「モチベーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モチベーションとは

2017-01-22

父親ハードルが高すぎて自分が家庭を持つイメージができない

24歳で,付き合っている人もいるのだが,結婚して自分が家庭を持っている将来像を描けなくて困る

自分父親父親としてかなり立派だからなのかもしれないと最近になって思い始めた

全てにおいて完璧というわけではなくて,いろいろと残念なところもある.それでも,父親自分にしてきてくれたことを,自分が将来生まれてくる子ども達に同じようにしてあげられる自信が全くない

平日は夜遅くまで残業をして帰ってくる.新卒入社した小さな金融機関にずっと勤務していて,今は総務部部長をしているらしいのだが,仕事の話を一切家でしないので,会社でどれだけ大変な思いをしているのかも分からない.

から自分の抱えるストレスや重圧を,子である自分が感じることはなかった(ただ,「家にいるときくらい電話には出たくなくなる」と言って休日に家にかかってくる電話に出ることを避けようとはしていたのだが,本当にこれくらいのもの).

母親に辛くあたるなどということは決してなく,表面的には表さないけど家事をこなす母親に対して感謝気持ちを十分に持っていることは子どもながらに感じていた.それだけに,母親が作った料理文句を言ったりする姉に対してはかなり厳しく叱ることもあった.

休日土曜日ほとんど仕事,それでも予備校に通う自分を駅まで送り迎えしてくれていた.申し訳なさを感じていなかったわけではないので,「自転車で行くよ」と自分も言ったけど,「この風では大変だから」などと言って結局車を出してくれていた.

そんな生活をしていたら日曜日くらい何もしたくなくなりそうなものだけど,ほぼ毎週,車でどこかに連れて行ってくれていた.

ほぼ毎晩家で酒を飲んでいて,それが明日への活力になっていると本人も言っているのだが,その程度で毎日仕事へのモチベーションを保てているというのは今になって考えると本当に尊敬に値する

だが,それ以外にストレスのはけ口になりそうなことはほとんどしていなくて,ギャンブルもしないし,スマホほとんといじらないし,休日に誰かと飲みに行ったりもしないし,平日も代行で帰ってくるなどということは数年に一回あるかないかくらい

たまに一人でバイクでどこかに出かけているみたいだけど,それ以外に趣味があるのかと心配になってしま

中学生高校生の頃は,世の中の父親とはだいたいそういうものなのだと思っていて,大学生になってから友達家族の話をしているときに「うちの父親ほどいい親はいないんじゃないか」と思うようになった.

そんな父親と比べて,自分は付き合っている人を大事にできているかというと自信が持てないし,疲れにうまく対処できていないし,自分生活で精一杯になってしまっている.

家族を背負って生きていける自信がない.

尊敬するという言葉は軽々しく使うべきではないけど,父親のことは心から尊敬している.自分もいつか父親のようになりたいと,最近は強く思うようになった.

こんな自分でも家庭を持つと変われるのだろうか.父親自分くらいの年齢のときはこんなものだったのか.そんなことを考えると,将来がとてつもなく不安に感じられてくる.

2017-01-20

もうちょっとがんばる

半年くらい前に「研究者だけどしんどい」って愚痴を書いたものです。覚えている人はいないと思うけど、なんとなく現状を書いてみる。

結局、今も研究者をやっている。

あれを書いた後、いくつか嬉しいことがあった。憧れていた研究者が私の論文引用してくれたり、私の論文を読んで連絡をくれてメールのやり取りをしたことのある海外学生さんから、おかげで無事に論文が通って博士号を取れたという連絡があったり。この前、国際学会で発表をしたときには、自分仕事他人に見劣りする気がして、ひどいプレゼンをしてしまったけれど、「すごいデータだ、圧倒された」とわざわざ私のところに褒めに来てくれた人が何人かいた。先日も、ある海外の巨大プロジェクト会議に紛れ込んで隅っこに座っていたのだけれど、ある有名研究者からあなたがあの論文を書いた増田か?あなた仕事は素晴らしい」と言われてびっくりした。自分研究は、絶対に正しいと信じてやっている。でも、その一方で私のアプローチは地味だし、マニアックだし、同じ分野でも興味を持つ人がいるなんて思いもしなかった。認められると素直に嬉しい。すごく単純なのです。

前にも書いたけれど、今、私の学際分野は、数年前から複数の大型予算プロジェクト海外で動いている。急にアメリカヨーロッパの凄い研究者が入ってきたように感じていたけれど、いろいろな人と個人的に話してみると、そのうちの幾つかのチームは、ずっと前から(私が研究者になるよりも前から)少ない予算をやりくりしながら、長い時間をかけて準備をしていたことが分かってきた。それらの個々の仕事は知っていはいたけれど、何度も何度も失敗しながら大型プロジェクトへの挑戦を続けていたことは知らなかった。自分たちけが取り組んできたマイナー分野だなんて思うのは思い上がりだった。その中のいくつかのチームはあまり経済状況が良くない国だけど、すごくいい仕事をしていた。大型予算がちゃんと彼らに行ったことは本当に良かったと思う。

日本でも、最近、この分野に取り組みたいという学生さんも増えてきた。優秀なポスドクさんも来てくれた。彼らが独り立ちするとき、この分野に関わったことをプラスにできるよう、ちゃんと食べていけるようにしたい。私の役割は、この分野の研究が本当に社会にとっても必要だと日本でも広く認めてもらえるようにすることなんだろう。それをモチベーションに、研究と、最近増えてきた研究以外の仕事もがんばろう。

このまま突き進めば私の人生からその他の可能性(子供を生むとか)が失われそうなことだけは心残りだけれど。

2017-01-17

[]1月17日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:助六寿司

○夕食:カキフライカレー(口の中を火傷して気持ち悪い)



調子

はややー。

仕事はえいや! っと適当にこなして、定時で帰った。

明日水曜日の午前中に会議があるので、そこ次第で色々と変わるかも。

逆に、そこで僕が望む方向にがっちり決めれば、楽チンになるので、頑張りたい。



3DS

すれちがいMii広場

それぞれプレイ中。

今日は定時帰りで時間があるので、進捗を書きます

・サクッと! スロットカー

Aランクのぴょんぴょんスカイロードまで進めた。

EX無視ってるけど、正直あんまりゲームとして好きじゃないので、ぼうし貰うぐらいまででやめる予定。

・サクッと! 株トレーダー

46億円。

目標の100億は遠い上に、100億いっても目標アイテムコンプはできないので、当分遊べそう。

・サクっと! 勇者食堂

ゆううつ洞窟 東までクリア

半分もいってないけど、なかなか楽しいので遊び続けたい。

・サクっと! 大砲忍者

エリア2-2の敵を倒しかけ、ぐらい。

先は長いのでゆっくり遊びたい、女の子可愛いからプレイしてて楽しいし。

・サクっと! 探検隊

ジャングルの秘宝を三つ集めるまでプレイ

このゲームまりきじゃない、歩数多い人とすれ違うだけで、特に遊びの要素がないし、秘宝とか動物写真集めるのにモチベーションがわかない。

・すれちがいシューティング

4-2までクリア

面白いんだけど、これだけガチゲームプレイするので、ついついプレイしないときもあったりする。

はいえ、クリアは見えてきたので、頑張りたい。

すれちがいガ〜デン

11種類発見

やることは単純なんだけど、お花を集めるのが単純に楽しいし、サポート役の男の人が格好良いので楽しい

いや、ゲームってそういう要素こそが大事だと思うんだよね。

・すれちがい合戦

つの国を併合

いや、その、ほっとんどプレイしてないです。

・すれちがい迷宮

7Fを攻略中。

これがゲームとしてもローグライクな感じで一番楽しいんだけど、一番可愛い助手のシラベールちゃんが出てこないのが心底不満。

シラベールちゃんといちゃつきたい。

・すれちがいフィッシング

二つ目の島を攻略中。

ゲームとしては普通な釣りゲーだけど、ガイドさんとイチャつけるから、こっちの方が好き。

・すれちがいゾンビ

三つ目のステージ攻略中。

こういうアクションゲーム苦手なんだけど、1ステージが短いから、気楽にできて楽しい

バッジとれ〜るセンター

ログボのみ。

ポケとる

セレビィ捕獲

セレビィレベル18)

チコリータウィンク

メガスキルアップが今18個なので、頑張ってセレビィを50まであげ、19個にして

メガヘルガーランキングで一つ貰うまで頑張って、

メガレックウザを完成させたいところ。




iPhone

ポケモンコマスター

ログボのみ。

髭剃りが待ち遠しい。持ってるけど今のは替え刃が高くて最近は眉剃りで剃っている、当たり前だけど非常に面倒なので身嗜みが悪くなりつつある。これではいけないと思いかっこいい両刃カミソリをAmazonで買った。髭剃りに対するモチベーションが上がりそうだ。髭剃りが待ち遠しい。

2017-01-15

つらいことを辞めたい

でも自分勝手のために色々と手をつくしてくれた人たちに申し訳ない

本当は申し訳ないってより、身勝手人間だと後ろ指さされるのが怖い

出来なかったとしても結果的に一番損するのは自分なんだけど、もう別にそれに対して大した執着もないからやめてしまいたい

けど色んな人に今までかけてもらった労力をすべて無にしてしまうのはすごく恩知らずなことだ

モチベーション自分の中になく、ただ他人への申し訳無さだけで動いているからやってて達成感も充実感もない

早く終えて開放されたいというそれだけ

2017-01-14

エンジニアに気を遣いすぎじゃない?

エンジニアの、特にリーダークラスマネージャーまでもが

「そんな業務じゃモチベーションが上がりませんよ」

とか、

「それって必要ですかね」

とか、

「その手の"作業"じゃメンバーが腐っちゃいますよ」

なんて平気で言うんだけど、これって言い換えると、

『そんなのオレらの仕事じゃねーわ』

と言っているのに等しい。



私は元はエンジニアなので、よくもまぁ堂々とこんなことが言えるなと思うし、

業界全体がエンジニアというものはこういう人種であると受け入れ、彼らのモチベーションいかに損なわず

仕事をさせるか、ということは一丸となって取り組むべき課題であるかのように論じられることが不思議でならない。

こうした"課題"は往々にして、システムを内製する企業が抱えるものだと思われる。

受託企業なら請け負った仕事が何のためのものなのかをそれほど気にはしないだろうし、

請け負った仕事をこなすことが自分たち利益になることは明白だから内容そのものには恐らく文句は言わないだろう。

私が初めて勤めた会社がまさに下請けというより孫請け、玄孫請けといった位置付けの業務だったが、

当時の感覚からしてもそうだ。



ではこの原因はエンジニア自身業務企業利益に結びついているように思えないことであって、

それをしっかり共有できていない経営者事業責任者プロデューサー、あるいはディレクターなどに問題があるのだろうか。

私はそうは考えていない。なぜなら『オレらの仕事じゃねーわ』の意味技術的に高度で、チャレンジングで、

市場価値が高いスキルを要するものをやりたいという個人的欲求であって、企業利益には沿っていない。

しろそういう先進的な技術学習コストも掛かるし、容易に引き継ぐこともできない。

既存システムリプレイス必要になればそのコストも掛かる。そうした人種いくら企業目的利益を説いたところで

オレの知ったことじゃないという考え方だろうから、彼らの評価者でない人間はただ彼らに頭を下げ、持ち上げ、

その気になってもらうしかない。



一方でエンジニア自身作業を命じるのが彼らの上司評価者であればどうだろうか。

恐らく、「オレの仕事じゃないッスね、お断りです」という意味のことを言うのには

それ相応のリスク覚悟するだろう。"オレの仕事じゃない"かどうかをわかっているはずの人が命じているのだから

「いや、これがお前の仕事だよ」と言われるかも知れないし、普通に評価への悪影響を懸念して了承するだろう。



まり意識の高いエンジニアに相応しい仕事を用意できない非エンジニア問題ではなく、

単純にエンジニア部門マネージメント問題であるしか言えない。

そう考えると、そのマネージャークラス人間自身が「そんな作業じゃ・・・」などと述べるのはお門違いだろう。

依頼する非エンジニアだって文句ばっかり言うヤツにやっと仕事をしてもらってもバグだらけ、というような思いを何度もしているなら

できればこっちも頼みたくないと思っているはずだ。



エンジニア部門マネージメントはやはりエンジニア出身者がやることになることが多いと思うが、

そもそもこのレイヤー人間の育成や必要スキルなどを論じることが先決ではないだろうか。

個々のエンジニアの心情を慮って組織体制をいじったり、企業方針をそちらに寄せたりすることより、

全体から見ればごく少数であるエンジニア部門マネージメント層をどうにかした方が効果的だろうし、

しろそこが企業に沿わない限り、他をどう変えてみたところで末端のエンジニアには浸透しないだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170114184813

ゲーマー25万人を分析したら、男のゲームモチベーション競争破壊だったって記事を見た。

男は生来凶暴なんだろうな。

女のゲームモチベーションは、コンプリートファンタジーだった。

http://anond.hatelabo.jp/20170114132354

そういうリスクは男にもあるからなあ。

採用時に男性並みに働くと主張する女性モチベーション高)がいたとして、彼女が潰れる可能性と、特にそのあたり言及しなかった男性モチベーション普通)が潰れる可能性って同じくらいじゃねえかなあとか思うけど。

統計とか全然いから単なる想像レベルだけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170113120938

確かに

未成年までならまぁ機会がないって場合もあるだろうけどそれ以降は意思問題だもんな

これだけ方法論が確立してるのにやりたい気持ちを持ち続けて30年未だ童貞ですとか池沼レベルだわ

童貞を非童貞にするためには徹底的にバカにしたほうがむしろモチベーションになって良いかもな

2017-01-13

大学院をやめたい

修士1年になってから1年が経とうとしている。

いまだに研究テーマすら決まっておらず、卒業時期を伸ばすかという話も出てきた。

もちろん単位もまだ半分程度しか取れていない。

どうしてこうなったのか。自分が今の状況を作ってきた理由は以下にあると思っている。

大学院の授業に意味を見いだせない

もちろん興味のある科目もある。ただ、単位取得のために長時間やりたくもないことに時間を費やしたくないのが正直なところである

そして必然的にそういった科目のやっている内容についていけなくなった。時間はかけているつもりだったが、とにかくモチベーションのないことをやるのが苦痛だった。

自分自身限界を感じた

上記のように大学院の授業についていけないと感じているが、そもそも時間をかけても理解できないことが多い現状を振り返ると、

自分自身能力的な限界という意味大学院にふさわしくない人間なのではないかと薄々感づいている。

ここは多くの中退エントリとは異なっている点だと思っている。自分場合中退すればただの逃げだと言われても仕方ないのだ。

研究ができない

学部時代は興味のかけらもなかった研究室に配属されたはずだったが一年間続けてこれた。結果的にやっていた内容についてためになったとすら思った。

それもこれも面倒見の良い教授陣の助け(当時はブラックブラックだと同期と愚痴をこぼしてはいたが。)と、同期に恵まれたからにほかならない。

そして院では興味のある研究室に進んだはずだったが今この有様である

自分の中に何かを知りたいという欲求は常に複数あると思っていて、研究分野に対する知的欲求は常にあったとは思う。

ただ、時間は有限だと考えるとその知的欲求を満たすことへの優先度が低かったのが事実だ。

加えて放任主義研究室がゆえに誰からも尻を叩かれることはなく、年を越してしまった。

まとめると、どう考えても自分が悪い。我ながらひどい性格だとも思っていて、こんな考えだと社会に出ても同じことになると言われても何も言い返せない。

しかしながらそれでも今修士課程を続けることに疑問を持っている。卒業時期の話が出て以降、この疑問は一気に加速した。やめたいという強い気持ちが出てきた。親は悲しむと思う。高い学費を出してもらってこの有様は本当に申し訳ないが、自分には大学院という世界はこの上なく合わなかった。

2017-01-12

ある日急に顔が巨大化した

私がいちばんきれいだったとき

突如、顔が巨大化した。



それまで顔が小さいことだけが自慢だった。

顔面の造形が多少よくなくても

顔が小さければ酷評は免れる

そういう人生で十分だと思ってた。


なのに急に巨大化した。そんなのってあるかよ。


それから私の24時間はすべて、小顔化に使われた。

お金もたくさん使った。

ガチ整形には手を出せなかったけど、総額30万以上は使ったと思う。


いま、あるいはこれから顔が急に巨大化して苦しむ人がいるかもしれないか

考えられる原因と対策を残しておく。



◆太った

この可能性がもっとも高い。

痩せりゃいいのだが、顔がいちばん最後痩せる悪魔的体質だったので

ウルトラアクセント」を行った。

脂肪吸引より安く、ダウンタイムもないので敷居が低いのだ。

でも、体験価格で1回1万円以上して、5〜6回やらないと効果ない。

地獄エステ体験巡りをはじめ、




◆むくんでる

むくみがひどくなっている可能性もある。

この場合てっとり早いのが有名な「かっさ」。

安いのもたくさんあるけど、2000円くらいだから

奮発してアユーラを買うとモチベーションが違う。

ただしこの効果は1日くらいなので、

今日なんかブスだな、くらいの症状のとき限定だ。

なお、大人気ReFa CARAT(25000円)ももちろん購入したが、

正直効果がよくわからなかった。

さすがに捨てられず現在マッサージ器として活躍している。

でもあの形ちょっと卑猥な感じがしませんか…


筋肉が落ちてる

ブルドックっぽくなってたらこれが原因。

造顔マッサージ

https://matome.naver.jp/odai/2138531535488079601

ベロ回し

http://rosamayumi.com/tongue_gymnastics-2671.html

が即効性がある。個人的にはベロ回しがおすすめだ。


怪しい美容外科で「顎が小さいと口角が下がりがち」と聞いて始めた。

でもその美容外科ではヒアルロン酸を入れ顎をのばされた。違うだろ。


なおやってる時の顔がやばいので、会社エレベーターの中で一人のときにやって

ドアが開くギリギリ寸前に辞めてみよう。



親知らず

これだった。これが巨大化させておいた。

上述したが私は顎が小さい(ちなみに、顎が小さい人はすぐ梅干しっぽくなる)

生えてきた親知らずのスペースがなくエラを張らせていたらしい。

保険診療で4本すべて抜いたら、巨大化した顔は縮小し私に小顔が戻った。


このとき親知らずが原因だったが

顔は加齢と筋肉量の減少でどんどん巨大化していく。

5年経ったいま、もはや私が小顔と言われることはない。


これは残念ながら食い止められないと思う。



しかし顔の筋肉はかなり動きやすいため

上記の施策短期的にはなんとかなる。

ただし、巨大化との戦いは一生終わらない。

わずかでも小顔の望みを繋いで生きていくのが幸せなのか

すべて受け入れ諦めるのが幸せなのか。

まだ答えが出せずにいる。



とりあえず親知らずは抜いといたほうがいいよ。

うつ病「非」経験者がうつ病研究をしている話

いろいろな巡り合わせで,3年ほど前から研究分担者としてうつ病研究に関わっていた。

うつ病研究といっても,実際に患者を扱うのではなく,健常者に質問紙をとって,客観的に観察される行動との相関をみたりする理論である

自分は,研究代表者から,「研究分担者」兼「SE」兼「プログラマー」的な役割を求められていた。具体的には,参加者の行動を記録するためのシステム開発をやってくれという話だった。

要は,本当はシステム開発外注したいけど,予算がないし,研究に馴染みのない人に依頼するのはやり取りが大変だからシステム系に詳しいあんたがそこら辺まとめてやってくれ,ということだ。

見返りは,成果を論文にするときには,第二著者には入れてあげるよ(論文にはならないかもしれないけど)といった感じで,金銭的な報酬はなし。

ちなみに,ガチ外注すると,500万は下らない規模のシステムを求められていた。

割りに合わないなあとは感じていたけれど,そのシステムが完成した暁には,自分研究にも一部のソースを使いまわせそうだったし,必要とされるのは嬉しかったので,引き受けてしまった。

概ね3年計画研究スケジュール等を話し合って,1年目は順調に進んでいたのだが,2年目の中頃から,別の仕事きっかけで,どうしても気持ちが落ち込んで外に出られなくなった。

その時期,一体毎日何をして過ごしていたのかの記憶が,今となってはほとんど思い出せないのだが,とにかく指定された計画に間に合わせて,システムを完成させられなくなってしまった。

それで,ひたすら平謝りをして,何度か予定を伸ばしてもらったのだが,この間の研究代表者言葉が,ずっと気になっている。

具体的にはそれは,以下のような内容である

うつ症状を言い訳にするのなら,精神科に行って診断書を出してもらえ

診断書がないのなら,うつ症状を言い訳にはできず,納期が遅れるのはあなたの怠慢である

あなたを信用できない

・私は,ボランティアでこの研究をやっているのではない

・これ以上先延ばしが続くのなら,今回の研究計画は無期限で中止にする

私が一番ショックを受けたのは,いわゆるうつ症状と思われる状態に陥っていることを,いくら説明しても理解しようとしてもらえず,

診断書がないのであれば,それはあなたの怠慢であると言われたことである

理論系とはいえ,うつ病研究者なので,この辺りはきちんと症状を説明すれば,理解してもらえると思っていた。

でも,いくら説明しても,うつ病可能性は否定できないが,診断書がないのであればうつ症状を理由仕事先延ばしするな,

期日に間に合わないのは,うつ病ではなく,あなたの怠慢である判断せざるを得ないと,繰り返し言われた。

当時私は,研究員の身で,どこかに勤めているわけではなかったし,経済的に余裕もなかったので,高い受診料を払って精神科に行く気にはなれなかったし,

とにかく時間をとって静養するしかないと感じていたので(というよりもほとんど何も思考できなくなっていたように思う),

結局,精神科には一度も行っていない。

でも,今まで生きてきた中で一度も経験したことのないような,思考感情ゼロに近いショック状態に陥ってしまっていて,これがいわゆるうつ症状なのかもしれないとは感じていた。

そのような状態で,なんとか連絡をして,診断書が出せないのなら,あんたの怠慢だといわれたのは悲しかった。

正確には,そのときにはほとんど何も感じなかったが,今少し症状が回復してきて,徐々に悲しかったという感情が,出てきている。

診断書がないのなら怠慢だ」というような人が,果たしてうつ症状に関する研究を正しくできるのか,と疑問に感じはじめている。

臨床系ではないので,安易うつ病診断をしないという点では正しい判断かもしれないが,「診断書がない=怠慢」といった白か黒かという判断は適切とは言い難いし,

何より「うつ病である可能性は否定できない」というのであれば,もう少し,理解を示すような慎重な表現で応対してほしかった。

正直,なんで,どういうモチベーションで,この人はうつ病研究をしているのかと思った。

4番めと5番めに関しては,何を言っているのか未だによくわからない。

ボランティアで協力していたのはどう考えてもこちらの方だし,無期限で計画を中止にされたところで,私は何にも困らないので,何の脅しにもなっていない。

計画通りに行かないことがわかって,機嫌が悪くなっているのだと思うし,それは申し訳ないと感じる。

でも一方で,この人には,うつ病を論じてほしくないという感情が,日々高まってきている。

なお,特に深い意味はないが,私は男性で,その人は女性である

2017-01-10

ガチャに興味がなくなった

オッサンだが3年前に某ソシャゲを始めた。


それまではPCゲーやらコンシューマメインで、怪盗ロワイヤルだとかデレマスだとかのソシャゲに○万つっこんだとか○十万突っ込んだとかとか聞いてとんでもないキチガイ世間には一杯いるんだなぁと半ば自由に使えるお金の多さに嫉妬し、半ば馬鹿にもしていた。


紆余曲折あってそのソシャゲ引退した。そのソシャゲきっかけでフォローしたツイッターのフォロワはまだそのソシャゲをやっていたり、他のソシャゲをやってガチャSSをTLに流したりしている。


引退して暫くはそれもウザくは感じなかったのだが、近頃無性にイライラしてソシャゲ以外につながりのない人のフォローを全部解除してしまった。


興味ない事へのツイート邪魔しか感じない。

ジャニーズに興味ないのにジャニーズアイドルについてのツイートばかりされるとウンザリ

サッカーに興味ないのにJリーグツイートばかりされてもウンザリ

アニメに興味ないのにアニメツイートばかりされてもウンザリ

すごく当たり前の事である


ソシャゲ引退してからもひきずっていた何かを捨てられてものすごくスッキリしたので、健全生活をおくれそうだ。





以下、ソシャゲをやってた時の心境の変化。


ロンチと同時に始めたソシャゲは若干競争要素はあるものの、まぁ大体はソロポチポチするゲームで、複垢使ったり時間つぎ込めば無課金でもそれなりについて行けるものだった。昨今のソシャゲ常套手段で、無料石を貯めればたまーにガチャも回せて最高レアガチャキャラも手に入る。


最初はどうやれば効率よく(ガチャ以外で)強くなれるかもあまり分かっておらず、すぐにスタミナが尽きるので拘束時間もたいした事なかった。イベントのたびにキャラが配布され、少しずつ戦力が整っていくのがたのしかった。ゲーム内で知り合った人たちをTwitterフォローしまくったりして、ガチャ更新のたびにその人たちが最高レアSSをあげるのをTLで見て羨ましく思っていた。


最初の1年は本当に楽しかった。絵も音楽も良くて、システムはまぁ不満点だらけだったけども。ガチャ更新のたびに盛り上がるTL、それにおめでとうとか死ね!とかリプ飛ばして。丁度艦これもその時期で、武蔵取るくらいまではプレイして、ソシャゲ・ブラゲもなかなか楽しいなと思うようになった。


だが、アップデートは次第にプレイ回数・時間要求する方向へ加速度的に突き進み、場合によっては(勿論アイテム不要ならやらないでいいが)日に数時間以上のプレイを強いられる場面が増えてきた。何をやるにもまず何の危険もないミッション馬鹿みたいな回数こなさないといけない。


ソシャゲをやってる人なら分かるだろうが、ソシャゲは基本薄いコンテンツを周回させてコンテンツの引き伸ばしを計る。それなりに緊張感のある周回ならまだやっていても面白みがあるのだが、強くなれば強くなるほどただのポチポチ作業になり、面白みも何もなくなっていく。



こういった面白みのない作業モチベーションガンガン削られてきたところで、期間限定ガチャにて全てのキャラ過去にする能力を持ったキャラ実装される。デザイナーは「使い方は是非研究してみてください」などとふざけたことを言うのだが研究するも何も使い方は明白で小学生でも3秒で分かる。


勿論そのキャラを活かすにはその他の条件も満たさなければならないのだが、全てのキャラ

過去にするレベルの強さを「研究してください」と出されて、「あぁ、運営って(悪い意味で)馬鹿なんだなぁ」と気づいたところで引退する決心ができた。


気がついたら最初は好きだった絵もありがちなアニメ絵に近くなり、好きだったテイストが薄くなってのっぺりした魅力が感じられないものになっていた。


辞めてから考えると、使いたい一つのアビリティのために期待値数万円のガチャを引かないとやりたい事がやれない金満ゲームだったなぁと今更思うのであった。FF5でたとえれば、「にとうりゅう」と「みだれうち」を覚えるのに合わせて10万円かかりますと言われてるようなものでやっぱりキチガイじみてる。


全てを過去にするキャラ実装からもう辞めたいと半年以上思っていたが、ズルズルと続けてしまった理由ツイッターなどでの繋がりが理由の9割以上を占める。皆も続けているし、せっかく仲良くなった人との共通点がなくなるのももったいないと感じた。基本ネット越しの付き合いしかない(リアルソシャゲやってるとか言えない)のにこれだから小中学生でもやりたくないけどやめられない人はかなり多いのではないかと。

大学の辛さ

大学及び大学院が辛いので書いてみる。先に書いておくけど僕自身が身の丈に合っていない大学に行ってしまった自覚もあるし、必要努力が足りていない気もしている。

スペック環境は以下

## 修士課程がつらい

いきなりなんでお前は修士課程に進んだんだと言われるような見出しだけど許してほしい。シンプルに辛い。

修士課程研究だけに注力できるならすごく良い環境だと思うのだが、いくつか不満があり、それらのせいで明らかにモチベーションが下がっている。

大学院普通学部と同じように○○を何単位取って文系科目はいくつで…というようなカリキュラムになっている。最たる例は文系科目で、これらについて無駄だとは断言しないが、大学院でまで履修すべきものなのか?というのがある。

さらに、大学がクオーター制を導入したことで圧倒的に一週間にこなせるタスクの種類が減った。週に同じ授業が2回あり、中2,3日にもかかわらず今までの感覚で大量の課題が出ることがすくなくない。取りたい科目ではなくて取らなければならない科目であってもなのだ。これにより研究や興味のある学問に対して割ける時間は当然減る。辛い。

## そもそも単位制度が辛い

もうお前なんで大学に行ってるんだという感じかもしれないが、単位制度がつらい。

経験上、大学の履修は自身が興味を持って取りたいと思ったものではなく、与えられた選択肢から絞り込んでいくというものである

例えばOSについて興味が出てきたから今学びたい!は必ずしも叶わない。じゃあ独学かと言うと上記のクオーター制のせいで正直しんどい。辛い。


## まとめ

誰か助けてくれ。興味のかけらもない科目を卒業要件のためにこなし、やりたいことがやれない環境が本当に辛い。

2017-01-07

仕事モードになれる方法

室内用スリッパを履くこと。

これで趣味モチベーション維持もだいぶ上がった。

また1つ、自分法則を見つけられてとても嬉しい。

ラブライブ映画

ラブライブ映画を見た。1/3にNHKでやっていた。

相変わらずテレビアニメ版と同じ感想だった。

キーワードを挙げると

意味不明

支離滅裂

荒唐無稽

・腑に落ちない。

・雑

コピペ

・つぎはぎ

・取ってつけた感

脈絡のなさ



ふつう物語があって起承転結するわけで、それに沿って必然性のある演出、展開、エピソードがある。だから腑に落ちる。

なんだけど、ラブライブは、経緯、エピソード演出情緒、といったものがクソ。

キャラクターと歌自体はまぁまぁだとは思うが、???が多すぎてそれらが全部吹っ飛んでる。自分の中で。

意味不明すぎてうまく言語化できていない。すごくモヤモヤして、腑に落ちなさだけが残る作品だった。


言いたいことや違和感の詳細は、だいたいこの批判記事に書かれていて腑に落ちた

 劇場版ラブライブ!批判考察http://anond.hatelabo.jp/20160221211019

 劇場版ラブライブ! 見てきたけどマジでソ映画だった:オタクマガジン黒歴史の向こう側へ~ - ブロマガ http://ch.nicovideo.jp/hirasawa_yui/blomaga/ar811153


たとえば、ニチアサ戦隊モノプリキュアっていうのはアタマカラッポにして楽しむことができる。無意味なシーンやエピソードがない。子供と遊ぶような、それはそれでロールプレイして楽しむことができる。ラブライブはそういった類の楽しみ方もできない。


たとえばインドの踊りまくる映画とか、ハリウッドのB級映画とかの「考えるな、感じろ」系の作品は、たしかに同じ馬鹿なら踊らにゃソンソン!的なノリで見れば楽しむことはできるんだが、ラブライブはそういう楽しみ方もできない。一貫したものがないから。

けいおん!あずにゃんが出てきたあたりで視聴挫折している。甘ったるい間延びした空気感に耐えられなくなって、視聴モチベーションの灯火が消えた感じ。

ラブライブを楽しめている人ってどういうノリなのか?わからん・・。楽しみ方の作法を教えてほしい。というかワイはアイドルアニメ音楽部活アニメに向いてないのだろうか。ワイも老害になったのだろうか。

このブコメが腑に落ちた:

 ラブライブ基本的には好きだけど、一貫性のある物語精緻人物描写の「力」を信じている人には、それがなくてもあんなに売れちゃうんだーみたいな絶望感のある作品だと思う - heavenward のコメント / はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/entry/257185110/comment/heavenward

ワイは、整合性が取れていないものに対して敏感に嫌悪を催すタイプなのか。脳内コンパイルエラーを起こすから整合が取れていないもの発言したり受け入れたりする人が生理的に受け付けられないなぁ・・。



でもアイマスアニメは、まぁまぁ全部みて楽しめたなぁ。あれはちゃんと「完成」されている。王者の安定感がある。単なる「記号」ではなく「人格」としてのキャラ立ち個性表現されていて、困難と努力リアリティがあり、これぞアイドルプロデュースといったところ。ただ重課金ビジネスは嫌い。ラブライブは「人格」が弱い・・。

アイマス信者でもない。アニメやってたから見ただけ。ゲームやったこともない。


艦これテレビアニメ版も、シリアスにしたいのかギャグにしたいのか支離滅裂意味不明最後作戦蛇足すぎたし、かなりのクソだったが、ラブライブはそれよりもさらに下を行くクソさ。

※ただ、艦これ映画シリアス一辺倒路線吹雪編(?)の締めをしていて、それはそれでまとまった作品になっていたので、評価は上がった。



仮に俺がお金を握っている立場だったら、脚本家演出家給料を出したくない。

でも悲しいけどこれってビジネスなのよね。売れればいい。それだけだ。

から色んな作品に出てるんだね・・。



ちなみに、ラブライブ サンシャイン のほうは未視聴です。

2017-01-06

[]1月6日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:助六寿司

○夕食:マクド



調子

はややー。

仕事適当にちょいちょいーっと、こなした。

が、ちょいちょいなことがはややんはややんはっややー、で少し残業

月曜日までに三連休なので、のんびりはややーして、火曜日からは頑張りたい。

的なことを書いたきがするけど、珍しくスケジュールが後ろに倒されたから、そこまで頑張らなくてもよくなった。



3DS

すれちがいMii広場

迷宮楽しいんだけど、シラベールちゃんが出てこないかモチベーションが……

ゲーム楽しいことと、キャラを愛でてたい気持ちは全く違うので、シラベールちゃんをハスハスするゲームしたい。

バッジとれ〜るセンター

ログボのみ。

ポケとる

メインステージを308「オーロット」に苦戦中。

むっずいな、ゴーストに相性の良い悪タイプゴーストタイプ結構揃ってるつもりなんだけど、難しい。

メガアブソルじゃなくて、メガジュペッタの方が良さそうなんだけど、どっちもどっちな感じも気もする。



iPhone

ポケモンコマスター

ログボのみ。

http://anond.hatelabo.jp/20170106103435

同じようなケースだけどこちらは加害者側の家族の子供の立場

親が長く統合失調を患っており、現在は独居。

頭はおかしくても病識がなく、それでもなんとか社会生活は送れるという、グレーゾーンの厄介な奴。

元々の性格もキツい。同居はまず無理、こっちが確実に狂うか殺すことになる。

本人に自覚のない虐待をされて育ったので、近親者としては愛情なんてなく恨みしかない。

最近になって症状が悪化して、独居中のアパートの近隣住民迷惑をかけまくり警察沙汰になった。

結果、ヤクザみたいな不動産から強引な退去を迫られている。

最近警察から電話があってトラブル起こしたと報告あり。謝罪に行ったり引っ越し先探したりで物凄いストレス

こいつの長年の一番の被害者が、そいつの巻いた被害謝罪して回るという地獄絵図。

ただ最近症状が悪化したしたことでグレーゾーンを超えたので、役所医師を巻き込んでなんとかできないかという所。

高齢者支援センターの人には頭が上がらない。

ここ数年事あるたびになんとかできないかと動いているが、病識がなくて精神を患っている者に対して、病院役所世間も冷たすぎる。完全放置、なかった存在になる。

制度も半端なものしかなく、精神科医師にかかっても治療しても無駄じゃないの?みたいなことを平気で言われた。病院を変えて、電話相談しても診療自体をやんわりを拒否されることもしばしば。

統合失調100人に一人は発症するっているのに、この取り付く島のなさは何だろうと絶望することもしばしば。

それでも周囲に被害は及ぼし始める。どうしたらいいんだか。

強制的入院させるにも、万床で長く待つ必要があったり、医療費以外の滞在費がかなりかかるので、自分生活すら成り立たない現状ではどうにもならず。

本人の兄弟親戚にも連絡したが、本人の性格でとっくに愛想をつかされている。

そこで、責任を負わされる子供に稼ぐ力がないと確実に人生積む。

この親の影響か呪い言葉を浴びて育ったせいなのか元来の性格か、

から自己肯定感が低い割には性格にムラがあり、全てにおいて人生が思う様にいかず。

最近は諦めて無能な働き者から無能な怠け者にジョブチェンジした。

人生リセットボタンが欲しい。


ひそかに追記

ブックマークコメント感謝

親にはこどもが二人いるので今はその二人でなんとかしようとしている最中です。

今は自分心理状態よりも周囲の人間をこれ以上不幸にできないというモチベーションだけでなんとかしてる。

放置しても不幸、関わるともっと不幸だが周囲は救われる。ならば達成感があるかもしれない方向に行くべきか。

自分を納得させてるけど、親と対面するのトラウマとセットで本当に辛い。

2017-01-05

人間自然感覚として

働けば働くほど仕事の残量が減っていくのが人間自然感覚合致していないか

俺はもう四十ちょいになるわけで二十年も働いているんだから、そろそろ週休四日位にはなっていいと思うんだ。

年齢かけるン万円なんて給料上がらなくてもいいよ。少なくともそれでは、結構もらってる俺のモチベーションは上がらない。三十代は週休3日、四十代は週休四日、五十代は週休5日、六十代は週休6日、七十になったら引退。そういうシステムができないだろうか? それなら毎日頑張る。

2017-01-03

http://anond.hatelabo.jp/20170103185535

増田ヨッピーのパーソナルと

ヨッピー記事の内容と

その記事読み手の事と

それらを含めたソーシャリティ的な事と

増田で行われるこのやりとりを

全て混合してるんじゃないか



ヨッピーが偏ったこといってもオーディエンスの数でまかり通りかねない状況になるかもしれないことを危惧するだけで

ヨッピー一人の言動だけのことをいっているわけじゃないし

ヨッピーをやり込めたいとか否定したいというモチベーションがあるわけでもない

増田はもしかすると、ヨッピーが消えればそれで納得するような人間だと俺のことを思っているかもしれないけどそんなこと考えてないよ

2017-01-02

結婚をしている人間はまとも」というのが呪いのような人

今の時代に「結婚したい」と本気で言ってる人には二種類いると思う。



結婚すると幸せになれるというポジティブイメージモチベーションの人

結婚しないうちは不幸であるというネガティブイメージモチベーションの人



なんか子供ときから自己肯定感が低くて、自分世間に受け入れられていないと思ってる人は後者でわりと早くに結婚してるように思う。

そんで何か問題があったりギリギリまで精神が追い詰められても、離婚をしたら結婚をしていないことになるから不幸になるというふうに自分自分の首を締めるというか。

結婚してる人はまとも」というまだ依然として残る価値観は、未婚の人だけでなく既婚者も追い詰める呪い言葉になっているのではないか

男は弱い生き物だ

http://anond.hatelabo.jp/20170101084606

なぜ夫がイライラし、家庭内で行動が子供なのか。

それはほとんどの男に共通している特性によるものだ。

 

彼らは自分必要で、かつ優位な立場でないとモチベーションを保てないのだ。

可能性や未来があり、それを自分主体となって、または一員となって影響を与えている立場にないと動けない。

共産主義的な、自分でなくても代わりがいる状況では生きていけないのだ。

そのような状態に陥った自分は死んだも同然だと思ったりする。

長らく「いい人」になってしまうと、主体性確認するかのごとく火遊びをしないでいいのかと自問自答する。

周囲の別の男性から圧力もあり、そういう方向に誘導される環境もある。

これは学歴も知性も関係ない。理性による個体差だが、多くがこれに負けてしまう。

彼らは肉体的に、そしてマクロとして現状は社会的に強くても、精神的には男性的なステレオタイプとその同調圧力に屈してしまっている、そんな弱さにとらわれている。

厄介なことに、その弱さを認めることが、自らの立場を脅かす再起的な自責アイデンティティ崩壊をもたらすがゆえに、

それを認めることは難しいのだろう。

 

この特性社会文化的環境によるものだと思うが、現状として多くの男性存在する。

彼らは結局、バブリングをした水槽しか生きていけない魚のごとく、特定の条件下でしか生きていけない弱い生き物なのだろう。

いい歳してギャンブル止めれない、向こう見ずでいいかげんな、無責任中年を数多見ていれば、この言説の正誤を確認できるのではないだろうか。

2017-01-01


ちゃんと確認していませんが、おそらく放送も終わっただろうと思うので、

春に私がうどんの国の金色蹴鞠監督をおろされた経緯をお話させてください。

長くなって申し訳ありません。

表向きのきっかけは、ライターである高橋なつこさんとの衝突です。

私が高橋さんに衝突してしまった理由は、高橋さんがずっと

シナリオを毎回シナリオ打ちの1時間前に提出することを繰り返す。

・「これくらいならすぐに直せるのでシナリオ打ちを待たずあさってには修正して提出します。」

土曜日までにこれを考えてきます」と言って、約束を守らない(その間、私やほかのスタッフはそれを待っている)

・提出されたシナリオが、原作を2個つなげたものはABパートテーマ統一されておらず、ただ原作をつなげただけで、

 かつ、アニメではほぼ初登場のキャラクターがさも3度目のような登場の仕方をする等、

 明らかに作業時間を十分にとっているとは思えない、十分に考えられたとは思えない残念なシナリオに私の目には映った。

等を繰り返された事です。

事の起こった3月シナリオ打ちのその日も、高橋さんはいものように1時間前にシナリオを提出しました。

私の常識では、シナリオは前日にはあがってきて、それをみんな読んで、自分の考えをまとめて打ち合わせに臨む、それがシナリオ打ちです。

反論が無い=決定ですのでその日も私はその1時間必死シナリオを読みました。

ちなみにほかの出席者の方はその時間移動時間です。読む時間などとれず、シナリオを読まずにいつもシナリオ打ちに臨んでいました。

私も1時間では通して読んで問題点を見つけるまでしか至らず、発言否定的になりますが、このシナリオが通ってしまっては、その後いいものはできないし、

ここで問題をつぶしておかないとコンテにする時に苦しむことになるのがわかっているので必死に抵抗しました。

(現にその時書いていたコンテでシナリオ欠点が残ってしまい、それを修正するのに苦労していた)

すると高橋さんが激昂して

「言い方!(が気に入らない)」

と言って来ました。

前日に提出されたものでいつも十分に熟考できれば、私も言い方に気をつけることができるし、問題改正する案も提示することができますが、

そもそも1時間しかあたえてくれないのは高橋さん本人であるので、私も言い返しました。

「すいませんが高橋さんは手を抜いているようにしか思えないし1時間前に提出されるのは困る」

と言った事を言い返しました。

高橋さんには

最近シナリオ打ちで監督意外の発言が減ったのは、監督がそんな風に横暴なせいだ。そんなんであったかものはつくれない」

と言われました。

その場では、必死でやっていた自分発言の仕方が悪かったのかと反省しましたが、

その後考えたら、ほかの人は読んで自分意見を用意する時間高橋さんから与えられていないのだから発言できるはずありません。

その会はいやな空気で終わり、会議室を出たところで高橋さんに呼び止められ、委員会の見てないところで言い争いになりました。

から

シナリオが遅れることを責めているのではない。それは仕方が無いこともあるが、

自分約束をした、小さな修正等何時までにやりますといった、無理なくできることを、その期限を無視してくるのは何故か?」

と聞きました。

高橋さん

「急かされなかったからしなかった(制作から追っかけの電話が無かった)。

 仕事は急かされなければしなくていいと思っていたし、いつもそうやっている。

 そんな事を言われるのは心外だ」

と、本当にそういわれました。

そんな考えの人が、共同制作第一線にいることに驚いてしまいましたが、私は

約束を守って欲しい。約束をしたらその時間にくるものだと思ってみんなが待っている。

 約束を守らないと、誰かがせっかくしてくれた作業を切り捨てなければいけなくなる。

 それが共同制作だ」

と返しました。

高橋さんから

監督の言っていることは正論だが、あなたとはやってられない」

と言われました。

私は

「それでも私は最後まで高橋さんとやりたいと思っている」

と言ってその話を終えました。

以来高橋さんとは会っていません。

シナリオ打ちは3週飛びました。

私のところには、監督あんなだから筆が乗らない。と高橋さんが言っていると聞こえてきました。

私にはそういう理由仕事をしない、人に迷惑をかける。といった考え方が無いのでびっくりしました。

3週間後プロデューサーの柴に呼び出され、私が下ろされることになったと伝えられました。

柴が言うには

ライターが1時間前に提出するのは当たり前で、ライター100人100人みんなそうだ。それに怒るお前が悪いしどうかしている」

ということでした。そんなはずありません。

私がいままでご一緒したライターさんの中で、あん仕事をするのは高橋さんだけです。

私は私が悪いというなら謝罪の機会を与えて欲しいと食い下がりましたが、その機会も与えられず

「お前は俺のチームにはいらない」

と何も訴えることを許されず追い出されました。

これ以上ごねても作品のためにならないと身を引きましたが、

その時点で半分以上書き終えていた次のコンテも捨て、チェックも止まり

監督が変わり、企画は3ヶ月は無駄になったと思います

プライベート含め何度も香川に赴き、自分の足で見て回り、現地の協力者を集め、

いい物を作ろうとイメージを固めていった私の思いや努力は全部無駄になりました。

制作サイドの柴が連れてきた監督が私で、メーカーと局が連れてきたのが高橋なつこさんです。

制作サイドとしてはメーカーと局に逆らえずに私を下ろすことになったのだろう。

というのがその時点の私や、周りの見解ですが、私はその柴の態度に違和感を感じました。

私の委員会との接触を妨害し、一番私を下ろそうとしているのは、

本来現場スタッフスケジュールを守るべき立場のはずの柴ではないかという違和感です。

それがはっきりわかったのは私が下ろされてから決定したキャストを見てです。

ポコ役になっていたコキドさんは柴が大変かわいがっている女性声優です。

私は衝突の起こるちょっと前、柴が推薦するそのコキドさんを主役にすることを拒否しました。

2月声優オーディションの後、衝突の起こる1~2週間前、柴から呼び出され、コキドさんを推薦されました。

推薦の理由は「あのアドリブ原作を読んできたから」という理由でした。

オーディション原作アピールをしてきた声優さんはほかにもいますし、そのコキドさんの読んだ原作本の出所想像がつきます

しかし、私は

オーディションの声を聞き、コキドさんに私は×をつけた。

 役的に、演技力的にコキドさんにはポコ役は無理なので私からは推薦することはできない」

と答えました。

勘違いしないでいただきたいのは、コキドさんが柴のお気に入りから拒否したのではありません。

私も、オーディション時点で2人のことは知っていましたし、

いい芝居をしてくれて横並びであれば是非にと思ってオーディションでコキドさんの声を聞きました。

しかし、それはとても残念なものであり、評価を上乗せしてもポコ役は不可能だと感じました。

オーディションは2月

しかし柴は4月にコキドさんを連れて台湾旅行に行くことを、その前の年から企画していました。

また、柴は度々、「この作品では声優を連れて地方イベントに行きたい」と言っていました。

柴にとってこの作品自体がその為の企画だったのでしょう。

キドさんを私が初めて見たのは2015年ライデン慰安旅行でした。

アニメを作るためのスタッフの中で声優しかモブ役)が一人いるのを何でだろうと思いましたが、

キドさんの経歴と照らし合わせると

2015

山田くんと7人の魔女(しょうこ(クラスメイトモブ)、女子生徒)

慰安旅行

2016

石膏ボーイズ石本美希)

台湾旅行

うどんの国の金色毛鞠ポコモモ

わかりやすいです。

何が何でも4月までにコキドさんを主役に決めたかった柴にとって

その意に沿わない監督キャスト決定前に問題を起こしたことは渡りに船だったと思います

柴にとっては現場スタッフの混乱、スケジュール崩壊作品クオリティよりコキドさんを主役にする事のほうが大事だったのでしょう。

あれから一年近く経ちましたが、いつも頭の片隅であの日のことを考えてしまます

でもどうしても、私が悪かった、私の考えが間違っていた。あんな事いわなければという考えには思い至れません。

やっと収まってきましたが、ストレスからくる体調不良睡眠障害は今も抱えています

また、大好きだったうどんが嫌いになりました。

私が今まで沈黙していた理由は、柴は許せませんがこの企画に関わっているスタッフには私の大事な友人もいます

そののモチベーションを下げたくない、放送される作品にけちをつけたくないという思いがあったからです。

しかし、放送も終わっただろう今、これ以上自分の中だけに留めて、

この半年以上抱き続けていた苦しみが続くことに耐えることができません。

こんなところでこんなことを発表しても効果は無いでしょう。

ただ、誰かに訴えないと狂ってしまいそうな思いをこの一年私は抱え続けてきたのです。

申し訳ありませんが、このまま一生、この苦しみが頭の中で渦巻くくらいなら

この年の終わりに吐き出して、こんなことをもう忘れて、新しい年を迎えたいのです。

当然作品は一度も見てませんし一生見ないでしょう。

私にとって良かった事は、放送中、全く、作品に関する話題が私の耳に届かなかったことです。

そんな作品になってしまったこと、残念に思います

来年から私は、このことをすっぱり忘れて、改めて作品作りに全力を尽くしたいと思います

幸い、今関わっている方々は、あの人たちと違い、自分仕事を全うしようと努力してくれる人ばかりです。

そんな方たちと来年もがんばりたいと思います

では最悪の一年さようなら

皆様良いお年を

2016-12-28

http://anond.hatelabo.jp/20161228222709

普通の人は結婚していて子供いるから、家族が生きるモチベーションになってるんじゃないかな。

普通の人って何をモチベーションに生きているんだろう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん