「課題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 課題とは

2017-01-18

プログラミングって「得体がしれない」よな

プログラミングって、これから始めてみようっていうとき、なんだか「得体のしれない行為」っていう感覚がありませんか?


ぼく自身は、プログラムを書いてる側の人間で、いまでこそ少しはプログラミング本質的な難しさをわかってる気になってます。でもつい数年前までは、プログラミングは難しくはないけど得体がわからない、という感じでした。

そのへんのコードを組み合わせて動くものはできるけど、何がどうなっているのかは知らんし、ググって分からないものはできない、という方向で、「プログラミングは難しい」と思ってました。


最近になって、プログラミング義務教育必修化の話題とか、コピペプログラマー話題とかを目にするたびに、かつて自分プログラミングに対して抱いていた「得体のしれない行為」という感覚が思い出されてしまい、少しざわざわした気持ちになったので、ちょっとここに書きなぐらせてください。


だいたいが個人的な話なので、そういうのがうっとうしい人は無視してください。


ぼくが世の中にパソコンという道具があることを知ったのは、たぶん中学生ときです。30年くらい前。当時、電気屋の売り場ではけっこうな床面積を使ってワープロ文章入力する専用マシン)が陳列されてました。文章を書くのは好きだったけど、字を書くのが死ぬほどめんどくさかった自分は、ワープロさえあれば自分小説とか書くのになあと思いながら指をくわえて電気屋の店内をうろうろしてました。しかし、ファミコンすら買ってもらえなかった家計ではワープロなんぞ買ってもらえるわけもありません。そのうち巡回してた電気からワープロが消え、それに代わってパソコンのコーナーが広がっていきました。このパソコンというのは、よくわからないけどワープロとして使えるっぽいし、どうやらファミコンを持っていない僕にもゲームができるらしい、おれに必要なのはこれだ、というわけで、中学生だった自分パソコンという存在に興味を抱くようになったのでした。


はいえ、だからといってパソコンを買ってもらえるような家計ではなかったわけなので、カタログを熱心に眺めるだけの毎日が続きました。その当時の自分にとって、パソコンが欲しいといったら、それはNECを買うかエプソンを買うかという選択でした。冨士通からパソコンが出ていることは知りませんでした。マッキントッシュっていうやつもあって、このPerformaっていうやつはなぜか安いとか、よくわからないけどシャープとかソニー独自パソコンを作っているぞとか、そういう情報パソコンに対する認識のすべてでした。当時の自分にとってのパソコンは、電気メーカーから発売されている商品一種であり、ラジカセとかテレビと同列の存在でした。


なんでこんな話がプログラミングにつながるかというと、ひょっとして自分プログラミングにずっと感じていた「得体のしれなさ」の源泉の一つは、こんなふうにパソコン電化製品として見ていた当時の感覚の延長だったのかもなあと思ってるからです。


ラジカセなら、CDだのテープだのを入れて再生タンを押せば、そのハードウェア機能物理的に体感できます。それに対してパソコンは、プログラミングちょっとやってみても、その行為と、そのハードウェアとが、感覚的に結びつきません。もちろん、プログラミングというのは、物理的なデバイスに結びつけて考えなければできない行為ではありません。しかし、パソコンを「カタログ商品」として見るところから入ってるばかりに、そこでやるプログラミングという行為ハードウェアとの結びつきが見えにくい状態に、なんとなく居心地の悪さを感じていたように思うのです。


もし自分スタート地点が、パソコンを使って文筆やゲームをするところだったら、パソコンは文筆やゲームのための箱だったでしょう。その後でプログラミングを始めていたなら、プログラミングという行為を、文筆やゲームに関連した創造的な活動として学べたかもしれません。


ところが実際には、自分はつい数年前まで、パソコンという電化製品に対する漠然とした行為としてプログラミングを捉えてた気がします。


プログラミングを始めたのは、高校生になって誰も使わないFM77が部室に置いてあったので立ち上げてみたらF-BASICインタプリタが起動したからでした。とくに何をプログラミングすればいいかもわからなかったので、教科書雑誌コードを転記したり、ループで線画を書いたりして遊んでいました。大学に入ってからも、授業でFORTRANとかLispをやらされたけど、基本的自分目的をもってプログラミングするのは数値計算くらいのものでした。そのころになると、本で情報を探して(まだインターネット検索は使い物にならなかった)適当コードをつなぎ合わせるのがプログラミングだと思ってました。そんなん面白くないなあ、とも思ってました。


この感覚、完全に、いま揶揄されているコピペプログラマーのそれだったと思いますちょっと話はそれますが、ブロック遊びとか砂場遊びって、ほとんどの人はわりとコピペプログラミングと似たような感覚でやってるんじゃないでしょうか。パーツを勘で組み合わせたり、とにかく砂を盛っていったりすれば、家みたいなのができるよね、という感覚プログラミングは、自分にとってそれに近い作業でした。学生のころは、内心、自分にもパソコンサンプルコードさえあれば何かすごいものを作れるかもなあ、くらいに思っていたふしもあります


自分バカでした。パソコンがあるとかないとか、関係ないのです。パソコンさえあれば、なんて思う者に、本当のプログラミングがわかるはずがありません。


そんなこんなで、自分はまともにプログラミング経験しないまま社会人になったわけですが、幸いにもプログラミングに対するこの感覚は、仕事パソコンを日々使うようになってから徐々に変わっていきました。

具体的には、パソコンが、自分の中で「カタログ商品から武器」へと変わりました。それと同時に、プログラミングという行為が、武器開発という位置づけになりました。

武器というのは言い過ぎだとしても、ちょっとしたプログラミングは確かに業務上課題を打開しました。それなりに計算機科学教科書を読んで勉強をしたこともあって、いつのまにかプログラミングに対する「得体のしれなさ」も解消してました。


結局のところ、自分にとっては、プログラミングという行為の「得体のしれなさ」から解放されるまでにずいぶん長い時間必要だったことになります自分がそうだったからといって他人もそうだとは限らないですが、たとえば小学校で形だけプログラミングを教わっても、分かるとかわからないとか、好きとか嫌いとか以前に、なんかモヤモヤした気持ちになるだけの子もも少なくないんだろうなあ。それは不憫だなあ。


かといって、自分がいまプログラミングで少しは戦えてるのは、そのむかしパソコンに憧れがあって、得体がしれないなりにプログラミングをする機会が若いときたまたまあったからでもあるので、そういう機会になるなら小学校で形だけでも教えるほうがいいのかなあとも思います


オチがないので、このへんで。

小田原市ジャンパーで吹き上がってるが

生活保護受給者人権なんて優先課題じゃないのに

本当、とことんズレてるよなはてなーって。

中学生でもできる! 素因数分解プログラムを書いてみよう(bashで)

http://anond.hatelabo.jp/20170117205622

より。

「ワイは全然すごくない」という増田書き込みに対して「いや全然すごいよ」みたいな書き込み散見されるようだが、ここではっきりと申し上げておきましょう。

素因数分解プログラムで解くとかとか中学生でもできるぞ」と。つまり増田全然すごくないし、この記事を書くワイも全然すごくない。

素因数分解というのはなんか用語だけ聞くと難しそうに思うが、要は「ある数字素数の組み合わせに分解」するだけの話である

数字素数で割っていけば自然素因数分解が行えるのである

というわけで増田全然凄くないの根拠として、以下に素因数分解を行うプログラムサンプルを挙げる。

このプログラムbashで書いてあるが特にbashである必然性はないのでphpなりCで書き直してみるといいだろう。

中学生のお子様がいるご家庭の方は、これをサンプルとして別の言語で書かせてみると、その子プログラミング素養が図れるかもしれない。

#! /bin/bash

n=$1;
a=2;
while [ $a -lt $n  ]
do
  #割って余りが0なら素因数やな!
  m=$((n%a));
  if [ $m == 0 ]
  then
    # $n は 素数やない! $a で割り切れんで!
    #a自体素数かどうか調べなあかんecho -n "${a}x";
    n=$((n/a));
    a=2;
    continue;
  fi
  #素因数やないので割る数を増やしてみるで
  a=$((a+1));
done;
#余った $n は素数やな
echo  $n;

最初ソースバグってた。ちょっとしました)

このソースtest.shなどのシェルスクリプトファイル作成してその中に記述する。ソース記述した後はchmod +x で実行権限をつけてあげることを忘れないようにしよう。

このプログラムは渡された一番目の引数に対して素因数分解を行う。整数以外を入れた場合動作保証できないので、適宜チェック処理を入れるなりしよう。

このプログラムを実行すると、結果は以下のようになる。

$ ./test.sh 114514
2x31x1847

結果が不安なら電卓計算してみればいい。必ず合うはずだ。

ついでにクリップボードコピーする

結果を出すのはいいとして、元増田クリップボードコピーして貼り付けまでを手動で行っていたそうな。

MacOSならばクリップボードコピーするまでを一貫して行うことも可能だ。pbcopyというコマンドを使う。

$ ./test.sh 114514|pbcopy

これでクリップボードコピーされた状態になるので、そのままニコニコなりのコメント欄コピーすればいい。これで俊速素因数分解コメントが書き込めるようになる。

また、いちいちpbcopyコマンドを打つよりも今回作成したシェルスクリプトの中でpbcopyまでを行ってしまうのもありかもしれない。

いずれにせよ、今回の素因数分解というプログラムはかなり簡単な部類になるため、初心者への課題としてはうってつけだ。

どうです、簡単でしょう? 

ちなみに実行速度ですが、よほどデカ素数でもない限りジョン・フォン・ノイマン暗算よりは早いはずです。多分……

2017-01-14

エンジニアに気を遣いすぎじゃない?

エンジニアの、特にリーダークラスマネージャーまでもが

「そんな業務じゃモチベーションが上がりませんよ」

とか、

「それって必要ですかね」

とか、

「その手の"作業"じゃメンバーが腐っちゃいますよ」

なんて平気で言うんだけど、これって言い換えると、

『そんなのオレらの仕事じゃねーわ』

と言っているのに等しい。



私は元はエンジニアなので、よくもまぁ堂々とこんなことが言えるなと思うし、

業界全体がエンジニアというものはこういう人種であると受け入れ、彼らのモチベーションいかに損なわず

仕事をさせるか、ということは一丸となって取り組むべき課題であるかのように論じられることが不思議でならない。

こうした"課題"は往々にして、システムを内製する企業が抱えるものだと思われる。

受託企業なら請け負った仕事が何のためのものなのかをそれほど気にはしないだろうし、

請け負った仕事をこなすことが自分たち利益になることは明白だから内容そのものには恐らく文句は言わないだろう。

私が初めて勤めた会社がまさに下請けというより孫請け、玄孫請けといった位置付けの業務だったが、

当時の感覚からしてもそうだ。



ではこの原因はエンジニア自身業務企業利益に結びついているように思えないことであって、

それをしっかり共有できていない経営者事業責任者プロデューサー、あるいはディレクターなどに問題があるのだろうか。

私はそうは考えていない。なぜなら『オレらの仕事じゃねーわ』の意味技術的に高度で、チャレンジングで、

市場価値が高いスキルを要するものをやりたいという個人的欲求であって、企業利益には沿っていない。

しろそういう先進的な技術学習コストも掛かるし、容易に引き継ぐこともできない。

既存システムリプレイス必要になればそのコストも掛かる。そうした人種いくら企業目的利益を説いたところで

オレの知ったことじゃないという考え方だろうから、彼らの評価者でない人間はただ彼らに頭を下げ、持ち上げ、

その気になってもらうしかない。



一方でエンジニア自身作業を命じるのが彼らの上司評価者であればどうだろうか。

恐らく、「オレの仕事じゃないッスね、お断りです」という意味のことを言うのには

それ相応のリスク覚悟するだろう。"オレの仕事じゃない"かどうかをわかっているはずの人が命じているのだから

「いや、これがお前の仕事だよ」と言われるかも知れないし、普通に評価への悪影響を懸念して了承するだろう。



まり意識の高いエンジニアに相応しい仕事を用意できない非エンジニア問題ではなく、

単純にエンジニア部門マネージメント問題であるしか言えない。

そう考えると、そのマネージャークラス人間自身が「そんな作業じゃ・・・」などと述べるのはお門違いだろう。

依頼する非エンジニアだって文句ばっかり言うヤツにやっと仕事をしてもらってもバグだらけ、というような思いを何度もしているなら

できればこっちも頼みたくないと思っているはずだ。



エンジニア部門マネージメントはやはりエンジニア出身者がやることになることが多いと思うが、

そもそもこのレイヤー人間の育成や必要スキルなどを論じることが先決ではないだろうか。

個々のエンジニアの心情を慮って組織体制をいじったり、企業方針をそちらに寄せたりすることより、

全体から見ればごく少数であるエンジニア部門マネージメント層をどうにかした方が効果的だろうし、

しろそこが企業に沿わない限り、他をどう変えてみたところで末端のエンジニアには浸透しないだろう。

2017-01-10

怒らない人になったら楽になった

他罰的、自罰的、無罰的という言葉を知っているだろうか?

 

これらは何か問題が起きた時に、責任を誰に課するか(課さないか)という話だ

他罰・・・責任相手に求める

自罰・・・責任自分に求める

無罰的・・・責任求めない

 

以前私は自罰的な性格だった

なにか悪いことがあったとして、「なぜ自分解決できなかったのか」と考えるタイプ

これは何でも人のせいにする他罰よりはマシかもしれないが

何かあるたびに自分の不出来に悩むので、非常にうつ病になりやす性格

 

私は相手に対して怒ることが嫌いだ

そもそも怒りなんて、ほとんどの場合自分感情を爆発させているだけだと思っている

「お前のために言ってるんだぞ」なんていうのは8割方言い訳に違いない

安易に怒りを露わにする人を軽蔑するし、自分でも感情を抑え込んで、自分責任にしていた

 

しかしある時気づいたのだけど

自罰というのは、言い方を変えれば「自分に対して怒っている」のだ

怒りの感情を心のなかで爆発させて、自分を傷つけているだけだ

他人攻撃するか、自分攻撃するかの差でしかない

 

そして私は自罰すらやめようと思った

でも無罰的にもなりたくなかった

問題放置するというのは、ただの逃避で、また同じ問題が起こると思ったからだ

 

そんなわけで、「問題には取り組むが、怒らない」というスタンスを取るようにした

そうしているうちに、このスタンスはいくつか利点がある事に気づいた

 

一つはどんな状況になっても冷静に目の前の課題に取り組めることだ

例えば、どんなに低レベル職場でも、怒ることな

目の前の階段を一歩ずつ踏みしめることができる

同僚がどんなにミスをしようが、わがままを言おうが

怒らず、過去を攻めることなく、前だけ見て問題解決することができる

逆に、どんなに高レベル相手に対しても同じだ

自分卑下することもせず、ただただ目標のために自分ができることを着実にする精神が身につく

 

これは自然災害に対して怒らないのと同じだ

雨が降ってきてイライラする人は少ないだろう

仕方ないと思って対処するしか無い

しか相手人間だったり、小さい事象だと思わずイライラしてしま

 

もう一つ良いことは、場の怒りが増幅されないということだ

怒りというものは伝播する

相手が怒ってるからと言って自分も怒ると、怒りは増幅されてしま

どんな状態でも、相手責任があっても自分責任があっても、とにかく怒らないことで場の怒りは抑制される

ある意味他人事」「冷たい」対応になるが、ミスが起こるようなシーンではそちらの方がいいと思う

 

最後に良いこととして、自分に対し寛容になれるということがある

完璧主義者な人は実践してみてほしい

 

 

まあ、それでもPCが動かないと未だにキレるんだけど

(1/12更新_最下部にお返事追記しました)長文となりますが、同様の経験を持つかたのご意見をお待ちしております

30代中盤会社員。妻、息子(2歳)、娘(1歳)との4人暮らしをしています生活のあるべきバランスについて考えることが増えてきて、一方で「ママ友パパ友」とそういう(今から下に書くような)感じの話をすることがあまりなく(機会があったとしてそれを確認することが適切かもわからず)、増田の場で聞いてみようと思った次第です。なお、本エントリー客観的事実のみによって構成されていて、特定の誰かを褒めよう、あるいはその反対に責めよう、みたいな意図は一切ないのでそこだけはご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。あと、小町じゃなくてこっちに書くのははてなが好きだからです。



書き手である私を主体として記述します。ご覧いただく(経験者の)みなさんは、この「私」についてどのような印象を抱かれるでしょうか。



・夜の帰宅時間はまちまちですが平均すると21時〜22時くらいです。忙しくなると深夜になったりします。昔より減りましたが。

2016年は泊まり出張10回(うち海外5回)ほどありました。あと土日もたまに働きます。ただ、平均月1回以上にはなりません。

・起床時間は3時〜4時の間(早起きが得意で、自主的にやっています)。

・妻は以前は働いていましたが今は専業です。子どもふたりとも保育園などには通わせていません。

家事代行サービスなどの類も現時点では申し込んでいません。

・「生活費」として妻に20万円/月入金しています。毎月必要な諸費用家賃携帯電話代、保険料などなど)は私が支払いを行っています



という状況において、まず平日は、



帰宅してから寝るまでは妻とご飯を食べながらあれやこれや話して、なんとなく眠りにつきます幸せ時間です。

・主に娘の授乳タイミングでの息子のマネジメント(二人同時に起きてしまうと死ぬので)をすることがたまにあります(2日に1回くらい)。

・3時に起床したあとは、軽く書き物(下らないブログなど)などをしたあとに、散らかった部屋の片付けをし、クイックルワイパーをかけ、洗い物をして、風呂掃除します。6時頃に3人を起こし、息子と風呂に入り、一段落ついたところで妻に娘を連れてきてもらって、3人で風呂に入ります。娘を洗い終わると妻にまた連れて行ってもらい、最終的には息子と一緒に風呂を出ます。息子の着替えを手伝います(私はしばらく全裸だったりします)

・息子の朝食を準備します。ごはんを温め、納豆を載せ、野菜を茹でて、卵を焼いたりしています。その後一緒に朝食を食べます。娘は妻によって着替えを終えていますが、このタイミングで妻はシャワーあびるので、僅かな隙を見て洗濯機にそのタイミングまでの洗濯物を突っ込み、回し始めます。朝食中はバウンサーにのった娘の相手します。右足(バウンスさせる)と表情だけですが。

・息子の朝食が終わると、手と口の周りを洗います。このあとのタイミングで3日に2回はうんちをするので、おむつを変えます

洗濯が終わり、洗濯機から洗濯物を取り出し、干します。

自分自身の出社準備をし、家を出ます(娘が頬にキスをしてくれます

業務終了後、家に帰る際に、週に1度程度は夕飯(夫婦分)を買って帰ったりします。また、ハーゲンダッツミニカップを週に3度くらい買って帰ります



仕事など特別事情がない)休日は、



・平日の諸々に加え、両日とも日中エルゴに娘を抱き過ごします。

・平日は自由がほぼないと思われる妻の意向を最大限に尊重し、例えば買い物などに同行します。



という毎日を過ごしています。妻は望んで今の状況になったとは言え、平日の日中1人で2人の子どもを見てくれていて、それはとても大変なことだということがよく分かっていますエルゴで娘を抱いた状態で走り回る息子を追いかけ回すなど、部活か? という感じがします)。一方で、私としても結構タフな「仕事」だなあ、と思うことも多く、同じような経験をされているみなさまに「私の働き」がどのように受け取られるかを知ってみたかった、という動機です。



「どうすればいいか?」みたいなことは夫婦間で十分に話し合っているので今回は大丈夫です。保育園に入れる、ルンバを購入して省力化する、いっその事実家の近くに引っ越す、など現実的かつ効果的な打ちてはたくさんあるのですが、今時点では2人で話し合い、この状態を続けていこうと考えています



「印象」を教えてくれなど、漠としたエントリーで恐縮なのですが、ご意見いただけますと幸いです。


(170110.2050追記)

はてブに多くのコメントいただきました。ありがとうございます。御礼も兼ねてお返事します。

id:c_shiika 睡眠時間が短すぎて不安になる

ありがとうございます。妻からも常に指摘している点です。今のところ心身共に健全状態を保つことができていますが、みなさまから同種のコメントいただき、もう少し長期的な視点必要だな、と改めて思いました。

id:iwashioyaji (同様の経験を持つ方は、非常に少ないのでは?と思いました。)

ありがとうございます。こちらのコメントを頂いた瞬間に私の書き方が良くなかったと思ったのですが、すべての条件に一致していることのみが「同種の経験」とは(書いた本人は)思っておらず、仕事が割と忙しく、パートナーが専業で家事子育てを主に担当していて、小さな子どもがいて大変、くらいの「同種」感でした。その範囲であればiwashioyajiさまの抱かれる印象も少し違うでしょうか……。

id:kaionji 睡眠時間短すぎる

ありがとうございます。気をつけてみたいと思います

id:mmuuishikawa 子供が小さいうちだけでももう少し仕事時間を減らしたほうがいいと思う

ありがとうございます。これも相談したいと思っていた内容なのですが、タイミング的にどうしても「脂が乗っている」時期とかぶっていて、仕事面白くて仕方がない、でも家庭の一員としてもしっかりせねば、みたいな悩みもあったりします。いただいたご意見は「確かにな。。」と思うところがあるので、睡眠時間と同様にクリアすべき課題として考えてみたいと思います

id:miraimemory 起床時間とお風呂に入る時間おかしい。このままお子さんが幼稚園入園したら生活リズムを整えるのに苦労しそう。今のうちに夜にお風呂、起床は6~7時くらいに修正した方が良い。

ありがとうございます無知で恐縮なのですが、起床時間が3時、風呂が6時の場合、どのような「苦労」が待ち受けているのでしょうか。善意コメントいただいたのにもかかわらず質問してしまって申し訳ないのですが、よろしければ教えていただけますと幸いです。

id:mugi-yama 立派やなあ。睡眠時間は本人が大丈夫なんだったら大丈夫なんだろうし(私も朝3時半にネコに起こされるんだけど、寝るのも夜9時)

ありがとうございますネコに起こされるのも幸せですよね(猫派です)。子どもに起こされることは今のところないのですが、それはそれでよいなあ、と妄想してしまいました。。

id:music42 経験者ではなくてすみません感想です。ちょっとした気遣いや心遣いがうれしいなと思いました。家事育児に協力、アイス休日の買い物などなど。ただし、睡眠が短すぎて不安なのは他のかたと同意見です。

とんでもないです。コメントきありがとうございます。できることはできる範囲でしているつもりではあるのですが、そう言っていただけるとありがたいです。睡眠改善したいと思います

id:nenesan0102 すごいショートスリーパー。同じくらいのショートスリーパーでないとどうしてよいかはっきり言えなさそう…

ありがとうございます。ご指摘の通りショートスリーパーなのですが、すこし上に書いたとおりその部分で共通していなくても、ご意見いただけるとありがたい、という趣旨で書きました。わかりづらく申し訳ありません。

id:bkyun 先生が来るぞー!!!!!野菜睡眠瞑想運動だぞー!!睡眠がすくないぞー!

野菜一日これ一本」を1日2本飲んでいるので、それで勘弁いただけないでしょうか。。



(170112.1250ころ追記)

id:pikopikopan 私もそんなに動けるようになりたい・・羨ましい。睡眠時間短いとある年齢越えるとガクッと来る可能性あるので、寝続けれる日はゆっくり寝られた方が良いのでは?

ありがとうございます。そうですね、「ガクッと来る」タイミングが分かればいいのですが、ゆっくり(日頃より長い時間)寝ることでいつもより元気になったと感じることがほとんどなく……。ただ、みなさまのコメントを見て改めて「疲労は蓄積される」と考え始めたので、ちょっと睡眠時間を長くしたりしています

id:haru5t よくやっていらっしゃると思う。ぷつっと途切れてしまわないか心配。月一で一時保育を頼むとか、余白というか夫婦ともにフリーの日を入れて、自分メンテ仕事として予定に入れてあげてください。4歳双子女児母よ

一時保育というアイデア、以前に一度話してそのまま忘れていたので改めて調べたところ、近所に素敵そうな場所があったので見学しに行くことにしました! ありがとうございます! 自分メンテ、そうですね、夫婦ともにハイテンションで乗り切っているものの、心身ともにいろいろと溜まっている可能性があるので、近場の温泉にでも行ってみようということになりました。(あと、双子に密かに憧れていたのでうらやましいです……!)

id:wosamu 海外出張が年五回+国内が五回となると月の1/4以上は家に居ないイメージ年収1000-1500万くらいの設定だろうからお手伝い雇ったら?と言うことになるかな。

ありがとうございます。改めて「月の1/4以上は家にいない」という記載を見るとハッとします。ありがとうございます。去年はちょっとイレギュラーで長めの海外出張が多く入ってしまったのですが、今年は家庭の状況も鑑み、控えめにしたいと考えています。加えて、「設定」というか事実としてそのレンジに収まっていまして、お手伝いさん、という表現が正しいのかはわかりませんが、家事代行サービスを試用してみて納得感を一度はかってみよう、という話し合いをしました。

id:mobits 「長文ですが、」じゃアカンの?

アカことないとおもいます

id:zeromoon0 すごく律儀なお返事に訳もなく不安になる。完璧にやろうとしすぎると多分今の生活もどこかでおかしくなる。あと律儀に毎回ハーゲンダッツじゃなくてたまに大福とか煎餅でも嫁さんが好きなら喜ぶと思うよ。

不安になる」タグ、恐れ入ります……。私も妻も(どちらというと妻のほうが)完璧主義的な傾向がありましたが、子育てを2年ほどしてみて、「どうにもならないこともあるね(苦笑)」という感じでだいぶ緩くなったと思います。返事が律儀なのは私のインターネットへの向き合い方の問題だと考えています(顔も名前も知らない相手に対しては可能な限り礼を尽くそう、と考えているタイプです)。ハーゲンダッツには「変なものが何も入ってない!」らしく、それを選んでいるのですが、さすがにバリエーションにも限界があるので、和菓子を買って帰ってみたりもしております。概ね好評です。ありがとうございます

id:gerge0725 気づいたら疲れがたまっているとなりそうなので、意識的に休憩時間をとった方が良いと思う。土日のどちらか短時間でも良いので。

ありがとうございます楽しいのでなかなか休めない、休みたくない、という側面もあるのですが、すこし上の方へのお返事に書いたとおり、一時保育によって意識的に休憩することを検討し始めました。ありがとうございます

id:futokoro3 朝食作りと風呂洗濯毎日の様にやってくれるお父さんすごい

ありがとうございます。やりはじめた何日かは正直「この時間仕事にあてたら」みたいなことも考えたのですが、最近まんまとハマってきました。プロセス改善すると結果にダイレクトに影響するので楽しいですね。

大学の辛さ

大学及び大学院が辛いので書いてみる。先に書いておくけど僕自身が身の丈に合っていない大学に行ってしまった自覚もあるし、必要努力が足りていない気もしている。

スペック環境は以下

## 修士課程がつらい

いきなりなんでお前は修士課程に進んだんだと言われるような見出しだけど許してほしい。シンプルに辛い。

修士課程研究だけに注力できるならすごく良い環境だと思うのだが、いくつか不満があり、それらのせいで明らかにモチベーションが下がっている。

大学院普通学部と同じように○○を何単位取って文系科目はいくつで…というようなカリキュラムになっている。最たる例は文系科目で、これらについて無駄だとは断言しないが、大学院でまで履修すべきものなのか?というのがある。

さらに、大学がクオーター制を導入したことで圧倒的に一週間にこなせるタスクの種類が減った。週に同じ授業が2回あり、中2,3日にもかかわらず今までの感覚で大量の課題が出ることがすくなくない。取りたい科目ではなくて取らなければならない科目であってもなのだ。これにより研究や興味のある学問に対して割ける時間は当然減る。辛い。

## そもそも単位制度が辛い

もうお前なんで大学に行ってるんだという感じかもしれないが、単位制度がつらい。

経験上、大学の履修は自身が興味を持って取りたいと思ったものではなく、与えられた選択肢から絞り込んでいくというものである

例えばOSについて興味が出てきたから今学びたい!は必ずしも叶わない。じゃあ独学かと言うと上記のクオーター制のせいで正直しんどい。辛い。


## まとめ

誰か助けてくれ。興味のかけらもない科目を卒業要件のためにこなし、やりたいことがやれない環境が本当に辛い。

2017-01-09

http://anond.hatelabo.jp/20170109200731

大学で身に着けるのは情報主体的インプットしてアウトプットする技術よ。

一方的先生の言うことを教わってればよかった小中高と違って大学自分で授業選んだり、自分研究テーマを見つけて、自分で調べて考えて卒論書かにゃならん。指導教員は使い倒せ。

これを真面目にやってればほどほど使い物になる人間になれる。

ホリエモンみたいな大学不要論者はなまじ出来がいいか自分課題を見つけて自分で調べて考えてアウトプットする技術トレーニングしなくても自然に身に着けられるものだと思ってるんじゃないかと思ったりもする。

休日、寝てるかネットみてるかしかしてない

休み明けに提出しないといけない課題があるのわかってるのに、全部放り投げてしまう。

何度か直そうとしてるけど、直らない。

予定立てて、その通り動いてみたりするんだけど、しばらく続くと全部投げ出したい衝動かられて、我慢してると頭がグルグル混乱したようになってくる。

っていうのをもう何年も悩んで、関連本とか読んでもどうにもならない。

恥ずかしくてひとに言えなくて、でももう抱えきれないから書いてみた。

2017-01-07

「ことばが通じない」人は本当にいるのか

最近つくづく思うけど、サンタクロースっているよね」について、もうすでに散々書き散らされているだろうとは思いますが。



この「サンタクロースっているよね」の意味が、私にはわかりませんでした。



私自身「言葉文脈的意味」を理解していない自覚は大いにあります

たとえば、『カンターヴィルの幽霊』という話があって、高校時代、これが英語で書かれているのを日本語に訳して読みましょうみたいな課題があったんです。

詳しくはググってくださいという感じですが、この話のラストは「彼女赤面した。」というような一文で終わります

その前は、「僕たちの子どもに聞かせたいよね」みたいな男性台詞です。

私はここでなぜ女性赤面したのかがいくら考えても全くわからず、意欲的な姿勢を示すために英語先生質問に行こうかと思っていたくらいです。

(この男性女性関係を、私は「お似合いだけどカップル未満のふたり」と解釈していたのですが、調べたところ、すでに夫婦になっていたようで、このあたりの勘違いも大きく影響したと思います。)

数年後に、ものすごくかいつまんで言ってしまえば「セックスしよう」って意味だったんだなということに唐突に思い至り、感動のあまりわざわざ母に報告してしまいました。

先生質問に行かなくて本当によかったと思いました。



で、これを読んで私のことを「バカだな」と思っていただいても構いませんが。



言葉文脈的意味」を理解していないからといって、「ことばが通じない人」扱いしてしまうのはいかがなものかと思います

言葉文脈的意味」を理解していないのは『言葉文脈的意味」を理解していない』のであって、「ことばが通じない」わけではありませんよね。

件の方のツイートではほかにも「ことばが通じない」例が挙げられていますが、それらも、たとえば、「語彙が豊富でない」とか「言葉意味をはき違えている」のであって、「ことばが通じない」わけではありませんよね。


「ことばが通じない」のではなく「コミュニケーションが成立していない」のです。

それも、『「最近つくづく思うけど、サンタクロースっているよね」というような言い回しをするAさんの望む』コミュニケーションが成立していないだけです。

このようなディスコミュニケーションの場面で、相手に対して「この人ことば通じないな」と思ってしまうのは、あんまりではないでしょうか。

もっと言えば、「自分意図したように自分発言が伝わらなかったこと」を、「この人ことば通じないな」にすり替えて片づけてしまうことに、それをいかにも「ことば」に詳しいですみたいな方が「こういう人はことばが通じないから仕方がないのです、こういう人には近づかないようにしましょう」と推奨してしまうことに、恐れを感じています



まあ、私も「ことばが通じない」の「文脈的意味」を理解していないということで「ことば通じないな」で片づけられてしまうのでしょうけど。

2017-01-06

学校を休んだ

仮病で学校を休んだ。

私が上手いのか祖母が気づかないのか、あるいは気づかないふりをしてくれたのか分からないけど見破られなかった。

中2から中3にかけても数回やってしまった。

今回もまたやってしまった。良心の呵責で本当に決行しようかすごく苦悩するのに、いざやると決めてしまえば躊躇なく全力で演じられる。

ごめんねおばあちゃん

今回は課題が終わっていなくて、休み明けテスト勉強全然してなかった。

昨日の夜ずっとやっていたが寝落ちして、6時に目が覚めて諦めた。

先生が優しいから、提出物は持ってくるのを忘れたっていう理由でなんとかなるけど、それは夏休みにも使った。別に嘘ついただろうって指摘されることはないけどなんとなく嫌だ。

テスト勉強はしてなくて、今日行って受けるより後日受けた方がまだ点数高いんじゃない?って考えて、提出物も終わってないし、憂鬱だし、休んでもメリットは多いだろうと逢着した。

休み明け初日しかテストと授業付きの日だから、分かる人にはズル休みだって分かるだろうなぁ。

昨日友達と励まし合いながら終わらせていたわけだし、少なくともその子はわかる。

脱落してすまない。あとでなんて言われるかなぁ。まだ高校では今回が初だから本当に具合が悪かったと言えるけど。

冬休み時間はたくさんあった。でもやりたくなかった。こんな失敗を春休みにも夏休みにもした。

平時の小テスト定期テストときもそうだ。

どうしてもやりたくないしいつもギリギリだ。いや、間に合ってないか

いつもまあいいやって思ってしまう。実際は駄目なのに。

こんなのでも成績はトップグループから、そんな権利はないのに成績を気にしてしまう。休んでしまったらやっぱり響くかなぁ。

でもこれから落ちていくだろう。昔からだらけ人間だったが、最近輪をかけて酷くなった。

過去自分も十分クズだが、今の自分を見たら驚くと思う。

そんなことないって言ってもらいたいわけでも謙遜しているわけでもなく、自分は本当にクズダメ人間だ。

多分このあとも課題をせず、ギリギリになってしまうと思う。

今は登校したとき不安と仮病の演技が怪しくないか不安と、クズから来る罪悪感でいっぱいな気もするけど今日1日安心していいんだっていう安堵もある。

変わりたいけど無理な気しかしない。

学校行きたくないなぁ。

学校を休んだ

仮病で学校を休んだ。

私が上手いのか祖母が気づかないのか、あるいは気づかないふりをしてくれたのか分からないけど見破られなかった。

中2から中3にかけても数回やってしまった。

今回もまたやってしまった。良心の呵責で本当に決行しようかすごく苦悩するのに、いざやると決めてしまえば躊躇なく全力で演じられる。

ごめんねおばあちゃん

今回は課題が終わっていなくて、休み明けテスト勉強全然してなかった。

昨日の夜ずっとやっていたが寝落ちして、6時に目が覚めて諦めた。

先生が優しいから、提出物は持ってくるのを忘れたっていう理由でなんとかなるけど、それは夏休みにも使った。別に嘘ついただろうって指摘されることはないけどなんとなく嫌だ。

テスト勉強はしてなくて、今日行って受けるより後日受けた方がまだ点数高いんじゃない?って考えて、提出物も終わってないし、憂鬱だし、休んでもメリットは多いだろうと逢着した。

休み明け初日しかテストと授業付きの日だから、分かる人にはズル休みだって分かるだろうなぁ。

昨日友達と励まし合いながら終わらせていたわけだし、少なくともその子はわかる。

脱落してすまない。あとでなんて言われるかなぁ。まだ高校では今回が初だから本当に具合が悪かったと言えるけど。

冬休み時間はたくさんあった。でもやりたくなかった。こんな失敗を春休みにも夏休みにもした。

平時の小テスト定期テストときもそうだ。

どうしてもやりたくないしいつもギリギリだ。いや、間に合ってないか

いつもまあいいやって思ってしまう。実際は駄目なのに。

こんなのでも成績はトップグループから、そんな権利はないのに成績を気にしてしまう。休んでしまったらやっぱり響くかなぁ。

でもこれから落ちていくだろう。昔からだらけ人間だったが、最近輪をかけて酷くなった。

過去自分も十分クズだが、今の自分を見たら驚くと思う。

そんなことないって言ってもらいたいわけでも謙遜しているわけでもなく、自分は本当にクズダメ人間だ。

多分このあとも課題をせず、ギリギリになってしまうと思う。

今は登校したとき不安と仮病の演技が怪しくないか不安と、クズから来る罪悪感でいっぱいな気もするけど今日1日安心していいんだっていう安堵もある。

変わりたいけど無理な気しかしない。

学校行きたくないなぁ。

学校を休んだ

仮病で学校を休んだ。

私が上手いのか祖母が気づかないのか、あるいは気づかないふりをしてくれたのか分からないけど見破られなかった。

中2から中3にかけても数回やってしまった。

今回もまたやってしまった。良心の呵責で本当に決行しようかすごく苦悩するのに、いざやると決めてしまえば躊躇なく全力で演じられる。

ごめんねおばあちゃん

今回は課題が終わっていなくて、休み明けテスト勉強全然してなかった。

昨日の夜ずっとやっていたが寝落ちして、6時に目が覚めて諦めた。

先生が優しいから、提出物は持ってくるのを忘れたっていう理由でなんとかなるけど、それは夏休みにも使った。別に嘘ついただろうって指摘されることはないけどなんとなく嫌だ。

テスト勉強はしてなくて、今日行って受けるより後日受けた方がまだ点数高いんじゃない?って考えて、提出物も終わってないし、憂鬱だし、休んでもメリットは多いだろうと逢着した。

休み明け初日しかテストと授業付きの日だから、分かる人にはズル休みだって分かるだろうなぁ。

昨日友達と励まし合いながら終わらせていたわけだし、少なくともその子はわかる。

脱落してすまない。あとでなんて言われるかなぁ。まだ高校では今回が初だから本当に具合が悪かったと言えるけど。

冬休み時間はたくさんあった。でもやりたくなかった。こんな失敗を春休みにも夏休みにもした。

平時の小テスト定期テストときもそうだ。

どうしてもやりたくないしいつもギリギリだ。いや、間に合ってないか

いつもまあいいやって思ってしまう。実際は駄目なのに。

こんなのでも成績はトップグループから、そんな権利はないのに成績を気にしてしまう。休んでしまったらやっぱり響くかなぁ。

でもこれから落ちていくだろう。昔からだらけ人間だったが、最近輪をかけて酷くなった。

過去自分も十分クズだが、今の自分を見たら驚くと思う。

そんなことないって言ってもらいたいわけでも謙遜しているわけでもなく、自分は本当にクズダメ人間だ。

多分このあとも課題をせず、ギリギリになってしまうと思う。

今は登校したとき不安と仮病の演技が怪しくないか不安と、クズから来る罪悪感でいっぱいな気もするけど今日1日安心していいんだっていう安堵もある。

変わりたいけど無理な気しかしない。

学校行きたくないなぁ。

2017-01-05

卒論単位やばい

 10月ごろから進めているはずの卒論がまったく進んでいなく、毎週教授に進捗報告しているはずなのに全然進んでいない。

 どうにかしないとと思って教授の元に質問しに行こうかと思っても怖くてなかなか行けない。実際何回か辛辣言葉をかけられて行きづらい。どのくらい進めたらもっていっていいレベルなのかがよくわからない。教授メールなどで連絡するのが嫌いなのか、毎回教授の部屋を尋ねなければならない。ノックをするのが毎回怖い。よくわからなくて家に閉じこもってしまう。研究に対する調査とかしていると頭がぐらぐらして寝っ転がってしまときがしばしばある。効率が悪くすすまない。

 今期は単位が全部とれているはずが、前期にあと数点というところで単位を落とし、先生メールをおくって救済処置をと思ったがだめだった。一応後期にとっておいた講義を受けるが、課題がひどく重いせいで卒論すすめる時間も少なくなってしまっている。地味に講義英語でやられるせいで英語が苦手な自分はよくわからないうえに講義のたびに頭がいたい。一緒に受ける友達もいないので聞くこともできないしつらい。適当講義をとった自分馬鹿だが、これを受けないと単位が死んでしまうので毎回死んだ目をしながら受けている。課題はわからないときがあると気が狂って部屋の中で暴れることもしばしばある。

 あと一ヶ月半近くで卒論は終わるのか、単位はとれるのかが心配でならない。就職先は決まっているもの卒業が伸びたらだめになっちゃうのではとか、親に迷惑をかけてしまうとか、色々考えてごちゃごちゃする。今までの大学生活は割とちゃんとできていた気がする、単位だって今まではちゃんととれていたのにつめが甘かった。なんとなく過ごしていればさらっと卒業できるものだと思っていたのが本当に馬鹿だった。

 とりあえず教授にあうのが怖いが明日勇気を出してみる。冬休みから会っていない。こんな自分をまだ指導してくれるのかが不安。だめだったら、おとなしく秋卒業か退学かを選びたい。と思っているものの実際に春卒業できなかったら鬱に殺されそう。実際単位を落とした時は死のうかと本気で考えていた。病院に行くべきだろうか。明日大学行ったら色々考えよう

2017-01-04

おっさんたちはそろそろセクハラしたら終わりだと気がつかないと死ぬ

昨年下半期に読んだ本、立て続けに公然セクハラ描写があったので呆れ果てている。

著者はどっちもおっさん


1: 落ち込んでる女性エンジニアを先輩が頭ぽんぽん。

2: 優秀なエンジニアをヘッドハントするために、女性エンジニアに金を積んでハニートラップ


フィクションからいいとでも?

おっさん感覚ではセクハラではないとでも?


https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_1229.html

女性を増やすのは業界全体の課題なのだが、今日おっさんたちの自覚のないセクハラが吹き荒れるのであった。いいか死ね

2017-01-01

はてなブックマークに欲しい機能

1.ブックマークコメントと同時に記事黄色スターを付ける機能

2.記事単位で1をオフにできる

3.スター基準ホットエントリーの作成(切り替え)

 

仕組み

基本的に、記事へのスター数がいいね数に該当するようになる(スター数>ブコメ数)

スター付きブコメ基本的記事に対してポジティブだが、炎上記事に対してはスター無しブコメ投稿できる(スター数<ブコメ数)

記事スター数に意味がつくことで、コメントはつけないが、スターを付ける人が現れると期待できる

 

利点:

炎上で注目されるっていう気持ち悪い状況が解消される

 (間違った情報不適切サービスツッコミどころだらけの炎上狙いの記事

・転じて、有益情報が目立ちやす

・変な記事への注目度が下がると、ブロガーのやる気や対はてブ戦略も上がる

 

課題

黄色スターをいっぱいつけられる問題(内部的に1アカウントあたりの上限数が必要?)

黄色以外のスターの取り扱い(黄色ポイントに対して、Nポイントとかになる? ←ニコ広告みたいな位置づけ?)

 

多分現状ホットエントリーは複雑なアルゴリズムになってると思うんですけど

単純な○○数順というのがあってもいいんじゃないですかね?

 

もし検討してもらえたら〜

 

 

編集履歴:2017/01/02 15:53 説明不足だったので編集

 

___

 

1と3を分ける理由について

 

無意識で書いたけど確かにそうだ

ホットエントリーはそのままでスター順になってる一覧が別途用意される形だと、一見何も変わってないように思える

その理由としては「ホットエントリーは別にそのままでいから、よりまともな一覧が用意されてればうれしい」という程度だから

別にホットエントリーを変えてしまえ!というほどのテンションではないということ

 

まずスター順を用意して、コミュニティの流れが「そっちのほうが良いよね」となったら、スター順をトップに据えたり、ホットエントリーのアルゴリズムを調整すればよいのではないか

という妄想

2016-12-27

http://anond.hatelabo.jp/20161226232917

わかりました。

まずは小さい単位成果物に取り掛かっています

ひとまずGithubQiita登録しました。

あとは課題を決めます

勉強会についても、まずは気分転換だと思って恐れずに参加してみたいと思います

ありがとうございます

2016-12-22

愚痴とお願い

私は高校生企業への内定を貰い無事に就職活動を終えた高校生だ。



今日は終業式だった。

2学期の成績と出席状況が出る日だ。

放課後内定者の中で少しでも成績が下がった者、一回でも遅刻欠席をした者が就職担当教師に呼び出されて怒られた。

呼び出されたのは10数名もいた。



私は運動などは苦手だがいわゆる5教科の成績は10段階評価10か9だった。80点前後から90点後半。

2学期は中間テストでつまずいた教科もあったが、期末テスト挽回しようと「いい点数」を取った。80点前後から90点後半。

だが点数は100点でストッなのだから一回つまずいた時点で成績は落ちるのだ。

今回呼び出されるのは「少しでも成績が落ちた者」。

その頑張りは評価されない。

元々成績が悪いなら頑張って取った点数が私にとっての悪い点数でも成績が上がって怒られないのに。

その人はそれで褒められて、最初から成績が良かった者は少し落ちたら怒られるのだ。

何のために頑張ったのだろう。

確かに、例えば数学であれば思考力を鍛えるだとかの目的はあると思う。

でも学生にとっての一番の目的は進路を決めるため、再試にならないため、教師に呼び出されて怒られないようにするためだ。



前提が違うのに「成績が落ちた」と一括りにして10数名の前で名指しで怒る。

周りは他のクラスもいるので私の成績など知りもしなく、ただ「成績が落ちた」ということだけを知るのみ。

今回のことだけではなく、大勢の前で名指しで怒る行為がどんなに無意味で尚且つ怒られた人の心に傷をつけるのか。



しかも私は1教科、9から5に落ちた教科がある。

だが、その教科の教師は授業中に課題を出すだけで授業をしない。

「ここがわからない」と言っても返される言葉は「頑張れ!」。

頑張ってもわからいから聞いているんじゃないか

その授業を受ける価値はないと思った私は他の人の妨害はしない程度に態度が悪くなった。

するとどうだろう、20点代でも7を取った人がいる中私は5。

いい点数だけ言うのも格好悪いので恥を忍んで言うと私は55点だった。

でもおかしいだろう、何で20点代が7で50点代が5なんだ。

確かに授業態度の問題もあるだろうが、まず他の教科は成績を決めるときほとんどテストを見るのに何でこの教科だけ?

業態度が大事なのはわかるが、この教科だけ特別業態度が大事なのか。

そんなはずはないだろう。

そんな私怨のような成績で呼び出された内定10数名の中でボロクソに言われたのだ。

確かに点数を落としたのだから成績が下がるのは当たり前、でもしっかりと成績をつける教師だったのなら、ここまでズタズタに言われることはなかっただろう。

もちろん、怒られたとき反論出来る空気ではない。



就職担当教師は言った。

就職したら理不尽に怒られることだってある」と。

それはそうだと思う。

でも、その理不尽に対してどう対処したらいいかを教えるのが「教育」であってただ理不尽を与えるだけではその教師がいう理不尽と何ら変わらないと私は思う。



それから出欠状況のこと。

私は欠席はしてないし。遅刻が増えたのは私の甘えなので私に関してはそこは言われたことはその通りだと思う。

ただ、終業式で言われた「信頼される」ということを引き合いに出すのなら欠席を怒るのはどうなのか。

確かに健康体が一番。

でも体調を崩したなら素直に休めばいいと私は思う。

体調が悪いのに無理に学校に来て咳や鼻水で周りの人の邪魔をするか、大人しく欠席して早く治すか。

どちらが信頼されるのだろう。

確かに就職してお給料を貰う立場であれば絶対に休めない日もあると思う。

だがしかし、ここは学校である

それは「臨機応変」というやつではないのか?

周りにうつさないために、自分も早く治すために欠席という判断をした、それだけなのに何故怒られるのか? 大勢の前で恥をかいてまで。



私は冬休みの間に「決意文」を書く。書かされる。書かねばならない。

理不尽な怒られ方をしても。

何故ならば就職担当教師が「内定した会社に言う」と言うからだ。

しかもしれない。それでも書く。

何故ならば書かなければまた怒られるから

こうこんな理不尽に言い返せない空気ボロボロに言われるのは沢山だ。

遅刻は本当に私の気が緩んだ結果なのでそれは反省するが、それ以外は書くことが浮かばない。

成績が落ちたこと自体は私が悪いと思うけれども反省するような点数ではないし、そもそも反省たから期末で挽回しようとしたのに。



拙い文章に加えて、書ききれないことも山ほどある。

もしこれを読む貴方教育者または何かしら人に何か教える立場であるのなら。

大勢の前でボロボロに言わないこと、それは傷にしかならない。何も生まない」ということはわかってほしい。

そして怒るのなら。「一方的に言うのではなく相手の言い分も聞くこと」を頭に置いてほしい。



最後に。

今回「怒る」という言葉を使ったのはこれが何も生まない行為だと思うから

成長させるために相手欠点ミスを注意することだったら私は「叱る」という言葉を使う。

就職して、私の上司になる人にはちゃんと「叱って」ほしいし、今まで怒っていた人は相手押し付けるばかりでなくちゃんと歩み寄って叱れるようになってほしい

2016-12-20

自慢する人の心理

私が大学に進学してから、2人の自慢好きに出会った。友達になって話してみると、2人にある共通点が見い出せたので、書いてみようと思う。

~~~

登場人物:

・私(男)

・Aさん(女)

・Bさん(女)

~~~

((Aさんの場合))

Aさんは某国高校から京大受験するも失敗。後期日程で私の通う地方国立に来た。

Aさんは「サラっと自慢を織り混ぜる」のが特徴。例えば、図書館課題を一緒にしている時、「もうここまでやっちゃった」とわざわざ言う。これは「すごいね」という相手言葉を待っているらしい。私だけでなく他の人にも同様のことを言っており、その度にお世辞で返されている。それに本人は気付いていない様子。性格大人しい。顔は下の中くらい。

~~~

((Bさんの場合))

兵庫県の某有名私立高校から京大を受けるも失敗、2浪の後にも失敗して後期で来た。

Bさんは「堂々と自慢+貶(けな)す」のが特徴。家族出身地・母校への愛が半端ではない。他人の話は基本的に聞かない。性格は短気。平気で人前で物を叩いたり蹴ったりする。顔は下の中くらい。

Aさんとは異なって自慢の手法は多岐にわたる(2つだけ紹介する)。

/1/他人の話を横取りし、うんちくを垂れる

最も多いパターン。例えば、サラダにどのドレッシングをかけるかで話が盛り上がっていた時、突然「マヨネーズ起源はね…(以下略)」と話し出したりする。話の流れが途切れるし、場の雰囲気が「お、おぅ…」と微妙な感じになってしまう。話は毎度毎度長いので皆イライラ。「ほぉ~」と感心されるのが目的らしい。

/2/出身地・母校(出身高校)・家族の自慢

母校は全国的に有名な進学校から、とにかく自慢をする。制服の自慢から校歌の自慢、立地の自慢、通学方法の自慢、成績(模試)の自慢まで。そして自分の入った大学を「カス」と貶している。

また身内自慢も多い。身内のことを熱く語ってくれるのだが、こちらからすれば赤の他人だし、全く興味がない(会話の基本って、相手共通話題を話すことだよね)。

他に多いのは地元自慢だ。元は京都の人だからか「うちのところは歴史があるから」が口癖 。

これは頻度が高く、隙あらばねじ込んでくる感じ。同時に私の地元への熱い批判が飛んでくることが多い。味噌汁赤味噌から交通ルールまで、幅広くケチをつけてくれる。

~~~

さて、2人のケースを見て、先に言った「共通点」が見えると思う。それは、

(1)第一志望に落ち、レベルの落ちる大学に入った

(2)器量がない

の2つだ。

(1)を考えてみると、2人には「私はこんなところにいるべき人間じゃない…」という気持ちが強いはずだ。

2人は、いわゆる「学歴コンプレックス」を持っていることになる(2浪もしたBさんは尚更)。

彼女らはその経歴ゆえ、周りの学生を「私よりレベルが低い人たち」と見て、その高いプライドを保っている。

ということは、彼女らが最も警戒するのは、「レベルが低いと思っていた人間の中から、私よりレベルの高い人(「Cさん」とする)が現れること」である

何故なら、もしそうなれば、高いプライドがズタズタにされてしまうからだ。

まり褒め言葉や感心を欲して自慢ばかりするのは、「相手(周囲)より優位に立っていたい」という気持ちを満たすためなのだ

この気持ちが強まり過ぎたのがBさんだ。皮肉にも、自慢では満足せずに、前述したような侮辱暴力に走るようになってしまった。

そして、「他人の話を聞かない」のは、他人の話を聞いたことで、その相手が「Cさん」だと気付くのが怖いからだ。

~~~

次に(2)について考えよう。

彼女らは、お世辞にも「普通の顔」とは言えない。私よりも器量がないから、相当のブ○である

これで判るのは、今まで他人に褒められた経験が、普通の人より少ない、ということだ。

小学校クラスを思い返すと、顔が良くて勉強もできる子は賞賛されるが、顔が極端に悪くて勉強ができる子は「オタク」や「ガリ勉」とレッテルを貼られやすい。

まり彼女らはそのようなレッテルを貼られる立場にあったのだ。褒められる経験普通の人より少ないはずだ。ゆえに、承認欲求がかなり強いと推測できる。

~~~

以上より、自慢をする原因には、経歴(受験失敗、多浪)や先天的な要素(器量)が深く関わっていると判る。

まり、「自慢する人」は、「他人に認められたい」という気持ちが、人一倍強いのだ。言い換えれば、「愛情不足」かもしれない。

彼女らのコンプレックスは、「学歴」という不可逆的なものに根を持っている。自慢をして優越感に浸ったところで、決して解消されることはないのだ。

「自慢には何の得もない」、このような簡単なことに、彼女らが気付く日はくるのだろうか。

公務員落ちた

結果見たのは先月下旬なんだけど今更涙出てきて、眠れないかちょっと書く。高卒公務員。家の都合で浪人できないか一般就職ルートGO二次試験までは踏ん張ったんだけどね。

でもこの時期ってあんまり良い高卒求人残ってないんだな。三年間必死勉強してきてこのザマか。情けない。

色んな人に協力してもらったのに。申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

とりあえずここなら大丈夫かなって企業見学して履歴書送った。とにかく早く進路を決めたい。クラスメイトの半分くらいは進路決まってスクーリングだの課題だのきゃいきゃい言ってる。いいなあ。

思えば面接官も途中からからさまに態度悪くなってたし、あの時点でお前は無能だって判断されてたのかもしれない。だよなぁ。私もテンパってわけわかんないこと口走る奴採用したくねーもん。

今まで挫折なんて経験したことなかったから丁度良いのかもな。

2016-12-19

保育園に落ちた! てか、保育園に落ちるのはお母さんだけじゃない!!

現在求職中の24歳の息子がまた保育園採用面接に落ちたと、すまなそうに報告してきた。

世は保育園不足、保育士不足と言われている。

職安でも、男性保育士さんは引く手あまたですからすぐに仕事が決まるでしょう!と言わたというが、すでに半年以上受けては落ちる日々を過ごしている。

理由は息子に保育園での勤務経験がないことだという。

息子が保育士を目指そうと思ったのは、高校3年の時。

小論文時間課題に取り上げられた「育児放棄」の記事きっかけだったそうだ。

育児放棄されて餓死寸前だった3歳の男の子を、児童相談所の方が救ったという記事だったという。

もともと子供好きで面倒みの良かったむすこは、その記事を読んで、こんな事が二度と起こらないようにしたいと思い保育士資格を取るために3年制の専門学校に進んだ。

だが、男性保育士職場環境想像を超える厳しいものだった。

2年生の時の実習先の保育園では、男子学生の実習を受け入れたにもかかわらず男性更衣室はなく、掃除用具を入れる用具入れの中で着替えをさせられたという。

しかも、実習生にも関わらずまるで用務員のようにありとあらゆる力仕事担当させられた。

自分が行った園だけかと思ったら、ほかの園に実習に行った男子学生もみな同じような体験をしていることに驚き、将来の保育園就職不安を感じたという。

3年生の実習で赴いた、重度心身障害者の入所施設スカウトをされ、その施設就職をした。

しかし、椎間板ヘルニアを2か所発症してしまい、勤務を継続することができずに退職することに。

手術を受け半年治療の後、今年の夏ごろから新たな気持ち保育士仕事に就こうと求職活動を始めた。

しかし、応募をしようと問い合わせをしても、「今は経験者の方を募集しておりますので」と門前払いを食らうことも多々あるという。

いざ面接を受けさせてもらえたある園では

「できれば君みたいな人を採用したいと思うんだけど、今人員に余裕がないか経験者が欲しいんだ」と、不採用を告げる電話口で謝られたらしい。

同じように保育士求職中だった友達に話を聞くと、やはり彼も同じような経験を重ねたあげく、仕方なく今は老人介護施設職員としてアルバイトを始めたという。

いったいこれはどういうこと?

初めから経験がある保育士さんなんているわけないのに、男性だという理由

経験がないという理由で、保育士になろうと熱意をもっている若者に門戸を閉じてしまうのはなぜ?



保育園子供預けられなくて困るのはお母さん達。

保育士採用されなくて困るのは、求職中の未経験若者達。

決して、保育園ではないってこと。

本気で、待機児童をなくそうなんてしていないってことなんだろう。

息子は保育士になることをあきらめて、別の職を探すことにすると告げてきた。

http://anond.hatelabo.jp/20161219035332

いやあ典型的アスペだよね

http://kokoromasic.com/82_asperger4

これのサリーとアン課題を正解できないパターンにそっくりw

自分は予見していたということに拘り続けて、他人にはその予見が正しいかどうか判断できないという事実を受け入れられない



後出しジャンケン意味理解できないのは馬鹿だけでなくアスペもそうだったんだなあ

というか馬鹿説明されると理解できるけどアスペ説明されてもまだ駄目なようだw

2016-12-18

http://anond.hatelabo.jp/20161120132617

まじめな反応ありがとうございます

予想以上にいろいろなご意見がいただけて、うれしいものですね。感謝します。(反応ゼロまたは、ふざけたものだけだと思っていたので意外でした)

 

女性から・・・(良くない文脈)って思われてる」と思う側の問題はないでしょうか。

ほとんどの場合、何も考えずに質問をしていることが多いです。

嫌味で質問している場合、逆に誠実に話すことで、相手自分を恥じるでしょう。

21世紀にもなり、いまだに「女のクセに」をいうような人がいるのでしょうか。

自分の周囲には見当たらない、いたとしてもそんな人は周りの人から相手にされていないことが多いです。

男女比がおかし場所にいくのは、男女とも様々な不便はありますが、それを粘り強くクリアして、後輩たちのために良くしてくださった先輩たちがいるのは間違いありません。少なくともその恩恵を受けた人たちを私は知っています

 

その面倒くささ(「生きづらさ」は少し重い言葉かもしれないが、そう思う人も多いだろう)を否定して受容せよって、つまり女性の方だけハードル上がっててOKということなんですが分かってますか?

 

もし、以前よりハードルがあがっているとしたら、そのハードルを下げる努力しましょう。

少なくとも私が女性の後輩たち(もちろん理系)を見る限り、ハードルは年々下がっているとしか見えませんが…。

女性の方だけハードルが上がっているということは、理工系全体がより質の低い人材を受け入れることになるということなんですが分かってますか?

 

このあたり、どういうdataが根拠になりますでしょうか。

理工系に限らず、一部で質の低い人材問題視されているのは知っています

質の低さをどう改善していくか、ということが課題になるのだろうと思いますが、違いますか。

 

専攻内で女子ひとり、大変なことはあると思います

私の友達でも、とある専攻で「女性一人でちょっと苦労した、でも乗り越えられたよ」という話をききました。

からといって、”女性というマイノリティ”という意識彼女は持ちませんでした。

「専攻自体マイノリティなんだよねー」と、彼女が愛する専攻を大事におもい、マイノリティな専攻をなんとかしたいという思いはききました。

 

どのような専攻なのかの説明は、本当の専攻の方にまかせたいので書きませんが、今彼女の親戚が彼女の話を聴いてその道にすすもうとしています

その学生さん女性です。

男女問わず理工系が増えたらいいなと思っています

2016-12-16

学生権利

労働者権利があるなら学生権利というのもあっていいだろう。

学生権利というのは軽視されすぎている気がする。

例えば大学生権利というのは非常に弱い。自分工学部卒なのでどうしても理系の話になってしまうが容赦してほしい。

実験をすっぽかしたりすると一発で留年実験に1回遅刻しただけで留年場合も。

・必修科目落とすと場合によっては1科目落としただけでも一発で留年確定。再試験が無い場合、ぶっつけ本番のテスト一定の点を取らないと一発で留年する。

・そこそこの病気になると留年学校休んで葬式行くのが許されるのは親など極限られた親族が死んだ時のみ。

選択科目は当然のように再試験がない。

実験拘束時間のぶんだけ単位がもらえない。

研究室ではこき使われる。アホみたいに拘束されて夏休みほとんどもない。

学費が高い。しかちょっと滞納するとすぐ除籍。

留年すると奨学金を打ち切られる。

特に奨学金を打ち切る指定暴力団学生支援機構が悪質だ。奨学金経済的に困窮している学生教育資金を援助(貸与)する仕組みだ。では、経済的に困窮している学生が、なんらかの事情でコロッと留年して、奨学金が打ち切られたらどうなるか?経済的に困窮している学生経済的に困窮しているから、当然大学をやめざるを得ない。経済的に困窮している学生だった無職は、高卒肩書と数百万円の借金を背負ったままどうやって生きていけばいいというのか。留年するやつが悪い、と思うかも知れないが、大学生というのはがんばっていても留年するときは本当にあっさりと留年するものなのだ理系なら学生の4割が留年する学科も珍しくない。

お金の話は置いておくとしても、アホみたいに課題を出してくるのも問題だ。課題が多すぎて土日はほとんど休めないという学生は少なくない。

高校生中学生権利の状況は更に悪いかもしれない。

・朝から晩まで馬車馬のように勉強させられる。課題も山ほど出る。

部活もある。朝早く出て朝練放課後は遅くまで練習部活強制かいう謎の制度を持つ学校も多い。

休日部活がある。

・それだけでなく、休日に授業がある。たまになら別にいかもしれないが、毎週土曜日に必ず補習がある学校地域存在するらしい。

教師主観評価を付けられる。中学校場合評価が悪いとろくなところに進学できない。

服装髪型規定が異常に厳しい。染めるのはもちろん、ちょっと髪が長いだけでアウト。中高生には基本的人権すら認められていないのか。

・なぜかバイト禁止

これでは中学生高校生は死んでしまう。冗談じゃない。日本ブラックなのは企業皇室だけではない。なんと学校までもがブラックなのだ

こんな調子では勉強部活以外のことができないではないかいくらなんでも学校の束縛が強すぎる。あれはするな、これはするなという調子私生活制限しまくった上で学校勉強ばかりさせているか大学生になった途端何していいのかわからなくなったり、「学校人生のすべて」みたいな固定観念ができて、ちょっといじめられたくらいで自殺してしま子供が出て来る。悲しいことだ。

アホみたいに勉強するのが尊いと思っている人は多いが、そんなことはない。学生もっと自由時間があれば、やりたいことや趣味や生きがいが見つかるかもしれないし、将来やりたいことが見えてくるかもしれない。その結果として、将来やりたいことを実現するために勉強するのは確かに尊いしか勉強しか知らないか勉強をするというのはただの思考停止だ。尊くもなんともない。

そもそも学校勉強特に中学高校勉強というのは進学先、就職先によっては本当に糞の役にもたたない。理系に行くなら古文漢文100パーセント無駄だ。教養大事とか言う奴は居るがそんなことはない。教養がなくても幸せに生きている人はいくらでもいる。教養があって良いことといえば少し悦に浸れるということくらいだ。クソつまらないし99パーセント受験以外で役にたたない古文漢文のために、最も頭脳が柔らかくて、最も体力があって、最も感受性が豊かな10代の後半に、死にそうになりながら学校と自宅を往復をすることに意味があるだろうか。しかしそれでも学生たちは古文漢文勉強しなければならない。なぜなら受験必要からだ。

最近でこそマシになってきたが、一昔前は、教師というただの小汚いそのへんのオッサンが、か弱い小学生中学生高校生をぶん殴るという異常事態が全国規模で発生していたし、それが当たり前のこととして受け入れられていたから周りも何も言わなかった。そのくらい学生というのは「勉強して当たり前」「親や教師の言うことを聞いて当然」という考え方に迫害されて生きている。我々はもっと学生権利を考えるべきではないか

2016-12-14

ただまあ、何年も突っ込んだ結果としての今を見ると

何かこう、いろいろと納得はいかない。

もちろん納得いってることも多い。

常に目の前の課題が私の世界の全てだから

課題でないものに立ち向かうことができない。

生きるためだけに特化したこの体。

一途でバカ生物としての性か。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん