「保障」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 保障とは

2017-03-26

子育て世代」のために何かを捨てなければいけない世の中なんだろう

この間トップエントリーに、保育園に落ちてしまったことからもっと子育てやすい世の中にしてほしい、そのための制度保証保険?)を充実させてほしいという記事がありまして。

読みまして。

正直子育てやす社会にしてほしいなんていうものはもう散々叫ばれていて、結婚すらしていないわたしですら「そうだよねぇうんうん」と思う。

ただそのブログ主の人の主張に何ともももやしたのが「ハロワや老人に金使うならそっち削って子育て福祉を充実させろ。もうそっち方面は充分だしやっていけるし、委託なんかもうまく使え」って話。

もちろんこんな乱暴な言い方ではなくて、その方なりにいろいろと考えられた結果述べられている訳だけど、まぁ2日分の記事をざっくり言うとこんな感じ。

え?なんで?必要なことに行政お金使って何が悪いの?

その方はちゃんと「もちろん老後の保障大事だって分かってる」と書かれていました。

でもでなんでそこから子育ての方が大切だ理論になるの?

誰かが保証を受けるために誰かの保証が削られなくちゃいけないの?

もちろん政府にも予算があることも借金があることも私みたいな馬鹿には分からないいろいろなしがらみがあって、全部の保証を充実することなんか出来ないことくらいわたしだって分かるよ。

でも必要なところに必要なだけのお金を使ってほしい政府であってほしいと思うよ。

行政サービスを依託した結果サービスの質が落ちたり、その会社ブラック企業化に繋がることもあるよ。

(これは私の身近な人がたまたまそういう会社に勤めているから知っているのであって、社会的には行政サービス委託って低コストで素晴らしいと認識されているのもちょっと問題だと思う)

そんなの理想幻想だって言われるかもしれないけど、理想社会は「子育てもしやすい、老後も暮らしやすい」社会だよね。

っていうか多分行政ってまだまだ削れるところいっぱいあるよね…いや具体的に指摘しろって言われても無理だけど。

知らないけど…。国会中に寝てる人たちがいることくらいしか知らないけど…。

からないなら言うなって言われそうだけど、少なくとも老後に困っている人にとっても、子育てで困っている人にとっても良いサービスが受けられる社会になればいいなぁと思います

というかいつも思うんだが「老人は金持ってる」っていう考えの人の周りには金持ちでアモーレ暮らしを送っている老人しかいないのだろうか。

定年後も働く人が増えているという話が嘘なんだろうか。若者も老人も格差社会だと思うんだが。

少なくともハローワークにいくと「もう…もう充分働いたよ…!!!!」って言ってあげたくなるような人が結構来ていたけどなぁ…。

2017-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20170322175231

それストレス限界まできてるよ。

大丈夫

大手で手厚い保障受けられる所じゃなければ、メンタル身体壊す前に仕事減らすか変えてもらう、又は休職退職した方がいいかもね。

会社最後まで面倒見てくれる訳ではないから、しっかり自衛したほうがいいよ

2017-03-21

知ってるかな? エロポルノコンテンツ嫌悪する非合理的宗教蔓延している国の真似をしてポルノ規制を強める愚をやってしまうと、逆に性犯罪は増えてしま事実を。

知ってるかな? スケベコンテンツ嫌悪する宗教蔓延している国の真似をしてポルノ規制を強める愚をやってしまうと、逆に性犯罪は増えてしま事実を。

エッチなすけべコンテンツが増えれば増えるほど性犯罪は減り平和になる事実統計でも明らかになっている事実を。

https://archive.is/DZ77L

ポルノコンテンツが貧弱だった時代強姦発生数の高さに注目。

ポルノコンテンツの普及とともに性犯罪が減り続けているのがわかる。

そしてポルノ規制理不尽に厳しくしている国ほど性犯罪が多いという現実

ポルノコンテンツにおおらかであればあるほど性犯罪が減って平和になる。

えっちコンテンツは充実すればするほど性犯罪を減らし、平和を実現するという点で、聖書より偉大なコンテンツ

児童ポルノ法(ポルノ規制強化法)が性犯罪を増やしたという根拠

http://d.hatena.ne.jp/skymouse/20140430/1398800010

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/skymouse/20130722/20130722122433.png

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/skymouse/20140430/20140430041834.gif

日本宗教にあまり関心が無く、ポルノに寛容だからこそ、世界トップクラス治安の良さを誇っている。

日本が正解だってことアメリカをはじめ世界各国が気づき始めているってことだね。

早く世界日本に追いつければいいね世界日本を見習え。

ちなみに崇高で知的女性団体も、薄い本などへの二次ポルノ規制に反対。

規制強化は逆に害が大きく、女性活躍を妨げるから

性的暴力漫画販売禁止論に「否」 日本女性団体規制でかえって差別的状況に」

http://www.j-cast.com/2016/03/04260466.html

女子現代メディア文化研究会: ~国連女子差別撤廃委員会、「日本における女性の権利保障~ 議題「性的暴力描写したビデオ漫画販売禁止」についての意見書

http://wmc-jpn.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html

しろポルノ安全であるとの見方が有力。水門は常に開放しておくのがよさそうです。

http://pmazzarino.web.fc2.com/lesson2.html

さらに気になるのは、昭和33年から数年間の強姦件数の多さです。

このころの少年下半身に何があったのか定かではありません。

しかし、一年間に4500件以上という数字は、尋常ではありません。

これまた近年、有害図書規制を強化しようとする動きがあります

ですが、このグラフからは、ヘアヌード写真集アダルトビデオもなかった時代のほうが、少年性犯罪に走りやすかったという事実が読みとれます

しろポルノ安全であるとの見方が有力でしょう。

水門は常に開放しておくのがよさそうです。

ポルノ性犯罪の関連性の否定について 及び真のリベラル政党必要性について - Togetterまとめ

https://togetter.com/li/998443

ポルノ性犯罪の関連性を否定した証拠 : kaizaringuのblog

http://blog.livedoor.jp/kaizaringu/archives/29948623.html

知ってるかな? スケベコンテンツ嫌悪する宗教蔓延している国の真似をしてポルノ規制を強める愚をやってしまうと、逆に性犯罪は増えてしま事実を。

知ってるかな? スケベコンテンツ嫌悪する宗教蔓延している国の真似をしてポルノ規制を強める愚をやってしまうと、逆に性犯罪は増えてしま事実を。

エッチなすけべコンテンツが増えれば増えるほど性犯罪は減り平和になる事実統計でも明らかになっている事実を。

https://archive.is/DZ77L

ポルノコンテンツが貧弱だった時代強姦発生数の高さに注目。

ポルノコンテンツの普及とともに性犯罪が減り続けているのがわかる。


そしてポルノ規制理不尽に厳しくしている国ほど性犯罪が多いという現実

ポルノコンテンツにおおらかであればあるほど性犯罪が減って平和になる。


えっちコンテンツは充実すればするほど性犯罪を減らし、平和を実現するという点で、聖書より偉大なコンテンツ


児童ポルノ法(ポルノ規制強化法)が性犯罪を増やしたという根拠

http://d.hatena.ne.jp/skymouse/20140430/1398800010

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/skymouse/20130722/20130722122433.png

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/skymouse/20140430/20140430041834.gif


日本宗教にあまり関心が無く、ポルノに寛容だからこそ、世界トップクラス治安の良さを誇っている。

日本が正解だってことアメリカをはじめ世界各国が気づき始めているってことだね。

早く世界日本に追いつければいいね世界日本を見習え。


ちなみに崇高で知的女性団体も、薄い本などへの二次ポルノ規制に反対。

規制強化は逆に害が大きく、女性活躍を妨げるから


性的暴力漫画販売禁止論に「否」 日本女性団体規制でかえって差別的状況に」

http://www.j-cast.com/2016/03/04260466.html

女子現代メディア文化研究会: ~国連女子差別撤廃委員会、「日本における女性の権利保障~ 議題「性的暴力描写したビデオ漫画販売禁止」についての意見書

http://wmc-jpn.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html

2017-03-18

報道しない自由」を許してはならない

日本メディアには「報道しない自由」が溢れている。なぜこうも「報道しない自由」が行使され続けるのか。それは国民マスコミには報道の自由編集の自由があるからと半分諦めて抗議をしないかである。なぜ抗議しないのか、それは国民が「自由」という言葉意味をよく理解していないからだ。

自由定義を難しく考えれば、その説明は本一冊では足りないくらいである。しか私たちがよく使う自由意味は単純に「束縛されることな勝手気まま」という意味殆どである。それではなぜ勝手気ままにできるのか、それは世間で正しいと認められているか自由勝手にできるのだ。公園散歩するのは自由だ、なぜならそれは世間で正しいと認められているかであるしか私有地勝手気ままに散歩することはできない。

報道においてはまだ正しいかどうか分からないことも多いが、多分正しいであろうと判断して報道している。しかしもしその報道が間違っていたならば謝罪責任を取らねばならない。自由とは常に正しくなければならないし、責任が伴うものである。つまり自由意味とは単純に“正しい”と考えればいいのだ。自由とは正しいか自由なのです。

おかし報道に対して抗議をすればいつも「報道の自由がありますから」「編集の自由ですから」と返事が来る。しか自由という言葉にひるまずに「その報道は、その編集は正しいのですか」と聞き返せばいいのだ。「報道しない自由」に対しても放任せずに「それを報道しないことは正しいことなのですか」と追及すればいいのだ。

例えば中国圧政に抗議してチベットでは百人以上の坊さんや尼さんがガソリンを被り焼身自殺をしている、世界中国圧政を知らせたい一心からしか日本国内マスメディアでは中国に遠慮して殆ど報道されることはない。欧米では知られているのに日本人ほとんど知らない。これに対して私たちは「これを報道しないことは本当に正しいことなのですか?」と強く抗議すべきなのだ

基本的自由なんて言葉無視すればいいのです。「報道の自由だ、編集の自由がある」とマスコミが言っても「ハイハイ日本には自由保障されています、どうぞ、どうぞ自由気ままに報道してください、しかしその報道は本当に正しいのですか?間違っていたら責任を取ってくださいね」と反論すればいいのだ。

皆さんも「報道しない自由」を見つけたら「それを報道しないことは本当に正しいのですか」と抗議、追及してください。「報道しない自由」など絶対に許してはならないのです。

2017-03-12

近年起きている問題

 ヘイト現在、話が大きくなったこととインターネットから離れた場所でも行われるようになったことによって、多くの方がその存在認識するようになっています

 中には「ヘイト問題」というもの自体を詳しく知らないという方もいます。それは別に構いません。

 問題なのは、「ヘイトと正常なもの区別派は晒し言論弾圧を行う過激な人しかいない」と言う人たちが現れたことです。それも、事態の流れをよく理解しないままに。

 ここで言いたいのは以下のことです。

 現在ネットリアルわずにこの問題を取り上げ精力的に活動されている方々は、「ヘイト行動をするな、共謀するな」とは一言もおっしゃっていません。それは、彼らの意見提案最初から読めばわかることだと思います

ましてや彼らをを断罪したいとか、追いやりたいとか、そんなことは決してありません。「人の意見曲解して批判する」ことがいか相手に対して礼を欠いていて、真剣問題を考えている人を傷つけるかということを考えてください。

 これは別に、「問題提起反対派」の人に限ったことではないです。すべての意見価値があるもので、人ひとりの考えとして尊重されるべきものです。しかし、それは問題をしっかり把握している意見である場合に限ります

問題を把握し、実際に考え、動いている人の意見と、ろくに調べもせず、相手意見にすら目を通さず、「この人はこうだからこんな意見を持つのだろう」という決めつけで反対する人、どちらの意見が重みをもっていると思いますか? 誤解しないでいただきたいのですが、私は「どちらの意見が『正しいか』」と尋ねているのではありません。

 意見というものはまず「正当性の有無」ではなく、「価値の有無」で判断されます問題認識していない人の意見にどれほどの価値があるのでしょう。富や自由に目がくらんで義を捨てる人並みに無価値ではないですか(もちろん、実際の人間はそんなことはしませんが)?

 少々荒っぽくなってしまいましたが、要するに、「意見をする前に、相手の主張を正確に読み取ってくれ」ということです。先にも書いた通り、この問題が注目されるようになって以来、問題を把握していない人の意見が出てくるようになりました。タイミング的な問題で、問題提起側の方が過激と捉える人も多いようですね。

 それについては私からは何とも申し上げられません。思想や考えを軽視することはできません。ですが、「よくわからないけど」問題提起側が悪いという方たちは、笑い飛ばしてくれと言っているのと同義だと認識していらっしゃるのでしょうか?

 問題を把握していないなら、迂闊に口を出すべきではありません。これは別に限られた場所でのマナールールの話ではありません。正式場所で「よくわからないけど、その意見は間違っている」とか言ったらつまみ出されますよ。

 「よくわからない」のは悪いことではないと私は思います。丁寧に「これがわからないのですが、どういうことでしょう?」と聞かれれば、問題重要性を知ってほしい人は「これはこういうことなんですよ」と丁寧に教えてくれます。それによって正しく問題理解し、考えてくれることを期待するからです。

 ですが、「よくわからない」を盾に発言者意見を叩くことは間違っています批判されれば当然反論しますが、「よくわからないけど、それって発言者おかしいんじゃないの?」というふわふわした意見では「あなた問題理解していないですね、ちゃんと把握してから出直してきなさい」といわれるのが関の山です。

 話し合いをするには、双方が問題を正しく(齟齬なく)理解して、それに対する明確な意見を持ち、その意見反論されることを予期し、その反論に対する反駁を用意しておく必要があります。その第一段階から用意されていないのであれば、話し合いは到底成立しません。

 この意見文を読まれた方は、どうか最近ヘイト問題を追ってみてください。現状に至るまでの過程理解して初めて、Aはおかしい、Bは間違っていると論じることができるのです。


 話が変わりますが、ヘイト行動を好む方は、文明社会という場所をよく考えて行動してください。振舞うのは当然自由です。書きたいネタがあれば書くし、面白そうな話があれば読むでしょう。しかし、それを快いと思わない人もいるのです。「そういう属性」というものを、色眼鏡で見る人もいます

 皆さんの言論自由保障されているものです(倫理的問題があれば別ですが)。また、皆さんがいるネットという場所は、少し検索すれば引っかかるような、開かれた場(悪く言えば、何の壁もない常に公共に晒された場)なのです。

 それを理解してください。最近社会右翼問題に限らず、何かあった時に困るのはそういう場所活動していたあなた方です。ネットという場所脆弱性危険性、いかに周りに筒抜けなのか、そういったことを認識しないままに活動していたあなた方です。これはすべての方に言えることです。

 そんな事態にはなってほしくないのです。私は住み分けをしてほしいと思っているだけの一人であり、誰の敵でもありません。私が理想としているのは、ネットが「すべての人にとって」心地いい空間になることです。

2017-03-09

仕事がうまくいきすぎて怖い

俺は、スケジューリングがクソ下手だ。夏休みの宿題計画的にやった試しがない。そもそも時間把握能力が末期的に低い。一週間が七日周期であることを実感できるようになったのはごく最近だし、一ヶ月がおおよそ四週間で構成されている実感にいたっては、三十代になった今でも依然ふわふわしている。多分調べれば何か名前のある症状なんではないか。少なくとも、俺自身自分時間把握能力の低さに、日々苦しんでいる。

もちろん、言葉にすればわかる。一ヶ月は四週間とちょっとだ。でも、その四週間というのは、つまり、その、つまるところ何週間なのだ? 大金すぎる金と一緒だ。俺は十億という金を具体的に想像できない。いったい、それはねるねるねるね何個分の金額だ? それはどのくらいすごいんだ? 同じように、一ヶ月という時間は、俺にとっては膨大すぎる。一年ともなれば、もはや天文学世界だ。そのくせ、膨大な割に時間はあっという間になくなる。そんなところまで金に似ている。

何よりも恐ろしいのは、そんな俺が今や会社で億規模のプロジェクト責任者であるということだ。かつ、俺のスケジュール回しへの評価が意外に高いことだ。冗談じゃない。ガントチャートに引かれた線への実感はいまだにない。二十人日ねるねるねるね何個分のすごさなのかは、今も闇の中だ。ただ、わからなくても、方法論は知っている。中国語の部屋の中で、規定されたプロセスに従って俺は反応する。人員の進捗状況がこうならこうする、ああならああする、そういうミクロテクニックと、「なんか先にこれやっといた方がいい気がする」という理屈レスのおまじない経験則の集合だ。その積み重ねで俺のプロジェクトは俺自身理解を置いてきぼりにしたまま安全に進んでいく。

でも、俺は腑に落ちない。もっといえば、不安だ。ドーバー海峡を溺れながら渡りきったみたいな気分だ。本人が一番どうやって渡りきったのかわかってない。再現性があるか保障がないし、いつか崩れさりそうで怖い。仮に再現性があったとして、いつでもドーバー海峡を渡れる保障があるとして、「よーし、今からちょっと溺れながらドーバー海峡渡ろう」という気分にはなかなかなれない。溺れるのは、疲れるのだ。泳げる人がドーバーするべきだ。しかし、ドーバー海峡を渡れるのは俺だけだという。泳げる人間ドーバーを渡れず、渡れる人間は泳ぎ方を知らない。だから、仕方なく俺は今日もよくわからないままドーバーで溺れている。

あと、俺は喋りがクソ下手だ。トークがつまらないという意味ではなく(否定はしないが)、吃音なのだ若い頃、ちょっと働きすぎて職場でぶっ倒れて以来、舌がもつれるようになった。おかげで、客にしょっちゅう聞き返される。こんな俺が客前に出て次期案件とか取ってくるのだから、世も末感がある。もっと喋れる奴が前出てくれとよく思う。俺の喋りを100%漏れなく聞き取れるのは、俺の把握している限り、二歳離れた俺の妹だけだ。

はいえ、不満があるかといえば、そんなにあるわけでもない。なんだかんだ会社は俺を評価してくれている。上長からの覚えもめでたく、現場士気は高く、仕事はこう書くと嘘くさいがやりがいがあるし、なんだかんだ楽しい給料は任されてる仕事に比べるとちょいと低めだが、あまり上がると責任もセットで追加されるので、悪くない塩梅だと思っている。悪目立ちするな、しない範囲で右肩上がれとおまじないをかけている。休日バンドボーカルしたり、同人描いたり、LT会に参加したり、友人と飲んだりしている。悪くない。全然悪くない人生だ。

ただ、そういう意味での不満はないが、思うのは、皆もそうなの?ということだ。ドーバーで溺れているのは俺ひとりなのか。意外にみんな一ヶ月は十億円と同義なのか。身体的ハンデと戦いながら、客前に立っているのか。あんなさりげない顔をして。みんなも実はそうなの? おまえは俺なの? もしおまえが俺の同族だとして、俺はこんなだるんだるんな俺がうまく立ち回っていられてる仕組みが全然わかんないんだよ。この惑星公用語は、俺の言語帯と全然さらないよ。被さらないまま、なんでか先頭を走っているこの状況の不思議さだよ。世界にかつがれてる気分だ。いつかハシゴが外されそうで怖い。

でも、そうなったら、少し安心する気もする。

2017-03-03

auガラケーのへ挽歌

S006が壊れた。

こいつの次にはガラケーは買えねぇんだろうと万感の思いを込めて買ったS006。



昼になんとかauに連絡。

万感の思いを込めて買った割に安心なんちゃらサービスに入ってなかった。

「今ケータイのご利用を続けたいとお考えのお客様は、ガラホというものがございまして~」

オペレーターのAさん(男性)が4Gケータイプランを案内してくれる。

2011年発売のS006は当然3Gケータイロートルだ。

しかし世はスマホ全盛時代

3Gケータイから4Gケータイプラン移行の案内など頻度が少ないのだろう、

Aさんは途中何度か保留で確認をしながら現状のプランに近いものを案内してくれた。

S006はプランSS(年割11年以上+家族割50%OFF)934円で利用中だ。

Aさんは近いプランとして、5分以内の通話かけ放題スーパーカケホ1200円と普通のカケホ2200円を案内した。

私が悩んでいると

「!…少々お待ちください。今とあまり変わらないお値段と無料通話分が付いたプランがあるのですが…申し訳ありません、500円からデータ定額サービスへの加入が必要なようです…」とのこと。


なんてこった。

気に入った端末もねえのに月額料金まで上がるのか…

私が案内への礼を言い、電話を切ろうとすると

「こちらこそご満足いただける案内しきれず申し訳ありません。時節柄ご自愛ください。」とAさん。

なんと気持ちの良い奴じゃろう。



急いで3G白ロムを探す。

色々問題噴出のただ中ではあるが明日着は必須

できれば、SIM型がS006と同じで、新品未使用・店保障が付いているもの

とりあえず購入。



で、今

ひと段落ついて自分au公式を巡る。

……VKプランSってのがあるやん……

誰でも割適用で998円無料通話1100円分

AさんはAQUOS K SHF31向けの料金プラであるLTEプランSを見ながら案内していたようだ。

LTEプランSも誰でも割適用で998円無料通話1100円分。

ただし、こちらはAさんの言う通りLTEダブル定額とのセット加入が必須


またさらに調べてみると、VKプランSもプランSSと同等プランのように見えて

無料通話の繰り越しや分け合いができない。

更に重要問題として、年割が適用されないらしい。

基本使用料の割引のためには、誰でも割必要になってくる。

1年縛りから2年縛りになる上に、解除料金が上がる。

結局4Gケータイではなく3Gケータイを買って正解だったかもしれない。



もちろんAさんを責める気はない。

しかし……

なぜオペレーターも混乱するような料金体系になっているんだ。

全てのオペレーターが全てのケータイプランを網羅的に理解してるわけじゃないだろう。

せめてオペレーターの手元にはその混乱が生じないよう対策があってしかるべきではないのか。

なぜ年割適用できんのだ。

他社が同様の囲い込みに出ている以上、仕方ないのはわかる。

しかし、長期継続利用者が同等プランと見せかけて不利な契約しか選択できないのは何故だ。

auケータイをずっと使い続けてきたんだ。

auだってケータイもっと大事にしてくれたって良いじゃないか……



確かに、自分docomoMVNOを利用した所謂2台持ちだ。

純然たるauの徒とは言えないかも知れない。

しかし、これには私なりの言い分がある。

一つは、よく言われるように固定費削減のため。

そうはいっても、ただ通信費を抑えたいだけならば、MVNO通話プランも充実してきた昨今乗り換えも可能だろう。

もう一つは、災害時のライフライン確保のため。

待ち受け時間ではまだまだガラケーに一日の長がある。

緊急時のことを考えるとMNO回線も確保しておきたい。

合理的理由付けとしてauケータイを手放さなかったのはこの辺りだ。

しかdocomoMNPし、今使っているモバイルバッテリーより性能のいいものに換え、デュアルスタンバイ端末を購入すれば私の目的は果たされてしまう。

年割は私の中でこの選択を取らない最後の支えだったのだ。



そもそもなぜ私がau長期利用者であるかといえば、それはいつでも挑戦者でいたいからだ。

初めて自分用の携帯電話を購入したときdocomoではなくてauを選んだのは自由を感じたからだ。

社会人の「大人」達が利用するのに相応しいdocomoより、

着せ替え携帯しかり、その後のINFOBAR含むau design projectしかり、

機能性以上に遊び心を取り入れたauは対抗文化的な一つのアイコンだったのだ。

堅実でスマート携帯なんて犬に喰らわせろ。

「私はいだってauを辞められちゃう自由を持っているのだぞ」

「私はずっとauを使ってきたのだぞ」

そう思っていたかったのだ。

だってauが好きだから

しかしながら無情にも時は流れ、ガラケーも復調傾向と言いながら

キャリアガラケー長期継続利用者への恩恵を切り捨てる。



CMキャラが好評とかどうでもいい。

私がauを持ち続ける理由はもはや何もない。

私が勝手に抱いた好きという気持ち以外には。








NuAns NEO Reloadedはau3G対応なんだよな

au VoLTE SIMに替えるかdocomoMNPするか真剣に悩む日が来るなんてなあ

2017-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20170228024749

幸せは歩いてこない

から歩き続けなさい

歩き続ける限りは保障される

2017-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20170225134838

そういうこと。

こういう待遇格差が、これからはどんどん開いていくよ。

ろくに勉強しなかった人間社会穀潰しと見做され、満足な医療も受けられず、衣食住も保障されない。

でも人権はある。フシギダネ

2017-02-24

ネット生命保険に乗り換えてみた

某日系大手生保からネット生保へ。

従前は死亡保障やがん保障身体障がい保障など盛りだくさんだったが、独身なので死亡保険カット、がんや身障の特約もカット

(終身)医療保険と、就業不能保障を新たに追加した内容で新契約

保険って仕組みが複雑だし、保険屋もFP千差万別意見から、結局のところ自己責任でやるしかないんだよな。

保険料無限に払えるわけではないし。

ちなみに保険料は月額で約半分になった。

無解約返戻金型で掛け捨てとなるため、使わなければ結果的に損になってしまうが保険ってそもそもそういうものだよね…。

人の不安につけ込んだあこぎな商売だわ、あったらありがたいことも間違いないけれど。

2017-02-22

役所リストラ

公務員リストラと無縁と思っている人が居る。

この場合リストラ会社都合の解雇』と混同しているのだと思うのだけど、そうではなくて本来意味で『リストラ組織の再構築』は長い間行われている。


例えば、ちょっと調べると解ると思うけど大抵の自治体人員の削減に関する計画を持っている。

それに従って、着実に職員を削減しているし、なんなら職員の大幅削減を掲げて首長選を闘う者もいる。


はいえ、公務員身分保障を受けているため、簡単解雇できない。ではどうするかというと、これは単純に採用抑制を行って居るのだ。

退職世代100人居るなら、新規採用を5人しかさなければいい。そうすれば95人削減したことになる、というまあ短絡的な計画だ。当然、人手は不足するし、職員高齢化も進む。技術継承もされない。

もう、十数年にわたってそんな計画が続き、職員を半分に減らした自治体もある。

極端な職員高齢化によって、課長の下に課長補佐ばかり何人も居てその下が居ない部署もある。

されど仕事は減らない。

それで、外部委託だ。

窓口や司書業務、その他の雑用など昔は職員がやっていたことが現在委託業者が行っていたり、派遣、あるいはアルバイト嘱託などの臨時雇用者が受け持つ。

彼らの存在は頻繁にネットニュースで『官製貧困』の被害者として取り上げられるので知っている人も多いだろ。

さすが日本、貧しくても彼らが不正に手を出すことは少ないが、それでもマイナンバーなどの流出事件自体はこれから増えるだろう。

と言うわけで大多数の自治体疲弊しているし、アンバランス体制で回しているのが現状。

からどうしたって、それは市民民意なわけだから別にどうもしないけど、ただ「公務員リストラがない」発言は若干バカに見えるので辞めた方がいいな、と思います

2017-02-21

上野千鶴子の勝ち!

http://synodos.jp/politics/19136

これ読んでおかしいなと思った点

労働力の確保はもはや手遅れ気味ではあるが――現状、米仏独と異なり、日本に来る金銭的・社会的メリットがもはやなさすぎるので、そこのあたりのちゃんとした待遇権利保障教育システム、多様な職種生き方が併存可能な形を整え――移民外国人労働者三顧の礼できていただくしかない。

移民が来たら、賃上げが難しくなるのでは?

しろ「安い賃金で働く移民」が大勢いるのだから企業賃金を低く抑えることが出来てしまう。

日本人が働き口を見つけるには、更に低い賃金で働くときだけで、可処分所得が一向に増えない状況が生まれしまうが、そんな社会は望ましいだろうか?

それでもまだ来たいと言ってくれているひとたちがいる。来てくれているひとたちがいる。そして、なにより実際に来ているひとたちがいる。

そして実際に移民が大量流入したら、失業率悪化したり、親の貧困を引き継いだ格差が広がる一方だろう。それこそ、新自由主義の負の側面以外何者でもない。

上野氏は新自由主義者である

北田暁大さんは、そう言うが、それ逆じゃないの?

 

治安に関しても疑問が。

外国まれ人口比」に関しては、日本OECD先進国のなかでは実質的に最低の数値、1%ほどにとどまる。独米英仏のように10%を超える状況にはなっておらず、治安の悪化心配するような段階にすら到達していない。

経済状況が悪化すれば、外国人滞在者、移民存在関係なく、犯罪率は高まる

敗戦直後、日本治安が良かったなんてどのデータをみたらいえるのか、「昭和30年代」がどれだけ貧しく犯罪の多い社会であったのか、お忘れになったのか。

移民を入れたら、その「昭和30年代」がやってくるかもしれないじゃん。移民に職を奪われ、働いても給料が増えない日本人が、清く正しく生きようとするかね?

上野さんとも北田さんとも違う意見かもしれないが、移民大量流入後の日本でもし治安悪化したら、その主役は移民じゃなく無職日本人だと思うよ。

 

北田さんの考えに同調できる部分もある。

世代間再配分を果たそうにも多くの団塊世代にはそれが難しい。貯蓄額・資産の大きい人びとの資産が、社会的な再配分に向かっていない状況は、上野自身が属する「団塊世代内での断絶を示している。「逃げ切れる団塊」などほんの一握りの人たちであり、そうしたなかで「おひとりさま」などと提唱するのは、社会政策としては絵空事に近く、再配分をなにも考えていないことの証左である

「清く貧しく」というのは「勝ち組」の余暇、娯楽にすぎない。高層マンション生活に退屈した小金持ちの道楽だ。

でもさ、

どれだけ上野氏をはじめとした左派が「アベノミクス」を否定しようと、ここ数年の新卒就職率は高卒大卒ともだいぶ改善されており、ご存知の通り大学院志願者は低減傾向にある。

これって仮に移民が来ても、就職率の改善維持は実現可能なの?

上野さんがお花畑なのはそうだとして、北田さんだって花畑でしょ。

それを踏まえて言えば、移民制限して、何とか国内で再分配を苦しんででもやるしかないよ。

それをやらないで移民を入れても、分配の議論が混乱するだけだよ。

そんなことを思いました丸

http://anond.hatelabo.jp/20170220230555

 Amazon中小企業を使い潰す極悪企業

マケプレ出品者に最安値で売ることを強要して公取委から指導される

・糞インターフェイスのせいで購入者が間違って購入した商品の返品負担も全部出品企業に背負わせる

マケプレ出品者にFBAの利用を強要するが、FBAの倉庫商品を紛失したり破損させたりしても保障するのは代金の一部だけ

電子書籍自分達が見込み違いして損失を出せば、その分を出版社に被らせる。


 楽天もヤフショも功罪あるのはわかるが、この2社がAmazonと決定的に違うのは、Amazonみたいに

出品してる中小企業の手柄を奪わない事。

 Amazon本体が扱わないマケプレのみで買える商品が人気になると、後からAmazonが参入してきて激烈な

安売り競争をおっぱじめて、中小企業の出品者を根こそぎ潰しにかかる。楽天もヤフショもさすがに

そこまであくどい事はやらない。



 こんな会社を神と崇める奴らを「ネット界の坂上忍」と諢名して差し上げたい。


 

2017-02-18

努力自己責任環境

努力環境によって影響を受ける行動の一つにすぎないのに、「環境努力か」という二項対立を立てて主張をしている人がどういうレベル視点問題設定してるのかよくわからずとりあえず自分の考え方を書くのですが。

生物学などのレベルで言えば、おそらく「生まれか育ちか」つまり遺伝子環境のどっちかもしくはその両方でのみ人間のすべての行動は決定されるわけで。

このレベルだと当然自己責任云々のような話は出てきようがないですし、物理学的にも自由意志とかないので責任などという概念は成り立たないのですが。

反対に「自分には自由意志がある」という自意識感覚を持った人間が集まって作った社会レベル、要するに政治などのレベルで見ると、政策法律などをどう設定するかという問題意識で「自己責任」「個人努力」などの概念が出てくると思うのですが。

この場合そもそも社会存在しないまっさら状態だと生存権所有権などというもの保障されるわけがないので、ある意味全てを自己責任と設定することも可能なわけで、どこから自己責任かというライン恣意的に設定されるものに過ぎないと思われます

そうなると「〇〇は自己責任だ」という言明は意味を持たず「〇〇を自己責任に設定すると社会がこのようにうまくいく」のような言明しか意味も持たないはずです。

要するに「〇〇は自己責任だ、個人努力範囲だ」と「〇〇は環境のせいだ」という意見視点レベルの違いによって両立可能ですし、逆に同じ視点レベルで並び立つような単語じゃないはずなので二項対立で論じれる話じゃないと思うということです。

2017-02-13

夢は南海トラフ上野女史への反感―

本来、三大命題二つ目を書きたかったところだが、こちらの問題を先に論じさせてもらう。


この論考は以下のURLにたいする一人の若者から反論である

https://togetter.com/li/1080097

以上の新聞記事で、上野女史は「経済犠牲にしてでも、平和国家として衰退すればいい」と主張している。

この主張にたいする批判等は、本職の社会学者に任せるとして、ここでは私の純粋なる反感について述べていきたい。

平和国家という「ファンタジー

上野女史は無邪気にも、戦後日本を「平和国家」としてとらえている。

この考えはまったくの見識違いといわざるをえない。


そもそも、戦後日本社会体制1940年代の「総力戦体制を「経済最優先」の形として再編したものである

扶養控除、源泉徴収終身雇用制、護送船団方式のすべてが元々「戦争を想定して」造られたものだ。


社会実態についても、「平和」と呼ぶにはほど遠い。

1950~60年代には、「高度経済成長」の美称の裏で、世界でも稀にみる学生運動市民運動社会不安が吹き荒れていた。

70~90年代にかけては、家庭や企業社会体制のガタが入り、人々を「死へと誘う」システムへと変貌していった。

これが少年非行いじめ過労死などの狂気的な状況を引き起こした。


戦後日本とは、世界的にも稀にみるただの「ゆたか社会である

まったく「平和」でも「民主的」でも「自由」でもなかった。ただただ「ゆたか」だっただけである

後期近代―不確実な私、国家社会

しかも、「ゆたか社会」は90年代2011年にかけて完全に崩壊した。

まず、政府安全神話が崩れ、

企業身分制保障崩壊し、

最後に、原発事故とともに社会安全神話が吹き飛んでしまった。

この事実について語らない者はすべて、今の時代にたいして不誠実である


では、現在社会とはどのような社会なのか。

それはギデンズやバウマン、ジョッグ・ヤングなどを見てもらえば分かるが「流動的、効率的である

企業におけるセーフティーネットが「生産性自己実現神話」の名のもとに縮小され、

パートフリーターという不安定生活者が生まれた。

政府が担っていた安全保障は「構造改革」の名のもとに縮小され、

監視カメラSNS監視なしに、人々は安心して生きることができない。

不誠実な脳科学認知神経科学AI研究によって人間という「私」の特権性が失われ、

人々は常に失職と人間尊厳消失心配するようになっている。

そして、このような多様な人々が同じ町で同じように暮らしている。


このように、後期近代社会とは

当たり前だったものがすべて崩れ去り、人間永遠の虚無へと投げ出すのである

相対的剥奪感と存在論不安

このような状況では、人々は二つのレベル不安を抱えることになる。

一つは生活レベル不安相対的剥奪感―

もう一つは存在レベル不安存在論不安

である


私たち人生ほとんどを仕事をして、生きている。

しかし、その仕事価値が急速に低下してしまった。

人生の多くを占める活動である仕事にふさわしい「対価」が支払われなくなってしまった。

一方、ただ一日中パソコンを見つめて投資とやらというギャンブルをするだけでも「対価」を得られる人々もいる。

この二極化する現実は人々に

「不当な地位にいる!」

「ふさわしい金額、敬意をもらっていない!」

という相対的剥奪感を抱かせる。


また、後期近代社会はいわゆる「コミュ力」の高い人々が成功する。

軽薄に仕事にたいする敬意なく、強者追従する人々が「評価」され、グローバルエリートとして出世していく。

そして、仕事に真面目ながらも報われない弱者は常に「自己批判」と「変革」を迫られる。

二極化する現実に人々は「私は人間らしい扱いを受けていない」という存在論不安を抱かせる。


しかに、ここであげた例は極論である

しかし、似たような体験をする人は多いだろう。

そして、人々はつねに不平不満をもらすのだ。

「私はこうなれたのに……」

「私もこうしたかった……」

ここでは深く述べないが、この可能性としての私=‹他我›にたいする深い怒りの感情現代社会不安の核心にあるように思う。

上野女史は「みんな貧しくなる」ことによって、この怒りを無くせるなんて無邪気にも思っている。しかし、それは不可能である

この感情こそが永遠の虚無において、私を生きることのできる唯一の鍵だからである

夢は南海トラフ赤木理論の失効―

――常に人々に嫉妬を抱かせながら、その嫉妬を用いて欲望を加速させる。そして、その嫉妬を全身に受ける者は高笑いしつづける。


このような後期近代グロテスクさに最初に抗議をあげたのが赤木智弘だった。

彼はある論考で「夢は戦争」とドゥルーズ的な集団自殺理論を主張した。

しかし、私は「戦争」を夢にはできない。

今や「戦争」こそが「富裕層」を富ませ、「貧困層」を殺すことを知っているからだ。

今や「自殺」ですら「富裕層」を富ませる資本である

加藤智大植松聖などの社会的自殺者は、情報として処理され資本となる。

そして、情報となった「自殺」は「貧困層」による社会転覆不可能性を解き、

「後期近代」の隊列にから逸脱しないことを促進させる。

後期近代において、「自殺」こそが「富裕層」へのもっと積極的な「支援行為なのだ


私の夢は「南海トラフである

防ぎようのない「天災」によって、

嫉妬の中心地である太平洋ベルト東京

ありとあらゆる社会資本が壊され、嫉妬の根源が無化される。

私はベンヤミンのいう「法維持暴力」に立つ者であるが、

この瞬間を心の底から待ち望む。

私はそのとき、心の底から嗤うことができるだろう。

109崩壊し、秋葉原が灰塵に帰し、大手町サーバーがダウンし

白金の御婦人たちが焼け出され、お台場の子どもたちが押しつぶされるとき

後期近代はその柔らかな恥部を表出する。

私は笑顔でその恥部憎悪の限りをぶつけてやり、

後期近代を殺し、末期近代を出現させてやるのだ。


そのときに来るのが、

東のいう変質したファシズムなのか

笠井のいう生存のためのサンディカなのか

佐藤のいう無慈悲アナーキズムなのか

知ったことではない。

私が心の底から嗤いたいのである

相対的剥奪感や存在論不安に晒されることなく嗤いたいのである


そして、私は嗤いながら確信する。

東北の「土」と「血」が正しかったことを

東京の「コンクリート」と「鉄道」が虚妄であったことを


このような自己破滅願望について納得する解答を提示できない上野女史に

後期近代現代社会を語る権利はない。

彼女はせいぜい自らの理念後生大事に背負って、大学瓦礫に押しつぶされて死ぬのがお似合いだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170212222431

モテる男・モテる女・モテない男・モテない女、全員いずれ死ぬよね。

そして、モテない男だけ特別に早死にしろとは誰も言ってない。生存権憲法保障されているからね。

子孫を遺すなとだけ言っている。生殖権は憲法保障されていない。もともと、一部の人けが得られる権利

 

1974年カナダ連邦選挙を扱った研究によると、外見が魅力的な候補者はそうでない候補者の2.5倍もの表を獲得した。

事実は明らかに外見に影響を受けているにも関わらず、対象となったカナダ有権者の73%は、候補者身体的特徴など一切受けなかったと断言している。

http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2015/01/06/003404

 

人は外見が魅力的な人が好きだし、それを素直に認めたくないから、

外見が魅力的な人を選んでおきながら「決め手は外見ではない」と自分に言い聞かせたがる生き物なの。

からモテない男もモテない女も、子を遺すべきじゃないと思う。生まれてくる子供可哀想でしょう?

モテない気持ち悪い不細工な男は、決まって「美女と子作りすれば子供容姿は良くなる」と言い張るけど、美女人権は??

モテない気持ち悪い不細工な女と子作りさせられる美男がいたとしたら、それも男女平等に、人権侵害だと思うよ!)

美女だって美男が好きだし、美男と子作りしたほうがより美しい子ができるでしょう。

モテない男が繁殖して得られるのはモテない男本人の自己満足だけで、出来た子供も、相手女性も、社会も、不幸になるのよ。

不幸を連鎖させないために、きれいに終わってくださいってこと。シンプルだよね?

2017-02-12

1度うつ病になってしまったら最後、この先の人生ほぼまともには生きられないと思った方がいい。



かねてからうつ病現代病と言われ続けた結果、数十年前よりも病気として認知されつつある。

病気として認知されてきた結果、国にはうつ病患者サポートする制度ができた。

うつ病患者を専門とする精神科医も多く出来た。うつに効く薬も年々良くなっている。

企業うつ病患者に対する休職制度復職体制も整えられつつある。

だが社会うつ病には厳しく出来ている。それが現実だ。

いくら世間認知されようが、いくら制度があろうが、結局建前でしかないのだ。



企業から見れば、うつ病に対する制度いくらあったところで、金を稼げない人間をずっと飼っておく余裕はあるだろうか?

たとえ復職できたとしても、休職前より金を稼げず、いつまた潰れるかわからない人間を世話していくほど体力はあるだろうか?

そういう人間休職前と同じだけの金を払い続けたいと、果たして企業は考えるだろうか?

結局企業は金が全てだ。置いておくだけで赤字になるような金にならない人間人情で構ってくれるほど企業は暇ではない。



制度医療に助けを求めるとしても、それらは本当に面倒を見続けてくれるという保障はあるのか?

確かに国の制度存在する。精神科医も増えている。

だがその手のものを利用できるのはある程度の金と立場必要だ。

そもそも立場が弱く金も無い人間にはそういう制度すら受けられない。

制度自体永遠に使える物ではない。制度を利用できる期限は決まっているし、制度自体打ち切りになる可能性もあり得る。

精神科医も金が払えなければそれまでだ。いくら助けて欲しかったとしても、金がなければ助けてくれない。

残念ながら社会はそうできている。



他の人間が助けてくれるかもしれない、そう考えるのは自由だが、果たしてそういう人間はいるだろうか?

家族なら話は多少は別だが、いつまでも無気力である人間を、人を信頼できなくなっている人間を、簡単に癇癪を起こす人間を、助けられているという意識だけで拒否感を起こす人間を、数ヶ月、数年、あるいは数十年単位で支えてくれる人間は本当にいるだろうか?

うつ病患者サポートしたい、そういう人情味にあふれた財力もある人間も中にはいるだろう。

ただそういう人間がどれぐらいいる?砂の中から針を探すようなものだ、そういう希望にすがるのはあきらめたほうがいい。



この現代社会においてうつ病になるということは、社会不適合者の烙印を押されるのと同義だ。

社会うつ病患者に対して寛容ではないようにできている。うつ病になったらその時点で負け組なのだ

残念ながらそれが現実だ。その現実を認めるしかないのだ。

もう2度とうつ病になる前のように仕事はできない。もう2度とうつ病になる前のように金は稼げない。それを認めろ。

どうあがいても世界はそうできている。



この文章を見て憤りを覚えた休職中の貴方、怒れる元気があるうちに転職先を探した方がいい。復職するよりそれが現実的だ。

この文章を見て絶望を覚えた休職中の貴方、その思いを抱えたまま今すぐ布団に潜れ。そして目が覚めたら世界が変わっていることを祈りながら寝ろ。

喫煙者無用気遣い

一緒に居酒屋とかご飯食べに行ったりすると、吸った煙草を吐くときに上むいて「フゥゥゥゥゥ〜〜〜〜〜〜ッ」って。



あれなんなの?いや、意味ねーし。普通に煙こっちに落ちてきてんだけど。



横向いたりするやつもいるけど。

こないだ行った居酒屋で、隣の席の客が、同席者に気を遣ってか横(我々の席の方)に煙吐いてて

いや、むしろそれ赤の他人迷惑かけてて余計タチが悪いだろ。



あと最近見かけるのが「アイコスだから迷惑かけない」ってドヤ顔で言うやつ。



いや、普通にくせーんだよ。

しろ慣れ(てしまっ)た煙の臭いとは違う、なんか変な独特な臭いがして逆に気持ち悪いわ。



そもそも、煙草嗜好品だろうが。なんで趣味で吸ってるやつらの権利保障しなければならないのか。

煙草病気治療薬なのならわかるよ。それで病気が治るんならまだ納得できる。

しろ逆でしょ?依存しちゃってんじゃん。病気じゃん。



なんでそんなやつらのために公共のスペースを使って喫煙所を設けてんだ?

なんでオフィス一角喫煙室を作ってやってんだ?



こういう主張をすると反論を受けるのであらかじめ想定質問と回答を記載しておく。



「じゃあ喫煙OKの場所に行くな」

これはまあ割ともっともな意見だとも思う。リスクがある場所に自ら行っているのだから

自分喫煙者と一緒に食事をしたり、喫煙OKの居酒屋に行ったりするとき覚悟している。

また、居酒屋側としても、喫煙者迎合してビジネスをしているのだとも理解している。

まあ帰って来て服に煙の臭いがついてるとそれで萎えはするけどな。コートとか、なかなか洗えないから困るんだよ。



どちらかというと上述のような、気遣いふうのことをするのが理解できない。

堂々と吸えよ。なあ。悪いと思う気持ちがあるならそもそも人の前で吸うんじゃねえよ。



この意見エスカレートして「喫煙者と絡むな」とか極論言ってくる人間もいるが、

社会生活をしている以上無理だろそれは。滅茶苦茶なこと言うなよ。



特にオフィスワークをしている人間もっと気を遣え。近くに座られると臭いんだよ。

アイコスだから」じゃねーんだよ。喫煙所行ってる時点で煙身にまとって帰って来てんだよ。



お前らこそ文句言われないように非喫煙者に合わせたらどうだ。

だいたい非喫煙者って言葉自体なんなんだよ。なんで普通人間が逆に非って否定されてんだよ。

こっちが悪いみてーじゃねえか。




ストレス発散のためのツールなんだよ」「気分転換になる」

いや、ニコチンが切れてストレスになって、それを満たしてるだけだろ。依存してるだけじゃねーか。

気分転換のために他人迷惑かけてたら本末転倒だろ。



後者意見を言うような人はちゃんとしていることもあるが、それでも煙草臭がしないということはなく

臭いの面で周りに迷惑をかけていると思う。



〜〜〜〜〜〜



さて、ここまで煽り口調で書いて来てしまったのだが、自分には根源的に

嗜好品である煙草趣味で吸っている人間権利がなぜここまで保障されており、喫煙者はそれをさも当然かのごとく主張してくるのか」

という疑問があり、どうしてもそれが知りたかったのだ。



意見がたくさん集まったらいいなと思う気持ちもり、多少煽り気味で書きました。すんません



「なぜ権利保障されているのか」は利権とかも絡んでるんだろうけど

その権利を当然のごとく振り回してくる喫煙者にはほとほと嫌気がさす。



喫煙者のみなさんはどうお考えなのですか?

2017-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20170211172708

つ「日本国憲法

第二十条

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上権力行使してはならない。

何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

何が「特権」なのかはよくわかんないけど、公有地をタダで借りた町内会私費祠や鳥居建設すると神道特権を与えたことになるらしいから(砂川政教分離訴訟)、公費ムスリムによって聖句を唱えながら屠殺された肉をムスリム専用の調理器具を用意して調理して公立学校給食に出す」ってのはイスラーム特権を与えたことになるんじゃない?

2017-02-09

anond:20170208134616

「無理やり教育を受けさせる」って……ソースは?憲法とか教育基本法とか。

教育を受ける権利保障するための義務なんだよな。

学校に来て、学習したくないって生徒は、退去すべきだとおもうんだよね。

どっか別の場所悪事を働いて補導されてください。あんたたちの居場所少年院です。

と、腐ったミカンは放り出す。足らないね。腐ったミカンは箱毎焼却だ!

腐る前に防腐剤で処置しないといけません。

2017-02-08

わかる

http://anond.hatelabo.jp/20170207202646

20代後半会社員時代に同期が育休中にスクール通ってて、それを隠さず当然の権利のように得意げに話しててげんなりした記憶がある。

会社はそういうひともまとめて面倒みるよって仕組みだからそいつらを養いたくなくて独立した。

いまはフリーランス子供二人いるけど、産休中の保障がない分会社っていい制度だったなーとはおもう。

ただ、育休時短の主張を目障りに感じたことのある時期も経験してるから、周りに迷惑かけるの嫌で会社に戻ろうとはおもわない。

不満があるなら会社を離れてみるのも手では。

http://anond.hatelabo.jp/20170208013153

役得って書いたとおり、いっぱい勉強してたご褒美にそれくらいのものはあっていいと思う。

底辺生存権保障するのはまあ勝手にすればいいけど、進学校に通って旧帝大入って国政に携わり続けて天下りありませんって、無慈悲すぎる。

というか他のトラバすんのめんどくさいからココに書くけど、生産性低いとか茶啜ってるだけとか、どうでもいい。

そういう奴らよりトータルで使えてこれなかったのが悪口言ってる連中なんだよな。

底辺嫉妬まじきもい

ガキの頃に勉強しないで甘ったれてばっかりでボーナスステージ使い切ったくせに、壮年期にボーナスステージ始める人達を叩く資格なんかないから。

最低でも旧帝大主席卒業してから文句言ってくれる?

2017-02-05

http://anond.hatelabo.jp/20170204214653

基礎教養を広く教えた方が結果的社会が豊かになるという理想のもとに義務教育をしてるのであって、

高卒レベルの職がまだまだ社会的必要である現状で、それらにしかなれないのは

負け組であるという教育をする意味がわからない

それらのルールは体系的に正しさが保障された学問と違って

人によって価値観が違うので教育体系を作るのが難しい

もっと言えば、自分ルール理解して勝てない人間に、社会は高い地位を与えない

賢くない人間には、それ相応の地位があるのだ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん