「ウェブデザイン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウェブデザインとは

2019-11-03

anond:20191103075639

美術とかはみんな模写からやるんだよ。そのまま世間に出したらパクリなっちゃうからダメだけど、世間に出さずにいくつも練習模倣するうちに構造みえてくるんだよ。

増田はそんなことしてる暇ないだろうしウェブデザイントレンドがあるから、まずいくつもその作りたい業界サイトを見てみなよ。

ある程度法則性があるよ。

2019-03-11

anond:20190309162857

ガチアドバイスすると職歴を求められるのは会社員だけ

自分商品作って売ったりする自営業はもちろん

フリーランスもどこの会社にいたかとかは求められない(ていうか、調べないしね)

から、親戚でも何でもいいから金集めて見せ開くか

職業訓練校でウェブデザインか何か学んでフリーランスになって名刺刷って配りまくれ

金なんて相手が求めているものを納品したらもらえる

職歴とか資格とか、あんまり難しいこと考えるな

2018-12-06

中学生のころに入り浸ってたデコメプリ帳デコウェブデザイン交流サイトVIPPERが押し寄せてエログロ画像を大量投稿された

2011年ころの痛いニュースなどの2chまとめブログ全盛期は女叩きや女性声優への粘着が凄まじかった

2016年ラブライブ声優騒動では女性蔑視的なネタTwitterに大量に流れてきてうんざりした

インターネットの女叩きは本当に酷かったから男女混合のコミュニティでは性別不詳のハンドルネームにしていたし

女性ファンばかりのマンガアニメコミュニティにこもっているのが一番居心地よかった

蓄積した悪質男性への憎しみが溢れ出しているのが今なんだと思う

オタク男性インターネットでの書き込み一般女性腐女子女性声優への攻撃など)を見て本当に男性嫌悪になった

十何年も女叩きをやっていると飽きるのか、今はゲイビやSyamu_gameの袋叩きが流行している

対象が女でなくなっても袋叩きが大好きな気質に対して嫌悪しかない

渋谷ハロウィンで暴れるタイプDQNを憎むけどやっていることがDQNと一緒

匿名で自宅でできるDQN行為をやっているだけ

2018-10-16

元増田の本題と全然関係ないんで申し訳いか別にして書くけど

こういう背景が真っ白で本文の文字がなんだか細いフォント使ってるサイトって結構多いと思うが

すごく読み見づらいと思うんだけどウェブデザイン業界では問題になってないんだろうか

ドラゴンボール』を読んだことのない僕が、先輩に反論するために全巻読了した結果 | 東京上野Web制作会社LIG

https://liginc.co.jp/429028

2018-09-19

CSS勉強したり仕事にしたりする動機

昔は個人サイト文化あったしその延長で仕事にする人とかいたんだろうなあと予想

でも今はピクシブツイッターがあるし、そういった機会がなくなった

観測範囲が狭すぎるけど、

CSSを好きでやってる人やウェブデザインなどを仕事にしてる人はどういった動機で始めたのかなーって疑問に思った

この界隈、コード書いてるだけで楽しいとか趣味の延長線とかって言ってる、仕事もの凄く楽しんでる人をたまに見るけど何を作っているんだろうとかも気になる

CSS難しくて挫折したけどまたやってみたいなーと思ってるけど何作ったらいいのか分からなくて

2018-08-22

仕事しんどーい

たまにどうにも合わない人がいる。

ウェブデザイン(とも違うんだけど、まぁクリエティブ系)の営業みたいなことをやってるんだけど、

いま、とてつもなく苦手な相手とやりとりしてて苦痛

その人は仕事前は素人なんでわからないんで…とか素人を振りかざしていた。

実際にデザイン案をだすと、うわーこうきちゃいましたか。とか、

こういう風に捉えられないためにうちは一生懸命商品つくってるのに、と言われてNGがでる。

一応言いたいこともわかるし

ものすごくクレイジー対応されてるわけではない。

デザインがまずい部分もおおいにあるだろう。

しかし、どうにもメールの書き方がそこはかとなく嫌味でそれにイライラする。

なんか傷つく。

もっとばっさりNGだと言うクライアントもいる。

から、本当にNGの出し方、そのNGがなぜダメなのかの説明の仕方が嫌味たらしくて苦手なんだと思う。

そこはかとなくだから勘違いかな?と思ったけど、CCに入ってる同僚も嫌な感じだねと言っていたので、やはりメールが嫌味なのは本当だと思う。

なんかとにかく早く縁を切りたい。

でもデザイナーも器用なタイプでなくなかなか全くfixしない。

連発される嫌味メール

つらいつらいつらーーい。

やりやすい人とだけ仕事したい。

心穏やかに仕事したい。

いや、できれば仕事したくない。

2018-03-12

ウェブサービスを作るときの初期メン選び

最近いくつかウェブサービスを作っている中で思うこと。

オーナー
作るサービス類似サービス、そして周辺を取り巻く環境に一番詳しい、もしくは好きな人判別の仕方は、類似サービスを2個選んで「これとこれって何が違うの?」で小1時間ぐらい、挙げ句の果てに別の類似サービスについても喋れる人。サービスオタク。よく喋る。
エンジニア
自走できるレベルスキルとかは当たり前過ぎて書かない。別の職種メンバー自分の知っている事を教えるのが好きな人アウトプット好きな人。7割ぐらい作ってそのあとの完成度は気にしない、細かいことは気にしない人。いつでもすぐに治せるものは後回しにして、今ある一番大きい問題最初に取り組める人。
デザイナー
できればオーナー。もしくはオーナーに一番近しい人。この人の守備範囲が一番広くなる。必ずしもユーザである必要はないけど、ユーザのことを一番知っているべき。昨今ウェブデザイン系の新鋭ツールはたくさんでてきているので新しいモノをどんどん試す人。
マーケティング
ソーシャルに強い人。各種SNSは当たり前にやっている。この人の個人アカウントからプロモーションアルファブロガーに届くようなインフルエンス力があるとなおよい。芸能方面への営業力最初はいらない。個人の影響力を強い人をマーケ担当にしてしまうのがベスト
メンバーに加えてはいけない人
サービスを使わない人。例えばスマホアプリなのにスマホアプリほとんど使っていない人。その人がいるだけでそのチームは急に仕事感が出る。絶対にいれてはいけない。

2017-11-09

将来サービスを作って儲けたいんだが

もうすぐアラフォー底辺プログラマーなのだ

絵の練習をするのか数学勉強しなおすのか迷っている

絵だとウェブデザインゲームアプリ用の素材が作れるようになるかもしれない

ゲームウェブサイトが量産できる

数学場合もっと給料の高いところに転職できるかもしれない

いやしかしどっちも難しいのはわかってる。

ペンタブレット買ったりデッサン練習したけど絶対にかけそうにない。

数学も眠くなる。

仕事人生あと20年ぐらいしかない。

マネジメント出来ないおじさんプログラマーなんてそのうち仕事なくなるよな

海外ドラマ見てる場合じゃねえ

2017-02-17

[]lorem ipsum

lorem ipsum(ロレム・イプサム、略してリプサム lipsum ともいう)とは、出版ウェブデザイングラフィックデザインなどの諸分野において使用されている典型的ダミーテキスト書籍ウェブページ広告などのデザインプロトタイプ制作したり顧客プレゼンテーションしたりする際に、まだ正式文章の出来上がっていないテキスト部分の書体フォント)、タイポグラフィレイアウトなどといった視覚的なデザインを調整したりわかりやすく見せるために用いられる。

lorem ipsum」は様々なバリエーションがあるが、もっと一般的テキストは以下の通りである

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

Lorem ipsum - Wikipedia

2016-06-30

豚のような化粧の女

戸祭のウェブデザイン屋の女社長はひらべったいかおに上向きのでかい鼻を真っ白くぬりたくり、ばかでかい口の中央三分の一だけに毒々しい口紅をさしているため豚のように見える。

2016-02-02

http://anond.hatelabo.jp/20160201192949

私も IT エンジニアファッションには疎いのでちょっと発言すると、私の場合は、「そもそもなぜ服装にこだらなければならないのかわからない」という感じかな?

たぶん、物理的に測定できるスペック(防寒性・身体を保護する機能等)以外のデザイン的要素をどう評価したらいいのかわからないし、深く考える意味があるともあまり思えないのかな。

実際、私は、ウェブデザインとかもぜんぜんできない。色や形をどう配置したら気持ちいいかというのがよくわからない。まあ、個人的に好きなデザイン、というのはあるにはあるけどね。

IT エンジニアでもウェブデザイナー寄りのセンスのある人たちは、おしゃれな人が多い印象。

2015-10-28

はてなブックマークカテゴリに対する個人的不満点について

別にそんなに気にすることでもないかもしれないし、大したことでもないので気になる人だけに。


現在はてなブックマークは大きく以下のカテゴリに分かれる。


・世の中(社会文化事件、時事)

政治・経済国内外政治経済ビジネス

暮らし生活人生、衣食住、恋愛人間関係、悩み)

エンタメスポーツ芸能音楽映画エンタメ

・学び(科学技術学問、学び)

テクノロジーPCインターネットITケータイウェブデザインデジタルネットコミュニティ

アニメゲームゲームアニメ漫画ライトノベル

おもしろおもしろ記事おもしろコラム


また、カテゴリ変更におけるガイドラインとして以下のようなものがある。

http://b.hatena.ne.jp/help/entry/guideline_category



以前にアニメゲームカテゴリ名称おかしいのではないかという増田を書かせていただいたが

それ以外にも幾つか不明点、不満点が存在するため合わせて併記する。


・世の中と政治経済の内容が一部被っているために分類しづらい部分がある。

政治系の話題は世の中のエントリとかぶってしまっているように見える(経済はあまりぶっていないかな?)


テクノロジーの中にネットコミュニティという分類があるが紐づきづらい分類のため一見わかりづらいエントリーが含まれる。

例えば以下である

http://b.hatena.ne.jp/entry/p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20151028/1445970600


かといって他の分類には当てはまるわけではない。


アニメゲーム

アニメゲームという名前にもかかわらずかなり広範にわたった内容が含まれる。

内部分類はゲームアニメ漫画ライトノベルだが、他にもニコニコ動画などのサブカル系動画サイト話題

pxivなどのイラスト関連、声優アニメに含まれるのは分かるが厳密には芸能である)、SF小説(おそらくライトノベル関連で入ってしまっている)、フィギュアetc


等々、名称と関連性が薄いように見えてしまう内容が大量に含まれる。


おもしろ

正直よくわからん


内容の不一致を引き起こしすぎるとブクマが伸びづらい等の弊害が起きかねないと思われる。

ちなみにB!KUMAの分類は結構わかりやすい。


LOVE

FOOD

SWEET

INTERIOR

LIFE

TRIP

BEAUTY

ANIMAL

FUN

GIRL'S BLOG

HATENA NEWS


でも細かくて逆にどこに含んでいいかわからない内容も散見されますね。

http://bkuma.hatena.ne.jp/entry/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00050080-yom-soci


これがインテリアかよw


※追記

案件最近アニメゲームまで出張してきてやばい

シロクマさんと青二才さんがオタク系の記事も書くからだと思う。

あのへんの連鎖反応でたまに入ってくる。

2015-06-17

今以上に幸せになれるのだろうか

休学中の文系学部4年生で、80代の祖父母と50代の父と暮らしている。今は、アルバイトを週に3日、4時間ずつ行って、海外交流系の学生団体ウェブデザインスクールにも顔を出している。僕は発声に障害があって、その当事者団体や、他に障害を持つ人の集まりなんかにもたまに行く。

祖父母はよくお小遣いをくれるので、お金には困らない。東アジア北海道沖縄などに年に数回旅行ができる。アマゾンで本も買える。

家事はだいたい祖母がしてくれる。僕も少しは手伝うけれど、祖母はよく頑張ってくれる。

幸せだと思う。本当に恵まれている。でも、将来が今より楽しくなるとは思えない。祖父母はあと10年もせずにいなくなってしまう。父も母もあまりお金は持ってない。僕が、自分で、自分の分を稼がないといけない。

社会人はたいへんそうだ。みんなやっていることだというのはわかっている。でも、自分に、週に6日、10時間くらいの労働ができるのだろうか。自信がない。体力がないし、コミュニケーションもそんなに得意じゃない。人とずっといると疲れる。発声に障害があるけれど、障害者手帳はもらえない。そもそも就職できるのか。就職できるとしたらいわゆるブラック企業だけになってしまわないか。

恋人がいれば、まだ希望が持てるかもしれない。でも恋愛をする自信が持てない。大学に入ったばかりの頃好きになった女の子に、彼女気持ちを考えず、一方的に言い寄って、嫌われてしまったことがある。「君は他人気持ちがわからないみたいだ」と、何人かの友人に言われたことがある。他人気持ちがわからない人なんて、恋愛という親密なコミュニケーションに最も不向きな人間じゃないか。今、よく話す機会があって、気がついたら好意を持つようになった女の子がいるが、また、過ちを繰り返してしまわないかが不安だ。もう誰も傷つけたくないし、傷つけられたくない。

でも恋人はほしい。信頼し合える女の子がいれば、仕事で忙しいのにお金がないという未来が待っていようとも、希望が持てる。一人ぼっちは寂しい。

2015-03-29

実務経験ってどこで積むの

ウェブデザイン正社員ほとんどが実務経験必須

アルバイトで積もうとしてもやんわりと追い返される

というか自分サイト作ってもそれ実務経験だろうが

から金もらわんと実務経験にならんとか

それ実務経験じゃなくて、金もらったことあるか?ってことじゃん

死ねサイコかお前は

2014-04-16

50代デザイナーって質実剛健ですごくないかい

最近ウェブデザインやらロゴやらでランサーズをよく使っている。

 

フリーランス人間はぴんきりで

それこそ学生課題だろコレってレヴェルの提案をドヤで提案してくる人もいれば

ふぇぇぇ、クオリティ高過ぎwこのレベルがこんなに安価でいいの?って人まで魑魅魍魎である

 

そして最近目立つのが50代のデザイナー

ある程度かせいてフリーランスになったのか

実は何処かのデザイン会社所属しているのか素性は定かではないが

なぜだか50代のデザイナーが目立って活動している場所ランサーズだ。

 

そして50代のデザイナーが提案してくるデザイン

初見はパッとしない印象のものが多い。

しかし、何度も回数を見るたびにどんどん深みが増してきて

最終的には一番いい提案ではないのか?という気分にさせられる物が多い。

さすがは歴戦のコンペを勝ち抜いたツワモノだ。

あなたウェブ業界に身を置く端くれ半端者なら

そんな事を感じた事が一度や二度はあるのではないだろうか?

それとも私の感覚おかしいのだろうか?

あなたのご意見もお聞かせ願えれば増田冥利に尽きる限りでございます

戴いたコメントには基本返信致します。

2013-07-31

http://anond.hatelabo.jp/20130731105044

最初に元手を作る(100万ぐらいでいい)。その元手もないってやつもいるけど、別になくてもいいよ。諸費用かかるからあったら便利ってだけだし。

会社法人登記する

まあ株式会社無難。カッチリとしたデザイン会社サイトを作る。フリーランスの人に外注したほうが安いけどできるなら自分でもいいよ。あんまりやらないほうがいいけど。内容はいらない。適当ウェブデザインとかアプリ開発とかかいとけばいい。

・営業をかける

中途半端田舎ものを狙うといいよ。都会は競争激しいし、田舎需要ないし(身内で固まってるから)。学生時代友達に何の用もなく営業の電話かけるぐらいは最低すること。

・何でもいいから実績をつくる

↑で1件でも仕事ができたらそれをえらそうに誇張表現しつつサイトにのせる。客は実力なんてわからいか広告で判断するしかないんですよ。

どうやって仕事こなすんだっていうのは、全部外注でいい。

・気をつけること

外注でいいってのは人任せでいいってことじゃなくて実働は他人でいいってことだからね。アプリ開発なら実際のプログラミングは他人がするってだけだから

2013-07-01

http://anond.hatelabo.jp/20130701023328

いや、ボタンの「押せる感」はフラットデザインでも演出することはできるよ。

立体であることによる「押せる感」はなくても、

「ああ、ここを押せばいいのね」という誘導はできる。

 

デザインというのは利用者の「慣れ」とも関係するから

ウェブデザインの標準的なスタイルが安定していない時よりも、

ある程度、安定してきた今のほうが、フラットデザインはやりやすいと思われる。

2013-06-03

私のオタク活動は最初からオンラインだった

オタク女子中学生の「エロドリーム小説文化

http://anond.hatelabo.jp/20130603001406

増田です。

 

考えてみたら、私は二次創作活動していたのにオフラインオタクイベントに顔を出したことは一度もありません。

友達ライトオタクが多く、高校で"足を洗った"ように見えました。

 

私が最初二次創作活動をしたのは、テニスの王子様ドリーム小説でした。

当時はそこまでマジキチな技も出ず、ネタ扱いもされていないイケメンマンガポジションでした。

サーバーCOOL ONLINE。無料レンサバなのでポップアップバナー広告が出るのがウザかったんですが、

中学友達に教えてもらってそこで開設したので、他を知りませんでした。

今調べたらCOOL ONLINE、2011年サービス終了したんですね。

その頃は、リアル友達URLを教えて、書いた小説感想学校友達から直接聞くのが当たり前でした。

「リク」とか「キリバン」「キリリク」の文化もあり、リクエストをよく受けていました。

書くことが楽しかったというより、こうした交流が楽しくてテニプリをダシにしてたようなところがありました。

 

同じテニプリの中でも、BLの派閥もありました。

ドリームとBL、両方を好む人もあれば、片方しか受け付けないという人も居ました。

BLの中では、カップリングの論争が起きてました。手塚部長×不二派と、手塚×リョーマ派が対立するような感じです。

BLのアンソロジー学校に持ってきて、オタクコミュニティの中でイチオシカップリング布教活動をしている子も居ました。

普通にエロ描写もある同人マンガアンソロジーが、一般書店中学生に販売されていました。

ブックオフにもありました。「海賊ゲーム」だったかな、そういう名前ワンピースのBLエロアンソロジーを、

塾の帰りに寄ったブックオフの100円コーナーでたまたま見つけて手に取り、ドエロい描写にドン引きした記憶があります

海賊ゲーム」の、確かエースが受けのエロが、人生最初に見たエロ描写だと思います

あの時は気持ち悪かったなぁ。今では全然慣れましたが。BLは好きではないけど全然平気です。

 

で、テニステニス流行は続いていたのですが。

次に来たのが鋼の錬金術師のブームでした。ロイ×エドが流行り、軍部ドリーム小説流行りました。

でも私にとってドストライクだったのがロイ・マスタング×リザ・ホークアイでした。

男女カップリングとか、ノーマルカップリング、ノマカプとか言われるやつです。

今、ノマカプとか言うと、同性愛をアブノーマル扱いしてるってことで、アウトらしいですね。

でも当時はノマカプって表現が多かったなぁ。

そもそも、なんでテニスの王子様を読んでドリーム小説にハマったかって、テニスには女性キャラが少なすぎるんです。

リョーマ×桜乃の小説もあったけど、桜乃をあまり魅力的なキャラだと思えなかった。

そもそも女性キャラの数が少ない上に、登場回数も少なく、存在感が薄い。

からカップリングではなくドリーム小説に走ったんだと思います

でもホークアイ中尉は大好きになってしまったわけです。そしてマスタング大佐も好きだった。

ハガレンはエド×ウィンリィを最終的に夫婦にして子供作らせたし、男女カップリング愛好者に優しい原作でした。

毎月のガンガン発売日が楽しみで、大佐中尉が絡むシーンがあると狂喜しました。

でもリアルの知り合いはBL・ドリーム好きが多数派だったので、学校萌え語りをすることが出来なくなりました。

BL・ドリーム派の中には、ノマカプ無理、許せない、という人たちが居るんです。

感情的生理的な話なので、話せばわかるとかそういう問題じゃありません。そもそも、まだ中学生ですし。

から大佐×中尉好きを探せば見つけることができ、萌え感想が読めるネット天国でした。

 

男女カプにハマって、初めて私はリアル友達に教えないウェブサイト作りました

サーバーは2styleです。無料サーバーですがドメインが可愛くて、使っている人もおしゃれというイメージがありました。

広告COOL ONLINEのようなポップアップバナーではなく、画面内に出てくる地味なテキスト広告でした。

2styleは当時、同人サイトを作る女性に人気がありました。

クレジットカードを持っている大人は、有料のロリポップを使っていました。こちらもドメイン可愛いのが魅力です。

しかロリポップCGIの設置が可能でした。ape boardの設置が出来るのです!!

当時、「ホームページデザインテンプレート」が流行していました。

HTML+CSSの得意な方が、女性向けの可愛いウェブデザインを、丸ごと素材としてzipで配布していたのです。

その中に、ape skinの配布も行っているサイトがありました。

ape boardはフリー配布されていた掲示板CGIです。ape skinを加えることでデザインカスタマイズが出来ます

ape boardの設置が出来れば、静的ページと掲示板ページのデザインをおそろいにできました。

たったそれだけのことが憧れでしたw

から今でもロリポップドメイン結構わかります

 

私は有料サーバーを借りられなかったので、2styleにメインページを置いて、ヤプースガンガン感想日記を書いていました。

ヤプースですよ!ヤプログリニューアルする前の、ヤプース!知っている人は超懐かしいワードだと思います

しょこたんヤプース時代からユーザーでしたよね。事務所とか、大人の事情で泣く泣くアメブロに移ったそうですが。

メインページのデザインは、デザインテンプレートを使っていました。

リアル友達サイトホームページビルダーで作った、黒背景に羽が舞ってる感じのデザインで、

ハンドルネームも「如月琉海」「‡闇猫‡」みたいなノリでしたが、

私は大人かぶれだったので、0574ウェブサイトランキングから探したナチュラルガーリーテンプレートを選んで、

ハンドルネームも「ゆかり」みたいな本名っぽい名前しました。

中学生の頃から中学生dis内面化していました…。

 

コンテンツ大佐×中尉小説です。たいしたものは書いていなかったので、掲示板感想が書きこまれることはほとんどありませんでした。

感想くれ!とは思わないけど、誰も居ないところで更新しているのは虚しかったので、忍者ツールズのアクセス解析を設置しました。

鋼の錬金術師サーチエンジンから結構人が来ていることがわかりました。

アクセスの推移とか見ているのが本当に楽しかったです。

ウェブ拍手もありましたね。最初スクリプトが配布されているだけだったので手が出ませんでしたが、

まもなく無料レンタルサービスが出来て使えるようになりました。

拍手のおかげで、閲覧者からちょっとした感想をもらえることがでてきました。

拍手ボタンを押したあとのページには、お礼小説とか、お礼絵とか言われるコンテンツを掲載している人が多く、

閲覧者もお礼コンテンツ目的ボタンを押してくれたりしました。それでもなんか励みになります

滅多にありませんでしたが、「更新楽しみにしています」みたいな感想がたまに来ると本当にうれしかったです。

 

サイト管理人同士の交流などもあったみたいです。

特に関東圏の20~30代女性交流は行われていました。「サイト名」の「管理人名」さんと会ってきた~と言って、

二人の女性の手とグラスが写った写真日記コーナーにアップされたりしていました。

ネイルが長くて綺麗だったり、背景がおしゃれそうなカフェだったり…。そういうのも憧れでした。

私は居住地も年齢も伏せて、できるだけ大人管理人に見えるようにサイトをつくろっていて、でも管理人友達は出来ませんでした。

リンク集ページに好きなサイトリンクを貼ったら、アクセス解析を見て気付いたのか、リンクを貼り返してくれる方も居ました。

でも交流は薄かったです。レベルの高い小説・絵を作れる方同士が活発に交流していたみたいで、やっぱり羨ましかった。

いくら背伸びしたって、人格成熟度合いが違う人と交流するのは難しかったってことですね。

 

受験と、大佐×中尉への情熱の間で引き裂かれそうだったのが中3でした。

勉強に集中したくても、自分サイトアクセス解析が気になって仕方がない。授業中にも、小説ネタをつい考えてしまう。

学校萌え語りをすることはほとんどなくなっていました。もう、公然と萌え語りをすることが痛いと気付いていました。

それを思うと男子のオタは、公然と語らないよう自重していた気がします。

コミケに参加している大人の男性のオタはマナーが良くないらしいですね。オタ男子中学生紳士的だったのに、なぜ…と思います

 

そして、志望校が同じということで知り合った、ドリーム好きでもBL好きでもないチョイオタくらいの女の子と仲良くなって、つるむようになりました。

気が散って気が散って仕方がなかったけど、志望校には無事合格。その子も一緒でした。

そしたら受験勉強よりも高校の普通勉強の方がきつく、部活にも入ってしまったためオタク活動をする時間は余裕は完璧に無くなりました。

毎月死ぬほど楽しみにしていたガンガンの発売日も忘れるようになり、コミックスだけ追いかけるようになりました。初めて男子告白されたのがこの頃でした。

そして、大学に入るとそれすらすっかり忘れて、コミックスも読まないようになりました。この頃には、初めての彼氏も出来ました。

そして3年前の今くらいの季節、ハガレン最終回が掲載されました。

ネットニュースで知り、「本当に終わったんだな」って感じがして、ガンガン、久しぶりに買いました。

中学生の頃は、マンガ雑誌を買ったら、お目当ての作品以外も熟読していました。マンガというものが好きだったんだと思います

雑誌代の数百円ですら中学生にとっては大きなものに感じていましたし、コミックスの値段もそうでした。

でも久しぶりに買ったガンガンハガレン最終回以外は読んでいません。

連載作品がすっかり変わってしまっていて、わからないや…。そのまま読まなかった。

そのマンガ熱の冷め方からも、「終わった」感じを再確認しました。

 

中学の頃に作ったページは、もう全て消えています

当時の無料サービスサーバー節約のため、アクティブでないアカウント半年くらいで消えるようになっていました。

今の2Styleはどういう仕組みなのかわかりませんが…。

消えてくれてよかったな、という気持ちはあります。今読み返したら、正視できないと思います発狂して飛び降りたくなるかも…。

中学の頃に更新に使っていたPCも、壊れたので処分しました。もう何も残っていません。

弱小サイトだったので、小説ローカルに保存している読者も居ないと思います

 

ネットでの同人活動が広まる前の時代、作品を発表するにはオフラインイベントに参加しなければいけなかった時代

同人誌には「おくづけ」として当たり前のように本名や住所を記載していた時代があるそうです。信じられません。

自分同人活動の証が、本名付きで人の家で紙として残っているなんて、怖すぎると思います

 

現在の話になると、Googleキャッシュされたり、魚拓を取られたりと、保存されてしま場合もありますよね。

忍者ツールズの無料レンタルサーバーなんかは、更新停止していてもコンテンツは残り続けるそうですし。

ID・パスワードを忘れて、しかも当時使っていたYahoo!メールアカウントも死んでたりしたら、もう消せなくて終わりですね。

同人活動黒歴史がすっかり消えて、何事もなかったようにやり直せるのは、あの短い期間だけのことだったのかもしれません。

2013-05-20

40歳リーチ転職の難しさ(ウェブデザイン業界

私は20代後半ですが、それでも「私の年齢で出来るべきスキルクオリティ」は意識ちゃう

「これから頑張ります!」なんてあまり言えない。というかせめて「今以上にスキルを上げたい!」だと思う。

採用やってて思うのは、

30代~の人でもかなり「初心者」が多いという事。

デザインだって一昔前のばかりだし、コーディングだって、なんというかテクニックが古い。

ウェブ業界最近すごく進化してるから毎日いろんなサイト見て、テクニックを学んで、流行なんかもチェックしつつ、

面白いもの、一工夫出来る事を考えていかないと、すぐイマイチになってしまうと思う。

昔は通用したけど今は…という現象が起こりやす業界

40歳リーチの人って、そもそも出が転職スクールウェブデザイン学びました的な人が多いし、

あとは昔はバリバリだったけど3年位ブランクあります、的な人とか。

伸びる見込みのある人ならいいけど、40歳リーチだと、

伸びる見込みとか、最初一年勉強とか言ってられない。

その年齢で転職するなら、

やっぱりよっぽど出来るか、身の丈に合ったデザイン会社を選ぶしか無いと思う。

少なくとも最新技術めっちゃ使うし、色々提案出来る会社には向かないと思います

2013-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20130415222903

おーとこれはちょっと便乗でお店の宣伝しておこう。

レスポンシブ・ウェブデザインのあのブラウザサイズ変えないとわからんのは意味ないよな―と思ってて

でもボックスサイズが変わればうにょーんって動くし

ページ遷移がないサイト作れるんじゃないかな―と思って作ったの。

http://geekcafe.fow.bz/

外部リンク結構頼っちゃってるけど・・・

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん