「ポッピンQ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポッピンQとは

2018-12-31

[]アニメロサマーライブday1

録画見てる

知ってる曲が全然なくて愕然とした

わかったの、ゆるきゃんのOPポッピンQのゴッドノウズカバー、doasの深い森の3曲だけ

中島愛が出てて、あ復帰したんだと思った

放課後オーバーロウ歌ったけど、個人的には輪廻のラグランジェ1期のED歌ってほしかったな

サイリウムが緑で、ランカイメージしてんのかなって

つかううおおおおおおおおおおおおおおおおdoasがでてるうううううううううううううう

しかもオレが好きな深い森いいいいいいいいいいいいいいいい

そうか犬夜叉のうただったか

コナンの前番組ってイメージしかなかった

久しぶりに見たけどやっぱ年とったなー

ぐぐったら39か・・・まーしゃーないね

オレも年取るわけだわ・・たしか15くらいのときにきいてたからなー

2018-12-21

続編を匂わせておきながらやらなかったアニメ

ゾンビランドサガ最終話面白かったね。

明らかに続編がある終わり方だし間違いなくやると思うけど続編を匂わせておきながらやらなかったアニメって何があるだろう?

最終回ラストに新キャラを出したり新展開のあったアニメね。

自分が思いついたのは

パンティ&ストッキング

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

がっこうぐらし

惡の華

神様ドォルズ

幕末ロック

ポッピンQ

だけど他にあった?

2018-09-17

ポッピンQ

金丸(ポッピンQプロデューサー):東映が200館規模で公開するっと言ったら 「マジかよ」っていう。世間が混乱している(笑)

宮原(ポッピンQ監督):ざまあみろですよ。

松井(ポッピンQ企画プロデュース):いいですね。宮原監督から「ざまあみろ」って言葉。心強い。

金丸(ポッピンQプロデューサー):ありがたいことに、試写などで観ていただいたライターさんとかは「すごいですね」「よかったです」と言ってくれる方も多くて。

松井(ポッピンQ企画プロデュース):東映らしさみたいなところで言うと、”なんでもあり”感がとても大きな魅力だと思いますマーケティングやターゲッティングから入ったら絶対こんな風に振り切れないでしょう。


ポッピンQ

上映館数 221館

2016年12月23日公開 

2017年02月10日終了

初動 不明

最終 不明

興行収入 不明

2018-04-04

ガラスの花と壊す世界」vs「ポッピンQ

黒星紅白さんも大概だったけどFGO葛飾北斎を書いたおかげで運気が上向いたようだし、

カントクさんもFGOサーヴァントを描くオファーが来るといいですね、とかテキトーに書いてみる。

https://anond.hatelabo.jp/20180330001239

ポッピンQ

続編であるところのポッピンマンの公開はまだですかね…

2017-12-18

2017年アニメ個人的感想

暇すぎて死にそうなら見よう

3DCGアニメがだいぶ増えた2017年でしが、初っ端から不安にさせてくれた作品

とにかく画面の情報量が多く目が疲れる。一話の鎖がぬるぬる動く所など3Dを活かしたつもりなんだろうがそんな物見せられても…。

ストーリーハンドシェイカーになった二人組が命も賭けずどうでもいい願いを叶えるために戦うバトルロイヤル物。手を繋ぎながら戦う主人公ヒロインという設定はあの漫画(ゲーム)のパクリかな?

殺したり殺されたりが無いので最終話辺りでみんな仲良くなってたのは笑った。

色んな謎を残したまま終わったけど多分回収されることはないんだろうな。

一体いつの時代から蘇ってきたんだと思うほどベタベタラノベアニメ天才ひねくれ主人公とベッタベタツンデレ毒舌暴力ヒロインの組み合わせに多すぎる専門用語が懐かしさを感じる。

原作2015年最後に止まっているがなぜこのタイミングアニメ化したのか?漫画は一応続いているようだが。

おかしキャラしかいない。早見沙織の熱演が無ければ途中で切ってた。

1期の時点でやべーとしか言いようが無かったが全く改善されなかった2期。

期待していた狂戦士甲冑戦闘シーンも悲しいほどにしょぼく、過去に発売されたゲームベルセルク無双1000回ほど見て参考にして欲しい。

原作ストック的に3期も可能だがこのスタッフが作る続きなら見たくない。

中盤であのキャラが実はアレと判明した後ザシュニナが急速に小物化していき、最終話の展開とヤンホモ化にため息が出た。

クールに「異世界食堂」「ナイツ&マジック」と異世界物が3つもある中で一際異彩を放っていた問題作

11話ショックが増田でバズってたのが印象的。個人的には11話より最終話吐気がするほど気持ち悪いキスシーンと出すだけ出して何の掘り下げもなく消えていった新キャラの方がショックだった。

世界批判、なろう系批判深夜アニメ批判と多大な影響を残した本作は今後殿堂入りクソアニメとして語り継がれるだろう。

2018年も多数の異世界web小説アニメ化するようだが、これを越えるクソアニメは出てくるのだろうか。今から楽しみでしょうがない。

そもそも各話で監督が別という試み自体迷い猫オーバーラン!」という失敗例があるため全く斬新でもなんでもない。

わざわざ新田恵海を起用したアイドル回、唐突3DCGなりメインキャラが全く出ないポル・ポト回など心惹かれる回もあったが、ほとんどが意味不明ストーリーでついていけない。

最終話サイコパス主人公が死んだのは笑った。

ニコニココメント付きで見ると面白い。それが無ければ苦痛

感想ツイートをあさっている時、原作ファン女性が本気で凹んでいるのを見つけてかわいそうになった。

中華アニメって基本くそまらない。

ガラケー時代からゴリ押しされていたケータイ小説がついにアニメ化原作は8作品もあるらしい。マジかよ…。

何の思い入れもないクズみたいな登場人物北斗の拳モヒカンのようにバタバタ死んでいく姿は正直笑える。スマホ広告に出てくるアプリ漫画ってみんなこんな感じなの?

宮野真守堀江由衣声優陣の熱演がすごい。すごすぎてこれがまた笑える。

  • HUNGRYDAYS アオハルかよ。

寒い

オリジナル劇場アニメ

2016年の異常な勢いが見事に止まった不作の年。

ポスト君の名は。勝手に期待されて見事に爆死した打ち上げ花火。直前まで散々煽っておいて公開後は全く触れなくなった各種メディアは何を見たのか?主題歌大ヒットおめでとうございます

正確には去年公開だけどポッピンQも酷かった。オタ向けなのか女児向けなのかはっきりしない中身すっからかんの出来でどちらから相手にされず人知れず死んでいった。スタッフビッグマウス炎上してましたね。続きがあるような終わり方だったけどどうなんでしょ。

あとは何も言えねぇひるね姫ジェネリックジブリ扱いのメアリと魔女の花。期待された湯浅政明の2作もなぁ…うーん…

なお恐ろしく地味で宣伝してる所を全く見かけなかった「きみの声をとどけたい」は普通に良い映画でした。

テレビ放送から劇場版が増えた

小規模公開でも確実に稼いでくれる+熱心なファンは特典目的で何度も足を運び、円盤まで買ってくれる手堅い商法

クソみたいな総集編映画が減り、劇場スクリーンに映る事を意識した新規映像は見応えがありファンとしても嬉しいし安心して見に行ける。

特に劇場版SAOは大ヒット。興行収入10億円を越えたらヒットと言われる中で世界累計33.5億円、中国だけでも8.6億円は素直に凄い。

なおエウレカ

意識高い系アニオタなら見ておこう

今年のディオメディア

期待しすぎたか

放送前に期待感を煽られただけに、なんだかなぁ

2017-02-27

http://anond.hatelabo.jp/20170227141338

からないのが普通

ポッピンQが全く評判にならなかったことからもわかるように本気で価値を感じている人間ごくごくわずか。ニチアサでぷいキュア~とか言ってるのはほとんどファッション

2017-01-03

家族映画を見る正月

アラサー近い一人息子にできるささやか親孝行として、正月家族揃って3人で映画を見に行くことにした。

普段仕事が忙しく、映画を見る暇がないので何を見たらよいかと考えた。最近宣伝で見る『ポッピンQ』を見たいなあと思っていたが、よく考えるとこれは家族で見るもんじゃない。正月に親戚にあって戦争体験を聞いたので『この世界の片隅に』がみたいなとも思ったがこれは上映されていないことがわかった。

結局、父の一存で『海賊と呼ばれた男』を見ることにした。母は途中で寝てた。感想としてはやっすい邦画だなあと思ったが、2時間以上の映画でも飽きさせない映像作りに感嘆した。

やっぱポッピンQが見たかったんなあー。

2017-01-01

さっきポッピンQ見てきたんだが面白くなかった

おもんなかったっす

つまんねー金返せ!ってなるレベル駄作じゃなかったけど、ただただ普通に面白くなかった

絵はねー、良いんだよ

キャラデザ可愛いね、さすがは黒星紅白

音楽ダンスCGも悪くなかった

作品テーマも珍しいものじゃないけどまあ良いとは思う

でもね、シナリオがほんとあかんかった

お話の筋が悪いんじゃなくてその語り方がダメすぎた

何か登場人物唐突葛藤して唐突解決するっつーか、

何か知らん間に仲良くなっとるというか、

キャラクターの心の動きに一ミリもついていけなかった

シナリオ通りに動かされてるだけ感?っていうのかな

最後までキャラ脚本奴隷しかないように感じられてちっとも感情移入できんかった

はいえクソってほど酷いわけじゃないんだよね

もしこれが1クール深夜アニメだったらそこそこ評価してたと思う

キャラ可愛いから何も考えずにぼーっと見る分には文句ないし

でも千円二千円払って映画館で見るのはね……正月から若干もったいない気分にはなった

何かほんとこう、惜しいんだよなあ

シナリオ以外は良いんだからもうちょっとこう、どうにかして欲しかった

エンドロールのあとに高校ダイジェスト予告みたいなのがあったけど、それをテレビでやってくれたら見ると思う

でも映画なら行かない

それくらいの評価ですね

あとどうでもいいけどラスボスの人、あれ男に騙されたり裏切られたりしてあんなこと言い出すようになってるだろ

あい絶対ちょろいぜ

2016-12-31

ポッピンQ

http://www.kogyotsushin.com/archives/weekend/

初動10位以内には入れなかったのか。

俺は予告編見て観たいと思えなくなったから、行ってないけど。

予告編主人公の一人が海に向かって叫んでるところや、公園遊具内で膝を抱えてるシーンを見て観に行く意欲が失せた。

2016-12-25

ポッピンQの予告うるせえ!!

急に金切り声上げるな糞!

それにしてもトラウマ要素+臭い精神論幼児向けっぽいな

これだけ混沌としてると制作風景がどんなだったか気になるしそっちの方が数千倍面白そう

ポッピンQ女児向け映画である

プリキュアの皮を被った深夜アニメ


ただしプリキュアの皮を被っている以上、「ポッピンQ」は女児向け映画なのである

オタク向けアニメ映画を観に行けるオタクはたくさんいるが

子供向けアニメ映画チケットの購入に抵抗のあるオタクは多い

ポッピンQ見てきた

これ完全にプリキュア要素抜いた劇場版プリキュア

劇場版プリキュアお話や展開を楽しめる人ならお薦め

少女が異世界召喚されてマスコットに連れられて悩みを抱えながら世界を救う黄金パターン

とは言え、プリキュアと違ってゼロからキャラ関係性を描写しなきゃいけないし

そこは正直あまり上手くやってるとは思えない

端的にいうと凄く薄味

ダンスCGは凄く良いんだけど、歌や曲がイマイチ

特にOPは悪い意味深夜アニメとか女児向けアニメっぽさが強く感じられて

ちょっとウッとなった

今年評判になった他の劇場アニメみたいに一般大衆アニメ見ない人、自称映画通とかの

からもいい評価もらえることはまず無理そう

ターゲット不明って言われてるけど、女児女児向けアニメファンだわ

2016-12-24

ポッピンQよりポッピン破の方が面白かった

Qは見てる側を置いてきぼりにしすぎ。

逆に序は予定調和すぎて映像以外の見所がない。

予想を裏切りながら期待を裏切らない破こそ最高。

2016-12-16

http://anond.hatelabo.jp/20161216103039

萌え系」の境界なんてそんなはっきりしてないので、「君の名は。」も「聲の形」も「この世界の片隅に」も「ポッピンQ」も、萌え系と言われたり言われなかったりする。

この世界の片隅に」上映前予告に覚えた違和感

この世界の片隅に」観てきました。

内容に関しては期待通りとてもよかったんだけど、上映前の予告が少し引っかかった。

例に漏れず他の映画予告編が流れたんだけど、紹介されているタイトルが「好きになるその瞬間を」とか「ポッピンQ」とかいわゆる萌え系の作品だったわけ。

(その2作品に関しては観てないので間違ってたら申し訳ないけど、萌え要素はあるよね?)

で、俺は「この世界の片隅に」を戦争ものという知識しか持たずに観に行ったか

「え、片隅ってそっち系なの?イメージと違うな??」と思いながら本編に突入したんだ。

観終わったあとね、

「違うじゃん、そうじゃなかったじゃん、本当に予告はそれでよかったの??」

って思った。

作品の内容や表現の違いを理解せず、ただアニメだという理由だけで同じ分類にされてる感じ。

しかアニメアニメだけど、客層全然ちがくない?

誰が決めたかは知らないけど、アニメなら全部同じに見える人が決めたんじゃないかなって思っちゃうよな。

制作側がそういう観点でやってるってのに違和感を覚えたって話でした。

ところでポッピンQ女の子かわいかったわ絶対観に行くわ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん