「生活費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生活費とは

2016-05-25

この手の話はまず男女逆にしてみて、同じ感想が出るのか試してみると面白い

--------

今朝、出勤前のわたし洗濯をしていたら、同じく出勤前の妻が、昨日洗って乾かしてあった食器(夕食で使った食器:妻が洗ったもの)を食器棚に片づけてくれた。

ついでにシンクにおいたままの洗い残しの2つのマグカップ(昨日の夕食後に妻と私が使ったもの)も洗ってほしいと頼んだところ、「仕事から帰ってきてからやる」と言われたので今やって欲しいと伝えた。

妻は平日、仕事で帰りが常に私より遅く、結局は先に帰ってくる私が洗うことになるからである。いつもそうである。朝残っている家事を夜にやるのは私。だからキッチンに立っている君にぱぱっと洗ってほしいと頼むと、「じゃあゴミ捨てはあなたがやってね」と言われた。



別にゴミを捨てるくらいやるよ。ただ玄関に置いてあるごみ袋(私がまとめたもの)を出勤前にマンションの前に出しておくだけなのだから特別遠い場所や面倒な場所ゴミ捨て場があるわけでもないし。

何ならマグカップ2つ洗うのだって私がやったって良いし。



妻の中では、「洗って乾かした食器を棚に戻す」と「マグカップを2つ洗う」が家事「2件」としてカウントされるたのだろう。

で、そこにゴミ捨てもプラスされて、「私だけ家事3つは不公平からゴミ捨てはあなたがやってね。あなた洗濯物(1個)だけなんだから」と思ったのだろう。



しかし妻よ。

その食器を片づける作業をいつもしてるのは私なのだよ。その際にシンクに残ったマグカップも洗ってる。

毎朝洗濯物を干してるのも私ですし、仕事から帰ってその洗濯物を取り入れてただんでるのも私です。

部屋の掃除だけでなくお風呂トイレ掃除やってるのも私ですし、トイレットペーパーとか石鹸とか消耗品買ってるのも私ですYO

もちろん料理も、その買出しも私ですねはい



年収はほぼ変わらないので生活費折半

妻はナチュラル自分が良い妻で、家事もちゃんと手伝っていると思っている(食器洗いはいつもやってくれるしたまに掃除洗濯物も手伝ってはくれるし)。

から何か頼むと「何で私ばっかりやらなきゃいけないの!」みたいになる。



楽しい人だし仕事一生懸命やるから良いけど、こういう小さいことで地味にストレスがたまってしまう。

「妻は褒めて伸ばせーっ」てよく言うけど、元々家事しない人に自分と同等に家事してもらうようになるのは難しいと思う。

褒めてやってもらえるようになっても彼女らにとってそれは「当然のこと」ではなく「お願いされたし喜んでもらえるから頑張ってやったこと」なので所詮言われないとやらないし何個か連続してお願いすると「何で私ばっかり」病が発病しちゃうの。

そんな感じでけんかになるより自分でやっちゃった方が速いから大半はもう自分でやっちゃお、ってなる。

そしてたまるストレスと将来への不安(子供は持てないよな…という)…



ま、自分でこの人を選んだんだから仕方ないんだけどね。

日常家事を当たり前にできる妻を持つ男性の皆様、どうぞ奥様を大切にしてください!

http://anond.hatelabo.jp/20160524175814

2016-05-24

家事日常でない人は褒めても伸びない

今朝、出勤前のわたし洗濯をしていたら、同じく出勤前の夫が、昨日洗って乾かしてあった食器(夕食で使った食器:夫が洗ったもの)を食器棚に片づけてくれた。

ついでにシンクにおいたままの洗い残しの2つのマグカップ(昨日の夕食後に夫と私が使ったもの)も洗ってほしいと頼んだところ、「仕事から帰ってきてからやる」と言われたので今やって欲しいと伝えた。

夫は平日、仕事で帰りが常に私より遅く、結局は先に帰ってくる私が洗うことになるからである。いつもそうである。朝残っている家事を夜にやるのは私。だからキッチンに立っているあたなにぱぱっと洗ってほしいと頼むと、「じゃあゴミ捨ては君がやってね」と言われた。

別にゴミを捨てるくらいやるよ。ただ玄関に置いてあるごみ袋(私がまとめたもの)を出勤前にマンションの前に出しておくだけなのだから特別遠い場所や面倒な場所ゴミ捨て場があるわけでもないし。

何ならマグカップ2つ洗うのだって私がやったって良いし。

夫の中では、「洗って乾かした食器を棚に戻す」と「マグカップを2つ洗う」が家事「2件」としてカウントされるたのだろう。

で、そこにゴミ捨てもプラスされて、「僕だけ家事3つは不公平からゴミ捨ては君がやってね。君は洗濯物(1個)だけなんだから」と思ったのだろう。

しかし夫よ。

その食器を片づける作業をいつもしてるのは私なのだよ。その際にシンクに残ったマグカップも洗ってる。

毎朝洗濯物を干してるのも私ですし、仕事から帰ってその洗濯物を取り入れてただんでるのも私です。

部屋の掃除だけでなくお風呂トイレ掃除やってるのも私ですし、トイレットペーパーとか石鹸とか消耗品買ってるのも私ですYO

もちろん料理も、その買出しも私ですねはい

年収はほぼ変わらないので生活費折半

夫はナチュラル自分が良い夫で、家事もちゃんと手伝っていると思っている(食器洗いはいつもやってくれるしたまに掃除洗濯物も手伝ってはくれるし)。

から何か頼むと「何で僕ばっかりやらなきゃいけないの!」みたいになる。



楽しい人だし仕事一生懸命やるから良いけど、こういう小さいことで地味にストレスがたまってしまう。

「夫は褒めて伸ばせーっ」てよく言うけど、元々家事しない人に自分と同等に家事してもらうようになるのは難しいと思う。

褒めてやってもらえるようになっても彼らにとってそれは「当然のこと」ではなく「お願いされたし喜んでもらえるから頑張ってやったこと」なので所詮言われないとやらないし何個か連続してお願いすると「何で僕ばっかり」病が発病しちゃうの。

そんな感じでけんかになるより自分でやっちゃった方が速いから大半はもう自分でやっちゃお、ってなる。

そしてたまるストレスと将来への不安(子供は持てないよな…という)…



ま、自分でこの人を選んだんだから仕方ないんだけどね。

日常家事を当たり前にできる夫を持つ女性の皆様、どうぞ旦那様を大切にしてください!

東大文学部卒おばさんが、何がもったいないのか解説するよ

http://seramayo.hatenablog.com/entry/2016/05/23/121352

東大文学部卒おばさんのレスポンスシリーズ第二弾

(読みたい方がいるかはわかりませんが東大文学部卒おばさんシリーズの第一弾はこちら http://anond.hatelabo.jp/20150309011809)。

私はあなた幸せも、それに自分幸せも、否定する気はまったくないんだけど、自分人生の何がもったいなかったかってことには答えを持ってる。

それは、東大卒という肩書きを持ちながら大企業就職しなかったことでも、大学院に進学して研究を続けなかったことでもない。

ただ、他人評価ばかりを気にしていたこと。それだけだ。

自分経験を参考までに書くので、よかったら読んでくださいね

東大卒なのに、なんで?」と聞かれるたび、理由を答えるのが辛い

ところで私は、あなたと専攻はかぎりなく近いが、べつに専業主婦ではない。

ただ、大学ストレートに4年で卒業して就職した会社は、大企業でもベンチャーでもない中途半端なところで、「なんでうちの会社に?(もったいない)」とすごく言われた。

もともと出版社就職したいなーぐらいの気持ち文学部を選んだのだけど、あなたもご存知のとおり、文学部を出て出版社マスコミ就職するような優秀なひとはほんの人握り。

東大文学部女子20%は進学、50%はそこその会社就職、残りは留年ニート結婚か、なにやってるかよくわからんひとたち(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/assets/files/student/HP_H27.pdf この統計文学部の中でもエリート社会学系を含むので、思想系なんてもっと悲惨)。

でも東大文学部なんてそんなもんだ、ていうのを、世間の人はあんまり知らない。

から「なんで?」と聞かれるたび、言い訳を強いられるのは、私もたしかにつらかった。

なぜかと言うと、その答えは、

「その研究を続けていくためには私には情熱も才能も欠けていたから」だし、

大学4年間で卒論を含めて特にこれといった何事もなしえなかったから」だし、

「てきとうに単位だけとって、さっさといい会社就職するような器でさえもなかったから」だ。

配属先の上司には「今まで挫折なんてしたことないんでしょ」とか言われたけど、

「この会社しか就職できなかったことそれ自体が私の一番の挫折ですよ!」と心の中では返していた。

だけれども、学費東京での生活費も全部出してくれた両親の手前、そんなことは言えない。

私はなんとかしてその「挫折」を隠し、自分は充実した大学生活を送り、充実した仕事を楽しんでいる、ということにしたかった。

「もったいなくなんかないですよ!!!」てことにしたかった。

一番もったいないのは自分気持ちに嘘をつくこと

そうして特に好きでもない会社毎日通う私はとにかく焦っていた。

大学院に進学した友達にも、留学を決めた友達にも、さっさと結婚して専業主婦になった友達にも負けたくない。

そのどの道も選べなかった私は、「これでよかったのだ」と思える何かをとにかく見つけたかった。

でもあるとき、私は私の目指しているもの空虚さにいきなり気づいた。

なんで私はキラキラしなくちゃいけないのだ、そのキラキラはいったい誰のためのものなのだ?と、本当にいきなり、気づいた。

それに気づくまでの20代10年間は、本当に無駄にしたと思う。

自分気持ち無視して、他人評価に合わせた人生を送ること、それほどもったいないことは、ない。

人生無駄遣いを楽しもう

ところで、いきなりこの前うちのおばあちゃんが言っていたことに話をうつす。(どちらかというとこっちが本題)

おばあちゃんの実家地元ではけっこう裕福なおうちで、おばあちゃんは同年代女性の中では最上学歴になるであろう、女専卒(今でいう大卒)の専業主婦である

おばあちゃんは、有名企業に入りたいわけでも、なにかやりたい研究があったわけでもなかった。

地元に女専ができるという話をきいたとき毎日家事手伝い」とは名ばかりで遊びまわってた娘を見かねたおばあちゃんのお父さん(私の曽祖父)が、

学校ほどお金のかからないところはない、学校に行け」と言って無理やり入れちゃった、というのである

そんな女専の思い出を、80を超えたいま、ただ楽しそうに孫に語って聞かせてくれた。

なんという素晴らしい無駄遣い。

大学4年間で私は、2年間授業そっちのけでサークル活動に明け暮れ、2年間、生まれてきてから今まで名前さえも知らなかったような学問ちょっとだけ触れて、東京のいろんな文化に触れた。それだけでべつに、十分だった。

いったい何に怯えていたんだろう?誰の許しがほしかったんだろう?

今は無駄にあがいていた20代自分でさえ、なんだか愛しく思える。

これからもどうでもいいことで悩んだり、ちょっとしたことで嬉しくなったりしながら生きていくんだろう。人間うそう変わったりしない。

人生無駄遣い、上等じゃないか。これからもどんどん無駄に遣ってやろうじゃないか

国の税金会社の経費も、使えるだけ無駄に使ってやろうじゃないか

私が言うまでもないかもしれないけど、あなたはべつにクリエイティブライフスタイルの充実した素晴らしい専業主婦ライフを送る必要なんてない。

ただ専業主婦特権を、自分人生を、楽しく使い倒してほしいと心から思っているよ。

2016-05-22

この記事

http://takasuka-toki.hatenablog.com/entry/2016/05/22/000243

年収300万というと、一か月あたりの手取りはだいたい15万程度だ。家も車も買わず子供も持たずにいれば、まあ生きる事は可能ではある。

家賃10万。光熱費水道ガス代ネットが月に2万ぐらいかかるとして、自炊で一食250円×20日≒5000円。その他で酒を飲むなり外食を楽しむなり漫画を買うなりして、月のお小遣いに2万円ぐらいは使うとしようか。

この時点での累計金額は145000円。残り5000円しかないので貯金あんまりできないけど、まあ生活できない事はない。



敢えてつっこむけど、年収300万なら月の手取りはざっくり20万くらいだよね。手取り15万で家賃10万の家に住むのは正気の沙汰じゃないし、食費の計算も謎すぎ。控えめに言って、この記事を書いた人は生活設計ができてないのだろうなという印象をいだいた。



もっと言ってしまえば、肩書医者」となってるが、医者がこのレベル思考不自由するだろうか?とも思った。「メシ狂い」らしいから、百歩譲って、仮に金持ちボンボンとかで、算数はできても金銭感覚庶民とずれているとしてもだ。医者になるような人間なら、自分がこれから書かんとすることについて、例えば、年収手取りの違いとか、一人暮らしの一ヶ月の生活費とかの知識があやふやだと思えば、多少なりとググッて裏取りして書く位は造作もないだろう。大学でそういう知的誠実さとリテラシーを養う訓練も存分に受けてると思うんだよね。



そんなことをつらつら考えると、このブログがたまらなく胡散臭く思えてくる。

2016-05-21

不安なことを思いつく限り書こうと思う

生活費

本当に遊びに連れてってくれるのか

ほとんど実家にいるのでは

ロリコン趣味がありそう

一生一軒家に住めないかもしれない

家を出ること

何か要求されないか

DVとか

猫のこと

イライラしないか

1人じゃなくなること



あんまり大したことないか

2016-05-13

奨学金の返済用口座の通帳が手元にない

前職を病気退職して一人暮らしで療養中の♂だが(生活資金自分貯金から)、

奨学金の返済口座の通帳を、連帯保証人である両親が管理しているのは普通なのか?



返済は俺が全額する予定なのだが、通帳やカードは親が管理しているので残高も用途も全くの不明

堅い両親だから勝手に使い込んでいることはないのだが……。

しかしこちらにも返済計画というものがある。

残高と照らし合わせて、どれだけ口座に残しどれだけ振り込むかを判断していかないと生活が行き詰ることは目に見えている。



これは俺がおかしいのか、親がおかしいのか。

親の気持ちも痛いほどわかるんだけど(連帯保証人だし)



追記

もちろん、毎月の引き落とし分だけ振り込んでいれば問題ないのは確かなんだ。

ただ、

・すぐの復職ができない(医師ハロワからストップがかかっている)ため、それができる状態ではないこと。

実家はかなりのストレスフルな環境大学卒業帰省した弟は、たった1か月で限界だと呟いている)だから帰れない。

・当面の生活費貯金から工面しているが、それがいつまで持つかわからない。

返還猶予申請は通っているが、それがいつまでもつかがわからない。



とにかく不確定要素が多いんだ。

からせめて通帳は自分の手元に置いておきたいんだ。数字は嘘をつかないからね。

当然両親は、奨学金口座に手を出すことを恐れているんだろうが。



追記2

インターネットバンキング有効な手だね。

ただどちらにしても両親の説得が必要な項目がある……。

そもそもキャッシュカードも両親持ちだし。

あがいてみる。

憎んでいた相手の家が、熊本地震で倒壊した

ずっと憎んでいた相手がいた。

生活費を貢がせておきながら、他の女と浮気して結婚したゴミ男ってだけなんだけど。

元彼は某国立大学の文系院生で、博士課程を目指していた。

付き合ってた当時は私も学生で、全然お金がなかった。ただし彼は奨学金でカツカツの研究者だったので私より経済的に苦しかったはず。



彼は修士論文を提出するとき「このレベルじゃ博士は厳しい。でもどこが足りてないか明確だから来年頑張ればぜったい博士へ行ける」って論文指導教員から戻された。

奨学金をもらったことがあるひとは知っていると思うけど、あれって留年するともらえないんだよね。彼は窮地に陥って私へ土下座した。ちなみに私は当時学部生だったけど、私も学者志望だったか修士へいく学費貯金してた。

さらたまたま彼と同じ出身校だった私の身内も同情してくれて、合わせて200万円くらい彼に貸した。

といっても全部足したところで本代やパソコン代は出せなくて、彼のために朝から晩までバイトしてそのお金を捻出した。

彼は家事を担ってくれた。最初家事折半だったけど、だんだん私の家事がまわらなくなってケンカすることが増えた。そのとき「誰のおかげで食べていられると思ってるんだ」と彼へひどいことを言ったのも認める。


数ヶ月後、たまたま彼のパソコンを借りたら女へのメールが山盛り。5人の女へ「今の彼女と別れたら結婚しよう。今の彼女浮気してると思う」と送ってた。メールの本文、ほぼコピペで。ウケる。彼の生活費を稼ぐために、私に浮気する暇なんて無かったんですけどね???


そこから修羅場修羅場で結局彼も浮気相手の5人中4人に振られて残った1名と結婚し、私はノイローゼっぽい感じで精神病院へ通うはめになった。

もうずっと前のことだから今は私も復活した。けど憎しみは消えない。私が幸せになるのは当然のこととして、こいつが不幸にならないなんてありえない。


そんなとき熊本地震がおきて、彼の実家が倒壊した。

彼はメンヘラポエムブログ投稿してるから、そこで倒壊を知った。

彼はマザコン気味で、初対面から「俺はお袋を愛してたのに、幼少期に病気をしたからそれがトラウマなんだ」と風呂場で号泣するような奴。ことあるごとに「お袋」が出てきた。ご飯を作ってもお袋と比較して貶すようなやつだった。お袋が病気にさえならなければ、親が貧乏にさえならなければ俺は今頃成功していたのにと酒をあおりながらよくグジグジ泣いていた。そのお袋さんの実家が倒壊したのだ。東京へ出てきて「お袋」を熊本へ置き去りにしたことを棚上げにして、さぞかし不安定になるだろう。

彼の家族にそこまで恨みはない。けど私と彼が結婚する予定だったときは「こんないい嫁さんが来てくれるなら」と喜んでくれていたくせに、彼が浮気すると手のひらを返して音信不通になって、彼だけ庇ったことは許せない。実の息子と義理の娘(候補)ならそりゃ息子はかわいいよなあ。でも息子のバカを叱るのは親の仕事じゃないの???


地震実家が倒壊したのは因果応報ととっさに浮かんで、いやいやいや不謹慎すぎるいくらなんでも、とすぐ打ち消した。犠牲となったほとんどの人に罪はない。

でも、ここだけ書かせて。生きててよかった。私は幸せになって彼は不幸になった。これでようやくイーブンだ。私は私の人生を取り返した。

彼の不幸を願う気持ち神様に通じたのかもしれない。でもあまりにもそれを考えるたびに不謹慎すぎて、罪悪感におそわれる。その罪悪感を打ち消すように、今までにない金額熊本地震復興寄付した。罪の無いすべての人が、一刻も早く復興できますように。でもどうか彼へだけ、支援が届きませんように。

2016-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20160510075847

ちょっと気になって調べてみたけど、最高裁判所事務総局「司法統計年報」にある「性別離婚申し立て動機割合の推移」がソース

これって申立ての動機は1件につき3個まで重複計上しているみたいだからDVに当たるであろう「暴力を振るう」「生活費を渡さない」「精神的に虐待する」を単純に足し算して74%とするのはおかしくないかい?

( 参考:厚生労働省 司法統計からみた離婚



【妻側の離婚動機司法統計年報(2014)より】

1位「性格が合わない」(40.9%)

2位「生活費を渡さない」(28.5%)

3位「精神的に虐待する」(24.3%)

4位「暴力を振るう」(23.2%)

5位「異性関係」(18.7%)

6位「その他」(11.5%)

7位「浪費する」(11.3%)

8位「家庭を捨てて省みない」(9.2%)

9位「性的調和」(7.9%)

10位「家族親族と折り合いが悪い」(7.4%)

11位「酒を飲みすぎる」(6.5%)

12位「不詳」(4.3%)

13位「病気」(3.1%

14位「同居に応じない」(2.6%)

( 参考:女性と男性に関する統計データベース )

共働きしないのはそこそこ豊かだからじゃないかと思う

ちょっと前まで(サザエさん時代)の首都圏にしても、福岡にしても

1人分で生活費を賄える環境だってことなんじゃないか

あと、都会であること、サラリーマン仕事が多いこと

農業だと基本的家族総出の仕事になるし

自分実家北陸で、女性仕事をしている率が高いと昔から言われてたが

別に意識が高いわけではなく、単に貧しかたからだと思ってる

しかし近年、というか自分の友人は主婦が多い

別に皆が家庭的でコンサバ価値観の持ち主というわけではなく、単に仕事がないからだ

薄給で遠方に働きに出るよりは、旦那のそこそこの稼ぎ内で生活するほうが効率的から

そんな時代実家結婚してなお共働きしてる姉

旦那の家がドがつくレベル貧乏らしい

すべての理由は金なのだ

2016-05-08

父の人生

本人が過去を語ったことは殆どない。



父は75年前、とある海沿いの温暖な田舎町に生まれた。祖父はそこそこの有力者であったが暴力的で、祖母陰険な人であったと母は教えてくれたが、それ以外のことを私は何も聞いていない。

高校卒業証券会社就職したが半年で辞めた父は、その後数年、伯父に生活費を援助してもらいながらニート生活を送った。

幸か不幸か伯父は真面目でお人好しだった。自ら脱サラし、地方都市電気工事会社を立ち上げそこに父を雇い入れた。父はしぶしぶ電気工事士として働き始めたが、貰った給料はすぐに博打に消えてしまったらしく、伯父はその度に別途生活費を渡していたという。

のんべんだらりと生きてきた父だが、38歳の時に運命的な出会いをする。母は田舎から地方都市に出てきたばかりで、当時20歳だった。

付け焼刃でがむしゃらに働き始めた父の姿に母はまんまと騙され、二人は半年でゴールイン。が、結婚してすぐ父は元の姿に戻ってしまい、電気工事士仕事を時々サボっては給料博打で溶かすようになってしまった。

金が足りなくなると父はすぐ祖父母に金の無心をした。その度に祖父は母を殴り、祖母はなじった。

母は再就職し、伯父と連携を取りながらなんとか父との生活を維持した。離婚しようとは思わなかったらしい。父には常に虚無的な空気が漂っており、放っておくとこの人は本当に社会から取り残されて死んでしまう。自分がなんとかせねばといつも思ったようだった。



父47歳、母29歳のときに私が生まれた。

私は物心ついた頃から父が苦手だった。なんというかいつもガサツで、汚くて、暗い人だった。人を絶対に寄せ付けない空気が娘の私でも感じられた。

それもあって18歳の時に大学進学を言い訳に無理やり家を出た。成人式の時は伯父の家から出発し、母が駆けつけてくれた。28歳の現在、私は別の地方都市一人暮らしをしている。

父とは5年前に数時間会ったきりで殆ど顔を合わせていない。



そんな父と、このゴールデンウィーク回転寿司に行った。伯父が入院することになり(大した病気ではない)病院からの帰りに父を車で送らなければならなくなった。

お腹が空いたと言う。「牛丼屋か回転寿司がええ。他のはいらん」。店員となるべく話をしたく無い様だった。仕方ないので回転寿司を探して入り、カウンターに並んで座った。父は席を二つくっつけて、靴を脱ぎ、そこに胡坐をかいて座った。

父は席に着くなり「どうせ何食べても同じ」と宣言し、「全然うまないな」「どうせここにいるのはこの程度のあれ(仕事しか就けない奴ら」と言っては、回ってくるサーモンを取ってはクッチャクッチャと音を立てて食べ続けた。

父は明らかに耳が遠くなり、誤嚥が増えていた。ろれつもあまり回っていない。話をしようにも「あれがああなるからあれ、あれ」で、単語が出てこない。歳をとったなぁと思った。

結局父とは殆ど会話をせずに店を出た。私が会計をしている時も一言も発さない。ただ、爪楊枝をクチャクチャとしがみながら「はよ車開けろ」とだけ言った。爪楊枝は駐車場の地面に吐き捨てられた。私は注意したが、父は何も応えなかった。

車の中で父は自分語りを始めた。最近小遣いを全然貰えないかパチンコに行けない。一日中テレビを見て、飽きたら家の外に出て、何もせずブラブラ歩き続けるという。「他に何か趣味を持てば」と言うと「何も気力が持てん」「もうすぐ死ぬ明日死んでもええような気がする」「でも自分から死ぬ気も起らんし、あれやったらお前が殺してくれてもええ」と。



父の人生は何なのだろう。父はこの人生で成し遂げたことは何も無い様に私には感じられた。私のことを育ててくれた筈なのに。

今でも父のことはあまり好きではない。しかし、このまま父が死んでしまったら、あまりにも空しい様にも思う。

でも何もしないのが父の意思であれば、私は何もすることができないし、関わったら関わった分だけ損をするのは目に見えている。放っておくしかないのかもしれない。



もっと生き生きとした父親が欲しかった。

http://anond.hatelabo.jp/20160508021912

裕福な生活を知らない分、生活費のかからない生活に落ち着くんじゃないでしょうか。

車はますます売れなくなるだろうな。

2016-05-07

http://anond.hatelabo.jp/20160507215200

ガチで1円も使ってないのは相当特殊だろうけど年収200万の実家暮らしなら生活費の大部分が親持ちで支出数万以下は珍しくないと思う

http://anond.hatelabo.jp/20160507003753

わおお、反響あってちょっとおどろいた。



生活費15万を改める。いきなり絞るとリバウンド凄そうなので、少しずつ減らす。

・とはいえ、お金のことばかり考えて、我慢するのは辛いので、まぁほどほどに楽しく暮らす。



できれば、お金が底をついて・働けない状態・身内に迷惑をかけそうな状態になったら、

「ぽっくりボタン」を押して、さくっと生まれ変わりたいね



お金とか老後考えるとつらぽよなので、楽しみを自分で作って社会性を持ちつつ生きたい〜

http://anond.hatelabo.jp/20160507003753

国民年金厚生年金からいくらかもらえるだろ。

それからマンションの維持費ナメすぎ。40年住むつもりなら補修等で月3~5万は必要、あと固定資産税な。

都内に住んでて30歳で生活費月15万、それで貯金出来ないなら地元に帰ってスーパーマックパートでもやってろ。

お前に東京住まいは無理って事だよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160507011124

なるほど。確かに生活費は、もっと減らせそうだ。

2016-05-06

正直でいたら金がもらえる社会じゃないし、経歴詐称するしかないよ

【衝撃展開】うちの会社にいた「経歴詐称」がバレた人のその後について。

http://b.hatena.ne.jp/entry/zero-ipo.hatenablog.com/entry/2016/05/04/221558

俺は今までずっとフリーター一時的正社員になるが短期でやめる、やめさせられたを繰り返してきた。

その間、ずっと履歴書には詐称の経歴を書いてきた。

本当なら、再就職のために自分の職歴を詐称するなんて後ろめたい真似は俺だってしたくない。

たとえ発覚することがなかったとしても、自分他人を騙したのだという事実から逃げることができない。

自分自身にはわかっているのだから

職歴詐称人間としてみっともない行為であること自体否定しない、否定できない。

だが、俺みたいに職歴があまりにも汚れすぎている人間は職歴詐称をするしかないのだ。

詐称しても未だに再就職できてないのに、完全に正直に職歴を履歴書に書いたら、

更に再就職できる可能性は下がってしまう。

再就職できるかどうかは、人生全体に関わってくる。

更に言えば飯を食えるかどうか、死なずにいられるかということに行き着く。

職歴詐称をしなければ、自分卑劣な、他人を騙すような人間ではないという満足感が得られるだろう。

だが、それがなんだ?

職歴詐称をしない、正直な人間であることを誰かが褒めてくれるか?

あなたは嘘をつかない立派な人間だ!あなたにはふさわしい仕事、金をあたえよう!

こんなことを言うやつがこの日本いるか

正直な人間であることに対して、国が、誰か他人が、生活費支給してくれるか?

しないはずだ。

正直な無職いるか、嘘つきの労働者になるのはどっちがマシだ?

上の記事ブックマークコメントにも似たことが書いてある。

俺みたいな人間屁理屈を並べて、経歴詐称正当化しなきゃどうしようもない。

再就職した後に一生懸命働くことで、償いをする、自らの罪悪感を溶かすしかない。

経歴詐称をしなければならない状況になったことへのみじめさに耐えながら俺は生きなきゃいけない。

ありのままの今までの自分の職歴、経歴を話した上で再就職できたら、

どんなに素晴らしいだろうか・・・

2016-05-05

奨学金

http://anond.hatelabo.jp/20160314202843

奨学金を1円も借りずに社会に出た同期は今頃自由お金を使って遊んだり、やりたいことを叶えているのかな。

すごい分かる.

自分奨学金を借りていた.

2種のみで550.

プラス生活費国民生活金融公庫で150.

就職後5年で全部返したけど,そこそこストイックだったと思う.

冗談半分で,でも行為マジで「贅沢ハ敵ダ」って言いながら賞与を貯蓄用の別口座に送ったりしてた.

結果,超インドア派になり,知人には「もっといっぱい経験しろよ」と言われる始末.

これって歴史のelseだよね.

2016-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20160503021951

雇用に関しては東京のほうがマシだろ

ただ必要ないものも目に入るからそれらを我慢できないタイプだと生活費がきついかもな

2016-04-30

人生の目的子供教育費になってる

田舎なので、大学は県外の可能性が高い。

4年間の学費生活費で1200万。

子供は二人なので2400万。

子供はまだ小さいのだけど、いつも頭の中に教育費があるので、

金を使うときには教育費より大事かどうか考える。

4人暮らし家賃月6万のアパート

タバコはやめた。

酒は週に一日家飲み

ゲーム半年に一本とPSPLUS。

おそらくあと20年は今以上に娯楽に金は使えない。

俺の年収は400万で、嫁は正社員だがあと5年は時短勤務で年収200万

数字だけ見れば収入普通だけど、教育費があるだけで、

いつも自制しながらの生活を強いられてる気がする。

貯金があるのに使えないのもストレスたまるな。

2016-04-27

人が貧乏になっていく過程を目の前で見ている、胸が痛い

増田です。

このところジャーナリストカエルさんのまとめが立て続けにホッテントリに入ってたりして、

そこで私は「この人は困窮してるんではないか」と直感的に思いました。

というのも、題名の通りですが、今まさに知人が困窮の一途を辿っていく道すがらにおり、

その心理的な変化をつぶさに見る距離におり、

胸が痛むが自分には何もできないという状態になっています

もちろんカエルさん=知人ではありません。

ただ、困窮したときに、人はどのような心理におかれるのか。

それを目の当たりにしたので、すごいスピードでピンと来たのです。

いや、ピンと来ただけでそれが当たっているとはみじんも思いません。

あくまでも推測の域を出ませんので、その辺をご承知の上で

このエントリを読んでいただければと思います


フェイクはありませんが、ぼかして書きます

知人は会社を60歳で定年退職して自営業を始めました。

最初の1年くらいはノリノリですごく頑張っていたのですが、じょじょに雲行きがおかしくなってきました。

家はあるが生活費が厳しくなっていきました。

SNSを見ていると、この知人の変化がつぶさにわかるのがなんとも言えず…。

初期

 貧乏だけどがんばる!嫁さんにうまいもん食わせてあげたいなぁ

中期

 どうしてこんな貧乏になってる。嫁さんすまない。嫁さんに財産残してやるつもりだったのに

末期

 お前らみんなふざけんなよ、俺がどんだけ頑張ってるかも知らないで!嫁さんを苦しめてしまった、お前らのせいだ!

 みんな敵だ!


実はこの知人が始めたのは××なんですね。××は天候に左右されることが多いですし、

使っている機具もそれなりに高いものポコンと壊れたりもする。

頑張っても取れない時期もある。

から多くの××は国から補助金を受けています

受けていない××もあると思いますが、補助金廃止されたら、日本の多くの××は食い詰めるくらい、補助金で食べている人も、実は多いのです。

中期には、やはり周りの人に助けて欲しいという気持ちが表れてきます。同情を誘うような投稿が多くなり、それでもけなげに頑張ってるよ感を出してくる。

チラチラっていう感じなんですが、まわりはどうしようもないんですよね…

実はこの時期に「××の多くは補助金で食べているのが実情だけど、そういうのは考えない?」と訊ねたことがあるんですよ

でもプライドがあるんでしょうね。そんなもの無意味だと突っぱねられました。

しかしながら多くの企業補助金助成金をもらっているのは事実なんですけどね。ちなみにこの知人はもともとは社長でした)


カエルさんもそうですよね。

朝日記者だったんだ、俺はすごいんだというプライドから離れられない。

朝日看板でそこまでのプライドがあるのであれば朝日をやめてフリーになる事なんてなかったのに、

俺はすごいんだ、やっていけるんだという欲目が出てきてフリーになって、それでもやっぱり今は媒体の変化によって物書きの値段は恐ろしく落ちていますから

俺は元朝日の記者だぞと仕事を選んでいたら当然ですが仕事が減っていくでしょう。

それどころか、文そのものの値段が落ちていて、もうどうしようもなく下がっている。

私も専業の物書きの人は知っていますが、投げ銭要求してそれを浄財と呼んでいる人は初めてみました。

ファンらしき人が「明日のお昼代を振り込んでおきますね」というリプライを送ったりしている。

これは、もう相当逼迫しているのではないか、そう感じました。

カエルさんは末期にあたる状態だと思います。もうまわりがみんな敵になっています

どうしてお前らは俺を理解してくれないんだ、お前らみんなクズだ!死ね



50代〜60代の中高年男性のあのプライドの高さは一体なんなんでしょう。

プライド精神が保たれている。

そしてプライドのために困窮している。

とくにカエルさんなんて、あの年代京大卒&コロンビア大卒ってすさまじいですよ。

同級生なんかは銀行頭取とか大企業幹部になっていてもおかしくない。年収も数千万クラスゴロゴロいるでしょう。

そんな中で自分朝日ジャーナリストとして肩で風切って歩いてきたのに。

こうなったらすごい記事を書いて一旗あげるしかない、となるわけですよね。

だいたい50代〜60代の人っていうのは時代が良くて好景気で、バブル前夜→バブルキター!みたいなのと、

若くて脂が乗ってバリバリ働けた時期がまるかぶりしてるんですよ。

時代によって下駄をはかせられていただけなのに、自分たち能力がすごく高くて実力があったからいい時代を築けたんだって本気で思ってる。

この年代の人はそもそも若い世代とかを見下してるよ。能力がないやつらだって思ってる。

一方で自分成功法則にしがみついて、好景気時代と同じ行動をやってしまう。

日本ボーナスステージはもう終わったんだって、早く気づきなよ。




ああ、胸が痛い。





追記

増田です。

トラバ、ぶコメいただきましてありがとうございます

自分の中ではジャーナリストとして独立したあたりを初期、しんどくなってきた時期を中期と適当イメージしていました。

twitterはあまり関係なく、独立した時期から現在までのスパンと思っていただければ。

人は困窮した人に対して忌避しようという感情が働くもので、そっと距離を置く人は非常に多いんですね。

これはごく自然心理だと思いますしかしながら本人のしんどさは相当なものだと思います

2016-04-26

40年以上前祖父が女を作って逃げたらしいけどさ

失踪扱いで戸籍上死亡してるって事は、保険クレカも作れないじゃん?

どーやって生活してんだろ?

不倫妊娠ってことは生活費も稼がなければならないだろうし不思議だ。

2016-04-24

人間を買うことの嫌悪感

女を買う(男でも)人への嫌悪感ってどこからきているんだろう。

理性的には性的サービスを相当の対価で買ってるだけだと分かるんだけど、買った人に対して漠然とした怒りと生理的嫌悪感を覚える。

風俗だとサービス内容や、従業者側の実情によって嫌悪感の大小が異なる。

知的障害などを抱えて困窮した女が生活費のために売春するパターンや、東南アジア少女を買ったりするパターン特にキツい。

2年前にほのかな恋心を抱いていたイケメンくん(25歳)が、東南アジア少女を買った話をしてくれた。

表面上冷静を装ったけど、ドン引きした。

彼は頭もよくて、貧困などの社会問題についてもよく考えている人だったんだけど

「いつかお金を貯めて教師になりたい」という10代の女の子を金払って抱いた事実生理的嫌悪感が抑えられなかった。

こういうのって男女で感じ方は違うのかしら。それとも個人差があるのかしら。

男性非難しているわけではなくて、自分嫌悪感がどういう経路をたどって生じているのかが気になっている。

2016-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20160420211854

母の日プレゼントしない            → まあわかる

遊園地行ったことない              → まあわかる

誕生日プレゼントクリスマスもない       → まあわかる

大学学費生活費も出さない          → まあわかる



自分だけ部屋がない               → わからない

自分だけ子育て大変だからって祖父母に預けられる → わからない



増田もたいへんだったんだねえ。頑張った!

毎日5〜10kmくらい歩くようにすると、2〜3ヶ月くらいで靴があっという間にダメになる。

汚れが目立つようになったり靴底がすり減ったりした靴は、きちんと買い換えないとみっともない。

軽くて足にフィットして通気性の良い靴は値段が高い。ちゃんとした靴で運動しようと思ったら靴代だけで年間2〜4万円かかってしまう。

ジムに行かずに身体を鍛えるのにもお金がかかる。家で寝ているのが一番お金がかからないんだけどねぇ。

それだと生活不活発病が怖いんだよなぁ。ほんと、何するにもお金がかかる。

もっと収入が多くて生活費に困らなければこんな心配しなくていいのに。