「スケジュール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スケジュールとは

2016-12-07

受け入れる悩み

1年半くらい休職してた人を受け入れる事になった。

面識はあれど、どう接してよいのか。

いきなり復職プランを考えて出してくれ、しか

なるべくノルマスケジュールもないタスクを振ってあげて、という超無茶ブリ

どうすりゃいいんだよ…。

君の名は。中国公開事情について。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.recordchina.co.jp/a156895.html

で「配給会社買取だった」ことにブコメ話題が集中しているが、あちらの外国映画事情

中国ではもちろん日本邦画外国映画である)について基本事情が全く知られていないようなので少々。

外国映画の輸入枠について

中国(厳密には中国本土)では外国映画の輸入(公開)に政府による本数制限がある。

a.枠 一般映画レベニューシェア方式 20本/年

b.枠 一般映画買取方式 30本/年

c.枠 3D/4DX映画(通常レベシェ方式) 14本/年

(少し前に聞いた数字なので今年は少し違ってるかもしれない)

 *末尾に追記

これが枠の全て。中国映画オタは年間64本見るだけで「俺は今年公開された洋画全部見たぜ!」と言えるわけだw

当然、中国配給会社は貴重な外国映画枠を確実にヒットが狙える作品しか使わない。

外国映画が興収1億元レベルで終わったら(日本ならそこそこヒットだが)、中国ではたぶん買付け担当者の首が飛ぶ。

外国映画製作会社としては当然a.枠で売りたいところだが、ここは大激戦区になるのでハリウッド大作以外

全くお呼びじゃない。「なんで君名を売り切りなんて安売りしたんだ?」というより、そもそも輸入枠全体の9割を

ハリウッド製が占める中、「日本映画中国で公開される」こと自体が年数本しかない狭き門で、ブランド

確立してないオリジナル新作アニメが公開に漕ぎ着けた(=3億円ぽっちだがb.枠で売れた)だけでも、

結構もうけものなのだ

配給会社の賭けについて

ブコメでは「中国では無名監督作品を7000スクリーンで公開した賭け」が注目されていて、

それは確かにその通りなんだが、そこは配給会社の光線伝媒にとっては、掛け金の一部でしかなかったはず。

「公開規模の大きさ」以前に「実績無い新規IP外国映画輸入枠を使う」「緊急的な公開」の2点でも大きく賭けてる。

日本での公開から僅か1ヶ月で上映日程発表してるということは、買い付け交渉の開始はまず確実に日本での公開前だ。

すなわち日本での大ヒットという実績が出る前に、確実に稼ぐ使命のある外国映画枠を一枠使う決断をしてる。

しかすると君名を今年中に公開するために、買い付けてた他の外画1本お蔵入りにして枠作ったのかもしれない。

字幕準備や上映スケジュール調整は特急でやる(その辺は中国企業の得意技だ)にしても、公開自体も異例なまでに早かった。

無名監督アニメに火をつけるには日本ウォッチしてるようなアニヲタ連中の口コミ(=SNS)が火口として大事から

「彼らの間で話題になってる内に」と急いだのだと思う。

なにせ中国には検閲がある。外国映画なら公開日程だってお上の内諾が(非公式だが)必要

物があれば即上映できる国ではないのだ。

最近は綱紀粛正で「賄賂で何とでもなる」わけじゃないので、その辺の許可が間に合うかどうか自体も賭けだったはず。

日本感覚で考える以上に光線伝媒はハイリスクを取っている。これに賭けて宣伝費とスクリーン突っ込んだ担当者

相当の度胸と嗅覚を持ってる敏腕だと思う。

中国映画市場可能性について

君の名は。」の中国大ヒットで「アニメ映画中国市場で稼ぐといいいんじゃね?」という意見散見されたが、

上述の事情を鑑みればそれは現状寝言しかない。

今年は恐らく興収1兆円超えてくる(日本の4倍以上だ)であろう中国映画市場だが、そこで邦画が稼げる額は

邦画合計しても基本的に「数億円x数本/年」にしかならないのだ。b.枠を全世界映画と争ってる限りこれが上限。

(そして映画上映以外では海賊版との戦いだ)

もちろん外国映画輸入枠の撤廃があれば別だが、ずいぶん以前からWTO非関税障壁として問題にされているにも

関わらず、この制度は続いていて近々に撤廃されるとは思えない。何より中国政府撤廃動機がない。

(もちろん中国のことであるから鶴の一声で一晩でひっくり返るかもしれないが)

「十数年、あるいは数十年かけてハリウッドを越える知名度ブランド中国で築いてa.枠に食い込むのだ」

という長い目での種まきをやる話(無理ゲーっぽいですがw)ならともかく、日本映画業界の当面の飯の種

として考えるのは制度的に厳しい市場なのだ

追記

ブコメnovak777氏指摘の、けろっと氏による今年の外国映画輸入枠→

https://twitter.com/kerotto/status/806005804486639617

恐らくa.枠10増、b.枠10減、c.枠微増って感じなので、c.枠はハリウッド独壇場としても、a.枠が拡大しているとなれば

邦画にもa.枠に食い込むチャンスが出てきたのかもしれません。

少なくとも次の新海作品にとっては「中国でa.枠取って公開」は寝言どころかKSFになりそうですね。

2016-12-05

Money, Money makes me crazy

彼女JDアルバイター)の一家が金に汚過ぎだったりルーズだったりで先行き不安である



両親は離婚していて今は父方の方に住んでいて(母は頻繁に家に行き来してて交流はある)、父はもちろんどこかに勤めてはいる。

何かと母が父に金は渡しているらしく、彼女の弟にちゃんとした生活させるためだとかダシにして光熱費や弟の飲食費を要求してくるとか。

金の無心ばっかされてるので母経由で何に金を使ってるのか問い詰めるようにと言ったものの、結局口は割らなかったそうで。

もう一定以上の額は父に渡さないように言ったところ、翌月早速ガス停止。毎月毎月振り込むの忘れてたから払っておいてと言われる。

ヘビースモーカーではあるらしいがさすがにそれで全部使うわけないし。



兄(結構上)も彼女一人暮らししていた時には何かと金を無心しに来たり、

母に何かと金必要だと毎月10万送ってもらって実はSNSスノボで楽しんでるのを投稿してたそうで中々クズい。

もう一人の兄(同じく結構上)も弟をダシに細々母に金品を要求しているとか。

(どこどこ連れて行ったり買ったからその費用+自分の買い物した分も)



その弟も弟でだいぶ甘やかされて育ったせいかそろそろ中学生なのに怒られると「俺は子供なんだぞ!」と

すぐ癇癪を起こし噛んだり引っ掻いたり、人のものでもぶん投げてぶっ壊す。ぶっ壊しても他の家族子供からと叱責しない。

(それで彼女携帯ゲーム機も壊されて泣き寝入りしたどころかそうさせた方が悪いと怒られる)

彼女が母からもらったお小遣い(1万)を弟が自分の分も含まれてると半額要求されたので渡したら、

実は弟にも別でちゃんと同額渡しているとか、交通ICカードチャージするからと多めに貰って(週に3千円とか)

ゲームカードを買ってたり、順調に家族の金に汚いところを継いでる模様。



彼女に一応

・兄に必要以上金は送らない

・弟のご飯代は現金ではなくちょくちょく家に来てるんだから現物支給するようにする

チャージすると言ったらチャージしたものを渡す(駅が目の前)

・とにかく父の金の使い道を明らかにさせる

と、それしないと金を毟り取られるだけだよって母に言うように伝えたものの、ちゃんと言ってくれるだろうか。

その母も彼女一人暮らし時代家賃を一時肩代わりして貰ったときに振り込み忘れて債権一歩手前になったこともあるんでアレだけど。



まあ彼女彼女バイトシフトや入金や引き落とし日と額を把握してないとかだいぶ杜撰なので、

きっちりメモスケジュール帳に書いて管理するようには直させているけども、

正直もう一度一人暮らし同棲でもして無理やりでも家族から離して暮らさせないと色々ダメだろうなあ。

東京コミコン2016でイラっとした話

2016、東京で初開催のコミコンに行ってきた。

その時の愚痴です。

まず開場までの話。

一般入場口と撮影会/サイン会入場口は別になっていて、開場は10時。

サイン会も同じく10時開始だったので、一般入場口とサイン会入場口それぞれに行列ができていた。

撮影会/サイン会入場口はさらに二手に分かれていて、スタンリー列とジェレミー・レナー列があった。

タンリー列/ジェレミー・レナーは、それぞれ200~300人くらいが並んでいた。おそらく一般入場列も同じくらい並んでいたんだろうと推測。

そして入場からの話。

撮影会/サイン会列は、スタンリー/ジェレミーともに10時を15分くらい過ぎたところでようやく開場され、みんなお行儀よく並んだまま入場する。

荷物検査を終えていざ会場に入ってみるが、サイン会エリアまでは若干離れていて、既に列もなくなり、早くもどこに行けばわからなくなる。

手近な警備員さんに聞いてみると、あそこにロープが張ってあるから、その通りに進んでくれとのこと。警備員が指し示した方を見ると、10mくらい先の仕切り板に沿ってロープが張ってあり、数名が並んでいる様子。近づいて並んでみるも、どうも様子がおかしい。ふと上を見上げると、この列はサイン会の当日販チケット売り場の列ですね。

なんだよ違うじゃんと思ってそこを抜けると、チケット売り場の横が撮影会/サイン会エリア入り口になっており、ものすごい人だかり。

おやおやと思いながらエリアの中を見ると、1000人は下らない数の行列がうねうねと続いており、エリアの入場規制のため出るも入るもできない状態

あれあれ、これは一般入場で当日サイン券を買った人が既に入っていますね。

そりゃそうだよね、だって撮影会/サイン会列に並んで入ってきたけど、誘導は会場の入り口までで、そこから撮影会/サイン会エリアの入場口までまったくのフリーダムだったし。

これなら一般入場口から入って撮影会/サイン会エリア直行すれば、もっと早く入れましたよね。

運営の人がメガホンで何か怒鳴ってるけど、「サインは次回13時からになるんで、一回解散しましょうか!ね!」と言ったと思ったら、「スタ…じ、じぇれ…ジェレミー・レナーさんのサイン会…じゃないや、撮影会チケット持ってる人いるー!?あ、いた、じゃあね、こっち回ってきて!もう入っちゃいましょう!」ってな感じで、まずカミカミで誰の何なのかわからない、いつ入れてもらえるかわからいか解散もできない、さらタメ口イライラ感の追い打ち。

誰もその場を動かないまま粘ってたら、とりあえず撮影会は200人ずつ入場させるとのこと。撮影会チケットを持っていたので何とか入ることはできたけど、どう考えても前のサイン会が終わってないか撮影会に入れるわけがない。撮影会を優先させればサイン会に並んでいる人を待たせるだけ。このスケジュール組んだの誰?どうするつもりだったの??

さらさらに、並んでいる間にも「サイン会チケット日販売分追加のお知らせです。」って放送が流れてくる。

いやいやいや、この状況見てる?大丈夫なの??

結局撮影会に3時間超、サイン会に1時間超並んで、どうにか合計28,000円をドブに捨てずに済んだけど、他のステージイベント限定商品などなどはゲットできず。コミコンを楽しんだって気分にはなれなかった。

ただ、ハナから撮影会/サイン会に興味なかった人は結構楽しんでたみたいでよかったです。

でも運営は猛省してほしいところ。公式サイト情報全然載ってなかったし、当日配布のパンフTBD文字があちこちに踊ってたし、まったくもってやる気が感じられなかったな…。

来年は…どうしようか。運営が変わるならまた行ってみたいな。

ウェブディレクターの苦悩

まりネガティブな内容は、

書きたくないと思っていたのだけれど、

言う相手もなかなかいないので、

少しだけ書いてみようと思う。


ほんとうに今の仕事が嫌だ。



今の仕事は、

板挟みみたいな状況がホント多い。

それの調整や気を使うのがほんとうに疲れている。



僕の仕事は、Webディレクターというやつだ。

クライアントから要望を聞いてきて、

社内に持ち帰り、形にするのが仕事だ。



年始の公開に向けて、

クライアントからも急ぎで修正しろだの

急に仕様変わりましただの言われる。

(急ぎになったのはだいたい先方都合だ)



社内にそれを伝えたら

そんなん聞いてない(だって僕も今聞いたもの)

そんなん無理やろ(それを僕に言われましても)

てか今日から対応するスケジュールなのに何も揃ってないってどういうことなん?

(いやいやいや、状況伝えてるやん)

って、な具合。



社外だけならまだいいけど、

社内から文句を言われるのはかなり辛い。

もちろん、作業をする自分達の立場からすると

保身と言うか、リスクヘッジのためには仕方ないことだとはわかっている。



ただ、そのために

出来る限りのことをしていると思うのだ、僕自身も。

もう少し、その部分に気を使ってくれてもいいんじゃないか。


デザインが遅れているのは僕のせいか

コーディングに進めないのは僕のせいか

納期が動かないのは僕のせいか

同じ立場になって言えるのか?


なんというか、自分勝手な人が多すぎるチームだ。

仕事が嫌というよりは、今のチームが嫌だ。

2016-12-04

バカ「老人や妊婦電車の席を譲るのはマナー

ボク「立ち乗車前提で運行スケジュールを立てている鉄道会社がそんなマナー乗客押し付けるのはオカシイと思わないの?

   文句を言うなら、席を譲らない僕じゃなくて、立ち乗車・満員電車乗客強要している鉄道会社に言うべきだよね?

   少しは自分の頭で考えようよ」

バカぐぬぬ・・・

たいていの日本人は考えて喋っていない

http://anond.hatelabo.jp/20161202221629

社会に出て一番の驚きは「たいていの人は考えて喋っていない」ってことだった。「考えている人」が喋るまでは次のプロセスを踏んでいる。

・その話題意図するところを捉える

・その意図への適切な答えを探す

・その答えの適切な表現を考える

から答えるまでに考える時間がある。それに対して「考えていない人」っていうのはペチャクチャと喋れる。なぜなら考えていないから。思ったことをそのまま声に出して伝えている。その話題がなぜあがっているのか、その適切な答えは何か、とは考えない。最初にパッと思いついたことをそのまま口にする。

日本会社会議がなぜ生産性が低いのか、それはこういう人が何人も会議に出席しているからだ。何も考えちゃいない。思ったことをすぐに口にする。だから、「考えていない人」が会議の場を支配することになり、熟議にならないし、考えも深まらないし、答えも見つからない。それぞれが思いつきを喋って時間が過ぎていく。「考えていない人」はみんなそうだと思っているから、思考する時間を勘案していない。すぐ喋る人が良いと思っている。そして、そういう人が「喋っているから」とだけで評価される。ますます「考えていない人」が幅を利かすようになっていく。ここが日本会社ダメなところだ。

それに対してアメリカが強いのは──2年ほど働いた経験上だけど──人には「考える時間」があるとわかっていることだ。向こうにはディベート文化があるし、PCが叩き込まれいるから、「どう答えるか」についてちゃんと考えている。だからちょっとした雑談でも「黙る瞬間」っていうのが何度もある。でも、そういうとき日本人みたいに焦って喋ったりしない。だって、考えているんだから。お互いそれがわかっているので相手が口にするまでちゃんと待つ。そして、それが普通だ。

会議でも日本みたいに「喋らないやつはダメだ」みたいなことは言わない。だって、喋っていないやつは考えているんだからね。だから、喋っていないやつがいたら誰かが「きみはどう思う?」と聞く。そして、考えているやつの意見を傾聴する。それに対してみんなまた考える。だから議論が深まっていく。日本はこれがまったくない。考えていない人が思いつきを喋ってそれで時間が浪費していく。

教育が変わらない限り、この差は埋まらないと思う。日本は「考えていない人」が幅を利かせて、そういう人が「すぐ喋る考えていない人」をコミュニケーション能力があるとか、自己主張ができているとか、そういう理屈を付けて評価するからね。でも、本当の自己主張って思いつきを喋ることじゃなくて、考えたことを喋ることなんだけどね。それがわかっていない。「考える時間」をまったく考慮していないし、それをスケジュールに組み込んでいない。この差はとてつもなく大きい。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.京アニアニメって、なんであんなに「京アニっぽい」のですか。

言いたいことは何となく分かるぞ。要は作られたアニメ作風に、ある種の一貫性があるってことだろ。とりあえずテキトー検索して調べた範囲のことを咀嚼したのでお答えしよう。




基本的現在日本アニメの多くは、出来を語る際にスタジオ体系で語ることに、さして意味はない状態だ。アニメ構成する様々なものは、フリーランスの人たちを一時的に雇ったり依頼したり、他の所から外注しているのが主で、制作に関わる人たちはガラリと変わりやすい。

独自作風で知られているシャフトも、近年の代表作品の背景美術は「竜美堂」という美術・背景専門スタジオと手を組んで制作していることが多い。竜美堂が潰れてもシャフトはなくならないが、“シャフトっぽさ”はかなり減るか、ぎこちないものになるかもしれないな。

だが、京アニは体系がちょっと特別なためスタジオ規模で語られやすい。他のスタジオ外注でやっている多くの工程を、自社のスタッフほとんどやっているからだ。元請制作でほぼ出来ているので、作風にも一貫性が色濃く出やすいのだろう。




例えば特定の人にやって欲しいとき、その人がフリーランスだと他にも仕事があったり逐一の連携もとりにくい。スケジュールの遅れが余儀なくされたり、方針の変更を強いられるといった状況になることもある。そのダメージをもろに受けやすいのは特に作画方面だろう。

だが、スタッフの確保が自社内で十分に可能ならばスケジュール管理が楽であるということで、作画の安定にも繋がる。1話放送する前からスケジュール調整の賜物か全話のほとんどは出来ているケースもあるらしく、手直しする余裕もあることでより完成度は一定を保っている点も、スタイル一貫性に一役かっているのだろう。

また、例えば担当美術スタッフなどが表現に苦戦していたとき、社内の別の美術スタッフ相談するなんて連携もしやすいだろうから、より作風統一感が生まれやすい。

あと、京アニアニメーターのための学校もあり人材育成もしているので、このあたりも関係しているだろう。「境界の彼方」の作画とかは卒業生が多く参加しているらしく、その成果が出ているようだ。

ここ数年だと、原作すら自社出版なんてケースもある。元請け作品がなくて上から企画を貰えないせいで、何も始まらない(アニメを作れない)ということは往々にしてあるので、それを自社で賄うってのは何気に重要だ。そうしてコンスタント提供できるというのは、京アニスタイルなどのイメージ受け手に根強くする要因にもなる。

あと、給料が歩合制ではなくて固定給らしい。これは、どんなに頑張って早く仕上げても給料が同じということで一概にいいことではないが、逆に考えれば時間をかけて一枚ずつ描いてもよいということで、これも間接的にクオリティの安定に繋がっているかもしれない。




まり質問の答えは、京アニ制作においてスタジオ内での“自己完結度”が非常に高いので、そのスタイル作品にも色濃く出やすいということだ。もちろん100%自己完結というわけではないが、ほとんどの制作は社内のスタッフでやり、人材育成もやっているので一貫性が生まれやすく、京アニアニメは多くが「京アニっぽく」なるんだな。

もちろんそんなことが出来るのは、とどのつまりお金時間をかけたかなのだが、まあそれをコンスタント可能にすることが並大抵のことではないのは、私みたいな素人でも分かることだ。

私は京アニ作品は全体的に好みではないのだが、今回調べてみて分かったクレバーさには少し感心した。

http://anond.hatelabo.jp/20161202181525

自分かと思った


全く同じ感じで金曜休んでしまった ついでに休職して復帰したという状況も似てる


職場に連絡入れるのが精いっぱいでとにかくそれさえできたら一仕事終わったって感じで起きたら夕方だった


どうしたら改善できるのかはわからないけど納期前のきつい時期は意外と休まなかったか明日休むとすごく困るぞ的な意識はあるのかも


そのかわりそれが終わったらガクッとダメになって動けなくなったわけだけど


はい特にそういう状況がなくても普通に行けない日もあるから単に疲れがどうってのだけでもなさそう


なんとなくスケジュールとか仕事内容が曖昧な日のほうが休んでしま確率が高いような気がするので


うまくタスク管理できてれば少しましになるのかも?(あくま自分の話ですが)


でも基本的には休んでいいんじゃないかと思ってる 有休余ってるし



あと関係ないんけど休職した時は「今日休んだらもう辞めるしかないな、行ったら続けられるんだろうな」ってぐるぐる考えてて


「行けない」って思って「もうだめだ、辞めよう」って思ったらなんか少し安心して、ずっと布団の中なのに寒いような感じでぶるぶる震えてたのをなんとなく思い出した


だるくて行けないとき すごく重くて沈んでいく感じの時と、この寒いような感じの時があって もしかしたら原因がちがうのかも

2016-12-02

http://anond.hatelabo.jp/20161120193028

いや、本当にその通りだと思いますね。

電通だけでなく、クライアントにも課題があるということは言えると思います



1人が複数案件を抱えているのであれば、それは電通側の社内で、本数を減らすことで解決できると思いますが、パラレルにして人を増やせば良い仕事と、1本化することでしか対応できない仕事があるので、時間を減らしたからと行って、一概に人を増やせば解決するというわけではない。

それを無理なスケジュールでオーダーされると本当にどうしようもない。〇〇周年企画やら、製品開発に合わせて広告を出したいならもっと早くオーダーをかけなければいけない。



ジョブローテーションでクライアント担当知識がないことも問題だと思いますが、知識のある担当がいても、代理店が無理をするのを知っているので、やっぱり無理をさせる。

じゃあ時間内でできることを提案すると許されるかというとそうでもなく、できないなんて言ったら、来年別の代理店に変えるなんていうことも簡単におこってしまうし、普通業務量でできる範囲提案は受け入れられない。



始末が悪いのはそれでけではない。

更には代理店の方も制作工程知識が不足している。なんとなく受注してしまってからプロダクションに投げるが、時間がなければお金という考えでは解決できないような”その人”でないと解決できない部分が出てくる。結果”その人”に負荷が集中せざるを得ず、法定外労働に陥る。

できないという会社には、発注しないので、できるという会社発注するが、できるという会社はかなり無理をしているため、ブラック体制プロダクションばかりが電通取引先に変わっていく。

結果的代理店は、ブラック企業を生み出す大元になってしまう。

今後、どこかで下流工程自殺者が出てくるだろう。結局零細企業は注目もされないので、世間に気付かれにくくなっていくだけなのではないか



今回の事件では、時間外の負荷をプロダクションに強いるなというお達しがでているようだがまず無理ではないか

時間作業できない分、外注比率高まる。するとやはり利益が下がるため、業務量を増やさざるを得ない。

これまで以上の新規パートナー開拓するか、特定プロダクションへの負荷が高まるかどちらかというと後者だろう。

2016-11-29

SIerでもいいんじゃない実装に拘りがなくて問題解決が楽しめるなら

http://anond.hatelabo.jp/20161128112713

良し悪しというか好みだと思うけれど。自社プロダクトを持たない一次請けSI視点で。

自分実装することや話題の最新技術に拘りがなくて、単に問題解決を楽しめるならSIerも悪くないんじゃないですかね。ITに興味がない人は本当に来ないで欲しいんだけど、ITに興味がある人は自分実装したい人が多いので、結果微妙なのが集まってしまうのがSI業界

2016-11-28

金融SIer仕事について書きたい

今日SIerについての話題が目について、実情について書いてみたくなったので書いてみる。初めて増田投稿するので少し緊張している。

自分は誰かというと、金融ユーザー子会社に勤めているSEだ。いわゆる1次受け。社員は数千人おり、2chのユー子ランキングではやや上の方に属している。

SIerとひとくくりにして主語を広げたくないので、あくまで私の目で見える範囲の話で、サンプルの1つにすぎないものとして読んでほしいと思う。

【私の仕事について】

まず初めに、自分仕事はなんだと言われると、それは「システムに関わるプロジェクトマネジメントをする人」ということしか出来ない。エンジニアとしてプログラミングをしたり、ハードの専門的な知識を持っているわけでもない。一日出社から退社まで何をしているかというと、


1.ユーザーベンダー宛てにひたすらメールを返信する

2.エクセルで作ったスケジュールWBS(タスクリストみたいなもの)を広げて眺めている

3.問題が発生したら関係者を集めて対策を話し合う。あるいは進捗会議を開く

4.上司ユーザー宛へ説明する資料作成する。そして実際に説明する


これくらいだ。コーディングという作業が入る余地は一切ない。ひたすら溜まっていくユーザーからの問い合わせや開発側からの問い合わせへのメールを返信する作業を続けている。この仕事専門性をつけることができるとすれば、プロジェクトマネジメントしかない。プロジェクトマネジメントに関する体系的な考え方、大小に合わせたルール作成ユーザーと開発側の折衝ごと。これを突き詰めていくしかない。



エンジニアとしての知識について】

同期や周りの先輩、後輩を見る限り、新卒で入ってきたうちの3割が情報系、3割が情報系以外の理系、残りが文系といった印象を受ける。

はてなを見ていてWeb業界アプリ業界さらーっとIT系用語を知ることができたが、おそらく同期の半分以上の人はWordpressという存在を知らないだろう。

会社の中のほとんどの人がGitGitHubを知らないだろうし、DockerJavaScript系のライブラリ名を知っている人など皆無だと思う。それだけ、技術貪欲でないし、それを使える環境はないし、ユーザー投資しない。

新しい技術基本的に入れることができない。ユーザー側の経営層がまず理解していないというのと、もしも万一障害が起きたら?という問いに回答できないケースばかりだからだ。だから、今動いているシステムスパゲッティーをどばどば追加して、秘伝のソースで味付けし、もはや誰にも全容はわかりませーんと言ったことを10年、20年というスパンで行う。

誰も、どうしていいかからない、どこから手をつけたらいいかからないのだ。



要件定義について】

じゃあ、1次請けだし、ユーザー要件定義が出来るかというとそうでもない。ユーザー業務精通できないで、ユーザーテスト工程で決めきれていなかったものがバラバラ出てくるなんてザラだ。

ユーザーユーザーで融通がきかない。個人的に、パッケージシステムを使うと決めたのであれば、どうやってもユーザー業務を変えていく必要があって、それができないのであればフルスクラッチもっと金かけてやれよと思うのだが、ユーザーパッケージ入れて安くしたい(金融系のパッケージなんてどれもべらぼうに高価だが)、かつ、業務は変えたくないのでがっつりカスタマイズしてと言ってくる。

また、業務内容によってはミスった時のリスクがでかい特に法律に絡む案件は、ミスったら数百億の罰金をくらう可能性が常につきまとう。失敗が許されない。金融系のシステムはそういったリスクと常に向き合っていくので、楽しむことは難しい。うまくいくのが当たり前でなければならない。




やりがいについて】

毎日メールエクセルパワポとにらめっこして、ユーザーベンダーとおしゃべりして、何かやりがいはありますか?と問われると、少しだけあるにはある。

案件規模が億越え、10億とか普通な世界なので、官公庁連携したりと大きな仕事が多い。勝手ゼネコンの人も同じ気分を味わっているんじゃないのかなーという気になっている(ごめんなさい)のだけど、

例えば「スカイツリー建設プロジェクトマネジメントをしてました」と言えたら、自分少しは世のためになったかな?と思えると思う。そんな気分に少しだけなれる。自分が作ったわけじゃないけど、大きな仕事に少しだけ関わっているから。




からエンジニアとして技術で飯を食べていこうとしてSIerに入ってしまった人には酷な会社である。そうやって間違えた同期は早々に転職していった。FBで多くの同期とつながっているが、技術よりのカンファレンスに行きましたとか、勉強会に行きましたといった話は、転職していった人からしか聞かない。会社に残っている同期から流れてくるのはリア充っぽい、旅行飲み会写真ばかりだ。

一方で、プロジェクトマネジメントに楽しみや喜びを得られる人には向いていると思う。多くの案件を見てきて、プロジェクトマネージャーが変わった瞬間に物事がうまく行きだしたとか、逆にうまくいかなくなったといった状況をたくさん見てきたので、スキル必要仕事であることは間違い無いと思う。それはエンジニアが求めるスキルと異なるだけで、割と専門性を突き詰めることが出来る職業だと思う。その会社特有のやり方に慣れずに、案件をこなしていく中で普遍的スキルを身に付けることができれば、どこでも通用する可能性もある。(多くの人は会社特有スキルを身につけてしまって、他社に転職できない状態になるのだが。)


私のやっているSE業と、世間のいわゆるエンジニア業というのは、かけ離れた職業であって、それぞれやりたい方をやればいいと思う。

ただ、私にはミスの許されない超絶大規模プロジェクト精神をヒリヒリさせながら、数百人月プロジェクトマネジメントを楽しむなんてことは全く出来ないので、どこか遠くに消え去りたいと日々思っている。

2016-11-27

サービス残業になってしまうケース

サービス残業になってしまうケース(例)

1. 成果物について、指示した人と作業する人で認識が異なる

2. 1.が理由のため、指示した人が作業する人にやり直しを命じる

3. スケジュール基本的に定時で終われることを前提で引かれている。

 2.のやり直しを命じられた段階で、スケジュールは詰まっており余裕はない

4. 作業した人の工数も残ってない

5. 期限は守れ、工数も使うな と言われる

6. 作業する人は打てる手がなくなって持ち帰りなどのサービス残業をせざるを得なくなる

予防策と現実問題について

1. 成果物について、指示した人と作業する人で認識が異なる

→(予防策)作業する前に打合せや確認が不十分。認識のすり合わせをする機会を設ける。

 (問題)そもそもその「擦り合わせ」を嫌がる(時間が取られることを嫌がる、説明を嫌がる など)人がいる

2. 1.が理由のため、指示した人が作業する人にやり直しを命じる

→(予防策)指示した人から成果物クオリティ優先順位をあらかじめ確認しておく

     (急ぎでほしい、ざっくりでいい、丁寧にやってほしい、など)

 (問題)「自分で考えろ」「そんなこともわからないのか」と突き放す人がいる

3. スケジュール基本的に定時で終われることを前提で引かれている。

 2.のやり直しを命じられた段階で、スケジュールは詰まっており余裕はない

→(予防策)5割、8割ほどできた時点で、指示した人に確認を依頼する。

 (問題)1.と同様、確認を嫌がる人がいる。「効率が悪いので100%になってから持ってこい」という人も。

4. 作業した人の工数も残ってない

→(予防策)100%工数を使い切らない。80~90%の工数100%の完成度を目指す

(問題)個人レベル作業効率化、無駄のそぎ落としが必須

5. 期限は守れ、工数も使うな と言われる

6. 作業する人は打てる手がなくなって持ち帰りなどのサービス残業をせざるを得なくなる

→(予防策)上司さらにはその上への相談ラインを確保しておく(期限を守るには残業しなければならない、工数がかかる、何を優先させるか?)

 (問題)上司さらにはその上が超多忙相談時間が取れないことも。

それでも自分精神を守らなければいけない。メールなどの手段で何とか相談


(予防策)で記載した対策を取るたびに、(問題)で上げられる対応を取られたりして

だんだん八方ふさがりになり、サービス残業を余儀なくされるケースが多々あった。

今後のことを考えて、無茶な要求をする人、予防策について向き合ってくれない人とどう対応していけばよいのか、悩んでいる。

2016-11-26

この世界の片隅に」ががら空きだった

この世界の片隅に」を日曜日レイトショーで見にいった。

平日に上映時間をチェックしたときは150人ほどのシアターの予定だったのに、前日に予約したら250人ほどの大きなシアターに変更されていた。これはきっと評判を聞いて客が増えたということなのではないだろうか、同じ時間帯のマッドマックスシン・ゴジラ満席だったしねと期待して行ってみると、半分に届かないくらいの客数だった。前の方はほぼ空席。

そして今週、スケジュールからレイトショーは消えたようだ。つまり上映回数が1回減った。



この世界の片隅に」を応援して、新宿に詰めかけているみなさん。ツイッター熱狂的に語っている人をちらほら見ますが、そういうリピーターのみなさん。

もし2回目を見るとか、なるべく良い席で見たいと思っている方。都内の他の映画館でも見ませんか。

当日でも楽勝で席がおさえられるし、客がこなければどんどん上映回数も減ってしまます

どうせ1回見るだけだし、それなら新宿で、という人はそれはしょうがない。でもどこで見てもいいかなという人は、あるいは熱心に広めたい人は、他の場所でも見てみませんか。



ちなみに自分が行ったのは二子玉川109シネマズです。

2016-11-23

奉行彼氏で将来が不安になった話

ものすごく小さな話だが、気晴らしに書く。先週末のことだ。

彼氏会社の先輩から卓上フライヤーを頂いたらしく、それを使って串カツをやることになった。


ビールやらソースやら準備していると、彼が先に適温になった油に串を入れ始めた。

フライヤ―はミニサイズなので串は4本程度しか入らない。彼は4本入れたのでまぁ揚がったら私も揚げようと思った。ビールを飲みながら、2人でゆっくり揚がっていくカツを眺めようと思った。



ところが、彼は揚がった串カツを私の前に並べ「食べなよ」と言ってきた。準備をしていた私の分まで揚げてくれたのか、と思い「わーいありがとう」と言って、私は串カツを1本口に運んだ。

彼の番はそれで終わりでは無かった。空になったフライヤーに、彼は間髪入れず4本串を投入した。見ると、パン粉まで付けた串を既に手に持って、じっとフライヤーを見つめている。嫌な予感がした。

次の4本もまた私の方に回ってきた。「どんどん食べなよ」という言葉と共に。それには妙な力というか、うっすら脅迫めいたものがあった。私はまたその4本を口に運んだ。彼はまた間髪入れずに4本串を投入した。



4本、4本、4本、4本……

私の前には揚がった串カツが次々と並べられた。「○○君も食べなよ」「私の分は自分で揚げるし大丈夫だよ」と言っても、彼は「いいからいいから!」「冷めちゃうからどんどん食べて!」「なんで食べないの?(真顔)」と返し、ほんの少しカツを齧っては、ひたすら真顔で串を揚げ続けた。そしてできたものは全て私の前に並んだ。


私がはっきりとした言葉を言えないうちに、「彼が揚げる→私が食べる→彼が揚げる」というロット、それを乱すのはギルティという空気……なんというか「私が喜んで食べないといけない空気」が出来上がってしまった。

冷めていくばかりで誰も食べようとしない串カツを見るのが嫌で、私は無理やり口の中に串カツをつっこんでビールで押し流した。苦しかった。

串カツわんこそばの様には食べられない。限界はすぐにきた。「お腹いっぱいになってきたから、もう大丈夫だよ」と伝えても、彼は揚げるのを止めてくれなかった。



用意した具材が全て揚げ終り、私が本格的に苦しくなってきた頃、彼はようやく冷めた串カツを手に取って食べ始めた。

「全部揚げたから食べよーっと!うん!やっぱり自分で揚げると美味しいねぇ!」と一仕事終えて充実した顔の彼。私はもう色々限界全然笑顔を作れなかった。

そして思い出した。彼が強烈な「奉行癖」持ちであることを。




焼肉店で網を覆い隠すように肉を並べては、管理しきれずに黒こげにし、冷めて硬くなった肉の山を作る。

鍋の具材他人のとんすいに勝手にどんどん入れていく。

バーベキューでひたすら網の前に陣取り、焼けた肉を配って回る。

他に誰もしていないのに、ビール瓶片手に会場を歩き回り、大して飲んで無い人のグラスにも注いで回る。

特に望んでも無いのに「できるだけ沢山の観光地に連れて行ってあげたい」と、分刻みでドライブスケジュールを設定し、行く先行く先で「あと○分で移動するね」「買い物は〇分で済ませてね」と言ってくる。

私の愛撫にひたすら時間をかけ、力技で無理やりイかされてぐったりしている私を見ながら1人自慰射精する。(手を出そうとすると断られる)




彼女の為になにかしてあげたい、という気持ちは非常にありがたい。しかしここまでくると「ありがた迷惑」だ。

私は串カツ焼肉は食べたいものを1つ選んでじっくり自分調理したい派だし

鍋やBBQ自分で取りに行くし、ビールは手酌派だし、旅行は少ないスポット時間をかけてのんびり歩きたい方だ。それにフェラチオの一つくらいさせてくれても良いじゃないか

私はただ、新しいフライヤ―に自分で串を入れて、揚がっていくのをワクワクしながら眺めたかった。2人で眺めたかっただけなのに。



彼とは来年結婚することになっている。両親にも挨拶をした。

これからもきっとこういうことは度々起こるだろう。その度に私が無理して彼の「大きすぎる善意」を受け取り、笑顔「ありがとう」が言えず、結局彼も嫌な思いをするのはどうなんだろう。どうすれば「ありがた迷惑」の「ありがた」と「迷惑」をきちんと仕分けて伝えられるのか。

彼になんて言葉をかけて、私がどういう心持ちでいればこういうことは起こらないんだろう。



最後、わざと可愛いぶって「私も串カツ揚げたかったなぁ~」と言ってみた。瞬間、彼の笑顔は消えた。「残り物でも揚げれば?」。

残ったチーズに串を刺して、黙々と揚げる私と、完全に納得していない彼の顔があった。


やっぱり「私も揚げたかったなぁ~」は、ダメだったかな。

2016-11-21

旦那タスク管理が下手過ぎる

仕事じゃ違うのかもしれないけど、仕事以外の部分でのタスク管理スケジュール管理が下手過ぎる。多分、何かやらなければならない事が出来た際に、どうすれば達成出来るのか、達成するためにはいつまでに何を行えばいいかという逆算とタスクの細分化が出来てない。

だったら私がスケジューリングしてやればいいかと「いつまでにコレやっといてね。その後、アレやる必要があるからね」と、タスク毎に指示出しして次のタスクの予告までするんだけど、私に対する報・連・相もほぼ無いから「あれどうなったの?」って聞かないと進捗が分からない。そして大体進んでない。理由は「忘れてた」もしくは「仕事が忙しくてやる暇が無かった」だそうだ。

旦那仕事が忙しいのは本当だし、私は専業主婦から代わりに負担出来るタスクはやってあげようかと思うんだけど、どうしても旦那本人にやってもらわないと出来ないことがあるんだよね。例えば今だったら喪中ハガキの宛先リストアップが手つかずで本当に困ってる。職場が変わったばっかりで去年までの年賀状は参考に出来なくて、本人にしかからない。10月後半から事ある毎に言ってるのに「そうだね、やらないとね」で話が終わる。香典返しについてもこんな感じだったから、結局姑に怒られるまで何もしなくて予定より2ヶ月遅れて全て返した。

で、毎回姑に一喝してもらうわけにもいかないし、あまりにも事が進まないとこっちもイライラしてきて精神衛生上よくないから、何かツールを入れてタスク見える化をしてみればどうだろうかと思いついた。だけど、スマホでも簡単管理出来るTrelloを先に私が登録して、実演を交えて実用プレゼンをしてみたんだけど「これやって意味あんの?」と無視

もうどうやったらやってくれるのか分からない。私より頭良くて合理的物事を考えられるはずの人なのに、この部分だけ何度言っても改善しない。途方に暮れて増田に書いた。




【追記】

めっちゃブクマついてた。皆さん、貴重なご意見ありがとう

コメントの中に私をコミュ障だと指摘している人が居て、その通りなんだがまさか文章から滲み出ているとは思わずとてもびっくりした。

少し補足したいと思う。




喪中ハガキ年賀状やめれば?

一応、旦那必要かどうか聞いてみたんだけど、職場はやって当然みたいな空気らしい。




タスクとしての重要度が低い

前述の通りなので”やらないといけないタスクであることは旦那認識していると思うけど、そういう空気なのにタスクとしての優先度が低いのはやはり管理が下手なのだと思う。私は優先度付けも管理の一環だと思うので。

あと、今回はたまたま喪中ハガキを例に挙げたけど、仕事でも年末調整とか身上調査とかの会社に提出する事務手続き関係は駄目。他にもプライベートでよく放置されがちなのは結婚式の招待状の返信とか。相手迷惑がかかるようなことは何とか改善して欲しいんだけど、諦めるしかいかもね。




旦那MP回復

家事は全くさせてないし、休みの日も好きなようにさせてる。最近は協力プレイ出来るゲーム買ったらはまっちゃって、よく一緒にやってる。

また、「そんなことやってる暇があったらやる事やってよ」的な発言絶対にしないように気をつけてる。

MP回復ってこういうことかな?と思ったんだけど、違ったら申し訳ない。良ければ具体的な例を挙げて欲しい。




ホワイトボード

仕事中でも見れる&細分化したタスク全体像が見れた方がいいかなって思ってスマホアプリ提案してみたんだけど、確かに意識的に開く必要があるアプリよりも、家に居る限り無意識に目に入ってくるホワイトボードの方が効果があるかもしれない。早速100均で買ってきてみるよ。どうもありがとう

ちなみにスケジュール共有に関してはTimeTreeを使ってて、何故かこっちは几帳面過ぎるくらい予定を登録してくれてる。




【追々記】

くどいかな?って思ったけど、面白いコメントがついててどうしても反応したかったので更に補足させてもらう。

皆さん、本当に有り難うございます。これで最後します。ブログの方もこれだけブクマつけばいいのに!




旦那仕事

旦那名誉のために言っておくけど、仕事は出来る方なんじゃないかな?年齢の割りに給与は多いと思う。職場結婚じゃないので、実際のところは知らないけど…




・家でもタスク管理とか言っちゃってるの?

これは言ってない。何か家で使えないよね。旦那が頼んでくるときも「俺がやること全部リストにしといて」って感じの言い方だから旦那の前でTrelloのプレゼンしてるときに「ToDoリスト」ってつい言っちゃって何かちょっと恥ずかしかった。

文章だと書いちゃうのは私の前職の影響でこういう単語使った方が説明やすいのと、きっと意識が高いからだと思う。




優秀な男なら、はてな村フェミバサンと結婚という大リスクを負うわけがない、と気付けないのかな?

これw ワロタw 確かに面倒な嫁の自覚はある。鈍感な旦那感謝だ。

2016-11-18

有名人と一緒に仕事をすることになったのだが

スケジュールは向こう優先(むこうは遊びに出かけたりもしてる)

興味ないタスク雑用扱いでこっちに丸投げ

意識高い発言勘違いしたまま独走

他人のことを「こいつ大丈夫か?」などと見下し発言してイジるもの

その間の自分仕事ミスしてる上にちゃんとやったはずだと強弁

からないことが出てくるとすぐ不貞腐れてもういいや

ずっとこんな調子で疲れる

関係ないけどネット検索すると過去セクハラ告発が出てくる

早く終わんねーかな

俺がオナる際に考えてる妄想を「それ、10年前に流行った作品にあったよ」と言われた話

昨日、映画感想愚痴を言いたくて友達とこんな話に、映画世界観説明する時に「僕のオナネタの設定を説明する」という事態に発展した。

オナネタということで…

現実ではなかなか厳しい合理的ハーレム二股を実現してみたい

伊東ライフ作品のように、ただ「ヌク」という行為のものが褒められる世界

・それらがありながらも、自分が一番好きな子が悲しまない精神構造または行動原則を持ってること

・親近感が湧くように、主人公ブログもっと稼げて基本的に家にいる俺

みたいな設定の前提条件に置きながら、自分なりに模索した。

その結果、ちょっと人に言うのが恥ずかしいぐらいひどい設定ができていた。

隠れて浮気・お店に行くのはNGだが、公認愛人・家政婦はOKという落とし所をもった奥さんと結婚した世界観


一応、大まかなプロットを話していくと

・若くして世襲という形で経営者になったせいで、お金には余裕のある奥さんがいる。

特にブログをやりたかったわけではないが、はみ出し者にブログを教えるか、寄稿するかアフィリエイトするかでお金を得てる俺の変な生活面白がって(若くして家業を背負った自分にはできない面白さがあって)繋がる。

・「仕事が好きでかつ、勤務時間前後はきちっとしたい」という理由から通勤時間時間前〜(仕事中)〜家に帰って来てスーツやYシャツを着ている時は一切の行為・いたずらは禁止

この辺が二人暮らししてる時から基本的な設定。

ただ、僕が求める頻度が多くなった時に、「この設定だと、奥さん大変だし、大変なことを考慮してできない日の妄想をしてたらおかずにならない」ということで、妄想した時にいつもちゃんと濡れ場が来る設定に変えるためにテコ入れをする。

仕事差し支えがある時や生理など奥さん側が「できない・したくない」時に申し訳なさと煩わしさから、俺に愛人作りを推奨される。

・とは言え、カネがかかったり、貢ぐ方向に暴走されても困るから、その手のお店は禁止。奥さんか公認の人としか抜けない。

・俺にそんな度胸も当てもなく、なおかつ「別れる口実」だと疑って愛人を作らない日々が続くと、彼女の方からメイドを雇う」という話が出て、なおかつその子と一緒に3人で夜を過ごすことが続く。

・奥さん、軽度のレズ/射精管理/他人セックス鑑賞/AV的なエキセントリックシチュエーション再現に目覚める。(その結果、色んな子が通い婚的にローテーションしたり、「そういうツテがないかみんなで秘密を共有できる子を探す」という話に発展すると同時に、俺も俺の愛人も奥さんのおもちゃとなった結果として、やるという行為に発展してる状況ができあがった)

・それでも、一緒に住むことになったメイドが「抜いてあげられる、求められる自分が好き」というめちゃくちゃ自己肯定欲の低い従順すぎる子で、結果的には彼女とたくさんすることが大半。また、奥さんとスケジュールが会わない時に押しかけてきた女の子としてる時は彼女が見張ってる(という体の彼女への放置プレー焦らしプレイ)が実現する。

という変化が加わった結果、3つのまりが追加される。

・結果、「奥さんか公認の誰かとしかやってはいけないが、家にいる時には(奥さんの仕事通勤邪魔にならない範囲で)どんだけ女の子にがっついてもいい」。

関係を持った女の子が増えた結果として、「家計に入れなくていいから、稼いだお金は全部ブログ交際費に使うこと。男の子お金を出してるという体裁の方がメンツが立つし、やらせることへの抵抗感が減るから

浮気愛人公認する代わりに、一人で独占したり、関係性をぶち壊すような誘いを、他の女の子禁止する。破った場合離婚&訴訟。(という決まりを作った途端に、奥さんよりカワイイ女の子が思いついても、奥さんより妄想の頻度にメイドの登場数が増えても、奥さんほどの度量の大きい女性が他にいないことを知らしめられたため、俺は奥さんに足を向けて寝られないし、俺自身も奥さんが一番だと念押しする形になる。)


…我ながら「合理的だし、実際に聞いた女の子自身発言や趣向に配慮したやりたい放題の男像」を作ってみた

だが同時に、「いくら合理的といってもこんなことをOKする女性はいないし、法律のことはよく知らないけどきっと何かしらの法律抵触するだろう」と思って、このオナネタを人前で話したことはなかった。



少なくとも、邦画でこれを上映したら「歪んだ関係」みたいに言われるだろうし、アニメではこんな強度の高い設定のハーレム萌えアニメを俺はそんなに知らない。(しいて言うなら、彼女がいてなおかつハーレム化物語落第騎士の英雄譚境界線上のホライゾン辺りぐらいだと思う。)


ところが、友人に「奥さんができすぎててなおかつ、歪んでる結果として、奥さん公認管理のもとでハーレムができてる状況だよ」という概要説明して言われたのは「戯言シリーズがそんな感じの描写人間関係あるで?」と言われた。

いたことに西尾維新10年以上前にそんな作品を作っていたらしい。だとしたらそれはすげーわ。

僕は

ガッチャマンクラウズ(人に優しすぎて結果的に都合のいい人みたいになってる一ノ瀬はじめ)を奥さんの元ネタに、

伊東ライフ作品的な「射精管理趣味または自己承認のための行動と化してる」という概念

桂井よしあき作品のあるヤリチン的な人の話の「お嬢様学校女の子達が、ヤリチンの用務員に好き放題させることで、恋人を学園単位で共有してる設定」

境界線上のホライゾンみたいに「恋人がいるのに、幼なじみも、姉も、親友もそれぞれ違う立場で全員がトーリが大好きという形のハーレムができてる」

辺りを元ネタにしてミックスして作った妄想から西尾維新の影響ではない。つうか、西尾維新作品めだかボックスの2期と化物語を人並みにしか見てない。


そして、その友人は戯言シリーズを勧めたいがあまり、僕のブログ戯言シリーズ難解な寄稿を2つも書いてくれている。(あまりにも難しすぎて、まともに読めたという評判を聞かないのが悩みだけどね)

前編 http://www.tm2501.com/entry/Contributions-from-the-ghost_i

後編 http://www.tm2501.com/entry/Contributions-from-the-ghost_i_introduction


リンクを貼ったことで宣伝っぽくなっちゃってごめんな。

でも、僕は僕が彼とは全く違う元ネタ実体験の末に編み出したものが、彼に話すと「それ、フィクションで見たよ」「哲学者ツイートしてたよ」と言われて、考えていることが合流していくことがすごく多いんだ。

そのことの面白さというか、妙を語りたかったんだけど、青二才ブログで俺のオナネタの設定を語るとGoogle AdSense抵触する危険があるし、なによりも女性ファンが減りそうで怖くなったから、左手イカ臭おっさんしかいない増田に書かせてもらった。


なんか…ごめん。

2016-11-17

生理身体メンテナンスって説明した

旦那姉妹がいなくて女性生理現象ほとんど知らなかった。もちろん月経の有無くらいは知っていたけれど、それがどういう状況なのかとかまでは理解していなかったので何でも口頭で解説を求められた。結婚から生理痛で少し横になっているとどこか具合が悪いのか、薬か医者かなど騒いでいたので「病気ではないし直に戻る」と言ってもなかなかわからなかったようなので生理業者に例えることにした。



女性身体の中にはメンテ業者がいる」

「それが大体月一回くらいのペースで抜き打ちでやってくる」

メンテ前はもうすぐ業者が来るんじゃないか身体がそわそわして落ち着かない」

「いざメンテが始まるとサービス使用できない。セックスはできない」

メンテ中はリソースメンテに集中するのでパフォーマンスが低下するが異常ではない」

「打音検診みたいなのとかたまにあって痛みがあるときもあるけど、仕様なので仕方ない」

「痛みがひどい時は業者に苦情を言うと(薬を飲むと)楽になるときがある」

メンテ業者には個人差があって上手で痛くないところと下手で痛いところがある」

「主な作業初日から数日を予定していて、残りの数日は残務処理になる」

メンテ中は不便だけど、メンテが定期的に来ないのも困る」

ストレスなど他の不具合があるとメンテ業者が別のところに行ってしまい、不順の原因になる」

「まだ若いメンテ業者作業スケジュール管理が大抵下手なので不具合が起きがちになる」

メンテ業者スケジュールを知るには基礎体温などの方法がある」

風邪胃腸炎などの体調不良メンテ業者とは別の修理業者が対応している」



子宮内膜が剥がれて、などというよりわかりやすかったらしい。

以後夫婦の会話が「業者調子はどう?」「ごめん、今夜はメンテ中だから」など色気のない隠語になってしまったけど気軽に体調を共有できるのが嬉しい。

2016-11-16

http://anond.hatelabo.jp/20161116202247

声優として大成するならものすごいハードスケジュールをこなす期間がほぼ不可欠だろうけどな

特に女性声優

男は中年以降の需要があるが女の方はかなり少ないからなあ



林原はよく食べることが知られているし、釘宮も相当食うらしい

食いまくらないと体力が維持できないんだと思う

ガントチャートを見ると目眩がする

大量のチケットガントチャートを見ると「うわああああああ」ってなる

要素が多すぎて理解できない

たぶん頭が悪いんだろうけど、困る

並行スケジュールはせいぜい3本くらいしか理解できない頭の悪い子も居るって知ってほしい

2016-11-15

[]11月15日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:助六

○夕食:汁なし担々麺ミニ天津飯(カニが入ってたよ!)



調子

はややー。

仕事適当にこなした。

若干、本当に若干だけど鬱の波がきてるようなので自愛したい。

とりあえず、金曜日ぐらいに自己休暇とりたいなあ。

(いや、ポケモンSM発売日とかそういうことじゃなくて、単にスケジュール的に取りやすいのが金曜日なだけでして……)



FE覚醒

17章「死の運命」までクリア

疾風迅雷」が楽しすぎて、脳汁ドバーです。

これこれ、こういうバランスでいいんだよ、頭とか使わずガンガン敵を倒すのが爽快なんだよ。



ポケモンARサーチャー

トルネロス捕獲まで進めた。

目標は、テレパシーギラティナすりぬけミカルゲの二匹なので、まだまだ先は遠い。

バッジとれ〜るセンター

ノー課金

ポケとる

ランキング報酬サメハダナイトをもらった

アバゴーラ捕獲

ファイアロー捕獲

ポケモンサファリが水タイプで一貫してるので、水タイプメンバー構成しようとしたら……

なんと、水タイプメガ進化枠を誰も持っていない!

というわけで、まずはサファリの前に、メガカメックスミッションカードをこなして、メガカメックスを使えるようにするため、ミッションカード攻略

ところが、このミッションカード、かーなり難しい。

スタミナどころか、コインをぶっこんでもクリアできない!

メガスタート+制限時間アップみたいな組み合わせでもクリアできない!

め、メチャクチャシンドイ……

パズルポケモン-1を使ったろうかな、9000コインとかメチャクチャかかるけどさあ。

ポケモンコマスター

ログボのみ。

なんか六連が引けるらしいけど、興味なし。

僕の見た電通

最近話題だしNDAもないので書くけど、とある映像仕事電通と関わりがあった。仕事自体は楽しく、しかスケジュールは厳しい感じで、とあることを実現するために様々な手段を試すための手(プロダクションではない)としてその仕事に参加してた。

ちょっと特殊なことをしていたので、最初は間に人を挟んで電通側とコミュニケーションしていたのだけど、そのうち制作会議に呼ばれるようになり、会議は実際に映像を作るプロダクションのところで開かれた。しかし、その会議まぁなんとも雑な仕切りで、確か夜8時から始まって、ちょっと特殊なことをしていた僕らを拘束するわりに関係無い話をダラダラと続けて結局僕らに関係ある話が出て来る前に終電が来たので帰った。マジかよって思った。

あとから聞いてみたらその会議は朝まで続いたらしい。「会議」と名のつくもので2時間を超えるものに参加したことないので、カルチャーショックだった。タバコ臭会議室と合わせて、本当にあるんだ……って感じ。しかスケジュール厳しいこと分かってるのに拘束してくる電通の人も謎というかマネジメントスキルがない。実際、彼らがしていた「会議」はクリエイティブに関するブレスト的なところもあったので実質的会議ではない。しかし、そんなに長時間みなを拘束するより、さっさと会議は終えて各自考えてきてね!ってやってもアウトプット変わんないのにねー。

それに加えてアイデアを思いついたら何時でも連絡してくる電通の人がいて、それに対応するのも疲れたスケジュール厳しいの把握してんだから、もうちょい任せてくれない?そっちのほうが効率いいよ?って感じだった。

とあることは実現出来たし、出来た映像のものクオリティは高く、広告的な効果もあったが、習慣化している無駄長時間労働があり、それに対応する下請けが最もヤバそうだよという話だ。

2016-11-13

締切が守れない。

締切が守れんのです

文章を書いて売る仕事をしているんだが

締切が2週間あとだったら、初めに手をつけるのが15日め。

小学生ときからそうだった。締め切りを過ぎてから動きはじめんの。

何十年同じことを繰り返し続けるんだよって呆れる。

そんで仕事もせずなにやってんのかつったらゲームやってる。

散歩してる。本読んでる。はてな匿名ダイアリー書いてる。

もちろん全然楽しくない。仕事しなきゃ仕事しなきゃって思いながらイカになってインク撒き散らしてる。

で、いろいろと対策を考えたわけですよ。

まずは定番のアレ。締め切りを早めに設定するってやつ。

2週間あとだったら、7日前に終わるようなスケジュールをたてる。

でもダメだった。アタマでは本当の締切がわかってんだから絶対に守れない。

あとは、タスクを小分けにしてTODOリスト登録するってやつもやった。

最初はうまくいった。これいけるんじゃない?ってなった。

でもだんだんTODO登録すること自体を避けるようになった。意味ない。

ようは「がんばっても間に合わない」んじゃなく「締切がすぎるまでやろうと思えない」からスケジュール管理以前の問題なわけだ。

これって病気なのかね?

でも病気だったとしてなんなの?許してもらえるわけじゃないし、許してもらえたとして、俺はこれからも締切を破り続けるわけ?なんだよその人生

そんで病気じゃなかったらただのクズってことになるよね。

いや実際クズなんだけれども、俺、自分クズだって気づく前はもっとクズって腹で笑いながら悪いことしてサボってんだと思ってたよ。

クズとして生きるのがこんなに辛いとは思わなかった。しかも「どうしてもサボってしまう苦しさ」って、端から見たらめちゃくちゃしょうもないよな。甘えるなカスって言われたらその通りですと言うしかない。いつもいろんな人に迷惑かけてるし。

でも書けないんだ。こんな繰り言はスラスラ出てくるのに肝心の仕事はまったくといっていいほど進まない。仕事したい仕事したいって連呼しながらスプラチャージャーでイカ撃ち抜いてるよなんだよこの人生