「田舎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 田舎とは

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161209042252

親戚もかつてのクラスメイト(とその親も)、周囲100%

ボンボンもいない、スーツ着たデスクワーク職もいない

大人になる通貨儀礼成人式運転免許ぐらい

あの辛さというか、どうしようもなさは田舎まれじゃないとわからんだろうな

一国二制度なんて、政治家が騒がなくてもすでに出来上がってる

http://anond.hatelabo.jp/20161025130440

田舎って、捨てられていくんだな。

地方ほど人口減少が激しい理由って、やはりこういうところも有るんだろうか。

東京でも格差の下の方はこんな感じ。

学歴なんぞ要らん」と言ってきたツケが”地元”を滅ぼしてるな・・・

2016-12-07

竹熊さんが本領を取り戻しつつある

http://anond.hatelabo.jp/20161207165833

田舎の人も結構田舎モノの自覚ないよ。

ま、狭いコミュニティ価値観に寄り添うことは、そんなに悪いことではない。

http://anond.hatelabo.jp/20161207164517

IT業界人間しか付き合わない、って時点で田舎モノと同じでしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20161207163508

そもそもIT業界ってそんな狭い田舎業界じゃないやん。

あいつら俺たち都会の最先端で働いてる!世界活躍してる!って思ってるやん。

それなのに実際は狭い田舎者と同じ認識しかない、って時点で自己認識間違ってるやん。

http://anond.hatelabo.jp/20161207160021

医者より自分たちが上と言い切れる人はなかなかいないと思う

田舎公務員なんかは、普通に公務員以外は賎民」ってナチュラルに思ってるからね。

田舎なんて医者神様扱いだろ

首長クラスならまだしも平公務員にそんな認識ない

http://anond.hatelabo.jp/20161207154928

どこかの下請けで入っているのでない限り、「自分たち業界が至高」って業界はたくさんあるよ。

インフラとか学校とかは特にそういう傾向強し、田舎公務員なんかは、普通に公務員以外は賎民」ってナチュラルに思ってるからね。

IT系が目立つのは単にネット周りでうろついている人が多くて目につくだけでしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20161207010847

まってまって、多分都内路上教習したって難易度同じか難しい位じゃない?

町中の路駐の列とかそこにロードバイクがすり抜けていくような環境もかなり難しいぞ。

私は田舎の方がマシだと思うわ・・・がんばれ・・・

あとは恥ずかしいけど運転のイメトレするしかない。

私も教官に頭大丈夫かって言われるくらいのもんだったけど、イメトレしろって言われてまじめにやったら普通にトントン拍子に卒業できた。

教習所卒業検定に受かりそうにない

教習所卒業検定に受かりそうにない。

明日で2回目だが、3回目で落ちたら都内教習所に転校も考えている。

1回目はバックによる方向転換で脱輪した。

やり方さえ覚えれば簡単縦列駐車で苦労なく、セックスに困らなそうな女は合格した。

この田舎の人もバスタクシー自転車モラルが極めて低い路上を走るのはストレスだ。

時間走ったら、あまりの疲労でフラフラになる。

運転していると胃が痛くなる。

どれだけ気を張っても文句を言われる。

これで、MTならまだマシなのだろうがAT限定なのがなんとも言えない。

仮免は二回落ちた。

その前に追加で6時間程度多く乗った。

路上教習は4回くらい多く乗った。

色々と気分が悪くなる。

車なんかもう乗りたくない。

とりあえず、落ちれば落ちるほど転校できると思えば前向きになれそうだ。

Amazon Goって

確かに便利だと思うけど、みんなそんなにレジに待てないの?

そこそこ田舎に住んでいるけど、コンビニなんて山ほどあるし昼時には滅多に行かないからたまに数人並ぶ程度。

から技術的に凄いとは思うけど、そこまでは正直求めていない。だって数分しか変わんないし。

やっぱ東京とか都会は死ぬほど混雑するの?

それともみんな1分1秒を争う生活をしてるのだろうか?

まあ個人企業マグロと同じく進まなければ死ぬということなのかな。

2016-12-06

また踏みとどまってしまった

生きてるのがつらい。とにかくつらい。痔下痢肩こり腰痛倦怠感睡眠不足過食よくわからないけど泣くなど心身の不調のオンパレードである

朝5時に飛び起きて始発に乗っては夜遅く帰ってくる日々。安い給料の割にプレッシャーはきつい。どれだけ早く仕事を片付けても何かにつけ拘束されたまま帰れない。

何かくいっぱぐれない技術がつくような仕事でもない。将来が見えない。

縁のない田舎での安いアパート一人暮らしでは洗濯も皿洗いも掃除も進まず、もう半年ぐらい置きっぱなしのゴミがある。

友達もいなければ恋人もいない。というか失恋した。

そもそも学生時代からまとめて精神を病んだ家族とけんかして実家と疎遠になったり、学業に打ち込もうと思っても上手くいかなくて鬱っぽくなって以来元気だったためしがない。

もういい加減なんとかしたい、そう思って心療内科に行ってみた。

ここならなんとかしてくれるんじゃないか、期待しすぎだと思いつつも藁にも縋る思いで予約した。

もう苦しまなくていいんだ、やっと元気になれるんだ、そう思っていた。

だが何かおかしい。診察の際に症状についてヒアリングされたのだが、なんか「聞き上手感」がない。自分言葉理解された気がしない。

最終的な結論としては「うつ病で何もできないという”ほど”ではないですね。軽めの薬で様子を見ましょう」だった。

いや、たぶんそれが正しい治療なのだろう。カウンセラーではない医者に多くを求めるのは酷かもしれない。

でもさ、正直なんで今まで生きてこれたのかわからないぐらい、ずーっとボンヤリ苦しかったんだよ。もう何年も耐えてきたんだよ。

それを「そんなに深刻ではない」みたいに軽く言わないで欲しかったんだよ。味方だと思ってたのになあ。

永田カビ『さびしすぎてレズ風俗……』に書いてあったと思うが、「うつ病になって病気だと認められてやっと堂々と休めるようになった」みたいな一節があったと思う。

おかしな話だが、もうはっきり「あなたうつ病です」って言われたほうが楽だった気がする。

いや、こんなことを言ってはうつ病の人に申し訳ないし、当人たちはそれこそ毎日死にそうになっているのを何とかしのいでいるのだ。今の自分よりもひどい状況と考えると、それはもうつらい。

その点まだなんとか食べて寝て仕事してというサイクルをへたくそながらも続けられている自分は甘えすぎなのかもしれない。

でも本当につらい。無理をしてはいけないと言われたがその無理はもう何年も続けてきたのだ。いいじゃない、甘えたって。

踏みとどまっていられるのは運が良かったり体だけは丈夫だったりしたおかげだ。今でこそこんな感じだけど、昔はすごく明るくて友達もたくさんいて毎日しかったんだよ。

そんな過去を思い出してなんとか踏みとどまってる。なんとかあっちへ行かずに済んでいる。

でもさ、どうしてこんな崖っぷちに立たされたままなんだよ。いっそのこと突き落としてくれよ。

そうすればもう悩まずに済むんだよ。

そんなことを考えながら明日も始発で出勤です。

勤務中に「客が全員死んで来なくなればばおれは働かずに済むのに」と毎日考えている接客業従事者ですが、恥を忍んで働きます

http://anond.hatelabo.jp/20161206151349

政権としても人材不足が続けば日本がいよいよ沈むだろうが

高度教育を受けた有能な女を田舎の嫁として使い潰すなんて愚の骨頂

http://anond.hatelabo.jp/20161206150032

東京保育園が足りないのは、田舎から女が出ていくからだろ?

戻れば解決

地方若者東京に出ていかない懸念なんか、地方にはないわ。

若者地元に残らない」「出て行ったまま帰ってこない」心配しかない。

http://anond.hatelabo.jp/20161206144706

から、古き良き日本の家庭=女が働きつつ家事育児介護もやる、だろ

専業主婦なんて都会の一部で広まったものに過ぎない、田舎の嫁は昔から重要労働力

http://anond.hatelabo.jp/20161206142417

田舎給料の額云々はともかく(それはつまりさして田舎でない地元なら超えるっつーことだからね)、古き良き日本の家庭像を志向する自民党が女のフルタイムとか望んでないだろ。

何よりいま求められているのは、使い捨てできる底辺労働者なんだし。

子供を産んだら保育園に頼らず、自分で育てろ。

子供が手がかからなくなったら、サボらず働きに出ろ。

最下層のサービス業従事者が不足しているから、高望みせず低賃金で働け。

そんな感じ。

http://anond.hatelabo.jp/20161206135834

田舎給料ならちょい配偶者控除の上限上げただけでフルタイムでも突破しなくなる

配偶者控除のせいでフルタイムで働けない、なんて給料高い都心部だけの話

田舎正社員でも月収10万円台前半とか余裕であるからな、扶養正社員なんてのも生まれるだろうな

http://anond.hatelabo.jp/20161206135834

配偶者控除はただの選挙対策

田舎の事は置いといて、都心部の女に求めているのは「保育園に頼らずバリバリ働け」だろ

田舎保育園増設するのは簡単だしな、金も都会ほどかからん土地もあるし

http://anond.hatelabo.jp/20161206135421

親に子供の面倒を見させようとしているのはその通りだけど、主婦フルタイム職を望んでいるわけではない。

配偶者控除廃止するのではなく、上限の引き上げを図っていることから明らか。

そもそも田舎フルタイム職はそうたくさんはない。

http://anond.hatelabo.jp/20161206103038

貧困者は田舎ではなく都会のスラムに多い、ってのは世界共通だと思うけど

都営住宅日本スラムだろうねえ

知らなかった

東京23区にも公営住宅があるなんて…。

港区とか皆すっごい金持ちそうだと思ってたから、そういう所にもあるんだなぁ、と。

でも、確かに、障害者母子父子家庭もどこにでもいるよなぁ。貧困者も。

東京行くとホームレスはよく見かけるけど(ビッグイシューは買ったことない)、

そのちょっと上って見えにくい。

田舎田舎で見えづらい。

学校制服問題でも感じるけど、貧困が見えないことは幸せか。不幸せか。

田舎銭湯で感じる違和感

出張地方に行ったとき余裕があれば銭湯に入るのが私のささやかな楽しみ。この前行った銭湯になんかモヤっとしたので、メモしとく。

ネットで調べると、ホテルから結構近くに銭湯が有ったので直行すると住宅地の裏路地という感じの場所だった。建物の大きさは普通の民家と変わらないので、男女と書かれた暖簾がなければ、割烹料理か何かと勘違いしそうな佇まいだった。道路に面した壁に入浴料金が書いてあって、その横に手のひら大のホワイトボードがあり、「入浴マナー上月間」と書いてある。正確にはなぐり書きというか、パッと見で落書きと見間違える汚さだった。まだ、このときは若干の違和感を感じつつも都会に比べると安めの入浴料に嬉しく思っていた。

ガラガラ引き戸を開けると右側に下駄箱、左側にカウンターがある。カウンターに行って、お金を払おうとすると、そこに居た受付の兄ちゃんがロボットのように言った。

下駄箱に靴を入れて鍵をフロントに預けてください」

しかに、そういうシステム温泉は多いので納得した。しかし2畳ほどの玄関スペースに傘、靴などなど明らかに銭湯家の私物と思われるものがおいてある。1人か2人しか、お客は入っていなかったが傘立てはパンパンだった。なんか嫌な気がしてきた。それでも下駄箱に靴を入れ、その鍵を持っていつ洗ったかからないタオルが床に敷かれた上を通ってフロントに行った。

脱衣所へ向かうと、建物構造新築のもので清々しいが、不思議光景が目に入った。部屋の隅にはどう考えても利用客のものとは思われない私物が積まれていたし、自宅にあるような洗面台の棚には無造作に歯磨き粉とイソジンがそれぞれ複数個置かれていた。そして洗面台と壁との10cmほどの隙間に、シャンプー放置されていた。一体誰が何のために置いているのか。ゴミなのか? 友達の家にでも遊びにきたのかと錯覚した。そして、銭湯独特の石鹸臭がするわけでもなく、生活臭がした。祖父母の汚屋敷に行って、風呂に入らされた幼少期のつらい記憶フラッシュバックし、このまま帰ろうかと思ったが入浴料は既に払っていたので、留まった。床も壁も綺麗に掃除されていたので、リフォーム済みだということを自分に言い聞かせた。

浴槽も、洗い場も6人程度の小さめだがそこは至って普通だった。さっさと体を洗って湯船に入ると、激アツ湯だった。ふと壁面を見上げると、壁画が書いてある。ヘタウマというのだろうか、柔らかいタッチとでも言うのだろうか、普通銭湯壁画に期待される精緻さというものをこの壁画は全く満たしていない。素人落書き、あるいは職人を雇うカネすらなかったのかと疑いたくなる。そして、この銭湯も例によって山が描いてあったけれど、どう見ても富士山しか見えない山に文字地元の山の名前が書かれている。絵に文字を入れて説明するのは銭湯壁画としては最悪の部類に入ると思う。そして、山の手前ではハナタレ小僧が3人ほど草原キャッチボールしている。丸坊主少年は本当に腹が立つほど憎い顔つきでこっちを見ていた。隅の方にハゲオヤジチョコッアクセントで描かれていたが、もはや意味不明だ。一体どんなセンスをもってこの絵を作ったのか、私は理解に苦しんだ。乱雑な玄関私物放置された脱衣所と合わさって、不快な思い出になった。

体が温まったので、さっさと湯から上がりホテルへ一目散へ帰った。こんな銭湯だったらボロホテルユニットバスの方がよっぽどマシだと後悔したが、これもまた旅の思い出と言い訳している。私は、築ン十年のボロ銭湯でも楽しく入れるが、この銭湯では一体なにが自分不安にさせていたのか。