「大企業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大企業とは

2017-02-19

肩書だけで生きているやつが多すぎる

3分でわかる山本一郎(やまもといちろう)氏の現在 (http://masterlow.net/?p=2939)

という記事が旬だったこともあり、いい機会なので

中身すっからかんなんだけど口先だけは回ってその結果、立派な肩書を手に入れ、のうのうと暮らしている人について書くことにする。



日本社会は、こういう人間で溢れている。



ぶっちゃけやまもといちろうについてはネット芸人なのでどうでもいい。



自分の周りにいた人について書くことにする。

まず上場企業役員や主要ポストに就く人間、この中に本当に実績があって、そのポジションを手に入れた人がどれだけいようか?

大企業から来ました、とか政治力だけでそのポジションを手に入れた人が圧倒的に多い。



そもそも日本人肩書が大好きだ。立派な肩書を持っている人間ほどFacebookなんかでわざわざその肩書まで記している。

そしてそういった自己顕示欲の高い人間ほど中身がなかったりする。



先日知っている人が転職して地方企業CTOになったそうだ。

そいつ技術力の無さをどう説明しようか、まず論理性に欠ける、悪手と言われる手法を平気で用いて何が間違っているのか理解できない。

まあ一言で言えば頭が悪いのだが、元々都内大企業ラッキーにも技術最高責任者的なポジションを手に入れていた。理由簡単、社内のエンジニア外注依存技術すっからかん社内SE集団からだ。

まあそんな口先人間採用している会社も同じようなレベル感で仕事をしているだろうし、そういった意味ではバランスがいいのかもしれない。



他にも、複数社の新規事業開発的なコンサルをやっている奴がいる。

彼は小さな会社をやっていて1年ほどで何の成果も挙げられずに倒産した。

その後、実績も経験能力も何もないのに、それなりに有名なIT企業の主要ポストを手に入れていた。どう吹聴したらそんなポジションがとれるんだ?

さらにその肩書を利用して、今では複数社の顧問をやっているとそれなりにまともなネットメディアで取り上げられていた。

元々ペテン師だと思っていたが、その力がより強くなっていた。。。



こういうやつが日本社会には多すぎる。

無益ヒエラルキーしかり、もう少し論理的社会になってほしいと切に願います


皆さんの周りにもいませんか?こういう肩書が服を着ているような人が。

2017-02-18

あの企業悪魔の巣だ

あの野郎ども慇懃無礼な態度で毎度毎度ムリを通そうとしやがって挙句ギリギリになって今回の話はなかったことにだとざっけんなよ申し訳ありませんじゃねえよクソッタレが謝って許されると思うなよ契約通りだろとか正論吐くなよ今まで散々お前らに振り回されやっとの事で整ってきた下準備をいざって時に何考えてんだよ大企業のくせにさぁコンプライアンスとか偉そうにほざいてるくせにさぁ基本的道徳すら無いのかよこんなギリギリになってそういうこと言うんかよっていうかもうやってる途中でもあるのに言えんのかよほんとにあーもうそんな事いうんだったらマジでキレたよ名刺メール署名に「◯◯◯◯株式会社悪魔企業なので取引絶対回避せよ」って書くよほんとにいや書かないけれども書きたいよちくしょうあんゴミ企業が老若男女誰もが知ってるあの大企業だよって言って回りたいよ回覧板で回したいよあんな事ほんとに人間にできる所業かよああそうかあ企業悪魔の巣なんだじゃなきゃあんなことはできないよな取引先を無機物しか思ってないあの野郎どもに天の裁きが下る事を祈る。

役員やってる会社上場した

10年くらい前に新卒で入って今では取締役を務めている会社が少し前に上場した。

私自身が一番の下っ端から役員まで広く経験した来たのだが、あまり経営実態とかけ離れている「経営とはこういうもの」みたいのが世の中で常識になってることが、従業員として働く上での不満及び経営者負担無駄に上げてるように感じていて、少しでも実態を知ってもらうことで、割とうまくいってる方の会社であっても「実態」は本とは全然違うんだと知ってる人が増えるといいなと期待して記す。

①「上場したぐらいなんだから社長凄いんでしょ?」

そんなことはない。もう10年の付き合いになるので良く知ってるし、年の離れた兄貴みたいな感じで親しみは感じているけど、明確にこの人能力高いなあと思うのは「諦めない力」くらい。空気読めないというか人の気持ちが分からないので、今ですら社長が何か発信すれば発信するほど社員モチベーションが下がるので、いつも役員同士でため息ついてる。元々エンジニア出身なんだけどエンジニアとしても決して優秀ではなかった。社長の書いたソースコードが残ってたりするんだけど、関数すらまともに使われてない超直書きの酷いクソコード

②「上場したぐらいなんだから経営幹部は凄いんでしょ?」

そんなことはない。例えば私で言えば、そもそも大学受験マーチの1個に何とか潜り込めたくらいの学力しかないし、仕事自体もそんなにできるわけじゃない。当時採用されたのも、ハローワーク求人出してくる求職者レベルが酷すぎて、面接時間通りに来た&まともに読める履歴書を提出したのが優秀そうに見えたからという酷い理由で、また出世していったのもはじめは上司が突然バックレて代わりになりそうな人がいなかったので私に回って来ただけ、その後についても昇進はだいたい上のポストにいる人が辞めるたびに穴埋めのためのたらい回し。だから経理のこと全く知識なかったのに経理部長とかやってたこともあるw

他の役員についても、正直私に劣らないとも勝らないレベル能力に過ぎないし、取引先の大企業東大卒サラリーマンとかと仕事すると、世の中にはこんなに優秀な人がいるんだあ、としみじみと感じてたりする。唯一経営幹部共通しているのは、社長悪口愚痴もいうけど、とは言ってもだらしない社長幹部以上で唯一朝定時に来ない)を生暖かい目で見れるくらいには嫌いじゃないことと、無茶な注文をつけられても、とりあえず前向きにやってみようかと思えるポジティブさくらい。入社3か月で辞めたとある国立大学法学部卒の新卒に言わせれば「無能イエスマン集団」とのことで、まあ事実無根ではないと思う。

③「上場したぐらいなんだから社員は凄いんでしょ?」

そんなことはない。そもそも上記のような私たち役員出世するくらいなわけで、逆にいうと他の社員もっと酷いわけですよ。大して優秀でもない我々よりも更に劣っているか、優秀だけど無駄反抗的だったり否定的だったりか、批判するだけで自分は何も行動しないやつか。そういうレベルは決して高いとは言えない社員たちだけど、その一方で、twitter会社悪口を書きながらではあっても、現場をしっかり支えてる人たちではある。

④「じゃあなんで成功したの?」

まず運が良かったことは間違いない。私が入ってから10年間でも3回は主力事業は変わっていて、その最後の変更がとてもうまくいった、上場できるくらいにはうまくいった。変更を主導した社長の目利きが優れていた、と言いたいところだけど、その前の2回は大失敗に終わってるし、最後のもうまくいったのは社長が言ってたのとまったく違う要因・まったく違う顧客層でうまくいったので、目利きが正しかったとは言えない。

ただ、同じようにうまくいってる会社経営者と飲みにいって話を聞くと、時価総額1000億を超えてるような会社ですら、経営マネージメントにおいては日々問題噴出・失敗ばかりみたいで、そういう酷い状況においても諦めずなんとかしようとあがき続けるうちに、なんかよく分からないけど結果的にうまくいった、みたいなのが多いようで、はじめの社長の話や、我々イエスマン集団の話に戻るけど、

チャレンジングな高い目標に向かって、とりあえず前向きにやってみて、その中で日々諦めずに奮闘すること』をやったか成功したんじゃないかと。

少し前に「HARD THINGS」という本を読んでいたく共感したんだけど、その本の記載で「CEOの成績を統計に取れば、その平均値100点満点で22点くらいだろう」「特に問題を難しくするのは、誰も平均点が22点だと教えてくれないことだ」「すべてのことに責任を負い、その結果の成績が22点では、良心に非常な負担がかかる」という話があって、なんかとても救われた気持ちになったんだよね。

経営者もまた「1人の凡庸人間」にすぎない

私が下っ端サラリーマンとして・また中間管理職として働いているときに一番苦しかったのは、ちゃんとしていてくれないと困る上司経営者がぜんぜんちゃんとしてくれなくて、そのせいで現場の実務に支障が出ることへのストレスだったんだよね。ただきっかけがなんだったか忘れてしまったんだけど、あるとき「あれ、うちの上司社長って変わってるだけでただの普通の人じゃない?」って気が付いたんだよね。気が付いて振り返ったとき上司社長に求めていたのは、とてもじゃないけど「普通の人」に求めるのは無理な「ちゃんと」だった。じゃあ、「普通の人」に求めてもちゃんと応えてくれそうな上司/経営者役割ってなんだろう、と考えるようになってから、働くのがとても楽になった。

一方で私自身が出世すれば出世するほど、昔は全然問題にならなかったような私の日々の振る舞いが、これまた部下(直接の部下だけじゃなくて他部門の部下も含む)から非難されるようになって、社長がなぜ自分取締役に抜擢するくらい信頼してくれてたのかが分かったんだよね。抜擢されなかった人たちは確かに私より優秀だったかもしれないけど、社長に「凄い人」であることを求めてて、社長からしたらそれが苦痛だったんだなと。なんせいま私が部下から同じように求められててとても苦痛なのでw

上司も部下も、もっとお互いに「普通の人」であることを許容できるように

なれば世の中の会社は今よりずっと働きやすくなるんじゃないかなあと思いつつ〆

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217104057

家の職場、まったく話題に上がらんが

本当にやるのか?また大企業だけお得なキャンペーンか?

2017-02-16

総ての人にとって平等である時間タンマリ使った老人に対して同情する必要は無い

老人は弱者ではない

 

RPGでいうところの古参プレイヤーであり

現実世界で最大の価値である時間タンマリ使い切ってるから

若者よりも高レベルなのは当たり前

その時点で経験・財力・交流カスカスなのは自己責任

 

まり老人は既に自分人生満喫しまくったんだから同情する余地がない

日本を支えた」とかも大嘘

じゃあなんで日本大企業凋落していってるんだよ

お前が支えてたはずの柱、どんどん折れていってますけど

聞くけどこういう結末予想してたの?それとも何も考えてなかったの?

何も考えずに歯車やって上の言う事聞くだけで甘い汁吸った結果が負債押し付けですよ

若者未来を託したり苦労しろと言う前になんか行動したら?

つーか老人になると弱体化すんのは普通なんだから蟻とキリギリス思い出して蓄えておけばよかっただろ

何当たり前のこといってんだ

死ぬ前にちゃんと支払ってから逝けよ

 

http://anond.hatelabo.jp/20170216104028

2017-02-14

http://anond.hatelabo.jp/20170214060105

君らの書き込み見て今気づいたけど、これって一種洗脳ワードだったんだな。

労働者社会に貢献する規則正しい模範的な人であらねばならぬみたいなイメージを植え付けるための洗脳ワードだわ。

いつ頃から使われ始めたんだろうな。

社会人って本来この辺だけでいいじゃないだろうか。

社会人皇室大企業幹部高級官僚


あとは学生労働者幼児無職主婦・老人でいいんじゃないか。

2017-02-13

就活自殺について

就活 自殺」でググると出るわ出るわ。

就活過程否定されたと思っちゃいけませんよ!中小企業に入るのだって立派な生き方ですよ!大企業だって倒産するんですよ!」みたいな慰め。

そして最後には「〜というマッチングサイトオススメ!」「〜という方法があります!詳しくはメールで!」と、なんかの宣伝

本当に苦しんでる奴からも、搾り取れるだけ絞り取ろう、なんだなあ。

悲しくなった。

「働かないママ」は第三号被保険者制度についてどう考えているのか

「働かないママ」の味方 はどこにいるのか

育児お疲れ様です。

この記事はいろんな論点がごちゃまぜになっていて、ブログ筆者の頭の中で整理されてないから結局なにを言いたいのか分かりにくいんだけど。

少なくともこれらの問題をまず整理してから論じるべき話。

はいえ、この人に一番聞いてみたいことは別にある。



日本では現状、「働かないママ」つまり専業主婦納税義務自動的免除される存在なんだよ。

(実際にはママでなくとも、子なし専業主婦ですらそう)

働かないのは別にいい。でも税金を納めてないのに税金で賄われる社会福祉納税してる人と同じく受けたいというのは、どうなんだろう。



「働かないママ」でも保育園幼稚園などの育児サポート必要とする場合があるのは理解できる。

労働環境改善されて、ブランクがあっても復職転職が容易なように、それ以前に大企業正社員とそれ以外の労働者権利平等になるようになってほしい。

ただしそういうことを論じるなら、この筆者はまず第三号制度についてどう考えているのか明示すべきではなかったか



よく言われることだけど、高福祉社会北欧税金が非常に高い。

育児休暇は父母ともに取れるしサポートも手厚いが、半年から一年たてば元の職場に戻るか別の仕事に就いて働き始めるのが普通

そしてまた独身離婚した労働者と同じ高い税金を納める。

日本のように会社員結婚したら子供がいてもいなくても税金を納めずにすむ社会ではない。

そのうえ日本では、独身で通した人より多くの年金がもらえる。

専業主婦(夫)の立場になったら子供がいなくても成長して独り立ちしても一生納税しないですむっておかしいと思わないか



念のため言っとくと、私は保守ではないし専業主婦寄生虫とか呼ぶバカどもに賛同する気は毛頭ない。

ブログ筆者は彼女なりに頑張っていると思うし、「働かない」というより「働けない」人たちまで働けなどと言うつもりもない。

でも左が強いと思われるはてなにおいて、ある種の階級制度である三号制度についてのツッコミが上記記事ブコメにほぼないのは残念だ。

福祉社会を目指すなら心身に障害を持っているなど特別事情がないかぎり国民納税義務を負うことを受け入れなければならない。

働けないのであれば夫が二人分納めるとかの提案が「働かないママから出てこない現状で「味方」になるのは難しい(そもそもなぜ、どんな「味方」が必要なのだろう?)

そして当然、納めた税金の使い道をよくよく監視するリテラシー重要なんだけどね。



すべてのママとパパが安心して育児できる社会になりますように。

2017-02-11

日系企業の悪いところ

今、私は転職を考えている。

理由はいくつもあるが、社員覇気がなく「会社をよくしよう」という気概が感じられない。一緒に働いていても先が見えてこない。

こんな環境なのはたまたまかと思ったのだが、転職活動を開始してから様々な業界会社を見ていたら似たような体質のところが本当に多い。

特に当社のような大企業に守られた子会社特にこの傾向がある。

これを日系企業と一括りにするのは間違っているかもしれないが、どこもかしこ会社には似た悩みがあって転職だけではなく自分意識改革必要なのかと思った。

しかし、覇気がある会社はあるはずだし今のままだと腐っていくのがわかるから私は転職成功させたい。

http://anond.hatelabo.jp/20170211122734

ニューヨーク資本を持つ大企業につとめている人間であることが問題じゃなくて、

増田なんかでそんな浮世離れした肩書を名乗るとき

信憑性を持たせるためにある程度具体的な記述をするもんだというのに、

そんなそぶりがないから胡散臭すぎるってことが気になるの。



精神科に行くと99%悪化する。

ってだいぶ思い切った発言

本当に治ってほしいという気があるなら

もう少し根拠を示すべきじゃないか

あの増田は「抗がん剤は毒。有機野菜を食べていれば自然治癒する。」っつうのと同じ次元だ。

2017-02-10

日本車メーカー反論だと「本社アメリカ移転しろ」と返される

アメリカで売ってる日本車ほとんどはアメリカ生産してる」という返しは良くない。

グローバル企業の建て前に国境はないのかもしらんが、出身国があるのは常識

そんなことトランプは知ってるし、アメリカ活動する大企業反論が出そろった段階で、

「じゃあアメリカ本社機能移転してください。優遇しますけど移転できない理由は何ですか。」と言うに決まってる。

その後どう言い訳するんですかね。

2017-02-08

経営者だけど育休とかについて

http://anond.hatelabo.jp/20170207202646

ちょっと関係無いけど、育休の対応名言しない方がいいよ。

若い子は特に育休しても、育休せずに働いてきた社員と同じ対応をされて当然だとか本気で思ってる子がいる。

もちろん、口に出さなくても心の底でそう思っている子も。

それをグラスシーリングだなんて言い出す。

 

で、へたに正社員で雇うとなかなか切れない。仕事ができなくて上の考えを持ってると最悪。

一人そういう子を入れると、ウィルスのようにそういう考えが伝播する。

すると他の社員モチベーションも下がるし、経営コスパも高騰する。

から学生上がりのお花畑な子はなるべく避けた方がいい。

 

もちろん少子化からというのも理解してるし、働きやす環境を整えるべきだとも思っている。

実際、真面目に働いていて、他の社員を慮れたり仕事ができる社員にはそれなりの待遇をしている。

出産祝いを出したりね。

ただ、名言してしまうと、経験上、それを逆手にとってふんぞり返る子を呼び寄せてしまう。

一番いいのは使用期間を設けて、その後正式に雇うことだろう。

国は会社国債の利子のように固定した利益を生み出すことを仮定して理想押し付けている。

余裕があれば昔のように給与を垂れ流してもいいが、現実はそうはいかないのだ。

彼らの基準でちゃんとしていない会社は潰れればいいと何も知らない人間はいう。

私自身の生活について言えば、正直いつ潰しても問題いかもしれないが、

会社にいる病気をかかえた50代60代の人間が、路頭に迷った時、生活が苦しくなるのは目に見えている。

 

会社を動かしているのはみんな人間だ。

から人の感情を汲める社員になることをお勧めする。

そういう人間には下手な大企業よりも良い待遇を与えているし、そうでない人間には行為に対してこちらも心に疑問を持つ。

あと、理想を実現できるかどうかは仕事内容にもよる。

それをグラスシーリングと呼ぶのは、過度に優遇された人間をつくるだけだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170208013346

なんか俺の認識がズレてるだけなのか? 確認なんだが、

おれの認識だと、天下りってのは、

官公庁から民間企業、もしくは大企業から中小企業にやってきて、古巣業界コネを使うことによって、仕事を取ってきたり、仕事を有利に進めたりする便宜を図る見返りに、いい役職を与えてもらうポジション処世術

なんだが。

※まあ「プラス効果」だけじゃなく、「マイナス回避する」というケースもあるだろうけど。

すると、「使えない天下り」って、そもそも存在しないと思うんだが。

完全に居るだけで役に立たなかったら普通に首切るでしょ?

生産性は発揮しないが、強力な政治力を発揮する存在だと認識してるけど。てか当社にもいるし

2017-02-07

[][][]

保護者職業1970年代から90年代まで、医師弁護士大学教授などの専門職や、大企業官公庁管理職、および中小企業経営者などの「上層ノンマニュアル」が約7割を占めている。

(中略)

20年間に、公立高校から東大入学する者の割合は70%から50%に減少した。一方、私立高校出身者は30%から50%へと増加した。

まり東大入学者の出身校が教育費の安い公立から高い私立へと移行しても、保護者職業構成は全く変わっていないのだ。

貧富の差はどこまで広がった?「格差社会」を読み解く



http://anond.hatelabo.jp/20170206102543

勉強の一番の効果は脳および心身を鍛えること

http://anond.hatelabo.jp/20170205205726

甘いなあ。

勉強特に受験勉強などの根気が必要勉強の最大の効果は脳が鍛えられることだ。何を勉強たかはあまり重要でない。勉強したこと自体重要なのだよ。

脳は若いうちに使えば使うほど鍛えられ高度化する。若いうちに遊びほうけてしまうと論理的思考力が育たないのだ。

受験勉強で勝ち残ってきた子たちはおおむね根性があり困難な仕事も途中であきらめずに工夫して何とかしようとする。だから安心して仕事を任せられるのだよ。

大企業学歴を重視するのはそういう面が大きい。

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170206125927

いや必要としていない層も調べ方が分からないとか興味持つ持たないの以前に知らないって人の方が多いでしょ

どこの大企業役員がどういうことしてて、過去にどういう実績があってどういう失敗をしたのかとか、

そういった経緯をまとめてあるサイト作れば就活生とか見るだろうし、

何か不祥事があったときにどういう企業なのか、誰に責任があるのかとか後追いしやすい調べやすいでしょ?

潜在的PV稼げる宝庫だと思うんだけど

大企業役員たちの公開情報をまとめたサイトを作れば下手なブログよりもPV稼げるんじゃない?

なんでどこもやってないの?

誰がどんな企画してるとかどんな仕事してるとか書けばPV月間100万超えると思うんだけど

http://anond.hatelabo.jp/20170206081959

自由競争・実力至上主義小説でも読めば。

低学歴大企業高収入得てないお前なんてウンコだよバーカバーカみたいなやつ。

2017-02-05

アメリカ大企業郊外大学みたいにゆったりしてるイメージなのに、

なんで日本東京一極集中してるのか

http://anond.hatelabo.jp/20170205225519

はちま寄稿ネイバーまとめも大企業運営するキュレーションも、

グーグルの大型顧客から「内容が薄くて質の低い悪質サイト」にはならんのやで。

大学生とか、20代そこらの社会経験に乏しいあんちゃんが企業しましたみたいなぺーぺーの新興メディアけが狙い撃ちされたってだけやで

大企業保護やで

はちまjinとかの2ちゃんねるまとめだって企業広告屋運営してるのなんてみんな知ってる事実だし

2017-02-04

サムスンの偉い人は逮捕されたけど、不正会計やらかしてるどこかの大企業逮捕者も出なければ上場廃止にもならない

2017-02-03

ITベンチャー面接受けてみろよ

大企業儀式紛いの面接疲れたやつはITベンチャー一回受けてみろよ

 

・まず会社説明をとても丁寧にしてくれる。時間の半分くらいは会社説明

・「志望動機は?」「自己PRは?」なんてまず聞かれない。自然な会話の流れでそういう話になることもあるけど

あくまで実績とどうしたいかを聞かれる

・3割くらいはほぼ雑談

・「面接」と言われることが半分くらい、「面談」って言われることも多い

社員+人事 → 社長 の2回が平均。最短1回で決まる

 

こういうのでいいんだよこういうので、って思えると思う

もちろん断られることもしょっちゅうだけど

基本的立場は対等か、下手すると受ける側の方が上になるから

 

大企業のアレは何なの?

 

※一応言うと中途ね 新卒だとちょっと違うのかも

2017-02-02

http://anond.hatelabo.jp/20170201214330

大企業なら働いてないやついっぱいいるじゃん

社会人って、案外楽しいんだよっていう話。

社会絶望していた学生時代自分と、こんな話を聞きたいとリクエストをくれた若い友人に向けて書く。



アラサー社会人、男。これくらいが今の自分スペックだ。あとは厨二か。遡ること10年前くらい、学生だった頃の自分は、社会人になるということに多くの不安や恐怖を抱いていた。働いていくなんて出来る気もしなかったし、生きていくこと自体希望なんて特になかった。今振り返ってみれば、その当時の自分が得ていた社会に対しての多くの情報が間違っていて、その結果としてありもしない不安や恐怖を社会に対して抱いていたんだと思う。実際はそんなことはなくて、もっと気楽だし、楽しい



「死んだ魚の眼をしたようなサラリーマンになりたくない」、といったことは誰しもが思うのかもしれない。私もご多分に漏れず、そんなことを感じていた学生だった。学生だった当時の自分が触れることのできた社会人は、結構限られた人種だったと思う。親や親戚、学校や塾の先生、あとはそれこそ電車で見かけるような死んだ魚の眼をしたサラリーマン達、くらいだろうか。その上で、彼らの直接の本音なんて聞ける機会はほとんどなかったように思う。それゆえに、巷で溢れていた「社会人は大変」だとか、「働いたら負け」だとか、「こんなんじゃ社会に出たらやっていけない」といった言葉に対し、あまり疑問も持たずに生きてきてしまっていた。身近にいる彼らは大変そうだったし、その言葉裏付けるには十分だったから。今思えばこれらの言葉は半分正解だと思うけど、半分は完全に的外れだ。



社会人は大変。個人的感覚でいえば、どう考えても学生の方が大変だった。朝から晩まで学校に行って、その後にバイトに行って、なおかつ遊ぶとか、今考えれば異常だ。社会人なんて程度の差があれ、所詮から晩までちょろっと働くだけだ。学生と違ってストレスフルなことが多いようにも感じられるが、これらはだいたい対人関係ストレスだ。その意味では、学生時代と大差ない。明確ないじめとかが少ない分、学生時代よりは幾分かマシだ。



楽しい会社なんてない。これは、半分は本当だけど残りは大嘘だ。自分転職したり仕事に対して色々試行錯誤するまでは、たいして楽しくもなかったし、さっさと辞めてしまたかった。とはいえ、色々突き詰めていった結果、すごく快適になった。変な話だが、友人と雑談しに行くレベル気持ち会社に行ってお金がもらえる感じだ。楽しくない会社は、たいして仲良くもないグループに入って昼飯を食べる時の感じと似ている。その上、グループに入るまで誰がいるのかもわからないっていうところがミソだ。合わないグループだと悲惨だ。合うところが見つかるまでは、探し続けるしかない。もしくは、合わないグループでひたすら愚痴を言うかだ。



社会でやっていけない。これは、完全に嘘だ。大体のことはなんとかなる。多少のミスなんて、だいたい笑って許してくれる。というよりか、世の中はミスばっかりだ。大人もみんな毎日間違ってばかりだ。それでもみんなが幸せ暮らしていけるように、いろんな仕掛けがある。過去や今の人々が、ミスしてもなんでもみんなが生きていけるように、色々と整備してくれた結果だ。だから、こんなんでも社会でやっていける。



会社を辞めたら生きていけない。これも完全に大嘘全然余裕で生きていける。私は平凡だから会社依存するしかない、的なことも耳にするが、だいたいの偉い人も平凡だ。多くの起業家大企業/中小企業管理職に会ってきて思うが、人間の性能にそんなに大差はない。あるとしたら、その物事に向き合った時間多寡くらいだ。だから、なんとでもなるし、安心して欲しい。



過去に聞いたような言葉適当に書き連ねてみたが、だいたいこんな感じだ。一種の僻みや、若者に対しての見栄/優越感、そんなものが生み出した悪しき言葉達だと思う。だいたいなんとかなるし、だいたい楽しい。その前提にあるのは、日々をちゃんと生きるということなのだけれども、そこさえちゃんとやっていれば、誰かが見ていてくれてるし、誰かが拾ってくれる。社会は案外優しい。



社会人については辛い面が語られることが多いが、楽しいこともちゃんとある



お金がある。なんだか当たり前のことを書くが、まずはこれに尽きる。物欲次第ではあるが、たいていのもの自分で買えるようになる。美味しいお店に行ける機会も増える。それなりの企業に入れば、ボーナスで百万とかはわりと普通だ。何をするか、誰とするかでお金の額自体は変わってしまうのだが、多くの場合金銭的な余裕は増える。それだけで、楽しめることは多くなる。



普通に長期休暇は取れる。学生時代しか長期旅行のための時間が取れない、なんて言葉をよく耳にするが、これは完全に間違いだ。ある程度大手企業に入れば、10連休くらいは普通に取れる。大手企業じゃなくても、仕事を辞めれば普通に時間は取れる。さすがに30年間の長期休暇なんてことは資産家じゃない限り厳しいが、数年に一度数カ月程度なら、転職ついでに休みを取れば全然余裕で取れる。有給もある程度溜まっているだろうし、溜まってなかったとしても貯金を叩けば問題ない。このあたりは、休みを楽しむことにどの程度の優先順位を置くかで話が変わるが、休みたいと思えばいくらでも休めるというのが本当のところだ。だらけた後は、しっかり働けば問題ない。



世の中が身近に感じられる。これは、社会人になってしばらく経つまでわからなかったことだが、一番良かったと思えることだ。歳をとっていくと、今までは遠くの何かだったテレビ雑誌アプリ建物なんてものの作り手の多くが、友人だったり友人の友人になっていったりする。このサービスってあの人が作ったのかとか、この本ってあの人の昔の上司が書いたのかとか、そんなことがわかるようになると、世の中がもっと身近に感じられて、楽しみがどんどん増えていく。遠かった社会が身近に感じられて、誰かの社会だったもの自分ごとにどんどん置き換わっていく。多分この感覚が、社会人で一番楽しいことなんじゃないかと思う。



社会は誰かの仕事でできている。どっかのCMコピーだが、まさにその通りだと思う。今楽しんでいるゲームや、綺麗だなと思う建物、美味しいなと思う料理可愛いなと思う服。これらは全て、誰かの仕事の結果だ。こんな素敵なもの達があるのに、社会が楽しくないわけがない。そこで働く社会人も、多分きっと、楽しいはずだ。そんな目で世の中を見てほしい。きっと、何か違うものが見えてくるから



社会って素敵なことの方が多い。そう信じてるし、これからもそうであってほしいと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん