「カテゴリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カテゴリとは

2016-12-10

PS2時代くらいのゲーム

そろそろPSPS2時代くらいのゲームカテゴライズする名称が欲しい。

もう15年位前だからレトロゲーム範疇でもいいと思うけど、なぜかレトロゲームスーファミ以前という認識になっていて、ちっとも更新されない。

まあPS時代ファミコンレトロゲームという扱いを受けていたんだからレトロゲームカテゴリファミコンPS2がまとめられるのは、それはそれで違和感があるけど。

PSPS2時代によくゲームを遊んでいて、今もこのくらいの時代ゲームを良く遊ぶ身としては、この世代ゲームを括る名称がほしい。

なにせゲーム趣味というと、最新のゲームか、前述の範囲レトロゲーム二極化している感じがあって、どうもこのくらいの時代ゲーム蔑ろにされているイメージが有る。

やっぱりその時代を表す名称がないから、どうにも語られにくい気がする。というわけで、この時代ゲームアピールするべく、何が括る名称が欲しいなと思うところ。

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161209155650

やり方が悪くて全然つぶせてなくてむしろ状況悪くなって同じカテゴリに含まれる別の人たちまで迷惑してんだよ

2016-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20161208232256

ヘルスカテゴリみたけど、危なさそうな記事は削除してるっぽい。

他のカテゴリパクリの嵐。

遅かれ早かれ死ぬだろ、このサイト。いや死ね

こんなクソ共がいるかIT業界はいつまでたっても浄化されねえんだな。

2016-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20161205154057

分類としてファンタジー要素が入ったSFSFカテゴリされるでしょ。

ファンタジーが前面に押し出されていてSF要素が介在する程度ならそれはファンタジーでしょ。

そして中世界観のメタ構造はただそれがメタってだけで他の作品でもそういうものは盛り込んでるよね。

メタ的に近現代からそれはロウファンタジーなんだとか、どこまで手を広げるんだと。

アレフ勧誘を受けた

帰り道大通り駅で地下鉄を乗り換えていたら突然女の子連れのおばさんに話しかけられた。「マインドフルネスって知ってますか?」「ヨガを習っているんですが、自分講師になる練習がしたいので練習相手になってほしい」と。明らかに胡散臭くて面白そうな匂いがしたので連絡先を交換して別れた。

翌日連絡があってその週末市内某所のファミレスに呼び出された。まず俺とおばさんの2人(もしくはプラス子供)かと思ったら、子供に加えてもう先に一人若い男が来ている。田中さん仮名)と呼ばれた彼は年は23歳で俺のひとつ下でパチンコ店員をしていて、一ヶ月くらい前にカレーを食べようと思って歩いていたところ俺と同じように駅で声をかけられ、その日のうちにレッスンを受けたという。なんでヨガを習っているのか尋ねると自分頭が悪いからと言う。たしかにIQ80くらいに見えた。おばさんが「毎日10時間睡眠だったのが6時間睡眠になった」「田中さんはその日の内に実践したので効果はすぐに現れた」と重ねる。

そんな話をしたところでチャクラ診断とやらをする。いろんな「人助け」とか「ホラー映画」とか40〜50個くらいの項目に「よく当てはまる」「当てはまる」「当てはまらない」で回答していく。それぞれ2点1点0点が与えられ、各設問は5つのカテゴリに別れ、最終的に5つのスコアが現れた。

それっぽい折れ線グラフ作成され「あなたは〇〇な人ですね」みたいにいろいろ浴びせられる。詳しく覚えてないが、そのうち喉が悪くなるカテゴリの点数が高かったらしく「喉の風邪をひきませんか?」と言われたが、風邪を引いたら大抵喉は痛くなるものだと思い「普通です」と答えると「そのはずはないです」不満げになられたりしながら、本題のヨガ講義をするに前に自己紹介スライドを見せられる。

これまで曹洞宗の父とクリスチャンの母の間に生まれて、周りの大人がみんなバカに見えて、小学生のころテストをしたら知能指数道内一番だと言われたけど、頭良く振る舞っても損しかしなかったのでバカのふりをしてたら本当にバカになってしまって、悪さと享楽の限りを尽くしたが、ヨガ先生出会ってヨガを学んで大切なことお金とかそういうものじゃないと気づき、今では六年くらい経って最高に幸せだ、みたいなことを言っていた。

かつてどんな悪さをしたのか聞いたら「男遊びとか、ときには薬とかにもを手を出しました」と言う。隣に娘がいるにそんなこと言っていいのかと内心ツッコミを入れつつ「そりゃ大変でしたね」みたいな反応しかできなかった。あと三年前から姉と2人の会社社長をやっていて、市の援助を受けた新規企業の成果発表会で、ヨガの教えを取り入れた発表をしたら一番評価された、みたいな自慢をされた。そんな感じの話を聞いたあたりで、最初のレッスンが始まった。

内容は大別して、嘘を言わないとか人に優しくしようとか極めて道徳的に当たり前なことと、チャクラとかクンダリニーとか理解不能オカルトものと、いか自分先生ヨガ修行を30年近くしてる)がすごいか、の3種類に分かれた。1つ目に関しては、不要言葉は削ぎ落として(あいさつでさえ)意味あることだけ言うようにしようとか賛否ありそうな点もあったが、普遍的ないわゆる良い習慣なことばかりで「なるほど、そうですね」みたいな感じだった。問題は後ろ2つで、本当に意味不明だった。チャクラは腹の中のぐるぐるしたものクンダリニーから溢れ出ていくつかのゲートを通過して頭頂から突き抜けていき、これを極めると覚醒するのだという。そしてピラミッドチャクラ装置であり、クンダリニー覚醒して実際に訪れてみれば分かる、と言う。耐えきれなくって「いやそんなわけないでしょwww」と笑っていると、真剣に「そうやって思うのは覚醒してないからだ」「私も娘もクンダリニー覚醒してるのでわかる」と言う。3つ目の師匠に関して本当に謎だったので「会ってみたい」と言うと「面会には1000円かかる」と言われて「さすがに金はかけたくないっす」と素で反応してしまった。こんな応酬をしたあたりでタイムアップ。「良ければあと3回くらい予定を入れましょう」と言われたがさすがにそこまで付き合えないので「とりあえず来週土曜」と時間場所は決めなかった。最後資料の入ったクリアファイルプリントを抜き出して田中さんと俺の分けて渡されて、「また会うのなら」とクリアファイルごと貸し出されそうになったが、さすがに荷が重く思いプリントだけ貰って解散となった。

寝不足で朝飯も食っておらず勝手におごりだと踏んで少し高めの900円くらいのエッグマフィンプレートを頼んでいたが、まさかの割り勘でテンションだだ下がり。店を出るとおばさんと田中さんと2人はさら用事があるのか俺だけ駅へ帰ることに。

帰り道に即座に友人に「激ヤバ資料ゲットしたwww」と連絡すると近くに居たので帰りの足で合流。近くのカフェに入って何かやばめの勧誘なのは間違いないみたいな話をしていると友人がプリントに「グル」というワード発見アレフと気づく。それからはいろいろと腑に落ちまくってなかなかのカタルシスだった。逆にそれまでに気づかない自分の警戒心のなさに愕然とした。

とまあ、何が言いたいかと言うと「ヨガ」というキーワードを出されて延々オカルトな話を聞かされても一般人(少なくとも俺や田中さんに至ってはおそらく今も)はそれに気づくことができないし、札幌市もそういうヤバめなおばさんのやってる会社を援助しちゃうし、未だにカルト現代社会に息づいていて、社会勉強で、年末にして厄年っぷりを発揮したなと思ったのでした。

2016-12-03

Welqのようなトンデモサイト運営企業特定する方法

大体最近注目されているメガベンチャーは、DeNAみたいにキュレーションメディア(笑)で荒稼ぎをしているものだ。

特に、◯期連続成長!なんて謳っているベンチャー収益源となっているのは、アフィリエイト収入だということがしばしば。

自分個人ブログを書いているが、キュレーションメディアに丸パクリされる事が多く、頭に来ている。

増田を読むような奴はヘイトの塊だと思っているので、Google検索結果に引っかかってきた邪魔サイト運営元を特定する方法を教えておく。

サンプルとして、Laughy、というキュレーションメディアがある。

https://laughy.jp/

TOPページに飛んだ瞬間に分かることだが、DeNA運営しているキュレーションメディアに負けず劣らずのクソ記事ばかりだ。

エンタメ」のカテゴリ等は特にひどく、芸能人画像転載だらけ。著作権はどこへ行ったのか。

更に問題なのが、記事の内容は週刊誌も驚く程のデタラメが多いということだ。

下記のブログでも、いくつかの記事に対して怒りの記事投稿されている。

http://ainoyatatsugoro.com/1126

また、Laughyにも「ライフ」カテゴリ存在し、かつてはWelqと同じように薬事法違反レベル記事投稿されていたが、今確認すると見当たらなかった。

https://laughy.jp/category/life

さすがの対応の早さだ。

※下記の増田魚拓を取っていたようなので、合わせて紹介する

http://anond.hatelabo.jp/20161201084936 (増田記事

http://megalodon.jp/2016-1201-0020-31/https://femit.laughy.jp:443/amp/1456218049216172527 (魚拓

じゃぁどんな会社がこのサイト運営しているんだ?と、

会社情報を見ると「株式会社Laughy」と、代表取締役渡邉氏の名前しか書いていない。

これはベンチャー企業運営するキュレーションメディアに見られる特長だ。

会社をわざわざ作り、悪質なコピペデタラメを垂れ流すメディアでボロ儲けしつつも、決して会社名に傷をつけないようにするための、汚い手口なのである

だが、その場合メディア運営用の会社の住所は本社と同じ場合が多い。

なので、法人マップ株式会社Laughyを探してみよう。

http://xn--9ckxbt9861a8p5a.com/detail/6010401111513

どうやら、所在地は「六本木2丁目4番5号」らしい。

このに存在する会社を調べてみると、ソフト◯ンクグループ会社と、ベンチャー企業であるSpeeeという会社がヒットする。

http://www.ecareer.ne.jp/s/k/c2/00035755003.html

企業情報を見ていると、見覚えのある名前があった。

http://www.speee.jp/#recruit

代表取締役の一人のフルネームが、株式会社Laughyの渡邉氏と一致する。

同じ住所での登記代表取締役も一致、ということでわざわざ別会社を作ってメディア運営しているのは明らかだろう。

2016-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20161130161059

そんなに大きくは外れてないのでは? と思う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/NAVER%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81#.E6.B2.BF.E9.9D.A9

沿革[編集]

2009年7月 - 「NAVERまとめサービス開始

2010年

10月 - まとめ作成管理画面のリニューアル。月間ページビュー数約1億2,000万、ユニークユーザー数は約943万人と発表[2]

11月 - 「まとめインセンティブプログラム」の提供開始

2011年

3月 - 全面リニューアルを行い、1まとめ内にリンク画像動画引用ツイートテキスト見出し等 様々な要素を追加可能

4月 - 「NAVERまとめ」閲覧用iPhoneアプリNAVERまとめビューワ」公開(現「NAVERまとめリーダー」)

7月 - 「NAVERまとめビューワ」Android版を公開。「トピック機能」を追加

11月 - 「グループまとめ」機能の追加を発表

2012年

3月 - 優良なまとめ作成者支援する「まとめ奨励制度」を新設

5月 - 企業向けに「公式まとめ」を提供開始、「お気に入り機能の追加を発表

6月 - デザイン一新、14カテゴリで多チャンネル

9月 - gettyimagesなど5社と提携し、公式画像サービスを開始、あわせて位置情報追加機能を発表

10月 - 月間総アクセス数約8億1,700万ページビュー(前年同期比479%増)、訪問者数は3,300万人(前年同期比272%増)と発表

12月 - 「まとめインセンティブプログラム」を全面刷新すると発表。まとめ奨励制度」の改変を行う。2013年1月1日より実施[3]

2013年

3月 - 企業向けに「ジャック広告提供開始

師走も近づく昨今、また一人旧友が命を絶ったという連絡を受けた。

霜が降りそうな朝、葉がほとんど落ちた樹にぶら下がっていたのだという。

旧友といったのは、この4,5年のあいだお互いに行き来することがなかったからだ。

最後に会ったのは、彼が事業を始めてまもなくの頃だったと思う。そのころ彼の会社プレスリリースなど出して、彼は多くの人に囲まれていたから、軽く立ち話をするくらいのものだった。

彼の会社は、特定カテゴリ顧客に、ネット上で服をセット販売するという事業を展開していた。開始当初は、ネットサーフィンしていると、彼の会社バナーを見かけることがあったが、最近はまったく見かけなかった。

というか、彼の訃報を聞いて、ようやく彼の事業を思い出したほどだ。

共同創業者に近い間柄にある知人とこれまた数年ぶりに電話で話したが、彼の死去の原因は、資金調達の失敗にあったのではないかということだった。

運転資金が底をつきかけて金策に走った旧友は、投資してくれる可能性のある人物と会食し、共同創業者とともにレストランに行ったのだという。

交渉は結局のところ不調に終わり、2日後に彼は命を絶った。



「何か思い当たる原因はなかったの」と私は知人に聞いた。

最初は先方もかなり乗り気だったけれど、急に表情を変えて、翌日に断ってきたらしい」

「なにがきっかけだったのだろう」

「さあ、思い当たることといえば、彼が会食の席でなにかまずいことをいったのではないかということらしい」

「まずいこと?」

「まずいことというか、いい間違いといった方がよいのかもしれない。肉料理がメインのコースを頼んで、最初フランスパンが運ばれてきたらしい。それで、グラスを傾けながら事業の話をしているうちに彼が言ったらしい、「このバケット、うまいですねぇ」と。そしたら先方が急に眉根をひそめて、「ああ、バゲットですね」といったそうだ。彼はハッとして話題を変えたが、そのあと、先方の表情は硬いままだったらしい」




そんなことがありえるのだろうか。

ここにはデマが溢れているから、これを書いている私も、まさかといいたい。

もし上記のことが交渉不成立の原因だとしたら、彼はたった一度の言い間違いのために命を落としたことになるのではないか

バケットとバゲットの区別などどうでもよいという意見はよく聞くし、私も実際にそう思うことがある。

だが、この間違いが命取りになることがあるのだとしたら、私は今後間違えることはないだろう。

そんなことを思いながら、落葉の積もった歩道を見つめ、私は彼の冥福を祈った。

2016-11-29

http://anond.hatelabo.jp/20161129030632

タイトル、全角の[]じゃなくて半角の[]を使うとカテゴリになるよ

内容と違うカテゴリ付けるのやめて

俺は自分日記に一切タグ編集しない主義だが、正直クルマの話を書いたのに「世の中」とかちょっと違うだろ、と。

そりゃメーカーのこととかも書いたけど、そこを見たのならせめて「テクノロジー」だろ。

ブックマークしてなんかあの日記伸びないなーってときは大体意味不明カテゴリ付けられてることが多いから気づいたやつは直してほしい。

2016-11-27

http://anond.hatelabo.jp/20161127082710

思索哲学SFならやはり神林長平では

あとあんまりメジャーじゃないけど

Speculative Fiction (思弁小説) というカテゴリもあるようなのでご参考までに

welqについて答え合わせをしてみる

welqへの批判が前提としている大半の推測が間違っていてフラストレーションたまっていたところに比較的まともな論考が来ていて思わず答え合わせの増田書きたくなりましたので書いてみます。とはい基本的公開情報とそこから推測できることだけしか書きませんが。


記事製造過程お話、またmeryの劣化コピーやったのかという感じです

こちらの内部告発エントリ

元welqライターから告発

http://cwhihyou.exblog.jp/24972121/


おおむね記事生成過程はあっている、というか、だいぶ形だけ真似したんだな(それでも検索結果を占有できるSEOって怖いな)と思いました、

ちょっと話しは遠回りになりますが、キュレーションサービス形態の中でmeryを位置づけてwelqがどう劣化コピペになったのかを語りますね、

キュレーションサービス(笑)って、実は単に客数多いから純広告出してね、ちうビジネスで、客の集め方は3種類あると思っております

ちなみに医療情報問題でいうと、こちらの方がより野放しでヤバイんですが、医療と銘打ってないだけで許されている感じがします。

量産の手法ですが、

という感じです。流石に全方位で記事は量産できませんし、引用して問題なさそうなDBを作ったりするにはカテゴリ特化が必要、ということでカテゴリ特化型のサイトになります

ココでMeryが賢かったのは、ファッションというジャンル適当文章を繋いでウソっぱちの内容が出来たとしても大半の人には実害が無い)選択だと思います。これにSEOの腕が加わって一大勢力を築きまして買収と相成ります

ここでwelq(というか、買収したiemo, Find-travel以外の全DeNAパレット)がどうしくじったかというと、カテゴリ引用元DBの精査をしなかったというところだと思います。welqだって、信頼できるac.jpドメイン記事とかだけをソースにさせて指示してれば、むしろ立派な読みやすい導入記事サイトとして褒められて客も集まったでしょうに…

DeNA戦略お話、そこまで戦略的じゃないよ

こちらの見解ですが

Welqが席巻するSEO界隈と、DeNAコンテンツ戦略、そしてその行く末に思うこと。~DeNA Palette編~

http://nagaregoto.com/dena-palette-seo


要旨はこんな感じかと思います

が、前者はそんなことはないんですし、後者は無理だってのは経験上分かるはずなんです。

前者ですが、DeNAパレット作戦を練る段階で調査チームは、市場規模金額人口)だけしらべて並べて上位から手を付けていたらしいです。

ちょっと聞いた話ですが、調査チームから相談された人曰く、

だそうで。

たぶん

  • Meryと同じもの横展開すれば客数集まってウハウハじゃね?
  • AdNetwork的な広告で繋げば一大媒体の完成じゃ!

くらいのテンションでしょう。決算とかでも重複ありで各媒体ユーザ数だしてますからねぇ。

広告主がまともな感覚あれば、重複とか気にして出稿しないと思うんですが、広告屋なんて露出しか考えてないので(広告代理店にいる人の能力をみれば効率を1.5倍にするより、露出を安く買いたたいて1.5倍稼ぐ方が楽ですからね)これでもなんとかなってしまったってのも結構問題だと思います

そして後半、ホワイト化をMeryの素材リッチ化をソースに述べられてますが、たぶんあれは儲かったから素材の予算が増えただけじゃないかと。

第一、一度ダークなイメージが着くとぬぐえないのはDeNAが1番よく分かっているはずで、

とこれだけ経験があるはずなのに。

ライフサイエンスは、わざわざ別会社にして東大医科研と連携し、論文読み専用の博士号持ちも5人以上雇って沢山論文読ませたり、自動車自動車でちゃんと国交省とかに事前に根回ししながら共同所有という形態を黙認させたり、とかしていたんですが…

ベイスターズ横浜ベイスターズとしてファンサービスを愚直にやりきり、チームもようやく強くなってきたんですが…

というわけで、あとからホワイト化なんて無理です。

なんでバカやったんでしょうね、ほんと腹立たしいです。

ましてやネット関連でガセを沢山流す永江一石の飯の種にされてしまうあたりが1番腹立たしいわい…

welqについて答え合わせをしてみる

welqへの批判が前提としている大半の推測が間違っていてフラストレーションたまっていたところに比較的まともな論考が来ていて思わず答え合わせの増田書きたくなりましたので書いてみます。とはい基本的公開情報とそこから推測できることだけしか書きませんが。


記事製造過程お話、またmeryの劣化コピーやったのかという感じです

こちらの内部告発エントリ

元welqライターから告発

http://cwhihyou.exblog.jp/24972121/


おおむね記事生成過程はあっている、というか、だいぶ形だけ真似したんだな(それでも検索結果を占有できるSEOって怖いな)と思いました、

ちょっと話しは遠回りになりますが、キュレーションサービス形態の中でmeryを位置づけてwelqがどう劣化コピペになったのかを語りますね、

キュレーションサービス(笑)って、実は単に客数多いから純広告出してね、ちうビジネスで、客の集め方は3種類あると思っております

ちなみに医療情報問題でいうと、こちらの方がより野放しでヤバイんですが、医療と銘打ってないだけで許されている感じがします。

量産の手法ですが、

という感じです。流石に全方位で記事は量産できませんし、引用して問題なさそうなDBを作ったりするにはカテゴリ特化が必要、ということでカテゴリ特化型のサイトになります

ココでMeryが賢かったのは、ファッションというジャンル適当文章を繋いでウソっぱちの内容が出来たとしても大半の人には実害が無い)選択だと思います。これにSEOの腕が加わって一大勢力を築きまして買収と相成ります

ここでwelq(というか、買収したiemo, Find-travel以外の全DeNAパレット)がどうしくじったかというと、カテゴリ引用元DBの精査をしなかったというところだと思います。welqだって、信頼できるac.jpドメイン記事とかだけをソースにさせて指示してれば、むしろ立派な読みやすい導入記事サイトとして褒められて客も集まったでしょうに…

DeNA戦略お話、そこまで戦略的じゃないよ

こちらの見解ですが

Welqが席巻するSEO界隈と、DeNAコンテンツ戦略、そしてその行く末に思うこと。~DeNA Palette編~

http://nagaregoto.com/dena-palette-seo


要旨はこんな感じかと思います

が、前者はそんなことはないんですし、後者は無理だってのは経験上分かるはずなんです。

前者ですが、DeNAパレット作戦を練る段階で調査チームは、市場規模金額人口)だけしらべて並べて上位から手を付けていたらしいです。

ちょっと聞いた話ですが、調査チームから相談された人曰く、

だそうで。

たぶん

  • Meryと同じもの横展開すれば客数集まってウハウハじゃね?
  • AdNetwork的な広告で繋げば一大媒体の完成じゃ!

くらいのテンションでしょう。決算とかでも重複ありで各媒体ユーザ数だしてますからねぇ。

広告主がまともな感覚あれば、重複とか気にして出稿しないと思うんですが、広告屋なんて露出しか考えてないので(広告代理店にいる人の能力をみれば効率を1.5倍にするより、露出を安く買いたたいて1.5倍稼ぐ方が楽ですからね)これでもなんとかなってしまったってのも結構問題だと思います

そして後半、ホワイト化をMeryの素材リッチ化をソースに述べられてますが、たぶんあれは儲かったから素材の予算が増えただけじゃないかと。

第一、一度ダークなイメージが着くとぬぐえないのはDeNAが1番よく分かっているはずで、

とこれだけ経験があるはずなのに。

ライフサイエンスは、わざわざ別会社にして東大医科研と連携し、論文読み専用の博士号持ちも5人以上雇って沢山論文読ませたり、自動車自動車でちゃんと国交省とかに事前に根回ししながら共同所有という形態を黙認させたり、とかしていたんですが…

ベイスターズ横浜ベイスターズとしてファンサービスを愚直にやりきり、チームもようやく強くなってきたんですが…

というわけで、あとからホワイト化なんて無理です。

なんでバカやったんでしょうね、ほんと腹立たしいです。

ましてやネット関連でガセを沢山流す永江一石の飯の種にされてしまうあたりが1番腹立たしいわい…

2016-11-25

それを夢小説かどうか決めるのは作者だ

と、わたし(筆者)は思う。腐女子こそ夢小説を書くべき論とかを読んで、うだうだ考えたことと提案

わたしの夢傾向のせいで、おおむね夢小説のことになるけれど、ある程度夢創作全体に通じると思っている。そして、だれにも押しつけるつもりはない。

わたしの夢傾向

女。

創作愛好歴はおよそ10年で、ブランクはない。「灰男」からとでも言えば、わかる人にはわかるだろう。

よく読む(積極的に探す)のは好きな原作二次創作夢小説。でも、おもしろいと思えば、なんでも読む。主人公個性がマシマシだろうがナシナシだろうが、性別が同性だろうが異性だろうが、恋愛があろうがなかろうが、その相手主人公と異性だろうが同性だろうが、ヒトであろうがなかろうが、ものだろうがなんだろうが、おもしろければ読む。じゃあ、どんな夢小説おもしろいのかとかいう話しにはキリがないので、割愛させてもらう。

「よく読む」と表現はしたけれど、書きもする。むしろ書くのがメイン。

で、わたしには一つ譲れないところがあって、自己投影する。作者がどういう意図をもって主人公を設定したか知らないけれど、その夢小説を読んでいるとき、その主人公は、わたし自身だ。

夢小説における自己投影

自己投影とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書にはこう書いてある。

(2)目にした状況や呈示された刺激などを理解したり解釈したりする際に、その時の自分心理状態人格特性などが反映されること。「自己投影」は俗に、フィクション内のキャラクターなどを自分と同一視し、キャラクター自分に重ねることを指して用いられることもある。

そのうち後者フィクション内のキャラクターなどを自分と同一視し、キャラクター自分に重ねること)が、夢小説における自己投影だと思う。少なくともわたしにとってはそうだ。

わたしの夢傾向」を読めばわかるだろうけど、主人公自体にこだわりがあるわけではない。わたしは、おもしろければ読む。かれ(かのじょ)が、生き残った魔法使いだろうが、高校生探偵だろうが、半妖だろうが、天使の生まれ変わりだろうが、悪魔に呪われたエクソシストだろうが、マフィアの十代目だろうが、自分自身の子どもだろうが、あらゆる天賦の才能を無効化する天才だろうが、宇宙人侵略された地球でなんでも屋を営んでいようが、超次元サッカーを嗜んでいようが、メロンパンが好きな紅蓮の異能者だろうが、宇宙適応した新人類だろうが、幻のシックスマンだろうが、個性を掴みとった無個性だろうが、異世界侵略から地球を守っている戦士だろうが、壁の中の人類を追い詰める巨人だろうが、六つ子の六分の一だろうが、あるいはCV田村ゆかりでも、桃色の髪でも、透明な肌でも、眼鏡でも、ショートヘアでも、オッドアイでも、幼稚園児でも、おばあちゃんでも、壁でも、掃除機でも、薄汚い中年でも、ノンケでもレズビアンでもゲイでも、もうなんでもかんでも、それはわたしだ。夢小説を読んでいるときわたしはその突拍子もなくかけ離れた、ありえない、あるいはありきたりの、場合によっては自分そっくりの、そのものになる。

ところで、これがだれしもに当てはまるとは、思っていない。自己投影にはレベルがあると、わたしは考えている。レベル表現たからには高低があるが、そこに優劣を見ているわけでないことは言っておく。

ガバガバ。とくにレベル2と3。レベル0と1と4については、説明不要だと思う。

「無個性」について。文字どおり「個性」が「無」いことだ。その個性について、個性とは - Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ) Weblio辞書には、以下のように書いてある。

ある個人を特徴づけている性質性格。その人固有の特性パーソナリティー。 「強烈な-をもった作品」 「 -を発揮する」

夢小説においては、主人公に「(自分と)同じ性別」「同じ種(つまりヒトである)」だけが設定されていることだと思う。それに加えて「同じ性愛の向き(同性愛異性愛か)」「同じ好きなひと(主人公とのかけ算の相手)」が設定されていることもあるだろう。その程度だ。ここまでが、レベル2の「無個性」の範囲だと思う。

レベル3の「ある程度の個性」は、単純なものではない。ここでは「なんでもかんでもは無理」としか説明できないことだと思う。レベル2の無個性に少しだけなら、いやいやヒトならいいよ、擬人化された人外なら、異性でも同性愛者ならいいよ、有機物ならいいよ、基本はヒトがいいけど単眼ならいいよ……などといった具合に。

夢小説の読み方

で、「自己投影」についていろいろ言ったばかりだけど、ぶっちゃけ自己投影しなくてもいい。読み方は自由だ。

二次創作に関して言えば「オリ二次」の一つとして読む人もいるだろう。実際、夢小説主人公は、原作存在しない「オリジナルキャラクター」といえることが多い。

二次創作的なものにばかり言及することになるが、原作に明記されていないことを、「こうに違いない」「こうだといいな」と考えたり、あるいは原作の設定を無視して「こうさせてみた」としたりすることがあると思う。あれも、ある種の読み方といえると思う。わたし二次創作夢小説を、そういう原作の読み方から書いている。こんな(夢小説の)主人公がいたら、原作のあのキャラクターはああするだろう、こうしたらあそこはああなって……とか。

どれもこれも読み方だ。わたしたちはおそらく考えながら読んでいる。そして、考えることは自由だ。だから、どう読むかも、また自由だ。

夢小説の書き方

わたしは、よく二次創作夢小説を書く。そして、この日記でいう自己投影レベルは4で、読者としては主人公自己投影する。

当然(ではないかもしれないけれど)、わたしの書く夢小説には、わたしの嗜好が大きく表れる。「おもしろさ」の基準を満たそうとするだろうし、自分の書くものから、ある程度は満たしていると思う。で、嗜好が大きく表れるので、主人公異性愛者の女性かもしれないけれど、おばあちゃんかもしれないし、ゲイかもしれない。ヒトとも限らない。ボールに入るモンスターかもしれないし、壁の外の巨人かもしれないし、魔神族の王かもしれないし、好きなCPが愛を営むベッドのシーツかもしれないし、だれそれがだれそれをドンする壁かもしれない。

でまあ、書くのも自由だ。ある程度は。書くということは表現で、表現することは、ある程度は自由だ(公共の福祉に反しないかぎりとか、憲法かなにかで言っていたと思う)。二次創作について言うと、著作権どうこうの話しになってしまって、これまたキリのない話しで、わたしには専門的な知識がないので割愛させてもらう。今のところ「非親告罪なので原作者が罪をつきつけないかぎりOK」というスタンスで、つまり原作側になんやかんや言われたら速やかに従いますよってくらい。しか言えない。これはマジで

実質夢小説

ここには夢小説に通じる内容があるよねってやつ。だと思ってる。

大阪国際的スタジオテーマパークの、魔法使いになれるところ。原作、大好きです。原作主人公が通う学校の生徒になれたらな、入学許可証がきたらなって思った。そして、なんと、大阪のその遊園地に行けば、杖が買えるという(行きたい! 買いたい!)。わたし()気持ちを書いたし、魔法使いになれたらなとも思った。んでもって、わりと世のなかには、あの小説映画や、あるいは遊園地で、わたしと同じようなことを考えたひとがいるんじゃないかと思う。遊園地では魔法使いになった気持ちを味わったひともいると思う。

次いこう。実は東京にはない夢の国。あそこで(遊んでいる間だけでも)夢の国の民だったひとも、やっぱりいると思う。あそこのキャストスタッフ)の神対応が、たびたび話題になっているから。

というかだね、幼いころに、日曜朝のヒーローになりたい、ヒーローに守られたい、あるいは戦うヒロインになりたい、楽器から魔法の道具を生み出したいとかって、考えたひとも、やっぱりいると思う。「あんなこといいな できたらいいな あんなこと こんなこと いっぱい あるけど」(だっけ?)とか、二十ウン世紀からきたロボットに会いたいとか。

ボールモンスターを捕まえるゲームが、リアルマップ対応したよね。わたしたちはスマートフォンさえ持っていれば、GOした先で、疑似的ではあるけれど、まるで本当のトレーナーのように、モンスターをゲットできるようになった。

こういうのは夢小説に通じる考え方だ。二次創作の話しになるけれど、先述の「オリ二次」にも、同様に夢小説に通じるものがあると言える。あのCPの営みを空気になって見ていたいとかもだね。そして、それが形になったものを見たとき、そこに「夢小説」のラベルがなければ、「実質夢小説」として見る。

商業小説にも、「わたし視点の、あるいは明らかに作者(のペンネーム)と同じ名前主人公がいたりする。(それだけとは限らないけれど)そういうところから夢小説のにおいをかぎとったとき、やっぱり実質夢小説として見る。

それを夢小説かどうか決めるのは作者だ

書いてるうちにだんだんと疲れてきて、かなり文章が雑に、より滅茶苦茶になってきていることを、わたし自覚している。本当に。

それを夢小説かどうか決めるのは作者だ。言いたいのは、これだけだ。題名にもしたけれど。

夢小説っていうのは、すごくガバガバだと思う。自己投影したりしなかったり、名前を変換したりしなかったり。夢小説は、ある種の表現技法で、考え方だと思う。そこには、かなり「主観」の要素がある。

まず、作者が、それを「夢小説」にする。ここには作者の嗜好が、存分に表れていたりいなかったりする。それが発信されると、だれかの目にとまることがある。このだれかが「読者」だ。この読者にも嗜好があって、もしかしたら、かれ(かのじょ)はそれを「夢小説」と思えなかったかもしれない(これのどこが夢小説だ! オリ二次でやってろ! モブ創作でやってろ! 云々)。そのときは、そう思うにとどめて、「これはわたしには合わなかった」「このひとの作品は読まないようにしよう」などと、読者が避ければよいだけの話しだと思う。読者が「おまえのは夢小説じゃないか夢小説のラベルを剥がせ」などと作者に強要することではないと思う。一人の作者として、わたしは、そう強要されるのは嫌だ。読者に読者の「夢小説」観があるように、作者にも作者の「夢小説」観がある。

これは、なにも「夢小説」だけの特別なことではなくて、いろいろなことに言えると思う。わたしは、実質夢小説だと思いながら、言いながら、けれどそこから「実質」を剥がしはしない。つまり強要はしないし、直接作者に提案することも、しない。わたしは、されたら嫌だから。考えてもみようよ。男二人の友情を、あるいは女二人の友情を、はたまた男女の友情を書いていたのに、「これ恋愛BL)(GL)ですよね。友情ものを名のるのやめてくれません?」なんて言われたら、どんな気持ちになる?

とくに、「わたし不快から夢小説の)ラベルを剥がせ」とかい強要提案)はやめたほうがよい。これにはキリがない。万人に受け入れられるものは、ない。Twitterにロバの絵の四つの比較みたいなのがあったと思うんだけど、まあ、あんな感じで。不快から剥がせという強要がまかり通るようになってしまうと、気づいたときには、あなた独りだけが夢小説を書いている……なんてことになりかねない。

つかれた。

http://anond.hatelabo.jp/20161125145820

ホルモン魚介類と同じように鮮度で全く味が変わるカテゴリから

一度でもいいから高いホルモン食うとホルモン=不味いという定義を崩せる

別に高い店にいかなくてもいいけどホルモンが美味い店という評判のところにいけば美味いホルモン食える

だいたいホルモン嫌いはスーパーこてっちゃんレベルのしか知らないから嫌い・苦手というのが多い

俺はホルモン好きな方だったけどそんな俺でも美味い店のホルモン食べたら

今まで自分が食べてきたホルモンは全部安物だったんだと認識を改めた

美味いホルモン普通ホルモンを並べたらもはや別物、別の食べ物であるという見方しかできない

それくらい大きな感動だった、またいつか食べに行きたいけど誘う友達がいないのと金が無いのでいけない

正確には金はあるが貯金してて使いたいものがあるので我慢している

とにかく美味いホルモンは今まで食べたことの無い食べ物であるのでホルモンが美味いということに疑問を抱くなら

一度評判の店に突撃してきてほしい、いい歳したおっさんが目を丸くするくらい違う

なかなかこの歳で色々高いものも安い物も食ってきて、食で感動すること無かったので新鮮で楽しい体験だった

例え方があってるか分からないが回転ずしのマグロ大間マグロ並べたくらい違う

でも大間マグロと違って問題は鮮度なのでそんなにコストかけずに食える

ちなみにホルモン語源は「放る(捨てる)もん(物)」で通称ホルモンとなっていたが

元々捨てるようなもの商品にしてると聞こえが悪いので今では語源はぼかされてしまっていたり、トンチキのような語源説が出てきている

「どこどこのコックが名付けた」とかそりゃ商標登録で記録が残るから記録を遡ればそれが出てくるに決まってる話で、

実際は市民食卓で食われてホルモン(放るもん)、ホルモン(放るもん)と呼ばれ続けた土壌があるから共通認識ホルモン登録できたってだけの話

何か料理に使えないかとかも元々洗って食ってたやつをコックが料理にできるように仕立て上げただけでそれがオリジナルってわけじゃない

あと医学用語ホルモンの結びつきも商業的な戦略が始まった際に客に食いものだと認識させるための後付であって、

まりは元々ホルモンホルモンと呼ばれていて捨てるものという認識だったってことに他ならない

このイメージ戦略歴史は長いだけにいつの間にか後付が源流と扱いがすり替えられているのが怖いところだな

普通ホルモンを食べるときはこの話を思い出してあくま箸休め的な感じで注文して食べる姿勢が一番正しいのではないかということ

新鮮なホルモンを食べるとき解体直後で客に出せない部位を食べていた昔の人々を思い出しながら食べると面白いかもしれない

これはどうでもよかったか

2016-11-20

はてなって、『お父さんは心配症』のこと好きなの?

集英社少女まんが雑誌りぼん』に『ちびまる子ちゃん』と同時期に連載されていた『お父さんは心配症』は、「少女向け」というカテゴリに加えるには異常で、読者層も少女のみならず次第に老若男女すべてに浸食していき、現在サブカルチャー殿堂入りとしてそのテの書店に燦然と平積みされ続けているというそ存在は、はてな民が嫌いなわけがないよね。

http://anond.hatelabo.jp/20161120191545

例えば他人が待ち合わせに遅刻しても「平気だよ〜」とか、店でクレームつけられなかったりとか。

そういうのって自分自分尊重できてないからだよな。

で、なんで尊重できないかっていうと、親から尊重してもらってないから。

今日まで「まあ経済的にも自立できてないし仕方ないか」って思ってたけど、個人尊重することと経済的な自立って関係なくない?

個人として尊重されてない。

最近はあまり感じてなかったけど、やっぱ口を滑らせると親が烈火のごとく切れたりして、根底でやっぱ一個人として認められてないんだなーという気持ちがわく。

個人として認められるという、本来親にしてもらうことを彼氏に代わりにやってもらって、そこから少しずつ自分のズレに気づいた。

おかし価値観の中で生きてることや、個人として尊重されてなかったこと。

家族仲イイねって言われるけど、根っこの部分をおざなりにして表面上仲良しごっこしてるだけなんだよな。

共感っていうのは、ひとつテーマだと思う。

友人は、家族間で共感を求めることがないという。共感してもらえないことや、理解してもらえないことは当たり前だという。

彼女が正しい正しくないとかじゃなくて、うちは基本共感ベースの上に成り立ってる家族から真反対だと思った。

共感できないことや、しつこい話にも乗らないと母は機嫌を損ねる。

そんな母が嫌だと思いながら、私は私が話しかけた時妹が思った反応を返してくれないと機嫌を損ねる。同じことを繰り返している。

共感という、よきことのような言葉を笠に着て、それを相手強制している。

共感できないことにも共感したふりをして、結果八方美人になる。

それをここ数年は自覚してきてて、意識的自分他人の間に線をひくようにしている。

そうか、普通はその線は当たり前に引いてあるものなんだな。

線を引いたか大丈夫、となって言いたいことを言いすぎて、ひどいことを言ってしまう時もある。

加減がわからない。

そしてたまに母の逆鱗に触れる。

だってどうしたらいいかからないんだよ、今まで自分意見なんて言ってこなかったんだから

それが言えるようになってきたんだよ、それだけで褒めてよ。

そんなことばかり思ってしまう。

共感というワード他人を取り込もうというか、だから自分大丈夫、この人と同じ価値観から大丈夫って思おうとしていた。

これをしておけば大丈夫、という言葉に弱いのは、思考停止できるからというのと、あとこの人もこれをやってるし…というカテゴリ安心しているんだ。

そんな私が漫画家生業にしようとしているんだから、そりゃ息苦しくもなる。

独立した価値観を持ちきれず、いいこちゃんな漫画を描いてしまって面白みにかける。

編集の顔色を伺ってしまう。

母にしていたようなことを私が編集にしている。

心は安心したいんだな。

線引きがまだまだ曖昧なんだ。考えないとできない。

心は安心したいけど、漫画は安定の上には成り立たないだろうと思ってる。

で、安心と安定は別物だということがまだ完全に理解しきれていない。

頭でわかってるだけで、体で理解できてない。

安心は、自分安全保障された状態

これは大丈夫なんだよ、たとえ私が親ともうまくいかず、編集からも見放されたって、あの彼氏だけは味方でいてくれる。これは絶対なんだから大丈夫

漫画だって、描き始めてまだまだ日が浅いんだ。まだできないことが多くたって当たり前なんだ。…ってずっと思ってたら成長もしない。この辺も曖昧で腹立たしい。でもわかってるはず、どんな漫画が描きたいか?どんな表現がしたいか?上手いと思う人はだれ?目標を明確にしないと成長はない。自分はまだまだ何もできないひよっこなんだから、できなくても仕方ないだなんて言葉で逃げないで、やりたいことからひとつひとつ向き合えばいいんだよ。心が死んでるときって、やりたいことがみつからなかったりするけど、結局心を生き返らせるのも「やりたいこと」なんだよ。心が楽しくなるもの、わくわくするもの。探していくしかないんだよ。

自然テーマにしたがってたのは、人間から逃げてたからなんだよな。

でも結局描いてるのは人間だし、面白いのは人間だし、感情に感動するし。

結局人なんだよ。

そして散々恨んだり愛したりしてきた母という存在を描いたりしてるんだよ。

子供の頃できなかったことを、漫画キャラクターに代わりにやってもらってるんだよ。

結局問題と向き合ってるんだ。

しかたない。

こんな人生なのはもうしかたない。

恥も多いし、昨日の自分黒歴史だ。

昇華していこう、すこしでも、自分が生きやすくなるほうに。

10代の頃、16歳になる自分が欠片も想像できなかった。

その頃には死んでると思ってた。

でも気づいたら20代も後半になってる。

細胞はあの頃とは全て違うものになってる。

違う人間になれる。違う人間にはなれない。明日はいい日。ず〜っとこの気持ちを背負って生きていくんだろうな。

いろんな気持ち交錯するけど、漫画頑張るしかないな。

できることからやってこう。

2016-11-13

なぜはてなブックマークでは任天堂贔屓が多いのか

それははてブでははちま起稿や俺的ゲーム速報jinといったゲームまとめサイトが嫌われているか

現在ネットメディアの中で、任天堂に対して最も批判的かつ敵対的に行動しているサイトが上記の2サイトである

それ以外にも、痛いニュースアルファルファモザイクIT速報といったはてブでよく見かけるまとめサイト基本的にはアンチ任天堂と言って良い

こうしたまとめサイトに対して好意的ブックマーカーが増えれば任天堂贔屓の人は去っていくと思われる

任天堂贔屓を減らしたいのであれば、アニメゲームカテゴリの人気・新着エントリー

はちまjin記事と、それに対する賞賛コメントで埋め尽くされるように頑張ってみてはどうだろうか

2016-11-12

ミニファミコンファミコンミニ

この前発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」の略称は、一応「ミニファミコン」になってるみたい。復刻したファミコン通信では「ミニファミコン」と呼ばれてたし。

でも「ミニファミコン」ってあんまり響きがよくないよね。「ファミコンミニ」の方がいいよね。だからか知らないけど「ファミコンミニ」という略称で、呼んでる人をネットではけっこう見かける。

でもさ、「ファミコンミニ」というと、ゲームボーイアドバンスで発売されていたファミコンソフトベタ移植カテゴリ名称になるから、「ファミコンミニ」という略称あんまり使わない方がいいかも。

でも「ファミコンミニ」の方が言いやすいし響きもいいからさ……。やっぱりこう使いやす名称ってのは、大抵は先に使われてしまっているもんだなーと少し思ったわけです。

http://anond.hatelabo.jp/20161112155344

大局的に「右翼」「左翼」と分けられているだけで、これ自体に誤りはない。

そのカテゴリの細分については、言及している通り多岐に及ぶ。