「圧政」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 圧政とは

2018-12-08

anond:20181208165627

日本で今デモが起きないのは生活がそれほど悪くないから。ただそれだけ

はてサ脳内では庶民安倍圧政に苦しんで明日食うものもない生活をしてることになってるけど

安倍政権になってから間違いなくよくなってるから。それがアベちゃんの功績かただの運かは知らんけど

2018-11-15

東京都青少年健全育成審議会法王庁匹敵する現在

法的な面で男女同権を推進したリベラルフェミニズムを越えて、ラディカル・フェミニズムが目指したのは暗黙の圧政を行う父権主義的な保守文化是正だった。日本的感覚で言うと、文化ってのはふわっとしたもの責任者が居ないわけだけど、欧米場合事情が異なっていて文化責任者宗教的権威、当面の話で言えばローマ法王庁だ。

からこそ、フェミのある時点のゴールは、法王庁から男女同権を認めてもらうことだったし、LGBTのゴールも法王庁からお墨付きをもらうことだった。日本人からすると奇妙に聞こえるけれど、そこに(当面のではあっても)終着点があるから権利運動として終わることができた。全員が終わるわけじゃないんだけど、矛を収めるタイミングとでも言うべきものがあったわけだ。

日本には法王庁に相当するような「日本人全体の文化基調監督する、お墨付きを与える組織」が、一般的にはない(ことになってる)。だから闘争が終わらないし終結宣言も出せないんだが、唯一それに類似した機関が、東京都青少年健全育成審議会だ。ここは「父権社会がその暗黙裡の搾取精神を持って、あたか女性が性商品であることを認めるようなみだらな商表現をしてきた」現在を、規制する能力がある組織だ。だから、この審議会規制を強めれば強めるほど、ラディフェミ的には勝利度があがる。

今は我が国には第二の法王庁があるのだ! 最もこっちの法王庁女性のもの権利保護も推進もしない。(ここではその正しさをとわないが)基本的表現物を規制するだけだ。しかし、それが日本の学級裁判フェミニズムと最高に相性が良いのだ。ま、そんな東京都青少年健全育成審議会からみても最近規制してるものの多数はBLなんすけどね。

2018-11-14

anond:20181112224139

明治10年の「花月新誌」から引用

維新以来、束縛圧政の旧世界を一変して、自主自由新天地を開けり。

明治19年徳富蘇峰「将来の日本から引用

しからばすなわち現今の日本封建時代先天の日本と、明治時代後天の日本との大激闘の戦場といわざるべからず。(中略)されば今日のわが清鮮爽快なる日本新天地においてすらなお旧分子の冥々隠々裏りに飛揚跋扈の威勢を逞しゅうするもまたゆえなきにあらざるなり。

明治23年の「史学雑誌から引用

抑も明治維新は、我国未曾有の大改革にして、万国にも殆ど比類なき所なり。封建の制変じて郡県となり、衣冠束帯変じて洋服着用となり、藩兵は変じて鎮台兵となり、孔孟の教衰へて西哲の道行はる。その他、制度風俗より農工商に至るまで、昔日の旧慣地を払ひ、明治新天地となれり。

このあたりの「天地」というのは「天と地のあいだにあるもの世界」という意味で、

それは「新天地」と「旧世界」が対比して用いられていることからも分かる。

明治維新に際して様変わりした世間表現するとき一種の決まり文句だったのでは?

2018-11-10

anond:20181110120004

中国の潤沢な研究環境はああい圧政あっての上だから

首尾一貫して他人なんざ知らん研究しか興味ないっていうならそれはそれで良い

人の心が分かる人格者でございみたいな態度やめて欲しいなってだけ

2018-10-19

増田独立宣言

増田内でどれだけ盛り上がってもはてブが3つ以上付かないと注目エントリ入りしない現状ははてブから圧政である増田独立要求する

2018-10-15

anond:20181015162232

まーたありもしない「男社会圧力」とか言ってやがる。

フェミ黒人と違い、差別されてなかったもの反差別の名を借りて暴れてる利権運動に過ぎない。

からその終着点は解放ではない。男性に対する絶対的圧政の達成だ。

2018-09-26

anond:20180926120708

ノイジーマイノリティからの謂れなき表現弾圧抵抗しない理由はない。

 

失敗じゃないよ。

フェミニストお気持ち圧政抵抗する奴もそれ以上に増えてるからな。

anond:20180926112136

せめて自分お気持ち圧政を敷いているという自覚ぐらい持ってもらいたいもの

anond:20180926111042

お気持ちルールは変わらない」といいつつお前が言ってるのは

「パワーを持つ者のお気持ちルール」じゃねぇか。

そしてそれはいわゆる「圧政」だし、そんなものに従う気はない。

俺はLGBT保護法ができても(非合法になっても)連中を認める気はない。

2018-08-15

anond:20180815222231

生産性ってなんだ?

圧政を敷いて庶民に重税を課して餓死者を出した金で人殺しミサイルを作って周辺国挑発するのが生産性

2018-07-25

ヒプノシスマイク世界は「古来から女尊男卑世界であった」設定ではなく、「もともと男尊女卑社会だったが、女性優位の社会制度へ変更された」社会だという解釈だったので、よく使われる「超女尊男卑」に疑問がある。

あれは「社会制度だけ見れば女尊男卑だが、(少なくともある年齢層以上の男性の中には)根深男尊女卑思想が残っている」という状態しかない。

そんなふうに「最初から女尊男卑を前提としている」社会ではなく、「ここから現状を反転させて、女尊男卑社会を成立させるとしたら?」という「if」としては、ヒプマイの世界は割とリアリティのある状態に思える。

いくら社会制度を女性優位に変えたとしても、女を蔑む男の意識がそう簡単に変わるわけがない。

だいたいが「男女平等」ではなく「男性優位」を「女性優位」に変えただけの社会なので、そりゃ反発がくるだろう。

社会制度は女尊男卑に変えても、ミソジニーが逆に強化される世界設定だ。

「では、そんな設定を、お前の倫理思想的に肯定しているのか?」

と言われると、べつに肯定はしていないです。

ただ、否定もしていない。

だって現実ミソジニー存在するから

フィクションにおいて、それが存在しない「if」を描くのもアリだし、それが存在する「if」を描くのもアリだと思うんですよ。

私はヒプノシスマイク気持ちよく快適なコンテンツだとは思ってないです。

女尊男卑男尊女卑人間を消費することも同時に存在するグロテスクコンテンツだと思ってる。

そのグロテスクさに、「女の圧政に争う男」という構図自体に、私個人面白さを見出しているだけ。

からミソジニー無自覚である」「作品内のミソジニー肯定している」ってわけじゃないんですよね別に…

2018-06-18

愛国心危険とか言ってるテロリストウケる

先の大戦で云々いつものやつ

戦争帝国主義軍隊暴走があって、尊皇で国がまとめられていただけ

愛国ってのは単なる結果

そもそも国を愛していない国民が集まれ勝手国境引かれたアフリカのように内戦中国のように常に反対勢力圧政で抑圧しなきゃ国が成り立たない

とんだ平和主義者もいたもんだな

2018-06-01

anond:20180601204841

リスクを取って?

役人自分らは何一つリスクを取らないだろ

リスクってなんだ?圧政か?

2018-05-21

anond:20180521090826

大人だろうが環境によって洗脳されるのは常識

サラリーマンブラック企業に勤め続けるし、

監獄ごっこをやれば本気で囚人虐待しはじめるし、

国民独裁者圧政を打倒しようとしない。

2018-05-18

anond:20180517162500

室町時代の正長の土一揆や嘉吉の土一揆などの、成功した土一揆を見れば、

体制側に混乱がある状態で、戦慣れした人員を迎え入れつつ、数万人規模を動員できれば勝てる可能性があることが分かる。

ただ、そもそも一揆というものは、

一揆いっき)とは、日本において何らかの理由により心を共にした共同体が心と行動を一つにして目的を達成しようとすること

とあるように、かなり幅広い意味を含む言葉である

元増田が言うような、江戸時代の「百姓一揆」などは、確かに農民が中心だが、それにも様々な形態があり、

村長や村役人農民たちを指揮して領主圧政を訴えるものもあれば、

領主とつるんでいる村長や村役人農民たちが襲うものもあった。

また、その手段も、代官のところに押しかけて直訴するだけだったり、

逃散したり、酒屋や土倉を襲ったりと、バリエーションがあったわけで、

農民武器を持って武士と戦うだけが一揆ではないのである

2018-03-21

anond:20180321094138

結局、国境の有無、メリットデメリットについて、ダブルスタンダード二重基準)で語られている面があるので、矛盾が生じているのかも。

国境がない方が、そりゃ移動の際には便利だけど、公共サービス提供方法矛盾があってはいけない。(制度が維持できなくなるので)

中国独裁政治圧政から逃れたい中国人が、日本に目をつけてなだれ込んで来ると思います

2018-03-15

日本国民をやめたい

日本政権が信用できない

文化圧政もある

自分意志日本に産まれたわけじゃないのに

信用できない政権自身生活を預けるのは非合理的だし

人権に反する

 

このような理由亡命ができないのは「国家」の欠陥である

2018-01-27

anond:20180127192617

敵を作るとまとまるって奴

敵を作ってまとまって、敵を倒したっていう成果を上げるには、敵を国外に作ると戦争しかないけど、国内だと弾圧やら圧政とかで達成可能からねぇ

2017-12-15

しゅくせい

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/15/news071.html

記事では「粛清

あと似たので「粛正」ってのがあるのな。

おどろおどろしく読み取れてしまう原因はこの「粛正」ではなく「粛清」なところらしく、

数人がビビってる。


粛正

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/105137/meaning/m0u/

https://kotobank.jp/word/%E7%B2%9B%E6%AD%A3-528233

粛清

https://kotobank.jp/word/%E7%B2%9B%E6%B8%85-77615

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%9B%E6%B8%85


絵で

https://mainichi.jp/articles/20161014/mul/00m/040/00500sc

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/10/14/20161014mul00m040005007g/9.jpg



正の方は正すことのみに集中して

清の方は圧政とか政治面での強行、特に分子排除を強く言う感じ。


Twitter現在Twitter APIを利用する開発者粛清を行なっており、

言うて開発者ツイッター社に無関係第三者なんで、知らん人を正す(粛正)のもどうかって感じだし(何様だし)、ルールを守ってなければハイ排除粛清)ってやらざるを得ないのもしかたないか

まず警告だろって話も、まあそうなんだけどね、じゃあなんでしないんだろうね、はぁって感じで。

2017-12-14

[] #44-2「ヴァリオリを、もっと楽しむ」

こうして異世界に来てしまった俺は、何をすればいいかから四苦八苦していたんだよな。

ヴェノラ「よし、とりあえず異世界に来たらステータス確認しよう。こうすればウィンドウが出てくるぞ……ふむふむ、基準はいまいち分からないが、何となく分かるぞ。それじゃあ、まずはこの世界システム理解するために色々調べてみよう」

まるでゲームみたいなシステムだが、それでも試行錯誤しながら俺は徐々に理解していく。

ヴェノラ「ふむふむ、システム何となく分かってきたぞ。近くにいた住人たちもちゃんと日本語が通じるようになっているし、親切な人が多くて助かる。インフラは些か不便だが上手く誤魔化せば何とかなるだろう。何なら俺が現世での知恵を有効活用して、町をいい感じにしてやろう。義務教育レベル知識は最低限あるから、俺の内政力は完璧だ」

現世での生活をひとまず忘れ、俺はこの世界に順応していった。

ヴェノラ「じゃあ、ある程度分かってきたことだし、この町を拠点にしつつ冒険の旅に出かけよう」

ヴェノラ「なるほど、このスキルはこんな感じか。じゃあ、そんな感じに使っていけば面白いな」

ヴェノラ「ほうほう、敵はそんな感じか。じゃあ、こんな感じで戦えば勝てるな」

ヴェノラ「勝ったぞ。これで、また俺は強くなった」

こうして見てみると、この頃から俺の問題対処能力は頭一つ抜けていた。

当然これは自己評価ではなく周りから評価なので、俺自身は自慢する程ではないと認識しているぜ。


それからしばらく経つと、俺は最初の町で一目置かれる存在になりつつあった。

ヴェノラ「クリアしてきたぜ。そこそこ大変なクエストだったな。一緒に仕事をしていた嫌味な先輩冒険者がこの世を去ってしまった。面倒見のいい先輩冒険者を助けるだけで精一杯だったぜ」

ギルド受け付け「ええ!? ヴェノラさん、Eランクなのにこんなすごい仕事を成し遂げたんですか!?

ヴェノラ「ああ、俺には持って生まれた才能と、現世で培った教養があるからな。その上で飽くなき探求という名の努力もしているか可能なのだ

冒険者くずれA「へっ! なんかインチキでもしたんじゃねえのか」

ヴェノラ「おいおい、変な邪推はよし子さん。一度でも俺の活躍を目にすれば、そんな疑いはすぐに晴れるぜ」

冒険者くずれA「ああ、確かに。お前の戦闘能力は独特で理解が及ばないながら、何となくすごいことは伝わってくるよな」

最初は俺の実力を甘く見積もる奴らもいたが、それが誤りであることを自然と認めさせるのにそこまで時間はかからなかった。


そんなこんなで更に月日が経ち、その町での生活マンネリを感じ始めた頃、俺は神の言っていた“しておいた方がいいこと”をそろそろやっておいても良いと思った。

ヴェノラ「確か四天王の一人が、その国で圧政をしているという話だったかな。よし、俺がこらしめてやろう。溜飲を下げさせてやる」

町娘A「行ってしまうのですね……」

ヴェノラ「俺には宿命がある。別れはいだって突然さ。時々でいいから、俺のことを思い出してくれ」

俺はフラグのある町娘に後ろ髪を引かれる思いを抱きつつも、新たな冒険の旅に出かけるのだった。


……と、ここまでが第1話エピソードだな。

あんまり盛り上がらない話だが、第1話は色々と説明しないといけないから、こんなもんさ。

だがCMの後は怒涛の展開。

お馴染みの仲間たちの初登場エピソード、どんどん紹介していくぜ。

ライバル四天王たちとの激闘シーンもあるが、最終的に俺が引導を渡す展開だから安心して観てくれ。

未公開シーンも解禁されるから、見逃すなよ!

(#44-3へ続く)

2017-12-02

劣等国のとある狂った独裁者によって起きた核戦争で核の炎に包まれ荒廃した世界で、正義使者正論の連打によって圧政者を打ちのめし、その相手をアベ死って断末魔叫ばせて弾け飛ばす漫画が読みたい。

2017-11-22

anond:20171122100045

それは実用上の問題であって、根本的な理念としては「政府圧政を敷いたとき国民が抵抗できるように=革命権の担保」だよ。

2017-11-19

中国の民主化

中国情報統制国民洗脳して、国体を維持している。

天安門事件とき民主化に失敗したが、情報自由化が進めばいずれ一党独裁崩壊するだろう。

日本中国情報自由化民主化支援すれば良い。

中国の寒村で暮らす10億の貧乏人が圧政から解放されたら、幸せな人が増えて嬉しいですよね?(中国人と言えども不幸であって良いわけがない)

 

日本会議の連中は中国民主化運動支援しているだろうか?(してない)

2017-11-09

anond:20171101161439

なるほど。

かに古典的リベラル制度的な圧政から市民の開放を目的誕生したんだろうけど、現代リベラルは「自分自由のために相手自由を奪うこと」を許さない。つまり多様性を認めるということで、「人種やLGBTなどの少数派や弱者などのマイノリティ自分マジョリティだというだけで否定しない、尊重する」という思想のことだと私は理解している。単純な反戦や反権力だけのことをリベラルとは言わない。

翻って日本リベラルサヨク政治的に強い立場の人を悪として、敵として攻撃することだけに執着する。つまりリベラルが生まれとき手法だけを真似て、相手意見を聞いて尊重するということをしない。

特に日本では時代劇的な、物語的な、アニメでよくある勧善懲悪が大好きだ。いじめている人が黄門様に懲らしめられる結末に喝采する。スカッジャパンだ。小池劇場でも都知事選都議選で大勝したのは都議会ドンがいたからだ。しかし、衆院選では安倍首相絶対悪たり得なかった。

現実はそんなに単純ではない。世の中は勧善懲悪にはできていない。絶対悪絶対善など存在しない。特に政治世界ではそうだ。よく効く薬には必ずと言っていいくら副作用がある。今回の衆院選でも安倍一強と煽って、安倍首相民衆の敵のように主張する。国民にそう信じ込ませようとしている。国民馬鹿にして、愚民でいることを求めている。国民もそれくらいは理解している。

安倍首相だって全てにおいて正しいわけではない。ツッコミどころも多い。それも国民はわかっていて、相対的に期待できる政治家が、政党が他にいないことが問題なんだ。野党安倍首相手法憲法違反だと囃し立てるけど、憲法だって絶対的ものではない。むしろ憲法改正取引材料にして、自分たちの目指す政策与党に認めさせる。そんな政治家野党にいてほしい。

しかし、リベラルサヨク絶対悪vs正義の味方対立を煽る。古典的リベラル解放運動のごとく、自分正義を疑わない。それはリベラル思想を受け継いているのではなく、手法だけ真似しているに過ぎない。だから日本リベラルサヨク思想的にリベラルではない。

からリベラル成仏する日」はリベラル思想成仏するのではなく、手法だけ利用しようとする日本的リベラルサヨク成仏して、日本に真にリベラル思想を持った政党が生まれる日なんだ。

2017-11-02

アメリカの銃規制が進まないのには3つの原因があると思うという話

表題の件について、自分が納得できるだけの解説をしている記事があまりない、というか、前々から日本一般の人々にはあまりこの問題認知されていないような気がしていたので、需要があるかは分からないが個人的見解をまとめる私的メモという意味も含め、ここに記載しておく。

1つはアメリカ建国理念から来ていて、もし政府民衆に圧制を強いるとき民衆には武装して蜂起する権利憲法で認められているためである

もともとアメリカという国自体が、イギリスをはじめとする欧州圧政から独立してできたものなので、国家民衆が作るという意識が強い。そのためアメリカ合衆国は、政府暴走した場合対処法を、憲法公式に認めている。これが有名な「合衆国憲法修正第2条」である政府民衆国家権力で押さえつけ、搾取するような事態になれば、国民武装して現政府を打倒し、新たな政府を打ち立てることができる。(もちろん、他国から侵略に対する抵抗の意味もある)

そして最も重要な点は、そうするために国民武装することを、政府制限してはならないということだ。銃の所持を規制することは、すなわち武装することの規制に繋がる。これは国民のための権利であるから政府主導で銃規制をすることに対して、「そうやって武装できないようにして、俺たちに圧政を敷くんだろう?」という反発が生まれる。から規制は是か非かについて、明確に政治的正しさを持つ答えがなかなか出ないのである。極端な話、トラ○プが本当に危険独裁体制を築いたとき、現憲法下であれば銃規制を叫ぶリベラリストたちでも平等武装蜂起する権利を有している。

2つ目はより現実的市民生活に関する問題で、アメリカの広大な土地に起因する。

アメリカ田舎は、日本人には想像も付かない規模で広い。隣家まで車で何十分というケースはざらだ。たとえばワイオミング州鳥取県両国において最も人口が少なく、約56万人とほぼ同じだが、人口密度はおおよそ70倍以上にもなる。そんな地域でもし何か起こったとき警察保安官が到着するのを30分とか1時間、悠長に待っていられるだろうか?

こういった背景からアメリカでは田舎に行くほど、セルフディフェンスとかホームディフェンスと呼ばれる概念が浸透している。異常に治安が良いと言われる日本でも、ご近所同士のいさかいが原因で刃傷沙汰に発展するというのはよくある話だし、痴話喧嘩もあれば家庭内暴力もある。野生の危険動物だっているだろう。そういった事態に陥ったとき自分の身を守れるのは自分だけだ。だからみんな銃を買う。西部開拓時代、多くの人が傍らに銃を置いて眠っていた頃と、根本的には変わっていない。

なお、アメリカでこういった田舎に暮らす人たちは、人口の1割である3000万人ほどもいるという。3000万人と言えば近年急速な発展を遂げたメガティ中国重慶市と同じくらいだ。メガティ1つ分の国民安全自衛に委ねられているという、ある種異常な状態なのだ

3つ目はもっと単純で、ここまで広がってしまった銃を今さら回収するのが非常に困難な点にある。

アメリカでは1億丁以上の銃がすでに流通販売されており、およそ国民の2人に1人は銃を持っていると言われている。これほどまでに庶民の手に広まった銃を没収していくのは、そもそも物理的に難しいし、誰が何の権限でどのように回収するのか、抵抗に遭わず安全に回収できるのか、回収した大量の銃はどう保管あるいは処分するのか、これらのコストは、回収に応じない場合罰則は、などといった行政上問題も山のようにある。

ちなみに例として、戦後日本で行われた武装解除の際に提出された刀剣類の保有数は、平均して大体3軒に1軒くらいだったらしい。しかしもちろんそれがすべてではなく、未だに先祖の持っていたものが蔵から出てきたというニュースもあれば、土中に埋めるなどして隠匿したなどの話も聞こえてくる。またこの中に近代火器は含んでいない(登録された刀剣類の数を参考)。しかもこれが実行できたのは、敗戦という歴史的大事と、それに伴う武装解除のための占領政策GHQによる外圧という側面が大きい。平時にこれ以上の規模の銃規制を実現するのがいかに難しいか分かっていただけるだろう。

ここまで記したように、アメリカ国民にとっての「銃」とは何よりもまず自分自身安全保障するための道具なのである政府侵略者犯罪者、敵意を持った隣人たち、危険な野生生物などから自分生命財産家族、そして自由権利を守るための唯一にして最強の道具だ。

これが決して建前ではなく、国家の根幹と現実に即した実態であるというのが、今回私の言いたかった見解だ。これを読んだ方の、この問題に対する理解一助にでもなればと思う。

なお、一部の人たちが馬鹿ひとつ覚えのように諸悪の根源として扱ってしまうので、ここでは敢えてNRA=全米ライフル協会に関する記述は控えさせていただいた。ただ、誰もが銃を規制したいのに一部の頭おかしい人によって阻止されているという構図が正しくないということは、これを読んだ方になら分かっていただけると思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん