「洗濯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 洗濯とは

2017-05-23

28既卒就労童貞博士ストレスにやられる

もうずっと食事が喉を通らない。

固形物を口に入れた瞬間、それが喉に詰まって窒息したりあるいは気管に入って誤嚥性肺炎を起こすことを想像するからである。いままでモチを詰まらせたことも魚の小骨を引っ掛けたことも無いというのに不思議な話であるが、おれの頭の中では食事と死のイメージとが鮮やかに直結しており、視界に映り込んだ鼻の頭のようにあるいはピンク色をした象のように、意識しだすと止まらない。おれはやがて経腸栄養しか口にできず糖分を採りすぎて糖尿病になって失明し脚は壊死して腎臓を壊して透析で苦しんで死ぬ。親が大手病年収が×××万円以上でなければ、なんとかと云う結婚紹介所におれを登録できないのだと云う。収入の不足分を補うためにかれとかれの母がもつ不動産相続させるとも云った。過干渉。おれが未婚で長男キモオタ身の回りの支度ができない無職プー太郎で優良企業就業済既婚の弟がいるものからそういう余計なお節介をされるのであろう。自分はその紹介所で妻との縁ができたのでお前もそこに入会せよと云う。おれくらいの年齢の頃、かれはすでに一と三分の二流くらいの企業に勤めていたからかれはその相談所に入会できたわけだが、28無職就業経験ゼロという現状そしておれのもつ素質たとえばわが指導教官にそれゆえにお前は研究者に向いてないと直々に云われるほどの社会性の無さなどの資質を鑑みれば、おれがその年収を達成することはとうてい困難なことに思われた。だからおれは早く家を出て住所も電話番号も秘匿して蒸発してしまいたいくらなのだがおれの学費生活費と住居費の××年分および奨学金の返済にかれの収入の大部分が充てられているという事実がある以上そういうわけには行かない。ところでかれはおれが野良博士という現代の不可触賤民であるにも関わらず一流有名企業に入れる実力を持っていると勘違いしているようで、どこぞの大電メーカー博士卒を重点的に募集しているなどと有難いタレコミを呉れる。あるいは予備校講師などしながら企業研究職を狙えばどうか、などとも云う。博士就職がいいと云っても景気がいいのは人工知能関連の分野だけだということをどうもかれは理解しておられないようである。おれはと云えば研究室にも行かず×年間も自宅に引篭もってノートの上の数式を弄っていただけの人生だったから、プログラミングスキルも各種資格もろくに無く、きょうびどこの企業からも御呼びでない。頭の回転も遅く某社のSPIでは酷い点数を取ってしまったために面接すら受けさせてもらえない。これでは受験数学問題など到底解けないだろう。登録していた就職斡旋から貴方にはシンクタンクなどが向いているでしょうなどと調子の良い言葉をもらったが一か月経ち二か月経っても音沙汰が無い。当たり前である。何かの手違いで某外資から研究内容を紹介する機会をもらったこともある。おれの能力を試すためにあえてそういうポーズを採ったのかもしれないが、かれらはおれの話を理解するそぶりを全く見せなかった。ショックを受けた。明らかに企業側の需要とのミスマッチが感じられた。おれのプレゼン問題があった可能性は否定しないが、要するに世界でも十人くらいにしか価値を認めてもらえない仕事を延延黙黙やっていたということは、おれも同意するところである。その十人のうちの一人がわが指導教官だったのは幸運だったのか不運だったのか分からない。もともとおれは数学などで分からない問題があるとイライラが募り便通が悪くなり院試の頃は特に最悪で原因不明の腹痛で入院するくらいで、睡眠時間食事の回数もゴリゴリと減っていき、歯ぎしりが止まらなくなり、かと思えば今日サボりの日だと云ってネットサーフィンに明け暮れるものの心はまったく休まらず、夜中唐突に呻きながら自転車で遠出をしたり、風呂洗濯もせず、機嫌は最悪で周囲に怒鳴り散らし、ただでさえ無口な性格だというのにいっそう塞ぎこんで誰にも相談できなくなり全て自分の力だけで問題解決したくなる人間だったから、博士課程に進学することは当然の帰結であった。おれが天才数学者だったなら上記のエピソード天才の微笑ましい奇行としてウィキペディア埋め草にでもなったのだろうが、悲しいことにおれはアホでマヌケIMOメダリストなどからは程遠い知能の持ち主だったか学位をとるのに結局◆年もかかり(思考速度と問題解決能力研究能力のすべてではないという当たり前の事実に気づけたことが大学院における唯一の収穫である)今では無職である。元から変だった自意識は余計に拗れメンタルは不調をきたした。食事が怖い。面接が怖い。唐突に脳血管の破裂が怖くなる。あれほど楽しかった学力試験が今では恐ろしい。自分の劣等具合を再確認させられるから大学院など行かなければよかった。博士課程など行かなければよかった。満期取得退学しておけばよかった。学位など取らなければよかった。高卒就職すればよかった。以上。

2017-05-21

女は使えない

済)オナニー

済)2日連続で布団干す偉業

中)シーツ洗濯

済)朝食はやまいもそば

未)シリアル牛乳買い忘れたから、これから近所のスーパーへ(洗濯後)

済)マーケットプレイスの出品者評価

予)漂白剤を使った洗濯

[]5月20日

○朝食:なし

○昼食:桜エビかき揚げ丼、ミニざるそばタコわかめ和え物茶碗蒸し、生中二杯、宇治金時

○夕食:ご飯、減塩野菜たっぷり味噌汁フリーズドライ)、納豆二つ

調子

はややー。

掃除洗濯公共料金の支払い! などをとろとろしつつも済ませ、

昼間からファミレスで呑んだくれてた、なんと15時から17時の間はビールが半額なのです。

天ぷらではかき揚げが一番美味しいと思う、当たり外れかなりあるけど。

それから増田を書いたり、ラジオを聴いたり、ニコ動みたり、ゲームあんまりしなかったけど、休日のんびりはややーできた。

明日もお休みなので、明日ゆっくりはややーしながらゲームをしよう。

そうえば、会社書類を月末までに書かないとならないんだけど、ずるずる先延ばしにしているなあ。

書類っていうか、普通に業務ことなんだから給料でない休日業務後になんで書かないとならんねん。

あーイライラしすぎてマウス壊しそう。

ここはあれだな、イベントごとに巻き込もう。

金曜の夜に漫画喫茶に行って、そこで書こう。

そしてそのままフライドポテトパーティーしつつ何か漫画を一気読みしよう、うん、いい計画だ。

よおし、がんばるぞいや。

3DS

ポケとる

ミッションカードをこなして、ラグラージメガストーンをゲット。

それと、メインステージの未捕獲でノーアイテムできそうなのを適当捕獲してた。

さすがに長いとこやってるだけあって、メガストーンも揃ってきた。

はいえ、かなり有用メガスピアーの入手を逃したのが痛かったなあ。

iPhone

コマスター

ログボのみ。

2017-05-20

はぁ、仕事辞めたい…。

たぶん贅沢なこと言ってるのかも知れないけど仕事辞めたくって仕方ない。とりあえず退職金が割増しになる歳まで4~5年あるから、そのぐらいは我慢してもいいけど、それ以上はお断り

サラリーマンとかOLというのはそんなもんなのかも知れないけど、2~3年ある部署仕事してその仕事に慣れたら今度は新しい職場に異動…の繰り返し。私は仕事覚えたり新しい環境になじむのが苦になる方なので、このローテーションが拷問のように思える。ここしばらくは、比較的前の仕事とつながりの多い仕事やらせてもらえているので、一から新しい仕事を覚えなければならない…という事態にはあまり陥らないけど、似たような職場でもちょっとずつ違う部分があったりローカルルールがあったりして、前の職場ルールがそのまま通用するわけではない。

あと、大規模組織宿命かもしれないけど、異動希望なんか通らない。大きい会社で好きな仕事をしたいとか言うこと自体わがままかも知れないけど、ある程度以上歳の行った人間希望から外れた仕事とか本人の適性に合ってない仕事させると、周りの人間とか上司が大変な思いをするんだから、よっぽど本人の能力希望マッチしない場合以外はある程度かなえてほしいもである

で、最大の不満は休みが少ないこと。週5日働くのは当たり前だと思っている人多いかもしれないけど、シフト制のところで3日働いたら1日休み…みたいな生活してると、5日続けて勤務するのが苦痛になってくる。でもこれって休みバラしてるだけのことなので、連休は非常にとりにくい。旅行とか好きだけど、だからといって休みを全部旅行でつぶしてしまうと洗濯とか家の雑用をする時間がなくなる。週休3日か4日だったら最高なのに。

うちの会社では週4日勤務の非常勤という制度はあるんだけど、それはそれなりに給料が安く、ボーナスも出ない。それに部署選びを失敗すると安月給のわりに仕事がきついということもあり得る。結構専門的な仕事非常勤募集してるのを見るんだけど、「そんな条件で来るやついねぇよ!」と人事を張り倒したくなる。

そして、うちの職場ってもろにワーキングプア製造工場なんだよな。5年が契約期間上限の契約社員がいっぱいいいて、いちおうその中で何人かを正社員に起用する制度はあるけど、受かるのはほんの一握り。優秀な人だけ手元に残せるので、雇う側には有利だけど、5年目を迎えて次の就職先をこそこそと探している子たちを見ると切なくなる。自分正社員だけど、正直彼らほど一所懸命働いてない。しょっぱなから正社員として入った人間からすると、ここは決してエリート部署ではなく、出世をあきらめた人間が極力定時に帰り、プライベート時間有効活用すべき場所なのだ。安月給なのに、仕事をきちんとこなそうとけなげに残業して働く契約職員の子たちを見ていると、「偉いな」と思う反面、「こんなところに無駄エネルギー使ってもしょうがないよ」と言いたくなる。

…こうやってつらつら書いていると自分でも楽な職場だと思うけどこれが永遠に繰り返されると思うと嫌なんだよね。毎朝早起きしてあくせく出勤するだけでもイヤ。自由になって旅行とか行きまくりたい。でもそのためには今の給料が維持されないと無理。かくして「辞めたい…」と思いながら出勤する日々は続く。

うろ覚え桃太郎

昔々あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山へ芝刈りに。

おばあさんは川に洗濯に行きました。

おじいさんは芝狩りに行く途中、景色が綺麗だなと思いました。

おばあさんは川で洗濯をしていました。

すると、上流からどんぶらこっこ、どんぶらこっこと大きな大きな桃が流れてきました。

「あら」

おばあさんは驚いて洗濯物を全て川に流してしまいましたが、気付きませんでした。

「よいしょ」

おばあさんは勇気を振り絞って上流から流れてきた大きな桃を掴み、岸にあげました。

「ふう。こりゃ大きい。これでしばらく食べ物には困るまい」

おばあさんは桃を家に持って帰りました。

「ひゃあ!なんだいこれは」

大きな桃を見ておじいさんは驚きました。

「なにって、桃だよ」

「はあ。こんなに大きな桃があるんだねぇ」

「とりあえず、食べましょ」

おばあさんは大きな鉈を取り出して、真ん中に切り込みを入れた後、

いつもの感じで大きく振り下ろしました。

すると、桃が一度大きく揺れて、中からなんと赤ん坊が出てきたのです。

「「どひゃぁぁぁ」」

「おんぎゃあ!おんぎゃあ!」

「あ、赤ん坊じゃと?!」

「も、桃から赤ん坊がぁ?!」

おじいさんとおばあさんはそれはそれはとても驚いて腰を抜かしましたが、

からまれ赤ん坊桃太郎と名付けて育てることにしました。

近隣の住人は孫を預かっていると説明しました。

それから桃太郎はおじいさんとおばあさんに育てられ、すくすくと成長しました。

しかし、その間に鬼が度々世間を賑わせており、何度かおじいさんとおばあさんの家には来て、

醤油、塩等を要求してきました。

幼心に桃太郎はそれを覚えていて、鬼は悪い奴という認識を持つようになりました。

そして物心がつくと、桃太郎はおじいさんとおばあさんに言いました。

「僕、鬼を滅ぼします」

「えっ」

「も、桃太郎!」

「おじいさん。おばあさん。今まで育ててくれてありがとう

「……そうか」

「わかったよ」

おじいさんとおばあさんは桃太郎の話を聞いてなんと無謀なと思いましたが、

村の相撲大会はいつも熊を倒していたので、ひょっとしてと実は期待していました。

「よし!わかった」

「これを持っておいき」

おじいさんは元足軽でしたので、桃太郎に刀を。

おばあさんはご自慢のきび団子を渡しました。

ありがとう!おじいさん!おばあさん!」

そうして桃太郎は家を出ていきました。

「鬼倒すとかさすがに草」

村の人達も温かい目で送り出しました。

村を出てからしばらくすると、桃太郎の前に犬が現れました。

桃太郎さん。桃太郎さん。お腰につけたきびだんごひとつ私にくださいな」

「むむ」

歌い喋る犬を前に桃太郎は大変驚きましたが、一呼吸置いてこう言いました。

「わかった。君は大変かしこい犬だ。このきびだんごをあげるから、鬼と戦いなさい」

「わかりました」

そしてまたしばらくすると、桃太郎の前に雉が現れました。

桃太郎さん。桃太郎さん。お腰につけたきびだんごひとつ私にくださいな」

「むむ」

歌い喋る雉を前に桃太郎は大変驚きましたが、一呼吸置いてこう言いました。

「わかった。君は大変かしこい雉だ。このきびだんごをあげるから、鬼と戦いなさい」

「わかりました」

また数時間もすると、桃太郎の前に猿が現れました。

桃太郎さん。桃太郎さん。お腰につけたきびだんごひとつ私にくださいな」

「むむ」

歌い喋る猿を前に桃太郎は大変驚きましたが、一呼吸置いてこう言いました。

「わかった。猿は大変かしこい犬だ。このきびだんごをあげるから、鬼と戦いなさい」

「わかりました」

こうして桃太郎は、犬、雉、猿という心強い仲間と出会ったのです。

しばらくすると港町に着きました。

桃太郎はその辺りにいる漁師を捕まえて聞きました。

鬼ヶ島に行きたいのですが」

「勘弁してくれ。何であんな危ない場所に」

その後も何人かの漁師に聞きましたが、いい返事はもらえませんでした。

しかたが無いので桃太郎漁師から安い船を購入し、それで鬼ヶ島へと向かいました。

鬼ヶ島上陸すると、直ぐに鬼の形をした大きな門がありました。

「ようし。ここだな。ここに鬼がいるんだな。行くぞ!」

はい

「ええ」

「いきましょう」

桃太郎は勢い良く門を叩きました。

はい。どなたですか?」

門の中から鬼の声が聞こえました。

桃太郎だ!桃からまれ桃太郎だ!」

「はあ。今開けますね」

すると門が開き、中から大きな鬼が現れました。

「どちらさ……ひゃぁ!」

「くたばれ!」

「ワン」

ケーンケン

「ウッキー

桃太郎は刀を鬼に向け、犬は牙を向け、雉は目をつつき、猿はひっかきました。

「うわぁ……ちょ、まってwwww」

鬼は言いました。

まいった!いやぁまいった!これあげるので許してください」

鬼は土下座して、桃太郎達に色々入ったつづらを渡しました。

「それなら」

桃太郎達はつづらに入っている綺羅びやかな物品を目にして、刀を下げました。

「あっはっはっ!」

「ワン」

ケーンケン

「ウッキー

桃太郎達は手に入れたつづらを荷台に乗せて、おじいさんとおばあさんの所に帰ってきました。

「やや!」

「も、桃太郎!」

「おじいさん!おばあさん!つづら貰ってきました!」

「鬼を倒したんだね!」

「これで安泰だ」

「いや。鬼はまだいますよ」

「えっ」

めでたしめでたし

2017-05-19

ない

 社会人になってひと月半ほど、別に辞めたいとか辛いとかの感情はない。のだけれど、日常に色がない。毎日労働して休日は炊事洗濯掃除エトセトラ、この先もルーチンワークを捌くだけの人生なの?なんて思っちゃうからいただけない。確固たる打ち込める趣味は持ち合わせていないし、かけがえのない存在もさしていない。そのくせ無を有にする気概もないから、せめて落ち込まないように今日も一人酒、ってこれだと華がないし腑に落ちない。

家に帰りたくない

子供ができてから家に帰るのが辛い。

子供可愛いけどとにかく自由時間がなさすぎてなんのために生きてるんだかわからなくなる。

俺か嫁が子供保育園から連れて帰ったら二人で急いで夕食作ってみんなで食って、ちょっとしたらもう夜9時前。そこから急いで子供風呂にいれて、着替えやら歯磨きやら終えたころにはもう10時。。。そっから妻は子供寝落ちして(俺が添い寝すると狂ったように泣き叫ぶから無理)俺は一人で食事の後片付け&弁当準備&汚れた服の洗濯洗濯物たたむ。。。。

終わった頃にはもう12時過ぎだっつーの。俺が風呂はい時間すらないのでちょっっぱやで2日に1日にシャワーだけ浴びてもう寝るだけ。んで朝7時には起きて嫁が化粧してる間に朝ごはんつくって子供朝ごはん食わして着替え&オムツ替えて。。。

週末も買い出しや子供イベントで全部潰れるし、まじ共稼ぎ家庭ってみんなこんな感じなの???

嫁もいっぱいいっぱなのはわかるからこれ以上家事させられないし、俺もスキルアップ勉強とか読書とかリラックス映画楽しみたいのにそんな時間ぜんっぜんない。冗談抜きで今の会社をクビになって失業手当もらってる最中くらいしか自由時間つくれない。

ぶっちゃけ会社残業している連中が羨ましい。俺も仕事がクソ忙しいときは嫁にお願いして会社に残っているけど、作業の合間とかに近所のコンビニ軽食かってそれ食べている間に読みたかった漫画とか動画楽しむのが唯一の楽しみ。だって家だとトイレでクソしている時くらいしかゆっくりできないもの

あー今日も1日が始まる。

http://anond.hatelabo.jp/20170518212006

洗濯バサミの時の科学解説19世紀の水準に留まっていたが、今度こそはてな科学にも強いところを見せてほしい。というか見せてみたいものだ。

2017-05-18

何もしない1日がほしい

朝起きたら顔を洗って歯を磨いて、

洗濯物まとめて洗濯機つっこんでスイッチオン。

そしたら家族の朝食を用意。

食べたらコーヒーいれて。

家族の支度を手伝いつつ、

弁当用のメイン的なのを焼くなりして、あとは常備菜つめて完成。

送り出したら洗濯物干して、掃除機かけて、自分の出勤準備。

朝のニュースを見ながら歯磨きしてよし行くぞ。

会社

退勤したら、週末に決めた今週の献立で足りない物があれば買い出し。

夕食作り。ごはん

風呂をわかして、しばしのゆっくりテレビタイム幸せ

風呂いれて最後自分で入って、りんご食べてゆっくり幸せ

寝る。

書き出すと以外にゆっくりできてるなw

明日も頑張ろう。

洗濯物のにおい

ジャカルタに来て3年経った。心底日本に帰りたい。

当初の予定ではもう日本に本帰国しているはずなのにと思うとどうしてもムカムカしてくる。

3年間しかいないと思ってたか我慢できてたことが最近難しくなってきてる。

特に洗濯物がくさいのが地味にストレス

洗濯機アパートからの借り物だからあんまり文句言えないんだけど、最初からめちゃくちゃ汚かったからな。

(そもそも水質が良くないのもあるかもしれない、白い服は洗う度にグレーがかった色になってしまうし…)

それで洗濯クリーナーとか色々試してみてもいまいち効果がなくて、でもまあ3年の辛抱だ…などと使い続けてきたけど帰国の目処が全くたたなくてちょっと辛い。

この間一時帰国した時、実家洗濯物のにおいをかいで泣きそうになった。

うまく言えないけどにおいが良いとか悪いとかよりもとにかく「清潔!!!」という感じ。

なんだこれ!?って衝撃を受けた。私も日本にいるときあんなにおいの洗濯物を干していたはずなのに遠い昔のことのように思える。

他国に住まわせていただいてるって感謝を忘れてはいけない、という言葉最初はその通りだなあと思っていたけど、今はもうそういうのどうでもいい。というかそんな心の余裕がない。

とにかく早く帰りたい。

2017-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20170517013905

皿洗いとか洗濯物干しとかどんだけ貧乏なんだよ。そんなんで子供って引くわ。皿なんか100均の紙皿使えばいいし洗濯乾燥機くらい買え。

二人目を出産したい。

けど会社産休育休制度は無いし、夫は仕事休みがちで家事子供の世話もあまりしない。

別の部署妊娠した女性臨月に入ったタイミングで辞めさせられたらしい。

飲み会雑談レベルだけど事業部長に「産休時短勤務出来ればそりゃあ二人目三人目生みますよ~」

って話したら「うちには(そういう制度)ないみたいなんだよねー」だと。

有給法律で定めてる日数より少ないし。

貯めてた有給勝手カットされちゃった。

夫は気が向かなかったらキッチンに出した皿を洗わずに3日はそのままにするレベル

さっきもスマホさわってる夫に洗濯物を干してほしいと頼んだらすごい剣幕で拒否された。

タイミングが悪かったのかと思いそのまま引いたら、しばらくして某アイドルゲームBGMが聞こえてきた。

ゲームする時間洗濯物干す時間に回せませんかね?

洗濯物干してから好きなだけゲームなりなんでもすればいいのに。

こんな状態出産したって最悪夫婦揃って無職になって貧困家庭まっしぐら

また親に迷惑かける未来しか想像できない。

かといって産休明けてすぐ生後2ヶ月目からの子保育園に預けてフルタイムで働く生活も嫌だ。

(今の会社に居続けるにはそれが一番確率が高そうだから

そもそも、ギスギスした夫婦の間に生まれてくる子が可哀想か。

(それに関しては第1子ちゃんごめん)

最近友人や親戚で二人目の出産ラッシュが続いて乳児を見る機会が多くて、

トドメに我が子から「あかちゃんはどれくらいでうまれるの?」って質問されちゃって

とりあえず適当に「10ヶ月くらいかなー」なんて答えたら「たのしみー」っていわれちゃってさ。

我が子が本気で質問してないのは分かってるんだけど、答えた後に急激に悲しくなった。

親にも夫にも頼らずに子供を育てる環境自分で整えないと産めないのか。

やっぱり無理だ。

2017-05-16

ブスでもこれだけ痴漢犯罪予備軍と遭遇する(実体験)

小学生の頃

学校へ向かう朝の道で、車がスピードを落として近づいてきて、運転席の男性から声をかけられる。

「これから学校? 乗せてってあげるよ」

子供たちはこれが何かよく分かっているし、よく遭遇するので、基本ガン無視

中学生高校生の頃

自転車ペダルこいで下校中、車がスピードを落として近づいてきて、運転席の窓が下がると、下半身露出させた男性がにやにやしている。

自転車ペダルこいで下校中、車がスピードを落として近づいてきて、運転席の窓が下がると、下半身露出させた男性がにやにやしながら「ねえお姉ちゃん、ほらほら見て」と言ってくる。

自転車ペダルこいで下校中、車がスピードを落として近づいてきて、運転席の男性から声をかけられる。

「乗りなよ! ほら! 乗りなよ!」(幅寄せ

大学生の頃

電車の中で痴漢に遭遇。いちいち書かないけど、揺れるたびに偶然を装って撫でるタイプからパンツ越しにぐいぐい指を押し込もうとするタイプまで。

映画館で隣から手を伸ばして腿を撫でまわす。(突き出せる勇気がなかった、殴ってふざけんなって言っただけだった、悔しい)

社会人の頃

20代のうちは電車で相変わらず痴漢に遭遇。

帰りの夜道で飛び出てきた全裸マン

カットソーシャツ洗濯盗難

以上になります。ちなみに私は非モテのブスで、生涯未婚率を押し上げている女です。「気が弱そう」に見えたのだと思いますが、きわめて短気なので反撃はします。が、「お前みたいなブスが痴漢にあうわけないだろ」と言われるだろうと思い、声をあげたり突き出したりはしませんでした。万事につけ「お前みたいなブスが」と言われていたので、いつものように自力対処できる範囲内でどうにかしたわけです。今のように“痴漢犯罪”の啓蒙がされる前の時代です。

娘を持つ男性のみなさん、お父さんにはまず言わないと思いますが、わりと普通にこういう目にはあいますよ。

2017-05-15

タバコ規制するなら自動車規制しろ

自動車排気ガスが臭えし健康にも悪影響だし洗濯物に臭いも付くんだよね。

それでも自動車に乗るならマフラーホースで車内に繋いで窓を締め切って乗れよ。

人に排気ガス吸わせてるくせに自分は吸いたくないなんて通らんから

なおそれを実行したらたぶん死ぬけど責任は取りませんので自己責任で。

こっちもタバコの吸いすぎで死んでも人に責任取れなんて言いませんから

2017-05-14

ワイシャツ自分洗濯する派

毎週土曜日に1週間分のワイシャツクリーニング屋に持ち込むことも考えたけど

家の外に出ると言う行為が一番苦手という問題に直面しやむなく自分洗濯している。

ノーアイロンタイプだが襟とか少しアイロンかけたいのでそれもまた手間。

でもクリーニング屋に毎週行くことよりはまだまし。

  

転勤で引っ越した先は、クリーニング屋まで徒歩1分という素晴らしい場所なのだが、

翌日仕上げにするためには午前11時までに持ち込まなくてはならない。

すると、同じことを考えるおじさんがたくさんいるんだよね。

その人たちと同じ行動を取るのがまた苦手。

しか開店から午前11時までに並ぶという毎週同じ行動パターン

朝の通勤電車で顔だけ知ってるおじさん同士の関係性に似てる

[]5月13日

○朝食:なし

○昼食:とろろうどん

○夕食:豚バラにんにく味噌定食(ご飯を湯豆腐に変更)、サラダ

調子

はややー。

おやすみでした。

雨だったので、コインランドリー洗濯してた。

お昼ご飯を食べた後、レンタルDVDで借りてきたアニメを見たりしてたんだけど、

もう眠くて眠くて仕方なくて、最初の五分も見られなかった。

途中で起きて、DVD最初からにして、を何度も何度も繰り返した。

寝まくったおかげで、体調はいい感じ。

明日はお出かけしようかな。

3DS

ポケとる

ドンカラス解放目指してSランク取り。

現在318個、目標330個なので、残り12個。

iPhone

コマスター

ログボのみ。

最低でも三交代確保できないとつらい保育になるだろうなぁ

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/10/unicharm-cm_n_16524060.html

ムーニーのおむつCMに「ワンオペ育児を賛美しないで」批判

ムーニーのCMを見て泣いたと専業主婦の妻から言われて、ふと思った。

自分場合比較的恵まれている職場で、平日でも12時間程度は家に居られたし、その分家事も育児もしているつもりだったけれど、それでも二人ともつらかったというのは何だったんだろうなと。

イクメンもどきだったの?

本当にきついとき夜泣きをガン無視して寝続けたこともあったけれど、比較夜泣き対応もしていたと思う。

3時間ごとの授乳の頃、妻は赤ちゃんの鳴き声で起きられない体質だったので、ちょっとの物音で起きられる自分ミルクをやってた。仕事をしながらのこれは本当に修行だった。

離乳食を食べるようになってからは、1週間分の冷凍離乳食作りを毎週末にやってたし、週末の食事は当日に自分が作って食べさせていた。妻は自分が作った離乳食レンジでチンするだけで与えられるようにしていた。

平日は朝晩の食事洗濯子供沐浴おむつ換え、寝かしつけくらいをしていて、睡眠時間が4から5時間だった。「昔の受験生かよ」と自分自分突っ込みを入れながら眠い日々を過ごしていた。

妻は専業主婦でしょ?

育児労働時間は何時間なのかという疑問がわく。

即応できるように待機しているという状況は労働時間カウントするようで、そうすると育児は1日中になる。

保育園を使えると、即応できる状態である必要は無くなるので、育児労働時間からその分減らせそうな気がする。

妻は何がきつかったと思う?

夫が出かけて帰ってくるまでの昼間は完全にワンオペで、この時間がきつかったのでは無いだろうか。

その時間事故があれば自分のせいになるという心理的プレッシャーはかなり大きいと思う。

初めての育児で、他に教えてくれる人が居ない状態というのは、泣いている理由を探るのも一苦労だったのではないだろうか。

何か提案は?

ワンオペ育児がきついというのに大抵出てくるのは夫の協力を得られるようにするという話なのだが、夫の協力が得られても所詮ワンオペが1.5オペになる程度で、大きく改善はしないと思う。

リフレッシュ目的での保育サービスもっと使えるようになって、使うのがある程度社会的に認められるようになってくるとかなり楽なのではないかと思う。

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170512171928

実際に使う側からいうと

大多数の人は一度出て終わった頃を見計らって戻る。

たまーに相当時間放置しっぱなしのアホがいるが…。

俺はスマホ時間をつぶすか買い物に出る。

お店で雑誌を読むは少数しかいないし大体コインランドリー雑誌はあまり更新されていないように見える。

そもそも店内で洗濯時間を過ごす俺みたいなほうが少数派だしそういう人もだいたい今はスマホか精々ゲーム自分が持ってる本を読むかだろう。

店に何か置くとか正直気にしなくていい。

仮に何か置くにしても雑誌だけでいいだろう。おそらく雑誌もいらないと思うが…。

しいて言うなら両替機はあればいいというか、あってほしいな。

たまに自販機置いてそこでジュース買って両替しろみたいなとこあるがあれはちょっとね。

後、コインランドリーに一番必要ものはずばり清潔さだと思うわ。

2017-05-12

休みが終わってしま

昨日今日連休だった。

ずっと家にいられて幸せだった。

そう、俺は家にいたいのだ。

働きに会社に出ている場合ではない。

家にいさせてくれ。家事やらせてくれ。わけの分からないタスクを投げつけないでくれ。

誰か俺を養ってくれよ。なんの取り柄もないけど掃除洗濯料理はきっちりこなす。

掃除毎日行う場所+ローテーションで行う場所スケジューリングするよ。掃除機はもちろんぬれぶきからぶきもする。ワックスも定期的にかける。

季節の花を要所要所に活けるし、ベランダや庭を与えてくれれば癒される花壇や賑やかな菜園だって維持してみせよう。

洗濯はもちろんためないし、アイロンもかける。ただ女物の下着はよくわからいから教えてくれ。

料理は基本一汁三菜。夕飯は毎食20食材を使うことを意識するよ。栄養の偏りなんかさせないからな。

だって求めない。ただ養ってくれるだけでいい。

だれか仕事から開放してくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20170512171928

実現方法は分からないけど、持ってきたカゴなり袋なりを置いておけるスペースがあったらいい。

乾燥機の取っ手にかけるのは邪魔で気が引ける。

あ、静電気を逃がすシートとかあると気が利いてるかも。

サービスではないけど、店内が狭くても洗濯物をたたむスペースは欲しい。

あと、気持ちは分かるが飲食禁止はつらい。ちょっと出かけて軽食買ってきて食べたいし。

始めはいいなと思ったけど案外使わなかったサービスは、スマホで残り時間が見られるってやつ。

コインランドリーの待ち時間どう過ごす?

コインランドリーをやってみようかなと考えているものです。

よかったらみなさんの意見を聞かせて頂けたらと思います

洗濯乾燥の間の待ち時間はどう過ごされますか?

お店で雑誌を読む、スマホ時間をつぶす、一旦買い物に出るなど…

もちろん雑誌は置くつもりなのですが、おとなの塗り絵と色鉛筆なんか用意してたら需要あるでしょうか?

他にもこんなサービスあったらいいなとか、こういうサービスが気に入ってるとか教えて頂けると嬉しいです。

たくさんのご意見ありがとうございます

洗濯乾燥が終わったらメールでお知らせするサービスは実際に導入させていただくことにしました。

何より、清潔であることが一番重要であるなと感じました。

前に男性芸人家事は午前中で終わると言っていた

奥さんが不在で家事をすることになった子持ち男性芸人が、「家事は午前中で終わる。まぁ自分子どもが散らかした服とかは片付けないから」みたいな話をしてた記憶がある。

当時は、午前中で全ての家事が終わるなんて、男性は体力があってすごいなぁ、と思ってた。

今は、きっと奥さんが効率化してタスク化した家事ルーチンワークでやってたから、午前中で終わってたんだろうなと思う。

あと、家事には

1、毎日やるもの(食事の用意、皿洗い、洗濯、等)

2、毎日はしなくていいもの(掃除機をかける、アイロンをかける・クリーニングに出す、等)

3、週1や月1で定期的に点検するもの(排水口周り・電化製品ガスコンロ掃除日用品の買い足し、風呂場のカビ対策、等)

がある。

1だけやってたのなら午前中に終わるよね。

何を言いたいかと言うと、毎日家事従事してる人も、働きながら家事してる人も、「家事効率よくできない自分ダメ」とか思わなくていいよって話。

休み休みしないとね、体壊して困るのは自分からね。

人生80年生きる世の中なのにさ、20代30代で体壊したらしんどいっしょ。

体調すぐれない方や家事仕事育児従事してる方は本当に頑張ってると思う、お疲れ様ですとしか言えない。

食洗機や一時預かりや少しでも使えるものなんとか使って体休めて欲しい。

洗濯したあとに出掛けるために履くパンティーが残っていないことに気付きました助けてください

2017-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20170511140955

まず妻はその状況で特に問題は無いと感じているのかもしれない。

洗濯物は乾いていれば引っ張り出せばいいし、

ほこりがあちこちに溜まっているのも死ぬことは無い。

お前が言っているようにどうせ散らかされるから片付けなくて良いやと思っているのかもしれない。

別の問題を抱えていてそれらが目に入っていないのかもしれない。

もし妻が家事をしない、できない状況を問題だと認識しているのであれば、一緒に解決するという方法がとれる。

洗濯物は夜子供が寝た後に手分けして畳む。掃除は週末手分けして一緒に行う。

時間が無くても、体力がなくても、やる気がでなくても、2人で一緒にやれば量は半分に減る。

どちらか一方が全てやろうと考えるから面倒くさいのだ。

妻が産後家事をしない。

正確にいうと料理洗濯はするので、全然しないわけではないが、

洗濯物もとりこんだら、そのままで、なかなか畳もうとはしない。

掃除なんて、いつ以来やっていないのか、想像もつかないぐらい。

ほこりがあちこちに溜っている。

慌てて述べるが、妻は専業主婦であり、

当方サラリーを受けとる仕事をし、

妻が家事を行うと、結婚時に決めている。

子供は1歳半になる。

おそらく、初めは乳児育児忙殺されて、

そして今は片付けても、すぐに子供に散らかされるのが繰り返されて、片付けないのだろう。

お前がやれ、というツッコミは予想できる。

ただ、産前と同様なペースでアニメなどの消化はできるのに、

服を畳んだり、掃除をしたりする時間はないのかと疑問に思うのだ。

なお、子供風呂と寝かしつけ、週末の料理と皿洗いは当方がやっている。

おしめも家にいるときは替えている。

逆にこれしかやっていない、とつっこまれものだろうか。

当方家事領域積極的に手を出せば、万事解決なのだろうか。

まあ、当方も面倒臭がりなので、だから今の状況に手を出していないのだが、

それでも何か釈然としないのだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん