「Kyo」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Kyoとは

2017-09-02

COOL JAPAN韓流 恋ダンス削除騒動を受けて

「“恋ダンス”動画削除を」 星野源が所属するレコード会社が要請、9月以降は削除手続き
一世を風靡したドラマ逃げるは恥だが役に立つ」のEDテーマ「恋」使用した恋ダンス動画が削除されるらしい。
日本人のみならずアメリカ大使館職員動画投稿する程流行っていて、正に大ブーム!という感じだったけれども、どうやらドラマ放映期間だけビクターが「見逃して」いてくれただけで、ドラマが終わって約1年経った今、著作権理由動画削除要請を行っていくとの事。

今回の騒動を見て、私が学生時代に感じた海外における日本ドラマアジアドラマ特に韓国)の普及の仕方と著作権問題についてちょっと述べさせてほしい。

小学3年生~高校卒業まで某東南アジアインターナショナルスクールに通っていた。
住んでいたのはいわゆる発展途上国だったけれども、インターという事で生徒のほとんどが先進国出身、または発展途上国エリート一家だった。(物価が安かったのでそこまで裕福でなくても先進国出身ならなんとかインターに通えた)一歩外に出ると発展途上国一般的な人が通う市場なんかにも足を運べる環境大学3年生でアメリカ交換留学もして、まあインター通っていたので英語特に問題もなく現地の友達もでき、友達国籍のばらつきとか考えて多分(欧米とかアジアだけに偏りすぎてはない目で)日本ドラマ愛好家について少しは語れると思う。
ただ、私はエンタメ関係仕事をしている訳でもないし、著作権専門家でもない。
インターに通っていたのだって10年程前。アメリカも4年前で今とは事情も違うかもしれないし、あくまで「学生だった頃の私」が感じた「海外から見たクールジャパンおよびアジアエンタメ」でしかない事は了承してほしい。あとネットお隣の国話題だすと荒れそうだけど、どっちが優れてる・劣ってるじゃなくて、お互い見習うとこあるよねって感じだって事を先に言っておきたいし、人種差別的なコメントをする人に対しては一切反応しません。(実際、韓国エンタメ面白いしね。最近だとコクソンよかったよ)

海外日本ドラマを観る人って私から見ると3種類タイプがいて
 ①漫画アニメが好きなのでその延長線で日本ドラマも観る
 ②アジア系なので、流行っている海外ドラマ(=欧米ドラマ)にイマイチ親近感を覚えられず同じアジア系ドラマとして日本ドラマに行きつく
 ③母国海外わず色んなドラマを観る
ここから見てわかる通り、入り口アニメでもない限り海外日本ドラマ愛好家って韓国ドラマファン層と被っている。(詳しくない人以外だと東アジアひとくくり。日本人白人を見て「アメリカ人!」っていうのと同じような感じ。)
そして、こういう人達がどこからアジア系ドラマに接触するかって言うとほとんどが違法DL、または違法DVD屋さん。

私の家の近くには違法DVDを売っている屋台があって、様々な国のドラマ映画DVDが売っていた。特に買っていたわけでもないけれども近所のスーパーに向かう近道沿いだったのでたまに近くを通る。
某国に行ったすぐの頃はまだ日本エンタメ産業に力があったので、面白いアジア系ドラマジャパニーズみたいな認識だった。東アジアルックスである私達家族屋台を通ると必ず「Japanese Dorama!」(日本人にもわかりやすいようにドラマ日本語発音してくれる笑)と声がかかる。
慣れてる店員さんだと日本人韓国人見分けて韓国人にはコリアンを勧めていたけれども基本はジャパニーズ中韓のお客さんも日本ドラマが嫌いな人は少なかったし(少なくとも海外に出て来れるような教育レベルだと反日の人は少ない)、面白いから勧めておいて損はないだろ、的な感じ。この頃の日本ドラマだとフードファイトとかごくせんとか人気だったかな。あと古いけど中国系東京ラブストーリー鉄板だった。
中華系は見分けるの難しかったみたいだったけど。そもそも北京語広東語聞き分けるのが素人には難しいし、北京語話してたからと中国ドラマを勧めてみたら台湾人で機嫌を概してしまったとか、そもそも現地に馴染んだ華僑なので中華ドラマに興味がないって人もいたので)

ところが一時期からこうしたお店でJapanese Doramaを勧められる事が一切なくなってしまう。時期としては多分冬のソナタがでてきた数年後くらいだったと思う。
別にその頃から急に日本ドラマの質が下がったとかじゃない。(冬のソナタ以降韓国ドラマの質が上がったっていうのはあると思うけど)
理由は明快で、その頃から日本ドラマDVD規制が激しくなって、DVDに焼くのが難しくなったから。
結果DVD屋さんのメイン商材は韓国ドラマ中心となっていった。

アジア系ドラマ観てみたいけど何から観ればいいのかわからないって人は、そういったDVD屋さんに行って店員さんにお勧めを聞くんだよね。
店員さんも商売なので持っている商品の中から勧めるしかない。ドラマを気にいってくれた人がいたらじゃあ同じ俳優さんがでてるこのドラマは…とか同じ雰囲気ドラマだったらこんなのもあるよって。
あるもの勝負なので売れるのは韓国ドラマ人間やっぱり長く観てると愛着が湧いたりなじんできたリする訳で、普段から韓国ドラマを観てる人間はやっぱり日本ドラマよりもそっちを選んじゃう傾向がある。こうした人達が周りの友人に勧めて口コミで広がる。日本ドラマが売っていないので日本人及び純粋日本ドラマファンはこうした屋台に行かなくなってさら韓国ドラマが増えていく、というループ
アジア系ドラマ専門の人以外も例えばハリウッド映画DVDを探しに行ったらたまたま面白そうだったし(違法なので)安いからという理由日本ドラマを観る機会がなくなっていく。

で、これって同じ現象インターネット違法DLでも起きていて。同時期から日本ドラマを追いかけるにはものすごい苦労をして違法UPされた動画に辿りつかなきゃいけなくなっていたらしい。私は運よく親戚がDVD録画したもの日本から送ってきたりしてくれていたが、そういうツテがなく、日本語ができない人は日本放送された直後にファン字幕を付け、数時間でそれが消される前に観るしかない。
そこまでして日本ドラマを観るか?ってなるとじゃあ韓国ドラマでいいやってなってしまう。特にさっき言った日本ドラマを観ている人間タイプのうち②の人なんかは日本ドラマが好き!という訳でもなくアジア系ドラマ面白いのを探しているだけなので、探しやす韓国のを…となる。

著作権的にどうなんだ?!って声がかかるのもわかるし、個人的に今オタクをやっていてブルーレイとか買っている私から見ても違法視聴は許されないと思う。
ただ実際、口コミでってマニアから始まるので、例え違法であっても露出が多いのって確かに有利だ。

こんな話がある。
私が学生の頃、涼宮ハルヒの憂鬱インターオタク仲間の間で流行っていた。確かその頃京都アニメーションかどこかの人が「海外でも受け入れられるとは思っていなかった」という旨の発言をしていたのを覚えている。萌えアニメ海外流行った事はあまりなかったし、そもそも話の順を入れ替えて放送するっていうのも最初から原作ファンのみを狙い撃ちしていたかららしい。それが爆発的にヒットしたのは、その頃台頭してきたYoutubeEDダンス拡散され、オタク達がそれを真似た動画やパロった自作MAD話題になったから。(恋ダンスみたいだね!)今や海外アニメファンの間でもKyo-aniって言えば通じる程のブランド力を持っているけれども、結局入口は(少なくとも私の周りでは)ネットでの違法視聴だったと思う。

今回の恋ダンス削除騒動を受けて高校までのインター生活大学でのアメリカ留学で感じた「とにかく露出を増やす!」っていう点がやっぱり日本は遅れてるのかもしれないなって思ってしまった。The Melancholy of Suzumiya Haruhiみたいに恋ダンス経由で逃げ恥を知って、日本ドラマを観始める人だっているのになって。ビクターの言い分もわかるんだけど。

もちろん日本エンタメ産業の人だってただ手をこまねいていただけではない。今はCrunchyrollで合法アニメ配信をしたり民放も一週間以内だったらネット番組が視聴できるようにしてたりする。でも結局その波に乗るのは韓国の方が上手かったかなって感じ。
アニメ除くと民法ドラマバラエティ英語字幕はついていないし、民放ネット配信って海外からだとアクセスできない事も多い。(韓国はArirangっていう英語字幕つきのケーブル番組とかある)
因みにアイドルとかでも同じ現象が起こっていて、アメリカ出会ったK-POPファン友達は「昔はJ-POPを聞いていたけれどもYoutubeでフルであげてくれるとこが少なくてK-POPに移った。」と言っていた。今ほとんどの韓国アイドル新曲をフルでネットにあげてるんだね…確認すると日本だとハロプロくらいかな…?LDH日本事務所の中ではかなり海外に目を向けてる感じはするけれどもやっぱりShort ver.しか上げていないし、坂道MV集出してからShort ver.のみ。ジャニーズ基本的に全てアウト。例外的AKBはフルで上げてるのもあるけど、あれは握手会ありきなのでカウントはしない方がいいのかもしれない。

あと、先に行っておくけどネットとか特にツイッターとかだと絵師の間で「欧米では文化お金を払う土壌ができている!」みたいな事聞くけど、正直一般の人は正直そんな事全然ないよ。ちょっと前にイタリアケーキ屋が「インスタで宣伝してやるからケーキ無料でよこせ!って客には何もだしません!」って表明して話題になってたの覚えてる方もいると思う。
個人レベルでも某アニメDVDボックス欲しいっていうのに「え?ネットでただで観れるのに?」って返してきたの何人も欧米人いるからね。
実際にそれを仕事にしている人や趣味漫画を描くような人だとその感覚理解してくれるけど、趣味で絵を描く(例えば同人誌を描くとか)ってのが割とアジア系に多いので日本人の他だと確率的に台湾韓国人が多いかなって気はするけど。

何度も言うけど別に日本エンタメコンテンツが弱いわけではない。「逃げ恥」始め今だって素晴らしいドラマ映画が生み出され続けている。
中国人の友人は「日本ドラマ映画の静かな感じはなかなか他の国ではだせない」と言ってるし、国内外わず一番好きな映画は「桐島、部活やめるってよ
アメリカ人の友人は「おくりびと」を絶賛していたし、フィリピン人の友人は「ホタルノヒカリ」の大ファンで一番好きな日本語は「ブチョー」。
でもこの人達って日本エンタメ産業が強かった頃の日本ドラマを観て育っているかJapanese Doramaを観るという習慣ができている人々。上述した日本ドラマをよく見る外国人の中で②③の内、日本ドラマ面白いと知っているから、その中から自発的面白いものお探してみようとした人々だ。で、入り口違法視聴でもファンになった人達はきちんと公式DVDなりサントラなりをネット販売を通じて買っている。

日本エンタメ露出が減っている中で、これから次の世代日本ドラマファンをどう増やしていくのかってのはすごく問題になっていくと思う。この人達の何割かは母国テレビ業界に入ってアジア系ドラマバイヤーをするかもしれないし、Japanese Doramaを見ていた人なら放映権を買ってくれるかもしれない。

じゃあ①のアニメから入って日本ドラマも観るようになった人は?それはしばらく安泰なのではってなるけれども、冬のソナタ~今の韓国ドラマレベルの上がり方を見てると、正直漫画なんかも追いつかれるんじゃないかなって思ってるんだよね。特に「紙の」漫画がどうしても重宝されがちな日本に対して、韓国漫画WEBで攻めているという話も聞いた事あるし、割と面白いのもある。欧米人ってオタクとかエンタメ産業の人以外ネットで言われてる程文化お金払わない。そうするとやっぱりただで読めるWEB漫画は強い。日本漫画最近WEB配信してるけど、それが「公式で」英語に訳されているか…もしないのならば非公式で訳されたものが黙認されているかってのはある。

どっちがいい悪いじゃなくて、お互い見習うところがあると思う。ただ、よく言われている事だけれども日本って宣伝が弱すぎるし、COOL JAPANかいう前に、正直もう少しネットとかでの宣伝方法とか考えた方がいいんじゃないのかな。

終わり。

2016-03-27

互助会メンバーを連れてきたよ

http://anond.hatelabo.jp/20160327120607

僕がブコメ非表示にしてるIDの一覧

前半はただうざったい人をぶっこんでるだけだけど後半はだいたい互助会メンバーだと思う。

互助会判断基準は「凄いですね」「おめでとうございます」「参考になります」とか言ってる人達

それと馴れ馴れしい気持ち悪い敬語を使ってたり。

関係ない人が入ってたらごめんね。

jt_noSke|daybeforeyesterday|Arturo_Ui|crapman|lcwin|wow64|xevra|kana-kana_ceo|komamix|cider_kondo|zmoi|terazzo|kumonopanya|yosak439|north_god|biyoub|ncc1701|gurgle|ustam|death6coin|yuki1960|amadeus|buu|xlc|infobloga|nobiox|ikd18|idol_keikei55|kireinimigaku|

posutexibu|lp008962|Lhankor_Mhy|hamhei|demodemodatte|Falky|netcraft|unorthodox|nekoruri|ztanda|memoryalpha|type-100|stattly101|aiu3646|rosaline|yoshihiroueda|yoko-hirom|Dirk_Diggler|miraihack|noiehoie|aya_momo|nenashigusanora|kusoinakakagoshima|dekigawarui|rawan60|bat99|tagoshu|dd369|townphilosopher|zakinco|katabiragawa|zatpek|honehonerock|

somefiles|junglejungle|anpo-sumeragi|EoH-GS|hornfive|FUKAMACHI|shufuo|wackunnpapa|mame_3|kamayan|frivolousman|hisa_ino|MermaidSong|nkskname|hate_flag|Xcrgfw2015|tokatongtong|Gustav13|coper|IkaMaru|ksaitou|cleome088|tiisanaoppai|

dowhile|tteraka|zhy|nashika-ryo|trade_heaven|koink|fiiguy|scopedog|tianbale-battle|k564sa|azure-frogs|nabeteru1Q78|sapopopo|masa_bob|hojosen-watashi|agricola|kouchi203|houjiT|zazu0311|MIZ|mohno|driving_hikkey|kyfujita|susahadeth52623|CIA1942|washburn1975|seamlesssingles|tbsmcd|mouseion|kunitaka|cardmics|cyberglass|norirow|OKP|

hajif|QJV97FCr|ya_ken|aodifaud09|kaz_the_scum|buhikun|hatehenseifu|north_korea|bogus-simotukare|carl_s|kaeru-no-tsura|Gl17|mkusunok|hobbling|tatsukaneko|ahmok|vanacoral|toshi20|Yoshitada|sofa220|misafusa|take-it|sandayuu|kz78|blueboy|feita|mani023|shigeto2006|quwachy|white_rose|hiccha-ya-re|kxkx5150|vabo-space|ene0kcal|pyuta69|osaan|sugiyamasigemaru|Umekosan|MS310ru|interstella|nankichi|gulugulu|

a-tsuchi|wumf0701|akutsu-koumi|yuki_furu|shidehira|yas-mal|edo04|hyolee2|n_231|tonton-jiji|clclcl|confi|haha64|inumash|looot|davidsunrise|tone-unga|mojisan|yarukimedesu|skt244|katouk|cabinotier|ore_de_work|usataro|agathon|ueshin|pojihiguma|deep_one|siomaruko|kleinteich|neogratche|KoshianX|i2i|idealstream|youchin|Hiz22J|TOMATO_NDR|pmint|

apppppp|daizo3|nekora|shironeko_t|Mochimasa|htnma108|muso00|hamajaya|width|hitode99|sw522|azumaon|kitaazabu48|Tesh|kilminwq|taromalo0|calcalmin|zodiaccluck|saigotokyo|copyrightjp|amisakana|nekoqlo|

coco5959|wakame1367|protonoysters|Tomy103103|sugatareiji|hatenaquestion|kojimafood|hukahukahuka|masasia0807|masuosanex|zakkie|Daisuke-Tsuchiya|TTTT2|gigazori|homare-temujin|gaou2|eriko_moon|momijimom|masanori1989|Sanyontama|mamashizue|fukubuggy|tsurare01|hrktksm|sakitasu39|horitsukiko|s_dango|asimino|hana3hana|cindIII|pukuko15|fuzafuza|kaishaku01|KyoChika|

kota04|raytakahash|keisolutions|wwwhite10|lollipop-candy-syndrome|harunakatori0306|tensaychang|kumono_jyuza|miraisyndrome|trick-spec|f-aso|sennich|yokobentaro|la03241219|mayoi_inu|karutakko-muratan|hesocha|opps_long|hinatakokage|kankichi20|mtane0412|MoneyReport|kobabiz|kiratto-life|hevohevo|georgek5555|da-deng|kaomojiblog|dokushohon|daiki_bassist|msoasis|reteria|sakura-box|suzukidesu23|ken530000|dennou_kurage|Brightfuture|tmura3|kentakitasawa|isaiyasu|l-_-ll|doto-trigger-project|masaru0524|george-gogo|can1222|dai5ro-cat|masakuroy|ryo71724|cloudsalon|mraka2015|bun702|xx_mar0_xx|aqua935|nakasadax|saga-no-saga|take--chan|syudousiki|nyansu-nyan|ok723|tenkinkoguma|ponkotukko|musicalinstruments1987|kfo_hiji|lacucaracha|yutoma233|erisalife|le_beaujapon|sayyes0125|trailway|gustave_buzz|oobatomoyama|soramifanyan|Unimmo|gikazigo|menheraneet|

mayu115mayu105|goldblack|zentoyoyo|nimura-laboratory|kentaroupeace|takayukimiki|popoon|outdoor-kanazawa|kun-maa|tojikoji|santasantasan|nemurenai-same|liatris5|saneyuu|kurunchu|sfkpr996|astrayroad|

knewton|cild|hara-peko|hitamu|saku28kazu22|a-rulership|haruhiwai18|sunsunland-dayo|satomi77|tony_togo|byousatsu-pn2|kei_ta1211|tadachika_id|floorfloor|diligent-worker|sakenominimal|allmashit|rarasongjing|kureco|nosukethinking|masaki709|tomag|b-zone-salariedman|azux5296|stargazer-myoue|an_3_2|animezukikun|noi080|acutehappp|photoblg|levites|ishikawayulio|

s-usapon|novkota1984|kyo-ithi|keshigomu-kk|aetelppana|roserosequartz|hi-zakky|taka18782|vox_populi|stonedlove|hushinomiya|ka_rinchaco01|shiromatakumi|sny22015|midori32|ayumyuanuts-0206|momonari0565375|hydrangea2602|necDK|jimpeipei|mizumotohideto|Cosmop|kiiroihoshi|ssachiko|aikaearo|summersunday|rou_oz|blackgamer|kaki-9sai|konayuki358|t-tane|youkenwoiouka|journeykk|shun_prog0929|sandonigifu|yamayamaring|miyatore|ba-shi|koya-0263|quick_past|junmk2|Pikky|Nobkz|ngsmntm|younari|binary-takuto|jaikel|kodebuya1968|shima2tiger|good2nd|nextworker|yoiIT|baronhorse|tei_wa1421|cu777|minogozen|megumakou2014|doopylily55|lettuce0831|nine009|toppogg|e2693629|opensuse|HealthVillage|bukome_desu|

PSV|photokuri|Pgm48p|wakazoBOZ|yoshitokamizato|abmngkr|meiyoshachiku|yokoshimauma|hanage-works|nakanakanakkarin|yosuke0414|captainjacksan|tonbonline|hamachang1111|RyotA|shimokiyo|dandy611|scurasan|mona48|fufumidon|noabooon|aitabata|crash54175|shinnji28|mowmow18|hirahira511|unikurashi|

morningglorycloud0203|matsumototama3|kobayashihirotaka|decchisan|aime0703|nomvey|Jogasaki|clark3|siosaioffice|shin5nakata233|jinsan77|marsweexavi|iyasaretaiazinori|hahalife0

2015-02-06

二重人格の設定を活かした漫画ってある?

遊戯王とか多重人格探偵サイコとかマガジンkyoとか、二重人格漫画ってあるけどその設定を活かした漫画って記憶にないわ。

遊戯王は裏表の人格が力をあわせて戦うみたいな展開あったけど、基本的に裏人格が出っぱなしだし。

当時、出版会で多重人格ものがヒットしたか安直に取り入れたけど、それを活かしたストーリーにするの難しかったんだろうな。

2015-01-22

えどしぐさ

TOxKYO

かつて江戸と呼ばれていた地は明治維新と呼ばれる革命によってTOxKYO改名された。

一般に明治維新無血開城とされ、極めて平和的に遷移したと言われてきたが、近年の調査によって、これは新政府による隠蔽工作である疑いが強くなった。

当時の江戸人口が100万人を超える世界に類を見ない超過密都市であった。

これを可能にしたのが江戸しぐさである

狭い路地を傘をさした人同士が行う傘かしげなど、微に入り細に入り生活規定することで、余計な争いを避け、超効率的生活を維持するために発展したと考えられている。その規定数は定かではないが、精力的な研究によって発掘が続けられ、年々数を増やしている。

自主的規範ではあるが、違反者は厳しく罰せられた。

(日本橋のたもとには公開処刑場があり、重篤な違反者は首を切られ晒し者にされた)

竹鋸引きという江戸しぐさは、犯罪者の腹を竹でできた(故になまくらな)鋸で切り、通行人がこれを引くことで、犯罪に対する抑制反省を促した。

また、えすかれーたー両側のりという江戸しぐさは、エスカレーター本来仕様である、両側乗りをしために、後から駆け上がってきたサラリーマンに舌打ちされながら押しのけられるトラブルを避けるために決められた。

しかし、これらの優れた江戸しぐさは絶えて久しい。

なぜなら、江戸しぐさを生み出し、守り伝えてきた江戸っ子は、明治維新後の政府によって虐殺されたかである

明治政府は古いしきたりが明治政府の支配に悪影響を及ぼすと考え、これを棄てることを迫った。反対する者は尽く虐殺して海に投棄したと言われている。その数は正確には判っていないが、文化破壊するほどの大規模な虐殺であったことは想像に難くない。明治政府によって地方から新しい住民移住させられ、表面上は無血開城という体裁がとられたと考えられる。

ここで、いま一度、江戸がなぜTOxKYOとなったのか思い起こして欲しい。

TOxToxic(毒性)を意味する接頭詞である

虐殺による、大量の屍体の処分、立ち上る瘴気タンパク質が腐敗することで生じる毒。

その様子を見た政府江戸を毒の都と呼び改めたのは、私の妄想だろうか。

2012-10-28

http://anond.hatelabo.jp/20121027181026

この記事を登録した者(所謂元マスダ)です。はてブコメントで多かった意見に返信します。

私の問いのイシューが「どうすれば他人を動かせるか」だとすればずれていない。

  • 理性を失った北朝鮮がヤケクソで日本ミサイルを撃って来るのは結局防げないのではないか(mekurayanagiさん、sorachinoさん他多数)

これは私もそう思う。ただ、討論会ではなく時間もごく短かったので追求しなかった。志位氏はまたこのような場に来てくれると約束してくれたので、次の機会に訊く。

お互いに聴衆を意識していたと思われる。若い人が沢山集まっているので、志位氏もあまりにもディープ過ぎて玄人(?)しか理解できない説明は避けたのではないか

実は、私の直前に問答していた方の問いがまさにそれだった。それに対する答えを要約すると、「我々は躍進したり抑え込まれたりを繰り返している。過去には2回ほど大きな波が来たが、いま3回目が来ようとしている。堂々と正しいことを言い続け、大波を起こそう。」

ソ連に関しては日共理論武装の最大防御点だと覚悟しているので、今後、歴史を調べて予備知識を揃えてから聞く。例えば「前衛」62年10月号も未だ読んでいないので、私は問答できる段階にいない。組織の腐敗は幸か不幸か実感していないので分からない。どちらかというと腐らないままミイラになりそうだが。

  • 長すぎ(activecuteさん、the_sun_also_risesさん

編集によりバイアスがかかることを避けたかったのですが、要旨ぐらいは最初に書いても良いと分かりました。ご助言ありがとうございました。 

2012-02-18

[] 松井冬子さんの講演を聴いたよ at 2012.02

アーティストトーク「知覚神経としての視覚によって覚醒される痛覚の不可避」at 横浜美術館レクチャーホール, 2012.02.11(Sat), 15:00-16:00。Kyo.I.

 

 横浜美術館松井冬子さんの講演を聴いた。彼女個展世界中の子友達になれる」の関連イベント。 

 11時ころ会場前に行ってみたらスタッフの方(美人)がいたので話を聞くと、「どのくらいの方が集まるか何とも言えませんが、現時点ではどなたも並んでません」とのことで、とりあえず個展を鑑賞。同行した絵描き女子はたいへん楽しんだようだけど、私はよく分からんかった。むしろ常設展に感動。あ、でも松井さんの『ただちに穏やかになって眠りにおち』は印象に残った、私は宮沢賢治の『オツベルと象』が大好きだから

 13時ころ会場の様子を見に行ったらもう150人くらい並んでてびっくりした。慌てて最後尾に並ぶ。老若男女が並んでる。一人で来てる人も多い。並ぶときに、スタッフの方からレジュメ」と称される紙が配られたのだけど、松井さんのプロフィールしか書いてなくて残念。

 講演タイトルは「知覚神経としての視覚によって覚醒される痛覚の不可避」。この奇妙なタイトルは、松井さんが東京藝大で博士を取るときに提出した論文タイトルだそうで、講演ではその論文について解説してくれるということだった。

 

 15時。学芸員さんの挨拶に続いて、松井さん登場。

 とりあえずビジュアル的に面白い。つま先から太もも全体まで包む黒いエナメルのロングブーツ! テカテカしている。もともと脚がすごく長いのかヒールがすごく高いのか両方なのか知らないけど、やたら大きかった。

 松井さんの話によると、彼女博論2006年執筆して、2007年2月教授陣の前で発表したのだけど、発表の際に高熱を出していて上手く出来なかったとのこと。今回はその時のリベンジをしたいという。

 で、講演が始まったわけだが、うーん、日ごろ自分プレゼン下手を痛感している私としては、非常に勇気づけられた。こんな下手な講演が世の中にあるのか! 私の前に座ってた中年女性が、講演中に隣の人と「おもしろくないね」と言っちゃうくらいである。

 講演タイトルを見ても分かるけど、松井さんは基本的に、いわゆる「中二病」全開な文章を書く人だ。絵のタイトルも『陰刻された四肢の祭壇』とか『終極にある異体の散在』なんて感じだし、個展の絵にもそれぞれ解説文がついてて、それが全部同じような調子で長々と書かれている。まあ、幽霊とか臓物とかを描くくらいだから、「中二」なのは文章だけの問題じゃないと言われるかもしれないけど、それはともかく。

 不必要に硬い語彙を好んで使い、しかもそれぞれの言葉の組み合わせ方が少しずつ適切な用法とズレていて、さらに主述関係や修飾-被修飾関係あやふやなので、全体として意味が不明瞭。そんな文章を、文字情報なしで口頭で早口で(つっかえながら)読み上げるのだから、分かりやすくなるわけがない。

 と、つい悪口が長くなったけど、私の理解した範囲で要旨をまとめると、

他者との接触は私に痛みをもたらすよね。

この痛みそのものは伝達不可能。痛みとは孤独もの

でもそれを芸術作品に託すことで、目に見える形にして、人に伝達できるのでは。

そういう試みが視覚芸術のなかに確かに存在しているし、松井自身の制作も、その系譜に連なるんだよ。

 こんな感じでした。

 この系譜の探究として、河鍋暁斎とかダミアハーストとかクリスチャンボルタンスキーとか色々な作品が挙げられ、分類され、その流れで自作解説も行われる。(ちなみにその分類の名前は「攻撃性自己顕示実践型/受動自己犠牲変容型/局地的領域横断型」。一貫した中二感。)

 余計なお世話だけど、「知覚神経としての視覚によって覚醒される痛覚の不可避」というタイトルでは全然内容を表せてない(うえにそもそも日本語としておかしい)ので、まともに修正するなら「痛覚の覚醒企図する視覚芸術の系譜」ってところでしょうか。

 私の記憶する限りでは、「不可避」の部分が講演のなかに出てこなかったので、もし質問コーナーがあったらお尋ねしたかったのだけど、むしろ講演の後半は時間が足りなくなって、松井さん自身の話さえだいぶ端折られてた。残念。

 ちなみに私の同行者は、「全体としては難しくてよく分からなかったけど部分部分は面白かった」とのこと。例えば、ある作品に描いた孤独幽霊が、少女コミック主人公のようなものだという話。少女運命の相手に出会うために奇跡を待つのは、逆に言えば奇跡なしには出会い存在しないということであって、そこには極めて近代的な「ディスコミュニケーション」があらわれている、とか。

 

 私は正直、講演の内容自体にはこれといった感想を持てなかったんだけど、にもかかわらず彼女に対する印象は大きく変わった。

 松井さんの文章は、中二病的だ。見た目には間違いなく中二の文章だ。でも、彼女がそういう文章を書く理由は、いわゆる中二病とは大きく違うんじゃないか。講演を聴いてるうちにそう思えてきた。

 自意識過剰中学生は、全力でカッコつけて(実はカッコ悪い)文章を書き、しかもそのカッコつけた自分に酔っている。

 一方、松井さんは、無理やり日本語ねじまげて珍妙言葉かいをすることを、ある意味でむしろ強いられてるんじゃないか。そうでもしなければ、彼女が何を言っても「美女の言葉」として消費されてしまって、結局何ひとつ表現することができなくなってしまうんじゃないか

 彼女は、整った顔立ちの、いわゆる美人だ。私は、平たく言えば、「どこかで過剰に武装しないとなめられてしまって、男と対等に見てもらえない、それが嫌なのかもなあ」、と思った。感覚的な話だけど、堅苦しい言葉をたどたどしく話す彼女を見ながら、思ったのだ。

 彼女は講演の中でも「メスしか描かない」と言っていたし(尾長鶏はオスだけどドラァグクイーンイメージなので名誉女性と考えているとのこと)、ネット情報によるとフェミニスト上野千鶴子さんのファンらしいから、性に関する問題に強い意識を持っているのは確かだろう。(※追記:フェミ関連の話としては、http://d.hatena.ne.jp/nagano_haru/20090709/1247140423、などがある。)

 ただまあ、こんなふうに分析されるのは、たとえこ分析が実情を言い当てていたとしても(いやむしろ言い当ててていればこそ)、松井さんの立場からすれば不快以外の何物でもないだろう、とは思う。

 残念ながら私には、松井さんの作品自体をフェミニズム絵画として論じるだけのモチベーション能力も無いけれど、そういう見方もできるのかもしれないね。というかできるんだろうね、間違いなく。

 

 長くなったついでに一つ。

 私見では、松井さんは「言いたいことが山ほどあるけど上手く表現する技術がない人」だと思う。だからあんなに自作解説をしたがるのだ(いまネットで少し松井冬子評を探してみたら、彼女自作解説にヘキエキするという人は一定数いるようだ)。 結果、彼女のファンは、「よくぞそれを言ってくれた!(技術はともかく)」というタイプの人と、「グロテスクな絵を描いて、博士号を持ってる、美人すぎる日本画家! おもしろい!」というタイプの人に分かれることになる。あとまあ、「幽霊大好き!グロ大好き!」という人もいるのかもしれない。サブカル

 私自身は、特に彼女同調するわけでもなく、外見や肩書に魅力を感じるわけでもなく、幽霊が好きなわけでもない。そして彼女の文章を容認できる忍耐力もない。

 まとめると、私には彼女について語る資格はない、ということなのかも。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん