「教員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教員とは

2017-01-17

看護学生

看護学生してて思ったこと。

もちろんプライバシー保護は大切なので、掘りいったことは書きません。

ひとつの例として受け取ってもらえればと思います


わたし

看護大学4年、もうすぐ国家試験

教員陣は怖い人が多い

・なんとかなるから大丈夫と思ってる

ヘタレ

・きらいなことは行動計画発表


まず、大学でのこと。

1年の頃からフルコマでびっしり勉強が始まり医療ことなんてちんぷんかんぷんながらも頑張って覚えた解剖生理学

途中に挟まれ技術演習。血圧測定のテストではダブルステートで教員と聴いた。よくできていた人にも粗探しをされ、文句しか言えないのかと思った。

2年くらいになると文系大学で現れる〝全休〟。そんなものはなかった。「起きたら2限始まってたあ〜」なんて有り得ない。1限すら落とせない。絶対に、這ってでも1限に行く。単位を落とすことさえ許されない。実習が始まるから授業どころではなくなってしまう。わたし大学ナース服を着る時は黒髪でなければいけなかったので、大学生活はほぼ黒髪夏休み染められるのが嬉しかった〜。


3年から始まる領域別実習。(2年生からのところもある?)

教員が鬼に見えた。

病棟へ行き、行動計画指導者に見せる前にまず教員チェックが入る。

「なんで?」

「は?」

あなたは昨日の夜何をしてきたの?」

教員言葉が痛かった。わたしを見る視線も痛かった。逃げ出せるもんなら逃げ出したかった。

毎日2時間くらいしか睡眠時間が取れないくらい、必死に受け持ちさんの疾患と症状を見比べて立てていた行動計画。こんなに必死にやっても褒められることはなかった。

それがやっと終わっても次にやってくるのは指導者への行動計画発表。指導者2人+教員2人VSわたし、なんてこともあった。実習の中でいちばん嫌いな時間だった。グループメンバーがズタボロに言われてるのを見て、ああ……わたしもこうなるんだ……と毎日思ってた。

アセスメント看護計画教員からコメントが心に刺さるものが多くて毎日泣いていた。甘えかもしれないけど、もっと言葉の棘をなくしてほしいと思った。


唯一実習で癒されるのは患者さんとの時間。本当にありがとうと言いたい。ベッドサイドが病棟いちばん落ち着く場所かもしれない。まあそれでバッ!とカーテンが開いて教員が現れた時はもう\(^o^)/こんな感じだけど。

そんな患者さんだけど、アセスメントして計画を立てるためにこんなこと聞くの?みたいなことまで聞かなければいけない。根掘り葉掘り聞かれて患者さんは嫌じゃないかな?とか、わたしだったら聞かれたら嫌かもしれないな、、なんて考えながらお話をしていた。聞いてきたことをアセスメントに加えても、不足があって指摘される。ここ聞かなきゃ!って思うけど、どうやって聞けばいいんだろう…とかなり悩んだ。病態よりもコミュニケーションに悩むことが多かったかもしれない。御家族から聞けることは御家族が面会に来られた時しかチャンスがないからもう必死(笑)きっと変な言葉になってただろうな〜。


指導者への報告の仕方とか、ケアの手順とか、調べてきてもやっぱり実際の病棟とは違う。仕方ないけど悔しかった。


あとは、ナースステーションの居心地の悪さ。記録部屋を用意してくれる病院ならまだいいけど、それがないところはナースステーションにいるしかいから頑張って看護師さんたちの邪魔にならない場所(隅の方)を探して居るけど、邪魔じゃないかな?ここ使うかな?といつもら気にかけていてナースステーションは好きな場所ではなかった。実習に来てごめんなさいといつも思ってた。


あと、やることがなくなる、もしくは何をやればいいかも分からなくなると始まる病棟散歩(笑)教員指導者に見つからないように病棟をうろうろした。だって何したらいいかわかんないんだもの。聞くにも「なぜ私に聞くの?」って言われるから1度聞いたらもう聞けない。うろうろするしかない。


領域別実習が終わって卒業研究。いわゆる卒論のようなもの。3年生の2月とかから始めて、国試勉強とか就活しつつ10月に完成させる。文系大学と比べるのもおかしいけど、わたしは同時進行でやることが多いから、卒論くらいでなんであんなに文系大学は騒いでるんだろうって思った。

最後に。

鬼の教員だらけで大変だったけど実習は休まず行ったし、単位ひとつも落とさなかった。普通のことだけど。なんとかなるもんだと思った。寝れなくても、病棟で泣いても、怒られても、なんとかなる。大学生だけどあまり大学生らしい生活はできないからそこだけ覚悟必要かな。


で、今は国試直前。

こんな時間に起きてることも、こんなの書いてることもあまりよろしくないです。でもなんとかなることを信じて頑張ります


追記です。

なぜ度々患者さんへ許可をとるのかについて。

インフォームド・コンセント(事前に説明許可を得ること)ぜったい!と教えられているので、何をするにもまずは「次にこれしたいのですが、いいですか?(簡単に言うと)」と聞かねばなりません。

それもきっと患者さんからしたら、いちいちうるさいなあってなりますよね。でもそれをしないと、教員指導者(学生指導看護師)から「え?許可とってないの?ならできないよ」と言われてしまます。なかなか難しいことばかりで……。

受け持ち患者さんに受け持ち開始の時に「毎回許可をとらねばならないため、何度も聞いてしまますすみません」と聞いたりしたらいいのかもしれません。ただ、全く余裕もなく毎日焦って不安でぐちゃぐちゃになっているので、できないだろうなっていう思いもあります。もうわたしは実習が終わってしまったので、就職してから学生を受け入れる側になったときに気をつけていきたいと思います学生が受け持たせていただくとき患者さんへの説明が、「嫌なことは断っていいです」スタンスなのであまり説明のことは説明されてないと思うんです。やらなければいけないですね。

2017-01-11

一ヵ年皆勤までもう少しだが、高校を休んだ、日記

僕は風邪をひきにくい体質だ。病弱そうな見た目の風邪をひかないタイプ人間だと思っていただきたい。

スポーツもあまり好きではなく、外出時は義父の車に乗って遠出をするので、怪我もしていない。病気も滅多にしなく、多少調子が悪くても軽い頭痛程度の私は、毎日毎日律儀に学校へ行った。おかげで一ヵ年皆勤まであと少しだった。教員に「努力すれば出来る子」としてみてもらいたいからでもある。

ところが、だ。

天国のような冬休みあいにく終わり、始業式のためだけの儀式的な学校に行ってから、どうも調子おかしい。気にせずその日は眠ったが翌日の朝、起きた時にはっきりと体がだるかった。布団を頭からぶっても寒かった。吐き気がした。

僕はがっかりした。僕も風邪をひくんだな、と思った。僕は母に頼んで学校を休んだ。

学校を休ませてほしい、熱はないがはっきり体調が悪い。その言葉さらっと出てくるまで何度か言い直した。一日休んだからといって学校での僕の立場が変わらないのは知っているが、皆勤を逃したくない、教員に「出来る子」と思われたい、という思想は僕を形作る大切な要素の一つで(僕はこの時それを初めて自覚した)、休みたい、というにはかなり葛藤した。

母は滅多に体調を崩さない僕の白い顔と、乾燥した唇からとぎれとぎれに漏れ出る言葉理解し、はっきりと動揺していた。母は心配そうな顔をして、派遣先会社へ向かった。

一人ぼっちの家の静寂に耐え切れなくて音楽を流した。P-modelアルバムを、ずっとリピートで流した。3回目のリピートに入ろうとした時に、僕は卒業アルバムを開いた。

小学生の頃、今とは比べ物にならないほど体の弱かった僕は、1~2ヶ月に一度は風邪をひいて、学校を休んでいた。普段学校に来るな、と僕に吐き捨てていた同級生は僕が学校を休むとなに学校休んでんだよ、と言ってきた。


耐え切れなくなってアルバムしまい、羽毛布団をかぶった。なに学校休んでんだよ、か。ひとりごちた僕は、何から逃げようとしているのかもわからないまま、布団の中でうずくまった。

2017-01-10

薬剤師の素晴らしさ

高2のときに、薬剤師になるのも良いのではないかと思って、親戚の出た大学薬学部薬学科を進路の視野に入れたことがあった。

私立なので学費が高すぎること、教員志向なので理学部農学部に転ずることとなり、その後数学が壊滅したため文系になることになったため

薬学部に行くことはなくなった。




しかし、今思うと、薬学部薬学科と言うのは色んな意味で素晴らしいような気がしたのだ。

まず、大学院博士課程に行って研究職を目指す場合ポストがなさすぎて食べていけない人というのが大量に発生している。

論博士取得者の進路はアカデミックポストだけではなく、塾講師など色々あるが、それだって多くはない。

薬剤師資格があれば、これを活用してなんとかなるのではないかということを思った。あと大学院時代から既に薬剤師バイトできるのだろうか?



これは、産休・育休のあとに復帰しやすい、同じ職場に復帰しなくても転職やすいということでもあると思う。

高校の先輩女子薬学部薬学科に行っていた方は、これを理由薬剤師になることを決めたらしい。


また、社会的地位というものもある。医者と違って、全部の大学最上位というわけでもないが、それなのにかなりの社会的地位はある。

聞くと、アメリカでの薬剤師地位というのは相当なものらしい。




さらに、一部の大学では、入試数学理系分野は必要ない。数学が得意な人にとってはどうでもいい利点かも知れないが、理系自体を諦めなくてはいけないレベル数学ができなかった人間にすれば、これは大きい。一部の大学と言っても、中堅国公立や難関私立も含まれるので、どうしても上位国公立でないと行けないのでない限りこの恩恵は受けられる。理系数学を侍みにしている人からすればデメリットかも知れないが……。



今一度薬剤師になることの利点を思い浮かべてみると、これらの要素が思い当たる。既に諦めた人間による、隣の芝生は青い的な感想だが

特にもしいま、数学ができないという理由文系にしようとしている高校生がいたら、ぜひ薬学部薬学科への進学を検討して欲しい。

2017-01-09

現場至上主義の愚かさ

コンサルまでいかなくても、IT関連企業にいる人はわかっていると思う

どれだけ良い提案結果的効率化された案件でも、現場は必ず反対する

現場の側になってみればわかるけれど、フローを変えたくないし口出しもされたくない

なので反発する

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1068392

これも同じだね

教員はいままでのやり方を変えたくない、だから人を増やせというけれど無駄

部活をやめたい?、ならやめればいい

別に文部科学省関係なく校長が廃部にしますといえば廃部にできる

実際に部活動はどんどん減っていますので、やめられないというのは嘘

というとしがらみがあるだとか言い訳されるわけですが、だから教員を増やしても無駄なのです

外部から無責任無駄もの無駄と言い切れる人材、悪役になってくれる人材

それが求められているわけ



コンサルの評判が悪いのもここにあります

そりゃ毎回悪役やってれば悪評ばかりついてまわるよね

でも、現場に任せておいたら改善なんてできるわけがないよね、しがらみがあるから

なので現場が一番わかっているというのは一面では正しいのでしょうが

わかっていても普通は言い出せないからこそ外部の人間を入れる必要があるのです

世の中空気読まないで思ったことを口にする人ばかりなら必要ないけれどね

残念ながら日本社会はそうではないので

http://anond.hatelabo.jp/20170109200731

大学で身に着けるのは情報主体的インプットしてアウトプットする技術よ。

一方的先生の言うことを教わってればよかった小中高と違って大学自分で授業選んだり、自分研究テーマを見つけて、自分で調べて考えて卒論書かにゃならん。指導教員は使い倒せ。

これを真面目にやってればほどほど使い物になる人間になれる。

ホリエモンみたいな大学不要論者はなまじ出来がいいか自分課題を見つけて自分で調べて考えてアウトプットする技術トレーニングしなくても自然に身に着けられるものだと思ってるんじゃないかと思ったりもする。

日本部活死ね

関東学校バスケ部顧問をしてる。

近々開催される大きな大会があって、県内全域の学校が参加するんだが、出場のためには「監督会議」とやらへの出席が必須で、今日はそれに行ってきた。

指定された会場には、県内から200校近くのバスケ部顧問が集まる。

会議とは名ばかりで、会場割当とかの資料をもらい(これがメイン)、主催者や後援者の挨拶競技運営上の簡単な注意事項を聞くだけという内容。1時間で終了。マジでクソ。こんなん資料だけ学校に届けろや。

会場は自宅から片道で2時間以上かかった。家には妻と小さい子供を残してきた。明日からの授業の準備もまだ終わってない。休日の大半の時間を費やして、支給してもらえるのは実費分の交通費のみ。そして来週の土日もまた部活

日本部活死ねよ。部活やりたい教員なんて半分もいねーだろ。あと学校間の連絡でFAX使うのいい加減やめようぜ。

大学教員は、趣味仕事にし、上司もおらず、服を着る必要もなく、通勤ラッシュと無縁で、裕福な暮らしをしている存在

お前らええんか…

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161229111558

介護施設で働いてる。いうまでもないけど子供いるから老後は安心なんて思わないことだね。

自分介護必要な時、子供自分の孫とか家族のことに手いっぱいだったりする。

100歳越えで元教員とかだと年金すごいか胃瘻つくられて

自然死ぬことすらできない、

いったいどう表現していいのかわからないけど

金づるとして、いかされてる(としか思えない)。

家族にあったことない。

ま、いまの人らは年金とかなさげから

自然病院さようならだろうけど

いまは病院にいることを国が許さないか

在宅で白骨化が増えていくかもね

いまの第一ベビーブーマーとその子以降はね。

大学生講義選択

中堅以下の大学はいろいろキャッチ―な講義を設定する。

教員も授業を工夫する。

学生に少しでも興味を持ってもらえるように。

しかし、多くの学生は「楽な講義」を選ぼうとする。

楽に単位が取れる

テストが持ち込み可

出席を取らない

1限でない

寝られる、叱られない

などが重要要件となる。

少しでも興味や関心を持てる内容の授業を取れば、

結果的好奇心を持つことで「楽しい講義」になると思うんだけど。

以前、ある短大で、「アロマ生活」という感じで

アロマテラピーの演習をやっている先生に会った。

化学的な知識効能を学ぶとかではなく、香り感想を述べたり、

ハンドマッサージをやる、という内容らしい。

これで大学の授業になるのか?という話はさておき、

それならさすがに学生も楽しんで学べているのでは?

と思いきや、意欲のある学生は多くないらしい

どうも、「この授業なら簡単単位がもらえそう」

という動機から選択する学生が多いようで、

マッサージなどは「手が荒れているので」などと言って

さぼろうとする学生までいるらしい。

カルチャースクールなどでしか教えたことがなかったが、

そこではみんなとても楽しく学んでくれる。

ここでの授業はやりがいがない」と嘆いておられた。

興味をもってもらう、というところからスタートする

大学講義は本当に大変だけど、それが成功すれば

大学進学の意味が出てくる、といっても大げさではない気がしている。

護憲ならカルトと手を組むリベラル

代表例は内田樹

リベラル派の間で高まる公明党創価学会“頼みの綱”論の危うさ

http://lite-ra.com/2014/10/post-567.html

2016-12-28

大学生姿勢

大学生の意欲や態度という意味ではなく、講義中の身体の体勢という意味です。

いわゆるFランクや中堅大学学生まで含みます

姿勢については、大学偏差値が上がると良くなる傾向にあるように思います。)

・背もたれの上に首を乗せて天井を仰いだ状態で寝る

・前の机の上に両足を上げる

椅子の上で胡坐をかく

・常に揺れる(寝ているわけではない)

椅子の背もたれを窓側や教員側に向ける

(↑そのまま他の学生と喋ったりスマホをみたり)

椅子の上に土足のまま両足を乗せ、お尻を突き出し、しゃがんだ状態で受講

(↑ぶ〇いくですが女子学生です)

椅子を3台並べて横になる

・長机の上で横になり寝る

全て自分講義中に遭遇した事例です。

静かにしていれば無害だし、きりがないので、いびきなどがなければ寝ている学生

基本スルーしていますが、時折「出席にしておくから、寝るなら

もっとやす場所で寝てきなさい」と声をかけることもあります

が、ほとんどの学生教室を出ようとしません。

ふしぎ。

2016-12-27

[]冷泉明彦

互助六団



すけろくちゃんを中傷することに人生をかけているインターネットトロールたち

Twitterに生息


メンバー



冷泉明彦 @JosephYoiko

1963年まれ:男:身長172cm

引越ししていなければ福岡市在住

自称工学部大学教員自称応用数学者。元IT企業経営者



ショーンK匹敵する虚言癖の持ち主

ネット上で彼が語るきらびやかな昔話・自慢話にはいくつもの不審点が見つかっている

逆に事実であるという証拠は一切無く、ほぼ全てが嘘であると思われる



発言は浅い知識マウンティングを取っていくスタイル

警察ヤクザなど、ある分野での強者権威を借りて相手を脅すことも好む

自称数学者だが論理性は無い

怠惰を「働くの好かず」と言って軽蔑している様子を見せるが、自分は一日中Twitterにはりついている

好む話題中傷の他には自慢話、昔話。

高田純次が言った「歳とってやっちゃいけないこと」をやりまくる

テレビ芸能話も大好きである

ペット画像RTしまくり自分の汚さを覆い隠そうとする



JosephYoiko の名でGitHubアカウント有り

ほぼ活動は無いがアンドロイド関係プログラムがある

数年前ブログで「会社仕事とは別にアンドロイドアプリ作って何百万も稼いでやんよ」と豪語していたが、実際に稼いだかは不明()

2016-12-25

大分高校剣道部での熱中症で生徒が亡くなった事件を読んで中学の頃の某教師を思い出した

教育委員会研修」「自然の家に配属」というのが問題のある教員の身柄預かりということを今更ながらに再認識した

会社で言ったら内勤の事務部署やら人事部預かりみたいなもんだろうか

うちの中学にいたK先生、その後どうなったんだろうなあ

恫喝がひどく、生徒からも嫌われてた

うちの中学に来る前に教育委員会研修を受けていた

しばらくうちの中学にいたけど、その後また教育委員会に異動したと聞いた

自分としてはいきなり怒鳴って怖い社会科先生というくらいのイメージだったけど、

教育委員会にまた異動したことを思えば、なにか問題起こしてたんだろうなあ

その教師教育委員会に再度異動したというのも、自分中学卒業してからそれほど時間を経ってからではなかったように記憶している

そう思うと自分たちのいた世代はなんというかひどくハズレくじだったよなあと感じる

すぐに再教育必要になるような・本質的問題のあった素行の悪い教師を生徒として相手をしないといけなかったわけで

2016-12-24

統計比較

新人教員自殺率(10年間)と日本人全体の自殺率を母数合わせて比較してるブコメがあったけど

やるなら新卒社会人(10年間)の自殺率比較すべきだと思うし、そもそも全体の自殺率と比べて平均以下だから問題ないという話でもないだろうに

教育現場新卒殺したいなら担任しろ

教員免許国家資格なのは子供を預かり教育することがどれだけ重要なのかというのことを表している。

それなのに国や各自治体は何食わぬ顔で教育現場経験新卒担任にする。

昨日まで学生だった22、3歳の彼らは突然30数人の子供を預かることになる。思春期反抗期に入った子供は実の親ですら分からなくなる時がある。それなのに国はそんな子供達をまだ何も知らない若者に放り投げる。若者若者なりに考えてやるものの、ベテランと同じ仕事をできるわけがない。普通会社ならここで「すぐにベテランみたいになれるわけがないんだから失敗しながら頑張れ」と自分を慰めることができるかもしれない。しか教育現場ではそうはいかない。学校というのは子供にとって大きな影響を与える場所である大人になっても学校での良い経験、嫌な経験を覚えているように感受性が豊かな子供の頃は、学校ひいては教員存在は大きいのだ。つまり大人にとってはただの失敗でも子供にとっては数十年経っても忘れないトラウマになることだってありえるのだ。

そんな大事仕事する新卒のために、多くの自治体では事前研修などをしない。

4月1日になると現場に放り出され、6月7月になってからやっとクラス経営指導方法といった研修が行われる。おせーよ。

周りの教員も忙しい年度始めにきた新人など相手にしている暇がない。嫌がらせではなくそこまで心の余裕が持てない。孤立する新人思春期の子供、忙しさで苛立つ同僚、おなざりになるプライベート。そりゃ死ぬわ。



国や地方自治体の人が見てるならどうか分かってほしい。研修は事前にやらなければ意味がないということ。土日の部活をすると週7勤務になること。新卒副担任から始めるように義務づけること。

そうしないと真面目でストレスを抱え込むタイプ教員死ぬぞ。

2016-12-18

中学校教員は頭が空っぽでないと務まらない

不定期にあちこちの有象無象学校に転任させられる奴もいれば

田舎底辺中学校に7年も勤務させられた後にようやく進学校

中学に転任させられるやつなど。

異動基準は何で、だれがどうやって決めているのだろうか。

2016-12-16

Webエンジニア現在教員愚痴

最近とある本の出版記念講演で、電気通信大学曽我部研究室がやっているReNomという人工知能を知りました。

悪い意味での引用でしたが、確かにこのReNomのデザインアーキテクチャなるページを見ると、突っ込みどころ満載なページで面白いです。

http://cluster-iperc.matrix.jp/ja/reports/architecture/

やましいことがあるのか、タイトルすら画像で作られており色々とコピペができないサイトになっていて非常に楽しいです。

なぜこんな事を書いているかと言うと、このアーキテクチャが作られた背景は知りませんが、「バズった言葉詰め込んどけば人集まるんじゃない?」

的なノリの状況に遭遇し、この曽我部先生を笑えない経験をしたからなのです。

====

最近AI流行に乗ろうと、もちろん私の所属している所にもAI関係学科を作ろうという企画が立ち上がっています。今年名古屋大学人工知能学科を設けますが、プログラミング教室的な所も含め、至る所でそういった話題に事欠かない一年でした。

学科を新設するに当たっては募集のための文言や図などを作っていくのですが、「このワード学生に響く」という一点で、正しさは二の次適当にバズってるの入れて学生来てくれれば、AI関係者に何言われてもいいでしょ?的なノリ。あーこうやってReNomアーキテクチャような図ができていくのだな・・・と会議を聞きながらしみじみ思ってしまいました。そして裏でDisられていることにも気付かずに続けていくんでしょうね・・・。現代SNS情報が一気に拡散しないことを祈るのみです

私はこの2年間、プログラミングを教えつつ「役に立たない情報処理試験」を仕方学なく教えながら(いやかなり脱線講義で、上の人が聴いたら卒倒する)、もっと現代に求められるエンジニアを育てていきたい!という思いで学生に向けて人工知能最先端も入れたりしてましたが、心が折れてしまいました。

などなど、最近の動向も交えながら、今こんな状況だよ!すごい世界になってきてるよ!と教えてきました。元々教えることが大好きだったので、自分の教えている学生には「この情報処理世界楽しいんだよ!わくわくするんだよ!」という思いを常に持って教えていますが、あの情報処理試験ってどう考えても嫌いな学生を量産している気がしてならない

学生就職率も考えて、教える技術の取捨選択などもしないといけないのでしょうが、そもそもその就職自体人工知能に食われてるかもよ?というのが現状だと思ってます

普通教科情報教員1年目の冬

今日高校普通教科情報、(理科生物化学)と兼任だが、)の2016年は終わった。

高校情報WordExcelに頼る安易な授業をしていると批判対象になっているが、


学習指導要領のすべての項目について

「生徒の実情に合わせて」と10文字書いてある。この10文字によって教師は多大な裁量権保障されている。

大半生徒の実情がパソコン自由に使えない、持っていない状態と同じで、家にはあるがほとんど使わせてもらえない状態スマホはほぼ持っている。

家のWi-FiNGで4G(LTE家族割の大半を割り当ててもらって月20GBくらい?まで、とのこと。

ひと昔、2009年2010年ころからスマホ普及で問題になった。その後PCキーボードを触ったことがない子が増えてきた。


当時は理科担当だったので、情報はどうなのかな?

ウチから見ると理科でこの機械使わせてもらったら最高なのになぁ・・・と思いつつ使えない状態が長年続き、教科情報をとるきっかけになった。

一時職場は半分、大学は半分と通うことになった。

久々の大学は「本気でやるの?大変なことになるよ?」

大学教授も迂闊なことは教えられないと緊張感を持ってくれるほど確かなことを言ってくれた。





今年はどうなのか?情報に関しては、かつては専門教科商業領域だったということで、なぜかワープロ検定会計計算理科とは程遠い内容で理想とは程遠い。





俺の理想通りだったわww

これでいいんだったらすんげぇ楽だわww

で、ちょっと理科として説得力が増す定量的なこと加えればいいんだろww





そもそも、理科とか数学で、楽するためにコンピュータ覚えたんだしな。

しか情報免許概念がない時代卒業とかで大学2年行きなおしたよ。

ネット時代コンピュータを恥を知りつつ自分の子ども同然同じくらいの同級生ができた。

基礎科目については私をたずねてくる学生もいた。自分なりにテストの予想をしたり有意義時間を過ごすことができた。





情報教師1年目だけどさ、理科23年ですよ。基礎教科はやっぱり強いのか?

コンピュータの先輩の先生がが技術的なことはやめてほしいっていうので、気楽にやります





ただし手抜きはしませんよ。もちろん。叱ったりして嫌いにならないように。

何もかも禁止だの規制だのいう、学校教育情報、また厳しいネット社会には上司には疑問も持っていてくれているらしい。


そして、主任が何の立場もない自分に、「来年もまたやってくれるよね?」 ってもちろん休憩時間に集う喫煙所代わりに借りてもらった学校近くのアパートで言ってくれた。


理科実験で手が震えて生徒から不安がられ、もう教師は続けられないのかもしれないと思った。

ダメ自分に何か新しい光が見えた気がした。

ただ、本当に続けられるかどうかの結論来年入学定員次第だ。

2016-12-15

優先順位が明確じゃないんだよね

地元就職したいという希望があるのに、偏差値学校を選んだってコトは、報酬/能力比を最大にしようとしたってコトだよね。途中で実家に縛られるような状況変化が生じたのかもしれないけど。

地元就職なら、教員公務員コネがあるなら団体職員とかじゃないか? (地場産業までは知らんけど)。

これは学校をつくったやつの脳みそが足りなかったわけではなく、偏差値かい一面的基準による進路指導にハマった失敗だね。

http://anond.hatelabo.jp/20161214234413

2016-12-14

底辺女子高で教えていた思い出

0.前置き

http://toyokeizai.net/articles/-/149043

厳密に言うならば底辺ではない。確かに偏差値ランキングでは最低クラスだが、それでも↑の記事に出てきた学校よりはいくらかマシだった。

ただ、あの学校非常勤講師として教えていた当時いくつかの『おかしい』と思った点があったのは確かだ。備忘録を兼ねてここに書いておく。



1.意外と低くないIQ

 IQ20違うと会話が成立しないという。増田IQは110程度である。よって、増田と会話が成立しないのはIQ130越えの天才か、IQ90未満の知的に危ない人である可能性が相当にある。そして学校的に、前者である可能性は極めて低い。

これはあくまで推測だし絶対視はできない。だが目安程度にはなる。

その意味で言うならば、明らかに相手理解が追いついていなくて会話が成立しない、という体験はそれほど無かった。

何人か怪しいのがいたのは確かだが、大多数の生徒は知識に多少不足があっても根本的に頭の回転の速さ・地頭力で劣っているという感触は無かった。

原因は何であるか、簡単な話だ。勉強していないだけだ。それでも、テストの前には対策をしようとする意志はあったし、増田が(東洋経済記事にあるようなテスト対策プリントではないが)ある程度点を取るための配慮をしたらその分は効果があった。



2.背が低い

 1で書いたように知的問題はなくて単に勉強していないだけ、というのはそれで良い。教師としては良くないが、それでもマシな部類だ。

それ以上に見過ごせない違和感は、背が低い子が多いことだった。厚労省の統計によれば高校生女子の平均身長は158cm前後のはずだが、明らかにその学校の平均身長はそれよりも低い。

165cmを越えている女子をまず見ない一方、150cm前後女子ごろごろいる。たまたま遺伝的にそういう子が揃っているという状況はあり得ない(そうなる理由があったら教えてほしい)が、原因が栄養状態なのか睡眠などそれ以外の生活習慣なのかはよく分からない。

確かにお腹を空かせている子は多かったが、成長期(かつある程度体重を気にしていれば)はそんなものだとも思うし。

だがどちらにせよ、3で書く理由も相まって基本的生活が良くない生徒が多かったのだろうとは思えた。



3.バイト禁止ではない

 着任して早々に先輩教員から言われたことの1つに「親が離婚したりしている子も多いので、絶対に『親』ではなく『保護者』と言うようにしてください」というのがあった。

実際、年度途中で名字が変わった子もいたし、教員同士の雑談で「あの子は親の虐待から逃げるために家出中らしい」なんて話も聞いたことはある。(余談だが、彼氏の子供を妊娠しちゃったか中絶したい、という子もいた)

それとは別の話として、一般的偏差値の低い学校ほど校則が厳しい傾向にある。あの学校例外ではなく、増田管理職先生から先生非常勤ですし基本的校則の注意は担任がやりますけど、それでも服装髪型でこれこれの違反があったら注意してくださいね」とは言われた。

そのように校則の厳しい学校ではあったが、生徒のアルバイト禁止していなかった。担任管理職先生の前で生徒は平気でバイト先での話などしている。ナンペイ事件八王子スーパー射殺事件と言ったほうが通るか?)以来、学校トラブル回避のためにもまり高校生バイトは推奨しなくなっている割には意外だと思った。

だが間もなく、バイト禁止していない理由を察した。禁止していないというより、禁止できないのだ。

流石に、バイトしないと学費生活費が払えないというほどでは無かっただろう。そもそも学校に来ていない子や年度途中に学校を去った子には学費生活費レベルで困っていた子もいたのかもしれないが、それは増田立場では分からなかった。

だがバイト代の一部は家族生活費にしていたり、あるいは友達と遊びに行ったり─教員としても「よく学び、よく遊べ」とは思う─自分の服や趣味の物(家が貧しいからと言って子ども趣味一切無しで良いとは思わない)を買ったりするのに十分な小遣いをもらえるほど家が裕福ではない、という子は多いのだろう。だからバイト禁止できない。

その程度には家庭環境が良くないから、2で書いたような身長の低さにも繋がってくるということだと気がついた。



4.FAQ

Q1.背の発育が悪かったそうですが、乳の発育も悪かったんですか?

A1.若干悪かった気がしますが、制服の上からじゃ分からないですね。

Q2.というかなぜ↑が分かる

A2.女子高生に限りませんが、制服など体のラインが出にくい服の上からでも、大きければ分かります。小さい方は分かりませんけど。

  あと、最近女子高生は時々「お前だってちっぱいのくせに」とか言ってるのである程度分かります



そんじゃーね挨拶

架空事例:国立大学ローカルルールってこんな感じ。河野太郎の「まだまだ研究者の皆様へ」のローカルルールについて思うこと

ローカルルール話題になっているが、ローカルルールにもいろいろな種類がある。

国立大学限定で大きな方からさな方へ考えてみると

ルール:国の法律
国立大学ルール国立大学法人としてのルール
補助事業ルール:その事業ごとに定まっているルール
全学ルール:全学で定まっている会計規則ルール
部局ルール部局で決まっているルール
会計事務ルール会計担当部局判断に基づくルール
マイルール:実際に教員対峙する人のルール

といろいろなレベルがある。だが問題教員には今自分が直面したルールの壁がどのルールにあてはまるのかわからないということだ。

架空の例として極端なものを考えてみる。A大学のA部局舞台だ。

大学のA部局出張書類の取扱いの変遷

(1)「名刺時代

15年前のA大学では、出張の報告を行う際に報告書には「○○月○○日 ○○時頃 ○○大学へ××先生研究に関する打ち合わせ」と書くと共に相手方名刺を添えて提出することとしていた。これは、名刺をもって相手と打ち合わせしたという証拠にするという理解のもとに行っていた。

(2)「簡易報告」時代

だが、名刺だけでは打ち合わせ以前の名刺を添えることも可能になり、また、知己の相手から名刺をもらう手間もわずらわしいとの声が教員から大きいということで、10年前のA大学では出張の際に、大学ルールとして出張の報告を行う場合は、報告書出張者がどこに行ったのかを、「○○月○○日 ○○時頃 ○○大学へ××先生研究に関する打ち合わせ」のように簡単に報告するように変わった。

(3)A部局のみ証拠強化・「相手方署名入り証明書時代

しかし、A大学のA部局では、8年前の内部で行う会計監査カラ出張が横行していることがわかった。他の部局では行われていないこともあり、大学としてはA部局改善を求めた。その結果、A部局では出張の際には相手と打ち合わせを行った証拠を必ず添付するようになった。それは相手研究室のドアの写真でもよいし、相手方の近くまで行ったことを証明できる搭乗証明でもよいし、相手から打ち合わせをおこなったという日付入りのサインでも、とにかく証明できればかまわないということにしたが、実際の業務を行っていくうちに、「打ち合わせを行ったという相手署名入りの証明書」を添付することに落ち着いていった。

(4)全学強化時代宿泊領収書電車搭乗券」時代

2年前、全国的研究不正が多発しA大学でも研究不正対策に乗り出した。その際、他大学では「出張報告に添付する書類の偽造」が基でカラ出張が行われる例が多くあることがわかった。そのためA大学検討した結果「宿泊先の領収書領収書が無い場合宿泊証明する書類)」、「電車等の搭乗券(搭乗証明書)」を添付することとなった。A部局ではこの扱いに従い「相手方署名入りの証明書」の添付を廃止した。

(5)補助金の実地検査による指導時代必要に応じて追加書類時代

 A部局ではある数億円の大型補助金が当たり、その事業の実地検査があった。その際、検査員より「実際に打ち合わせを行った証拠がない」という指摘があり、「補助金大学ルール執行することになっているじゃないか」と反論したものの「証拠がない」の一点張りであり、後日、証拠及び若しくは理由書を提出ということとなった。その旅費では十数名が百数件の旅費を執行していたため、全ての出張先に「打ち合わせを行ったという相手署名入りの証明書」の作成を依頼し、証拠を集めて提出した。また、今後も証拠は提出するよう指導を受けた。

後々、他の大学でその補助金によるカラ出張が発覚していたため、検査員が厳しく対処したらしいという噂が流れた。

この実地検査を受け、A部局大学は今後の取り扱いを相談したが、特定補助金の実地検査によるものなので、全学ルールは変えることはせず、その補助金のみ追加で「相手方署名入り証明書」を集めるということになった。

(6)A部局のBさんのみ「宿泊領収書電車搭乗券・相手方署名入り証明書」の3つ必要時代

部局ではその補助金のみ、追加で書類を集めるようにしたが、その補助金担当教員からいちいち取扱いが違うのは面倒くさいという抗議があったこともあり、旅費担当事務のBさんは自分担当教員ほとんどがその補助金関係者補助金8割、他2割)ということもあり、一律的に「相手方署名入り証明書」を集めることとした。

Bさんが親の介護の都合で退職することになり、他部局のCさんが後任に補充された。Cさんが引き継いだ時は(補助金5割、他5割)という担当であり、補助金関係ない教員から「なんで「相手方署名入り証明書」が必要なのだ!!おかしいじゃないか」と抗議を受けた。

そして、その教員河野ブログローカルルールとして「出張の際に相手方署名入り証明書」が必要書き込み全国的さらされた。

この場合、誰が悪いんでしょう??

2016-12-13

http://anond.hatelabo.jp/20161213223303

解答

1.産業界政界・官界に輩出している卒業生は、自分が教わった教授らは専門バカだと知っている

2.大学の成果の重要性について、具体的な議論をすれば困るのは大学である投資を回収できておらず、曖昧抽象論で誤魔化すしか能がない

3.過去現在不祥事を探るとやぶへびであり、掘れば掘るほどゴロゴロ出てくる

大学教員クラスタには、知性においては、国民の最良の部分があつまっている」という幻想は捨てたほうがよい。一分野を深掘りした自己顕示欲の強い専門バカの集まりだと思った方が実像に近い

http://anond.hatelabo.jp/20161213004408

大学事務への不満を河野太郎議員にチクることで解決すべきか

大学教員の影響力のなさについての一考察 --- 大学大学教員のみなさまへの期待をこめて。

https://www.taro.org/2016/12/%E3%81%BE%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%81%A0%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php


興味をもってくれた一人の国会議員Twitterで現状を説明することも解決への一段階にはなりえるとは思う。しかし、いろいろと違和感を感じる。例えば、

大学教員クラスタには、知性においては、国民の最良の部分があつまっていると思うのですが、なぜ、そのように現状への不満をツイートするだけで、建設的に解決策を導くため、その知性を使えないのか?

国会議員リソースを使うにしても、もっと効率的にやってもらいたいと思う。

河野太郎さんの「まだまだ研究者の皆様へ」に対するコメントを付けて2

はてな匿名ダイアリーって文字数制限があるのかな?途中で切れていたので続きを下記に。

旅費等

北海道大学

一回の出張複数の用務をこなすことは時間と経費の節約になるはずだが、その場合は行きの旅費しか出ない、その業務に関する滞在費が出せない。

↑未だに旅費法の世界なので。国の問題。あるいは大学法人が旅費法を離脱する決定をするか。その場合会計検査院はどういう意見を出すだろうか?会計検査院問題リスクが高すぎる。

★旅費法

香川大学

旅費の機関直接執行(科研費口座からの直接支払い)が不可。旅費は必ず自分ポケットマネーからいったん立て替え払い。

↑旅費法の世界。国の問題。あるいは研究者JALは嫌だとか、座席通路側じゃないと駄目だとか、わがままを言い出さなければ、すべて大学側でチケットを手配して、直接代理店に支払うことは可能と思われる。それを実践している大学もあると思う。

山形大学

学会のために地方出張するさい、「始発で間に合うのであれば前泊は禁止」「学会終電帰宅できるのであれば延泊は禁止」というルールがある。「5時発の始発でも間に合うのであれば前泊禁止」ということになってしまい、結局、全国のほとんどの場所で開催される学会では前泊が禁止される。

学会の後はほぼ必ず、オフィシャルではない懇親会が開かれることが開かれる。学会における質疑応答時間はあまり多くは設けられていないため、基本的にはそういう非公式な場でのディスカッション学術的には非常に有益であり、かつ不可欠だが、延泊できないため、最終日の午後に発表する場合などは、たいしたディスカッションもできないまま開催地を後にせざるを得ない。

山形大学問題

北海道大学

宿泊費を自腹で支払うと旅費が出ない。

例えば旅費は20万円しかない場合海外ミーティングに参加する時に、飛行機代が10万円、宿泊費が10万円かかるとすると、10万円は自腹で払っても海外ミーティングに行きたい、と言っているポスドクが2人いる場合宿泊費は各自の支払いということで、10万円ずつ飛行機代を出してあげたい、と思っても、宿泊費を出さな出張カラ出張の原因になるから、という理由で、一人分、20万円しか出せない。

↑たぶんこれも旅費法の問題。減額するのに限度があったはず。おそらくそれに引っかかっている。

佛教大学

海外から招聘にかかる旅費執行科研費)について海外からシンポジストなどを招聘する際にかかるフライト代を科研費請求する際、以下の書類必要になる。フライトチケット領収書クレジットで立て替え払いした場合クレジットの利用明細書、フライトチケットの半券(往復分)。往路チケットの半券は来日時に提出してもらうにしても、復路分の半券はシンポジスト帰国後、郵送してもらうか(半券をPDFなどにしてもらって)メールを送ってもらう必要があり、海外からくるシンポジストに過度な負担を与えるとともに、招聘側としても事務手続き煩雑になる。

↑来たら間違いなく帰るだろうから、復路分の半券は無理に必要無い気もするが、会計検査院問題。ある程度の書類必要になるのはやむを得ない。会計的な説明責任はすべて書類によるもの原則

北海道大学

鉄道を利用した場合領収書もいらないが、飛行機場合領収書に加え、搭乗券の半券もしくは搭乗証明書の提出を要求される。

カラ出張防止のためやむなし。そういう輩がいるから。チケット転売とか。

大阪大学

新幹線特急を使う出張には特急券を持ち帰るというルールがある。これは在来線で移動し、差額を着服することを防止するためらしい。しか新幹線特急券改札機にて回収されるため、駅の係員に事情説明して持ち帰らねばならない。事故等で改札が混雑しているときなどは、そのために相当の時間がかかり、乗り継ぎにも支障を来している。

ローカルルール大阪大学問題。このルールが導入された経緯があるのではないか阪大不正が多かった。

北海道大学

道内での移動に飛行機自家用車の利用が認められていない。

北大問題

福岡教育大学

国内の移動にタクシー使用できない。福岡は、交通機関東京大阪ほど発展していないため、調査学校訪問をする際に、公共交通機関を利用できない(あるいは、本数が少なく、現実的ではない)場合があり、こうした場合タクシーを利用せざるを得ないが、研究費による国内でのタクシー利用が一切認められていない。

タクシーは高額になるため、利用に制限があるのは仕方無い。一切認められていないのは厳しすぎるか?福教大の問題。あるいは会計検査院に、バスがあるのになぜ高額なタクシーを利用するのかと指摘されるのは想定されうる。

岡山大学

出張時に,基本的航空機での移動が認められていない。時間いくらかかろうと,電車で行かれる範囲飛行機利用が許可されておらず,用務先に到着するだけで1日使ってしまう,というようなことが生じる。

岡大問題。具体的にどこまでJRで行く必要があるのだろうか?

書類仕事・その他

東京工業大学

本学では、毎月毎月、どこで何を何時間していたかを記録した紙の勤務報告書の提出を求められる。事務確認したところ、裁量労働制場合でも、厚生労働省指導により事業主(大学)は、 勤務状況の把握することが必要となっているとのこと。

その際、勤務のルールとして、

勤務は原則として学内で行う

在宅勤務は勤務時間管理することが難しくなるため認めない

法令上は、例えば大学入試センター試験業務など、具体的な土日勤務の命令があってはじめて勤務とみなされる。

この書式はいまだにサインをして紙で提出することになっており、それを事務職員が全員分目視でチェックして、出張日と学内勤務日が重なっていないか確認している。

労務管理問題

東京工業大学

コンプライアンス研修という、法律遵守の講習が義務付けられ、年に一回必ず出席し、番号をもらわなければ、翌年の予算が使えない。

東工大不正が相次いだのでこれは仕方あるまい。自覚が無いのだなあ。

北海道大学

週3日でアシスタントを雇っているが、保育園行事やお子さんが急に熱が出た時など、その日は休んで曜日をずらして働きたいという希望が本人にあっても、契約曜日が決まっているので、有給をとってその日は休むということしかできない。週3日のような、シフト制のような雇用許可してもらいたいと事務に依頼したが、年中行事最初から分かっているはずである、なるべく行事の少ない曜日契約すれば良いだけ、パート曜日を確定した契約しかしない、ということで、受け入れてもらえない。

雇用問題

神戸大学

ノートパソコン備品として扱われるため、学外持ち出しに毎回書類にて申請必要しかし、教員事務職員もルール存在を知りながら、全く遵守していない。

パソコン私物化されたり、売り払われたりしやすいので仕方無い。神戸大学は上にもあったが、パソコン周りが厳しい。

福岡教育大学

出張前に1枚、出張後に2枚のExcelシート(出張理由出張先での面談者、出張先での用務、出張の成果等を数行ずつ記載)を毎回作成する必要がある。近距離出張であっても必要最近では、面談者・宿泊確認・移動の事実確認を求めようという動きもあり。

出張先の情報確認は国全体の流れなのでローカルルールではない。国の問題出張前の書類作成は、出張が「旅行命令」となっている意味を考える必要がある。

東京大学

文科省が直接実施している研究費で購入した備品プロジェクト終了後についての問題

1.科学技術振興調整費、スーパーコンピュータ関係プロジェクトなど文部科学省が直接管理するプロジェクトで購入した20万円以上の備品は、全て文部科学省備品となり、大学は貸与を受けて使用している。プロジェクト終了後も特に理由が無い限り、貸与が続く。

2.文部科学省備品には耐用年限という概念がないため、例え15年前のコンピュータでも、文部科学省返還、廃棄する方法がない。

3.返納し、廃棄するためには、備品故障している、修理しようとしても製造業者・納入業者では修理が不能な場合に限られる。

例えば、非常に古くなり使用に耐えない、使用する人がいなくなったので使用されず、回覧して次の使用者を探したがいなかった場合などでも認められない。

4.そのため、各備品1点1点について、以下の事務処理が必要になる。

備品について全体写真資産シールの拡大写真撮影し、エクセルフォームを作る(写真票)

備品について、製造業者等に問い合わせ、修理不能証明書を発行してもらう。証明書には社印、代表者印が必要

備品について、故障状況説明書エクセル作成し、どのように故障しているか、何故修理不能であるかを説明する。

以上がとりまとめられたところで、文部科学省会計課と協議し、本当に返納・廃棄してよいかどうか精査され、多くの修正意見が戻ることにより、さら事務作業が増える。

もし可能ならば、以下の方向に事務簡素化してほしい。

(1)文部科学省からの貸与制度を止め、大学備品として調達使用、廃棄する。

(2)常識的に見て非常に古いもの一般的コンピュータは5年、その他物品は10年を越したものは、簡易な手続きで、廃棄できるようにする。

(3)修理不能ではない常識的理由で廃棄できるようにする。

↑国の問題委託元の問題

東京外国語大学

海外から研究者招聘した際に、旅費(航空費、宿泊・日当等)や謝金(講演料等)が支払われるが、それがすべて所得だと見なされて、所得税地方税復興税20%が源泉徴収される。謝金について、それが所得であり、所得税が課せられるのは理解できるのが、これが、その招へいで来た本人が、航空券を立て替えで購入した際の返金に対しても20%が引かれて返金される。招聘する大学が直接旅行代理店国内)に支払うという形を取れる時は、課税されない。

ただ、いつもそうできるわけではなく、招聘する研究者によっては、特に著名な研究者であればあるほど、一度の海外出張で、いくつもの国・都市を講演などで回る。そうすると、複雑な旅程になり、その本人が居住地旅行代理店で、すべてをセットとして購入するのが一番煩雑ではなく、さらに通常、安くできる。例えば、オーストラリア研究者が、オーストラリア東京ドイツイギリスオーストラリアという旅程で移動する時、これを一括して購入すれば大きな割引がある。しかし、オーストラリアから東京の間のみを招聘する日本側で購入すると、残りの部分が周遊ではなく、すべて片道となり、結局本人としては非常に高くついてしまうことになる。ところが、オーストラリア東京間も含めて本人が購入し、この部分について日本側が精算・返金すると、20%が引かれた額が本人に返金されることになる。

この源泉徴収は、租税条約を結んでいる国であれば、書類を揃えることによって回避することができるが、必要書類は6点、特に居住地居住証明書を本人に申請・取得してもらわなければならず、国によってはその手続きに2~3ヶ月かかる可能性がある。多忙を極める研究者にはそんなことをしている時間はとてもなく、そして、租税条約を結んでいない中国などの場合は、この回避方法すらない。

さらに、この仕組みについて、国税庁ウェブサイトにも英語説明があまりなく、大学事務員がこれを本人に英語説明できるはずもなく、結局、関係教員が平謝りに謝っているのが現状。

↑国の問題国税庁問題

疲れたのでとりあえず。

気が向けば追記予定。

★はもうちょっと勉強したり、調べたりする必要ある。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん