「無為」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無為とは

2017-03-27

最近17時台に退社してる

タイトル通り、このところ17時台には退社してる。

気付いたメリットを挙げていく。



一日の自由時間がとにかく長い。

当たり前なんだけどこれに尽きる。というかこれだけしか利点ない。オンリーワン

早寝早起きを合わせると、更に自由時間は伸びる。誇張抜きで1.5倍くらい。



最近の平日はこんな感じだ。

まず17時台のうちにスーパー直行、意外と主婦っぽい人は少なめ。

20代後半〜30代前半くらいの綺麗なOLさんが多く、目の保養になる。あいつら帰るの早いな。

食材を買って帰宅で18時台前半、晩飯を食い終わってもやっとこさ19時前後である

そっからこころゆくまでyoutube音楽聞いたり、趣味楽器いじっても、せいぜい20時台後半。

そんなこんなで21時半には眠くなってくる。で、22時過ぎにはソファー寝落ち

5時には目覚め。ゴミ出しやら洗い物やらは体力のみなぎるこの時間帯で済ます

6時台にはゆっくり入浴。「夜入らねえのかよ、汚いな」うるせえよ、こちとら朝風呂派だ。

風呂から出たらしっかりとベッドで二度寝。30分から1時間寝て出社。今日も一日頑張るぞ。



家で映画鑑賞するときは、ストレート帰宅。パパッと飯を適当に済ます

あー映画しかった。時計に目をやる。まだ20時台だ。もう一本見ようかな。

ジムに行く日もある。18時前後ジムガラガラ。有酸素筋トレ、みっちりやっても20時過ぎには終了。

何をやっても時間がひたすら余る。時間買取サービスでもあれば毎日3時間分くらい売り飛ばしたいよ。



俺は独身非モテからこうやって無為に過ごしてるけれど、

彼女持ちならディナーとか一緒に行けるな。映画見たりするのも一興だ。

子持ちなら幼稚園やらのお迎えついでに子供と遊んであげられるだろうね。

春・夏とかなら全然明るいし、帰りがてら公園とかで遊んであげる事も可能かもな。

スーパー寄って帰宅後に夕食、風呂に入れてあげても20時台じゃないかな。

子供が大きくなったら親父が塾や習い事の送り迎えしてやる、なんてのも粋じゃないの。



相変わらず薄給事実は変わらないんだけど、とにかくQOL向上してる感が半端じゃない。

小学生の時の「今日帰ったら何しようかな♪」ってワクワク感が蘇ってきた。

「世の中、金だ」と言うだろう?絶対に違うね、世の中時間だよ、時間。時は金なり、ビバ定時退社。



結論:みんな早く帰ろう。

2017-03-12

どうせみな同じ

人生無為に生きようが、一生懸命生きようが、死ねば皆同じなんだよな。

2017-03-06

発達障害であることを認めたら人生が捗った話

自分はおそらく発達障害だ。

実際に診断していないので本当にそうなのかは言い切れないが超高確率ADHDだ、もしかしたらASDも併せて患っているかもしれない。

そんな私だが今年の頭から自分ガイジだと思って生活するようになってから仕事私生活もそこそこ上手くいくようになったので紹介しようと思う。

仕事死ぬほど捗った

自分ガイジだ、自分はうまく整理ができないと常に考えるようになったので、どれだけ時間がかかっても段取りをつけるようになった。

段取りをつけられないかガイジなのでは?って思うかもしれないが、定常発達者のように息をするようにできないだけで超ゆっくり考えて仕事をクソほど分解していけば段取りはつけられることを学んだ。

抱えている仕事がおおいー!うわー!頭がとっ散らかってるー!!ってなったら今認識しているタスクmarkdownで片っ端から書いていき、書けることがなくなってから仕事に取り掛かるようにした。

要はゆっくり整理してあとはガイ特有の過集中でどうにかするぞいって感じで仕事を回したら早くなったしミスも減ったし品質もすごくあがった。

精神的にも未発達なガイジなので、できるようになったらそれだけで嬉しいしもっとやろうとなるのでもっと良くしよう!みたいな良いサイクルになってきたと思っている。

痩せた

デブガイジだったので、まずは見た目だけでもよくなろうと思い去年末からダイエットを始めた。

3/6現在で約11kg落としている。

今まで通り無策にやっても失敗することは目に見えていたので、ガイ特有の気に入った食べ物は飽きるまで無限に食う習性を使って痩せる仕組みを作った。

朝食 おにぎりサラダチキン

昼食 適当な大盛り → 適当な小盛り

夕食 適当な飯 → 雑に作れる鍋

特に鍋がデカい、カット野菜と肉をぶっこむだけなのでスーパーマンでも作れるし、シャワー浴び終わったら鍋が出来上がってるからマジで楽。

鍋だけで6kgぐらい落ちたと思う、ハマったものを飽きること無く無限に食えるクソガイジで本当によかった。

無為にダラダラすることが減った

PCデスクに座ってしまうとそこから動きたくなくなってしまガイジなので、自分ガイジだ動けないぞやめろ座るな家事しろ運動しろって思い込むようにしたら私生活が超捗った。

今までなら平日の夜に同時にはできなかったであろう

すべてができるようになった。

これも仕事と同じく、帰りの電車のなかで一挙一動を洗い出してゆっくり見積もっていき、家についたらそのレールに乗るだけであと終わり!みたいな仕組みにしたら家事筋トレがあっという間に終わっていた。

勉強時間24時までと決めて、その後は酒飲みながら読書するようにしたらもう捗って仕方がない。

人に優しくなった

ガイである自分がそれでも人並みに生きていけているということは、今まで関わった人や環境があってことだと思うので、そんな私でも生かせてくれてありがとうと思うようになった。

そしたらお部下や店員さんにも笑顔で接することができるようになったし、思っていることを素直に伝えることができるようになったと思う。

他者言動の腹なんてどうせガイジの僕にはわからないので、言葉通りに受け取って素直に言葉通りに返したら少しはまともに会話ができるようになったのかもしれない。

これはまだなんともいえない、最近始めたばかりだから

総括

自分は定常発達者と同じようにできると思わないようにしただけでここまで捗るとは思わなかった。

出来ないんだ! → ならどうしようかと考えるようになったし、何より精神的な安堵を得られたと思っている。

足るを知ることで、はじめの一歩を踏み出せたのかなと思いました。

2017-03-03

JRの声掛け運動がウザい

何かお困りの方がいらっしゃいましたら『何かお困りですか?』という積極的な声掛けをお願いします。



毎日毎日。朝も夕方も繰り返し駅でアナウンスされている。

もうね。ウンザリしている。いい加減に辞めてくれないかな。あれ。



困っている見知らぬ人に声を掛けるというのはその人の善意からくるものだ。

その人がそうしたい・そうすべきだと思っているからやるのだ。

運動化しているからやるものではない。

善意の行動というのはその人がそうしたいという理由からおこなうものであって外からの働きかけでおこなうものではないのだ。

少なくとも自分はそういうタイプである

善意の行動を運動化されてしまうと萎えしまう。



運動化していなくたって、周りに誰もいないような状況で本当に困っているなら声掛けるよ。たぶん。

もしくは困っている様子で声を掛けられたたら緊急時でないかぎりはできるだけ対応しようとは思うよ。最終的には駅員に丸投げするにしても。

それぐらいは言われなくてもやる(と思いたい)。



でもね。周りにたくさんいる状況で困っている人が居たとして。

声を掛けていいものか悩む。

本当に困っているのか。声を掛けられてかえって迷惑をかけるのではないか。声を掛けたところで助けにはならないのではないか

そうぐるぐる悩んで結局声を掛けれない。

それに周りには人がたくさんいるし、駅員もいる。大丈夫。きっと誰かが何とかしてくれるって。

から声掛けしない。

でもそういう状況に耐えられない・見逃せない・気にしない人が居て困っている人に声を掛ける。

素晴らしいと思う。

でもそれって声掛け運動アナウンスで言われているから?

違うよね?

その人が善意でそうしたいという意志から起こした行動だ。言われたからやっているわけじゃない。

声掛け運動アナウンスはそういった善意無為にする。



運動化するにしても働きかけの対象が間違っている。

本当に必要なのは困っている人に対して声掛けすることではない。

困っている人が『困っている・助けが必要だ』と意思表示してくれることこそが必要なのだ

人間よっぽど切羽詰った状況でもないかぎり本当に困っている様子の人の頼みを無下にはしたりしない。

困っている人の助けにはなれなくても助けになれそうな人の協力を仰ぐぐらいのことはする。



というかさー。なにゆ一般人に働きかけするのよ。

そういう運動を駅員がやっていますというアナウンスになるべきじゃん。

『何か困っていることがありましたらお気軽に駅員にお尋ねください。

皆様におかれましてもお困りの人からの声掛けを無下にせずお力添えをいただければ幸いです。お困りでしたら駅員に相談してください。』

これでいいじゃん。

善意意志運動化するのは辞めてくれ。

2017-02-25

Zenpad 3 8.0に買い替えた

一ヶ月ほど前、愛用していたZenpad8 Z380KLの画面を落下の衝撃でバリバリに割ってしまったので、新しいZenpad8を購入した。Z581KLという型番のマイナーチェンジモデル。革製のカバーでしっかり保護してたつもりだったけど、製品仕様で四隅は剥き出しになっていた。悲しきかな、その角から落としてしまったために日頃のリスクヘッジ無為と化してしまった。

かつてスナドラ410を搭載していた旧ZenpadCPUがスナドラ650に進化した。起動して文字を打ったり、画面遷移を試してみたりした感じでは、以前より動作が早くなったような気がしないでもない。いや、気のせいか? とりあえず適当に弄くり回して、暫く様子を見ていきたい。

それはそれとして、タブレットスマホを買い替えたときのワクワク感が、私はなんとなく好きです。家を引っ越し新生活を始めたときとか新しい出会いがあったときとか、そういうときと同じくらいの高揚感が胸の内に湧いてくる。アプリを入れ直したり設定し直したりするのは面倒だけど、それも含めて灰色日常に潤いをもたらしてくれる。

毎日仕事私生活マンネリズムを感じている人は、いっそスマホを変えてみるというのも悪くないかもしれない。

2017-02-24

今日も朝が来てしまったのか

「眠っている間に心臓まらいかな」と思いつつ横になる

朝日は私にとって眩しいではなくて、目に刺さるもの

その光は安らぎではなく絶望

何故なら「また朝になってしまった」ことを実感させるものから

どうしてこんな私が生き長らえているのか

どうして何の役にも立てず無様に生きているのか

自分自分を終わらせるほどの勇気もなく、かといって前に進む力もない

生きてていいのかと誰に問うべきか

問われたところで誰が答えうるのか

無為な日々は流れ行く

2017-02-19

この世の中に居場所があれば

小さい頃から人見知りでプライドが高い人間だった。

親に聞いても、気難しい子供だったとのことだ。



繊細と言っていいのかわからないが、スーファミストリートファイター

位の暴力的描写が怖かったし、人にいわれた事にいちいち傷ついたりして

自分の内に閉じこもる事が多かった。



小学校くらいの時は友達が多かった様な気がする。

嫌な事があるとその人に暴力を振るったり、それが

できないと親に当たり散らしていたりした。親が自分

気持ちを察してくれないと激昂したたいたり蹴ったりしていた。

比較的楽しく過ごせていた様に思うが、いつも満たされない気持ち

あって辛かった。



中学生地元公立高校に行ったのだが、ここがまあひどかった。

基本的治安が悪く、勉強をちゃんとするやつらがいじめられて

いたり、文化的にひどかった。兄の影響でバスケットボール

始めたが、ここも不良たちばかりで基本的に気に入られる様に

たち振る舞う必要があって自分を押し殺すのが必死だった。

勉強ができればまだ良かったのだが、頭が良くなかったし、

勉強に対するインセンティブも無かった。する意味もわからなかった。

今ならわかるが。

中途半端に不良に足を突っ込んでいたが、真面目になろうと思い

中学3年の初め暗いか生活態度を改めた。勉強ができる訳じゃなかった

ので、真面目にもなれないし、居場所が無かった。このときは本当に

苦しくて何をするにも焦燥感しか無くて生きるのが辛かった。



その後、先生からは無理だといわれていた地元工業高校合格する事が

できた。

工業高校基本的資格を取って、工場勤務者を育てるための学校

そこでも生きる意味が見いだせず、ひたすら日々を無為に過ごしていた。

高校では硬式テニスを始めたがいっさい成績を残す事が出来なかった。

勉強なんてやれば出来て、その勉強が将来につながっているという

事もわからず、何か自分を活かせるものは無いかといつも考えていた。

太っていたし、勉強もできないし、背は高くないし、おでこは広い

性格は暗いし自分に自信を持てる要素なんて一つもなかった。



勉強もできないし何にも興味が持てなかったが、

親が専門学校でもいっとけなんて言ったもんで、

情報処理専門学校に行った。受験すれば受かる様

な所だ。専門学校なんてのは。

専門学校なんてのも基本的には資格を取る様な所だが、

勉強する習慣も仕方もわからなかったし、一個も資格

とれなかった。完全に落伍者だ。



その後、地元会社就職する事が出来て、上司

良い人だったが、自分根本的にだめでいつも自己嫌悪

抑うつ気分だった。仕事をしなくて給料泥棒といわれた

事もあった。

今も7年同じ会社にいる。部署は異動しているが、

基本的自分に自信が無いし、人間関係をうまく築けない。



そしてこれから何かが良くなったりする希望

持てない。30歳くらいになったら自殺したいと

思っている。


努力する習慣があれば。親がもっと教育してくれれば

もっと選択肢がある環境であれば。

自分精神的に強い人間であれば

頭が良い人間であれば

素直な人間であれば

他力本願なのはわかっている。

でも、環境も素質もなしに努力なんて

し続けられる人なんてほとんどいないはずだ。

2017-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20170211223628

底辺高校高校教師なんか意味ないよ

遊びたい盛の生徒をしばりつけて無為時間を奪ってるだけだ

仕事をさせるなり、遊ばせるなり自由やらせたらいい

無理やり授業なんて体裁だけとってるから不平不満が溜まって

教師に向かうんだよ

2017-01-28

ベビーカー畳めよ問題

私はよっぽど混雑していないなら電車の中ではベビーカーを畳まなくていい派です。

ドアのところで畳んで広げてをやるのはむしろ邪魔だし、親も大変だろうし。

そのまま乗っていいと思う。もちろん端に寄せるとか混雑していないところを選ぶとか配慮必要でね。

混雑してる時はバランスを崩した人が乗っかってきたりしてベビーカーの中の子供が危ないので抱っこしたほうがいいんじゃないかな〜くらいの感じ。

バッキバキに喪女でこのまま子孫を残さず地球人口無為に減らすしかない私からすれば、子供を産んで育ててくれてありがとうございますという気持ちしかないので子育て中のお父さんお母さんは尊敬しております

でも今日、土曜のお昼時、中央線快速電車。それなりに混んでる車内。

そこで通路を半分以上塞ぐでっかいベビーカーに乗った多分4歳くらいの大きさで起きてる子供と両親を見たとき畳めよ!!!!と思った。

ベビーカーだし一応優先席付近にいときますかハハハみたいな感じで品が良さそうに談笑してるの、両親が。

ちょっとね、年齢が高めのご夫婦で、持ってるもの服装も高級な感じで、子供男の子で、ああすごく可愛がってるんだな、でっかいベビーカーも買うよね、うんうん。

でもね優先席に一番近いドア入ってすぐのとこにベビーカー止めて通路塞いでるから優先席に行きたいおじいちゃんおばあちゃんが入れないんだよ!!!!!!

バッカじゃねーの!!!!!!!

子供が寝ちゃってるならまだわかる、寝てる子供って重いもんね、でもめっちゃ起きてる。元気。

お母さん一人orお父さん一人ならまだわかる、一人で子供抱っこしてベビーカー持っては大変だよね、でも二人揃ってる。何なら二人とも手ぶら

ベビーカー畳めよと思ったのは初めてかもしれない。

というお話

2017-01-10

へんな夢を見て、旦那への愛情が突然復活した

吐き出したくて感情のままに書きなぐったのですごく読みづらいうえにずいぶん長いです。ごめんなさい。

暇な人は読んでください。そしてこの感情の正体を教えてください。


結婚3年目、共働き子どもはいない。

マイホームを建てて、引越しだのなんだののバタバタのなかでケンカが絶えず、「離婚届を取りに行こう」という言葉年末旦那から出てきた。

建てたばかりで離婚なんかあんまりにも残念だと思ったし、ローンとかお互いの仕事の都合とかのもろもろで、離婚したとしてもたぶん家を出ていくのは旦那のほうになるんだけど、それはともかく、こちらももう実はずっと前から旦那に対する愛情とか愛着みたいなのを感じられなくなっていて、一緒にいても息苦しいばかりで、正直会話をするのも苦痛で、たぶんそれは旦那も同じで、何か月もレスだった。

何度こちらの考えや気持ちを伝えてもなかなか変わることができず、悪い意味典型的九州男児男尊女卑亭主関白、家の中ではいつも横柄な態度で何もしない、いちいち一言多い旦那に愛想が尽き、わたしから離婚を申し出たことも以前あった。話し合った結果離婚はなくなったのだけど、こんなふうに何度か別れ話まで行きつきながらも結局別れずに今まで来ている。ふたりとも優柔不断からだと思う。どちらかが決断力のあるはっきりした性格だったらとっくに別れていると思う。

わたし自身も、横柄な父親とそれに不満を持ちつつ黙って従う母親のもとで育ったし、旦那実家も見ているとだいたい似たようなものなので、まあ育ってきた環境がそうなら本人もそう簡単には変われないだろうし、わたし自身も結局、手本となる母親がそうだったのでなんだかんだ言っても知らないうちに旦那の横暴を誘発しているところがあるのはわかっているし、まだまだ日本も過渡期だよな特に九州は、なんて勝手主語を大きくしたりしてもやもやした気持ちを無理やり押し込めながら生活してきた。

ただ、今回の年末の大ケンカの直後にわたしインフルエンザにかかってしまって数日間寝込んでいて、そんなときも以前は「自分食事自分で用意するから気にしなくていいよ(ドヤァ)」というアレを素で言ってしまう、嫁の食事およびその他の掃除洗濯についてはまったく考えを巡らせることができないほんとにテンプレ通りの困った旦那さんだったのだが、何度か話をするうちに、少しずつ面倒を見ようとするようになってきているのは感じていた。

今回は、それに加えて掃除をしてくれた。

掃除機をかけ、風呂を洗っている音が、熱でぼんやり寝込んでいるところに聞こえてきた。

ああ、ちゃんと考えてくれているんだなあ、と思った。

何度話してもわかってくれない、変わろうとしない、と思うときも多いが、そんなこともないよな、と思った。

だいたいこれもケンカの直後だけで、数日すると、すぐにもとの横柄な人に戻っちゃうんだけどね。それでまた不満が溜まっちゃうんだけど。

でもそのたびに、やれることが増えているのを感じている。それは本当にありがたいし嬉しい。

そういうことも、ケンカしたあとの話し合いのときにはその都度全部伝えている。

わたしもだから変わりたいな、と思って、不満とか違和感を角が立たない言い方で小出しにすることを日ごろから心がけていて、それでもやっぱり期待値が上がってしまうのかイライラが募ってしまうので、まだまだ精進が足りないなとは常々思っている。期待するから腹が立つのであって過剰な期待をはなからしてはいけない。これは完全に自分精神的な問題なので旦那がどうこうという話ではない。

あとはそもそもの話だがベースの部分の愛情がずいぶん少なくなっているか沸点も下がっているのだろうと思う。

そんなふうにベース愛情がなくなりつつあるので、話すのが苦痛、一緒にいても息苦しい、という気持ちをなかなか切り替えることができずにいたんだけど、こないだの3連休の真ん中の日に、夢を見た。

旦那が、キャバ嬢みたいな派手な身なりの女の子を3人、連日家に連れて帰ってきて泊めてやっている。

キャバ嬢と言っても平野ノラみたいな昭和な感じの人たちなのだけど、まあとにかく女の子がうちに泊まるようになった。

寝るときだけは、彼女たちの姿がなぜか幼稚園児ぐらいの幼い女の子になる。

そして旦那に、父親と娘のように屈託なく甘えている。

なんか、ひよこみたいだな、となんでかわからないけれど思った。

たくさんのひよこが一匹の大型犬にくっついたり乗っかったりしてて、大型犬も静かにそれを受け入れているという写真ネットで見たことがあるが、なんかそんな感じだった。旦那は大柄だから

何日目かの朝、彼女たちを送りだしてからわたし旦那に問いただした。

非常に迷惑している、一体何のつもりなのだ彼女たちに対する文句を言うと、旦那は腹を立ててわたしを蹴ってきた(一応書いておくけど現実暴力を振るわれたことはありません)。

実家に帰るとか、他の友達のところに泊めてもらうとかできないのかと問うと

「そんな場所が、あの子たちにあるわけないだろ」

と、悲しそうに旦那は言った。

そこで目が覚めた。

わたしは親と不仲で、ここ数年連絡を取っていない。向こうからメール電話は来るがすべて無視している(以前は着信拒否していたのだけど、そうすると母親義母電話をしはじめたらしく、義母から「困っている」と言われたので慌てて着拒を解除し、とりあえず義母への電話攻撃はやめさせた)。

家を建てるときも、うちの親に知られると無為に引っかき回して話をめちゃくちゃにするのは明白だったので、黙って建てた。

ただ、旦那の親にもわたし気持ちを話したのだけどやはり親の立場としては納得がいかないということで、旦那の親はうちの親と今も連絡を取り合っている。

旦那基本的に静観の立場を貫いている。

旦那旦那の親に、うちの親子事情のせいでこれ以上負担をかけられないと思い、先日、夫婦わたし実家に行って「家を建てた」という話をしたところだった。

うちの親はいわゆる毒親気味でこういうときに隙を見せると喜々として人格攻撃を始めるので、あえて最後まで儀礼的な態度を崩さなかった。

1時間ほどで話すことを話して、きりのいいところで引き上げた。

自分子どもができればまた変わるのかもしれないが、思春期を過ぎても両親を「気持ち悪い」と思う感情が消えてくれない。母親の卑屈な作り笑顔気持ち悪いし、父親理不尽人格攻撃や横暴も心底軽蔑している。大人になった今は、親としてというより人としてそれぞれどうにも苦手で、単純に接点を持ちたくない。

その直後にこういう夢を見た。

たぶん、3人の女の子わたしなんだろうと思った。屈託なく甘える一方で、わたし本来そこにいるべきでない存在だと思っている。わたし旦那に不満を持っているが、旦那わたし結婚して幸せになったようにはとても見えない。わたし旦那からいろいろなもの搾取している。わたしは、本当はこの人と結婚してはいけなかった。旦那に苛立ち、息苦しさを感じるたびに、同時にそんなふうにしか思えない自分を責める気持ちと、旦那への罪悪感も増していった。

あんなにも疎ましく思っていたのに、目が覚めると涙がぼろぼろ出て、旦那のことをどうしようもなく愛おしく思う気持ちぼんやりと湧いてきた。

横で寝ている旦那にくっつくと、旦那は少し驚いたようなそぶりを見せて、また寝た。

本当に、自分に起きたこの変化はなんなのだろう、よくわからない。

彼は煙草を吸うので、ときどき匂いに耐えられなくなることがあった。正直、近くにいたくなかった。寝言もうるさいし、夜中に目が覚めるたびにイライラしていた。

でも今は、旦那匂いも愛おしい。すごくいい匂いだとなんか知らんけど思う。寝言も愛おしい。

何がどうしてこうなった。さっぱりわからない。

ただ、それと一緒に罪悪感と自責の念もどんどん増えていく。

から、この気持ちの変化を無邪気に旦那に伝えることができないでいる。

旦那のほうは、もう無理なのかもしれない。

それはもう、仕方がないと思っている。離婚することになるのなら、仕方がない。そう思っている。

でも自分気持ちは、あのへんな夢を見てから突然変わった。理由はよくわからない。けれどとにかく変わった。

それだけは、まあとにかく伝えなきゃなあ、とは思っている。

どうすれば伝えられるのだろうか。そのまま話してわかってもらえる自信がないし、そもそも罪悪感がもうほんとに半端なくて、やっぱり好きだとかこれからがんばるとかそういうことを口にするのもはばかられるぐらいの罪悪感に押しつぶされそうになっている。それでうまく言えない。

そもそもこういう感情の振れ幅が大きすぎる女性というのが、自分が男だったらめんどくさすぎてもう駄目だろうと思う。

やはりわたし結婚などすべきではなかったのだ。

家族がほしい、と思うこと自体が図々しかったのだと思う。

話がしたい。話さなきゃな。

2017-01-09

今年も意識低い系として、何の向上心も持たず毎日をほどほどの生活で満足してただただ無為に過ごしていこうと思います

2016-12-20

恋愛経験のないやつは精神的に未熟

アトピーゾンビはどんなに努力しても清潔感という最低限の恋愛スキルを身に着けることはできない。

恋愛アプレであるエロゲーギャルゲー脳内妄想自分欲望を抑えつけたり欺いたりすることしかできない。

こういった恋愛代用品で我慢していると沸々と怒りや憎しみや無力感が湧いてくる。

アトピーゾンビじゃなくて恋愛勝ち組だったら、もっと人生に対して前向きになれただろうし生きる気力や希望モテただろう。

そして伝説成功者として歴史に名を残すことができたと思う。

何やってもモテないし努力無為に帰っていくし肯定されたことのない人生から、なんで生きているのかもよくわからない。

ただ呼吸をして飯食って寝てを繰り返しているだけ。これを死ぬまで繰り返すのか。あほらしくて馬鹿らしい。



アトピーゾンビ努力しても恋愛勝ち組になれないし、健常者になれない。

この世は健常者が人生を楽しむためにあるのであって非健常者の恵まれなかった人間のためにあるのではない。

ニュースピックスを見ればそれが良くわかる。勝ち組は生まれながら勝ってるし環境にも恵まれているし肉体も精神も正常だ。

アトピーゾンビウイルスの痒みで気が狂ったことはない。



恋愛負け組には発言権を与えられない。

恋愛経験のないやつは精神的に未熟だとかなんとかいってマウントを取ってくる。

恋愛経験をしたくてもさせてくれないんだよ。キモイから容姿キモイから

そうやって恋愛負け組の檻にいれて、健常者は檻の外で恋愛を楽しみながら恋愛負け組罵倒して自分たちの優位性を逐一確認しようとする。

恋愛勝ち組になるには健常者になる必要がある。しかし、それは決してかなうことのない恋のように、水と油が交わることが無いように、男と女が本当に分かりあうことが無いように、決してかなうことのない夢、希望、願望、欲望、劣情なのだ

2016-12-01

師走やんけえええええええええ

あああああああああああああ

またひと月無為に過ごしてしもうたあああああああ

あああああああああ

あああああああああああああ

皆さん風邪など引かれないようにね。

私は牡蠣に当たって昨晩から下痢だけどね。

Wish You a Merry Christmas

えんだあああああああ

一浪受験に失敗した人の末路は学歴ロンダだった

大学受験で以前こんな感じの記事を書いた。一応、その続きです。

一浪受験に失敗した人の末路は
http://anond.hatelabo.jp/20130311000638

結論から言うと来年から東大大学院に行くことになった。
表題結構煽ってる感じするけど、書きたいのは「学歴コンプは院ロンダで発散しよう!」みたいなやつじゃない。
まあそういうの書いた方が反響がありそうだが。


んで、じゃあここでなに書くつもりなんだよwって話だけど、院ロンダの話より前の記事の続きで、ただ切り替えが大事って話。

上の記事の後、失意のうちに大学に入ってずっと引きずって、仕方なく入ったサークルにも顔を出さず。無為に過ごしていた。
そうして一年終わる頃、友達に誘われてちょっと企業説明会に行った。そこで聞いた話は覚えていないが、様々な仕事はやけに面白そうに感じた。
そしてその時に「ああ、この先の人生って今よりずっと長くて、ずっとやっていかなくちゃいけないんだなあ。」と理解した。

サークルに出て部長をやったり、バイトを始めたり、気になったことを自分勉強したり、そこから大学生らしい大学生をし始めたと思う。
くだらないがやはりそこから様々な学びを得た、これは前を向いたからこそ得られたものだ。
理系にしては珍しく就活もし、より環境の良い外部の院を受けるというのも、この先自分がどうあるべきかを考え続ける積極的姿勢が作られたからだろう。
学歴コンプはそのうちに消えていた。奇しくも東大大学院入学することにはなったが。


失敗をしない人間など正規分布の2σより上の層みたいに思っておけば良い。
多くの人間は失敗する。
失敗したときに次に行動をできるか、失敗の中から成功を見出せるのか、これが僕が体験したこと。愚者経験に学ぶは正しい、こんなの早くに気づけばよかった。




P.S.
ロンダしたい人、まあ勉強頑張って下さい。僕は過去問3年分解いただけでそんなしてないです。
ロンダは認めねえ!って人、認めなくてもいいです。東大の良い研究環境を僕が寄生虫としてしゃぶりつくすだけなので。
仮面浪人二浪を考えている人、失敗したらしたですぐに次を考えるだけのことです。ひょっこり院で東大入れるかもしれません。
くだらない記事書きやがって!って人、僕もくだらないと思っています
ただ注意して欲しいのは失敗を肯定しているわけじゃない。京大は今でも入りたい。
ただ、失敗を引きずって無為に過ごしてはダメだった。再受験だろうがなんだろうが、次に目線を合わせなきゃいけない。時間は過ぎるのだから

2016-11-27

http://anond.hatelabo.jp/20161127225356

じゃなく、殺処分して食ってるじゃん我々。違いを言うなら何が違うの。

大量殺魚を無為に行う理由を咎められるのは社会倫理的には正しいけど、

それに対するツイートで「かわいそう(痛いニュース転載ツイート)」とか阿呆かと思うわ。

2016-11-23

新垣結衣さんに恋をして

不覚。


逃げ恥というドラマを友人に勧められて見た。

とにかくガッキー可愛い、それでいてエロス世界観ではないので、爽やかにドギマギヤキモキするという、よく分からない解説を何度も聞かされて、とりあえず見てみることにした。


今時の人気アイドルというのがどんなものなのか、少しは知っても良いだろうと思って。


・・・だが完全にハートを射抜かれた。

学生時代に好きな子ができて感じる胸の痛み、ドキドキ感、焦燥感、あの感覚が怒涛の如く襲ってきた。

PEAが全身を駆け巡り夜も眠れない。


テレビを見ないわたしだが、はてなまとめサイトでたまに話題になるためか、新垣結衣さんは以前から知っていて、数多いる可愛らしい芸能人の一人という認識だった。

ところが今では彼女天使しか見えない。

あのいたずらっぽい少年少女のようなした笑顔

一方で無表情の時の彼女の瞳から感じる少し寂しげな感じ。

憂いの目、少し小ぶりな乳、長い腕、指。

彼女を形作る全てのものがとても神聖もののように思えた。


まらYouTubeなどでポッキーCMから貪るように眺めた。

ウィキペディア基本情報を掴んだ上で、ゴシップ的な恋愛遍歴や過去インタビューなど調べてしまう私がいた。


この何も実を結ぶことのないことに時間思考を奪われて一日を過ごす。

どうすれば実を結ぶのだろうかと、無駄なことを考えずにいられない。


ああ、そうだ。これは恋なんだ。懐かしい気持ち自然気持ち

清濁混ざった心の目であなたを見つめる。

いや、だめだ、汚れを払いのけ、真の愛であなたを見つめよう。

いつか夜明けがきあなたのことを忘れても、わたしの幻影が作り出すひと時の幸せと安らぎを忘れない。


***


神様わたし偶像を崇拝する罪を犯しています

理性が私に何度も無為時間を過ごすな、冷静になり不毛を避けよと伝えてきます

しかし理性以上に強い感情に囚われてしま思考が言うことを聞きません。


どうか心が弱く、罪深いわたしを憐れんでください。


シラ書には、見目麗しい女から目をそらせ。とあります

この言葉をよく味わい、もう逃げ恥を見ることを止めようと思います

YouTubeも見ないようにしようと思います

どうかお力をお与えください。


この祈りを主イエスキリストの御名において。

2016-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20161114092604

正当性を示すためには、他者から認められるようなものでなければならないのでは?!

承認欲求とか自己顕示欲とか、そういうものを含めて理解していたことは確かだ。

俺の大義名分に対する理解がそもそも違っていたということか。

大義名分の話はウチの役員が頻繁にしてる。

今の俺のように日々無為に生きている者は許さないそうだ。

(すなわちこの役員からすれば俺が思っている大義名分大義名分ではないということ)

はっきりってウザいんだが、俺も会社員である以上、上の意向に従った言動をとらざるを得ない。

このままだと現状維持すらできず干される危機感を覚えていて、俺なりの大義名分すらつぶされそうな恐怖を感じているんだ。

大義名分論

俺には生きる大義名分がない。

はたらく大義名分もない。

生きているのは死ぬと両親が悲しむから、ただそれだけ。

はたらくのは金を稼ぐ手段を他に知らないから、ただそれだけ。

人生にも、仕事にも、何にも誇りを持てないし、ましてや誇らしげに語れる大義名分などない。

よしんば大義名分と称して何かを語ったとしても、苦し紛れ付け焼刃しか聞こえない(=本意としては響かない)であろうことは容易に想像できる。

毎日が充実しすぎていてしかたないなんていう人のほうが少数なのだろうが、それでもここまで無為生き方しかしていない自分が恥ずかしくてしょうがない。

2016-10-26

アホらしい

些細なことで難癖つけてリストラ就活いじめやってた企業の連中

じゃあ本人どもはさぞかし立派な行いをしているんだろうなと思ったら実際は不正不正アンド不正

こんなカスどもを優遇して無為に時を過ごした挙句に結局衰退して貧乏人が増える一方

んで今頃になって働き方改革とか言い出しやがる

もちろん言うだけで実態は何にもならんだろうがな

何じゃこの流れあまりにも無価値すぎる

2016-10-25

[] けんじゃのいしを手に入れた

会社の帰りしな、酔っ払った自分の目の前にけんじゃのいしが現れた。

そいつシケモクの転がるアスファルトの上で光り輝いていた。

俺は賢者の石を拾ってコンビニに立ち寄り、ミネラルウォーターにひたしてみることにした。

爽やかな空気があたりを包み、愛飲のエビアン炭酸水風の口当たり良い水になった。

それを飲んだ俺の酔は冷め、みるみるうちに仕事の疲れが回復することを知った。

友人はいかづちのつえを手にしてエネルギーを電力会社に売りながら生活しているらしい。

俺は幸運に浴したことよりも友人の杖のほうが気になって仕方がなかった。

更に他の友人はいのりのゆびわを手にしたのだという。取引先にいくらでもメダパニがかけられると喜んでいた。

それに引き換えおれの石っころはなんだと思った。

たかだか酔い覚まし程度にしかならない。よしんば疲れを取り除くとしても、他の補助系のほうが役に立つのではないか

こんな石を持っていたらいくらでも仕事押し付けられるだろう。

サビ残は増える一方だし、俺にとってはむしろ発見されるだけ厄介というものだ。

かと言って投げ捨てられるほど俺の貧乏性は聞き分けが良いとはいえなかった。



俺はアパートに石を持ち帰ると石にマヒャドをかけてロックを楽しみ、次にメラをかけて熱燗にした。

なるほど酒の用途であれば悪酔い防止になるし、気持ちのよいまどろみを提供してくれそうだ。

実際に俺はこんな用途ならさほど悪くはないと思った。

その日から俺の絶倫ぶりは有名になり、二日会社に泊まり込んでも一切堪えない姿を見てHP1000の異名を持つに至った。

ホイミ習得できない体であることも異名のもととなったかもしれない。

勇者体質の同僚などは、何も突き詰められない器用貧乏自分を攻めることしきりで、

俺はうらやましがるふりをしながら内心調子に乗ってゆく自分気持ちを隠し通せなくなっていた。

その頃より状況は変化し、調子づいた俺の前に女性社員が群がることもしばしばだった。

接触回数の多い異性ほど恋に落ちる速さもいや増しに増す。その上絶倫イメージが有る俺はモテモテた。



ある日の朝、女を連れ込んでいた俺は不運な朝を迎える。

ベッドの下に隠してあったけんじゃのいしは粉々に砕け散っていたのである

俺は女の仕業だと感じて怒鳴りながら追い返したが、よくよく思い起こして石の破片を見た。

それは内側から破裂したように見え、外から打ち付けた様子もなかった。

俺は友人に電話したが、その一人のうち所持していたいかづちのつえは音もなく崩れ去ったという。

俺はこれで合点がいった。この杖やけんじゃのいしDQM仕様だったのだと。

そうとは気づかず乱用した俺の浅はかさが悔やまれた。

俺はやがて崩れるであろういのりのゆびわを持つ友人へ電話をかけ、パルプンテを振る舞ってくれることを望んでいた。

そうして出てきた効果は突然の左遷だった。

俺は遠く離れた、金貨を集める病弱で偏屈なじじいの島にルーラされることになった。

時々営業に来る奴らはメダルを持ってくるが、じじいは彼らのメダルを回収して追い返すだけだ。

いくつその行為が繰り返されただろうか。俺はいしか無為に島の周りをうろつきLvはすっかり上がりきっていた。

スキルもない高Lv社員など誰が欲するというのだ。そんな無力感に苛まれ続けた。

ある時じじいはいった。お前は全くの無能だが、低級魔術を使う無能であるからこそ使えるものがあると。

やつはカジノを指し示したのだった。



幾多の試練あって、俺はついにムチ使いになった。

できれば無能であることを知られたくはなかったが、このムチがあれば俺は最強だ。

移転先の国でホームレス同然の俺を拾ってくれた民間警備会社のお偉いさんにも頭が上がらない。

俺は剣と魔法がひしめく戦場で唯一ギャンブル王者かつムチ使いの元会社員、というおかし立場を手に入れるに至った。

しかしそんな戦闘多発地域で生き残るにはやや才覚が足りなかった。

俺の攻撃かいくぐった反政府ゲリラがどくばりで急所をつき、俺は不甲斐ない台詞を半額の貯金とともに訊くことになった。

民間警備会社もだめなら俺は一体どうすればよいのかと当方にくれてしまった。



俺は一度元の国に帰ると体にチェーンを巻き付け、肉体改造をした上でスラムに潜伏した。

顔には頭巾をかぶって街のあらくれとして偽装していたので、怪しむものは誰もいなかった。

思えばなんでそんな怪しげなやつを訝しがらないのかとこの国の風習には呆れ返ったが、そんな時代なのだから仕方がない。

俺はあらくれのまま何日もスラムに身を沈めていたものの、あるとき悪夢再現は起こった。

俺愛用のムチが何者かに持ち去られていたのである。俺は焦りを禁じ得ず思わず叫んでいた。

俺の、俺のグリンガムが!

走り出した俺の前に見慣れた姿があった。それは小馬鹿にし見下していたあの勇者タイプの同僚ではないか

やつは鼻くそをほじくりながら俺の姿を見て苦笑いし、デカチチの女とともにスラムへ入っていった。

あのダサいターバンのどこが良いのだろう。業績も低かったくせに。

俺は心のなかで憤慨したが、俺の今の姿は街の荒くれでしかなく、メラ・ヒャドしか唱えられないLv.99なのだ

ターン毎にザオリクでもかけられれば、いかに一撃必殺でも勝てる見込みはない。

それに恐らくやつはただ単に会社命令で視察に来ただけなのだ

それから俺はじじいの島で経験を得たことや、民間警備会社での地獄の日々、様々な経験を思い出して涙した。

あんな奴より俺のほうが苦労しているのだという思いがとめどなく溢れ出た。

全てはあのけんじゃのいしから始まったことなのだ。



結局ムチは見つからず、場末カジノで小さな勝ちを得て適当な増強用のアイテムを身に着けた。

思えばけんじゃのいしとはなんだったのだろう。あれがなくてもおれは今まで十分にやってきたではないか

あれがなくてもギャンブルに勝ったし、治安の悪い国で多くの敵兵を葬ったではないか

俺はスラムで酔いつぶれながらそう感じ、まどろみの中で再起が可能な道ではないのかと心を新たにした。

翌日俺は通りがかった勇者タイプ営業マンに、仲間になりたそうな目線を投げかけることにした。

あのあらくれ頭巾は取ったままで。



だが勇者は「このカンダタめ」とわけのわからないことを喚いて、俺の貯金は再び半額になった。

2016-10-13

[]月面基地には風が吹いている

月面基地はその大部分が地下に埋まっており、また、外気圧との関係で完全、密封されている。

気温変化に乏しいことと低重力関係して、空気は滞留を起こす。

これが実はかなりの問題で、湿気なども一箇所にとどまり続けてカビや細菌なんかの増殖を招いたりして健康に悪い。

と言うわけで月面基地には大気循環システムという物が設置されている。

簡単にいえばA地点で空気を回収し、紫外線消毒などを行った後にB地点で再度放出する。

トイレ家畜飼育場などの近くで負圧を掛け、それ以外の生活エリアから風が流れ込む。

設計段階ではこれで空気の流れは十分と言う判断だったのであるが、実験に伴う密室建設や、病室の設置、プライベートエリアを仕切るカーテンなどによって風は弱まり空気の滞留が問題になってしまった。

まあ、トイレなどの吸入口に近い箇所においては必要な負圧が発生しているのであるが、それでも密閉空間での病気の発生は最も忌避するところではある。



問題に際して基地の首脳部が知恵を出し合ったが、拡張性に限界がある地底基地でどうにか場当たり的な回答としてひねり出されたのが扇風機である

各部屋は規模に応じるが、最低2箇所。廊下においては実に4メートルに一箇所という高密度で配置されたそれは、ぶんぶんプロペラをうならせながら今日も風を送り続けている。



実は、扇風機が設置された背景には衛生だけではなく、過剰電力の問題も控えていた。

月面基地実験施設である為、電力の需要に大きなムラがある。

にもかかわらず、発電源は短期的な電力量調整が困難な原子力発電であるのだ。

精錬などの電力を大量に使用する場合、それに加えて基地運営電力を確保しなければならないが、裏を返せば精錬を行わない場合はその分の電力が過剰になってしまう。

当初は、過剰電力で湯を沸かしたり、氷を作ったり、電灯を明るくしたりしていたのだけど、どうにも追いつかず、あわや火災寸前までいったこともあった。

それが大量の扇風機の設置で無駄な電力の消費をコントロールできる様になったのだ。

ガンガン扇風機を回し、電力を消費する。

月面基地存在意義もかくやといわんばかりの無為行為だ。



重大な問題が一つ。

この扇風機群が設置されて以降、精神的不調を訴える者が急増した。

原因は、おそらくプロペラの音。

あるいはその造形。

最長で1㎞に近い直線の廊下に無数の扇風機が並んでいる様は精神的にこたえる。

ただでさえ、不調者の多い月面基地において、今や精神医の存在は貴重であるが、その精神医まで過労で消耗しつつある。

運営協議会に対しては一刻も早い医者の増員を望みたい。

あるいはせめて十分な運動などできる環境があれば・・・

月面基地医務局の医務担当者が記した私日記より。彼の働きかけにより、月面には簡易体育館が設営され、過剰電力は体育館の空調に消費されるようになった)

2016-10-09

夢で泣くのは案外しんどかったという話

結論から先に書く。以下の冗長な文は、連休にも関わらず予定がない暇な25歳女が、昼寝をして見た夢の中で涙して目を覚まし、それが思っていたよりしんどかったのでびっくりしたという話だ。

実に下らないうえに感傷的でオチもないので、よっぽど暇でなければ読み飛ばすことを勧める。


====

夢を見た。


ラブラドールレトリーバークッキー(♂・仮名)が、嬉しそうに私の寝ているベッドへのぼってきて、布団にぐいぐいと頭を押し付けてじゃれついてくる。

ラブラドール抜け毛の激しい犬種なので、そんなことをされたらすぐシーツが毛まみれになってしまう。

私はクッキー愛嬌に少し笑いながらもすぐに「こら、下りて」とクッキーをベッドの上から追い出した。下ろされた彼は名残惜しそうに、ベッドの端から伸ばした私の手に彼の顎を乗せてふんふん鼻を鳴らした後、すっと歩き去ってしまった。

そこであることを思い出した。クッキーは昔実家で飼っていたラブラドールである。当然もういない。

クッキーはずいぶん昔に死んでしまった。今は一戸建て実家の庭に眠っている。伝え聞くところによるとペットを庭に埋葬するのはいいことではないらしいが、もう大分昔の話である


私はクッキーの死に目には会えなかった。当時の私は大学生で、上京して一人暮らしをしていた。クッキーは7歳で、一般小型犬と比べて寿命が短い大型犬としても早い死だったと思う。腎臓を悪くして、尿毒症だったと母から聞いた。クッキー訃報電話で受けた私は、直後にバイトが迫っていたためにシフトを代わってもらうこともできず、そのまま5時間働いたあと、着の身着のままで電車を乗りついで家へ帰った。

実家二世帯で、クッキーは二階の子世帯で飼われていた。大型犬だったが、室内飼いで、子犬のころはよく色んなものしっちゃかめっちゃかにした。家に帰ったと思ったら、ティッシュと引き裂かれたペットトイレシーツにまみれて、口に自分ウンコを咥え、すまし顔をした彼に出迎えられたこともある。

「小さくて可愛かったから」、と父がほぼ寝言をほざいてペットショップから買ってきた、そんな彼も7年で大型犬標準的サイズ体重まで育った。こわばったクッキーの体は重く、布に乗せて四隅を持つようなかたちで、途中で急カーブを描いて折れ曲がる実家の狭い階段を、家族四苦八苦しながら庭へ運び出した。

掘った穴の底にクッキーを横たえて、好きだったおもちゃお菓子をいくつか並べた後、土をかけて穴を埋め戻し、そこらに転がっていた丁度いいサイズの石を置いて彼の墓とした。余談だが、墓のそばには柿の木があって、祖父は毎年その木から収穫した柿を干し柿にして食べている。たまに子世帯にもおすそ分けしてくれる。それを見て、毎度父が「クッキーを食べる時期か」と言う。親子そろってデリカシーがないのか、それとも単に田舎人間の神経はこんなものなのか、私は知らない。


そんなことはどうでもいいのだ。

大事なのはクッキーはもう死んでしまったということだ。死んでしまったのだから、彼の毛がシーツにべっとり付着して、掃除に手間を取られることももうない。夢の中の私は自分の見ているものが夢であると気づいていた。夢だと気づいていたが、クッキーが死んだことを忘れていた。私は彼をベッドから追い出してしまった。思い出した瞬間に、彼がしたかったことを存分にさせてあげればよかった、もっと遊んであげればよかったと強い後悔に襲われた。生前から彼はベッドに乗りたがった。布団に染みついた飼い主の匂いを思い切り堪能したかったのだろう。そのささやかな願いを今度も遂げさせてやれなかった。喪失感がひどく、自分でもわけがからいくらい悲しかった。ベッドから投げ出した、伸ばしっぱなしの手の先に、クッキーはもう触れてはこないのだ。慌てて舞い戻った実家で横たわる彼を見たときも、彼を埋めたときだってこれほど悲しくはなかった。夢の中の私は顔をゆがめて思い切り泣いた。泣いているうちに、現実の体の眼球に向かって涙がせりあがってくる感じがして、ついに目をあけると思い切り涙が落ちた。


目を覚ますとあれほど荒れ狂っていた感情はあっけないくらいあっさり引いていった。涙はそれ以上出なかった。私は胸に残った痛みの深さに驚いた。夢の中の涙を現実に持ってくるには、これだけの痛みが必要ものかとちょっと詩的なことを思ったりもした。その痛みもすぐに引いていったが、目を覚ました直後の痛みは、ちょうど心筋に掘削用の機器でも使ってゆっくり穴を掘っていったのだろうかと思うほどだった。それ以上は涙にならなかったのが不思議だったが、頭の中にある感情で眠った体を動かすには、実際それだけのパワーが必要なのだろう。痛みが消えた後は、ただ彼に対する後悔と、ひさびさに抱いた強い感情に対する疲労感が残った。昔はことあるごとに自分世界一かわいそうな悲劇のヒロインだと思い込んで嘆き悲しんでいたが、今は喜怒哀楽のどれであれ、強い感情を抱くだけで疲れてしまう。吉良吉影気持ちがよくわかる。あまり感情を揺さぶられると大人しんどいのだ。悲しい夢を見て、涙を流しながら目を覚ますというありがちなシチュエーションは、本人からすると割と体力を使ううえにしんどい。それが分かっただけ昼寝で潰れた無為休日ではなかったのかもしれない。


ことわっておくが、私は幽霊を信じていない。虹の橋存在も信じていない。たぶん、今日の出来事は、浅い眠りで半分覚醒していた脳が見た、妙に実感のある幻の類だったろうと思う。ただの夢だ。そんなことは百も承知で、消化しきれなかった思いをクソのような駄文と一緒にトイレに流したくてこんなものを書いている。


三連休初日、家と会社の往復以外はほぼ引きこもり状態の25歳女性。言うまでもなくブスで、友達ほとんどいない。吐き出すアテもなかったので、たいしてうまくもない感情的な文をまたネットに吐き出してしまった。どうか許してほしい。病んだブスがやりがちなことだ。打線が組めるし実際かなり打つ。鬱だけに。

べつに許さなくてもいいが。

2016-10-03

平日は早く土日が来ないかと思い

土日はこんなことなら早く仕事がしたいと思い

しかし今朝目が覚めかけて、もう月曜か会社行きたくないもっと寝ていたいと思った

私はここ最近どこにも居場所がないということなのだろうか

どこにいても休まらない

時間はただただ過ぎろと思っている

けれど無為に過ぎてしまっては後悔の気持ちにおそわれる

少し休養が必要なのかもしれない

2016-09-23

生活保護肥満が多いらしい

ホッテントリでそういう記事を見かけた

私も生活保護をもらっているので気になった(35歳独身男)

毎日同じ食事なのだが先日訪問看護の人に体重を測ってもらったら予想していたより15kgもオーバーしていて驚いた

身長165cmで、自分では現体重60kgのつもりだったが測ってみたら75kgもあった

朝は食パン二枚、昼はマクドナルドチキンクリスプコーヒー、夜はおにぎり一個とお惣菜コーナーのコーンサラダという決まったメニュー生活をもう三年くらい続けている(贅沢するお金もないが、メニューを変えられないのはもしかしたら強迫性障害のせいかもしれない)

こんな見た目軽い感じの食事でもだんだん体重は増えていくようだ

たぶん運動しないのがいけない

最近訪問看護の人と一緒に軽い散歩が出来るようになってきた

涼しくなってきたしジョギングでも始めようかと思う

夏にユニクロで半袖のジョギング用の服を買ってきたのだがもう寒い

生活保護が月に7万(生活費3万と家賃4万)、精神障害者年金が二ヶ月に一回13万もらえているので服を買うお金はあるが食生活を変えるのは難しい

月に135000円は時給1000円で何年か働いていた頃にもらえた額とそう変わらない

働いていた頃のようにもう少し自炊できれば変わってくるのかもしれないが、上の階の壊れた下水道から漏れた水を受け止めるのに使ってしまってフライパンダメにしてしまったので新しいのを買わないといけない

フライパンを買う余裕がなかなかできない

アマゾンで買えば安いのかもしれないけどサイズがよく分からないので店舗で見れる方がいい

しか自分の行動半径内でフライパンを置いている店が新宿東急ハンズしかなく、あそこはちょっと高いと思う

店でサイズ確認して同じサイズの安いものアマゾンで買えばいいのだが、精神科受診新宿にいくたびそのことを忘れてしま

フライパンが手に入っても一日三食の内容が少し変わるだけで、毎日まったく同じ何かを食べるという点は変わらないと思う

先日一週間ほど入院したとき毎日違ったものが食べられて楽しかった

全身麻酔をしたので胃に負担のかからないお粥中心のメニューしか食べられなかったが、毎日違うおかずが出るというのは何年も経験していないことだった

生活保護なので手術費用無料だった

自分生活生活保護家庭一般敷衍はできないと思うけれど、今の自分食生活と比べてしまうと刑務所病院で出る食事の方が健康なのだろうなとは思う

また働けるようになればいいのだが、もう何年も空白期間を作ってしまったのでどこにも雇ってもらえる気がしない

少なくとも障害者手帳を隠しての応募では無理だろう

障害者手帳をもらったのは前職を辞めて一年以上経ってから

理想はまたフルタイムで時給1000円相当くらいの仕事をすることで、それで前職と同じくらいもらえれば仮に障害者手帳更新できないような事態があってもなんとか20代の頃の生活水準を維持できるし、就職後も継続して障害者年金をもらえるならば少しはい生活が送れる

なにより希望が持てる

自分障害は働いていた頃に起こったことなので、働く環境自分の身を置いてみないことには精神科受診効果が出ているのかどうかもよく分からない

肥満にならないようにジョギングしてみようと目標を作ることはできるけれど、他にできることがないので無為時間が過ぎていくだけだ

ちなみに選挙はいつも自民党にいれている

なぜ共産党にいれないのか、はてなのような場所でなら聞かれそうだが、それについて答えると、はてサ某氏死ぬほど嫌いなので彼が死ぬまでは自分の全政治的思想信条に反してでも自民党にいれ続けるつもりなのである

この個人的嫌悪に由来する怒りと軽蔑の表明をのぞいて自民党を支持する理由は一点たりとも存在しないので、はやく自民党以外の党に投票できるようになりたいものだが、この点について何か積極的に行動を起こすつもりは一切ないのでただ時間に任せるのみである

某氏が私より先に死んだ場合葬式には呼ばれるはずなので、その場で彼の罪悪が暴かれることになるかそれとも隠されたままでいるかかめるのが楽しみである

いや本当のことを言うとたいして楽しみでもないが、こんな生活なので小さなことに楽しみを見出すことが大切なのだ

当然のことながら、某氏肥満傾向はまったく見られない

実にうらやましいことである

2016-09-19

お湯の話見てた感想として

おちょくりは抜きにして、

だいぶいらいらいしてるのに怒ってないとか言い張るのは不健全だしいいことな

怒ってることを認めて伝えてきちんと話し合うべきだと思う

(それぐらいのことが出来ずに増田無為愚痴りに来てる様が滑稽なために一部の人おちょくるのだろうけど)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん