2018年04月04日の日記

2018-04-04

ケンカした

最愛彼女ケンカをしてしまった。

きっかけはささいなことだったが、つまり自分彼女をどうやっても信じきれないのが原因だ。

小さい頃から、大きな虐待はないものの、両親から持ち上げては叩き落とされを繰り返した結果、唯一無二の存在を作ることが怖くなってしまった。

彼女大丈夫、誰よりも優しい、自分にも多少依存してくれている。そう自分に言い聞かせても、いや不意に嫌われるのではないか、いなくなってしまうのではないか、死んでしまうのではないかと思うと恐ろしかった。夜になると涙が出る。

そんな不安定な時に彼女言動がひどく軽薄に見えてしまった。ケンカになった。彼女は悪くない。悪いのは重い期待を勝手に抱いてしまった自分。重くてごめん。

仲直りしたい。でももう耐えられない。ふたりでいるのが怖い。幸せになればなるほど、いつまた不幸になるのか怯えなければならない。

から別れたい。そうしたら自分は一生ひとりか。

はやく死んでしまえばよかったのだ。ふたり電車で肩よせあいうたた寝ている時にふいに事故で死んでしまたかった。死なないでと泣きつかれながら目を閉じたかった。

かといって死ぬ勇気などない。

皆は幸せで怖くないの?

anond:20180404234120

すごく共感できる。自分はまだここまで行けてないけど、進んでる道は間違ってないんだなと思えた。書いてくれてありがとう

anond:20180404235447

人命より重くしとけば箔がつくだろ

ひらめいた

VRで女子イケメン男子になり男子美少女になって現実でファックすれば少子化解消じゃね

ほら妊娠男子好きな腐女子一定割合いるだろし

anond:20180404234435

しろ一度思いっき肩に力いれる。

それから一気に力抜く。筋肉が緩まる。

anond:20180404160601

男が悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男悪い男が悪い

そもそも土俵女人禁制になったのって明治以降なのに

相撲における「女人禁制伝統」について 吉崎祥司、稲野一彦 https://t.co/rtgW77PhEN

土俵女人禁制はめちゃくちゃ歴史が浅いわけだけど人命より重い意味が解らない。

anond:20180404224303

時代が変わってその表現がアウトになることそのものが「賞味期限が切れる」ってことじゃないの?

変わった時代についていけなかったという意味で。

美男美女と見ている世界が違うのかもしれない

今日も某企業から一次面接不合格というメールが来た。

その会社は高級オフィスビルに入居しており、そこにいくのだけど見てくれが一定以上の奴が異様に多い。

その時点で落ちると感じたものだった。

夜に落ちたことを母親父親に話す。

父親コネのない経営者であるが、企業側を擁護する話をし始めて自分口論になる。

こっちは基本的企業を全て敵と思っているし、全てを疑わざる得ない。

そして、それは大抵正しいものだ。

自分が疑い深かったりするのは、おそらく容姿が醜いことが由来だろう。

おそらく、美男美女と見ている世界が違う。

彼らはもっと優しくて、なんだかんだ救われる世界に生きているのではないか

企業世間も彼らには優しい。そのため彼らは前向きに素直に企業世間を信じる。

その一方で自分はどこまでも修羅の道だった。

企業採用とき容姿で選ぶのは正しいのかもしれない。

大抵は性格がいい。労働運動だとか、面倒な政治とか考えずに自己啓発でもやってくれるのだろうから

そんなことを言うと、お前が採用されないのは容姿ではなくて性格だとか言う話がある。

しかし、企業性格までは見抜けないか容姿で選ぶはずだ。

そして、それは正しくて醜くて性格の悪い自分は落とされるのだろう。

性格が悪いか容姿が醜いのではなくて、容姿が醜いか性格が悪いのだ。

容姿がまともになるなら、どうにかしたい。

結局口論の後にはMRにでもなれとか言って来た。自分病気なのだから云々と。

調べてみるとMRは縮小傾向で、検索サジェストには顔採用などと出てくる。

父親は何もわかっていないし、おそらく口論は続くだろう。

無理やり黙らせるためにでっち上げも含めた落ちた企業リストでも渡そうかとも思っている。

正直、応募するのもストレスになって来ていている。

清潔感が大切とかいうが、持病の薬の副作用で肌が恐ろしいくらい汚くて、深いニキビ跡と油で覆われているので手の打ちようがない。

仕方がないので労働者などに自己啓発をさせて無理やり労働環境悪化しているなどといった資本主義分析批判本を読んでいる。

anond:20180404031947

少女の時期があっただけで勝ち組だろ。

俺も少女で居たかったけど人生で一度も少女になれなかった。

気づくと肩に力が入ってて、力を抜こうとしても不器用で力を抜く事が出来ない

リラックス出来ないのでなにかアドバイスをください

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん