひけを取りはしないのだ。だからこんなクラブを作って何とかして異常な興奮を求めようとしているのではないか。お前もよくよく退屈なればこそ、今、我々の仲間へ入って来たのであろう。それはもう、お前の退屈していることは、今更ら聞かなくてもよく分っているのだ」とおっしゃるに相違ありません。ほんとうにそうです。私は何もくどくどと退屈の説明をする必要はないのでした。そして、あなた方が、そんな風に退屈がどんなものだかをよく知っていらっしゃると思えばこそ、私は今夜この席に列して、私の変てこな身の上話をお話しようと決心したのでした。

 私はこの階下のレストランへはしょっちゅう出入でいりしていまして、自然ここにいらっしゃる御主人とも御心安く、大分以前からこの「赤い部屋」の会のことを聞知っていたばかりでなく、一再いっさいならず入会することを勧められてさえいました。それにも拘かかわらず、そんな話には一も二もなく飛びつき相そうな退屈屋の私が、今日まで入会しなかったのは、私が、失礼な申分かも知れませんけれど、皆さんなどとは比べものにならぬ程退屈し切っていたからです。退屈し過ぎていたからです。

 犯罪探偵遊戯ですか、降霊術こうれいじゅつ其他そのたの心霊上の様々の実験ですか、Obscene Picture の活動写真や実演やその他のセンジュアル遊戯ですか、刑務所や、瘋癲病院や、解剖学教室などの参観ですか、まだそういうものに幾らかでも興味を持ち得うるあなた方は幸福です。私は、皆さんが死刑執行のすき見を企てていられると聞いた時でさえ、少しも驚きはしませんでした。といいますのは、私は御主からそのお話のあった頃には、もうそういうありふれた刺戟しげきには飽き飽きしていたばかりでなく、ある世にもすばらしい遊戯、といっては少し空恐しい気がしますけれど、私にとっては遊戯といってもよい一つの事柄発見して、その楽しみに夢中になっていたからです。

 その遊戯というのは、突然申上げますと、皆さんはびっくりなさるかも知れませんが……、人殺しなんです。ほんとうの殺人なんです。しかも、私はその遊戯発見してから今日までに百人に近い男や女や子供の命を、ただ退屈をまぎらす目的の為ばかりに、奪って来たのです。あなた方は、では、私が今その恐ろしい罪悪を悔悟かいごして、懺悔ざんげ話をしようとしているかと早合点なさるかも知れませんが、ところが、決してそうではないのです。私は少しも悔悟なぞしてはいません。犯した罪を恐れてもいません。それどころか、ああ何ということでしょう。私は近頃になってその人殺しという血腥い刺戟にすら、もう飽きあきして了ったのです。そして、今度は他人ではなくて自分自身を殺す様な事柄に、あの阿片アヘン喫煙に耽り始めたのです。流石さすがにこれ丈けは、そんな私にも命は惜しかったと見えまして、我慢我慢をして来たのですけれど、人殺しさえあきはてては、もう自殺でも目論もくろむ外には、刺戟の求め様がないではありませんか。私はやがて程なく、阿片の毒の為に命をとられて了うでしょう。そう思いますと、せめて筋路の通った話の出来る間に、私は誰れかに私のやって来た事を打開けて置き度いのです。それには、この「赤い部屋」の方々が一番ふさわしくはないでしょうか。

 そういう訳で、私は実は皆さんのお仲間入りがし度い為ではなくて、ただ私のこの変な身の上話を聞いて貰い度いばかりに、会員の一人に加えて頂いたのです。そして、幸いにも新入会の者は必ず最初の晩に、何か会の主旨に副そう様なお話をしなければならぬ定きめになっていましたのでこうして今晩その私の望みを果す機会をとらえることが出来た次第なのです。

 それは今からざっと三年計ばかり以前のことでした。その頃は今も申上げました様に、あらゆる刺戟に飽きはてて何の生甲斐もなく、丁度一匹の退屈という名前を持った動物ででもある様に、ノラリクラリと日を暮していたのですが、その年の春、といってもまだ寒い時分でしたから多分二月の終りか三月の始め頃だったのでしょう、ある夜、私は一つの妙な出来事にぶつかったのです。私が百人もの命をとる様になったのは、実にその晩の出来事動機を為なしたのでした。

 どこかで夜更しをした私は、もう一時頃でしたろうか。少し酔っぱらっていたと思います寒い夜なのにブラブラと俥くるまにも乗らないで家路を辿っていました。もう一つ横町を曲ると一町ばかりで私の家だという、その横町何気なくヒョイと曲りますと、出会であいがしらに一人の男が、何か狼狽している様子で慌ててこちらへやって来るのにバッタリぶつかりました。私も驚きましたが男は一層驚いたと見えて暫く黙って衝つっ立っていましたが、おぼろげな街燈の光で私の姿を認めるといきなり「この辺に医者はないか」と尋ねるではありませんか。よく訊きいて見ますと、その男自動車運転手で、今そこで一人の老人を(こんな夜中に一人でうろついていた所を見ると多分浮浪の徒だったのでしょう)轢倒ひきたおして大怪我をさせたというのです。なる程見れば、すぐ二三間向うに一台の自動車が停っていて、その側そばに人らしいものが倒れてウーウーと幽かすかにうめいています交番といっても大分遠方ですし、それに負傷者の苦しみがひどいので、運転手は何はさて置き先ず医者を探そうとしたのに相違ありません。

 私はその辺の地理は、自宅の近所のことですから医院所在などもよく弁わきまえていましたので早速こう教えてやりました。

「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈の点ついた家がある。M医院というのだ。そこへ行って叩き起したらいいだろう」

 すると運転手はすぐ様助手に手伝わせて、負傷者をそのM医院の方へ運んで行きました。私は彼等の後ろ姿が闇の中に消えるまで、それを見送っていましたが、こんなことに係合っていてもつまらないと思いましたので、やがて家に帰って、――私は独り者なんです。――婆ばあやの敷しいて呉れた床とこへ這入はいって、酔っていたからでしょう、いつになくすぐに眠入ねいって了いました。

 実際何でもない事です。若もし私がその儘ままその事件を忘れて了いさえしたら、それっ限きりの話だったのです。ところが、翌日眼を醒さました時、私は前夜の一寸ちょっとした出来事をまだ覚えていました。そしてあの怪我人は助かったかしらなどと、要もないことまで考え始めたものです。すると、私はふと変なことに気がつきました。

「ヤ、俺は大変な間違いをして了ったぞ」

 私はびっくりしました。いくら酒に酔っていたとは云いえ、決して正気を失っていた訳ではないのに、私としたことが、何と思ってあの怪我人をM医院などへ担ぎ込ませたのでしょう。

「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈の点いた家がある……」

 というその時の言葉もすっかり覚えています。なぜその代りに、

「ここを右の方へ一町ばかり行くとK病院という外科専門の医者がある」

 と云わなかったのでしょう。私の教えたMというのは評判の藪やぶ医者で、しか外科の方は出来るかどうかさえ疑わしかった程なのです。ところがMとは反対の方角でMよりはもっと近い所に、立派に設備の整ったKという外科病院があるではありませんか。無論私はそれをよく知っていた筈はずなのです。知っていたのに何故間違ったことを教えたか。その時の不思議心理状態は、今になってもまだよく分りませんが、恐らく胴忘どうわすれとでも云うのでしょうか。

 私は少し気懸りになって来たものですから、婆やにそれとなく近所の噂などを探らせて見ますと、どうやら怪我人はM医院の診察室で死んだ鹽梅あんばいなのです。どこの医者でもそんな怪我人なんか担ぎ込まれるのは厭いやがるものです。まして夜半の一時というのですから、無理もありませんがM医院はいくら戸を叩いても、何のかんのと云って却々なかなか開けて呉れなかったらしいのです。さんざん暇ひまどらせた挙句やっと怪我人を担ぎ込んだ時分には、もう余程手遅れになっていたに相違ありません。でも、その時若しM医院の主が「私は専門医でないから、近所のK病院の方へつれて行け」とでも、指図をしたなら、或あるいは怪我人は助っていたのかも知れませんが、何という無茶なことでしょう。彼は自からその難しい患者を処理しようとしたらしいのです。そしてしくじったのです、何んでも噂によりますとM氏はうろたえて了って、不当に長い間怪我人をいじくりまわしていたとかいうことです。

 私はそれを聞いて、何だかこう変な気持になって了いました。

 この場合可哀相な老人を殺したものは果して何人なんぴとでしょうか。自動車運転手とM医師ともに、夫々それぞれ責任のあることは云うまでもありません。そしてそこに法律上処罰があるとすれば、それは恐らく運転手の過失に対して行われるのでしょうが事実上最も重大な責任者はこの私だったのではありますいか。若しその際私がM医院でなくてK病院を教えてやったとすれば、少しのへまもなく怪我人は助かったのかも知れないのです。運転手は単に怪我をさせたばかりです。殺した訳ではないのです。M医師は医術上の技倆が劣っていた為にしくじったのですから、これもあながちとがめる所はありません。よし又彼に責を負うべき点があったとしても、その元はと云えば私が不適当なM医院を教えたのが悪いのです。つまり、その時の私の指図次第によって、老人を生かすことも殺すことも出来た訳なのです。それは怪我をさせたのは如何にも運転手でしょう。けれど殺したのはこの私だったのではありますいか

 これは私の指図が全く偶然の過失だったと考えた場合ですが、若しそれが過失ではなくて、その老人を殺してやろうという私の故意から出たものだったとしたら、一体どういうことになるのでしょう。いうまでもありません。私は事実上殺人罪を犯したものではありませんか。併しか法律は仮令運転手を罰することはあっても、事実上殺人である私というものに対しては、恐らく疑いをかけさえしないでしょう。なぜといって、私と死んだ老人とはまるきり関係のない事がよく分っているのですから。そして仮令疑いをかけられたとしても、私はただ外科医院のあることなど忘れていたと答えさえすればよいではありませんか。それは全然心の中の問題なのです。

 皆さん。皆さんは嘗かつてこういう殺人法について考えられたことがおありでしょうか。私はこの自動車事件で始めてそこへ気がついたのですが、考えて見ますと、この世の中は何という険難至極けんのんしごくな場所なのでしょう。いつ私の様な男が、何の理由もなく故意に間違った医者を教えたりして、そうでなければ取止めることが出来た命を、不当に失って了う様な目に合うか分ったものではないのです。

 これはその後私が実際やって見て成功したことなのですが、田舎のお婆さんが電車線路を横切ろうと、まさに線路に片足をかけた時に、無論そこには電車ばかりでなく自動車自転車や馬車や人力車などが織る様に行違っているのですから、そのお婆さんの頭は十分混乱しているに相違ありません。その片足をかけた刹那に、急行電車か何かが疾風しっぷうの様にやって来てお婆さんから二三間の所まで迫ったと仮定します。その際、お婆さんがそれに気附かないでそのまま線路を横切って了えば何のことはないのですが、誰かが大きな声で「お婆さん危いッ」と怒鳴りでもしようものなら、忽たちまち慌てて了って、そのままつき切ろうか、一度後へ引返そうかと、暫しばらくまごつくに相違ありません。そして、若しその電車が、余り間近い為に急停車も出来なかったとしますと、「お婆さん危いッ」というたった一言が、そのお婆さんに大怪我をさせ、悪くすれば命までも取って了わないとは限りません。先きも申上げました通り、私はある時この方法で一人の田舎者をまんまと殺して了ったことがありますよ。

(T氏はここで一寸言葉を切って、気味悪く笑った)

 この場合危いッ」と声をかけた私は明かに殺人者です。併し誰が私の殺意を疑いましょう。何の恨うらみもない見ず知らずの人間を、ただ殺人の興味の為ばかりに、殺そうとしている男があろうなどと想像する人がありましょうか。それに「危いッ」という注意の言葉は、どんな風に解釈して見たって、好意から出たものしか考えられないのです。表面上では、死者から感謝されこそすれ決して恨まれ理由がないのです。皆さん、何と安全至極な殺人法ではありませんか。

 世の中の人は、悪事は必ず法律に触れ相当の処罰を受けるものだと信じて、愚にも安心し切っています。誰にしたって法律人殺しを見逃そうなどとは想像もしないのです。ところがどうでしょう。今申上げました二つの実例から類推出来る様な少しも法律に触れる気遣いのない殺人法が考えて見ればいくらもあるではありませんか。私はこの事に気附いた時、世の中というものの恐ろしさに戦慄するよりも、そういう罪悪の余地を残して置いて呉れた造物主の余裕を此上もなく愉快に思いました。ほんとうに私はこの発見に狂喜しました。何とすばらしいではありませんか。この方法によりさえすれば、大正の聖代せいだいにこの私丈けは、謂わば斬捨て御免ごめんも同様なのです。

 そこで私はこの種の人殺しによって、あの死に相な退屈をまぎらすことを思いつきました。絶対法律に触れない人殺し、どんなシャーロック・ホームズだって見破ることの出来ない人殺し、ああ何という申分のない眠け醒しでしょう。以来私は三年の間というもの、人を殺す楽しみに耽って、いつの間にかさしもの退屈をすっかり忘れはてていました。皆さん笑ってはいけません。私は戦国時代の豪傑の様に、あの百人斬りを、無論文字通り斬る訳ではありませんけれど、百人の命をとるまでは決して中途でこの殺人を止めないことを、私自身に誓ったのです。

 今から三月ばかり前です、私は丁度九十九人だけ済ませました。そして、あと一人になった時先にも申上げました通り私はその人殺しにも、もう飽きあきしてしまったのですが、それは兎も角、ではその九十九人をどんな風にして殺したか。勿論九十九人のどの人にも少しだって恨みがあった訳ではなく、ただ人知れぬ方法とその結果に興味を持ってやった仕事ですから、私は一度も同じやり方を繰返す様なことはしませんでした。一人殺したあとでは、今度はどんな新工夫でやっつけようかと、それを考えるのが又一つの楽しみだったのです。

 併し、この席で、私のやった九十九の異った殺人法を悉ことごとく御話する暇もありませんし、それに、今夜私がここへ参りましたのは、そんな個々の殺人方法告白する為ではなくて、そうした極悪非道の罪悪を犯してまで、退屈を免れ様とした、そして又、遂にはその罪悪にすら飽きはてて、今度はこの私自身を亡ぼそうとしている、世の常ならぬ私の心持をお話して皆さんの御判断を仰ぎたい為なのですから、その殺人方以については、ほんの二三の実例を申上げるに止めて置き度いと存じます

 この方法発見して間もなくのことでしたが、こんなこともありました。私の近所に一人の按摩あんまがいまして、それが不具などによくあるひどい強情者でした。他人が深切しんせつから色々注意などしてやりますと、却ってそれを逆にとって、目が見えないと思って人を馬鹿にするなそれ位のことはちゃんと俺にだって分っているわいという調子で、必ず相手言葉にさからたことをやるのです。どうして並み並みの強情さではないのです。

 ある日のことでした。私がある大通りを歩いていますと、向うからその強情者の按摩がやって来るのに出逢いました。彼は生意気にも、杖つえを肩に担いで鼻唄を歌いながらヒョッコリヒョッコリと歩いています。丁度その町には昨日から下水工事が始まっていて、往来の片側には深い穴が掘ってありましたが、彼は盲人のことで片側往来止めの立札など見えませんから、何の気もつかず、その穴のすぐ側を呑気そうに歩いているのです。

 それを見ますと、私はふと一つの妙案を思いつきました。そこで、

「やあN君」と按摩の名を呼びかけ、(よく療治を頼んでお互に知り合っていたのです)

「ソラ危いぞ、左へ寄った、左へ寄った」

 と怒鳴りました。それを態わざと少し冗談らしい調子でやったのです。というのは、こういえば、彼は日頃の性質から、きっとからかわれたのだと邪推して、左へはよらないで態と右へ寄るに相違ないと考えたからです。案あんの定じょう彼は、

「エヘヘヘ……。御冗談ばっかり」

 などと声色こわいろめいた口返答をしながら、矢庭やにわに反対の右の方へ二足三足寄ったものですから、忽ち下水工事の穴の中へ片足を踏み込んで、アッという間に一丈もあるその底へと落ち込んで了いました。私はさも驚いた風を装うて穴の縁へ駈けより、

「うまく行ったかしら」と覗いて見ましたが彼はうち所でも悪かったのか、穴の底にぐったりと横よこたわって、穴のまわりに突出ている鋭い石でついたのでしょう。一分刈りの頭に、赤黒い血がタラタラと流れているのです。それから、舌でも噛切ったと見えて、口や鼻からも同じ様に出血しています。顔色はもう蒼白で、唸り声を出す元気さえありません。

 こうして、この按摩は、でもそれから一週間ばかりは虫の息で生きていましたが、遂に絶命して了ったのです。私の計画は見事に成功しました。誰が私を疑いましょう。私はこの按摩を日頃贔屓ひいきにしてよく呼んでいた位で、決して殺人動機になる様な恨みがあった訳ではなく、それに、表面上は右に陥穽おとしあなのあるのを避けさせようとして、「左へよれ、左へよれ」と教えてやった訳なのですから、私の好意を認める人はあっても、その親切らしい言葉の裏に恐るべき殺意がこめられていたと想像する人があろう筈はないのです。

 ああ、何という恐しくも楽しい遊戯だったのでしょう。巧妙なトリックを考え出した時の、恐らく芸術家のそれにも匹敵する、歓喜、そのトリックを実行する時のワクワクした緊張、そして、目的を果した時の云い知れぬ満足、それに又、私の犠牲になった男や女が、殺人者が目の前にいるとも知らず血みどろになって狂い廻る断末魔だんまつまの光景ありさま、最初の間、それらが、どんなにまあ私を有頂天にして呉れたことでしょう。

 ある時はこんな事もありました。それは夏のどんよりと曇った日のことでしたが、私はある郊外文化村とでもいうのでしょう。十軒余りの西洋館がまばらに立並んだ所を歩いていました。そして、丁度その中でも一番立派なコンクリート造りの西洋館の裏手を通りかかった時です。ふと妙なものが私の目に止りました。といいますのは、その時私の鼻先をかすめて勢よく飛んで行った一匹の雀が、その家の屋根から地面へ引張ってあった太い針金に一寸とまると、いきなりはね返された様に下へ落ちて来て、そのまま死んで了ったのです。

 変なこともあるものだと思ってよく見ますと、その針金というのは、西洋館の尖った Permalink | 記事への反応(0) | 22:33

2021-03-16

春は死にてえ。電車に乗ってると新社会人学生無限に沸いてくる。少しの我慢と思っても、苛立ちに任せて身投げしたい気持ちが細くたなびきたる。

夏は死にてえ。月も濁るほど空の汚い都会で、毎日毎日ド深夜に闇の中を帰る。帰ったら風呂入って気絶するように寝て、気がついたら翌朝会社にいる。朝なんてほぼ意識ないのに雨が降る予報があればちゃんと傘持ってきている。怖い。

秋は死にてえ。夕日なんてしばらく見てねえ。上司の禿頭で揺れるさもしい毛が三つ四つ、二つ三つと抜けていく様は実にあはれなり。たまの休日、寝溜めしている時、外で鳴いてた虫がうるさすぎてベランダ開けて草むらに石を投げたらシィンとなった。その時もなんか死にたくなった。

冬は死にてえ。最も死にてえ。雪とかマジで無理。雪で脆弱交通網が止まっても出社しなくちゃなんねえ。寒くて何もやる気起きないし、ガチごちの頬の筋肉を頑張って動かして笑うと本当に俺は気持ち悪い顔になるんだ。なんで俺は生きてるんだ。ワロタ

春は死にてえ増田めっちゃわかる

ほんのり暖かくなってきたし年度は変わるし死にてえな

どうやったら確実?

やっぱドアノブ首吊り?でもそれ大家さんにクソ迷惑だもんね

人の迷惑にならないところでと思うと海に身投げとか思うけど

高所恐怖症からから飛び降りとかは怖い

深く深く眠ってる時にスッと死にたい

日本銃社会なら拳銃死ねるのに はー

2021-02-02

二次創作はしたくないけど大手相互になりたい腐女子

同人女Twitterの界隈というのは、基本的二次創作をする人間が偉いということになっている。

いや偉いのかは知らないが、とにかく創作をしない人間には発言権がないし、相手にもされない。

が、私は相手にされたかった。

創作をする人々が今回の本誌の感想をつらつらと呟きお互いにいいねRTしているのに混じって私の感想ツイートも読んでもらえるようになりたかった。

彼女らの作品を読むばっかりで他人解釈を浴びるだけなんてつまらない。

私も人に解釈を垂れ流したい。


とは言えめんどくさいか絶対絵の練習とかしたくなかったし、小説も疲れるから書きたくないし、考察別に楽しくないし、リプライを送って交流に精を出すなんてこともしたくなかった。

気に入られるために他人の絵を褒めるとかもめんどくさいから嫌だ。


ということで、一切二次創作営業もせずにどうやったら同人女からフォローしてもらえるかを模索することにした。

結論から書くとフォローしてもらえるようになった。私がフォローしなくても向こうから来る。っていうかあんまりフォロバしてないかFF比1:10ぐらいだし、私以外ほぼ神絵師公式しかフォローしてないような人からフォローされてる。

二次創作しない奴に発言権はないとか書いたけど意外とそんなことはないことを知った。


でも別に私は目を惹くような価値のあるコンテンツは一切流してない。

ただ毎週の感想と現世に流すわけには行かない推しへのやり場のない愛を流している。

あ~~~~~~今週も推しきゃわわ。みたいな日本語でさえないものから推しスイーツバイキングに行ってもどうせパスタばっかり食ってるんでしょ~~~みたいな戯言推し乳首ピンクじゃなかったらセーヌ川身投げして死ぬ。みたいな下ネタ、最新話が公開されればその感想

気を付けているのは、難しい言葉を使うとき茶化すこと、批判的なことを言うときは愛ゆえの冗談だとほのめかすことの2点だけだ。

それ以外は好き勝手言いたいこと言って、言えばそこそこいいねが貰える。


みたいな適当アカウント運営で、何の努力もしないで好き放題やっても意外と大手相互になれるんだなあっていう。

やっぱり好きな作家から感想共感をもらえるのは嬉しいし、何言ってもそれなりに聞いてくれる人がいるのも楽しい

今日推し可愛いな~~~~って言うといっぱいいいね貰えるから、ああ今日推しは愛されてるなあって幸せ気持ちになれる。

「今週の展開で推しへの批判が集まってるけど私は推しは悪くないと思う」と怒涛の長文ツイートを流せば、「仰る通り」と瞬く間に拡散されるので、カルト教祖にでもなった気分だ。


ということで、創作しないで大手相互になるって私の目標は達成され、Twitter楽しい

最近調子に乗ってるので神絵師でもツイートが気に入らなかったらフォロバしてない。

絵師から片道フォローされるの、別に何の価値があるってわけでもないどちょっと気分がいい。

2021-01-28

anond:20210128154700

ワイも常駐SEやってたけど地下鉄身投げしとうてたまらんかったわ

2020-08-11

あれは希死念慮だったか

盆だし、コーヒーの飲みすぎで眠気が来ないので自分語りを投げる。カジュアルにでも死にたいなあと思う人は読まない方がいいと思います

1桁歳の頃、通学路に踏切があった。

カンカン鳴りながら降りた遮断機の前で電車が通り過ぎるのを待つ時、なぜ自分は毎回素直に待っているのか、なぜ1度も鳴り響く踏切の中に入って電車に跳ねられるという選択をしないのかを不思議に思うことがあった。

もちろんそれは私に意思が、思考があるからだが、私に意思というものがなければ、踏切の警告音が鳴り響く時、1/2の確率で私は遮断機の中に入り、電車に跳ねられて死ぬ

この仮定場合、私が今まで1度も死なないでこれたのは、1/2の、今までの人生踏切の警告音が鳴った回数分乗の確率で起こる奇跡であるわけで、私の「死にたくない」という意思ははたしてそんなに強いものだろうかと、大学生になっても思っていた。

警告音が鳴り響く踏切の前で素直に待つ時、私はいつも踏切自分が立ち入らないように必死だった。明確に死にたいというわけではなく、ただ、ほぼ無意識のうちに積み重なっていった、「私は生まれから1度も死ぬほうの選択肢を選んでいない」という奇跡が奇妙に感じられて、ぶち壊したくなるのだ。

死なないように必死に踏みとどまるといっても、明確に「死にたくない!」と思えはしないから、死なない方がいいらしいよという規範意識する程度のことしかできない。スカートを腰元でたくさん折らなくても短い丈にできるよう裾を切ってしまいたいが、式典とかで教師の目が厳しくなった時に取り返しがつかないから切らないでおこうと踏みとどまる、みたいな軽さだった。その軽さに生死がかかっていることに対する妙な緊張感はある。不快である

こういう状況が発生するのは踏切に限ったことではなく、自転車に乗っている私を右後ろから大型トラックが追い抜こうとするときも、いきなり右に進路変更しないようにするのに必死だった。

私は幸い死の危険を感じずに生きてきたし、私が物心ついてから死んだ知り合いも100歳越えの曾祖母1人だけだから、死というものに対する具体的な恐れを知らないことも、上記のような状況を生む原因だったと思う。

これは希死念慮でない気がする。

なお、刃物を持った時に周りの人間を1度も刺しに行ったことがないのも自分にとっては奇妙な奇跡で、誰かを刺してこの奇跡を壊したいという気持ちが発生していた。別に誰かを殺したいほど憎んでいる訳ではなかった。

大学生の頃、適応障害になった時期があり、その際は上記現象に加えて、死ね環境を見るとそこに吸い寄せられるような感覚があって苦労した。

具体的には地下鉄ホームや落ちたら死ねる高さのマンションの共用廊下及び部屋のベランダでそれが発生した。

地下鉄ホームホームドアが設置されていく時期と被っていたのだが、最寄り駅にはなかなか設置されずつらかった。

ホームドアがある駅は安心感があった。

やはり単に1歩踏み出せばいいいいのと乗り越えなければいけないのでは必要とされる「死にたいという意思の量」が違う。ホームドアを乗り越えてでも死にたいはいるだろうが、私はそこまでではなかった。ここで「私はホームドアを乗り越えないという選択を常にしている」などと考えると乗り越えたくなってしまうので、考えを逸らす必要はあったが。

当時の心境としては、死にたいか死にたくないかでいえば死にたかったのだが、死にたいというよりは、生きるのを休憩したいという表現が正しかった。しかし一度死んでしまうと二度と生きることができないので(いやほんとのところは誰も分からないが、二度と生きることができない可能性はたしかにある)、死なない方がいいだろうとは思っていた。私は幸せに生まれ育ったか漠然未来に少しは楽しいことがあるだろうと思えたのでよかったが、そうでない人は大変だろうと思う。

生きるのを休憩して、今関わっている人間がみんな意識を私から逸らしてからなら、もう1回生きるのを再開したいな、という気持ちだった。これを縮めると、生きていたくない、死にたい、にならんこともなかったし、実際つらさが瞬間的に来た時は「死にたい」「死のう」「死ね(自分に対して)」と小声で口に出すことで感情の圧を逃がしていた。

精神科で薬が出たことで自分が今メンタルを悪くしている人である自覚し、色々検索できるようになり、界隈の語彙も増えて、「希死念慮」という言葉を知った。

果たして私は希死念慮持ちなのか?そうだとしたらいつからなのか?そもそもどこから希死念慮であるとか明確なラインを定めようとするのが無意味なのかもしれないというか、おそらくそなのだが。

自殺するために首をくくる用の縄を買ってくるとかは明確な希死念慮な気がする。

私のあれは希死念慮だったのだろうか。

それとも、希死念慮にならずに済んだ、ただの幸運な願望だったのだろうか。

こんなところに書いても答えは得られない。私はただ単にどこかにこの疑念を吐き出して、限られた思考時間を他のことに使いたいだけである。それだけ何度もこのトピックについて考えてしまっているのだ。

今は適応障害も治ったし、通勤ルート踏切はなく、大通りひとつあるが併走ではなく横切るだけで済むから信号さえ守ればよいので気が楽だ。地方であることもありたまに使う電車ゆっくりホームに入ってくるから身投げしても死にそうにないので私の気持ちも穏やかである。穏やかな気持ちでいるために、身投げしても死なない速度だと思い込もうとしている節はある。バイクはまだ乗れないかな。ちょっと進む向きを変えただけで死ねるので。

自分希死念慮があるかとか、希死念慮があったかとか、もう考えなくてもいいと思えるとこまで来た気がするので、ここに投げておしまいにしようと思う。感情墓場みたいな使い方だな。おしまいです。生きているうちにやりたいことを考える方に舵を切りましょう。面白い漫画を作りたいな。面白い漫画を作って、架空キャラ架空人生エピソードで人を泣かせてみたい。

2020-07-31

なろうの病人とか

愚痴です。

  

主人公病人と関わった時点で完治することがほぼ確定しているため、

何の感動も湧かなくなり、さっさと病人の話は終わってくれと思ってしまう。

というのも主人公が「エリクサー」なんてものを所有していることがあり、

これを使えば一瞬で病気が治ってしまうのである医者顔面真っ青である

奇跡のメスで命を紡ぐ、岬に住まう天才外科医存在意義を保てず岬から

身投げしてもおかしくないのではないだろうか。

本間先生ゲラ母親謝罪しつつ

  

病人家族は、完治したこと歓喜主人公にお礼を告げるが、支払えるものが無い

ということだが、ここで主人公は、その笑顔を見れただけで十分ですとか、ではこちらの

お店で食事でもいただけないでしょうかとか宿泊をお願いしたりとか、そんな程度の

見返りしか要求しない事が多い。

このようなことが起こるたびに「ふざけるナァ!」とマイスター主人公ばりに筆者は

不快気持ちになる。

  

エリクサーなんて貴重な物を軽々しく使うので、命も軽々しく感じてしまう。

病人の娘「お母さんが治った!治ったよ!うわーんお母さーん!」

母を訪ねて三千里で感動の母子の再会を何億倍も薄めたような感動がそこに待っている。

  

エリクサーだけでなく、とんでもない回復魔法を扱えることも多い。

するとどうだろう。なんと部位欠損が治るのだ。つまり失われた四肢や眼球やらも再生する。

エリクサーでも同様の事例がある

なんだそれは。人間の体がピッコロ大魔王みたいに再生するわけがないだろう。

栃木県民ですら「(ありえ)ないんだなそれが」とツッコミを入れたくなるだろう。

  

今回は随分とネタに走った愚痴だがエリクサーと超回復魔法の話を見るたびに筆者はツッコミ

入れる癖がついているかである。この話が出ると相当イライラしてしまうようになったしまった。

まりご都合主義過ぎて「不思議な事が起こった」で解決してしまう某ライダーを思い出す。

※ちなみに某ライダーは実際にいきなり血清を作りだした。

  

筆者は今ではこの病人が出てくる話を「病人回」と呼んでいる。

病人回はストーリーに大きな影響を大して残さないため読み飛ばしてもいいのではないかと思うが

何か重大な話が書かれているかもしれないと思いきっちり読み、そして読み終わった後に作品感想を見に行く。

感想「感動しました。良かったですねぇ○○ちゃん。私も涙が止まりませんでした」

  

この感想深読みしてしまい、笑いすぎて涙が止まらないのか?などと思うようになるくらいには

ひねくれてしまった筆者がいる。なろう作品を読み過ぎて心が歪んでしまったのは承知している。

しか病人回を読み続けると、どうせ治ってしまい、しかもあっさりと治るので茶番に感じてしまう。

主人公凄さを強調したいのだろうが、これまで苦しんできた病人はなんだったんだと思う。

チートが狡いなどと言うつもりはないし、エリクサーを手にした主人公は確かに凄いんだろうと思うが

たまには病人が死んでくれないものかと思うようになってしまった。

  

病気については大抵「不治の病」の一言で終わるものばかり。主人公医者ではないので特に何の病気なのか

よく分かっていない事が多い。何の病気なのかと、いつも気になってくる。

稀に「脚気」などの病名が出てくる時があるが、これについては食事を気を付けるように指示して解決する

こともある。しかし、癌などはほぼ出てこない。

天才外科医「無理だ。もう治らん(現実主義)」

なろうの主人公大丈夫だ。俺が絶対になんとかしてやる(絶対なんとかするマン)」

きっとなろうの主人公は癌でもなんとかしてしまうんだろうと思うと、やはり命が軽く見えてしまう。

  

唐突だが、筆者はドクターキリコが好きである

「生きもの死ぬときには自然死ぬもんだ。それを人間けが

という台詞などがとても重い物に感じるからだ。

しかしなろうの世界では、モンスターと戦うなどして命のやり取りをしているにも関わらず、なんだか命の

やり取りをしているように見えず、病気に関しても上記までの通りあっさり治ってしまうので

どうにも感情が揺さぶられなくなってしまった。

からこそ、いつかなろうでも人が死ぬような病人回を見てみたいものだ。

  

最後に、漫画になるが筆者のおすすめは「動物のお医者さんである

是非読んでいただきたい。

  

貴族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200706225819

王族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707102749

奴隷編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707174539

竜編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708062743

商人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708131233

馬編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708203845

獣人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709092800

エルフ編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709173538

勇者編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200710134123

ドワーフ編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200710201957

神編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200711222724

悪役令嬢編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200730063046

猪編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200730172612

2020-07-07

死の代替手段

「生きたくなさ」の対抗手段は、「自我喪失」だと思う。実際にどっかで身投げしたり、首を括ると身内なり職場なり管理会社迷惑がかかる。「私が私であることを忘れる」ようになりたい。

2020-04-07

和光税務大学校庁舎から身投げした厚生省役人

武漢の帰還者の航空券代払う払わないなんて昔が懐かしいよ

今となっては飛び降り自殺しちゃった厚生省のお役人さまの気持ちちょっと分かる気がする。

もろ担当部局の人だったんだろうから、こんなのがまだ半年も続くなら死んだほうがましだって思っちゃったんだろうね

2020-04-03

anond:20200403180425

ペストで死んだやつもリーマン身投げしたやつも紙の上の記録でしかない

ふつうに天寿を迎えたやつも一緒や。

人のことなんて知ったこっちゃない。文句言う暇あったら生きてるうちにお前らしく生きろ

2020-02-23

[]anond:20200223192328

一方、兵庫之助の死体を背負った浮舟は、同じく遊女をしている妹の浮橋のもとに身を寄せた。

浮橋にも愛人の薮中茨之助というものがおり、彼の世話で家を借りてそこで暮らしていた。

ある日、浮舟の夢のなかに不思議な老人が現れ、「白鰻を食べさせれば兵庫之助は治癒する」と言った。

そこで茨之助が白鰻を探していると、川岸百姓たちが集まって騒いでいる。

話を聞けば、白鰻が取れたので売れば十両になるが、他の百姓らは白鰻は神様から逃がせと言うので争いになっているという。

しからばと茨之助は、集まった百姓には一両、白鰻をとった百姓には五両を渡し、半ば奪い取るように白鰻を持って帰った。

それを兵庫之助に食べさせると、すぐさま悪血を吐いて目を覚まし、ひと月もすればすっかり回復してしまった。

兵庫之助は、浮舟を茨之助に任せ、鹿之助を探すために中御門宗教をたずねて京へ上った。

宗教卿へと面会する前に身だしなみを整えねばと床屋へ入ったところ、なんとその床屋は秋宅庵之助であった。

再会を喜んでいる二人のもとへやってきた虚無僧は、何を隠そう高橋渡之助である

この二人は上月城を退去したあと、九郎左衛門暗殺しようと付け狙っていたが失敗し、京まで逃げてきたのだった。

また宗教卿と面会し、皐月早苗之助と会ったことで、鹿之助や古猪之助の消息も知り、兵庫助は大いに喜んだのだった。

さて尼子勝久も、そのころ義輝公の草履取りが鹿之助であることに気付き、

義輝公にそのことを話すと、義輝公・松永弾正はともに驚き、早速、鹿之助を呼び寄せた。

鹿之助は「松永弾正から将軍尼子再興の奏上をしてもらおうと仕えていたのだ」と述べ、涙ながらに尼子再興を訴えた。

松永弾正は感心して、あらんかぎりの軍兵をもって助力しようと約束し、義輝公も松永弾正に勝久の補佐を頼んだのであった。

そこで鹿之助は、兵庫之助に「浮船は京に呼び寄せたほうがいいだろう」と言ったので、

兵庫之助は、茨之助のもとに向かい、浮舟・浮橋を京へと送り、茨之助とともに再び鹿之助と合流した。

ここに尼子勝久山中鹿之助のもと、横道兵庫助や大谷古猪之助らも集い、

松永弾正の三千の兵は陸路から、鹿之助たちは将軍から借りた三千の兵を率いて海路から富田城を目指して出発したのである

ところが、御座船の錨が不思議と重くて持ち上がらないというので困っていたところ、

南蛮鉄の徳蔵」という大力無双の者が一人で引き上げてしまった。

なんという大力無双かと勝久や鹿之助が驚いていたところ、

そこに近づいてきた一艘の小舟から、男がひとり船に乗り込んできた。

怪しい奴とばかり徳蔵が、引き上げたばかりの錨を振り回すと、向こうの男もその錨を掴む。

互いに錨を引っ張り合うも、双方負けず劣らずで決着がつかない。

鹿之助が男の顔をよく見ると、まさしく海に身投げしたはずの早川鮎之助であった。

鮎之助は淡路の岩屋に流れ着き、そこで世話をされて回復したので漁師をしていたところ、

鹿之助の挙兵を聞いて駆けつけてきたということだった。

また鹿之助が、徳蔵の素性を聞いたところ、父は大友家に仕えていた武士だったが、その父が死んだあと浪人していたが、

海賊を退治したことで褒美として船を貰い、それで商売をしていて、このたび尼子の御座船となった次第と言う。

それならばと鹿之助は彼を召し抱え、「荒波錨之助」という名を与えたのだった。

2019-10-10

駄目だ、仕事終わる気がしない

やばい

本番公開準備なのに、調べる事が多すぎる…。

準備不足だからなんだけど、詰みそう…

最近こんなんばっかり。

仕事するのが嫌になる。

一度、本当に身投げしかけた事があって、

冷静になって無理ですって相談したけど、(違う人だとは言え)生活もかかってるし無理ですとは言えない。

2019-06-05

40代で売れ残ってる男女って

物事の表面しか見ないやつ多すぎ

流行り物とかに飛びついたりするけど、実際どういう動きしているかは知ろうとしない。だからappleが大好き

そして薄っぺらいか他人に薦めるのも下手で、結局見下す感じになる(こんなに便利なのに使わないとか信じられない!みたいな)

仕事趣味薄っぺらい。広く浅い。そして自分のやり方が絶対だと信じて他に強制させるから、ウケも悪い

結婚しても毒親確定だし、独居老人社会保障使うのも無駄から、時が来たら崖から身投げして。それが嫌なら少しは協調性と柔軟性を持とうよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん