「懇談会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 懇談会とは

2017-02-27

大学教員からみた昨今の採用活動事情

経団連が発行する「採用選考に関する指針」では、以下のような文言がある。

http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/081_shishin.pdf

採用選考活動開始時期

学生が本分である学業に専念する十分な時間を確保するため、採用選考活動については、以下で示す開始時期より早期に行うことは厳に慎む。

ところが3月前の時期であっても「インターン」や「OB懇談会」なる名のもとに事実上採用選考実施しているのが実態である。結局早く洗脳した者勝ちなので、年末から動いているところすらある。たちが悪いのは共同研究のための訪問を装って、その実は研究にはまったく興味はなく、学生へのコンタクトが目当てであるような企業恋愛でもこんな見え透いたアプローチ成功しませんよ。世の中には経団連会員ではない企業もあるし、指針には何の法的根拠もないので、「採用選考に関する指針」は事実上形骸化している。そんな中、真面目に指針を守っている企業は偉いのだけど、学生確保という意味では確実に出遅れている様子。完全に正直者が馬鹿をみる世界である

そしてこの日記問題にしたいのは企業人事部社員や、人事部配下リクルーターを任されている若手から中堅の社員はおそらく以下のことをまったく考えたこともないであろうということ。

専門性を追求するために大学院に進学した学生が一番力を発揮できる時期に「就職活動」に無駄忙殺され、研究活動がまったく進まなくなる。そしてそのことに頭を悩ましている大学教員は少なくないのである。今の時期教員仲間と会話すると、この話題がため息混じりに出てくる。

就職氷河期は過ぎ去り、就職率は大幅に改善したというのに学生企業採用情報学生間の情報に踊らされ、必要以上に就職活動に没頭し、長いと半年近くも研究学業から切手をひいてしまう。かくして本来であれば大学院在学中に成果が出たであろう研究は停滞し、結局修士課程を修了するまでに大きな成果を得ることはない。ましてや博士進学などをじっくり検討する時間的猶予すらない。せっかく時間をかけて研究のシードを育ててもこれではまったくの徒労に終わってしまう。そして学生からしてみれば大きな成果に向けて十分に時間をかけて日々積み重ね、最後までやりぬくという一連の経験を得る機会を喪失する。もう少し大きい視点で言えば国の研究開発力を測る尺度の一つである論文数も減ってしまう。

そんな悩みを抱える大学教員に対して「OB懇談会」と称して部屋の予約や学生の確保などをお願いしてくるあどけないリクルーター達がいる。学生から貴重な研究学業活動時間をとりあげた上、さら教員採用活動片棒をかつげというのである。お願いする方はちょっとしたお願いしているつもりだろうけど、依頼を受ける側は複数企業からお願いされるので、その対応に追われる。そして本来研究を進めてほしい学生に向かって就職活動のために時間を割いてほしいと頭を下げるという何とも欺瞞に満ちた行動を迫られるのである。そんな昨今の採用活動事情に対して苦々しく思っている教員は少なくないことを知っておいても良いと思う。言われるがままに業務遂行しているリクルーターではなく、裏にいる人事部に届いてほしいもの。

悪いのは一体だれか?企業人事部けが悪いということは決してない。根本的な問題は、企業高等教育機関である大学に期待していないこと、そして学生大学に期待していないことにある。結果として大学社会の期待に応えていない。このあたりは下記の考察が良くまとまっているのだけど、一言で言えばシステム問題がある。

http://toyokeizai.net/category/japan-university

海外大学日本大学システム比較すると恐ろしく事情が異なっているので、愕然としてしまう。例えば下記の書籍を参照するとそれが良くわかる。世界最高の大学教育システム確立したアメリカ問題がないわけではないのだけど、日本大学システム問題は更に根深い。

アメリカ大学の裏側 「世界高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)

これでは技術競争で負けるのも必然。負の連鎖が断ち切れない限り、国際的通用する充実した研究教育は成し得ないし、研究開発力や発信力に関して海外との差はますます開くばかりだろう。昨今の採用活動を見るにつけ、この負の連鎖根深さを感じずにはいられない。

2017-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20170207102110

地域によるんだろうけど、正直ピンと来ないんですよね。

自分は男ながら乳幼児期頃から子育て世界赤ちゃん教室小児科受診予防接種・親子遠足等)に関与してきたので、場慣れしてるってのはあるかもしれません。



ママたちは賑やかだが、男性には挨拶しないだけでなく基本的無視。 』

挨拶無しで無視ってのは見たことないなー。

仲の良いグループでも無い限り、学年とか組が違って接点が少なければ女性同士でも挨拶だけってのは結構見受けられる。一般社会でもそんなもんじゃないですか?

挨拶のあとに「ノロ治った?」とか「こないだのお遊戯会上手だったよねー」みたいな(子どもに関する)一言会話を追加すると距離が縮まる気がします。





『おばあさんたちに至っては、なんでこんなところに男がいるの、とばかりににらみつけて』

しろ「えらいねー」って言われることの方が多い。全然偉くないのにね。





『「ママバッグ入れ」とか書いてあるし、パパバッグ入れはどこよ。』

これはあるかな。「ダイアパーバッグ」とかそんなオシャレ風な呼び方を定着させたら解決したりして。

弁当作りしてると、「お母さんの手作り◯◯」みたいな商品名冷凍食品が売ってたりするので、自分もそういうのは少し気になる時はあります





『「みんなで手をつなぎましょう!」』


いや、つなごうよ(笑)


意識しすぎじゃない?中学生じゃないんだからさ。





『待合室に置いてある雑誌女性向けか子育て物だけ。』


収納とかおかずのメニューとかたまに参考になる記事あるけどな。炊事ってしないの? たまに読んでみればいいのに。

っていうか待合は男女問わずみんなスマホ見てる気がする。





『親の付き合いもママたちだけ。LINEのやりとりは参加させてもらえないから、子どもたちの交友関係もよくわからないし、流行っている病気などの情報も共有できない』

これは奥さんとの情報共有の問題じゃないのかなー。

そもそも男女混成LINEグループってのはよっぽど仲良くないと組成されない気がする。





学校説明会懇談会PTA会議基本的に平日だから行けない。』

これはもう是非休んで行きましょう!と提言したいです。そういう行事は休むものだという社会的合意形成を担うべきだと思います


まだ圧倒的少数派ですが徐々に男性の姿を目にするようになりました。





連絡網電話が来る⇒いきなり「奥様はいらっしゃいますか?」とか「奥様に伝えていただいてもいいですか?」とか聞かれるし、ひどい時には「奥様いらっしゃらないんですか、それなら私が次の人に電話しておきますね」とか無能扱いされる。男じゃ用件がわからないとでも思っているのか。』

子供のことを把握していない男性多数派なのだから電話口の男性に対してこういう言い方になるのは気遣いの一つじゃないのかな。

自分でも「◯◯さん(お父さん)に今伝えても大丈夫?」って一言前置きすると思う。





『パパたちだって苦しんでいるし、先輩パパに相談したいんだよ。』

こういうのはSNSとかインターネットが役に立つ場面だと思うんですよね。

僕がこういうトラバするのも一つの方法だと思うし、もっと男性育児ノウハウが集まるようになればいいですね。

僕が育休取った7年前は全然情報無かったですよ。その頃にくらべたら徐々に世の中は良くなって来てると思います。一緒に頑張りましょう。

2017-02-07

子育て現場では男性差別される

男性子育てに参加すべきとかしようとか言われて久しいが、いざ参加すると想像以上に女性社会であることを実感する。

保育園に行く⇒ママたちは賑やかだが、男性には挨拶しないだけでなく基本的無視。おばあさんたちに至っては、なんでこんなところに男がいるの、とばかりににらみつけて来たりする(実話。というか、待機児童ゴマンといるきょうび、祖父母が近くに住んでいる家庭は入園基準の点数が低くなるはずなのになぜかおばあさんたちの送り迎えは多い)。「ママバッグ入れ」とか書いてあるし、パパバッグ入れはどこよ。

リトミック等に行く⇒「ママと手をつなぎましょう!」と言われてもママじゃないし、「みんなで手をつなぎましょう!」と言われても(当然だけど)隣のママ女性講師の方と手をつなげないから一人で突っ立っていて間抜け

病院・クリニックに行く⇒待合室に置いてある雑誌女性向けか子育て物だけ。後者女性向けの記事しかない。パパたちが来ることも多いんだぞ。

親の付き合いもママたちだけ。LINEのやりとりは参加させてもらえないから、子どもたちの交友関係もよくわからないし、流行っている病気などの情報も共有できないし、懇親会の誘いも来ない。

学校説明会懇談会PTA会議基本的に平日だから行けない。専業主婦パートとか時間に余裕のあるママたちだけの集まりになるし、彼女らがPTA行事の日程を決めたりするから仲良しグループの集まりになるだけ。たまに行けても挨拶も話もろくにしてもらえない。

連絡網電話が来る⇒いきなり「奥様はいらっしゃいますか?」とか「奥様に伝えていただいてもいいですか?」とか聞かれるし、ひどい時には「奥様いらっしゃらないんですか、それなら私が次の人に電話しておきますね」とか無能扱いされる。男じゃ用件がわからないとでも思っているのか。

自治体パンフレットも「ママたちのお悩み相談」とか「先輩ママに聞いてみよう」とかそんなのばかり。女性相談員常駐とか。パパたちだって苦しんでいるし、先輩パパに相談したいんだよ。

それでも負けじとしつこく挨拶をしているが、結構折れそうになるし、正直鬱気味だ。パパたちは孤立やすいんだ。何が職場での女性差別だ、女性だって男性差別しているじゃないか

救われるのは、子どもたちが「Aくん(ちゃん)のパパ!」と声をかけてくれること。子どもたちはまだ差別を知らない。

2017-01-28

改めて実家に帰ってみて結婚したくなくなった。

父母はどちらも教授の子供で、海外名大学出てたりの超絶高学歴なんだけど。

もちろん金持ち家庭。

で、実家に帰ってみたんだけど。

  

やっぱり、ちょくちょく喧嘩するのな。

別居してるけど、まあ飯くらいは食うじゃん。

で、車で帰るんだけど。

俺の父親は完全にアスペで。

煽られて、運転が荒くなって逆走っぽい感じになって。

母親が「危ない!おかしいぞ!」と言うと、マスマ父親がキレちゃって。

大声で「うるせえ!」と怒鳴りながら、ウインカー出さずに右折。

更に、母が「うるせえって何だ?片手運転危ないからやめてよ!」

で、父親が、「チッ」って言いながら、しぶしぶ両手運転

駐車場に止めるときに、イライラしていたためか父が車をぶつける。

  

父を悪く書いたが、父は一応超絶頭がいい。多分IQはかなりいい。

だが。学会勉強会なんかで父が懇談会で他の先生と話しているのを見ると、一方的に話まくってるんだな。

それなりに知的なことをしゃべってるんだけど、会話が一方的

一目でアスペってわかるんだわ。

それを見て、母も当然恥ずかしい。

注意等するが、父は注意されるとすぐに不機嫌になり、家族だけだと怒鳴りだす。

母の方が強いので、怒鳴り返して家から追い出したりするんだけど。いわゆるヒステリーってやつだな。母のキレ方も尋常じゃない。

それでまあ別居って感じなんだけど。

  

それでじゃあ、母が悪者かっていうと違う。

母がいなければ、間違いなく父は世間からハブられて、死んでた。

実際ハブられて何回か仕事ができなくなっている。

母と母の実家がなんとかサポートしてうまく金稼ぎができている。

母はコミュ力が異常に高く、それを金にするのも異常にうまい

海外の有名大学を優秀な成績で卒業してるので、頭もいいんだろう。

  

そんな感じなんだけど。

まあ、車の時に、「嫌な感じ」を久々に思い出した。

家は豪邸だし、飯は高級品、服も高級品バッカリ、親は俺のこと大好きだけど。

俺の家庭の人たちは、異常性が強すぎる。

家族とうまくやるのが不可能人種ばかりだ。

それは、死んだおじいちゃんとかも同じだった。

俺のことをすぐにバカしまくるおじいちゃんだった。

まあ、俺がおじいちゃんを超える学校入学した時には黙ったけど。

  

俺もまた、高IQADHD高学歴金持ちってパターンなんだけど。

他人との人付き合いが本当に下手。

友達関係を「うまくやる」のは得意で、そつなく人付き合いできるんだけど。

しかし、父と同じで、社会的な付き合いはできない。社会的正義とか正解より、論理的な正解ばかり考えてしまう。

女に関してもだめだ。どーしても、「俺の本来人格は、ドキュン以下の暴力的な人間性なんだよなぁ」と思うと、付き合えない。母と同じことになるだろうことが予想できる。

女に対する性欲よりも先に女への暴力に対して興奮してしまう。目をえぐったり、子宮にモノを瞬間移動させて苦しませたらどうなるんだろうとか考えてしまう。

  

とにかく、このような不幸な人格結婚して、子供を作っていくというのはよくないと思う。

非常に気分が悪い。

胸糞が悪い話を見ているような気分になる。

  

俺の心はかなり純粋っていうか、純真っていうか。

こういう俺みたいな汚い人格を許していない。

俺の心が、俺の存在をマッタク認めていない。

  

世にいう毒親ってやつは、正直フェミ女の戯言とは思っているし、

自分を認められないやつは単に調子に乗ってるだけだろ?とか思っているが。

自身もまた、その毒親だの自分を認められないだのの典型例だw

  

遺伝子的に欠陥品なので、結婚はしたくないなあと思ったんだよなあ俺は。

子供のころは、当たり前に、「俺は子供さないぞ、親のような家庭を作るのは嫌だ」と思って当然だと思っていたが。

あらためて、「感覚として嫌な気分」を思い出した。

2016-10-05

学校教員という職業過酷すぎる

学校教員という職業過酷すぎる。

これでは、確固たる意志を持った人以外は、

優秀な人材学校教員を志すことはないだろう。

僕は教育学部に4年間通って痛感した。

僕は小学校のころの担任にあこがれて、そのまま単純に小学校教員を志した。

偏差値65くらいの高校に行って、偏差値55くらいの大学入学した。

学力だけで言えば、これくらいの学力レベルで、「小学校先生」という職には就ける。

小学校先生に一番必要ものって何だと思う?

4年前の僕は最低限の学力と、そして、子どもが好きなこと・教えるのが好きなことだと思っていた。

でも、今の僕がこの問いに答えるなら、「適度に手を抜く能力」だと答えるだろう。

僕の二つ上の先輩が、ある時こう言った。

一年目の労働時間を時給換算したら850円を切ったよ。」

小学校教員という職業は、無数に仕事がある。

日々の「勉強を教える」という仕事のほかに、保護者対応地域の人との連携

学校全体の仕事教員内で振り分ける)、研修、その他諸々。

あと、「休み時間」はあくまでも小学生にとっての休み時間であって、

教員仕事をしている。給食時間も、教員から見れば指導時間だ。

それから、やっぱり保護者対応がきつすぎる。

「うちの子、授業を理解してないみたいなんです。今から自宅に来て家庭教師をしていただけませんか?」

「うちの子迷子なんです!探してください!」(深夜)

こんなのは日常茶飯事。

子ども同士がケンカをしたら、子どもたちにはきちんと対応した上で、

子ども帰宅する前に各家庭に連絡を入れてフォローする。

もし子どもケンカ自体に気付けなかったら即アウト。

最初PTA懇談会で目をつけられたら終わり。

新任の男性教職員比較的気に入られることが多いけど、

女性特に「若くてかわいい」と、まあ大抵、保護者リーダー格に睨まれる。

そして嫌がらせ集団いじめられて本気で退職に追いやられる。


そんなの他の仕事でも同じだ!って言われるだろうね。

僕もそう思う。教員けがきつい仕事ではないだろう。

でも、この現状では本当に先生になりたい人以外の

優秀な人材は他の職業を選ぶと思う。

これから未来を支える子供たちを教育する職業は、

なるべく優秀な人材指導したほうがいいと思わないかい?

そんなわけで、これから日本を支える子供たちを育てる大切な職業である教員の、待遇改善を求めます





ちなみに僕は春から地元県庁に勤めます

2016-05-01

小町にかけっていわれるかもしれないけど

ある急性症状で急いで近隣の救急指定病院にいった。

そこでまた夜勤看護婦のAちゃんのママにあった。

Aちゃんのママはしっかり聞き取りをして医者にとりついでくれたあと、

待合いでちらっと「Aのママです、いつもおせわになってます」と

いって良い感じに微笑んだあと忙しそうにさっと立ち去った。

 

Aちゃんは、うちの子中学高校で一緒の子。(クラスは1度だけいっしょ)

中学のころから、Aちゃんのいるクラスだけ頻繁に盗難がおこる。

しかも、金品より授業であたりまえに使うものがなくなる。

授業でそれをつかわなくなったころ、置き忘れとはいえないところからでてくる。

犯人クラスにいる高校生のだれかであることは確か。

犯人は「返すんだから」といやがらせのつもりかもしれないが、

実技テスト中に盗難が起こると成績が犠牲になる。

親は早急に買い直しに走らされている。

やはり実害はあるし盗難だ。

 

この4~6年は、毎年クラスがえがあった。

高校になると選択授業も増える。

かなり天文学的場合分けのなかから

Aちゃんがいるときにそれがおこるとの状況証拠はかなり蓄積されてしまっている。

(Aちゃんにだれかが意図的に罪をかぶせるとか、脅迫してやらせるとかまでいれると、

絶対に100%とはいえない可能性があり、

学校では積極的対処まではできないとのこと。

常識ならそれは証拠になるということもあるんですが)

 

Aちゃんのママは、「常識ならそれは証拠になるということ」を面談でつきつけられても

やはり、「うちの子という証拠がないのであれば、うけつけられない」「私はうちの子を信じている」と言っていたとのこと。

立場としてそういわざるをえないだろうとも思うけれど。

 

余談だけどAちゃんの他にもなんかいろいろなこまった生徒(恫喝暴行)と、それを全くフィードバックされておらず、

子供を信じることに徹しているママ中学から高校にかけているみたいです。

懇談会でも全く悪びれないので、ママには伝わってないらしい。

うちは進学校です。

 

しっかりした看護婦さんでも、いや夜勤して家をはなれて患者のためにつくすような人だからこそ、そうなんだなって。

憎むわけでも哀れむわけでも迷惑がるでもなくて、なんだか、本当に純粋に辛い。

一度でも盗まれた子、困らされた子は、同級生を疑って警戒しながらリラックスして学校生活するという

難易度EXのストレス生活をおしつけられてるのも目の当たりにしてる。

海外修学旅行で一緒のクラスになった子のおかあさんは、

パスポートとられたら帰国できないから先生にあずけてないとき絶対に体からはなすなと言い聞かせたそうだ。

風呂どうしたんだろね。

全体への説教なら先生はなんどかしているはず。

本当にどのママも、ハイティーンの子供を

学校の指示にあわせて食べさせ寝させ

学校に送り出すことで手一杯なんだろうなと思う。

たぶんこのまま35歳児とかになったりすることもあるんだろう。

 

高校生の子供は、母親に対して、子を100%信じることを要求し、絶対的保護要求しておきながら、

それを内部から突き崩すようなことを平然と行う。

警察も、教師も、母親が「うちの子を信じる」と唱えれば退けてもらえると信じているのかもしれない。

母親が「自分は一人の女だ。脆いのだ、今立っているだけで精一杯だ。

よりかからずに一人で立ってくれ、つぶれる」と

悲鳴をあげても母性信仰蔓延する世間にはとどかない。

高校生ですか、もうそろそろ手がはなれますね、楽ですね。」

世間子供の板挟み、専業でもつらいよ。

孫がうまれたら、世間にこうやって子供をだすつらさを、うちの子にも味わわせるの、つらい。

3歳児だったらまだ嘘も見抜けるし叱れるけれど、

ハイティーンもつ親にはもういちど子供と向かい合いなおすための育児休暇などない。

  

うちの子供もけっこうキてて、薬のんでるんだけれど、

そこにもっていくまでにもどたばたあって

私が、すっかり駄目になってしまっている。

ストレス健康診断d判定を連発した。

更年期障害だという人も多いらしい。

 

うちの子も、盗む側にも、盗まれる側にも、絶対に立たせたくない。

父親でもだれでもいいから子供のうけいれる説教がいえる人はいないのか。

入院して治してくる間、うちの子は、夕御飯は家でたべて、起こさなくても自分で起きて、寝て、

薬くらい一人でのんでくれるのだろうか。

実家はもう要介護スレスレで手助けなど呼べない。

働いてたら辞めたくなってるとおもう。

「信用できない」は一番ひどい病気のもとだとおもう。

駄目人間でもいいんだから、信用くらいさせてくれ。

信用と安心がなければ生きていけないあまっちょろい親子は

進学校なんかいかせずに、公立+塾でもいかせておけばよかった。

 

 

日本死ねなんていえないけれど、なんかもうほんと、辛いよ。

なんで高校ってひっこさないと転校できないのかな。

GWの間検査結果ききにいけなくて、毎日痛み止め握りしめてる。

にのんでから時間たったとか、ききにくくなってるとか、自分で判定しないといけないんだってさ。

早く手術の日程きめてくれないかな。

臓器とっちゃったら楽になれるんだってさ。

それだけ。

2016-02-29

スポーツを楽しむことと運動能力について

フリーランス同業者を集めて、定期的にフットサル会を開いている。

普段運動をしないので、軽く運動をして、その後に懇談会をしよう」という名目だ。

最初はそこそこ人が集まっていたのだが、回を重ねるごとに一次会であるフットサルの参加人数がどんどん減り、

二次会懇談会にばかり人が来るようになった。


そこでフットサルに参加しない人に参加しない理由を聞いてみたところ、

運動が下手だから参加したくない」ということらしい。


そこでフットサル卓球ボウリングに変えてみたが、人数は減る一方だった。



チームも男女比や運動能力が偏らないように調整しているし、

汗を流すことが第一なので、点数などは気にしないように言っているが、

運動が下手だから」という理由に対する解決策がなければ、どうにもならない気がする。



ブコメ付いているので追記


総合すると

・点数とか実力の差がはっきりわかるような要素がなくて、

・動きやす服装さえしていれば気軽に参加できて、

・道具も現地で安く借りれて

山の手線内などのみんながアクセスやすいところでできるスポーツ

がいいのかもしれない


サバゲはいいかもって思ったけど、装備とフィールドレンタル結構お金がかかるのが難点

登山アクセス悪いので論外だし、翌日に疲れを残す

鬼ごっこフリスビー結構走る。ピクトチャット鬼ごっこはよさそう

都内にいい釣り堀があれば釣りもいいなとは思った。


結局どのスポーツ他人と一緒にやることで自分の上手い下手がわかっちゃうからどうしようもないね

2016-01-20

小学校先生絶望した

うちの子ものクラスは、学級崩壊に陥っている。

先日、小学生の子もの保護者懇談会に出席した。

そこで、ある保護者から、このクラストラブルが多くそれに伴って学習の進捗が遅いのではないかという質問があった。

担任先生からは「いろいろな対策をしたけれど状況は悪くなっていくばかり。私の力不足もあると思う。塾に行っている子どもたちは授業内容がわかっているから、私の授業をきかない。私に反発している子どもたちも授業をきかないで好き勝手なことをしている。その結果、授業は教科書を読むだけになっているが、学習の進捗は遅いということはない」というお話があった。

さらに、補助の先生校長先生教頭先生がかなり頻繁にクラスに来てくれていること、その先生たちが来ている間だけは静かになることなどの報告があった。

また、子どもたちのせいで学級崩壊に陥っていると先生は感じているということ、先生私たちの子どもたちのことがどうも好きではないようだということも伝わってきた。

私は、この場を通して保護者先生が協力して、どうにかして前向きにこの問題に取り組んでいきましょうという話に落とし込んでいってほしいと願っていた。

でも、「今後どういう解決策を考えているんですか?」という質問に対して、解決策を一つも出すこともなくただ子どもたちの悪口を言い続ける担任先生に対しては、この人には何をいってもダメなんだという諦めの気持ちしか持てなかった。

担任先生は年配の女性先生で、今年度他校から転校されてきた。転勤したばかりで高学年を担当するというのは非常に難しいことだともきく。小学生も高学年になれば自立心が芽生える。子ども学習理解レベルも、各家庭の事情もバラバラだ。クラスをまとめるということはかなり困難なことなんだろう。

この懇談会に出る前、私はかなり担任先生に同情するような気持ちでいたんだ。

もう1月になって、このクラスはあと2ヶ月でクラス替えをする。もう今更何をしたところで変わらないのかもしれない。

それでも、子ども人質に取られている保護者としては、先生に何かを期待するしかないと思う。

なんかなあ。正直なところ、先生が前向きに状況を変えようと取り組んでいるというだけでも保護者は少し安心するんじゃないかと思うんよなあ。

そういう人の気持ちがわからない先生から、昨年度まではまとまっていた子どもたちをここまで荒れさせちゃうんだとは思うんだけど。子ども達もバカじゃないんだから相手時間をただやり過ごそうとしているのか真剣に向き合っているかはわかると思うんだ。

こういう人って芯のところでコミュニケーション能力が足りないんじゃないか。

こういう先生って、先生に向いてないんじゃないかと思うんだけど、でも、公務員から本人がやめたいと言いださない限り先生で居続ける。

しかも、人員に余裕がないのだから、次年度にもどこかのクラス担任を持つんだろう。

ちょっとどうにかならんものかねえ。

2015-07-06

つくば市住民票がない人には関係の無い話

http://anond.hatelabo.jp/20150303171630 ← 祝、住民投票実施

が計画されている。その基本計画の是非を問う住民投票が8月2日に行われる。

 

実のところ、「つくば市住民票がない人には関係の無い話」でもない。というのも、市長によると、

305億円のうち、約半分(146億円)は国の補助金をあてにしているから、つくば市民は安心

とのことなので、つくば市民以外にも、税金レベル微妙関係してくる話。

 

というわけで、私は反対派なわけです。つくば市に住んでいる人の大部分は反対だろうと思っていました。

ここ最近つくば市連続開催された市長との懇談会を通じて、反対派が多いことは感じました。ただ、特に年配の方には推進派の人も少なからずいるのだと言うことが分かりました。子供や孫に巨大ハコ物のための負債を残さないで欲しいのですが。

8月2日の住民投票の結果はこうご期待。

 

住民投票が行われるだけ、国立競技場問題よりはマシなのかもしれない)

2015-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20150621024725

G型大学趣旨から言うと、東京医科歯科大学広島大学がG型大学になるかどうかは微妙じゃないかな?

 RU11 = 旧七帝大+筑波大、東工大早慶

限定される可能性もかなりあると思う。

RU11とは、研究及びこれを通じた高度な人材の育成に重点を置き、世界で激しい学術競争を続けてきている大学(Research University)による国立私立の設置形態を超えたコンソーシアムです。正式名称は「学術研究懇談会」。

 

 平成21年11月に9大学北海道大学東北大学東京大学早稲田大学慶應義塾大学名古屋大学京都大学大阪大学九州大学)で発足し、平成22年8月筑波大学東京工業大学が加入し、11大学構成されています

http://www.ru11.jp/about.html

2015-02-10

石原慎太郎都知事の成り物入りで始まった首都大学東京東京都立大学に戻る可能性について

最近ある大学教授との懇談会があった時にこの話が出まして

で、結論から言いますと、元に戻る可能性が極めて高いそうです。

というのも学会でもこの話題で持ちきりであるし、現都知事舛添要一氏が乗り気で

元の都立大学名化に向けて整備をしていると言われてるからです。

なんというか、他人事なんですけど、元に戻るなら戻った方がいいですね。

だいたい「首都大学東京」だなんて格好悪すぎます(首都大学で学ばれご卒業された方すみません)。

ですけど、やっぱり東京都立大学がしっくり来るのも事実なんですよ。

筆者はそこのOBだったりしますので今度の名称変更問題に関しては陰ながら助力したいと考えています

ダサい学校名だと追々困りかねませんし、傷は浅いうちに治すべきでしょう。

2014-12-20

駐妻ってめんどくさい。

まぁ私は基本ボッチで引きこもりなのでいいんだけど。

子ども学校懇談会とかですらマンション単位バス移動とかになるので、他所の奥さんと話さなきゃいけないのがめんどくさい。

ほんと放っておいてほしい。

もう別のエリアスライドになった人がめんどくさかった。

もっと自分からしかけないと〜とか、子ども一人っ子じゃ可哀想とかね。

余計なお世話やし。

択一人っ子とかではないんだ。

レスって訳じゃない。

避妊もしてない。

でも妊娠しないんだよ。

2人目不妊なのか、タイミングが合わないのかは知らないけどさ。

欲しくないどころか欲しいくらいだよ。

でも出来ないもんはしょうがないし。

そんな事話す程仲良い訳じゃないのにほんと余計なお世話や。

後、子どもの長期の休み

これも日本に帰らないの?とか旅行行かないの?とかうるさい人は何なのかね?

好きにさせろや。

私は他所の家がどうしようと興味ないよ?

ほんとみんな暇過ぎて頭おかしいと思う。

2014-12-13

バッタ

博士課程 Advent Calendar です(http://www.adventar.org/calendars/548)。これ書きました http://anond.hatelabo.jp/20141201200815

いくつかトラックバックが付いていたので、それに関してコメントを。




モチベーションの保ち方について


博士課程の学生はみんな三度の飯より研究大好きモチベーション維持できないやつは進学する資格なし!!!!と言われたりしますが、それは多分あまり正確な話ではないです(ちなみに私は三度の飯のほうがよっぽど好き)。モチベーションを含め、自分をちゃんとコントロールするのは難しいので、それを三年間で身につけたら良いのかなぁと思っています

まず、多分人間誰しもモチベーションが下がるときはあります(そうならない人は才能だと思うので大事にしてください)。そういう時に無理して研究しようとすると、研究は進まないし時間は浪費するし、かなり精神的にクるので、やめた方がいいです。私の場合は、事務的に出来る作業をやるとか、諦めて遊んだします。

ではモチベーションを下げないようにするにはどうしたらいいか、という話ですが、2つ実践していることがあります

1つは、短期的・中期的・長期的な目標自分で立てること。で、ちゃんとできたかできなかったかフィードバックをして計画を立て直します。

例えば長期的な目標(= grand goal)を、◯◯という論文誌 or 国際会議投稿する、という月単位目標として設定したとすると、中期的な目標は、いつまでに手法を考え、実験をし、論文の初稿を仕上げるか、という週単位目標として、短期的な目標は、この論文今日理解する、とかこのコード今日は書き上げるとかという日単位目標になるかと思います。((もちろんもっと長いスケールでも目標は建てます))

で、大事なのは、長期的な目標ほど死守する、ということだと思いますケツカッチンだと取捨選択がちゃんとできて個人的には良いです。逆にいつまでもグダグダ手法を考えたり論文を読んだりするのは得策ではありません。諦め(=取捨選択)が肝心です。


もう1つは、先に述べたことと関連していますが、研究テーマにあまりこだわりすぎないことです。一つの分野で何十年も研究を重ねるのが素晴らしくて、ころころ研究分野を変えるのはあまり好ましくないという先入観が(私には)ありますが、その美徳を全員に押し付けるのは酷なことだと思います。何十年も同じ研究分野で研究をできるのは才能だと思うので、それができない人は、諦めましょう。面白い研究分野に移りましょう(このように吹っ切れたのは最近のことで、チューリング賞授賞者と懇談会をしたときに、飽きたら研究分野変えたらいいじゃんアホかお前は、みたいなことを言われたのでそれに後押しされたのが大きいです)。ただ、移るだけ移って勉強をして終わりではあまりコスパが良くなくて、移ったからには何本か論文書くぞ、という気概を持つの大事だと思います




研究時間が少ない


基本的はいつでもどこでも研究ができるので、研究室に長時間いるということはありません。その点は情報系の利点だと思います(生の実験があるところだと、実験装置スケジューリングがあって、夜中に実験するはめになったりするらしいですね、つらい)。あと私の場合は、一日のうちで集中できる時間が限られているので、特に研究時間が少ないと思います。ヘタすると4時間くらい集中してやって終わり、ということもあります。長時間集中すると、翌日廃人になるので、継続的に良いパフォーマンス研究をしようと思うと、このくらいの時間がよいのかなと思って今はその生活リズム生活しています


研究時間の話は人それぞれなので、自分特性をきちんと把握するとよいと思います。長時間研究室にいる=すごい、短時間しかいない=クソ、という図式は、人間多様性無視しているので捨てたほうがいいです。自分特性を把握して、ベストパフォーマンスを出せるように生活したらよいのです。諦めが肝心です。




モラトリアムm9(^Д^)プギャー


24時間の使い方を自分裁量で決められるので、趣味時間とか取れていいですよ。このような生活を維持したいです。




学振貰ってる場合バイトは一切禁止。インターンとかもってのほか通報しますた


バイト、禁止です。TARAは頑張っても月数十時間くらいしかできないのも仰るとおりです。

実はインターンシップは、自分研究計画に資する研究を行う場合ならば、いくつか条件を満たせば参加可能なのです(http://www.jsps.go.jp/j-pd/data/tebiki/h26_tebiki.pdf の p.33)。

ただし手続きちょっと面倒臭いです。海外インターン場合は、まず学内インターン参加の許可を得る&海外長期滞在の許可を取る必要があります。うちの大学だと研究科レベル教授会にかける必要があるので、ヘタしたら数ヶ月待つ必要があります学内の許可を取ったあとは、それを学振に伝えてさら学振からも許可を取ります。こうして晴れて堂々とインターンに参加することができるようになります。このような手続きを踏んでいるので、少なくとも今回私が参加したインターンはlegalというわけ。


ちなみにインターン給料をもらうと自分確定申告しなければならないので、それもちょっと面倒です。外貨給料もらった場合どうしたらいいのかわからんぜ...。




博士課程修了後の予定はありますか?


考えている進路はあるのですが、あまりそれを書いても面白く無いので、一般論を書きます。ただし、私はまだ仕事経験していないので、だいたいは噂・妄想です。


進路はアカポス企業かに分かれると思いますアカポス志望の場合は、だいたいD3の夏過ぎ頃から助教ポスドク公募がでて、それに応募して次の4月から採用、というスケジュール一般的なようです。また学振からお金を貰うポスドク場合には学振と同じようにD34月だか5月に申請し、11月/12月に結果が出る(面接場合さらに遅い)ようです。優秀な方はポスドクを経ずに助教なるみたいですが、学振PDはかなり自由なので、これと迷う方もいらっしゃるようです。企業志望の場合は、一般的企業採用プロセスに則って就活をすることが多いようです。ちなみに、国外場合も、時期は日本半年ずれたりしますが、アカポス場合公募メーリングリストで回ってきますし、企業場合公募の形を取っているものが多いようです。国内場合は、学会などで顔を売りやすいので、就活はしやすいかと思いますが、海外場合はなかなか大変なようです。馬鹿正直に公募に応募しても、書類審査落ちすることが多いとか。なので、中の知り合いを作るのがよい、というのを聞いたことがあります


次にそれぞれの利点欠点を考えますアカポスの利点は、自分裁量が大きいということかなと。自分研究テーマを決めて予算を取ることができます。共同研究とか自由にできます企業だとそこまでの自由はないっぽいです。ただし、アカポス任期があったり、ポスト数が企業と比べると圧倒的に少なかったりします。なので、多分プレッシャーは大きいです。あと引っ越しとか多そうです(良さげなポストが空いていれば全国どこへでも引っ越す可能性がある?)。また大学企業ではアクセスできるリソースに違いがあると思いますアカポスだと好きな機器を買えたり、好きなシステムを作れたりしそうですが、全部一から作る必要がありそうな気がします。企業だと、例えばニュース配信アプリを作ってるようなベンチャーだと、たくさんのユーザアクセス可能な環境がすでに整っていたりします。


どちらが良い・悪いという話ではなく、どちらが自分に向いているか・向いていないかという話なのであしからず




情報系は金回り有利そう


他の分野は知りませんが、インターンとかあるし、就職の幅もそれなりにあるので野垂れ死ぬ可能性は低そうです。生の実験とかをすることがないので、研究予算がそんなになくても最低限研究できるのもいいところだなと思います




DC1は明らかに学校もしくは研究室名前で合否が決まる


DC1がよく通っている研究室は、そういう指導体制スケジューリングうまいんだと思います。申請書を先生や先輩がちゃんとアドバイスできたり、先生学振を見越して学生のケツを叩いてくれたり。通った人と知り合いになって、通った申請書を見せてもらったり、あわよくばアドバイスを貰ったりすると良いと思います。通ったらその分後輩の面倒を見て恩返しをしましょう。




情報系において民間ではなく大学からこその強みってなんでしょうか


このあたりはあまり自分でも結論が出ていないのですが、大学はカネにならないことをやってもいいところなので、そういうことを堂々とできるのが強みだと思います。例えば、理論研究を行って最終的に会社が儲かるというストーリーを考えるのは難しいので、それを仕事として行うのは難しいと思いますが(企業利益に全くつながらないことをやってる人間給料研究費はあげられないですよね)、大学だと論文を書いたりすれば良いので、堂々と理論研究できると思います。また、夢を語る系の研究(こんなことができたらいいよね、こんな世界になったら良いよね)というのも、企業よりは大学のほうが気兼ねなくできるのかなと思います




社会人ドクターってどう思います


特にポジティブネガティブ感情はなく、単純に大変そうだなと思います会社の業務に追われながら博士論文を書いたり大学博士課程学生に割り振られている仕事をこなしたりするみたいなので。ただ、博士号を取るパス博士課程に正規で入学するパスだけになってしまうのはなんとなく健全ではないような気がするので、そういうオプションを後世に残すためにも頑張ってください。



またなにかあれば。

2014-04-15

専業主婦っていうけど

専業主婦は働けっていう人は主婦を舐めている。

家族の世話、親戚づきあい町内会子供がいれば学校関係

子供の数だけ懇談会役員、係。

専業主婦や短時間パートママにどれだけ助けられてるか考えると頭が上がらない。

町内会学校関係だけでも何とかならないものなんだろうか。

2014-01-04

自分のなかの残念な部分に気づく、その時までに

子ども時代、親に「ぶさいくだ」「愛嬌がない」と容姿を散々人前でもけなされた。そして「運動神経がない」「どんくさい」とスポーツが苦手なこともバカにされ続けた。

親に繰り返し言われ続けた言葉の数々は、次第に私自身の残念な部分に目を向けさせ、私自身がそれにとらわれるようになっていった。

おかげで、人前で笑うことが苦手になり、写真も数えるほどしか残っていないが、どれも横をむいてふてくされた顔をしている。スポーツも苦手なまま、人目につかないように、できるだけスポーツをしないですむように生きてきた。

そんな卑屈な自分が嫌でたまらなかった。

そして子どもが生まれた。

産まれたときから決めていたことがある。

絶対にほめてほめてほめよう。

絶対に「かわいい」「大好き」「大切」と言い続けよう。

おかげで子ども容姿は私に似ているけれど、とても素敵な笑顔で笑ってくれる。本当にかわいくてかわいくて仕方がない。

7歳になった男児は、今も夜布団の中で「ぼく、かわいい??」とときどき聞くので「うん、とってもかわいいよ!」というと、「ありがと」といって目をつぶってすーっと寝入る。

ぜんそくの持病があり、体は強くないので水泳を習っているけど、いつも「かっこよく泳いでるね」「上手になったねー!」と褒め、応援し続けた。

かけっこも早くないし、よくこけるけど、「がんばってたよ!」「かっこよかったよ!」とほめる。本当にそう思ってるから

そうしたら、決してスポーツが得意な俊敏な子どもではないけれど、外で走り回って遊ぶのが大好きな子どもになった。

小学校懇談会でも「休み時間には真っ先にお外に飛び出していきますよ」と先生に教えてもらった。


親は、わが子の残念な部分を子どもにとってのスティグマにしてはいけない。

子どもには、自分自身を存分に生き切ることができる力がある。

成長したある日、子ども自分自身を見つめたとき自分の中に残念な部分をみつけてしまかもしれない。

その時までに・・・

親として、「お前はだめだ」と烙印を押して子ども人生邪魔をしないように

精一杯応援して、かわいがって育てていきたい。

そうすれば、自分のなかの残念な部分をみつけたとしても、それを乗り越える力を備えた自分がいることに気づけるはずだ、と信じている。

2013-12-05

後輩たちの就活が始まったことで、僕の就活について聞かれることが最近多くなった。

学生生活も残り少ないし、リアルでは話せないような本音も入れて僕の就活記録を書いてみようと思う。

思いついた順に書くので、乱文なうえに時系列とかぐちゃぐちゃになると思うけど。

あと、ここで日記を書くのは初めてなので勝手がよく分かってないです。




まず最初に、結果としては大手メーカー内定を貰うことができた。

恐らく日本では誰でも知ってる企業だろう。

親や恩師には喜んでもらえたから、成功と言っていいと思う。



そもそも、ここにESを提出した時点では、業界研究企業研究もしていなかった。

というか、説明会セミナーすら参加していない。

大手しまだ間にあうから出しとくか、ぐらいの感覚だった。

交流のある研究室の先輩が、前年度に内定をもらっていたことを知ったのは内々定懇談会ときだった。



自由応募で出したが、途中で推薦のような形に切り替わり、3回の面接内定を貰った。

最終面接は形だけだったので実質2回か。

人事面接技術面接が1回ずつ。

直前の対策だけで十分だった。

途中でSPIなどもあったが特に問題なかった。

エントリーES提出から、1ヶ月ぐらいで内々定を貰った。




就活自体に対策をしたかと言われれば、ほぼしていない。

ES添削面接練習はしてないし、就活セミナーも参加していない。

上の先輩が就活をしていなかったので、体験談などはネット上でみたものぐらい。

ただ、面接ESで使えるネタは大量にあった。

研究室アルバイトサークル・課外活動etc...

他の就活生と比べるとどのネタも十二分に武器として使えるものだった。

受ける企業ごとにアピールポイントを変えていたぐらいだった。



エピソード的なものは強い反面、資格殆ど持っていない。

TOEICは700後半だったが、これだと損はしないけど強い武器にはならなかった。




全体での数字だと、プレエントリーした企業20~30社ぐらい。

就活サイト上でとりあえず登録しとくか、ぐらいのところも多かった。

合同説明会には1回だけ行ったがあまり得られるものはなかった。

個別の説明会には3回ぐらいか

説明会と言う名の選考をしている企業もあったし。

きっちりエントリーした上で、書類提出や選考に進んだのは10社以下。

明確に不採用通知が来たのは4社。

最終選考でが1つ、部長面接が1つ、書類の時点で2つ。

書類で落とされたものは、専攻が合わない企業だったので仕方ない。

で、内々定は1社。

内々定を貰った時点で他は辞退した。

サイレントお祈りかと思いきや、内々定獲得後に連絡をよこしてきた企業もあった。



受けた業界も様々であまり絞り込んではいない。

公務員も一応考えてはいた。

内々定をもらうときの最終面接で、他に選考を受けている企業を聞かれたが、素直に答えたらとても驚かれた。





とりあえず数字とか概要は書いたから、一旦ここで終わり。

また時間があるときに追加していこう。

2013-11-11

あらま。反動 が はじまったな。

> 道徳:「特別の教科」に格上げ提言 記述式で評価

> 毎日新聞 2013年11月11日 11時06分

> 文部科学省有識者会議道徳教育の充実に関する懇談会」(座長鳥居泰彦・慶応義塾学事顧問)は11日、小中学校道徳の教科化に向けた報告案を公表した。「特別の教科 道徳」(仮称)という新たな枠組みとして格上げし、確実な実施を促す。正規の教科のように数値や段階では成績を付けず、記述式の評価にする。2015年度にも開始される見通しだが、来年度は先行して文科省作成の副教材「心のノート」の改定版を活用。将来的には検定教科書も導入する。

http://mainichi.jp/select/news/20131111k0000e040114000c.html

あらま。どうなんでしょうかね? 小中学生に各々の見解を即しても だな。 あなたたちがいうところの「中二病」だったりする よ ね

それよりも 本人が本人に関して「そうではない」と 否定 している ことがら に しつこい 独特のいいまわし が 問題 だよね

中二病 ってな はじめて 耳にした とき 思わず飲んでたお茶を噴いてしまいそうになったんだけどね。

旧制中学 と 旧制工 の 境目 が ちょうど 現在 の 日本語 で 「中学二年生」だから なんだろうけどね。

2013-08-01

PTA

なんかPTAの記事だかが上がってて話題になってたが、常々必要ないんじゃね?って思ってるものの、子供いないんで実態はあんま分かってない。

調べてみたらhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~tanken/parents/pta/pac-elea.htmというのがあって色々書いてあった。

小学校PTAの活動内容



という感じで業務1/10くらいにはできると思うんだけどなんなんだ?

2013-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20130722131621読んで思いだした

一度だけラノベ新人賞の下読みをしたことがある。

大まかな経緯は学生とき編プロバイトした縁とだけ。

下読みするに際して言われたのは、とにかく面白いと思ったのを、とのことだった。

そして、だいたい十本ぐらい選んだ。

今でもわりと覚えてるのが、

ベルセルクっぽいややダークなファンタジー

ミニバイクレースもの

モロ青春な弱小高野球もの

女子小学生主人公日常もの

巨大モンスターパニック

この五作は読み応えがあって、かなり面白かった。

だが、他に選んだのも併せて次の選考で全滅したと知った。

後日、編集さんたちと懇談会とでもいうような規模の飲み会に参加したので、それとなく選考について聞いてみた。

すると、「ああいうのラノベじゃダメなんですよね」と半笑いで答えが返ってきた。

いわく、暗いのや専門的なのやスポーツダメらしい。それと、ラノベの対象年齢層と食い合わせが悪いのも。

しかし、紛れもなく思しろかったのは事実だし、漫画編集をしたことがあったのもあって少年漫画でもいけそうなのを選んだつもりだった。

なんとなく腑におちなくて「でも、漫画ならわりとああいうのもありますよね」とは言ったが返答はなかった。

以前どこかで、要はラノベ漫画小説だ、という話を耳にしたことがあるが、そのわりにはどうも許容範囲が狭いように思える。

あれ以来下読みの話は舞い込んでこないが、漫画では当たり前にあるジャンルラノベ異端扱いされてるのをみるとずいぶん窮屈な業界だなと思えてならない。

2013-07-03

ダニー・チューはドール界の嫌われ者

ブログアクセス稼ぎのためにイベント会場盗撮は当たり前。

内輪のオフ会勝手海外テレビ局を連れてこようとして揉め、

取材を断った共同主催者達が悪者であるかのようにツイッターで非難。

ドールイベントに取材パスで手下を入場させ無料休憩スペースを占拠。

金の力に物を言わせて日本オタク文化を買い漁る浅ましい中国人

この人形デザインボークス不正商品をヤフオクで売っている

韓国企業SQ Labに依頼している

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/doll/1371310096/5-6

こんな下劣な中国人クリエイティブ産業国際展開懇談会委員に任命した、

経済産業省役人は頭がおかし売国奴

2012-07-16

東北電力やらせ発言問題は「やらせ」ではない

http://megalodon.jp/2012-0716-1030-48/www.kahoku.co.jp/news/2012/07/20120716t11008.htm

事実(Facts)

(1)一国民としての意見を個人の立場で述べる会であった。

エネルギー政策の見直しを進める政府エネルギー環境会議は15日、将来の原発依存選択肢などに関する意見聴取会を仙台市内で開いた。」「細野豪志環境相は終了後、「個人の意見が出てくる形が一番いい」とし、8月1日に予定される福島市の聴取会に向け「できるだけ地元意見を聞けるように工夫したい」と述べた。」

(2)発言者9人のうち、東北電力関係者が2名いた。

原発推進立場意見を述べた3人中2人が東北電力関係者だった」

(3)発言者は「会社としての考えを述べる」と前置きして発言した

「発言した東北関係者執行役員企画部長と、OB東北エネルギー懇談会の幹部。ともに総発電量に占める原発比率が最も高い「20~25%」案を支持。企画部長は「会社の考えとして話したい」とし、経済性など原発の意義を強調した。」



推測(Inferences)

(4)一般に、組織(それも管理側下部)に所属する個人が、「個人の資格」で「組織の考えを述べる」という風潮は日本では稀である

(5)「抽選」で東北電力関係者が2名選ばれ、それぞれ電力会社に都合のよい意見のみを述べるのが偶然と言えるのか。

(6)そもそも意見聴取会自体が「やらせ」ではないのか。



http://megalodon.jp/2012-0716-1058-49/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012071690071108.html

事実2(Facts-2)

(7)3択の選択肢は、「A原発ゼロ」「B依存低下(といっても15%)」「C今と同じ(20~25%←むしろ増えてる)」

   すなわち、「段階的に、0~15%以下に抑制する」という、一見一番まともな選択肢はない。

(8)東北から選ばれた電力関係者以外の発言者意見では、5名中4名がA案、1名がB案

「15%と20~25%案は東北電力関係者二人のほか、東京都会社員二人、神奈川県会社員一人と、いびつな発言構成」

(9)仮に会場で多数決を取れば2/3以上の意見でA案採用の可能性

意見表明を希望したのが九十三人で、0%案が六十六人、15%案が十四人、20~25%案が十三人」ちなみに、聴取会参加者は130名なので、66名は過半数。



推測2(Inferences-2)

(10)選ばれた数を見れば、C案13人のうち9人程度は東北電力関係者であったと推測される(約2/3)。

(11)「個人として」参加したつもりの人間が「会社の」という言い方はしないだろう。

(12)3択の選択肢自体に、原発推進意図が見える。聴取会の主催自体の意図がそこに関わっている。

(13)「会場にいた仙台市男性会社員(35)は「推進の考えでも、一般の人の意見を聞きたかった」と憤っていた。」とある普通に考えて推進のためにはその方が有利であるにも関わらず、上記のような経緯になったのは、「一般人から推進意見が出ることは想定できない」と考えられているためである



意見(Opinion)

(14)「やらせ」というのは少なくとも人を欺こうという意図の下に行われるものであるが、「会社として」と堂々と述べている以上、欺こうという意図はない。従って、これは「電力関係者による国民意見聴取会の乗っ取り」と表現されるのが正しい。

(15)また、それが可能になった理由は、「恣意的な3案の設定」「3案から均等に発言者を選ぶという前提」による。これは主催者の設定であり、このことから主催者もこの乗っ取りを認めていた可能性が高い。

(16)所詮ポーズしかない「意見聴取会」でさえ「反原発意見高まることを危惧するあまり意見聴取会を乗っ取るような露骨なやり方で、情報恣意的に操作しよう、あるいはそれができる、と考える人々がいるようだ。

2008-03-07

[][][][][][][]

マスコミが絶対に報道しない格差

NHK         【平均年齢】40.3歳 【平均年収】非公開

フジテレビ      【平均年齢】39.7歳 【平均年収】15,720千円

TBS         【平均年齢】49.1歳 【平均年収】15,700千円

日本テレビ放送網 【平均年齢】39.9歳 【平均年収】14,270千円

テレビ朝日      【平均年齢】41.3歳 【平均年収】13,550千円

テレビ東京      【平均年齢】38.7歳 【平均年収12,310千円

電通          【平均年齢】39.1歳 【平均年収】13,340千円

日本電信電話    .【平均年齢】39.1歳 【平均年収】 8,670千円

松下電器産業    .【平均年齢】43.1歳 【平均年収】 8,380千円

トヨタ自動車     【平均年齢】37.0歳 【平均年収】 7,990千円

楽天          .【平均年齢】30.1歳 【平均年収】 5,890千円

不二家        .【平均年齢】43.4歳 【平均年収】 5,520千円

テレビ局電波利用料負担は、ここにあげなかった局を含めて総計で34億4700万円にしかならない。

一方で営業収益は3兆1150億8200万円。

電波を独占して上げる収益に対して利用料が千分の一。

低すぎませんか。

テレビ業界という格差社会 - 池田信夫 blog(旧館)



米連邦通信委員会の700MHz帯周波数オークション、入札価格は2兆円台に突入 - Technobahn

Mobile:“周波数はビジネス”〜電波を巡る各国の思惑

1900MHz~2170MHzをオークションにかけた英国では、

British Telecom(BT)やVodafoneなど5社が合計224億7740万ポンド(約3兆7800億円)で落札

3Gサービス提供ラストチャンスということで、落札総額は予想の15倍に達した。

ドイツでも2000年8月、6事業者落札総額5.8兆円で落札

Amazon.co.jp: 周波数オークション (B&Tブックス): 舟田 正之, 郵政省電波資源の有効活用方策に関する懇談会: 本

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん