「いい大学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いい大学とは

2016-08-29

童貞なのに異性から恋愛相談される

現在27歳。正確には童貞ではないが、人生彼女は一人だけしか出来たことないし、遠距離恋愛だったので年に数回しか会えず

セックスしたのも10あるかないか。次にセックスするまで期間が半年ほど空くので、セックスのコツも掴めず未だにどうしていいかからない。(別れてしまったので、また童貞に戻ってしまった。)

学生時代モテないことにコンプレックスがあったので、いまだに異性と話すと緊張する。

恋愛経験ほとんど無いほぼ童貞なのに、知り合った女性からは片っ端から恋愛相談をされる。

女の子恋愛相談はただ聞いてほしいだけなので余計なアドバイスをせずに、うんうん頷いていればいいとよく聞くが

俺は思ったことはハッキリ言う。

「それは付き合っているんじゃなくて、明らかにセックスけが目的から関わらないほうがいいよ」とか、平気で言う。

モテないコンプレックスからくる偏見丸出しのアドバイスをするので相談してる方を相当期限悪くさせてるとも思うが、それでも何度でも相談にくる。なぜかリピート率が高い。

こないだも会社の後輩の女の子から夜にいきなり「これからご飯行きましょう」と誘われたので、うまくいけばセックスできるかなと下心丸出しで行ってみたが、恋愛相談されただけだった。

彼女は「日本人ダサいので恋愛対象にならない、外国人しか付き合いたくない」という特異な性癖の持ち主であり、高校卒業してから外国人しか付き合ったことがない。

彼氏東南アジア外国人日本に職を求めにきて、現在は知り合いが経営するというアジア料理居酒屋低賃金労働をしている。

低賃金労働なのにも関わらず金の羽振りが良い。1回のデートで何万も浪費する。デートのたびにウン万円もする高級ブランド品をプレゼントされるので怖いという相談

故郷から仕送りでもされているのかと思ったが、故郷も貧しい国であり、親にそんな余裕はない。

金の出所が全くの謎だが、自分で働いた金と一点張り。これは怖い。

元々クラブナンパされたのが出会いであり、自分と会っているとき、働いているとき以外は連絡が全くとれなく、何をしているのかがわからない。

こりゃ、典型的な不良外国人だ。なんか悪いことやって金を稼いでるとしか思えない。

また、彼氏はボロアパートで独り暮らしだが、一度も部屋に入れてもらったことがないという。

怪しいと思って彼のFacebookを見ると、彼が別の女と一緒に住んでいる証拠家族の集合写真)が出てきて、子供もいるという。

更にFacebookを読むと、国にも奥さんと子供がいて、家族を置いて単身で日本にきたことがわかった。国に家族がいながら、日本でも家族を作った訳だ。

なんなら、他にも関係を持っている女が4人いて、そのうちの何人かとの間にも子供を作ってるっぽい。

この事実を彼につきつけても、「それは別人」「結婚はしていない」と否定ばかりしていたが、ついに根負けして家族がいることを認めたという。

そして、「家族を捨てるから結婚しよう、子供を作ろう」とプロポーズされ、どうしようか悩んでいるという。

いや、それ悩む必要もなく今すぐ離れるべきだよ!プロポーズされて舞い上がってて、マジで結婚しようとしてるっぽいんだけど、自分も産まれた子も不幸になるだけだよ!

自分の国でも日本でも色んな女と無責任子供作りまくってるのに、「私と結婚すれば更正するだろう」って、そんな都合いい話ないよ!自惚れるのもいい加減にしろ

「今の家族を捨てて君と結婚したら真面目になる」なんて、みんなに言ってるんだよ!

国も貧しい国っていうし。あいつら日本人のことを金づるとしかおもっちゃないから、もし結婚したら国の親族から「車買ってくれ」「家建ててくれ」「毎月遊ぶ金寄越せ」って、たかられて大変に決まってるよ!

と、必死に考え直すよう説得した。最初プロポーズされて浮かれ気分だったが、「やっぱりそうですよね…」と少しは考え直してくれたようだ。

会社では「私の彼氏外国人イケメンラブラブなんですー」と自慢しかしていなかったが、何故か俺にだけは逐一いまどういう状況か報告してきた。報告されるたびに「絶対やめた方がいい」とは言うんだが、チンポがでかくてセックスの相性も抜群、顔も好みなので離れたくないという。

そういう裏話は俺と、小学校時代から親友の二人にしか打ち明けていないという。その中に何故俺が入るのかは謎。

まあ、彼女人生だし不幸になろうがどうしようが知ったこっちゃないので好きにすればいいと思うが、俺は一応辞めとくように何度もアドバイスはしておいてる。

色んな女の子から相談されてるうちに、傾向が大体見えてきた。見た目が派手で遊んでそうなギャルっぽい女の子ほど、20を過ぎれば将来を考えた堅実なお付き合いをする。学生時代に思う存分遊んだので、男との付き合いかたを熟知している。社会人になってから急に生活が真面目になる。

一方、学生時代は真面目で成績もよく、いい大学に行くような、所謂童貞が好みそうな黒髪清楚系の子ほど、大学生社会人になった途端、性にだらしなくなる。高校生までセックスもせず真面目に過ごしてきた子ほど、そうなる。よくニュースで聞く「まさかの子がこんな事をするようには見えなかった」状態である。上記のアジア系不良外国人に玩ばれている子も、高校時代まで真面目だったと聞く。

真面目な子ほど、高校卒業して大学会社に入ると先輩や上司などの年上男性に遊ばれてしまう。若い女の子ほど年上男性に憧れているので、コロっと騙されるわけだ。言ってしまえば、真面目に生きてきたので恋愛不器用

年上の経験豊富な男なのでセックスは上手いし、今まで行ったことのないような場所に連れていってくれる。

食事は全てお洒落なバーや高級レストランだし、今まで知らなかった遊びも次々教えてくれる。刺激に満ち溢れている。

世代や年下と付き合っても、デートカラオケダーツボーリング子供のお遊び一辺倒だし

食事ラーメン屋とか白木屋とかの激安居酒屋

若い男とのセックス自分勝手で独り善がりなため全く気持ちよくない。大人の遊びを知ってしまうと、同世代若い男では物足りない。

年上の男は優しくしてくれるし、経験豊富なぶんテクニックも違うらしい。魅力が尽きることがない。

しかし、そういう男性は大体は妻子持ちである不倫だ。不倫とわかっていても、なお彼の魅力は有り余る。

そういった真面目で不器用女の子から相談を受けてきた。大体はバイト先の店長会社上司との不倫

不倫相談してくる子は全員「家族を捨てるから結婚してくれ」と言われていると言う。

不倫オヤジも、所詮は不良外国人と手口は同じということである

俺は決まって「長年築いてきた家族を、たか子供しか思っていない遊び相手一人のために捨てる訳は無いのだから、諦めなさい」と諭す。

俺のアドバイス無視して、彼を信じた女の子も何人も見てきた。

しかし、誰一人として幸せになったパターンは無かった。結局は、家庭に戻る。

家族を捨てる、だから結婚しよう」と言われてしまうと、不器用女の子は騙されてしまう。今までの人生で私に一番優しくしてくれた彼が裏切る訳はない、私は特別存在とでも自惚れるのだろう。

しかしそれは遊び相手繋ぎ止める為の卑劣な嘘でしかない。いつかは飽きられ、捨てられるという運命最初からまりきっている。

不倫相談をされる回数が多かったぶん、様々なケースを見てきたが成功した例はひとつもなかったと実例を話せるので、説得力はあると思う。

最近は俺の話で不倫関係を辞める女の子が増えてきたと思う。

まあ、俺の話が役にたつのならそれはそれで嬉しいが、

冒頭でも述べた通り俺はモテないしセックス経験もそれほどない。未だにセックスはどうしていいのかわからないのが現状である

知り合った女の子からは片っ端から恋愛相談されて、セックスに至るまで裏側を報告される割には、それ以上の関係になったことはないし、誰も一度もセックスさせてはくれない。

モテないままである

みんな、何故俺に相談してくるのかは謎のままである

自信の恋愛経験もないくせに偉そうに恋愛アドバイスする童貞。俺は新種の妖怪である

2016-08-26

両親・親戚の拝金主義

がひどい。



幼いころからいい大学に行き、いい企業就職するというのが至上命題で育ってきた。

結婚観も偏っており、とにかく金のないところに幸福はない、愛は存在しないという考え。

最近だと北川景子DAIGO結婚を見て、「どうしてDAIGOみたいな10年後どうなってるのか分からないタレント結婚するのか」と不思議がっていた。



親戚も似たような価値観であり、スポーツ選手を見ながら「この人は年収○○万円だ」という話ばかりしている。

親戚同士顔を合わせれば年金保険の話ばかりしている。



こういう環境で育てられた結果、それなりにいい大学に行ったが、そこでトルストイバルザックマルクスを読んで拝金主義ほとほと愛想が尽きたのは皮肉

こういう家庭はうちだけなのか、それともそういう人が多いのだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160826010858

競争社会の徒花みたいな奴だな。適当進学校からでもいい大学は行けるから大丈夫予備校次第だよ。

それより、こういう価値観で将来挫折したとき心配だよ。進学、就職出世のどっかで挫折絶対経験する。優秀でないことを自覚してるならなおさら

競争社会で敗北した人間の生きざまが書かれた本とか読んでおかないとそういうとき辛いよ。トルストイとか内村鑑三とか、簡単なやつでいいから読んでおいた方がいいぞ。

2016-08-21

人権派JKホームレス差別する

あなた、昨日のテレビ見たわよー。すごかったわー!」

その日の朝、私は放送部の顧問先生にそう声をかけられた。

「昨日の大会の様子ですか?」

昨日と言えば、新聞社主催する弁論大会に本校放送部として出場し、個人の部で金賞をもらった日だ。きっとその様子が新聞社系列テレビで夜のニュースとして放送されたのだろう。

「そうそう。きりっとしてて立派だったわ。内容もよかったし」

ありがとうございます

私はそう答えた。昨日の大会で発表した原稿の内容は、この先生とつきっきりになって詰めたもの、と言えば聞こえはいいが、ほとんど先生意見ばかり採用したものだった。曰く、人々が平等であることは普遍の真理であり、それを阻害する社会はいけない、社会構成員は我々一人一人であるのだから、まず自分から実践することが大事なのだ、という内容を、自分シングルマザーの娘であることで受けてきた差別があるということを通して飾り立てたものだった。

正直、この原稿内容は嫌だった。私の母は確かにシングルマザーであったし、それがもとで嫌な思いをしたこともなくはなかったが、そんなことで母を心配させるのは嫌だったからずっと黙っていた。それをこの先生は私がシングルマザー家庭の子供だから何かあっただろうと掘りこんできて、仕方なしに軽いエピソードを話すとそれを元にあっという間に筋書きを作ってしまった。それでも私は我慢した。なぜなら、本校放送はいわゆる強豪であり、その実績はこの顧問の手腕、というか趣味実践によるものだと知っていたし、それで大会で賞をとれれば、私の大学進学に有利に働くと計算たからだ。

本当を言うと、こんなパワハラみたいな手段可哀想シングルマザーの娘という筋書きを作られてしまうことこそ差別だと叫びたかった。が、そこは我慢するしかない。

そうして実際に金賞が取れて、私は一安心していた。これで大学推薦の道は堅い。勉強で手を抜くつもりは当然ないが、受験機会が増えるということは単純にチャンスが増えるということなのだから

しかし、地獄はこの日から始まった。

授業中にスマホが鳴り始め、その頻度が徐々に頻繁になってきたのが最初だった。授業中は当然バイブにしているけれど、それでもこんなに頻繁になると少しは迷惑になってくる。実際、近くの席の何人かはこちらをチラ見したりした。緊急の連絡かもしれない気持ちと周りに迷惑をかけている気持ちで焦った。そしてようやく休み時間になり、私は急ぎながらスマホ確認した。電話の着信は残っていない。けれども、SNSの通知欄がひどいことになっていた。

「最低ですね」

「偉そうなこと言わないで」

「屑だなお前」

知らないアカウントからそうした罵倒がたくさん届いていた。混乱したなかで次に目に入ったメッセにはこう書かれていた。

JKのくせに似非人権派なクソのアカウントはこちらですか?」

それでなんとなくわかってきた。たぶん、昨日のニュースに何らかの形で火が付いたのだ。

そこから情報を整理するまで時間はかからなかった。こういう時はとりあえずまとめサイト火付け役だ。拡散されているまとめサイトを見れば、私がどう思われているか簡単に分かった。

まず、テレビ放送があった。その内容について賛否両論あったらしいが、今日の午前中に

巨大掲示板で私のSNS個人アカウントが晒された。その晒しには、私が以前に書き込んだつぶやきが添えられていた。

電車が来て、妙に空いてるなと思ったらひどい悪臭がした。どうやら席で寝そべっているホームレスの人のものっぽかったので、急いでほかの車両に移った』

これに、人権派JK差別意識wwwというコメントがつき、まとめサイト拡散されていたのだ。私は、人権を語りながら人を差別する許せないやつ、という立場にされてしまった。

とりあえず、私は深呼吸をして落ち着こうと努めた。その間にもガンガンSNSの通知が来るのでそれはオフにした。それからしたのは、一番炎上しているつぶやきを消すことだった。そして、先生相談しなければと思った。と、思ったところで先生に呼ばれた。もうすぐ休み時間が終わって授業が始まるところだったが、それはいいらしかった。

「困るのよね、こういうのは」

部の顧問先生は開口一番こう言った。呼ばれた面談室では、担任先生、部の顧問先生教頭先生がいた。

まあ先生方の話をかいつまむと、昨日のテレビ学校名と個人名は既に出ている、そして、私がつぶやいた内容について外部から問い合わせが絶えず、仕事にならない状況になっている、とりあえず早退して自宅謹慎しろ、とのことだった。

先生方の態度は一貫して、私が問題を起こしそれが悪いことだ、というものだった。正直、力になってもらえると思っていたがそんな気配は全くなく、私は真っ先に進学のことについて先生方に聞いた。答えは、

「こうなった以上推薦は考え直すことになる」

ということだった。

自宅に帰って、私は母になんて言おうかとずっと考えていた。私は母を尊敬している。シングルだけど大手会社バリバリキャリアとして働いて、わたしは何不自由な思いをさせられたことはない。母子家庭なのに、みたいなことを言う人はいないでもなかったが、それはそう言う人が悪く、母のせいではない。

そんな母は常々私にこう言っていた。

勉強は本当に大事だよ」と。

父が亡くなっても、今自分大手企業バリバリ働いて、満ち足りた衣食住を手に入れることができるのは勉強をしていい大学に行ったおかげだと。

から私も一生懸命勉強していい高校に入ったし、そこから大学に向けて頑張っていた。そうした私を母は全力で応援してくれていた。そんな母に、今回のことはどうやって話したらいいんだろう?

しかし、悩む間もなく母から電話が入った。

「今先生から連絡もらったよ。大丈夫?すぐに帰るからね。ネット絶対に見ちゃだめだよ」

そんな母の声に、私はうん、と答えるしかできなかった。その答えと一緒に涙があふれてきた。

ネットは見てはいけない、そういう母の言いつけを守りながら母の帰りを待った。ネットを見て現状を確認たかったけど、今までネットで見かけた炎上では、こういう時に大したことを言っている人は実はいないので、今回も同じだろうと思って我慢した。それに、こういう時こそ母の言いつけを守って心配をさせないようにしなければ、と思っていた。

母はすぐに帰るといっていたけど、帰ってくるまでにだいぶ時間がかかった。でも、帰ってきたときの母はまるで戦士のような顔をしていた。

「大変なことになったけど、あなたは私が守るから安心してね」

そう言って、優しく私を抱きしめてくれた。私は不安と安堵でまた泣いた。

母の守る宣言は決して表面上のものではなかった。帰ってくるまでの間にすでに弁護士を頼んでくれたらしい。大学時代友達が紹介してくれた、信頼できる人だと言っていた。

これからネット上の誹謗中傷について、弁護士さんが各所に問い合わせをして事実関係をまとめてくれるそうだ。素早い相談だったので、これから起こることについても出来事をまとめていけることが強みだと。そしてその結果次第で、訴えるべきところは訴えるといっていた。

ただ、これをしたからと言ってネット上の誹謗中傷が消えるわけではないこと、今回の件を拡散した全員を訴えることは不可能だということを説明された。「あなたダメージはどうやっても避けられない。それは本当にごめんね」と母は涙をこらえた様子で言った。私は「お母さんが味方をしてくれるから大丈夫」と答えた。それは本心だった。

そのあとのことはまるでジェットコースターみたいだった。弁護士さんから住所が晒されているので不審者に注意し警察相談を、という一報が入り、実際に警察相談しに行った帰りに変な人に遭遇して警察にお持ち帰りしてもらったり、一番最初に私のつぶやき晒した人物がクラスメートだったことが発覚したり、高校から学校を辞めるようにする圧力がかかったり、母子家庭なのに裕福すぎるとか言う人まで現れ始めて、本当にいろいろあった。

結果として、私は高校を辞め、大検を受けて大学進学を目指すことになった。

母は最初は納得しなかった。私がしたつぶやきは確かにあまり褒められたものではなかったのかもしれない。でも、それに対しての代償が大きすぎる、と。

だけれども、私はもうこの件で何か騒ぐのは馬鹿らしくなってしまった。学校に行くのだってあん先生方やクラスメートがいる学校で頑張るのは意味がないと思ったし、むやみに私を誹謗中傷していた人たちを訴えるのも不可能だ。出回った私の個人情報を消すのも。

から私は一つだけ母と弁護士さんにお願いした。自分名前改名できるようにしてほしい、と。

自身は今回の件について全方位に憤っていたが、私の気持ちを汲んでくれて、振り上げたこぶしを下してくれた。そして、改名の件も了承してくれた。ただ、今は亡きお父さんがくれた私の名前を捨てさせることには相当葛藤があったようだ。私だって、今の名前を捨てたくない。でも、これは私がこれから普通に生きていくには避けられないことだと思ったのだ。

けれども、今回の件への恨みは深い。その深い恨みはネットに吐き出すことはできない。リアルで人に話すこともできない。私と母の腹の底で、マグマみたいに滾り、身を焼き続けている。

恨みを溜めることはこんなにも地獄なのか。

だが、地獄であっても生きていかねばならない。私は私の人生を取り戻す。

それだけが、私を叩いた悪鬼たちに負けない道だと信じて。

2016-08-19

生きる上で必要以上に稼ぐやつの資産没収するべきなんだ。

子どもを育てる病気を治すなら許す。

でも贅沢したいために稼ぐやつから没収するべきだ。

贅沢というのは生きる上で必要不可欠なものではない。

なのにそいつが富を独占するせいで

弱い人間たちが

飢えたり

病気になったり

自殺している。

ういせまい。

公的に考えると富を独占するもの

弱者を死に至らしめている。

なので贅沢するために富を蓄えている人間

資産没収するべき。

贅沢のために人が死ぬなどありえない。

人命は地球より重いのだから

そもそも人間に贅沢は必要なのか。

人よりも良い服を着るために

人の冨を奪うことは許されるのか。

汗水たらして働いてない人間

何億も稼いでしまっていいのか。

一年中贅沢の限りを尽くすなんて

人間はみな平等なのに許されるのだろうか。

みんな苦労しているのに一部の人間だけが

楽をして生きていいのだろうか。

特権階級は金を増やす手段知識を使って

永遠に金持ちのままだ。

一方、貧乏人のこどもはまともな教育財産もないか

貧乏なままだ。

ちょっと勉強していい大学にいってもコネも何もないか

また貧乏に逆戻りだ。

一代で財を築くにしても、働いて死ぬほど働いて

やっと肩を並べたとしても、

まれた時から金持ち特権階級人間たちには勝てない。

結局、個人として貧乏人に産まれたらどうあがいても

苦労するしかない。

宝くじに当たるくらいの確率で救われたからといってなんだ?

俺にいつその宝くじがくる。

俺は貧乏人だ。

死ぬまでずっと貧乏人だろう。

親も貧乏だし周りの人間貧乏だ。

何のチャンスも無い。

死ぬまできっとこのままだ。

同じ工場で働いていても大卒給料が違う。

俺の方が働いてるし頭も回る方だとしても

大学に行くだけの金がなかっただけでこの差だ。

しかも俺はどれだけ長く勤めてもライン工のまま。

工場長には大卒しかなれないか絶対なれないのを約束されている。

今日も俺の人生は何なんだろうかと疑問とすら呼べない

言葉を頭の中で反芻させていた。

一方が豊かになることを約束されているのに

俺にはチャンスも何もないし努力することすら許されていない。

実らないからだ。

とにかく家が貧乏だったか高卒ですぐ働いた。

勉強する時間もなかったし勉強はできるほうじゃなかった。

勉強しないといけないことにも気づかなかった。

誰も教えてくれなかった。

親を恨んではいない。

感謝している。

ここまで苦労して育ててくれたのに恩返しすらまともにできない自分を恨む。

頭が悪いことが悲しい。

貧乏が悔しい。

買ったパソコン増田愚痴を書きこむことで吐き出してる。

いつまで続くのか。

どうやって終わるのか想像できない。

想像したくもない。

こんな俺にもテレビ政治家結婚して子どもを育てろという。

ふざけるな。

どうやって幸せにしたらいいんだ。

彼女にも呆れられて別れた。

辛い。

俺が暗い顔してるから愛想をつかしたんだろう。

最近死ぬことばかり考えている。

どうして俺はこんなに苦しいのに世の中には毎日楽しく暮らしてるやつがいるんだ。

何がそいつと違うんだ。

まれだ。

まれたところが違っただけだ。

人間の偉さには関係がないはずなんだ。

投票にもいかなかった。

幸せになれるイメージがない。

何も分からない。

金が無い。

死ぬことばかり考えている。

2016-08-03

3大欲求のうち性欲だけ迫害されすぎでは?

人間の欲求は3大欲求プラスその他、その他というと、例えば大きいものでは知的な欲求や社会的な欲求とか、そういうものだろう

そのうち性欲だけ異常に迫害されるのってなんでなんだろうな

美食にこだわったりたくさん食べることは悪いことではないし(太っているのになお食べすぎている場合否定されることもあるけど)

睡眠に関しても、睡眠時間が短いことが美徳とされる国(日本など)もあるけど基本的に質・量ともに十分な睡眠をとることは良いことだ。

本を読む、実験をする、勉強をするというのも良いこと。出世したいとか、いい大学に行きたいというのも露骨過ぎなければ良いことだ。

このように性欲以外の欲求って行き過ぎなければ基本的に良い物とされるわけだけどなんで性欲だけ迫害されるんだろう。

コンビニエロ本置くなとか、声優AV出演経験があったか炎上とか、政見放送チンコ主義ってなんだって言っただけで無音に修正されたり、ほかの欲求と比べると過剰反応感が否めない。

あのレストラン感想を言うのと同様に堂々とオナホ感想を言い合ったり、民主主義ってなんだって言うのと同様にチンコ主義ってなんだって大声で言っても別にいいはずなのに

別に公然コンビニエロ本売ることを肯定しているわけでもないし、俺自身オナホ感想言うのは恥ずかしいし、大声でチンコ主義ってなんだって叫ぶのは絶対嫌なんだけど、そういう恥ずかしいとか絶対嫌っていう感情の根源はどこにあるんだろう、っていう話な

ほかの欲求にあって、性欲だけに無いものとはなんなんだろう

2016-07-29

大学行ってる意味いかもって思った

高校では勉強そこそこ頑張って東京大学に入った。

大学では正直勉強する気が全く起きなかった。

よく高校では大学入学から人間大学入学までの人間がいる、なんて話を聞かされていたけど、まさか自分がその後者になるとは思っていなかった。

サークルにも入らないでインターネットで作った友達と毎週のように遊んだせいで大学の中には仲の良い友達ができなかった。

案の定というか、1年目で留年した。1年目はまだクラスの中に、めちゃくちゃ仲が良いわけではなかったけど多少交流がある程度の友達がいたし、クラス共有GoogleDriveとかも見れたし、よくあるような「友達がいなくて過去問が手に入らなくて留年」とかそんな感じではなかったと思う。

単純に勉強しなかった。授業に出席もしなければ独学もしなかった。それだけ。

2回目の1年生でもあんまり学校に行かなかった。そもそも1回目でほとんどの単位をとっていて、あとは数単位補うだけだったので、あまり行く気にもならなかった。

結局、進級はできたけど1年目にとれなかった科目が1つ取れなかった。2年の前期で再履修して、もし取れなかったらまた留年だ。

そしてその2年の前期の再履修のテスト明日、というかもう今日か、今日あるわけだが。

こんな時間増田日記を書いてるってことはわかると思うけど、今年もダメそうなんだよね。

今年も同じように授業に行かなかった。勉強も直前しかしなかった。だから当たり前なんだけど。

言い訳させて貰うと、ホントに今やってることって将来何の役に立つのかわからないっていうか、俺が将来生きていくうえで大学以降の勉強がどう活かされるのかわからないんだよね。

勉強モチベーションが全く上がらない。

勉強すればいい就職先が見つかる? そもそも就職したいところなんてない。勉強してもしなくてもいい就職先なんてあるわけがない。まず自分が本気でやりたいことを見つけるのが先であって、それからじゃないとどうしようもない。

でも今までずっと考えてきたけど本気でやりたいことも見つからない。趣味中途半端しか続かないから、仕事にするのは違うなあとなるし。

みんなよく進級してるなあ、って思って周りのよくわからない私立大学に通ってるような人たちに話を聞くと、講義に出席さえすれば単位がもらえたり、簡単レポートさえ出せば単位がもらえたり、特別難しい問題じゃないのに持ち込みアリのテストだったり、差に愕然としちゃったわ。

そういう人たちにとりあえず大学までは出なよ、とかモラトリアム楽しめよ、とか言われるともうなんとも言えない気持ちになってしまう。

ちょっといい大学入ったからって俺は凄いやつなんじゃないかって勘違いしちゃったんだよね。

凄いやつでもなんでもなかった。能力もなければコミュ力、人脈もない。

大学2年半通ったけど能力を伸ばそうとも友達を増やそうともしないままだらだら過ごして気がつけばテストのために徹夜してるのになぜか増田書いてて、ホントになんで大学通ってんだろうなあってなった。中退した方がマシ。

結局やりたいことが見つからいからだらだら大学に在学してるんだけどね。やめてもやりたいことがあるわけでもないし。だったらモラトリアム(笑)有効活用させてもらうわ。

また書いてるうちに着地点がわからなくなってしまった、けど根拠もなくとりあえず大学まで出なさい出たらわかるからみたいな反応とか、大学在学中遊べるならいいじゃんみたいな反応は要らないのでよろしくお願いします。

2016-07-28

若いころって毎日楽しい」と言う大人(7/29追記)

中学生のころ、部活で軽いいじめに遭っていた。いじめなんていうほどのものでもない、と言われたらそれまでかもしれないけど、「された側がそう感じたらいじめはいじめ」という論理に従えばいじめになるだろう。実際、それが原因で部活を辞めた友達もいた。

友達も少なかった。25分の昼休みを誰とも話さずに過ごすこともあった。授業の間の休み時間はすることがないからとりあえずトイレに行っていた。そんな生活から部活いじめられていることを話せるような人もいなかった。

本当に辛かった。自分で選んで入った部活いじめにあっているということの責任自分にあるような気がして、親にもなかなか話せなかった。今日こそ誰かに話そうと思いながら朝を迎えて、結局何もできずに一日が終わり、ベッドの中で泣く、そんな日が続いていた。

今思うと、よく毎日ふつう学校に通えていたな、と思えるくらい、何も楽しいことがなかった。ただ、勉強がある程度できた(といっても田舎公立中学校の中で上位だったというレベルの話だけど)ので、テストでいい点を取ることだけを楽しみに学校に通っていた。

そんな生活を送っていたある日、自分中学校卒業生であるという男女二人が学校に来て、体育館で講演をしたことがあった。

その二人はシンガーソングライターとして生計を立てているらしく、どちらかがギターを弾いて、もう一人が歌う、そんな形の二人だったと思う(当時の自分音楽ほとんど興味がなかったのでよく覚えていない)。何曲か披露したあとで、後輩である自分たちメッセージを届けようという思いだったのだろう。

おそらく女性のほうだったと思う。こんなことを言った。

中学生であるみなさんのように若い頃は、毎日楽しいことばかりで、未来希望に満ちていると思います。今が一番楽しい時期です。今の生活を思いっきり楽しんでください」

この言葉に、当時の自分奈落の底に突き落とされるような思いをしたのを、今でもよく覚えている。

今のこの何も楽しみのない生活が、楽しいことばかりの毎日なのか、と。

これから人生で、今が一番楽しくて、これからはこれ以上に辛い生活が待っているのか、と。

今になってみれば、自身の思い出を美化しようとする大人価値観押し付けしかない、そんなものは気にする必要はない、と思えるけど、当時の自分にとってはその言葉が全てであるように感じられた。

そのあとの自分人生は、その言葉のようにはならなかった。高校に入ったら友達ができたし、放課後他愛もない話で盛り上がって、気が付いたら2時間以上経っているような経験を通して、「友達と話すのはこんなに楽しいものなのか」と気づいたのも高校生になってからだった。

大学生になってからも、辛いことはあったけど、今になって振り返るといい思い出だったと思うし、少なくともあの暗黒の中学校時代とは比べ物にならない。

高校大学は「自分の母校」と誇りを持って言えるけど、中学校についてはそうは言えない。

自分のなかで中学校の3年間というのはそういうもので、その生活さなかに「今が一番楽しい時期」と自分価値観押し付けてくる大人に辛い思いをさせられた。

中学校時代が一番楽しかった、という人はたくさんいるだろう。というか自分のような人間のほうが少ないのかもしれない。

それにしても、自身楽しい生活を送ったからといって、そのことを美化して押し付けてくるような大人に、自分絶対になりたくはない。

その言葉で、当時の自分のように未来絶望してしま少年少女いるかもしれないから。


(7/29追記)

まだ匿名日記を書き始めて間もないのに、予想以上に多くの人に読んでもらっている。今までtwitterはてなブログでもここまで反響があったことはないので、自分の書く文章を読んでくれる人がこんなにいるとは嬉しい限りだ。

その中でも特に驚いたのが、「中学時代なんて楽しくない、大人のほうがずっと楽しい」と共感してくれる人の声の多いこと。

偶然なのかもしれないけど、自分の周りには「中学時代に戻りたい」と言っている人が何人かいる(その逆はあまりいない)ので、感覚としてはブコメの反応は意外だった。

その中の一人、自分の姉は、「そこまで大学に進学して何かを勉強したい、いい大学に入りたい」という意思も強くないのに地元進学校に進学してしまったせいか、「高校はあまり楽しくなかった」「中学のほうが友達がたくさんいた」と言っていた。対して、自分は、ある程度いい大学工学部に入りたいという気持ち高校入学ときにはあったし、一つの話題についていろいろな視点から話をするのが好きだった(入学当時は自分でも気づかなかったけど)ので、そういう話のできる友達がいる進学校雰囲気がとても合っていたのだと思う。勉強部活一生懸命取り組んでいる人が尊敬されて、友達も多い、そんな環境にいられたことは今になってもよかったと振り返っている。姉のほうは、勉強ばかりやっていて、身だしなみに気を使わないような人を少し敬遠するようなところがあったので、そういう意味であまり合わなかったのかもしれない。

このような経験を踏まえて自分がもし現役の中学生高校生を前にしたときに何ができるかというと、「今が楽しい時期だよ」と言うことは当然しないし、「大人楽しいよ」と言うこともしない。ただ、よりよい未来のために今できることに励んで欲しい、と言うことくらいしかできないだろう。

※「追記から突然、。じゃなくて,.になっている」という指摘をされたので修正しました(学生の頃、レポートを書くために,.がデフォルトで表示されるようにPCを設定していて、そのPCを使って追記したため)。

2016-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20160724145930

いや、違うんだよ。

肉体的には、デブの方がいいんだ。

ところが、いい大学出てるいい収入持った男と同等の女は、たいてい痩せてるんだよ。

これはどういうことかというと、彼女らは痩せてることにコンプレックスを感じており、頭でそれを補ってきたんだ。

から、男はできればデブがいい。バカではないぐらいの大学を出ながら、タプタプした二の腕、抱き心地の良さそうなお腹愛嬌のあるほっぺ、

男は求めてる。君を。痩せたら駄目だ。それは篠崎愛からおっぱいを取り除く行為に等しい。

2016-06-28

自分が嫌

親族大学出てるやつなんて1人もいないのに、自分はそこそこいい大学を出て、大企業就職したんだけど、へんな見栄を貼ってしまって、家族のこと知られるのが恥ずかしいなんて思うようになってしまった。

Facebook家族コメントしたりいいねしたりすると、家族のこと知られる気がして、凄く嫌なんだ。

家族のこと好きなんだけど。

そういう自分が大嫌いだ。

2016-06-16

anond:20160616021555

K大学京都大学ことなら、京都大学退学エントリ、っていうのが参考になると思う

anond:20151115183959

京大教員のやる気がないorやる気があるけど下手な授業が多かったな。

制度的な不満ではクラス指定で取りたい授業がとれないこともあった。

授業に期待していると腐ってしま大学だったと思う。


結局自分で学べということなんだろう。

まり、多分あなたがO大学に不満を覚えた教育機関としての役割という意味で、

K大学いい大学かは分かりません。

2016-06-04

頑張って勉強してお金を稼いだら自分の好きなように生きられると思っていた

頑張っていい大学に行ってお金をいっぱい稼いだら、地方にいても自分好きな物に囲まれ生活や丁寧な生活

自分好きな人とだけ交流ができるのかと思っていたけれどそんなことはなかった。

高学歴高収入の女が気ままに楽しく生きるのを咎める人間が身近にこんなにいると思わなかったし、

ブランドのバッグや洋服を好きで着ているのに男性から怖がられるし、職業名だけで交際相手として倦厭されて悔しいし、

若いうちに頑張って資格を取ったから今があるのに、特に努力もしなかった人間にずるいと責められるのは意味がわからない。

資本主義に則って強者になったことと人の心は違うということを先に教えて欲しかった

2016-06-03

普通のやつは大企業か堅実な中小企業に行った方が楽だと思った話


大学4年生。かなり出遅れたけどようやく重い腰を上げて就職活動し始めた身である


大学はいわゆる意識高い系

数社のベンチャーインターンプログラミングイベント開催・登壇。



最近よく思う。普通のやつほど素直に大手に行く方が人生楽だと。



昔は馬鹿にしてた。なんで出来る人ほどもっと自分のしたいようにしないのか、ベンチャー行けばいいのに、もっとさなところで働けばいいのに、謎だった。自分は一回就職活動したけどそのあと休学した身。一回目の就職活動は、30〜100名規模ぐらいのベンチャー企業ばかり受けていた。




大学までは、いい大学に行っていい企業に入るのが一番と教育されてきた。いわゆるいい子ちゃんである

指示を受けたものはそつなくこなせる、ルーティンワークが得意。

けれども、自発的に動け、もっと熱くなれ、情熱的にバイタリティもって、自分仕事を取って来い、アピールしろ





そういうところで働いてみた。無理だ。自分はレールをうまく歩いて行く方が得意だ。ようやく気付いた。




ゆとりなんだろうか。がむしゃらに頑張れない。70%の力でいることが楽。それが嫌だった。言い訳かもしれないけれど。






周りにも言われた、お前は大手向きだ、思ってたより情熱的じゃないんだな、やりたいことやってきただけなのにむしゃくしゃした。

大手にいる人が情熱的じゃないわけじゃない、でもやっぱりベンチャー大手で働いている人は志向が違う気がした。




ベンチャーで働いている人たちを見て、なんで薄給残業も多くて福利厚生もない、サービスが好きでもない、なんのためにこの人たちは働いているんだろうと。(ベンチャーでも給料高い所もあるけれども。)




大手なら給料が安くても、福利厚生もしっかりしてる、寮費が安いところもある、教育研修もしっかりしてる。

ベンチャー裁量権がある、成長できる、そのメリットデメリットと天秤にかけた時、自分大手の方がいいなって思ってしまった。




ベンチャー企業非難したいのかもしれないし、そうじゃないかもしれない、いい企業だってもちろんあるはずだ。でも日本を動かしているのは大手企業だ。


普通のやつほど夢を見るなと思った。しんどいしんどいしんどい自分に期待しすぎたんだと思った。




よくわからなくなってしまったのでここで終わり。

2016-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20160519122903

まあ、フリーターとかFラン学生とかはむしろバイトを足掛かりにしてでも這い上がらないといけないから、スキルの身につかないバイトはやめたほうがいいね

逆に、いい大学行ってて、いい企業就職する学生ほど、一度でいいか学生時代にそういう底辺バイトやるべきと思う。

おそらく彼ら彼女らは子どものころから周囲にDQNとか馬鹿のいない環境で育ち、将来もおそらくDQNとか馬鹿のいない会社で働く。

でも、実際に仕事を初めてみると、利益を集める狩場はDQN馬鹿であり、末端バイトとしてDQN馬鹿をうまく安く使って経費節減する必要も出てくる。

そうなると、期間限定でも連中の考え方とか生活スタイルを実地で学ぶのは、意識高いインターンとして実務の真似事するより逆にすごいスキルになり得る。

飲食だの接客だの物流だの、そういうのを現地で見れるのが学生時代だけならばぜひやっておくべき。

2016-05-04

東大世界ランク低い http://anond.hatelabo.jp/20130224175755


もう日本の国自体レベルが下がってるのに


まだ東大にこだわるの?それこそ馬鹿じゃないの?


もっといい大学簡単に入れるだろ?


もちろん、英語出来ればの話だが

2016-04-25

君のために業務指示とは言わなかったけど、これ、業務指示なんだけど。

やらないなら、君の評価、下がるからね。

誰も俺のこと評価してくれないって、君ぼやいてるけど、当然じゃん。

君、能力高いくせに仕事できないもんね。

能力高くても指示通りに働けないなら仕事できないし評価も低いんだけど。

どうしていい大学出てるのにその程度のこともわからないんだろうね。

ほんと不思議

2016-04-19

オタクもっと自信を持ってほしい

オタク体育会系とかフェミニストとか左翼に対してはひどい偏見持ってて平気で差別的なこと言うのに、自分たち偏見で語られるとめちゃくちゃキレる。あの余裕のなさは何なんだろう。みんないい大学出てるはずなのになんで余裕ないのか。もっと自信持って欲しい。

どっかのバカ主語がでかい発言してるだけなんだから、そんなの「バカバカなこと言ってるなー」と笑ってスルーすればいいだけなのにいちいち正義感炎上させる。自分よりはるかに劣った存在が何か言ってても普通はまったく気にならないはずなのに、なぜか超反応する。

そもそもマナーの悪いオタクがいるのは事実なわけで、世間からそういう偏見持たれてしまうのもある程度自業自得って感じがする。ひとりのオタクの愚かな行動によって「オタクとは社会性がない集団だ」と思われてしまうってことなんだよ。

「たったひとりのオタクの行動でオタク全体を語るな」っていうのはもちろん正論なのだけど、社会正論では動いていない。世の中理不尽だ。だからこそもっと戦略的にふるまうべきでは?マナーの悪いオタクについてはオタク自身がしっかり批判しなくちゃいけない。

新しいオタクの印象はオタク自身が作り上げていくしかない。自分の行動が全体の印象に影響を及ぼすのだということに自覚を持ってもっと責任ある紳士的な振る舞いをするべきだ。

オタクってかっこいいよな、紳士だよな、あれが新しい時代人間生き方だよなと憧れられる存在になればいいんだよ。

みんなもっと胸を張って自信をもって生きてくれ。

きみたちはイケメンなのだから

からまずは猫背を治して、口呼吸するのをやめて、鼻毛カットしよう。

2016-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20160412154529

グリークイーンは推薦でイェール大学行ってなかったか

部活学内活動で目立っていい大学の推薦貰って地元とおさらばっていうのがアメリカ王道路線な気もする

秋元康の書いた歌詞正論しか言っていない件

難しいことは何も考えない

空っぽでいい

二足歩行が楽だし ふわり軽く

風船みたいに生きたいんだ



女の子は可愛くなきゃね

学生時代おバカでいい

今一番大切なことはそう

キャピキャピと音が聞こえることでしょ



アインシュタインよりディアナ・アグロン

テストの点以上 目の大きさが気になる

どんなに勉強できても

愛されなきゃ意味がない

スカートひらひらとさせて

グリーのように

実際、バカ必死こいて勉強して一般入試受けるより、コミュ力磨いてAO入試受けたほうがいい大学入れる可能性高いじゃん。

入学後もコミュ力ある奴は過去問回してもらってコミュ障ガリ勉よりいい成績取れるし、就活なんか外見とコミュ力がある奴が圧倒的に有利だろ。

「どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない」って男女問わず普通に生きてたら当たり前。

glee世界ではクイーン・ビーだったことを過去の栄光にして田舎に生きるしかないのかもしれないが、

現代日本ではクイーン・ビーはクイーン・ビーのまま女子アナになって、野球選手IT起業家結婚したり、自民党から出馬して政治家になれるんだぞ。

2016-04-05

http://anond.hatelabo.jp/20160405110630

月給25万+ナス50万×2でも400万だからな。

残業入れても新卒で500万は届かないだろ。

釣りかな?と思うも、増田

>いや、むしろかなり高いような気がする。

と言ってるし、いい大学出の研究職ならあるいは。って感じだな。

2016-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20160403164224

社員数十数人の零細から地元では一番大手会社派遣に行っていて、4/1に新入社員挨拶まわりにきたけど、みんなハキハキ喋って挨拶が立派だし県内や近隣県のいい大学でてるし、差を感じた。

2016-03-30

http://anond.hatelabo.jp/20160330013232

それよく言われるけど、母集団問題な気がする

世の中の大多数がネット基準低学歴から、同程度前後相手を求めるってだけで、高所得者いい大学出てるような人は同程度の知性を相手にも求めるんじゃないの?

2016-03-27

五体不満足より不幸なアトピーゾンビ

友達ゼロ恋人なしの恋愛負け組灰色青春負け組ゴミ高校在学アトピーゾンビです。




乙武洋匡五体不満足」を読んだ。

この本は、親、学校、頭に恵まれリア充が、自分がいかに素晴らしい人生を歩んでいるかを語る本だ。

アトピーゾンビとは対照的人生を見せつけられて自殺メーターが上限ギリギリまで上がった。

完全自殺マニュアルより危険な本だ。今すぐ発禁にすべき。



乙武幼稚園生は、車椅子から人を見下ろし、偉そうに命令して王様気分を堪能していたようだ。

アトピーゾンビ幼稚園生は、強気容姿のいい同級生に、下僕扱いされていた。嫌なことを思い出してしまった。



乙武小学校で、友達教師に恵まれて楽しく過ごしていたようだ。

初顔合わせ車椅子に乗っている乙武クラスメイトが疑問に思い、訳を聞いた。

事情を話したらすんなり理解され、すぐに仲良くなったようだ。

自分達に害はないのだから、受け入れられて当然だろう。



初顔合わせアトピーゾンビウイルスに侵されている

首が荒れた畳のようになっている醜いアトピーゾンビクラスメイトが疑問に思い「何その首?」と聞いてきた。

理解してもらえるように事情を話した。しかし、あからさまに気味悪がられ、「それって伝染るの?気持ち悪い。」などと言われた。気づいたらクラスメイトから避けられていた。嫌なことを思い出した。

アトピーゾンビは周りに害を及ぼす。荒れた汚い醜い肌から皮膚を落とすからだ。




クラスメイトが「オトちゃんルール」という特別ルールを作り、四肢が無い乙武でも楽しく遊べる様にしていたようだ。

オトちゃんルールとは、例えばサッカーでゴールを決めたら三点とか。そういう類のルールだ。





アトピーゾンビ小学生は、クラスメイトから菌扱いを受けていた。

容姿に恵まれ人達が、スクールカースト下位層の人に手で触れて、その手で他の人にタッチし、手についた菌を移す遊びをよくしていた。

彼らはアトピーゾンビ菌にはバリアが効かないという「特別ルール」を作っていた。

「あ!ゾンビに触っちゃったwこのままじゃ俺もゾンビになる〜www

「あの手で触られたらゾンビになるぞ〜逃げろ〜w」

タッチ〜w」

バリアw!」

ゾンビ菌にバリアは効きませ〜んw」

「まじかよwうわ〜ゾンビになる〜w」

「うわっwゾンビだw逃げろ〜w」

…嫌なことを思い出した。




中学生乙武は、クラスの人気者で、義理だがバレンタインチョコを沢山もらったという。

そして、なんと!ラブレターをもらったという。

さらバスケ部に入り秘密兵器として活躍したという。




中学生アトピーゾンビは、気持ち悪い容姿虐待根暗コミュ障になりクラス嫌われ者だった。

バレンタインチョコを貰えたことなどない。

四肢なしお化けでも人に好かれるというのにアトピーゾンビは…。

ラブレターどころか、女子に話かけてもらったことが殆どない。気持ち悪いからだろう。

気があると周りに勘違いされたら自分地位が危ぶまれからだろう。

入学時のみ予想通り、恋愛負け組として灰色のドブ青春を過ごした。

部活で大した活躍もできず、冴えない毎日だった。

バレンタインの日が来る度に、自分は誰にも愛されない醜い存在なんだという確信を強めていった。

結果、人格が歪み、こんな糞サイトに糞文章を撒き散らす害虫になった。



ある日の女子二人の会話。

彼氏いないならアイツと付き合えばw」

「嫌だよww普通の人がいいよwww

「だよねwww





ある日の対話

「ねぇ、明日の事だけど」

「話しかけんなよ。伝染るだろw」ワハハハwww

…嫌なことを思い出した。




高校生乙武は、ヤンキーっぽい人とつるんでいたようだ。そのおかげか虐められなかったようだ。

アメフト部に入り、敵チームの分析員となり活躍したようだ。





関東ゴミ高校生アトピーゾンビは、友達ゼロ恋人なし。軽いいじめあり。灰色のドブ青春を背負った負け組部活ではスタメン争いから脱落し、大した活躍が出来ずに辞めた。




乙武は、早稲田入学したようだ。

英語スピーチコンテストに優勝したようだ。

加えて、五体不満足という本を書いてベストセラー作家になった。





身体障害者はいいよな。勉強に集中出来て。

アトピーゾンビとろろのような痒みに耐え、火傷のような痛みに耐え、汚い手を見ながら勉強しなければいけない。

集中なんて出来ない。不幸だ。




本を出せたとしても、売れない。テレビに出ても人気にならない。

アトピーゾンビウイルスには共感理解も感動も出来ないからだ。

手足がないのは健常者でも想像やすから自分事に置き換えやすいのだろう。


健常者は、身体障害者車椅子で生きているだけで賞賛して感動するのに、非健常者のアトピーゾンビ24時間痒みに耐えて生きていることには嘲笑偏見侮辱の目を向けるだけだ。

応援されたことなんてないし、助けられたこともない。



健常者は、手足がない人には優しいのに、肌がキモくてブサイクな人には恐ろしく冷たい態度を取る。



身体障害者に対する世間の反応

「手足がないのは大変だよね。でも生きてて凄い!」「障害者でも頑張って生きているんだから私達も頑張ろ!」「手足がない人に気持ち悪いなんて言うな!差別だぞ!」



アトピーゾンビに対する世間の反応

「痒いだけでしょ?大したこと無いじゃん。」「気持ち悪いものを見せるな!」「もっと大変な人は沢山いる!」「健常者のくせに甘えるな!」

メディアに出てもこんな感じで袋叩きに遭うだろう。

アトピーゾンビ人生を読んでも見ても、溜飲を下げるだけだろう。

そして、アトピーゾンビ社会底辺の隅っこで惨めな童貞恋愛負け組として生きていくのだろう。



乙武の両親は虐待したり、追い詰めたりする訳でもなく、何が起きてもあっけらかんとしている良い人達だ。



アトピーゾンビの両親とは大違いだ。

乙武の親のように本を読み聞かせてもらったことなんてない。

そもそも家に本や漫画が一冊もなく、あるのはテレビノートPCのみだ。

両親は精神レベル中学生で止まっている。思慮が浅いというか、自分の中に哲学がない。

何かを教えることも諭すこともできない無能

常に否定的保守的

体だけ大きい子供と話している気分になる。

アトピーゾンビの両親は見た目は大人、頭脳子供の逆コナンだ。





四肢のない身体障害者承認欲求の塊の屑でも、嫁と中出しセックスしまくって三人も子供を作ってる。

それに比べてアトピーゾンビは一生童貞…シクシク



アトピーゾンビウイルスショックの影響か、身長が伸びなくなった。今だに167cmで止まったままだ。

一生低身長恋愛負け組として生きるのだろう。


四肢なし乙武は非健常者代表みたいな顔しているが、非健常者代表アトピーゾンビだろう。



非健常者でも、なんだかんだで健康だったり、親が正常だったり、人や運に恵まれたりしている。

日本アトピーゾンビより不幸な人間はいない。





障害は不便ではあるが不幸ではない。

アトピーゾンビウイルスは不便で不幸だ。

不幸ランキングではアトピーゾンビの勝ちだ。




並の容姿身体障害者として生まれて親や学校友達に恵まれいい大学に入って、本を出しベストセラーになって、メディアに出て大金を稼いで、金地位名誉を手に入れて、結婚して嫁と中出しセックスしまくって三人の子供を産んで、五人と不倫する人生を生きたかっただけの人生だった。

2016-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20160319164726

ないないwあいつなりふりかまわない学歴コンプレックスからいっていい大学じゃないでしょ

それに金融工学なんてとてもじゃないが理解していない知識水準だよ

2016-02-08

いいところに就職するために、いい大学に行くために、向いてもいない限界が見えていた勉強しかさせられず、そのため自分の強みも考えもなく知識しかない無能が出来上がり、要領が悪いため就活もままならず結果として就職できない。


来年度は大学4年でもう就活は始まっている。賢い大学生諸氏はとっくに単位は120くらい取ってんだろうなぁ。俺は今期落とした科目がなくても合計100もない。欠席なしでも毎回の講義レポートが書けないからキトーに受けていると思われ、期末レポート記述タイプ試験では字数がろくに稼げずに弾かれる。4000字のレポートってなんだよ。800字で限界だよ。

大学受験高校受験も失敗した人間である高校受験に失敗した時点で限界は見えていたのに。