「拘束時間」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 拘束時間とは

2014-07-28

原発賠償業務の概要実態

私は福一原子力災害の賠償業務に携わっている。本エントリーでは賠償業務の概要実態について書きたい。



賠償の流れ

被災した個人・法人へ『請求書冊子』が東電から送付される。被災者はその請求書冊子に必要事項を記入し、領収書決算書を添付して東電に送り返す。

請求書冊子の返送先は大手町東電オフィスになっているが、実際に書類が届くのは東京ビッグサイト近くに建つ『有明セントラルタワー』だ。

請求書冊子は有明セントラルタワーに届くと、開封・書類の仕分け裁断・スキャニングされる。電子データ化するのだ。書籍自炊想像してもらえれば当たらずといえども遠からずといったところか。

作成された電子データサーバーに保管される。

審査業務は有明門前仲町ヤマタネビルで行われている。専用ネットワークを通じてサーバーアクセスし、電子化された書類をパソコンの画面で見ながら審査を行う。

審査が終わり、東電責任者が判をつけば被災者にカネが振り込まれる。

以上が賠償の大まかな流れだ。



賠償業務に関わっている法人

表向きは東電が賠償処理をやっていることになっているが、実態は異なる。

まず賠償業務は『トッパン・フォームズ(以下、TF)』という凸版印刷関連会社に丸投げされる。ちなみに東電は『随意契約』でTFに仕事を任せている。どれだけのカネ(出どころは税金電気料金だ)がTFに流れているかは分からない。

さらにTFはJ-SCubeとアデコヒューマントラストヒューマンリソシアに業務を投げている。除染作業が二次三次に投げられるのとそっくりだ。

電子データ化済みの書類は寺田倉庫管理する保管場所日通が運んでいる。システムの構築・管理テプコシステムズ日立システムズだ。

賠償業務に関わるこれらもろもろの会社東電では『協力会社』と呼んでいる。

賠償業務の末端で働く私でさえ、これだけの会社が関わっていることを知っているのだ。きっと、震災特需うまい汁を吸っている企業もっとあるだろう。



賠償業務の実態

もうあまり仕事はない。震災から3年以上経っているのだから当然だ。むしろ今も賠償業務が続いていることに驚くべきだ。

実際に請求冊子に手を触れる・目を通す人間だけでも数千人規模(間接業務を含めるともっといる) しかし、大半はすることがなく遊んでいる。

工程ごとによって忙しい『曜日』は異なるのだが、最も忙しい日でも1日3~4時間程度しか働いていない。1~2時間しか手を動かさない日も多い。

どの工程拘束時間は1日9時間で、その分の給与は支払われているのだが、暇でぼぉっとしている時間の方がずっと多い。

時給1000~1500円で働くバイトも、東電・協力会社正社員も暇を持て余して雑談、私語で時間を潰している。

ちなみに有明セントラルタワーでは24時間体制で賠償業務をやっている。仕事がないのに『夜勤』で深夜に働いている者が多数いるのだ。

仕事を『増やす』ため、TFは意味不明組織改変、請求書処理手順の変更を繰り返している。東電も請求書のフォーマットをころころ変え、そのたびに人・組織システムが変わる。煩雑な作業が増えることはあっても、減ることはない。

賠償業務が長引けば長引くほどTFを始めとする企業は儲かるし、東電は賠償責任果たしている『ポーズ』ができる。国民のカネでWin-Win共生関係を築いているのだ。

2014-07-24

人生で一番大切なものお金としたとき

給料の良い仕事にありつけたなら例えそれが興味なくなってきてても続けるべきだろう



人生で一番大切なもの時間としたとき

拘束時間が長い仕事は避けるべきだろう



人生で一番大切なものやりがいとしたとき

自分のことを常に振り返って、やりがいに繋がらないことはしないべきだろう



あなたの、

人生で一番大切なものと、

それを守るためにしてることって何ですか?

2014-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20140717093423

丁寧な返答ありがとうございます

すこし誇張して書いていたので、余計に心配をかけたのかもしれません。

同棲前には、毎日緊張して思い詰めた様子の時期もありました。(ケンカしていて、関係悪化していた事も原因ですが…。)

現状は毎日余裕のない状態ではありませんし、今日は午前中だけ休んで…と言うことも出来ればしています

相手との個人的な関係問題でもあり、人員が足りない、拘束時間が長い労働環境問題でもあるので、特に体調管理について、どういう方法なら相手にして貰えるか悩んでいました。「身体を大事にしてよね」と言っても、ただ謝られるので、心配すると余計にプレッシャーになったのだろうと思います

具体的にこうしようよと言っても、ただの個人的なアドバイスだし、お風呂につかる事も疲労で出来なかったりして。私が無理に世話焼いてる感じです。

もっと、外部からの専門的で有効な無理のない手段が有れば、本人も納得してくれるかと思います

しかし、仕事の内容は病院相手の保守業務をしていて、病院嫌いで困るのです…とにかく、本人にも外部にも相談をしてみようとおもいます

 

ブクマコメントしてくださった皆様も、ありがとうございます

それと、プリントアウトのお方については、存じ上げておりますメンタルヘルス理解のあるお方なので、一定の信頼はしておりますよ。先生

2014-07-07

人生における自慰時間計算してみた

いきなりですが、僕は毎日時間オナニーをしていた時期がありました。

平日は1回、休日は2〜4回。我ながらやりすぎなのではないかというくらいです。

4回した日にゃ、たまたまその後にエロいものをみて反応してしまったときの息子の痛さときたら、、、。

そこで僕はいったい人生でどれだけの時間オナニーに費やしたのだろうと考えました。

まず一般男性はどれくらいなのだろうか。

あるアンケート結果を載せたいと思います

==========================

「Q1 頻度は?」。

・「ほぼ毎日」81人

・「1週間に2、3回」138人

・「1週間に1回」48人

・「それ以下」33人

「Q2 1回にかける平均時間は?」。

・「5分」41人

・「10分」93人

・「20分」53人

・「30分」70人

・「40分」12人

・「60分」26人

・「61分以上」5人

「Q3 1日にした最高回数は?」。

・「1回」18人

・「2回」79人

・「3回」92人

・「4回」33人

・「5回以上」78人

by:http://news.livedoor.com/article/detail/7974505/

==========================

ここで僕には統計学の知識がないので、以上の質問と回答で最も人数の多い回答結果を利用したいと思います

よって、今回のサンプル男性は、

「1週間に2、3回(ここでは回=日とします)、1回に10分、1日に3回もオナニーをする男性」とします。

となると、この男性がいつオナニーを始めたかも気になりますよね?

だって人生でのオナニー時間を知りたいので。

と思って、ぐぐる女性オナニー事情についての記事がでてくるわでてくるわ。

僕は男のオナニーが知りたいのに。。。

参考までに載せておきますね。

http://sextechnique.net/anan15

http://enq-maker.com/result/an2ZHxb

http://www.xn--u9ja5c230uvnfg8kc0ap9b411ht4x.com/

で、男性は以下にアンケートがありました。

http://kagai110.web.fc2.com/onani2.html

ここによると、12歳が最もおおいため、12歳から始めたと仮定します。

サンプル男性は、1回に10分のオナニーを1日に3回し、その作業を1週間に3日しています

ということは、1週間に行うオナニー時間は、90分です。

1年間(この場合閏年ではないと仮定します)では、4770分です。

この作業をこのペースで行えるのを30歳までとしましょう。

12歳から始め、30歳まで行うので、18年間です。

18年間では、85860分です。

さらに、一番最初に紹介したアンケート結果のサイトでは、以下のようなことをおっしゃっています

==========================

30歳以上になると、「1週間に1回以下。平均時間は約21分」

==========================

ということで、30歳から40歳までを上記のペースで行うと仮定します。

1週間にざっと21分なので、1年間では1113分です。

これを10年間続けるので、11130分。

12歳から40歳までのオナニー時間を合計すると、96990分。

まり....1616.5時間

人生は80年あると仮定すると、時間に換算して700,800時間

これだけを見たら、意外と人生のうちに占めるオナニーってたいしたことないじゃんと思いますよね。

では、以下の計算を見てもそう言えますか?

==========================

仕事の一日の拘束時間が9時間残業2時間

週休二日制とすると月に8日前後休日+(GW年末年始祝日で年間合計20休日)=

年間休日は116日程度

一生の内訳は

合計時間=569,400時間

睡眠時間=166,075時間(29%)

仕事時間=120,615時間(21%)

残り時間=282,710時間(50%)

by:http://miya-j.com/archives/31

==========================

どうですか?

人生の自由な282,710時間のうち、1616.5時間オナニー時間です。

人生の0.57%がオナニータイムです。

そうでもないでしょう?

ただ、僕の場合オナニーは10分じゃ済みません。

なぜなら、最高の動画を探す時間があるからです。

だいたい30分程度でしょうか。

ということで、サンプル男性時間の3倍の時間を費やしているので、4849.5時間

それでも、1.7%です。

でも、よく考えてください。

この1.7%をもっと有意義時間にしたら、この積み重ねが人生の差を決めるのです。

「僕はこのままオナニーばかりしてていいんだろうか?」

僕はある日疑問に思いました。

「この時間を、もっと自分の成長する時間に費やしたらどうなんだろう」

そう思い、オナニー時間を削減するwebサービス作りました

エロサイト専用RSSリーダーです。

はい宣伝です(笑)

これは、RSSができるだけでなく、外部サイトで気になった動画ページを他の端末、アプリと共有するためのブックマーク機能もついています

他の人のRSSも見れるので、新しいエロサイトとの出会いもあります

http://technobreak.jp

ここで皆さんが短時間テクノブレイクする寸前までいってくれることがこのサービスのコンセプトです。

皆さんはきっとお気に入りエロサイトがたくさんあるでしょうから、一度にまとめてすべてのサイト更新をチェックして、是非オナニー時間を短縮してください。

でも、オナニー時間は短縮できますが、本番での時間短縮には気をつけてくださいね

2014-05-29

空いてる日ってどこからを言うのか

ママ友飲み会でのシーン。PTAの役員をしたことがあるAさんに訊いてみた。

私「今度、運動委員に選ばれちゃったんだけれど、大体何回くらい参加すればいいのかな?」

A「空いてる日があれば、全部参加すればいいんじゃない?」

私「・・・・・・・(絶句)」

委員は全員で40名程度。運動委員の仕事は、運動会はもちろん、町内盆踊り地域交流イベント(敬老の日)・親子交通安全・親子ドッチボール大会・(内容不明の)実行委員研修会にイベント日の立哨当番とか自転車整理、など多岐にわたる。

運動会はメインイベント原則全員参加。しかし簡単なイベントなら15人程度いれば済むはず。

からイベント準備から当日の担当まで、1回きり拘束時間長めの担当とか、何回も出るけど受付のみとか、各タスク必要な人員と作業負担度合を見積もって、年度当初に担当を割り振るもんだと思っていた。

そのうえでの「大体何回くらい参加するのか?」という問いだったのに。

どうやら「参加します」と表明したら役員担当者を割り振りするシステムらしい。・・・・怖すぎる。

Aが言うには、イベント中に(暇だから)ママ友もできて良いらしいが、非効率的無駄話をダラダラしながら作っていく人間関係は、私はあまり好みではない。時間マネジメントできない人とはもともと価値観が違う気がするし。閉鎖的なママ友小競り合いもあたりまえのように存在しているらしく、Aは「役員」サイドだったから、強者理論上楽しかっただけで、そのストレスに苦しむ雑魚ママのことは考えも及ばないようだ。

そもそも「空いてる日」って何よ?

仕事子供習い事、下の子の発表会、同窓会家族旅行くらいは「空いてない日」で良いよね?

旦那さんの仕事仲間とのBBQは私は休むべきなのか。義父母が遊びに来る日は?

毎年恒例のバーゲン初日とか、仲良し友達との飲み会はすぐ変更して貰えるけれど、そこまでして「空いた日」を作るべき?

イベント前日に仕事が忙しく絶対その日は家で倒れているって解っている日でも「空いた日」だからPTA優先なの?

やらなきゃいけないならやるけれど、できればやりたくない。関わりたくない。

子供人質からニコニコしているけど、本当は挨拶すらしたくない。

なのに「空いてる日はいつでも参加するべき」なんて

行けない日で、PTAに対する優先度合いを試されているようで怖い。


から「空いている日」の見極めは非常に慎重にしなくてはならないと思うのだが、空いてる日の定義が分かんない。

どんどんPTAが怖くなる。

2014-04-30

なんでもやる社員採用する方法

できるだけ安く、なんでもやるマインド社員採用する方法を知りたい。

別に能力はどうでもいいので、何でもやるというマインドになるヤツがほしい。

実務的には一定マインドコントロールできそうなやつを採用

採用後に「研修」で人格作る。

定期的にコントロール済みの人格を定着させる。

こんなフローになるかなとおもう。

ノウハウを共有してほしいので一部だしてほしい。

こっちからの今までのコツとしては

1.早めにわざと失敗させる(→自己否定でこっちを受け入れやすくなるから

2.最初の3ヶ月はともかく拘束時間を長くする(→生活仕事にしていく)

3.コントロール後は手早く連帯責任を作る(→お互いに方向性を固定し合うため定着が簡単)

2014-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20140425172916

理系を選んだ理由は理系勉強がしたいからであって、拘束時間については選択条件と関係ない

という人もいると思うんだが

事前調査が足りてないって批判ならまあ分かる

自分で決めた現状を批判する奴

がすごく嫌い。

文系拘束時間理系より短くて不公平だ、とか。

いや、理系選んで受験したのはお前だろ、と。

だいたい遊びたくて大学入ったのかよ、と。

注:文系が偉いとか理系が偉いとか言いたい訳ではなく、

あくまで自分の選択を棚に上げて現状を批判する奴がウザいという話です。

アメリカ方式採用したアベノミクスが何故失敗なのかというと

給料が安いため

休みが少ないため

・就労時間が長くサビ残など拘束時間が長いため

終身雇用制度崩壊による会社愛する人間の現象のため

・非正規流動化に影響で低年収化が進み自然と貯蓄型になったため

労働組合がない・作らせない・逆らえない

こういった要素が積もり積もったせい。

アベノミクス構造上は正しいながらも、雇用問題を円滑に解決できないために失敗する。

2014-04-23

昼食代とビジネス書代は会社が払うべき

4月から新卒で働き始めたわけだけど、昼食代がばかにならない。

あと友人とか見てると日本会社のあり方に疑問、鬱憤がかなりあるので吐き出す。

サラリーマンの平均の昼食代が500円だというけれど、少なく見積もっても500×20日で一万円。

会社で働く力をつけるために食べるのに自腹を切る意味が分からない。

昼食代を浮かすために朝早く起きて弁当作るのにも労力かかるしやってられない。


最近東京ベンチャーじゃグリコオフィスヤサイかいサービスが利用されるのを知った。

会社野菜を届けてくれるサービス

サービス内容の中で会社社員のために金を出してくれるコースもあった。

これ日本中の会社が導入しろ。経費会社持ちで。

こちとら必死に働いて会社利益のために、社長役員利益のために働いてんだ。

先輩にビジネス書とか読めとか言われたけど、ビジネス書サラリーマン自分で買って仕事効率自分で良くしようというのも意味が分からない。

そんなのは経営者が考えることだろ。

ただでさえ低い賃金人生の中で二度と来ない1日の大半を「社長会社」のために使ってんだ。

仕事自己実現なんてできるわけないことは知ってる。自分のためじゃない。社会のためじゃない。

社長(の夢)のために働いてんだ。会社のためだ。

経営者以外は全員「社長(他人)の夢(資産を増やす)をかなえるため」に働いてるわけ。

今までなんでこういう声が出てこなかったのかわからない。

自分給料から金だして新品のビジネス書を買って仕事ができる人間を目指す意味も分からない。

仕事効率化は考えてもいい。社員同士のモチベーションを上げる努力をしてやってもいい。

でも金払ってほしい。そういうこと全部に。

会社のために、必死に働くつもりだ。8時間はね。

社員同士のコミュニケーションのために先輩後輩を飲みに行かせたいなら、会社が経費を持ってほしい。

しろランチタイムを3時間くらいとって一緒にご飯行く制度作ればいい。

社員を8時間以上働かせないと利益がでないような会社経営者無能だと思ってる。

残業代も出せないなら会社たためばいい。

ベンチャー企業とか特に新卒社員入社早々睡眠不足になる会社って労働システムおかしい。

友人は深夜まで働かされて、早朝出勤して、休日出勤して、その状態を肯定してる。見ててつらいわ。

一人が8時間以下働いて利益でるシステム作れるまで社長が一人で残業すればいい。

それか残業させるなら全員役員に昇進させて給料あげるべき。

一日8時間、昼食代、交通費勉強代すべて会社持ち、残業なし、あっても2時間以内。残業代はきっちりでる。

土日祝日休み

これで利益のでるシステム作らないと会社作れない法律作れ。

何が労働時間規制緩和だ。

これ以上日本サラリーマン殺すな。

働きたいやつは働けばいい、毎日日付超えて仕事して、金稼いで、社畜になって、いろんな仕事に頭使って。

仕事以外にやりたいことがないやつはそれをやればいい。

だけど労働者がいることも忘れないでほしい。労働者でいる権利だってあるはずだ。

なのに皆やたら「疑似ビジネスマン経営者)」になろうとする。

サラリーマンなのに、滑稽だなぁと思う。

会社は好きだ。会社の人も好きだ。仕事内容もまぁ好き。だけどそれに人生を捧げるつもりはない。

やりたいことも読みたい本も、見たい映画も聴きたい音楽も行ってみたい国も、会いたい人も、たくさんいる。たくさんある。

一人一日8時間、誰がどの仕事をしても利益が出る、そんなシステム研究してほしい。

替えの聞く仕事でいいんだよ。そしたら社員は人柄で選ばれるから

仕事できなくたって、できる仕事をこなせるようなシステムがあればそれでいい。

そのシステムづくりを、会社がするべき。経営陣が。役員が。

社員のすることじゃない。

とりあえず社長、お昼ご飯代下さい。牛丼うどん、そば、パンは飽きました。


http://anond.hatelabo.jp/20140423222458

朝飯はいいや。朝は自分の好きな時間に好きなもの食べようと思えば食べれるしね。

http://anond.hatelabo.jp/20140423230744

食べなくてもいける。

食べるとしても、自分で作ればはるかに安くできる。

働いてなければ空腹で動けなくてもいいけど、働いていたらそれはまずい。

昼食も含めた拘束時間なんだから会社が持つべきだと思うんだけどな。

給与一定割合税金がかからないから必要もの給料から払えってことなんだ。

だったら純粋労働に対しての賃金はかなり低くなるってことか…。

そもそも経営者は高級寿司食べようが高いスーツ買おうが経費で落ちるんだから、それを働いている社員にも適応してほしい。

500円、せめて半額の250円でいい。ビジネス書ももう3割でいいよ。

社員のためってのは、そのまま会社のためになると思うんだけどなー。

今の社会社員自らの「会社のため」、ってのが一方通行な気がするんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20140423230939

はてな最高だな!

良い会社だと思うわ。

でも今の会社好きなんだ。

いつかうちの会社はてなのように昼飯代出してもらえるよう交渉してみるわ。

2014-04-21

夫婦の不平等制に納得がいかない

家事は女がやるものだなんて少しも思っていなかったけど、

結果的にそうなっている現実がっかりしている。

がっかりしているのは自分に対してでもあり、夫に対してでもある。

私、30歳。夫、35歳。

年収はほぼ同じで420万位(仕事は別)。

家賃光熱費は全て夫持ちにしている代わりに、それとほぼ同額を私が夫婦貯金ということで毎月貯めている。

まり、かかる出費はほぼ同額。それ以外、お互い何にお金を使っているかは知らない。家計別だからね。

この条件であれば、家事は半々でやるべきだと思っていた。一緒に住むまでは。

夫は仕事が忙しく、毎日終電近くまで働いている。

必然的に、私のほうが、家にいる滞在時間が長くなる。

溜まった洗濯物が気になると、洗っちゃう

自分のだけ洗うとかイヤミっぽいことはしたくないから夫のも洗う。

ちょっと早く帰った日はご飯も作ってみる。

食材費はもちろん自分の財布から出す。大した額じゃないし。

…そんな生活を続けているうちに、家事は全て私がやるものという雰囲気になってしまった。

別に強制はされていない。洗濯物がほんとうに溜まりまくって着るものが無くなれば、夫は自分で洗うだろう。

ご飯だって作れなくったって、怒られたことは一度もないし、作った日は感謝してくれる。

でもやっぱり仕事が大変な人を助けたいとか、一応好きで結婚したんだし、相手のためになることをしてあげたいという気持ちはある。

てゆうか、私の方が遅く帰ってきて、コンビニ弁当とかひとりで食べてる所に遭遇すると、あああごめんねええええという気持ちになって、勝手に罪悪感を感じてしまう。

から、私が家事をするのです。

夫は言わないと何もしない。

洗濯物、たまってると気持ち悪いじゃん。

でも夫は平気らしい。

シンクに洗う前の食器があると邪魔じゃん。

でも夫は邪魔じゃないらしい。

部屋にほこりが舞ってると汚いじゃん。

でも夫は目が悪いから見えないらしい。

気になる方が、やればいいんじゃね?という法則は、価値観が同じふたりだけに使える言葉なのだよ。

(私も大分慣れて、シンクに溜まった食器は一週間は放置できるようになりました)

でもさーどうなのよ。年収一緒なのよ。帰りが遅いとかしらねえよ。時給に換算したら私より薄給仕事に就いたのは自分能力が無いからじゃねえのかよ。

能力が無いくせに拘束時間が長いことだけを理由に家事は私がやるのかよ。

いや、強制はされてない。されてないんだけどしかし。

このあたりのもどかしさが、私のもやもや感を加速させているのです。

こういう夫婦は多いのではないだろうか。

本来であれば年収と全くおなじ比率家事はやるべきなのではないだろうか。

年収が400万と600万なら、6:4の割合家事をやるとかさ。

そういう法律作ってくれないかな。

誰かがそう、決めてくれれば、堂々と家事をさぼれるし罪悪感も薄まると思う。

ぜんぜんまとまらないんだけど、そういうもやもやを抱えたまま、今日仕事をしているって話。

専業主婦になったら(予定はないが)全力で家事楽しむよ。

---------------------------------------------------------------------------

追記

意見ありがとうございます。暇なんで追記します。

家事でまかなえないほどの給料差ができたらどうするの?

→喜んで家事します!家事、嫌いな訳ではないので。というか、まかなえないくらいの給料差って、何…?やるかやらないか以外にあるの?年収2000万の人にはフランス料理フルコースをふるまわなきゃだめ?それは無理だけど、私が専業主婦になっても有余るくらいのお金を稼いでくれるなら、なんでもやるつもりです。

●その夫を選んだのはあなただよ

→おっしゃるとおりですね!おとなしくしてます

●家の中の法律くらい自分達で作れ。

→きゃーかっこいい!つくりたい!でもそれを作ろうとすると、衝突するんですよ。過去提案してるんです。うやむやになりました。これ以上強くいうと喧嘩になりそうだったので、私も諦めちゃいました。自分たちで法律を作るのではなく、外が作ってくれていたら、衝突もせずに済むのにな、と思うのです。他人任せだけど。

●男女間に家事能力の差がある場合、同じ仕事量を分配するのが平等なのか

→仰る通りです。能力に対してでも、仕事量に対してでも、どっちでも良いのです。要するに、「ちゃんと半々だね★」ってお互い認識できていればそれでよいのです。

---------------------------------------------------------------------------

よく結婚って人生墓場とか言うじゃん。

相手にもよるんだろうけど、男性ってメリットしかないと思うのだよ。

少なくともうちの夫婦はそうだな。夫にとってはメリットだらけだ。

私のメリットはなんだろう…メリット夫婦生活を考えてはいけないんだな…

感情は抜きで。もちろん好きな人との生活はたのしいです)

2014-04-16

研究ごっこ

この春から情報系の修士1年。


ちょうどさっき26時過ぎたところ。正直もう眠い

だけど学会だかなんだか知らないけどその原稿書けって指導教官に言われて今必死に書いてる。




コーディングは好き。実装するのは苦痛じゃない。楽しい

でも研究室関連での拘束時間無駄に長い。やってる研究も「所詮学生だし」って思っちゃう



こんなことやってて意味あるのかって思う。こんなことに時間割いて意味あるのかって思う。

研究室に入ってから無駄拘束時間長くて趣味にあまり時間裂けてない。

ままごとみたいな研究時間割くなら、趣味プログラミングやってたほうがよっぽど有意義なんじゃないかって思っちゃう




あーあ……。もっと楽な研究室適当研究やって適当卒業すればよかったかな(これまた本心ではないのが複雑な乙女心

2014-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20140314161906

真面目に仕事して生活してる、だけじゃ駄目なのか? 世の中って。

駄目だと言ってるのは親だけじゃん。

なんでいつの間にか世の中が許さない事にすり替わってんだよ。

それとも親=世の中なのか?



というかその親は増田が何やったって評価なんてしないよ。

定職についても給料ボーナスが低いやら休みが少ないやら拘束時間が長いやら福利厚生が少ないやら文句を言い、

結婚しても嫁や子供のアラ探しをしてケチつけまくる。

ものすごく高給取りになっても「どうせ悪い事してるんだろう。でないとそんなに稼げるわけない。」

美人完璧な嫁をもらっても「あやしい。絶対余所に男がいる。あんた騙されてるよ。」と言い掛かりをつけるだろうね。

から評価されるのはもう諦めろよ。

2014-01-17

http://anond.hatelabo.jp/20140117150500

拘束時間が多い上に単位時間あたりの賃金までも極端に低いようなポジションがまた増えるだけ。

ってのを危惧してるんじゃないのみんな。

2014-01-01

ニートは最高位

多分、なれるもんならニートになりたい奴は多いだろう。

だが、ニートになるには、だいたい1億くらいのたくわえは必要になる。

だがそれに変えても手に入れられる自由時間精神解放、人付き合いしなくてもいい自由さ。これに変えられるものなどあるのだろうか。

だが、ニートにはなれない、そういう場合、どういう妥協点があるのか。

  

パート

 おおよそ手取り10万、1日の拘束時間は3時間

 これは天国だろう。だいたい、ノリとしては大学生と同じくらいだろうか。特にスキルもいらずに、簡単に就職できて、まあ一応の収入はあるので言い訳も立つ。生活できないわけではない。将来の不安などもあるかもしれないが、貯金が5000万あれば全然話は別だろう。

 空いた時間でじっくり人生設計なり趣味なり考えたらいい。

 貯蓄さえあればかなり最高だと思う。

  

公務員

 おおよそ手取り15万くらい?一日の拘束時間は9時ー5時だろうか。

 まあ、残業かいろいろあるのかもしれないが、民間でヒーヒー言いながらリスクをしょっているよりも、数年単位での安心感がある公務員のほうがいいだろう。

 一応土日は休みだし、残業手当もある。住宅なんかも手当がつくので見た目の手取り以上に実入りはいい。

 頑張れば5000万の貯蓄はできないことも無い。余った時間は別の収入先などを探すなり作るなどもできるだろう。

 余裕をもって生活できるのはいい。

 いざとなったら、「うつ病」とでもやればいいのではないか

  

免許のある職業

 いざとなったら緊急避難的に1,2年くらい仕事しなくても保険がきいているというのがいい。

  

  

  

最悪なのが、「社畜」。

これは絶対にダメ

絶対にやる気がしない。未来が無さすぎる。

2013-11-29

ひまひまひまひまひま!

やる仕事がない。全くない。やりきっちゃってない。

やる仕事がないのに会社に来るって変だよね。

周りの人も暇そうにぼーっとしてるし、何かやることないか聞いてみても「別にない」と言われるし。

仕事はつくるものだっていう社畜いるけど、つくって残業してたら「バーカ」としか言いようがない。

やらなくていい仕事はつくらないし、自分が便利になるためにExcelAccess仕事簡素化したら仕事がなくなった。

だってボタン1つ2つ押せば完成しちゃうんだもの

しかも正確。

から俺は新しい仕事を何かと頼まれるが、だいたいExcelとかAccessフォーマットを作ってしまえば毎年瞬殺できるような仕事

楽すぎるな。

仕事楽にしちゃう俺、まじかっけー…惚れる。

もしかして社内の女の子とか仕事できる俺の姿みてびしょ濡れなんじゃね?

まあ社内には40代より上の女性しかいないけどね。

なんつーか暇だから帰ってもいいじゃんっていう話だよ。

ていうか俺なんて事務方からExcelAccessさえちょっと得意なら仕事すぐ終わっちゃうんだよね。

前任者が時間かけていて残業ばっかりしていたから、早く終わってすごいって驚かれるけど、前任者とか定年間際のおじいちゃんでパソコンメールも送れないで書類全部手書きみたいな人だったから、そりゃさすがに効率は違うだろ。

仕事がないのに帰ってはいけない理由って何があるの?

確かに雇用契約拘束時間は決まっているけれど、別に何かあったら会社にまた戻ればいいじゃん。

いつでも会社に戻れるようスタンバイしている状態は拘束でしょ。

別に遠くに旅行とか行かなきゃいいし。

他の人が「俺も帰る」とか言い出したら困るから?

それも別にそいつ仕事完全に終わらせていれば誰も困らないじゃん。

電話?

電話なんてウィルコムでも持たせて拘束時間内は必ず出るようにしておけばいいじゃん。

とにかく俺は40代以上の女性しかいないこの職場にずっといる時間無駄しか思えないんだよ。

2013-11-10

ブラック部活児童虐待と化している部活動

もはや部活動児童虐待となっている。特に高等学校部活動は、その傾向が著しく、実際のところ一時期よりはマシになっているのだが、現在も状況は続いている。

この児童虐待というのは体罰いじめといった暴力事件の問題ではない。単純に現在部活動は、その運用自体が虐待になっている。

 

異常な拘束時間

一般の高校場合、生徒は通常1日に6時間の授業を行うことになる。間に休憩時間を挟むがショートホームルーム掃除などを加えれば6時間程度になる。

そこに2時間部活動をすれば8時間となり、これを5日間で労働者ならば法で定められる週40時間労働に相当する。

 

大体朝の練習30分、放課後1時間30分も練習すれば丁度良い按配であり、その範囲内に留まる部活動も多い。

しか大会で実績を残すような運動系部活動では授業をあわせて8時間をゆうに超える活動が求められている。

相談に来る生徒の中には朝1時間半、放課に4時間、通学は自転車通学を部内規則とするため、学校から遠い家に帰るのは11時ごろという者もいた。

土日も午前午後の練習か公式or練習試合があり、1日の休暇もない部活動相談もある。

企業ならば松崎茂と並べても完全にブラックといわれるような状況だ。だからこそ、運動部経験がある人間ブラック企業に重宝される。

 

建前と現実

このような部活動の異常な活動時間が許されているのには一つの理由がある。

教育基本法など各種教育法律には部活動規定する法律の条文がほぼ存在しておらず、部活動は要約すれば『生徒が自主的な活動として課外活動をすることを援助し、教員が行動を監督しなくてはならない』といった趣旨のことが書いてあるだけだ。

まり部活動は本来「生徒の趣味」として行われているだけで、その援助をするため学校場所を与え教員事故犯罪などのないように監督指導ではない)するようにされている、ということである

これは野球甲子園などで確認できる。監督審判に抗議してはならず生徒が行わなくてはならない、なぜなら生徒の自主的な活動だから。(どれだけ事実馬鹿馬鹿しくかけ離れていてもだ。)

生徒の趣味であるのだから、どれだけ活動しようが学校による虐待に当たるはずもなく、教員指導ではないのだから、そこに仕事としての給与指導における特別手当が発生することは殆どない。(土日などの手当てはスズメが悔し泣きする位には出る。)

 

確かに部活動は完全に自由に選択でき所属所属を選べる学校もある。だが当たり前のように部活動への所属が強制される学校も少なくはない。

部活動指導の場ではないはずだが、部活動特に運動部)を通して指導を行うことが期待されている現状は揺るがしがたく存在している。

部活動は教師の完全な指導と強制の下に行われ、自主的な活動が認められていない部も多くあり、退部すら許されず不登校になる生徒もいる。

 

部活成果の不均衡

部活動が生徒の趣味であり、教員指導をするわけではないという建前があるからこそ、部活動学校ごとに大きな不均衡をもたらす。(それが学校利益をもたらすことにもなるが。)

まずもって問題なのは教員には部活動経営する教育は一切与えられていないということだ。

教員免許部活動に関する必修講義存在していないし、教員採用試験にも存在はしない。

現実部活動おいては教員が生徒を技術指導することが求められているが、その技術指導する教員が適切なスポーツ知識を持っているという前提はない。

そのため、公立高校ですらも部活動おいては顧問となった教員によって生徒への教育成果に大きな差が現れる。

 

部活動現実として、生徒への教育指導となっており、その成果は後述するが生徒の進路にも大きくかかわってきている。

しかしながら、それは義務教育段階ですら機会も完全に不平等であり成果も完全に不平等である

入試段階で学力偏重が問題であるならば、部活動の成果もまた評価の基準に含まれてよく、そしてその結果は生徒や学校によって偏りがあることは望ましくはない。

 

利権パイプ

部活動が異常な拘束時間をほこっても行われるのには、これは誰でもわかることだが、そこに大きな利権存在しているからだ。

学校入学希望者は、その学校にどんな部活動があるかを明確に意識して選んでいく。ある部活動全国的、県内でも有力であるかどうかは入学の大きな動機になっている。

部活動で大きな成果を出せば、(建前では成果の主体者ではないはずの)学校に大きな利益をもたらす。

卒業生も大きな利益を生む。

プロになれば知名度は上がる。プロでなくとも実業団や有名大学に入れば、そこに企業大学とのパイプができる。

大学は厳しくなってきたが、それでも推薦枠がある。それはともすれば進学率就職率に大きくメリットとなる。

 

経営大事だ。

ローコストで大きな成果を出すのは最も美味しいことである

指導する人間には、その働きに対して金を払う必要はない。存分に働かせれば良い。

資金が出せず設備を整えられないが成果は出してほしいため、労働者(生徒)には労働時間を増やして成果を出させようとする。

その素晴らしい経営理念ブラック企業と遜色ない。

  

教育を圧迫する部活動

部活動で成果を出そうとする学校が最も活用するのが特待生だ。

私立で学費免除などで多いが、公立高校でも独自入試、つまり一芸入試のようなものなど、いわゆる入試下駄をはかせる行為も未だに行われている。

 

確かに学力だけで生徒の可能性を測るのは良くないかもしれない、高校に入れるのが学力によって選抜されることは不平等かもしれない。

しか学校の成績は学力でつけなければならないものが他の活動で評価される部分よりも多くあるのだ。

成績は相対評価ではなく絶対評価となった。

定められた教育内容を覚えたといえない限り、それを卒業できる学力に達しましたと認めることは難しくなった。

 

下駄を履かした生徒の授業を担当することになった教員悲惨である下駄を履かせてどら猫を追っかけさせればそれで優に出来るなら良いが。

下駄を履いていない生徒に定めた最低基準と同じだけの成果を出さないことには、成績に可をつけられない。特に公立高校では、明確に許すことは建前上できない。

授業は、その特待生に足を引っ張られ、入試を越せない人間にすら理解できる内容まで落とさなくてはならない。

その上、多くの生徒には授業によって良い大学を目指せる成績まで上げることを求められる。

 

そして特待生を抱えるような部活動はやはり長時間の活動時間を生徒に課す。

前記したように、夜遅くまで活動する部活動も多く、それによって予復習をする時間も余力もない生徒が多く現れる。

部活動特待生のみでは行われず、多くの一般生徒までもが、それによって時間を取られることにもなる。)

疲労した生徒は、授業中に集中することが出来ない。研究結果では睡眠時間が6時間と8時間の生徒には明確な学力の差が現れている。

学力の落ちた生徒は、テスト赤点を取り補習や追試を受けることになる。そのために他の教科すら更に成績が落ちていく。

そうやって過酷部活動教育を圧迫していく。

 

部活動メリット

ここまで問題をあげつらってきたが、しかし、部活動が多くのメリットを生んでいることも事実である

部活動日本の高いスポーツレベルを支えている大きな要因である

野球世界トップレベルであるのは甲子園という高校野球の大きな競争があるからこそだといえる。

文化系おいても書の甲子園ロボットコンテストなど、生徒の育成に大きな力となっている。

 

また文化への影響も大きい。

複数の生徒が同じ活動することは交友関係を広げ、違う学年との交流を生むことで認識に大きな幅をもたらす。

そして、多くの生徒が共有の「部活動」という体験をしていることは、創作などで「部活動もの」と呼ばれるジャンルを生み出す要因となっている。

多くの人に共有体験があれば、それは一般に受け入れられる創作物の幅広げることになる。

 

そして現実の問題へ

問題なのは、そんな成果や影響の大きい部活動を何一つ政治的な援助も規制もせずに野放図となっていることだ。

一部の教員によって支配されている部活動体罰などの問題を引き起こす。

それは教員が全て強制の無償活動で行っているからであり、そこに「俺がやってやっているのに」という感情がなきにしもあらずといえる。(実際にそういう声も相談に上ってくる)

 

育ち盛りで可能性のある若者が、知識のない指導者によって無理な運動を強いられ体を壊す事例もある。

特待生として入学した生徒が芽が出ずに、退学を強いられる問題も起きている。

野球でも度々問題となったが、人材を求める企業などとの癒着も未だに多く存在している。

 

部活動をなくすべきではない。しかし、現状の大人の建前と利益によって児童生徒が被害を受ける状態は改善されなければならない。

そして出来るならば部活動メリットをより大きなものにするべきだろう。

部活動が生徒の教育に成果を生んでいるのならば、それを教育活動として認め労働としての対応をしていくべきなのだ

運動部指導運動素人である教員に任せず適切な指導者を雇い雇用を増やすべきであるし、

生徒には虐待にならない程度の活動時間規制を設けるべきだ。

 

少なくとも自民党日本ユニセフには、存在していない児童への性的被害を問題視するよりも、現実存在している過酷部活動を問題にしてほしいところだ。

 

2013-11-09

anond:20131109001426

奥様のお仕事拘束時間必要な労力が、年収400万円に見合わないってだけの話でしょう。

年収400万円の手取り額では、専業主婦1人に匹敵するフルタイム家政婦を雇えないもんね。


同じ年収もっと楽な仕事とか、同じ労力・拘束時間もっと高収入仕事転職すれば生活レベルは上がると思います

2013-11-03

毒母との今後について

今8年ぶりくらいに、また母と暮らしている。

母は、20年程前に離婚しその後、8年前私が独立したのと同じ頃、後に再婚する人と暮らしだした。

私は、8年程前に家を出て、その5年後母が再婚者と暮らす家のすぐ近くのアパート引っ越し2年程暮らした後、外国で暮らす事になった。

私が2年間、海外へいる間に母は再婚相手と別れ、ひとり暮らしを始めた。

それが心配になったのもあり、諸々の事情もあり帰国し母と暮らすことにした。

10から20代独立するまで、母とうまくいかず私は母から解放されることに多くの体力を費やした。

独立後は、精神物理的な距離のおかげもあって親子関係はまぁ普通だった。

そんな風に8年を過ごす内、私はすっかり私達親子はお互いに折り合いをつけたものだと勘違いしてしまったみたいだ。

母は再婚相手と暮らしている時は、再婚相手の自営業を手伝ったり工場で働いたりしていたのだが、

1年ほど前、知り合いから誘われてパチンコ屋の換金所を請け負うことになった。

休みは1日もなく、毎日10から23時までの仕事

アルバイトも雇っていたのだが、私が家に帰ってきてしばらくしてアルバイトは辞めた。

母は毎日13時間拘束時間の中で、仕事探し中でブラブラしている私の食事を用意した。

私はひとり暮らしが長かったため、ひと通りの料理はできる。

母もそれは知っているが、「花嫁修業のため、見せなければいけないから」とか言う理由で、

作らなくてもいいと言っても、作り続けた。

私ひとりでは到底食べきれない量・品数を作って、残すとそれをなじる。

私は海外で食事付の寮に住んでいたのでほぼ料理はしておらず、日本に帰って料理する感覚を取り戻したいと思っていたので、

本当に作ってくれなくてもいいと思っているのに。

それでも作らなくてもいいと言っても、母の機嫌を害すため面倒くさく、

作りたければ作ればいいと放っておいたのだけど、夕飯時に仕込んで置いた料理の仕上げ方とか、献立の説明のため

電話がかかってくるのが、たまらなく億劫だった。

一見良い母のようだけど、私にしてみれば愛情押し売りしかない。

8年離れて暮らしている間に、味の好みや食べ物に関する考え方も大きく変わってしまった。

私は食べ物にこだわりがある方なので、自分で作った方がいい。

母はそれを否定し、今のままでは嫁に行ったら恥をかくと言って、

私に料理を教えなければいけないと思っているらしい。

はっきり言って私は、並より料理が作れる方なのに。

母はそれを認めない。


私の部屋の家具や照明を勝手に決めようとし、安っぽいカタログを見せてくるのも苦痛だ。

私は何か足りないものがあっても、自分の納得の行くものを買えるまで、少し不便でも我慢する方なのだけど、

母は安かろう悪かろうという物を買うよう急かす。

買うものは決まっていると拒むと、機嫌が悪くなる。

間接照明が好きな私の部屋に、何故か蛍光灯を付けよう付けようとしてくる。

家に買ってきてからこの3ヶ月、私も我慢していたけど最近ストレスが溜まってきて、

イライラしていたら母がキレた。

母は人の世話をすることに依存しているようで、限界まで優しい母を演じて自己陶酔していたと思ったら、

それに感謝しないと爆発し「あんたのためにやってるのに!いつまで私はバカやっていないといけないんだ!」

とか卑屈な事を言い出す。

そうバカだよ。13時間も働いていながら何かに追い立てられるかのように、朝から掃除料理をしているあんたは。

大人になった子どもはほっといてもいいし、家も多少は散らかっててもいいんだよ。

からは一見いい母親に見えるだろう。それに感謝しない私は、我儘な娘のように見えるだろう。

でも私から見たら、母が勝手にやって勝手にキレているようにしか見えない。

換金所の仕事も、私の結婚費用を稼ぐためもうしばらく我慢しないととか言って、

いざ結婚となったら、自分費用を援助することをいい事にあれこれ口出しするのが目に見えている。

私は結婚費用を援助してもらう気はない。

嫌な仕事なら辞めればいい。自分人生を生きればいい。

子どものために犠牲的に生きる年老いた親を歓迎する子どもなんているんだろうか。

しかも、それは母が私のためにと言いながら、自分のためにやっているに過ぎない。

自分人生がないから、子ども依存するんだ。

人生を楽しんでいる親の方がいいに決まってるじゃないか

大人になった子どもに親ができることなんて無いんだと気づいてほしい。

私は今の土地に、それほど長くいないだろうと思っている。

その間、もう一緒に暮らすことも無いかもしれない母と、一度一緒に暮らしたいと考えたのが甘かったのか。

別に分かり合おうとは思わない。でも、お互いつかず離れず一緒に暮らすことはできると思った。

でも母にはそれはできないみたいだ。

私の生活の些細なことを心配するのは過干渉だと訴えたら、

それが干渉なら話すことが何もないと言われた。

私も今は仕事をしているので、寝る時間帰宅してあれこれ干渉してくる母が鬱陶しい。

母は、朝晩数時間しか会う時間がないのにそんな邪険にするなんてと言うが、

朝晩しか会う時間がないのは私のせいじゃない。

やっぱり離れて暮らすしかないんだろうか。

母一人子一人なのに、なぜ支え合え無いのだろうと情けなくもなるけど、

離れて暮らす方がうまくいくなら、やっぱりそうするしかないのかな。

2013-10-26

turimotonaoki

就業時間内だけの仕事は、成長に限界があると思う。

会社として与えられている仕事は、確かに就業時間内だけやればいい。

だが、求められている仕事に対して、知識不足な点や

更なる成長のためには、せめて通勤時間だけでも勉強時間を使ってほしい。

「就業時間外まで仕事をさせるつもりですか?」

と言われてしまうんじゃないかと、少しビビってる自分がいる。

こんな自分の考え方は、ブラックなんだろうか。

給与とは拘束時間の対価として支払われるものだ。「いついつこんな事をしろ」と上司立場で命じたら、それは部下の自由な時間を奪う行為だ。基本的には奪った分、給金で報いる義務が有る。

通勤時間勉強して欲しいなら時間分給金を出すべき。出せば問題無いし、出すものを出さずに成長だけ要求するなら部下が可哀想。

http://anond.hatelabo.jp/20131024133238

2013-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20130904132114

エンジニア

英語経営勉強してる。

労働時間は増えても拘束時間そのままで

年収が2割くらい増えればいいかなと思ってる。

もっと密度の濃い毎日をおくりたいね

2013-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20130724144856

例えば3人月仕事を1人で担当する場合、その間ずっと拘束されることを前提としてるよね。

意味しているから、派遣とかサポートとかでは人月見積もるんだろ。

 

他方新規製造の場合、3人月仕事と言われた場合に、まったく未知の状態からスタートするわけではなく、

既知の知識による差分がでかすぎて、その3ヶ月間拘束されることの意味が全く無いだろ。

たとえば、100mを10秒で走ってください。という仕事があった場合に、走れる選手を一人連れてくれば 10秒で終わるが、走れない選手を連れてきたらトレーニングで何ヶ月かかるんだ?

 

という、拘束されている時間と新規製造の時間依存関係がないのに、拘束時間カウントするから、辞めてくれといわれる。

しかも、上の例の場合、走れない選手を1年トレーニングしたら 12人月で 走れる選手を連れてきたら10人秒で 走れない選手のほうが沢山お金をもらえるシステムで おかしいだろと

じゃぁ、 それを含めて 10人秒の選手は 1人月ぐらいということで って もう そのぐらい って単位に 何の意味があるんだと? 100%嘘じゃないか(w) 見積もり根拠0だろ?

 

まり、何でもかんでも人月が悪いという事ではなく、 何でもかんでも人月見積もるな!と言われている。

2013-07-18

おれも入院した

http://anond.hatelabo.jp/touch/20130717100458

おれも就職うまくいかなくて、煮詰まって入院した。


入院する前は怖かった。

病院ってどんなとこだろうとか、人生これで終わりだ、とか。

入院して三ヶ月くらいぼんやりしていた。

そしたら、退屈だーと思い始めて先生に行った。

そしたら、退院だって言われた。

先生は、「いろいろ考えないで、やりたいことをしなさい。できなさそうでも、ちょっとでもやりたいことを、深く考えないでやってみて、ダメだったら入院すればいい」っていった。


おれは、人生終わってるし、雇ってくれる人なんていないし、バイトから始めたら老後が心配だしといった。

先生は笑って、今のことを心配すればいい。と言った。


おれは、まずユニクロバイトを受けた。入院患者準社員なら楽しいよ、と言ったから。


次に接客の求人が出てたので、受けた。

これがビンゴでなんの仕事かはかけないけど、すげー時給よくて、ユニクロバイトよりおれにあってた。

天職だと思った。

水商売じゃないよ。

勿論非正規だし、営業もあるし、基本給はなくて、完全歩合だから、きついはきつい。

でも、拘束時間自分コントロールできるし、気に入ってる。

人生の本流は外れたと思うし、人にすごいね、といわれる仕事でもない。

でも生きていけるし、食べていけるし、年金も払ってるし、好きな靴も買える。

仕事見つけて、先生に報告にいったら、仕事見つかってよかったね、ととても喜んでくれたよ。

誰でもみんな、死ぬ前には病気になる。

早めに、どんな風に生きたいか大事ものは、本当に見栄なのか考える機会が早めにきて、おれはラッキーだったよ。

2013-07-06

卒業生かつ教員だったので少し言わせてらう。

基本的に優秀な研究者人格的にも優れているなんていうのはファンタジーで、教授なんてものほとんど社会性が欠落しているか教員をやっているのであって、研究室選びは教官人間性含めてしっかり事前調査すべきである。それでも学生拘束時間は昔よりはだいぶマシにはなってると思うが。いまの学生最先端研究設備より拘束時間や充実した学生生活を重視するので、あんまり厳しいと死ぬ気で留学して来たアジア系留学生しかまらなくなるし。

今回のブラックと批判されている件で特に悪辣だなぁと思うのは、薬学部のDを退学させた上で助手にして追い込んだ件である。色々厳しいといっても、基本学生は学費を払っている"お客様"なので労働を強制することはできないわけで、薄給教員にしたあげくボロ雑巾のように扱き使うなど言語道断雇用形態がどうだったか詳しくはわからないけれども、規定ではたしか助手助教より更新任期が短くて3年更新だったはずである。いまは論博なんてほぼ通さないので助手をやりながら社会人Dコースに再入学して学位を取らないとキャリア的にも手詰まりだったはずである

あと俺が色々問題だなぁと思うのは、労働お金を払う文化がないんだよね。兵隊ギリギリまで扱き使って研究費は極力装置に回すみたいな。そのくせ企業からみたらまともな調達できてるとは言い難いし。元は税金だぜ・・・

雑用だって仕事だし、学生の雑用にもRA扱いとかして金つけてやるべき。あとタイムカードぐらい本部が仕切って導入させろ。研究に対して口を挟むのは問題だが、労務管理なんて教授会が介入するマターじゃなくて本部が決めることだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20130705220752

2013-06-13

必需品は安いほどいい

絶対に買わなければならないものは安いものが勝つ。コンビニおにぎりだって衣料品だって居酒屋だって

そして、まことに残念なことにコンピュータ関連も。

毎年、毎年、安くなっている。アホかと思う。ハードは安くなってるかもしれないが、人は安くなっていない。仮想化ハード数が減ったか運用費用は下げてねとか狂気の沙汰だ。それでサービスレベルが下がると(価格相応だ)めでたくクレームとなる。オタクから頂いております費用ではこの程度の運用サポートでございます。とは絶対に言わない。

なぜなら絶対に一見の客ではないから。今動いているあれもこれも、これから動かすあれもこれも足してどうよ、という話になる。なのに採算計算プロジェクトごととかアホか。応札するとき戦略価格といったアホはそんなことは忘れているのか。健忘症管理職になる秘訣と見たね、俺は。

なんたら銀行ATM障害がどうとか、なんとか証券取引所システム障害がどうとかいうのは、原因は開発請負業者じゃなくって発注元がケチったためですよ。つまり自業自得だ。

去年より価格が下る→数で補う→現場一人あたりの拘束時間が増える→工数かかりすぎ→下請けに出そう→下請け工数足りない→以下無限ループ

そんな不幸がコンビニ以外にも存在している。必需品は買い叩かれるし、値段相応に落ち着く。105円のツナマヨを売るためにどれくらいの仕組みが必要か。いま就活している奴ら、SIだけはやめとけよ。といっても業界合計毎年数万人が入ってくるんだよな。不思議だ。ワタミと変わらんよ?

5ページ中1ページ目を表示(合計:109件)