「因果関係」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 因果関係とは

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523115325

ありがとう。とてもよく分かった。

じゃあ俺は因果関係の無い話をしてくる奴が嫌いってことだ。

極端な例と勘違いしてた。

http://anond.hatelabo.jp/20170523114337

それは極端な例じゃなく因果関係のない話を持ち出してるから

極端な例が悪いんじゃなくてそいつ発言のもの意味がない

お前がそれを極端な例として認識することが間違ってるし

そいつ情報もなしにそんな決めつけを行っているただの頭おかしいやつ

 

例えば酒を1日ビール10本飲んでいて1カ月のアルコール摂取量いくら

統計学的に3%の確率アル中になる傾向があるって話なら

その極端な例を軽視してアル中になったら震災と同じ災難のこんにちは状態

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170522140735

炭水化物多くとる

太る

糖尿病になる

食事制限させられる

痩せる人多い

みたいな因果関係はありませんか・・・?^^;

2017-05-18

因果関係を逆に考えていないかくらいの自己チェックは投稿する前にしましょうよ

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516115013

はあ?

日本語通じねえな

女が隠していったら男はここまで増長して性犯罪被害者をいたぶりだすって事でもあるから

隠した結果抑圧される

っていうのは因果関係が逆で

抑圧されてる結果として隠すことを強要されてんじゃね?

つっただけなんだが


そしてそのうち君のように外出した女が悪いと言い出す

はああ?誰がいつそんなこと言ったんだ???

受信しすぎだろ

なんやこいつ

http://anond.hatelabo.jp/20170516112232

女が隠していったら男はここまで増長して性犯罪被害者をいたぶりだすって事でもあるから

それは因果関係正しいのか?

逆では?

2017-05-13

ウェイの会話批判マジレスする人は何もわかっていない

内容の無いコミュニケーションを馬鹿にしている人は、何もわかっていない

あいつらは、内容の無いことばかり喋っている」と言って、学校職場の同僚を馬鹿にする人は多い。思春期ありがちなセリフかと思いきや、年配の人が、同じようなことを喋っているのを見て驚くこともある。


ウェイ「あいつらゲームとかの話ばっかり何が面白いんだ」に対して陰キャが「あいつらの会話内容なんじゃん」と言ったところにマジレスされても困る(わざとやってるのだろうけど)。その年配の人とやらも配偶者とかに「電波仕事の話ばっかりよく飽きないね」的なことを言われて「主婦同士の会話のほうが飽きそうだが」とか感じてるだけのことだろう。

クラスの上半分のウェイは上昇・秩序ゲームやってるのかもしれないが下半分は生き残り・秩序ゲームなのである。上半分はいかにもっと有利なポジションにいけるか、いかに仲良くなるか、いかに役に立ってるアピールをするかで動いているが、下半分はいかにいじめられないかトラブルに巻き込まれいか、余計なことを押し付けられないかで動く。


おいそれと転校・転職できない環境下なら、カースト弱者簡単には逃げられないから、内容の無いコミュニケーションを回して校内政治社内政治確立し、ヒエラルキーを確定させるのは、コミュ強の社会適応としては有効だと思いますよ。多かれ少なかれ、これはみんなやってるじゃーん、な事だとも思う

https://twitter.com/twit_shirokuma/status/862819416282603520]



1年間はクラス替えもないのだから、上に行こうなどと考えるよりDQNの気まぐれいじめルーレットを避けることを考えたほうが現実的である。「優しいというのは言い訳であり自己保身」みたいな言い方がある通り、いい人キャラはいじめにくい。無害であり、上に行こうなんていう生意気なことは考えてない、という雰囲気を出す以外の選択肢はない。雑談で盛り上がるより相手の話を面白く聞いて興味深く質問するふりをするほうがいい。抵抗できなさそうなヤツだと思われる副作用もあるが、男気ある系のDQN教師や先輩に気に入られていればなんとかなる。ウェイとは逆に「無害であること」「その集団に入らない努力」「分際を自覚し身の丈に合わない権利責任放棄すること」「過剰に買いかぶられないこと」「お節介を気分を害さないように断ること」が必要なのである。(そういう状況であるのに、某問題群のこととなると臆病だの批判をかわすための安全に痛い自己批判だの安全からメタ視線でのポリコレ批判だのという批判もあるが、彼らはオタクにどういう反応をしろというのだろうか)。陰キャが抵抗したり牙を向くときというのはこの秩序が強要や抑圧で乱れたときである悪魔的なことを言えば陰キャ勢は一人いじめられっ子を生贄として差し出せば1年間は安泰なのであり、そのとき選ばれるのは上からも下からも反感を買う「自分は下じゃない」みたいなナルシスト系の陰キャだ。この時ウェイと陰キャの利害は一致している。

回避であること、表向き主体性放棄していることは陰キャにとって合理的である。何かの本で回避性人格障害治療法が変わったと書いてあったのだが要するに「いじめれっこを同性同年齢の集団に戻していたが最近はいじめが発生するからなされていない」というものだった。地域にもよるかもしれないがDQNいじめられて回避であることを合理的選択した陰キャを1匹、DQNの群れに投げ入れるなんて狂気の沙汰じゃないだろうか。教師や先輩の介入が入りにくい「集団」に入れるなんて逆効果になるとしか思えない。治療方針の転換は妥当なのだろうと思う。また真面目系クズACとする意見を見たことがあるが、これも因果関係が逆のように思う。自己犠牲ではなく、自分を大切にするためにこそ逆らわないのだから

陰キャにとって「あいつは真面目wつまんないやつ」「空気」「影が薄い」「人生楽しいか」と言われたらそれは適応成功している証拠である。「自分透明な存在だ」「自分は誰の役にも立っていないのではないか」「何のために生きるのか、なぜ生きなければいけないのか」と感じる機会は当然ウェイより多くなるが、はなからそれ以外の選択肢などないのだから、感じるだけ問うだけ無駄なのであり、そう感じたり問うたりするのは大体が脳のコンディションが悪いときなのなのだから心より体調に気を使ったほうが良い。

長くなったが要するに、サッカー部に入ろうとも考えてない野球豚が「サッカーなんて玉けり遊び何が楽しいんだ」と言ったことにサカ豚から「玉ける練習で、レギュラーを目指してるんだ。」とかガチでこられても唖然とするほかないという話だ。昔のid:p_shirokumaなら「レギュラーになれないやつの僻みだ」と、あさっての方向の批判をしていたと思うが、今回のマジレスさらに一光年あさっての方向に退却しているように思える。

あいい例だね。こういうこと。

直ちに因果関係接続ちゃう行為ね。

彼は歯ぎしりしながら起きてると思うけど、絡まないと思いますよ!

誰にも勝てないから。

http://anond.hatelabo.jp/20170513024157

因果関係が不確かなホメオパシーで引っ掛けて因果関係の話に持ち込もうとしたんだろ?

馬鹿だったから勝てなかっただけなのに、悔し紛れの負け惜しみないわー

http://anond.hatelabo.jp/20170513023841

だめだこりゃ、予感的中なんで諦めるわ。お前の勝ちでいい。

とりあえず因果関係という言葉意味を調べることくらいはおススメしとくが

http://anond.hatelabo.jp/20170513023232

暗示なく手を掴んで屈強な男がひっくり返される、という条件も同じようにあると思いますがね。

なぜあんたは暗示前提で話をすすめるのかと。

もちろん情報に左右されるってことは暗示と捉えても良いでしょう?

さてちなみに、

1.彼が初日先入観がなかった、

2.数時間前まで腕力自分を投げていた

3.彼自身は全力で先生に挑みかかっていた、

4.それまでの訓練はほぼないに等しい。

という具合で状況は常識内で用意できる範囲で十分かとおもわれまっする。

あと後半の意図理解できないようじゃあんただめだよ。口ケンカ相手としても大した事ない。

あんたがここに書き込んだ因果関係など証明できない、と言われたらどうやって証明すんの。

ここまで言ってわからないならマジでラリパッパなんだろうけど。

2017-05-10

東大医学部・面会交流論文不正の有無の審議中

東大医学部の面会交流論文が、話題となっている。http://www.scirp.org/journal/PaperInformation.aspx?PaperID=74779&#abstract

DVを行ったとされる父親との面会交流を行っている子どものほうが、行っていない子どもよりも、ひきこもり抑うつなど、精神問題、行動上の問題を抱えやすい、という論文である

この論文は、フローレンス駒崎弘樹氏が3月末にそのブログで、面会交流によって子どもの心が壊される、という彼の主張を裏付ける「エビデンス」として紹介したことを皮切りに http://blogos.com/article/215491/4月末に行われた「当事者の声を国会へ」と題する衆議院第一会館での院内集会や、「「国連人権勧告の実現を!」実行委員会」による「第20回学習会 ハーグ条約と親子断絶防止法案http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp 等でも取り上げられたようであり、さら5月5日には産経新聞にも紹介された。

まり、これは、現在国会議員らによって提出が検討されている「親子断絶防止法」の策定を左右しうる重要論文である

日本では、別居親と子どもの面会交流は、家庭裁判所が間にはい場合、月1〜2回、4時間程度できれば良い方で、高葛藤や面会拒否が強い場合は月1回に2時間未満のことが多いと思われる (参考: http://oyakonet.org/documents/report_h2308.pdf )。DVがあったとされる父親であれば、その頻度・時間さらに減少するだろうし、FPICのような第三者機関の補助を得て行うことがほとんどで、面会交流時にDVあるいはそれに近いような行為をすることは稀であると考えられる。父親子どもを愛おしく思い会うでのあるから、短い時間の中ではその子どもを喜ばせようとすることが多いであろう。そのような状況で父親に会うだけで、本当に子どもひきこもり抑うつ危険性が高まるというような因果関係が本当にあり得るのだろうか?

そこで、研究論文を読むことのできる有識者にこの論文を読んで学術的に評価してもらった。そうしたところ、この論文は、きちんとした学術研究レベルに達していないひどい代物であるようだ、ということがわかってきた。

そのポイントは以下のようなものである

1. 僅かなサンプル数で、混交要因が統制されていないどころか、記述もない

研究対象としている母親の数がわずか38名、面会交流を行っている子どもの数が19名、面会交流を行っていない子どもの数が30名と、この種の簡易なアンケート形式研究としてはNが圧倒的に少ない。混交要因の統制が全くなされていないどころか、群毎の基礎的統計記載すらない。各群の基礎的な数値(Demographic characteristics)が両群でまとめて書かれてしまっていて、分けて記載されていないのである。つまり母親学歴収入精神疾患罹患統計値、離婚の有無、別居からの経過年数、子どもへのDVの有無・程度などが、各群で分けて記載されていない。加えて、両親間の葛藤の強さ、裁判調停審判などの有無、なども混交要因として示されるべきであろう。これらの混交要因候補指標のうちいくつかについては、この程度の少ないNであれば、各群で偏りが出てしまうことのほうがむしろ普通である本来、これらは分けて記載すべきなのに分けてないということは、これらのどれかで差が存在してしまっているので、それを意図的隠蔽している可能性もかなりある推定される。対象被験者集団は非常にヘテロ集団で、僅かなサンプル数しか取得していないにも関わらず、これらの指標について群ごとに示していないようなものは、まともな調査研究と言えるレベルのものではない。

2. 極めて僅かな回数の面会交流

「面会交流を行っている子ども」が父親と面会交流を行っている頻度の平均が、なんと僅か平均2.2回/年。Nもたったの19名。そのSDが2.2でレンジが0.5回~6.5回/年。年間2.2回というのは半年に一回しか会わないということであり、年間0.5回の面会交流というのは2年で一回しか会わなかったということ。しかも、この研究では、DVをしていたとされる父親との引き離しからの平均年数が6.9年も経っているのである。仮になんらかのDVがあったとして、引き離し後に7年もたったあとの、そのような僅かな回数の面会交流が、引きこもり抑うつリスク統計的有意に上げることは、常識的に極めて考えにくい。

3. 回答者バイアス可能

この研究は、質問紙を使ったアンケート形式のもの。回答を行ったのは子ども本人ではなく、DVを受けたと称している母親最近のことであるので、当然、親子断絶防止法のことも知っている母親が多いであろう。回答者研究の(政治的な)目的を知った上でバイアスのかかった回答をしている可能性があり、そのような可能性を排除するような工夫が全くなされていない。

4. 恣意的被験者抽出可能

方法によると、リクルートされた69名の母親のうち、8名が「精神疾患罹患している」という理由で除外されている。除外されていない回答者の中にも精神問題がある人がいるようであるが、除外の明確な基準は何か?都合の良い恣意的な除外なのでは?また、回答した60人のうち、22人が、「質問に全部回答できていなかった」という理由で除外されている。合わせると実に35%もの被験者が除外されているのである。このような被験者数がごく僅かの調査において、全ての質問に回答しなかった、という理由のみで除外することが許容されるのか?この研究では、各質問について統計解析を行っているのみで、それらの統計を行う上で、「質問に全部回答する」ということは全く必要とは言えない。つまり、除外する必要がない人を多数除外しているのである。これは、後付で、そのように除外することによって「有意差」が得られるからではないのか?

5. 標準的ピアレビューがなされていない可能性が大

このジャーナルを出している出版社はいわゆるpredatory open access publisherに分類されている。以前、過去にどこかで発表された論文をたくさん集めて無断で掲載していたことをNature誌に報道されたこともあったり、意図的にでたらめな論文作成投稿された論文掲載してしまったり、無断で研究者編集長として掲載していたり、という前歴のある「ならずもの出版社」の一つ。 https://en.wikipedia.org/wiki/Scientific_Research_Publishing 当該の論文掲載しているOpen Journal of Nursingも編集長を調べると、教育しか行っていないような大学教員であり、責任著者としてはこの10年で1報しか論文を出していないような人である。このジャーナルは、医学生物学文献の権威あるデータベースPubMedにも、もちろん掲載されていない。この出版社ジャーナルではまともな査読がなされていない可能性がかなりあり、筆者らの所属大学を筆頭とする多くの日本大学が、この出版社をうまく利用してしまっている事実が指摘されている。https://science.srad.jp/story/15/12/07/0554222/

上記の各ポイントは他の標準的査読が行われている科学雑誌では指摘されるのが当然であり、普通はこのままでは受理はされない。であるからこそ、このような出版社ジャーナルから発表している可能性が高い。

----

以上のような深刻な問題を抱えている論文であるため、その有識者は、この論文の著者にデータの開示や、群毎の基礎的統計提示を求めるなどの連絡を責任著者に対し行った。当初、責任著者からは何の返事も得られず、そのため、その責任著者の所属学科長にも連絡を行った。それでも何の返事も得られなかったため、所属大学の「科学研究における行動規範に係る不正行為に関する窓口(本部)」に通報を行った。

その通報根拠は以下のようなものである

文部科学省の「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/08/__icsFiles/afieldfile/2014/08/26/1351568_02_1.pdf

は、研究機関

研究者に対して一定期間研究データを保存し、必要場合に開示することを義務付ける規程を整備し、その適切かつ実効的な運用を行うこと」

義務付けている。

そして、当該論文の筆者らの所属大学

国立大学法人東京大学における研究活動上の不正行為の防止に関する規則

http://www.u-tokyo.ac.jp/gen01/reiki_int/reiki_honbun/au07410491.html

には

研究者は、研究活動正当性証明手段を確保するとともに、第三者による検証可能性担保するため、文書、数値データ画像等の研究資料及び実験試料、標本等の有体物(以下「研究資料等」という。)を別に定めるところにより適切に保存し、開示の必要性及び相当性が認められる場合には、これを開示するものとする。」

とある

当該論文は、国の立法に影響を及ぼすことを目的として各所で用いられているのであり、データとその解釈科学的に正当な疑義が提出されており、また開示しない特別理由もない以上、データ開示の必要性があるのは疑いがないところであろう。

まり、この定義によると、再三のデータ開示の求めにも応じず拒否し続ける責任著者らが、この規則違反しているとみなすこともできるであろう。つまり、この規則によれば、この論文の著者らは、ある種の不正行為を行っている可能性があることになるのである

この通報後、窓口担当者らは、本件について医学部長らと議論し、その結果、この論文責任著者はその有識者に回答のメールを送付した。しかしながら、その回答には、

倫理委員会承認された研究手続きを逸脱することになるのでデータは開示できない、

・混交要因の候補変数について両群で比較した結果、有意差はなかった(実際の統計値の提示は全く無し)、

・その他は、科学者コミュニティーオープン議論すべきなので、当該Journalにletters to the editorとして質問せよ、

との主旨の内容があるのみで、リクエストや指摘の重要ポイントについては、実質的な回答は全く得られなかった。

その有識者は、4月26日にその論文ウェブサイト上のコメント欄に上記ポイントについて書き込みをした上、議論を行うよう著者にメールにて依頼を行ったが、著者らからは、5月9日現在、何の返事や回答も得られていないとのこと。

http://www.scirp.org/journal/PaperInformation.aspx?PaperID=74779&#abstract

著者らの誠実な回答と、著者らの所属大学による速やかで適切な対応が期待される。

その有識者は、こんなことを言っていた。

科学の基本は「エビデンス」ではないのか?そしてその「エビデンス」とは、データのもののことではないのか?そのデータがなぜ有識者にすら提示できないのか?連結不可能匿名化されたデータであれば提示はできるであろうし、すくなくとも重要な混交要因候補について各群ごとの統計数値のテーブルくらいは提示すべきではないのか?

データ不在で第三者による検証ができないような「科学」は、もはや「科学」とはいえないのではないか。それは控えめに言って疑似科学さらに言えば、科学の名を借りたカルトである。そんなものに、国の立法が影響を受けること、そして多くの人々の生活が影響されることがあってはならない。」

・・・・・

以下、5月15日追記。

千田有紀教授より、

ブログ文章を読む限り、分析妥当性をめぐる疑問のように思われました。そういうことを、「不正」などと言ってはいけないと思います。」

との指摘をツイッター上でいただいた。 

しかし、このブログで指摘した不正可能性は「分析妥当性」についてではない。指摘したのは、リクエストに応じてデータを開示しないことについての不正可能である

論文著者らの大学の「不正行為の防止に関する規則」に

研究者は、研究活動正当性証明手段を確保するとともに、第三者による検証可能性担保するため、文書、数値データ画像等の研究資料及び実験試料、標本等の有体物(以下「研究資料等」という。)を別に定めるところにより適切に保存し、開示の必要性及び相当性が認められる場合には、これを開示するものとする。」

とあり、これに違反しているのではないか、という指摘である。この点、ご留意いただきたい。

2017-05-09

因果関係を逆に捉えたまま気が付かない人って多いんだな

2017-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20170508191019

ヘルニア腰痛因果関係あると良い事があるとは思えないが、何かあるのかね?

そんなんじゃなくて、ロジックの話。

ヘルニアがある状態でも腰痛は解消した」なら「ヘルニア腰痛因果関係が無い」と言える。

ヘルニアがある状態では腰痛があった」「ヘルニアが治ったら腰痛が治った」なら、「ヘルニア腰痛因果関係が無い」とは言えない。

ヘルニア腰痛因果関係があるかもしれない」だよ。

腰痛の原因がヘルニアであると確定はできない」ならそのとおり。

http://anond.hatelabo.jp/20170508183514

ヘルニアは6年前になって、その時は薬飲んで体幹鍛えたら治った

今回も同じ場所ヘルニア指摘されたし、治り際に別の整形外科行ったけどある言われた

ただ、見て分かる出っ張りじゃなく、見ても分からいくら

から最初整形外科ではどこが?って聞いたら怒られたし、次の整形外科じゃ脊柱管狭窄症とか言われて、ヘルニアじゃないの?言ったら、じゃあヘルニアですね言われたし

ヘルニア腰痛因果関係あると良い事があるとは思えないが、何かあるのかね?

http://anond.hatelabo.jp/20170508182623

一応自分、去年ぎっくり腰からヘルニア発症したけど半年以内に治って東京マラソン完走した経験者なんだけどな

これが「ヘルニアの変形は治ってないけど、腰痛は解消した」ってことならそうなるね

レントゲンヘルニアも治ってたなら、「ヘルニアはほっといても治る」であって、「ヘルニア腰痛因果関係はない」とはならないと思う

http://anond.hatelabo.jp/20170508181901

ヘルニアって言う変形はあるけど、それと腰痛因果関係は無いよ

腰痛なのに原因かどうか分からないヘルニア有るって伝えられて、その手術するとかオカシイでしょ

原因じゃ無かったら治らないんだから。治ってもヘルニアなのかプラシーボ効果なのか分からん

2017-05-07

http://anond.hatelabo.jp/20170505090837

A.米国連邦法の刑罰が州をまたいだ犯罪や国際犯罪限定される、という話の根拠

合衆国憲法修正10条で、明確に規定された以外の権利はすべて、州または人民留保されている、とされていて、連邦刑法がそもそも規定できるのが、州を越えた犯罪、国際犯罪通貨偽造などの国家の信用棄損、郵便電子メールなどのそもそも越境性を前提としている物、などに限られています。だからこれらを除いて、州内で完結する犯罪連邦法で規制することはできない。後述するかもしれない麻薬関係のように、近年連邦法の適用範囲は広まりつつあるようですが。元増田があげているIRSはfederal taxを規制しているから当然連邦法の預かる所となる。federal interestを明らかに損なっているでしょう。あと、A or B or another Cの場合another同類の何かを示しているので、普通AもBもCに属すると解するのではないですか。AやBやその他のC、とかAやBなどのCと訳すことは誤訳とは思いませんが。明確に分かれているの意味が分からないです。

Amendment X

The powers not delegated to the United States by the Constitution, nor prohibited by it to the states, are reserved to the states respectively, or to the people.

A.米国留保民主案は適用範囲が全く違うのでは

なぜ?アメリカ体裁上は各州が独立した国です(state=国連マターの国)。連邦刑法共謀罪規定する、アメリカ合衆国アメリカ合衆国利益を損なう、またはそのエージェンシーに対する犯罪を、取り締まっていれば、5条が規制しているのは第3条2で規定されている、国際犯罪であって、アメリカは純地方的な行為についてはこれを留保しているのだから問題ない、こういうロジックでしょう。この留保は明示はしていないけど、していることはどうみても第34条2項の留保だよ。この辺りは最後に書く、留保意味にも関連して来るけど、どの条文を留保しているか特定して明示しないっていうのは立派な作戦ではある。

A.別段の定めでは&犯罪化の要件に国際性は含めるべきではない、と言われているのでは

ちょっと理解できないんだけど。あとLegislative Guideは立法ガイドだよ。読解力のなさが外務省なみじゃないの?どう読んでも、国内犯罪に国際性の要件を入れたら困るだろうからそこは入れてはならない、とかいてあるでしょうが。以下の部分を読めば明らかに、5、6、8、23条に関する犯罪立法化する際に、国際性を要件とすることは必要ない(do not have to)とされているでしょう。

The paragraph is intended to indicate to States parties that, when implementing the convention, they do not have to include in their criminalization of laundering of criminal proceeds (article 6), corruption (article 8) or obstruction of justice (article 23) the elements of transnationality and involvement of an organized criminal group, nor in the criminalization in an organized criminal group (article 5) the element of transnationality. This provision is furthermore intended to ensure clarity for States parties in connection with their compliance with the criminalization

 この項は、最終案の取りまとめの段階で、行なわれた非公式セッションの中でフランスねじ込んできたもので、アメリカがそれに対して、「これをいれると条約scopeが変わってしまうのではないか」と指摘して「組織犯罪要件は外さない」とことを明記することで、条約scopeが変わっていないことを明示的に示した、という経緯のもの解釈ノートには、組織犯罪要件国内犯罪でも入れないといけないが、国際性の要件は入れる必要がない、としていることに表れているわけ。なぜ入れるべきではないとされているかというと、そうすると条約目的が果たされないからではなく、国内犯罪の取り締まりに支障が出るからと書いてある。この条約scopeはそもそも国際犯罪の取り締まりなのだから国内犯罪の取り締まりに影響が出るような法改正必要ないヨという指摘がされている。

http://corporate.findlaw.com/litigation-disputes/without-conspiracy-laws-alaska-easy-target-for-organized-crime.html

A.ウクライナ留保しているか問題ではなく範囲問題なのでは

そらそうよ範囲問題でしょう。でも外務省は676必要だ、条約締結にはびた一文負けられんとおっしゃていたのにも関わらず、277まで減らせたんでしょう。その根拠は何っていう話とおんなじだよ。これも最後に書く、条約留保意味の話と一緒だよ。ウクライナ刑法について詳しく存じ上げないのは外務省と一緒だけど、外務省意図的にアホを装っているのは明らかで、2年以上の、条約要請より広い犯罪について共謀罪が設けられているんなら、留保なんてする必要ないんだって。なんか理由があるからやってんでしょうが。聞かれたら差し障りの内容に、大丈夫です、影響ないですって言うにきまってんじゃん。

A.内心でなく準備行為必要

いやいや内心だよ。自身が準備行為をしていなくても、合意で成り立っちゃうんだからさ。これは共謀共同正犯でも問題になった点。

A.汚職記載されるべきとする理由は何か

「十分に条件を満たす国内法がある」共謀罪はないですが。「山でキノコを採りに行く共謀」が記載される必要がないのとおんなじ理由じゃないですか?バカなの?

A.あっせん収賄

ごめん酢で間違えた。会社法の贈収賄会社法967条)。

アラスカ共謀罪がないか麻薬犯罪のすくつに!

http://corporate.findlaw.com/litigation-disputes/without-conspiracy-laws-alaska-easy-target-for-organized-crime.html

ロイター系の司法情報サイトの非署名記事だけど。アラスカでは共謀罪がないから、麻薬取引のヘイブンになっているぜ!っていうバカ記事。もし連邦法がすべてをカバーしてるから大丈夫ならこんな記事が出るはずがないでしょうが。でもこの記事面白いところは、多分保守派記者煽りで書いてるんだけど、出されている例が全て、国際性の要件、または州をまたいだ犯罪になっているので、連邦法で規制できているという点。それでもこいつらは取り締まれてないわけですよ。因果関係は知らんけど、アンカレッジマリファナ組織のすくつになってるなら、それはどう考えてもアラスカが8州ぐらいしかない、マリファナ合法化州だからじゃないかと、ふつうは考えると思うけどね。煽るバカはどこにでもいる。

アメリカでも共謀罪による過剰摘発冤罪問題になっている

https://www.vice.com/en_us/article/how-drug-trafficking-conspiracy-laws-put-regular-people-in-prison-for-life-930

まぁこのケースはそもそもメスを決めてたユーザーが売人に仕立て上げられたっていう記事だけど、アメリカ弁護士記事サイトでの広告を見ても、Conspiracyはhard to defenceだとされている。Prosecutorsもそれがわかってるから積極的にConspiracyで立件していて、連邦刑法もっとも広く使われているという見解複数弁護士から出ている。アメリカそもそも大丈夫じゃない。彼らが冤罪承知して幅広く網掛けてるわりには犯罪は、日本よりずっと多いしね。

条約留保意味

 条約留保とは、一方的宣言するもので、条約の締結国から異議が出なければ基本的スルーされる。異議を申し立てた国が出れば、その国との間では、申し立てが取り下げられるまで条約の締結関係とは見なされないという性質のもの。だからアメリカとかウクライナ外務省が照会かけたって、「影響ないですぅ」っていうに決まってんの。「影響ある」なんて言えるわけがない。それに日本は、国際人権規約自由権規約人種差別撤廃条約で、国連委員会(これらの条約は、各国のコンフリクトが影響しそうだからということで国連委員会がこの権利を有している)から何度も勧告を受けている。ヘイトスピーチに関してもそうだったし、死刑制度についてもそうだし、個人通報制度にしてもそう。これらを留保することを「完全な批准状態ではない」と非難されているが、留保は取り下げていない。さらには「日本国内法を理由条約留保をすることに関して誤解している」とかも確か言われている。それでも留保は取り下げてない。死刑に関しては評価E「委員会勧告に反する」とされているが、留保は取り下げていない。こういう外務省がおっしゃる条約が締結できない」なんて信用できるわけがない。最低限必要だとしても、留保してから国内で十分コンセンサスが得られるまで議論しても、国際的地位において何の問題もないことは、日本がこれまで条約の基本趣旨に反する留保を幾度となく行ってきていることが示している。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/

2017-05-05

https://goo.gl/B8W46Y

はてなブックマークでは、コメントタグネガティブ意見罵倒が並んでブログウェブサイトオーナーが傷ついたり、炎上を引き起こすことがある。池田信夫は、はてなブックマークユーザーを「はてなに集まるネットイナゴ」と呼び「悪貨が良貨を駆逐する」と批判した[40]。そのため翌月に褒めることしか出来ず、コメントハードルが高い「はてなスター」が始まった[41]。しか池田は納得せず、翌年も「匿名の卑怯者」「暗黙の言論弾圧装置」と批判した[42]。そのためかオーナーがmetaタグを設置すれば、『コメント一覧の非表示』が出来るようになった[43]。それでも池田は納得せず、次の年も「チャレンジしないでストレス飲み屋ウェブで発散するサラリーマン」の「卑怯者に「ガス抜き」のプラットフォーム」を与えていると非常勤取締役梅田望夫批判した[44]。はてなブックマークユーザーは、はてな平均より男性(9割)や中・高所得者年収500万円以上が6割)が多いようで[3]、池田はそれを念頭発言したようである。この批判に応えてエントリーページでは、はてなスターの付いた人気コメントが優先的に表示され、池田が求めたようなシステムになった。またtwittermixiなどのSNSとの連携機能を整備する要因になったようである

池田信夫への凄まじい怨念によって因果関係が不確かなことがそのまま記述されてる。

梅田批判したのは確かだけど、それによってスターの表示形態が変わったかどうかは不確かだろ……。

それとも梅田当時に池田先生のせいでスター表示が変わりました、つったの?

というかあの順列でよりセンセーショナル暴言クローズアップされるようになったんだけど。

ここの村社会に自浄効果なんかないよね。

2017-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20170503124449

因果関係としてはどうなんだろう

実は捜査結構進んでてそれを知らせる符丁として関係者が騒ぎにしたとか

そういう可能性もある気がするけど

2017-04-29

小児性愛者と社会

ロリコン(ここではわかりやすネット用語を使う)は"そこにいる1人"を内面で愛せない人だよなぁ。要は愛のかけらもない人。

----

人間誰もが1020年経てば自動的子どもではなくなる事実があるわけで、人としてそことどう向き合うんですか?という話。

いくら内面が好きでも対象大人になって好みではなくなった時、結局は外的要因あっての内面、もしくは子供特有の何かに惹かれてたんだなと教えられる。

それは必ずしもそこにいるその人である必要はない。子どもなら誰でもよく、それは愛しているとは到底言えない。

しか子供らしい内面や外見が純粋に好きなのであれば、男女間で差が出るのは不自然だ。(小児性愛かつバイセクシャルの方を除く)

から取り入れる子供らしい体の造形がロリコンにとって心地よいだけだ。

または子供らしい無邪気な関わりが自分にとってのなんらかの穴を埋めているのだろう。

全ては自分のためで、相手幸せになってほしいなどという思いはただの副産物薄っぺらものに過ぎない。

ロリコンが誰かを愛してますなんて言葉根本的な矛盾を抱えているんだなぁ。

----

無意識に脳が子供を求めているのだから、その原因は単にロリコンの子時代にあったと考えるのが自然である

人間自分に足りない何かを補おうとする性質がある。

例えば悩み事があれば聞いてくれる存在を欲しがる。

今では一人でもやもやを吐き出すためにネットという存在に手を出す人も多い。

ロリコン自分の子時代になにか言えない、なんと言えばいいのかわからない穴を抱えているのだろう。

子ども時代何か大事ものを落としたあげく、いろんなところでエラーを出しながら他人を愛せない、信用できない人になった人の一部がロリコンなのであろう。

その原因は、その人を育てた親かもしれないし、友達かもしれない。はたまたこの社会かもしれない。

因果関係は非常に複雑で、何百もの要素が絡み合いこの結果が生まれていると思う。

他人感情もわからないほど混乱し自分しか見ていない大人が、何も知らない子供を狩る物騒な時代は、ただ規制するだけでは決して解決しない。

狩る側の心を和らげ生きやす社会へと変えていく意識と、狩られる者たち(親と子)が事実(両者の想いや考えを)をしっかりと認識することが重要

まずはこの国の一人一人が、自分と切り離して単なる偏見避難批判、同情するのではなく、自分、そしてロリコン被害者たちに寄り添うことが必要なのだ

2017-04-27

http://orangestar.hatenadiary.jp/entry/2016/07/18/183742

アジコの記事読んでると、まだ記号論理学棍棒振るってるやつのほうが切り分けられられてると感じる。

作中内の因果関係第四の壁からみた因果関係がごちゃごちゃになってるし、

中間の四種も非常に古典的で、今日創作のように意味自体がすげ変わるプロットカバーできていない。

すごくためになりげな事が書いて「あるっぽい」ので我慢して読んでみたけど……。

切り分けが甘いと感じるもう一つの理由として、最後のあのシメにも問題が求められる。

解釈はその人の因果関係の多さではなく解釈差異と深度の問題であって、物語内の相関関係は変わりゃしませんよ。

こういう切り分けができてないから、作中の腐ったりんごの結末を見て物質的な価値が得られた、とか言っちゃうわけで。

第四の壁から見るとあれは価値という隠喩である解釈するのが妥当なわけです(この解釈も決定的ではない)。

貧しいものに真の価値を、という古今東西おとぎ話は、価値を与えられるもの清貧であるべきだ、とかそういう程度のもの

まあメッセージはそれ一種ではなく色々あることだろうけど。

基本的にあの手の話は貧民の逆転劇なのでそこ自体は押さえたいところ。

そして第四の壁のことをいえば、壁以降の話に容易に飛んでて、この人ちゃんと物語を分解判断できてないなと思うわけです。

ざっくりした解釈はその人の中の因果関係解釈が貧弱云々にかかわらず、全体を見渡すとき必要観点です。

うしおととらブリーチが同じ少年漫画であるという捉え方も頭脳の一つ。それぞれやりたがってることが違うのも解釈の一つ。

じじいやばばあが川に洗濯に行ったり芝刈りする件に関しては、概要作った後見直しのときにやることじゃないですかね。

そうとは書いてないけど、最初からやるやつはいないと思いました。検討ってのはそれが出てこないとわからんものなので。

それはそうと、シロクマ自体は俺も嫌い。最新記事評価の話もごもっとも。それとこれとは別。

2017-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20170425143821

因果関係が逆転してるな

深夜枠だから内容が過激なわけではなくて、深夜枠は料金が安いから買っていたが深夜=子供は見ないという図式を逆に利用したか過激になっていったのだ

2017-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20170423185125

これこそが理数系が小説の読み方や暗喩ケチをつける原因。

因果関係がない事象類推するしかない事態なんて日常に山ほどあると思うんだが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん