2017年12月30日の日記

2017-12-30

anond:20171230234849

マウンティングにそんな皮肉が込められていたのか...

奴隷の鎖自慢ってのは分かりやすいんだけど、短くするとなると題材を変える必要があるなー

家畜タグ自慢にするかー、よって

タグマウンティング

どうだろうか?

anond:20171230235309

不幸でも生きるべきだっていうアンチテーゼをもってこないといけないんだからそうなるよな

問題の重大さを理解できている人がほとんどいなそう

チューリップバカ売れしている

はじめは珍しい花だなくらいに思っていたのだが、最近じゃ球根一個に100ギルダーを超える額が付けられてやがる。

物によっては100ギルダーを超えるようなこともあって、それも日々値上がりしていく。

こうなると当然俺みたいな庶民には手を出せないが、今度は共同購入の話がやってきて、これは一口1ギルダーとかそういう単位で乗ることができる。

近所の肉屋おやじ10ギルダーつぎ込んだとか言って笑っていたが、おいおい、お前はいから花屋になったんだ? それに、球根一個のさらに何割かだけを手に入れてどうしようっていうんだ。

なんて思っていたのだが、こうして球根が値上がっていくさまを見ると、やはりもっと前に買っておけば良かったのかと思ってしまう。

男ならチューリップ権利くらい持っておいてしかるべきだ、なんて言って回っている奴もいる。

でも一方で、チューリップを盗まれ破産したとか、実体のないチューリップの新種を謳った詐欺だとかも横行しているんだ。

からでもチューリップを買う価値があるだろうか?

anond:20171230224906

我々は生まれてくる存在に対して何らの権利も持たないので、本来生むことも生まないことも選択することはできないが、

せめて比較的マシな生まないほうを選ぼう、その根拠非対称性だ。というような理解で良いのですかね。

基準幸福苦痛から幸福までのゲージ)で、それらを認識する脳が発達したところが生の発生時点、というわけですね。

まれてくる存在に対してなんの権利ももたないことは同意します。ですがやはり非対称性根拠が薄弱なように思います

喜びがなくても不都合がないかどうかは主観ですし、

苦痛」を受ける機会がなくなるのが(喜びが生じることと比べて)良い事かどうかも主観であり、

主観存在なしに獲得することはできません。

このままでは「喜びがないのは苦痛なので、生まれないことは苦痛だ。」という論と矛盾なく両立してしまうように見えます

ところで起こってしまたことは仕方のないこと、というお話がありましたが、反出生主義は生きている人間にはどのような立場をとるのでしょうか?

まれる瞬間が一番苦しいので既に生まれているものは死ななくても良い

人生は常に幸福より苦痛が上回るので皆すぐ死ぬべき

などであれば是非はともかく納得はいくのですが、どうもどちらでもないように思います

anond:20171228204510

コミックマーケットやろ

夏はツイッターやとげったにも人が少なくてびびったぞ

反出生主義を感情的に拒絶してるブコメの多さにびっくりした

あれを切って捨てるには共同体主義というか、ざっくり言えば右派的な思想で生きてないと無理だと思うんだけど…

はてサ少数派説

anond:20171230230208

その辺のブロガーよりミニマリストブロガーのほうが「こんなもの買いました」記事が多かったりするの面白いよな

家に物が少ないだけで大量に物を消費しないわけじゃないのか

今あえてエロゲを選ぶ理由を教えてほしい。

こないだエロゲが売れないのなんでみたいな増田があったけど、逆に聞きたい。

今あえてエロゲを選ぶ理由ってなに?

煽りとかじゃなく、マジで知りたい。

エロゲを選ぶ理由エロゲ特有の魅力って何?

それが分からない現状では、1万円で1本のエロゲ買うより、1万円でラノベエロラノベを買い漁る方を選ぶ。

anond:20171230234448

お前はオークか

エロ漫画に出てくるオークの精液の無敵さには笑ってしまう)

anond:20171230111228

>「マイナスは確実にあるが、もしかしたらプラスもある」より「確実にマイナスはない」のほうが合理的

というところに引っかかった誤解が多いみたいだ。

おそらく、苦痛は-5あるけど幸福+10ある場合、-5+10=+5の幸福人生というイメージをしている。

から期待値というような言葉が出てきてしまう。

そうではない。

まれないことは0。

幸福+10あっても苦痛が-5あるなら苦痛は確実に存在している。

から子供を産むことは苦痛を産み出すことなんだ(だから産まないほうがいい)、というのが元増田論理

でもこれは論理的に弱い(状況次第で覆しうる)んじゃないかな。

たとえば苦痛も不幸もない状況。

遺伝子操作で痛覚をなくし、洗脳と薬物で強制的幸福にする、というように。

オルダス・ハクスリーの『すばらしい新世界』をさら推し進めたディストピア的な状況(『すばらしい新世界』は培養ビンで生まれ子供睡眠教育で疑問を持たないよう教育され、少しでも不快な気分になるとドラッグで「楽しい気分」になる)

伊藤計劃の『ハーモニー』も近いか

幸福」「不幸」「苦痛」その他もろもろを感じる主体自体を産み出すことの是非を問題にしたほうがいいと思うな。

この点はベネター『生まれてこないほうが良かった~』もシオラン『生誕の災厄』もいまいちで、ショーペンハウエル意志と表象としての世界』の方がいいような気がする(よく理解できていないのでわからないが……)

まぁいずれにしろ反出生主義者として現代日本の状況は良い方向に向かっている、といえるんじゃないでしょうか。

ネターの翻訳も出ましたし、おそらく歴史もっとも反出生主義的な世界を生きる幸福を味わって生きていきましょう。

anond:20171230234024

意味ちょっと取りづらくない?

なんかブロックチェーンイメージちゃう

マウンティングっていうのは

自分を優位に見せようとするかつサルイヌのようなケダモノが行うような劣った行為

というニュアンスを含んでいる

このワビサビに張り合える言葉じゃないとなーーー

anond:20171230234222

そんなことより童貞って言ってくれ

anond:20171230234222

ちーん言われてもあんまりダメージ無いんだよなー、むしろもっと言え!って感じ

精子を強力にする薬とかないの?

例え相手ピル飲んでたとしてもお構いなく受精させられるようなやつ。精子寿命が伸びるやつとか、生成量が増加するやつとか。

年末の夜に

子供が二人ともインフルエンザにかかってしまったようだ。今日中1の娘と一緒に病院に行って検査してもらう予定だったが、娘が一人で行けるというので信じて見送った。

娘は年末の混んでいるなか病院に一人で行ってきたので褒めた。

検査も2回したけどインフルじゃなかったと。安心した。

しかし俺はそれを信じていたが娘は俺にウソをついていて検査なんてしていなかった。どうやら検査が怖いウソをついていたのだ。夜仕事から妻が帰ってきて病院の明細を見て検査をしていないことが発覚。そして娘の熱は夜に39度まで上がった。

病院に一緒に行かなかった俺が悪い空気に。心配していた妻のお母さんにまで電話で怒られた。

娘が嘘をつくのは俺が嘘付きだから、俺が嘘をつくのも両親の育て方がどうのとありとあらゆることで怒られた。言葉を聞いていると妻は頑張っている、妻は耐えている、苦労をさせるなと全て妻をかばう内容だった。妻が可愛いんだろう。

正直ここまで言われるのは納得いかなかったがとりあえず吐き出させてしまった方がいいだろうと思いサンドバッグになった。近くにいた妻も俺が悪いと思っているのだろう、かばってくれるようなことはなかった。久々にあそこまで理不尽自分否定されて腹も立ったし傷付いたが反抗しなかった俺を俺だけは褒めてやりたい。

あそこまで指切りまでしたのにウソをついた娘にも腹が立つが仕方ない、忘れてやろう。

最後に妻から娘の病院は一緒に行ってやるべきだったと念を押されるしとにかく嫌な気分の1日だった。

そして今妻と娘二人で夜間診療インフルエンザ検査してもらいに行っている。

俺なりに子供の世話をしていたつもりだが父親には向いていないのだろう。

ま~ん

って言われたら、 ち~ん って言い返せばええやん。

anond:20171230233211

なら、

チェーンランク

かな?

(俺が適当に言ってるだけだぞ!)

anond:20171230233506

成長する機会じゃないですか。がんばりましょうよ。

anond:20171230185602

ブクマのつかない増田は、ただの増田だ。


って、かっこよく啖呵を切りたいからさ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん