「エクセル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エクセルとは

2016-05-25

なんでもかんでも人工知能とかAIって言うのをやめろ。

ただの流行語だとは思うけど、なんでも人工知能とかAIとかって言いすぎ。

それをAIって言うんであれば、エクセルイルカだって立派なAIだぜってのがAIと呼ばれたりしてる。

ほんでもって「人工知能仕事が奪われる。」みたいな記事が書かれたり。

からある普通ソフトウェア代替可能仕事だろ。

2016-05-22

組織規律こそ最重要」主義と、「腕力じゃないものは全部知性」と

http://togetter.com/li/977952

日本サッカーの低迷の原因は、長所理解せず、短所武器に戦おうという愚かさに集約されている。 - Togetterまとめ


このまとめについてなのだが、サッカーの事はあんま詳しくないのであるが、身近な観測範囲で常に思うのは、「みんな『自分判断して行動を起こす』という事を、間違えたら手足もがれるほどの重罪に値する位の感覚で非常に重大に捉えているんじゃないか」という事と、「『頭を使う』という事と『技術を使う』という事を混同している」という事であるのです。


不肖増田制作系のお仕事で、企画営業ではない内勤のポジションをしているのであるが、同じ事の繰り返しばっかでつまんねえなと思い、ある日、勝手企画を作って営業プレゼンをして、まあオマケの小企画として採用になった。


その事を後輩ちゃんに自慢した時に帰ってきた言葉が、「勝手な事するなってやな顔されないんですか?」であった。

されねえよ。

されないように考えて作って、「これこれこういう風に話持ってきゃ、営業の力で何とかなんない?」って道筋かんがえれれば相手もこっちの絵図に色つけて動いてくれるっつーの。


誤解なきように言っとくと、後輩ちゃんは素直で才能あふれるいい子であって、白痴でも無能でもない。

しかし、「自分判断する立場になく、立場にない自分が『判断する』のは規律を乱す重罪である」と思い込んでるようなのだ


また、かつて職場は常に人手不足であった。

その時にどうすべきかを話し合った結果は、だいたい「コミニュケーションをちゃんととろう」「作業効率よく行おう」であった。

具体的な何かが生まれると言うより結局「仕事に対する向き合い方の問題」に回収されるのであった。


増田は別の後輩くんに言ったね。

「俺らさぁ、技術は使ってるんだけど、頭は使ってないんじゃないの?」

そもそも、部署では人日仕事量の計測も予測も立てて無かった。

なので、簡単エクセル様の表を作って予測を立てただけで、無茶苦茶作業分担はだいぶ減った。

今でも後輩くんたちがそれを使っていると知った時、長く役立つものを作って嬉しい反面、「君らいつまでそれ使ってんだ。そんなふっるいものより改善したもの作りなさいよ」と思った。

なんつーか、腕力以外はざっくり「頭を使う」でまとめられてて、「技術」と「知的作業」に違いがあるって事をそもそも考えてない様なんだよな。


こういった事は、サッカーにもあるのかもしれないなー、などと身近な観測範囲から思いました。

ちなみに増田ラグビー好きです。

頑張れフィルヨーン、伏し目がちで妙に小刻みなピッチで走る君にサンウルブズはかかっている!

ADHD就職ができないって言うけど

仕事してる多くの人、特にいわゆる干物女なんて正にADHDのものじゃないか

仕事しながらその最中ADHDと診断されるケースもあるというのだ。

まり矛盾してるじゃない。

これはあれか、発達障害の中でADHDの人が就職希望したら就職が出来ないって判断なの?

それともそういうのは関係なく、そもそも発達障害者への仕事受け入れ準備が出来てないだけなのか。

少なくともパナソニックエクセルスタッフやサラヤ、近畿鉄道などの会社は受け入れ準備が出来てないからと

電話お断りがあったから、多分そういう事なんだろう。

仕事の受け入れ準備がまだこれからだという場合は期待が持てるが、

そうじゃない場合はどうしたらいいんだろうね。

このまま障害年金を受けろって言う人がたまにいるんだけど、残念なことに

ADHDでは障害年金申請却下されるんだよね。

これアスペルガー症候群も同じで未だに障害年金下りない。

その上に就職もできないんじゃあ、八方塞がりだよ。

何だよ、活躍できないじゃん。

日本死ねと言いたいのは本当ならこういう人達の方だよね。

2016-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20160521192940

カシオJS-25の再販売を熱望している俺に謝って欲しい

  

しかエクセルと比べるなら加算器じゃなくて電卓全体じゃん

2016-05-19

勉強が苦手な人のたった1つの共通点

今まで多くの人間を教えてきた中で、勉強ができる人間とできない人間の間に発見した共通点が一つある。

勉強ができるできないというよりは、その物事習得できるかできないか境界線といったほうがいいかもしれない。



結論から書くと、それは「知る」ということを怠ることだ。



知らないなら勉強ができないのだから当然だと考えるかもしれない。

では聞こう。

あなた習得しようとして諦めた分野に対し、あなたはどれほどのことを知っているだろうか。」



例えば英語はどうだろう。

あなたはどれだけの英単語を知っているといえるだろうか。

ここにprepareという単語がある。

あなたはこの単語を知っているだろうか。

ここで大切なことは、意味がわかるとか発音がわかるとかということではない。

重要なことは知っているかどうかということなのだ。

逆に、発音だけ知っているのでもいい。



ではエクセルの使い方ならばどうだろう。

あなたはどれだけの関数エクセル機能を知っているだろうか。

それを知ろうとせず、自分のやりたいことばかりを解決したりしていないだろうか。



今まで見てきた勉強が得意な人間は、何かを習得しようとした時に、とにかくまず知ることに徹するのだ。

逆を返せば、知りもしようとせず突然答えを求めてくるのは、勉強が苦手な人間だといっていいだろう。



習得には段階がある。

それは、「知る→わかる→できる」という段階だ。

しかし、勉強が苦手な人間は突然”できる”に達しようとばかりしてくる。

からいつまでたってもできないし、できても忘れてしまうのだ。

例えばエクセルの数式一つを覚えたとしても、全体の関数を知らないから応用が聞かないし、エクセルに対する理解は一向に進んでいかない。

なぜなら、それはエクセル理解しようとしたのではなく、その数式を覚えただけに過ぎないからだ。



ここで英語勉強に戻るが、もし本当に英語というもの習得したいと思った時、あなたはどれだけ英語全体像を知ろうとしていただろうか。

どれほどの単語文法があって、会話にどの程度現れて、どんな場面で使われているか

まずはそれを知ろうとせずして、英語勉強としようとしたところで、それはただ、その会話や状況のやり取りを記憶したにすぎないのだ。

よく数週間から数ヶ月程度で英語習得できるなどとする教材があるが、英語全体像を考えればその期間では”知る”に達することすら不可能であることは明白である

まりこれは、英語全体像を知らない、もしくは習得のために全体像を掴む必要が有ることを知らない人間を騙すための常套テクニックといっていいのだ。

それはそうだろう。

習得できないのをやり方のせいにして、やり方さえ変えればできると騙そうとしているのだから



さて、これを読んでもう一度英語習得チャレンジしたいという人がいるならぜひはじめて欲しいことがある。

それは、わからなくてもいいからまず1ヶ月間、とにかくヒアリングだけを徹底的に行うということだ。

例えば10分~20分程度の文章を、できれば日常会話のように話題が展開していくものがいい。

それが終わったらはじめてその英文和訳を目にしてもらいたい。

すでに音として知っているもに対する理解は、知らなかった時に学ぼうとした時とは雲泥の差だということに気がつくはずだ。

そのちがいを実感できたなら、一つ一つのステップを確実に習得しようとするのではなく、とにかくわからなくてもいいから教材を何周も何周も回ってみることをしてもらいたい。

そうすれば、これから学んでいこうとする全体像をつかむことができるし、一つの内容に対して、まるで網の目のように理解がつながっていくことが実感できるはずだ。



何を胡散臭い話をと思うかもしれない。

ではここで、例えば子供言葉を覚えていくプロセスを考えてみて欲しい。

子供の周りには大人同士やテレビの中からなど、常に色々な会話が絶えないはずだ。

子供ははじめ、それを意味もわからずに耳にしているのだ。

そうして、そこに言葉があることを知り、どんな言葉が使われているのかを知る。

次は自分で使ってみようとするはずだ。

その時はじめて意味を考え、時に人に尋ね、時に自分で使ってみて正しいかどうかを確かめる。

そうして繰り返すうちにその言葉自分のものとなり、その時はじめて習得したといえるのだ。

まりこれが、習得のための自然プロセスなのだ



これはどの分野でも同じである

例えば仕事を身に着けたい時、その仕事にはどんな内容があるのかまずは一通り知ろうとすることが大切だ。

だれがどんな仕事をしているのか、それぞれの意味とは何かを考えればいいのだ。

そうすればいざ自分がその仕事習得しようとした時、その結果に何を生み出せばいいのかも見えてくるはずだ。



人の性能はそれほど違いがあるものではない。

どんなに優れた人間でも、”知る”というプロセスを経ずして突然物事習得できるはずはないのだ。

ときたま現れる突然習得できる人間は、何の事はない。過去に同様の分野を経験していて、それに置き換えているだけにすぎないのだ。

それならば、問題があるとすればそのやり方だ。

何事も勉強するのが苦手な人は、まずは”知る”に徹してみるといい。

今まで苦手と思えていた原因がすぐに分かるはずだ。

それは、自分が楽をしようとしていただけに過ぎないということに。

2016-05-08

Excel記事を書いたらブクマの嵐ってマジ?

はてなブックマークエクセル流行ってるみたいだけど、どうなってるの?

VLOOKUP関数を書いたブログブクマが1000超えてるし空前の大ブームだろ

2016-05-07

小学校プログラミング必修化について思うこと

僕は小学4年男児もつプログラマ



僕の場合ワープロからはじまり、物置に眠っていたBASIC機をいじり倒し、叔父から譲り受けたDOS機をいじり倒し、小学高学年の頃にはプログラマになることを決めていた。

そんな僕も今や一児の父だ。定時で帰れる日は息子に勉強を教えている。彼の理解力や興味に合わせた手書きドリルを作って、学校の授業ではわからなかったところをサポートしている。今では満点をもらえることも増えてきた。同僚に技術指導をする機会が多いが、当然ながら息子に教えるほうがはるか簡単だ。



そんな僕が思うこと。



プログラミングを必修化したところで成果は得られない。



プログラミングに入門させるくらいならエクセル教室でもやったほうがいいだろう。どんな業界でも表計算必須と言えるし、興味があれば思うままに使って遊んで覚えてくれる。子供に教えられる家族も、それなりにいる(期待はできないが)。

ちなみに、表計算は、プログラミングエッセンス必要とする。変数、条件分岐、繰り返し、関数、これらはどのようなプログラミング言語の基礎となる概念だ。



さておき、プログラミングを教えるとして、どんな言語だろうが、"Hello World" がはじめの一歩だろう。その次は変数変数を教えるのは難しい。「箱に入れる」という比喩理解できる子とできない子に分かれるだろう。四則演算と同様に、ここでつまづくと先はない。それからも、条件分岐、繰り返し、配列関数、ここまで来れるのだろうか。

プログラミング言語は覚えたとしても、論理の組み立てができなければ、モノはつくれない。言語を覚えることと論理を組み立てることは、必要とする能力が違う。単語を覚えたところで、ネイティブと話すことはできない。人間ならば、単語だけでも曖昧さを補完して理解してくれるが、プログラミング言語は書いた通りにしか動かない。おそらくプログラミングに苦手意識を持つ子供が増えるだけだろう。



プログラミングより先に、外国語教育を充実させたほうがいい。

そして、基礎的なIT教育をするのなら、表計算のほうがいい。

2016-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20160502160224

つうてもエンジニアに対して「PCスキル」ってだけだと主語大きすぎで話にならんがな。

ワードエクセルPCスキルだとしてるような所は寧ろ少数派やろ。

2016-04-25

自動化したら100%大丈夫だっていう根拠は?って言われて愕然とした

そんなんだからいつまでたってもエクセルなんだ

そんなんだから・・・そんなんだからァッ!!!

修正してやる!!!!!!!!!!!111111111

2016-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20160418101157

良い話のフリをしてるけど、体よく社会奉仕するコーダになるよう打つあたり、タイトルに偽りはない。

特定プログラミングに特化しすぎていて話が広がらない。

打たれた杭に、エクセルマクロ作り極めて楽しいかと小一時間問い詰めたい

いや、まあ、楽しいだけど……って、そうじゃなくて、フロントエンドのごくごく小さい領域ハローワールドして満足するなよ。

もっと広い世界を見に行け。

[]「「エクセル見て」」なぜ?

A「エクセル見て」

B「えっ?」

A「エクセル見て」

B「?」

A「エクセルを見て」

B「エク…?」

A「エクセルを見て」

B「…?」

A「エクセルを見ろよ」

B「なに…sル?」

A「エクセル!」

B「えっ?」

A「エクセル!」

B「?」

A「エクセル見て!!」

B「…?」

A「エクセル!!!

B「えっ…」

A「エクセル見て!!」

B「…?」

A「…」

B「?」

A「!!!!!」

B「!!!!!」

2016-04-18

9ボタンマウスにしたらめちゃくちゃ捗った

ゲーミング市場が受けてるけど、どちらかというとオフィスワーク向け。

自分が買ったのはlogicoolの3000円しないやつ。

「右左、スクロールクリック、戻る、進む」dpiチェンジとか付いてるのもあるけど、これがいわゆる5ボタンマウス

これ以外に、さらに4つのdpiチェンジ含む)ボタンがあるマウスを買った。



それぞれの割当は、ctrl、shiftコピーペースト

これを割り当てるとどうなるかというと、キーボード十字キーに片手をおいたままファイル整理ができる。文章校正の時にdelとback spaceにおいたまま修正ができる。など、片手を常にマウスにおいたままでも色々な仕事捗るようになる。

ついでにこれを期に、キーボードを小型のものにした。

テンキー付きのフルキーボードワイヤレスにして、普段モニタの横に立てかけてある。

なんとこれによって、デスクのスペースがかなり広くなり、ノートを開いたままでもPCで色々と作業できるようになった。

9ボタンマウスと小型キーボードコンビネーション最強。

エクセルがしがし使う仕事以外、フルキーボードの出番はほとんどない。



ちなみにエクセル使う人は、コピペのかわりにF2とenterを振り当てると便利かも知れない。

ctrlとshiftって、身体に埋め込まれてもいいやってくらいに便利なのに未だにキーボードから独立できないのっておかしいよね!

2016-04-16

富士通20年勤務している側から見たお話

富士通退職した話」を読んで、20年近く努めている側から感想と疑問について書いてみたいと思います


山奥の工場

私も、情報科学大学時代専攻した後、新人で山奥というかむしろ雲の上にある天空工場に勤務してメインフレーム関連の仕事をしていました。

その工場に配属される新人は(希望すれば)寮に入るわけですが、高専卒は工場敷地内にある山頂の寮で二人部屋、学士卒は山の5合目にあるアパートの一人部屋、修士ドクターは街中にあるマンションという感じでした。

街中の下界から工場がある天上界への通勤バスで移動することになるのですが、わたしは、バスディーゼルエンジン排気ガスが苦手なので、頼み込んで工場敷地内にある寮にしてほしいと願い出て、山頂の寮に特別に入れてもらいました。そもそもが2人で一部屋なのですが、学歴関係か私は一人で2人部屋を使わせてもらっていたため、ものすごく広々と部屋が使えました。

わりと頼み込めば、人事や勤労も柔軟に対応してくれる会社という印象です。

メインフレームというレガシー業務

20年前でさえ、メインフレームは古いというイメージがありました。

ただ、私は古臭い部署に配属されたことは不幸とは思いませんでした。電話からスーパーコンピュータまで幅広く扱っている世界でも稀な会社に入ったからには、いろんなことを経験してみたい。

そのためには、そろそろ絶滅してしまいそうなメインフレームを今経験せずにいつ経験出来るのか?くらいな感じでむしろラッキーくらいに考えていました。

最新の流行を追いかけるのもそれはそれで面白いが、そういったものは出来合いのライブラリを組み合わせて流行を少し遅れて追っていく2位集団であるし、やりたければ個人で家でも出来るじゃないか程度の感覚です。



自分意見が割と通る環境

ただ、せっかくメインフレーム部署に来たのですが、私の担当ワークステーションで動作するUNIXPCでの開発が主体でした。

そもそもが、メインフレームを扱っていた部署ですから、先輩の人達はあまりUNIXPCに詳しくなかったので、大学UNIXPC経験した新人が入ってきたことは非常に重宝されました。

その部署では開発言語は、社内の独自言語(Cよりもさら機械語に近い言語マウスグラフィカルに操作してコーディングする言語)を使っていました。もともとはメインフレーム用の言語なのですが、UNIXワークステーションPC用にも

その言語コンパイラはあり、あわやその言語UNIXの開発する羽目になりそうだったのですが、私は猛烈に反対して自分意見を通しました。当時はJavaRubyなどの言語は無くCが全盛でしたが、

その部署の開発メンバーはCをほとんど知らなかったのです。そこで、社内のカイゼン活動として、C言語勉強会を開くことを提案し私が講師になってC言語メンバー習得してもらい、

PCUNIXでの開発は独自言語ではなくC言語を利用することを認めさせました。

元の増田の方は、自分エクセルVBAソースが見れない立場のようだと言っていましたが、ソースをみようとしたらシートにロックがかかっていたのを見て諦めてしまったのではないでしょうか?

元のEXCELを使った業務が非効率であるならば、業務改善活動として提案すれば、それを拒む上司というのはちょっと考えにくいです。

忙しい部署にも、改善活動ノルマが課せられるのですが、先輩はそういったことに関わっている時間が中々取れないので新人がそういった仕事をやると宣言しても拒むのはまずありえません。


案外苦労するゼネコン

下請けプログラマーからみると富士通のような会社中間搾取していて高給をとっているのに、仕事は丸投げという印象があるでしょうが、実際やってみると案外大変です。

私は、富士通本社SE的な立場グループ会社に出向して、そこから顧客先に派遣される4次受け5次受けのプログラマ両方を経験しましたが、はっきりと下請けの方が精神的に楽と感じました。

商売や、自分でやっているわけではない人に依頼した仕事について、責任をとるのは非常に苦しいものがあります。そもそもプログラミングはとても楽しいというのもありますが。

異動の希望はまず通る

私見ている範囲では違う部署に異動したいという希望100%通りました。異動を希望しているのにその部が解散するまでその部署にいる羽目になった人など見たことがないです。

もちろん、「プロジェクトが佳境で君に今抜けてしまわれては困る」というケースはあるのですが、IT業界プロジェクトの開発周期は年々短くなる一方ですから、割と早い段階で異動の希望は通る感じです。

もとの増田の方は巨大プロジェクトだったので大量の人がいるわけですが、こういった部署は異動の希望は通りやすいです。

なぜなら、新規プロジェクトで最も忙しいときは大量の人員を動員しているわけですが、バージョン2、バージョン3あるいはメンテナンスフェーズに入ればそんなに大量の人員必要がないので、会社としてもその部署人員を異動させたいわけです。

けれど、プロジェクトで中核の技術を担っているようなメンバーマイホーム天上界に立ててしまったメンバー、新しい仕事対応しにくい高齢メンバーは異動させにくいので、

EXCELをいじっているだけのような新人は異動の希望が通りやすいのです。

もとの増田も、もう少し我慢していれば希望が通った可能性は極めて高いですが、プロジェクトが佳境でまだ新人で入ったばかりといった状態では、もう少しその部署で頑張れと言われるだろうと思います

ただし、異動先の都合もありますので、ここから出たいはほぼ100%通りますが、あそこに行きたいは必ずしも通りません。

今更「京」スーパーコンピュータをやりたいといっても、人気部署ですし、プロジェクトの最盛期は過ぎているのでその希望が通る可能性は低いでしょう。

嫌な上司はすぐにいなくなる

色々な部署がある大きな会社では、管理職クラスは頻繁に異動が起こりますから、嫌いな上司はわりと直ぐにいなくなります。小さい会社だとそもそも部署が開発部と人事部営業部しかないというかんじなので、上司がやめるか自分が辞めるまで、嫌な上司と付き合う羽目になりがちです。


入社時の部署希望のコツ

新人研修期間が終わった後、人事の面談のチャンスがあるのですが、そこにはコツがあります

「おおざっぱにはっきりと希望を言うこと」です。

いちばん最悪なのが、大学での研究を話し、それを活かせる部署に行きたいと話すことです。

人事の人は技術には詳しくないですから研究内容が最先端であればあるほど、人事の人には通じないです。

キャッシュコヒーレンシが。。とか話すと、「よくわからないけどこの人は基本ソフトウェアに向いているのかな?だったら、自社でOSを開発しているメインフレーム回そう」という感じになってしまます

それよりは、人事の人が、会社組織のどの部署に配属すればいいかわかりやすいように、おおざっぱに希望をいうことです。

例えば、

上記のことを強い口調ではっきりというのが良いと思います

そのうえで、できれば○○製品をやりたいだとか、こういった業種のSEをやりたい等の希望だすと、どの部署に配属すればいいか相手にも伝わり希望が通りやすくなります

私の同期で入社して新人研修で山奥に配属されたバブル時代末裔のようなおねーちゃんとか、数人は、割とはっきり希望をいって、下界に戻っていきました。

2016-04-14

[]4月14日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり三つ(ツナマヨ和風ツナマヨ、とり五目)

○夕食:パン三つ(クリームウインナータマネギジャガイモ)、手羽先



調子

むきゅー!

昨日も書いた通り、画面をマウス操作して、プリントスクリーンキーを押して、

マウスエクセルを開いて、コントロールとVを同時押しする作業を、300回ほど繰り返すだけの簡単なお仕事をこなした。

(定時に終わり切らなくて、30分だけ残業した)

明日は違う作業なので、頑張るぞいや。



○バトルボーン

今日からオープンベータが始まるので、プレイ開始!

まずは、ストーリーモードを一人で遊んでみた。

操作キャラは「ミコ」というキノコキャラ

うーん、普通な感じかなあ、射撃グレネードって感じで普通だし、あーでも回復ポイントを設置したりするのは楽しいかなあ。

と、オフラインモードは可もなく不可もなくな感じ。



次は同じストーリーモードを、オンラインの五人モードプレイ

すると、超楽しい

ミコさんは味方に狙いを定めると回復レーザーを出せるんだけど、これが超超超超楽しい!!!!!!

味方の体力を見渡しつつ、ほどよい場所回復ポイントを投げ入れ、

ポイントから外れた味方をレーザー回復させる!

この「戦場コントロールしてる感」がたまらない!!!!!

僕はハッピーウォーズというゲームでも、僧侶をメインにやってたんだけど、

その時は回復よりも建築ってスキルのために僧侶をやってたので、この回復戦線を支える楽しさは、初めてな感じ。



ただ、難点は、一回のプレイ時間がかかることだなあ。

40分ぐらいかかるから最初のうちは楽しいけど、慣れるとダレて楽しめなさそうだ。

購入はもう少し考えようと思う。

2016-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20160413220622

F社のエクセルパスワードは64文字で設定されているので解読はほぼ困難だよ

Libreofficeでひらくと、パスワード設定されているVBAソースも読めますよ。

VBAコードを読む方法はいろいろあるのに、それをしないということで、だいたい察しが付きます(´・ω・`)

http://anond.hatelabo.jp/20160413215021

F社のエクセルパスワードは64文字で設定されているので解読はほぼ困難だよ

自信がなさすぎて人生損ばっかり

自分に自信がない

そのせいでなにか誘いがあっても「自分にはできないかも…」というのが先に立ち、チャンスを逃しまくってきた。

当然面接は苦手。

エクセルは使える?」と聞かれても

はい普通程度には…」とか歯切れ悪く言ってしまう。

特技なんてない、聞かれても困る。

御社のお役に立てるようなことができる気がしない。

おかげでもう30になろうというのにバイトしかしたことない。

能力は、職場邪魔にもならずすごくもない、普通、だと思う。

すごく実力があれば黙ってても誰か引き上げてくれるんだろうけど、そんなこともなく。

コミュ力普通。話をするのは好きな方で、人にこういう悩みがあると話すとびっくりされる。

特に自分資質関係ない話してるときは堂々とというかちゃんと話せるから

とにかく自分アピールや挑戦ができない。

でも自分の憧れるような人々はチャンスが降ってきたらできるかどうかなんて考えず「やりたいです!」と即答できるらしい。

いいな、そんなふうになりたい。

掃除夫を立派にこなしていれば掃除夫のままにしておくはずがない

のは昭和どころか前々世期までの話だろ

「弘法、筆を選ばず」

職業に貴賎なし」

どちらも嘘なのは周知の事実

エクセルで有能さをアピール()とか昭和トレンディドラマにも出てこねえよw

http://anond.hatelabo.jp/20160413023627

旧来型の大企業は若手新人にいきなり責任のある業務を負わせない。

最初の数年はバイトでもできるような仕事やらせて、社内・社外に馴染ませる。

そのあとバイトリーダーのような仕事やらせて、人の上に立つ経験をさせる。

かつて非正規人材が今ほど使われていなかった時代の名残り。

今は、この辺りの仕事非正規人材に丸投げしてしまうことが多い。

旧来型の大企業はそれをしない。自分は良いことだと思う。

30代になって、これまでの仕事が認められたら、ようやくイメージしていた「正社員」の仕事やらせてもらえる。

給料も一気に上がり始める。

40代になれば自分裁量責任のある業務ができるようになる。

自分裁量で部下となる人材を登用できることもある。

ここまで来ると仕事が楽しくなる。脂の乗り切った時期と言われる。


30手前で独立してしまった自分としては、今となっては、この仕組みは素晴らしいものだと思う。

自分もこの仕組みに乗っていたら、と思う。

でも、当時、この仕組みが何時までもつか疑問を持っていた。

会社寿命自分寿命とどちらが先か。

あとは、自分仕事が認められなかったら、30代になっても、いつまでもバイトのような仕事をし続けることになる。

そういう先輩を沢山見てきたのも事実であり、自分がどのコースに乗るか不安があった。

認められる認められないは数字の成果ではなく、その時の景気状況の影響が一番大きいのも怖かった。

40近くになり、空になったウォーターサーバ補填をする仕事だけをして1日過ごしている先輩もいた(社内が広いので何箇所もある)。

20代を過ごした部署不景気でなくなり、当時の上司はいなくなり、総務という名の雑務に転属させられ、プリンタのトナーの交換やら紙の補充やら発注やら。

年齢的にも給料的にも辞めるに辞められず。

本人に能力がないのだと言われたらそこまでだが、20代バイトでもできるエクセルいじりの仕事だけをやらされ続けてきたツケでもある。

クライアントから電話がかかってきたのでここまで。

独立すると精神的にかなり辛くて、長いものに巻かれていた頃を懐かしく。

http://anond.hatelabo.jp/20160413023627

会社への文句を言っているうちはなんも出来ないだろ。

そのエクセル使っての仕事も満足に出来ないような人間だと判断されて

自分能力に見合った場所に配属されただけで、その現実を受け止めないとなんも始まらない。

能力ない人間が間違っていい会社に入っただけ

VBAは誰かの愛で動いている

エクセル関数で出来ないことはVBAの登場である

我々のような事務職にとって、VBAですら使いこなすことは

必ずしも良い結果をもたらさない。

"専門職ぶっている"

"自分範疇のことしか興味がない人"

"可愛くない奴"

こうみなされる危険性がある。

自動記録でのマクロ保存はOKだ。

もしくは、ネット上の誰かのコメントちょちょっと修正する。

Dim 愛 as String

Dim Japanese as Variant

'愛・覚えていますか?

おれのマクロが動いているのは、ヤフー知恵遅れの住人のおかげだ。

みんなありがとう

2016-04-05

写真ファイル転送するために、なんでいちいちエクセルに貼り付けて、XLSを送ってくるのか問いたい

2016-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20160403200319

ドキュメント作成エクセルを使ってしまうような会社しか働けない自分コンプレックスを持ってる。

excelなんて使わせるんじゃねーよ」って文句言いたいけど、ヘボいところでしか働けないっていうのが負い目だから他人事みたいに「エクセルw」ってあざ笑ってる。